青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「茶~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

英~ 英国~ ~英語 英語~ 英雄~ 茂~ 茎~ 茫然~ 茲~ ~茶
茶~
茶の間~ 茶屋~ 茶店~ ~茶碗 茶碗~ ~草 草~ 草原~ 草履~ 草木~

「茶~」 7275, 75ppm, 1494位

▼ 茶~ (2556, 35.1%)

120 飲んで 88 入れて 66 運んで 64 持って 53 飲みながら 50 汲んで 46 淹れ 35 のんで 34 飲んだ 32 注いで 25 のみながら 23 持つて 22 いれて 16 啜って 14 出して, 飲みに 13 すすりながら, 飮んで 12 もって, 啜りながら 11 すすって, たてて, 煮て, 飲んだり 10 入れながら, 呑んで, 飲む, 飲むこと 9 かけて, ついで, のんだ, 入れた, 啜った, 沸し, 立てて 8 すすった, 呑んだり, 喫んで, 注ぎながら 7 入れたり, 啜つた, 喫み, 拵えて, 飮み 6 くんで, すすめながら, のむ, 飲むと 5 いれたり, すすめた, すすめて, すゝり, 出したり, 出す, 喫して, 淹れた, 淹れる, 飲み終ると

4 [16件] くれ, くれい, のむこと, わかして, 入れに, 出した, 取って, 呑みながら, 啜つて, 喫しながら, 売って, 汲みて, 注いだ, 煎れて, 進めながら, 運んだり

3 [42件] いれた, いれながら, こしらえて, すすめると, すゝる, たてたり, ついだ, つぎながら, のせて, のませて, のみつ, はこんで, グッと, 一口の, 一杯と, 侑めた, 入れる, 入れること, 入れる支度, 勧めながら, 呑むこと, 命じた, 啜った後, 啜り菓子, 喫す, 所望した, 摘んで, 汲みながら, 沸かして, 沸す, 注ぐと, 濁すこと, 点れて, 煎じて, 立てたり, 立てに, 運ばせた, 酌んで, 静かに, 飲み煙草, 飲むの, 飲んでは

2 [116件] いれる支度, がぶりと, くれと, ぐっと飲み干し, すすりつつ, すすりて, すすり水瓜, すすり煙草, すする, すする音, すゝめて, すゝめながら, たしなんで, たてよう, たてる様子, つがせて, のみかけて, のみつつ, のみて, のみはじめた, のむところ, のむ時, もつて, もらおう, よばれた, ゴクリと, 一ぱい飲ん, 一ぷく, 一口ふくん, 一口飲ん, 一喫し, 一息に, 一杯おくれ, 一杯くんで, 一杯グッと, 一杯啜, 一杯飲ん, 交易した, 何杯も, 供し, 入れかえて, 入れる用意, 出さなかつた, 出したの, 出すこと, 出すやら, 受皿に, 口に, 呑む, 呑むと, 啜ってから, 啜り延ばして, 啜り煙草, 四半斤と, 帯び肩, 御馳走に, 所望し, 手に, 挽いた, 捧げて, 掻き廻して, 旨そう, 替えに, 汲みに, 汲んだり, 河へ, 沸かし飯, 沸かすこと, 沸した, 注いだが, 添えて, 湯呑から, 濁して, 点てた, 点てて, 点てようが, 煮たり, 煮る時, 立てたの, 置いて, 薦め菓子, 貰って, 買いに, 買うこと, 輸入した, 送って, 送るという, 進めて, 運ぶ, 運ぶため, 運ぶ時, 運んだ後, 錫の, 飮む, 飮んだ, 飮んだり, 飲まして, 飲ませられて, 飲みかけた処, 飲みたいと, 飲みほした, 飲み分けること, 飲み干した, 飲み干すと, 飲み暫く, 飲み芋, 飲むでも, 飲むにも, 飲む事, 飲む前, 飲む頃, 飲めば, 飲んだこと, 飲んでから, 飲干しながら, 饗すること

1 [1094件 抜粋] あげよう, あたためて, あらそつた山科丿観, いっぱいくれい, いつぱい, いれかえなど, いれさせたり, いれては, いれようと, いれること, いれるべく立つて, いれる間, いれ一同, いれ代え, いれ替えて, いれ茶わん, うまいと, うまそう, おいて, お藥湯, かえして, かえて, かきまぜたが, かくして, かける, かける前, がぶがぶと, がぶがぶ丼, がぶがぶ飲ん, くみて, くむ格好, くれた, くれました, くれ飯, くんねえかな, ぐっと飲み干した, ぐつと呑みほした, こしらえるという, こちらも, こぼさせたこと, こぼしたこと, こぼすそれ, ごくん, さしあげたいとは, さしてお, さしに, した毛, すくい出した, すすったが, すすめくれたる時に, すすめてから, すすめる, すすめ手あき, すすりそれ, すすりました, すすり果てて, すすり順一, すするだけ, すする瞬間, すてて, すますと, する, すゝつた, すゝつて居る, すゝむる妻の, すゝりつ, そこそこに, その粗野, たぎらせて, ただ一息, たつる湯気, たてに, たてるのに, たてる時, たて千宗易, たらふく飲ん, だしたけれど, ついだ湯呑み, ついですすめる, ついでやっ, ついで予, ついで居る, ついで貰っ, つがせながら, つぎなおしたり, つぎ菓子, つぐ, つつましや, のまして, のませる席, のまない普通, のみいろいろ, のみかえる, のみしかつめらしい, のみはじめて, のみむなしく, のみチベット, のみミルクコーヒー, のみ何, のみ吹込, のみ座, のみ日暮里, のみ煙草, のみ茶碗, のむかと, のむと, のむの, のむのみすぎる方, のむ前, のむ為, のんだら少し, のんでから, はきよせるの, ひさぐ者, ひといき, ひとつくれい, ひととおりは, ひと息に, ふきはじめた, ふくみ寛いだ客あしらい, ぶちまけた, まぜて, みなが, めしあがれ, もて, もてなして, もらうの, もらった, もらって, やったならば, やっつけながら, やられるか, やるという, ゆっくり喫, ゆっくり飲干し, よくも恥, わかさせたり, わかすからと, わびと, ガブ飲み, ズウと, 一つ, 一つ下さらん, 一つ差し上げたい, 一つ汲ん, 一つ飲みましょう, 一ぱいくんねえ, 一ぱい飲まし, 一ぱい飲む, 一ぷくと, 一ツ持っ, 一ツ飲みたまえ, 一口, 一口啜っ, 一呑み, 一喫する, 一時に, 一杯ください, 一杯くんねえ, 一杯すすめ, 一杯それから, 一杯ついで, 一杯にも, 一杯また, 一杯取っ, 一杯所望, 一杯汲ん, 一杯飲まし, 一杯飲んだ, 一緒に, 七輪の, 三円で, 三遍もらう, 上げなよ, 上げますと, 上げると, 上人自ら汲み, 下さる, 下へ, 与へて, 乞は, 乞ふ, 乱暴にも, 乾しながら, 二三杯それも, 二人に, 今も, 代えるよう, 伊予之進は, 使ふ, 侑む, 侑めなど, 供え無言, 供するの, 傍らの, 充満の, 入れおわつた時, 入れかえには, 入れかけた, 入れかへて, 入れさせた, 入れさせながらの, 入れたこと, 入れたほう, 入れたる罐, 入れた妻, 入れての, 入れぬよう, 入れましたそう, 入れようと, 入れるくらいの, 入れるべくつくられたもの, 入れるサアそれ, 入れる女, 入れる小さな, 入れる様, 入れる目的, 入れ始めた, 入れ替えて, 入れ替へるため, 入れ直して, 出させた, 出された, 出され酒, 出した塗盆, 出しに, 出すから, 出すらしく茶番よう, 出す世辞, 出せ, 出せとか, 出そうとも, 助役の, 勧めに, 勸めた, 千金の, 又弄ぶ, 取りには, 受ける椀, 受け取りしまま, 口へ, 召し上がって, 吐いて, 含んで, 吹きながら, 呉れと, 呑ませました, 呑みたかつたと, 呑みタバコ, 呑み其, 呑むに, 呑む様子, 呑んだだけ, 呑んだ丈, 呑んでから, 味わいながら, 味わう場合, 呼ぶ, 命ずると, 啜ったが, 啜つて女房, 啜りすすり話, 啜りたり, 啜りなおも, 啜ります, 啜り更に, 啜り自分, 啜る, 啜ると, 啜る夏, 啜れば, 喫した, 喫しただけ, 喫し何, 喫し長閑, 喫するという, 喫せられつつ, 喫み合っ, 喫むという, 喫むとすぐに彼は, 喫んだ, 嗜む手合, 嗜んで, 土に, 土産に, 売りて, 売るを, 売る男, 売る道傍, 大事に, 失う, 好む前者, 始めたて, 嫌うこと, 学びたいと, 小説を, 差上げたく御, 帯びて, 干した, 幾杯も, 庭の, 引いて, 強いるでも, 徐々にえび, 志して, 思えば, 恭しく坊主, 所望しとる, 手で, 押しいただくこと, 担いで, 拵えたから, 持ち来りぬ, 持て, 持て来たおば, 持て来る菓子, 振舞い美濃, 掌に, 採る支那人, 掩れ, 携えて, 播磨の, 教えに, 断ちて, 旨さうに飮ん, 書いたり, 未だ飲干さなかった, 根元から, 楽しみ歌, 楽む人は, 欲した, 止めて, 求めて, 汲みすすめるでも, 汲み居り候, 汲む手, 汲んだ, 沸かしたり, 沸かしはじめた, 沸かし御飯, 沸かす, 沸かすわびしい, 沸かす道具, 泡立てこれ, 注がうとして, 注ぎて, 注ぎはじめた, 注ぎ一つ, 注ぎ易, 注ぐ, 注ぐ母, 注して, 注文し, 浴びたの, 混ぜて, 淹れよう, 淹れ替え, 湧かしつつ, 湯呑に, 滴し, 濁す事, 火に, 点じ舞楽, 点てた時, 点てるの, 点れよう, 焙じる仕度, 焙じる手つき, 煎じる, 煎るの, 煎酒, 煮たらおいしい, 煮べき, 煮るため, 煮るとき, 煮るには, 煮る汁粉, 煮んと, 煮蕈, 熱する, 献じここ, 献じる, 獻じ, 玩ぶは, 用いたから, 用いるに, 用意しよう, 省作に, 知ったばかり, 知れさ, 知れと, 碾きながら, 神と, 称揚し, 窮屈な, 立つらく, 立てさせて, 立てたが, 立てた振舞い, 立てながら, 立てる日, 立てろと, 立て遊女, 立続け, 紙袋に, 終ったばかりの, 続ぎ, 置くと, 習うたる田舎大名, 習ひ出した, 自分の, 舌に, 茶杓で, 薦めて, 薦めぬ, 製して, 見たところ, 解する人, 調所へ, 讃められ, 貰いたいと, 貰うこと, 貰つて鷄介は, 買う銭, 買つ, 買つて歸つたといふ, 賞し, 購おうと, 載せて, 返して, 進ぜい, 運ばせるの, 運びて, 運び出, 運ぶがぶり, 運ぶとか, 運ぶ醫者, 運んだの, 運んだ時, 適宜に, 酌んだとて, 配りながら, 配る女達, 酒に, 附き合って, 頂いて, 頒けて, 食ったよ, 飮みたい時に, 飮む幸福に, 飲う, 飲まされふたり, 飲ませ, 飲ませたなどと, 飲ませる, 飲まなかったり, 飲まなくとも, 飲まれましたが, 飲みあふにつけ, 飲みそれで, 飲みたび, 飲みづめ, 飲みながらも, 飲みによる, 飲みましょう, 飲みを, 飲み乍ら昨夜, 飲み分ける鋭敏, 飲み始めた, 飲み干す, 飲み晩食, 飲み甘い, 飲み終って, 飲み顎, 飲み飲み楽し, 飲み麦焦し, 飲むかくして, 飲むであろう人間, 飲むところ, 飲むべく四角, 飲むもの, 飲むよう, 飲む休憩所, 飲む時, 飲む気楽さ, 飲む風習, 飲めないの, 飲もうとして, 飲んだから, 飲んだが, 飲んだと, 飲んだもの, 飲んだん, 飲んだ後, 飲んだ茶碗, 飲んでるところ, 饗し, 饗せられて, 駄目に, 鷹揚に

