青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見ゆる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

見つけた~ ~見つめ 見つめ~ ~見つめた ~見ない 見ない~ ~見ました ~見ます 見ます~ ~見ゆる
見ゆる~
~見よ 見よ~ ~見よう 見よう~ 見られ~ ~見られた ~見られない ~見られる 見られる~ ~見る

「見ゆる~」 1068, 12ppm, 9460位

▼ 見ゆる~ (61, 5.7%)

3 即ちこの 2 奇観なり, 本斗, 檜の, 殿の, 黒き衣

1 [48件] おた, げに古りし, その根本, まことにめでたい, インド人は, グリエルモといへる, 一一四七年に, 乾隆三十七年, 何ぞ, 全くの, 其倫を, 其南方起原を, 决し, 凱歌を, 別に道理, 前述異様の, 勿論の, 唯だ, 国乱の, 土河内村なり, 大洞のをや, 大軍の, 天上界下に, 太息吐く, 奇だ, 奧の, 奧妙不測の, 妹なら, 姿その, 実は蹄, 寧ろ動物神性, 小荷駄の, 常布滝, 平遠, 怪むべし, 指と, 月球なり, 本丸であろう, 湖水なり, 畢竟富士山, 眞か, 納受の, 編輯室には, 西京辺の, 雨なり, 雪白なる, 頭より, 頭巾の

▼ 見ゆるもの~ (55, 5.1%)

2 が皆, とする, は門, も

1 [47件] あるは, かも, がある, がけっして, が実際, じゃがさて, だと, であった, である, であれば, としいえ, としいへ, とては山々, とては鉛色, となし, となり, と気の毒, と氣, ならば, ならん, なりと, なるべけれ, なるを, にあらず, にし, にてこれ, には大, に類する, の由, は人, は人間, は公式, は少く, は思ふ, は猶, は茂る, もある, もよき, も全, も凡て一個, よりも遙, を, をも汝, をより, を抜き, 最も詳, 有る上

▼ 見ゆる~ (39, 3.7%)

3 いたらむ

1 [36件] あらで光, あるか, いたるもの, いたる時, これを, さも, しるしみよし, そのす, その餘, それそれその, つけても, ひた走りし, 人の, 仰げば, 初めてこれ, 反し天体, 口を, 名馬に, 幾条の, 弓矢持つべき, 從ひ, 心付き試み, 拘らずなお, 月の, 濃く白き雲, 目を, 程あらじ, 至ったの, 至る, 至るまで, 至るまでに, 至れり, 薄黄ばみたる, 都鳥も, 金之介は, 頂まで

▼ 見ゆる~ (35, 3.3%)

5 である 2 は水面

1 [28件] かしら瞞, がその, が叶わぬ, が彼, が有ります, じゃ, だ, であるから, であろうと, であろうよ, でした, です, に危険, はどうしても, はどの, は少し, は当然, は旅人, は橋場, は此, は矢張印度洋, は遺憾, をタマシイ, を人, を撫で, 形と, 日においては, 栄を

▼ 見ゆること~ (32, 3.0%)

2 あり光悦, 無きに

1 [28件] あらん, あり, あるよし, が有る, さながら雪花石, なしに, について少し, によってである, のうれし, はあるまい, はホン, は多し, は彼, は絶対的, もある, もあるべし, を云つて, を得, を得ざりき, を得ずん, を得た, を擧げ, を求め, を辞せなかった, 多き能感, 少き能觀, 少くし, 少く叙情詩

▼ 見ゆる~ (29, 2.7%)

2 降りしきる鷺

1 [27件] あり, お糸, これぞ, これも, これ必ずしも, それでも法言, ひるがへ, まだ汽車, 不審に, 中に, 中を, 主君として, 他人の, 他家と, 同時で, 大高城, 奇怪な, 実はまだ, 将監からの, 岡の, 故に螺旋環, 是れ, 月の, 泣はらしたる, 裏面には, 謙信公の, 骨の

