青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「茶屋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~英語 英語~ 英雄~ 茂~ 茎~ 茫然~ 茲~ ~茶 茶~ 茶の間~
茶屋~
茶店~ ~茶碗 茶碗~ ~草 草~ 草原~ 草履~ 草木~ 草鞋~ 荒~

「茶屋~」 2433, 25ppm, 4629位

▼ 茶屋~ (770, 31.6%)

14 前に 13 女が 12 前で 11 前を 9 二階に 7 前まで 6 中へ, 亭主が, 若い者 5 二階で, 二階へ, 前から, 女房が, 女房の

4 [11件] お品, お色, ような, 二階から, 女に, 女は, 女中は, 婆さんが, 者も, 裏の, 軒下に

3 [20件] およしばあさん, ほうへ, 主人は, 二階の, 亭主を, 前へ, 奥に, 女の, 女を, 婆が, 床几に, 床几を, 方へ, 暖簾を, 男に, 縁台に, 者に, 葭簀の, 軒を, 門を

2 [47件] ある所, おかみに, おやじは, ことが, まえに, まえには, わきに, 一間で, 主人が, 亭主は, 前には, 前は, 名を, 大口が, 奥の, 女で, 女中が, 女将や, 女房などが, 女房に, 女房は, 女房を, 娘, 娘と, 娘の, 婆さんに, 婆さんは, 床几へ, 店さきへ, 座敷へ, 手すりに, 株を, 棧橋とんと, 椅子も, 父娘に, 爺さんの, 物を, 男が, 老婆は, 者が, 色子, 葭簀も, 裏へ, 見えるの, 軒下を, 軒先へ, 近くに

