青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~見事 見事~ 見出し~ ~見出した ~見出す 見出す~ ~見当 見当~ 見方~ ~見物
見物~
見舞~ 見解~ ~見詰め 見詰め~ ~見送っ 見送っ~ 規則~ ~規定 規定~ 視~

「見物~」 5578, 60ppm, 1903位

▼ 見物~ (1029, 18.4%)

36 来て 30 出て 25 行った 22 行って 19 出かけた 14 出かけて, 行つた 12 来たの 11 出かける 10 行く 9 來た, 出た, 出掛けた, 連れて 7 向って, 行きました 6 ゆく, 出かけました, 行くの 5 でかけた, なって, 来た, 来る人, 行ったこと, 行ったとき, 行ったもの 4 いって, きて, 出かけること, 出ること, 来たん, 行った時

3 [23件] つれて, でかけたの, でかけて, まじって, ゆくと, ゆくの, 出かけたこと, 出かける者, 出掛けて, 参りました, 来た人, 来た時, 来る, 気を, 聞かせない白, 行きましたが, 行くと, 行くところ, 行くよう, 行くん, 行こうと, 行ったが, 行まする

2 [54件] あきが, いら, こられないの, でかけたが, でかけたり, でかける, でかけること, なったり, まぎれて, ゆきました, ゆく場合, ゆく者, 上京し, 与へ, 交って, 何を, 來て, 出かけたの, 出かけたもの, 出かけたり, 出かけた筈, 出かけます, 出かけるかな, 出かけると, 出ぬ時, 出る気, 出る約束, 出掛けた跡, 出掛けようと, 出遇つた事, 参りましたが, 参りましたの, 向かって, 向つて, 来たと, 来た田舎者, 来ました, 行かうと, 行きたいもの, 行きたまえ, 行くこと, 行くなんて, 行くほどの, 行く約束, 行こうじゃ, 行ったという, 行ったの, 行った事, 行った者, 行っては, 見ゆ, 費された, 赴く, 集まって

1 [532件 抜粋] あがって, あつまりかけがえ, あの講釈, あらわに, いけると, いったんです, いつて, いらした汽車, いらっしゃいまし私, いらっしゃいよ, いらっしゃるので, いらっしゃるわし, うけて, うしろを, おいで, おでかけ, おでかけです, お出, お出かけなさい, お出かけなさる, お出掛けなさいました, お妻以下奉公人, お成りあそばさった, お目見得と, かかる, かけつけたもの, かこまれて, かりだされたの, きき尋ねました, きた, きたの, きたわけ, きた家老, きた帰り, きた程, きた閑人, きのう一日を, くらして, くる, くるの, くる人, くる人間, くる単に, くる若旦那ふう, ことよせて, この人, これと, されるので, して, すぎなかったわれわれ, すぎなかつたわれ, すぐでかけよう, すみません私, するの, そばへ, つきものの, つき合うきり, でかけたもの, でかけた留守, でかけました, でかけるけれども, でかけるとは, でかけるの, でかけるよう, でかけるハリアヒ, でかける人々, でかけ喧嘩見物, でむくと, とくと見せる, とっくり眺めさした, どの位時間, なったろうか, なつてる, なにを, なりました, なりましたか, なりませんか, のぼった, はいったら人間ポンプ, はじめて上つてきた人, はらはらさせる, ひっぱりだして, まいりました時, まいるか, まぎれこんで, まぢつて, むかって, むしろ満足顔, もぐりこむよう, やったところが, やってくる彼, やって来た, やって来たり, やって来て, やって来ること, やり土間, ゆきかも, ゆきどこ, ゆくぞ, ゆくという, ゆくには, ゆくほか, ゆくん, ゆく趣味, ゆこうとしても, よびかけました, わからないと, サーヴィスする, スリと, ロンドンへ, 上った十八歳, 上京した, 与えたくは, 与えるという, 与えるもの, 与えるよう, 与へる効果, 並んで, 乘り, 交つた八五郎は, 人の, 伝へること, 伴れ, 何か, 來たら, 來られる, 來る, 候へ, 入りまじって, 入りもうして, 入り込んだの, 出かけたか, 出かけたその, 出かけたところが, 出かけたパウサニアス, 出かけた帰り, 出かけた我々, 出かけた時, 出かけた村, 出かけては, 出かけながら, 出かけなさるなよ, 出かけましたよ, 出かけようかと, 出かけるか, 出かけるころ, 出かけるつもり, 出かけるでなし, 出かけるところ, 出かけるなんぞと, 出かけるの, 出かけるはず, 出かけるらしい私, 出かける人, 出かける天然記念保護物, 出かける時分, 出かける騒, 出かける騒ぎ, 出かけレビューガール, 出かけ其處, 出かけ夜, 出した後, 出して, 出しましたが, 出たお, 出たとき, 出たのに, 出たもの, 出たり, 出た人, 出た後, 出た遊女, 出っくわさないとも, 出ては, 出でまじき物, 出なかった, 出ますか, 出ますの, 出ようと, 出られるので, 出る, 出るその間密偵, 出ると, 出るなどは, 出るにも, 出る公達, 出る美形, 出れば, 出向いて, 出張いたしました, 出懸けた, 出懸け香花, 出払つた留守, 出掛けたる途上, 出掛けたん, 出掛けた市民, 出掛けますが, 出掛けも, 出掛ける, 出掛けるの, 出掛け酒月, 出歩いた, 出歩きすぎて, 出歩くついで, 出発と, 分かり見物, 分る程度, 制限を, 割籠吸筒取持たせ, 半日を, 印象づけようと, 参ったの, 参った折, 参る気, 参ろう, 參りました, 參る, 又京都, 及んだが, 取つて, 取り巻かれて, 取り巻かれ気忙し, 受けなければ, 受けよらんけに, 同じ女, 同時にしひる, 名を, 向いて, 向かっては, 向きて, 呼ばれて, 呼びかけて, 呼びかけること, 呼掛けようと, 喜ばれたといふ, 喜ばれ同時に, 回らなきゃならねえん, 売った残り, 売るという, 売捌かうと, 変化を, 大よろこび, 媚びよとは, 実にくだらない, 客観的な, 寄つて來た, 寧日ない, 對し, 小銭で, 屋根も, 山霊木花咲耶姫にも, 帰って, 店中の, 廻って, 廻つてゐる, 引っぱり出して, 往くにも, 往くよう, 往つて驚い, 忘れさすの, 忙が, 応援され, 怪我さえ, 想ひ出させよう, 感動を, 憂身を, 我々が, 或る, 手間どって, 押されて, 押しよせて, 押し掛くる者, 拍手を, 招いたり, 招待を, 数週間ベルリンに, 新しい演劇, 日を, 春の, 最も近い, 来, 来い, 来いと, 来たおじさん, 来たさ, 来ただか, 来たので, 来たはず, 来たばかりさ, 来たもの, 来たら必ず, 来たるもの, 来たんぢ, 来た世界, 来た富豪, 来た時会場, 来た本間, 来た江戸, 来た滞在フランス人, 来た物好き, 来た由, 来た西洋人, 来た野次馬連, 来た金魚屋, 来てたダッシー八田氏, 来ながら, 来ましたよ, 来まして, 来やしないさ, 来られた, 来られて, 来られるが, 来られ楽屋, 来り, 来りブラック, 来るうち, 来ると, 来るところ, 来るの, 来るべきもの, 来るもの, 来る他, 来る旅行者, 来る民衆, 来る町, 来る者, 来る西洋人, 来る騒ぎ, 来丈, 東京を, 松竹座へ, 案内役を, 桟敷を, 歩いたとき, 歩いて, 歩かなかつた, 歩きました, 歩き廻っては, 江戸へ, 池の, 沢山な, 泊りがけで, 泰造と, 浮身を, 混って, 満足を, 源氏が, 溜飲を, 漕ぎ出るので, 無駄な, 熱中した, 玉木座の, 現れるの, 現われるの, 由つて充分に, 由つて確知する, 申しわけない, 発って, 登って, 登らうかとも, 登りました, 目が, 直覚されない, 知らさないやう, 示すという, 立まじったも, 立まじつた, 続続遣つ, 聞こえたから, 聴かせるの, 背を, 背中を, 自動車へ, 自邸の, 興味を, 芝居を, 行かうといふ, 行かないか, 行かないかと, 行かない事, 行かなかった, 行かれぬの, 行きこの, 行きたいん, 行きます, 行きますか, 行きますと, 行きませう賞金, 行きませんか, 行きゆっくり, 行き下女, 行き二人, 行き入口, 行き売店, 行き父, 行き肉, 行き肩丈四尺七, 行き被害, 行くという, 行くとき, 行くに, 行くには, 行くにも, 行くべきところ, 行くよ, 行くターキー, 行く人, 行く人達, 行く値打, 行く処, 行く婦人連, 行く度毎, 行く日, 行く旭山, 行く明治時代, 行く渡辺, 行く男, 行く町, 行けるん, 行こうでは, 行た, 行ったから, 行ったついで, 行ったと, 行ったところ, 行ったところが, 行ったので, 行ったみやげ, 行ったものの, 行ったらなるほど, 行ったろうね, 行った場合, 行った帰り道, 行った帰途, 行った日, 行った時分, 行った時孝助, 行った覚え, 行った際, 行っても, 行つ, 行つたつて事まで, 行つたも, 行つた其人の, 行つた帰途で, 行つてし, 行つて居た, 行つて見よう, 行つて酔つ, 街を, 被入しった序, 見えたもの, 見えないところ, 見えないよう, 見せ, 見せるため, 見せる芝居, 見つけられて, 見られて, 見ると, 詰め寄った, 認められるので, 誘い出した外国人, 誘う相手, 誘おうかと, 誘つた, 誘ひに, 誘ふたこと, 誘われた, 負担を, 赴いた, 赴いたこと, 赴き, 赴くと, 赴くなど, 身を, 迎いに, 近づいたの, 連想させる, 過ぎなかった太刀山, 過し二十九日, 道子と, 遠出した, 適するやうアレンヂ, 里心が, 金華山沖を, 間に合った, 限り九時まで, 隔てられて, 集って, 集つた村の, 集つて美しい, 集る近所, 面しても, 頼んで, 飛出たの, 飽きはてて, 駆けつけて, 駈けて, 鬱散する

