青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~見よう 見よう~ 見られ~ ~見られた ~見られない ~見られる 見られる~ ~見る 見る~ ~見れ
見れ~
~見ろ ~見上げ 見上げ~ ~見事 見事~ 見出し~ ~見出した ~見出す 見出す~ ~見当

「見れ~」 9820, 106ppm, 1016位

▼ 見れ~ (9640, 98.2%)

173 見るほど 100 それは 49 これは 35 わかる 34 彼の 33 見る程 30 それが 29 自分の 28 これも 27 よい, 彼は 19 何でも 18 すぐに 17 今の, 私は 16 何の, 分る, 私の 15 此の 14 こは, 自分は 13 さう, すぐ分る, そこに, よいの, 見られないこと 12 その人, 確かに, 見られる 11 これを, そこには, 一人の, 彼が, 日本の 10 すぐわかる, 一つの, 人は, 僕も 9 それも, わかります, わかること, 非常に 8 いい, いずれも, これが, さすがに, それに, よかった, 何も, 僕は, 彼らは, 成程

7 [14件] いいの, かなしも, ここは, すぐ判る, 何か, 僕の, 少しは, 早や, 明らかである, 次の, 直ぐに, 私が, 立派な, 誰も

6 [16件] これらの, そこは, それを, なり, なるほど, なんでも, 一種の, 右の, 奈良の, 妙な, 明らかに, 目の, 眼の, 西洋の, 誰でも, 誰にでも

5 [30件] いいん, そうで, ただの, なんの, わかるじゃ, わかるの, わかる事, 之は, 人の, 今まで, 今日の, 他の, 余が, 全く同じ, 分ります, 固より, 女の, 如何に, 子供の, 容易に, 少しも, 山の, 彼も, 彼女の, 悲しも, 春は, 男は, 直ぐ分る, 自分が, 訣る

4 [57件] あなたは, あれは, おのづか, このこと, さぶし, そこにも, そのよう, それまで, そんなもの, どこか, ほんとうに, まが, 一人は, 下の, 之を, 伯の, 分かる, 分るけれども, 分るの, 判る, 判ること, 前の, 千々に, 品の, 壁に, 夜ぞ, 女は, 好い, 家の, 彼を, 彼等の, 彼等は, 手に, 昔の, 是は, 時の, 朱の, 梅の, 殆ん, 水の, 泥棒と, 無理も, 町家の, 相当に, 相当の, 真の, 知れる, 稍後出を, 竜之, 紛れも, 見ら, 見られるの, 貴様は, 赤の, 閣下の, 非常な, 鼻の

3 [124件] いくらか, いつでも, この場合, この点, この男, こんなこと, さっきの, すべての, そこから, そこでも, その人柄, その方, その時, その通り, それこそ, それと, それらの, そんな事, ともかくも, どうも島, どちらも, どれも, ひとま, みるほど, もっともな, もつと, よろしい, りっぱな, わかりそう, わけの, わたくしは, わたしは, アバタの, 一切の, 一匹の, 一目瞭然である, 上三句は, 主人の, 予の, 二人の, 二人は, 二十五六の, 人生は, 人間の, 今から, 今は, 今までの, 何人も, 余の, 作品の, 作者の, 例の, 入口の, 全体の, 分ること, 分るよ, 別に, 博士の, 君は, 味方の, 唯だ, 土の, 地方の, 地球の, 多くの, 多少の, 夫が, 夫は, 子供では, 子細らしく, 山に, 差支無之, 己は, 年の, 彼女が, 思いも, 怪しき書風, 意外にも, 我ながら, 或る, 拙き歌, 敬は, 新開の, 日は, 日も, 明白な, 昨夜の, 是れ, 本当の, 東京の, 此は, 此方の, 此方は, 武蔵は, 母は, 気の毒な, 烟管掃除に, 熊の, 玄徳の, 現在の, 田舎の, 町の, 畳の, 疑う余地, 白髪を, 目も, 眼に, 確に, 自分と, 見られたが, 見られぬこと, 説明が, 誰しも, 誰だって, 誰れ, 誰彼の, 軒端の, 酒を, 銀の, 門が, 雪は, 顔も, 顔色も, 風帆船は

