青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見詰め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~見出す 見出す~ ~見当 見当~ 見方~ ~見物 見物~ 見舞~ 見解~ ~見詰め
見詰め~
~見送っ 見送っ~ 規則~ ~規定 規定~ 視~ ~視線 視線~ ~覗い 覗い~

「見詰め~」 1200, 13ppm, 8495位

▼ 見詰め~ (1004, 83.7%)

152 いた 77 いる 66 ゐた 42 いたが 40 いると 27 ゐる 23 いるの, 居ります 19 ゐたが 16 ゐると 11 いたの, いました 10 いるうち, いるよう 9 立って 8 おります, 居ると 7 おりました, ゐるの 6 いる中, 居た, 立つて 5 います, 居りました, 居る

4 [12件] いたので, いたよう, いて, いましたが, いる時, おりましたが, ゐて, ゐる時, 居たが, 居りましたが, 立つ, 黙って

3 いてから, いますと, いるので, ゐたの, ゐたり, ゐました, ゐます, 居るの

2 [29件] いたそう, いた後, いた時, いた目, いた眼, いながら, いるだけ, いるなんて, いるに, いるばかり, いる人, いる健三, いる彼, いる眼付, いる間, その中, ゐるうち, ゐるに, ゐるので, ゐるやう, ゐる内, ゐる外, ゐる間, 上から, 居たり, 居つたが, 心では, 私は, 行った

1 [275件] あるいた, いたい, いたお雪ちゃん, いたとき, いたね, いたはず, いたばかり, いたぼく, いたよ, いたらしい千鶴子, いたり, いたろう, いたわよ, いたレイモンド, いた事が, いた京伝, いた例, いた千吉, いた印度人, いた吉, いた喬介, いた四人, いた大月, いた夫人, いた娘, いた将軍, いた彼, いた方向, いた春信, いた末, いた松吉, いた甚内, いた生徒たち, いた甲野さん, いた男, いた直也, いた矢代, いた神尾主膳, いた美奈子, いた視線, いた貝十郎, いた雨龍太郎, いた電燈, いた馬琴, いた黒き, いた黒吉, いった, いましたから, いましたよ, いました時, いますが, いますの, いようという, いらしった, いらっしゃるの, いるいや, いるお, いるおせん, いるが, いるきり, いるじゃ, いるその, いるため, いるとは, いるなと, いるのに, いるより, いるらしい, いるらしかった, いるベルレーヌ, いるユダヤ人, いる事, いる二つ, いる五十, いる人物, いる伯父, いる個所, いる兄, いる外, いる夫人, いる女, いる室子, いる彼女, いる方角, いる東野, いる燕尾服, いる癖, いる眸, いる眼, いる眼先, いる眼眥, いる私, いる私たち, いる米, いる美女, いる者, いる若い, いる葉子, いる薪左衛門, いろ, いろいろ考え出した, いろラザルス, おいでに, おった, おられたと, おられたの, おられました, おられるでは, おられるよう, おりますと, こうして此処, この歌, これも, ごらんなさい, さて唇, しまった, じっとそこ, そう云う, そのくせ, そのまま考えこん, その一文字, それから網扉, つツ, ひそかに, また黙った, みる, やがてにやりと嗤, やっとの, やりたくなる癖, わざと笑つた, ゐたお, ゐたから, ゐただらう, ゐたところ, ゐたみのる, ゐたみんな, ゐた与兵衛, ゐた乞丐, ゐた彼, ゐた後, ゐた時, ゐた水島, ゐた牧瀬, ゐた田, ゐた男, ゐた白い, ゐた監視人, ゐた直也, ゐた私達, ゐた美奈子, ゐようといふ, ゐられる内, ゐること, ゐるじや, ゐるだけ, ゐるだけで, ゐるところ, ゐるのに, ゐるばかり, ゐるばかりの, ゐるみのる, ゐる中, ゐる事, ゐる夫人, ゐる姿, ゐる方, ゐる母親, ゐる眸, ゐる義男, ゐる顔, ゐる黒い, コップを, ヂツとして, 下さるお, 下さるだけ, 云った, 云ったが, 他念なく, 低く唸る, 何か, 何と, 何時間立つ, 傍を, 動いて, 動き出したという, 右近丸は, 問い返した, 嘲むよう, 固く坐, 変って, 夢遊病者の, 寝通した, 少しびっくり, 居たの, 居た人相, 居た前, 居た眼, 居た蜂屋文太郎, 居た讃, 居ったです, 居つた, 居ました時, 居ます, 居らる, 居られたが, 居りますあまり, 居りますから, 居るうち, 居るばかり, 居る事, 居る全く, 居る勿論別に, 居る新吉, 居る様, 居る様子, 居る美しい, 居る貫兵衞, 居る間, 当惑した, 徒に唇, 微笑むと, 思案し, 怪訝な, 恐れない強い, 悠々と, 愉快に, 懐古的瞑想に, 搜り, 来たもの, 来た勇気, 来る, 歌つてゐる, 止つた, 歳月を, 殆ど一語も, 泣きさうに, 涙を, 済す折, 爾し, 物を, 物思いに, 物柔かに, 田舎の, 皮肉な, 相手から, 眼を, 眼毒が, 神経質に, 禰宜と, 立ちどまった, 立ち盡, 立ったまま目まい, 立つた彼, 米友が, 緑なり, 考えた, 考えて, 聞いた, 脱さず絶えず, 腰掛けて, 見る, 見るだけの, 覘を, 言つた, 言葉が, 詞も, 賽の目と, 身動きも, 軽い溜息, 返答を, 釣って, 静かに, 首を, 驚いた, 黙つて