▼ 見ゆる限り~ (27, 2.5%)

4 は桜 2 の野, の青草, はすべて, はといふ上, は櫻

1 [13件] のところ, の山河, の日本, の東, の青葉, は, はただ, は同じ, は水, は白妙, は雪, 乗らずに, 押し竝ん

▼ 見ゆる~ (22, 2.1%)

2 その実, 子細あり, 彼れ

1 [16件] あり, あり或は, おもしろし, かえって寂し, かかる差異, ことわりなりと, 哀れなる, 妨げなきもの, 実際に, 尤もだ, 橋の, 水旱の, 決して左, 理なき, 眼光の, 逃走の

▼ 見ゆる~ (20, 1.9%)

2 急に

1 [18件] いう, しれり, 京都にては, 人々羨む, 女に, 始めとして, 定家卿かなし, 得ば, 得るのみ, 心あてに, 心とも, 恥じて, 最初と, 相圖, 要せん, 見て, 認められなかった事実, 認められなかつた事実

▼ 見ゆるよう~ (15, 1.4%)

4 になる 21 だが, だぞよ, な, な気, に, になった, になり, に仕構え, に随分

▼ 見ゆるその~ (12, 1.1%)

2 澱んだ眼, 膚に 1 厚氷, 山ざくらの, 態度と, 時わかぬ, 月かしら, 月の, 濃藍色の, 鼻の

▼ 見ゆるところ~ (12, 1.1%)

1 [12件] で奇麗, に, にある, になく, に來, のもの, の悪, の氣, まで来, まで来し, をも見せ, をも見せたまわずや

▼ 見ゆるまで~ (12, 1.1%)

1 [12件] かかる紳士, ものの余りに白, 傾いた舷, 圓髷を, 抜衣紋に, 日に, 浅く踏ん, 空蒼く, 美しきは, 胸を, 蓮葉に, 薄くなり

▼ 見ゆる~ (10, 0.9%)

1 いふこと, おなじくあ, ほりである, われへ, リップが, 云つたら, 信じて, 地に, 申せそれ, 評する如く寧ろ

▼ 見ゆるばかり~ (10, 0.9%)

1 かかる光景, である, で如何, 凛として, 床低く, 撓まぬ膚, 海水浴に, 眞黒に, 真黒に, 雲も

▼ 見ゆるのみ~ (9, 0.8%)

2 である 1 ならずかの, ならずしきりに, ならず其弟子, なりしかど, アエネアスが, 但しこの, 青春の

▼ 見ゆるやう~ (9, 0.8%)

1 だが, なり, な商主, な摩西, にもな, に寫せり, に感じられ, に言, の笑

▼ 見ゆる~ (9, 0.8%)

1 あり, あり何ぞ, あり誠実忠信, が紙, すら, だお, といえ, を二種以上享, を神

▼ 見ゆる~ (8, 0.7%)

2 の井 1 ありそれ, の中, の秀, の肌, の魂, へ続く

▼ 見ゆる~ (7, 0.7%)

3 否や 1 否ポッ, 煙たつむろ, 玉の, 鬚長じ

▼ 見ゆる~ (7, 0.7%)

1 いと可笑しく, と仰し, に裏口, の小屋, より優陀夷, 凄艶寧富松, 頗る意気

▼ 見ゆる~ (6, 0.6%)

1 の出, はない, は曾, は本統, を生涯, を知らせ

▼ 見ゆる~ (6, 0.6%)

1 だけれど, な寒気, までも, 光り輝く黄金色, 凝と, 大なり

▼ 見ゆるあたり~ (5, 0.5%)

1 だけ卵色, に竜, に雪田, は戦場ヶ原, は戰場ヶ原

▼ 見ゆる~ (5, 0.5%)

1 そちにも, やい, 存ぜぬが, 後代の, 自己が

▼ 見ゆるなり~ (5, 0.5%)

