青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「荒い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

茶店~ ~茶碗 茶碗~ ~草 草~ 草原~ 草履~ 草木~ 草鞋~ 荒~
荒い~
荘~ ~荷 荷~ ~荷物 荷物~ 莫迦~ ~菊 菊~ 菊池~ ~菓子

「荒い~」 1003, 10ppm, 10341位

▼ 荒い呼吸~ (40, 4.0%)

11 をし 2 づかひを, の中

1 [25件] がうしろ頸, がからだ, がはっきり, が小さな, が聞えた, づかいが, づかいは, づかいを, とひ, になっ, のうち, のため, の喘ぎ, の波, の音, はむせる, ばかりで, や心臓, をし続け, をじっと, をする, をついた, をつづけ, をハッハッ, を彼女

▼ 荒い~ (30, 3.0%)

10 をし 4 をした 2 を吐いた, を吐き, 遣を 1 が口髭, が萩乃, つかひに, に波立たせ, をついた, を吐い, を吐き出す, を吐き吐き, を鎮め, 気づかいで

▼ 荒い言葉~ (28, 2.8%)

2 も聞いた, を使っ, を使った

1 [22件] が口, が突然, さえおかけ, でとがめ, で叱った, で叱り, で子供, で怒り, で指図, で指圖, で理屈, で突き放す, で罵る, にあわて, にはしかし, の埋, の裏, もお, や下品, をかけられた, をもっ, を返した

▼ 荒い~ (27, 2.7%)

2 がございます, である, です

1 [21件] かともかく, か書きなぐっ, が家中, じゃ, だそれで, でしょうね, というも年来, と前肢, と柔, と歎, と細かい, にも困ります, は一層, は昔, は気位, もついで, も野, を, を悟つ, を着, 新田の

▼ 荒い~ (23, 2.3%)

2 が吹い

1 [21件] から庇い, がぼつぼつ, が吹き, が吹き出し, が吹く, でも吹く, とそれ, にあ, にもあたらぬ, にもお, にも当らず, にも当らない, に当らず育った, に揉まれず育った, に焼けやつれた, のため, の吹き立つ, の吹く, もお, を厭う, を送る

▼ 荒い格子~ (22, 2.2%)

2 に引いた, の外

1 [18件] から入る, があり, が嵌っ, につかまり, になっ, には春昼, に瓦家根, に紙, の仕切り, の側, の前, の嵌つた, の檻, の袴, や磨き抜かれた, や磨き拔, を覗く, を造りつける

▼ 荒い~ (20, 2.0%)

2 のはいった, の普通着, の着物, の背広

1 [12件] のある, のいかにも, のがはがはした, のよう, のシャツ, のズボン, の上衣, の回し合羽, の帯, の袴, の鳥打帽, は何だか

▼ 荒い足音~ (14, 1.4%)

3 がし 2 が近づい, をさせ 1 がする, が聞こえ, でわざと, と, と女, はすっかり, を立て

▼ 荒い~ (13, 1.3%)

2 の間

1 [11件] が立った, が自然, でせっかく, の上, の向う, の音, は直接間接文学, や風, をよけていわゆる, を浴びない, を身

▼ 荒いこと~ (12, 1.2%)

1 [12件] などを言い合い, に身顫い, はなく, は好まん, は軍鶏, や気前, を以て有名, を悪, を知つて, を示し, を言う, を証し

▼ 荒いところ~ (11, 1.1%)

2 に集っ 1 かとも思った, からとかく, から借金, があ, が見える, ですから, などを綜合, にし, に身

▼ 荒いので~ (11, 1.1%)

1 [11件] 世界的に, 傍へ, 岸に, 幅を, 悪禅師, 有名だった, 私と, 第二期, 肉の, 舟で, 近村に

▼ 荒い~ (10, 1.0%)

1 が少し, が突然, で何, と足音, なんか出す, をあげる, をだす, を出さなけりゃ, を出した, を立てた

▼ 荒い息づかい~ (10, 1.0%)

3 をし 2 が聞える 1 がおさまり, がかれ, が聞え, で, で這いだした

▼ 荒い鼻息~ (10, 1.0%)