▼ 茶~ (1201, 16.5%)

20 室の, 木の, 花が, 花の 18 室へ 14 室で 1312 木が 11 木を, 本 10 木に, 花は 9 花や, 葉を 8 木は, 木稲荷の, 道具を 7 中に, 煙, 眼 6 代りに, 室に, 支度に, 樹を, 花に, 花も, 花を 5 ことを, 中折を, 味は, 支度を, 木で, 用意を, 背広を, 袴を, 道に

4 [15件] ような, 一杯も, 中へ, 中折れ, 中折帽を, 味が, 味を, 好きな, 実を, 木も, 樹の, 樹畑の, 盆を, 花のに, 飲み方

3 [16件] 会へ, 千筋の, 宗匠が, 室では, 局の, 師匠の, 席で, 後は, 御馳走に, 斑の, 方が, 木稲荷へ, 羽織を, 葉が, 諸流, 道を

2 [76件] いれかた, うまさ, けむりほのぼの, ことは, においを, コップを, テーブルに, 中折に, 会が, 会に, 会の, 会を, 俗語を, 入った大きな, 刈田小豆いろ, 十徳に, 十徳を, 味で, 味に, 味も, 味噌の, 商売を, 外套氏が, 外套氏は, 宗匠, 宗匠の, 室から, 室と, 室を, 家に, 家の, 店が, 手前を, 接待を, 斑なる, 日には, 時間に, 服を, 木原に, 木垣の, 木畑の, 杯の, 樹が, 樹に, 樹畑にや, 残りを, 水を, 煙りに, 煙幽か, 理想も, 用意が, 畳帯を, 着物を, 種を, 稽古に, 立縞の, 精神は, 縞の, 缶を, 美は, 背広に, 胸当に, 色の, 花と, 芽を, 莢の, 葉の, 葉は, 葉も, 製法, 運動靴を, 道が, 隊商の, 香の, 香りからさえ, 馳走に

1 [612件 抜粋] あいだに, あた, ありよう, いうつい, いきおいで, いくばくかを, いっぱい詰まった, うちに, うまいの, うまい朝, お召に, お家が, お羽織, かおりが, かおりで彼, かおりとかれら, かわりに, きんと, くずである, けぶり, ことである, こと吐鳴り散らし, ごときほとんど, ごときも, ざるを通して, したくを, しっぽう, すべての, その中折, その謂われ, たて方について, たて方にも, たて縞お召の, ためでは, だし方は, ときアンナ・カレニナの, とき登は, ぬるさ, のめる家, はいった罐, はうでも, はなしなぞ, はなは, ぶちを, ぶち犬, ほかに, ほかには, まちがいは, まづい, めしを, もてなしなど, やうに, ようでない, ように, よろしさ, アイスクリームもっとも, オーヴァ・コートが, コップには, コップの, コロコロの, サージ服の, サービスが, ショールと, スウヱータを, ソフトを, ブローカー, マントを, メリンスの, リボン勇美子が, リボン白魚の, リボン飾を, リボン飾簪は, 一ぱいも, 一円札を, 一杯が, 一行に, 一行の, 万筋の, 三つ紋の, 三時期を, 上で, 上着を, 上等が, 世界ほど, 世話を, 丘や, 中には, 中の, 中折は, 中折れであった, 中折帽と, 中折帽東京から, 中間に, 事女の, 二十四種についての, 人望の, 仕度に, 仕度を, 他に, 代だけは, 代と, 代用として, 仮字, 会から, 会で, 会に関する, 会は, 会歌の, 伴や, 伽に, 作法の, 作用が, 作用と, 佳いの, 価の, 催しや, 儀式および, 儀式を, 入った小, 入れよう, 入ッ, 冬外套を, 冷えたの, 出るの, 出る時間, 出来るあいだ, 出来合い品の, 初まり, 前の, 勝った節糸, 勝つた同じ, 匂いが, 包と, 區別が, 十徳という, 十徳というは, 十徳の, 十徳宗匠頭巾瀟洒と, 十徳小刀を, 千筋平, 半上下, 卓を, 卓子が, 卓子を, 南瓜は, 単衣, 原理は, 友であり, 友には, 友達に, 取引き, 受皿の, 句に, 吉野で, 同趣味者, 呑倒し, 味か, 味から, 味すら, 味なら, 味には, 味未知の, 唐縮緬の, 問屋を, 喰い方, 土瓶も, 土瓶を, 地に, 塗下駄, 声価は, 売子を, 壺に, 壺を, 外套で, 外套の, 外套を, 外套氏の, 外套氏を, 外套赤い, 大きな斑犬, 大名の, 大御所流を, 天鵞絨の, 好いの, 如く其の, 如し, 字面へ, 宗匠たちの, 宗匠なり, 宗匠に, 宗家として, 実こぼれ, 実の, 実は枝, 実ばかり, 室には, 室は, 室や, 宵や, 小倉の, 小壺, 少ないの, 属すなわち, 崇拝は, 師匠か, 師匠と, 師匠を, 師匠松雨庵の, 席へ, 席入りに, 帽子に, 帽子の, 帽子を, 平紐の, 幽寂の, 店は, 廂の, 弟子たちからも, 影響の, 影響を, 後で, 徒弟に, 御用を, 御礼を, 徳を, 心が, 心を, 心得が, 悪口を, 所望である, 手前は, 手紙の, 手調理と, 扮装の, 投げ頭巾, 招きには, 招待を, 接待水浴室の, 揺れみたいに, 支度にと, 放つ香, 教えも, 教養の, 斑で, 斑犬が, 斑犬を, 料理なども, 料理は, 新芽を, 方は, 方までが, 方より, 旗が, 昔は, 時が, 時に, 時には, 時刻だ, 時刻には, 時迄は, 時間には, 時間まで, 時頼に, 普及も, 書, 會や, 會記に, 有る男, 朝会が, 朝会を, 木かな, 木さく頃, 木であった, 木と, 木などが, 木の下に, 木の根を, 木の葉, 木へ, 木へが, 木哉, 木松の木南天の, 木畑や, 木畠の, 木稲荷淋しい, 木茶の, 木製の, 本とか, 本場だ, 本道に, 朽木夜光る, 柄紐, 根に, 案内が, 植付けに, 極く, 楽しみは, 様な, 模樣が, 樹, 樹で, 樹についての, 欲しそう, 歌幅などが, 正性では, 歴史について, 歴史や, 毛ごろもの, 毛糸と, 氣の, 汚染を, 泡の, 注ぎ役, 注文で, 活趣味は, 浮かすは, 淹れ, 清寂を, 清浄無垢な, 済まない中, 湧き出ずる地, 湯気で, 源を, 濃くなれる, 炉に, 炉を, 炉手前は, 点前に, 無地で, 煙とを, 煙消, 煮えた時, 煮える間, 熱いやつ, 熱さ, 犢皮で, 献上博多でございましょう, 献上博多の, 理想の, 甘味は, 生えるところ, 生える区域, 生育には, 産地なり, 産地の, 産地は, 用意なぞを, 用意に, 用意も, 畝と, 病い, 相手にも, 真似は, 真境, 着もので, 短い外套, 礼, 礼儀であり, 礼式, 禅家頭巾の, 稽古は, 空箱が, 立て様の, 立縞に, 端くれなりと, 第二, 筒袖を, 箱の, 粉であり, 粉を, 粉末を, 精氣は, 精神とやらも, 精神の, 精神を, 糸の, 糸織の, 約束や, 紋羽織に, 紙幣や, 紬の, 細い弁慶縞, 経験から, 結城御召なぞ, 給仕か, 給仕さえ, 給仕し, 絹の, 緑色を, 緑蟹甲の, 縞お召の, 縦縞の, 缶が, 缶の, 罐ほどの, 置場であった, 美には, 羽織, 翁格子の, 老舖, 聖千の, 聞で, 背広が, 背広服同じ, 胚子も, 胸毛と, 腹合わせを, 至美なる, 舟が, 色に, 色も, 花おなじく, 花さい, 花さくや, 花ざかり, 花ざかり枇杷の, 花ち, 花ひと枝, 花みんなよろしい, 花もを, 花よりも, 花二つ見つけた, 花見つけた, 芽の, 芽ア伸びる, 芽生えに, 若木を, 茶ツ葉に, 茶滓に, 茶碗が, 草穂, 葉のに, 行商を, 衣服に, 表布, 表紙に, 袴が, 袴に, 袴は, 規則に, 言葉には, 記述文にも, 試製を, 詰襟の, 話, 話を, 説, 諸類, 議論をも, 赤いお, 赤い実, 赤い牡鶏, 輪を, 輸出に対して, 通信員である, 進化は, 運びも, 道と, 道にても, 道には, 道は, 道具が, 道具だの, 道具の, 道具や, 部屋で, 部屋に, 重税に, 量は, 金襴の, 釜に, 釜底帽子が, 鉢巻の, 銘で, 銘を, 銘玉露の, 鑵を, 隊商に, 零れて, 革で, 音のみ, 頭巾室に, 頸巻きを, 類に, 類舶來品, 風炉釜に, 飲用だけは, 餅を, 饗応には, 香, 香にも, 香は, 香りが, 香りも, 香気を, 香酒の, 馳走なぞに, 馳走を, 鳥打帽の, 黒ぽい