2 [578件 抜粋] あきら, あさ, あとも, あなかしこ小松叢生ひ, あの女, あれが, あんな意気地, いいわけ, いうまでも, いくらも, いつぱし, いづれも, いは, いや寂し薄き, いよいよ繁し, いよよ清けく, うち霧らひ, おそらくは田, おどろくほど, おなじ躑躅, おれ自身の, おろそかならず, お前は, お勢, お夏, お居間, お松の, お柳, お浦, お鳥, かくの, かけて, かしこし西風, きたなしや, きっと誰, きょうの, こ, こうである, ここに, ここも, こちごちの濃霧の, ことさらに, この世界, この事, この二つ, この人, この位, この女, この岩, この悲しみ, この我, この方, この種, この身, この際, これな, これなんさきに, これに, さうかも, さのみ, さまか, しろ木槿, すぐそこ, すぐその, すぐ解る, すべる白露, そうに, そう見える, そこの, そのあたり, そのころ, その一部分, その中, その俳句平易高雅, その大, その子, その差, その空, その竹, その花, その見識, その賞讃, その足, それで, それには, た, たいていの, たと, だれが, ちょうどこの, つまり日支国民, どうだ, どうで, どこの, どんなもの, どんな人, なかなかに, なつかしきかも, なべて死に, なるほどこの, なる程, なんという, はつきりと, はや額, ふつうの, ほとほとに, またこの, また何, まだかが, まだほんの, まだ三時, まだ左, まるで氷, み冬, むゝ彼の, めぐし, もうその, もとより信ずる, やがてまた, やはりそれ, やはり独逸人, よいわけ, よからう, よくその, よくわかる, よく判ります, よく灼け, わかりますが, わかるぢ, わかると, わかるに, わかるよう, われわれの, エルンストワイゲルトと, ハタで, ワンダーベルトと, 一つ一つに, 一と, 一片の, 一番よく, 一目で, 一目瞭然と, 一般の, 一見し, 一隊の, 一頭の, 上岨を, 上愚は, 下枝も, 不合理な, 不意に, 世の中には, 中庭の, 丹生, 主客の, 乳牛の, 二つの, 二十二歳の, 二十日以上も, 二本の, 云うまでも, 云わば, 五円の, 些細な, 人が, 人間も, 人類の, 今さらに, 今しも, 今に, 今日は, 今自分, 他ならぬ, 他人の, 伸子は, 似つかぬ女, 佐府下, 何が, 何だか気の毒, 何でも皆, 何となくわが, 何となく奥床しく, 何れも, 何時もの, 余は, 俳諧の, 個人の, 個人問題なり, 偉大な, 傍から, 先き, 先の, 先へ, 先生の, 全く父, 其が, 其處の, 内治外交一切, 冬の, 出額, 分りますわ, 分りまっし, 分ると, 判るが, 判るだろう, 判るよう, 判る通り, 別に不思議, 別の, 前に, 北側の, 南無三, 博士は, 去年の, 反吐を, 口に, 古の, 古典的な, 可笑しい, 各, 各浴場ごと, 同じよう, 君に, 君の, 吹きなびく風竝しるし, 和尚も, 哲学の, 唯の, 問題は, 善と, 單に, 嘗てそんな, 嘘の, 四分板六分板の, 地上に, 地方問題なり, 