2 をたて 1 が泣き倦み, が遠く, でそれ, で一尺先きの事, の音, をし, を立て, を落ち付け

▼ 荒い仕事~ (9, 0.9%)

2 をする 1 が嫌い, にも堪える, に働かせる, に心から, をしない, をしよう, をもよく

▼ 荒い~ (9, 0.9%)

1 ではありません, と嶮, と荒い, と闘, に卵殻, の上, の背景, べのほう, をかんじる

▼ 荒い~ (9, 0.9%)

1 が怒っ, だったが, で, であった, ではある, にとつて, の掌, の脚, の高ぶった

▼ 荒い~ (8, 0.8%)

1 いふよりは, こぼして, なっては, みるもの, 云つて欺された, 散々父親に, 船を, 言っても

▼ 荒い~ (8, 0.8%)

2 のところ, の処 1 が立っ, とがあった, に魚野川筋随一, のつ

▼ 荒いもの~ (7, 0.7%)

1 であり, でありました, であるが, でなあ, で何とか, となる, になり

▼ 荒い~ (7, 0.7%)

2 は御 1 ばかりおっしゃる, をさせず, を仰し, を為, を自慢

▼ 荒い~ (7, 0.7%)

1 だから, だが, なんかありやしません, はない, はなかっ, はなかつた, は無い

▼ 荒い~ (7, 0.7%)

2 をたて 1 があ, がし, は立てぬ, も為ず, をし

▼ 荒い~ (6, 0.6%)

1 だ, だから, だろう, です, ですの, ですよ

▼ 荒い~ (6, 0.6%)

2 です 1 だったらば, だわねえ, にはなん, に精神

▼ 荒い棒縞~ (6, 0.6%)

1 で帯, の, のネル, の外出着, の浴衣, の着物

▼ 荒い滝縞~ (6, 0.6%)

3 の丹前 1 にずっこけ, の裾, の重ね

▼ 荒いよう~ (5, 0.5%)

1 じゃ, です, ですからね, ですね, に思える

▼ 荒い土地~ (5, 0.5%)

1 だへん, でかつて, にふさ, に移され, の生活

▼ 荒い~ (5, 0.5%)

1 で全く, の削り立った, の姿, の肌, 掘夫

▼ 荒い息使い~ (5, 0.5%)

1 が静まる, すら自分, の知覚, はきっと, をし

▼ 荒い時代~ (5, 0.5%)

1 が私, であったから, であつ, に揉まれ, の波風

▼ 荒い~ (5, 0.5%)

1 か麻, が体, のした, の獣, を紡ぎ織っ

▼ 荒い~ (5, 0.5%)

2 の走 1 が隈取り, をあの, 一目見た

▼ 荒い~ (5, 0.5%)

4 を見入つて 1 を見入っ

▼ 荒い~ (4, 0.4%)

1 仕事ぶりであった, 島たちは, 島の, 船頭が

▼ 荒い~ (4, 0.4%)

1 この風, さつ, なにか悪い, 収入が

▼ 荒い~ (4, 0.4%)

2 から飛び込み 1 で政党騒ぎ, を渡っ

▼ 荒い~ (4, 0.4%)

1 に温柔, の傷, も歌, を起し

▼ 荒い息遣い~ (4, 0.4%)

3 をし 1 がきこえ

▼ 荒い感じ~ (4, 0.4%)

1 があつ, のうち, の山, を持つ

▼ 荒い~ (4, 0.4%)

1 が來, が月光, の魚, は嫌い

▼ 荒い~ (4, 0.4%)

1 でも空, に使う, も首, を半殺し

▼ 荒い空気~ (4, 0.4%)

1 に吹かれ, に煤, の中, を凌い

▼ 荒い調子~ (4, 0.4%)

1 が, でぎこち, で冷, で描かれた

▼ 荒い飛白~ (4, 0.4%)

2 の着物 1 のコオト, の筒袖

▼ 荒い~ (4, 0.4%)

1 で頻りに, に乗っ, の姿, を選ぶ

▼ 荒いから~ (3, 0.3%)