1 [463件] あたりから, あたりだ, あたりを, あたり見る, あつかい方, あるところ, ある峠, ある芝居, ある角, うしろの, うしろへ, おかく, おかね, おかみから, おかみさん, おかみさんです, おぢさん, おばさんが, おばさんの, おもても, おやじが, おやじと, おやじに, おやじの, おやじへ, お主婦, お内儀, お内緒, お妻, お次は, お浚いに, お神さん, お秋, お米, お辰, お里という, お里の, か, かかるの, かくれ部屋, かざり物燈籠提灯つみ物なぞは, かすかな, かなかな, かみさんという, かみさんを, かーア, がしきりに, くぐり戸, ことで, ことを, すぐそば, すぐ側, その一軒, その奥まった, その店先, それならぬ, ために, だろう附いて, とこで, なか, ねえさんでも, はり出しに, ほとりを, まえを, まへに, むしろを, ものが, わきから, わらひ, アパートに, アパートへ, グランド, ドテラ, 一つに, 一つには, 一つ当り矢という, 一に, 一時雨, 一軒に, 上さんだの, 上り端に, 下の, 下女で, 下女の, 不二屋へ, 不二屋を, 世帯道具を, 並んだ薄暗い, 中から, 中での, 中の, 中は, 中年の, 主から, 主が, 主に, 主の, 主を, 主人お, 主人では, 主人なる, 主人にも, 主人を, 主人名は, 主人某なる, 主人武田屋馬平品川の, 主人編笠を, 主婦が, 主東定, 事件が, 二女で, 二男坊であり, 二階には, 井上も, 亭主, 亭主だ, 亭主だった, 亭主な, 亭主も, 人が, 人たちには, 人に, 人を, 人達が, 人間で, 仲居お供の, 仲居らしい, 佐野屋の, 借金も, 側から, 側の, 傍で, 傘休みなく, 働き女お, 働き女に, 先で, 先に, 先代の, 入り口に, 入口, 内から, 内にも, 内へと, 内儀が, 内儀さんだった, 内儀は, 内儀を, 内儀又は, 前が, 前である, 前にとっては, 前も, 十六軒だけ, 収穫は, 取り払い劇場, 台所に, 台所口から, 台詞みたいな, 名である, 名とが, 名に, 名によつ, 名も, 名物女だ, 名物婆さんが, 名題の, 周りには, 周囲を, 呼物に, 四畳半で, 囲炉裏ばた, 土蔵だけ, 土蔵とか, 土間に, 土間の, 土間を, 場は, 壁にか, 売女同様に, 売据を, 売物が, 変事も, 外には, 外へ, 大尽は, 大福餅を, 夫婦者, 奥ざしき, 奥で, 奥にて, 奥へ, 奥二階を, 奥座敷へ, 奧にて, 奧座敷四疊半の, 女, 女お, 女だ, 女だった, 女とは, 女どもは, 女中ここの, 女中たちは, 女中に, 女中も, 女中を, 女中上がりの, 女主人, 女将, 女将と, 女将も, 女房たちに, 女房なぞとは, 女房にも, 女房やら, 女房伝兵衛を, 女房先方も, 女揃いも, 奴め大変に, 姉さんが, 姉さんじゃあねえ, 姐さんは, 娘が, 娘ださうで, 娘だつた, 娘で, 娘でも, 娘など, 娘なりき, 娘なんて, 娘に, 娘らしい, 娘らしき, 娘吉原のか, 娘軒先に, 婆さまも, 婆さんだ, 婆さんの, 婆さんも, 婆の, 婆へ, 婆を, 婆芸者の, 嫁が, 子供が, 子息の, 宜いの, 実際を, 客でも, 客などを, 家に, 家も, 小僧が, 小女は, 小娘に, 小娘は, 小座敷の, 小母さんが, 少し先, 屋根落葉, 巴屋へ, 帳場と, 帳場に, 帳場は, 年寄が, 広間に, 床几かな, 床几だの, 床几には, 店さきに, 店さきにも, 店さきほどの, 店を, 店先から, 店先では, 店先に, 店先や, 店頭で, 座敷で, 座敷に, 座敷には, 庭さきの, 庭面へ, 廊下の, 引手婆を, 彼方から, 後に, 息子だ, 或る, 戸袋へ, 手伝いを, 手前から, 持主は, 掛戸の, 掛行燈など, 支払いを, 数は, 数も, 料理お, 料理場の, 方から, 方が, 方に, 方へと, 方へも, 方を, 昔お, 暖簾でも, 暖簾と, 暖簾口から, 暖簾口には, 本店は, 李立と, 条に, 松林に, 板前に, 板前を, 板屋根からは, 枕屏風に, 柱とでも, 柴折門を, 株は, 格が, 梅林を, 構の, 樓上からは, 横の, 横へ, 横を, 横手あたりに, 横手から, 横手には, 横手へ, 橋がかりで, 正面へ, 歸り, 水茶屋のという, 消炭を, 混雑お浚いの, 灯である, 灯などが, 灯は, 灯も, 灯火は, 炉辺で, 燈火に, 爺が, 爺さんが, 爺さんは, 爺さんをも, 爺に, 爺やに, 爺やも, 爺やをも, 片隅に, 男どもが, 男によって, 男は, 番人は, 番頭で, 白龍は, 相模屋という, 真っ暗な, 石勇が, 石勇時遷, 石焼豆腐で, 硝子戸は, 税も, 竈の, 立てる河岸, 端を, 笑ひ, 繁昌は, 老夫婦, 老婆が, 老婦人, 老爺から, 老爺が, 者たちに, 者だ, 者は, 者より, 者らも, 者達は, 脇から, 色子だ, 色子と, 花車女に, 芸者に, 若い衆, 若い衆から, 若い衆が, 若い衆さんの, 若い衆で, 若い衆は, 若い衆らしい, 若主人, 若者には, 菊岡市村座の, 華やかさに, 葦簾を通して, 葭簀が, 蒲団に, 藤の, 蚊柱は, 行燈には, 行衛を, 表も, 表札を, 裏で, 裏であった, 裏に, 裏は, 裏山へ, 観測所に, 角で, 記名帳, 評判者, 話同窓生と, 豆腐や, 豆腐屋を, 買主の, 賑と, 赤い暖簾, 赤い毛布, 赤い灯, 赤ん坊が, 軒から, 軒には, 軒の, 軒ばの, 軒へ, 軒下から, 軒下の, 軒先で, 軒先には, 軒行燈に, 軒行燈の, 辺に, 辺にも, 近くで, 近くへ, 近まった, 遊びという, 酔を, 門に, 門の, 門口から, 門口に, 門口にも, 門口へまで, 間だ, 間の, 附合い, 陰から, 階子段の, 際の, 隠居さんは, 隣には, 離れの, 青柳と, 飲代ぐらいは, 養女という

▼ 茶屋~ (212, 8.7%)

