青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~見よ 見よ~ ~見よう 見よう~ 見られ~ ~見られた ~見られない ~見られる 見られる~ ~見る
見る~
~見れ 見れ~ ~見ろ ~見上げ 見上げ~ ~見事 見事~ 見出し~ ~見出した ~見出す

「見る~」 61483, 664ppm, 132位

▼ 見る~ (31504, 51.2%)

586 それは 225 彼は 198 私は 172 これは 164 急に 139 それが 125 自分の 113 そこに 96 そこには 94 私の 81 彼の 76 何か, 彼女は 71 成程 63 すぐに 54 さすがに 51 これが 48 非常に 42 例の, 女は 40 これも, 僕は 34 自分は 33 そこは, 一人の 32 それも, 意外にも 31 此の 30 しようか, そこの, 二人の, 何の 29 その中 28 今まで 27 平次は, 彼女の 25 それを, 今の, 今度は, 何も 24 いずれも, 彼等は 23 中には, 二人は, 私も, 胸が, 誰も 22 それには, 中, 向うの, 自分が 21 あわてて, 中は, 僕の, 右の, 妙に, 次の 20 いふこと, さう, どこか, 一種の, 女の 19 その男 18 家の, 彼も, 男は, 私が 17 その人, わたしは, 中に, 葉子は

16 [12件] いつもの, かれは, さっきの, しよう, すぐ, それらの, どうした, 不思議な, 左の, 慌てて, 日本の, 確かに

15 びっくりし, ハッと, 中から, 主人の, 何でも, 先生は, 相変らず, 部屋の, 驚いた

14 一つの, 云ふ, 今日の, 手を, 空は

13 [16件] ここに, この人, この男, それに, どうでしょう, 前の, 同じよう, 変な, 彼が, 殆ん, 父は, 眼の, 窓の, 紛れも, 頭の, 顔の

12 [15件] すれば, 人の, 人間の, 伸子は, 其処には, 君は, 妙な, 少年は, 当時の, 母は, 老人は, 自分も, 頭を, 顔を, 驚いたこと

11 [18件] あれは, お前は, こは, これらの, よくわかる, 人は, 今は, 他の, 妻は, 娘は, 彼らは, 彼等の, 或る, 昔の, 案の, 父の, 相手は, 立派な

10 [26件] お絹, お銀様, ここは, そこから, その時, その顔, どれも, 丁寧に, 不思議に, 主人は, 今日は, 何うし, 入口の, 多くの, 夫人は, 山の, 庭の, 急いで, 流石に, 瑠璃子は, 眼を, 第一, 自分と, 血が, 驚いて, 黙って

9 [31件] あまりの, いつでも, そこが, その日, その頃, もう十一時, わたしの, 一緒に, 上の, 下の, 二人とも, 俺の, 僕が, 去年の, 夫は, 子供は, 岸本は, 年の, 心の, 我ながら, 是は, 普通の, 正面に, 男の, 直ぐに, 私には, 血の, 誰でも, 足の, 近所の, 顔は

8 [42件] あの女, かれの, こ, さすがの, そうで, なんの, ひとりの, 一匹の, 一斉に, 一枚の, 一面に, 三人の, 二つの, 今しも, 何を, 先生の, 博士は, 口を, 壁の, 声を, 外は, 大抵の, 女が, 室の, 小屋の, 川の, 彼女も, 後ろから, 思ひの, 斯う, 明らかに, 昔は, 橋の, 気の毒に, 目の, 自分で, 誰か, 路地の, 門の, 闇の, 青年は, 非常な

7 [65件] あなたの, あの人, いうと, いきなり, おれは, お雪ちゃんは, お鳥, かの女, ここで, こちらの, こんどは, すぐその, そこにも, その下, その女, その眼, どうもその, なか, ほんとうに, よい, ガラツ八は, セエラは, ハツと, 一同は, 下手人は, 之は, 今から, 今更ながら, 仲, 何れも, 俄かに, 僕も, 君が, 夏の, 多くは, 宿の, 彼女が, 心が, 意外に, 成るほど, 我々の, 昨日の, 村の, 東の, 東京の, 松の, 此は, 母親は, 水が, 海の, 火の, 玄関の, 目に, 目を, 石の, 絵の, 縁側の, 背の, 腹が, 船の, 色の, 言ふ, 車の, 頭に, 鼻の

6 [105件] いふと, いやな, いろいろな, お粂, お雪, ここにも, しも, その白い, その辺, それと, つかつかと, どこから, なるほど, なるほどその, びっくりした, ほかの, まぎれも, むらむらと, もうその, わけも, わたくしは, ホッと, 一時に, 一目で, 下に, 不意に, 云ふと, 人々は, 人間は, 今までの, 今迄, 何という, 何んだ, 余の, 余は, 信一郎は, 俺は, 傍に, 僅かに, 先の, 八五郎は, 前に, 同時に, 周章てて, 多少の, 夜は, 大変な, 夫人の, 奥の, 妻の, 姉の, 子供の, 寂しくて, 少しも, 年は, 床の間の, 廊下の, 彼には, 彼れ, 彼等が, 我々は, 我慢が, 手には, 手の, 新吉は, 日は, 日本に, 日本は, 早くも, 月の, 木の, 机の, 案外に, 案外にも, 正面の, 気が, 気の, 池の, 浩は, 海は, 涙が, 相当の, 相手の, 眼に, 眼は, 秀子は, 私と, 空の, 箱の, 綺麗に, 義雄は, 肩の, 肩を, 色々な, 若い女, 路の, 遙か, 鉄の, 間違ひもなく, 障子の, 雲の, 青年の, 頭が, 額に, 首を

5 [126件] あの時, あの男, いい, いって, いよ, おじいさんは, お前の, この家, この寺, この時, この有様, この通り, この頃, これを, さつきの, しみじみと, する, そのきれい, そのま, その時計, その部屋, その間に, た, たくさんの, どうやら私, なかなか興味, なる程, はなしに, みんなは, もう一人, もう九時, もう十時, もう誰, よけいに, スラリと, 一度に, 下には, 丑松は, 中の, 云った, 云って, 云ふこ, 人を, 今日も, 今更の, 何が, 何にも, 何時でも, 余計に, 信長は, 俺も, 元は, 先に, 全く別, 八五郎も, 其が, 其れ, 其処に, 其處は, 刀を, 刀自は, 右手の, 向うに, 唇が, 喙でも, 土の, 土門は, 外の, 夜の, 女房の, 妹の, 姉は, 婆さんは, 少くとも, 少女は, 屏風の, 平岡の, 床の, 庭に, 弟の, 彼を, 待って, 従来の, 御米, 手に, 文太郎は, 斯んな, 昨夜の, 最初の, 此処は, 母が, 母の, 気の毒な, 泣いて, 涙を, 無茶先生は, 父が, 猫は, 玄関に, 癪に, 皆は, 目が, 眉を, 石を, 確に, 私たちの, 私達は, 秋の, 竜之, 素晴しい, 老人の, 聞くとは, 葉子の, 西洋の, 言ふと, 誰の, 豹一は, 貴方は, 身を, 道の, 雨の, 雪の, 風は, 餘り, 馬鹿に, 驚きました

4 [223件] あつしの, あには, あの子, あわて, あわれ, いうよりも, いった, いつの間にやら, いましも, いままで, いろ, おれの, お君, お梅, お米, お綱, かすかに, かつては, かなりの, かれら, こいつは, このお, この中, この二つ, この始末, この有, この部屋, こんな事, すぐ前, すぐ横, すぐ目, すべてが, そいつは, そこでは, そこへ, そこらに, そこらには, そのうち, そのよう, その一つ, その上, その子, その晩, その葉, その赤, その通り, ただの, たとへ, ちょいと, どうだろう, どうもこの, どちらが, なぜか, なると, なんという, ひろ子は, ぴたりと, ふたりは, ほっとした, ぼくは, まつすぐ, まるで小さな, むこうに, むこうの, もうじつに金剛石, もう三時, よろこんで, わかる, わが国の, わたくしの, われわれの, われわれは, アッと, ガラッ八, ガランと, チラリと, ニヤリと, 一も, 一人は, 一方の, 一本の, 世の中は, 丘の, 之も, 二人ともに, 二脇士は, 二階の, 以前は, 件の, 何かの, 何と, 傍の, 兄の, 兄は, 先日の, 先生が, 其の中, 初めは, 勝平は, 十間ばかり, 厭な, 叔父さんは, 叔父の, 吉左衛門は, 同時に作者, 向うから, 向こうの, 君の, 吾, 喜んで, 土手の, 多少は, 夢の, 妻が, 妾の, 娘の, 嬉しさ, 存外に, 実に驚く, 家が, 容易に, 實に, 寺の, 少年の, 山の端に, 岩の, 平次の, 幸ひ, 店の, 後の, 後ろの, 思わず, 恰で, 悲しくなる, 意外な, 成ほど, 成る程, 我輩も, 戸が, 手紙の, 斉しく, 早や, 明智探偵は, 昔から, 是れ, 普通に, 曲者は, 最初から, 月は, 机に, 杉の, 果してその, 案に, 案の定赤岩, 櫓の, 正木博士は, 武蔵は, 死骸の, 母も, 毎日の, 氏は, 気の毒で, 水の, 水は, 派手な, 流石の, 渠の, 熱が, 物忌みだけに, 王は, 現代の, 瑠璃子の, 田舎の, 町の, 留守中に, 番頭の, 病人は, 皆が, 真暗な, 眼が, 矢も, 社会の, 祖母は, 私に, 私達の, 米友が, 細君は, 羊の, 美奈子は, 耳の, 胸から, 胸に, 自分でも, 自分より, 船は, 茂太郎は, 草の, 虫唾が, 行燈の, 街の, 誰しも, 變な, 豚吉は, 身体が, 車室の, 軒の, 迂濶, 途方も, 連中は, 酒を, 野原は, 金の, 隅の, 隣の, 隣りの, 雨が, 雪が, 額の, 馬の, 馬鹿, 驚いたの, 髪を, 鳥捕り

3 [476件] あたしは, あつた, あの, あのお, あの方, ある種, あれから, いう, いきなりその, いきなり自分, いっしょに, いつに, いつも自分, いづれも, いふの, いやだ, いろいろの, うちの, うまそう, うれしそう, おどろいて, おまえは, おれも, お倉, お勢, お吉, お日さま, お末, お染, お浦, お瀧, お父様, お種, お角, お靜, く, こうだ, ここには, ここの, ここも, こちらは, この, この上, この方, この村, この語, この辺, これだ, これには, こればかりは, これまた, さうし, さっきまで, しばらくは, じぶん, すぐそこ, すぐむこう, すぐ感心, すぐ自分, すすきのいっぱいに, そういっ, そうは, そこでも, そこを, そのなか, その一人, その影, その心配, その手, その日記, その時分, その朝, その樹, その瞬間, その邊, その門, そばへ, それだけ, それとは, そんなこと, そんな事, たしかにそれ, だれでも, だれの, だれも, ちやんと, つまりは, となりの, どうなる, どうもそれ, どう見, どこへ, どこも, どちらも, どれが, なかなか立派, なかなか面白い, なんだかへん, にこにこし, はっとした, はっと顔, ひぬま, びつくりし, へんな, まだほんの, まるで夢, みんな, みんなが, もうそこ, もうそれ, もう一つ, もう六時, もう十二時, もう女, もう狐, もとの, もとは, やはり同じ, よくこんな, よく分る, わかるが, わっと, ガラツ八の, ギョッと, ギョッとして, サツと, ゾーッと, デビーの, ニコニコし, フランスの, マンは, ムラムラと, 一人前の, 一寸した, 一座は, 一疋の, 一筋の, 一群の, 一羽の, 一言も, 丁度その, 七人の, 七兵衛の, 三つの, 下は, 不思議にも, 世の中に, 両方の, 中からは, 中央の, 主人も, 主膳は, 久保は, 二十七八の, 二本の, 五六人の, 人が, 人に, 人生の, 人間が, 人間と, 人類の, 今, 今でも, 今までは, 今も, 今度の, 今更に, 体を, 何んという, 何んの, 何事も, 何処か, 作者の, 俄に, 俗に, 信吉は, 信長の, 僕に, 先き, 先刻の, 全く別人, 全く私, 八重の, 其処の, 其様な, 其處に, 其處には, 内に, 内部は, 出て, 刀の, 分る, 別に, 別に何, 前よりも, 十二時を, 千鶴子の, 半分は, 半蔵は, 卓の, 南の, 単純に, 厭に, 反対の, 叔母は, 古藤は, 叫んだ, 右側の, 吃驚し, 同時に私, 向うでも, 味方の, 咄嗟に, 問題は, 土地の, 土藏の, 地蔵の, 垣の, 垣根の, 壁に, 声の, 多分は, 多分女, 大きさ, 大きな声, 大きな家, 大分に, 大勢の, 大原は, 大変に, 大悦び, 大概の, 大阪の, 太郎は, 夫, 夫の, 夫れ, 奇妙な, 女の子は, 女も, 如何に, 妹は, 妾は, 娘が, 子は, 子供を, 子供達は, 子爵は, 安心した, 実に人間, 実際それ, 客は, 宿屋の, 富士の, 寝台の, 小僧は, 少し高い, 屋根の, 山田君は, 岸に, 巡査が, 巧く, 己は, 師匠の, 幸子は, 床の間に, 床は, 底が, 底の, 庸之, 彼と, 彼にも, 彼女たちは, 彼方の, 得体の, 微かに, 必ずその, 怖いほど, 思ったより, 思ったよりも, 悲しさ, 悲しそう, 憎さ, 成程と, 我國の, 所謂, 持って, 指の, 政府は, 敏ちゃんは, 敷石路から, 旅の, 日光は, 日本人の, 日頃の, 旦那は, 明かに, 明に, 明治の, 昨夜からの, 昨日と, 是等の, 時計は, 景色が, 書いて, 最初に, 最初は, 月が, 朝の, 朝子は, 村, 枕の, 柄に, 柄の, 柳の, 栗の, 梯子の, 植込の, 槍を, 横に, 横手の, 樹の, 次ぎの, 次郎は, 正太は, 残念ながら, 母親の, 気味の, 氣が, 氣の, 江戸の, 決してそんな, 汽車の, 河野は, 湖の, 無くな, 父さんだ, 片手に, 牛の, 牧場の, 犬の, 犯人は, 狐が, 狐の, 玩具の, 珍らしく, 現在の, 現在は, 生垣の, 男が, 異様な, 畳の, 當時の, 疑いも, 疑ひも, 百姓も, 皆の, 盥の, 直ぐそれ, 相当な, 相變ら, 真中に, 真白な, 真赤に, 真黒な, 眼も, 眼鏡を, 矢庭に, 神尾主膳は, 禰宜様宮田は, 秀吉は, 私にも, 稀に, 穴の, 空に, 突然, 立ち上って, 立派に, 笑顔で, 笠を, 米友は, 系図一巻と, 約束の, 紙に, 紳士は, 絵に, 綱は, 緑いろ, 繪に, 美奈子の, 群集の, 聞くと, 肩から, 背中に, 胸の, 胸を, 腑に, 腹の, 腹を, 自分という, 自分には, 自分を, 自然に, 舞台の, 舞台は, 花が, 若い男, 若者は, 茶店の, 茶碗を, 茶色の, 葉の, 藤村の, 表に, 裏の, 褐色の, 襖の, 西洋人は, 見事な, 見覚えの, 親の, 言って, 言ひ, 誰が, 貴方の, 赤飯だ, 足は, 足許に, 近くの, 逃げるよう, 逆に, 逸子は, 運転手は, 道庵先生が, 道庵先生は, 遠い昔, 遠くの, 遥かの, 遥か彼方, 部屋は, 酔って, 重大な, 鉛筆で, 門が, 間の, 阿父さん, 雨戸の, 霧が, 靜かに, 面白いの, 顏の, 顔が, 顔に, 風が, 風に, 風呂の, 食物を, 首に, 馬から, 馬は, 馬籠の, 馳け, 驚いたよう, 驚いた事, 驚くこと, 驚くまいこと, 高い山, 髪は, 鬢の, 鯛の, 鷹の, 麓の, 黒い水, 黙つて, 鼻が

2 [1811件 抜粋] ああそれ, あった, あなたは, あの娘, あの紺, あまりにも, ある部分, あれでも, いうが, いきなりドンと, いきなり耳, いそいで, いつの間にか三人, いつもその, いは, いへども, いやもう, うつかり, おいて, おなじく幾つ, おもしろいの, おやっと, お前も, お化けの, お園, お定, お悦, お母さまは, お祖母さんが, お蝶, お駒, かわいそうだ, きっと田螺, きれいな, こういう事, こう上手, ここでは, こっちの, このよう, この世界, この侵入者, この地方, この山, この手紙, この犬, この詩, こまかな, これだけ, これまで, こんなこと, さうでも, さしもの, さては計略, しとやかな, すぐどこ, すぐわかる, すぐ傍, すぐ来た, すこし吃り, すツ, ずっと向う, そ, そうばかり, そのあと, そのネクタイ屋, その人々, その光, その内, その夜, その婦人, その当時, その扉, その日一日, その求婚, その画家, その籠, その若い, その記者, その部分, その電燈, その頭, その高島田, その黒い, それぞれの, それでも, それ等の, たいていそれ, たちまちに, ちょうどその, ちよつと, つい胸, どういふ, どうしても一個, どうです, どうも超, どこかに, どこに, どつち, どんな人間, なにかしら, なるほどこれ, なるほどちゃんと, なるほど親指, なんでも, にこにこと, はしなくも目, ひとつの, ひどく驚いた, ふいと, ほとんど想像, まあ何, まずこの, またも, また別, また殊, まだなか, まだ半分, まだ水, まっ黒な, まるで弩, まんざら忘れた, むこうから, もうだれ, もう一時近く, もう乞食, もう十一時過ぎ, もう四十位, もう日, もう葉子, もう雨, もどかしくなる, やあと, やはりその, やはり上州, やはり日本, ようやく分った, よほどの, わからんこと, アンナは, インド人は, ガタリと, クスリと, グッと, ズッと, ゾウの, チンチンと, トンネルの, ナポレオンの, ニッコリ笑い, パッと, フッと, ホツと, ポッと, モウ耐らなく, 一つは, 一人が, 一列の, 一夜の, 一寸先も, 一層それ, 一文も, 一旦は, 一緒の, 丁度あの重, 万葉の, 三人は, 三四郎は, 三桁の, 三等室の, 上では, 下を, 不在ぢや, 与八は, 世は, 両側の, 並木の, 中学生の, 主神に対して, 予期した, 事実は, 二人で, 云うに, 云う事, 五瓩は, 人と, 人物の, 今では, 今夜も, 仏像の, 仰天し, 伊八は, 似て, 何かしら柔かな, 何だか悲しく, 何とも云, 何もかも忘れ, 何処とも, 何時の間にか赤く, 余程これ, 作り花が, 侍が, 信一郎が, 俵を, 健が, 元来は, 充分に, 先刻から, 光の, 全くくるくるする, 全然通俗小説, 八年は, 八畳の, 六畳の, 其の儘, 其処は, 其美しい, 其辺の, 写真の, 冷やかに, 凄いほど, 切通しの, 初めに, 判然と, 刺か, 前述の, 勇敢なる, 北村君の, 十一時に, 十時に, 半蔵の, 又その, 又驚いた, 口の, 叮嚀に, 可哀相な, 可笑しいやう, 右に, 吃驚した, 同じで, 同様に, 向う側の, 君江は, 呉の, 周囲は, 呼込んだ娘, 咽喉頸に, 唖でも, 嘉吉は, 四時幾分と, 国家の, 地球の, 塀の, 夕闇の, 外では, 夜目にも, 大きなる, 大きな柳, 大体下の, 大層喜びました, 大石先生は, 天は, 天井の, 天野君は, 夷神が, 奇麗に, 女と, 女中は, 女房は, 如何にもそれ, 姉が, 婦人は, 子の, 字が, 守吉が, 安心し, 実にも, 実に面白い, 実際に, 家では, 家内は, 容易の, 寒気が, 實は, 尊氏は, 小, 小児と, 小林の, 小鳥の, 少しは, 少年が, 屋根に, 山内は, 岸本の, 左に, 己が, 巴里の, 布団の, 席が, 平安朝の, 年若い, 幾分の, 床が, 床板の, 店には, 庭には, 弥陀の, 彌陀の, 往来に, 後ろは, 御主人, 心に, 必ずこの, 忠相は, 忽ちその, 思いきって, 思ひも, 怪し火, 息子の, 悪夢から, 情ない哉, 憐れに, 戦争の, 戸袋の, 手も, 押入から, 捕手を, 教室の, 文三は, 文身が, 斯の, 新子は, 既に虎, 旦那様は, 明の, 春の, 昨年の, 是も, 時の, 暗い中, 書斎の, 最後の, 木の下に, 木綿の, 本人の, 本所でも, 杖が, 東南の, 板の, 枕を, 果してそれ, 果せるかな, 某大国, 栃の木の, 格段の, 案外の, 森の, 検事は, 横死した, 歌麿の, 此が, 此有樣で, 死人の, 母として, 氏の, 気を, 水底の, 氷峰は, 決して偶然, 河の, 泡の, 波は, 洵に, 浮いて, 涙で, 淋しそう, 湯が, 源六は, 滅多に, 灯火が, 無心な, 無理に, 焦茶の, 父も, 父親の, 犯人の, 狼狽した, 猿は, 玄關に, 生きて, 甲田は, 男か, 男結びに, 疑問が, 白いもの, 白皙長躯浪裡の, 百分の一よりも, 皆驚く, 目も, 直ぐ起き出し, 相当に, 真っ暗でしょう, 真の, 真赤な, 着物を, 矢張り嬉し, 石が, 硝子の, 祖父は, 秀吉が, 私たちは, 称して, 空には, 突き當り, 窓は, 竹の, 筆を, 粗末な, 紅の, 素人の, 紫色の, 紺三郎です, 絶望した, 綺麗な, 練吉は, 縫子の, 美女の, 義雄と, 老年の, 肌には, 背が, 脚の, 臙脂色の, 自分以外の, 自然が, 興味が, 船長が, 色々面白い, 芝を, 若しや, 茣蓙の, 草花が, 莞爾笑つて, 落葉の, 薄紫色の, 虫の, 蛇が, 蛾次郎は, 蟹は, 表の, 裏には, 複雑な, 西洋にも, 親切に, 言つた, 話を, 謎の, 豹一の, 貴方と, 赤い着物, 赤人の, 足も, 路易は, 車から, 辰代は, 逃したこと, 遁げて, 道助は, 道庵も, 遠くから, 酒が, 野侍の, 金モールの, 金庫の, 鉛筆の, 鍔元の, 長い間, 長野は, 院の, 陽子は, 雨は, 雪は, 雪子は, 電燈の, 青い実, 青木は, 面白いこと, 音が, 顎の, 顔色を, 風も, 食べられんのう, 飯を, 馬が, 馭者は, 駒井甚三郎の, 驚いたその, 髪も, 鬼の, 鳥の, 鴉は

1 [18231件 抜粋] ああいつの間にか, あたかも地主貴族文化, あにはからん, あの師範校, あの葉書, あまり強い, あるいは法水, あんなにはなやか, いいのよ, いかにもしょぼしょぼ, いかにも無自覚, いきなりぴったりと, いきなり疊, いくら野趣, いっさん, いつとは, いつの間にか十時近く, いつもにっこりし, いづれ纒まつ, いや実に, いろいろちがった, うつくしい, おかしいほどに, おでんかん酒の, おもはず驚き, お冬, お客様が, お照, お蔦は, かう言つて, かず枝, かねて和宮様, かんしゃくを, きっと自分, くたびれたかの, こいつ良い, ここを, このていた, この仕事, この四桁, この少年, この明白, この燃えさし, この老人, この郡北城村, これからお, こわさ, ごく短い, さしも西国, さながら子供, ざっくばらんな, しぶしぶ腰掛, すくなくとも昨夜, すぐ判る, すぐ消し, すこし向う, すでにしぼりこまれた, ずいぶんぼうぼうと, せっかく骨, そうとしか, そこまでは, そのす, そのやっ, その事, その兵, その坊さん, その小僧, その性格, その時そこ, その沈黙, その盤台, その美し, その街路, その鈴, その駅, それでも幾分, そんなに若い, たいへんいや味, たしか七十円, たちまちかすか, たのむ味方, だしぬけに, ちゃんと帰ってる, ちょうど父子, ぢやん, つくづくそう思う, てっきり千代松, とてもか, とんと何, どうしても元, どうしても誰, どうもガタガタ, どうも真実, どうやら形, どっちが, どんな君子, なかなかどうして頼山陽, なぜいつもいや, なるほどきょう, なるほど去年, なるほど檜, なるほど青い, なんとのう, のぶちゃんの, はつはと, ひっくりかえりそう, ひどく阿, ふとあはれ, ほしいと, ほらあの, まあ比較的内発的, まさに駕籠, またなんだか, また大, また趣, まだ両親, まだ指先, まったく大, まるでわが, まるで曲馬団, まるで魯鈍さ, みょうな, むくりと, めずらしい気もち, もうたまらなかっ, もう二三日, もう匕首, もう姿, もう春, もう立派, もちろんみんな, やがて本当, やっぱり坑夫, やにわに深淵, やはり一般, やはり心臓, やはり親孝行, ゆくゆくは, よく枯れた, よほど攻め, わきの下や, アアもう, イキナリ怒鳴り付けた, エミリアンは, カンカン音, クライブに, コーヒーな, ジャズを, セエラも, チマ子は, テラスに, ドードーと, ハイデッガーや, パチリパチリと, ピカデリー・サアカスに, ブルが, ボズさんが, ミサ子は, ヨッフエの, ロンドンの, 一つとして, 一体に, 一向人, 一寸滑稽, 一層驚い, 一昨夜の, 一生縁遠い, 一種異様の, 一郎さんは, 丁度四番目の, 七瀬は, 三分たっ, 三寸に, 三百八十兩の, 上品な, 下方を, 不忍弁天, 与次郎は, 両手で, 中生代の, 主人常, 乙女も, 亀井氏の, 二ひきの, 二十だ, 二名の, 二間ばかりの, 互いに黒, 五時すこし, 亡霊の, 人妻でない, 人間なら, 今仆, 今朝早くから, 仕方なささう, 仮令其, 会堂の, 住宅は, 何かしら厳かな, 何だか大きな, 何て, 何となく胸肉, 何やら書いた, 何故か急, 何處から, 余計な, 例年まっ, 俳句は, 側面の, 元から, 先でも, 光に, 全くこういう, 全く死, 全頁, 八田といった, 六朝文字の, 其の人夫, 其処らに, 其等の, 内容的に, 冷やかな, 出かける時, 分度, 初めて自分, 別段慄, 前日に, 力の, 勘算し, 北を, 十二, 十手の, 千二千という, 半分ばかり, 南東の, 印象と, 厚ぼったい絨氈, 又ポイ, 又鍛冶小屋, 取急いだらしい短い, 古往今來盡未來, 可憐そうという, 吃驚したらしい, 同じ厳粛さ, 同情しず, 同時に宮内, 名馬の, 吸い込まれるよう, 呪いの, 品川の, 商売人は, 嘉吉の, 四人で, 四月二十日以来の, 国民党の, 土門だった, 地蔵様の, 城址の, 場内も, 壇には, 外へ, 多可子は, 夜風が, 大きな天狗, 大な, 大分調子が, 大師様の, 大洋が, 大阪から, 天明の, 夫でもとも, 奥さんが, 女学校でなけれ, 如何なる名義, 妓は, 威厳あっ, 子という, 孟獲, 守人の, 定家假名遣, 実に微妙, 実は女房以外, 室積では, 宿引は, 寝る方, 寺田は, 将軍夫妻は, 小さな泡, 小女が, 小柄で, 小間使と, 少し困る, 少なくとも狗頭猴中, 居るには, 山の端は, 山野を, 峡中の, 川手氏は, 左膳一流の, 布巾戸棚が, 常軌を, 平常の, 年頃の, 幾つも, 広大な, 庚申の, 弁護士は, 当分私は, 彼処にも, 往来を, 従来なら, 微熱が, 心得ても, 必ず頭, 念仏系統の, 怖が, 思うほどの, 思わず一方, 怪しからん意味, 恐らく両脚, 恥ずかしそう, 悠々として, 情なさうに言, 意思なる, 慇懃に, 懐郷的に, 我庭にも, 戦車は, 扇風機が, 手頃の, 折角勤め口, 指針は, 提灯の, 支配頭から, 教授の, 敷香は, 文身だらけので, 新たに, 旅馴れ, 日本とは, 旦那が, 明りの, 昔からの, 昨夜来の, 時によっては, 智惠子の, 更に入口, 最うちら, 月々如何に, 朝子の, 木箱と, 本土の, 杉なりに, 東京区裁判所執達吏鈴木達彌, 松谷秀子と, 果して勝利者, 果して雨, 柔和しい, 桂州は, 案外諸, 森川夫人の, 極めて弾圧的, 権十も, 櫻木海軍大佐日出雄少年武村兵曹等は, 止して, 此傾向が, 此辺は, 歴史的研究は, 殆ど出獄, 殿様の, 民吉は, 氣持が, 氷詰に, 決してうしろ, 沖から, 法律上及び, 泥溝の, 派立, 浴槽の, 涼し相, 済まなさ, 満更知らない, 滿更さうで, 濃紅姫, 灰皿は, 無暗に, 然し渠, 燈火の, 片側に, 物分りの, 狂喜し, 狼達は, 獲物を, 珍重すべき, 甚だ危険, 生憎煙草盆, 田舎家には, 男女二人の, 番頭から, 疑問は, 痴人が, 白い衣, 白色の, 的を, 皇道会も, 目うつり, 直ぐ五, 直にに, 相撲が, 真ッ青, 真黒くなっ, 矢張りそれは, 知って, 石巻を, 磯五が, 神様が, 禿げちょろ, 秋は, 稲を, 突然何, 立上がり兼ねて, 笑いかけたが, 第十四圖, 箪笥や, 粗野な, 納屋と, 紫を, 結局絶えず, 綿入れは, 縞お召の, 美しい大根畑, 羨ましい樹, 老人行火に, 聲は, 胆の, 脚下に, 膨れ返った男, 自分等は, 興奮に, 良家の, 芭蕉は, 若いの, 苦しい, 茶の間が, 荷物を, 落雷二十余ヵ所です, 蒼ざめた頬の, 薄く曇った, 藍花染の, 虞美人草の, 蟇も, 衣服は, 裏庭の, 西洋では, 見切って, 親しみの, 解るよう, 討死を, 語尾の, 誰一人明月の, 譬へば自分, 負われた男, 賄賂を, 赤ん坊の, 起き上がり三人, 路は, 車掌さえ, 農民の, 迷信と, 逢う奴, 過日の, 遠い処, 郁次郎の, 酷らしく, 金は, 釜を, 銀杏に, 鎌倉から, 長く伸ばした, 門番の, 闊然と, 隆吉は, 障子が, 雛でも, 雲突く, 青い杉, 非常識な, 頑丈な, 頼みが, 風景は, 食卓掛の, 首筋の, 駆けて, 驚きましたねえ, 高さ二尺, 髮は, 鰓の, 鷹は, 黒いもの, 黒羽二重の

▼ 見ること~ (4127, 6.7%)

180 が出来る 150 ができる 130 が出 117 ができた 106 が出来た 99 ができない 77 が出来ない 75 がある 65 ができなかった 59 にした 49 のできない 46 は出来ない 45 が出来なかった 41 の出来ない 39 はできない 34 ができました 33 だ, である 31 ができません, にしよう 28 の出来る 27 は出来なかった, もある 26 のできる 24 ができ, ができます, も出来る 22 が出来, になった, の出 21 にし, になる 20 があった 18 が出来ます, はできなかった, もできない 17 が出来よう, はできません 16 を得た 15 が出来ぬ, にしました, はない 14 もできる 13 ができませんでした, は出, も出 11 ができよう, が出来ず, が出来るだろう, が必要, もなく 10 があつ, ができぬ, が好き, の出来ぬ, も出来なかった 9 ができなかつた, ができるであろう, がなかっ, が出来なかつた, になりました, のできた, もあった, もない, も出来ない, を得ない

8 [11件] が出来ました, が出来ません, なしに, にする, になつ, によつて, のできなかった, のない, は出来ません, を得, を得ず

7 [13件] があります, ができたら, が出来ませんでした, になっ, のできぬ, はあるまい, はできぬ, はなかっ, は出来ぬ, もできなかった, もまた, も出来ず, も聞く

6 [12件] から働く, では, にある, になろう, に致しましょう, の方, はできる, は私, は稀, もできず, も出来た, を忘れ

5 [25件] あり, ができず, ができなくなる, がない, が不可能, が出来たなら, が出来たら, が可能, が私, だった, であった, です, にしましょう, にします, に心, は, もあつ, もでき, も出来ぬ, を得なかつた, を得る, を恐れ, を恐れた, を欲, を知っ

4 [31件] か, ができたなら, が出来なくなった, が出来ましょう, が出来ませぬ, が出来るであろう, が稀, が非常, だろう, なくし, なし, になり, に慣れ, に致しました, の出来なかった, の興味, は出来なかつた, は彼, は決して, は興味, もあり, もおもしろい, もできよう, もならず, も稀, を得ざる, を恐れる, を楽しみ, を知らない, を許されない, 聞くこと

3 [59件] ありと, あるも, が, があっ, がございます, ができなくなっ, ができなくなった, ができませぬ, ができるであらう, ができるでしょう, ができるなら, ができれ, がなかつた, が出来なく, が出来るだらう, が出来ん, が多い, が能, さえしなかった, だな, だろうと, であります, でありますが, とした, とする, にいたしましょう, にいたしませう, にきめた, にしませう, のある, のなかっ, の出来た, はある, はこの, はできず, はできた, はできなかつた, はできませんでした, はほとんど, はやがて, は不可能, は出来る, は困難, は実に, は誠に, もあれ, もしない, もできた, もできます, も出来なかつた, をしない, を得べけれ, を得ん, を止め, を私, を覚え, を許さず, を許され, を許された

2 [157件] あたわず, がありましょう, があるだろう, があるで, がこの, ができたであろう, ができなく, ができなくなり, ができましょう, がどんなに, が今, が出来なかっただろう, が出来なくなりました, が出来なくなる, が出来るでしょう, が出来るなら, が多く, が大, が大嫌い, が少なく, が彼, が心苦しかっ, が至当, が許されない, すらできない, すら出来ない, すら出来なかった, ぞ, だと, だらう, であり之, であるが, であろう, であろうと, でした, でなければ, でも, なく, なくば, なし夫, にいたします, にいたそう, にしたい, にすれ, になれ, によってその, によってまた, によって之, によって吾, によって彼, に彼, に慣らされ, に決めた, に決心, に男, に異ら, に研究, に終っ, に致します, に致しませう, のほか, の無い, はあっ, はありません, はかなわなかった, はきわめて, はすなわち, はその, はできないだろう, はできないであろう, はできなく, はできまい, はとても, はないだろう, はなく, はなはだ少なき, はむづかしい, はもう, はもちろん, は一度位, は今, は僕, は全く, は出来ないでしょう, は出来ん, は別に, は到底, は大いに, は実際, は容易, は彼女, は必要, は恵み, は愉快, は日本, は早計, は止め, は正しく, は死者, は無い, は珍, は神官, は結局之, は能動的, は見た, は許され, は許されない, は誰, は避ける, もあります, もあるまい, もできません, もできるであろう, もなかっ, も不充分, も不可能, も出来, も出来ねえ, も出来ません, も出来ませんでした, も可能, も困難, も少く, も御座います, も必要, も樂, も珍しい, も考える, も許されぬ, より外, をお, をさ, をすつかり, をせず, を勧めるであらう, を好めり, を強要, を得き, を得なかった, を得べし, を得るなり, を徹底的, を忘れた, を怖, を教, を教え, を教える, を敢, を楽, を知ってる, を知らなかった, を見る, を許さない, 多く衆人, 少なし, 熟せり, 甚だ深刻

1 [991件 抜粋] あたかも屋上, あたかも汝, あたわざるなり, あらねば, ありとい, あるとき, いたって, かできなくなった, かと思われ, かなわずこれ, かもしれませぬ, からわれ, から始めなけれ, から或は, か出, があ, がありまし, がありません, があるでしょう, がいやらしかっ, がお, がおそらく, がおでき, がおもしろく, がきらい, がしばしば, がすでに, がそれ, がたまらない, ができたろう, ができないだろう, ができないです, ができなかったでしょう, ができぬだろう, ができませう, ができるだらう, ができるです, ができん, がどうして, がなく, がなんとなく, がもう, が一層, が一番楽しみ, が上手, が之, が今年, が何, が働く, が全く, が其一つ, が出来ないです, が出来なかったら, が出来ぬだろう, が出来やしない, が到底, が哲學的, が地獄, が堪えられない, が多かっ, が大抵, が嫌い, が寂しく, が少く, が心, が心苦し, が恐ろしく, が意味, が日日愉みと, が書い, が有る, が望み, が楽しい, が欲せられる, が正しかっ, が殆, が比較的, が無上, が生涯, が簡単, が許され, が許されぬ, が誤っ, が近年, が適当, けっして珍, こそ我, さえあった, さえしない, さえできなくなり, さえなかっ, さえも出来なかった, さえ不可能, さえ堪えられなかった, さえ恐ろしく, さえ苦しく, さえ辛く, さとき人, しかできぬ, しか知らない, すなわち真実, すらもいやがった, すらもできぬ, すらも知らない, すら出来ず, すら彼, だけがたのしみである, だけでもわし, だけは免れる, だけは大いに, だそう, だべ, だらうと, だろうか, だろうなどと, であらう, でありもう, であり從つて, であり現在, であり過去未来, であると, である即ち, であろうこれ, でこの, ですな, でどれ丈, でもあった, で二重, で意外, で時, で汽車, で知り合い, で笑われは, で過去, で難, とてなし, となり, となるであろう, とばかり想像, ともなります, と同じ, と思った, と描く, と示す, と聞く, なからん, なかれ, なきに, なきを, なき瞳, なくに, なく二, なく書いた, なく終った, なく音声, なし出る, などがある, などの出来る, などは思い, などを思ふ, なの, ならあの, なり, にあらね, において誤っ, におさまっ, にかなり, にきめ, にさえ, にしようで, について役に立つた, について語, になつて, になりだした, にはならない, には多く, には慣れ, には花桐, には贊成出來, にもなる, によって, によってこの, によってと思い, によってはっきり, によっても故人, によってわれわれ自身, によって人, によって何等, によって働き, によって全て, によって制御, によって少く, によって心, によって心眼, によって我々, によって楽しむ, によって現在, によって義憤, によって自己, によって興味, によって西田論理, によって計量, によつてヘーゲル, によつて制御, によつて眼, によらなけれ, によりてもよく, により自分, に兄弟ひとつ, に努め, に堪え, に妙, に急, に悪魔的, に成つた, に抜け, に於, に機敏, に決め, に満足, に相談, に肚, に興味, に誰, に過ぎなかった, に長, に馴れ, ね, のそして, のなかつた, のほう, のよろこび, の不当, の予習, の冷, の出来なかった隠れた, の出来なくなった, の名人, の外, の多き, の姿勢, の少い, の少なかっ, の快楽, の晩, の機會, の正し, の狭き, の甲斐, の窮屈さ, の範囲, の苦し, の謬見, の難しい, の驚異, はあらじ, はいけない, はいつ, はいわゆる, はおろか, はこじつけ, はごく, はさして, はさながら, はしなかった, はしばらく, はする, はその後, はそれ, はそんなに, はたのしい, はできなかろう, はできなくなった, はできよう, はとうてい, はなお, はなから, はなくならなけれ, はなんて素晴らしい, はひどい, はまつたく, はもとより, はわれら, はフォーシュルヴァン, は一番, は世界, は予期, は事柄, は云う, は人間, は他, は余等, は先, は出来, は出来ないだろう, は出来なくなりました, は出来ませんでした, は勿論, は単に, は却, は可, は哲學的, は多い, は大, は失われた, は奇妙, は女, は妙, は嫌, は小田原城下以来, は岸本, は帰っ, は当然, は彼独特, は心臟, は忘, は忘れなかつた, は悲しい, は抽象的たる, は救, は文化, は明らか, は望めません, は本当, は楽しい, は構わない, は正確, は死んだ, は比較研究法, は無意味, は狎れっ, は現代, は理論上, は百万, は瞬間的, は知識, は社会常識的, は種々, は自由, は良人, は要するに, は親, は許されなくなる, は許し, は誤つたし, は開府以来江戸っ子, は雄鶏, は非常, は馴れ, は鶴見, まではできる, もあらね, もあるたい, もいらない, もおでき, もかなうまい, もかなわなかった, もさしたる, もじ, もせなかった, もそれ, もたくさん, もだから, もできなくなるであろう, もできましょう, もできるであらう, もともに, もなくなった, もまあ, も一つ, も不自然, も二人, も亦, も伸子, も何となく, も出来たであろう, も出来ないだろう, も出来まい, も出来ます, も出来るだろう, も及ばなかった, も叶わなかった, も同時に, も喜ばぬ, も嗅ぐ, も多い, も大切, も少い, も彼, も我々, も拝む, も支那, も有れ, も極めて, も気, も決して, も物, も知らない, も耐ら, も苦しく, も許されず, も面白い, や, やらにいったん, よりはお母さん, よりももっともっと, よりも困難, を, をあまり, をうべ, をえなかった, をおそれる, をさえぎられ, をしたくない, をすこし, をせない, をなさずし, をはなはだしく, をまとも, をも心得, をやめなかった, をゆるした, を一年中, を以て自分, を停め, を公然, を初めた, を努めはじめる, を勤めない, を厭っ, を反覆, を啓発, を喜ん, を基礎, を好まない, を好みません, を好ん, を妨げる, を嫌う, を学びたかった, を學び, を希望, を後, を得ざり, を得ざりし, を得しや知る, を得たる, を得つれ, を得ました, を得れ, を忌む, を忘れなかった, を思いついた, を怠らなかった, を恥じた, を悪い, を惜しく, を意識, を愛する, を憚ら, を戒められ, を描い, を教えよう, を日課, を本性, を楽しんだ, を樂しん, を止める, を爲さずし, を珍し, を病的, を目的, を知つて, を知り, を約束, を義務, を虞, を覚えこんだ, を許さなかった, を許さる, を許されず, を許されぬ, を許し, を避けず, を非常, を願つたの, 何とかという, 少なからず, 尚深き, 度々で, 打たれること, 新しき物, 最も多き, 死の如く形而上幽明有無, 為すことタクサン, 真に此, 能わずして, 自體, 難くなりたる, 難くなりぬるなら

