青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「簾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~節 節~ 節子~ ~範囲 範囲~ 範疇~ 篇~ 築地~ ~簡単 簡単~
簾~
~籠 籠~ 籠っ~ ~米 米~ ~米友 米国~ 粂~ ~粉 粉~

「簾~」 1075, 10ppm, 10391位

▼ 簾~ (294, 27.3%)

14 あげて 6 垂れて 4 かかげて, 掲げて 3 おろして, まけば, 下げて, 動かして, 巻いて, 払って, 揚げて, 見ながら, 透して

2 [30件] あけて, あげた, おろした, おろせり, かけて, きり, さらりと, 上げて, 下したまま, 下して, 借あつめて, 分けて, 分けました, 動かす朝, 動す, 卷上れ, 吹いて, 垂る, 垂れたり, 垂れた窓, 引きちぎつて, 捲かせて, 掛けて, 漏れて, 片手に, 百千に, 編む工場, 編む機杼, 透かして, 隔てて

1 [179件] あけ, うちそ, おろしけり, おろしカーテン, おろし御用, おろす, おろす時, かかげ水, かけた中, かけた二階, かけた室, かけた小さい, かけた店座敷, かけた格子, かけた立派, かけた花屋, かけつらねたよう, かけわたしたほのぐらい, かけ候, かけ列ねる絶観, かけ周, かけ洋燈, く, さかいに, さらさらと, すっかり捲き上げられた, たれたる半, たれて, たれ籠め, つくって, つたうかすか, とおして, はねさせて, はねて, はりこむぜ, へだてて, まき上げると, まくって, まくなど, まくの才女め, みな垂れ籠めて, ゆるがして, パラと, 一閃に, 三分ほど, 上げさせて, 上げたが, 上げては, 上げると, 上げると共に, 上げる団扇, 下げ白い, 下したま, 下した二階, 下し中, 下し平, 下し赤川大膳藤井左京, 下ろさせて, 下ろしかけては, 下ろした, 下ろして, 両手で, 中心に, 中空に, 乱して, 作って, 出すこと, 出ると, 切り払って, 刎ね, 動かし, 動し, 動し始める, 半ば捲いた, 卷ば, 吹く風, 吹ちぎり, 垂て, 垂らした中, 垂れこめて, 垂れこめどこ, 垂れこめ轣音揺, 垂れたところ, 垂れた内陣, 垂れた小房, 垂れ忌中, 垂れ簾, 売る店, 宙に, 実事求是書屋に, 少しあけ, 少しまくりあげる, 少し上げ, 巻かせて, 巻きあげると, 巻き月, 巻き蓆張り, 巻くほど, 引ッ剥い, 張りめぐらし, 得て, 愛するその, 懸くが, 懸くるや, 懸けた, 懸けたよう, 懸けては, 懸る, 押しはらった, 押し分けた, 捲いて, 捲かんと, 捲きあげた軒端, 捲きあげるにつれ, 捲きて, 捲き上げて, 捲き下ろしたよう, 捲くと, 捲くにも, 捲くの時, 捲上げたので, 捲上げると, 捲上げ店先, 掀げて, 排して, 掛けそこ, 掛けた本町, 掛け妾, 探し出した, 掲げし女嬬, 掲げよ, 掻き上げ, 掻分け, 揚て, 揺すって, 搴げて, 撥退見る, 撫で落し, 撲つ, 撲つ風, 放下した, 斬り破って, 時々捲きあげ, 洩る, 流すよう, 深く下ろさせた, 照らして, 片手で, 短く巻き上げ, 立てたよう, 立てて, 翻え, 聯ねよう, 背後に, 落して, 薄紅く, 衝いて, 見て, 見る一節, 覗き込んだ, 覗こうと, 言ふからの, 註文に, 贈つた, 越え来るもの, 越して, 距て, 距てて, 跳ね上げた, 軒に, 遺ること, 避けて, 配して, 釣って, 開けて, 降らした, 離れたの, 飜し, 驚かせば

▼ 簾~ (288, 26.8%)