▼ 茶~ (215, 3.0%)

5 の蓋 3 ではない, の事, をねらっ

2 [15件] から玉露, がある, せいぜい大切, と十徳, と茶筅, に用, に相違, のごとき, のなか, の葢, は弟源三郎, やいず, を取出した, を埋め, を放り出し

1 [171件] から碗, から起こった, がいくつ, がいつのまにか, がこの, がそう, がたくさん, がなけれ, がならん, がぶらりと, がへえったろう, がガッシ, が二つ, が古びた, が宇治, が完全, が早く, が柳生家門外不出, が江戸, が発見, が盗賊, が街道, が見つかった, こけ猿, しかなかっ, しらねえか, じゃ, その壺, だけは永遠, だと, だとか, だね, だよ, ちかごろやっと当家, で, でありました, である, でございます, でござるぞ, です, でないこと, でないと, でほんとう, でも壺そのもの, という, ということ, というもの, という名器, という茶壺, とがうやうやしく, としてもそれ, とすれ, とともに影, となる, と天下, と寝起き, と申す, などとは思えませぬ, など解い, なりとも名器, にいれ, にきけ, にし, にたいする一般, になっ, にはいろいろ, には当方, には相違, にもらし, に入れ, に封じ, に封じこめある, に封じ込めある, に新茶, に残った, に特別, のあたり, のからっぽ, のこと, のつつみ, のどこ, のふた, のまいっ, の中, の二品, の小判, の手引き, の捻り返し, の木箱, の耳, の行方, の話, の説明, の道中, の駕籠, は, はいまだ, はいまだに, はいまどこ, はそっち, はただ, はとう, はとうに, はまだ, はもはや, は丹下左膳, は今, は出さなかった, は巷, は手, は盗まれる, は耳, は茶壺, は茶道, も剣, も柳生藩, やあり, や将軍家, らしい物, をあがない求めまするあり, をあけ, をあけた, をあの, をかかえ, をかくし, をかざっ, をかたっぱし, をかつぎだした, をこれ, をさがしてる, をしっかと, をしょっ, をそっと, をそれぞれ藩, をつづみの与吉, をとりだし, をひらけ, を中心, を二束三文, を出した, を刀, を取り返し, を取上げ, を取出し, を失っ, を奪還, を宇治, を差出す, を庭, を手, を手もと, を抱え, を持ち出した, を持ち出せ, を捧げ, を江戸, を河, を渡さない, を片手, を狙っ, を献上かたがた良師, を発見, を盗み出した, を眼, を種, を置い, を荒縄, を萩乃, を見つけ, を預かる, 又は消炭螺

▼ 茶~ (203, 2.8%)

23 して 5 咽喉を 4 する, 招かれて 3 なって

2 [11件] されて, したやう, したよう, してか, するという, するにもほどが, するの, 似た色, 坐って, 振りま, 鎌を

1 [142件] あそぶ画, あらずと, あらず法, ありついて, ありつける家, いいと, いたすと, うけて, かかはり, こしたもの, この聚繖花序, さす湯, さそったそう, されかんかん, されながら, される事, したが, したこと, したと, したり, したるは, した奇声, した話, した辞世, した風, しちゃ, しちや, しながら, しながらも, しみて, しよう, しろよ, するほどに, する三馬式, する気分, する氣, する江戸作者, する用意, する真似, せずとも, せよ青, たしなみが, なった, なったとき, なったもの, なったん, なった手紙, なった破れた紙片, なった紙, なった頭, なつて, なる, なると, まるめた, やや褐, よくうつります, よせて, レモン一片入れ, 不思議に, 丸めると, 代ると, 似て, 倦めば, 僅かばかりの, 入り得られるという, 入れて, 入れられる, 凝って, 凝つて, 凝り茶器, 取って, 口を, 味が, 呼びかける, 喉を, 塩を, 塩漬けの, 変る, 寄せて, 幾らか諂い, 弾劾し, 影響する, 御熱心, 手も, 招いた, 招いて, 招かれた, 招かれただけ, 招かれたに, 招くと, 招くという, 教へ, 日ごとに, 有付きたい, 朽ちかかる椽, 染めた縮緬, 染め抜いた三尺, 水を, 汲んで, 沸かす川, 浮かして, 浸る程度, 混ぜといた薬, 添ゆる, 湯を, 漬て, 烹る, 熱った咽喉, 熱湯を, 牛乳を, 用いても, 着物を, 知るの, 砂糖を, 磨り料紙, 禮儀を, 習ひ得た, 臭氣の, 至つては, 茗氣藥の, 菓子に, 落着こう, 見えて, 見えます, 親しまれて, 親しむこと十年, 誘ったと, 課税し, 近いと, 途中の, 達した人, 酔っ払った奴, 銀に, 間に合わさなければ, 関係の, 集まったが, 集るから, 雑え, 食塩を, 馴れて, 麦焦しそれも, 黒に

▼ 茶~ (178, 2.4%)

3 茶屋に 2 一斤半として, 後でも, 沸いて, 飲んで

1 [167件] あとだ, あらう, いい, いいから, いくらも, いらないと, いらんさ, いりませぬ, おろか物の, きつと, きらひだ, この方, こまる, これを, さかんに, ぜいたくだ, それぞれ唐宋明の, たしなまぬか, ただ飲める, たてるごと, たとえ番茶, たれも, ちつと, つまなけりゃならないし, どうじゃ, どこだった, どの位チベット国中, ないから, ないの, のめと, ぱつと開いた, まことに尼院, まだ二人共, まだ稀品, まったく茶道, もう出流れ, もう粉, もう色, もとの, やりませんと, よきスープ, よく遊ばされる, われわれに, インド人が, コフエインを, シナの, テーブルの, ラサ府に, 一一九一年南方の, 一袋一斤半ずつの, 不出来だった, 乳白色に, 五円時に, 今あたしが, 今な, 何を, 僅かに, 元来ツバキの, 全く忘れられ, 全部山に, 其処に, 冷たくなった, 出さないよ, 出ても, 切れる時計, 勿論大, 参らせぬこと, 可くまい, 台の, 名古屋あたりに, 呑まなかったこと, 呑まなかつたこと, 呑みたく無いが, 呑めねえ, 品切れだ, 啜つたが, 国民の, 土瓶一個が, 坊主の, 多年の, 大坂の, 大嫌いだ, 大抵葉, 大抵隙間, 奉天の, 好いの, 嫌いだ, 尋常の, 少し腹, 少し苦かっ, 帆船にという, 干して, 廃し, 弁えも, 後に, 急須に, 息子の, 愛するの, 手が, 持たないよ, 挽きたて, 摘めぬ, 故郷に, 暫く問はず, 月が, 有ましても, 朝食の, 枯枝を, 水に, 水による, 江戸ぢや, 沢山でござる, 沸かないの, 流行を, 温和に, 澄み酒, 濁したけれども, 濃くなり, 煮えたつて, 玉露の, 生の, 生命を, 生活の, 用ゐぬ, 番茶では, 番茶の, 畳の, 痛みを, 監物の, 眼にとっては, 空気が, 純粋と, 美味な, 花の, 芸術の, 芸術品である, 茶の, 茶日常生活は, 茶杓で, 華美好きの, 萌黄に, 葉を, 葬式の, 薄くなる, 薬用として, 製しないかも, 西北原に, 買へ, 足利では, 踊りを, 農民の, 部屋の, 野原の, 鎌倉時代の, 非常な, 面白いが, 頭脳を, 風流な, 飲まなかったかも, 飲まんでも, 飲みたりや, 飲む振り, 養心です, 香氣には, 香氣は, 駿介などにも, 高貴の

▼ 茶~ (165, 2.3%)

5 かつた, 出て 3 出る 2 かって, すむと, なくては, 一杯, 入ったので, 出たり, 出菓子

1 [138件] ああいう, あったか, あらア向うに, ありシビ茶, あるから, あるの, あるン, ある以上, あれば, あればこそ, いかに主要, いかに貴重, いよいよ幾つ, うめえもの, かかる, ぎっしり入っ, こんなところ, ごくごくと, さめるから, すきであった, すきに, すを, すんだとき, すんで, たくさん入らぬ, つぎ代えられ, できたこれ, でた, なかつたら内, なければ, はいった, はいると, ほしいと, ほしいとき, また同じ, まだ, まだいい, まだ茶, よい, よい色, よくなけれ, わいた, わく, ウマかった, カッ食いたきゃ, 一ぱい飲みとうなった, 一服所望じゃ, 一杯呑み, 一杯呑みてえ, 並べられて, 乾して, 二椀棗が, 仲買人の, 何である, 入りました, 入りましたから, 入れて, 入れられて, 冷えたぞ, 冷えたよう, 冷えるまでも, 出た, 出てから, 出ますよ, 出るから, 出る酒肴, 出来たので, 出来るから, 切れた, 力むと, 去年あたりから, 同邦人, 嗜で, 売れなかつたら清水, 変ると, 多いほう, 好きじゃ, 好きだ, 好きだった, 好きぢや, 好きで, 好きであった, 好きであったらしく, 好きである, 家の, 少しく御機嫌, 廻つて来さう, 必要だったらしい, 悪いと, 打つと, 旅姿の, 有効な, 来た, 来たので, 来て, 来る, 来れば, 欲しいん, 欲しかったら, 武家一般に, 残って, 沸いた, 沸く, 沸くと, 注げたから, 流行の, 済むと, 溜るかを, 漸く内儀さん, 火に, 焦げつくので, 煮えて, 煮えると, 玉露みたいに, 生えそれで, 眼にでも, 私の, 立てられた, 終ると, 終るの, 給与せられる, 育って, 茶碗に, 薄くては, 訪れて, 部屋を, 金花の, 面白かった, 頂戴し, 頭を, 飲みたかったり, 飲みたくなった, 飲みたくなりボーイ, 飲みたくも, 飲めないと, 飲めぬの, 饗された, 香気を