▼ 見詰めながら~ (111, 9.3%)

6 云った 3 云つた, 言った 2 お前の, 彼は, 心の, 有頂天に, 私は, 考えた, 静かに

1 [85件] あぶなく涙, いった, いつまでも, おずおずと, かう言つて, これで, さながら鍵盤, しかも顔, しゃべる, じりじりと, そこまで, その医者, その着, その背中, その衣, そんなこと, たうとう, だんだんと, つづけた, ときどき慄, はなす, ふと默, また物思い, よろよろと, ションボリし, スラリと, 一人先へ, 一口お茶を, 三造は, 不安と, 並んで, 今や巫祝, 今後の, 何か, 再び戸外, 努めて, 半身夜具から, 叫んで, 吃り吃り云った, 向ひ, 咽喉を, 唇を, 四角く坐っ, 寄って, 居縮んだ, 巡査の, 廊下の, 徐々に懐中, 息の, 教父が, 暫く深い, 枕元の, 桑子は, 次第に顔, 歩き出した, 法水が, 涼しい色, 深い疲れ, 濃茶, 無意識に, 疳高い透き通る, 白い歯, 矢代は, 笑って, 紙入の, 素破, 絶望と, 聞き入って, 自分自身の, 舟を, 苦しそう, 蒔蔵は, 言う, 言つた, 言葉の, 言葉は, 言葉を, 訊ねた, 語り始めた, 身を, 通った, 遠い過去, 重々しく云いました, 長い夢, 闇の

▼ 見詰めたり~ (11, 0.9%)

2 しが 1 したらどんなに, した後, しながら, します, するより, または不, 不潔に, 襟筋を, 電氣の

▼ 見詰めつつ~ (7, 0.6%)

1 彼女が, 戀に, 歩む, 衣を, 論理の, 躊躇って, 遠い

▼ 見詰めてから~ (5, 0.4%)

2 急に 1 なおもそこ, ふッ, 静かに

▼ 見詰めては~ (5, 0.4%)

1 あるいて, いきなり目, いるが, 光りを, 父親が

▼ 見詰めても~ (5, 0.4%)

1 いなかったん, もう眼, 君の, 左程, 矢代は

▼ 見詰めそして~ (3, 0.3%)

1 命ずる, 我々が, 物音を

▼ 見詰めたりなんか~ (3, 0.3%)

3 して

▼ 見詰めてを~ (3, 0.3%)

1 りました, ります, るやう

▼ 見詰めそれから~ (2, 0.2%)

1 不意に, 急に

▼ 見詰め乍ら~ (2, 0.2%)

1 うっとりと, ズバリと

▼ 見詰め合つて~ (2, 0.2%)

1 ゐる, 暮すやう

▼1* [37件]

見詰めあのお友達, 見詰めあゝ清吉あー, 見詰め妻は, 見詰めかの女は, 見詰めしばらく澄江は, 見詰めじっと思案に, 見詰めじつにブラジル産に, 見詰めそれはイキ, 見詰めちや嫌ですよ, 見詰めてでもゐると, 見詰めどうしたらいい, 見詰めなって, 見詰めむっちりした白い, 見詰めるる恥し, 見詰め一二度踏み試みて, 見詰め乍ら彼について行く, 見詰め乍ら斯うつぶやきます, 見詰め今夜はどの, 見詰め仏教の思想, 見詰めかはやり唄, 見詰め口笛を吹き出した, 見詰め口許には笑ひと, 見詰めに力, 見詰め大いに叫ぶ状, 見詰め子供の名, 見詰め底力のこもった, 見詰め或は又右手の, 見詰めが烈しく, 見詰め狂わしくこう, 見詰め瞬き一つしようとも, 見詰め粛然として読む, 見詰めをかしげ, 見詰めじも, 見詰め苦しい息を, 見詰めのある, 見詰めには且忿怒, 見詰めを掉