9 うちに 8 間から 7 ように, 外に 5 うちから, 下から 4 かげに, ような, 中に, 中の, 中へ, 外へ, 影から, 蔭に

3 [11件] さまも, 下に, 中を, 内から, 前に, 外で, 外には, 月, 紐を, 蔭から, 蔭で

2 [22件] うちにて, か, かげで, すき間から, なかへ, やうに, 上の, 下の, 中から, 中には, 内に, 内へ, 前には, 外から, 外の, 奥に, 屋根と, 後ろに, 後ろには, 材料に, 目を, 隙間から

1 [138件] あいから, あいだから, あなたに, うちで, うちも, うちや, うちを, おくの, かかった中二階, かかった暗い, かかった縁, かげから, かげには, かげにも, くらきを, こなたに, すきかげ隔てと, すそが, すそに, そとに, そばに, そばまで, つまは, ところで, なかから, なかに, なかへでも, ほうへ, やうな, よごれは, スラリと, 三下りに, 上に, 上には, 下った部屋部屋, 下りて, 中なる, 中は, 中もれ出でたら, 中より, 事は, 二三枚たれた, 人と, 内からも, 内だ, 内で, 内にのみ, 内の, 内や, 内より, 内をば, 出窓から, 前だ, 前へ, 前後から, 吊紐, 向うに, 向うの, 器用な, 垂を, 外であった, 外なる, 外を, 外側から, 外夕陽に, 奥から, 奥ふかき, 奥へ, 如く張り渡された, 子に, 字相応に, 宝台に, 屋根を, 左右には, 巻き上った廊下, 底へ, 庭はめちやめちやな, 影で, 後に, 後ろでは, 後方に, 戸を, 掛け放し, 掛ったの, 揺れ鳴る, 方に, 方は, 方を, 日除けは, 日除けを, 明を, 春, 横板が, 波紋うつ, 滝が, 滝の, 瀧の, 瀧へ, 瀧鹽の, 片方が, 片陰, 物識りである, 生地の, 痕跡であろう, 皺を, 目から, 目が, 目に, 目より, 目を通して, 筈な, 結構を, 縁が, 色の, 裡から, 裡で, 裡なる, 裾からは, 裾は, 裾を, 輿に, 輿錦蓋の, 近くまで, 間には, 間へ, 陰から, 陰で, 陰へ, 隙から, 隙に, 隙間を通して, 雨と, 雪を, 青い裏, 青き願, 靡くが, 音と, 食もの

▼ 簾~ (87, 8.1%)

10 垂れて 4 かかって 3 おろされて, さがって, 下がって 2 しずかに, するすると, 上がると, 下げて, 下って, 卸して, 落ちた, 重く封じこめ

1 [48件] あって, ある, おろして, かけて, さげて, さやさやと, さらさらと, ばたんば, ぶツ, まかれると, また井戸端, ザワついた, バタバタ云っ, ライオンに, 上がって, 上った, 上ると, 下つて, 下りた, 下りると, 入口に, 動いて, 取払われて, 大きく夜, 巻いて, 巻き揚げて, 巻き消えに, 懸かった, 懸って, 掛かって, 掛けて, 掛け渡され夏の, 揺ぎ進む, 来てる平田家, 檐に, 町すじの, 白房で, 眼について, 紅の, 紅絹を, 縁側に, 見え出して, 透いて, 閉じられるやいな, 降りて, 靡く花, 音を, 騒がしく動く

▼ 簾~ (35, 3.3%)

2 噴溢れる, 手を

1 [31件] あたりて, うすき夏, かくされて, かくれただ, さんざめいて, するので, する葭, なごりを, 向つて云, 囲はれ, 囲まれながらも, 女の, 寄る白浪, 差して, 微かな, 星の, 映る物, 月影が, 氣勢あり, 沖の, 漉される水音, 熟語の, 版画か, 籠った, 絡んで, 近づいて, 透かして, 遮られて, 釣忍そんな, 雨垂の, 風が

▼ 簾越し~ (34, 3.2%)

3 にも聴聞 2 にも聽聞, に下駄, に見えた, に見える, に隣

1 [21件] にこっち, にそよそよ, にちら, にスーッ, に一際, に両, に会う, に出す, に唯ぼんやり, に川風, に庭, に投げ与え, に秋風, に聴く, に能, に見え, に遠い, に風外, の女, の月, の白い