▼ 見る~ (2662, 4.3%)

190 である 59 です 53 であった 49 だった 4644 も厭 42 もいや 39 でした 38 では 28 が至当 24 だが 23 であるが 21 が好き 18 ですが, と同じ, ははじめて 17 も嫌 15 が厭, だと, は初めて 14 であります 12 もいい 11 もイヤ 10 か, が一番, が楽しみ, が正しい, は, は今 9 が私, だから, は当らない 8 だつた, であるから, は始め, も面白い, を楽しみ 7 が嫌, が常, でも, は厭, は私 6 がきらい, がよい, が何より, が大好き, が妥当, はこの, はこれ, は面白い, もまた, も一興

5 [11件] がいや, が何, が本当, が穏当, じゃない, でなければ, と同様, はいや, はお, は実に, は生れ

4 [33件] があの, がいい, がなに, が今, が例, が嫌い, が彼, が怖, が恐い, が気の毒, が癖, が癪, が苦痛, が辛い, が順當, さ, じゃ, だよ, だろう, だろうと, であろう, とはまるで, はあまり, はどう, は当然, は決して, は非常, も不愉快, も他, も初めて, も忌, も悪く, 願ひ

3 [55件] がうれしく, がお, がこの, がつら, がつらい, が好い, が嬉しい, が怖い, が怖し, が楽しい, が目的, が自分, が自然, が至當, が苦, が適當, が面白く, が順序, さえいや, だったが, だという, ぢや, であったが, であって, でございます, ですか, ですから, ですね, ですよ, ならば, はいい, はいま, はまことに, は今日, は全く, は君, は珍, は皮相, は誤り, も, もこれ, もよい, もよかろ, も一つ, も共に, も好い, も好き, も胸, も興味, も面白から, をやめ, を恐れ, 他は, 明が, 機会を

2 [157件] かその, かと思う, かな, かも知れない, か知ら, がうれしい, がすき, がその, がなんとなく, がほんとう, がまた, がやっと, が一番捷径, が一番早道, が一番近道, が云う, が何だか, が便利, が便宜, が俺, が厭さ, が大, が好, が如何にも, が嬉しく, が宜, が当, が当然, が役目, が怖かっ, が怖く, が悲しかっ, が愉し, が愉快, が普通, が最も, が本, が本道, が楽しかっ, が正当, が氣, が當然, が第, が苦しい, が面白, が順当, こそ不合理, さえ厭, だがと, だそう, だとて, だらう, でありますが, です或, と同じく, と少し, と違う, と違っ, と違つて, なら俺, にいい, にし, には今, に便利, に小, に時間, に適し, はい, はいささか, はいつも, はお前, はちょっと, はどんなに, はまだ, はまったく, はもう, はやっと, はよい, は一寸, は不当, は不思議, は久しぶり, は何, は何時, は全く初めて, は切なかっ, は墨, は大変, は大嫌い, は好い, は嬉しい, は当, は彼, は恐らく, は悲しい, は早く, は楽, は片手落ち, は珍しい, は甚だ, は當然, は痛快, は神経衰弱, は美しい, は自分, は興味, は興味深い, は要するに, は誠に, は辛い, は随分, は高い, もお, もこわく, もそういう, もその, も不快, も今, も何年振り, も億劫, も同じ, も哀れ, も多い, も嫌い, も当らない, も彼女, も心持, も憚, も楽, も樂, も気, も気味が悪い, も苦しかっ, も退, も面白かろ, を, をかの, を好んだ, を忘れ, を恐れた, を感じる, を枝, を楽, を止め, を気, を至当, を避け, を避ける, 傾きあるに, 外なけれ, 思ひあり, 明なき, 明を, 時なりと, 時代においては, 時機決して, 眼を

1 [965件 抜粋] かい, かぢ, かと存じます, かひからびた, か私, か解りません, が, があたり, があたり前, があまりに, がい, がいじらしい, がいちばんきれい, がいっそう, がいま, がうれし, がおもしろく, がかわいそう, がくせ, がこわい, がそんなに, がたのしかっ, がたのしみ, がたまらなく, がだんだん, がつらかっ, がとても, がなかなか, がねえ, がひどく, がひろ子, がほん, がまぶし, がめんどう, がもく, がやくざ, がやりきれない, がよろしい, がわが, がキライ, がフシギ, がモコウ, が一つ, が一ばん真実, が一番便宜, が一番宛て, が一番無理, が一番至当, が一番適當, が一茶, が不愉快, が不気味, が五月蠅, が今日, が仲人, が何れ, が余計, が僕, が先生, が具合, が別に, が受付, が可哀そう, が吾, が四郎, が因果的, が大事, が妻, が娑婆, が嫌ひで, が嬉しゅう, が尋常, が幻想, が彼女, が心底嫌, が心苦しく, が恐しかった, が恐ろしかっ, が恥かしく, が恥しい, が恥ずかしい, が愉しかっ, が愛国的認識, が懐しく, が所好, が捷徑, が文学, が旧, が早う, が時として, が最近, が有, が格太郎, が楽, が楽みなの, が槍, が欣, が武士, が毎日, が気の毒さ, が気恥かしく, が浩, が無難, が物憂かっ, が現在, が白鳥, が直観, が矢張り, が穏やか, が精一杯, が羞, が自慢, が術, が親切, が賢明, が身の毛, が辛かっ, が通例, が進歩的教育者, が適当, が関の山, が面羞ゆそう, が頂上, が鼠, さえ億劫, さえ気味, さえ辛かっ, じゃそれ, じゃ敵討, すら怖く, だからね, だけれ, だし, だそれに, だとも, だなりませんよ, だね, だろうという, だ夢, だ意気, であった黙許, でありました, であり仏性, であるこれ, であると, である從つて, であれば, であろう仰向いて, であろう而, でしょう, でしょうと, ですからな, ですし, です以前, でないから, でない以上, でなくその, でなく主観, でなく働くこと, でなく形成作用, でなく星, と, とが私, とではまるっきり, とでは感じ, とでは米友, となん, とはすこぶる, とは様子, とは違っ, とひとつ, とまったく, と云, と何かしら一つ批評, と全く, と大, と未婚者, と歴史的知識, と異ならなかった, と瞬く, と絵解, と醒め, なんかは山の手, にたいへん, になかなか, にはあんまり, には問題, にもいい, にも一銭, にも夕食後, にも飽きた, に三十分, に余りに, に先だつ, に千兩積, に困る, に堪へない, に堪へられなく, に大, に満足, に聴い, に過大, に適わない, に鋭敏, に馴れ, はあきらめ, はあたし, はあながち, はありがたい, はうらさびしい, はうれしく, はお初ウ, はかえって, はかまわない, はご, はすっかり, はすばらしい, はそれ, はた, はたのしい, はたまらなかっ, はたりない, はつく, はつらい, はとりわけ, はどうも, はなかなか, はなにか, はなんと, ははたして, はほか, はほんとに, はむす, はやがて, はやはり, はやや, はよほど, はわけ, はわるい, はクリティシズム, はサト子, はモンテーン, は一応, は一種アメリカ帰り式, は下品, は二人, は人, は今年, は他, は伸子一人, は何と, は何とも, は何事, は何年振り, は余り, は俺, は僕, は僻目, は具体的, は冬, は出来ない, は切ない, は勝手, は北海道, は単に, は参考, は古来, は可哀そう, は善く, は四か月ぶり, は堪えがたい, は夜分, は大利根川, は夫, は好く, は嫌, は子達, は実に初めて, は実際, は家, は寒く, は實, は封筒, は少し, は左馬介, は常識, は幸福, は当りません, は彼女, は後世, は必ら, は快い, は怪しむ, は恐ろしい, は恥かし, は悪夢, は惡, は意外, は愛者, は我軍, は承知, は故意, は敵軍, は早計, は昔, は更に, は杉, は植物学者以外, は極めて, は楽しみ, は止めた, は正面, は此為, は氏, は気の毒, は氣, は浅薄, は淋しい, は滑稽, は無理, は無論, は珍しかっ, は現れた, は生まれ, は男, は當つて, は癪, は的中率, は相手, は眞, は瞬間, は矢代, は神經衰弱, は私達, は科学思想, は穏当, は素人考え, は縁起, は美術家, は耐えがたい, は職工気分, は臆測, は良い, は苦しい, は薄気味悪い, は覚悟, は許すべからざる, は誰, は足らぬ, は近代医学, は近年, は遠く, は適切, は錯誤, は間違, は間違っ, は降っ, は青銅, は面白く, は顛倒, は養子, は髯, もあつ, もありゃ, もいま, もうがちすぎ, もきらい, もこちら, もしばらく, もそろそろ, もちよい, もともに, もなつかしく, もま, もまぶしい, もむだ, もものうい, もよかっ, もよく, もよし, もわるく, もカフエ, も一往無理, も一生, も一策, も七銭, も不思議, も今日, も何年ぶり, も全く, も其, も凄, も動い, も又すぐ, も品, も困難, も変, も好から, も嫌えだし, も寂しい, も岸本, も常に, も幾十日ぶり, も必要, も忘れ, も怖し, も恥, も惡, も愉し, も感じる, も懶く, も打撲, も暗く, も有った, も楽しい, も正しく, も気づまりだった, も気持, も気羞, も氣味, も決して, も満更, も滿更惡, も珍しかっ, も皮肉, も眩, も穢しい, も繁夫, も聞く, も胸糞, も興, も苦々し, も英語, も薬, も要するに, も距離一つ, も遠い, も面倒, も領域, やさ, や新しい, よりも地平, をおそろしく, をこんなに, をつけ, をもはや, をよし, を丸山勇仙, を厭, を厭っ, を唯一, を喜んだ, を好まず, を好ん, を得た, を恐れる, を愉し, を慎しん, を故意, を楽しんだ, を樂しみ, を知る, を笑い, を苦界, を見, を適当, んさいムカムカ, んと, サ, ンが, 一段に, 人格者として, 余裕が, 余裕を, 公憤を, 利益を, 危險ある, 喜びとを, 外全く, 外日本の, 始めて, 彼女の, 心地, 思いが, 思ひあらしむ, 悦びたとへん方, 感なき, 明あっ, 明なく, 時は, 望みあるならば, 機会なき, 港場で, 特権あり, 眼なり, 秘訣なり, 習いです, 興味有らし, 苦しみ其二なり, 趣が

▼ 見る~ (1984, 3.2%)

63 つけても 53 及んで 49 つけて, 見かねて 36 忍びない 28 見兼ねて 18 於て 17 しても 13 足るもの 12 及びて, 足る 11 忍びなかっ 9 忍びなかつた, 敏な, 至るなり 8 敏なる 7 至った, 至れり, 限る 6 如くは, 至ったの 5 ここは, 堪えかねて, 堪えないよう, 堪えなかった, 多くは, 至る

4 [12件] きまって, さやけし, たえないもの, たへ, 付けても, 及ばずして, 堪えぬ, 第一, 至ったもの, 至って, 至つた, 越したこと

3 [25件] いかにも神妙, およんで, すぎない, それは, 及ばなかつた, 堪えない, 堪えないもの, 堪えなかったの, 堪へなかつた, 大なる, 彼らは, 忍びざるもの, 忍びず, 忍びぬと, 愚意を, 由なく, 耐えないの, 至ったが, 至るは, 至るべし, 足らん, 足るべし, 過ぎない, 過ぎないの, 随って

2 [118件] あらざれば, あらずや, いずれも, およびて, この地, こは, これも, これ亦, したところ, しのびないもの, そこには, その中, たえなかった, ただ意味, ちが, なきが, まことに神, よし, 世の, 亦進歩保守, 付け聞くに, 伯は, 似たり, 何う, 何の, 其の超然主義, 内に, 処々の, 到ったの, 十七字中に, 及ばない, 及ばぬ, 及びては, 及びわが, 反つて, 只今の, 堪えがたい, 堪えず, 堪えない気持, 堪えない程, 堪えられなくなって, 堪へない, 堪へないで, 増して, 壽阿, 多少其の, 大概の, 女房の, 就ても, 左の, 常に消極的, 彼の, 彼は, 忍びざること, 忍びずし, 忍びないか, 忍びないで, 忍びなく, 忍びぬを, 忍びません, 忍びん, 恰好な, 慈母の, 折から, 文明の, 新聞記者の, 於いて, 是れ, 木板色摺の, 本乗物, 果して, 次の, 歳は, 気もちが, 法隆寺には, 物うく, 独自の, 異ならず, 相違ない, 私は, 種々の, 空なる, 空は, 維新政府の, 美しくする, 耐えないよう, 耐えなかった, 至ったわけ, 至らずと, 至りき, 至りたりと, 至りました, 至るであろう, 至るの, 至るのみ, 至るまでの, 至れる, 若かず, 蕪村また, 蕪村画名の, 見かねたの, 見かねたよう, 見兼, 見兼ねた, 見兼ねました, 見兼ねられて, 見兼ねると, 資望朝野の, 足らぬと, 過ぎざれば, 過ぎなかったの, 過ぎなかつたが, 過ぎぬ, 違ひない, 都市の, 難く成ける, 非ず, 顔も

1 [1166件 抜粋] あたかも数年間土中, あの鷲, あまり寒から, あらで, ある, あるいは観音, いかなる人, いずれの, いたったわけ, いたらざら, いたらない, いたりました, いたるの, いたるまで, いたれるなり, いたれるは, いつの, いまだ断言, いやしくも中人以上, いわゆる小, うどんの, おめ, およばんが, お目, かつて子, かなた薄く, こしたこと, この不幸, この人, この禍, これに, これまで, こんな連中, さかしい者たち, さといお, しからず, した所, しのびず伊那丸さま, しのびないと, しのびないの, しのびないほどの, しのびなかつたといふ, すがしも, すぎない程度, すでに神林, すべて政令法度は, せよ概ね, せわしくて, そのえ, その一甚困しん, その人, その仕方, その傍, その地, その壁, その形, その方八町, その来りし, その目的, その船内, その著作, その要旨, それが, そんなもの, た, たえない, たえないそう, たえないと, たえないよう, たえない焼け跡, たえぬ, たえる芸人, たえ兼ねた母親, たへね, だ尤も, つけては, つひに, ところどころいかが, とどまるだろう, どうもあまり水練, どうもコーヒー, どうも物足りない, どうやらわたし, なかなか味, なにごとか, なみだの, なるほど憎まれ, なるほど部下, なれて, ひとりは, まかせて, またおなじ, みな垂れ下がる, みな生死禍福に, もう一降りドッ, もとより改革論派たる, もの凄いまで, やあらむ, やはりこれ, ややその, よいと, よしなみ, わが傘意外, わが国の, われ帝王と, イバンは, イヤ實に, カフエ・ミネルワの, ステッキあり, ドウも, マッチを, レスコフは, ワダツミと, 一九〇六年三月二日下院の, 一向に露, 一家相寄り, 一方では, 一男子にて, 一番めぐまれた, 一種の, 三人五人と列を, 三尺児と, 下手どもにて, 不便少き, 世にも稀, 世人は, 両膝, 中朝, 主人來り, 事の, 事実に, 二種あり, 五六尺も, 享保二十年七月将軍吉宗公中川狩猟の, 人いちばい明敏な, 人口増加力は, 今の, 今より, 他の, 付け何れ, 任す, 会員たる, 似たりき, 体の, 何と, 何ゆえか, 何國何時代に, 余らの, 例へば元屋村, 価する人格, 便利だ, 俄かに, 俤晴やかならず, 倉子は, 倫理に, 傷寒か, 僕の, 元柳原町, 先ず最も普通, 全く事実, 全く古風, 全色彩, 兵法至極し, 其思想頗る, 其美其妙塵垢に, 内仏, 処々に, 出入りの, 初めに, 初めは, 到った, 到らないで, 到りは, 前方に, 努力の, 化物の, 北寿は, 卓上に, 印は, 厳格き, 及ばずと, 及ばなかつたの, 及び, 及びなお, 及び彼, 及び駸々乎, 及べるなり, 及んでも, 同じ犬張子, 同様の, 吾, 和尚勝手にて, 啻に縦線, 四十年前の, 四方は, 国元の, 土の, 土間の, 在るばかり, 城中の, 堪えかね仏壇, 堪えざる事, 堪えず居るに, 堪えず障子, 堪えないくらいに, 堪えないところ, 堪えないほどの, 堪えない侮辱, 堪えない品, 堪えない思い, 堪えない自分, 堪えない芝居, 堪えない重症患者, 堪えぬほど, 堪えぬ女, 堪えぬ醜悪さ, 堪えられなかった, 堪えんほど, 堪へざらん, 堪へず, 堪へずとして, 堪へないですからネ, 堪へないもの, 堪へない不快感, 堪へない様, 堪へない芝居, 堪へなし, 堪へられなかつた, 増した趣, 壁の, 夕焼の, 多く讓る, 大さ, 大凡二つに, 大師もとの, 大抵どれ, 大浪の, 天の, 天神は, 太白星を, 女同じ, 妙を, 婦女子どもといふ, 学者とか, 定めたる事有, 実に女, 実に左表, 実に捧腹, 実に異様, 実際誤った, 家族のみで, 寂寞たる, 專ならしめ, 尋常の, 小人を, 少しく疑ふべき, 尤うるさく, 尽く, 川面籠る, 左千夫の, 差別の, 常識的世論が, 年は, 床下の, 式内の, 強ひ, 当時士人の, 彼岸は, 彼等が, 従来の, 從來の, 徳川時代の, 心の, 必ずあり, 必ず実力, 必然も, 忍びざりきかく, 忍びざる, 忍びざるとかいふが如き, 忍びざる厭惡, 忍びざる悲し, 忍びずしてかくのごとく道徳上の, 忍びずとしてか, 忍びずわざわざ, 忍びず伸子, 忍びず御, 忍びず日, 忍びず此處, 忍びず自ら両者, 忍びないつら, 忍びなかつたから, 忍びなくなったの, 忍びぬ一脈, 忍びぬ者, 忍びませぬ, 忍びんという, 忽然神気逆上し, 急な, 恋人という, 恰も深山, 惑は, 慣らされて, 慣れた浦人, 我らが, 我國に, 我身万一の, 戦争初期決戦戦争的色彩の, 手の, 折しも宵月夜, 拾五間御, 支那にては, 政友会と, 政治の, 教育は, 数人の, 既に夏, 日數のみを, 日本の, 早くも, 明治三十九年に, 易へて, 春信は, 昼から, 普請に, 曰く, 書史會要などと, 最もよき, 最も好い, 最初は, 朝に, 本心を, 村内の, 東亜の, 松谷秀子と, 果して百足, 柳は, 樗園は, 橘樹の, 欧州首府中の, 正室の, 此の, 此婚姻は, 歳徳神は, 毎時も, 毎瓢同様, 気の毒なる, 氣の, 汝が, 江戸にて, 決してそうでも, 決して神経的, 洋服に, 浄土教信仰の, 浮世絵並に, 涼しげなり, 淡々として, 滞岳中食気, 火の手は, 無論少, 爪でも, 物無しより, 狡猾らしい, 玉女が, 甚だ宏大, 生の, 甲乙二団体が, 異ならず何等, 疲労の, 痛ましかつ, 白髪交り, 皆かわり種, 皆天保八年後, 皆必ず, 目睫も, 目鼻立ちの, 相違ありません, 眼尻口元どことも, 石に, 確だ, 神界の, 禽獣草木に対して, 稲荷の, 竜王の, 竹の, 竿に, 筋肉の, 築城河川売買貸借測量検地度量衡金銀の, 素盞嗚尊の, 経済書中に, 続物の, 繋いで, 美しく恋, 美術としての, 耐えかねたといった, 耐えないもの, 耐えない筆跡, 耐えられなかった, 背には, 胸先づ迫き来れ, 脇腹に, 臣に, 自分が, 自分は, 至ったという, 至った事, 至っては, 至つたのださうだ, 至つた今日日本の, 至らざるは, 至らず賤民, 至らんこと, 至らんとは, 至りし事情, 至りその, 至りたる事, 至りスカンヂナヴィア文學, 至り俳諧, 至り無生, 至るこの, 至るだろう, 至るもの, 至る故, 舁揚部落すなわち, 舟子は, 花の, 花見帰りの, 芸術的の, 若くは, 苦しい景色, 英国には, 茶山は, 葉の, 蒲田谷方面は, 薄桃色, 藤孝の, 虎体狼腰豹頭猿臂まことに, 西洋文明の, 見かね, 見かねその, 見かねたもの, 見かねたフランス人, 見かねた或, 見かねてさ, 見かねるよう, 見かねトラ十, 見かね関白, 見兼ね, 見兼ねた様子, 見兼ねるん, 見兼ね私, 詮じ来れ, 謡曲の, 豊頤細目健全温厚の, 財ある, 貴女の, 足らざるなり, 足らざる一草舎, 足らずとも, 足らず富士, 足らないと, 足らぬが, 足りないほど, 足りまた, 足るべきもの, 足る叙景, 足る或, 足る紅葉, 辟は, 近からん乎, 迷犬の, 過ぎざれども, 過ぎない物足りな, 過ぐ, 過半は, 違いない, 適当の, 都合が, 都合の, 鈍な, 鋭利に, 鎖着込みは, 長四尺, 長門の, 陸上にも, 隨て, 雄の, 雄猿, 難い, 雪後の, 雷獣に, 霞亭は, 面倒なり, 面白く寫生, 飽かずその, 馴れて, 高さ, 髪の, 魁偉に, 鳥を, 黒人ばかり

▼ 見るよう~ (1540, 2.5%)

116 な気 66 になった 26 にし 25 なもの 21 なこと, になっ 20 な眼 19 である 18 だ, な感じ 16 に, になりました 15 にした 13 な心持, な気持ち 12 な見ないよう 10 であった, な, な眼つき 9 だった, な気持, な眼付, になる, に思った 8 にその, になり 7 な事, な心地, な思い, にはっきり 6 であるが, に私 5 です, なあの, な風, にこの, に想像 4 な一種, な大きな, な態度, な目, にそれ, に成った

3 [17件] じゃ, だと, でありました, でした, なところ, な様子, な簡単, にうっとり, にする, にながめ, になります, に思う, に眺め, に眺めた, に自分, に見, に見る

2 [62件] だが, であったが, でおもしろい, では, でも, なつもり, なふう, なやつ, な下, な人, な傾向, な光景, な凄, な印象, な品, な場合, な小さい, な工合, な巨大, な形, な心, な心持ち, な恰好, な感, な新, な時代, な無邪気, な状態, な生々し, な直, な眼眸, な穏やか, な考えかた, な胸, な自分, な興味, な詩趣, な調子, な顔, にあの, にお, にしなけれ, になるであろう, になれ, に人, に友吉, に君, に四方, に委曲, に彼, に思われ, に思われる, に明らか, に明白, に注意, に相手, に続々, に葉子, に見られ, に見入っ, に見当, に黙っ

1 [750件 抜粋] じゃったな, だそして, だその, だろう, だわ, だ如何にも, で, であったに, であつ, であり又, であり芭蕉, でいつも, でおかしく, でご, でございました, でしかも, ですぜ, でそして, でその, でなん, でもあった, で一層, で不快, で御座いました, で心, で病身, で絵, で自分, で荒寥, で要するに, で身の毛, で面白い, で鼻, なああ, なあらあら, なあんな, ないい, ないずれ, ないや, なうっとり, なお, なかれの, なきれい, なぐあいになるので, なこころ, なこの世, なこんな, なさまざま, なするどい, なその, なそんな, なちょっと, なつや, なとこ, なとり, ななまなましい, ななま白けた面, ななんとも, なの, なは, なほのぼの, なまた, なまったく, なみじめ, なもしくは, なもん, なやさし, なやや, なより, なわけ, なタルミ, なトロリ, なボウーッ, な一種グロテスク, な一部, な一面, な三人, な上, な下生え, な不思議, な不義, な世界, な丹下左膳, な事件, な事実, な人たち, な人物, な人間, な今, な仏蘭西人, な仙郷, な使い方, な俗健, な傷, な僅か, な公園, な具合, な円光, な円顔, な冷厳透徹, な凄み, な力, な動き, な動物, な印度洋, な叡智, な口, な古ぼけた煤色, な同時に, な向嶋公園, な唐物店, な土城, な地主, な地方, な地理学的基礎, な堅い, な声, な夜, な大木, な天空深淵, な天魔太郎, な太夫, な奔放, な奥床しい, な女, な奴, な好奇心, な姿, な娘ぶり, な実験的研究, な室, な寂しく, な寒冷紗, な工場, な帆柱, な幻想的, な幻覚的, な広々, な底, な廓, な弊, な強烈, な彼, な微, な心もち, な必死, な快, な思, な恋愛, な恐ろしい険しい, な悪夢, な感興, な感銘, な憎みきった目, な憐みさえ, な手の, な振り, な播州地方, な放浪的, な日光, な日本人, な明るい, な明るみ, な景色, な晴れた日, な暇つぶし, な暗い, な書画道楽, な有難い, な松並木, な果敢な, な柔らか, な桶, な横木, な横柄, な民謡風, な気分, な気配, な洋式建築, な派手, な淋しい暗, な混沌さ, な渋み, な溌剌, な滑稽, な澄明, な濃, な灰色, な烈しい, な無残, な煩瑣, な熱狂ぶり, な燃焼的, な燦鬱, な牧場, な物寂し, な王朝風, な現実, な甘い, な生きたの, な生きたる客観主義, な男振り, な画, な痛痒さ, な癖, な皺, な目付, な眼付き, な眼附, な硝子扉, な社会, な私闘, な稀少性, な端麗, な筋肉, な細かい, な紺, な緑, な編み, な美しい, な老婆, な肉, な背, な自由, な至極, な色とりどり, な色彩, な色彩美, な花紋, な華やか, な華やかさ, な萩, な落ち着いた心地, な薄日, な血潮, な衝動, な複雑, な規則正しく細長い, な記録, な詩境, な話, な貪欲, な貴婦人, な質素, な身, な迅さ, な造作, な運び, な運命, な都市, な酔い心地, な野性, な金色燦然, な鎧, な長く, な間柄, な陰気, な雨, な雪, な青, な青い, な青空, な静けさ, な静穏, な非常, な面持, な革命, な頬笑み, な香わし, な驚き, な驚異, な骨張ったむげ, な骨格肉附, な高峻, な髷, な鮒, な黄色, な黒土, にあいなった, にあらわ, にいう, にいった, にいつ, にうしろ手, にうながそう, におずおず, にかぎわけられるで, にかすん, にかれ, にくらくら, にくりくり, にぐっしょり, にここ, にこれら, にこんな, にさわ, にしか受取れない, にしげしげと, にしたい, にしました, にじっと, にすぐ, にすれ, にそう, にそう決して, にそれら, にたいてい, につぶやいた, にできた, にと云われ, にと云われる, にと奨めた, にと宿, にと思っ, にと書き残された, にと言い残し, にな, になぞえ, になつ, になりはじめた, になん, にはためき, にはつくられ, には出来ない, にひとり, にひれ伏し, にふと, にぶらさがった, にほほ笑ん, にまじまじ, にまた, にまゆ, にみずから, にみんな, にむかし, にウットリ, にション, にソーッ, にハッキリ, にボーッ, にユルバック, に一切, に一心, に一目, に一通, に上, に上流, に不快, に不愉快, に云った, に人妻生活, に今日, に他, に低い, に体じゅう, に何一つ, に例, に傾い, に先, に冷淡, に冷静, に分った, に半町, に合い, に向こう, に呆気, に告げた, に呟いた, に哀れ, に喬木帯, に国内戦時代, に地獄谷, に外, に大きな, に大まか, に好奇, に姉, に実物以上, に実験, に宮子, に家, に寧ろ, に小僧, に小紋, に巨大, に底, に引入れられ, に当り前, に彼ら, に彼等, に彼自身, に心がけ, に忠相, に思います, に思い出される, に思われた, に愉快, に感じた, に感慨, に憎悪, に我, に所司代, に拵え, に描かれ, に描きたがった, に撮れた, に支配階級, に教育, に散り, に文字, に文芸的感覚, に明瞭, に暫く, に曲, に書き置き, に服飾美容, に未知, に楽し, に楽しい, に横目, に橋, に正成, に歪み, に歴史的社会的存在, に気, に永久, に決して, に泛, に泣くべき, に海, に渡瀬, に源叔父, に滝人, に濃い, に無数, に特に, に現われ, に田の面, に男, に畳, に白く, に目, に目睫, に盲目的信仰, に相変わらず, に眺めやった, に眼, に知る, に神経, に稚, に種々, に笑った, に簡単, に紛々, に織, に美しく, に脚榻, に自分自身, に自然科学, に葉蔭, に蔑んだ, に表情, に西洋人, に見た, に見つめ, に見ない, に見ぬ, に覗いた, に覗き, に言い付けた, に言い当てた, に記され, に詰襟, に読みつけ, に読めた, に論理的, に警戒, に赤く, に車夫, に進化, に道具, に遠く, に遥か先, に門札, に降り出した, に隅々, に隆盛, に電気灯, に電熱, に青, に静, に面, に面白く, に顔, に顔全体, に首, に馴らされ, に鮮明, に黒ずみ縮ん, 狭い店

▼ 見る~ (1167, 1.9%)

221 いい 203 宜い 102 よい 63 好い 46 早いか 16 如し 13 ごとし 10 いいと 9 いいや, 可い 7 よかろう 6 如くに 5 よいと 4 いいさ, すずしさ, よろしい, 否や 3 いいこれ, うちに, それが, ために, ようだった, 中に, 好いと, 如きもの, 良い, 間に

2 [29件] いいそれ, いいぞ, いいよ, ごとき観, ごとくに, しかし未だ, そこで, つらいから, ものは, よいわ, よい舌, ような, 何にも, 何も, 其, 出るにも, 厭は, 善い, 好からう, 如きは, 如き叙事詩的, 如き彼, 如き鋭敏特絶, 如くなるに, 暗くて, 次に, 穏当で, 胸中の, 誰も

1 [353件] あまりへっては, あまり多く, いいああ, いいあの, いいお前さん, いいお勝手, いいこうして, いいこの, いいその, いいそら, いいという, いいの, いいまた, いいやっぱり, いいよう, いいわ, いいん, いいホラ, いい下女, いい丑松め, いい九つ, いい事, いい今, いい八, いい八兄哥, いい切支丹, いい君, いい女, いい始末, いい張っ, いい後, いい思いさま, いい書い, いい本音, いい烈公, いい眼, いい美しいあの, いい芝居, いい誰, いい貧窮組, いい貴様, いい過去, いい遠いが, いい遠慮, いい非道, いかがです, いつでも, え, ええ, お前は, お政, お秋, お香代, かくあらゆる, かなしさ, この娘, この空あい, これこそ, これだけの, これは, これも, ごと, ごとき, ごときは, ごときもの, ごときを, ごとき名作, ごとき咬み合い殺し合うよう, ごとき性情, ごとき朝廷無視, ごとくただ, ごとくたとい, ごとく密, ごとく小松, ごとく帝国, ごとく感じられた, ごとく目, ごとく知れて, ごとく精細, ごとく見ざるが, ごとく豪壮雄大, ごとく赤土, ごとし強, しかしこんな, そうなった, そこに, そこは, そこを, そのあたり, そのいずれ, その中, その前, その当時, その結果, その臭, その解釈法, それに, それらしい, それを, それ等は, そんなもの, ただ徒労, ためでは, どうした, どうしても思, どうしても打ち消し得ない, どうしても目的, どうも心當, どうも思しく, どうも黒く, どこに, どこにも, なかなかない, まことに眉目, またゆ, また引, また引掴, まだしも陣竹, まだ親しみ, ままに, まま興の, まるで眼, みずからを, やっぱりいけない, やはり一家, やはり大体, ゆたけ, よいあの, よいお, よいこの, よいこれ, よいそれでは, よいぞ, よいの, よいふかく何かに囚, よいロミュアル卿, よい前, よい勢, よい彼, よい志賀屋, よい懐しかろう, よい果して, よい様, よい清冽, よい相好, よい聞える, よい香取, ようで, ようであった, ように, よう球が, よからう, よくは, よくコスモス, よに, よに見る, よろしいと, よろしかろう, わしは, ゴッホの, シマアヂに, 一番よく, 主なる, 二人共一緒に, 人の, 今夜は, 今年は, 他の, 何の, 何よりの, 何処からも, 何処に, 何処へ, 僕の, 僕は, 儘に, 全体を, 其は, 其様な, 内心は, 出て, 別にドギマギ, 別段の, 努めれば, 動物の, 千代子と, 又何時何分, 可, 可いわ, 可いんだ, 可え, 司教は, 哀しさ, 商売としては, 善いで, 堅牢な, 境遇に, 多くは, 大学以外の, 大抵大名, 好いさ, 好いじゃ, 好いよ, 好いアハヽヽ何, 好いワ, 好い中, 好い悪人, 好い瞬間, 如きあるいは, 如きの, 如きイズラム, 如き事, 如き光景, 如き叔父, 如き峡谷, 如き差異, 如き形, 如き形相, 如き思想, 如き愚, 如き感慨, 如き或は, 如き書割裏, 如き概, 如き淡き, 如き濃淡, 如き無慙, 如き異, 如き発達, 如き礎石, 如き稚, 如き義仲, 如き色調, 如き蟇股, 如き西洋, 如き観, 如き貴き, 如き超越的, 如き退縮, 如き鉄鎖, 如き驚嘆, 如くつまり, 如くでありチイナ, 如くである, 如くとうてい, 如くならしむる, 如くならずや, 如くなりぬ, 如くなるを, 如くまた, 如く一皇族, 如く且つ, 如く全く, 如く分ると, 如く彼, 如く想像, 如く投下, 如く日光直射, 如く楽しみ, 如く物象, 如く空間, 如く著しく, 如く見ざるが, 如く過去, 如く釣り合, 如し万国, 如し松陰, 如し間闊, 宇宙の, 宜いつ, 宜しい, 宜しいその, 寂しも, 幽けさ, 当の博士, 当人は, 当然である, 当然の, 彼は, 彼等は, 御免とも, 御用が, 心の, 恐ろしく眼, 悲しくて, 或る, 戸外の, 手傳つ, 故に事物, 故に男性女性, 早いだろう, 昔よりは, 時々お, 普通だ, 最もよい, 木曾谷の, 本場は, 本當, 果して, 歌人の, 正しいしかし, 正しからう, 此れ, 残念ながら, 母体を, 気を, 氣分乃至, 河合のも, 注意が, 浪曲は, 海寄りの, 為めに, 無縁坂の, 熱は, 燕が, 父親は, 珍しき菩提樹, 畳敷の, 直ぐはにかんだ, 相手が, 確かに, 穩當ならん, 純種の, 織子, 美人には, 羨しさ物, 自分に, 自分も, 至当だ, 至当で, 至当でありましょう, 至当でござろう, 至当でしょう, 至当なるべし, 至當である, 良いといった, 良い眉毛, 良い蚯蚓, 若い方, 荷が, 萬事手筈は, 話に, 誠は, 誰でも, 適当らしく, 野暮なり, 開かない, 間違つてゐる, 隅の, 青山には, 面白かるべし, 飛騨では, 黙って

▼ 見る~ (615, 1.0%)

66 が出来る 29 が出来た 21 がある, が出 16 が出来なかった 15 が出来ない 12 にした 11 の出来ない 10 は出来ない 9 が出来 8 も出来る 7 ができた, ができる, は出 6 が出来れ, にする, の出, もある 5 が出来なかつた, である, の出来た, の出来る, は出来ぬ 4 ができ, が出来ます, が出来よう, にし, にしよう, も出来ない 3 が出来ぬ, が出来ました, になる, によつて, のできない, はできなかった, は出来なかつた, も出来よう, も聞く, を得

2 [28件] がしばしば, ができなかった, ができません, が出来ず, が出来たら, が出来なくなっ, が出来るだらう, が出来るであろう, が必要, が私, だ, だが, であった, であるが, なし, などもある, になった, に致します, はどうしても, はない, は出来ないだろう, は出来ません, は無い, もあった, も出来るでしょう, を喜ぶ, を得た, を忘れ

1 [217件] あり大, か, があった, があつ, があらう, がおりおりある, がございます, ができず, ができたら, ができない, ができぬげ, ができよう, ができるだろう, がどうしても, がなく, がなけれ, がよく, が一ばん, が一寸, が何より, が六ヶ, が出来なくなった, が出来ね, が出来ねえ, が出来ますまい, が出来ませう, が出来ません, が出来ませんでした, が出来るだろう, が出来るで, が出来るであらう, が出来ん, が叶わない, が多, が多い, が多かっ, が大切, が好き, が少い, が屡々, が折々, が普通, が望まれなく, が痛く, さえできない, さえ禁じ, じゃ, すら作家, ぞ, たね, だけでも一種, だけはまつ, だけはやめ, だと, だという, だろう, であるから, となった, とによつ, と二つ, と信ずる, と天龍峽, なくし, なく亦, なく只, なく終, なしと, などもあり, ならず視覚, なんか駄目, において日本人, にきめた, にさ, にしましょう, にせよ, については僕, になっ, になつ, になつたの, になりました, によって自分, に一致, に半ば気, に原, に定め, に改, に極めて, に気がついた, に深い, に興味, に落ちつくだらう, のかへす, のつれなき, のできる, のない, のならぬ, の出来ずなっ, の出来なかった, の出来なかつた, の出来ぬ, の可否, の早く敏い, の終り, の量, の面白から, はあまりに, はありませんでした, はいかにも, はおぼつかない, はしなかった, はできない, はできるだろう, はとても, はないだらう, はまたたく間, は二歳位, は作者, は先づすくないのである, は再び, は出来ないだらう, は出来なかった, は出来まい, は出来る, は出来ん, は即ち, は否定出來, は妙, は少し, は期し, は極めて, は此際, は氣, は珍しい, は疑い, は確実, は至つて, は見る, は親たち, は辛い, は間違ひで, は頗る, は頗る当然, ほど楽しい, または階下, もあらへん, もお, もしかねたし, もしない, もその, もつらかっ, もできない, もできました, もできる, もない, もならず, もや, も一つ, も今, も何, も出, も出来かねる, も出来なかつた, も出来なく, も出来ます, も出来やしない, も出来るだろ, も出来るだろう, も出来れ, も有, も淋しい, も無く, も無くなりましょう, も稀, も致しません, も許されない, より思ふ, より用いる, を, をお, をしない, をしなかった, をする, をせず, をゑせざるまましるし, を何, を好まなかった, を好まぬ, を妹, を嫌った, を學んだ, を幾分, を得ずし, を得るなり, を忍び得ざりけん, を忘れる, を怖, を恐れず, を教えなけれ, を楽しみ, を樂しみ, を求む, を知らず, を藤野氏, 両三度, 憎しとて, 暫く間, 極めて罕, 殆ど稀, 決して初, 決して初対面, 直ちに見る, 聞くこと, 聞く事, 能わざるなり, 能わざるも, 能わざるを以て, 良き事

▼ 見るもの~ (589, 1.0%)

69 聞くもの 21 では 12 だ, はない 8 がない 7 である, もある, もない, を, をし 6 です, の眼 5 だと, のよう, 障るもの 4 がある, ですから, の心, は, は伯, は誰, もなかっ

3 [11件] が見れ, きくもの, さ, でないと, なくし, なり, はその, は一人, は無い, も聞く, 聴くもの

2 [34件] か, かな, かなと思った, かは, がことごとく, がなかっ, がみな, が皆, その内部, であって, であるから, であること, であると, でございます, でも, とはち, なん, にこの, にしみじみ, のない, の心積り, の目, はそれ, はみな枯木, は何人, は先づ, は如何, は空, も無い, を見る, 聞くもの何, 聞くもの何もかも, 聞くもの癪, 触れるもの

1 [276件] あらじとぞ, かそんな, かとやや, かと爾来, かね, かは正直, から聞く, から苦, か鈴蘭, があった, があったら, があり, があるなら, がすべて, がすべて希望, がなくなった, がチャント, がチラチラ, がボー, が一度, が何, が実は, が實, が少ない, が必要, が悲しく, が月, が有, が有る, が欲しく, が淋し, が無, が無かっ, が珍, が美しい, が見, が見なけれ, が青々, きくもの味, ことごとくはなやか, さすがに, じゃありません, じゃあ有りません, じゃなくっ, じゃ音, すらありません, だから, だが, だけ見たら帰る, だった, だという, つよく魂, であらう, であります, であるが, であるという, である以上, ですが, ででも, でないといふ, でなくて, でなくなるかも, でなく働くこと, で一軒, で前述, で所謂知識階級, で近付い, と, としてで, として人類, として悲憤失望, として珍重, として眼, とては雲, となった, とは似, とは全く, と一緒, と二通り, と何, と大した, と大差, と相場, と見せたい, と言, なく四角, なく女房, なしとて, なの, なので, ならず唯, ならん, なり御, なり思ひも, なり覚めて, なるべきを, なんかなくなっ, なんかは全然, なんとなく活気, にそんな, につけ, にとってなに, にとつて, にはランプ, には一哩, には人間, には無限, には長州藩, にまざまざ, にも, にもが万代, にも聞く, に与, に与へる, に何とも, に供する, に只, に残され, に比べ, に注ぐ, に涙, に無限, に目白, に襟, に較べる, に青青, のある, のお蔦, のすべて, のみのよう, の人間的自主的, の内, の問, の好色, の当, の心肝爲, の感じ, の方, の胆, の胸, の身, の顔, はありませな, はありません, はありませんでした, はあれた, はおの, はこれ, はこれ人, はすでに, はすべて, はたちまち, はだれ, はちゃんと, はなく, はなし, はますます, はまた, はみんな, はやはり, はわれわれ, はフラア・マルチノ, は一種, は全く, は同じ, は呆れ, は大概此樣, は天井, は女人淫行, は小木, は少なく, は尠, は岡, は幼兒, は形, は彼等, は心理学, は必ら, は悠久, は新聞雑誌, は来たるべき, は東方琵琶湖面, は残っ, は白い, は皆, は直に, は着物, は自由, は芸, は虚飾, は衆生, は見, は詩人, は誓, は諸, は諸行無常, は質, は連日連夜, は遺徳, は電気, は青い, は風, ばかりとは言えません, へまで問題, また耳, もあった, もありました, もありません, もいつか, もごま点, もなく, も何, も決して, も精神作用, も見, も見なく, も見ね, も見られなかった, やきく, や食う, よりは少し, よりももっと, よりも一層, よ今廣, らしいこの, をうたえ, をこんな, をちやん, をもいわず, をも含む, をゾックリ, を余計, を君, を大きく, を愛し, を教育, を模倣, を見, を見ませぬ, を見ません, を見落とし, を言, を達識者, を都, を魅せず, を鼓舞, 大いに泣かされる, 尽く唯渇き, 尽く自分, 従ってその, 従って書く, 悉く珍しい, 悉く白き, 感ずるもの, 暑を, 畏れて, 皆乾, 直ちに化, 考えるもの, 聞くものごと, 聞くものその他すべて五感, 聞くもの半蔵, 聞くもの地獄, 聞くもの彼, 聞くもの応接, 聞くもの文明開化, 聞くもの涙, 聞くもの珍, 聞くもの皆, 聞くもの舌, 聞くもの花, 聞く人, 聞く物, 聞く物すべて, 聞く物皆, 附き添いに

