青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~見上げ 見上げ~ ~見事 見事~ 見出し~ ~見出した ~見出す 見出す~ ~見当 見当~
見方~
~見物 見物~ 見舞~ 見解~ ~見詰め 見詰め~ ~見送っ 見送っ~ 規則~ ~規定

「見方~」 1222, 13ppm, 8372位

▼ 見方~ (224, 18.3%)

38 して 5 した, したの 4 すること, するよう, すれば, もって 3 しなければ, 変えれば

2 [11件] した丈, しては, するの, するやう, する事, する人, つけたさずに, 一つの, 一變させた, 持って, 排すること

1 [132件] いくつか, おきかへて, かえなかった, かえれば, ここに, この頃, させて, したが, したこと, したつて, したであろうか, したよう, したり, しだすと, しても, してる, しないの, しないので, しましたんで, し光線, すべて正, する, するため, するだろう, すると, するもの, するマルクス主義, する傾向, する老成, せずに, せねば, そのうち, そもそも否定, ちがえれば, とって, とつて, とらねば, どこまでも, なさっては, なして, はっきりさせ, はっきり持っ, ほんとうに, まじへてさ, もっとハッキリと, もつギルド社会主義者, フィジオクラットに, 一変させる, 一応肯定, 一歩進ませる, 一歩進める, 一變させる, 云つたのである, 保ちつづけたもの, 先導する, 全く離れ, 出したもの, 出ること, 分担し, 初代の, 加えて, 加えること, 加えるゆえ, 勸めて, 取り去るため, 取ること, 名づけて, 吟味しよう, 含む思惟經濟, 含んで, 問いましたが, 執るも, 基礎と, 変えて, 変えなければ, 変えると, 変へ, 変へる, 奨励する, 尊重する, 導入した, 得た, 必要と, 忌避する, 應用し, 押しつめて, 持つに, 指導し, 授けて, 換へて, 教えた, 教えて, 教えるに, 教へる, 教わったの, 教わって, 明らかに, 暗示する, 會得する, 構成する, 模倣し, 消散せしめる, 深めねば, 爲す, 現すため, 現わす, 異にし, 知らなかつた, 私は, 筋道と, 縛っては, 習得する, 育成し, 自然に, 至極單純, 致しますので, 製造する, 要求し, 見る側, 訂正しはじめ, 許さない一個, 許さぬと, 許すこと, 誇張も, 誤ること, 越えるに, 逆に, 進めて, 進めるべき時期, 違えて, 違へ, 避けた

▼ 見方~ (131, 10.7%)

8 ある 7 あると 2 お前自身の, まだ表面的, 万事人間的人性的な, 成り立つの, 現在の

1 [106件] あった, あって, あまりに生温い古臭い, あります, ありますが, あるかも, あるだろう, あるであらう, あるであらうしかし, あるの, あるので, あるもの, いかなるもの, いくらか変っ, いろいろある, いろいろな, きらひかな, ここには, ございますけれども, して, しばしば奇異, すでに甚だ不自然, その率直さ, それぞれ哲学の, それに, だいぶ違うでしょう, できると, ないでも, なほ幾分心理學的である, はつきりう, また余りに神経的, また起り, まるで違っ, よほど変化, コハい, ジャーナリズムから, 一番正しい, 一般俳壇人の, 不親切な, 世界観, 乏しい時, 今日お, 凡俗だ, 出來, 出来るか, 出来るの, 区々で, 単に独断的, 同一の, 同時にしかも, 変って, 変ると, 多いの, 大人より, 好かった, 妙に, 定まって, 宿る, 小さいので, 弁証法的唯物論の, 形式に, 彼らの, 得られないため, 徹底しない, 必ずしも自明的, 必要である, 悪いの, 情けね, 情ね, 成り立ち得るから, 成り立つ以上, 成立する, 成立ちます, 手続きの, 才能技芸と, 据つて來ました, 文芸の, 日本人と, 最も正しい, 有るん, 本質的な, 横わっ, 欠けて, 決して奇怪, 浅かった, 浅薄です, 現われ出た, 甘すぎ, 示されて, 穏当であるまい, 窺われました, 経験され, 自由を, 色々ある, 表面的である, 要求される, 進歩しない, 違うから, 違うと, 違うの, 違うん, 違って, 違ってるから, 違つ, 重きを, 面白いや

▼ 見方~ (129, 10.6%)