1 外浜を, 粟肌が, 逃げ出したの

▼ 荒い~ (3, 0.3%)

1 にケチ, に炭, に酒呑み

▼ 荒い~ (3, 0.3%)

1 が大きい, のやう, のよう

▼ 荒い~ (3, 0.3%)

1 かどを, のよう, の肌

▼ 荒い息吹き~ (3, 0.3%)

1 のなか, の中, をも感じた

▼ 荒い感情~ (3, 0.3%)

1 によつて, の面, を抑制

▼ 荒い~ (3, 0.3%)

1 だと, だ成, で堤防

▼ 荒い~ (3, 0.3%)

1 がそこ, が彼女, になでられすぎた

▼ 荒い格子縞~ (3, 0.3%)

2 のハンチング 1 の浴衣

▼ 荒い溜息~ (3, 0.3%)

1 を吐いた, を吐き出す, を吐く

▼ 荒い皮膚~ (3, 0.3%)

1 の褶紋, をし, をした

▼ 荒い~ (3, 0.3%)

1 が覗い, をさすっ, を激流

▼ 荒い跫音~ (3, 0.3%)

1 であった, にやにわに, を考へた

▼ 荒いいろいろ~ (2, 0.2%)

1 な獣物, な獣物等

▼ 荒いうねり~ (2, 0.2%)

1 が岩壁, に影

▼ 荒いお方~ (2, 0.2%)

1 でもその, のよう

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 さもなく, すり

▼ 荒いけれども~ (2, 0.2%)

1 そのさわり, それも

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 修行など, 気性を

▼ 荒いそう~ (2, 0.2%)

1 でございますどうも, ですから

▼ 荒いため~ (2, 0.2%)

1 か泊り客, にかえって

▼ 荒いやつ~ (2, 0.2%)

1 だと, でしたが

▼ 荒いタッチ~ (2, 0.2%)

1 で描かれた, で鑿

▼ 荒いブリキ色~ (2, 0.2%)

2 の波

▼ 荒い一瞥~ (2, 0.2%)

1 を受ける, を彼女

▼ 荒い傾向~ (2, 0.2%)

2 がある

▼ 荒い北風~ (2, 0.2%)

1 が市街, と貧しい

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

2 オオヴァの

▼ 荒い単調~ (2, 0.2%)

2 な跫音

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 も利かぬ, をきいた

▼ 荒い叫び~ (2, 0.2%)

1 が部屋いっぱい, ごえが

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 の肌, をこね

▼ 荒い太平洋~ (2, 0.2%)

1 の藻屑, を横切っ

▼ 荒い子供~ (2, 0.2%)

1 だったが, と遊ばせ

▼ 荒い富山七之助~ (2, 0.2%)

1 をうっとり, をうつ

▼ 荒い山路~ (2, 0.2%)

1 が中, を往復

▼ 荒い岩礁~ (2, 0.2%)

1 と怒, や巌

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 である, へ身

▼ 荒い川原~ (2, 0.2%)

1 を辿る, を通る

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 の衣服, を織りあげ

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 でさすが, など押し寄せる怒

▼ 荒い景色~ (2, 0.2%)

1 にみいっ, のなか

▼ 荒い木綿~ (2, 0.2%)

2 の飛白

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

2 の反物

▼ 荒い横縞~ (2, 0.2%)

1 のスポーツ, の袴

▼ 荒い波風~ (2, 0.2%)

1 に当らなかった, をほとんど

▼ 荒い浮世~ (2, 0.2%)

1 の波, の波風

▼ 荒い浴衣~ (2, 0.2%)

2 の袖

▼ 荒い激しい~ (2, 0.2%)

1 仮借の, 呪いの

▼ 荒い為事~ (2, 0.2%)

2 をした

▼ 荒い父親~ (2, 0.2%)

1 がこれ, も旅

▼ 荒い現実~ (2, 0.2%)

1 のなか, は変

▼ 荒い生活~ (2, 0.2%)

1 で大工, の姿

▼ 荒い白絣~ (2, 0.2%)

2 の袖

▼ 荒い着物~ (2, 0.2%)