1 と答, アルミダの, 光あまねき, 再昨年, 我跡弔ひ

▼ 見ゆるにぞ~ (5, 0.5%)

1 いよいよ近, この人, 意気激昂し, 激しく往時, 要こそ

▼ 見ゆる心地~ (5, 0.5%)

3 して 1 す, 致し候

▼ 見ゆる~ (5, 0.5%)

1 から昔, なり, にし, は確か, へその

▼ 見ゆる~ (5, 0.5%)

1 あり, にてほ, に別に, より蘆薈, を指し

▼ 見ゆるかぎり~ (4, 0.4%)

1 が一聯, が皆, はみな, は穂

▼ 見ゆるけれど~ (4, 0.4%)

1 その力, それは, 併し, 彼等と

▼ 見ゆるこそ~ (4, 0.4%)

3 趣は 1 さみしけれ

▼ 見ゆるこの~ (4, 0.4%)

1 岡うる, 朝け, 群の, 群れの

▼ 見ゆるという~ (4, 0.4%)

1 ことだ, ことは, 花の, 蒼海原は

▼ 見ゆるとも~ (4, 0.4%)

1 なく出, 妾の, 当人は, 心は

▼ 見ゆるほど~ (4, 0.4%)

1 いとよろこばし, これを, なの, な兵

▼ 見ゆるまでに~ (4, 0.4%)

2 結做したる 1 紅なる, 結なし

▼ 見ゆる~ (4, 0.4%)

1 にせん島黒髪山島尤大, に今や, に黄金の, を篝火

▼ 見ゆる場合~ (4, 0.4%)

2 もある 1 には藝術, もあり

▼ 見ゆる天然~ (4, 0.4%)

4 の色白

▼ 見ゆる~ (4, 0.4%)

2 に於 1 においてどうして, は空

▼ 見ゆる説話~ (4, 0.4%)

1 が比較的, は出雲神話, は即ち, より出

▼ 見ゆるかな~ (3, 0.3%)

1 あやめも, のどかに, 雪間を

▼ 見ゆるかの~ (3, 0.3%)

2 一条は 1 記事に

▼ 見ゆるから~ (3, 0.3%)

1 それでこれ, 互いに認め誤っ, 言うたの

▼ 見ゆるとか~ (3, 0.3%)

3 夏草の

▼ 見ゆるなりと~ (3, 0.3%)

2 いう 1 渡海せし

▼ 見ゆるので~ (3, 0.3%)

1 あつて, ビックリし, 今まで

▼ 見ゆるほどに~ (3, 0.3%)

2 起居重けれ 1 なにものなら

▼ 見ゆるやら~ (3, 0.3%)

2 知らねども 1 さりとは

▼ 見ゆる一人~ (3, 0.3%)

1 の女性, の神様, の老人

▼ 見ゆる世界~ (3, 0.3%)

1 の方, の本体, よりもつともつと

▼ 見ゆる~ (3, 0.3%)

2 厦も 1 掾国香どのの

▼ 見ゆる~ (3, 0.3%)

1 な藍格子, になるであらう, に明るく

▼ 見ゆる~ (3, 0.3%)

1 なくた, に似ず, もあり

▼ 見ゆる~ (3, 0.3%)

1 かな, かも, は既に

▼ 見ゆるけれども~ (2, 0.2%)

1 決して種子, 私は

▼ 見ゆるさえ~ (2, 0.2%)

1 あるに, どうやら澄み切った

▼ 見ゆるさま~ (2, 0.2%)

1 なるを, なれば

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 かし, 介抱致せ

▼ 見ゆるとき~ (2, 0.2%)

1 の, は左

▼ 見ゆるとは~ (2, 0.2%)

1 実に不思議, 愈々怪談もの

▼ 見ゆるのに~ (2, 0.2%)

1 玄蕃や, 長煙管

▼ 見ゆるのみにて~ (2, 0.2%)

