青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見出し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

見られる~ ~見る 見る~ ~見れ 見れ~ ~見ろ ~見上げ 見上げ~ ~見事 見事~
見出し~
~見出した ~見出す 見出す~ ~見当 見当~ 見方~ ~見物 見物~ 見舞~ 見解~

「見出し~」 1079, 12ppm, 9365位

▼ 見出し~ (597, 55.3%)

41 いた 15 いる, いるの 12 ゐる 10 いたの, ゐた 8 彼は 7 いること, それを 5 ゐるの, 非常に 4 ゆかなければ 3 いなかった, いるよう, そこに, ゐたの, 自然と, 行こうと

2 [24件] いった, これを, その上, その成長, それに, それによって, やろうと, ゆこうと, ゐない, ペラ, 之を, 初めて, 吃驚した, 呆然と, 喜んで, 在るの, 娘の, 居る, 平次は, 来たの, 来たもの, 来て, 私は, 進んで

1 [392件] あくまでその, いたかの, いたこと, いたせい, いたでは, いたと, いたもの, いたらしかったが, いたろうに, いたん, いた僕, いた喜び, いた女, いた若者達, いった事実, いつたいこれ, いつも頭, いて, いない, いないけれども, いないこと, いないと, いないという, います, いません, いよいよ自ら, いらいらし出した, いるか, いるから, いるけれども, いると, いるという, いるとも, いるに, いるのんき, いるもの, いるよう彼, いるより, いるらしいの, いるらしい様子, いる諸, いる間, いる風, うれしかった, おいた例, おきながら, お屋敷, お怨み, お梅, かすかに, きた, きて, きました, ぎょっとした, くること, くるだろうか, くれた配偶者, くれて, くれと, くれる, くれるの, くれる人, くれる適当, こいそれ, こいつは, こいつ怪しい, このまま後, この一篇, この山, これというも, ござるが, しきりに富子, しばし見, しばらくぶり, しまうもの, しまった, しまふ, じっとしゃがむ, すかさず弥次, すべての, ずるずると, せめても, そういう由来, そう思っ, そこから, そこで, そしてそれ, そして死な, そして自分, そのほ, そのまま躙り寄る, その人, その各々, その方, その次に, その者, その背, その舟, その補い, その話, それから聖像凝視, それが, それぞれの, それで, それと, それにすっかり, たいへんうれし, たいへん驚いた, だまって, ちらと, とりすがったの, どうかする, どうにかこうにか, どんなおどろき, どんなに驚異, なんとも言えない, ねたましがっ, はげしい自責, はござりますので, はじめて吾, はっと心, はっと竦んだらしかった, びっくりした, びつくりした, ふと足, べつな, ほっとし, ほっと安心, ほぼ生きる, まづ一週間, ものめずらしげに, もはや事物, もはや白日, やった, ややざわめき, やらなければ, やるといふ, やれるよう, ゆきそれ, ゆきたい, ゆく, ゆくごと, ゆくその, ゆくべきです, ゆくよう, ゆく力, ゆく可能, ゆく態度, ゆく手がかり, ゆく直覚, ゆけるなら生きるという, よいかと, ようやくそれ, ようやく正気, よほど見直し, よりそこ, わたしは, われにも, ゐたから, ゐなかつた, ゐるが, ゐるこう, ゐること, ゐるのみ, ゐる人々, ゐる人生, ゐる姿, ゐる花, ゐる間, ズカズカは, ヂオメーデースに, 一体それ, 一寸の, 一度消化, 一日中大抵, 一生を, 下さること, 下すったら, 不審がり, 不思, 不思議な, 与八に, 中学時代の, 中江は, 云うこと, 些かの, 人を, 人知ず取, 人類の, 人類史の, 今更の, 何の, 何時かは, 作家の, 先輩の, 全く意外, 其到着を, 其場を, 其形が, 其歌に, 内地へ, 再び以前, 処刑し, 初めて安心, 力を, 勃然と, 半ページ一ページ, 半分だけ, 単なる親愛以上, 博士は, 友達として, 取り上げる, 取押えて, 史家の, 司法部内の, 吃驚する, 吉岡の, 呆然として, 呉れた, 呉れようと, 呉れる, 呉れるまえの, 呼びかけた, 咄嗟に, 喜んだ, 喫驚した, 圍爐裏に, 埋地, 塊は, 声を, 変な, 夜の, 夢の, 大そう感謝, 太い短かい, 失望した, 失笑する, 嫌や, 安, 安住し, 安堵する, 安定しなけれ, 家へ, 対い合った, 小声で, 少からず驚かされた, 少しありがたかっ, 少し意外, 就くが, 居たので, 居るの, 居るよう, 居る程, 屋根の, 希望を, 帝の, 弦之, 役立てねば, 後は, 御当家安堵, 心を, 思いに, 思う存分羽根, 思はず叫んだ声, 思はず驚き, 思わずクラクラと, 思わず抱き合って, 怠屈まぎれにそのどっちかを, 急いで, 急げ, 急に, 惜い, 愉快を, 愕然と, 感激し, 愧ぢた, 憫笑した, 懐旧の, 或時君, 戯れ遊ぶ俳句, 拾い上げること, 捕まえて, 敬慕の, 数ヵ月を, 敵を, 時々苦しかっ, 更にそれ, 本能的な, 束の間の, 来た, 来たこと, 来たに, 来たのに, 来たよう, 来た欲しかっ, 来や, 来ること, 来るとき, 来るとともに, 来る筈, 東京へ, 極り悪, 此は, 此を, 此家にこそ, 武者震いを, 武蔵は, 死だ, 気を, 気味わる, 泣きたいよう, 流れ出たやう, 流れ出たよう, 滿足し, 狂喜した, 狐に, 独りで, 玉の輿を, 甚蔵を, 生きて, 生きようと, 生活を, 疲れた身體, 発展しよう, 看護婦に, 瞳を, 短い紐, 私に, 科学の, 称美した, 穴居動物と, 笑った, 結婚したい, 絶景なりと, 縄抜けを, 縮みあがつた, 胸が, 自ら驚いた, 自分が, 自分は, 興がるの, 苦しむ, 苦心の, 蓋し愛読, 蛇の, 行かうと, 行きたい, 行きたいと, 行きました, 行きます, 行き度, 行く, 行くかという, 行くと, 行くの, 行く事, 行けなかったの, 行こうとして, 行って, 行つたで, 見たかったの, 見度, 規矩男も, 訴へ, 詩的な, 話しかけた, 謙虚に, 貰った程, 賞玩する, 足は, 辛くも木賊山, 近ごろ密かに, 近處, 迸しり出ずるそれ, 迸しり出づるそれは聲, 送って, 這入らうと, 進むよう, 遂に兜, 酷く好い心持, 野々宮は, 陣中に, 顔を, 飛びついたり, 香川を, 駈け寄って, 驚いた, 驚いたの, 驚きの, 驚きました, 驚嘆した, 鬱懐の