▼ 茶~ (153, 2.1%)

12 菓子を 9 菓子とを 4 菓子と 3 煙草盆を, 黒の 2 パンを, 緑と, 美, 謂って, 酒と, 酒の

1 [110件] あるに, いうだけ, いっしょに, いふと, いふよりも, お菓子とを, かう列べて, きいては, きては, こもごも飲む, さ, されて, するめ, その弟子, それから, である, であるが, なると, まちがえて, むすびつけて, アメリカ人参の, コーヒーは, サンドウィッチを, ジャムと, ソーセージの, バタつきパンに, バタと, マルは, 一しょに, 一味に, 一緒に, 中村屋の, 二つの, 云ふ, 交換に, 交易してやろう, 作し, 俳諧の, 力餅とを, 同時に一人一人, 名づけたらよい, 呼んで, 塩鮭の, 学問の, 實社會との, 小豆の, 左右に, 干葡萄, 恵山泉の, 悪化し, 料理した, 時々は, 枇杷の, 果物とを, 桑と, 桜ん坊の, 椿の, 気が, 添う時, 点心の, 焼酎を, 煙管を, 煙草盆が, 熱い珈琲, 玉ネギの, 珈琲とを, 珈琲の, 生活との, 生玉子, 生糸の, 生花, 申しましてな, 申す宗匠気取り, 白の, 白大, 砂糖とを, 砂糖は, 禅との, 称する, 紺と, 紺との, 紺の, 緋縮緬の, 緑を, 羊羹との, 聞いて, 色との, 茶の, 茶器と, 茶道具一切を, 莨盆と, 菓子が, 菓子の, 菓子ばかりで, 薩摩の, 言って, 酒とは, 酒は, 金茶の, 青とに, 青磁との, 音曲と, 鶯餅とを, 麦の, 黄色の, 黒ずくめの, 黒と, 黒との, 黒砂糖の, 鼠の

▼ 茶~ (134, 1.8%)

3 何も, 菓子も 2 おち, 上手で, 出さない, 呑み飯, 呑むどころ, 湯も, 飮まず, 飲まずに, 飲ませて, 飲まないで

1 [108件] ありません, ある, あるの, あれば, いいが, いただきたいが, いる第, うまかつ, うまし敬坊, おいりよう, お角さん, くんで, ございまする, さめきって, そこに, ちょうどこの, ないから, なかなかこった, なく煙草, なんにも喉, のまざるを, のまず見物, のまないで, のめなかった旅行中, のめぬ, のんだ菓子, ほしくないです, わきまえぬと, わるくありません, サイダーも, 一ぷくまいらせよう, 一時の, 上げられない, 五人前あった, 亦す, 何もかも無く, 僕が, 入れずに, 入れるばかりに, 出さないおまけ, 出さぬ, 出さねえ, 出さねえで失礼, 出した樣子, 出しゃしません, 出し殻に, 出た, 出ばなと, 出ばなの, 分つて, 切れて, 割合に, 口を, 呑まずに, 呑めるやう, 啜らずに, 嗜んで, 土臭い臭, 好きで, 娘の, 家で, 帛紗の, 怪しいもの, 持って, 摘まねば, 放鷹, 日本の, 早くちいん, 朝飯も, 来ない, 欲しくない, 此人から, 求めず召使, 汲んで, 沸いて, 沸かす, 沸く, 沸くっていう, 渡さず瞶め, 熱い, 病人に, 登の, 立てず狼連, 立てては, 自分が, 自分の, 茶代を, 莨盆も, 菓子もと, 華も, 要らない皆んな, 解しきれません, 近頃は, 過度に, 酒も, 飮めない, 飲まず何, 飲まず悲し, 飲まず顔, 飲まないので, 飲まなかった, 飲まなかったから, 飲む, 飲めそう, 飲めません喧嘩, 飲めれば, 飲め序, 飲んで

▼ 茶いろ~ (118, 1.6%)

6 のを, の少し 5 の帽子, の馬 4 な可愛らしい, の狐 3 なかじ, になった 2 なかも, な環, のと, のどんぐり, のひのき, のレーンコート, の眸

1 [68件] と白, なきのこし, ななめらか, なガウン, な幹, な房, な松森, な液体, な目, な眸, な瞳, な縞, な莢, な落葉松, な薬, にかはっ, になつて, になり, にぶち, にぶちだし, に光っ, に掘りおこされ, に近い, に黝ん, のが, のがい, のぬかるみ, のも, のカーテン, のゴルフ服, のズボン, のパンフレット, のビラ, のポケット, のルバシカ, の乗馬ズボン, の口, の口髭, の土, の外とう, の女, の実, の家, の建物, の日, の栗, の毛, の毛皮, の洋服, の猟犬, の眼, の瞳, の竹針, の算用数字みたい, の粗布, の羽毛, の草, の蛇紋岩, の蟇, の雀ども, の頭巾, の顎鬚, の首, やけむり, やたくさん, や狐, をかきまぜ, ガラスの

▼ 茶でも~ (98, 1.3%)

8 飲んで 3 入れて, 飲みながら 2 入れべ, 呑みたいもの, 呑んで, 喫も, 馳走に

1 [74件] あがれと, あげえ, あげたいが, あり気の毒, いいの, おあがんなさい, お上がんなさい, して, すすりながら, ないので, のむと, まいれ, もう一杯, 一つ立て, 一口すすろうで, 一杯くれ, 一杯と, 一杯の, 一杯上げろ, 上がったら, 上がれ, 上がれと, 上がれは, 上げましょう, 上げよう, 上りませんか, 何でも, 催促に, 入れさせて, 入れますから, 入れますべ, 入れよう, 入れようかね, 入れようオイ其粽, 入れるだろう, 入れるよう, 出させなくては, 出さなければ, 出すと, 出せ, 召しあがったら, 呑むが, 呼鈴を, 命じるの, 喫みませう, 喫むが, 喫んで, 好いの, 差上げますから, 戦地では, 打っ垂, 拵えて, 拵へ, 持つて, 沸かして, 淹れ, 淹れない, 淹れよう, 煎れましょう, 煮て, 立てたらなあと, 進ぜたい進ぜたいが, 運ばせて, 運んで, 飲つてご, 飲まうでは, 飲まして, 飲み飯, 飲むか, 飲むかね, 飲もう, 飲もうか, 飲もうでは, 飲んでから

▼ 茶~ (98, 1.3%)

4 と箸 3 の中 2 と土瓶, と汁椀, の包み, の変化, は半円, を取つ, を投げつけた, を持っ, を置け, を長五

1 [71件] かなん, から箸, から飯, が一つ, が役に立て, が落ち, であったろう, で乳, で仰り始めた, で茶, で食物, などの食器類, なども日本, などを持つ, など取り出す, なりあるいは, にお, にはその, に乳, に半分, に取分け, に受け, に水, に滿, に紅茶, に茶, に飯, の内側, の動く, の半, の岸, の数, の芸当, の蓋, は女郎, は煮立て, へ少し, へ水, へ茶, ほどの大き, まで大切, や彼, や皿, や金椀, をある, をさしあげ, をさす, をその, をそれ, をもった, を一つ, を下, を傾げた, を出す, を取上げ, を口唇, を引, を手, を持った, を挟ん, を捧げた, を掌, を替えた, を棚, を片隅, を置い, を置きし, を落し, を見, を載せ, 同じく茶釜

▼ 茶~ (74, 1.0%)

14 菓子を 4 菓子の 3 汁を 2 ビスケットを, 砂糖や, 花や, 莨を, 菓子などを, 香道で

1 [41件] このところ船宿料亭, で秀雄さん, スウプや, バタが, 五匁の, 五色の, 庭ご, 弁当の, 御飯や, 握り飯の, 木口の, 木口は, 杭州茶などの, 梅干を, 椿の, 海苔の, 漬物の, 灰を, 煙草などを, 煙草盆の, 珈琲や, 生花の, 生花や, 砂糖などを, 砂糖パン牛酪などを, 禅などに, 粉茶も, 紺であっ, 縫物や, 花の, 菓子などの, 菓子なども, 菓子や, 迎春に, 食物やを, 飯を, 香や, 香道などでは, 黄や, 黒又は, 鼠の

▼ 茶~ (47, 0.6%)

4 の中 2 の簷下, を出る

1 [39件] があつ, がある, が出来る, が初めて, が日本, だつた, である, で飲ん, という名称, に, には, に上った, に人だかり, に来, のよう, の二階, の出張店, の場, の窓際, の系統, の聯, の連, の開業, は二階建て, は客, は色街, へ上っ, へ持ち込んだ, へ行け, へ行っ, へ集り, や画舫, や酒屋, や飲食店, をさし, を会場, を通り抜けた, を飛び出した, 最も雑踏

▼ 茶~ (45, 0.6%)

15 台の 6 台を 4 臺を 3 台に 2 だいの, 台には, 臺に

1 [11件] きんか何かで, きんで, くさ, くさ入れだ, だいなる, だいを, 台などの, 台衝立の, 台鏡台長火鉢三味線掛などの, 臺には, 臺の

▼ 茶のみ~ (41, 0.6%)

5 話に, 話の 4 友達に 3 友達の, 話を 2 友達で

1 [19件] コップが, 友だちである, 友だちとも, 友達が, 友達と, 友達ッて, 時の, 茶わんとを, 茶わんを, 茶碗が, 茶碗に, 茶碗も, 茶碗を, 茶碗鮭カンの, 話が, 話てえ, 話でも, 話は, 道具まで

▼ 茶がま~ (36, 0.5%)

3 が化けた 2 になっ, を手, を買っ

1 [27件] からひょっこり, がいつの間にか, がひとりでにむくむく, が歩きます, が歩き出しました, が降っ, でしょう, ですよ, とお金, にはもう, に化け, に手足, に毛, に水, のくせ, のすすめる, のよう, の化け物, の方, は, はいっそ, はだしぬけ, をたたい, をまくら元, を見つけました, を買った, を飾った

▼ 茶っぽい~ (33, 0.5%)

2 緑の

1 [31件] だん, ものが, ドロッと, 光の, 唐服を, 小虫, 帯の, 服を, 柔かな, 棒が, 棒な, 棒を, 毛糸の, 眼で, 石で, 硝子の, 硝子屑の, 粉で, 粒々だった, 粗布の, 縦縞の, 縮の, 背広を, 色が, 色とを, 銘仙, 銘仙の, 雰囲気は, 靴の, 食堂の, 黄色に