▼ 見る~ (550, 0.9%)

19 気の毒な 10 怖ろ, 無惨な 8 哀れな, 無慚 7 無残な 6 無残に 5 無惨に, 無殘 4 いやな 3 みじめな, 無慙な, 無慙に, 鮮やかな

2 [28件] あわれな, いぶせき有様, ぶきみ, よかろう, ムザンに, 亦大同小異, 伯が, 修辞派の, 先生の, 到底前, 厭で, 厭に, 可, 可なら, 哀で, 大なる, 好い, 左を, 愉快な, 更に異, 氣の, 無慙な死に, 痛ましいほど, 胸が, 遊里を, 閣下は, 閣下を, 鮮やかに

1 [400件] あきらかである, あさましい形, あざやかな, あわれ, あわれなほど, あわれなボロ, あわれな乞食, あわれな佝僂, あわれな冷たい, あわれな姿, あわれな状態, い, いいじゃろう, いいと, いたいけだ, いたいたしかった, いたいたしげ, いたましいバラック建, いたましい姿, いたましい悲しみよう, いたましい痩我慢, いぢ, いつまでか, いと恥, いぶせい地, いぶせきこの, いぶせき一品料理屋, いぶせき一軒家, いぶせき掘, いぶせき男, いぶせき血, いまわしい土色, いやだ, いやに, いや見れ, うとましい楽書, うらやましきも, おそろしいば, おそろしいよう, おそろしい奪, おそろしい妖虫, おそろしい柱, おそろしい真鍮, おぞましく身の毛, お気の, お気の毒, かなしき, かなしき小, かれが, かわいそうな, きたならしい乞食少年, けがらわしい, けがらわしいと, けがれだ, けがれだっ, この恰好, これが, これらの, さみしや, じじむさい胡魔塩, じれったくて, すがすがしいほど, すさまじい光景, すさまじい大蛇, すさまじ然, ぜひなく, そちの, その心, その所在, その最も, その色, その辛, それさへ, それは, ぞっとする, どうもあの, なか, なかなか不愍, なつかしいこと, はかないばかりに, はかなき限り, ぶざま, まず鳥居, またかく, またしかり, またその, またたくま, また団結, また壮観, また妨げない, また幽, また裏, まぶしい, まぶしいくらい, まん中に, みじめに, むごたらしい兇行, むごたらしい最後, むさくるしい乞食, むざんなありさまです, むざんなありさまで地面に, むざんなまでに刈り払い, むざんなむくろとなっていたからです, むざんな傷あとです, むざんな姿であった, むざんに掘りかえされた, むざんに斬り殺され, むざんに破られ, めざましく眼前, もったいなや, ものうし, もの凄くなった, やつれたふう, よくアメリカインディアン, よし, よしこの, よしまた, よろしからん, り上った山, り上って, わずかに, イヤだ, コワイような, ハムムラビ法典は, ビスケー湾としては, ンじゃねえ, 一策だ, 一興, 一興か, 一興じゃ, 不器用に, 不安な, 不快の, 不気味な, 之を, 事實として, 亦一興, 今のみ, 今は, 今日に, 今日の, 俗書の, 修身教育の, 俳優学校の, 傷ましい, 傷ましく幾たび, 傷ましげ, 全体に, 共に語るべき, 其全道程を通じて, 其文路に, 凄まじい美しさ, 凄まじき五寸釘, 凄惨な, 分からず不断山頂, 分明なり, 勇ましいもの, 勇ましい健気, 勇ましき盛況, 勇敢なる, 北斎の, 北斎は, 厭き夫, 厭だ, 厭な, 厭は, 古き支那繪畫, 可なり, 可恠, 合衆國亦, 同一の, 否也, 吾人は, 味気ない, 哀に, 喜ばしい女, 器物の, 壮んな, 壮麗な, 大師の, 天保以降浮世絵板刻の, 太儀だろう, 奇妙な, 奇怪な, 女王の, 好ましい, 妨げず, 嫌だ, 嫌ひなのだ, 安永年代においては, 宜く, 実に江戸時代, 実世界以外, 寂しはかなし, 寒そう, 寛政画家の, 小杉さんの, 小気味よい一点, 尚且つ, 山上は, 島影一つ見えぬ, 巨大な, 常に弟, 幽霊塔全体が, 幾多僕等, 店を, 強き深き, 彼が, 彼の, 心うい, 心の, 心ひかるる, 心苦しいからと, 忌わしい奴, 快い姿, 怖ろしき悪戦苦闘, 恐しい畸形児, 恐しい血みどろ, 恐るべきもの, 恐ろしいあの, 恐ろしいそれら七人, 恐ろしいほど, 恐ろしいよう, 恐ろしいガレ, 恐ろしい光景, 恐ろしい大, 恐ろしい嫌, 恐ろしい容貌, 恐ろしい憤怒, 恐ろしい紫色, 恐ろしい蟹, 恐ろしかった, 恐ろしく気味悪く, 悒き, 悩ましい姿態, 悩ましく知る, 悪るふざけなり, 悲しかつ, 悲惨の, 悲痛の, 悽惨な, 情ない死骸, 情ない骨立, 惨たらしいが, 惨めな, 惨澹たる, 意地悪気に, 意義なし, 憎態, 憐れだった, 憐れな, 憐れなあり, 手廻しが, 捕えず仁, 敢て, 新たなる, 新内閣中, 新内閣中實, 日本が, 早くは, 明白に, 更らに, 最古の, 未だ已, 本邦の, 楚々たる落墨, 楽しい老人たち, 樹木に, 機械の, 次の, 正成が, 此説話は, 歯痒いばかり, 歯痒いよう, 歯痒い有様, 死火山と, 残忍な, 民族的教養は, 気だるくなっ, 気の, 気の毒じゃ, 気の毒でした, 気持の, 汚ない, 汚らしい老婆, 汚れじゃ, 汚れると, 汚わ, 決して細君, 浅ましいその, 浅ましいと, 浅ましいので, 浅ましい孕み, 浅ましい裸形, 浅ましき人非人ども, 浅ましくところ斑, 浅猿, 浅間しい, 涙ぐましい程, 淋しく惨め, 淫らが, 深刻気な, 清々しいす, 滑稽な, 潤って, 無悪, 無態, 無慘, 無慙だ, 無慙であった, 無残である, 無残でした, 無残の, 無益と, 無論立派, 燦然たる, 爽快に, 牛は, 物々しい荒い溜息, 物々しく肩, 物凄い工合, 物凄い形相, 物凄い快, 物凄かつ, 物憂い醜い屍, 物憂げ, 猶お, 王軍の, 瑾君の, 生々しき獣皮, 甲斐, 甲軍の, 画事について, 異風な, 病苦に, 痛々しいほど, 痛々しい位, 痛々しい浮沈, 痛々しく目, 痛ましい教父, 痛ましい白骨, 痛ましい程, 痛ましかった, 痛ましくおもくるしい昏睡状態, 痛ましく悄げ, 痛わ, 益なし, 真に偶然, 眩い宝蓋, 眼の, 瞬ゆい, 知るべし, 穀類抔を, 穏健老実なる, 穢しと, 競うて, 竹花入れ茶杓に, 笑止引ッ掴ん, 精悍な, 縦から, 聞くも, 聴くも, 胸潰るる, 興味が, 船醉は, 花の, 苦しそう, 英雄の, 華美な, 華麗な, 薄気味わるい, 虚しきごとし, 蝶々なぞと, 要するに彼等, 見ざるが, 見すぼらしい人夫, 見ないも, 解すべからざる謬見, 設備足らずとて, 賤しい, 農村を, 透んだ蒼白い, 過言では, 醜怪, 鋭い槍, 限と, 陸の, 雷雨来たらず, 面倒に, 面白いだらう, 面白からう, 面白や, 體裁の, 鮮か, 鮮かに, 鰯嗅ぐ, 鴎外先生の, 鶏食べる, 鷹を, 黄昏れた

▼ 見るからに~ (478, 0.8%)

5 気の 4 気味の 3 気持が, 逞ましい, 風采の

2 [24件] たのもしげ, ひとくせ, ほれぼれと, わたしの, スマートな, ゾッとする, 不愉快な, 傲岸な, 冷涼の, 凜, 古びた一棟, 堂々たる偉丈夫, 堂々と, 寒々として, 寒し厳か, 怖ろ, 物凄い代物, 獰猛な, 精悍そうな, 紙幣の, 頑丈そうな, 頑丈な, 頭の, 颯爽たる

1 [412件] あいつは, あさましく, あやしげ, いかにも恐ろしい, いかめしい造り, いかめしい部屋, いそいそと, いたいたしく細れきっ, いやらしい, いやらしき娘, ういういしい高, うすきみ, うすぺらな, おそろしい死神, おだやかな, おぼつかなげ, お丈夫, かったるいその, きたならしいルンペン, ぎごちなく, ぐったりと, けがらわしい中年, ここいらの, こごしい姿, これは, さびしい, すさまじいさながら, ずるそう, その名, たくましい体格, ただ涙ぐましい, ただ熱し, たのもしそう, なんでも, なんとなく陰気, ひいやりと, ひとの, ひどい瘠せ, ひなびた居酒屋, ふてぶてしい御家人ふう, ぶきみ, ほの, また見れ, まだ土臭い, まづしほたるる松, みすぼらしい感じ, みずみずしい生気, みづ, むさくるしい一介, むさくるしい毛むくじゃら, ものすごい, ものすごくて, ものものしい扮装, やせ細って, やわらかそう, わびしい田舎寺, ゑましき, アカぬけた, アシの, グッド・ネエチュアードな, スピードの, タノモシそうで, チビだ, チャチな, テカテカと, パッと, ヤボな, ワザと, 一曲あり, 一癖ある, 一鞭あて, 万夫不当な, 万紅を, 丈夫そうな, 上べの, 下卑た中年, 不味そう, 不平さうに口の, 不平の, 不快気, 不景気そうな, 不逞な, 両替屋の, 人が, 人の, 人好きの, 人相の, 人間嫌ひである, 伊達な, 何か, 何となく床しく, 佗しい, 信頼され, 健かそうな, 健康そうで, 健康児童の, 偽善者らしい, 傷ましかつ, 元気そうな, 元気な, 元気者らしい, 元氣, 六区の, 円く稚く赤, 凄い程, 凄まじい芝居, 凄愴, 凄艶, 几帳面そうな, 凡庸でない, 初々しい銀杏髷, 利口そうな, 利巧そのものの, 利巧らしく, 剛健で, 剣豪らしい, 剽悍無比な, 力の, 力闘という, 北国の, 南欧風の, 厳めしい, 厳めしかった, 反打, 古びた別, 古びはてた七八十戸, 可愛い子供, 可懐し, 味気ない, 哀れっぽい, 哀れを, 品の, 品格の, 唐紅口へ, 唾を, 善良な, 四十がらみの, 土質そのものの, 基礎の, 外国製らしい, 大そう, 大人の, 奇怪な, 奇異な, 好々爺然, 好きに, 好ましく彼, 好ましく手製, 好人物で, 妖魔の, 威光が, 威嚇的な, 威容堂々たる, 威風堂々たる, 婦人持らしい, 安っぽいプログラム式, 安普請の, 実体な, 寒々と, 寒い感じ, 寒かつ, 寒げな, 寒さ, 小さい少女たち, 小さな農家, 小柄な, 少し足りない, 山里の, 平々凡々たる, 平和だった, 幸福さう, 弱々しいの, 弱々しい一名, 弱々しい彼女, 弱々しい男, 弱々しく思われた, 強げ, 強そう, 強靱兇暴を, 当然らしく, 心地よく清風陣, 心細気, 心臓に, 忙しい, 快活無邪気陽気で, 怖しい, 思案に, 急進国の, 怪しげな, 怯えたやう, 恐ろしい入道, 恐ろしい守衛, 悠閑の, 悩ましげ, 悪戯そうな, 悪相だ, 悪相で, 悪相を, 悪魔の, 悲壮な, 情慾を, 惨めな, 惨酷, 愍れであった, 愚かしい説, 愚鈍な, 愛くるしいさわやか, 慓悍な, 憂暗な, 憂鬱なる, 憔悴し, 憔悴した, 成り上り, 手ざはり荒く, 打ちしおれて, 文化教育を, 明るい氣持, 昔を, 春意漂う, 智的な, 暑くるしく並木, 暖かそう, 有りがたく, 朱く, 村夫子, 植民地風な, 楽しそう, 様子が, 歎いた, 正しい武家, 武芸者といった, 武骨そのものの, 殺伐な, 殺気満々たる, 毒々しくあまれる, 毒々しく真赤, 気候風吹く, 汚なげなる, 江戸前の, 沈欝な, 油ぎった中年増でありました, 泰平なる, 浅ましい姿, 浮き浮きと, 浮城といった, 浮気そうな, 涼しげで, 涼しげな, 涼しそう, 涼味万斛広重北斎が, 淋しい集り, 淫らな, 淫奔らしい, 深い老, 深そう, 清々しい高士, 清新な, 清浄な, 温かさ, 温和し, 温室の, 滲みだして, 無氣味, 無鉄砲な, 爽やかな, 物すごい光景, 物凄い髭面, 物凄い鬚面, 狡猾らしく, 猛々しい真黒, 猛気, 猛豹, 王仁に, 瑞々しくて, 生き生きと, 生命の, 生気が, 田舎もの, 田舎出の, 田舎者然, 男まさりと, 男らしい顏立, 男らしい顔立, 画家らしい, 畑の, 異常な, 病弱の, 病弱らしい, 病身らしい, 痩せたのう, 皆いかめしい, 眼つきの, 眼の, 眼も, 石碑に, 神経質な, 神経質らしい, 秀才型の, 秋の, 立ち優れ, 立派で, 立派な, 筋肉の, 筋骨たくましい, 節太い, 篤実な, 粘ば, 精を, 精力的な, 精悍な, 素朴な, 素樸な, 索莫と, 綺麗な, 美しく整頓, 美味そう, 羨しい, 老実そうな, 聡明な, 肉の, 肥沃な, 胸も, 脆弱な, 脊髄骨の, 自然と, 色気の, 花やかで, 芸術家らしい, 苦々し気, 苦い顔, 苦しさ, 苦そう, 苦心慘たんと, 草画風である, 荒々しい姿, 荒れすたれた家, 菊池半, 華奢な, 落ちつかないようす, 蕭洒な, 虎眉豹身の, 虐げられた老人, 血色の, 行儀悪く, 裾野らしい, 西洋風に, 詰らん好々爺, 變な, 豊かな, 豊満な, 貧しい小国, 貧乏臭い, 貧民窟で, 貧民街で, 貧相だつた, 赤鬼の, 超人的, 足の, 蹌踉と, 身の毛の, 身体が, 身体を, 軽々しい亜鉛板, 軽卒で, 辛そう, 辛辣そうな, 近代的な, 近寄りがたい, 逞しい青年, 逞しく存じあげます, 逞しそう, 適任らしい, 醜悪で, 重さうなもの, 重厚な, 重厚に, 重大任務を, 野に, 野暮な, 野暮臭いイヤ, 金持らしい, 鈍重で, 鋭敏そうな, 長命の, 長身の, 長閑さうにいつかの, 長閑らしく, 閑雅な, 間に合わせという, 陥ち凹みし頬, 陰気な, 険の, 険相な, 陽気な, 險しい, 霞は, 青やかな, 静かそうな, 音楽家らしく, 頭が, 頸の, 頼もしいの, 頼もし気, 頼母しく感じた, 風の, 颯爽として, 食慾を, 骨格の, 骨董好きの, 高価な, 魁偉な, 黄色い濠洲バタ

▼ 見るやう~ (468, 0.8%)

34 になつ 14 な気 1310 に, にし 96 である, なこと, な氣 5 なもの, にな 4 な心地, な心持, な気持

3 [12件] でした, です, なる情なき, な一種, な世に, な事, な堅い, な感じ, にあの, になり, になる, 思はれて

2 [29件] だから, だつた, であつ, では, なさ, な冷淡, な思ひを, な氣持, な目, な目附, な眉, な眼つき, な華美, な顔, な風, にその, にと言, になつたん, になります, に一枚, に思, に思はれ, に成つた, に眺め, に眺めた, に眼, に私, に自分, に言

1 [244件] だとか, でありました, であります, であるが, でいたく, でこれ, ですよ, でそれ, でたとへ, でたまに, で主人, で何とも, で側, で妙, で蘆荻, で醜, で馬鹿馬鹿しく, なうつとり, なうら寂し, なさびしい, ななまめかし, なは, なまるで, なみすぼらしい, なものぢ, なもの故, なやさしい, なわけ, なクラシック, なグロテスク, なバヴアリア民間舞踊, なモダン, なモハメツト, な一幕もの, な一種拔, な一種痛快, な不思議, な不気味さ, な不潔, な不潔さだつた, な不見識, な人, な人達, な仲, な停車場, な傾が有, な傾向, な冷静, な冷靜, な凄まじい, な剃刀砥, な友染, な堅苦しい, な場違, な声, な奧, な奧さん, な妥協, な姿, な家, な家族主義, な小, な尾無し鶉, な山の手, な岩, な底, な強烈, な心境的, な必死, な思ひが, な思ひで, な思ひでも, な想, な感, な態度, な控, な敬虔, な景, な景色, な柔らか, な根性, な機會, な殺風景, な気持ち, な氣分, な浅, な深い, な清浄さ, な澄んだ神々し, な激しい怖, な濃, な烈しい強い, な熱心さ, な熱狂ぶり, な物凄い, な物好き, な特殊, な瓜實顏, な真似, な眼, な積り, な粗末, な純, な紫色, な紺飛白, な縹渺, な美し, な習慣, な聲, な能力, な色, な花蝶, な莟, な落ちついた快, な蒼, な表構え一面, な見せ物, な観察, な調子, な趣, な身輕, な軽, な近代的, な鈍い, な銅, な隨分イヤ, な隱者, な雄壯しき少年, な雑木林, な雪舟, な面白い, な高峻, におま, にかう, にさ, にしか見なかつた, にしげしげと, にした, にじ, にじい, にすら, にそつ, にそれ, にと命じた, にと心掛けた, にどう, になった, にならね, になりはじめた, になりました, になりませう, にひろ, にも思つて, にわし, にクス, にダンス, に上, に云つて, に人手, に仲間, に僕自身, に光り, に光る, に光景, に冷淡, に凄, に凝, に出, に函館, に分明指点, に刑事たち, に包ん, に唯ほほ, に地獄谷, に埼子, に大好き, に始, に婦, に嫌, に嵬, に幌, に引き緊つた健か, に強, に強烈, に思ひ, に思ひ出されます, に思ひ出される, に思ひ思ひ, に恩義, に意気地, に感じられた, に憎悪, に懐しく, に戦き, に戰, に抑えられ, に指圖, に散りこぼれ, に新しい, に新鮮, に暫く, に暫らく, に暮色, に望ましい, に村, に樂, に歪んだ, に母, に気付かず, に気味悪, に水戸部巡査, に洋館, に洒脱, に津々たる, に無事, に無言, に物, に画いた, に目, に眉, に眩し, に眺める, に祖母一家, に稍, に空, に第, に腸, に若竹, に薄ぐらく, に衰弱, に見た, に見つめ, に覗い, に警戒, に農家, に透明, に通詞制度, に遠く小さく, に陰険さ, に青硝子色, に非常, に頬, に馬鹿, に馴らされた

▼ 見る~ (466, 0.8%)

135 否や 9 いな 4 彼は 3 今まで

2 [12件] いきなり, その制作者, またも偽り, ギョッと, 一時に, 夜寒の, 当身一本船頭は, 彼れ, 米友は, 群がる涼み船, 膝を, 解散を以て

1 [291件] あと, あの直, いかにも昵懇そう, いかに加茂, いきなり彼, いちどホッ, いちはやく, いつもかうし, いつもの, いな云った, いな友達, うしろの, うだつたらう, お姉さん, かねて橋, ぐらぐらと, こらえずさっと, こんどは, ごむまりのやうにいきなり木, ごむまりのようにいきなり木, さらに烈しく, さらに陸地, しずかに, じつに突然でした, すぐこみあげ, すぐに, すばやく履物, その余分, その恩, その戀人, その片目, その直後, その言, たいへん驚い, たちまちまた, たちまちサッと退い, たちまち口, たった一合, つかつかと, とりあえず走せつけ, どういうもの, どぎまぎし, なおそれ, なお更に, なにか黒い, にわかにおじけついた, にわかにおじけ付いた, のこる三人, のりの, はじめて主人, はばかりながら御免安, はや乾雲風, まず第, またあらら, またもや玄八, また葵紋, まもなくつかつかと列, まん丸な, やあ元気, れいこくにも, わざわざ破る, わざわざ顔, われを, ガクンと, ガラリと, キラリと, クーンは, ストライキの, ダニーロは, ツウと, ツツーと, ナポレオンに, ヌッと, ハツと, ヒラリと, ヒラリとばかり, ピアノの, ピュウ, ポリュドロスの, 一同が, 一同起立し, 一散に, 一方の, 一気に煥発, 一笑し, 七百余騎を, 上身を, 不審です, 二年余の, 互いに眼, 井崎八郎早く, 今日の, 他の, 仰天し, 何かしらてきびしい, 俄然態度, 倒に, 傴僂の, 先ず織田徳川, 全身の毛, 全軍, 公を, 其側こひしく, 兼ねて, 刀を, 列の, 刹那, 動かせる方, 半ば身を, 口々に, 口を, 右門は, 同時に先ず呼びかけました, 名人は, 否, 否どこ, 否まっさきに, 否やいきなり, 否やこう, 否やの, 否やを, 否やバラバラ, 否や一度に, 否や云った, 否や催促する, 否や口を, 否や坐りなおし, 否や忘れ, 否や思いきっ, 否や笑い出しました, 否や逃げ込んだ, 否や馬から, 否城下, 否曹操, 否相手, 否金吾, 咄嗟に, 咸く, 問うた, 城兵一時に, 城頭の, 声も, 大いに愕, 大きに慌て, 大薙刀, 奇貨居くべし, 女乞食は, 姦臣輩出内外を, 宗像博士は, 実に嘉永四年江戸, 小山田隊は, 小浜兵曹長は, 尻目おそろし, 山岸主税は, 左膳は, 左足を, 市郎も, 平次の, 平次は, 幾十万人の, 座を, 庭まで, 弓を, 弥生は, 彦七の, 役人も, 彼女の, 彼女は, 彼女はと, 彼等は, 彼等二十余名は, 彼等警官は, 往々に, 御新造様は, 心ある如くし, 必ず額越し, 必殺, 応文た, 忽ちにし, 忽ちに魘, 忽ち鋭い, 忽ち長江, 忽然と往来, 忽羽音鋭く, 怒りたった, 怒髪を, 怖れわなない, 恒川警部が, 愴然として, 慄い恐れ, 慌て騒いで, 我は, 我を, 我彼に, 戯曲と, 扉を, 才蔵の, 政治科の, 故郷の, 敵将の, 文次よりも, 早口に, 時々何, 曲者は, 曾て, 期したるが, 本来の, 本田は, 本能的な, 栄三郎は, 栄三郎グッ, 棒立ちの, 欄干を, 歓之助の, 此処こそ, 母は, 汝は, 泣き声を, 泣聲を, 清川八郎が, 無二無, 爪立ちて, 片手撲りだ, 物凄い電光, 猛烈な, 玉座ちかく, 町の, 疑念を, 疾風の, 目正月, 直に同校, 眞晝の, 真青に, 眠くば, 突然大声, 突然彼女, 立ち上がって, 竹内は, 竹童は, 笑いだした, 等しく青二才め, 紋太夫は, 素早く立ち上, 絡み合ったまま, 絶叫す, 美しい顏, 群集の, 胡麻がら唐桟の, 自身逍遥馬の, 花の, 華々しい働き, 蘆茅の, 虫唾が, 蛙は, 衆軍みな敬し, 衣の, 見ずで江戸, 詫びるよう, 警視総監と, 警鼓戦鉦を, 走りよって, 起きあがる, 越吉元帥の, 足軽を, 路地の, 車の, 輕捷無比な, 退却し, 退屈男は, 退路を, 逃げて, 那古屋や, 鉄の, 鎌髭の, 鏡之, 長光を, 長庵, 長門守は, 鞘走りの, 頭部から, 顕家たちは, 風の, 飛んで, 飜然として, 駈けるよう, 駕を, 騎馬の, 高一, 鮮血に, 鶴次郎の, 鼓譟し

▼ 見る~ (463, 0.8%)

19 の心 17 の眼 15 が見れ 11 の目 8 をし 7 がある 6 の胸, もなし 5 が見る, である, もない, もなく 4 に与えた, のよう 3 が見たら, のこころごころ, の長刀, はその, はない, もあり, もある

2 [38件] ありとも, があったら, があつ, が多い, が多かっ, が無い, が見なけれ, その鄙俚, だが, です, となつ, なければ, にい, には共通, によつて, によつていろいろ, に一種, に与, のある, のない, のひそめく, の勝手, の哀れさ, の影, は, は柳, は皆, は見る, は誰, もあるべけれ, もなかっ, もなき, も無い, も無く, も知る, も聞く, を咎めけり, を石

1 [249件] あり, かあらぬ, からや色, から笑, から逃げる, があっ, があやし, があるであろう, がいたら, がいつた, がいる, がこの, がございましょう, がすでに, がたいへん, がたくさん, がない, がなかっ, がなく, がなけれ, がびつくり, がまれまれ, がゐなかつた, がゐる, が一杯, が不知火, が冷汗, が君ら, が多く, が彼, が往来, が思わず, が有る, が無, が画面, が知識, が置かれ, が見たらわかる, が見りゃ, が見るなら, が謙虚, が賞め, こそ幸, このイキサツ, さえもあった, さえもその, じゃない, ぞ見る, だってたいてい, で, でありました, であるか, であるよりも, であろう, でごった返し, でした, ではない, でもない, で山の上, で驚かない, といっ, とこれ, として完全, として犬族, とそこ, とは同じ, と異なり, と見られる, なきも, なくば, なりこの, なり論ずる人, に, にあらず, にあわれな, にいい, にうなずかれた, におも, にかご, にさかしげなながしめ, にとってはこれ, にとっては実際, にとっては絶大, にとっても釣り込まれる, にとつて, になぞ, にはこっち, にはすぐ, にはやがて, には変化, には必ず多少, にもそういう, にもそれ, によっていろいろ, によってはずいぶん, によっては全く, によっては殆ど, によっては然, によりあはれ, によりけり, に何となく, に作者, に依っ, に信じさせよう, に夢, に好奇以上, に彼, に恋, に新, に最も, に物思い, に由り, に相談, に與へた, に見せ, に見せたら, に見せる, に見られる, に負わせられる, に起さし, に間違った, の, のあ, のうち, のごとく, のない気安, のない遅, のまだ, のまま, の受け取り, の口, の喜悦, の噂, の多い, の形, の心々, の心次第, の悉く, の想像, の感動, の感覚, の手, の批判, の数, の方, の杞憂, の死ぬべき, の気分, の注意, の無き, の知識, の空想, の立場, の耽美, の見る, の観点, の長刀的こわもて, の面, の顏, の顔, の魂, はあな, はあやしまなけれ, はいずれ, はいつ, はいわば, はかぎり無し, はきっと, はぐっと, はここ, はこの, はさもしく, はそれ, はただ, はどんな, はなかろう, はなく, はなし, はまた, はみんなわたし, はもう, はゐない, はツイ, は一目瞭然, は万世, は三年内, は単に, は定めし, は実に, は實, は山脈, は常に, は幾千万人, は彼等, は明日, は朧気, は本能的, は歳々年々, は比較的, は気候, は生き, は真面目, は神聖, は私, は米国, は翌年, は鳩, は黒山, への恥し, も, もあつ, もあらう, もあらざり, もあらし, もありました, もあるでしょう, もあるでせう, もあるまじ, もあるやろ, もがも, もなくなっ, もほとんど, もまた, も之, も作品, も劣らずぬらす, も多い, も猜, も自分, も蒙, をいじらし, をうつ, をとても, をびっくり, をもっ, を不快, を包み込む, を協同製作者, を打った, を救う, を涙ぐませる, を皆んな, を罪, を考え, を腹心, 大勢いづれもざまを, 悉く泣かざる, 聞く人, 計り立つたり

▼ 見る~ (454, 0.7%)

13 に, にその 7 に彼 6 に白い 4 にそれ, にぱつと 3 にたちまち, にまた, に大きく, に忽ち, に私, に腰, に血

2 [33件] にここ, にすっかり, にたなびい, にもう, にサッと, にメキ, に一人, に上, に八方, に其, に再び, に小さく, に影, に明け, に楢, に檜, に水, に減つて, に火, に牡丹, に町, に相手, に眼界, に穴, に紙, に脹れふくらん, に血の気, に街, に遠く, に長く, に顔, に顔色, に黒く

1 [320件] この戸口, にあと, にあろう, にあわただしく, にいくつ, にいっそう, にいろいろ, にお, にかあッ, にかくしもっ, にかざされた, にきつね, にくずれる, にくるくる, にくるわくる, にこんがら, にさっと, にさながら, にすっくと, にずっと, にずんずん, にそ, にその間, にとけ, にとんと, にぬれ, にぱっと, にひらり, にびしゃびしゃと肉, にびりびり, にぶる, にぶん, にぺろぺろ, にやがてクルクル, にわが, にわが身, にアスファルト, にガラリ, にコロコロコロコロ, にサンドイッチ, にスクリーン, にスーッ, にズルズル, にズンズン, にトロトロ, にナポレオン, にピラピラッ, にヘトヘト, にホーキン氏, にムクムク, に一切, に一列, に一年分, に一度, に一時, に一本, に一面灰色, に三万坪, に不動明王, に丘, に両, に両側, に両方, に中ノ島, に中洲, に丸い, に二つ三つ, に二ツ三ツ団扇, に二人, に二十日市, に二枚三枚, に二点三点十点百点, に人数, に人足, に今, に今日学校, に付近, に仲仕たち, に伝三, に何十個, に余り, に使部, に例, に入江, に入道, に全く, に全滅, に兵隊, に出行く, に前者, に前面, に十八九人, に半分隱, に南極, に又, に双手, に取り出した, に右手, に同じ, に向う, に向方, に君, に唇, に四, に四辺, に土嚢, に土砂降り, に堀田, に堀端, に堆く, に塀, に塗りつぶされ, に増し, に変っ, に夕日, に外皮, に大きな, に大粒, に天空, に天竜川, に太く, に太陽, に失せ, に婆, に婦人, に宙, に寂寞, に寸々, に小川, に少し, に少年, に尻尾, に屍体, に山盛り, に山腹, に崩れた, に崩れ落ち, に左, に巾着, に干上っ, に幾個, に彼女, に後部甲板, に御方, に御輿, に忽然と, に怖, に急, に悪魔, に憂鬱, に手, に抱琴, に押した, に拡がっ, に括け, に指呼, に振りおとされ, に数十町歩, に敵, に料理人, に新九郎, に方向, に早, に早く, に時雨, に暗く, に月, に有機的, に朝, に木の葉, に末広がり, に朽ち, に杭, に果敢なく, に柱, に根元, に槍, に橋, に機械, に次, に次々, に殖える, に気持, に水煙, に汗埃, に沈ん, に流され, に流れ出し, に消え, に涙, に淡い, に深く, に渠, に満員, に溢れた, に濡, に濡れ, に火の車, に灰色, に焔, に無くなっ, に煙, に爛れ落ちた, に片づい, に片側, に物凄い, に猛火, に猶も, に玄蕃, に琵琶, に生, に甲板, に甲板上, に癒, に白衛兵, に白雲, に百尺波状, に百米, に皮, に盆地, に目科, に真黒い, に眠る, に砲弾, に破滅, に硝子窓越し, に神田川, に秋天, に積, に空, に空一杯, に突然, に窓先きの地平線, に立派, に第, に筆, に箒, に築き上げ, に籠, に純文学, に紙張り, に紙鳶, に紫, に紫色, に綺麗, に美しく, に群, に羽ばたき, に聖者, に背, に胸, に脚, に脳, に膨れ上り, に舟, に船, に船中, に色, に花吹雪, に苦笑, に草, に草鞋, に落ち, に葱, に藜, に虎, に蚕養, に行き過ぎ, に行灯, に表情, に裏返し, に裸体, に見えなく, に谷, に赤く, に足, に身, に車体, に辷る, に追い越された, に退治, に途, に過ぎ, に遠ざかっ, に遠ざかつ, に都会, に酔, に金象眼, に間はずッ, に闇, に降り積ん, に限り, に隣, に雪, に電光, に電車, に青く, に静まった, に面, に音, に頂上, に額, に飛び込ん, に飛込ん, に食堂, に馘, に駈け寄っ, に骨, に骸骨, に魚, に鮮, に鳥, に麓, に麦畑, に黒血, のねうち, は何, もあらず, もありません, も惜しく

▼ 見るところ~ (349, 0.6%)

11 を以てすれ 8 である 7 のもの 5 ではこの, によれ 4 あり, では, なり, による 3 であって, をもっ

2 [15件] だつた, であるが, でその, ではあなた, ではあの, ではこれ, ではさ, では十分, では可, に物, の, はそう, は又, をもつ, を言

1 [261件] あって, あの清吉, ありこの, お身, からかく, からやや, から來, から八つ, から思う, から起る, があっ, があった, があつ, があります, がある, があれ, がたんと, がまちまち, が一寸, が年, が正直, が玄人, が違っ, ことごとくその, このゴイゴロフ, この儘, さ夢中, じゃ, すくなくし, そうだった, だ, だが, だけちょっとよく, だった, だったの, だったよ, だと, だろう, であった, であったこと, であつ, であります, でした, ではあまり, ではあれ, ではお, ではおま, ではお雪ちゃん, ではこれら, ではこれら恒星, ではすべて問題, ではすべて失敗, ではぜんぜん, ではそう, ではその, ではたぶん, ではだいたい, ではどうしても, ではどうやら, ではどこ, ではまた, ではまだまだ, ではむしろ, ではやはり, ではアイヌ語, ではギリシャ人, ではコンラッド, ではチチコフ, ではビュッ, では一度, では一般, では主題, では乙, では事態, では二十二歳, では今, では今日ひとつ, では作者, では例へば, では俳人芭蕉, では俳優, では公平, では六三制, では六石, では別に, では副業, では危険, では叔父, では呂布, では大丈夫, では大森, では女王, では宿, では小学, では小杉さん, では小説, では弟, では彼, では恐らく, では折助, では文学, では新, では日本精神, では是, では決して, では泳がなかつた, では津田君, では現在, では由っ, では種則, では美術, では至極, では莫迦孝行, では落語, では豈, では貴, では軍事施設, では通り一ぺん, では鑑賞力, では雪子, では風守さま, では魚住千枝子, では鶉七娘, でも最近藏書, でわが, でニュートン, で切った, で少し, で日本, で私, で藤波大円君, とあるもの, というの, といっ, としてこの, とは一致, と一致, と何, と合致, と大同小異, と求める, と異なれ, どうも日本人, なくわが, なしと, なしとい, なしといふ, なぞは正にそう, なれども, において大, にし, にて光, によって推定, によるとき, によるに日本, に任す, に依れ, に彼, に從, に性慾, に最もよく, に殊, に段々, に特色, に興味, に舊家, に萬葉集, に見足りない, のいかなる, のこうした, のヨタ, の七曜, の事, の事実, の井桁, の人情紙, の何物たる, の動物, の吉村鐵太郎, の場所, の大, の天狗憑きの, の女流, の威嚇的, の宝永山, の将軍型, の山, の形勢, の形象, の懐素, の映像, の景物, の書画会, の有形的幽霊, の永久, の海女, の異なる, の目障り, の稚児桜, の美しい, の聖人, の英姿颯爽, の蘇生者, の迦楼羅王, の重厚悠大, の飢人, はこう, はこれ, はそれ, はただ, はなはだ狭く, はまさに, はまた, はよく, は不動尊以上, は単なる, は殆ど全く, は獨斷, は雑多, へ来る, まさに描ける, までも乗り入れ, まで達した, も, もある, もうなし, もない, も大同小異, も違, やや大きな, よし, よりは少しく, を以ていへ, を別々, を少し, を正直, を発表, を罵倒, を見, を話さした, を語りはじめました, を説きたい, を述べ, ガラリと, 何らの, 大人しそう, 大抵僕, 実にかく, 少くとも, 必ずしも同じくは, 或は其人, 最勇士, 極めてハイカラ, 然ら, 第一番, 聞くところ, 若い芸人, 著しく不, 説くところ, 近き村, 隣りあった気もち

▼ 見るより~ (321, 0.5%)

25 ほかは 18 ほかに 9 外に 6 外は 4 仕方が, 先に 3 ほかには, 他は

2 [18件] お縫, これは, やせたる頬, 一人は, 兄も, 堪へかねて, 声を, 早く, 明かなり, 明らかで, 明らかと, 明らかな, 此樣な, 清白なりき, 為方, 私は, 美登利の, 色を

1 [213件] あっと, あっと叫んだ, ありありと, あわてて, いささか驚きたる, いと懷かし氣, いなごばったでは, お, おお正太さん, お蔦は, お賤, ぎよつとして逃げむとするをど, ここいらで, こちらで, この書状, これも, こんな事, さきに, さらに強く, すずろ憐愍, ずっと悧巧そう, ずっと明るく, そこに, その不忠不人情, たちまち胸, つと血相, つと進み, とっさの, どれだけ, なおいっそう, はっきりしてる, はっと縮まる, ぶるぶると, ほかの, ほか仕方が, ほか見, またも, また意地, まづ慇懃, めいめいひらりひらり, もう一人, もう胸, やって, よい茶番, われは, われをば, アッと, コン吉は, サと, ヘクトール先鋒ともに, ペっ, ラスキン大尉はじめ偵察機の, 一攫み, 一斉に, 一発を, 与の, 与吉悲鳴に, 与吉顔色を, 予は, 二度ぎょっと, 二百倍も, 人目も, 今は, 仕かた, 他ありませんでした, 他に, 他はねえと, 他仕方, 以外に, 伝兵衛アッ, 伴藏は, 何処へ, 何思ひけん, 何程の, 儀作は, 光代は, 克く, 八歳に, 再転した, 凄かった, 前なる, 前に, 勃然として, 千々岩は, 又打, 叫んだ, 呼応し, 喜色は, 図らず惻隠, 変事を, 外ない, 外なし, 外有べからず, 外無くなる, 外私には, 外途が, 奇貨おくべし, 奥さんで, 好きな, 好く見える, 子爵は, 孝助は, 宛然父母の, 客の, 家で, 寧に, 寧ろいい, 山の, 左右から, 左膳たちまち, 帆村は, 幽かな, 引っ返して, 従男爵の, 心も, 心太か, 心配を, 必死と, 忍術の, 怒も, 恐悚, 恭しく敬禮, 息をぜ, 悪心むらむら, 感きわまった, 慌忙く, 懐しげ, 懐しそう, 打驚き, 斯く謂, 日出雄少年は, 早くお, 早くかの, 早くその, 早くも, 早くバラバラ, 早くペタリ, 早く云った, 早く勇ん, 早く博士, 早く嘴, 早く声, 早く嬉しげ, 早く帆村, 早く彦兵衛, 早く彼, 早く自分自身, 早く込み上げ, 早く逃げだす, 明かなこと, 明かな事ゆえ, 明らかである, 明らかでしょう, 明らかです, 昨夜来血に, 時代の, 暖げなりと, 望みは, 此方の人, 武者之, 母は, 気が, 気が付きこれ, 浪人鹽原角右衞門が, 涙を, 源十郎も, 源次郎は, 漸含む, 無遠慮に, 煙は, 珍らしく見, 田丸主, 由緒あり, 疾風の, 百メートルほど, 百年の, 直ぐに, 直に立つ, 眉を, 瞽女の, 社会的政治的な, 笑を, 耀ける青銅, 老先生, 致し方ない, 舌うちし, 艇長は, 苦に, 蕭れし, 藤枝は, 見送人, 走り寄っ, 走り寄り, 走り寄る, 躍り立ったほど, 身内の, 車夫に, 軒を, 這は, 速力大なる, 遥かに, 鈴鹿峠の, 間もなく昨日, 雨月は, 青橿鳥騎馬様に, 静緒は, 飛掛り, 饒舌り付けた, 馴れ馴れしげ, 駈けよって, 驚きに, 驚く遑, 魂の

▼ 見る~ (297, 0.5%)

7 のよう 3 と同じ

2 [22件] があつ, がない, がなかっ, が来た, である, と同様, にいつも, になっ, にはその, にはまぶし, には劇的, に初めて, に私, のこと, の心持, は, はいつも, はこの, はすべて, は憤然, を持った, 進んで