2 足を

▼ 見ゆるわくら葉~ (2, 0.2%)

1 は桜, は櫻

▼ 見ゆる一個~ (2, 0.2%)

2 の神話

▼ 見ゆる一峰~ (2, 0.2%)

1 は浅間, を高薙山

▼ 見ゆる一条河原~ (2, 0.2%)

2 のキヨメ

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 の乱, も何れ衰

▼ 見ゆる二つ~ (2, 0.2%)

1 の極, の餌

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 汝らが, 汝等が

▼ 見ゆる共立病院~ (2, 0.2%)

2

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 と次々, 第五

▼ 見ゆる地名~ (2, 0.2%)

1 の起原, は野本

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 は善く, は生き

▼ 見ゆる大軍~ (2, 0.2%)

1 こそ彼, はそも

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 である, の児

▼ 見ゆる小林~ (2, 0.2%)

1 という少年士官, といふ少年士官

▼ 見ゆる山みな~ (2, 0.2%)

2 青けれど

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 のしら雪, の妾

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 が二丁, も無く

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

2

▼ 見ゆる時何處~ (2, 0.2%)

2 より起つ

▼ 見ゆる村里~ (2, 0.2%)

1 の一隅, より午鶏

▼ 見ゆる椿~ (2, 0.2%)

2 もお

▼ 見ゆる橋立~ (2, 0.2%)

1 の松原づたひ鶯, の松原通

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 の義, は其の

▼ 見ゆる池水~ (2, 0.2%)

2 照るまでに

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 が詰所, の面影

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 の上, を遥

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 にて夢, の方

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 あるをば, もありし

▼ 見ゆる膨ら~ (2, 0.2%)

2 かな胸

▼ 見ゆる花火~ (2, 0.2%)

2 かな

▼ 見ゆる若者~ (2, 0.2%)

1 にてある, にて下田見物

▼ 見ゆる落葉松~ (2, 0.2%)

2 の森

▼ 見ゆる談理~ (2, 0.2%)

1 にはまことに, は現

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 の善, 坊の

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

2 がはら

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 の白波, 蛙

▼ 見ゆる~ (2, 0.2%)

1 かも, かも倒

▼ 見ゆる青き~ (2, 0.2%)

2

▼1* [395件]