11 休んで 5 入って 4 行って 3 あずけて, 着いたの, 腰を, 行て, 足を

2 [11件] 住んで, 売られて, 奉公し, 待って, 来て, 潜伏し, 相違ない, 着いた, 着くと, 立ち寄って, 預けて

1 [155件] あがって, あづけた, あまざけをのむ, あるもの, いた, いたとか, いますのさ, いるお, いるの, いる見張り役, かからねば, きたりしを, さしか, ついたの, つきたて, なったもの, なって, なりたる女人堂, のこして, ひと休みし, やすむれば, やすんで, やって来た, やって来て, よいや, ろくろ, ゐた連中, 一日休んだ, 三味線の, 上がって, 乱入し, 二三時間休みます, 今でも, 休み林檎, 休むこと, 休むと, 休む渋茶, 休んだ時, 休息する, 住みついて, 何か, 使われて, 依つて趣向, 俳句会を, 借りが, 借財を, 倭を, 働いてる十六七, 入つた, 入りびたつて, 入り床几, 入り浸つて, 入り腰掛, 入る工面, 出張し, 出這入りして, 収容された, 名代の, 呼んで, 団扇の, 堪能させる, 大小を, 奉公した, 女郎は, 姿を, 孫根の, 寄って, 寄つてぬた餅を, 寄り斯く, 小休, 居て, 居るとき, 巣くって, 引っ張って, 引上げられ, 引返す途中, 息ひ, 憩いて, 憩うたり, 憩ったの, 憩つた, 憩ひける, 憩へば, 手伝いに, 担ぎ込みました, 招いて, 持ち合わせて, 新しい食堂, 暴動の, 木の根の, 札が, 来た頃, 来ること, 来るの, 来合せた夫, 柔かな, 歌舞伎町に, 残って, 氏を, 氷が, 決まって, 泊ったり, 流れ込んで, 渇を, 熄ひ, 猪嚇しの, 百両余りの, 盃盤狼藉として, 着いたは, 着きましたなどという, 着きますと, 着くまで, 立ちより, 立ち寄ると, 立寄り休むうち, 立寄り大, 素人義太夫の, 羽織と, 腕車を, 腰かけて, 腰打ち掛け贅沢にも, 腰掛くれ, 腰掛けたこと, 自転車を, 至りて, 至るまで, 荷物を, 落ちつくこと, 行くと, 行く是, 覗ひ寄る, 詰めて, 誘い入れて, 迎えた日, 這入て, 這入ると, 通じて, 連れこまれた時, 遇ひぬ, 遊ぶ大尽達, 過ごして, 避難した, 酔って, 開かれた河東節, 隷属する, 集って, 集つて居りました, 集まったの, 集まるとか, 預け野槍, 飼つてある, 駄ちん馬が, 騒々しい声, 高島田が, 黄色い声

▼ 茶屋~ (196, 8.1%)

7 休んで 4 休んだ時 3 あの子, 手に 2 あつた, 一杯飲ん, 休んだの, 待って, 茶を, 遊んで, 顔を

1 [165件] あつて, おせんを, おやすみ遊ばし, お目にかかりまた, お茶を, かなり名を, こっそり出逢っ, これを, さかんに, しばらく休息, すぐ側, そのまま歓送, それは, ちゃんと取っ, ながめて, ひいきの, ひと休みした, ひと休み息ん, また飲んだ, カゴから, ヒラリと, ビールを, ホロリと, ボロ洋服を, ミッちゃんの, ラムネに, 一休みし, 一休みしました, 一休みする, 一同別れの, 一息入れ, 一所にな, 一日遊んだ, 一杯飲んだ, 一緒に, 三沢は, 不思議に, 中休みし, 久しぶりに, 二三本の, 二人の, 五年越しの, 人々に, 人殺しが, 休むもの, 休もうじゃ, 休んだついで, 休んだ村, 休息を, 会う約束, 会ったとき, 佐吉という, 催されたが, 催された時, 其處の, 内山たちに, 凄じき迅雷, 出して, 別に二台, 別れて, 別れに, 勘定を, 十五年の, 千次郎に, 午飯を, 半紙を, 古い平屋造り, 喜路太夫の, 喰ひ, 団子を, 土地の, 夕飯は, 夜食を, 大騒ぎを, 奥が, 女を, 安心の, 帰るという, 年越そばを, 広言を, 店の, 座談会を, 待ち合わすこと, 御飯, 息を, 情人の, 愛嬌を, 憩むようにと, 憩んで, 我々は, 手の, 手紙を, 披露しよう, 拵えさせた握飯, 提灯を, 支度を, 数日わずらっ, 昼寝を, 昼食, 昼飯こ, 時刻は, 時間を, 暫く休ん, 朝食を, 格闘を, 武田屋の, 殊に当時私, 江戸から, 泊まるから, 清元の, 滝尾から, 焼き蛤, 甘い物, 生まれたの, 疲れて, 療治を, 発病し, 知らないところ, 私が, 私たちは, 私ア江戸ッ子で, 私共が, 約束した, 聞いた話, 聞いて, 聞きましても, 腹は, 自斎, 蛤を, 見ようと, 見染め, 親しんだ仲, 訊いて, 話そうじゃ, 買つた杖を, 費やした, 費用も, 踊の, 車を, 逢いそうして, 逢おうと, 逢ったとき, 逢って, 逢曳する, 遊んだ, 遊蕩に, 過した時, 酌み交わして, 酌交す, 酒の, 酔っぱらって, 酔払って, 閉場てから, 顔の, 食うだね, 食ふだ, 飲だ, 飲ませるの, 飲み食いも, 飲んだの, 飲んだ五六合, 飲食いしよう, 駄菓子を, 駕籠を, 鳴らした女

▼ 茶屋~ (184, 7.6%)