1 [243件] あの子供, いうべからざる悲壮, いかに方向, いつも西洋, おくれ走せながら, お絹さん, かかる運動, が来る, が来るだろう, が近づいた, が面白い, こそ蜀兵, この, このこと, この大衆, この失望, この運動, しばしば黙阿弥劇中, しも天井, し機体ことごと, そして軒, そのはたらき, その前, その求め, その独自, その緊, その頃, だけの淋し, であった, ですら, でも決して, とそんなに, とはまるで, と兩國, と同一, どうしてあの, どんなにうれしかろ, なぞは君, なぞ何となく, なぞ殊に, などの油断, なの, ならば, にあの, におれ, にこの, にそこ, にその, にたそがれ, にのみ両者, にはあまりに, にはあらゆる, にはすでに, にはまた, にはもう, にはわれわれ, にはペンキ画, には一大江, には不知, には人, には内乱, には別に, には南支那, には各, には大抵, には安物, には少し, には左, には強, には彼女, には想像, には横幅, には現世, には眸, には美しくおもしろい, には美しく面白い, には複雑, には頭, には高遠, にまで伝染, にもらす, にも与力風, にやがて, によく, に主として, に価値, に反動, に吾, に大阪, に封建時代, に平板, に彼女, に必ず, に我, に昔, に正しい, に流れ, に用いる, に神尾, に私ども, に竜, に興味, に覚える, に遠い, に頭, に顕著, に驟, の, のあどけな, のごとく, のとおり眉根, のない, のなから, のなんと, のやう, の冷かさ, の君, の如く, の容子, の心地, の方, の様, の樂, の樣, の老女, の興味, の舞踏会, の頭, はありし, はいつ, はお, はかなり, はきっと, はこれ, はそこ, はその, はそれ, はどうも, はない, はないだろう, はなにもかも, はまことに, はむしろかえって, はよほど, はわれわれ, は上, は下, は不明, は世界, は世間, は云, は人生, は他, は余りに, は個人, は兎, は其個性, は写真, は千世, は同じ, は呉一郎, は地上, は基督, は境遇, は変, は大, は如何, は嬉しい, は害, は富岡先生, は将軍, は小生, は常に, は強, は必ず常に, は忽ちに, は恐ろしく, は情ない, は所謂九牛, は文物典章燦然, は明らか, は暗記的, は此の世界, は死にたる, は氏, は気質, は決して, は目鼻, は眉, は社会, は私, は美しい, は群小作家, は誰人, は諷刺滑稽, は近代劇, は過ぎし, は達磨, は那智, は野蛮人, は顔, は魂, は鳥籠, ばかりだ, ばかりで, ほとんどそう自ら, ほど忌々しく口惜しく, ほど思わず, ほど悲しくなつかしい, ほど深い, ほど節子, ほど西洋, また第, また高らか, までは思い, むしろ一種, もある, もはや弓絃, も紐, やあるいは, よりも信子, よりも彼, よりも美しかっ, よりも遙, よりも遥か, をも持った, を得なかった, を持たない, を長く, 一応の, 云い知れぬ恐怖, 何となく目, 初めて其意味, 只それ等, 多少の, 少し上気, 幾分何, 真に末世, 第一, 覚えず慄然, 親しい憧れ, 走り出すなり, 青白い皮膚

▼ 見るから~ (293, 0.5%)

11 である 6 して 3 冷たそう, 神経質らしい, 逞しそう

2 [18件] であります, どろどろで, 一癖あり, 丈夫そうな, 働くという, 君は, 地味な, 快かった, 正直そうな, 気が, 淋しげ, 清潔に, 私は, 腕白らしい, 見るからね, 醜い新聞, 閑寂な, 頑丈そうな

1 [231件] あわれ, いいの, いいや, いかにも有難, いけないの, いけないん, いけないんで, いやな, おとなしそう, お気持, かいがいしそう, こ, この辺, こりゃ多い, すが, すがすがしいよう, すがすがしい裸馬, そうな, そこで狂乱, そのくらい, その返事, それから若菜, それも, たとい形式, だと, だとも, だに火が, だの, だろうて, だ羊, つまりは, であり従って, であり自分, です, でなくては, で当時, で杉山平助, にあわれを, にいたづら, においし, にさ, にぶくりん, に業刀, に病弱気, はき, ばらっ, ぶきよう, またかと, もう少し這入っ, よくごらん, よく見える, よほど年数, ガッシリ腕ッ節の, サヨは, ネバネバし, ネー, ホッと, 一と, 一寸そこ, 一廉の, 一種の, 丈夫相な, 上機嫌に, 下っ腹, 不器用な, 不快の, 不敵の, 不興気な, 事が, 事物が, 二人説と, 二枚目然, 人の, 仏に, 何とか云つてうち, 余り心配し, 値切る, 健かな, 健康を, 働く, 僕は, 優しげ, 元気の, 先へ, 光るの, 兎に, 凄い光景, 凄まじい口, 利口そうな, 厭な, 厭は, 厭気の, 厭気のぞ, 古めかしい物, 可憐の, 哀れな, 喧嘩早, 嘔吐を, 基礎の, 堂々たるもの, 堂々と, 堅気の, 変梃に, 夏らしい, 好色そうな, 妖, 嫌な, 宏壮な, 実は私, 寒そう, 寒氣だつ, 尊げな, 小ざかしげ, 山国育ちの, 平和そうな, 強そう, 形成する, 後者の, 心も, 心持の, 快いよう, 忽ち肉動き肝, 怖らし, 怖ろ, 怪しげな, 怪物の, 怪異な, 恐ろしい土人ども, 恐ろしい相好, 悪党らしい, 悪相な, 情愛が, 感じの, 憎々しい尊大さ, 憎々しい赭ら顔, 憐れであった, 憐れを, 我胸の, 手前は, 授けちゃ, 景気だって, 暑さ, 暖かき田圃, 暖かそう, 暗礁の, 朗かで, 枯燥し, 案内する, 極が, 殺風景なり, 毒々しい栗色, 毒々しい色, 気の, 気の毒な, 気品の, 気持ちが, 気持の, 気高い御, 氣を, 氣持の, 水, 汗と, 汚いおしめ, 汚らしい古, 汚らしくて, 活き活きとして, 活氣を, 浮薄らしい, 涙さしぐみ候, 涼しくて, 涼しげである, 涼しげな, 淋しい鈍い色彩, 淫蕩らしい, 清々しいの, 清らなる, 清冽な, 無慘, 無残に, 無邪気で, 爺むさい麦松, 爽かな, 物凄き白日闇, 獰悪の, 獰猛な, 生存に, 田舎者らしい, 田舎臭い, 男らしく引緊つた顏, 男らしく引緊つた顔, 疲弊した, 病人らしく痩せ細っ, 病弱さうな, 病弱そうな, 痛々しい老人, 痩せぎすな, 相手を, 眼の, 秀吉くんも, 精霊でも, 美味しそう, 聞きねえ, 色艶の, 花車婆さんの, 芸人を, 茫々たる, 荒涼を, 蒲柳の, 薄髪, 蘇我氏に関する, 衰えて, 見物する, 観衆を, 解釈が, 起るという, 軽そう, 辰弥も, 逞まし, 酒毒で, 重そう, 針を, 閉口です, 間違いは, 険悪な, 面や, 頑丈な, 頑丈らしい, 頼もしそう, 頼もし氣, 風体の, 飛び出して

▼ 見る~ (287, 0.5%)

7 も気の毒, 嗅ぐ鼻 4 もいじらしい 3 が肥え, も憚ら, も羞

2 [24件] がない, が悪い, が貪慾, が身, というもの, とはならぬ, と見られる, になった, に涙, に痛い, に聳え, の前, の塵, はない, まばゆき冬, も傷まし, も哀れ, も氣, も痛ましく, も羨ましい, も覚, をし, を与え, を決して

1 [212件] あつげ, いたくあらず, いとおかし, か, かぐ鼻, があった, があつ, がいつも, がさっき, がするどく, がだらし, がなかっ, がひらけ, が今日, が多少, が大切, が容易ぢ, が広く, が淋しく, が無かっ, が物, が物騒, が知, が絶えず, が自らほか, が藤吉郎, が見られる, が變, が違っ, が違つて, が鈍く浅い, が開け, ざしが, そのもつ, それから人生, だ, だけはたいして, だけれども, だの, である, でなく人間, で云ったら, で遅く, と, という, とが意識, とそれ, とは違っ, と三様, と共通, と囁く, と思想家, と性質, と愛情, にあふれ, にはいちめん, にはさぞ, にはどこ, には事実, には仲, には吃驚, には思ひ, には愛, には見事, には間違い, には鼻筋, にもあはれ, にもいじらしい, にもきびしく美しい, にもなかなか, にもの, にもはなはだ, にも劣らない, にも感, にも明らか, にも歯痒い, にも清潔, にも眩しい, にも笑止, にも美しい, にも著しかっ, にゆとり, に一種, に今や, に区別, に最も, に楽しかっ, に沁みる, に涼しく, に溜る, に矯羞, に肥え, に誤解, のあきらかさ, のさと, のとげとげし, のど, の不足, の中, の侍女, の光, の力, の常人, の憂さ, の成熟, の相違, の眼付, の睛, の確か, の精確さ, の衰え, の観察, の鋭さ, の驩喜, は, はいつも, はぎょろりと, はその, はつい, はどうしても, はなかなか, はねつつ, はまじろがず, はもってる, はイツモ柔和, はレンズ, は一層, は人々, は何, は冷やか, は唯事ぢ, は常に, は心, は柔かい, は直ちに, は自然, は赤, は進ん, は違つて來, は頭, まされり楽しみ, もあわれ, もい, もいじらしく, もいたいたしい, もいたましい, もうる, もかまはず, もくらむ, もさき, もその, もない, も世上, も凄い, も可笑しい, も同情, も変っ, も寒い, も忘れ, も急, も恐ろしい, も悲し, も慘憺, も普通, も染む, も構わず, も浅ましき, も痛, も痛ましい, も眩, も睦じい四人連れ, も絢, も綾, も苦しい, も覚める, も親切, も迫, や世故, よりもお, よりも一層, をあや, をうつし, をお, をさえぎる, をどう, をもっ, を与へられた, を丸く, を働かすれ, を喜ばせ, を失わしめる, を射た, を少し, を徐々に, を恥じ, を持たぬ, を持ち考える, を持っ, を段々はっきり, を覆わしめる, を輝かし, を開いた, を養, を養わなけれ, を養わね, を驚かす, 厭わしからず, 眩い金貨, 眩ゆき, 考へる心, 鋭く怒, 鋭く怒り

▼ 見る~ (278, 0.5%)

36 になった 13 がした 12 になっ, になりました 10 はない 9 がし, になつ 5 にならない, になり, になる, にもならなかった, は無い 4 に成った, はしない, もなく

3 [11件] がある, がしない, がしなかった, がしなかつた, なん, にならなかった, になれない, にはなれなかった, にもならず, もしない, もない

2 [15件] がされた, であった, なの, になつたの, になります, にはなられぬ, にはなれなかつた, には成れない, にもなれず, にもなれない, にもなれなかった, はお, は起らない, も起らず, も起らなかつた

1 [77件] か, かい, かも知れません, があったら見, があります, がありませんでした, がお, がしなく, がしなくなります, がしました, がし出した, がせず, がせぬ, がない, がなく, がなくなった, が御座います, が起こる, が起ろう, せず, だろう, であすこ, でいた, でいたんです, でいる, でおる, でこの, でなかったの, でブラブラ, でマユミ, で残った, で空想, なぞてん, なら, なら僕, になつた, になつて, にならず, にならねえ, になられるなら, になり寝, になれず出る, になれなかった, にはいまだに, にはならず, にはなれない, にはなれません, にはまだなかなか, にもならない, にもならぬ, にもならん, にもなれませんでした, に入, に成ったら, のしない, の起る, はありませんでした, はある, はあるまい, はしなかった, はどういう, はなかっ, はなく, は有る, は致しません, は起らなかった, もしなかった, もしなくなった, もせぬ, もなくなった, もなくなる, も出なかった, も無い, も起させません, も起らなかった, も起らぬ, や悪寒

▼ 見る~ (265, 0.4%)

6 も気の毒 5 には併, 嗅ぐ鼻 4 に最も, も哀れ, も立派 3 の前, も恐ろしき, も氣

2 [14件] が恨み, と家内, なきに, には定まらない, に多少, に涙, の愛敬, もいじらしい, もお, もハラ, も愁, も憎けれ, も憐れ, を驚かし

1 [200件] あるを, うるさく早く出, うるさし早く出, かぐ鼻, からあふれ, から隱, があった, があったら, がある, がくらむ, がずっと, がだんだん, がちがわなけれ, ができ, がない, がなかっ, が偏る, が光っ, が光つて, が利かない, が嶮, が敏く, が曲っ, が曲つてしまつたの, が段々, が痛い, が皆, が空, が覆われ, が開いた, ぐらいは持っ, だと, であります, ではいわゆる, というもの, とよそ, と一所, なざしは, などどう, などはなかなか, など十分, にさえすがすがしい, にぞッ, にはもの, には三ツ五ツ縦, には三人, には如何, には妙, には恐怖, には政治, には苛, にもいじらしかっ, にもさ, にもつきまとっ, にもものすごい, にも危いま, にも可哀そう, にも恥ぢず記しつけ, にも気の毒, にも痛ましい, にも美しく, にも羨まし, に可, に寂しげ, に御堂, に忍び, に快い, に快感, に思, に愛熱, に憾み, に映る, に浅い, に礼賛, に美し, に著しく, に見な, に誤り, に遮る, のある, のうち, のなか, のなまくらさ, の中, の基礎, の意味, の敏い, の純真性, の花, の菩提心, の遠く, の顕, はあくまでも, はいつか不純, はおのずから, はきはめて, はさすが, はすぐ, はただ, はちょい, はづかし, はどこ, はひどく, は人, は何だか, は公平, は呪われ, は寧ろ, は尋常ぢ, は必ずしも, は昔, は暑, は眼内, は肥え, は自他, は芳之助, は鋭かっ, ばかりに浪立ち, まばゆき程, まばゆくぱつ, もあ, もある, もあわれであった, もいじらしかっ, もいた, もいたましく, もいと, もうらやましい, もおそろしい, もかまわない, もき, もさむき, もさらに, もとどかない, もなんとなく, もゆかしかるべし, もようやく, も一, も傷, も凄い, も凄まじい, も出来れ, も危い, も危うく, も厭わず, も婉, も寒く, も小気味よい, も彩, も心地, も心地よい, も忍び, も恐し, も恐ろしい, も恥ずかしい, も愉快, も敏く, も最も, も構わず抱き合いました, も歯痒い, も法師, も濶, も無惨, も無残, も痛, も痛々しい, も痛々しかっ, も痛ましい, も笑止千万, も考え, も苦しけれ, も覚束, も違っ, より裾, をそらさない, をはらはら, をぱちくり, を僻ませられ, を内, を喜ばせ, を圧し, を持った, を支配, を純, を考える, を聳, を育てよう, を覚えず, を軽侮, を避, を閉ぢ, を開け, を養われた, を驚かせます, 寂しいもの, 悲しきふところ, 感ずる心, 清々しき緑葉, 細く日向ぼこ, 附きを

▼ 見るうち~ (261, 0.4%)

7 にその, に大きく 5 に, に彼 4 にそれ, にまた, に彼女 3 に小さく, に眼, に顔

2 [13件] に光, に数, に水面, に深く, に焔, に空, に船, に薄暗く, に血, に遠く, に雪, に霧, に馬

1 [190件] この界隈, にお, にお腹, にかれ, にこう, にこれから, にすう, にすってんころり, にそこ, にたぶん, にとう, にとうとう, にどことなく, にはいつの間にか, にはげしく, には兄貴, にばたばた, にふくれあがっ, にもつれ合っ, にもやい合った, にやがて, にわななき歪ん, にクッキリ, にグッタリ, にコップ, にタタキ, にバラバラ, に一つ, に一匹, に一方, に一条, に一枚一枚, に三人, に下, に下っ, に下流, に中, に二倍, に二十三十狼, に云い知れぬ, に五分の一, に亡び, に亡ぼし, に仕上げた, に佝僂, に備え, に傴僂, に僕, に先生, に全身, に刑事, に列, に半之丞, に同家万代, に吹き散る, に喉, に四方, に四方八方, に地中, に埋もれ, に場内, に増える, に声, に変った, に大きい, に大きな大きな, に大勢, に天聲, に太陽, に姿, に威圧, に娘, に子供, に子供達, に孫策, に室, に宿禰, に小さく小さく, に小生, に小鼻, に山, に岡, に岩の上, に崖, に左手, に年, に床わき, に徳利, に忽ち, に懐中, に成長, に我, に戸惑つて, に数十人, に明るく, に書き潰され, に曹操, に服, に本降り, に東京ビル, に林, に桃色, に横, に次, に次第に, に水, に涌い, に淡く, に淺, に湖面, に溶け出し, に漲り, に濃く, に火, に火焔, に灰, に焼け広がっ, に狭く, に男, に異様, に白い, に盆, に目, に目の下一尺, に相, に眉, に真っ黒, に真中, に眼鏡, に瞳, に私, に移る, に穴, に空中, に空間, に竹, に箱, に粉, に紅色, に紫色, に縁, に織田軍, に美くし, に義夫, に翔け来, に背戸, に脈, に船一杯, に艇, に艦首, に色, に花, に落ちた, に葉, に蒼, に蒼ざめた, に蒼ざめて, に蒼白, に蒼白く, に蔵書, に薄, に薔薇, に街路, に裏返っ, に西, に見えなくなった, に角, に豊後守, に赤い, に赧, に起き上がっ, に蹈, に辺り二十七家, に速力, に遠い, に遠く筑波, に郵便局, に野武士勢, に険しく, に障子, に雛妓, に青, に青年, に靴, に頬, に顔色, に飴, に驚く, に黄昏, 輝く玄潮

▼ 見る~ (254, 0.4%)

6 に, にその 5 にそれ 4 にまた, に彼

2 [18件] にかれ, にがらり, にたちまち, にだんだん, にぱらぱら, にま, にもう, に両, に今, に夜, に大きく, に大きな, に早く, に白く, に腹帯, に馬の脚, に黒雲, ぼろしの

1 [193件] にああ, にあけび巻き, にあなた, にいくすじ, にいくつ, にいっきに, にうすらぐ, にからだ, にくずれる, にくるり, にここ, にこちら, にこれ, にすくすくと, にすぐまた, にずうっと, にそこ, にそこここ, にそこら, にそば, にたたきこわし, につぼんだ, にである, にできあがった, にど, にどこ, にはやく, にばたばた, にぱっと, にひょいと, にひらり, にぴんと, にぶくぶく, にぶっ, にぽ, にまっ, にめいめい, にめきめき, にやみ, にウィスキー, にガラス, にグサ, にパカパカ, にヒュウヒュウ, に一人, に一陣, に一階, に一面煙, に七人十人, に三百二百, に下流, に不浄, に丘, に中, に九輪, に二合目の下あたり, に二町走り三町, に二羽, に二隻, に五体, に井戸, に人影, に傷, に全, に八幡さま, に十数丈, に千鶴子, に反対, に反撃, に取, に取っ, に取り残された, に口, に古い, に台, に右門, に同じく, に咲耶子, に四斗樽, に四明ヶ岳, に土嚢塁, に坂東一帯, に場内, に塩辛, に墨色, に変っ, に変り, に変わっ, に夜叉みたい, に大熊, に大粒, に天, に子どもら, に官衙, に寄っ, に小さく, に少し, に屍山血河, に山, に左, に平らげ, に平手, に広場, に建物, に影, に彼女, に後向き, に怪異, に恐ろしい, に悪魔, に意外, に掌, に数, に数字, に日本左衛門, に明る, に有明け, に朱, に李暹, に村, に枝, に森, に橋板, に此方, に水瀑, に沖, に泣く, に流れ込む, に深い, に渓谷, に港, に濃度, に無数, に燃えあがった, に物見, に田楽狭間, に甲軍, に疾走中, に癒合, に白い, に的, に皮, に真っ向, に真っ黒, に眼, に石垣, に砂塵, に究極, に空中, に突然パッ, に笄, に笑止, に粘土質, に素裸, に累々, に組みついた, に背, に脹れ, に自動車, に舞台いっぱい, に舟, に船, に色, に草庵, に蒼, に血相, に褪せ, に見事, に貧血, に赤あか, に身, に身体, に車, に遠く, に重喜, に鋭い, に隣り, に雨, に静か, に風, に食べ, に駈け出した, に駒, に高く高く, に鬼面突骨斎, に魏兵, に魚形潜航艇, に鳥居前, に鷲, に黄金仮面, に黒, もあらず, も足

▼ 見るたび~ (244, 0.4%)

147 に私 6 にいつも 5 に彼 4 にいつ, に自分 3 にその, にそれ, によく, に何, に昔

2 [17件] にかの, にこう, にこの, にこんな, にそう, につねに, にわたくし, に一種, に何となく, に半蔵, に彼女, に擬宝珠, に新しい, に段々, に涙, に美し, に風

1 [155件] いつも黯然, ことに, どうしてこんな, にああ, にあすこ, にあの, にあまりに, にいかに, にいかにも, にいずれ, にいった, におどろき, におなじ, におぼろ, におら, にお前, にからかはない, にきっと, にくれぐれも, にさびしい, にすべて, にぜにさし, にそういう, にそれとなく, にちょうど, にとにもかく, になつかしい, になるほど, になんとも, にはっと, にひそか, にぴたり, にほんとに, にまた, にまるで, にやはり, にわが, にわが国, にわたし, にわれ, にわれわれ読者, にアア, にシゲキ, にロシア, に一度, に一時, に一種妙, に一緒, に三浦老人, に三造, に不愉快, に中津川商人, に主家, に二号, に人数, に今, に今回, に他, に以前, に体, に何度太刀, に何故, に僕, に先, に出, に切支丹, に剥げ落ち, に千穂子, に半, に反撥, に君, に哀れ, に器量, に変わっ, に多く, に大井川上流, に婚礼, に嬉しい, に客車, に少し, に少年少女, に当時, に彫刻家, に彼ら, に御, に御前ここ, に心, に心配, に忌, に忌わしい, に思う, に思った, に思ふ, に想い出す, に想像, に感ずる, に抱きあげ, に指, に撲っ, に文化, に旧師, に昼, に杓, に楊枝, に母, に母親, に気, に気の毒, に沁, に泣きたく思った, に注意, に活きてる, に深い, に無垢, に焦れったく, に父, に瘠, に百合子, に目立っ, に真直ぐ, に石, に神尾, に笑ましくなる, に美, に羨し, に考えさせられ, に考える, に聖人賢人, に聖日蓮ここ, に胆, に背中, に胸糞, に腹, に自粛自戒, に色っぽく, に花, に葉子, に行商, に街燈, に裏庭, に覚える, に言う, に言った, に言ふん, に話, に賞め, に近日, に邸内, に郷里, に順吉, に顔, まるで自分の, チクチクと, 熱い涙, 言って

▼ 見るため~ (243, 0.4%)

5 である, に出 4 であった, に, にわざわざ 3 にここ, には身体, に僕, のもの

2 [14件] ではない, にこの, にその, にはその, には硝酸銀, には身體, にまず, に再び, に山上, に彼, に後, に眼, に立上がった, に金

1 [181件] かがんだ, か大胆, か手, さ, だけにはとりよせる, だった, だったの, だつた, だとある, であつ, であり鼻, でなく, ではなかっ, でもある, で愛子, で文字どおり, で謂わ, なの, にああ, にある, にいく, にいつも, にかよう, にこちら, にこれから, にすぎなかった, にそこ, にそば, にそれ, にそんなに, にだ, にだけ生き, にちらりと, にできるだけ, にとか標本, にね, にはあるいは, にはこんな, にはそのまま, にはどう, にはどこ, にはド・トラシ, には不, には何らかの, には併, には僕自身, には勿論, には千束守, には少く, には常に, には朝鮮人, には氏, には私, には缺, には色眼鏡, には頭, にまずしい, にもう一度, にもお, にやってきた, にやって来た, によみがえっ, にわざ, にアテネ市, にイタリー, にガス会社, にジャックリーヌ, にステンダール, にナイフ, にポケット, に一寸表, に一度, に一応, に一方, に一銭二銭, に丁度, に上, に下, に世界各国, に今, に休息所, に何故, に兄さん, に出かけ, に努力, に動揺, に勧銀本店, に友人, に反対, に同好, に名護屋, に囲い, に国技館, に土堤, に外, に大事, に大館, に姿, に少し, に尼たち, に屋上, に岸本, に市役所, に帝劇, に帰り, に幸田氏, に庭, に必要, に恣意, に態, に旦那, に木影, に来, に来た, に東京, に柱, に栽培, に森林, に歌舞伎劇, に残され, に母, に毎日, に毎週, に水族館, に洛中洛外, に淀川, に片, に獄中, に珍し, に生れ, に町, に皆, に目, に矢, に硝子板, に私, に空中, に窓掛, に箱, に紅殻, に考案, に聖フランシス, に背なか, に脊なか, に自分, に自動車, に花, に身, に通りすがり, に過ぎない, に過ぎなかった, に過ぎませんでした, に遥々, に醸造場, に銅箱, に開け, に隠れ家, に集った, に集まっ, に雨戸, に青森, に頻度曲線, に顔, に飛び上った, に飛行機, に馬籠, のあらゆる, のかなた, のみにもその, のレヴュ, の人, の会合, の品物, の寒暖計, の小さな, の摺足, の特別, よりも見られる, より用いる, 急いで, 狭い空

▼ 見るとも~ (243, 0.4%)

92 なしに 17 なく見 6 なく眺め 4 なくその, なく眼, なく見る 3 ない眼, なくぼんやり, なく目, なく見つめ, なく見詰め 2 なくそれ, なく其, なく庭, なく後, なく見入つて, 見ないとも

1 [89件] ういなかった, うその, これこそ, ない全員, ない孤寂そのもの, ない年, ない目, なくあたり, なくあの, なくこっち, なくこの, なくその大きな, なくそれに, なくただ, なくながめ, なくながめた, なくふと, なく上, なく丸卓子, なく久慈, なく事務室, なく二人, なく其處, なく其辺, なく凝, なく凝然, なく向う, なく周囲, なく啄木鳥, なく喜平, なく夜, なく女, なく少年クツみがき, なく川, なく座辺, なく引, なく彼, なく恭一, なく暫く, なく木柵, なく査, なく横目, なく正面, なく比企, なく涙, なく湖, なく煙つて, なく熟, なく玄関, なく睨ん, なく瞶め, なく窓外, なく考えふけっ, なく聽, なく肖像画, なく自, なく行, なく見まわし, なく見やりはじめた, なく見やりました, なく見れ, なく見上げ, なく見入っ, なく見入り, なく見守っ, なく見守り, なく視, なく覗い, なく覗く, なく部屋, なく酔ふた, なく針箱, なく雪, なく静か, なく顔, なく飜, なく麦畑, なしの, 一つの, 世の, 云えど, 女人を, 早や, 構えて, 決して見違える, 無く其の, 無く目, 胸おどりし, 難有

▼ 見るほど~ (242, 0.4%)

3 そこは, よく似

2 [17件] それは, 不思議な, 刃の, 変な, 彼には, 心の, 悲しいこと, 悲しいと, 楽じゃ, 楽で, 立派な, 綺麗だ, 考えれば, 聞けば, 見知らぬ蛮地, 貴公子らしい, 青年は

1 [202件] あまりにも, あらが, あれと, あんな木, いい色, いじらしさ, いちめん葩を, いつか一度は, うつくしいあゝ, お気の毒さま, きみょう, この世の, この人, この自分, この間の, すばらしい製図, そのうしろ姿, その人, その気分, その疑い, それが, それだけ諸, それに, ぞっとする, ただ闇, だんだんに, であつ, である, でございます, どうも可, どこから, どこまでも, なおどこ, な史蹟, な自信, へべれけに, へんな, まずい人形, みごとな, むごいもの, むじゃきなかわいい顔です, めずらしくなっ, ものすごいもの, ものすごい大, やさしいかお, やって, よく出来, よく整っ, わが亡き人, タンゲイすべから, パセチツクな, ブルブルする, 一つとして, 不器用な, 不幸で, 不確かな, 世にも哀れ, 世に情けない, 世の中に, 争われずカソリック, 京と, 人間の, 人間らしい感じ, 今らしくなくなっ, 他とは, 会いとうございます, 似て, 何という, 何とも, 何とも知れず, 何ゆえとも, 何百人という, 俳句に, 倦厭と, 先祖を, 円いもの, 分らなくなって, 力が, 加藤の, 十人十色, 危つ, 叔父の, 取り合せの, 古めかしく長閑, 可厭, 坂本竜馬に, 増して, 壮大であり, 大きな深い, 大切な, 天下の, 奇異なる, 女が, 好か男, 好きに, 子供の, 宇宙が, 宇宙は, 小さいながら, 岸本に, 巨き, 平原の, 底の, 底意地の, 彼の, 彼女が, 彼女に, 彼女は, 微妙な, 心安さ, 心配に, 忙しくは, 恋しいお母さん, 悪いこと, 悽愴たる, 愛惜を, 感心した, 感心の, 慨歎の, 憎々しいその, 我ながら, 手本が, 故人の, 敵役の, 明らかだった, 明らかであった, 星の, 普通な, 普通の, 景色の, 枯草の, 楽しく踊っ, 楽しんで, 樂ぢや, 歌舞伎座の, 気楽じゃ, 氣味の, 決して気楽, 泣いてばかりは, 涙が, 淋しいつまんないもの, 清くし, 生え抜きの, 生きうつしだ, 生臭く毒々しいもの, 癪に, 益怪しい, 相手は, 真闇, 眼を, 着附けも, 私たちの, 私たちも, 私のみ, 私は, 私も, 私を, 稚が, 窮迫し, 端麗な, 精巧なる, 絶妙だ, 綺麗で, 美い, 美しいし, 美しいだから, 美しいの, 美しかった, 美しくつやつや, 美しゅうございました, 肌の, 腑に, 自分では, 舞って, 良い孫ぢ, 良心的でない, 苦しくは, 苦に, 落ち着いた気持ち, 著るしく, 薬に, 見栄えが, 記憶が, 變り, 貧相である, 賢達理才の, 近く行った, 退屈は, 道徳的な, 酸鼻の, 限りも, 離れた気持, 青江それも, 靜かな, 面白い結晶体, 面白を, 顔かたちから, 飽かない謂いである, 高くても, 魚に, 鮮かに, 麗しいから

▼ 見る~ (234, 0.4%)

107 もない 64 もなく 13 もありません 8 もなくなっ 7 もなかっ 6 もなき 2 はありませんでした, もない貧しい, もなくなった, もなく変っ

1 [21件] が無い, が薄く, と日向, ながら亀, ながら龜の子, なきに, なく踏みにじられ, はありません, もございません, もない凄まじい, もない寂しい, もない弱々しい, もない汚穢い, もない痛々しい, もない薄ぎたない, もなくっ, もなく荒, もなし, も有りません, も無い, も無く

▼ 見る~ (228, 0.4%)

13 の心 9 の眼 7 はない, をし 4 がない, もない 3 があっ, の目, はなかっ, は誰, も無い 2 お妙, がある, が見れ, はその, は一人, は皆, は蕪村, は迷信, もなかっ, 聞くもの

1 [149件] あり, ありき, があった, があったら, があろう, がいるなら, がすべて, がその, がなかっ, がなかつた, がほほえまれる, が一つ, が大, が大分, が見る, さえある, すら居なかった, その単調, であって, であるが, では, といへ, として皆, との距離, などは子供, なれば, にあらざるなり, にし, にとってはいかに, にとつて, にはいい, にも, にも上品, に不快, に不愉快, に与, に与えた, に与へる, に向っ, に哀傷, に圧迫感, に害, に忘, に感じさせる, に感ぜしめる, に感性, に未来, に涙, に照らし, に理解, に異常, に真心, に眼, に説明, に非, に驚異, のある, のこと, のねえ, のほう, のみじめさ, のよう, の世界, の何人, の側, の印象, の咽喉, の地位, の度胆, の心臓, の敬意, の眼底, の笑, の胆, の胸, の興味, の角膜, の通念, の頭上, の顏, はあっし, はありません, はあれ, はいう, はこれ, はすぐ, はそう, はその単なる, はそれ等, はどうして, はぼく一人, はまだ, はやつぱり祖父, は三日, は世界, は今, は初め, は十四, は囲炉裡, は外, は実業, は屡々, は彼等, は悉く, は愚か, は早く, は時代, は最も, は此, は淺薄, は無くなっ, は石, は私, は納得, は聖父, は鑑賞, は黒い, もあっ, もあまり, もあり, もあります, もある, もしばしば, もなかつたらう, もなく, もなほ, も作る, も側, も悪, も眼, も立会い, も魂, をだまそう, を全身的, を寄こそう, を思はず, を歯噛み, を脅し附け, を迎, を驚歎, を齒, 尽く自分, 必ずかの, 摺れちがう者, 正しく作る, 無しと, 皆歔欷, 皆落涙, 聞くもの何一ツ

▼ 見るなり~ (219, 0.4%)

5 彼は 3 すぐに, 急に 2 いった, 久美子は, 云つた, 女房が, 皮肉な, 矢張あ, 私は, 言いました, 鋭い眼

1 [190件] あきらめたよう, あたふたと, あまりの, あれも, あわただしく言った, いきなりこういっ, いきなりひざまずい, いきなり云った, いきりたって, いつか完全に, いつのまに懐, いつも喰, おくみ, おれは, お菊, お辞儀も, かえって向う, かっと一時, きき目の, ぎょっとした, くるりと, こうして寝こけちゃった, こう叫んだ, こう言いました, こう言っ, こっちが, この二ヶ月, こりゃア, これから公爵夫人, これは, こんなこと, さっと顔, さもさ, さもと, して, じつと, すぐ体, すぐ座, そう云っ, そっと体, その戸数, それと, ただもう, たまらないよう, つっぷして, とてもどうもわれわれ, とびだして, どこかで, なつかしそう, なるほど自分, にこりと, にっこりと, にやにや笑い出し, はねるよう, ひと言その, ひどく驚いた, びっくりなすっ, ふつと, ぶるぶるふるえ, また再び, また思いだした, また早口, また病室, みんな急い, もう涙, ものも, アッと, アリョーシャの, エミリーの, ガタガタふるえる, ギクッとして, グッタリと, ブルブルと, ペコリと, ラムプを, 一人が, 一層怒り出した, 不思議さうに二人の, 両手を, 云々, 云いました, 云った, 云って, 今しがた, 今にも泣き出し, 今左, 仰天し, 伸子は, 佐賀の, 何時の間に懷, 余りの, 例によって, 例の, 信吉は, 先月号の, 先生は, 刑事に, 初めは, 前の, 吉田へ, 呂布は, 呶鳴りつけたい, 喜んで, 噴き出した, 報告し, 報告した, 大きな声, 大声に, 大変感心さされ, 大根は, 天竺人天竺人と, 太田は, 太陽も, 女房の, 寝床の, 少し街上, 少許街上, 山ほととぎす, 幸吉の, 弟を, 後ろから, 心理的眼光には, 怒鳴りだした, 怒鳴りつけ, 思い出したんで, 思い掛けず涙, 思わず, 思わずそれ, 思わずも, 急にに, 怪訝そうな, 怪訝な, 恐ろしい声, 恨めしそう, 抱き寄せて, 拘置所からの, 挨拶も, 挨拶代りに, 探偵小説好きの, 新坊, 早口に, 易者は, 柳吉の, 極めて真面目, 欲しくて, 正に嫣然, 死ぬん, 母が, 母は, 汝また, 決して不機嫌, 泣くこと, 浮雲の, 淋しそう, 発狂した, 直ぐに, 秀ちやん, 私たちを, 突然叫んだ, 突然彼女, 立ちすくんだ, 竜太郎は, 章三は, 給仕の, 絶望的な, 罹災の, 肘で, 肩を, 自分が, 自分の, 自然を, 色を, 草の, 藤沢が, 表御堂, 褥から, 言い出した, 言った, 言ったこと, 言つた, 訊いた, 訴へ, 誰にでも, 身を, 近づいて, 面を, 音楽を, 頬笑ん, 飛び出した様, 鵞鳥の

▼ 見るという~ (209, 0.3%)

41 ことは 13 ことも 9 のは 8 ことが, ことに 5 ような 4 ことと 3 ことには, のか, ので, 事は

2 [11件] こと, ことから, ことで, ことであります, ことの, ことよりも, のが, のも, ふうで, ように, 思想である

1 [87件] あたりあるいは, あの見方, お話で, ことかも, ことからが, ことその, ことだ, ことだけ, ことであった, ことである, ことでなけれ, こととが, ことな, ことなく, ことなし, ことを, ところから, ところに, のであった, ふうな, まも, わけで, わけには, わけにも, 一種の, 一節は, 乾雲は, 事が, 事だけだって, 事で, 事である, 事に, 事も, 人も, 便宜であります, 働きに, 前提を, 即ち透視, 喜びの, 奇蹟の, 好奇心も, 好奇心や, 始末である, 子供たちが, 字を, 安達ヶ原の, 実証主義の, 実験, 幸福な, 形容には, 影富士と, 心理に, 心配などは, 性癖は, 意味で, 意味らしい, 感性の, 態度からは, 手が, 方へ, 有様で, 楽み, 楽みを, 様子を, 気が, 気持が, 法は, 点から, 無経験者, 礼手紙を, 程で, 程の, 立場から, 立場では, 簡単な, 考えかたに, 考えの, 者も, 興味が, 蜃気楼の, 見方は, 観客も, 計略でしょう, 贅沢は, 額を, 風な, 風に

▼ 見るとき~ (185, 0.3%)

6 に私, のよう 3 に, は 2 にそれ, にはどうしても, には顎, に自分, はその, は両, は彼, は死ぬ, は甚だ

1 [149件] あの特別, あるいは, あるひ, いとも冷たい, かならず東方, があるでありましょう, がきたら, きっとあなた, こういう感じ, この評論集, その影, その思い, その時, その本, その閑寂優雅, つと思ふ, でも多く, とまったく, と変っ, と後, どき彼, どんなに醜くく卑しい, どんな顔付, なるだけ, にあさましく, にあなた, にあるじ, にいつも, にこの, にそこ, にだけ彼, になぜ, になんだか, にはあまりに, にはあるいは, にはきっと, にはどこ, にはやはり, にはタカ, には人, には仮面, には君, には大, には大小, には憎悪, には焦, にまだ, にも小説, にも既に, に一種, に他人の, に心, に必ず, に感じる, に手, に持つ嘲侮, に澤山, に蛍, に触るる, に逆上的, のあの, のこと, のようす, のオレ, の情熱, の感じ, の房一, の母, の物質的, の鋭い, の顔付, の驚き, はいつもごくはっきり, はおそらくは, はかの, はこの, はこれ, はそこ, はともよ, はひどく頼もしく, はみな帽, はわが, はギリシア, は一つ, は一年, は不安, は亡者, は人間界, は以上, は佐保山姫, は全く, は其の, は其等, は勿論, は却, は又, は口誦伝承, は右, は同じ, は君, は天王山, は子ども組, は小, は少なくとも, は形式, は心, は必ず, は感じない, は戊辰, は我, は我心, は日, は日本古史神話, は最早, は死なで, は河水, は清元, は狎れ, は猶, は猶左様, は畏れ, は異類異形, は皆是, は目, は眼, は神話詩, は罪悪, は蘆, は諸方, は議論, は蹶起, は身, は逍遙子, は餘所, ほど秋, も, もさ, もやはり, や海, よとん, よりももっとはっきり, 又弄齋, 実に複雑, 寧ろ醜い, 微笑み, 浮き彫は, 深い感慨, 追われて, 面白し

▼ 見る~ (179, 0.3%)

4218 です 13 だよ 11 だね 7 だから, ですよ 6 だが, だな 4 ですね 3 だぜ, だと, ですか 2 じゃ, じゃありません, だがなあ, だがね, だつて, だろう, ですから, ですもの, ですネ

1 [38件] じゃない, じゃなかった, じゃなく, じゃねえ, だい, だいい, だか, ださ, ださうで, ださうで御座いますが, ださつき, だしかし, だそう, だぞと, だっさ, だったに, だって云ってた, だつけ, だなあ, だらう, だらうと, だろうと, だわ, だナ, だ今日, だ今朝, だ坊, だ髯, である, でしょう, でしょうね, ですかと, ですからね, ですつて, ですな, です高等学校, なら内, は久しぶり

▼ 見る~ (174, 0.3%)

8 得べし 4 うべし, えざるに, 得たり, 至当と 3 えざるなり, 厭ひ, 常と, 得ないが

2 [16件] うべき, えざら, えざりしかど, えざれば, えしむ, えんこと, や, 得ざるに, 得せしめよ, 得たの, 得たりき, 得て, 得べからず, 得るは, 得可く, 毫も意

1 [106件] いふ, いふ聖徒達, う, うべきもの, うべき詞, うるなり, うるの, うるまで, うる民, えき, えざりけれは, えざりければ, えざりしころ, えざりしなり, えざりしダンテ, えざる苦, えざる迷, えざれど, えしむる力, えしむれば, えしめむ, えしめん, えず, えその後二時間餘, えたり, えたりき, えて, えば, えん, このまず, ねがふ見ること彼, よしと, りを, 不吉と, 例と, 厭う醜, 厭つた大, 厭ふて, 好したま, 好まずと, 好まなかつた, 得, 得かつ, 得がたしすべて皆人, 得されば, 得ざら, 得ざるその, 得ざるもの, 得ざるを以て, 得ざる也, 得ざる光景, 得ざる平民化, 得しめん, 得しめん爲, 得ず, 得ずただ, 得ずと, 得ず云々, 得ず今, 得ず手, 得たるは, 得との, 得ないこと, 得ないの, 得ない女, 得ない異様, 得なかった激情的, 得ぬ事柄, 得ば, 得べからざら, 得べからずと, 得べからず轟雷, 得べきか, 得べき也, 得べき語, 得べくして, 得べくその後, 得べく結び目, 得べしと, 得む, 得るから, 得ること, 得るなり, 得るなりと, 得るまで, 得る者, 得ん, 得んか, 得可し, 忘るる, 忘れんや, 思へ, 恐るること勿, 悦ぶ, 悦ぶなるべし, 悪む, 悲しんで, 望むなかれ, 楽ぶ, 欲せず, 禁ず或は, 至當と, 要しない, 要す, 許さずとも, 誤らなかった

▼ 見る~ (165, 0.3%)

12 に依れ 4 を以てすれ, を異に 3 である, では全く, なり, にし, によれ, のもの

2 [15件] ありとは, があっ, であるから, では, ではこれ, では国境撤兵交渉, とは何, にては亦, にては第, の現象, は別に, を以てする, 欲する所, 狭ければ, 聞く所

1 [97件] あり, お民, があつ, があり, が無い, が誤っ, が違う, だが, であ, でこの, ではこの, ではどうも, ではデモクラシー, ではプロティノス, では世間, では事實, では俳優, では向う, では君, では外, では支那人, では日本中何処, では本当に, では本道, では此, では決して, では矢張芸術界, では科学上, では経済上英国人, では蒙, で弩, で新, で猫, で白質黒条, となりました, と做す, と大差, なきこと, なきもの, にては魏使, にて毫も, にも見ない, にわれわれ共通, に従え, に従って諸, に従つて自由, に落ち合う, に長く, のよう, の京都, の実, の景況, の景色, の朝鮮, の江上, の海, の男爵, の老木, の苦痛, の誤っ, はあまりに, はさうである, はどこ, はない, はなくなっ, は之, は全然, は六甲山, は奈何, は拘, は此, は浅い, は西側, は過去未来, まで来た, もあつ, もあるまい, もない, もなかっ, も何, よく人, を以てこれ, を以てせ, を叙説, を同じ, を草鞋穿, を見し, を誤らせ, 同じからず, 有り意, 果して如何, 毫もノルウェー西岸, 甚だ明, 直ちにこれ, 直ちに手, 直ちに行わん, 過らじ