見ゆるあたり黄なる月嚠喨, 見ゆるあの大屋根, 見ゆるあれが熊沢, 見ゆるおんかたを導き, 見ゆるかぎり彼のあと, 見ゆるかと問ひし, 見ゆるかなしさ, 見ゆるからとて支那の, 見ゆるきょうの晴衣, 見ゆるふの, 見ゆること今更にあやしく, 見ゆること雨の後, 見ゆるころじゃ, 見ゆるごとに額, 見ゆるういへ, 見ゆるしらゆきの岩木, 見ゆるそれをせつせ, 見ゆるただ一つの, 見ゆるためかの時, 見ゆるだけだつた, 見ゆるだけにすぐもうけ, 見ゆるふ, 見ゆるといふ蒼海原は, 見ゆるとき反対に仏, 見ゆるとき身を半ば, 見ゆるとて心に, 見ゆるなつかしき此野を, 見ゆるなどいずれも, 見ゆるなどを我は, 見ゆるなんぞ戸隠し山の, 見ゆるによりて西ざまに, 見ゆるによるべしされど, 見ゆるのみの荒廃さ加減は, 見ゆるの光栄に接し, 見ゆるばかりのもの静かなる, 見ゆるひともない, 見ゆるほほづきの, 見ゆるまた無き風情, 見ゆるまでには其処に, 見ゆるまでの順序を, 見ゆるものすべてが情熱, 見ゆるもの今はみな狂, 見ゆるもの夢狂気おちゆく潮, 見ゆるもの手に立つ, 見ゆるもの皆かわりぬ, 見ゆるもの耳に聞く, 見ゆるもの自己みずからを明るみ, 見ゆるやを汝は, 見ゆるゆえに妖怪, 見ゆるよしにて名高き, 見ゆるより誤りしか, 見ゆるわいそれにまたこの, 見ゆるわがかざらしと, 見ゆるわけはない, 見ゆるイスチヤの岬, 見ゆるオルフォイスの下界行, 見ゆるキヨメは一条河原, 見ゆるジェーリオネはヘラクレス, 見ゆるスエズ港に入り, 見ゆるソルデルロの言參照, 見ゆるタンガロはヤーマー, 見ゆるダンヌンチオの稗史, 見ゆるツォイスの罪悪, 見ゆるテームスの流れ, 見ゆるフィレンツェの武人, 見ゆるフランチェスコの物語, 見ゆるヘラレクスの如き, 見ゆるベアトリーチェの説明, 見ゆるミルトンのごとき, 見ゆるモセスが異種, 見ゆる一叢の杉, 見ゆる一団の武士達, 見ゆる一廟は何, 見ゆる一本松の坂, 見ゆる一棟はお, 見ゆる一種特別の形式, 見ゆる一群が馬, 見ゆる一艘の漁船, 見ゆる一首はまるで, 見ゆる七曜星の神話, 見ゆる三個の燈光, 見ゆる三基のスイッチ, 見ゆる下級労働者らしい扮装, 見ゆる正行爲ありし, 見ゆる不憫な事, 見ゆる世の中に羨ましく, 見ゆるや森, 見ゆる両者の分離, 見ゆる丹塗りの御社, 見ゆる二個の説話, 見ゆる二挺の駕, 見ゆるは, 見ゆるあり, 見ゆる人たちであった, 見ゆる人影を世に, 見ゆる人身御供の話, 見ゆる伽藍の塔, 見ゆる佃島の眺望, 見ゆるゐまでに, 見ゆるとされ, 見ゆる個所だつた, 見ゆる偏りたる論を指せるなり, 見ゆる錦旗を, 見ゆる光栄を有する, 見ゆるの人格化, 見ゆる児島の雲, 見ゆる其の甲虫を, 見ゆる其人の面影, 見ゆるの月, 見ゆる凡ての神, 見ゆるの伊平屋嶽, 見ゆる別れの言葉, 見ゆる前山である, 見ゆるを失ひ, 見ゆる労役があり, 見ゆる動物もみな, 見ゆる北山及び鎮西, 見ゆる北斗七星に對, 見ゆる十五六歳位の少女, 見ゆる十兵衛が挙動, 見ゆる十兵衞が挙動, 見ゆる千葉の海こぎ出し船, 見ゆると目, 