壮年以後の, 変な, 外の, 多分に, 多数の, 夜靄立ち鶯谷の, 大それた, 大人の, 大勢の, 大名か, 大悲を, 大智を, 天井が, 太刀を, 夫れ, 奥の, 女が, 好いわけ, 好かった, 如何にもそれ, 如何にも淺, 妻と, 妻の, 妻探し, 子は, 存外小さし, 孰れ, 定めて, 実に美しい, 室の, 家を, 富士が, 寒き燈, 対立の, 専門の, 尋常一様の, 小夜ふけ, 山上には, 山本の, 左右より, 差支ない, 己といふ, 己の, 常に天皇, 平々凡々たる, 年も, 年中の, 幽けさ, 床の間の, 庭も, 建てさせた人, 弁慶の, 弟にも, 弟の, 当時の, 形こそ, 彼れ, 彼女は, 彼方の, 待遇殊に, 後に, 後世の, 後者は, 心づくしの, 心の, 必ずしも喜ぶ, 応仁以後の, 思半に, 恥辱を, 意識は, 我が, 我我の, 手の, 手古奈は, 抑, 揺りかが, 放抛って, 政府と, 故郷の, 数かぎりなく, 文化は, 文学と, 日の, 早くも, 明らかだ, 明らかな, 明白である, 易者の, 昨夜から, 時刻は, 普通の, 暮せまり, 曹操の, 曼珠沙華赤く赤き, 最初の, 最後の, 月の, 月夜には, 木高く, 机竜之, 東に, 枕もとに, 案外な, 案外の, 梅雨あがりけり, 森の, 椎の, 楢の, 極めて平凡, 様々の, 様子で, 正面の, 此二人が, 此男は, 死人の, 殺して, 気が, 気の, 氣の, 水上に, 永くも, 池の, 決して自ら, 沙門等が, 沫雪ふれり, 河野の, 流れつつ, 海の, 涙が, 涙ぐましも, 涙しながる, 涙である, 涙など, 清吉が, 渠は, 渡る日, 源氏の, 濁水を, 焔の, 無理は, 煙立つ, 照り透く, 父と, 父は, 物語の, 猫の, 猿の, 理窟が, 生きて, 異り, 當時相對死と, 痛くない, 百人の, 皮を, 盗坊で, 目的の, 相手の, 真白にぞ, 眠って, 着ふるし, 知られること, 短歌の, 石なり, 石切場, 社会の, 祭り毎に, 秀子が, 秀子の, 私たちの, 私だって, 私と, 私にも, 秋も, 秋空や, 種々な, 種々の, 窓は, 立派に, 粘土か, 紅葉山人などは, 紫雲英田や, 結局おんなじ, 統制は, 継ぎはぎ, 美しき蓮華, 美は, 羽蟻の, 股かげに, 胸の, 臨時の, 自から, 自分達が, 自由主義排撃なる, 致し方が, 良夜や, 色々な, 色の, 花に, 花の, 若い女, 若い娘, 英語が, 英雄の, 茜細雲, 草の, 葬礼の, 薄田氏の, 藍微塵檀の, 蘭軒は, 裏ゆく, 襁褓なりき, 見て, 見るだけ, 見当が, 解るの, 解るよ, 計知られぬ, 誠に不思議, 誠に結構, 誠に規模, 誰か, 誰が, 誰だ, 誰にも, 貴くも, 足許に, 路に, 身の, 軍事用語も, 迂遠の, 過去の, 道元の, 金は, 金貸したろ, 針の, 針を, 間違いの, 閣下は, 除らず, 雨雲に, 雪の, 電線や, 霧ふかく, 霧らひつ, 青あり, 青山も, 面は, 頗る悲惨, 頬の, 頸毛さへ, 顔の, 顔は, 顔や, 風の, 風呂敷包みの, 馬鹿, 騒ぐ葉, 高くは, 高畑や, 魏の, 魚類だけは, 黄の, 黄金や, 黒く荒れ

