青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見送っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~見当 見当~ 見方~ ~見物 見物~ 見舞~ 見解~ ~見詰め 見詰め~ ~見送っ
見送っ~
規則~ ~規定 規定~ 視~ ~視線 視線~ ~覗い 覗い~ ~覗き 覗き~

「見送っ~」 1265, 14ppm, 8120位

▼ 見送っ~ (1192, 94.2%)

229 いた 85 いたが 61 いる 49 いると 31 いました 24 いたの 23 いましたが 20 いるうち 18 いるの 9 おりました 8 いますと, いるばかり, くれた 7 いて, しまうと 6 立って 5 いるよう, おります, くれて, 置いて 4 いたお, きた, くれました, しまった, 半七, 居りましたが, 行った 3 います, いるお, いるが, おりましたが, 呉れた, 平次は, 来た, 来て, 私は

2 [27件] あげましょう, いたと, いたので, いたり, いた末, いった, いてから, いるその, いるだけ, いる人々, いる眼, お銀, くだすった, しまったの, すぐに, ゐましたが, ニヤリと, 了う, 佇んで, 何か, 出た, 居りました, 居ります, 後, 戻って, 支店長は, 道人は

1 [470件] あげるつもり, あとに, あれは, いきました, いたおじいさん, いたお初, いたお玉さん, いたか, いたかね子さん, いたその, いたそれら, いたっけ, いたという, いたとは, いたもの, いたよう, いたらしいから, いたわ, いたエレーナ, いたシムソン, いたピグミー, いたムク犬, いた主膳, いた人, いた人々, いた他, いた令嬢, いた例, いた僧侶たち, いた公卿たち, いた千, いた千浪, いた嘉門, いた園子, いた多喜子, いた姿, いた娘さんたち, いた小, いた小使, いた島, いた後, いた慎九郎, いた探偵, いた文珠屋佐吉, いた料理屋連, いた新之助, いた明智探偵, いた武士, いた母, いた法外先生, いた父親, いた甚内, いた田鍋課長, いた眉香子, いた私, いた私達, いた立ち姿, いた美奈子, いた老, いた者, いた船長, いた茂太郎, いた萩乃, いた落着き, いた調査部員, いた諸, いた豆八, いた野次馬連, いた龍造寺主計, いって, いつまでも, いなければ, いましたからね, いましたのよ, いること, いること暫時, いるだろう, いるであろう高氏, いるとき, いるところ, いるのに, いるま, いるもの, いるらしかった, いるらしく思われた, いるわけ, いるわれわれ, いる三好, いる中, いる中年者, いる人達, いる仙太, いる仙太郎, いる僧, いる八五郎, いる加多, いる北村, いる奥さん, いる女, いる婆さん, いる宮本夫人, いる尋ねられた若い, いる山本, いる岡田良造, いる弦, いる彼女, いる東儀与力, いる法外先生父娘, いる田山白雲, いる男, いる癇, いる私, いる美人, いる老, いる達雄, いる酒, いる長五, いる閭, おいて, おおぜ, おじいさんは, おった, おったの, おもわず涙, おられました, おりますと, おります様子, おる, おるの, お仙は, お侍, お初は, お徳, お綱, お豊, きたもの, きた友, きた常木鴻山, きた警部, きて, ください, くださいました, くださったが, くだらん小説, くれたその同じ, くれたでしょう, くれた人達, くれた別荘主, くれた古老, くれた婦人, くれた彼女, くれた社, くれた西尾, くれないかと, くれるかの, くれること, くれるでは, くれるよう, くれる人達, くれる何十人, くれる眼付, くれれば, こう呟い, こう呟いた, この変人, この家, これから家, これは, さっと立ち上がる, さて以後, しずかに, しばしの, しばらく何, しばらく無言, しまう, しまうという, しまったわけ, じゃそんなに, すぐその, すっかり気, そこから, そして莞爾, そして阿蘇, そっとつづく, そっと歎息, そのうち調子, そのすさまじさ, そのまま室, そのまま消え, その丸々, その乗っ, その場, その脚, それからさてれい, それから不思議そう, それに, たがいに, たらしかった, ちょっと空, ちらかった, つかわせ, ともかくも, どうする, なんとなくさびしく, にやりと苦笑い, のどやかに, ひとりが, ひとり呟い, ぼんやりし, ぼんやりしてる, ぼんやりと, また小屋, また幾月, また涙, また首, まだ立去りきれなかった, みると, もどって, もらうこと, もらって, やった, やはり呆然, ややあっ, やや小半日, やるぜ, やると, やれ, やれの, やれやれと, やろう, やろうと, やろうという, ゆく, よく覚え, ゐて, ガラッ八, クスクスと, スキーを, ソッと, チビ公は, ノコノコと, ブレント・クリイクと, ボンヤリなんか, ポカンと, 一人に, 一日おく, 一語でも, 七兵衛は, 三人一度に, 三四郎が, 上げた程, 上げましょう, 下さったの, 下さるん, 下されたが, 不思議そうに, 不思議な, 丑蔵は, 丘の, 両手で, 中村は, 乾児達は, 亀吉は, 二人は, 二階に, 云ひました, 井戸端に, 人々は, 今まで, 仕舞うと, 以来何も, 佐佐は, 何の, 何らの, 何を, 停車場から, 停車場まで, 先生の, 兎に, 入交って, 八五郎は, 八雲は, 兵馬は, 内では, 内へ, 再びそっち, 再びその, 再び感歎, 再び部屋, 出て, 出ると, 別に一人, 千枝太郎は, 千種十次郎は, 又すぐ, 又改札場, 又次郎は, 口辺で, 吉五郎は, 同じ道, 含み笑いを, 呆気に, 呆然とその, 呉れたりなど, 呉れる事, 呉れる筈, 呟いた, 呟いたが, 呟やきました, 善八は, 四人は, 堪えられない寂し, 多助は, 太郎は, 女房は, 学校が, 安心した, 家へ, 寄り付きの, 富士は, 審し, 寿美子は, 小さい門, 小戻り, 尚お, 居た, 居たささやか, 居ましたが, 居る, 居ると, 居る客, 居る筈, 山陽は, 岸本は, 島野は, 帆柱の, 希望と, 師冬は, 帰して, 帰って, 帰りを, 帰途山下の, 平井, 平生より, 幸徳は, 幾分の, 座敷に, 引っかえす, 引っ返したよう, 引返し机, 弦之, 役は, 彼が, 彼は, 往った, 後なんだか, 御免を, 御祖父さん, 心から運命, 心配する, 忠利が, 悄然と, 扉の, 扉を, 手代の, 振り向くと, 振り返った時, 振袖銀杏の, 改めて庄公, 教えた, 新吉は, 旅人清作は, 旅川周馬は, 旗を, 明るく笑った, 星越から, 暇を, 暫くボンヤリ, 暫く突っ, 暫らく行手を, 机の, 村尾は, 来たが, 来たの, 来た二人, 来た南条村, 来た安兵衛, 来た家中, 来た朝鮮人, 来た番町, 来た連絡船, 来ない, 来られて, 東儀は, 松吉は, 林之助の, 棒立ちに, 次郎左衛門は, 武蔵は, 残りの, 気に, 汽車が, 泣いた, 泣いたこと, 泣いては, 泣きながら, 消えた, 涙を, 涼み台で, 深い溜息, 清之介君は, 源三郎は, 澹山は, 炊事場に, 燿子は, 独言の, 甚兵衛は, 用水堀の, 田毎大尉は, 異様な, 真青に, 眼を, 磯五は, 祖母らしい, 穂積純太郎を, 立ちつくして, 立ちつくしました, 立ち尽して, 立つ林之助, 竹格子の, 美枝子は, 老人は, 老人も, 考えて, 考え込んで, 耳を, 自分は, 舌打ちし, 舌打ちする, 若い男, 苦悩に, 苦笑した, 茫然と, 茶の間に, 草の, 薄気味の, 蜂が, 蝋燭を, 行きすぎると, 行きました, 行く内, 行ったお, 行った者, 覚えず微笑, 言う, 言った, 谷中の, 身を, 邦夷は, 部屋へ, 長五郎は, 閃と, 闇太郎暗然として, 陣外の, 電灯を, 面を, 頂くこと, 風が, 驚いた, 鴉は