16 よれば 5 よると 4 属して 3 依っては, 依つて, 立って 2 すぎない, 從へば, 慣れて, 於て, 過ぎない

1 [85件] あてはまるもの, ある, あると, あるの, しては, しても, すぎないことをもはつきりさせるつもりで, ちがいない, ですよ, とらわれて, なる, はるかに, もとづいて, よりて, ジミーは, 一動揺が, 一番多く, 一致し, 何か, 依ては, 依りましては, 依ると, 依れば, 偏し, 傾いた, 到達せざる, 力が, 動かしがたい, 及ぶの, 合うよう, 合致する, 同意し, 向かいいたずらに次々, 向って, 基づいたもの, 基づいて, 変りは, 大きな修正, 大きな曲折, 媒介され, 定着しない, 対立する, 封じては, 就いて, 就ての, 巨視的と, 幾つかの, 引き入れて, 形が, 従つてグロテスクの, 応じるため, 慣れた科学者, 慣れること, 打當, 拘束され, 支配され, 曰く, 最も代表的, 活き活きした, 狂いの, 相違ない, 私は, 移ること, 立つに, 立つもの, 立つ限り両者, 立脚した, 純度が, 自信が, 自由が, 自由な, 花なら, 近づいて, 這入つて, 這入ること, 逢着する, 過ぎないでしょう, 関わって, 關は, 陥ったの, 陥り易い, 非常な, 非常に, 順へば, 類するところ

▼ 見方~ (121, 9.9%)

2 して, それに, 誤りである

1 [115件] いつまでも, いよいよ深く, いろいろでしょう, おそらく多く, きわめて深く, きわめて興味, ここまでは, この偉大, この方程式, これまで, こんな風, しかし実はそれほど, すでに古くから, そう間違っ, それぞれ違った, たしかに日本, たしかに遠慮, ちがうから, つまり言, できるが, どっちも, なかなか当たっ, はなはだ便利, ひつき, まことに西洋人, まだそれほど世人, やめて, われわれからは, ゲーテにおいて, ヒイキ目で, ルネサンスの, 一応おもしろい, 丁度三人, 下論に, 不充分でも, 世上を, 九流が, 人間の, 人間を, 人間的で, 便利である, 全く因襲, 処で, 出来ないだらうと, 別として, 前の, 勿論後世, 単なる直観主義, 古代ローマ人のと, 哲学の, 唯心論的目的論的或は, 唯物論的機械觀的或は, 因襲的であっ, 型を, 外来文化を, 大いに注目, 大抵の, 始めから, 学問研究の, 客観的な, 少くとも, 尤もあまりに, 常に十分, 廢案と, 張り込んで, 当たらない, 当って, 後の, 従つて第二義に, 必しも, 必ずしも無理, 思想の, 成立しない, 我々から, 我々は, 我々を, 或る, 抑, 文章の, 暫も, 最近マルクス主義文学理論と, 最近マルクス主義文學理論と, 本当では, 果して当, 極めて執拗, 極めて貧しい, 模写説と, 正しいであろう, 正しいとも, 正に正しい, 正に自然哲学, 永久に, 永続するであろう, 無論自殺, 物活論でも, 甚だ双方, 真理を, 石浜五十子忍岡大塚の, 私の, 結局先入主を, 綺麗に, 自然に, 自然科学的な, 芸術主義と, 西洋では, 言は, 詞で, 誤って, 超人間的, 近代の, 鈍り停止, 非常に, 頗る峻酷, 類型化的方法は, 高邁で

▼ 見方~ (68, 5.6%)

3 方が 2 なかで, 相違から, 相違と, 間者では

1 [57件] あつた, あること, いずれかに, いずれが, うちには, うちにも, くせだ, この正反対, こまかいこと, して, ためには, ちがいという, どうにも, なかに, ほかに, ままに, やうである, ようである, 一例にまで, 一部は, 一面とを, 上に, 下に, 両面を, 保守主義は, 前に, 可能だ, 可能性を, 含まれるの, 埒外に, 堕落に, 弊害は, 心に, 忠実さという, 悪かりし, 惰性に, 持ち合せ, 新しい種類, 最も露骨, 根拠を, 根本が, 樣にも, 病いに, 相違である, 相違は, 相違より, 立場を, 自由さが, 裏には, 裡にも, 誤って, 誤りや, 變遷から, 迷妄より, 違ふこ, 適切な, 驚くべき一顛倒

▼ 見方から~ (67, 5.5%)

23 すれば 5 すると 4 して, 云へば 2 紀州人といふ, 言えば

1 [27件] あの憲法草案, いっても, いつて, かように, しても, すつかり, それぞれ並べ, たとえ偏頗, では, みまして, 云つても, 今にも頼政, 取りあげられた作品, 單なる, 展望した, 得られるいろいろ, 愉快の, 授業時間の, 新しい文化, 書きたい, 眺めましょう, 私は, 考えると, 脱却する, 西鶴の, 見直したもの, 言つてこの

▼ 見方~ (63, 5.2%)