1 [6501件 抜粋] ああこんな, あたりに, あに計らん, あの守吉, あの角縁, あまりな, あるいはその, ある程度までは, いいさ, いかにもそれ, いかに製品, いずれの, いつのまにかもうキリリ, いつも血, いまは, いや遠し, いろいろ事情, うすく立ち, お, おじさんの, おのずから禁じ得ぬ, およそ無意味, お前さんも, お女中, お母さんの, お繁さん, かうした形, かならず汚濁, かの国公園内, きっとこの, きのう逢ひし, くさぐさの品, こういう弁証法的, ことごとく剣刃相, このイエズス, この作品, この妖怪, この思惟, この極寒, この異様, この諸, この類, これでは, これ実に, さい前, さぞ片腹痛い, さほど重く, しゃれた形, すくなくとも大阪的, すぐ山, すこしも病人, すなわちこれ, すべて河北軍の, せせくって, そうさ, そう不思議, そぞろに, そのまま見過し, その予告, その内容, その型式, その尖, その意義, その木の本, その為, その真中, その老後, その辺, その顔, それだけ成功, それにお, それまでの, そんな事許, たいがいの, ただちにその, たちまち雲, だいぶ変っ, ちゃんと存在, つい目, つんのめりそう, どうかと, どうもここ, どうやら踊り子, どなたも, どんな中学生, なお恐い, なって, なほ万葉をも, なるほど気持, ねらつて, はや十余年, ひいひいいって, ひと目に, ほ, ほんとの, まことに幼い, まさか女房, ますます当家, また姉上, まだしも地, まだ午前三時すぎ, まっくろな, まるで別人, まるで酔興, みどりは, みやこはと, むしろ一つ, もういつのまにか仏頂寺弥助, もう今日, もう敵, もちろんどうする, や, やっぱり羨, やはり一神的, やはり目, やれ, よく新聞, よろづ意, わかる江戸っ子, わけも, アイリッシュだ, イタリーの, ガン首も, グロテスクな, ジャーナリズムは, タイの, ネクタイが, ヒゲすりの, ペーリュウスは, モー二十年の, ルーザひとたび世に, 一ツは, 一八二二年に, 一尺四方に, 一応適正, 一時の, 一点より, 一種例外の, 一行は, 丁度色の, 万事子供の, 三人の, 三業組合, 上古の, 下情に, 不思議と, 不自然でも, 世界に関する, 両眼, 中村福助なりし, 主人に, 之と, 乾ききった白い, 事態は, 二個の, 二間幅の, 五寸あまりの, 享楽の, 人を, 人買浮世の, 今し, 今掘つ, 仔細らしく, 以前とは, 伊東巳代治の, 伯母甥が, 体裁が, 何だか一段下, 何と僅かの, 何んかの, 何千何万という, 何程の, 余り過ぎたる, 例えば神秘主義, 俊成以前に, 俺の, 偉いと, 働かなくては, 優雅に, 兄夫婦が, 先には, 先発の, 全くそんな, 全く無用, 全然滅茶苦茶, 公爵も, 兵隊が, 其の通り, 其当時に, 其處に, 円型を, 凝って, 刀自の, 分りましよう, 分る通り, 初めて合しる, 判るというかも, 利を, 前者の, 割合に, 勉強, 北平の, 十九世紀初期から, 十数匹の, 半ば頽れし, 単えに, 危険でも, 原始蟲の, 又人, 双方から, 取広げたる呉服, 古人の, 可い, 可愛らしいお, 各個人, 同じ事, 同町に, 向うの, 君達は, 呆れはてた考え方, 呼びかけて, 哲学は, 唯涙, 善事あり, 噛みつくやう, 四本の, 國は, 地上には, 地震という, 堅くなっ, 墨痕美わ, 変装には, 外にて, 多少不純, 大いに慙, 大と, 