▼ 見る必要~ (149, 0.2%)

77 がある 14 はない 5 があった 4 がない 3 があらう, があり, は無い, を感じた 2 があります, があるだろう, があろう, のある, はある, はないでしょう, はなかっ

1 [23件] あるべくかく, がございますまい, が今, が出, が甚だ, が生じ, なぞありません, に逼, のない, はありません, はどうしても, はどうも, は少し, は更に, もあった, もない, も何, を感じ出し, を感ずる, を感ぜぬ, を痛感, を認めなかつた, を認める

▼ 見る~ (143, 0.2%)

14 がよい 11 が正しい 6 がいい 4 が大人, が妥当, が適当 3 がよ, が自然, が適切, を見 2 が至当, では

1 [84件] がい, がくさらない, がずっと, がどの, がはるか, がふっと, がほんとう, がま, がもう, がよから, がよく, がよほど, が一寸, が一層, が主要, が便利, が先, が勉強, が印象, が却つて, が古, が同情, が壮観, が好い, が宜, が当, が心ゆたか, が或いは, が手の裏, が手取り早う, が斯様, が日本, が早い, が有効, が本当, が正しから, が正当, が比較的, が無理, が生き, が畑, が盲目, が穏当, が纏, が聊か, が至當, が良い, が見える, が近道, が適當, が間違っ, が面白い, で, で根気負け, とが力, とたがい, にある, にはずむ, にも覚悟, に二通り, に今, に傾い, に向, に良識, の人, の勝手, の四, の本, の見物, の頭, はそれ, は芝居, へ精, へ附い, もあります, もこの, もやる, も一匹, も今, も張り合い, も見せる, を喜ぶ, を求める, 聴く方

▼ 見る~ (138, 0.2%)

9 に私 4 にその 3 にいつも, に彼

2 [14件] に, にお, にほれぼれ, に何だか, に僕, に去年, に古代, に岸本, に心, に揶揄, に相手, に自分, に頭, の重なる

1 [91件] にあの, にあまりに, にいやまし, におの, にお母さん, にきまり, にこいつ, にこれ, にこんな, にそう, にそれ, につく, につくづく, にどうして, にどうも, になんだか, にひとり, にひどく, にぼく, にもどかしく, によく, にをこな, にモオゼ, に一つ二つ, に一山, に一度, に乱, に以前, に何がな, に何となく, に何時, に俺, に催眠剤, に先ず, に六稜柱, に別, に可笑しく, に唖, に嘆聲, に地上楽園, に大きな, に妙, に妻, に嬉しい, に屹度自分, に巡査, に必, に必ず, に必ず多少, に思ひ出す, に恐れ, に或, に指點, に挙手, に撫でた, に新しい, に方角, に旅, に早く, に桜, に段々, に気の毒, に気味が悪く, に気味が悪くっ, に沼, に澁, に無常, に焦れつたくなる, に相, に眞面目, に空, に節子, に罵倒, に羨ましく, に考える, に胸, に腹立たしく, に自分等, に言, に言い合った, に言つて, に身の毛, に迷つて, に郷里, に都, に針, に阿部, に静か, に黄中尉, の憤, 見る度

▼ 見るには~ (129, 0.2%)

2 こよなく便, 忍びない, 見たが, 見ましたが, 見るが, 見るけれど

1 [117件] あまりにリアル, あまりに明るい, あまりに道義的, あまりに陳腐, あれに, いい, いくら細か, いつもこんな, お前達は, この流儀, この高等学校, これが, これで, そのひと, その点, その辺, それで, それ相当の, ただ頭, とどまらぬ, どういふ, どうしてもまず北畠顕家, どこへ, どっちが, まず生物学, まだ時刻, まだ栖方, まだ西, まだ間, まつたく其處, みこと, よく現実, よろしく内, わりあい敏感, テンニースが, 一つの, 一日で, 不都合で, 二つの, 以上の, 何の, 何等かの, 余りにみすぼらしい, 余りに清浄, 余りに真摯, 余りに美しい, 便利である, 便宜だろう, 充分です, 先ずその, 先づ題號を, 十五日もか, 十日かかります, 及ばないでしょう, 及ばないと, 及ばぬ, 及ばんさ, 可なり, 可哀そうな, 史料に, 噴火丘の, 堪えぬから, 堪へずして, 夜の, 夜も, 孔子の, 寧ろいくつ, 少なくとも四, 差支へ, 幾尺の, 当らぬ, 従来ただ, 従来の, 心中話を, 惜しいほどの, 戸数が, 持って, 新聞に, 日帰りも, 早過ぎた, 明るすぎる, 時々紺屋, 時代を, 時計よりも, 最もよき, 棄てられた歌, 極めて必要, 機械にばかり, 欲望曲線を, 此處に, 此順逆両, 沸騰し, 特別な, 犬の, 画である, 目を, 相應, 相手に, 笹子峠この, 耐えないよう, 至らなかった, 西山峠遠く見る, 見たけれど, 見たものの, 見て, 見ても, 豐頬で, 足柄連山の, 身に, 輪郭が, 近く食う, 遅すぎた, 適して, 都合が, 酔いが, 閉口だ, 間に

▼ 見る~ (127, 0.2%)

9 ただ 4 非か 3 是れ 2 その性質感動, まれなり, 事と, 人の, 何ぞや, 風の

1 [99件] あたかも旧友, いささか趣, いまに, おしろうと, おめでたい, およし, おろか全然, この際, これが, これを, さびしも, しき犬, しばしばである, すこぶる壮快, すでに驚く, すなわち仏性, ただに花衣, なしと, またその, また無限, まだしも, みなこれ権教の, わが方, ヅアラツストラの, 一つの, 一時に, 一生の, 三人の, 不覚の, 亡き父, 今日を, 何人ぞ, 入日まともに, 全くその, 全く誤つた, 初めてだ, 動く世, 半日の, 即ち一眞營, 可えが, 可し, 名ある, 唯だ, 大いに客懐, 大いに旅情, 大馬鹿者, 女に, 女王スカァアの, 如何に, 嬉しも, 學者が, 実に奇観, 実に言うべから, 尤も千万, 崇高き, 帝都の, 廂ふかき, 当時武家の, 形である, 心を以て, 心地よきもの, 快も, 恰も渺漫, 意外なり, 愚かな, 我が宿, 所々に, 所詮僻目, 新し, 早川のみに, 明な, 月影, 楽しんで, 毎年五月初旬なる, 毎度で, 河の, 法楽や, 法楽聞く, 潮流の, 物質上に, 玉の, 珍らしい, 琉球勾玉の, 産婆人相見お, 疑いも, 眼鏡の, 紙芝居, 群巒の, 肋のに, 花を, 苦けれども, 英独の, 衛生上にも, 誠にいじらしき, 遺憾の, 邂逅なる, 錯覺である, 間違である, 露にか

▼ 見るだけ~ (119, 0.2%)

10 では 9 だった 7 である 6 だ, であった 4 でいい, なん, 見て 2 きちんと腰掛け, だから, よろしい

1 [63件] ごらん下さいまし, それだけ, だか, だが, で, であたり, であるが, であるという, でいったい, でがまん, でけっして, でことば, でこわい, ですよ, でその, でた, でなく之, でなく心, でなん, でもう, でもううっとり, でやして, でよい, でカンザシ, で中学三年生, で分って, で別に, で口, で夫, で容易, で心, で敏感, で明白, で枝葉, で私, で童子, で総監, で肉眼, で自分, で銃剣, なの, なら, ならかま, ならかまわないでしょう, ならと, ならノートル・ダム, なら何時, なら見たって, なら見ても, や, よけいに, 位なら, 傾く月影, 利口に, 山を, 眼を, 自分には, 興味の, 見たいん, 見たたくだけ, 見つづけること, 見といでよ, 頭脳の

▼ 見るよりも~ (116, 0.2%)

6 明らかな 5 明らかである 4 明らかだ 2 先に, 明かなこと, 瞭らかな, 背が, 鮮やかに

1 [91件] あの詩, かえっていっそう立体的, さては此奴, すぐ頭, ずっとおもしろい, ずっと長い, そこの, そのまわり, その絵, それは, ただ人込の, どれ程, なおはかなく, なほ異し, はっきりと, はっきり致し, はるかに, ましだ, むごたらしい死, もっと, もっと苦しかっ, 一層堅く, 一層日本, 一見曖昧, 三世紀も, 下流の, 伴藏は, 何か, 何の, 何事も, 余裕が, 倍も, 先づ社會の, 分明知り, 前に, 勘で, 十倍も, 反つてボツ, 墨, 多くの, 宮廷人の, 寧ろ小, 寧ろ村尾自身, 専門家が, 帆柱の, 干傘, 幻燈で, 心安かつ, 悲しい私, 日曜日の, 早く蠅男, 明かだ, 明かであつ, 明かです, 明かなの, 明かに, 明らかかと, 明らかでした, 明らかと, 明らけし, 明也, 昼見る, 横から, 此場合は, 此社の, 水に, 活きた人間, 焼かれずに, 物を, 相当の, 瞭か, 瞭らか, 確実であった, 私は, 第三者を, 聞くよりも, 腰掛を, 自分の, 自然に, 自由な, 苦しかつ, 衣裳や, 赤き意, 車券の, 近く窓際に, 通りがかりの, 連忙しく, 遥かに, 錦絵を通じて, 骨董品を, 鮮明に

▼ 見るので~ (109, 0.2%)

32 あつた 3 あつて 2 あらうか, 口を, 寝台に, 御座います, 必しも, 起きて

1 [62件] あらう, あらう仰向い, あツ, ええ芹川さん, お説教, この場合, この社会そのもの, この足輕, さう, さえも, さえ普通, しつかりと, せう, その中, その方, その視線, それが, たしかにそうだ, だれよりも, ついに神経衰弱, つや子は, とても買, ないと, なくして, ますますその, まずこの, わたしは, メグは, 丁度ダンゴ, 三藏は, 主人は, 即座に, 却って商売, 受験責任者は, 多少は, 夫人の, 孔子の, 彼は, 御座いますわね, 心や, 急いで, 悲しくなる, 情状酌量の, 或人々, 普通の, 最初云った, 有つた, 有名で, 楽しみに, 次郎は, 活動写真に, 涙が, 珍らし, 祭りの, 私の, 私は, 藤次は, 複雑が, 試みに, 重り合って, 銀地へ, 頭が

▼ 見るにつけ~ (104, 0.2%)

2 これは, それが, 一掬哀惜の, 人の, 甥は, 聞くにつけ, 自分の

1 [90件] あゝ浅ましい, いくばくも, いよいよつらく, おん前さまが, お妙, このお子さん, この想い, これで, これに, これにすら, さすがに, すぐ思う, するに, そこに, そのおい先, その中, その天成, その顔かたち, それに, それ等と, どうぞし, どうもこの, どの女, なんとなくもの悲しかっ, ふるさとを, また思ひ, また水たまり, また遠い, みずからかえりみる, もう戦争, もはやときどきは, ケートは, ラジオも, 二十年の, 五郎大夫は, 何か, 何故御前様, 俺は, 先ず考える, 克子は, 八津が, 半兵衛の, 哀なる, 国民参政の, 大に, 妹の, 子の, 少し感傷的, 巴里楼の, 彼には, 彼の, 後の, 復一は, 心を, 思いだされるの, 思い起すは, 思うにつけ, 悲壯と, 愈々余, 意識する, 我が身の, 手植の, 新しいお母さん, 日一日はげしく, 早く丈夫, 桃子には, 桃色の, 此の, 殊に共産黨, 涸き切っ, 現在の, 田舎の, 皆是れ, 知らず知らずの, 秀吉も, 私には, 私は, 空に, 空を, 競馬場建築の, 羨望を, 聞くに, 胸の, 胸を, 脚夫に, 自然みずからを, 色々省みね, 道具を, 黄昏の, 黄色なる

▼ 見るかげ~ (100, 0.2%)

40 もなく 36 もない 3 もなくなっ 2 もなし, も無い, も無き

1 [15件] がなく, なし, のない, もありゃせん, もない侘しい, もなかっ, もなかりし, もなき, もなくなった, もなくぶ, もなく小さく, もなく破られ, もなく貧しく, もなく醜い, も無く

▼ 見る機会~ (100, 0.2%)

13 を得た 5 があった, がない, がなかっ, のない 2 がなかつた, に恵まれた, のなかっ, を失った, を得, を得たい, を得なかった, を持った

1 [51件] がありました, がありません, がありませんでした, があるだろう, があるであろう, がきっと, がごく, がなかなか, がなくなるでしょう, が一年, が多, が少なかっ, が来た, が来ない, が来る, さえない, すら見出し得ない, によって池上, に恵まれ, に遭遇, のあり, の無い, はあるまい, はございません, はないだらう, はなかっ, はなくなる, はなささうだ, はますます, は今, は全く, は少なかっ, もあっ, もなかっ, もなし, も増した, も時間, も来ないでしょう, をうかがっ, をとらえた, をひそか, をもたなかった, をも得た, をわたしたち, を与えられた, を多く, を奪われ, を得ない, を持たなかった, を期待, を逃がした

▼ 見る~ (94, 0.2%)

23 になりました 14 になつ 8 はない 3 になる 2 か, になつたの, になり, になりません, はお

1 [36件] がある, がしなかつた, がしなく, がする, が起つた, だつたん, です, ですか, でせう, でゐた, で來, で小さな, で居りました, で深川, になつたこ, になつたん, にならなかつた, になツ, にはならなかつた, にはなれない, にもなつて, にもならん, にもなれ, にもなれなかつた, に成つた, に成つた時, のせゐばかし, はあるまい, はしない, はしなかつた, は無い, もあつ, もしなかつた, もしなくなる, もしません, もなくなる

▼ 見る~ (92, 0.1%)

6 になつ 3 な, な気, な気持 2 であった, である, な風

1 [71件] だ, だと, です, で却, で気の毒, で野暮臭, なあの, なこまかい, なそれら老樹, なもの, なギラギラ, な光景, な六尺ゆたか, な強烈, な心地, な悲惨, な惨, な感じ, な明るい, な木立, な様子, な水田, な流血革命, な海浜, な甚だしい, な異様, な白銅色, な目つき, な突飛, な美くし, な考, な若い, な雑多, な音, にあける, にお, にこまかい, にし, にどれ, になっ, になりたるなり, にはつきりあら, にウットリ, に一寸, に一度, に両手, に佐久間, に傍, に分ります, に半ば, に古風, に呼ば, に履, に希望, に年々, に彼, に思ひ浮ぶ, に恍惚, に恐しい, に惘然, に懐かしい, に描き出した, に昔, に検査官, に水, に眉, に眺め, に葬式, に過ぎ去った, に面白い, に飛び

▼ 見るつもり~ (88, 0.1%)

116 です 3 だった, である 2 だが, で, でまた, で大, なの

1 [55件] かあるいは, かとにかく, かな, から斯, がついうかうか, だけど, だったそう, だったの, だつたの, であったろうと, であるが, であろうと, でおります, でここ, でこの, でこんど, でご, でさんざん, でした, ですが, ですどんな, です性質, です決して, でせう, でわざ, でわざと, でゐた, でパヴローヴァ, で一人, で一人残つて, で一先電車, で出, で切符, で又, で国, で孔, で少し, で居る, で暗に, で植ゑて, で歩く, で玄関, で眼, で私, で立ちあがったの, で芝居, で草津, で行っ, で視線, で静, ならば, なん, になる, もなく, やったん

▼ 見る~ (85, 0.1%)

187 からざる 4 からず 2 きものが, き色, くもない, しだ

1 [48件] からざるもの, きか, きが如く, きだ, きで, きである, きでは, きに, きのみ, きは, きものであろう, きものなく, きものなり, きものなる, きものに, きものは, きものも, きものを, きや, き二千二十米, き修養, き問題, き敵, き景情, き歌学, き点, き現時, き者, く, くまた, く両者, く全力, く分離, く大, く大道, く手觸, く旅舍, く第, く純粋, く船首, く觸, く青山街道, しいずれ, しだ斯う, し此神話, し此附近二町許, し独り分離, 恐さ

▼ 見るのに~ (81, 0.1%)

2 肝腎の, 自分の, 金を

1 [75件] ああした, あだ, あるいは教科書, いずれも, おっとりと, かなり苦労, きらきらと, ことにあの, これは, これ以上便利で, ころあ, じろじろ皮肉, すつかり, その顔, それを, それ以外には, そんないろんな見方, そんな眼つき, つまらぬ親しみ, どうも僕, やさしい注意, キュリーの, 一日かかる, 上から, 中, 之まで, 二つの, 企業は, 伊藤君は, 何か, 何の, 何処か, 候山北辺より, 全く同じ, 其顔に, 具合ひ, 創は, 労働組合員は, 勿論当時, 彼は, 必ずしも左翼的, 忍びない, 恐ろしくそらぞらしい, 悪夢という, 敏かつ, 新聞の, 昔のは, 昨日に, 時々叔父さん, 時々彼, 最も著しい, 望遠鏡も, 武人の, 比較的無差別, 水は, 江戸時代の, 火吹竹という, 用が, 相当な, 相当年代, 私は, 立って, 立志小説としては, 節ちゃんが, 絵画以外の, 肉眼で, 話半分に, 誰でも, 輪郭の, 違ひない, 遠眼鏡を, 都合の, 非常に, 鞘は, 骨が

▼ 見るばかり~ (81, 0.1%)

9 である 6 では 5 であった, です 3 だ, 霧の 2 だった, だと, でその, でなくその, でも, でやっぱりちゃんと, 何処の

1 [36件] それにあの, であるが, であるそれから, ですから, でそれ, でそれ以上, でない, でなくこの間, でなくそれ, でなくどうか, でなく占い, でなく妻籠なじみ, でなく娘, でなく自分, で何, で何事, で何者, で前後, で名, で巡査, で我ら東京, で本物, で酌一つ, なりき, また一段と, アカイア水師, 厳に端, 寂しいもの, 幾百条とも, 広かつた, 此の, 無謀に, 独り南郊の, 読むばかりで, 赤く線, 都人士らしい

▼ 見る~ (75, 0.1%)

2 はりに, 否かは, 聞くか

1 [69件] え, して, しなければ, するから, すれば, そしてどういう, そして何, その何れ, それが, つこうを, です, でなければあの, とにかく俺, どう考える, どちらかに, ひつそりし, まあ君達, またいかに, または山奥, または後架, まだ戸, もう一ト息, もしくはその, わからない, ドウかした, 何か, 何となし, 八, 分らないが, 又は逆, 否かさえ, 否かの, 四諦の, 夜半の, 如何に, 当て, 御方は, 性生活の, 想像も, 或いは少く, 或いは水平線, 或は又必ずしも, 手を, 案外お人好し, 直接傷つけない, 眠るかすると, 知らないが, 知れないが, 私が, 竿の, 精神を, 精神的に, 義元優れり, 聞きかするもの, 聴くか, 聽く, 苔を, 見えぬに, 見ないうち, 見ないかで, 見ないかに, 見ないに, 見ない位, 解らない位, 解りませんが, 赤本漫画を, 迷わざるを, 進歩と, 雲霧の

▼ 見る~ (73, 0.1%)

2 では呑み込ん, で砂, に, にまず, に乳房, に既に

1 [61件] じゃあねえ, すこぶるその, だ, でいい, でお里, でこの, でその, でそんな, でためしたい, では何者, で交会, で出す, で可愛い, で周, で呼出し, で島田, で手ずから, で捨てられ, で熱鉄, で燒, で生らん, で神, で腕, で自分, で花床の間, で調理, で貴方, で躍る, で鉄, で馬, と同様, にあの, にてコルソオ, には私, には遠慮, にもう, にわれわれ, に一つ, に一人, に二人, に俺, に南支, に啓蒙, に已に, に平次, に我, に文献, に流れ去つ, に物質, に知, に私, に竜, に赤蛙, に身, に鬱々, のよう, までは曲者, もうなに, もかまわず, もはばからず, も恐ろしい

▼ 見るまでは~ (68, 0.1%)

4 安心が 2 それらは, 心配で

1 [60件] お前言い, お杉, お母さんは, さすがに, しまったと, そういう名, そのこと, そばを, ちょっと不安, どうしても気, なんで黄金郷, なんとなし, ひそかに, ひたすら自分, わしは, わたしも, スクルージも, パリという, ボックス, 一月もか, 何うし, 何が, 何となく気, 信じないと, 信じない一人, 信じられなくて, 倒るる, 全くそれ, 其の爭, 判然と, 同じ砂丘, 向顱巻, 安心されなかった, 安心しなかった, 安心出来ない, 宝塚の, 岡田が, 彼は, 彼も, 彼女も, 死ぬん, 死んでも, 気が付かなかった, 気づかずに, 気を, 水力発電説も, 決して道聴塗説, 生き物を, 異議が, 疲れも, 私に, 立ち去らない, 聖賢の, 舞台に, 色彩の, 落つけ, 解かじとぞ, 軽々しく即断, 附き添って, 随分冷や冷や

▼ 見るまでも~ (66, 0.1%)

6 ありません 3 ない, なくお 2 ないが, ないこと, なかった, なく, なくすべて, なくそれ

1 [42件] ありますまいが, あるまいと, ございませぬ, ないと, ないほど, ないや, ない人物, ない佐藤先生, ない様, なかつた, なくああ, なくいま駕籠かき, なくこれ等, なくその, なくた, なくたった, なくローマン的, なく上野山下, なく人, なく余りに, なく先年南フランス, なく其の, なく噎, なく彼女, なく恭一, なく我々, なく敵, なく斯く, なく死骸, なく沮喪, なく火, なく物腰, なく男性, なく痢病, なく知れ切, なく磁石, なく私, なく空っぽ, なく総て, なく良寛様, なく財布ひとつ, なく鶴子

▼ 見る~ (65, 0.1%)

7 に心 3 に何 2 に, にその, にま, に峨眉, に平素, に文人趣味, に自分

1 [41件] にいかに, にうち, にかういふ, にこの, にそれ, にわれわれ, にをとめ, に二人, に代, に以, に其山, に処女ら, に即ち, に吾, に吾人, に嘆息而已, に壁面, に大, に幾分, に彼, に思はず, に怪しく, に情, に戯, に押えられない, に新しい, に日まし, に気緒, に涙, に眸, に私, に秋, に聞く, に胸, に自然, に苛, に誰, に身ぶるい, に金瓶村, に長い, に鮫肌

▼ 見るごと~ (64, 0.1%)

3 に, に私, に鏡 2 にその, に必ず, に気

1 [49件] にあの, にいつも, にいよいよ, にかならず, にこの, にこれ, にそこ, にそぞろ, にそれ, にどう, にどっち, になんとなく, にまた, にまだ, にわたくし, にわたし, に一年, に不思議, に人格, に何とか, に僧侶, に刺戟, に古賀, に右手, に地獄, に大, に夫, に容赦, に幾多, に彼, に心, に感動, に懺悔, に戀, に我が, に検査, に浪子, に特に, に白みかかっ, に秀吉, に秋, に童子, に紅薔薇, に羨ましい, に肩, に自分, に言うべからざる, に雪斎, に髣髴墓中

▼ 見る~ (61, 0.1%)

30 はない 14 はありません 5 はあるまい 2 は無い 1 にこれ, にはね, によそ, はないでしょう, はなかっ, はなく, もない, を知らなかった, 全く蕭散, 無いと

▼ 見る~ (61, 0.1%)

2 のこと, の余裕, もなく, 考へれば

1 [53件] あゝ悪い, いいの, その一字一句, その事実, つく, である, では, どうも自分, な悪戦苦闘, な荒い, にたゆ, にのどう, に八重, に味, に秋, に見る, に遠ざか, の人, の勇気, の感じ, の温か, の物, の者, の華々しい, の駿足, ひきつけられるよう, まさしく自分, ますます軽快, まるで生き写し, 不思議で, 事実に, 今迄, 又と, 大きくなり過ぎた, 奇妙な, 実に愉し, 彼の, 彼も, 彼等が, 忠義の, 怪しくも, 我国の, 新事実, 死んだ藤六, 益々深く, 知れば, 私は, 美しい少女, 美しくて, 美しくなりゃあがる, 蓮太郎も, 見られたざま, 面白い人間つてもの

▼ 見るだけの~ (59, 0.1%)

4 勇気が 3 ことで 2 ことだ, ことに, ものである, ものは, 気のりも, 氣のりも, 目的で

1 [38件] ことである, ことで御座います, ことは, ために, ひまが, ものと, ものを, ゆとりが, ゆとりとても, ヒマしか, ヒマと, 事さ, 事も, 余裕が, 価値の, 力の, 力も, 勇気は, 外的自然の, 妻と, 所を, 手数も, 手数を, 搏力が, 明の, 智慧も, 根気が, 楽しみから, 氣力を, 目的を, 眼で, 睡眠が, 筋は, 興味で, 興味も, 許可を, 話である, 隙が

▼ 見るだけでも~ (58, 0.1%)

5 見て 2 實に, 目の

1 [49件] い, いいから, いくらか門前, お互いの, したいと, すでに一種, すばらしいよ, その理由, その生活, たのしみである, ために, だいぶ違う, なかなか面白い, また一つ, まんぞくする, もう少し丹念, わたしは, 一大事件である, 三日や, 侘しい部屋, 俺は, 傷, 億劫な, 勇ましいという, 千金に, 大したもの, 大旅行, 奇妙な, 女の, 寿命の, 心持が, 快い, 情感を, 明瞭な, 木賃料三十五銭の, 気が, 気の毒で, 決してあなどり, 海の, 満足であった, 生蕃, 私は, 結構な, 美しいトルテ, 色々の, 行って, 見たいもん, 見たくなるの, 面白いで

▼ 見るわけ~ (58, 0.1%)

5 である, にはゆかない 4 にはいかない 3 です, には行かない 2 だ, では, でも, にはゆきません, に行か

1 [28件] じゃまもなく, であったが, ですね, でそれだけ, で物, にはいかないらしい, にはいかん, にはゆかなかつた, にはゆかぬ, には参りません, には行かなかった, には行かなくなった, には行きません, にもいかず, にもいかない, にもいきまへん, にもゆかない, にもゆきませんでした, にも參, にも行かぬ, にも行きません, にも行くまい, に行かない, に行かないだろう, に行かぬ, に行きません, はないでしょう, もなかっ

▼ 見るその~ (56, 0.1%)

2 棚の, 顔は

1 [52件] かげに, ことに, ひとは, まじろぎの, やさしい存在, レポートが, 一カール・マルテルダンテを, 人の, 前後の, 口大に, 姿の, 室内は, 幕の, 年で, 影は, 悲しさ, 意の, 振幅が, 時に, 時の, 板の間は, 森の, 水が, 海山と, 物すさまじい天候, 物腰が, 疑いが, 目には, 看守を, 眼が, 眼で, 眼は, 瞬間を, 空その, 紙飛礫四方に, 絵図面にも, 美しい姿, 虫の, 血の, 血相を, 袖も, 調和の, 距離は, 農夫, 闇の, 雲の, 静子の, 靜子の, 音に, 顏の, 顏は, 顔色が

▼ 見るほどの~ (56, 0.1%)

3 もので, ものは 2 ことは, 人が, 人を, 里も

1 [42件] ことも, ものいとし, ものの, ものみなが, ものを, 事は, 事も, 人で, 人の, 人も, 人褒め, 位置には, 兄哥に, 勇気も, 大男である, 女性である, 子供に, 山に, 巧みな, 心頼みは, 愉快は, 暗い朝霧, 気も, 気軽の, 永遠の, 洒落気が, 滝でも, 無駄を, 熱を, 熱烈な, 穴も, 美しさ, 老婦人, 者が, 者は, 興味は, 興味も, 道楽気も, 鑑識を, 関心しか, 風流達道の, 鼻ひ

▼ 見るのみ~ (53, 0.1%)

7 である 4 ならずその 2 だった, であった, であつ, であります, なれば, 是れ, 是豈, 閣下の

1 [26件] であって, であるが, であること, でなく表現, では, で今日, で他, で大, で彼, で結局内部, で自分, ならず世界根柢, ならず何となく, ならず救濟, ならず時, ならず甚しき, ならず落雷, ならで, なりき, なりとい, 人の, 取り出でて, 峰巒や, 真に奇観, 言なし, 起居振舞自由ならざる

▼ 見る~ (50, 0.1%)

3 聞く物 2 はない, もない, 見る物

1 [41件] からや恋, から受けた, があった, がない, がなかつた, がなくなっ, がみんな綺麗, が無い, が珍しい, が癪, が驚き, ことごとくを, だが, だと, であること, なれば, に春, のこと, のない, の珍し, の線, は何, は恐ろしき, は相, は見, もなく, も恋しく, も無き, も聞く, よりやや, をみんな, を何, を見, を見ない, 悉く光, 残らず嫌, 聞く物凡て新, 聞く物珍, 聞く物皆, 聞く物黒田, 食う物

▼ 見る~ (47, 0.1%)

9 は南 3 が来た 2 が多く

1 [33件] があるだろう, がつづいた, がとうとう, が多い, が幾度, が来るであろう, とされ, となれ, になっ, にゃ自分, に輝いた, のまれ, の下加茂, の來, の光り, の来る, の近き, はない, はもう二度と, は七日, は今, は南うしろ北, は来ない, は爺, まではといちど, もありぬ, もなく, もまた, も歌舞, を待たずし, を楽しみ, 多し, 猶淺

▼ 見る~ (45, 0.1%)

2

1 [43件] で腹, において腹, にこの, にその, になく, にもおのずから, にも砂一粒, にわが, に両側, に伊太利, に分厚く, に吸わる, に吹きつくし, に大きく, に奪い返し, に岡, に崩された, に左右, に数, に新しい荒っぽい, に暗, に暗く, に樹根岩角, に次第に, に死滅, に皆, に硝子瓶, に程, に空, に突然, に若様, に蒸発, に蒼ざめた, に赤黒く, に雪, に黒く, の君, へその, へ其の, を, を余, 再復波, 再芋数千株

▼ 見る場合~ (45, 0.1%)

2 が多い

1 [43件] があるじ, があれ, がさうである, がない, すらある, そういうこと, だと, ではない, では眼前, でも後者, においてもやはり, にこういう, にこの, にしかいふ, にのみ有りうる, にはあなた, にはかなり, にはこれ, にはしから, にはたとえば, にはもはや, には又, には殆ど比較, には画面, には躊躇, にみさ子, にもこの, にも根本的, にも用いられる, に兎角, に公衆的見地, のそれ, の一例, はそれ, はない, は味, は文意, は最初それ, もある, をあふり, 単に画面, 常にこの, 感じられる

▼ 見る~ (44, 0.1%)

2 にだ, には大概色彩, は

1 [38件] からも, か武庫, だ, だった, だと, であって, である, と云え, と来たら, ながら奇, ならば, なんで, にお, の, のなか, のやう, のよう, の中, の呪, の歌, はあり, はそこ, はたいへん, はどうせ, はどんな, は姫君, は怖い, は海, は画家, は眠っ, までが妙, も覚めた, やすかれな, よりははるか, よりも, を感じ, を見過ぎる, を食う

▼ 見るたんび~ (39, 0.1%)

3 にそれ 2 に, にブランコ, に自分

1 [30件] にあなた, にあんた, にいや, にえらい, にかう訊ねかけた, にこの, にドキツ, に体, に何だか, に可, に変, に嫁, に己惚, に当時, に思い半ば, に思ひ出し, に成長, に気, に気味, に油, に泣いてたら, に溜息, に直感, に私, に肚, に親, に貴方, に遺伝, に阿, に驚い

▼ 見るまで~ (39, 0.1%)

2 制度が, 幾囘更迭する, 発表を, 自分の

1 [31件] お芳, この室, それには, であろう, でさえ, どうして想像, はさほどの, わからないし, わからなかったし, 五枚六枚またたく, 伸子は, 信じて, 信じ無かった信じは, 唯おめおめとして, 多少あなた, 実は思い出せなかった, 寸分違は, 小生は, 当分そのまま, 待たなくちゃ, 恋いこがれたパール, 悪い想像, 澄める空, 無くなつた, 自分から, 自惚れての, 触れないこと, 雪ぞ, 頼もうとは, 鷺の, 黙て

▼ 見る勇気~ (39, 0.1%)

6 がなかっ 5 もなかっ 3 はなかっ, はなく, もない 2 がない, はない, は出ない, もなく

1 [11件] がある, があろう, が出ない, が出なかった, さえなかっ, さえ出なかった, の無い, はまだ, も別れ, を持たなかった, を持ち得る

▼ 見るにも~ (38, 0.1%)

1 [38件] あらず, いきなり瞳, このとおり, この手続き, これから現われ, これが, そしてこの, その場合, その表面, たえない, ましてせつなかっ, 不便な, 及ばない, 堪えない程, 堪へず心, 堪へない程, 多少の, 好い, 実に緻密冷静, 富める家, 御不便, 我が渡辺, 我が渡邊, 政治的な, 次ぎの, 注文し, 涙こぼれぬ, 特別な, 異国の, 私が, 籠って, 耐えぬ拙作, 聞くにも, 至つたのである, 色々ありまし, 裏と, 見かねるよう, 足らぬわが

▼ 見るよりは~ (36, 0.1%)

1 [36件] あの柔らか, おれの, このほう, ずっと光, その天幕ばり全部, その火, はるかに, まだ美しい, むしろ大, むしろ現代文学, もっとすごい, やはりご, ゆっくり見られた, よほど広い, 一つの, 三倍も, 共同ブロへ, 凄い舞台面, 増しである, 寧ろ深殿, 少し大きい, 己の, 彼の, 押すな, 数倍気持が, 派手に, 燈火の, 生々と, 生々として, 社会を, 自分の, 較べて, 農民と, 近々の, 遙か, 遥に

▼ 見る~ (36, 0.1%)

3 の色 2 だった

1 [31件] から血の気, がまっか, が待ち遠しく, が朱盆, が気味悪く, が破裂, が険しく, が青, だが, であった, であつ, である, でしたが, で毎日, には何となく, には帝国主義, に苦悶, のごとく, の中, の真中, の蒙, はそう, ばかりが七八人, ばかりであった, やわ, を引き歪め, を特に, を真っ, を見た, を離れ, 触は

▼ 見るかの~ (33, 0.1%)

6 ように 5 やうに, ような 3 やうな 2 癩病人たちは, 相違である 1 ごとくぴたり, ごとく寂然, やうで, やうな慣れた, ようだ, チラアドなる, 二つを, 奇怪な, 嫌ひあり, 淑女の

▼ 見るだけで~ (32, 0.1%)

2 あつた, 通り過ぎたが

1 [28件] おしまいに, ござります, すぐページ, たくさんです, まだ一度, イモを, ズバリという, ゾッとする, タクサンだ, 充分だ, 充分な, 吐き気が, 喜んでるちゅう, 失望し, 寒さ, 感じだすやう, 既に幸福, 気を, 気持ちが, 満足し, 満足する, 満足するなら, 満足らしく, 老人を, 自分の, 語り明かした, 食わない肴, 1時すぎ出

▼ 見る~ (32, 0.1%)

2 にその, にまた, に間近

1 [26件] にや落ん, にシャチコ, に一つ, に下, に了解, に云い, に劇, に危く一重, に唇, に山, に川手氏, に幼児, に形, に潰し, に生き生き, に男, に空, に色, に蟻, に近く, に近頃しばしば, に隔た, に雲, に霧, に額, に麦

▼ 見ると共に~ (31, 0.1%)

1 [31件] いつの間にやら, いなずま, こそこそ逃げる, その人, その直ぐ上, その競争, また万物, わが病躯, 一種厳粛な, 人と, 何心なく, 側の, 剣を, 卯平の, 可憐な, 唯嬉し, 夢の, 小柄な, 常に外, 彼は, 後を, 有合う, 枯燥しかけた, 樹の, 殆ん, 生活の, 秀吉の, 胸が, 胸を, 薄笑の, 金襴の

▼ 見る~ (30, 0.0%)

1 [30件] おもしろく拝見, から判る, から神聖, から聞く, があるらしく, がない, が無い, では, ではこれ, では一般, では近松, で我開国以来世, と一致, と家人, なぞを描きたる, にては食, に五日頃, に学問上, に至り, に飾, のあり, のそれら, の地獄, は一, もあり, もない, も曩日, も聞く, やはり狂歌全盛, 甚だ同じ

▼ 見るほか~ (29, 0.0%)

10 はない 5 はありません 2 はありますまい, はあるまい 1 ありません, ないの, にない, には絵, に何, に余念, に手段, はなかつた, は行け, 慰める言葉

▼ 見る~ (28, 0.0%)

3 の眼 2 の顔

1 [23件] が多く, が如何なる, に久闊, のす, の女, の広漠, の心, の父親, の男, の男らしい, の目, の眼界, の笑顔, の肩, の胸, の赤ら顏, の足, の頤髯, の顔色, はその, はまた, は理, もそこ

▼ 見る~ (28, 0.0%)

2 な假小屋的, な心地, な心持, になつ

1 [20件] で面白く, なの, なはつきり, な心, な支那人, な氣持, な水田, な處, な青色, な音, に, にいや, にきた, に佐久間, に半ば, に年々, に快く, に思, に懷, に眺め

▼ 見る~ (28, 0.0%)

8 がある 5 があった 2 があっ

1 [13件] がつい, がのこされ, が付い, が何, が出来, が私, だか, とそれから, になった, によつて反感, の所長さん, は私, もつける

▼ 見る通り~ (28, 0.0%)

3 だが, である 2 の真面目, 人間らしい色艶

1 [18件] このナイフ, その人, であったあの, なの, にただ, に美しく, に雪, の仮装, の岩山, の時勢, の狼藉, まだ全部, 久しく不快, 人間らしき色艷, 全脳髄, 怪しいの, 最早己一人, 美しくて

▼ 見るかと~ (27, 0.0%)

3 思うと, 思つ 2 いうに, いふに, 背後の

1 [15件] おもえば, われには, 云う事, 云はれた, 云ふ, 廂合を, 思うだけでも, 思うより, 思って, 思われたが, 思われたと, 思われた険悪, 思われるばかり, 言うに, 言ふ

▼ 見るこの~ (27, 0.0%)

2 山の

1 [25件] たけと, 二人ことに, 人にたいして, 作家は, 凹みの, 友釣りは, 夜の, 大雪と, 巨船は, 平野も, 景色も, 村は, 母は, 水田が, 源氏物語図屏風に, 爬虫類を, 狭い穴蔵, 米屋の, 線の, 花の, 見と, 谷窪の, 辺の, 部屋が, 頃しきりに

▼ 見る思い~ (27, 0.0%)

3 がした, で久慈

1 [21件] があります, がし, がします, がする, であった, でした, で二人, で何となく, で冷え, で彼, で明日, で暫く, で次第に, で腹立たしく, で菖蒲, で覗い, で陰, で黒い, に染まっ, に迫られ, をした

▼ 見る限り~ (27, 0.0%)

2 こんなに続い

1 [25件] あまり問題, いたいた, うす黄, が雲, この第, すぐに, そういうもの, その最初, その番組, その起源, なるすすき野, なる程, においては南, においてマルクシズム, に於, の大きな, の巨木, の物, の青草, は単なる, は素より, 優れた真実, 咲く花, 広茫として, 行く限り

▼ 見るとは~ (26, 0.0%)

2 別の, 大ちがい, 大違い

1 [20件] いる時, つと心, はあ相撲取, またちがった, またどう, よほどちがった, ッと, 余りの, 全く事情, 其間に, 反対に, 大きなちがい, 思い知っても, 思われない程, 曇りなき, 申しましても, 自己を, 街頭を, 言わぬぞ, 驢馬の

▼ 見る~ (26, 0.0%)

4 を持っ 2 もなかっ, を失っ

1 [18件] ありて, が具わる, が欲しい, が消, とこれ, なく取捨去就, のあった, のない, の満ちた, の籠り, はないでしょう, はまた, もない, もなく, を失った, を失つた, を持つ, を獲得

▼ 見る~ (26, 0.0%)

13 はざる 2 はざりし

1 [11件] ず, のお, の舞臺, はざりけれ, はざること, はざるもの, はざる人, はざる失望, はざる舞, はざれ, はずして

▼ 見るといふ~ (25, 0.0%)

3 やうな, 風な

1 [19件] しやう, 事就い, 地方なら, 場合が, 大衆が, 始末だ, 張りきりでいや, 感じを, 極稀, 樂しみが, 樂しみも, 気にも, 氣持に, 程の, 程度の, 自発性は, 莊嚴な, 話は, 變つた世界を

▼ 見るやいなや~ (25, 0.0%)

1 [25件] あまりの, あッとばかり, いきなり, いきなり力いっぱい戸, これこそ, さお, すいと, その前, たちまち忍び音, たちまち悟った, だまった, にわかに狂う, 一度に, 二三歩あともどり, 僕を, 大いそぎ, 婆さんは, 席を, 愛子ちゃんは, 気を, 渠は, 石盤のうへへつつ, 突然会, 藁葺を, 訊ねた

▼ 見る~ (25, 0.0%)

2 は一

1 [23件] あるもの, である, では, では之, では古今東西, では女, では彼, では所謂表現派, では此, では現代肯定宗, では藝術家, で目, とは自ら, と都會人, なり, にし, にて生れき, によれ, の, のあり, の異なる, は即ち, 必ず一時

▼ 見るとか~ (24, 0.0%)

2 それを, 云って

1 [20件] あいそう, あるいは少し, いろいろな, その度毎, そんなわけ, カルシウムや, ッと, 地廻り格に, 彼等の, 或るい, 手の, 旅行する, 智慧を, 油で, 活動写真の, 片足を, 畑の, 空を, 竹生島詣でを, 踵で

▼ 見る心地~ (24, 0.0%)

73 して, である 2 がし, せしめき 1 がした, がする, しつ, す相川それ, せられぬ, にも譬, にをかし

▼ 見るさえ~ (23, 0.0%)

2 あるに, めずらしそう

1 [19件] いやに, おどろおどろしいばかり, きまり悪く, こっちの, まばゆかった, 不愉快に, 他の, 何とも言えない, 思い出すさえ, 気の, 気の毒な, 痛々しかった, 目の, 苦しいのに, 苦痛な, 覗くよう, 許さざれば, 辛うて, 黄金色の

▼ 見るほどに~ (23, 0.0%)

2 何となつかし, 見渡す限り樹

1 [19件] たじろいで, だんだんかなしく, なりましたわい, やがて手応, 何かに, 何にても, 何んと, 大きく逞しく真黒, 小さく消え, 心待せし, 心待ちせし, 手に, 推し移って, 早くも, 汚らしくは, 白雨は, 色彩が, 苦しいもの, 開きて