見ゆる口髭を掻拈, 見ゆるイタリアの, 見ゆる合図耳に聞, 見ゆる津国も, 見ゆるかな山の端, 見ゆるよき婦人, 見ゆる哨戒艦を測れ, 見ゆる唐寺の門, 見ゆる問題でもよく, 見ゆるの翼, 見ゆる四輪車の上, 見ゆる國史眼の若き, 見ゆる土偶五個有り, 見ゆる土偶五六個有り, 見ゆる土噐の容量, 見ゆる土噐唇に觸, 見ゆる土藏をあて, 見ゆる基衡が其寺, 見ゆる場所に出で, 見ゆるの海, 見ゆる夕べの空, 見ゆる夕日かな, 見ゆる夕映の空, 見ゆる夕暮のほど, 見ゆる夢野或は刀我野, 見ゆる大兵な男, 見ゆる大海は大西洋, 見ゆるの白雲, 見ゆる天使達は謙り, 見ゆる天地開闢説を外, 見ゆる天津少女と同一, 見ゆる天照太神と素盞嗚尊, 見ゆる奇怪なる女性, 見ゆるつ島榜ぎ回む舟, 見ゆる女の子なりき, 見ゆる女四五人各自の卓, 見ゆる女子を知っ, 見ゆるが家, 見ゆる姉妹の位置, 見ゆる姿まことに有り, 見ゆる子どもは八つ, 見ゆる学士会院の屋上, 見ゆる宇宙論の模倣, 見ゆる容目よき婦人二, 見ゆる寛永活版本より惡, 見ゆる虫草の根に, 見ゆる小さい尼が, 見ゆる小さな半島全, 見ゆる小島のはま楸, 見ゆる小形の佛像, 見ゆる小柄な, 見ゆる山一つなし, 見ゆる山井の浅き, 見ゆる山吹の花, 見ゆる山嶺は沼田以北, 見ゆる山本郡の域, 見ゆる山査子の枝, 見ゆる山田の畔ごと, 見ゆる岸邊をさして, 見ゆる峰々から, 見ゆるは浮島, 見ゆる島々を指し, 見ゆるれなるべし, 見ゆる或は黄帝, 見ゆる帰り舟それらが皆, 見ゆるに余, 見ゆるの雪, 見ゆる引文からどんな, 見ゆる張衡の四愁詩, 見ゆる強力の類, 見ゆるに側面, 見ゆる往來のさま, 見ゆる微少の笑, 見ゆる怪物の顔面, 見ゆる恐ろしげなる, 見ゆる悲鳴である, 見ゆる情けの波, 見ゆる情けなやころ, 見ゆる意見を, 見ゆる愛鷹山が立ち, 見ゆる態度にて, 見ゆる憂愁の底, 見ゆる我が縵さ百合の, 見ゆる我が家の秋, 見ゆるものを, 見ゆる戦場に斃, 見ゆる房ほたほたと赤し, 見ゆる所湯本なれば, 見ゆる手古奈の性質, 見ゆる扮装にて紋付, 見ゆる折柄潮に乗り, 見ゆる故支那で濃紫色, 見ゆるだけでも決して, 見ゆるの姿, 見ゆる敵将をたれなる, 見ゆる斑點の原因, 見ゆる新島三宅島大島嶺は雲居, 見ゆる旅順の街, 見ゆる日數を示すべし, 見ゆる早朝の光景, 見ゆる星さへ星, 見ゆるの水, 見ゆる時空はその, 見ゆる最後の形, 見ゆるの光, 見ゆる月影に, 見ゆる望みの定義, 見ゆるの心, 見ゆる朝露のいかに, 見ゆるのわれ, 見ゆる東方日の本, 見ゆるのおぼろ, 見ゆるの陰, 見ゆる森かげ我を招く, 見ゆる榛の木の花, 見ゆる様子を致居候, 見ゆるなれば, 見ゆる樹木が限界, 見ゆるの袂, 見ゆるを得ない, 見ゆるのうえ, 見ゆるの二句, 見ゆるの冠詞, 見ゆる歟自己が為, 見ゆるの緋羅紗, 見ゆる武骨一遍の勇士, 見ゆる死顔の月, 見ゆる比良の山膚, 見ゆる毛剛げにて口, 見ゆる気味ありて, 見ゆるにき, 見ゆる水上の女, 見ゆるよ淨, 見ゆるの方, 見ゆるありけり, 見ゆる浅はかな単なる, 見ゆる浦島説話は漢文, 