▼ 見物~ (800, 14.3%)

23 中に 12 中から 10 中には, 前で 9 ために, 一人が, 前に, 方で 7 つもりで, なかに, 心を 6 ことを 5 人々も, 人が, 方が, 方を, 注意を, 眼は, 衆は 4 中で, 眼を, 群が, 群衆は, 群集の, 者が, 間に, 頭の

3 [16件] うちに, なかで, ほうへ, 中へ, 人たちが, 人たちで, 人だかりで, 同情を, 喝采を, 小学生が, 方に, 為に, 男女は, 目の, 眼に, 群集は

2 [59件] あたま, うちには, うちの, ことは, できるよう, なかには, ほうは, バスに, 一つの, 一同は, 中にも, 中の, 中を, 二人は, 人である, 人に, 仕方が, 前へ, 向うの, 喝采に, 喝采は, 女が, 女達は, 客で, 客は, 客を, 小児の, 山を, 幻想を, 弥次馬が, 弥次馬は, 想像に, 慾も, 数は, 方から, 方へ, 男女が, 百姓達, 目は, 目を, 目的で, 眼と, 第一着, 群に, 群を, 者は, 者も, 者を, 興を, 船の, 衆が, 衆に, 視線に, 視線の, 身に, 途中から, 雨傘が, 顔が, 顔も

1 [449件] あいだを, あとやっぱり, あるの, あわて方, いうところ, いない客席, いる展望台, うち二人の, おくさんたち, おもな, お上りさん然, お伴を, お供で, お供にも, お供を, お催し, お嬢様坊ちゃ, お方も, かたは, こころかな, ことだ, ことだつた, ことなどで, ごき, さいごとし, さわぐの, ざわめく声, しかたを, じゃまに, すべてに, すべての, すべてを, すゝり, たちは, ため, ためである, ためには, ためまかりける, ためもしくは, ため同車, ため東京から, ため現場を, ため罷り越した, ため罷り越せ, たわいも, ついでに, できたころ, できること, ときなんか, ときの, とき成駒屋の, とこへ, ところは, どよめきの, なかから, なかの, ばけもの, ひとつも, ひどい冷淡さ, まことに神妙, みなさま飛んだ, みなさんが, みやげ話も, めいめいを, ものは, やうな, やじり方, やつらを, やる棒, ように, よろこびは, イリユウジョン乃至, コースは, サトウハチローと, シユウシユウ泣く, ダービー以来競馬には, バルベ・ルキエン・レヴィーの, フリを, 一かたまり, 一かたまりであります, 一つでは, 一人に, 一人の, 一人一人から, 一人一人が, 一同耳を, 一夜, 一日が, 一群が, 一角が, 中では, 予定であった, 事は, 事実を, 亢奮的喝采の, 人々が, 人々の, 人々は, 人々充ち, 人たちから, 人たちに, 人たちにも, 人たちの, 人たちは, 人たちも, 人たち百人に, 人だち, 人で, 人は, 人人が, 人出で, 人応援の, 人怒るだらう, 人数が, 人数で, 人数の, 人数やら, 人達が, 人達も, 仕方に, 仕残しを, 仕甲斐, 他郷人よりも, 仲間には, 低空飛行と, 保守的偏見が, 信徒は, 信徒も, 側からは, 傍ら私は, 催を, 儀御三家両, 先頭に, 光景を, 児等は, 凡ては, 出入りしない, 出来るよう, 分量と, 列から, 列に, 前二三間, 劣情を, 半ば最中に, 協力によ, 参考にも, 反響に, 口々から, 同情に, 同感乃至, 善男善女頬を, 喜多村緑郎, 喝采が, 噂であった, 噂や, 団体が, 報に, 場所, 場所と, 場所は, 場所を, 場所古き, 声が, 声小銭が, 多数が, 大人が, 大喝采, 大多数, 大役を, 大舞台, 大部は, 大部分, 失策それに, 女たちは, 女の, 女の子が, 女学生などは, 女連は, 奴らア, 好奇心と, 好都合に, 始まりであった, 娘サン若, 子どもたちが, 子どもたちの, 子供たちと, 子供客の, 子供達は, 宇野浩二氏を, 官能を, 客が, 客の, 客への, 客人二人ぜひ, 室が, 家中の, 宿泊所が, 対象としては, 少年たちが, 居る前, 屋形船に, 屋根船と, 山だった, 席に, 席も, 席より, 帰りかとも, 帰りである, 帰りは, 帰りらしい, 帰り池島信平, 帰り群を, 帰り道に, 帰路バーデン, 帰途を, 帰途十三人も, 幹事を, 幼稚な, 度胆を, 座の, 庶民は, 廉價である, 弥次, 弥次馬どもも, 弥次馬も, 当日なれ, 役である, 役や, 後その, 後だ, 後ろから, 後ろだ, 御感想, 御機嫌, 心から, 心である, 心に, 心には, 心の, 心構へも, 心理とは, 心理を, 忌憚なく, 忍耐力, 思召が, 息づかいと, 惑ひ, 想像を, 想像力を, 意味は, 感想に, 感想を, 態度が, 手前訓戒めいた, 批評とか, 投げた豆, 折には, 拍手が, 拍手を, 掛け声まで, 故に一層, 敵に, 方々御, 方は, 方へも, 方法だらう, 旅の, 旅人たちが, 旅行の, 日な, 日には, 日は, 日本人について, 時だけでも, 時な, 時間は, 暇なんぞ, 最中とても, 最中に, 服装や, 期待を, 木村千依, 村の, 杢十田五作の, 来るの, 格で, 案内や, 案内者が, 桟敷が, 桟敷の, 桟敷やら, 棧敷が, 棧敷の, 楽しみを, 標題で, 橋上へ, 欲求を, 歌なども, 歓呼の, 正直な, 武士たちは, 歸り, 残らずを, 母に, 母上と, 母上を, 民衆の, 気に入ったもの, 気に入るよう, 気の, 気分からか, 注意が, 泪を, 涙を, 深い同情, 混雑は, 満足し, 無教養さ, 無数, 無理解, 爲には, 物珍しそう, 生徒は, 由で, 申込みを, 男に, 男や, 男女など, 男女の, 男女もろともに, 男女夥し, 男女幾人とも, 異国者が, 登山客が, 皆々様へ, 皆様を, 皆様方へ, 目には, 目も, 相手を, 相手音楽会や, 相談であった, 眞中で, 知識を, 礼を, 私も, 程を, 積りで, 立寄る事, 笑いとともに, 笑声が, 第一, 第一楷梯, 約あり, 紳士淑女より, 絶叫は, 群で, 群れから, 群れで, 群衆お, 群衆が, 群衆で, 群衆と, 群衆の, 群衆を, 群集が, 群集で, 群集とが, 群集に, 群馬を, 義侠心に, 老若男女さえも, 者には, 者呆れ, 背後右の, 胸に, 腕次第頭次第どうか, 腹には, 自然な, 致し方である, 興味が, 興味さらに, 船が, 船は, 若者たちの, 若衆さまで, 落とし物でも, 蟻集麕至せ, 血を, 衆だつ, 衆の, 行列が, 行列は, 衣裳に, 袖を, 西条先生来り, 要求が, 見くびり方, 見る目恥かしく, 視線を, 視野から, 観光団は, 訓練に, 話などを, 話も, 話を, 話引幕の, 貴賤, 質としての, 足が, 足もとにまで, 足を, 足音が, 輪の, 輪を, 迷惑此の, 途上で, 途中と, 途中な, 通れぬ裏通り, 連中が, 連中で, 連中に, 遊人が, 道すがら縁, 道中と, 邦人男女が, 門出に, 間には, 間へ, 間を, 際に, 雰囲気が, 頤を, 頬被りは, 頭に, 頭は, 頭上に, 頭数を, 顎を, 顏である, 顔に, 顔色が, 顔色を, 飽気無, 驚き騒ぐ, 魂に, 魂を, 黒山を