▼ 簾~ (22, 2.0%)

2 いまだ知音

1 [20件] おおむね此処, かなりよごれ, ちぎれ底板, ゆらゆら揺れます, 七月の, 上等の, 二重にかけて, 人の, 十分に, 古く汚れ, 店内の, 捲かれ四方, 掛かつて, 枝葉の, 知己を, 破れ欄, 破れ詩, 葦で, 高く巻上げられ, 鳥の

▼ 簾子姫~ (21, 2.0%)

1 [21件] でご, でな, と, とお, とおっしゃった, との間, とはわけても, にお, におかせられ, には幾度, には独身, に対するわたくし, の恋し, へな, への宛名, へ人形, へ差し上げた, へ贈られる, へ送られ, へ送る, を恋し

▼ 簾~ (12, 1.1%)

1 [12件] から外, があい, がおり, ごし, で暗く, の外, の蔭, をしめた, を搖, を漏れる, を立てた, を開け

▼ 簾~ (11, 1.0%)

6 しに 2 しにその 1 しにじっと, しにだんだん, しにも

▼ 簾張り~ (11, 1.0%)

2 の下, の茶店, や粗末 1 に色とりどり, のスキ間, の掛茶屋, の茶屋, の見通し

▼ 簾~ (10, 0.9%)

1 ふさぎ簾, バンダイキ型, 三方を, 囲った屋台店, 囲った茶店一軒, 家を, 店を, 抱合う, 覆ったの, 隠して

▼ 簾~ (9, 0.8%)

1 うごく罌粟, ないのに, なかつたの, 下ろさずに, 卷き上げた盃盤, 吹きちぎって, 新たに, 猶塵, 静かだ

▼ 簾から~ (8, 0.7%)

1 匂いこぼれ, 外を, 少し押し出す, 庭の, 炊き立て, 見えます, 飛びすさらせた, 食み出して

▼ 簾~ (8, 0.7%)

1 おびただしい兵馬鉄槍, よほどよく似, 人通りとで, 古い幕, 格子を, 白い襟あし, 言うて, 言ひ

▼ 簾~ (8, 0.7%)

2 の便所 1 の下, の中, の小屋, の浅間, の見通し, や菰囲ひで

▼ 簾~ (7, 0.7%)

1 がある, といふべき, なの, にありのまま, にひざまずい, にひれ伏し, に伏し

▼ 簾子様~ (7, 0.7%)

1 から紀州様, とあっ, と仰せられた, へお, へは届けられない, へ贈る, へ送られ

▼ 簾には~ (5, 0.5%)

1 彩色で, 新しいもの, 潤ひ, 紫の, 花鳥の

▼ 簾~ (5, 0.5%)

2 から糸脈, に見る 1 へいざなう

▼ 簾~ (5, 0.5%)

1 なる紅梅, に咲い, に庭, に薬玉, の花

▼ 簾~ (4, 0.4%)

21 て暗き, て船

▼ 簾~ (4, 0.4%)

2 向って 1 日が, 突っ込んだ

▼ 簾~ (4, 0.4%)

1 何時からか, 床几や, 窓掛を, 紙の

▼ 簾大将~ (4, 0.4%)

1 と今, と俺, をし, を勤め

▼ 簾屏風~ (4, 0.4%)

2 の蔭 1 が立て, ごしに

▼ 簾~ (4, 0.4%)

3 に音 1 にあ

▼ 簾を通して~ (3, 0.3%)

1 他の, 私の, 見られる家

▼ 簾垂れ~ (3, 0.3%)

2 の中 1 脇息褥目に

▼ 簾子姫様~ (3, 0.3%)

1 へさ, へでご, へ私

▼ 簾~ (3, 0.3%)

1 である, など多し, は朝

▼ 簾或は~ (3, 0.3%)

2 袖或は 1 他の

▼ 簾~ (3, 0.3%)

1 に裳, に黯淡たる, の美人琵琶

▼ 簾うごかし~ (2, 0.2%)

2 秋の

▼ 簾うごかす~ (2, 0.2%)

2 廂合の

▼ 簾しぬ~ (2, 0.2%)

2 娘かしづく

▼ 簾とで~ (2, 0.2%)