▼ 茶呑茶碗~ (32, 0.4%)

2 が七個八個, のビイル, を一つ, を持つ

1 [24件] が一つ, が出, でがぶがぶ, でガブガブ, で酒, にだけ手, にでもついで, になみなみと, にウイスキイ, に一升瓶, に注い, に飲み残し, の中, の呑み, の盃, は悉く, へ二三杯, へ酒, まで押えられ, や土瓶急須, を両手, を前, を取り, を手

▼ 茶など~ (30, 0.4%)

2 飲んで

1 [28件] あがりゃんせ, いただいたこと, いれて, して, すすめたり, つかわそう, どうだって, やるの, 一碗献じよう, 与えければ, 与えよ, 入れ菓子, 出さなくても, 出されたこと, 出して, 出し世間, 勧めたが, 啜って, 戴こうと, 汲み直す, 沸かして, 注いでも, 点れて, 知らないこと, 稽古に, 運んで, 食って, 飲ませて

▼ 茶汲み~ (30, 0.4%)

4 女の, 女は 3 女に 2 女が, 女として, 娘

1 [13件] と新聞, には無い, 坊主が, 坊主は, 女, 女だ, 女では, 女を, 婆さんの, 婆まで, 茣蓙敷き, 部屋に, 部屋の

▼ 茶などを~ (27, 0.4%)

2 入れて, 出した, 注いで, 飲み始めた

1 [19件] いれて, くれたり, くれました, すすめ玄鶴, 勧めた, 啜りました, 媼から, 持つて, 振舞って, 接待し, 整え, 歓んで, 沸し, 淹れさせる, 買いまして, 運んで, 順々に, 飮ん, 飲ませたが

▼ 茶がかった~ (26, 0.4%)

1 [26件] ものは, 四畳半へ, 客間な, 室も, 家が, 小座敷で, 平床には, 庭でも, 庭を, 枝が, 格子柄で, 渋い風景, 灰色の, 眼が, 空気を, 絵具で, 緑色で, 腰掛と, 自分の, 袴を, 袷の, 赤い色, 造りで, 離れの, 風雅な, 鼠色の

▼ 茶見世~ (26, 0.4%)

3 を出し 2 に出, へ来

1 [19件] かな, から茶見世, が橋, ぐらいはあるだろう, でお茶, で使う, で憩, なぞは昔, に居た, の前, の女, の柳老, へ休む, へ参っ, へ立寄, へ行っ, へ這入る, を出したら, 本庇

▼ 茶汲女~ (25, 0.3%)

2 でしたが, でもある, とか精, の中, をし

1 [15件] があった, が何者, が綺麗, で年, という姿, としてその, に三十一文字, のお, のお松, のため, の彳, は美しく, や守りつ, をした, を張る

▼ 茶ちゃん~ (24, 0.3%)

1 [24件] が出, が後ろ, が抜い, が隅, である, という少女, にもお世話, に尾, のお, の姿, の持っ, の指, の頭, はぼんやり, は両方, は刀, は壺, は戻っ, は持っ, は見送っ, は親切, は駈けこん, も火みたい, を探し

▼ 茶~ (24, 0.3%)

2 もって

1 [22件] お気の毒, その黒, どうもあの, なしに, やっと人心地, ファイエルマンが, 一息に, 人間だ, 口を, 古風な, 咽喉を, 寿司を, 掻廻し, 時鳥という, 染めぬいて, 活惚ヨイトナヨイヨイ, 種々道具, 菖蒲を, 醒まして, 鍔に, 香を, 麦焦しを

▼ 茶~ (23, 0.3%)

1 [23件] からやっと, から本丸, か咄, があった, では宵すぎ, でわが, で居, とし, に召抱えた, に用意, のお, のかげ, の外, の書棚, の水屋, の水屋口, の物蔭, の疎林, の縁, は手ぜま, へ行きました, めいた小, らしくない殺伐

▼ 茶~ (21, 0.3%)

3 して 2 何か

1 [16件] されるナア腹, したやう, したよう, した事, した顔, しちゃ, してばかし, しながら, そうと, 分らないほど, 挿花の, 水色であった, 珈琲を, 花の, 赤であっ, 酒を

▼ 茶~ (21, 0.3%)

6 の上 3 を挟ん 2 の前 1 がある, が一つ, が十一, が終る, に注い, に添える, のクロース皮膚, は一つ一つ, を囲み, を持ちだし

▼ 茶づけ~ (17, 0.2%)

2 が食べ

1 [15件] が始まってた, とそば, とはどんな, にし, のしたく, の給仕, をかッ, をかッこみだし, をすする, をゆっくり, を二三杯, を食ッ, 皆うまく, 茶碗まで, 飯の

▼ 茶~ (17, 0.2%)

3 の真意 2 が今

1 [12件] が他, が示した, が見る, が見得ずし, の利休, の場合, の美, の衣鉢, はかく, は全く, は在銘, を目

▼ 茶には~ (16, 0.2%)

2 手を

1 [14件] どんなにわるい, また茶独特, まま水道, 一しおの, 何処か, 冬季の, 十徳が, 水が, 相違ない, 茶の, 蜂屋筒井金森河尻などが, 見向きも, 酒の, 香に

▼ 茶をの~ (16, 0.2%)

7 んだり 4 んで 2 みつ 1 むのがいちばんいい, んだ, んだら

▼ 茶趣味~ (16, 0.2%)

1 [16件] あるもの, からわざと, が高じ, で作られた, で工風, で態, に傷ついた, に盲目, に縛られる, の一分, の人, の如何, の現状, は多く, をもっ, を談ずる

▼ 茶金十郎~ (16, 0.2%)

1 [16件] が, がいきみ出し, が傍ら, が六法, が後ろ, が感心, が立小便, が紺緞子, が頭, じゃはじめて, でありました, とを入れろ, とを特派, なるもの, の同行, は大

▼ 茶~ (15, 0.2%)

4 魂の

1 [11件] か鼠, が一ぷくおあがり, が九州, そうである, とか割烹旅館, とか吉弥臙脂, と思っ, な, なの上, ね, 口に

▼ 茶にも~ (15, 0.2%)

2 手を

1 [13件] いろいろある, しみじみ我が, その時代, 季節は, 最上の, 法が, 煙草にも, 熱心な, 裏千家という, 謙虚だ, 通ぜし由, 障りますから, 飽き煙草

▼ 茶献上~ (15, 0.2%)

8 の帯 1 との腹合せ, の博多, の芯, ほどもない, をぐっと, をし, をしごい

▼ 茶~ (15, 0.2%)

2 の侍, の背広

1 [11件] に浴衣, の, のお召, の乗馬袴, の伏糸, の小倉, の布子, の着物, の綿入れ羽織, の背広服, の袴

▼ 茶座敷~ (14, 0.2%)

1 [14件] があった, でお待ち, などもあっ, にすわらせられる, には囲炉裏, にひっそり, に真夜中女, の中, の丸窓, の棟, はいわば, らしい, を営む, を見る

▼ 茶~ (14, 0.2%)

2 の中

1 [12件] でその間, で今, とか竹藪, と竹藪, にはいっ, に笠, の十坪余り, の横手, ばかりぐるぐる, もあれ, を前, を隔て

▼ 茶うけ~ (13, 0.2%)

1 [13件] があるだろう, に出, に塩漬鰊, に岡山, に手すき, のない, の草餅, の菓子, の菜漬, の豆せんべい, の香, もよかろ, も如何

▼ 茶摘み~ (13, 0.2%)

1 [13件] かな, だ烙炉, に精出し, に行く, のはじまる, の乙女, の始まる, の手助け, の様汽車, の盛季, をさせる, をし, をする

▼ 茶~ (13, 0.2%)

1 [13件] に仏具, に何ばい, に佛具, の並ん, の中, の前後, は少し, や茶盆, や行李, を削り直し, を投じた, を置き, を顎

▼ 茶~ (13, 0.2%)

1 [13件] であった, で上屋敷, で逢おう, で鏡花氏, に女掏摸, に招かれた, の二階, の用人, の門, へふたり, へ人相書, や寮構え, 第二回

▼ 茶という~ (12, 0.2%)

2 ような 1 のが, のは, ものと, ものは, ものを, 奴を, 指標的産業の, 物は, 言葉も, 香ばかり

▼ 茶ダンス~ (12, 0.2%)

3 の上 1 があり, のこっち, のわき, の中, の横, の裏, をでん, を置き, を考え

▼ 茶立虫~ (12, 0.2%)

3 の声 2 という文字, のあの 1 といふ虫, とも聞えれ, と書い, は静か, を書い

▼ 茶~ (11, 0.2%)

1 [11件] からの帰り, においては禄高, のあいだ, のもと, の一つ, の棚, はなかなか, へあの, へつかわされた, へつかわします, まで送りとどけ

▼ 茶呑み~ (11, 0.2%)

2 茶碗が, 話の 1 の陶器, を口, 台とを, 咄に, 噺にても, 茶碗雑巾の, 話に

▼ 茶~ (11, 0.2%)

4 へ往 2 であるから, でございます, の白娘子 1 の秀王墻対面

▼ 茶餉台~ (11, 0.2%)

2 の上 1 が一つ, とが片寄せられ, にノート, に向う, に持っ, の前, の徳利, をつく, を持っ

▼ 茶だの~ (10, 0.1%)

1 つて大そう, 活花だの, 無地の, 焼麺麭, 煙草盆だの, 生花だの, 砂糖だの, 花だ, 花だの, 菓物だ

▼ 茶テーブル~ (10, 0.1%)

3 の上 1 と二, に向いあった, のわき, の向う側, の周り, や腰, を出し

▼ 茶博士~ (10, 0.1%)

2 も居ない 1 から何とか, が一緒, たるもの, とかいった, として生き, と稱, に御座候, より一封

▼ 茶博多~ (10, 0.1%)

5 の帯 1 と鼠繻子, のはら, の伊達巻, の鯨仕立て, を下目

▼ 茶~ (10, 0.1%)

4 の指導 1 であつ, ではない, などの愛賞, に教われ, の灰色, 遠州

▼ 茶苦茶~ (10, 0.1%)

1 した浅黄服, して, だ, で人間, な原稿, になった, になつ, にまるめた, に丸める, に弾劾

▼ 茶ばなし~ (9, 0.1%)

1 がすんだ, するを, でもし, になつ, に出たら, に寄っ, に聞い, に語っ, の間

▼ 茶ワン~ (9, 0.1%)