▼ 見物~ (795, 14.3%)

143 ている 128 ていた 39 てゐる 30 てゐた 13 てい, て居る 97 ていました, て居た 6 たりし, て来た, て歩い, ながら 5 て来る, て歩いた, て歩く 4 てあるきました, ておれ, て帰っ, て廻つた, て歩き

3 [11件] たりする, てあるい, ています, ておい, ておいで, ておりました, てくる, てやる, てゐ, て廻った, て歩きました

2 [32件] てあるく, ていない, ていよう, ていらっしゃい, ていられる, ていれ, ていろ, ておった, ておる, てきた, てくれる, てこわい, てしまう, てしまった, てね, てみたい, てゐます, てバス, て下さい, て京都, て唯, て居りました, て帰った, て帰る, て廻る, て来, て来ました, て行く, ながらこの, ながらそちら, ながら待っ, 指で

1 [250件] あたかも触角, お帳場, お茶を, がちな, その夜, その帰り, その後で, それから, それから郊外, たとい一物, たりまた, たりジヨウ・サクラメント, たりティヴォリ, たり三国, たり享楽, たり又は, たり幽霊, たり必要, たり指図, たり新劇運動, たり旧, たり船, ちゃいけない, ついで延命寺, つつ段々, つつ行き, ていただきたい, ていたら, ていなけれ, ていなされた, ていなす, ていなよ, ていねえで, ていやしょう, ていよ, ていらした, ていらっしゃれ, ていられなかった, ていられなくなった, ているでございましょう, ていろやい, てお, ておいた, ておかう, ておきたかった, ておく, ておこう, ておらね, ておられた, てお前, てからドイツ, てからポートサイド, てから十分, てから奥山さん, てから帰り, てから帰ろうで, てから田舎, てから立ちましょう, てくれ, てくれた, てここ, てこよう, てこれ, てこんな, てござれ, てしまつ, てしまつて, てその, てその後大阪修業中, てそれ, てそれで, てそれほど, てつかわす, てとある, てならぬ, てなるほど, てのち, てはぞろぞろ, てばかりもいられねえ, てびつくり, てまじめくさり, てまわっ, てまわった, てみない, てもらいたい, ても岩, てゆく, てゐました, てオリムパス, てクラシック, てツイ先刻, てドイツ, てフランス, てブルゴス, てマルセーユ, てヴェニス, て一々, て一緒, て三人, て三日, て下さった, て九月初め, て二人, て今, て今夜, て仕舞, て以来, て仲よく, て何時間, て來, て健康児童, て元箱根町, て十一時三十五分, て午後三時頃, て半, て参ろう, て善光寺樣, て外, て夜, て夫, て少なから, て居ました, て居給え, て巡査, て左団次, て帰つた後, て帰りました, て帰ろう, て平次, て年來, て廻りました, て引き返し, て御, て心機一転, て或, て數十百年來, て日, て日本人, て明朝出立, て書きたい, て来たい, て楽しむ, て楽め, て横須賀, て歩いたら, て歩いてる, て歩かれた, て歩こう, て歸, て水掛論, て江戸, て流, て焼け残った, て現在, て癈兵院, て矢島, て磨滅, て神戸, て私自身, て積り積つて, て笑っ, て笑ってる, て紅海, て置きません, て自ら, て自分, て菓子, て行かう, て行き, て行きたい, て行っ, て見たい, て見る, て観戦記, て諏訪神社, て近頃, て酔い, て長崎, て頂け, ときな, ながらいまだ, ながらこんな, ながらも寄っ, ながら二人, ながら休息, ながら呑気, ながら喬介, ながら奥州諸国, ながら岡, ながら当年, ながら聲援, ながら船津, ながら街, ながら駐在所, にもどっ, に彼等, に生れ, に行っ, に賑, はぢめ, またしばし, また城南, また領事館, まったく村, やうぢや, ダメを, バスで, ミャソニーツカヤ, 一シルリング払つて遊覧船に, 一人が, 一踊り済む, 下加茂の, 且つ酒, 会見した, 再び船, 名物の, 名物も, 城山に, 女の子には, 小歌浄瑠璃をも, 屋井と, 帰りに, 帰途勧工場に, 幕の, 広々と, 広小路へ, 後に, 折から, 挙句の, 日露戦争が, 殊に芭蕉, 池鯉鮒の, 洋食屋へも, 燧と, 甚しきは, 田舎と, 竜ついに, 素人らしい, 結果いかんと, 翌日は, 翌日直ちに, 翌日駒へ, 胡瓜その他を, 表之, 規則正しい大きな, 連隊長の, 運命の, 関屋の, 音楽会に, 飯田町魚板橋から

▼ 見物~ (376, 6.7%)

5 それを 4 一度に 3 大喜び, 舞台に

2 [16件] やめに, ホッと, 何時しか少く, 十五日珍らしく, 喜んだ, 喝采しき, 固唾を, 安心し, 息を, 明日に, 熱狂し, 皆あちらこちらの, 皆笑ふ, 笑った, 笑ひ, 進んで

1 [329件] あとに, あの中, あまりうれしい, いずれも, いたの, いったい信用, いないでは, いなかった, いやでも, いよいよ感心, おっかながっ, おもしろさうに, かこつけで, かなり面喰った, かれが, がいして町家, ぎっしりつまっ, げらげら笑いだした, ここで, ここまで, ことごとく喜んじまっ, この力, この辺, この雑誌, こり, これより, これを, こわして, こんな流行, ごめんだ, さうい, さし換る, したいほうだい, したたか幻滅を, しなかった, しません, すぐ散りました, すみましたか, そういう内情, そういう可笑し, そこそこに, そっちのけに, そのたび, そのままで, その上, その主役, その壁, その大がかり, その為, その異様, その緩慢, その蝋燭, それが, それぞれ勝手に, それで, それどころで, それに, そんなこと, ぞろぞろほうぼう, ぞろぞろ集まっ, たいてい火, たしかに今, ただ中, ただ単に, ただ訳も, ただ面白い, たまらずに, たわいも, だらしなく, ちっと胸, ちょっとびっくり, できないぞ, できなかったけれど, どうも面白く, なおのことどっと, なかなかやかましく, なさいませんか, なんと言うだろう, はじめて見た, はっと胆, ほかの, まずいい加減, またかと, またどっと, またドッ, また何事, また沸く, まだ舞台, まゆみちゃんの, まるで来ない, みだりに芝居, みんな, みんな演技場の, むしろ無意味, もうみんなきち, もうみんな総立ち, もう不要, もう手, もう普通, もちろん諸事, もっと先, もとより屋根, やっと納まりました, やっぱり承知, やんやという, ようやくわれ, ようやく不穏, ようやく沸き立っ, よけい笑った, よしたほう, よろこんだ, よろこんで, わい, わいわいそれ, わいわいついて行きます, われるよう, ゐないだらうかと, アレアレと, アンコオルを, ギッシリだ, ゾロゾロと, ドツと, ハッと, バラリと, プロマイド屋の, 一つの, 一人残らず, 一切せなかった, 一切ヌキに, 一切止めさせたい, 一向そんな, 一向平, 一日で, 一杯とまでは, 一様に, 不必要, 中止に, 中頃から, 予め明智, 二十分と, 亢奮し, 今や総立ち, 今角力, 佐竹原へ, 何か, 何と, 何を, 作者の, 傾城買の, 先ず細い, 兎に, 全然むだ, 全部ロシア人で, 八方から, 内心冷汗を, 冨美ちゃんが, 冷遇した, 出来ないと, 出来ぬ, 出来まいからと, 出来ませんでございましたろう, 劇場へ, 十二三以上の, 口々に, 口を, 口実でございまし, 叫び乍ら逃げる, 呆れ果てて, 喚く, 喜びますけれど, 喜んで, 喝采する, 土地を, 地図一枚を, 堤を, 声々に, 声を, 多くその, 夢中に, 大きな半円陣, 大よろこびです, 大喝采, 大声を, 大変疲れた, 大尽の, 大河の, 天狗界や, 奈良の, 女中達を, 好きで, 好奇と, 好奇の, 学生ばかりといふ, 実におもしろかっ, 実に寛大, 実に感心, 実はそうした, 容易に, 少々た, 尚わい, 尠い, 居ません, 山の, 山も, 帰りにでもという, 帰りみちの, 幼稚である, 幾人も, 彼方是方へ, 後廻しと, 後廻しとして, 後廻しに, 心の, 忘れて, 思い思いに, 恍惚たりき, 悪人の, 愕いた, 感に, 我も, 手に, 承知しません, 押され, 教養の, 散つて了, 明日という, 暫らく湧きました, 木戸口から, 木戸口に, 木戸銭なし, 未だ来り集わず, 本当に自分たち, 来ないもの, 東の, 案外正直, 概して開幕中, 橋の, 次第に静まり, 歓呼を, 此事件の, 武源楼の, 残らず場所, 残らず見て, 段々後へ, 気づくまいが, 気に, 気の毒そうな, 気を, 水を, 求めるもの, 決して, 決してそうみや, 湧きも, 満員である, 満足しない, 満足する, 無性に喜ぶ, 無条件に, 無用と, 無邪気に, 甘いもの, 生まれて, 町, 白糸の, 皆口々に, 皆片, 皆舞台を, 相不変, 相応に, 相撲を, 眼を, 矢張寂しい, 破格, 神妙に, 私の, 空気に, 突ッかけた, 笑ふけれ, 笑わない, 素人が, 総立ちに, 羊皮製の, 義理からの, 耳ざわりな, 胆を, 腰を, 自分で, 自分達が, 自動車で, 興に, 舞台の, 船の, 芝居が, 芝居といふ, 芝居を, 芸術的な, 蘭奢八重子両, 表現派の, 襟を, 見に, 見物で, 見物です, 見物の, 言い合って, 訓練されなけれ, 許されて, 讃嘆の, 軍人と, 逃げ出す女子供, 避難し, 酷いな, 闇の, 陰惨の, 随分した, 雨の, 静まり返って, 非常なる, 非常に, 面白が, 面白そう, 駄目, 驚いたが, 驚かされたが, 驚き慌て弱, 驚く, 高潮する, 鬨の声を, 鳴りを, 黙って