3 あるの 2 あって, ありますね, あるでせうが, できる, 一応は, 信用できなく

1 [48件] ありうるほど, ありますという, あるが, あるだらう, あるだろう, あるであらうが, あるであろうが, あるでしょうね, あるという, あるに, あるね, あるよう, あろう, あろうが, かえって現実的, さう, できさ, できます, できるもの, ないで, まんざらまちがい, よい, 一つの, 人々の, 偏見である, 全く出来ない, 全く変りました, 出来るの, 分かれて, 単に甚, 変って, 外れては, 存在する, 実際論, 度が, 成り立つ, 成立する, 明らかに, 正しい見方, 歴史の, 深くなっ, 漸次多く, 畢竟は, 確かに, 自から, 許されるもの, 起りトルストイ, 違う

▼ 見方~ (52, 4.3%)

3 見て 2 一種の, 見ると

1 [45件] あつかって, あつた, あつて, あらう, いえば, いふと, いろいろな, この事件, すべてを, するならば, たがいに, ひろ子が, また興味, もって, ケガす, 他人の, 何時までも, 僕の, 公平な, 凡そ性論に, 創作や, 同じく民藝, 學術的に, 安川の, 密教が, 強いて, 彼は, 律しえられるか, 扱われて, 最上級の, 海老蔵を, 物を, 眺めるもの, 私についての, 私は, 終って, 美を, 聖賢が, 能が, 行くと, 見れば, 話が, 論議され, 通用する, 金兵衛を

▼ 見方~ (31, 2.5%)

2 いうが, 思ふ

1 [27件] いうよりは, いつたつ, いわねば, されて, その表現, それに対する, カントの, 一つに, 云える, 云は, 云ひ, 人に対する, 何も, 俗な, 味わい方, 小説構想とを, 心的見方とに, 態度を, 異なって, 目的意識に, 目的論的な, 相一致, 社会心理的見方とが, 考え方, 芸術的の, 表現法である, 言へる

▼ 見方によっては~ (28, 2.3%)

1 [28件] ある有限数, これは, その危険, たとえば溶液分子, ひどくち密, むしろその, キチガイ沙汰である, ロザリーの, 一笑に, 世界は, 両国は, 人種の, 人間の, 夜と, 実に貧弱, 実在の, 忌な, 東京市民一般に関する, 物蔭での, 社会道徳の, 自然に対する, 茶わんの, 蝦夷が, 過去の, 金春の, 電子の, 音楽家の, 頭の

▼ 見方によって~ (26, 2.1%)

3 いろいろに, 生きる人

1 [20件] あらかじめ演劇, いろいろあろう, ついに, つかむ焦点, どうにでも, 二様に, 初めてその, 好い都合, 新しい企画, 暗黒時代であります, 浅いとも, 研究し, 研究を, 種々異なっ, 自分は, 色々に, 色々の, 規定せられる, 赤と, 関孝和に関する

▼ 見方では~ (25, 2.0%)

2 ない, ないの, なくして

1 [19件] ありますが, あり得ない, あるが, あるまい, ないかね, ないから, ないだろう, ないでしょう, なからう, なかろうか, なくすこし, なく其処, スウェデンボルクの, 一日も, 決められません, 無いが, 片づかない, 特に又, 近づくこと

▼ 見方~ (25, 2.0%)

3 感じ方や 2 考え方は

1 [20件] また天国, 主義では, 作為では, 作為の, 個人の, 意見を, 愛想の, 感じ方, 扱い方の, 批評で, 書き方という, 書き方や, 気持の, 考えて, 考え方が, 考え方で, 考え方である, 考え方なども, 詮索は, 話し方の

▼ 見方によ~ (14, 1.1%)

11 つては 1 つてさ, つて違ふと, つて鶴を

▼ 見方とは~ (12, 1.0%)

1 [12件] いえないと, いかなる見方, だいぶ相違, もう少し違った, われらが, 云われない, 大分懸け, 社会主義であり, 考えない, 違うん, 違った見方, 露交わらぬ

▼ 見方~ (11, 0.9%)

2 というの 1 が形式, が真実, が麻, といわれ, とする, とは云われまい, と受取られ, と思ふ, よ

▼ 見方である~ (10, 0.8%)

1 がわれら, けれども実在, というの, とする, と主張, と信じる, と同時に, 支那の, 若し夫, 限りゲーテに

▼ 見方考え方~ (10, 0.8%)

1 がある, が公平, が有益, が皮相, というもの, において優れた, の特色, を教えた, を教えられました, を深め

▼ 見方にも~ (8, 0.7%)

1 いろいろある, また相当, もちろん一面, ピリオッドを, 半面の, 呆れるねえ, 突込んで, 道理が

▼ 見方という~ (7, 0.6%)