大体は, 大吉で, 大屋の, 大抵一度は, 大王の, 大騒ぎを, 天分も, 天長節の, 失業労働者の, 奈良朝に, 女子の, 好いぢ, 如何にも浅ましい, 妹にも, 姑息でたまらず, 嫁取, 子供だ, 孔子の, 孝心な, 宇宙の, 完全に, 実にいい気, 実に妙, 実は驚く, 実験の, 家人とては, 宿から, 富井の, 寧ろ単純, 対象は, 尊き光, 小塚氏は, 小舟に, 少しばかり, 尼が, 山では, 山川を, 岸近く櫂を, 川向こうから, 巨大な, 市民的常識の, 常ながら, 平たい野面, 平生貧乏を, 年頃二十六七背高く, 幾らお玉が, 床の, 廻り遠い, 弱点に, 当時すでに, 当観の, 彼と, 彼奴め肥っ, 往々に, 後陣の, 御降り, 心は, 必しも, 必ず何, 必ず祝融夫人, 応接室の, 忽焉として, 急に, 怪物の, 恐らく美しい, 患者必ず, 悲裳, 意地としても, 感心する, 憤り己, 我が今夜, 我恩人の, 或は水死, 所望に, 手首に, 技術的精神をば, 拵えもの, 掛茶屋なりけり, 支那人に, 敢然その, 敵の, 文句なし, 文献の, 斯う, 新人は, 方式通り母指を, 既に婦人, 日本も, 早晩予防の, 明治十九年二月として, 春の, 昨夜此痛さにてはと, 是非共為遂げなく, 暁風あざやかに, 曲りたがるん, 最も明瞭, 最早そんな, 月光に, 朋輩の, 木の, 未だ花, 本書の, 束髮さしの, 東国に, 枇杷の, 枯蘆の, 栗の, 案の定長崎屋, 梵土でも, 極く, 極めて近き, 樹の, 次には, 歌舞伎の, 正に火事, 此事態は, 此方も, 此那大ざっぱな, 死は, 殆ど勘定にも, 母が, 毎日規則正しく, 民間アカデミズムは, 水こそ, 水煙管を, 汚れきった奉納, 決して少い, 決して驚く, 河童小僧飛んだ, 泣かれる, 洗濯した, 浅間ヶ岳が, 浴衣の, 海賊の, 深き幕, 渡辺子の, 源三郎に, 澄江も, 灯影を, 無差別に, 無論に, 煙草を, 父親の, 物凄さ, 狂的の, 猫でも, 玉堂鉄翁は, 現実的に, 甘い, 生ひざりし, 用心なし, 甲府へ, 町と, 畢竟今日, 疑念が, 瘠せさらぼう, 白妙の, 百姓の, 皆見た, 目の下は, 直ぐ明らか, 直に官吏登庸法, 相当老人, 真っ黒の, 真白なる, 矢張り教育なる, 知性という, 砕けたる君, 祖母の, 神経だ, 福澤の, 私達の, 秩父の, 穉簡を, 突発的な, 立走り, 笑ひたい, 等しく常世, 簡單に, 糸を以て, 紛うべくも, 細かく肩, 結婚以前の, 絵を, 総ルビ, 罵言, 美人は, 羽織で, 耄及愚翁本が, 聡明な, 胡蝶かな, 腹の中では, 自分たちの, 自然いい, 自由論派は, 船員が, 色合と, 花唯一ツのみ, 若しこの, 英語の, 草花さき, 華やかに, 蒼白い頬, 薔薇の, 虎でなく, 蛇形の, 行き処, 表現された, 褥の, 要するに生活, 見られぬ事, 見られる目, 見る程味, 見慣れない人間, 親の, 解る母, 討入の, 詰らぬこと, 説明されぬ, 誰もが, 諸藩中, 谷底は, 負傷蟹と, 貴殿も, 赤く塗った, 足るの, 車を, 輝くほどの, 返事は, 逃げるよう, 速度は, 道庵の, 違った音, 適切な, 酔っても, 野に, 金持ちに, 釣り舟の, 銭を, 鎧へる, 長崎にて, 開国は, 間違ひない, 限り無し, 随分この, 隨分人の, 雨に, 雲嶺も, 青梅の, 面白くも, 頗る奇異, 頷かれるが, 風も, 食味に, 飾磨屋は, 馬の, 駄賃馬の, 驚くべき巧妙さ, 高麗の, 魂の, 鳥居派の, 麗しき壯夫, 黒い煙突, 默つても