▼ 見物~ (348, 6.2%)

43 して 4 させて, したり 3 した, したの, しようと, すること, 前に, 惹いて

2 [16件] かねて, させるの, したいと, するつもり, やめて, ゆるし貧者, 企てたので, 兼ねて, 勧誘し, 欠かしたこと, 止して, 済ませて, 相手に, 胎内へ, 許すこと, 魅了する

1 [247件] あきらめて, あざむく必要, あっといわした, あゝ泣かせ, あッと, あツ, いただき天, いっせいに笑わした, おくりだすまで, おしやしたか, おったまげさせて, おどろかしたり, かえる必要, かたがけて, けむにまいた蛾次郎, さしてたあせ, さしてやる, さすと, させたわけ, させられた, させるか, させること, させるため, ざっとすませる, ざつとすませ寫眞屋の, しきのう, したいという, したかったのに, したが, しただけ, したと, したわけ, したん, した様子, してやろうという, しとるし, しないでも, しながら, しました, しよう, しようという, すすめた, すすめて, すました一組, すますと, すませただけで, する, するだけでも, するでも, すると, するとしても, すると共に, するならばと, するの, するので, するべく秩父丸, するほか, するよりは, せがまれると, そこ, それぞれ一等席で, たのしんで, たのまれて, ぢかに, つづけた, つづけては, どうして見残し, どれほど感動, ながめては, なさる気, ねがいます, ねがいますと, のこらず物色, まごつかせ又は, みると, やかましく云う, やって, やめいそいで, やめられないと, やめること, やるどう, ゆるし堺, アッと, ジロジロ見渡しました, ノートに, 一々調べた, 一つの, 一人でし, 一定時日の, 一月間呼び得た, 一概に罵倒, 一週り見廻し, 上げたり, 主に, 予想し, 享楽した, 仇オロソカに, 仕損, 企てること, 低能者扱ひ, 何だか弱気, 入場させる, 兼ねての, 分けて, 制した, 制しながら, 刺激する, 前において, 前へ, 劇場に, 加へ, 勧めに, 収容し, 可なり, 同じに, 味方と, 呼ぶ声, 唸らせた, 喜ばせた怒濤, 喜ばせるあの, 喜ばせるやう, 喜ばせ相次いで, 夢中に, 大そう, 失笑させた, 失笑させる, 始めた, 始めた出前持, 嬉しがらせた, 嬉しがらせました, 嬉しがらせる, 宙に, 山の, 左右に, 差し止めるの, 差し許されて, 帰途に, 年頃の, 幼稚な, 廃し, 引いて, 引ずり込まうとして, 当てに, 後に, 志してを, 忘れるの, 忘れろ, 思いあきらめて, 思いたたれ多賀子, 思いついて, 怠らず本門寺, 怪我あらせない, 悦ばすといふ, 悩ます度合, 惹きつけるの, 惹き之, 惹き得るといふ, 惹くこと, 惹くの, 意見し, 意識に, 感動させ, 感動させる, 感心させぬ, 押しかけて, 押分け犬, 拒みながら, 掻き集めて, 攻め落とそうと, 教へる, 断念した, 日課に, 楽しませて, 楽しませるという, 樂に, 檢する, 次の間に, 次第に失つて行つた最大, 母に, 毎晩つ, 気持よく, 池の, 泣かせること, 泣かせるの, 済すと, 済ましたから, 済ませたので, 済ませますと, 満足させる, 濟まして, 為よう, 無条件に, 煽動し, 片っぱしから, 狂喜させ, 狂熱させる, 皇帝に, 目あての, 眼前に, 程よく追払っ, 立たせる寸法, 笑わせるとか, 約束し, 終って, 終つて在留の, 終り下, 終り同夜人吉林温泉泊, 続けた, 総毛立たせますが, 致した上, 興奮させ, 芸で, 装って, 見い見い調子, 見せられて, 見て, 見てて, 見に, 見ること, 見下ろしました, 見出して, 見向きも, 見廻すの, 見渡すの, 計画した, 許された, 許されたが, 誘われた, 調べて, 軽く見, 近くへ, 退屈させ, 退屈させない, 退屈させる, 通観し, 連れて, 道庵先生の, 遮断する, 酔わせて, 釣るの, 除いては, 陥穽に, 集め舞台, 面白いこと, 面白がらせる, 飽かせないで, 騒がせて

▼ 見物~ (297, 5.3%)

2 [20件] あれば, して, そういうもの, ついて, てらの, てら来ては, わっと, ドッと, 一齊に, 出來, 出来て, 出来ないと, 少いから, 幕を, 役者を, 済むと, 無邪気に, 笑ひどよめく, 詰まって, 黙つて

1 [257件] あこがれの, あっ, あっても, あつたらう, あふれ出たもの, あらわれると, あり, あります, あり家族, あると, あるという, あるん, あれよあれよと, いくばくとも数, いずれも, いっぱいになるまではひかえなければならない, いる, いるの, いるん, うるさいから, えりの, おしかけたの, おそくなる, おわるまでに, お二人, かたずを, きちがいの, こごとを, こなくなって, これまでの, これを, しきりに笑, したいと, じっとし, すみましたら田舎, すむまで, すんだならおれ, すんだら私たち, すんだら魔人さま, すんだ人, せつなに, そこに, その晩, その芋, それだけ, それに, それを, たいへんだった, だん, だんだん背後, つねづね噂, てらお, てらぜひ, てらに, てらにでも, てらブラ, てら京都, てら今度旅行, てら仙台, てら幾らか, てら押しかけて, てら暢気, てら東京, てら泉州, てら泊り, てら疲れ安め, てら諸方, てら買いに, てら買っと, てら避暑, できたこと, できないはず, できないらしいが, できれば, とりまいた, どうなるだろう, どっさり話し合っ, どっと叫びました, なくては, なるほど, ひとりで, ひょっとこの, また, またはっと, また出る, また騒ぐ, まるで, みすみす目玉, みんな呉れなく, めいめい勝手に, もう少し, やがて前衛座, ゆるされる, よく笑った, わい, わき出したこれ, わたしがなんて, わたしの, アッと, ザワザワ騷ぎ始めた, チラリホラリと, テクニーチスキー, ドツと, モスクワの, 一かたまり, 一パイに, 一人でも, 一雪崩に, 丸之内の, 主で, 乗つて, 他にも, 低級だ, 何と, 何を, 余程自分, 作り出すもの, 僅か三十人余り, 兄の, 先へ, 入って, 入らぬよう, 入場券を, 全く山, 公認を, 出て, 出るくらい, 出来たて, 出来たので, 出来ますね, 出来る, 出来るの, 出来るよう, 出来る但し, 利いて, 前を, 劇を, 劇場の, 半分ほども, 参ります此処, 又騒ぐ, 取り巻いて, 叫び出した, 右往左往に, 喜ばないの, 喜んで, 囁いて, 在來, 多いから, 多いけど, 多うございましょう, 多かつ, 多くては, 多くなった, 多勢で, 大ぜ, 大丈夫笑っ, 大勢それに, 大勢這入, 大多数, 好きだつた, 始まった, 当人の, 性に, 悪かった, 悶絶し, 情けない, 意外な, 感心する, 慾張り過ぎる, 承知しませんでした, 承知せぬ, 抱上げ, 押しあいへし合いその, 押し掛けて, 拍手喝采した, 揃うまで, 損を, 散って, 散り間もなく, 明け方から, 来たほど, 来ないの, 来なかつたやう, 次の, 次第に一杯, 次第に散々, 残らず立去る, 段々背後, 殺到する, 気の, 気まぐれで, 気を, 汗を, 沸いて, 泣いても, 流行ると, 済んだら尋ねて, 満足しない, 満足しなく, 漸く動い, 潮の, 濟んだら, 無いと, 然る, 皆ファウスト, 皆云い合せた, 盛んに, 目も, 目的であった, 知れたとしても, 積極的に, 窮屈で困る, 立って, 笑い出すところ, 笑う, 笑ったから, 笑って, 笑っても, 笑ふ, 笑ふだらう, 納まりませんからね, 索を, 群がって, 群れ集まって, 群集し, 聚つた, 腰かけて, 自国の, 興味を, 舌を, 芸術に対して, 行われた, 見たがらないし, 見るほどの, 見物を, 言ったの, 言って, 豆を, 輪を, 迷惑する, 逃げ戻る筈, 過剰な, 金を, 集って, 集まって, 集まる, 雪崩を, 静かでなく, 静まり返って, 非常に, 馬鹿ヤイ助, 騒ぎ出して, 驚いて, 鬨の声を, 鳴りだすな, 黒山の