6 行って 5 寄って, 戻って 4 はいって, 入って, 連れて 3 帰って, 来て, 行った, 遊びに 2 いって, はいった, 休んで, 案内し, 着くと, 行く

1 [132件] あが, あがって, お引取り, お忘れ物, かえって来た, かけて, かけ込みました, この大切, その甘酒, とめて, なんざ行かれない, はいり池, ぽつぽつ集まっ, もどって, やってきた, ゆきお, ゆくまでの, ゆくもの, ゆくん, 一切を, 上ったり, 上って, 上つ, 上り今度は, 乗り込んで, 二羽の, 休むと, 使いを, 倭を, 入ったところ, 入つたこと, 入つたの, 入らなかつたん, 入ります, 入り浸りました, 入り浸ると, 入り込むこと, 八橋を, 出かけよう, 出たばかり, 出で, 出掛けて, 別れを, 参りますので, 同行の, 向いました, 向うもの, 向った, 吾を, 呼びつけたとしても, 問い合わして, 声を, 売りました, 売り飛ばして, 奉公に, 姿を, 孫兵衛は, 客の, 宮歳の, 寄ったので, 寄つて焚火で, 寄りました, 寄りましたの, 島田を, 帰らなければ, 帰るわけ, 廻るという, 引き上げる時, 引き取りきわ, 引き摺って, 引き返して, 引っ張られて, 引つ張り込んだ, 引上げて, 引揚げ, 引揚げよう, 引返した, 引返しました, 役者や, 憩んだ, 懐手を, 戻った, 戻らずに, 戻りとても, 手傳ひ, 打寄った, 抜けるコース, 押し掛けコレ, 昇りましたが, 来てからも, 来ぬか, 来ると, 案内しろ, 火を, 熊の, 知らずに, 私を, 突貫する, 立ち向, 約束の, 腰を, 行かなければ, 行くと, 行くなり, 行くの, 行く厠, 行けば, 行こうと, 行ったと, 行ったという, 行ったら隣, 行ってからは, 行つた, 行つたら, 訊い糺して, 誰かを, 走って, 足を, 足近く入り込む, 送り込まれました, 逃げこんだ際, 這い上がる, 這入って, 這入つて, 通うよりは, 通う客, 通りました, 連戻り, 集まりお, 預けて, 顔を, 飛込んだもの

▼ 茶屋~ (134, 5.5%)

12 ある 9 あって 6 あった, 裏ゆく, 軒を 5 ありました 4 ならんで 3 廻女の, 棧橋とんと, 軒まで 2 ありまして, あります, けがして, むかしを

1 [69件] あったなあ, あったり, ありますから, ありますよ, あります遠眼鏡, あり遊女屋, あること, あるで水, あるところ, あるので, あるほか, あるわい, ある茶店, あれば, くれたる, こ, そこに, それだ, ちょうど川, できたの, ともかくも, どうのこうのと, はじめた鳥屋, ひどく繁昌, よいの, 一軒不景気で, 両側に, 並んで, 二た, 二軒あ, 二軒あり, 二軒十八に, 二階あるいは, 二階の, 仮りの, 來る, 出て, 出来て, 出来堤防, 外にも, 多かった, 多くこの, 大きい店, 山ふところの, 幾軒も, 床几に, 床几を, 当然の, 斷續し, 有ります, 有りますから, 有る, 桟橋とんと, 立ちならんで, 立つて, 立籠んだ, 自分の, 茶で, 葭簀を, 見えて, 見えるところ, 設けられて, 起きて, 路傍に, 軒並の, 軒先の, 違って, 開業しない, 飛んで

▼ 茶屋~ (122, 5.0%)

9 出て 8 出た 5 出ると 4 して, 出たの 2 のぞいて, 立って, 見付けて

1 [86件] あちらこちらを, おとずれました, お知らせ致します, かねた船宿, さす名, しくじり二階, しつらえて, すたすたと, そして日本橋平松町, たづね, たのみて, はじめ近所の, ほんのちよい, やらせ儲け, やらせ宿屋, やり宿屋, よく知っ, んな, スタスタ出, 会場として, 兼ねた小料理屋, 兼ねた遊び風呂, 兼ねて, 出かけたの, 出した, 出したお, 出したら宜, 出して, 出す一, 出たりは, 出た二人連れ, 出た小一郎, 出てから, 出てからも, 出ました, 出ること, 助けも, 名のっ, 呼びに, 商売に, 営んで, 営業する, 大茶屋, 始めましたが, 始め豊島屋, 守るは, 思い出す, 思ひ出した, 思ひ出す, 教えられた, 教えられたの, 松の, 業として, 横に, 洗って, 營むものまでも金よりは, 目あてに, 目がけて, 看板の, 眼に, 知らんの, 稼ぎ歩いて, 立ち去ります, 見いだす, 見かけて, 見かけ昼, 見つけだした, 見やると, 覗いたこと, 覗きましたが, 訪ねたとき, 訪れた事, 贔屓に, 越したの, 通って, 通りかかると, 遊び廻っ, 過ぎて, 選んだ次第, 離れた二艘, 離れて, 離れること, 離れるころ, 飛出しました, 馬も, 駈け出して