1 が一回転, が舞い上っ, なぞがのせられ, についで, に水, の上下, は, は手, をだしました

▼ 茶一つ~ (9, 0.1%)

2 お上り 1 のめないの, の饗応, ゆっくりのん, 出せない, 出そう, 参らぬか, 恵み給うも

▼ 茶~ (9, 0.1%)

1 とし, にさっし, にしよう, には手, に出した, に柏餅, の代り, の里芋, 忙しい時

▼ 茶~ (9, 0.1%)

1 との和解, にあった, に求めた, に謝せしめよう, の祝儀包, はこう, は新橋界隈, は花山, を罵った

▼ 茶料理~ (9, 0.1%)

1 があった, で名高い, で有名, とても同じ, のよう, はそう, は珍味, までぶらぶら, も武蔵

▼ 茶~ (9, 0.1%)

1 で濟, とは行きません, に胡麻塩, に里芋, の通り, は善福寺, は良人, を炊い, を煮る

▼ 茶とか~ (8, 0.1%)

2 活花とか 1 割烹旅館とか, 汁物とか, 色とりどりの, 菓子とか, 黒とかは, 鼠の

▼ 茶ばかり~ (8, 0.1%)

1 かえって多く, さん, でも, 却つて多く, 呑んで, 飮んで, 飲むも, 飲んで

▼ 茶ブ台~ (8, 0.1%)

4 の上 2 に茶碗, を買っ

▼ 茶一杯~ (8, 0.1%)

2 に酒 1 くれないの, それでおしまい, でねばっ, で半日, 飲むに, 飲んで

▼ 茶売り~ (8, 0.1%)

5 の老人 1 も下っ, も見えぬ, 媼までが

▼ 茶~ (8, 0.1%)

1 して, で満腹, の供養, の席, の後, の道具, を呑み, を施す

▼ 茶無地~ (8, 0.1%)

2 の羽織 1 の木綿羽織, の渋い, の筒袖, の薄い, の表, の被布

▼ 茶~ (8, 0.1%)

2 の懐中 1 のサック, のサック様, のシート, の短い, の蓋, の靴

▼ 茶~ (7, 0.1%)

1 といたさん, と一杯, のにたんばさん, んざああとで, 原稿を, 紙でも, 黒木綿の

▼ 茶~ (7, 0.1%)

2 に精し 1 には餘程, に興じ, の聞人, を以て名, を評した

▼ 茶~ (7, 0.1%)

4 して 2 をし 1 までし

▼ 茶湯台~ (7, 0.1%)

1 がひとつ, に向かった, の上, の向う, も不愉快, も備, を運ん

▼ 茶~ (7, 0.1%)

2 まで凍り着く, を茶碗 1 に醤油, を棄て, 漉しの

▼ 茶飲茶碗~ (7, 0.1%)

1 でもいい, に用いられた, に酒, の類, ほどの, を両手, を口

▼ 茶です~ (6, 0.1%)

21 かな, がね, ね本物, よ

▼ 茶では~ (6, 0.1%)

1 あるがと, つまらん, ないの, ないよ, ないよう, ない番茶

▼ 茶なと~ (6, 0.1%)

1 もらおうか, 一つ, 一つ別室で, 一ぷくあげましょう, 一ぷくさしあげましょう, 煮て

▼ 茶に対する~ (6, 0.1%)

1 ときの, 執着は, 態度でありました, 熱狂は, 理想は, 風雅な

▼ 茶よりも~ (6, 0.1%)

1 それを, 小さいもの, 小なり, 浄瑠璃が, 甘しと, 酒が

▼ 茶好き~ (6, 0.1%)

1 でなくとも, なものの, なわたし, な叔父さん, になりやした, はよい

▼ 茶椀陣~ (6, 0.1%)

1 かそれ, この意味, その変格, とおっしゃる, と申し, の意味

▼ 茶~ (6, 0.1%)

2 その中 1 の外, の窪んだ, をペン皿, を使つて

▼ 茶~ (6, 0.1%)

1 で雪, な瞳孔, に後, に着色, に葉色, 淡黄

▼ 茶~ (6, 0.1%)

2 を喜んだ, を好まぬ 1 に招いた, に赴く

▼ 茶かす~ (5, 0.1%)

1 つもりであった, やうな, ような, をペッ, 如く笑い

▼ 茶くみ女~ (5, 0.1%)

1 だつたこと, としか踏めない, に見えます, のお, は少し

▼ 茶さじ~ (5, 0.1%)

2 に五杯 1 で三杯, で多分, を投げこみ

▼ 茶じゃ~ (5, 0.1%)

2 ないん 1 ない, ねえかい, 理に

▼ 茶~ (5, 0.1%)

1 ぽい和服, ぽい色, ぽい袷, ぽい首巻, 株のね

▼ 茶との~ (5, 0.1%)

1 供養費が, 斑犬が, 片身替わりの, 調和なら, 関係の

▼ 茶とは~ (5, 0.1%)

1 いうけれど, いうけれども, 山家で, 殊に水, 遠いもの

▼ 茶なぞを~ (5, 0.1%)

1 勧めながら, 勸めて, 持って, 置いたの, 運んで

▼ 茶~ (5, 0.1%)

1 向ひつ, 湯を, 相撲の, 転向したい, 転換する

▼ 茶まで~ (5, 0.1%)

1 いただいて, それぞれ日づけ, 出す, 断ちて, 歩いた

▼ 茶をのみ~ (5, 0.1%)

1 乍ら四方山の, 座へ, 炬燵に, 終ったとき, 終ったらもう

▼ 茶受け~ (5, 0.1%)

1 とし, に名物, の盆, は予, は塩

▼ 茶~ (5, 0.1%)

2 に載せ 1 で私その他, にも気が付きません, はどう

▼ 茶戸棚~ (5, 0.1%)

2 の前, の方 1 の側

▼ 茶~ (5, 0.1%)

2 をし 1 といへ, に行っ, の頃

▼ 茶~ (5, 0.1%)

1 とか桃山文化, に來, の如き, の會記, を催したる

▼ 茶~ (5, 0.1%)

3 の大小 1 に蝋鞘, の刀

▼ 茶~ (5, 0.1%)

1 のケース入り, のサック, のハンドバッグ, のポートフォリオ, の財布

▼ 茶~ (5, 0.1%)

2 つぽ 1 っぽこ, になっ, 化すやう

▼ 茶かし顔~ (4, 0.1%)

2 にて 1 なる可, に復

▼ 茶から~ (4, 0.1%)

1 わたしは, 砂糖から, 追放すべきである, 食事まで

▼ 茶とも~ (4, 0.1%)

1 いって, いふべき, 一味である, 黒とも

▼ 茶とを~ (4, 0.1%)

1 それに, 侑めた, 楽しみながら, 運ばせると

▼ 茶なんか~ (4, 0.1%)

2 奈何でも 1 何杯呑まされた, 決して飲む

▼ 茶をも~ (4, 0.1%)

2 一つ 1 花房は, 飲ませる家

▼ 茶リネ~ (4, 0.1%)

1 の向う, の西洋曲馬, の西洋曲馬団, もかなわねえ

▼ 茶~ (4, 0.1%)

1 取リ寄セテ鱧, 持ッテ来サセコンナ時ノ, 飲ミニハイロウトスルト, 飲ンデイル颯子ヲ

▼ 茶呑茶椀~ (4, 0.1%)

1 から達雄, へ注ごう, を上げました, を取上げ

▼ 茶~ (4, 0.1%)

1 とお, と取引きが, なり, に転じた

▼ 茶~ (4, 0.1%)

1 ならざるは, に兎, の間, を貫き

▼ 茶~ (4, 0.1%)

1 に白, に黒線, の東綴, の麻

▼ 茶~ (4, 0.1%)

1 のさま, の唄, の言, の赤銅色

▼ 茶砂糖~ (4, 0.1%)

1 から聖像, なしで飲む, をもっ, を買い

▼ 茶~ (4, 0.1%)

2 をし 1 である, に残った

▼ 茶~ (4, 0.1%)

1 が付い, の上, の類, を取除ける

▼ 茶~ (4, 0.1%)

1 のもんぺ, の羽織, の親仁, を着た

▼ 茶縮緬~ (4, 0.1%)

1 だったという, なの, の十徳, の著

▼ 茶羅紗~ (4, 0.1%)

1 のスカアト, のチョッキ, の肩, を黄

▼ 茶~ (4, 0.1%)

1 で本所枕橋, に搭, の船頭, を下す

▼ 茶表紙~ (4, 0.1%)

1 に直に, の上, の古びた, の小

▼ 茶~ (4, 0.1%)

1 から廊下づたひに急ぎ足, にでる, の空気, の耳

▼ 茶かし氣味~ (3, 0.0%)

2 です 1 な平次

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 へもやうやう, へ凍つ, へ緩

▼ 茶~ (3, 0.0%)

2 まの 1 まを

▼ 茶たて虫~ (3, 0.0%)

1 といふ, とは茶, のよう

▼ 茶ちゃんと~ (3, 0.0%)

1 別れを, 遊んだこと, 馬糧小屋の

▼ 茶っぽく~ (3, 0.0%)

1 ちぢんで, て柔かい, 茂り白い

▼ 茶とが~ (3, 0.0%)

1 こう言っ, 出た, 置いて

▼ 茶と共に~ (3, 0.0%)

1 これを, 疳癪の, 胃の腑へ

▼ 茶なども~ (3, 0.0%)

1 お国柄, よく運ん, 拵えて

▼ 茶なら~ (3, 0.0%)

1 たくさんです, 一生飲まなく, 澤山です

▼ 茶のて~ (3, 0.0%)

2 まへを 1 まえが

▼ 茶のみばなし~ (3, 0.0%)

1 ではない, にする, をし

▼ 茶ほど~ (3, 0.0%)

1 よいもの, 心を, 隱されない

▼ 茶をば~ (3, 0.0%)

2 温むるところ 1 遽に

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 袋, 袋という, 袋は

▼ 茶ツ葉~ (3, 0.0%)

21 の上

▼ 茶代り~ (3, 0.0%)

2 に出す 1 の雪

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 には何, の数, を持っ

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 しようと, た崖, た石

▼ 茶卓子~ (3, 0.0%)

1 で切り, の上, を囲ん

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 としてそれ, として会, を迎え

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 がそこ, に浸ろう, を味

▼ 茶布巾~ (3, 0.0%)

1 がきちんと, と茶碗, を猫板

▼ 茶微塵~ (3, 0.0%)