1 だが, の上

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 が積ん, の怖

▼ 荒い碁盤縞~ (2, 0.2%)

1 の外套, の服

▼ 荒い稼ぎ~ (2, 0.2%)

1 なぞ出, をし

▼ 荒い筆触~ (2, 0.2%)

1 で二つ, で様々

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 に一字一字, に上

▼ 荒い紺飛白~ (2, 0.2%)

2 の袷

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 のいささか, の銘仙

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

2 で左手

▼ 荒い自然~ (2, 0.2%)

1 と闘, の搖ぶり

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

2 の黒い

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 が自分, も涙

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 をいった, をかける

▼ 荒い言葉一つ~ (2, 0.2%)

1 かけたこと, かけるでは

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 なんぞは掛けない, を使っ

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 に並ん, を経

▼ 荒い連中~ (2, 0.2%)

1 がわれわれ, であれば

▼ 荒い郡内~ (2, 0.2%)

1 の川越し人足, の溢れ

▼ 荒い野分~ (2, 0.2%)

1 が吹きはじまっ, の風

▼ 荒い~ (2, 0.2%)

1 を思はせる, を落し

▼ 荒い頭髪~ (2, 0.2%)

1 にかこまれてる, は何時も

▼ 荒い髪の毛~ (2, 0.2%)

1 などが朝日, をもじゃもじゃ

▼1* [374件]