▼ 見る~ (23, 0.0%)

4 がなかっ 3 もない 2 もなく, も何

1 [12件] があった, がない, がねえ, さえない, なぃがったもな, のすけなかっ, はなかっ, もなかっ, もなくなりました, もなし, も無, も無い

▼ 見る~ (22, 0.0%)

4 えとこの

1 [18件] えとこりゃあひょっと, えとそう, えとむし, えともう少し, えとやたら, えと下, えと下手人, えと局, えと成, えと案外, えと生地, えと空気窓, えと開いた, えと高山, ふひくき, ふ俚言, エと, ッた

▼ 見る~ (21, 0.0%)

2 積な, 鶴の

1 [17件] せいとしては, もひ, 上品で, 人で, 岩の, 心でも, 民き, 清は, 種には, 粂も, 艶が, 葉の, 親しい姿, 豊臙脂を, 銀様には, 駒を, 高に

▼ 見る~ (21, 0.0%)

2 へも羞

1 [19件] うして, うすれ, うなと, え怖, え美味, へたゆ, へにが, へや心はを, へや空, へ不快, へ不愉快, へ取りつく, へ嫌, へ帶腰, へ得, へ懷, へ気の毒, まんざら知らない, 第一此処

▼ 見るそれ~ (21, 0.0%)

2 は樹

1 [19件] がはっきり, が人々, が札差, が順當, さえ不意, である, とおなじ, とは本質的, のよう, の方, は一本, は床上, も興, よりも遥か, をば長吉, をひとつ, を受けとる, を飮, を飲み干し

▼ 見る人々~ (21, 0.0%)

2 の心, の目

1 [17件] からかわいそう, でみんな, と雖, に云い知れぬ, に與, に言い知れぬ, のかえる, の感じ, の為, の眼, の眼付, の驚き, の魂, は氣壓, もひろい, を動かす, を呆気

▼ 見る~ (21, 0.0%)

2 の落着き

1 [19件] から, から友情, が初め, が即ち, こそは魂, とても準備, との衝突, と事物, のゆとり, の時めきで, の餘裕, はなき, はまた, は人生, は概ね, は違う, もあらね, を刺す, を慰める

▼ 見る~ (21, 0.0%)

1 [21件] かあるじもうけ, にそれ, にどう, には此, にやぶい, にフラリ, に一人, に二千米以上, に仮に, に右, に国技館, に地面, に外, に少し, に往来, に斯ん, に目, に部屋, に降り, に集っ, に駒形

▼ 見る積り~ (20, 0.0%)

2 だ, で居る

1 [16件] か女, だった, だつたん, だのう, でありますから, でいた, でしたが, ですよ, です同志諸君, でその, で今度, で塔, で墮落, で此處, で襷, なん

▼ 見るかも~ (19, 0.0%)

4 知れない 2 知れないと, 知れません

1 [11件] しれないからと, しれぬもの, しれませんが, 分らない, 知らぬ, 知れないから, 知れないどんな, 知れないなあ, 知れぬ, 知れませんが, 知れん

▼ 見るけれど~ (19, 0.0%)

5 蓮の 2

1 [12件] これによって, それらしい, それを, どうも夢, 些とも, 今日が, 夢の, 孰れ, 氣に, 生活らしい, 私柳沢さんなんか, 血は

▼ 見るとおり~ (19, 0.0%)

1 [19件] いかにももっとも, きびしく減った, すでにこちら, だ, である, にそれ, になっ, に右, に少し, に左右, に物, に算哲, に見る, のあの, のコロンギ, の無残, の病人, 両防寨, 片脚

▼ 見るなんて~ (19, 0.0%)

2 ことが, 何時まで, 貴女の

1 [13件] いふ面倒, そんなに明るい, ちよつと, むく犬, 云う位, 出來, 出来た訳, 奴が, 如何にもおそろしい, 悪いから, 真平だった, 言う人, 話にも

▼ 見るもん~ (19, 0.0%)

4 じゃない 3 じゃねえ 2 だ, だよ 1 じゃア, だそう, だわ, だ迷子札, でご, ですか, でも, もない

▼ 見るあの~ (18, 0.0%)

2 清麗な

1 [16件] 主婦の, 勇ましい顔, 大きい眼, 寂寥の, 強大国家を, 折一寸頭を, 挙動も, 新月が, 次郎が, 白い咽喉, 矢たけびをあげてゐる學生さんなんかでも, 窓の, 絵姿の, 菊池幽芳氏と, 観衆の, 赤い桃

▼ 見るせい~ (18, 0.0%)

2 だろうか

1 [16件] かこの, かこの世, かずっと, かもしれない, かやや, か七兵衛, か人, か今日, か匂い, か千古, か四条, か境遇, か子供等, か彼, では, ばかりでなく

▼ 見るだに~ (18, 0.0%)

1 [18件] ただもう, たへが, ものすごく飛行機, ものは, 傷, 咽喉の, 嘔吐を, 堪へせじ現しごころ, 恋しきもの, 恐ろしい自分等, 悪寒を, 惨, 慄然とぶ, 涼しき美人, 胸が, 胸悪き, 膚寒い, 薄気味悪い爪

▼ 見る~ (18, 0.0%)

2 でもイヤ, でも来る

1 [14件] けです, である, でくる, でも面白かっ, で平気, に高い, の世界, の大き, の目的, の真実さほか, の能力, の芸術家的度量, 今斯, 歩み出して

▼ 見る世界~ (18, 0.0%)

2 はただ

1 [16件] が自分, が自己自身, である, でかりに, とは似, ならざる空想, には美くし, に限り, のほか, の構成モンタージュ, の片端, の目, は一生, は狭く, よりも隠れた, を想像

▼ 見る~ (18, 0.0%)

3 もなく 2 にもあれあれ, のやう

1 [11件] があった, があるだらう, があろう, がなかっ, にはにかむ, にもあれ, の自分, はなかろう, もありません, を持った, を未だ

▼ 見るくらい~ (17, 0.0%)

2 では

1 [15件] およそ世, でございますから, でまた, で別に, で多く, なもの, ならこんな, ならば, なら何, なら活動写真, なら生きて, なら絵, また白露, 彼の, 感銘した

▼ 見る~ (17, 0.0%)

2 のこと, は許し

1 [13件] であ, でした, で殆ど, な事, にし, になった, には思える, に考へ, の図々しい, の心持, の用意, の考え, は誰

▼ 見る大きく~ (17, 0.0%)

6 なって

1 [11件] なった, なつて, なります, なりやがて, なる, ひろがって, ユラユラと, 広がり出した, 拡がって, 捕鯨船と, 近くなっ

▼ 見る機會~ (17, 0.0%)

1 [17件] があらう, がなかつた, がなかツ, が來, が少, はあった, もありません, もなく空しく, も多, も時間, をも得ないでし, を作らう, を多く, を得せし, を得た, を得ない, を得なかつた

▼ 見る~ (17, 0.0%)

9 もない 4 もなく 1 った, もない若い, も無い, も無く

▼ 見る間もなく~ (17, 0.0%)

2 初秋の

1 [15件] かれは, それは, またその, 五右衛門の, 件の, 吹落る, 夕立模様と, 夕立襲い来りぬ, 彼は, 海水は, 神明の, 船に, 蒸気は, 身体は, 過ぎ去って

▼ 見るまでに~ (16, 0.0%)

1 [16件] するには, なった, 吾等を, 場馴れた, 変れる, 幾許も, 彼の, 思った通り, 沖邊は, 生長した, 発達した, 至って, 至らぬは, 進めること, 選挙界の, 電話の

▼ 見る~ (16, 0.0%)

2 の眼

1 [14件] か, といった, とはちがう, なれど, のよう, の人達, の気高, の生活, の眼つき, の瞳, の赤い, の風, を片, 見る女

▼ 見る景色~ (16, 0.0%)

2 であった

1 [14件] だけれども, でなくては, と別々, と変り, と左, などが日本, のなん, の最も, はあ, はまだまだ, は丁度, を年, を見, 踏む大地

▼ 見る~ (16, 0.0%)

4 の色 2 のさきざき 1 にひろがる, に彼ら二人, のうつくし, のお, のきれい, の光, の深, は青かっ, や, 現しけく

▼ 見る~ (15, 0.0%)

5 かりけり 4 かりける 2 かりけれ 1 えからよ, かりける白露, かるらし, けんや

▼ 見る~ (15, 0.0%)

1 [15件] がぱっちり, すらあつ, と月, のやう, の中, の何倍, の夕影, の夜, の大き, の清ら, の面, は一寸, も団欒, よりは清らか, を

▼ 見る~ (14, 0.0%)

1 [14件] おれて, かしバち, この上, その人, また河底, もう思いおく, よく考え, わたへも, ポケットの, 仏経も, 又タミ子, 君は, 呼鈴は, 過ちを

▼ 見る心持~ (14, 0.0%)

2 になった

1 [12件] がした, がする, が鉛, である, です, で差, になります, になれない, はどんな, はなくなっ, も強く, やあなた

▼ 見る感じ~ (14, 0.0%)

32 は新鮮 1 がいや, がした, がそれ, だった, でした, とによってその, とはどことなく, はまず, 易き心

▼ 見る~ (14, 0.0%)

2 かに耳, がない, を失う 1 がある, がなく, が何, が必要, が有る, なく従って, の欠乏, 故に詐

▼ 見る~ (14, 0.0%)

3 の眼

1 [11件] がまちがっ, にはそこ, に迫り近付い, の判断力, の脳髄, はあまり, ははなはだ, は一行, は安政三年, も牛, を憫

▼ 見る立場~ (14, 0.0%)

2 が世界史的立場

1 [12件] からその, であって, にい, においては必然的, におかれ, に立っ, に立つ, の差異, はいろいろ, はひとり我, を云, 考えるもの

▼ 見る習慣~ (14, 0.0%)

2 があった, がつい 1 がつく, がますます, が日増しに, というの, になっ, によつて, の生じた, を存する, を造っ, を養え

▼ 見るかという~ (13, 0.0%)

1 [13件] こと, ことから, ことが, ことについての, ことは, ことも, こと人に, その作家, のが, 問題に, 基本的な, 観かたに, 説が

▼ 見るけれども~ (13, 0.0%)

1 [13件] いそがしいから, いつもの, その単調, どうしてもあんまり好い, どうしてもその, ひとたび太陽, よくわからない, 一向に利き, 些とも, 今日は, 本場は, 果して真, 相手には

▼ 見るたびごと~ (13, 0.0%)

1 [13件] にあの, にお腹, に一つ, に僕, に内, に内々自分, に味, に大きく, に思い出す, に感心, に新しく, に新鮮, に素早い

▼ 見るなと~ (13, 0.0%)

2 言はれた

1 [11件] いうわけ, いった部屋, いわれると, 云い合わせたよう, 云ふ, 吹きつける北風, 命令した, 囁いて, 言う, 言われたもの, 言われると

▼ 見る代り~ (13, 0.0%)

1 [13件] にじっと, にそこ, にま, にやや, に之, に何等, に同, に理性, に目, に科学, に空間, に都市, に青電球

▼ 見る自分~ (13, 0.0%)

2 の心

1 [11件] にはこれ, に乗り移っ, のみじめ, の人格, の以前, の冒險, の姿, の浅まし, の眼, の眼附, は四人目

▼ 見る~ (13, 0.0%)

1 [13件] があった, があつ, がある, が出来, が生じ, が生ずる, が立つ, であった, と波, な楽し, に一寸, をし, 吹いて

▼ 見るだけに~ (12, 0.0%)

2 その姿 1 したいと, して, とどめて, とどめようと, なったの, ひどく心, 折々は, 満足し, 滿足し, 留めて

▼ 見るはず~ (12, 0.0%)

2 はない, もない 1 がありません, がない, だったという, である, なるも, のお雪ちゃん, の竜, はなかっ

▼ 見るひま~ (12, 0.0%)

3 もなく 2 がなかっ, に囂, もなかっ 1 にも海, はない, を聲

▼ 見る余裕~ (12, 0.0%)

2 がある, もない 1 があつ, さえ彼, すら無い, などあろう, など全く, はない, はなかっ, も出来

▼ 見る光景~ (12, 0.0%)

2 であります 1 があたし, が現実, であるが, ではある, で初めて, は不思議, は世, は台, は極楽浄土絵, 全く名所絵

▼ 見る態度~ (12, 0.0%)

1 [12件] であり他, である, で鑑賞, とは違つて, にどこ, にもこれ, に存, の上, の缺乏, は恐らく, を変え, を失わなけれ

▼ 見る気持~ (12, 0.0%)

2 になつ 1 がうごかなかった, がし, なの, になっ, にもなつ, にもならない, にもならなかつた, に似, の人々, はトニオ

▼ 見る~ (12, 0.0%)

3 には行かない 2 には参りません 1 である, でその, にはいかん, にはなお, には行くまい, にも行かぬ, に行かず

▼ 見る~ (11, 0.0%)

3 見るな 1 で私たち, なか, ッ, 人生を, 十秒間は, 少ないが, 火を, 見るなと

▼ 見るほう~ (11, 0.0%)

3 がいい 2 が損 1 がありがたい, がよい, が勝手, が至当, が髣髴, でも

▼ 見る~ (11, 0.0%)

1 [11件] での感情, での未熟さ, で非常, においてまず, においても十分, には深い, にも文學制作, に外聞, に多大, に於, は上句

▼ 見る以外~ (11, 0.0%)

3 に無い 1 にありません, にない, に仕方, に手, に直観, に精霊, に考え, の眼

▼ 見る価値~ (11, 0.0%)

6 がある 2 があろう 1 が充分, は有る, を生ずる

▼ 見る意味~ (11, 0.0%)

2 の発展, はかぎり 1 とその, に大きな, のマンネリズム, の日常性, の深き, はなくなっ, を発展

▼ 見る様子~ (11, 0.0%)

2 である, とから最も 1 がはっきり, に重き, はどことなく, もない, もなかっ, より起居, をする

▼ 見る~ (11, 0.0%)

1 [11件] でそれ, で僕, にちがい, の人々, の寂し, の目, の眼, の顔, はパラオ中, は上役, を描き出し

▼ 見る眼つき~ (11, 0.0%)

2 が変った 1 が何, で, で私, になった, にはいや, にはもし, の中, や素ぶり, をごらん

▼ 見る見方~ (11, 0.0%)

1 [11件] が成り立つ, である, で眺める, という, と異なっ, にはほとんど, の根本, はゲーテ, も全く, をとらね, を吟味

▼ 見るからが~ (10, 0.0%)

2 人の 1 いかにも楽し, その風采, まずみすぼらしい, ヒマラヤの, 嫌な, 嫌に, 実に厭, 涙が

▼ 見るとともに~ (10, 0.0%)

1 おうと声を, さらにヨーロッパ, また, 彼は, 武蔵の, 腰掛を, 董家の, 車麩が, 顔色を, 馳せつけて

▼ 見るとね~ (10, 0.0%)

1 あの底, あんまり難, うす赤い皺, 博士の, 林谷蔵が, 樹蔭に, 濃藍, 灯を, 結婚は, 莞爾笑い

▼ 見る人間~ (10, 0.0%)

2 の真実 1 があった, がいない, がいる, であるか, でしたが, の, の生命, は驚いた

▼ 見る~ (10, 0.0%)

1 があっ, がある, が出, が多い, が居る, が見れ, さ, の前, の方, は眼

▼ 見る~ (10, 0.0%)

2 をなし 1 であつ, では讃岐, にはあれ, の美し, の裾, はもっと, は昔, は美しい

▼ 見る度毎~ (10, 0.0%)

2 に彼等 1 にあれ, にかの, にその, にそれ, に故郷, に精神的, に自分, に苦笑

▼ 見る~ (10, 0.0%)

2 に改めた 1 だけをしました, であります, になっ, になった, に姉, の如き, をすれ, 大きくなり

▼ 見る彼女~ (10, 0.0%)

2 の眼 1 から離れ, の姿, の皮膚, の眼眸, の背後, はもう, は別, は物ごし

▼ 見る~ (10, 0.0%)

1 があせ, が白く, ぞなき, とは違つて, に表, の浅黒い, の白い, は共存的関係, や形, を失い出した

▼ 見る~ (10, 0.0%)

1 が売られ, と思へ, ならず, にも皆それぞれ, のいろ, の和, の姿, の面, もない, よりも口

▼ 見る風景~ (10, 0.0%)

1 でもなかっ, でも無く, と人物, のなか, のよう, の一つ, の中, は禿山, は貧弱, までを黝

▼ 見ることさ~ (9, 0.0%)

2 へ苦しい 1 へある, へしませんでした, へし得なかつた, へなし得なかつた, へ出来ない, へ出来なかつた, へ無い

▼ 見る~ (9, 0.0%)

4 せう 2 あらうが 1 あらう, あらうこと, せうから

▼ 見るとから~ (9, 0.0%)

2 笑つて居 1 だ中, つまらないね, なので, 何かしら懐しく, 半ば夢中の, 松の, 聾な

▼ 見るとして~ (9, 0.0%)

1 ここで, まず初め, もう少し珍しい, 今は, 博士の, 清新の, 神靈の, 荒涼寂寞冷厳に, 軍部外に

▼ 見るふり~ (9, 0.0%)

5 をし 1 いして, して, で眼, をした

▼ 見るものの~ (9, 0.0%)

2 妹が 1 この自己嘲笑, それかと, ひとしく経験, ほとんど全部, 一向に験目, 何かを, 路多く

▼ 見るやら~ (9, 0.0%)

1 して, だんだん騒がしく, どれも, 向は, 家禽の, 忙しげ, 知れませぬ, 茶を, 草鞋の

▼ 見る~ (9, 0.0%)

1 が多い, であって, である, で作者, と変わり, なれば, はこれ, は如何にも, は語

▼ 見る方法~ (9, 0.0%)

2 である, はない 1 がなかっ, によってで, は無, をいかに, を得る

▼ 見る~ (9, 0.0%)

2 の顔 1 のごとく, の俤, の眼, はあの, はそういう, はだます, はボヤボヤ

▼ 見る~ (9, 0.0%)

1 となり, になっ, になつて, にはきっといつも, に成っ, の日, はお, は製品, を

▼ 見る顔色~ (9, 0.0%)

3 を変え 1 がおだやか, が変った, が蒼, までが変っ, を変える, を蒼白く

▼ 見るくらいの~ (8, 0.0%)

1 ことは, もので, ものでありました, ものです, ものどす, ものは, 心持に, 衆なら

▼ 見るしか~ (8, 0.0%)

3 ない 1 ないからよ, なくたって, 伸子には, 新生活, 見よう

▼ 見るじゃ~ (8, 0.0%)

4 ありませんか 1 ない, ないか, なし買い, ろうが

▼ 見る人たち~ (8, 0.0%)

2 をば我 1 にとつ, の側, の風, もあった, もそれ, もみんな古風

▼ 見る元気~ (8, 0.0%)

1 がない, になっ, は固, もありませんでした, もない, もなく, もなし, も何

▼ 見る大きな~ (8, 0.0%)

1 お犬さま, 五彩の, 姿で, 実践的影響を, 山全, 穴が, 穴を, 街の

▼ 見る彼等~ (8, 0.0%)

2 は閣下 1 が懐旧, が義仲, の主観主義的前提, の心, の筆致, は流る

▼ 見る~ (8, 0.0%)

2 園の 1 か人, に, にであらう, によく, 多少の, 折角の

▼ 見る~ (8, 0.0%)

3 れ彼 2 れ侯, れ豈 1 は當

▼ 見る~ (8, 0.0%)

6 もない 1 はない, もありません

▼ 見るかぎり~ (7, 0.0%)

1 ある種, こそ嬉しけれ, な泥湖, の白, の邸宅, をこえ, 果てなき泥海

▼ 見るなど~ (7, 0.0%)

1 いうこと, おん身に, くつろぐまもあるまいによう精励いたしおる, 三方敵の, 今は, 営中の, 水くさい

▼ 見るまでには~ (7, 0.0%)

1 一切の, 一月も, 他にも, 到って, 前記の, 多大の, 慶應義塾蹴球部の

▼ 見るまでの~ (7, 0.0%)

1 ことだ, 事であります, 數秒間先生の, 時間は, 楽しみは, 経過であり, 設備平和な

▼ 見る~ (7, 0.0%)

1 こそうらぶれぬ, はいか, まばゆきあやいろ, もうっとり, やさしき, を変えさせた, 尊とく

▼ 見る~ (7, 0.0%)

1 しがない, しなけれど, な佐渡ヶ島, まだわからない, よく聞け, 平和の, 昨晩に

▼ 見るよし~ (7, 0.0%)

5 もない 1 もなかっ, もなく

▼ 見る以上~ (7, 0.0%)

1 その疑い, にちやん, にわからなかった, に人間性, に毎日機械, のたのしみ, よほど低級

▼ 見る~ (7, 0.0%)

2 が得 1 なら何ん, には差支え, には怖い, にゃあ, にゃア

▼ 見る~ (7, 0.0%)

1 ぞら, 仕掛の, 政治家で, 檣の, 満員中, 芝居である, 規模な

▼ 見る姿~ (7, 0.0%)

1 が如何にも, はあまりに, はた, は楚々, は絶えず, も燈籠, をおのれ

▼ 見る楽しみ~ (7, 0.0%)

1 があり, が半減, にくらべ, のため, のない, は劇, も大方

▼ 見る~ (7, 0.0%)

1 で一杯, にのまれ, に沈める, のない, のふ, の色, は漲り

▼ 見る程度~ (7, 0.0%)

1 だけの夢, なの, にすぎなかった, には差支, には差支えありません, のもの, まで詩仙堂

▼ 見る~ (7, 0.0%)

2 へはなり立つ 1 へが生き, へは随所, へもある, へもなり立つ, へ方

▼ 見る~ (7, 0.0%)

2 であるが, にも譬 1 がある, もある, を成し

▼ 見る迄も~ (7, 0.0%)

3 ありません 1 あるまいよ, ない日本人, なくこれ, 無く子供

▼ 見るがい~ (6, 0.0%)

6 なや

▼ 見ること能~ (6, 0.0%)

3 はざる 1 はさる, はざれ, はずして

▼ 見るすべて~ (6, 0.0%)

5 のもの 1 の人

▼ 見るとき私~ (6, 0.0%)

2 はなんだか 1 のかたよった, の心, は只, は日本国民

▼ 見るとに~ (6, 0.0%)

2 ツこり 1 っこと, にぎの, はかに, ッと

▼ 見るなどは~ (6, 0.0%)

1 ここでは, 中, 俳諧らしいおかしみである, 千載一遇の, 彼らに, 神泉氏の

▼ 見るのみに~ (6, 0.0%)

2 して 1 其瞬間は, 心足り, 非ず, 非ずして

▼ 見るまた~ (6, 0.0%)

1 それを, 北上川の, 大いに幽, 我が, 曰く冀州鵠山に, 筆を

▼ 見るまま~ (6, 0.0%)

1 な心地, に任せ, に青葉, のこれ, の心, 聞くまま

▼ 見るものすべて~ (6, 0.0%)

1 が流通無碍, が涙, が身, なつかしい思い出, に露, 珍しく面白かった

▼ 見るよしも~ (6, 0.0%)

2 なき朝夕, なし 1 あらむしかす, ありません

▼ 見る二人~ (6, 0.0%)

1 の呼吸, の女性, の距離, の顔, はざつと斯ん, ばかりの印度人

▼ 見る~ (6, 0.0%)

1 あるまい, ない, の婦人たち, の種類, は何, は無い

▼ 見る傾向~ (6, 0.0%)

1 がありまし, がつよい, に進み, もあっ, もあり, を生じた

▼ 見る~ (6, 0.0%)

1 には実に, の前, の心, の目の下, はこの, は此

▼ 見る~ (6, 0.0%)

1 が多い, が大分, が笑, でにぎわっ, の顔, は幾組

▼ 見る小さく~ (6, 0.0%)

3 なって 1 なった, 空の, 遠ざかって

▼ 見る度び~ (6, 0.0%)

1 に俺, に官軍, に心, に眼, に笑顔, に電気

▼ 見る~ (6, 0.0%)

2 がする 1 があった, があります, がした, に候

▼ 見る~ (6, 0.0%)

2 の古里 1 の客, の心, の私達, の秋

▼ 見る気力~ (6, 0.0%)

2 もなく 1 が衰え, さえ無い, なんざあ, も何

▼ 見る~ (6, 0.0%)

2 の色 1 が荒れ初めた, のやう, は大きい, ひょうしのしかばねが

▼ 見る~ (6, 0.0%)

2 のよう 1 だ, のごとく, のやう, の中

▼ 見る~ (6, 0.0%)

2 の顔 1 などを彼, に向っ, の感覚, は鄭寧

▼ 見る街路~ (6, 0.0%)

5 も人通り 1 の灯

▼ 見る~ (6, 0.0%)

2 に胸一面 1 にカーチス機隊, に空っぽ, に紫色, に蟻

▼ 見る~ (6, 0.0%)

2 になる 1 にはゆかない, には行かぬ, には行くまい, に行かない

▼ 見る~ (6, 0.0%)

1 が無, もなかっ, もなかつた, も無かっ, を得なかった, を覘いす

▼ 見る~ (6, 0.0%)

1 がへっ, のながめ, の海, の結晶, の飛び交う, は

▼ 見るあたり~ (5, 0.0%)

1 が暗く, に深々, に黒雲, のあの, の景色

▼ 見るこそ~ (5, 0.0%)

2 あはれなれ 1 よけれ, 悲しかりけれ, 訝しけれ

▼ 見ること帰~ (5, 0.0%)

5 するが

▼ 見ること稀~ (5, 0.0%)

3 なれば 1 なるべし, に消息

▼ 見るこれ~ (5, 0.0%)

1 が思え, はつまらず, はヘーゲル, は成功, を賞する

▼ 見る~ (5, 0.0%)

1 うれしき, さびしき, っ, 寂しき傍丘, 涼しき

▼ 見るとお~ (5, 0.0%)

1 さよも, さわの, つし, 末には, 末は

▼ 見るところ花~ (5, 0.0%)

2 にあらざる, にあらず 1 はなけれ

▼ 見るとずつと~ (5, 0.0%)

1 ほつれ出して, 先輩の, 前から, 単調な, 夙慧た

▼ 見るとぞ~ (5, 0.0%)

2 つとする, ーっと 1

▼ 見るとも無し~ (5, 0.0%)

1 にたたずん, に瞰, に見, に見る, に覗い

▼ 見るとや~ (5, 0.0%)

1 はらかい, はらかで, ッぱりそいつじゃごぜえませんか, ッぱり変だ, 火の粉が

▼ 見るどころか~ (5, 0.0%)

1 それと, 人脚の, 名を, 夢一つみなかった, 聞いてさえも

▼ 見るばかりに~ (5, 0.0%)

3 なった 1 なつた, 堂々たるもの

▼ 見るもの耳~ (5, 0.0%)

3 に聞く 1 にきく, に聞える

▼ 見る一つ~ (5, 0.0%)

1 の, の弊, の性格, の情景, の窓

▼ 見る一面~ (5, 0.0%)

2 なるひかり 1 の火, の雪, の雪景色

▼ 見る人ごと~ (5, 0.0%)

1 にあり, にいちいち, に快い, に讃歎, に顔

▼ 見る便宜~ (5, 0.0%)

2 を有し 1 がある, も多い, を持つ

▼ 見る其手~ (5, 0.0%)

5 は海

▼ 見る勇氣~ (5, 0.0%)

1 がなかつた, が出なかつた, が無くなります, はございません, は無論

▼ 見る同じ~ (5, 0.0%)

2 芝居の 1 いやみを, 光景である, 漁場の

▼ 見る場所~ (5, 0.0%)

1 でないかを, と春, にあらず, はあまり, はいつも

▼ 見る~ (5, 0.0%)

2 があった 1 すくなくし, のよう, の町

▼ 見る~ (5, 0.0%)

5 さは

▼ 見る~ (5, 0.0%)

1 决心は, 常も, 神火は, 経験の, 運命の

▼ 見る我が~ (5, 0.0%)

2 昨日の 1 奥に, 宿は, 目捕へん

▼ 見る日本~ (5, 0.0%)

1 でも歌, の兵隊, の外, の清潔, はわたしたち

▼ 見る時人~ (5, 0.0%)

2 は自然 1 の心, は慄然, は殊に

▼ 見る時私~ (5, 0.0%)

1 には資本制度, はどうして, は何, は半信半疑, は父

▼ 見る普通~ (5, 0.0%)

1 のハロ, の夢, の木造, の百姓体, の農家

▼ 見る最も~ (5, 0.0%)

1 壮観なる, 大きな鳥, 美しい男女, 美わしいものの, 貴い崇高

▼ 見る~ (5, 0.0%)

2 になれ 1 になっ, になつて, になる

▼ 見る~ (5, 0.0%)

1 が文化主義的, である, では, に於, は今

▼ 見る為め~ (5, 0.0%)

1 には自然, には非, に地面, に自分, に都

▼ 見る真青~ (5, 0.0%)

3 になった 2 になっ

▼ 見る眼付~ (5, 0.0%)

1 が何とも, が又, が時々, にし, になった

▼ 見る眼付き~ (5, 0.0%)

2 になった 1 だったこと, は尋常, をした

▼ 見る瞬間~ (5, 0.0%)

1 に於い, に早く, に突然, に露路, の官能的

▼ 見る~ (5, 0.0%)

1 が無い, であつ, であり綱領, でしたからね, も無し

▼ 見る節子~ (5, 0.0%)

1 といくら, と同じ, と高輪, の眼, は彼女

▼ 見る自由~ (5, 0.0%)

1 が之, であり平等, とみずから, の利かない, をゆるされ

▼ 見る蔀窓~ (5, 0.0%)

5 の外

▼ 見る~ (5, 0.0%)

1 がない, はない, もある, もなかっ, も無い

▼ 見る~ (5, 0.0%)

2 はわるい, もある 1 の方

▼ 見る~ (5, 0.0%)

2 にも行かない 1 にはゆかぬ, にも行かなかつた, にも行かぬ

▼ 見るかに~ (4, 0.0%)

3 山か 1 山かつらせよ

▼ 見るかわり~ (4, 0.0%)

1 に, に俳優何某, に手, に撫で

▼ 見るくせ~ (4, 0.0%)

1 があった, である, にいや, になっ

▼ 見るころ~ (4, 0.0%)

1 になっ, にはお, は家族, ほひ

▼ 見るすべ~ (4, 0.0%)

2 もない 1 がない, もなかっ

▼ 見るだけは~ (4, 0.0%)

1 見せられるもの, 見たの, 見とくもん, 読むで見やう

▼ 見る~ (4, 0.0%)

2 やない 1 やありません, やて

▼ 見るって~ (4, 0.0%)

1 そう言ってる, ただ見る, ところも, 言った僕

▼ 見るとけ~ (4, 0.0%)

2 ふは 1 ふに, もので

▼ 見るとしても~ (4, 0.0%)

1 あながち卑怯未練, 実に鄭重, 彼は, 畢に

▼ 見るとの~ (4, 0.0%)

1 ことです, はっきりと, 意味が, 説も

▼ 見るひと~ (4, 0.0%)

1 が見る, だつて, にいつも, はそう

▼ 見るまもなく~ (4, 0.0%)

2 海風に 1 かれの, 大きな塊

▼ 見るものぢ~ (4, 0.0%)

2 やない 1 やなく, やねえ

▼ 見る~ (4, 0.0%)

2 くろまた, くろ廻るが

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 あたいの, づか四分の差, やっと開いた, 読む物

▼ 見るんで~ (4, 0.0%)

2 せう 1 い, え

▼ 見るヒマ~ (4, 0.0%)

1 がない, がなく, もない, もなかっ

▼ 見る一種~ (4, 0.0%)

1 の清新さ, の神々しい, の立体的, の興奮

▼ 見る今日~ (4, 0.0%)

1 のこの, の銃後, はそも, は出来

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 か大いなる, にもない, の手段, よりもうれし

▼ 見る傾き~ (4, 0.0%)

1 があつ, があります, が極端, はあつ

▼ 見る先生~ (4, 0.0%)

1 が出来た, には生徒, の眼, の顔

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 が初めて, の世界, を失われ, を放っ

▼ 見る~ (4, 0.0%)

2 よく一息 1 も無い, を失っ

▼ 見る向き~ (4, 0.0%)

1 もあり, もある, もあろう, も有る

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 が故国, となり, とわれゑにしの神, の眼

▼ 見る喜び~ (4, 0.0%)

1 だけで満足, と云, の色さ, を述べ

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 だ, だったから, はその, を描いた

▼ 見る天才~ (4, 0.0%)

1 かの如く, であった, にのみ依存, の稀

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 でで, の姿, の洋服, の視線

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 の何, の顔, は悲しむ, もありました

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 のその, の眺め, の軒おとづれぬ, をた

▼ 見る富士~ (4, 0.0%)

2 は寧ろ 1 はくるしい, は美しい

▼ 見る少年~ (4, 0.0%)

1 のやう, の眼, の頭布, らしい目つき

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 が見え, の人物, へ沈ん, をまくられた

▼ 見る心持ち~ (4, 0.0%)

2 がした 1 を以つて, を覚える

▼ 見る思想~ (4, 0.0%)

1 が斥けられ, が現, が生まれた, である

▼ 見る怪物~ (4, 0.0%)

1 だった, のよう, はいったい, はぞっと

▼ 見る恐怖~ (4, 0.0%)

2 に耐 1 だったろうか, のうち

▼ 見る~ (4, 0.0%)

2 形に 1 ひは, る作物

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 がやってくる, の夕暮, の心, 無けむ狂人

▼ 見る時代~ (4, 0.0%)

2 が来 1 になっ, にはこの

▼ 見る時間~ (4, 0.0%)

1 なし, はある, も甚だ, を与へる

▼ 見る最終~ (4, 0.0%)

2 の時 1 の日, の晩

▼ 見る有様~ (4, 0.0%)

1 だった, で何事, の為, をば其角

▼ 見る決心~ (4, 0.0%)

2 をしました 1 がつかないらしい, をした

▼ 見る父親~ (4, 0.0%)

2 を何故か無性に 1 のたま, の心持

▼ 見る理由~ (4, 0.0%)

1 があり, だろうと, もなく, を待たなく

▼ 見る目つき~ (4, 0.0%)

1 あまやかして, でこのごろ, はいつも, も似る

▼ 見る眺望~ (4, 0.0%)

1 と共にまた, は日本一, をばその, をば其の

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 が動く, さえつぶせ, にうるみ, は新しい

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 だと, だの, でやつ, る雪

▼ 見る美しい~ (4, 0.0%)

2 円満な 1 全貌を, 老婆で

▼ 見る~ (4, 0.0%)

1 に入りぬる, のうれし, 將跳り, 紳士の

▼ 見る老人~ (4, 0.0%)

1 のあれ, の坐り場所, の眼, は明らか

▼ 見る考え~ (4, 0.0%)

1 が吉野川上流, でいます, は随所, を起された

▼ 見る自然~ (4, 0.0%)

2 へ出かけ 1 と共にある, の大

▼ 見る葉子~ (4, 0.0%)

1 の把持, の美し, はあっと, は一寸

▼ 見る見かた~ (4, 0.0%)

1 に二人共通, に今日, は現代, を人間

▼ 見る視野~ (4, 0.0%)

2 の中 1 がひらけた, の二十倍

▼ 見る~ (4, 0.0%)

2 の顏 1 の心持, の顔

▼ 見る観念~ (4, 0.0%)

1 がある, であり一つ, などどこ, も存する

▼ 見る角度~ (4, 0.0%)

1 にあった, に依っ, に独特, の変化

▼ 見る~ (4, 0.0%)

4 の日

▼ 見る面白~ (4, 0.0%)

2 さと 1 さは, さも

▼ 見るおもい~ (3, 0.0%)

2 がし 1

▼ 見るかなと~ (3, 0.0%)

1 云った, 思うて, 簡単に

▼ 見るかは~ (3, 0.0%)

1 この句, 各人の, 彼の

▼ 見るからの~ (3, 0.0%)

1 ボヘミアン内職に, 事で, 老野人

▼ 見るくら~ (3, 0.0%)

2 ゐの 1 ひならば

▼ 見るくらいに~ (3, 0.0%)

2 なって 1 急行を

▼ 見るぐらい~ (3, 0.0%)

1 ならロクロ首, なら私, な所

▼ 見るぐらいの~ (3, 0.0%)

1 ことで, ことは, 値打しか

▼ 見ること親~ (3, 0.0%)

2 に如かずじゃ 1 に如かず

▼ 見るさえも~ (3, 0.0%)

1 よきです, 恐ろしくなる, 癪に

▼ 見るしかし~ (3, 0.0%)

1 てこは, 内なる, 司教は

▼ 見るそう~ (3, 0.0%)

1 だ, である, です

▼ 見るそこ~ (3, 0.0%)

1 からおびただしい, にいた, の一座

▼ 見るそして~ (3, 0.0%)

1 愉快に, 繪端書や, 開けては

▼ 見るそれら~ (3, 0.0%)

1 とあまり, の盲目, の顏

▼ 見るだけじゃ~ (3, 0.0%)

1 お代は, ないか, 悪いよ

▼ 見るといった~ (3, 0.0%)

1 ところで, ような, 調子で

▼ 見るところ十指~ (3, 0.0%)

1 のたとえ, の指さす, の指す

▼ 見るどころ~ (3, 0.0%)

1 では, の話, の騒ぎ

▼ 見るなかれ~ (3, 0.0%)

1 というきびしい, の場所, の神文

▼ 見るなよ~ (3, 0.0%)

2 見るなよ 1 忠蔵とやら

▼ 見るにさえ~ (3, 0.0%)

1 国家的見地から, 捨小舟の, 骨が

▼ 見るにつれて~ (3, 0.0%)

1 あたたかみ, 以前ほど, 強まれるため

▼ 見るによりて~ (3, 0.0%)

2 なり 1 悦ぶ

▼ 見るに従って~ (3, 0.0%)

1 その構想, 彼女の, 肩にも

▼ 見るばかりの~ (3, 0.0%)

1 丈長き, 品よき, 道である

▼ 見るふう~ (3, 0.0%)

1 が一般, だった, もなく

▼ 見るものみな~ (3, 0.0%)

1 懐しく悲しみ, 珍しい蛮土, 酔えるが

▼ 見るもの一切~ (3, 0.0%)

1 がしょんぼり, がなつかしい, が明るく

▼ 見るゆえ~ (3, 0.0%)

1 に, にであろう, に死人

▼ 見る一人~ (3, 0.0%)

2 の乞食 1 の雲水僧

▼ 見る一団~ (3, 0.0%)

1 の人魚群, の大, の火玉

▼ 見る一方~ (3, 0.0%)

1 だとは, だ余, で之

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 に正直, の子供達, もあら

▼ 見る人毎~ (3, 0.0%)

1 に有難から, に讚歎, を呪う

▼ 見る人物~ (3, 0.0%)

1 であった非常, である, にだれ

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 から養っ, に立つ, も開け

▼ 見る~ (3, 0.0%)

2 の梢 1 の中里

▼ 見る刹那~ (3, 0.0%)

1 に, に力一杯, の天

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 だった, であった, ばかりです

▼ 見る土地~ (3, 0.0%)

1 だ, のやう, もない

▼ 見る多く~ (3, 0.0%)

1 の, の家, の犯人

▼ 見る女房~ (3, 0.0%)

1 となっ, の様, は女

▼ 見る如く~ (3, 0.0%)

1 に歓喜, に語り, に鴉

▼ 見る宇宙~ (3, 0.0%)

1 になった, は小さい, は常に必ず

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 しもへ押し流され, の形, は賑

▼ 見る工夫~ (3, 0.0%)

2 もありません 1 はあるまい

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 のながめ, の木, の雨

▼ 見る建物~ (3, 0.0%)

1 が村役場, なりしかば表通岩谷天狗, の内部

▼ 見る心臓~ (3, 0.0%)

1 が破裂, のお, へ集中

▼ 見る想い~ (3, 0.0%)

2 があったであろう 1 がした

▼ 見る意志~ (3, 0.0%)

1 の深い, の足跡, の限界

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 がしたろう, であつ, 憤何ぞ

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 に效, れの, を

▼ 見る所以~ (3, 0.0%)

1 であり兼ねて, のもの, の者

▼ 見る振り~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をした

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 が少く, を加え出した, を減らし

▼ 見る明く~ (3, 0.0%)

2 なつて 1 なって

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 のよう, の月, も夜

▼ 見る時そこ~ (3, 0.0%)

2 にも説く 1 に混同

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 の中, は表紙, 水使用てんで

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 き蛇, を注いだ, を流した

▼ 見る権利~ (3, 0.0%)

2 がある 1 が許され

▼ 見る正面~ (3, 0.0%)

2 には一人 1 の奥

▼ 見る母親~ (3, 0.0%)

2 には挨拶 1 の心

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 である, の様子, の頭髮

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 の色, は大きい, を伝

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 が女, に塞がった, を湛

▼ 見る~ (3, 0.0%)

3 れども

▼ 見る~ (3, 0.0%)

2 を感じる 1 ありと

▼ 見る~ (3, 0.0%)

2 のまなこ 1 は殆

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 のその, をあら, を目のあたり

▼ 見る現象~ (3, 0.0%)

1 である, でない, なん

▼ 見る甲斐~ (3, 0.0%)

2 がある 1 なきよう

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 の様相, の理髪師, や人々

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 去ること四百歩許, 恰が, 應に

▼ 見る秀才~ (3, 0.0%)

1 だったが, だつたが, で而

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 のうれひ, の富士, は人

▼ 見る稽古~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をした

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 という事, のこと, 漸次政策的には

▼ 見る美人~ (3, 0.0%)

1 だった, であった, でおわしました

▼ 見る考え方~ (3, 0.0%)

1 が近代小説, に導かれ, は独り日常

▼ 見る自己~ (3, 0.0%)

1 ではない, はそれ, を更に

▼ 見る若い~ (3, 0.0%)

1 女の, 女性に, 男に

▼ 見る若い美しい~ (3, 0.0%)

1 女に, 女の, 女出来るなら

▼ 見る荘厳~ (3, 0.0%)

2 だが 1 の建物

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 がにじみ出し, がシャツ, が上っ

▼ 見る血の気~ (3, 0.0%)

1 が引いた, を喪っ, を失った

▼ 見る表情~ (3, 0.0%)

1 で伸子, と其の, に昔

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 でも可哀そう, りで奥, りな

▼ 見る趣向~ (3, 0.0%)

1 であるが, に違, は和歌以来

▼ 見る途端~ (3, 0.0%)