1 の御召縮緬, の糸織, の衣裳

▼ 茶摘歌~ (3, 0.0%)

2 を聞い 1 と揚雲雀

▼ 茶摘男~ (3, 0.0%)

1 がめいめい, とか黄袍, と茶博士

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 の大, の所, の犬

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 だの四馬路, と言う, などへ行っ

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 が外国, に聚繖花序, の花序

▼ 茶~ (3, 0.0%)

3

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 あがりの, の娘もろ, の足

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 の墓, は明治十七年, までは三代

▼ 茶煙草~ (3, 0.0%)

1 などのもてなし, をすすめる, を飲み

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 という旅館間近, に居, のお

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 であり唐金眼, であるとか, で公爵

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 お花, の教養, の相識

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 が世, の残り, は三巻十章

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 で慥ら, に包まれた, のシャツ

▼ 茶~ (3, 0.0%)

1 などあしらった, に金色, の鎧

▼ 茶薄茶~ (3, 0.0%)

1 などを籠中所狹, の御, は御

▼ 茶~ (3, 0.0%)

2 ひに 1

▼ 茶買い~ (3, 0.0%)

2 にゆく 1 に油屋

▼ 茶音頭~ (3, 0.0%)

1 でもなん, とりて, の手事

▼ 茶~ (3, 0.0%)

2 み友達 1 み茶碗

▼ 茶飮話~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をする

▼ 茶いろだった~ (2, 0.0%)

2 かも知れません

▼ 茶いろな~ (2, 0.0%)

2 もんだ

▼ 茶かし加減~ (2, 0.0%)

1 でした, にかう

▼ 茶がかり~ (2, 0.0%)

1 のやや, 残った緑葉

▼ 茶がけ~ (2, 0.0%)

1 のかかっ, の一行もの

▼ 茶けて~ (2, 0.0%)

2 いた

▼ 茶これ~ (2, 0.0%)

1 は香ばしい, を七事

▼ 茶ざしき~ (2, 0.0%)

1 の西, の西の

▼ 茶たぶ~ (2, 0.0%)

2 夜なり

▼ 茶だけ~ (2, 0.0%)

1 でその間, でなく四川茶

▼ 茶だけは~ (2, 0.0%)

1 このとおり, 見のがして

▼ 茶って~ (2, 0.0%)

1 あの流儀, んだ

▼ 茶つぼ~ (2, 0.0%)

1 が街道, を大きく

▼ 茶でもの~ (2, 0.0%)

2 んで

▼ 茶として~ (2, 0.0%)

1 その地歩, 取扱ふらしいです

▼ 茶とともに~ (2, 0.0%)

2 飽喫しよう

▼ 茶とんび~ (2, 0.0%)

1 といっ, も

▼ 茶などが~ (2, 0.0%)

1 実によく浮立ち, 流行りまして

▼ 茶などは~ (2, 0.0%)

1 知らぬが, 要らぬ止しに

▼ 茶なり~ (2, 0.0%)

1 持って, 黒なり

▼ 茶なる~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものは

▼ 茶なんぞ~ (2, 0.0%)

1 飲むよりもおぬいさんと一分でも, 飲めませんよ

▼ 茶にたいして~ (2, 0.0%)

1 どこかに, 嚴父の

▼ 茶について~ (2, 0.0%)

1 知つたふうな, 語るほど

▼ 茶にな~ (2, 0.0%)

1 つた紙の, つて義雄が

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 おり流行, 飲みない

▼ 茶または~ (2, 0.0%)

1 コーヒーを, セピア色の

▼ 茶みせ~ (2, 0.0%)

1 からじっと, に憩

▼ 茶もの~ (2, 0.0%)

1 だった, まず引っ返し

▼ 茶~ (2, 0.0%)

2 菓子よと

▼ 茶より~ (2, 0.0%)

1 ほか何を, 御白湯

▼ 茶よりは~ (2, 0.0%)

1 梅湯の, 酒に

▼ 茶をのみに~ (2, 0.0%)

1 いちど呼ばれた, 来ました

▼ 茶をのみのみ~ (2, 0.0%)

1 スポーツの, 世間話を

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 汲んで, 遣れさ

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 ぽいの, ぽい瞳

▼ 茶テエブル~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 茶~ (2, 0.0%)

2 と口

▼ 茶一ぱい~ (2, 0.0%)

1 飲むと, 飲んで

▼ 茶三カペイキ~ (2, 0.0%)

2 の砂糖

▼ 茶三昧~ (2, 0.0%)

1 とはこれ, よし思わず

▼ 茶三杯~ (2, 0.0%)

1 ずつ貰う, ですます

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 の御, の手

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 は沸かす, 入れられるやう

▼ 茶~ (2, 0.0%)

2 は無用

▼ 茶利休~ (2, 0.0%)

2 ならね

▼ 茶匠たち~ (2, 0.0%)

1 と会した, と別れ

▼ 茶博士たち~ (2, 0.0%)

1 が入れ, が始末

▼ 茶友達~ (2, 0.0%)

1 の評, への

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 臺が, 臺の

▼ 茶呑道具~ (2, 0.0%)

2 まで揃える

▼ 茶商売~ (2, 0.0%)

1 では茶, をやめる

▼ 茶堂橋~ (2, 0.0%)

1 まで来た, を渡る

▼ 茶女郎~ (2, 0.0%)

1 の一人, の水浪

▼ 茶女郎水浪~ (2, 0.0%)

1 でした, のいる

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 な人達, の仲間

▼ 茶寄合~ (2, 0.0%)

1 つまり闘茶, の俗風

▼ 茶居士~ (2, 0.0%)

1 など, などというの

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 のもの, の礼儀

▼ 茶弟子~ (2, 0.0%)

1 のお, を手伝い

▼ 茶~ (2, 0.0%)

2 織が

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 になる, も目

▼ 茶柳条~ (2, 0.0%)

1 のフラネル, の仙台平

▼ 茶栽付所~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 とすれ, もしくは茶梅花

▼ 茶椀むし位~ (2, 0.0%)

2 はなる

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 でコトコト, へお

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 に中心, の極意

▼ 茶湯臺~ (2, 0.0%)

1 に向, も備

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 というもの紋切り型一通り, の姿

▼ 茶磨山~ (2, 0.0%)

1 の小高い, 全山

▼ 茶禅一味~ (2, 0.0%)

1 などということ, など説かれる

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 はもし, を勝手

▼ 茶羽織~ (2, 0.0%)

1 には堺, も見なく

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 でもらふ, で買

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 に乗, は浩

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 の御, の袴

▼ 茶袱臺~ (2, 0.0%)

1 の下, の横

▼ 茶~ (2, 0.0%)

1 と三つ, 薄紺

▼ 茶飲友達~ (2, 0.0%)

1 でも作る, の噂

▼ 茶飲話~ (2, 0.0%)

1 がきつ, をし

▼ 茶黄色い~ (2, 0.0%)

1 くり物で, 荒壁の

▼ 茶黒い~ (2, 0.0%)

1 光沢を, 短羽織

▼1* [480件]