▼ 見物する~ (268, 4.8%)

16 ことに 14 ために 13 ことが 8 ような 6 のは 5 のが, のに, ように 4 んだ 3 ことも, ことを, ところも, のを, 事に, 気で

2 [12件] か, がよい, ことの, に至れり, のである, ものが, ものと, やうな, やうに, 人たちでしか, 機会が, 機会を

1 [150件] うちに, うち浅草観音に, お屋敷, かな, かね, かの如き, かも知れない, からという態度, からむしろ, がい, がいい, がよかろ, が好から, が手合, こと, ことさ, ことで, ことである, ことな, こと一時間半に, それからまた歩きつ, ためである, ためでも, ためには, ための, ため軒下に, だけあっ, だけだ, だけだった, だけだつた, だけでも一日, ぢや, つもりも, という, というタノシミ, という特技, といふやう, といふ場, とかいっ, とか云っ, ところまでは, とすれ, との前ぶれ, ともう, と言つて宿, どうしても行乞気分, なんて酔興, にこの, にはまだ, にはもう, にも役立ちます, に今, に異ならず, に異人たち, に適した, のだ, のだった, ので, のであった, のであります, のでした, のでなく, のとは, のにさえ, の余暇, の余裕, の機会, の理, はずだった, はまた, ばかりで, ばかりであった, ふりを, もののみに, ものも, も一興, も初, やうで, ゆとりは, よりもかうし, よりもその, より他, より手, わけだ, わけで, んで皮切り, タノシミにおいて, タノシミは, タノシミを, 予定であった, 予定でした, 予定に, 事と, 人が, 人と, 人や, 人出が, 位の, 価値を, 便宜を, 前に, 十一屋で, 原因は, 友達の, 口実の, 土民が, 外には, 外は, 多彩な, 女に, 女は, 奴も, 室, 市民の, 序でに, 庶民の, 後輩の, 御殿の, 心を, 心地あり, 必要が, 所が, 振りを, 方が, 旅客も, 日数も, 昔の, 時, 時は, 時吾, 暇なかつた, 暇の, 最上の, 模様も, 毎に, 氣に, 為に, 為めに, 町も, 程の, 積りで, 第一番, 約束に, 者が, 者と, 見世物と, 費用ハイキングに, 連中が, 銀座を, 黙劇同様だ

▼ 見物~ (220, 3.9%)

7 のほう 5 の方 4 のうしろ 3 にいる, に向かっ, の背後

2 [16件] にむかっ, にワーッ, に割れる, に向, に納まっ, に腰, のすみ, のイス, の一隅, の中, の人々, の前列, はシーン, へあいさつ, を指し, を見

1 [163件] いったいが, からそんな, からはあらし, からはすこしも, からはやした, からは何, からは勇一君, からは待っ, からは見えない, からは見えなかった, からほど遠い, からわあっ, からイキナリ駈上, からワアッ, から匍, から眺めた, から舞台, から見えない, から駈け出し, から高い, があかるく, がどんなに, が思われた, が稲, です, では何千, では兄, でめいめい, で女, で目玉, で謎, で過ごさう, との間, とを仕切る, と舞台, と非常, なる二階, にあて, にいた, にこんな, についておれ, にはいずれ, には三十あまり, には人, には勇一君たち, には女, には涙, には電灯, にばらばら, にふみとどまっ, にまじっ, にもそれら, にワアッ, に一しきり, に充ち満ち, に充てた, に坐, に左太夫, に恐ろしい, に招, に控え, に数, に来合わし, に案内, に波, に竹村さん, に納まる, に縛りつけ, に腰かけ, に見えなかった, に見入ってる, に身, に駈け上っ, に骸骨, のあちこち, のいろんな, のしん, のそこら, のところ, のまんなか, のみごと, のわきたつ, のベンチ, のメーンテーブル, の一同, の三分の一, の上, の中央, の人達, の何時, の全部, の到る, の前, の前側, の右, の土間, の境界, の境界撤廃, の少年, の少年たち, の廂, の後ろ, の板, の枠, の根, の横ッちょ, の正面, の窓, の若, の設備, の辺り, の郷, の隅, の隅々, の電気, はいや, はおもわずわっ, はかたず, はがらがら, はたいへん, はただ, はといへ, はなだらか, はにわかに, はわきたつ, はサーカス, はバレラス, は一塊, は一瞬間, は一階, は三十畳, は宿, は岩山, は敵味方, は板, は海, は爪, は石, は自分, は色めき出し, は駅, への入り口, への階段, へ伝わった, へ戻る, へ転げ落ちた, もあります, も晴れた, も武装警官, よりは拍手, より広い, をすべて椅子席, を丸く, を廻り, を探した, を満員, を見おろし, を見まわし, を見まわした, を賜わっ, を防護, を隅, 乃至廊下

▼ 見物した~ (155, 2.8%)

4 ことが, のは 3 がその, のであった, のである 2 ことは, ことも, ことや, ことを, という新富座, と云った, のも, 事が, 日には, 時僕の

1 [118件] あとで, いろいろの, からう, からって一々, から寝, か先づそれを, がこれ, がそれ, がふと, が一向, が一番目, が作者, が博物館, が此点, が私, が竜, が鈴木君, が随分, が鬼一, けれどもさして, けれど足, ことである, ことなどが, さうです, し中頃, し奈良, し重たい, そして, そして労, その縁, それが, だけだ, だけである, だけはたしか, ってくだらない, ってふん, って何, という外道俳人, ときの, とき瀬川雅夫は, とき眼を, とのこと, と云, と同じ, と申し, のか, のが, のだつた, ので, ので当日, ばかりで, まえ, ものが, ものである, ものでございます, ものでござる, ものに, よ, ように, わけで, んで, シンガポールの, モウタ・ボウトの, 丈け, 上で, 上でない, 中で, 中での, 中村座の, 人々は, 人が, 人たちは, 人は, 光景は, 其夜の, 出羽守は, 同一劇場, 場合の, 場所である, 外国の, 大川端の, 寺だつた, 帰りに, 帰りには, 帰り途に, 彼等は, 後でない, 後久米氏の, 後春三郎に, 思い出は, 日は, 日も, 日本人は, 時から, 時すぐ, 時その, 時そんな, 時に, 時には, 時の, 時は, 時より, 時間は, 晩御, 曾遊の, 村田三介は, 檳榔樹が, 法隆寺薬師寺唐招提寺などは, 無数の, 生徒の, 由帰っ, 程の, 筈じゃ, 群集の, 花ざかりで, 観音祭らしい, 訳に, 馬鹿者の

▼ 見物~ (95, 1.7%)

5 して 2 し歩いても, 同様少し

1 [86件] あきて, あった, あつて, いいが, いっしょうけんめいになっていた, いるが, おわったが, こんなふう, さすがに, したいという, したの, しなかったらしいが, しようお茶の水, せんと, そのまま興, ちっとの, ちりぢ, でき動物園, どちらかと, ないので, ないのに, なか, なかなか湧いた, なくともかく, なさいませ, なされませい, なるまいと, ふえるばかり, まずはあらまし, みんな呆気に, みんな顔色を, もと余輩上京の, やはりわたし, ゆっくりなさり, ゐるならもつと, 一つの, 一日がかりです, 一般の, 一通り済ん, 一通り済んだ, 与し易い, 中には, 二人の, 亦その, 亦作者, 先づ三人そろつ, 出来ません併, 出来るし, 勝手と, 十分に, 卑怯だ, 叶わず扨神戸, 吃驚した, 喜んで, 夥しいこと, 嫌いで, 嫌さ, 存外おだやか, 少くない, 少しは, 少なくは, 承知しない, 散った, 新しい観客, 早く切り上げね, 是だけは, 来ない, 楽ぢや, 楽屋の, 此の, 気に, 異なもの, 稲麻竹葦の, 罷めに, 致しましたが, 芸術家としての, 落着く, 見られる方, 見合せた方, 退屈であった, 退屈と, 長閑に, 面白いな, 面白いよ, 面白かろう, 飢えきって