▼ 見送ってから~ (45, 3.6%)

1 [45件] いかにも満足, いちどは, いちど住職と, お粂, これで, その足, ぶらぶら歩い, まもなく道行山, チョットの, ドレゴは, 九日も, 二人に, 今度は, 伸子は, 作左衛門は, 僕は, 再びキョロキョロ, 再び泥田, 右馬介は, 夜カサさんで, 安土で, 官兵衛は, 山岳切支丹族の, 廊下に, 彼が, 彼は, 後を, 急に, 戻りには, 旅籠の, 日進堂で, 本庄は, 深い溜息, 清盛は, 玄関を, 約半刻, 船岡へ, 葉子は, 葵の, 車を, 辞職する, 近所の, 頂上へ, 食堂へ, 駒井甚三郎は

▼ 見送ったり~ (8, 0.6%)

2 して 1 した, したが, する, また中, 短外套, 頻りに謀叛気

▼ 見送っては~ (6, 0.5%)

1 いたが, いなかった, くれまいか, またよよと, 活動写真で, 都の

▼ 見送っての~ (4, 0.3%)

1 帰りに, 帰り小田秀人, 帰り馬上, 後なら

▼ 見送っても~ (4, 0.3%)

1 その男, 人馬の, 命が, 見送っても

▼1*

見送ってからというもの毎日毎日学校から, 見送ってからの嫂は, 見送ってからは髪も, 見送ってからもふたたび窓, 見送ってだけでもください, 見送ってでもいるらしく顔