▼ 茶屋から~ (79, 3.2%)

2 だと, 出ると, 送られて

1 [73件] いいつけられたまま, お上り, かかって, ここまで, これまで, こんな名器, すぐに, すぐ桟敷, そこへ, その時彼女たち, で是, ひとりで, ほんた, また一段, やつて, グリーンホテルへ, 一しょに, 上って, 人が, 借りた草履, 先の, 先は, 出た, 出ましたの, 半里, 友達と, 口を, 名差しの, 壜詰を, 大見世, 大酔致し, 小涌谷の, 峰を, 崖の, 帰って, 帰るとて, 幾曲りかせる, 引上げた, 御簾の, 拾ひ出し, 持つて, 提灯と, 提灯を, 数百米の, 暗夜の, 暮れて, 書院の, 月見舟が, 案内を, 楽屋へ, 次の, 毆り, 火口へ, 煩さく呼ばれ, 番傘を, 眺められながら, 程遠からぬ, 笠と, 第一, 紫錦へ, 若い番頭, 行こうと, 複雑な, 西へ, 見た谷, 見ると, 迎えが, 迎えて, 運んで, 道が, 間もなく道, 駕を, 駕籠に

▼ 茶屋~ (63, 2.6%)

2 断崖に, 昼寝の

1 [59件] あちらに, いずれも, この年十月, この時, さておいて, たとえば瑞記, とうに店, どこだ, ないか, ひどくさびれ, ますます繁昌, まだ建て, みな新らしい, もと此処, ものの, ドコに, 一円を, 一軒しか, 上ったり, 両方の, 今年五十六に, 升屋祝阿, 右へ, 右手に, 土地の, 坂井屋という, 堀端に, 夕がた奉行所の, 夜つ, 夜も, 大きな建物, 大野屋万治方であった, 天保度の, 少し山蔭, 年来の, 幸に, 彼等の, 従来の, 我らの, 揃って, 日除を, 明和の, 柳ば, 柳橋に, 武蔵屋である, 池の, 深く戸, 混雑し, 玉屋に, 生活し, 直ぐでした, 相撲取で, 翁ひとり居, 茶屋跡とでも, 菊岡という, 見込が, 車宿を, 軒並びでは, 非常に

▼ 茶屋~ (59, 2.4%)

1 [59件] あがりという, お新, か河原もの, が二人, が仇者, が慾得ずく, が痴情, が美しい, が通りかけ, だけのこと, だと, であったらしく京都, でお, でござるとな, とあなた様, という身分, とおぼしめしましょう, とかにうつつ, とか芸者, とねんごろ, ともつかぬ, と思つて, などに突然, などに見せびらかした, などに関係, なの, なら笠森おせん, に, になった, にも町芸妓, にも町藝妓, に化けた, に好かれる, に引っかかっ, に熱く, に興味, に髭, のあがりで, のうわさ, のお, のやう, のよう, の声, の好み, の気, の沢山, の物, の男めかけ, の習い, の裾さばき, の身の上, までが屡々, も居れ, や歌妓, や芸者, をし, を受け出し, を相手, を買

▼ 茶屋まで~ (41, 1.7%)

2 出迎, 来て, 歸る, 自動車で, 送って

1 [31件] いったら休ませて, きっと送っ, もう一, もう何丁, ゆけば, バスが, 一同が, 一里半の, 仲之町を, 出掛けて, 呼び出したかった, 少しの, 来た, 歩いて, 歩く河鹿, 登って, 登っても, 真一文字に, 着いても, 行きそこで, 行きつく間, 行くと, 行く自動車, 行ったらなにか, 見送って, 見送られて, 車で, 還った, 金を, 駈着けましたそう, 高距九百米

▼ 茶屋~ (37, 1.5%)

2 云ふところまで, 茶屋との

1 [33件] いうに, いうので, いうのに, いうよりは, いっても, いはうと, いふに, いへば, 一しょに, 三浦屋の, 云うもの, 云う物, 云ったそう, 云ふ, 勝手に, 呼ばれた引手茶屋, 呼んで, 妓楼の, 庭と, 日限を, 末造の, 称したり, 茶屋の, 見た時, 覚しい低い, 言う茶店, 言えば, 言った, 言ふ, 言へば, 貸座敷ばかし, 酸漿提灯と, 馴染に

▼ 茶屋~ (31, 1.3%)