▼ 見出し~ (56, 5.2%)

3 でかでかと 2 上高地に, 次の

1 [49件] いろんな人, その, たとえばルポルタージュ写真, また書きたてました, スキャンダルが, プロレタリア科学研究所の, 一面に, 二段抜きの, 伊勢崎の, 伝えた, 出て, 十行許り, 又ある, 取扱われたもの, 各新聞, 名前だけは, 和田長官の, 多忙しく書かれた, 店舗の, 恐らくは写真, 数欄が, 新聞は, 明智の, 明智探偵の, 昨夜の, 昨日の, 暴動記事を, 書いて, 書きたてましたので, 書きたてられたが, 根も, 満洲国皇室, 理解する, 盛んに, 相も, 相当大きく, 矢張りきのうの, 翻訳され, 自動車王フォードの, 船の, 藤田老人の, 表紙も, 記事を, 説明が, 豊隆の, 載って, 農村文化の, 遺伝についての, 麗々しく書き立てた

▼ 見出し~ (37, 3.4%)

4 下に 3 新聞記事を

1 [30件] あるの, ついたところ, ついた東京, ついた記事, ついて, つけ方等時に, ところ, ところには, もとに, 一つに, 上に, 上を, 中から, 中に, 円が, 写真入り記事が, 初号活字に, 大きな活字, 寫眞入りの, 文句は, 文句を, 新聞記事が, 特別読物が, 處, 記事さえ, 記事で, 記事であった, 許に, 話しかた, 頁を

▼ 見出し~ (30, 2.8%)

5 ついて 2 あった, 出て

1 [21件] あり碓氷峠, うちたてられて, つくよう, つけられて, はさんで, ふと彼女, ふと目, みつからないの, センセーショナルに, 信じがたい, 印刷され, 掲げられて, 敦厚な, 斜めに, 映った, 毎日の, 眼に, 瞳に, 社会面の, 続いて, 読めるほど