沸かして, 茶あがれと言わせ, 茶あべこべにくっつき合っ, 茶あらゆる奉納品が, 茶および一杯の, 茶かき回す粉茶淹す, 茶かさずにさ, 茶かさないで下さい, 茶かし乍らも平次, 茶かし気分を封じられ, 茶かし気味です, 茶かすようで気に入らなけれ, 茶がけ風に描いた, 茶がちな顔, 茶がへえった飲みない, 茶がわりに飲む, 茶きこしめせ梅干も, 茶くちゃにたたいたり走らし, 茶ぐらい出したに, 茶ぐらいは飲めた, 茶たのに, 茶けた太い髭, 茶けたのを受取つて, 茶けたコートを着, 茶けた光の中, 茶けた奴ばかりだ, 茶けた建物の窓, 茶けた木綿の上着, 茶けた櫟林や坊主, 茶けた色になつて, 茶けた草やマンザニタ, 茶けた襖の前, 茶けた鈴蘭は劣る, 茶けんどん等と, 茶こぼしではない, 茶ごとをやり, 茶さえゆるりとは, 茶さわがしい茶しづかな, 茶てしまつ, 茶した浅黄服を, 茶しづかな茶, 茶じみたのも, 茶そして水は, 茶そのほか沢山な, 茶そのものから出る, 茶そめぬきのこと, 茶それを漱がぬ, 茶たくやこま, 茶だけぐらいは出すが, 茶だけでゆうに六千万ポンド, 茶だち酒だちし, 茶だってあっても, 茶だら一杯入れや, 茶だらけの婆さん, 茶ちゃん勘弁して, 茶ちゃん風呂場はどこ, 茶や, 茶っぽかった, 茶っぽく青い樫の, 茶つて云ふの, 茶つみの謌, 茶つみ唄年に一度, 茶であったらそれは, 茶であるのも, 茶でござるか, 茶でした事, 茶ですますそれも, 茶ですますすます外ない, 茶でなくもし泥青色, 茶でなくってバタ, 茶といふ種類の, 茶とて味ひ, 茶とやらの道は, 茶どきと見え, 茶なく湯も, 茶なぞ立てさせた上, 茶なぞのもてなしも, 茶なぞは飲まないが, 茶などと同じで, 茶などの舶載物も, 茶なめ六三ぴんよた, 茶なればとて同列, 茶なんぞに酔うもの, 茶にけまん, 茶についての最も古い, 茶に対して支那が, 茶に関する書物の, 茶のべんけいの, 茶のみとそこに, 茶のやかばねの, 茶はいりませんよお, 茶への転換は, 茶だらな, 茶まいれさらばじゃ, 茶まだらの, 茶みどりの吹キ芽, 茶め茶にし, 茶ものでわが得た, 茶ものみ暖も, 茶やで食事十時頃かえる, 茶やの女の, 茶やら何やら買, 茶よりや蕎麥掻でも, 茶も思わず, 茶らしい主観が, 茶わかしが濛々, 茶をとそこの, 茶をのみにはいったり, 茶ア一杯呑みなさんしよ, 茶ア公とフザケ, 茶ウケに出され, 茶カスになる, 茶カン二本のアルミニューム, 茶ケーキがあります, 茶スープキセリマンナヤ・カーシャやき林檎, 茶センマゲと云っ, 茶タバコ盆とともに案内, 茶ダンスデスクとぎっしり, 茶ダンス木の枝, 茶ツミがどう, 茶ヅックの深, 茶トハム胡瓜をたべ, 茶ト菓子ヲ盆ニ, 茶ノミ友だち的な対座, 茶ボール紙を使用, 茶メシを二ハイ, 茶一つ口にしない, 茶一ぱい飮んで直ぐ, 茶一塊それから麦焦し, 茶一杯それだけで絶食, 茶一杯掩れるでも, 茶一杯水一碗でも施す, 茶一杯注文して, 茶一杯淹れるでも, 茶一枝を挿し, 茶一盞を召進, 茶一碗直ぐ見物, 茶一碗霊水のごとく, 茶の一室, 茶上る時懺悔しました, 茶上尾博労新田の酒屋, 茶湯ばかりに, 茶九杯を喫し, 茶乳白無色の硝子鉢, 茶乾魚といったよう, 茶二つ旅籠屋では膳, 茶二三杯身心清掃工作としてわるく, 茶二十四袋が例, 茶二斤を固めた, 茶二汁五菜の御膳, 茶仏像仏画の類, 茶以下の大, 茶作りの槌, 茶儒学兵治武士訓などの日常, 茶儒學兵治武士訓などの日常, 茶先生のおっしゃる, 茶其外青物一切全滅した処, 茶具香炉書架の書巻, 茶別儀もなく, 茶十九杯をあおっ, 茶十袋という定め, 茶午後に昼寝, 茶コーヒー党で, 茶卓台をすえ, 茶卓台軸花いけなど, 茶卓型といっ, 茶卓掛けなぞをその, 茶挙觴勿謂五千里程遠, 茶及船舶製造に従事, 茶受話に聞いた, 茶合羽と菅笠, 茶をかいた, 茶名産地宇治から教師, 茶向台で御飯, 茶を四個, 茶呑友達を得た, 茶呑咄しに, 茶呑臺の前, 茶呑話に八五郎, 茶呑談を人, 茶のついで, 茶商人などはそんな, 茶商須藤辨吉の妻, 茶坊巷の秀王墻対面, 茶堂衆に至る, 茶堂身分の高下, 茶堅縞の単物, 茶塗りの手習い机, 茶塩気といっ, 茶の着付, 茶壺これこそは真, 茶壺ひとつをああ, 茶壺一つだけ駕籠, 茶壺公儀の御鷹方, 茶壺同様にとの特別扱い, 茶壺天目形の碗, 茶壺旅行の出来る, 茶壺旅行鞄銀貨の山, 茶壺朝鮮渡来の耳, 茶壺耳こけ猿, 茶壺行列へ斬りこん, 茶壺道中をねらい, 茶壺駕籠を荒し, 茶の人, 茶外套の頃, 茶多く茂れるが, 茶多しとあれ, 茶大きい小車輪, 茶大根おろしかき下ろしよ, 茶だとも, 茶姥ヶ餅が気, 茶といっ, 茶婆さんに頭, 茶を署, 茶安直の一行, 茶の流れ, 茶宗匠もこの, 茶の資格, 茶ともいえよう, 茶家文雅の輩, 茶専用の小さな, 茶小さな火の, 茶小倉の帯, 茶シ持出シテ来マシタオアガリナサイ, 茶尤もなこっちゃぞい, 茶山の手柬とに徴, 茶山手柬の中, 茶を有し, 茶帆船構造の発達, 茶帛紗に名器, 茶帷子の背, 茶平和な家庭, 茶座敷風にした, 茶弁当を入れた, 茶弁慶の上田, 茶弊茶害ともいえよう, 茶式料理屋で一中節, 茶弟子於福とはおのずから, 茶に深, 茶御存じでしょう, 茶を誉むる所, 茶を知, 茶懐石でも料亭, 茶の徒, 茶抜からず頼んまがな, 茶揉み唄に, 茶摘みアしまへば, 茶摘み乙女は, 茶摘み女も, 茶摘み水汲み徳, 茶摘み風景をゑがいた團扇, 茶摘もはじまつた, 茶摘女や能人形, 茶摘桑摘む絵, 茶摘男たちは一休み, 茶数杯やむをえない絶食, 茶数椀におよぶ, 茶を下し, 茶料理懐石などを看板, 茶料紙穀類など持ちきれない, 茶断塩断までし, 茶断塩断神かけて, 茶日常生活は日常生活, 茶日本舞踊を習っ, 茶には十分, 茶は砂糖茶, 茶藍色せいぜい, 茶にも彼, 茶會議所では大, 茶木綿の古, 茶来レバ之ヲ飲ミ, 茶松花の菜, 茶など拝見, 茶に容れ, 茶のごとし, 茶を運ん, 茶枳尼天の広前, 茶染料薬種そのほか種々, 茶染藍染講中手拭の軒, 茶で啼く, 茶梅花と書け, 茶棒縞の仙台平, 茶椀その他の検査, 茶椀小皿などが三ツ四ツ, 茶椀水差等をばいかにも, 茶椀湯のみお勝手用皿の大小, 茶椀皿小鉢油燈等を置き, 茶椀箸そして米, 茶椀芸についてでございます, 茶椀蒸を拵えます, 茶椀酒をく, 茶椎茸それから生糸等, 茶椿銀杏沈丁花なぞの日本産植物, 茶業組合の統計, 茶樹上単梗花, 茶を五つ六つ, 茶され日本, 茶のジャケツ, 茶毛ジャケツの上, 茶毛糸の肩かけ, 茶で界隈, 茶の女学校, 茶汲女四人とお, 茶沸かしだの兵隊, 茶油紙の費二両, 茶活花まで器用, 茶海苔などというもの, 茶海苔等なり, 茶茶白という, 茶淫煙癖どうもこれ, 茶す葉茶, 茶湯懐石の次第に, 茶湯活花又は連歌, 茶湯者でございます, 茶けは有名, 茶の出た, 茶に茶, 茶軽く, 茶烟草手水などの用, 茶烟輕く, 茶無く一茶以後に, 茶無地木綿の羽織, 茶然し冷肉だけ, 茶煉瓦の立体, 茶や煙草, 茶煙一室を罩め, 茶煙禅榻の七絶, 茶煙草盆を出し, 茶座とも, 茶独特のうま, 茶献上博多の帯, 茶珈琲砂糖が一ポンド四ドル, 茶珍ちやあ, 茶生け花とめいめいくろうと, 茶産地の名, 茶畠反別は, 茶畠野菜畠などが続い, 茶を然, 茶というよう, 茶白黒黄紫灰色なぞの屋根, 茶か, 茶と茶罌, 茶盒千五百両南蛮縄簾の水指三百両, 茶を拭, 茶盞茶罌ぐらゐの数に過ぎなかつた, 茶知っている, 茶石鹸石油などと一緒, 茶砂糖塩等々のごとき, 茶砂糖等は社会, 茶砂糖衣服等の何ら, 茶砂糖野菜その他を売る, 茶磨山附近まで移動, 茶には大勢, 茶祖珠光の名, 茶禅画といったよう, 茶の見方, 茶立て虫式の一種, 茶立口上壇ふちつきの床, 茶立蟲のよう, 茶にいやらしい, 茶童たちが双六, 茶童ぶりを見, 茶等々払へるだけ, 茶の派手, 茶箪子に似た, 茶箱簡単に掛った, 茶箱簡單に掛つた繩, 茶粥二椀牛乳一合その用, 茶粥大根がうまく, 茶を使っ, 茶で七宝繋ぎ, 茶糸巻で刃, 茶系統処をひょいと, 茶紋付に紺無地甲斐絹, 茶経ひとつ読んだこと, 茶結城の重ね, 茶の白上布, 茶給仕のよう, 茶絵雙紙の心持, 茶絶塩絶きっとし, 茶緞子丸帯の掛地, 茶の畳, 茶縞のだん, 茶縞丹前の人, 茶縞木綿の筒袖袢纏, 茶縞銘撰の羽織, 茶繪葉書ありの, 茶阿婆, 茶缶婆で胸, 茶を膝元, 茶罌ぐらゐの数に過ぎなかつた, 茶とを失っ, 茶羅ッ鉾を云う, 茶羅紗霜降の大, 茶羅鉾を云っ, 茶の練, 茶羽二重大きく白き菊, 茶羽織トイウ丈ノ短, 茶とか良寛, 茶老人私から皮肉られ, 茶などとはいえぬ, 茶を開い, 茶肆酒肉店軒をならべ, 茶能書画等の風流, 茶や皿, 茶膳房雪ちらつけば, 茶色っぽくなるの, 茶色めく影睡る, 茶花何でも嗜み, 茶花卉絵画等を主題, 茶というの, 茶茶器縮緬など, 茶茶碗も素晴らしい, 茶莨盆を船, 茶菓子火鉢硯料紙とそれ, 茶萬筋の袷, 茶の茎, 茶袱紗を入れた, 茶の運動会, 茶の黒小袖, 茶褐帯と云, 茶褐緑青黄土などが微妙, 茶褐部落や, 茶のついた, 茶見せに休ん, 茶見たいな, 茶見世一軒あり, 茶見世紫火消錦絵と申し, 茶の後, 茶談会または訪問, 茶談軍談取交ぜて, 茶は塩煎餅, 茶といふ本, 茶論等と例, 茶貿易にふたたび, 茶賣りになつ, 茶をもっ, 茶遊び攻撃などし, 茶運動のある, 茶避茶懶の, 茶郎念仏僧などに身, 茶とかは, 茶酌み女も, 茶酌女等は公然, 茶など多く, 茶酒一味論が交わされ, 茶酒抔多く飲, 茶酒米飯肉等いろいろの饗応, 茶金十郎のろま清次新撰組の人々, 茶金曜は光, 茶が記され, 茶はおれ, 茶鋪蝦蟇口製造業ボール筥製造業という家並, 茶の徒弟, 茶などというもの, 茶雑貨などを商う, 茶の荷物, 茶頭巾を載せ, 茶頭殿主蔵主監寺などの上職, 茶および胡椒合計, 茶細い夕月, 茶食事新聞これはみんな不精, 茶まねいかよ, 茶飲みとうもない, 茶飲友だちであつ, 茶餉台がわりに階下, 茶餉台代りにし, 茶餉臺代りにし, 茶館惟精顕真楼と言う, 茶香古器を玩ぶ, 茶香花それに燭台, 茶香道書画ぐらいな, 茶香酒美貯書堆, 茶鰤茶とはいう, 茶燻し銀, 茶黄色のフワフワ, 茶黒く汚れた白博多, 茶黒豆の菓子, 茶黒金銀藍鶯その他いろ, 茶黒鼠斑等の種々雑多