▼ 見物~ (71, 1.3%)

2 並行し, 竝行し, 約束し

1 [65件] あって, あるの, いうならまだしも, いえば, いこう, いったらそれ, いつた様子, いへば, かねて, きいて, しゃれて, しゃれのめし, しゃれ万梅, しようじゃ, し子供たち, せんが, そのまた, なすべきつもり, なります, なるの, なんら変らない, 一緒に, 並んで, 云う色変り, 云わざるを, 俳優と, 出かけた, 出かけたの, 出かけるからな, 出かける事, 出かける歩いて, 出掛けた, 参詣の, 吉原の, 同じく全くまち, 吾れ, 喝采とを, 大差ない, 奈良見物を, 定めニューグランド, 対等の, 対談し, 川の, 弥次とは, 成つておいらんが, 招待に, 日本で, 洒落て, 洒落のめ, 洒落ようか, 洒落込みました, 牛方は, 申しちゃ, 申すと, 申すは, 称する軍令部長, 称誉せられし, 舞台と, 裾を, 見えますが, 誘って, 語の, 買物だけは, 開いて, 面白がって

▼ 見物~ (52, 0.9%)

7 一緒に

1 [45件] あつた, あらうと, いっぱいだ, いつぱいだつたらう, うずまって, きんと, ことの, これが, しまいには, せう, どの家, もしたらい, もしましょうか, ガラスの, ハリキる, フランク徳永大, ホテ・グリへ, 一刻半, 一同ハリキる, 一所です, 一杯であった, 一緒の, 三十余組の, 千隆寺の, 去年竜舌蘭の, 同乗, 同車, 国から, 外国人が, 大分足が, 子爵よりと, 帰りに, 感想, 早や, 有ったけれど, 爪も, 物足りねえ, 私の, 終日を, 自分は, 船も, 芝居は, 草臥れました, 象の, 道庵を

▼ 見物させ~ (47, 0.8%)

2 ていた, ていただいた, てもらう, てやりたい, てやる, てやろう, て貰

1 [33件] あすは, たりした, ておく, てお茶, てくれ, てくれた, てくれるなら, てせめて, てそれから, てつかわす, てつかわそう, てとら, てやれ, てやんなさい, てよそながら, てよろこばせ, てゐる, て下, て帰っ, て悦ばせよう, て戴く, て歩いた, て私, て置く, て行った, て貰いました, て貰う, て頂いた, ばやと, また, 合評を, 更に, 船が

▼ 見物には~ (41, 0.7%)

2 代えられないので

1 [39件] あっけない思い, あまりよろこばれない, あまり興味, いっこう身, これほど, そのほう, よく呑, イブセンや, ジョージを, チト面倒だ, ピッタリしなかった, 伴れ, 何の, 出かけなかつたさ, 出かけられないと, 出て, 分かって, 分らせなかつた, 分らなかったの, 刺激されなくなっ, 受けなかったと, 可笑しがられ, 大した興味, 女形なんて, 姉の, 少しも, 時間が, 月の, 案内する, 桟敷でも, 歌詞の, 殆ん, 気の, 相違ない, 見せられなかつた, 誂向きの, 退屈の, 面白くない, 驚かないが

▼ 見物たち~ (39, 0.7%)

2 のあいだ, は霰

1 [35件] が, があやしん, がここ, がわッ, が順番, でいっぱい, にどの, にはなん, にもそれ, にようす, の, のほう, の帰っ, の目, の耳, はきまり, はさき, はそう, はそこで, はなに, はほんとう, はみな席, はもう, はアッ, はウマ, はゾーッ, はプラネタリウム, はロケット, は口々, は喝采, は後部, は忠臣蔵, もこれ, もやがて, を飛びあがらせる

▼ 見物しよう~ (34, 0.6%)

4 とする 2 という

1 [28件] か, かとも思, じゃない, じゃねえ, ぜといってる, ぢや, というの, というコンタン, という目的, という親父, という計画, という評議, といふ, とか誰それ, とした, としてやって来た, として押しかけ, として来た, とすれ, とやっと, と人力車, と何故, と思い, と思いまし, と思い定めた, と思っ, と致します, などというもの

▼ 見物~ (26, 0.5%)

2 ぜ, ぞ, と思っ, ね

1 [18件] からな, から小母さま張合, から茫, かわからない, つた無論, というの, と云う, と僕, と思う, と思った, と目, どうなる, のと, もの, よ待っ, ズンズン奥の, ッた, 何んと

▼ 見物~ (25, 0.4%)

2 の方

1 [23件] がその, が生活, が部屋, にもやっと, に全然, に気, の目, の顔, はこの, はその, はまるで, はアア, は依然として, は大, は少から, は拍手, は時, は腹, は雨, も妙, も安心, も藤十郎, を戦慄

▼ 見物にも~ (24, 0.4%)

2 予期出来る, 豫期出來る

1 [20件] ある期待, たれこんじゃって, つい足踏, つと寛ろ, ウンと, 出かけなかつたが, 出かけるし, 参りませんが, 参りませんでしたが, 及ばず東海道, 受け批評家, 善男善女にも, 女優多し, 思いきった使い方, 支障が, 来て, 碓氷峠の, 考へる余地, 随分伴った, 難有

▼ 見物~ (24, 0.4%)

2 のこと

1 [22件] がおいで, が来, が眠む気, というもの, とを大切, なら静, にそれ, に交つて, のお, のご, のせき, のもの, のドギモ, の中, の心理, の誰, の重石, は, は道中筋, も思はず, をも同じ, をよろこばせた

▼ 見物したい~ (21, 0.4%)

2 と思っ, のだ

1 [17件] かね, があいにく, が夜中, というみんな, といふ人間, とも思はない, と云っ, と意志, と申します, と申す, なあ, のである, のと, ものだ, もので, ものと, わ

▼ 見物という~ (21, 0.4%)

2 ことが, のは, 役を

1 [15件] ことで, ことに, ことについて, ところである, のを, ものは, もんです, ような, わけ, 一年に, 不了簡, 名代だ, 意味も, 澄ました顔付, 風流人も

▼ 見物~ (21, 0.4%)

1 [21件] その他で, みんな今は, 中売りの, 京都近傍の, 仲間入りを, 助言を, 勉強の, 古本あさりや, 子供たちは, 月々の, 物を, 石楠の, 美酒美女よりも, 舞台の, 花束や, 西洋見物よりも, 読者も, 買い物に, 買物の, 附和雷同の, 食物の

▼ 見物でも~ (20, 0.4%)

5 して 2 するつもり, なさいましよ

1 [11件] いい面白がり, さして, した方, するが, するよう, なく或, やるかと, 出来りゃ格別, 家族は, 斯うい, 致して

▼ 見物です~ (18, 0.3%)

7421 かえ, かと誘ひ, から藤崎さん, ね親分, よ何

▼ 見物から~ (15, 0.3%)

1 [15件] あとの, どやどやと, はじめました, 伊勢参り京大阪四国九州お前さんと, 余り喝采も, 喝采せられる, 帰る途中, 得た新, 死人は, 西国廻りでございます, 見えるの, 見られずに, 見物を, 金を, 銭を

▼ 見物~ (15, 0.3%)

1 [15件] でも可愛い, どう気, など大声, には五六人, には灰, に在り, に在る, に存在, に機嫌, に猪, に秘か, の御, の男の子, の若, はこれ

▼ 見物~ (14, 0.3%)

1 [14件] がその, がドライブ, が満員, に食わす, の中, の雜沓, ばかりかいがいしい, もある, もまた, や打, らしい立派, を引く, を泣かせる, を満載

▼ 見物~ (13, 0.2%)

2 のである, のです, んだ 1 ので, ので日比谷, ので昼, ので賑やか, ので送り, ので高槻, んでげす

▼ 見物してる~ (11, 0.2%)

1 [11件] がいい, さうです, てん, と何処, と皆, のでみっともない, のッ, もんだ, わ, 由きいた, 間その

▼ 見物せき~ (10, 0.2%)

2 にむかっ 1 からおこりました, があります, に, におそろしい, にならび, にもどっ, のまん中, はそう

▼ 見物では~ (9, 0.2%)