1 になにやら, にベソ, に叢雲

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, に沿う, を求めた

▼ 見る都会~ (3, 0.0%)

1 の色, の風景, や港湾

▼ 見る醜男~ (3, 0.0%)

1 だった, だつたん, の方

▼ 見る~ (3, 0.0%)

2 の末 1

▼ 見る銀杏~ (3, 0.0%)

2 の木 1 の實

▼ 見る鋭い~ (3, 0.0%)

1 目を, 眼を, 舌に

▼ 見る限り一面~ (3, 0.0%)

1 の浅瀬, の淺瀬, の茅原

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 のよう, の下, や雲

▼ 見る青年~ (3, 0.0%)

2 の顔付 1 の判断

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 で漱石, の色激, をゴム毬

▼ 見る面影~ (3, 0.0%)

1 おおそ, もない, を備えた

▼ 見る順序~ (3, 0.0%)

1 が逆, である, を云え

▼ 見る~ (3, 0.0%)

2 に青筋 1 に汗

▼ 見る風物~ (3, 0.0%)

1 で何, の雄大, も何一つ

▼ 見る驚き~ (3, 0.0%)

2 の色 1 なども梅雨

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 が島, のよう, の通り

▼ 見る~ (3, 0.0%)

1 であったの, であつ, なん

▼ 見るあかつき~ (2, 0.0%)

2 の裏山

▼ 見るある~ (2, 0.0%)

1 人は, 女教師は

▼ 見るうえ~ (2, 0.0%)

1 で試衛館一派, の妨げ

▼ 見るおり~ (2, 0.0%)

1 に感ずる, のあの

▼ 見るおん~ (2, 0.0%)

2 みたち

▼ 見るかい~ (2, 0.0%)

1 の, や

▼ 見るかたち~ (2, 0.0%)

1 が小さく, で空

▼ 見るからと~ (2, 0.0%)

1 おどかすと, 其女の

▼ 見るからには~ (2, 0.0%)

1 だ寒い, 小ぢんまりした

▼ 見るからね~ (2, 0.0%)

2 さあ一所

▼ 見るからねと~ (2, 0.0%)

1 云った, 座蒲団を

▼ 見るきり~ (2, 0.0%)

1 でしばらく, で知らん顔

▼ 見るここち~ (2, 0.0%)

1 がした, である

▼ 見るこころ~ (2, 0.0%)

1 と学窓, をもっ

▼ 見ることそれ~ (2, 0.0%)

1 が一等, を彼

▼ 見ること以外~ (2, 0.0%)

2 に外

▼ 見ること切り~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 見ること牛馬以下~ (2, 0.0%)

2 であって

▼ 見ること能はず~ (2, 0.0%)

1 その目的, と宣給

▼ 見ること著~ (2, 0.0%)

1 のごとくなったなら, の如く

▼ 見るさま~ (2, 0.0%)

1 なして, 痛く恐

▼ 見るすら~ (2, 0.0%)

1 いやに, なお痛癢

▼ 見るすると~ (2, 0.0%)

1 ペテロは, 黒い幕

▼ 見るそういう~ (2, 0.0%)

1 気持を, 職人らしい

▼ 見るそうして~ (2, 0.0%)

1 この女, その繩

▼ 見るたかどの~ (2, 0.0%)

2

▼ 見るただ~ (2, 0.0%)

1 ち顔, 赤丹剥げたる

▼ 見るたび毎~ (2, 0.0%)

1 に大師, に驚嘆

▼ 見るため腰~ (2, 0.0%)

1 をか, をかがめ

▼ 見るだけと~ (2, 0.0%)

1 なった, なったそう

▼ 見るだけを~ (2, 0.0%)

1 朝夕の, 楽しみに

▼ 見るというは~ (2, 0.0%)

1 塵毛の, 此の

▼ 見るというも~ (2, 0.0%)

1 何分解し, 同じ道理

▼ 見るとおい~ (2, 0.0%)

2 よさん

▼ 見るときおれ~ (2, 0.0%)

1 の心, ははずかしく

▼ 見るときくら~ (2, 0.0%)

2

▼ 見るとき彼ら~ (2, 0.0%)

1 は合点, は悪

▼ 見るとき我々~ (2, 0.0%)

1 はこの, は制度

▼ 見るとき自分~ (2, 0.0%)

1 が実際, は子供

▼ 見るとこ~ (2, 0.0%)

2 は如何に

▼ 見るとて~ (2, 0.0%)

1 ッきりこれは, 誤って

▼ 見るとても~ (2, 0.0%)

1 誰かは, 面白し

▼ 見るとには~ (2, 0.0%)

1 かに渋い, なひと

▼ 見るとよ~ (2, 0.0%)

1 つぽ, 程好きであったらしい

▼ 見るとわ~ (2, 0.0%)

1 づかに, ッとばかり

▼ 見るとを~ (2, 0.0%)

1 かしく感ずる, つ

▼ 見るなから~ (2, 0.0%)

1 んこと, んと

▼ 見るなし~ (2, 0.0%)

1 といふ, と言

▼ 見るなども~ (2, 0.0%)

1 仏法で, 気味が悪いこと

▼ 見るなり顔~ (2, 0.0%)

1 をそむけ, を背け

▼ 見るなんと~ (2, 0.0%)

1 いうこと, いう大

▼ 見るにあたっても~ (2, 0.0%)

1 相異なった, 苔虫的見地から

▼ 見るのみの~ (2, 0.0%)

1 事が, 失意が

▼ 見るの便~ (2, 0.0%)

1 を与, を主

▼ 見るの完全~ (2, 0.0%)

2 なるに

▼ 見るの意味~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 見るの機~ (2, 0.0%)

1 がない, を得た

▼ 見るの賢明~ (2, 0.0%)

2 なる人物

▼ 見るの間郎従四人~ (2, 0.0%)

2 忽ち死亡

▼ 見るひどい~ (2, 0.0%)

1 もの, ものだ

▼ 見るふるさと~ (2, 0.0%)

2 の山川

▼ 見るほどぞ~ (2, 0.0%)

1 しばし慰むめぐり, はかなきともすれば

▼ 見るまっさお~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 見るまっ暗~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ 見るものごと~ (2, 0.0%)

1 にわたし, に買いたくなる

▼ 見るものそれ~ (2, 0.0%)

1 は凡て, より進ん

▼ 見るもの上~ (2, 0.0%)

2 なるを

▼ 見るもの流石~ (2, 0.0%)

2 に眼鏡

▼ 見るもの皆~ (2, 0.0%)

1 あしきこころ, 嬉しく人

▼ 見るもの真~ (2, 0.0%)

2 の駱駝

▼ 見るやう目~ (2, 0.0%)

1 もあてられた, も當

▼ 見るやと~ (2, 0.0%)

1 問うと, 質問を

▼ 見るらむ~ (2, 0.0%)

1 など口, 我が民

▼ 見るらん母御~ (2, 0.0%)

1 は世辞上手, は世辭上手

▼ 見るわれ~ (2, 0.0%)

1 は唯, まず往き視

▼ 見るシャア~ (2, 0.0%)

2 の頬

▼ 見る~ (2, 0.0%)

2 ちだから

▼ 見る一例~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ 見る一個~ (2, 0.0%)

1 の大丈夫, の英國人

▼ 見る一切~ (2, 0.0%)

1 のもの, の断層

▼ 見る一寸~ (2, 0.0%)

1 い, 面白かった

▼ 見る一杯~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ 見る一番~ (2, 0.0%)

1 いい女, な手がかり

▼ 見る上品~ (2, 0.0%)

1 な顏つき, な顔つき

▼ 見る不思議~ (2, 0.0%)

1 な動物, な変化

▼ 見る不死身~ (2, 0.0%)

2 の強

▼ 見る世の中~ (2, 0.0%)

1 だから, の人達

▼ 見る世間~ (2, 0.0%)

1 ではきっと, の目

▼ 見る事久~ (2, 0.0%)

2 しかりしが

▼ 見る事件~ (2, 0.0%)

1 がふえた, や物象

▼ 見る事実~ (2, 0.0%)

1 はとくと, は別

▼ 見る事能~ (2, 0.0%)

1 はざる, はざれ

▼ 見る事象~ (2, 0.0%)

1 との間, の悉く

▼ 見る二本~ (2, 0.0%)

1 の木剣, の蓮

▼ 見る五大力~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 見る人身~ (2, 0.0%)

2 の毛

▼ 見る人達~ (2, 0.0%)

1 が小屋, も今

▼ 見る仕方~ (2, 0.0%)

1 である, で一

▼ 見る他国~ (2, 0.0%)

2 の人間

▼ 見る代わり~ (2, 0.0%)

1 に二つ, に低

▼ 見る低く~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ 見る何ぞ~ (2, 0.0%)

2 其れ

▼ 見る何時しか~ (2, 0.0%)

2 息遣ひ

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 は小声, も其例

▼ 見る偉大~ (2, 0.0%)

1 な, なる煙筒

▼ 見る~ (2, 0.0%)

2 から

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 に任し, を精緻克明

▼ 見る儚き~ (2, 0.0%)

2 哀な

▼ 見る兄さん尾道~ (2, 0.0%)

1 の家, の私

▼ 見る光栄~ (2, 0.0%)

1 を有する, を有するでしょう

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 ある二三人づれ, れをば

▼ 見る処芳幾~ (2, 0.0%)

2 は決して

▼ 見る処貴様~ (2, 0.0%)

2 は国体

▼ 見る刑事~ (2, 0.0%)

1 の眼, もあった

▼ 見る利吉~ (2, 0.0%)

1 の眼, の視線

▼ 見る劇的才能~ (2, 0.0%)

2 の所有者

▼ 見る効果~ (2, 0.0%)

1 を出す, を心理的

▼ 見る~ (2, 0.0%)

2 の山脈

▼ 見る半蔵~ (2, 0.0%)

1 の目, の胸

▼ 見る半蔵ら~ (2, 0.0%)

1 にとってどれ, は一概に

▼ 見る即ち~ (2, 0.0%)

1 怠惰の, 直觀

▼ 見る叙景~ (2, 0.0%)

2 の文

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の平, も利く

▼ 見る可能性~ (2, 0.0%)

1 がある, はない

▼ 見る右手~ (2, 0.0%)

2 なる汀

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 一例である, 病者だった

▼ 見る向う~ (2, 0.0%)

1 からまた, の斜面

▼ 見る周囲~ (2, 0.0%)

1 に人, の目

▼ 見る~ (2, 0.0%)

2 ある醜き

▼ 見る商売~ (2, 0.0%)

1 ですから, のお

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 のま, の日

▼ 見る~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 見る土手~ (2, 0.0%)

1 は花, へ上る

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 である, の一種

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の様, の樣

▼ 見る場面~ (2, 0.0%)

1 というの, といふの

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 に月光, のよう

▼ 見る変化~ (2, 0.0%)

1 とは違います, とわれわれ

▼ 見る夕方~ (2, 0.0%)

1 から夜, である

▼ 見る外国~ (2, 0.0%)

1 の街, の貴婦人

▼ 見る外界~ (2, 0.0%)

1 はお前, よりは刺戟

▼ 見る大原女~ (2, 0.0%)

1 の方, より此八瀬大原

▼ 見る大衆~ (2, 0.0%)

1 のこころな, はそれら

▼ 見る太陽~ (2, 0.0%)

1 の数, は夜空

▼ 見る失望~ (2, 0.0%)

1 がやがて, の色

▼ 見る女乞食~ (2, 0.0%)

1 の仕方, の醜い

▼ 見る女房たち~ (2, 0.0%)

1 はまして, も悲しかっ

▼ 見る好き~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 見る姿勢~ (2, 0.0%)

1 に似た, を逆

▼ 見る婆さん~ (2, 0.0%)

1 がぼや, の目

▼ 見る婦人~ (2, 0.0%)

1 が青春, で理想家

▼ 見る存在~ (2, 0.0%)

1 である, となった

▼ 見る宇治山田~ (2, 0.0%)

2 の米友

▼ 見る富士山~ (2, 0.0%)

1 の大, の遠景

▼ 見る封建的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な眼

▼ 見る小さい~ (2, 0.0%)

1 ランプを, 白点と

▼ 見る尾田~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 見る山吹~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の色, もて洞穴

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の影, ゆく島

▼ 見る市井~ (2, 0.0%)

1 の無頼児, の無頼兒

▼ 見る幻覚~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 見る幽霊~ (2, 0.0%)

1 のよう, の正体

▼ 見る広場~ (2, 0.0%)

1 が埋められはじめた, や道路

▼ 見る座敷~ (2, 0.0%)

1 に持ち込ん, の額

▼ 見る彫刻~ (2, 0.0%)

1 があり, に比し

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 ではない, と夢

▼ 見る思いがけない~ (2, 0.0%)

1 機会は, 美観に

▼ 見る悦び~ (2, 0.0%)

1 のあまりに, を得

▼ 見る悪く~ (2, 0.0%)

1 なった, なること

▼ 見る悲惨~ (2, 0.0%)

1 な末路, の光景

▼ 見る感心~ (2, 0.0%)

1 するとこ, せず

▼ 見る憂鬱~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ 見る憐れ~ (2, 0.0%)

1 なる哉ヘクトール, な表情

▼ 見る我家~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 見る手段~ (2, 0.0%)

1 が御座る, を考え

▼ 見る拍子~ (2, 0.0%)

1 に, にその

▼ 見る故国~ (2, 0.0%)

1 の家, の貧しい

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 とはちがっ, の死骸

▼ 見る文学~ (2, 0.0%)

1 がその, の貧困

▼ 見る文鳥~ (2, 0.0%)

1 の美し, は決して

▼ 見る料理~ (2, 0.0%)

1 ではなく, の名人

▼ 見る明るい~ (2, 0.0%)

2 緑の

▼ 見る明晰~ (2, 0.0%)

1 な頭脳, の頭脳

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 のさむ, の夢

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の光, は十日

▼ 見る時それ~ (2, 0.0%)

1 には一定不変, を興味深く

▼ 見る時僕~ (2, 0.0%)

1 は神, は自分

▼ 見る時彼~ (2, 0.0%)

1 はほほえみ, はもうどう

▼ 見る時昔~ (2, 0.0%)

2 の講釈

▼ 見る時自分~ (2, 0.0%)

1 のうち, は三種

▼ 見る暑い~ (2, 0.0%)

1 のも, 街の

▼ 見る更に~ (2, 0.0%)

1 又た, 登ること二里

▼ 見る最後~ (2, 0.0%)

1 かも知れぬ, の日

▼ 見る月影~ (2, 0.0%)

1 に森なす, は薄れ

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 明月の, 楽座の

▼ 見る望み~ (2, 0.0%)

1 さえなく, は永久

▼ 見る望遠鏡~ (2, 0.0%)

1 に人, は

▼ 見る未だ~ (2, 0.0%)

2 閣下が

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の地平線上, の房

▼ 見る東京~ (2, 0.0%)

1 の町, の雑然紛然

▼ 見る~ (2, 0.0%)

2 映画女優と

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 である, に月

▼ 見る椅子~ (2, 0.0%)

1 の中, の影

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の木, の茂み

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 なん, はきやしやな

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の山, の我が

▼ 見る武蔵野~ (2, 0.0%)

1 の美し, の落人

▼ 見る歯痛~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 見る歴史~ (2, 0.0%)

1 と人物, を歴史

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 である, の裂け目

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 が玉, と涙

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の中央, の面

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の情, の面

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 なの, なりとて俗間

▼ 見る~ (2, 0.0%)

2 い美し

▼ 見る海蛇丸~ (2, 0.0%)

1 の檣上, の船首

▼ 見る深く~ (2, 0.0%)

1 なった, なって

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 にはこまかい, の景色

▼ 見る満月~ (2, 0.0%)

1 の倍, の十倍以上

▼ 見る火山灰地~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 見る火焔~ (2, 0.0%)

1 につつまれ, の紐

▼ 見る灰色~ (2, 0.0%)

1 となり, の眼

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 が小さく, に包

▼ 見る焼け~ (2, 0.0%)

1 つくさんと, 落ちて

▼ 見る煙草~ (2, 0.0%)

1 というもの, とかいうもの

▼ 見る燈火~ (2, 0.0%)

2 は優しく

▼ 見る物殘ら~ (2, 0.0%)

2 ず嫌

▼ 見る物毎~ (2, 0.0%)

1 に恨, に驚きました

▼ 見る狂暴~ (2, 0.0%)

1 な防ぎよう, になつ

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 のよう, の毛並

▼ 見る獅子王~ (2, 0.0%)

2 の怒り

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の汗, の膏汗

▼ 見る生徒~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 見る生活~ (2, 0.0%)

1 だった, の白

▼ 見る画面~ (2, 0.0%)

1 では二人, においてはそこ

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 だからよ, だのに

▼ 見る白く~ (2, 0.0%)

1 して, 血の気が

▼ 見る百人長~ (2, 0.0%)

2 は色激

▼ 見る目的~ (2, 0.0%)

1 で日本語, は十分

▼ 見る目笑止~ (2, 0.0%)

2 にへの字

▼ 見る真似~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 見る真紅~ (2, 0.0%)

1 に染まっ, は朝

▼ 見る眼前~ (2, 0.0%)

1 に一縷, の銀河

▼ 見る眼力~ (2, 0.0%)

1 がかなり, を指す

▼ 見る眼危き~ (2, 0.0%)

1 ただ単身, 唯単身

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 に颯と, は閉じ

▼ 見る磐梯山~ (2, 0.0%)

1 の煙, は殆

▼ 見る祖国~ (2, 0.0%)

1 の壊滅, を涙

▼ 見る神秘~ (2, 0.0%)

1 の色, を話し

▼ 見る空中~ (2, 0.0%)

1 にとびあがり, へ煙草

▼ 見る空間~ (2, 0.0%)

1 の壮厳, の荘厳さ

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の外, はもっと

▼ 見る竹縁~ (2, 0.0%)

2 の障子あけ

▼ 見る範疇~ (2, 0.0%)

1 で言語, として彼女

▼ 見る約束~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の色, をさして

▼ 見る紫色~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 だ, ばかりであった

▼ 見る緊張~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 と色, のシンメトリイ

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の泡沫, はムダ

▼ 見る美し~ (2, 0.0%)

1 さくらいの, さだ

▼ 見る美術~ (2, 0.0%)

1 と用いる, の眼

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 かしさう, みなど

▼ 見る考方~ (2, 0.0%)

1 から必然的, と一方

▼ 見る~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 見る能力~ (2, 0.0%)

1 の欠けた, をもっ

▼ 見る自殺者~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ 見る興味~ (2, 0.0%)

1 もなく, を減ずる

▼ 見る舞踏~ (2, 0.0%)

2 の歩調

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 のそば敵, は出ない

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 と彼ら, はグルリ

▼ 見る色彩~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 褪め眼, 褪め額口

▼ 見る蒼白~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 は一つ, は二つ

▼ 見る蚊帳~ (2, 0.0%)

1 の古臭い, もその

▼ 見る蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 から糸, の姿

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 には風, は昔

▼ 見る衰弱~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 見る西洋人~ (2, 0.0%)

1 の国籍, の肌

▼ 見る~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 見る視点~ (2, 0.0%)

1 がある, を我々

▼ 見る視線~ (2, 0.0%)

1 にはどうしても, は鋭い

▼ 見る誤り~ (2, 0.0%)

1 に落入, ほどしばしば

▼ 見る論者~ (2, 0.0%)

1 は当時, も西洋

▼ 見る路傍~ (2, 0.0%)

1 の人, の男たち

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の窓, の輻

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 さ問い慰めん, さ問ひ慰めん

▼ 見る辺り~ (2, 0.0%)

1 でこの, まで近づい

▼ 見る迄の~ (2, 0.0%)

1 出來事で, 壯快

▼ 見る近く~ (2, 0.0%)

2 へ下り

▼ 見る近代~ (2, 0.0%)

1 のブルジョア自由主義, の立場

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 が無い, はき

▼ 見る通り先生~ (2, 0.0%)

2 はこんな

▼ 見る逸物~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 って来た, り合い水

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, もなく

▼ 見る道士~ (2, 0.0%)

1 のころ, のよう

▼ 見る遠い~ (2, 0.0%)

1 処の, 山の

▼ 見る部屋~ (2, 0.0%)

1 にあて, の壁

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 に眼, のよう

▼ 見る閼伽~ (2, 0.0%)

2 の氷

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 い空, の向う

▼ 見る限り落葉樹~ (2, 0.0%)

1 が立っ, が立つ

▼ 見る限り黄色~ (2, 0.0%)

2 な草

▼ 見る陰気~ (2, 0.0%)

1 なソホー, になつ

▼ 見る陰鬱~ (2, 0.0%)

1 な小屋, になり出した

▼ 見る難破~ (2, 0.0%)

2 した船長

▼ 見る電車~ (2, 0.0%)

2 よりも少しく

▼ 見る青く~ (2, 0.0%)

1 して, なって

▼ 見る青空~ (2, 0.0%)

1 でありオルゴール, にはすべて

▼ 見る静か~ (2, 0.0%)

1 な朝, に美しい

▼ 見る非常~ (2, 0.0%)

1 な勢い, に興奮

▼ 見る頑強~ (2, 0.0%)

2 の肺臓

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 の勤勉さ, の向き

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 がそれ, を申す

▼ 見る飛行機雲~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 見る~ (2, 0.0%)

1 のやう, 売りの

▼ 見る餘裕~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, はない

▼ 見る首座~ (2, 0.0%)

2 は甚だ

▼ 見る高僧~ (2, 0.0%)

1 であったそう, なの

▼ 見る黄金色~ (2, 0.0%)

2 の光度

▼ 見る黒い~ (2, 0.0%)

1 眸子の, 顔に

▼ 見る黒く~ (2, 0.0%)

2 なる

▼ 見る黒雲~ (2, 0.0%)

1 の, も薄れれ

▼1* [2345件]