荒いあえぎ声を, 荒いあらかごを作り, 荒いある日玄関に, 荒いお粗末きわまるガラス, 荒いかごをこしらえました, 荒いかもしれません, 荒いくらいはまだしも, 荒いけれど平生は, 荒いこうしじまの, 荒いことばを使った, 荒いこと山の精, 荒いこと無類術よりは気, 荒いこの家で, 荒いさつま筋の出た, 荒い恐ろしい風, 荒いしかし無邪気な, 荒いしかも娘らしい, 荒いしゃちこばったこの貧乏, 荒いすごい雰囲気, 荒いせききった息づかいさえ, 荒いそいつが出来あがった, 荒いそして硬い彼女, 荒いその呼吸は, 荒いだらうしお客, 荒いつくりで好き, 荒いつぶれた声に, 荒いなおれ, 荒いというのか, 荒いなかでも気, 荒いなどと高声で, 荒いなりに又細けれ, 荒いなんて殿様なんで, 荒い違えねえ, 荒いにはブルブルしてる, 荒いのでね二人とも, 荒いのみならずまた, 荒いばかりでなく色合, 荒いひき潮に浮き, 荒いまずい小説だ, 荒いまっ黒なもじゃもじゃ, 荒いンだ, 荒いもう一つの, 荒いもっと狂わしい叫び, 荒いもんでなっ, 荒いそいつが, 荒いやうな感じ, 荒いやさしさ情熱という, 荒いゆすぶりに脳震蕩気味, 荒いらしいその商売, 荒いわりには気, 荒いコートに派手, 荒いザラザラした表面, 荒いスコッチの古, 荒いノオス・ミッドランドの沼地, 荒いノラクラ者で小道具, 荒いハッキリと網目, 荒いパアクスはもはや, 荒いパン屑へ少し, 荒いブラッシの使いよう, 荒い一つ着に黒繻子, 荒い一寸肩へ, 荒い三升格子の褞袍, 荒い三筋縞の紗, 荒い上総の山, 荒い不安を感じた, 荒い不正不義に満ち満ちた, 荒いの波風, 荒い世の中をさ, 荒い世中を凌い, 荒い世相で貧窮, 荒い世間の波風, 荒い世風は用捨, 荒い中形模様の湯衣, 荒い丹前か何, 荒い主人を怒っ, 荒い乾いた空気よ, 荒い人々の間, 荒い人たちで仲間, 荒い人気でね, 荒い人波にもみまくられ, 荒い人達のする, 荒い人間ではない, 荒い人間ぢやから, 荒い代りに金払い, 荒い代り奉公人にも近所, 荒い仲間と一緒, 荒い伝法づかい, 荒い佐久女の本性, 荒い佐賀っぽうの, 荒い俥夫は悉く, 荒い修業時代暮しの苦し, 荒い元気の満ちみちた, 荒い兵舍の殺, 荒い写真をつまみ出し, 荒いの日, 荒いい性質, 荒い冷やかな構図, 荒い凄まじい景色は, 荒い出格子の奥, 荒いでおまけ, 荒い剣法じゃ, 荒いには氣, 荒いのある, 荒い力強い姿は, 荒い労働で鍛え上げた, 荒い動作をしたくない, 荒い匂いがむくむく, 荒い北海をいく, 荒い北風幾度かその, 荒い卓子が置い, 荒い南部加州あたりで労働, 荒い南風の吹く, 荒い単純な他意, 荒い士たちは, 荒い口調でぼんやり, 荒い口髭をはやしてる, 荒い吐息をつき, 荒い賣は, 荒い商売をし, 荒い四つ目の高, 荒い四つ目垣の中, 荒い四角いどっちかと, 荒い図図しいときには狡猾, 荒いと考, 荒いをし, 荒い城壁にかこまれた, 荒い場合は一個, 荒い境遇を変化, 荒いには弓, 荒いの風, 荒い外側に付い, 荒い外海育ちの上, 荒いの山風, 荒い夜景の美し, 荒い大きい濤に, 荒い大形の鞘形, 荒い大浜界隈でも名, 荒い大海を生々しく, 荒い大阪格子を立てた, 荒い天候ですね, 荒い婆さんもさすが, 荒い子息がそれ, 荒いを思い出す, 荒い季節中この島あて, 荒い学生式支那料理としては上々, 荒い家来だそう, 荒い容貌をし, 荒い寒い日だった, 荒い砂を, 荒い小屋者の気, 荒い小言も云わず, 荒い山上の風, 荒い山人の血, 荒い山家育ちの下婢, 荒い山越しの路, 荒い岩山にはぽかっと, 荒い岩石を枕, 荒い岩肌に藤, 荒いのあたり, 荒い師走の素見客ども, 荒い幅広い風が, 荒い弁慶じま, 荒い弥之助に取っ, 荒い彩色を眺め, 荒い魂を, 荒い御召の縞柄, 荒い復讎手段であつ, 荒い心持が自分, 荒い急流に押し流されゐる, 荒い息づかひを殺し, 荒い息一つ立てずに, 荒い息使ひにな, 荒い息吹が胸, 荒い息子の方, 荒い息音さえ立たなかった, 荒い情熱が行間, 荒い意見をいう, 荒い愛馬の脚ひびきが, 荒い懸崖とを乗り越し, 荒いや言葉, 荒い手合だった, 