6 ある 2 あつた, 軒には

1 [21件] あった, あり武士, あるだろうに, その洒脱, なく誰, 不必要, 亦主人, 出方も, 十種位は, 大抵は, 大抵休ん, 宵の, 宿屋も, 悪くありません, 此の, 灯の, 病院も, 皆休ん, 立派に, 色町も, 面白い

▼ 茶屋~ (27, 1.1%)

2 藤棚も

1 [25件] この屋敷, 何かの, 出方が, 出方を, 博労宿が, 土佐堀の, 夜店の, 客に, 室で, 居酒屋も, 揚屋で, 料理屋などが, 料理屋の, 料理茶屋の, 旅籠屋には, 泊り泊りにも, 空茶店の, 船宿だ, 船宿では, 船宿は, 船頭に, 運送屋の, 酒場で, 食い物店なども, 飲食店などには

▼ 茶屋奉公~ (23, 0.9%)

3 をし 2 だの, に出

1 [16件] したこと, して, づら真平, とか女店員, などし, なんかし, に, にいだしける, にお, にでも出なけれ, にはいったん, に出た, に売られ, のあがりで, の口, の昔

▼ 茶屋では~ (18, 0.7%)

2 話を

1 [16件] さりげなくあしらっ, その旦那, たいてい内山, また一日, もう軒提灯, 上客と, 力餅と, 半ぺん坊主が, 困る, 島の, 店を, 志賀高原の, 次郎左衛門が, 直ぐに, 迷惑した, 食後に

▼ 茶屋という~ (18, 0.7%)

6 のは 3 のが 1 ところは, のだ, のであった, のへ, ものの, ものは, 古道具屋の, 田楽茶屋が, 綽名を

▼ 茶屋には~ (18, 0.7%)

1 [18件] あんな若い, いって, いること, きまりで, もうちらちらと, 丁度妙齡, 与力が, 主人の, 以前お, 国蔵と, 川船を, 旅商人の, 曾根が, 柚太の, 甲州屋と, 白黒だ, 筧の, 絹被

▼ 茶屋~ (18, 0.7%)

2 の四ツ目屋, の横丁, の縫

1 [12件] か材木町, で駕, に居ります, のお, の方, の私, の自身番, の裁縫, の裏側, の裏町, の軒, まで行っ

▼ 茶屋遊び~ (14, 0.6%)

2 の味

1 [12件] が無意味, する人, だす, でも何, と道樂, の場, の雰囲気, は拍車, をなすった, を切り上げた, を止め, を盛ん

▼ 茶屋でも~ (12, 0.5%)

1 [12件] あらば, こんなうわさ, そうじゃった, はじめるつもり, もう提灯, トックに, 何か, 小娘に, 忌が, 疑わなかった, 粗略には, 青楼でも

▼ 茶屋四郎次郎~ (10, 0.4%)

1 がお, でも灰屋紹由, と本多忠勝, の家, の邸跡, の金, は平常, は焦りつける, は知る, もいわば

▼ 茶屋~ (9, 0.4%)

1 けれどもちょっと, ここが, ということ, とか或は, と思う, と答, と答えた, な, 客は

▼ 茶屋~ (9, 0.4%)

1 で使う, となり, となる, などはまた, において, の実演, の彌, の由良さん, を見た

▼ 茶屋旅籠~ (8, 0.3%)

1 がたてこみ, が軒, で安孫子屋, に雑貨荒物屋, のございました, のまま, のよう, の店

▼ 茶屋にも~ (7, 0.3%)

2 こんな艶姿 1 借りが, 同様な, 幾らかの, 鉄砲が, 馴染が

▼ 茶屋への~ (7, 0.3%)

3 行わたり 1 九十九折の, 帰途鑑子氏の, 追分に, 途中地表から

▼ 茶屋といふ~ (6, 0.2%)

2 のが 1 ものなくなり, ものも, 奴さ, 片岡流射術の

▼ 茶屋より~ (6, 0.2%)

1 このまま, もうすこし先, 一丁あまり懸崖路なき, 二里あまりに, 劣って, 直に引返し

▼ 茶屋での~ (5, 0.2%)

1 ことよ, 件は, 休みが, 出来事は, 始終を

▼ 茶屋にて~ (5, 0.2%)

1 中食, 唄ふこ, 牛乳を, 盃を, 金子入用の

▼ 茶屋へと~ (5, 0.2%)

2 蘿月は 1 かけ込むもの, 出て, 戻って

▼ 茶屋へも~ (5, 0.2%)

1 廻って, 手伝いに, 行くん, 話して, 遊びに

▼ 茶屋~ (4, 0.2%)

1 何かで, 何んかに, 店屋か, 芝居の

▼ 茶屋だの~ (4, 0.2%)

1 いろいろの, 料理屋しるこ屋色々な, 門前町が, 音ばかり

▼ 茶屋といった~ (4, 0.2%)