▼ 見出し~ (28, 2.6%)

2 なって, 預かったこと

1 [24件] あずかって, あずかりましたけれども, あずかりますれば, あずかり奉り, あずかり歌子, この句, した節, なった, なりました, なりましたか, なりました御, なりました時, なるかと, なるでしょう, 使われて, 写真つきで, 困難である, 大学の, 現金と, 預かりますれば, 預かろうという, 預ったの, 預り今, 預る様

▼ 見出し難い~ (23, 2.1%)

2 のである, のを

1 [19件] ここちに, ことで, ことなども, だけのこと, であろう, と云う, と思, にも拘らず, ので何れ, のと, のは, ものです, ものと, ものに, 事で, 或る, 普請の, 特徴が, 記録でしょう

▼ 見出しては~ (20, 1.9%)

1 [20件] いいネエ, いたが, いないでないか, いないよう, いなかったから, くみ取るの, さすがに, ほっとし, わが身に, 互に呆れ, 例の, 入監者, 各地に, 喜んで, 執念く, 憂鬱な, 描き続けた絵, 木の, 読み返して, 非難します

▼ 見出し~ (16, 1.5%)

2 つけて, 置いた評論文

1 [12件] かかげて, みて, 付けても, 付ける, 先ずたどっ, 拾って, 書いて, 書くため, 示すよう, 見て, 読むと, 読んだ

▼ 見出し~ (14, 1.3%)

3 すまいかと

1 [11件] しないかを, しないだらうか, しないだろうか, しなかったか, しなかったし, するが, ほとんど血, みえるけれど, 出来るだけ, 出版社の, 訳出不可能

▼ 見出しがたい~ (12, 1.1%)

2 様に 1 ことである, だけのこと, だろう, と思つて, のが, のじゃ, のぢ, 嫂だけの, 親和と, 詩的感銘がずつと

▼ 見出しながら~ (11, 1.0%)

1 [11件] いつでも, かえってその, しらじらしく見ない, それでもなほ, ただそれ, やって来たの, ドライブする, 吹きだしたの, 私達は, 老年に, 躊躇し

▼ 見出したり~ (10, 0.9%)

2 した 1 する, また意外, 予が, 倉の, 出来ないの, 地方工藝の, 暗やみにも, 生み出したり

▼ 見出しその~ (8, 0.7%)

2 住民が 1 二つを, 安楽の, 将来を, 欠点は, 發する, 郷愁に

▼ 見出しそれ~ (8, 0.7%)

1 が人生, に向き, に引きつけられ, への自分, をかいた, を塗った, を天, を深く

▼ 見出しつつ~ (7, 0.6%)

1 あった, あり, あること, あるよう, 世間も, 生きて, 飜へ

▼ 見出しても~ (7, 0.6%)

1 おそらく多く, その各, その方, それだけで, 別に気, 別段珍, 彼は

▼ 見出し~ (6, 0.6%)

2 ある 1 しなければ, しよう, せずに, 父が

▼ 見出しそして~ (5, 0.5%)

1 その誇張, それに, パリー人らによって, 丘の, 隆盛な

▼ 見出し~ (5, 0.5%)

1 これを, その方向, 之を, 信じ得ること, 物質は

▼ 見出しかけ~ (4, 0.4%)

2 ている 1 ていた, てはいた

▼ 見出しこの~ (3, 0.3%)

1 地上で, 子を, 盥で

▼ 見出しこれ~ (3, 0.3%)

1 を宮, を抽出分析, を茶器

▼ 見出しにくい~ (3, 0.3%)

1 と思う, 動揺した, 有様に

▼ 見出しまた~ (3, 0.3%)

1 それは, パリーが, 寺の

▼ 見出し~ (3, 0.3%)

2 かつた 1 かりしため

▼ 見出しがたき~ (2, 0.2%)

1 が為め, 岸辺を

▼ 見出しそれから~ (2, 0.2%)

1 多数の, 景子さんから

▼ 見出しそれら~ (2, 0.2%)

1 の言葉, の語

▼ 見出してこそ~ (2, 0.2%)

1 意義が, 艶かしい

▼ 見出しでも~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 見出し~ (2, 0.2%)

1 並んで, 青年作家が

▼ 見出しには~ (2, 0.2%)