荒い手織りのマント, 荒い手首が触れた, 荒い批評家だ, 荒い挙動である故, 荒い振幅で捩, 荒い掛け声は宿場, 荒い教育をし, 荒い散文的の描写, 荒いだとは, 荒い旅路は遂に, 荒い日本海をも紹介, 荒い明け方の海, 荒いに行き, 荒いであつ, 荒い曹彰が十万, 荒い木目の床板, 荒い木綿縞の丈, 荒い村松は目, 荒いをつい, 荒い東国の果て, 荒い東国産の絹, 荒いのお召, 荒いの肌, 荒い格子戸のよく, 荒い格子組のすぐ, 荒い格子越しにそれ, 荒い桟型にはめられ, 荒い構造の簡単, 荒いな東京弁, 荒いに見へる, 荒い歔欷がいつ, 荒いの鋸, 荒い母親からのがれ, 荒い気むずかし屋だった, 荒い気候と戦う, 荒い気分のする, 荒い気性の人, 荒い氣持になつ, 荒い水戸口を南, 荒い水音が打楽器, 荒い水音波の響き, 荒い決心と確乎さ, 荒いへ出る, 荒いである, 荒い波ぐらゐほんの子供, 荒い海上で集る, 荒い海中を乗り切, 荒い海内側のなだらか, 荒い海岸や孤島, 荒い海岸ぞいに避難, 荒い海浜にそだった, 荒い海辺をモルヴァアク, 荒い淋しい田舎に, 荒いをのこす, 荒い潮風に吹きさらされ, 荒い激情とを抒情詩主義時代, 荒いである, 荒い瀬なみを抜けきる, 荒い瀬戸紀淡海峡などのもの, 荒いが燃え, 荒い火薬の爆発, 荒い炭坑都市筑前直方の警察署内, 荒い格好な, 荒い焼物でそこ, 荒い照常様が興味, 荒いをもしずめる, 荒い燈火は闇, 荒いに容易, 荒いの暮しぶり, 荒い物言をする, 荒い物言いもする, 荒い物音をたて, 荒い獣類毛の和, 荒い生垣から中, 荒い生涯江戸の水, 荒い男の子だと, 荒いで三百そこ, 荒いである, 荒いの汚れ, 荒い病人の呼吸, 荒い療治もしかねる, 荒いが出, 荒い白い立縞の, 荒い白木の格子, 荒いの男, 荒い狭い額, 荒い眉根をしかめてる, 荒い眉毛と小さな, 荒い短い呻きご, 荒い石原があっ, 荒い砂利を敷いた, 荒い砥石としてあれ, 荒い破壊思想に追いやる, 荒いとつづく, 荒いはこの, 荒い神さまである, 荒い神經を持つ, 荒い竪縞の褞袍, 荒いの格子, 荒い笹刈りには蚋, 荒いに移つて行つて, 荒いを作り, 荒い粗い写真版で, 荒い粗末な斧, 荒い紫紺がかった綿入れ, 荒い紬絣の単, 荒い細かいを覘, 荒い組み合っている, 荒いの幕, 荒いに入れ, 荒い網目版で印刷, 荒いでここ, 荒い縞模様の着物, 荒い縞目をつけられ, 荒い縞背広を着た, 荒い縦縞横縞をはじめ, 荒い美しいものである, 荒い羽目があった, 荒い考えかたが堪りません, 荒い職人膚だった, 荒いが白粉, 荒い肉体それらが誘惑, 荒い肩息を吐い, 荒い脈搏をつたえた, 荒い航行中に少く, 荒いが長く, 荒い苦しそうな, 荒い苦しみを刻みつけ, 荒い苦悶を食, 荒いの木, 荒い茶色の髮, 荒いを煙管, 荒い葡萄酒を啜っ, 荒い絞りの, 荒い血汐の洗礼, 荒い表情を持つ, 荒いを藍色, 荒い西北が一日半夜, 荒い言葉ひとつ口から出した, 荒い評判の鍋島藩中, 荒い試合となった, 荒い語気でさえぎった, 荒い調をひいた, 荒い質朴な人達, 荒い赤毛を頭, 荒い足どりでお, 荒い足音障子を開けた, 荒い身ぶりととりとめ, 荒い輪郭なの, 荒い辺卑な海辺, 荒い遊びをし, 荒い遊び方をやる, 荒い遊戯とで始まった, 荒い道楽者連中のあいだ, 荒い遣い手だて, 荒い酔っ払いみたいな, 荒いには露, 荒い野猪の腕, 荒い野良仕事は出来, 荒い野郎を搜, 荒い銀色のヒゲ, 荒い銘仙の茶, 荒い銘仙絣の単, 荒い陰鬱さの美しい, 荒い陽気を相手, 荒い隙間から菜の花, 荒い雑種と来た, 荒いが降った, 荒いのなか, 荒いが降っ, 荒いが降り出し, 荒い頬髯を逆立て, 荒い頭髪時によって妙, 荒いの皮膚, 荒い風の音に驚かされ, 荒い風景にみいっ, 荒い飛沫も練る, 荒い飛翔です, 荒い馬丁は手綱, 荒い駄々ッ児なかわり, 荒いの娘, 荒いのある, 荒いがムシャムシャ, 荒いを飛ばし, 荒い麦稈帽ですわ, 荒い小功, 荒い麻布の上, 荒い麻袋で造った, 荒い黄八に緋鹿子, 荒い黄羽二重の大名縞, 荒い鼻呼吸をし, 荒い鼻嵐と重苦しい, 荒いをかきはじめた