1 あんばいです, ところで, 屋構えだった, 岡場所比丘尼から

▼ 茶屋へでも~ (4, 0.2%)

1 参りましょう此処, 売り飛ばそうという, 知れた日, 行って

▼ 茶屋事件~ (4, 0.2%)

1 には仏人, に御一新, に潜んだ, の真相

▼ 茶屋~ (4, 0.2%)

1 が時々, ぐらいが関の山, といふもの, のなか

▼ 茶屋当り矢~ (4, 0.2%)

2 のお 1 に坤竜丸, を買いとっ

▼ 茶屋あたり~ (3, 0.1%)

1 で女郎衆, で通りすがり, までのところ

▼ 茶屋からの~ (3, 0.1%)

2 出前で 1 見物には

▼ 茶屋である~ (3, 0.1%)

1 とか八百屋, 由店先の, 錦霜軒から

▼ 茶屋とは~ (3, 0.1%)

2 何だ 1 違ふさかい

▼ 茶屋とも~ (3, 0.1%)

1 いう, つかず駄菓子, 呼ばれて

▼ 茶屋などと~ (3, 0.1%)

1 併び称せらるる, 申して, 申す稼業

▼ 茶屋までの~ (3, 0.1%)

2 したの 1 十二丁も

▼ 茶屋~ (3, 0.1%)

1 行ッテ見, 金ヲ, 電話シテコノ夏春久ト一緒

▼ 茶屋女房~ (3, 0.1%)

1 か女郎, は松之助, ほめ

▼ 茶屋からは~ (2, 0.1%)

1 サイダーなぞを, 絃歌の

▼ 茶屋そこ~ (2, 0.1%)

1 へ上, を出る

▼ 茶屋であった~ (2, 0.1%)

1 がそこ, という処

▼ 茶屋でございます~ (2, 0.1%)

1 から, がね何

▼ 茶屋です~ (2, 0.1%)

1 が平次, よ

▼ 茶屋とか~ (2, 0.1%)

1 宿屋とか, 岡場所を

▼ 茶屋とかいう~ (2, 0.1%)

1 ものも, 辺まで

▼ 茶屋との~ (2, 0.1%)

1 あいだに, 間に

▼ 茶屋~ (2, 0.1%)

1 ので酒, んでしょう

▼ 茶屋などが~ (2, 0.1%)

1 あり一種變つた空氣, 町に

▼ 茶屋などは~ (2, 0.1%)

1 ないじ, 確と

▼ 茶屋などへ~ (2, 0.1%)

1 あがったこと, 遊びに

▼ 茶屋にでも~ (2, 0.1%)

1 使って, 腰を

▼ 茶屋へは~ (2, 0.1%)

1 町方から, 酔後の

▼ 茶屋までは~ (2, 0.1%)

1 七つ八つの, 意外に

▼ 茶屋みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, な店

▼ 茶屋らしい~ (2, 0.1%)

1 ものにも, 一軒へ

▼ 茶屋三河屋~ (2, 0.1%)

1 で歿, に銓

▼ 茶屋~ (2, 0.1%)

1 の坂道, ほとばしる春

▼ 茶屋~ (2, 0.1%)

2 の客

▼ 茶屋女らしい~ (2, 0.1%)

1 ねと私, のが

▼ 茶屋宗清~ (2, 0.1%)

2 の大広間

▼ 茶屋料理屋~ (2, 0.1%)

1 のおかみさん, の座敷

▼ 茶屋旅籠屋~ (2, 0.1%)

1 の表二階, をはじめ

▼ 茶屋楊弓場~ (2, 0.1%)

1 などのあった, などのあつ

▼ 茶屋湊屋~ (2, 0.1%)

1 に著い, の女みな

▼ 茶屋越し~ (2, 0.1%)

2 にどんより

▼ 茶屋~ (2, 0.1%)

1 出掛けて, 同人駕行

▼ 茶屋通い~ (2, 0.1%)

1 で世間, の上野東叡山

▼1* [162件]