見るきじひ, 見るあたかも水晶盤裡において, 見るあたりまえの山稼ぎ, 見るあたり一帯の崖, 見るあたり哀れで泣いた, 見るあちらでもこちら, 見るあとから忘れ, 見るあに悲しからずや, 見るあまり興行成績は, 見るあんなふうに, 見るあゝ好い景色, 見るいい絶句だ, 見るいかなる恒星の, 見るいかにもおさなげ, 見るいかんぞ喜びざらんと, 見るいかんものである, 見るいくつも亀甲紋, 見るいたずらっ子が悪たれ, 見るいちめんの戦塵, 見るいっさいのもの, 見るいつもいつも物いわぬ, 見るいにしへのためし, 見るいやもう恐るべき, 見るいよいよ悪象ファッツ, 見るいわゆる新造なる, 見るうき身だに, 見るうち上着を脱い, 見るうち品も一段打上り, 見るうち峡間いっぱいに押し詰り, 見るうち照し出された土, 見るうち退潮の痕, 見るうぶな民藝, 見るうれしさ, 見るうろ覚えの字, 見るおおいにゆかいであった, 見るおしゃれであるの, 見るおじいさんを不思議, 見るおそろしい断崖に, 見るおたがいに目つきが, 見るおもひで順吉は, 見るおもしろさ, 見るおりおりに浮舟, 見るおれだけが世界, 見るお互いどうし好きになっ, 見るお伽話の絵, 見るお初の思う, 見るお前のお, 見るお前さん人前も構う, 見るお客さんを事務所, 見るお父さんやお母さん, 見るお話にした, 見るお金さえ持, 見るかかる国民感情それ自体が, 見るかぎり八十島しろし薩摩潟沖縄, 見るかぎり桃色の漣, 見るかぎり續く枯野, 見るかぎり荒涼とし, 見るかぎり落葉の色, 見るかぎり野草がはえしげっ, 見るかくごは, 見るかけぞなき, 見るかしら自分の, 見るかつこわれやすい, 見るかつらぎや高間, 見るかとも思われる, 見るかな照子の, 見るかなしさに, 見るかなしみか花, 見るかなという歌を, 見るかなとは何という, 見るかによるばかりである, 見るかねと言葉を, 見るかやの歌, 見るからかも知れぬ, 見るからこそ心が, 見るからさえざえとした娘, 見るかを頭に, 見るがたふとさ, 見るがと手紙で, 見るがな何に, 見るがに動きゆく山, 見るがへに月に, 見るがまに焼酎, 見るがわぶしさ, 見るきらいがあり, 見るきれいだが, 見るぎごちなさ, 見るぎり今でもハアプ, 見るくだりがあつ, 見るくろっぽいのが, 見るぐらいがせいぜいだろう, 見るぐらゐならロクロ首の見世物女, 見るぐわうぐわう燃える一炬, 見るけどでもこ, 見るけにおとよ, 見るけれどもねちょっと聞かし, 見るけわしい山の, 見るこうした光景は, 見るここもからっぽ, 見るここらがお, 見るこっちよりずっと, 見ることそのものを見る, 見ることに旅に, 見ることゴム風船を危かしく, 見ることスパイの如く, 見ること一回小汽船, 見ること一日の中, 見ること一枚でもあいつ, 見ること三度やうやうに, 見ること二三度なりき, 見ること二時間にし, 見ること今はほとほと, 見ること他の多く, 見ること刑事を見る, 見ること勿れ, 見ること叶はずそのま, 見ること国人のごとし, 見ること天の星, 見ること奴隷を見る, 見ること家人のごとく心得, 見ること己が鏡, 見ること平地の如く, 見ること平野を視るごとき, 見ること弟子に如かずだ, 見ること彼の行, 見ること徒ならずば, 見ること恋人の如き, 見ること我等と等しから, 見ること掌中の菴羅果, 見ること数回なり, 見ること明らかなれば, 見ること易かるべき由, 見ること星を数える, 見ること普通民中の品性, 見ること本気にやっ, 見ること柔和なるもの, 見ること殆ど他界の者, 見ること淺き哉, 見ること無礼なり此罪, 見ること父に如かず, 見ること犬の嚏, 見ること猛獣の如くならざる, 見ること生の如く, 見ること生理的必要品以上に出でなかったであろう, 見ること疑いもない, 見ること真実の子, 見ること緊要なり, 見ること能はず説教者にパウルノックス, 見ること芥のよう, 見ること觸る, 見ること門前のくろ, 見ること限りなしと, 見ること飛鳥の目, 見るこれらの絵, 見るこれ人に逢, 見るころ雨が降っ, 見るこんな馬鹿な, 見るこッた折角, 見る綺麗な, 見るごと妻ごひ, 見るごと身の毛竪立ちて, 見るさしはじめて波, 見るさっきのけむり, 見るさま我記憶の中, 見るさもわれわれの, 見るしきりに見る, 見るしこうして, 見るじっとして, 見るじゃまになる, 見るすそをひろげ, 見るすでに涙は, 見るすばらしさだろうとも, 見るせつ子の目, 見るせんべい蒲団や木枕, 見る今度は, 見るそうした新しい好尚, 見るそこで人影は, 見るそこらが暗く, 見るそのままのいでたち, 見るそのもの自体にだけしかあり得ない, 見るその同じ部屋の, 見るその間に, 見るそりや當, 見るそれで相手の, 見るたくさんな犠牲, 見るたぐいに過ぎない, 見るたけのこの, 見るたつきを得た, 見るたびたび紅楼夢の, 見るたびクロニオーンつねにアテー, 見るたび不憫をおぼえた, 見るたび心から礼, 見るたび心契の誼, 見るたび拙者も市十郎, 見るたび痛快がって, 見るたび胸が一杯, 見るたび麻のごとき, 見るため上野さんを東道役, 見るため十一時すぎかえったので, 見るため子供たちを連れ, 見るため家を空, 見るため左の一節, 見るため平行棒のところ, 見るため横浜へ行った, 見るため片手で少し, 見るため畠の方, 見るたんびにいやなおもいをしなくてはならないわけだと最悪のこと, 見るたんび武士道亡びたり, 見るだけが道楽じゃ, 見るだけだって悲しいん, 見るだけにても気の毒なり, 見るだにも難しと, 見るだに目が盲, 見るつうと金吾さん, 見るつむじかな, 見るつもり今度の事, 見るつもり御酒をいただきすぎた, 見るつらさは, 見るてんごおと言, 見るといへり, 見るといふだけでも樂しみに, 見るといふだけに滿足し, 見るといふだけにも滿足し, 見るとおりひろ子のそんな, 見るとおりわしはまだ, 見るとおりわれわれはいかにも, 見るとおりパリーの地下, 見るとおり一抉りと, 見るとおり両刀は腰, 見るとおり俺たちはここ, 見るとおり木乃伊みたいに包ん, 見るとおり男ばかりだ, 見るとかいうことも, 見るとかくのごとき, 見るとかはかかる無, 見るとかへつて吻つ, 見るとがあたろであ, 見るときかくの如き, 見るときかたわらに一つ, 見るときこれほどわれわれ, 見るときこれらの現象, 見るときこれ等の問題, 見るときそれはあまりに, 見るときひとはまったく, 見るときひろ子がきまって, 見るときわれわれはたしかに, 見るときレディにはその, 見るとき一種の弱気, 見るとき一面に黄色かっ, 見るとき人里に近づいた, 見るとき仏像はいかに, 見るとき何時も不思議, 見るとき先づ色の意味, 見るとき其處には國家, 見るとき哲学者は理解, 見るとき天井から吊し, 見るとき天平様式がまた, 見るとき嫌厭と憐愍, 見るとき左門は常に, 見るとき庖丁を持たせ, 見るとき彼の人道主義的, 見るとき彼女は当時, 見るとき息子が母親, 見るとき斉興がああ, 見るとき日本におけるプロレタリア, 見るとき村の人々, 見るとき浅瀬の女, 見るとき素人目にも如何にも, 見るとき肉である, 見るとき自然の活動元素, 見るとき良寛さんの心, 見るとき良寛様の書, 見るとき色と人, 見るとき色人とは如何なる, 見るとき花よりも, 見るとき行潦なが, 見るとき詩的な小説, 見るとき認識もまた, 見るとき軽視するが, 見るとき霊であり外, 見るとくらい海の, 見るところあまり狭きをもって, 見るところお前さんたちは浪花節, 見るところこれは如何にも, 見るところこれらの子供たち, 見るところこれ等は私, 見るところそれにふさ, 見るところそれらは大きい, 見るところただの博奕打ち, 見るところぢやございません, 見るところわたしの話, 見るところアカイア軍中誰人も, 見るところアスクレピオス生める息, 見るところヨーロッパの小説, 見るところ七八歳から十五六歳, 見るところ三人の例外, 見るところ三十ぐらいな貴公子, 見るところ久保自身は最も, 見るところ今急いで, 見るところ今先を, 見るところ何か子細, 見るところ入賞作としてこれ, 見るところ双月流の投入, 見るところ君の負け, 見るところ問題はさ, 見るところ嘆息をなされ, 見るところ国府老人が死ね, 見るところ国法の定, 見るところ妥協し難い, 見るところ孔明は実に, 見るところ年ごとに伐る, 見るところ恰かも両手両足, 見るところ戰爭の時期, 見るところ斎藤は技術, 見るところ旅摺れした面構え, 見るところ普通民の地位以下, 見るところ柔和で賢しげ, 見るところ武者修行はまだ, 見るところ歴史的評価が定まった, 見るところ殿の御, 見るところ気違いはまさしく, 見るところ烏帽子折りであろう, 見るところ男の甚三郎, 見るところ百人の指す, 見るところ百聞万犬の実, 見るところ目が見えない, 見るところ背丈の巨大, 見るところ花前はほとんど, 見るところ諸君の中, 見るところ造化の作, 見るところ選に入る, 見るところ重荷に困る, 見るところ鈍の馬埴馬, 見るところ静かだが, 見るとさね昨夜呑んだ, 見るとたんブスッと怒りッ面, 見るとでもいいたい, 見るととつつきにくい, 見るととよが一人で, 見るとな人は, 見るとながむと子供らの, 見るとねに行ったの, 見るとのう庄吉武家は, 見るとははァ此, 見るとめのかたきに, 見るともとは皆んな右肩が, 見るとやにはに片手に, 見るとんびの目, 見るどうも矢張りあの, 見るどこかの都会, 見るどっとどよみ立って, 見るどんよりと冷たい, 見るどんどんと形, 見るどんな人の, 見るなあ好きだ, 見るなか行けか, 見るながし眼, 見るなさけない顔に, 見るなぞといふ気持, 見るなぞとはよろしくない, 見るなつかしさよりも, 見るなつかしい港四郎に, 見るなというものほど, 見るなとも云えまいしね, 見るなどというそんなばかばかしい, 見るなどといふ興味は, 見るなどとはおろか生涯栄達の, 見るなどのことが, 見るなどよりもどうしてもほか, 見るなりという彼の, 見るなりに気付いた事, 見るなり声を掛けた, 見るなり手をかける, 見るなり車より飛び下り, 見るなんか私には, 見るなんざ大野暮, 見るなんざアやりきれやしないからな, 見るにかの年玉金なり, 見るにぎわいだったと, 見るにけふは, 見るにだっていろいろ変った, 見るについてはもとより異論, 見るについても非常に, 見るにはといって, 見るにや来て, 見るにやにや笑って, 見るによしないが, 見るによりてのみその, 見るによるなり, 見るに従い似寄った所, 見るに際して悠々として, 見るうちが, 見るねえはじめから, 見るのさへ薄気味悪, 見るのほかはない, 見るのほか通例の文化模倣, 見るのみかはその名, 見るのみにて足れりと, 見るのみにてもその身震, 見るのよ真正面で, 見るの一原因なり, 見るの一夜であります, 見るの冒険を試み, 見るの如何は功徳, 見るの必要はない, 見るの感がある, 見るの機會を得ざれ, 見るの準備を彼, 見るの紅葉を見る, 見るの自由を僕, 見るの記を作る, 見るの類いずれも愚民, 見るはきだめの中, 見るはげしい憤怒の, 見るはたらきは利潤対象, 見るはなんぞや, 見るばかしでも, 見るばかりじゃないちゃんと, 見るばかりで過ぎて, 見るばかりとなった, 見るばくの一種, 見るばっかりだよ, 見るひしひしと取り巻い, 見るひつようがある, 見るひとたちはあっ, 見るひとつは芸術, 見るひどくつまらないが, 見るひな子は一瞥, 見るひろいひろいスロープで, 見るひろ子の目, 見るふしぎな獣, 見るぶんにはなかなか, 見るへき者なり, 見るほか一般の時勢, 見るほか他の解釈, 見るほか明りらしいもの, 見るほか映画というもの, 見るほか谷の内, 見るほどには痛感できなかった, 見るほどもなくやがて, 見るほんとに彼の, 見るほんのなんの, 見るぼくはうろたえます, 見るまあそのくらいの, 見るまきの様, 見るまことにつまらぬ学校, 見るまっすぐな道, 見るまつ赤になつて, 見るまでが堪らなく待遠しく, 見るまではと知らぬ顔し, 見るまとめ方でそこ, 見るまなこは早くから, 見るまなこハおそろしきもの, 見るまねするは, 見るまもなくすぐまた病床, 見るまるで煙の, 見るまわりの人間, 見るみな黒色宮人曰く恐らくこれ銭竜, 見るむささびの眼, 見るむし焼きになり, 見るめずらしさ, 見るもかひなし, 見るもとの通り, 見るものその他八文字屋本の横形, 見るもの一ツとして欲しから, 見るもの位に思う, 見るもの凡てがしきりに, 見るもの口にする, 見るもの同等の地位, 見るもの哉と思う, 見るもの夢の如し, 見るもの寒を覺ゆ, 見るもの日に數千人, 見るもの目の前, 見るもの稀なり網, 見るもの荒凉寂寞たると, 見るもの觸れなければ, 見るもの變りゐたり, 見るもの飲食をしたがる, 見るもんぢやなく, 見るやいなやわつと泣きだし, 見るやうぢやない, 見るやう巌陰を出た, 見るやう手に取る, 見るやう注意した, 見るやう空高き梢, 見るやっぱり馬鹿に, 見るやつはなし, 見るやや平地らしい, 見るゆき子はす, 見るようすもなく, 見るようなほの赤い, 見るよう冬でも夏, 見るよう療治を一つ, 見るよう目もあてられた, 見るよう衣の縞, 見るよう電信柱に棟, 見るよう髪も容, 見るよってなそこで, 見るよと太く己, 見るよりかもう少し品, 見るよりしか仕方が, 見るよりにっこと, 見るよりのすさびされば, 見るより目覚る心地, 見るらむといひ様に寝懸, 見るらん思えば, 見るらんことも恥かし, 見るらんよそへつつ眺むる月, 見るらん書綴れる吾誠, 見るらん芹のみ茂り, 見るらん面色して, 見るわい駒木野の, 見るわかうどの君, 見るわけぢやない, 見るわざとらしい仰山な, 見るわたくしの心, 見るわたしは, 見るを以て無上の, 見るんぢや無い, 見るアイヌの分布状態, 見るアインスタインは実に, 見るアカイア衆人悉く, 見るアカデミーの本質, 見るアセチレン瓦斯を使う, 見るアトラスの悲劇, 見るアメリカの新聞記者, 見るアメリカ風景とは大分, 見るアラスカの土地, 見るイジケて行く, 見るイチョウ樹は昔, 見るイナックアーデンの時間, 見るイベットの身体, 見るイヤ何も, 見るイワンの体, 見るインド人そのままで, 見るエッフェル塔はあまりに, 見るエナージーが減っ, 見るオシラ神のごとく, 見るオパアルの様, 見るオフシェ・ダカジメ三等勲章が燦, 見るカウボーイなどを題材, 見るカシオペヤもオリオン, 見るカントの, 見るカンドコロは外れてる, 見るガチャ鉄の蛮勇, 見るガラスと金具, 見るキユビストの新, 見るギリシア的存在論と密接, 見るクラシズムが発生, 見るグルグルと渦, 見るケエなんか憚り乍らこ, 見るコロムビアの服部良一曲, 見るゴーリキイにはレーニン, 見るゴールの英雄ヴェルサン・ジェトリック, 見るサイゴンの大通り, 見るサルトルの思想, 見るサロンの目録, 見るサーカスの小屋がけ, 見るサーベルのひらめき, 見るシエラ山脈は鋸, 見るシャスタの偉大さ, 見るシャロットの女, 見るシリイシムフォニーの極彩色, 見るシヱーキスピーアに於, 見るシーザーの鼻, 見るジェソップ氏の眼, 見るスイッツルの山々, 見るスコットランド人のそれ, 見るスズメの顔, 見るスフィンクスの瞳, 見るスマートすぎるが, 見るズイと手, 見るソッと立っ, 見るソムマはヴェスヴィオ, 見るソレカラ一つも二つ, 見るソヴェトに対するゴーリキイ, 見るソーニャとは異なった, 見るタイプで言葉, 見るダリヤよ, 見るツネ子の顔, 見るテムズの一部, 見るテーマの厳粛性, 見るディグスビイの自筆, 見るまた悪, 見るト何皆鳥が囀つてる, 見るナポレオンの通り, 見るニコニコと笑い出した, 見るハイデッゲルの如き, 見るハッキリとなり, 見るバアナアド・ショオによく, 見るバタバタと仆, 見るバナナの皮, 見るパリの朝, 見るパリー人もわずか, 見るパンの神, 見るヒステリカルな投げ言葉, 見るビザンチン式の建築, 見るヘリオット通りはまだ, 見るベルリンの町, 見るポンチ画に比すれ, 見るポンペイの廃墟, 見るポーッと紅, 見るマストは満, 見るマニヤが彼, 見るマルラの姿, 見るマンの瞳, 見るミサ子はくったく, 見るメロンは外側, 見るモスコーは模糊, 見るモーターボートは賊, 見るライフである, 見るリヨンのオペラ, 見るリンゴの花, 見るルイバコフがいつも, 見るレントゲンにでもかけられた, 見るロシア女帝の顔, 見るロンドンはネオンサイン, 見るヴィジョンはこの, 見る一々の山, 見る一か月は以前, 見る一たいの様子, 見る一パイに緊張, 見る一人素絹と錦襴, 見る一匹の大, 見る一原因がある, 見る一双の眼, 見る一叢の森林, 見る一句手向けよう, 見る一同の眼, 見る一塊のまどい, 見る一大弾圧が全, 見る一尺ばかり岩壁, 見る一抹のかすみ, 見る一望の焼野, 見る一本の大根, 見る一本松は盆栽, 見る一条の流星, 見る一枚の風景画, 見る一歩一歩葉子から離れ, 見る一派がある, 見る一生の, 見る一節など, 見る一羽の荒鷲, 見る一途の情熱, 見る一隻の班爛虎, 見る七五音の定形律, 見る万山の紅葉, 見る万象と共に暮れ, 見る丈四尺あるや, 見る三たび呼んで, 見る三人の目, 見る三光國師も淨土僧, 見る三匹の仔牛, 見る三十四度にあげ, 見る三千丈の銀河, 見る三島は荒涼, 見る三笠の山, 見る上州屋の眼, 見る上気して, 見る上流社会のお家騒動, 見る上達した, 見るの此処彼処, 見る下女のやう, 見る下宿の下女, 見る下宿屋のよう, 見る下草の植込み, 見る傑作である, 見る不二のす, 見る不可思議な犯罪, 見る不可解な部屋, 見る不安をまぬがれる, 見る不審そうな眼, 見る不快な色, 見る不快げな顔, 見る不断着などは式服, 見る不自由な恋, 見る丑松の側, 見る世々のイギリス人, 見る世上の物, 見る世人の多く, 見るのかげ, 見る丘陵の起伏, 見る中もとのやう, 見る中満月が木立, 見る中盆の目, 見る中途で出, 見るに鷹, 見る丸背は前二者, 見る丹沢山に雪, 見る主税の顔, 見る久住は一層, 見る久保田君は驚く, 見るが所謂刑事眼, 見る乗客の姿, 見る九年間の憎しみ, 見る九月十四日の朝, 見る乱脈な凄惨, 見る乾きてあさ, 見る予定を変え, 見る予想なりしも汽船, 見る予期の如く林内閣, 見る予言者の頬鬚, 見る事さへ眞實, 見る事なきを得ん, 見る事ア出来ねえから, 見る事エタに対する程, 見る事一年に一両度, 見る事人類に非, 見る事妹の如くなる, 見る事帰するが, 見る事柄から起こっ, 見る事無しに自分, 見る事物をそれ自身, 見る事能はずといへ, 見る事草木の如き, 見る事虎狼よりも恐ろしく, 見る二上山の山肌, 見る二十五六の方, 見る二重人格また多数人格, 見る五六歳の子, 見る五加木といふもの, 見る五十餘りの, 見る五月の落日, 見る五重の塔は薄い, 見る京都の美し, 見るの中, 見る亭主の胸, 見る人これより去り, 見る人すべて瞠若しおのれ, 見る人それをあやしまれない, 見る人びとのこころ, 見る人みずからの姿, 見る人みな驚嘆せざるは, 見る人一人ゐない白く, 見る人予は単に, 見る人化石するは, 見る人即座に石, 見る人明年は何, 見る人格者でお嬢様, 見る人毛髪竦然としてたち, 見る人目も眩み, 見る人自身が選択, 見る人見らるる人, 見る人逢ふ人, 見る人間喜劇である, 見る人類の中, 見る人馬は遠ざかっ, 見る人驚嘆せざるはなし, 見るの姿, 見るまでの事, 見る今年の第, 見る仕事だから, 見る仕事これでよい, 見る仕掛になっ, 見る仕草が交, 見る他手紙や買物, 見る他眼をどうしても, 見る仙境の聯想, 見る仙女のよう, 見る代用としては依頼者, 見るて伏虎, 見る以上これは誰, 見る以前までは管子, 見る伊代より素顔, 見る伊豆の海, 見るがある, 見る会戦では戦争, 見る会話が巧, 見る伯鶴と孫三郎, 見る伴奏にもなります, 見る伸びて一方, 見る位置になった, 見る低い連山の, 見る佐太郎もその, 見る何とかスコープという, 見る何日間もこれ, 見る余ここにおいてか少々, 見る余力がない, 見る作家が果して, 見る作用がすでに, 見る佳作である, 見る使徒たちの眼付, 見る便益がたしかに, 見る俗間語原観から游, 見る信二坊っちゃん不自由はない, 見る信義のつよい, 見る信長の大人, 見る俳句と同じく, 見る倉地の手, 見る個人の住宅, 見る個人主義的な見方, 見る借金を払い消え失せ, 見る値打ちがあります, 見る健やかな金髪, 見る健三は落胆, 見る健全の人々, 見る健康な美, 見る健康そのもののよう, 見る健康者でありその, 見る偶然でありました, 見る偽善の出現, 見る傷口がすっかり, 見るはあ, 見る働きなどに比べ, 見る僧侶だと, 見る價値のある, 見るは無, 見る儒学思想は今日, 見る氣づい, 見るではない, 見る兄君の心やみ, 見る兇賊である, 見るに馳せ, 見る先生みたいな人, 見る先輩たちの心持, 見る光りものと耳, 見る光榮を有した, 見る入口の一方, 見る入道の心, 見る全くの野川, 見る全体の構図, 見る全然つまらずわれ, 見る八ツはわが, 見る八十のちまた, 見る八木君は四本君, 見る八重は見違える, 見るが兄弟, 見る六尺ばかりの大男, 見る共に理智の, 見る其かたへには諸, 見る其子の為, 見る其山状の怪, 見る其甲板からは一導, 見る其眼を圧する, 見る其跡左のみにて一二間, 見る内八ツになり, 見る内省と障碍, 見るくなっ, 見る冷笑が湧いた, 見る冷美と言つて, 見るしい風, 見る凡てのもの, 見る処々には電車, 見る処々壊え崩れ, 見る処これ有り候, 見る処一法得べきなし, 見る処人形町居廻りから使, 見る処国芳はしばしば, 見る処花にあらず, 見る出来上って, 見る出来上つて行つた, 見る切なさは, 見る切ない恋の, 見る初夏の白き, 見る判断のよりどころ, 見るの眼, 見る別に昔と, 見る刻限となった, 見るち如何, 見る前かがみの内, 見る前夫が力ずく, 見る前面後方ふた手, 見るを抜き, 見るれつつ, 見る劒戟も折つて食, 見るふるに, 見る労働者よりも身綺麗, 見る勉強としてやっ, 見る動きも叫び, 見る動作を固く, 見る動植物の形態, 見る動物学といふやう, 見る勘次はそれでも, 見る勝負さえもかく, 見る勤倹精神の持主, 見る勤勉家だ何, 見る北海道アイヌの伝統的家屋, 見る十分な機会, 見る十四五間先へ出でぬ, 見る十数艘の漁船, 見る十数騎の伝令, 見る十石ヶ嶽の中腹, 見る千兵の大, 見る千曲犀川の上流, 見る千鶴子の様子, 見る未開黒白人の, 見る半ば夢想のそして, 見る卑俗ナチュラリスムには入れなかった, 見る卒塔婆小町を思い出した, 見る南京城壁の美観, 見る南朝の憎しみ, 見る南村北落の夕, 見る南条力の面, 見る南近江から伊勢, 見る博士の姿, 見る卯平は勢, 見る危険性がある, 見るに上っ, 見る原っぱの眺望, 見る去年はどうして, 見る参詣の信者達, 見る又は全く跡, 見るも夕べ, 見る友人があった, 見る叔父さんのこと, 見る取り扱い方第二, 見る叡智の相, 見る叢雲が降り, 見る羅馬貴族の, 見る古い歴史の, 見る古代の新室, 見る古代女房の顔, 見る古洞のよう, 見る可らざる境地, 見る可憐な少年, 見る台地に坐った, 見る史家の態度, 見るの海左, 見る右側の眺望, 見る右近は女主人, 見る合図ののろし, 見る吉良兵曹長の眼, 見る同心も歩い, 見る同情などを忘れ, 見る知らぬ路傍, 見る名勝室戸岬の風景, 見る名文家なの, 見る名状の出来ない, 見る名題芝居を思わせる, 見る向う雨山の桜, 見る君子人として世, 見る否全身をもつ, 見る味方の総勢, 見る味覚等により善悪良否, 見る和服の日本, 見る哀れを催す, 見る品行方正の藝術家, 見る哲学に対してその, 見るがたるん, 見る唯一人の同胞, 見る善き素質から, 見る善良な人, 見るを述べ, 見る喜びすべて少しでも, 見る喜平の顔, 見る之助, 見る單純さと少し, 見るをつく, 見る囚人の顔, 見る囚徒が面縛, 見る四つの遊離, 見る四つ折りにした, 見る四五人の長い, 見る四人の新, 見る四方へ遠のい, 見る四方寒山の眺望, 見る四畳半の小座敷, 見る四脚門のよう, 見る回顧的な眸, 見るより不可, 見るのま, 見る國府津の, 見る土人は切り仆, 見る土台から腐り出し, 見る土曜の入り, 見る土竈の新設, 見る土芥に等しく, 見る土量の幅, 見る圧倒されまして, 見るである, 見る地平のはて, 見る地底機関車だった, 見る地方にさかい, 見る地獄の状, 見るを亙り, 見る城介はすこし, 見る執拗な粘着力, 見るを誰, 見る堂々たる筆力とは, 見る堕落である, 見るに軍勢, 見る場処は少ない, 見る場合作者の意企, 見る場合同志林の, 見る場合唯心論的に見るべき, 見る場合妙なぎこちな, 見る場合実質に於, 見る場合男性はやはり, 見る場合画面には先ず, 見る場末風景の侘し, 見る塗駕籠であった, 見るもない, 見る塹壕の隅, 見る増加して, 見る墨水の春, 見るの底, 見る売り切れとなっ, 見る変つて来た, 見る変りて不孝者, 見るとなっ, 見る夕栄のひとみぎり, 見る夕焼もなかなか, 見る外国婦人の曲線, 見る外方法が尽ちやつたの, 見る外殆んど, 見る外部の人間, 見る多少の感慨, 見る多数は何人, 見る多方面の霊媒, 見る多能な人, 見る夜毎の夢, 見る夢ごこちかな, 見る夢さあれだよ, 見る夢乍ら奇やし, 見る大きさを, 見る大勢の眼, 見る大地の髪の毛, 見る大学生はみんなマルマル, 見る大山でなし, 見る大徳が居るだらう, 見る大木魚のよう, 見る大概ないと, 見る大津絵屋も混雑, 見る大空の何処, 見る大空廣く開くごと, 見る大蛇の路, 見る大谷刑部が義心, 見る大通りはどこ, 見る大阪の繁昌, 見るの香具山, 見る天上に蔓, 見る天主台むかひ山, 見る天井に小歌, 見る天井板の細かい, 見る天使はみんな裸体, 見る天守閣の姿, 見る天才婦人や欧洲, 見る天神様のやう, 見る天神樣の樣, 見る天空の頂, 見る天空間星辰花小児その中, 見る天運それ果して循環, 見る太いみみずが, 見る太古の飛竜, 見る太子ヶ根の丘, 見る夫人の容貌, 見るなりといふ可, 見る奇体なもの, 見る奇特な老人, 見る奇蹟や神癒, 見る奔馬のごとく寄せ, 見る奧方のやう, 見る女らしいしなを, 見る女人崇拜者であると共に, 見る女学生に恋, 見る女形で出る, 見る女心だ, 見る女栄子は舞台, 見る女王の心, 見る女自身の誤り, 見る女達さへいと, 見る女郎蜘蛛の不思議さ, 見る好人物とばかり思い込み, 見る好学の目, 見る好成績と見える, 見る如水であつ, 見るな顔, 見るの顔, 見る姉これを詈, 見る姉さんがある, 見る姨捨山の姿, 見るが小指, 見る威勢よく直上, 見る娯しみである, 見る婦人雑誌がただただ, 見る婦女に髣髴, 見るかな本牧, 見るは前, 見る嬉しさは, 見る嬰児の顔, 見る子らはう, 見る子供の世界, 見る子供等がわい, 見る孔明とかねて, 見る孝子は名, 見る孝行娘で近所, 見る学問のかの仮, 見るの顏, 見る孫子之旗, 見る宇太八といふ, 見る完成した藝術家, 見る宗右衛門の苦痛, 見る宗教的観照の背景等, 見るの母, 見る実に何ともたまらないとりつき, 見る実用主義にとっては知識, 見る実際上の, 見る客室で私, 見る客観世界に満足, 見ると室, 見るのお, 見る宮原俊彦の顔, 見る宮城の塀, 見る宮廷文学封建時代の御用文学, 見る家いっぱいにふくれ出しぬ, 見る家中の間も, 見る家畜を熱心, 見る家臣はなかっ, 見る家賃のわり出し, 見る家郷であった, 見る容子はなく, 見る宿の前, 見る宿命論的な暗鬱性, 見る寂しさに, 見る寂寞たる墓, 見る寄附金の高, 見るは土, 見るさかな, 見る寒い色に, 見る寒山拾得を女性, 見る寒気だが, 見る寛濶な無頓着, 見る寝台と大差, 見る寡黙な人物, 見る寧馨児であった, 見る寫眞の如く, 見る対象としての山, 見る寿司屋の看板, 見る寿平次をも飽きさせなかった, 見る寿詞の考へ, 見る對手を見下した, 見る公子そのまま, 見る小さなことから, 見る小姓たちのある, 見る小学生のよう, 見る小指の先, 見る小木の港, 見る小樽港の眺望, 見る小犬のよう, 見る小男であつ, 見る者は, 見る少し下に, 見る少女に會, 見るかくの, 見る尾栓が破れ, 見る尾羽打枯した浪人姿, 見る尾道の海, 見る屋敷の四方, 見る山々には段々畑, 見る山ざくらばな胃, 見る山の上の雲, 見る山の端の月, 見る山寺と違わなかった, 見る山田の家, 見る山田さんがその, 見る山腹を横, 見る山野の色, 見る山間の地勢, 見る山陰道關東を見た, 見るの下, 見る岩殿山のヒダ, 見る岸本には余り, 見る岸田一夫が席, 見る島田を揺っ, 見る峻厳な山, 見る崇嚴を覺, 見る川上の方, 見る川筋の実景, 見る巣立雀の中, 見る工藝を尊ん, 見るへ傾いた, 見る左右の崖, 見るきな, 見るが在る, 見る差別の偏見, 見るの窮, 見る巴里の三月, 見る市民の中, 見る常套主義の弊風, 見る常磐ではない, 見る常緑の小, 見るといふの, 見る平げてしまった, 見る平安の都, 見る平次の眼, 見るになった, 見る年かさの女, 見る年ごとに成長, 見る年月を逆行, 見る年紀は二十七, 見るもあらん, 見る幸吉の顔色, 見る幸田ゆき子の全景, 見るであったと, 見る幻影のよう, 見る幻覺に知的, 見る靈の, 見る幽かな境地, 見る幾つかの高まり, 見る幾重畳の大岩壁, 見る幾隊の六波羅武者, 見る広き巷の, 見る広大な御, 見る広間はあけはなされ, 見る床板をなめ, 見るだらうと, 見る度ごとに美しく, 見る度何日でも同じ, 見る度杖で打ち懲らす, 見るが崩れ, 見る庭全体に拡張, 見る庭面を只, 見る廃墟の姿, 見る廉平の高く, 見る延々と長くつまらない愚劇, 見るつて行くらしい, 見る張合もありません, 見る当人にはそれ, 見る当年怨毒の深き, 見る形悪党がかけ合い, 見る彼ルパンの元気, 見る往来の人, 見るから後, 見る後苑の牡丹花, 見る徐和の顔, 見る従妹のやつれた, 見る得意も無論, 見る御仁でした, 見る御殿のよう, 見る御殿女中のやう, 見る御状箱で御座いましたけ, 見る微かな一点, 見る微笑を浮べた, 見る徳川夢声の声, 見る徴候で後, 見る心地好さ, 見る心当りあり本, 見る心持其は私, 見る心斎橋筋の灯, 見る心理に追いこん, 見る心算だから, 見る心要のない, 見る必ずしも敢えて穢れたもの, 見る必然があるであろう, 見る必用がない, 見る必要上遠近法なども多少, 見る忌わしい艶夢の, 見る忠臣蔵の行列, 見る快感が妙, 見る快活さうな細君, 見る快活そうな細君, 見る怒気満面にあらわれる, 見るろし, 見る思慮は他, 見る怠惰学生だつた自分, 見る角度に, 見るだから, 見る怪しき蜘蛛の, 見る怪事件にし, 見る怪力の所有者, 見る怪塔王の顔, 見る怪我人の目付, 見る怪火にし, 見る恋人栄三郎であった, 見る恐ろしい獣に, 見る恐ろしくなって, 見るは誰, 見る恥しそうな, 見る恩愛相克の傷, 見る恭吉の眼, 見る息子は非常, 見る息苦しく高まって, 見る恰も颶風の, 見る恰好なんてもの, 見る悦ばしさに, 見る侍を, 見る悪い癖が, 見る悪しき夢うとましき, 見る悪夢のよう, 見る悪漢の巣窟, 見る悪鬼の形相, 見る悲しさを, 見る悲しい風景の, 見る悲しみにまさらじ, 見る悲劇だ, 見る悲劇風な結末, 見る悽惨を極めた, 見る情けないことである, 見る情熱の奔騰, 見る情熱家で凝り性, 見る惣七にぎょ, 見る想像力がグッ, 見る愉しさだつた, 見る愉快はまた, 見る愉快さに夢中, 見る意地の悪い, 見る意地惡るさうな, 見る意見と草花, 見る意識が狂っ, 見るにもつかん, 見る愚劣さについて, 見る愚眼の宿運, 見る愚行であります, 見るであ, 見る愛子の顔, 見る愛鷹を越え, 見る感動とで, 見る感興でもある, 見るをし, 見るがあつ, 見る慾望をどうにも, 見る憂慮もあるまい, 見る憎悪の敵, 見る我々は我々, 見る我さへにた, 見る我と一つと, 見る我らの眼, 見る我弦月丸の左舷船尾, 見る我慢で行ツ, 見る我燬き, 見る戒名である, 見る戦争の術, 見る戦争上手の武田信玄, 見る戲曲的なもの, 見る所一種類の階級, 見る所世間に通用, 見る所何時より何時, 見る所卑賤なる素生, 見る所同一であったから, 見る所為か奥深く, 見る所生命に絶え, 見る所自分よりは腕, 見るかな, 見るは右, 見る手の筋だけで, 見る手間が省け, 見るありしかも, 見る才筆にはいかなる, 見る打算がつよく, 見る批評家さへとんと, 見る批評形式が採用, 見る折々いつも気味わるし, 見る持ち前の記者本能, 見る指頭につまんだ, 見る捕物をそのまま, 見る接近した, 見る掩ふかと思ふ, 見るがつて, 見る支那大陸は曠漠, 見るとわし, 見る故郷の印象, 見る敏捷そうな渡り鳥, 見る教養ある洋装婦人, 見るて研究, 見る散歩人を指した, 見る散歩道だ, 見る数十幅悉意に満たず, 見る数千の地涌, 見る数千地涌の菩薩, 見る数百の兵, 見る敵機は市街, 見る文学的な神学, 見る文明と堕し, 見る文筆の士, 見る斉彬の顔, 見る出来の, 見る新妻の顔, 見る新宿は相, 見る新聞を別に, 見る新説などである, 見る方向へそらされ, 見る方寸のダイヤ, 見る方法其他これらに類した, 見る方面もありまし, 見る旃陀羅の地位, 見ると同じ, 見る既にしばしば相見, 見る日あたりのまぶし, 見る日曜学校のやう, 見る日本人よりも無限, 見る日本橋の袂, 見る日本橋檜物町藤村の二十七疊, 見る日比谷数寄屋橋銀座へかけ, 見る日頃には味方, 見る旦那様の下, 見るに戻つた, 見る昂奮が消え沈ま, 見る明らかにする, 見る明治の韻文壇, 見る明瞭さで紙上, 見る明石の丘, 見る易者が哲学博士, 見る星が浦わの水, 見る映画も洋画, 見る昨日のこと, 見る時お母様がつけ, 見る時さっき云った哲学, 見る時すべては暗く, 見る時ぼくなんかは身, 見る時みたいにやっ, 見る時わが身にはいつも, 見る時わしは父, 見る時われわれの如き, 見る時ガタリと云っ, 見る時ナースチャの眼, 見る時パンと音, 見る時ペルシア人彼等に何, 見る時一吹雪の中, 見る時一日も早く, 見る時不思議を感ぜず, 見る時世界の区別, 見る時人々はしばしば, 見る時人形使いが人形, 見る時人間は必ずしも, 見る時今度木村からの, 見る時何か気, 見る時何時も堪えられない, 見る時余は多大, 見る時作家は豪けれ, 見る時先づ微笑し苦笑, 見る時公の面貌, 見る時其人の長き, 見る時分にはどうしても, 見る時別なるが, 見る時吹雪の中, 見る時吾人は一高校風, 見る時多くの場合, 見る時天才が殆, 見る時女一人おり立ちたり, 見る時山鳥一羽葎を飛び出でぬ, 見る時岡田内閣はどこ, 見る時年上の築山様, 見る時彼女の眼, 見る時後に近接曲者, 見る時心の表面, 見る時悲んでも, 見る時愛情の薄き, 見る時我々の帽子, 見る時文学的な何等, 見る時新次は情なく, 見る時日本人なら誰, 見る時期の遠から, 見る時東京の貧民窟, 見る時林をなした, 見る時歴史は常に, 見る時江戸ッ児にはそ, 見る時汽車は猛烈, 見る時源叔父はまだ, 見る時火山の火熱, 見る時物と自分, 見る時理会の深く, 見る時痛切に感じる, 見る時眼に映る, 見る時私たちの眼, 見る時私どもはクリスチャン, 見る時立姿あらわしたま, 見る時等質的空間のこの, 見る時精神は惑わし, 見る時繁茂した大きな, 見る時美婦は多く, 見る時群衆の, 見る時羽なき二足獣, 見る時老年のさび, 見る時自然概念の規定, 見る時花が梢一ぱい, 見る時菊枝は声, 見る時葛木も面, 見る時表面は悠々, 見る時計なん, 見る時読者はいかに, 見る時誰もその, 見る時頬を蔽, 見る時鵬斎米庵らが書風, 見るではない, 見る景趣である, 見る智能犯罪である, 見る智謀の将, 見る憺たる, 見る暗くなって, 見る暗に成り行くに, 見る暮れの気, 見るかな, 見る曙覧は此, 見る書物から受ける, 見る書類に記録, 見る好の, 見る月世界の景色, 見る月事も亦, 見る月光水の如く, 見る月夜のうつくし, 見る月見という風習, 見る有情は惡趣, 見る服装でありました, 見る朝山にしめやか, 見るであった, 見る木屋町の灯, 見る木曾谷は山, 見る木立は, 見る嘗て源兵衛佐, 見る未亡人のお, 見る末梢の夢, 見る本丸へ攻め詰めた, 見る本丸二の丸三の丸の跡, 見る本妙寺の七堂伽藍, 見る本書の著者, 見る本流にさしかかる, 見る本統の人, 見る本艦を去る, 見る本艦前方の海上, 見る朱金色の環, 見る朱雀大路のあと, 見るの生垣, 見る杉狂児がとても, 見るの眺め, 見る村童頻々として来往, 見る束の間の喜び, 見る束髪は東京, 見る之介, 見る東半球の荒海, 見る東海の星, 見る松島ははつきり, 見る松明のよう, 見る松王丸の人形, 見る枕崎の街, 見るいで突いて, 見る柔らかい作家な, 見るを越し, 見るを得た, 見る根もとまで出, 見る格好なんてもの, 見るに見る, 見るの上, 見るの花, 見る桔梗屋の店頭, 見る桜島は置物, 見る梅原良三郎の小さな, 見るに, 見る棕梠の梢, 見るの下, 見る森木の欝蒼たる所, 見る検出されて, 見る楊貴妃はどんなに, 見る極光の様, 見る極端に肉的, 見る楽しい路上風景だ, 見る楽みをもっ, 見る楽寄席に行く, 見る楽展覧会を見る, 見る楽花見月見雪見等に行く, 見る様体の歌也, 見る槙三の端麗, 見る樂しみを空, 見る権力も無く, 見る横浜関内の街, 見る樵夫の住む, 見る樺太犬の橇引き, 見るの顔, 見る機回りの車, 見る機會さへない, 見る機械的な合理主義, 見る機縁のない, 見る機織女もある, 見る機能の異常, 見る檜八間四面の磨き, 見る櫓柱は朽ち, 見るはそれぞれ, 見る欄干のあなた, 見る權能がない, 見るの眼, 見る次兄という人, 見る次第である, 見る次郎の顔, 見る欧米列強の飛行隊, 見る正しい工藝を, 見る正確になり, 見る正造は諸君, 見る此一小駅は森林, 見る此方の青黒い, 見る此日の空, 見る此老人は左, 見る此處は四方數百間, 見る歯がゆさ, 見る歯医者の家, 見る歴史観とは相反, 見る死相に変っ, 見る死絵かな, 見る死蔭のよう, 見る死骸を引き伸ばした, 見る殿下に生き写し, 見る母親友のおぼれる, 見る母音の色, 見る毎夜の夢, 見る毎夜星を仰ぐ, 見る比叡比良から丹波境, 見る氏郷も家来達, 見る気もちはまったく, 見る気分も壊れ, 見る気短かと癇癪持, 見る気色しかなかっ, 見る氣さへ無く, 見る水ぎわをたどり, 見る水煙でつつまれた, 見る氷河の感, 見るが不調, 見る江上佐助である, 見る江戸名打ての, 見る江戸否東京である, 見る江戸時代の大名屋敷, 見る汽車の窓, 見るの方, 見る河内山ゆすりの場, 見る河原町はその, 見る河幅が最も, 見る河水は氾濫, 見る油断を見済し, 見る泉太はもう, 見る波間に姿, 見る泥濘に変っ, 見る活気がみなぎっ, 見る活画題だ, 見る流れに嚥まれ, 見る浄土の荘厳, 見る浅瀬に変わっ, 見る浅黒い皮膚とを, 見る浪漫さ, 見る海水盆の如く大島初島皆手, 見る海沿ひであつた, 見る海面下にひきこまれ, 見る海鼠壁の長屋, 見る涎くりを其の, 見る涼しくてい, 見る淡白謙虚な人, 見る淡路の島, 見る淬刃暁暾を候, 見る深い詩の, 見る深く深く広く広くなって, 見る清作さんはじつに, 見る清姫のよう, 見る清洲古城址の草, 見る渓流の美し, 見る渡舟かな, 見る渡辺とサトウ, 見る渡辺邦男ての, 見る温柔な葉子, 見るまでは行けなかつた, 見る湖上には月, 見る湖山の池, 見る湖岸に漣波, 見る湖面へ波紋, 見る滿山の緑, 見る漸く四途乱に, 見る潜望鏡だよ, 見る濃い桔梗色である, 見る火難除けの, 見るを, 見るになっ, 見る炬燵の端, 見る為事の恋し, 見る烈しくなって, 見るぞ多大, 見るはすこし, 見るはし, 見る熨斗目の着物, 見る熱情を急激, 見る熱愛とのち, 見るの鳥, 見るにあらずし, 見る爲めには, 見る片っ端からくずされ, 見る片端から一枚一枚海, 見る牛車と祭礼, 見る牝牛の息の根, 見る牢屋と同じ, 見る牧師のよう, 見る牧渓の水墨画, 見る物ごとにその, 見る物すべてに憑, 見る物一つとして珍奇, 見る物体を考察, 見る物凄くなった, 見る物體を考察, 見る特質である, 見る特長で事件, 見るの面, 見る犬車というもの, 見る狂言だ, 見る往年マドリツドの, 見るのごとき, 見る獰猛な光, 見る玉虫の妖しい, 見る玩具の機関車, 見る現代精神との対話, 見る現代風の若, 見る現在の景色, 見る現場へ接近, 見る現実界の人間, 見る理論家もある, 見る琵琶湖の景色, 見る瓦屋根の様, 見る甚だ厭味な, 見る甚内は打ち, 見る生き生きとした, 見る生活態度の確立, 見るもある, 見る用意はもとよりまだ, 見る田中栄三原作脚色でねら, 見る田山白雲にとってはその, 見る田村注文のきける, 見る由井正雪のよう, 見る男子三人女子二人より成れる, 見る男爵の手, 見る町並の中, 見るにはない, 見る画燈である, 見る異変が起っ, 見る異常な興味, 見る異様な姿, 見るてもありませんでした, 見る疎々しいものに, 見る疎らになつ, 見る疑いて地震, 見る疲労の色, 見るが一昨日, 見る病人の真実, 見る病勢が募っ, 見る痛ましい夜も, 見る痛快感を奪われた, 見る癇癪を起し, 見る癲癇性不機嫌といわれる, 見る発達する, 見る白い花の, 見る白井鉄造の, 見る白川キッカケトチって幕切めちゃ, 見る白昼の街, 見る白花品はヤマシャクヤク, 見る白露の光添, 見る白骨に化し, 見る白魚舟の篝火, 見る白黨の人々, 見る百合の美し, 見る皓腕の神女ヘーレー, 見る皮膚の純白さ, 見る皺だらけの鬼婆, 見るのマグソダケ, 見る皿屋敷のお, 見る盆前の季節, 見る盆正月の特異, 見る益々自分の, 見る盛んになった, 見る監督どもがみんなペタペタ, 見る盤上の石, 見る目とに相違, 見る目の下の田畠, 見る目付で眺め, 見る目危き両岸, 見る目如何などとてその, 見る目恥かしくしのぶ小稲, 見る目憚らぬこども, 見る目遥に下り行きぬ, 見る目鼻はない, 見る盲優の名, 見る直にお前の, 見る直前顏見せ料若干錢, 見る直次の声, 見る直義は依然, 見る相川氏と中村係長, 見る相州伝の骨法, 見る相手にばかり出くわす, 見る眉山は仰ぐ, 見る眉毛にか, 見る看板のよう, 見る眞ツ白な肌, 見る蒼な, 見る真剣な顔付, 見る真剣さとうまれぬ, 見る真正面の大, 見る真珠を水, 見る真白になっ, 見る真赤になった, 見るのまえ, 見る眺めと溜息声, 見る眼さへ鄙, 見る眼すがしく開きましし, 見る眼元チョイと物, 見る眼光が, 見る眼別に出来上った, 見る眼厭はしからず, 見る眼寒げにすむ, 見る眼小鼻の小さな, 見る眼差しはただ, 見る眼広やかに白大理石, 見る眼毒に中らるる, 見る眼現実を感じる, 見る眼識はなかなか, 見る眼遣いの時, 見る眼遥かな七, 見る眼鏡も無けれ, 見る着想の自由, 見るの合わぬ, 見る瞬間身じまいをし, 見る瞬間黒と白, 見る矢代の胸, 見る矢張巡査の様, 見る知恵があら, 見る石川五右衛門が釜, 見る石版摺の彩色画, 見る石鬼の樋嘴, 見るをかぶる, 見るばるの, 見る硬くなって, 見る硬骨の士, 見る碧水の流るる, 見る碧流の水, 見る碧海島のま, 見るよりは美しい, 見るのひと, 見る磯山の端に茂っ, 見るではなく, 見る社会にはそれ, 見る社庭の土, 見るの顏, 見るの悟り, 見る禅宗や日蓮宗等, 見るといふ女, 見る秀吉を眺める, 見る私さへ満足, 見る私たちの一方, 見る私らは弥, 見る私共には民間, 見る私自身の感覚, 見る秋草に滿, 見る程々に少き, 見る程ガッシリした体格, 見る程マテリアリスティックに出来, 見る程不可解なまごつく奇怪, 見る程不思議な恰好, 見る程単純な事情, 見る程厭な野郎, 見る程味の出る, 見る程巨大な感じ, 見る程心を動かす, 見る程愛のこもった, 見る程無気味に感じる, 見る程立派やかな, 見る程詞を措く, 見る純の, 見る稚拙そのものの含有, 見る種々な心持, 見る種子島は長い, 見る稲妻のよう, 見る稲妻色の光り, 見る稲葉山の城, 見るの穗先, 見る積極的な構成内容, 見る穏やかな笑顔, 見るでなく殺人的気魄, 見る空襲恐さ, 見る空費されて, 見る窓外の景色, 見る窓枠なの, 見る立場世界が自己自身, 見る立山連峰はいつも, 見る立派な青年, 見ると少し, 見る竜宮城のよう, 見るに前歯, 見る端緒とはなった, 見る競争心を持っ, 見る竹葉なりとも折り, 見る第三者は物すごい, 見る等しなければ, 見る算段でもなさい, 見る範囲のモスク, 見る篤志家はあるまい, 見る米国の自由, 見る粗造の木車一輛, 見る粗野で物慾的, 見る精巧の盃, 見る精悍の気, 見る精神と相容れない, 見る紅潮して, 見る紅玉の柘榴, 見る紅矢の身体, 見る紅雪として挙げ, 見るのよう, 見る紙帳の気味悪, 見るの生徒, 見る紛糾たる幾多, 見る素人今度始めて, 見る素子に向っ, 見るがかった透明, 見る紫雲のごとくし, 見る細君などはたまらない, 見る経験であつ, 見る結局松竹は現, 見る結果になっ, 見る結氷のいろ, 見る絵巻ではあっ, 見る絶勝だった, 見る絶壑を成し, 見る絶望の表情, 見る維新の封建地主勢力, 見るが詰まっ, 見る緑色に曇っ, 見る練習が積め, 見る繁昌しだして, 見る缶詰とはちがっ, 見る羅物を染め, 見る美しい嬉しい夢, 見る美しくまばゆい初春の, 見る美人型であった, 見る美宗教的優美が全然, 見る美少女である, 見る美少年であったところ, 見る美感の邪魔, 見る美貌と端麗, 見る美青年であった, 見る美食として重き, 見る美麗な幻覺, 見る群集の中, 見る義理の気持, 見る被った蛇, 見る羽左衛門は何と, 見る羽柴家子飼の者, 見る習性をこそ体得, 見る老女の怒, 見る老婢をあと, 見る老父の眼, 見る老爺の顏, 見る老翁のよう, 見る老耄れども, 見る者さへある, 見る者一人海ニ入り貝類魚類海草などを見る, 見る者唖然として口, 見る者悲痛の因, 見る者有之やう, 見る者涕泣充満たり, 見る者衆を組ん, 見る者誤り認めて, 見る者誰かその, 見る耐えようにも耐え切れ, 見る耕地になっ, 見るの根もと, 見る耳たぶまでをまっ, 見る耳許へちゃらちゃら, 見る職工の筒袖, 見るが落ち, 見る肉親がひどく, 見る背廣の人, 見るの中, 見る能はずといへる, 見る能はず哲学者の名誉, 見る能はず大なる意味, 見る能わざらしむる徳川征夷大将軍, 見る能弁の人, 見る脚色がゴタ, 見るは焼け落ちた, 見る腕車を乗っ越し, 見るもあったらしい, 見る膨張して, 見る自分たちの一行, 見る自分らまでが本気, 見る自動車の姿, 見る自尊心の持主, 見る自覚的直観を意味, 見る自身に甘えたら, 見る至高至醇な感激, 見る般若の面影, 見る船木博士の横, 見る船頭は客, 見る艀板の上, 見るは沈ん, 見る良き女性だ, 見る良吏であったという, 見る色沢鼻で嗅ぐ, 見る色男のよう, 見る色蒼ざめてワナワナと顫, 見る芝居じゃ, 見る芦屋辺の泥害砂害, 見る花みな違う, 見る花嫁の高島田, 見る花直義の見る, 見る花義詮が見る, 見る花野原をかきわけ, 見る芸者はへん, 見る芸術家の顔, 見るさと, 見る若しそうなったらそれ, 見る若君の教師, 見る若草のよう, 見る苦しさにも, 見る苦しみからのがれ, 見る苦力と同様, 見る苦労人でこの, 見る苦痛と変らなかつた, 見る英邁篤実のお方, 見る英雄児であるが, 見る茅野雄を追い抜い, 見る茫漠とした, 見る茶の間の体裁, 見る茶色なり, 見るといへ, 見る荒廃の姿, 見る荒武者がやさしい, 見る荒涼たる広っ, 見る荒蕪の地, 見る菊池寛が運転手, 見る華やかな電燈, 見る落日の薄明, 見る落葉松林の中, 見る蒲公英のよう, 見る蒸し暑い日だった, 見る蒼ざめしっかり握り合せ, 見る蒼ざめた顔に血, 見る蒼ざめてうすい瞼, 見る蒼白い頬の, 見る蓑吉は手, 見るつた, 見る蔵人の眼, 見る蕃人の眼, 見る薄い糊の, 見る薄く消えて, 見る薄寒くなって, 見る薄暗さを, 見る薔薇はうす白し, 見る藁屋根や破れた, 見る藍摺の鬼, 見る處姿は凛々し, 見る處譬ふれば, 見るの死骸, 見る蛇籠の礫, 見るの朱, 見るのよう, 見るの羽, 見るの来襲, 見る蝙蝠の影, 見るの如く, 見るだったこと, 見る蠱惑におぼれ, 見る血のりが頬, 見る血潮は彼, 見る血色を恢復, 見る衆人の目, 見る行き方であるが, 見る行事の意味, 見る行商人などというもの, 見る行末だつたの, 見る街道の琵琶, 見る街道風の屋造り, 見る衝動を感ぜず, 見るの上, 見るの間, 見る表山山杉木立明るい錆金色, 見る表現の的確さ, 見る表現主義的演出といふの, 見る装置だ, 見る裾野を夜, 見る複製品でなく広重, 見る西方の空一面, 見る西洋の方, 見る西行に於, 見る見当がついた, 見る見物なんかありやしない, 見る視力が不自然, 見る視官とこの, 見る視角を離れ, 見る覚悟は有, 見る親しみはもち, 見る親分子分の關係, 見る親切さがなけれ, 見る親心とでもいふ, 見る親方があった, 見る親爺がいる, 見る観かたとでは全く, 見る観客のアタマ, 見る観察者らは単に, 見る観師の, 見る観点以外からは導かれ得ないだろう, 見る觀察も行, 見るは眞直, 見る角度労働というもの, 見る言葉でなく耳, 見る記憶がこれ, 見る訥弁であつ, 見る設備を欠い, 見る許可を受け, 見る評判は悪い, 見る評者の甘, 見る詩人であり思想家, 見る詩集でせう, 見る誠に明治時代の, 見る誰人にも天才的, 見る諏訪田の景色, 見る諸君にその, 見る警官隊は早く, 見るつたので, 見るをへだてた, 見る谷村は根, 見る豐川の流, 見る象牙色の肌, 見る豪壮な構え, 見る豪犬だが, 見る豫定などは作つて, 見る貞楽のうま, 見る負傷兵もモノスゴ, 見る貧しい百姓家であった, 見る貴婦人街を歩く, 見る貴様たちの方, 見る貴重品であったのに, 見る別荘が, 見る資格などを彼, 見る賊船は位置, 見る賑やかさだった, 見るであった, 見る質屋倉の壁, 見る赤くなって, 見る赤羽主任の面, 見る赭土の丘, 見る走者の如く, 見る超人的性格者であった, 見るの大雪, 見る越前平野の彼方遥か, 見る趣味にはあまり人, 見る足とき駿馬無情にも, 見る足下が暗う, 見る足利党の者ども, 見る足許を然, 見る距離が遠ざかっ, 見るも形, 見る路頭に迷い, 見る身内の精力, 見る転落して, 見る輝き初めました, 見る輝き鳴動して, 見る輪廻の一心法界, 見る辰爺さんの眼, 見る迄には随分長い, 見る迄は気が, 見るよって行きました, 見る近目金猛虎の皮五十枚, 見る近親の温か, 見る返す返すの心外さ, 見る迷いで大, 見る迷妄に陥っ, 見るいぬかれ, 見る透明になっ, 見る途端紅絹の八ツ口ころ, 見る通りこれだけの掛け値, 見る通りそれを学者, 見る通り中には斧, 見る通り全部の隠語, 見る通り家中がもう, 見る通り文學史を書く, 見る通り昔は神, 見る通り朱鞘を差した, 見る通り海藻の一種, 見る通り煙管の羅宇, 見る通り父のこの, 見る通り獰猛な奴, 見る通り胆吹山の南麓, 見る通り西と北, 見る通り観音二十八部衆の満, 見る通り道行く人, 見る通り除れ易い, 見る通り鳴川留之丞, 見る通人かも知れない, 見る通行人というもの, 見る速力よりは指, 見る速度を早め, 見る連中に成り下がっ, 見る遊戯もする, 見る遊撃隊はしぶき, 見る運転手のその, 見る過去にばかりながめられる, 見る道太を懐かし, 見る道徳処世の教訓歌, 見るか, 見る遠目金芥子粒を卵, 見る遺族たちの悲しみ, 見る邪魔にならぬ, 見る部分である, 見る部屋じゅうに広がっ, 見る郷土の風景, 見る郷土玩具の首人形, 見るの人, 見る都びとの風流, 見るに赤らんだ, 見る采の目を多勢, 見る重り前後を覚えぬ, 見る重太郎は必, 見る重病患者にそっくり, 見る重盛が心苦し, 見る野々宮の弱々し, 見る野球は解らない, 見る野翁の子孫, 見る野蛮人と別に, 見る野辺に渦巻き, 見る野面や山, 見ると幅, 見るの腰掛け, 見る金毛燦然たる一羽, 見る鉄火のよう, 見る鉛筆の落書, 見るにたまります, 見る鉾先がしどろ, 見る銀器と, 見る鋳金も見学, 見る鋼色の眼, 見る錦子の耳朶, 見る錯覚だけでもない, 見るに捲き倒され, 見る長い鉄骨の, 見る長きこと二時間近し, 見る長くなって, 見る長江の流水, 見る長洲の端, 見る長者であると, 見る長谷川三木両氏の一日一題, 見る閑地である, 見る間もなくたちまち中心を, 見る間もなくどうだろう石畳, 見る間もなくザーッと雨, 見る間もなくハッとばかりに横, 見る間もなく忽ち光は, 見る間木氏と今, 見る間違いがおこり, 見る関寺小町とか卒塔婆小町, 見る闘士として政治, 見る阿片を造る, 見るの支那労働者, 見る限りいちめんに実った, 見る限りバラック建の中, 見る限り一人の人, 見る限り何人も拒み得ざる, 見る限り何処までも何処, 見る限り例の国体明徴, 見る限り分有され模倣, 見る限り問題とされる, 見る限り塩を含んだ, 見る限り大体中庸で凡庸, 見る限り彼等が余りに, 見る限り文化的自由主義でありそれ, 見る限り日本型ファシズムへの一途, 見る限り決死隊をのぞい, 見る限り浪の起伏, 見る限り綺麗に長い, 見る限り自然科学の社会, 見る限り花袋は人生, 見る限り荒涼な焼け地獄みたい, 見る限り褐色や渋色, 見る限り資本主義的近代産業であるか, 見る限り革命型をもつ, 見る限り鹽を含んだ, 見る限り麻生書記長の言論, 見る院内の女, 見るもなく, 見る陰影の類, 見る陰暦十五夜の月, 見る陰翳があった, 見る険悪になった, 見るの光, 見る陽気な健全, 見るから隅, 見る隅田の美しい, 見る階廊の角, 見る際誰がかの, 見る雄弁になった, 見る雄敵の現れ, 見る集團の諸, 見る雑彩無き仏衣, 見る離室へ通された, 見る雪焼けがし, 見るの海, 見る雲海のよう, 見る雲間にて涙条, 見る電柱に, 見る霞ヶ浦は採る, 見る霧ヶ峯は現場, 見るに濡れた, 見るよ, 見る褪めて, 見る青い空である, 見る青き草崖の, 見る青みを宿し, 見る青葉のみに至っ, 見る青藍色に変っ, 見る静代と治子, 見る非常識な失敬, 見る面色九分九厘に飲酒, 見る面色変り忽其場に悶絶, 見るはたいてい, 見るを立て, 見る頑石塊で諸, 見るの麗, 見る頭角あり前, 見るの色, 見る顔女のきらびやか, 見るえが, 見る風情柳の影, 見る飽く迄も打算的に, 見る養育係りの蜂, 見る首筋や耳, 見るの煙, 見る香い高い新しい麦わら帽子, 見る香草温泉あたりに雪割草, 見るの頭, 見る馬鹿ばやし程度のもの, 見る馴染の場所, 見る駒千代のやさしく, 見る駕籠を追い抜い, 見る驕慢になつ, 見る高きも低き, 見る高くなりぬ, 見る高名な剣人, 見る高松の風景, 見る高桑畠の通り, 見る高氏であり高氏, 見る高潔な人情, 見る高級アパートそのものと思え, 見る髪の毛の白い, 見るを剃り落し, 見るのおくれ毛, 見る鬼蓮なの, 見る魅力のちがい, 見る魯西亜の農夫, 見る鮮明さを加え, 見る鮮血は仮, 見る鮮麗に濃く, 見る鯨群に近付い, 見るじゃありません, 見るは頭, 見る鴛鴦の衾, 見るの如, 見るの輪廻譚, 見る鶴翼に陣立て, 見るの束, 見る麦畑の向う, 見る黒山のよう, 見る黒暗々たる遙, 見る黒犬は空, 見る黒髪に散る, 見る黙阿弥作の, 見るき蝗, 見るPCLなど