3 ない 1 あまりに物好き, ありません, ある, こりゃうかと, なくて, なくやはり

▼ 見物され~ (8, 0.1%)

2 ておもしろ 1 あんなに賞讚, ていた, てゐる, てクサ, ながらちりぢ, ながら町

▼ 見物せん~ (8, 0.1%)

3 がため 1 でもええ, とし, とて棟, とて近村, と出でし

▼ 見物など~ (8, 0.1%)

2 して 1 さして, しとうない, もはやバカバカしく, 先づ, 念頭に, 誠に親切

▼ 見物にでも~ (8, 0.1%)

1 上るよう, 出かけようじゃ, 出掛けて, 出掛る人, 来た様, 行くよう, 行って, 連れて

▼ 見物させる~ (7, 0.1%)

1 ことを, という, というの, のであった, ような, 指定席一円半, 獻立までも

▼ 見物された~ (7, 0.1%)

1 からである, ので一緒, もので, ものである, んです, 方が, 蛙の

▼ 見物しました~ (7, 0.1%)

1 があすこ, がその間, がそれ, がたまたま, が老, しそろそろ, よ

▼ 見物じゃ~ (7, 0.1%)

1 ありませんよ, ありません明日, ぞ, ないか, ないの, ないよ, 幕切れだけ

▼ 見物などに~ (7, 0.1%)

1 ゆく余裕, 出かけて, 日を, 歩き宿, 行きたいとは, 行くもの, 誘い出す度び

▼ 見物一同~ (7, 0.1%)

1 に向っ, の前, の喝采, の眼, はもちろん, は暫く, やんやの

▼ 見物である~ (6, 0.1%)

1 かのやう, ことに, という話, と固唾, のは, ように

▼ 見物できる~ (6, 0.1%)

2 というの 1 ものであった, ような, 点が, 特別の

▼ 見物とは~ (6, 0.1%)

1 だか, なんの, 反対に, 対話を, 結構な, 非常に

▼ 見物ながら~ (6, 0.1%)

1 一緒に, 余儀ない用事, 例の, 散歩に, 昨日久しぶりで, 楽屋を

▼ 見物~ (6, 0.1%)

1 ひょいと顔, 背後むきに, 行かないかといふ, 見せる芸, 赴く二人, 連れだすまで

▼ 見物でございます~ (5, 0.1%)

1 か, から, からひとつ, な, ね

▼ 見物なさる~ (5, 0.1%)

1 と云う, んです, んなら, 御予定, 所も

▼ 見物ばかり~ (5, 0.1%)

3 して 1 しちゃいられないいよいよ, してねえでお

▼ 見物致し~ (5, 0.1%)

1 ておりました, ております, てつかわす, て居りました, 又よ

▼ 見物~ (5, 0.1%)

1 である, になり, はこの, は勉強日記, を逐号執筆

▼ 見物かたがた~ (4, 0.1%)

1 この天気, やって来るという, やって来るの, 歩くべき場所

▼ 見物からは~ (4, 0.1%)

2 人間が 1 味わって, 文字通り一顧さえも

▼ 見物さし~ (4, 0.1%)

1 ていただきまし, ていただく, てくださいました, て頂きたい

▼ 見物してた~ (4, 0.1%)

1 と, ところだ, のは, 道子同道帰宅

▼ 見物しない~ (4, 0.1%)

1 かと云う, でも翌日, ので何とも, わけには

▼ 見物せし~ (4, 0.1%)

1 がなんと, になるほど, ものすく, 由に

▼ 見物だろう~ (4, 0.1%)

1 か, その言い草, との評判, と人

▼ 見物でした~ (4, 0.1%)

1 が幸いまだ, が幸ひま, よ大店, わね

▼ 見物といふ~ (4, 0.1%)

1 ので, ものも, 恰好も, 格だ

▼ 見物として~ (4, 0.1%)

1 より深く, 土産話を, 大名行列が, 観て

▼ 見物との~ (4, 0.1%)

1 喧嘩などが, 対話を, 距離について, 間に

▼ 見物とを~ (4, 0.1%)

1 かねそなえた劇場, 一所に, 較べたら日本, 驚倒せしめる

▼ 見物どころ~ (4, 0.1%)

2 では 1 じゃあなかっ, じゃございません

▼ 見物よりも~ (4, 0.1%)

1 はるかに, 強飯の, 御自分, 私にとって

▼ 見物~ (4, 0.1%)

1 からも半畳, にゐた, に廻っ, へ廻っ

▼ 見物いたし~ (3, 0.1%)

1 またこれ, 候が, 青森で

▼ 見物これ~ (3, 0.1%)

1 が又, で又, を送る

▼ 見物される~ (3, 0.1%)

1 のかと, ように, 苦しみを

▼ 見物したら~ (3, 0.1%)

1 ある幕, どうです, 先ず田川君

▼ 見物したる~ (3, 0.1%)

2 ものは 1 は西洋手品

▼ 見物しな~ (3, 0.1%)

2 けやならん 1

▼ 見物すら~ (3, 0.1%)

1 この数分の間, わたしを, 下を

▼ 見物たる~ (3, 0.1%)

1 に過ぎぬ, 大衆の, 諸君も

▼ 見物だけ~ (3, 0.1%)

1 でした, ですと, では

▼ 見物だけでも~ (3, 0.1%)

1 させて, させるん, やつて

▼ 見物なすっ~ (3, 0.1%)

1 ちゃあ, ちゃどう, てお

▼ 見物なんて~ (3, 0.1%)

1 して, 僕は, 寄席の

▼ 見物につれて~ (3, 0.1%)

1 来た, 歩いたり, 行つたら

▼ 見物にと~ (3, 0.1%)

1 出掛け折, 岡山の, 答えた

▼ 見物に対する~ (3, 0.1%)

1 信頼と, 意識が, 虚勢らしい

▼ 見物もの~ (3, 0.1%)

1 じゃと申し, なり, にし

▼ 見物より~ (3, 0.1%)

1 その方, 先に, 蟹を

▼ 見物をも~ (3, 0.1%)

1 すること, 許して, 酔わせるほどの

▼ 見物~ (3, 0.1%)

1 の頭上, は押し黙っ, は物珍

▼ 見物出来る~ (3, 0.1%)

2 ように 1 はずの

▼ 見物半分~ (3, 0.1%)

1 でみんな, に毎日, ばかり見

▼ 見物心理~ (3, 0.1%)

1 でわれ, として感興, の圧制

▼ 見物気分~ (3, 0.1%)

1 がいや, を混じ, を起しました

▼ 見物~ (3, 0.1%)

1 が左大臣家, でうずまる, の音

▼ 見物および~ (2, 0.0%)

1 撮影に, 日本移民の

▼ 見物~ (2, 0.0%)

1 それとも音楽会, なにかで

▼ 見物~ (2, 0.0%)

1 へも自ら海, へ満足

▼ 見物させよう~ (2, 0.0%)

1 という大胆不敵, と思っ

▼ 見物させられ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 見物させられる~ (2, 0.0%)

1 ので社交, のは

▼ 見物させろ~ (2, 0.0%)

1 というの, といふ

▼ 見物しか~ (2, 0.0%)

1 土間に, 数えられない有様

▼ 見物しける~ (2, 0.0%)

1 が華美, 程に

▼ 見物したいです~ (2, 0.0%)

2

▼ 見物したであろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思う

▼ 見物してやろう~ (2, 0.0%)

2 と思っ

▼ 見物すべき~ (2, 0.0%)

1 いくつかの, 満鉄

▼ 見物すらも~ (2, 0.0%)

1 して, 十分できざりし

▼ 見物せり~ (2, 0.0%)

1 と云, なかなか気持

▼ 見物その~ (2, 0.0%)

1 人の, 時あなた方は

▼ 見物だけに~ (2, 0.0%)

1 きてる者, 上品で

▼ 見物だった~ (2, 0.0%)

1 に違い, のです

▼ 見物だらう~ (2, 0.0%)

1 よ, 今日初めて

▼ 見物であった~ (2, 0.0%)

1 が終わり, そうです

▼ 見物であろう~ (2, 0.0%)

1 からほんの, わい

▼ 見物とか~ (2, 0.0%)

1 カフェーの, 芝居の

▼ 見物とが~ (2, 0.0%)

1 二人の, 融け合って

▼ 見物としては~ (2, 0.0%)

1 素人が, 誂え向き

▼ 見物とて~ (2, 0.0%)

1 交る, 来りぬ

▼ 見物とに~ (2, 0.0%)

1 論なく, 集った十万人

▼ 見物なども~ (2, 0.0%)

1 きゃあきゃあ声, せずに

▼ 見物なら~ (2, 0.0%)

1 ばわたくし, もう少しお

▼ 見物なり~ (2, 0.0%)

1 しに, と言

▼ 見物なんか~ (2, 0.0%)

1 ありやしないから, 九十八パーセントまで

▼ 見物によ~ (2, 0.0%)