見ゆる浮浪人の長, 見ゆる海上ビルデングのあたり, 見ゆる海士もがない, 見ゆる海苔粗朶の列竝, 見ゆる海蛇はいずれ, 見ゆる涼台の破風, 見ゆるの川原, 見ゆる湯津香木及び井中, 見ゆるの川原, 見ゆる滝の下に立ち, 見ゆる紅が, 見ゆる織津姫以下, 見ゆる灯かげという句, 見ゆるに文壇, 見ゆる烟突の烟, 見ゆる煙つた町の多く, 見ゆると等しく, 見ゆる營氣衞氣は浮氣, 見ゆる爪形を, 見ゆる物馴顔の婢, 見ゆるの如き, 見ゆる狗子柳のはや, 見ゆる狩り暮らし夕霧に薄く, 見ゆると兎, 見ゆる瓦斯灯の光, 見ゆる田舎家の盆灯籠, 見ゆる男一人その胸, 見ゆる町人風の男, 見ゆる垣の, 見ゆる白色巡洋艦あれは何國, 見ゆる白髪の老人, 見ゆる白鳥の山, 見ゆる百姓二人話しもて出, 見ゆるの焼けた, 見ゆる古説話, 見ゆる真平な街道, 見ゆる真白の濡手, 見ゆる瞿曇氏とヲーガスチン帝, 見ゆるはその, 見ゆる石階に掘り, 見ゆる砂漠の空, 見ゆるの間, 見ゆるに比し, 見ゆる神婚説話なる可, 見ゆる神話を研究, 見ゆる神話的説明即ち之, 見ゆる禿のあ, 見ゆるの色, 見ゆる秩父郡の山, 見ゆるや高い, 見ゆる立派な紳士, 見ゆるの舞手, 見ゆる笑いと眼, 見ゆる筋骨は数四十, 見ゆる筑前立花山伝教の独鈷松, 見ゆる筑波嶺ゆ棚引き渡る秋, 見ゆる箒木の好運, 見ゆる簡單な船着場, 見ゆる紅梅の花, 見ゆる紛糾せる事理, 見ゆる紳士ぶりに生き, 見ゆる美人の襟, 見ゆる老婆が出, 見ゆる肥満の紳士, 見ゆるの肌, 見ゆるから衣紋, 見ゆるの白, 見ゆる若い者が, 見ゆる若き夫婦の, 見ゆる若草を人, 見ゆる苦痛や不便, 見ゆる茶屋の床几, 見ゆる落着さで悠々, 見ゆるは花, 見ゆる蒼空を仰い, 見ゆる蓬莱仙女の一条, 見ゆる蓮池のあたり, 見ゆる薄毛の天窓, 見ゆる薩州邸の内, 見ゆる蝦夷すなわち今日北海道, 見ゆる蟄竜や竜, 見ゆる血気に任せ, 見ゆる行動くだらないと, 見ゆる衣紋つき備わった品, 見ゆるの耕地, 見ゆる見当のまま, 見ゆる観世音の額, 見ゆる記事や野蠻人, 見ゆるを据, 見ゆる誤解はこの, 見ゆるぞ行っ, 見ゆるであるが, 見ゆるの中, 見ゆる谷かげにまだ, 見ゆる豌豆の花, 見ゆる赭色の懸崖, 見ゆるかな, 見ゆる身躰の疲, 見ゆる輪後光は即ち, 見ゆるより雑木, 見ゆる通り御生年十五, 見ゆる通り家に妻子, 見ゆる逞しい紳士で, 見ゆる過去の生涯, 見ゆる道理はない, 見ゆる遠景が丁度, 見ゆるの景色, 見ゆる野火を薙ぎ尽し, 見ゆるの兜, 見ゆるの鎧直垂, 見ゆる鎌倉時代の清水坂, 見ゆるの中, 見ゆる阿波の山かけ, 見ゆるの白妙, 見ゆる限り海波が渺茫, 見ゆる限り漣一つ起たず油, 見ゆるを求めける, 見ゆるのひとつら, 見ゆるほびこりてとの, 見ゆるの如き, 見ゆる音楽としてその, 見ゆる頬辺に笑, 見ゆる顔ばせヱヌスの古, 見ゆるや見えざる, 見ゆる風かほる快い日曜, 見ゆる風体怪しの, 見ゆる香川雪枝も, 見ゆる高貴な相, 見ゆるの中, 見ゆる鬱金木綿の胴巻, 見ゆるは見えざる, 見ゆる鵄一つ羽を休めい, 見ゆる鹿の抱角, 見ゆる麗人の面影, 見ゆるの宣王死