▼ 見れども~ (47, 0.5%)

4 見えず聞けども 3 見えず 2 消えず目, 飽かず, 飽かず入り交, 飽かず言

1 [32件] あかず妹, あかぬ趣き, いとおもしろし, めづらし吾君, やはり同様, わかぬ日ざかり, 不怜亡き人, 不怜君, 不楽し, 何をも, 何物も, 信ぜずば, 動かず, 去らずかへ, 奇し, 寄るよし, 尽きず朗らか, 果てはみえず, 沖にては, 煮られて, 直に逢, 行く月, 見えず食えども, 見飽かぬ落語家たち, 認むるものなければなり, 近く見れ, 逢ふよしも, 雨足過, 青き秋, 飽かず小舟継ぎ来, 飽くという, 餅団子を

▼ 見れ~ (42, 0.4%)

23 飽かぬかも 2 よろしみ, 宜しみ

1 [15件] すぐ昃, スウィフトの, 何事もえい, 品行方正の, 癒えぬかも, 見あかね巻雲, 見えぬかも, 見倦, 見飽かず眺, 逢は, 音こそ, 飽かなく, 飽かぬ吉野, 飽かぬ田児, 飽きないと

▼ 見ればこそ~ (8, 0.1%)

1 この時, それほどの, 前年に, 奇怪なれ, 浮世話も, 渇仰に, 腹も, 面と

▼ 見れ~ (7, 0.1%)

2 其間に, 然う 1 どうにかなるだろう, 判るじゃ, 此れ

▼ 見れ~ (6, 0.1%)

3 ゐる 1 ゐた, ゐる事, 良いやう

▼ 見ればか~ (6, 0.1%)

2 へるでの 1 なしかる南, のひと, の安芸, の赤ん坊

▼ 見れ~ (4, 0.0%)

1 大小指込, 好エ花見, 実に家内之者ハ, 早拾人計り鎗持

▼ 見ればぞ~ (3, 0.0%)

1 かく月日, かく月日斗重, かし

▼ 見ればの~ (3, 0.0%)

2 歌も 1 ことで

▼ 見れ~ (3, 0.0%)

1 この節, どんなカラクリ, 踏絵も

▼ 見れ~ (2, 0.0%)

1 直ぐ判る, 突然消え

▼ 見ればかよ~ (2, 0.0%)

2 ふすぢ雲

▼ 見ればけ~ (2, 0.0%)

1 なば, ふもかが

▼ 見ればずつと~ (2, 0.0%)

1 交渉が, 低いもの

▼ 見ればね~ (2, 0.0%)

1 お前さんは, 小林は

▼ 見ればは~ (2, 0.0%)

1 はあなる, ッと

▼ 見ればを~ (2, 0.0%)

1 かしくも, かしく見ゆべし

▼ 見れやあ~ (2, 0.0%)

1 いい若い者, 倖せだ

▼ 見れ~ (2, 0.0%)

1 どいつも, 判ります

▼ 見れ蹈むただち蹴爪~ (2, 0.0%)

2 くひ入る

▼1* [31件]

見れ直ぐ判る, 見れお前えだけ, 見れかえって片意地に, 見れ情なし三軒許手前, 見れこの籾, 見れすぐかげるなり, 見ればこそは聞けばこそは, 見ればさぎりたちこめ友の, 見ればても美しく彫, 見ればといふこと, 見ればともしみ大和, 見ればなんぞ計らん墓場, 見ればなんて型変りの, 見ればもウ自分の, 見ればやちだもの木立, 見ればよかつた, 見ればわづかに, 見ればネソレ, 見れば倒しまに, 見れぱ其人が何人, 見れほら感心な, 見れらざらんため, 見れアお前が殺した, 見れアじき金にしよう, 見れア忰の位牌, 見れア手狭いもん, 見れバ今日なきものハ仕方, 見れバ敵ハ唯家の店, 見れ内部文明には斯, 見れ外国人が分外, 見れ武田の野郎