1 つてかなりの, つて一層

▼ 見物に対して~ (2, 0.0%)

1 丁重な, 聞こえよが

▼ 見物への~ (2, 0.0%)

1 うしろめたさ, 挨拶として

▼ 見物また~ (2, 0.0%)

1 一流の, 後代ちょっと

▼ 見物みたい~ (2, 0.0%)

1 なもん, に幕

▼ 見物一緒~ (2, 0.0%)

1 に帰る, に帰宅

▼ 見物~ (2, 0.0%)

1 であったから, はもうす

▼ 見物以外~ (2, 0.0%)

1 に手, の見物

▼ 見物~ (2, 0.0%)

1 は左門, は戸畑

▼ 見物左衛門~ (2, 0.0%)

1 である以上, となり

▼ 見物帰り~ (2, 0.0%)

1 の友達, の母上

▼ 見物~ (2, 0.0%)

1 も別, を儲け出す

▼ 見物旁上京~ (2, 0.0%)

2 したので

▼ 見物~ (2, 0.0%)

1 のなか, の肩

▼ 見物~ (2, 0.0%)

1 になる, に立返

▼ 見物諸君~ (2, 0.0%)

1 に特に, は存外

▼ 見物~ (2, 0.0%)

1 して, なお新

▼1* [269件]

見物あとの二日, 見物あるがよい, 見物あんまりいろ, 見物いたしたいと申しまし, 見物いたすもよかろ, 見物いや参詣の, 見物かたがたつれ, 見物かたがたいかがですか, 見物かたがたここへ来た, 見物かたがた人力のほう, 見物かたがた南部支那の風光, 見物かたがた是非とも案内, 見物かたがた浜町の里方, 見物かたがた濱町の里方, 見物かたがた飲食に出掛ける, 見物かってのお許し, 見物がいはゆる選ばれた, 見物がわつと湧け, 見物ききものが, 見物ぐらい熱心で, 見物ぐらいには参ったかも, 見物こそ好い災難, 見物こそはあなたがたの, 見物こんな日に, 見物さえ頻りに鴉, 見物させたうえ旅費を, 見物させましたが三人, 見物させられた珍らしく, 見物させ頻りの興行, 見物しうるのかも, 見物したかったのです, 見物したがるのだ, 見物したくてたまらない, 見物したらよがんべ, 見物しときなさい話は, 見物しとりかたづけていた, 見物しなかったのです, 見物しなくともい, 見物しなければならない, 見物しはじめたがやがて, 見物しまして七日あまり逗留, 見物しましょうどんな鉱物, 見物しますかな, 見物しませんか, 見物しようではない, 見物しろめったに見られない, 見物し去つて精巧を, 見物し引返して宝剣岳, 見物し得られる頃には, 見物し終るとこれ, 見物し給われとの事, 見物し足りた気怠る, 見物やない, 見物すべく澤山の, 見物すりゃいくらも, 見物するだろうということ, 見物するでもなし, 見物する折りなどにむこう, 見物すれば好, 見物しユニオン, 見物せざるを得ないで, 見物せよとの案内, 見物せられい差出でては邪魔, 見物せる男に, 見物そしておとなしく帰庵, 見物そのままにナポレオン, 見物そのものが一興, 見物その他水魚連とか六二連, 見物だけで涙が, 見物だけのいうこった, 見物だけは引き受ける事, 見物だってそれァ, 見物だつたが金公, 見物ちようど郵便飛行機が来た, 見物や, 見物でありましたが彫刻家, 見物できかねるものを, 見物できようというもの, 見物でございましてな, 見物でございましたか, 見物でないことだけは, 見物でなかつたら乗物に, 見物でなければ我慢, 見物で御座いましょうがそれ, 見物としての村民の, 見物とでもしゃれたら豪儀, 見物とばかり膝ッ小僧を, 見物とやらに行ったらいい, 見物どきが来た, 見物どころか死人の, 見物ども入乱, 見物ないたせ, 見物ながらに参詣し, 見物なさいませんかお供, 見物なさりたいんだ, 見物なされている, 見物なぞする所, 見物などが気絶した, 見物などでその趣味, 見物などという久須美が, 見物などの暇は, 見物などをする気, 見物なりが知らずに, 見物なれば心, 見物なんかも素的な, 見物なんざ太閤様も跣足, 見物なんぞごめんだ, 見物においても私の, 見物にだけは一日ぐらい, 見物についてはわたしに, 見物にとって舞台に, 見物になんて来るわけ, 見物に対し快い微笑, 見物はどつと笑, 見物はよかつた, 見物ばかりがそこに, 見物ぶすが利巧, 見物ほど気紛れな, 見物まことに春の, 見物までも碁に, 見物みな立ちたれば, 見物やたら拍手する, 見物やら時間を, 見物やらで押しかけて, 見物もつと, 見物らしく無理にが, 見物ッと, 見物わやわやとまた, 見物わりに手際よく, 見物をといって, 見物をとでもいうつもり, 見物をわつと云, 見物エスキーモでカツランチ, 見物エンタツが面白い, 見物シロップ二本その他いろ, 見物ナサルベシ其意ヲ存ジテ, 見物御出, 見物ニ暮前ニ出, 見物ニ来タル男ハ必ズソノ秘部ヲノゾキ, 見物バスにのりこんだ, 見物ピクニックとシャレこんだ, 見物終エテ大佛前, 見物一つ花見一つしねえと, 見物一切の視線, 見物一同これほど奇特, 見物一同大満足の体, 見物一浮世絵を見, 見物一競馬見たら嫌に, 見物一足の踏み違え, 見物けで別れる, 見物三升の暫, 見物三度目に見る, 見物下さいませずいぶん骨, 見物中ことにおもしろく, 見物中一二度小用に立った, 見物中猿に尿, 見物二十銭の馬鹿笑, 見物と長く, 見物人山の如くなれ, 見物今日来た連中, 見物仕様ぢやない, 見物以上に多種多様, 見物以来何とない, 見物仲間へ嫌, 見物伊那丸の首, 見物保養院長鳥潟博士訪問博士は大学同窓也, 見物俳優のため, 見物も行きたい, 見物八幡の籔, 見物出来さうに思へた, 見物助太刀して, 見物勝手だいや, 見物參觀か參觀, 見物がしない, 見物同様残忍でもあれ, 見物同車で帰宅, 見物喫茶店それらのこと, 見物が来る, 見物団体はおそらく, 見物だとか, 見物場合によっては仲裁, 見物場所はきまっ, 見物場處が殘つて, 見物夜会などいつも, 見物夥敷參候而不外聞の由, 見物大した満員では, 見物大体い, 見物れは, 見物女房と橘夫妻, 見物姿を見かける, 見物客微風にうなずく, 見物小屋は, 見物少々風邪気味サンボアでのみ, 見物少女歌劇である, 見物左側の一人, 見物左衛門先生が, 見物差しゆるす, 見物席ぜんたいにわれる, 見物席ゃよりどりお好みしだいですよ, 見物席中からであった, 見物幼稚といえ, 見物や食物店, 見物を満足, 見物慈善市野外劇クリスマスその他の催し, 見物態度に誘導, 見物或は批評家という, 見物所遊興所免許せしめたるは, 見物招待ずくめで心身, 見物携帯食糧のなくなる, 見物新橋房田中で御馳走, 見物旁奈良から伊勢, 見物旅行に出かける, 見物に新橋演舞場, 見物日活映画のあまい, 見物日頃けちくさくため込んだ, 見物時々何か, 見物時間のこと, 見物村役人五人組の者, 見物案内のよう, 見物案内者争って, 見物桟敷にはいっ, 見物樹明君はもう, 見物殊に女たちを, 見物気楽な映画, 見物氣分物見遊山の氣分, 見物の垂れ, 見物酎低唱と, 見物済みとなっ, 見物済むと一緒, 見物渡辺もサトウ, 見物渡辺篤の大, 見物温泉旅行春風秋月四時の行楽, 見物無しと雖, 見物おもしろし, 見物生ビールとトンカツ, 見物申込の書き, 見物である, 見物的証拠が揃っ, 見物相成らず鳴物を, 見物相手に演じた, 見物禁止などはかなり, 見物竹葉で食事, 見物群衆の拾, 見物聞きものも, 見物自動車と最新, 見物自由の中, 見物自身が自分, 見物致しました男だけ, 見物致すかな, 見物致そうと心得, 見物なきに, 見物やその他, 見物の中, 見物を見舞, 見物茶巾ずしを一箱, 見物菓子を届け, 見物衆たちの反感, 見物衆巡業の汽車, 見物を考へ, 見物西洋研究西洋人の生活, 見物を上げる, 見物逃げるには当らぬ, 見物途中の風景, 見物遊山非番の時, 見物順序のひとつ, 見物と牛, 見物馬鹿馬鹿しいのが, 見物騒ぎに随分, 見物PCL大谷