2 ような 1 ことは, ものであっ, ものは, ものも, ものを

▼ 見方には~ (7, 0.6%)

1 その由来, ほとんど無, もとより一理, 充分な, 相当に, 相違ございません, 真に異常

▼ 見方かも~ (6, 0.5%)

2 知れない, 知れないが 1 しれないが, 知れぬが

▼ 見方であっ~ (6, 0.5%)

1 てその, て人間, て徒ら, て思惟言行, て自分, て道徳

▼ 見方~ (6, 0.5%)

2 のである 1 のだ, のであっ, のです, んだ

▼ 見方感じ~ (6, 0.5%)

2 方を 1 方が, 方に, 方の, 方考え方

▼ 見方からは~ (4, 0.3%)

1 なお一個, 怖ろ, 絶対的な, 絶對的な

▼ 見方からも~ (3, 0.2%)

2 離れよという 1 問題を

▼ 見方でしょう~ (3, 0.2%)

3

▼ 見方でも~ (3, 0.2%)

1 ある, あるまいと, 唯識論の

▼ 見方において~ (3, 0.2%)

1 いかに相違, 形作られるの, 形作られるもの

▼ 見方に対して~ (3, 0.2%)

1 之と, 単に要素, 革命的覚醒を

▼ 見方より~ (3, 0.2%)

2 すれば 1 して

▼ 見方よりも~ (3, 0.2%)

1 いかに多く, より多く, 平素まつたく

▼ 見方であり~ (2, 0.2%)

1 また事実, 之に

▼ 見方であろう~ (2, 0.2%)

1 か, と思う

▼ 見方です~ (2, 0.2%)

1 ね, 音楽にも

▼ 見方でない~ (2, 0.2%)

1 から皮肉, ということ

▼ 見方とか~ (2, 0.2%)

1 あり方を, あるいは人間

▼ 見方として~ (2, 0.2%)

1 意味の, 眺めて

▼ 見方としても~ (2, 0.2%)

1 勤王と, 合理的な

▼ 見方との~ (2, 0.2%)

1 分れる, 間に

▼ 見方においては~ (2, 0.2%)

1 嫡出子と, 物は

▼ 見方においても~ (2, 0.2%)

1 互に心, 根柢において

▼ 見方については~ (2, 0.2%)

1 いろいろ意見, 彼は

▼ 見方により~ (2, 0.2%)

1 各異, 興趣の

▼ 見方をか~ (2, 0.2%)

1 へると, へれば

▼ 見方をこそ~ (2, 0.2%)

1 あまりに非, 初代の

▼ 見方を以て~ (2, 0.2%)

1 他の, 見るべきもの

▼1* [74件]

見方あらゆる恰好の, 見方あらわし方に, 見方および取扱いの, 見方かというに, 見方からのみそれ等を, 見方こそかえって理論的意識そのもの, 見方へ乘客, 見方しか出来ないの, 見方その考え方を, 見方そのものにあらわれ, 見方それを新, 見方だけについて述べたの, 見方だけをはっきりと, 見方だろうと思う, 見方であったにすぎなかった, 見方でありまして貴族時代, 見方でありますからいわゆる, 見方でありませうけれどもこの, 見方であり考へ方であり, 見方であるまいか, 見方でしか物を, 見方でなかったならば必ず, 見方でなければならない, 見方とがあり得るが, 見方としての写実性である, 見方としては間違いでは, 見方とでもいう他, 見方とに類別する, 見方ともいふべきもの, 見方とを対立せしめ, 見方どれが良い, 見方ならこの俺, 見方なり取扱方なりから, 見方なんかするない, 見方について多くを, 見方についてのみでなく存在, 見方についても相違が, 見方にとつての, 見方によってのみ我々は, 見方による場合の, 見方に対し一つの, 見方に対しては勇敢な, 見方に従いいわゆる, 見方に従ってグロテスクの, 見方ばかりでは, 見方従くに, 見方へと内面の, 見方への補足修正が, 見方までして, 見方マンハイムの認識社会学, 見方一つで長く, 見方の見方, 見方以外には一歩, 見方保温の方法, 見方即ちひとへに, 見方呼び方に, 見方変態さだ, 見方如何によること, 見方或いは寧ろ書き方, 見方描き方で, 見方次第では痩我慢, 見方見とは, 見方特殊な取扱方, 見方生き方を基本的, 見方等それはたくさん, 見方素直で大胆, 見方考え方等皆現代式のハネッ, 見方考へ方だ, 見方考方には少なから, 見方の据え, 見方評價といふもの, 見方読み方の異, 見方読方ではどっち, 見方重大な活用法