1 持ち切つて, 趣深く

▼ 簾と共に~ (2, 0.2%)

1 ちぎれて, 柱や

▼ 簾~ (2, 0.2%)

1 捲カセラレ, 隔テテ目送スレバ

▼ 簾一枚~ (2, 0.2%)

2 隔てて

▼ 簾一重~ (2, 0.2%)

1 の隣, の隣りで

▼ 簾動かし~ (2, 0.2%)

2 秋の

▼ 簾子姫君様~ (2, 0.2%)

1 でご, とが

▼ 簾子張~ (2, 0.2%)

1 ですが, を染め

▼ 簾~ (2, 0.2%)

2 もつい

▼ 簾~ (2, 0.2%)

1 という下宿屋, へ転じ

▼ 簾障子~ (2, 0.2%)

1 の, はなかっ

▼ 簾~ (2, 0.2%)

1 とを極, なんぞの野菜

▼1* [116件]

あまねくたれこめて, 簾何か, 簾かかげて時鳥, 簾かかげた屋形船に, 簾かき上げて百姓, 簾かけそめて初めて, 簾かすかに洩れい, 簾ごし憎くや, 簾さえ上げずに, 簾さげて誰, 簾さながらに胸, 簾すかしの観音びらき, 簾ただこの人, 簾たれこめた夢の, 簾とかで夏, 簾だけが眼底に, 簾だけにして, 簾だけを掲げた所, 簾だったんです, 簾であり沓の, 簾ではよくは, 簾でもおろしたやう, 簾という処を, 簾といふ牛が, 簾ともろともに, 簾なす氷柱にこそ, 簾などいふ語を, 簾などとならぶ中, 簾などとともに列し, 簾などもすっかり巻き上げさせた, 簾などを卷きつけて, 簾ならば問題, 簾なんて何処にも, 簾にも同じ好, 簾ばりの茶店, 簾ひとつ掛つてゐなかつた, 簾ふき通して, 簾へとまつて, 簾まきあげよ, 簾まけ雨に, 簾まですべて夏の, 簾めいてばら, 簾やすやす越えて, 簾やらを通してほんのり月, 簾ゆれぬ芙蓉ぞ, 簾おまへが, 簾よりも顔の, 簾をとほして, 簾アハヽヽヽおい何, 簾サラサラと捲き上がっ, 簾一枚これは朝鮮, 簾一枚じきそこにと思う, 簾一重風も通せ, 簾下した低唱浅酌の, 簾のお客, 簾代りのアンペラ, 簾声入, 簾八枚ともみな, 簾をそっと, 簾は襖, 簾に花, 簾古りにし, 簾囲いの着, 簾團扇それから素足, 簾りたり, 簾垂れこめた住居であった, 簾はまだ, 簾の声, 簾売る店の, 簾子姫君へ献上, 簾子様あれをご覧, 簾小屋を覗く, 簾屋油屋葛籠屋蕎麦屋酒屋の並ん, 簾屋茣蓙屋氷屋甘酒やなど路, 簾川風肌にしみじみ, 簾にした, 簾ヲ捲, 簾をこしらえ, 簾床屋の姿見, 簾廚子の上, 簾に並んだ, 簾形日除け銅製ポンプ発条錠便利な地下室, 簾御浜御殿の森, 簾な男, 簾戸一重へだてた茶の間, 簾戸越しに見た, 簾打つ風には, 簾上げし, 簾掲げて棲心地, 簾普通の売, 簾枝折戸の朝顔, 簾格子の外, 簾榻類これまた数千事, 簾のもの, 簾の原著, 簾洩る灯の, 簾深く夏日の, 簾瀬小太郎淵路の頭, 簾燦風の下, 簾をかけつらねたごとく, 簾竹皮細工色染竹文庫櫛扇団扇竹籠などの数々, 簾に春, 簾から姿, 簾藤時代が緑雨, 簾を掛け, 簾裡大衆のさとる, 簾見たような, 簾の類, 簾は日々, 簾造花の軒, 簾長く垂れこめて, 簾を浴び, 簾青葉若葉の緑, 簾風鈴葭簀燈籠盆景のよう, 簾高く捲き上げて, 簾の庖丁