1 失業保険による, 必ず奥秩父

▼ 見出しよう~ (2, 0.2%)

1 がない, もない

▼ 見出しサテ~ (2, 0.2%)

2 も斯ん

▼ 見出し~ (2, 0.2%)

1 か古風, といふこと

▼ 見出し兼ね~ (2, 0.2%)

1 て二年, て困つ

▼ 見出し~ (2, 0.2%)

1 いやう, がつて

▼ 見出し~ (2, 0.2%)

1 そうに, たり鬢毛

▼ 見出し悪い~ (2, 0.2%)

2 事実を

▼ 見出し難く~ (2, 0.2%)

1 受賞の, 要するに際どい

▼1* [130件]

見出しつてゐた, 見出しお前の将来, 見出しかくて両者, 見出しからして, 見出しがちだ, 見出しけん彼方に, 見出しこっちが見出した, 見出しこれらの複雑, 見出しそうかという知識, 見出しそういう作品を, 見出しそっくりそのままの刀, 見出しそれぞれの特色, 見出しそれ以上の力こぶ, 見出したりとて示さる, 見出したりなどした, 見出しつるをり, 見出してからも先方が, 見出してさえいたの, 見出してだけ行ったと, 見出してはと唱える公卿たち, 見出しなお国事の, 見出しながらも常に發奮, 見出しなどしつ矢那瀬寄居, 見出しやすいとは自惚れる, 見出しやすくして, 見出しやれやれよかった, 見出しウイスキーがはいってる, 見出しカードの抽斗, 見出しハンスよりは強烈, 見出しヒューマニスチックな義憤, 見出しワグナーをも攻撃, 見出し主張して, 見出しによって事物, 見出し二度目には雨, 見出し人夫が草, 見出し仁者は山, 見出した, 見出し今夜はあの, 見出して気, 見出し個性を礎, 見出し元気をとりなおし, 見出し入りて理髮, 見出し其の顏は, 見出し其指図で北町裏, 見出しふるに, 見出し勝ちであつ, 見出し十文字の槍, 見出し又は発見する, 見出し双方からの線, 見出し同国人と異国人, 見出し四年前まで舎弟方, 見出し回顧するの, 見出し地元の人, 見出し外国人が常に, 見出しのやう, 見出し大成したの, 見出し大西路の自分, 見出し室長の佐伯, 見出し少しく我が意中, 見出し崇拝しようと, 見出し常に固執し, 見出し平面に凹凸, 見出し幾世紀となき, 見出し強烈な洋酒, 見出しが驚異, 見出し従って之, 見出し得ぬは由, 見出し得べからざるほどに, 見出し得べからざる特長を, 見出し得べき現象である, 見出し思想の全部, 見出しに口数, 見出し急速に増加, 見出し恭一に彼, 見出し愉快をさえ, 見出し成さったでしょう, 見出し我ともなく, 見出し或は見出そうと, 見出しへ生み出し, 見出し支那にも白米城, 見出し数年間その傍, 見出し新たなる建設的指導理論, 見出し日々村から通う, 見出し時としては他人, 見出し時計を出された, 見出し晩年には彼, 見出し更にもし私が, 見出し書斎の破, 見出し曹丕の一矢, 見出し朝倉先生に励まされる, 見出し未来のミケランジェロ, 見出し来た直観空間と, 見出しの下草, 見出し次にキイの, 見出し次第ポンと一発あいつ奴, 見出し次第責任を問う, 見出し歌舞の世界, 見出しの事, 見出し此無限の苦悶, 見出し残りの五〇パーセント, 見出しを拭っ, 見出し決定したいという, 見出し熱心にそれ, 見出し爾後紀州諸郡殊に温か, 見出し現代のもの, 見出し申した意富祁袁祁の, 見出し白萩のこまこま, 見出し百間の外, 見出し知るために, 見出し秘訣を握る, 見出し突然鼻もて, 見出し細断されてるそれら, 見出し給うべく候, 見出し置いたから出さん, 見出し自ら生活する道, 見出し自分もまがう, 見出し自分自身を三人称, 見出し自己の思索, 見出し付いた気持, 見出し西に入日, 見出し見抜くものこそ, 見出し訴出候処父甚五兵衛兄四郎兵衛両人にて殺, 見出し趣味の方面, 見出し近いうちに, 見出し都会の面目, 見出しを拭き, 見出しのカード, 見出し難き此軍艇が, 見出し難し等の, 見出し養成すれば