茶屋あそこで存分, 茶屋ありぬ十一時, 茶屋うれし野のお, 茶屋土産物屋が, 茶屋おきんへい, 茶屋かぎやの阿, 茶屋からでも帰って, 茶屋からといふのが, 茶屋からも初会の, 茶屋行くべ, 茶屋じゃありませんか, 茶屋じゅうで見かけた, 茶屋そだちの都会娘, 茶屋その他を飲み, 茶屋だけ残したの, 茶屋だって三軒茶屋は, 茶屋だろうと思います, 茶屋やいけません, 茶屋のへ, 茶屋であり又一膳飯屋, 茶屋できまた赤坂新町辺芸者家, 茶屋でしたが滝尾どの, 茶屋ではなご飯かて, 茶屋でははッきりと, 茶屋でばかり逢うの, 茶屋とて料理を, 茶屋とを君に, 茶屋なぞへ行きまし, 茶屋なぞが軒を, 茶屋なぞはいかがで御座いましょう, 茶屋などあゆを, 茶屋などでも大切に, 茶屋などといった看板の, 茶屋などとは思えない, 茶屋などの村の, 茶屋なども勘定が, 茶屋などを流れ渡って, 茶屋なら六軒ありやし, 茶屋ならびに鳥を, 茶屋なるべきか, 茶屋なれどもこれ, 茶屋なんかと洒落のめし, 茶屋なんぞはじめるもん, 茶屋なんて稼業は, 茶屋にかけ上りラクダを, 茶屋にゃ用も, 茶屋に対する義理として, 茶屋ばかりでなく貸座敷, 茶屋へのたり込んだ時, 茶屋へばかり行かないでね, 茶屋へよつて京都の, 茶屋まがいのチョン, 茶屋がお, 茶屋めいた処の, 茶屋もござりますが美しい, 茶屋よりも四百米高い, 茶屋を通して話を, 茶屋ガ願ウト云イオッテ困ッタガ, 茶屋ハ梅本家満喜岩村等ト曰フモノ大ニ優ル, 茶屋一名荷置場の鞍部, 茶屋三州屋二階に竹本相生太夫, 茶屋三戸ここの廓, 茶屋三河屋力蔵に嫁, 茶屋上りとは一眼, 茶屋丸五の二階, 茶屋丸屋三右衛門の子, 茶屋もある, 茶屋休息所その節, 茶屋全廃の椅子席, 茶屋全廃論も出, 茶屋助次郎といった人, 茶屋十五六ばかりなるみめかたち, 茶屋又は旅館に, 茶屋和泉屋勘十郎方の飯焚, 茶屋四十八軒立慶河岸の水, 茶屋四郎次郎ひとりを除く, 茶屋大正五六年頃までありし, 茶屋大黒屋和市の娘ひろ, 茶屋天然自笑軒, 茶屋女これがお, 茶屋女その他何である, 茶屋女たちにおだてられ, 茶屋女上がりと馬鹿, 茶屋女二人は赤い, 茶屋女男の肌, 茶屋女風の女, 茶屋女風情がこうして, 茶屋嬉し野の, 茶屋對山臨溪清談半日席上余謂博士曰花易散人易老君亦須及, 茶屋屋形の設備, 茶屋山口巴から使, 茶屋に平伏し, 茶屋待合の亭主, 茶屋着, 茶屋心中なお夫人堂, 茶屋或は地方の, 茶屋振舞へさる, 茶屋探検観察談を聞い, 茶屋探険に出かけました, 茶屋揚屋の軒, 茶屋てふ, 茶屋料理屋船宿などが川, 茶屋方面から走っ, 茶屋れ也, 茶屋某方で年十八歳, 茶屋桐佐の養女, 茶屋桐半の裏手, 茶屋業主人成田作蔵と云う, 茶屋業主人成田作蔵さんが発見, 茶屋正兵衛に宿す, 茶屋水熊の横手, 茶屋物風呂屋物など, 茶屋ひ碁将棋, 茶屋猿家のうしろ楯, 茶屋猿屋に徃, 茶屋と禰宜さん, 茶屋町和泉町を北, 茶屋町辺の小料理屋, 茶屋町近くに張, 茶屋畳みたる道具床几二脚程, 茶屋白拍子の家, 茶屋知りたる義理に, 茶屋稼業のこと, 茶屋竹原屋へ行つて, 茶屋笹屋喜右衛門の広間, 茶屋一向無, 茶屋紙張行燈には薄墨, 茶屋綺麗に掃除, 茶屋舟宿柳橋兩國の盛り場, 茶屋船宿に灯, 茶屋色子比丘尼が繁昌, 茶屋には早い, 茶屋芸者家などの亭主, 茶屋茶屋へこの, 茶屋の茶屋, 茶屋萬梅といふの, 茶屋葦簾掛けの一つ, 茶屋見たような, 茶屋見学の様子, 茶屋赤福売る店, 茶屋起きて雪解, 茶屋とでもいう, 茶屋辻模様の練絹, 茶屋近くで採集, 茶屋退転だ, 茶屋這入りが又, 茶屋連中山家ものでも, 茶屋をする, 茶屋開始者五郎兵衞老人の子, 茶屋開闢以来の異変, 茶屋附近にある, 茶屋附近虫取撫子の盛り, 茶屋青柳に入, 茶屋の愛嬌, 茶屋風呂の元祖深川, 茶屋風呂屋の猿, 茶屋飲食店諸種の見聞, 茶屋飾付の壮観, 茶屋香具店の前, 茶屋駿河屋とくの抱鶴, 茶屋さ十フィートばかりの, 茶屋鶴屋というの