青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「若く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~芸術家 ~芽 芽~ 苔~ ~若 若~ ~若い 若い~ 若き~ ~若く
若く~
若し~ 若干~ 若旦那~ ~若者 若者~ 若葉~ ~苦 苦~ ~苦し 苦し~

「若く~」 2269, 23ppm, 4939位

▼ 若く~ (711, 31.3%)

47 綺麗な 20 美しくて 14 美しい女 12 綺麗で 11 好い男 8 美しいお 6 死んで 5 可愛らしいお, 男が, 美しい娘 4 きれいで, イキの, 元気で, 元氣, 滅法綺麗

3 [16件] 一本調子で, 丈夫で, 健康で, 威勢の, 愛嬌が, 日本の, 死んだの, 綺麗だ, 美くしい, 美しい夫人, 親切な, 達者で, 達者な, 野心的で, 野心的な, 頭が

2 [45件] いらつし, お綺麗, ハチ切れ, 一徹な, 三十前後と, 二十七歳これは, 俊敏な, 切れものの, 可愛らしい娘, 名ある, 寛達で, 小股の, 御小姓組, 死ぬ人, 死んだ, 死んだし, 死んだ仏文学者, 派手で, 淡白でした, 無役, 無法で, 獨り, 生きて, 綺麗だらう, 綺麗でなく, 美しい, 美しいお里, 美しいという, 美しい人, 美しい女房, 美しい女房振り, 美しかった, 美しかつ, 美しさ, 美しそう, 美男だった, 美男で, 脂が, 腕の, 自分の, 良い男, 艱難を, 遊廓へ, 陽氣で, 頭の

1 [420件] あがきの, あの通り綺麗, いい人, いい小説, いい男, いくらかフーピー, いくらか美人, いて, いらっしゃいますから, いられるけど, いるよう, おきれい, おまけに, お亡くなり, お仕事, お優しい, お前よりも, お立派, お美しい, お転婆な, きのうは, きれいだ, きれいだった, きれいである, きれいな, こうした山陰, この脚気, こんなにうまい, こんな樣子, こんな死に, さほど醜く, しかし老成, しとやかで, しなやかな, すこぶる美男子, すっきりした, そうして慶応, そうして美男, そうして美貌, そして美人, そのフエーム, その人, それで, ただ差入れ, つやつやと, どちらかと, どちらも, なくなりました一周忌, なまじ文才, なめた労苦, のんきで, はげしい気象, はしゃいでいらしたわ, ひとり身で, ほんとにいい, まだお, まだほとんど子供, まだまだ十年, まだ無知, まるでモダン, みずみずしく見えた, みんなと, むやみに, もっと元気, やはり私生児, ようやく三十, わけ知りで, アメリカへ, カラリストだ, シャンだ, スマートだ, スラリと, ハイカラで, ハチ切れさうな, ピチピチした, ロマンティックで, 一つ子の, 一人は, 一寸澁皮, 一寸良い, 一番奇麗な, 一番綺麗な, 丈夫さうだ, 丈夫さうな, 丈夫そうだ, 丈夫そうな, 丈夫だ, 丈夫である, 丈夫で暴れ, 三十七八, 三十三四と, 三十二歳細面の, 三十六與三郎とは, 上さんよりも, 上品で, 世を, 世間を, 中, 二人も, 二十代だった, 亡くなった, 亡くなった左大臣時平, 亡くなった私, 亡くなった種々, 亡くなつた女, 亡くなりましたが, 人生の, 代用教員であっ, 伊達で, 体つきは, 体に, 体格の, 何も, 何よりでございます, 何ヶ月間の, 健全で, 健全であった, 健康な, 働き者らしい, 働く人, 優しいの, 優秀な, 元気が, 元気じゃ, 元気でした, 元気な, 元気なら, 兵衛佐だった, 其の生涯, 内氣, 再会の, 凛々しい風貌, 凜, 切れ者の, 初々しく美しく情感, 初心だ, 初心だった, 別嬪で, 利口で, 力押しの, 勇しい, 勇気に, 十五六で, 十人並の, 可愛いらしいです, 可愛らしいお萩, 可愛らしいと, 可愛らしいので, 名を, 呑氣で, 呼び者, 啖呵が, 善良そうな, 国家の, 外戚の, 多少の, 多少西洋, 大和に, 大層縹緻, 天然痘を, 夫に, 奇麗な, 妻を, 威勢が, 嫁を, 子持ちかい, 字の, 学僧らしい, 学生か, 完成し, 官位の, 実人生, 富裕な, 寡婦に, 寡言で, 将来が, 将来の, 小意氣, 小猫, 少しは, 少しばかり, 少し無, 少し道樂強, 居た所以, 居る気, 年が, 年取った人たち, 年増しの, 年長者には, 幸福さうだつた, 幼だ, 幼稚だった, 弱々しいバルナバス, 張りきつて, 強さ, 強健で, 彼女自身に, 後に, 後家さんに, 御退位, 復員し, 快い人柄, 快活な, 思うこと, 思ひやりの, 恋を, 悩む仲間, 悪戯っ, 悪辣な, 悲惨な, 惡辣な, 愉快な, 意気軒昂と, 意氣で, 懇意に, 或る, 戦禍に, 才覚も, 支那の, 放浪した, 政治的生涯を, 敏感な, 新しい社会, 新らしく, 新鮮で, 明るくて, 映画としての, 書きはじめた者, 最も人品, 最も自分, 有望な, 有為な, 有為の, 未熟で, 柔かいいとしい命, 柔軟で, 根本の, 案外浄瑠璃, 横着で, 正直そうで, 正直な, 武骨で, 死にました, 死に直面, 死ぬ, 死ぬお蔭, 死ぬこと, 死ぬの, 死ぬ者, 死んだお母さん, 死んだから, 死んだこれら, 死んだり, 死んだアルザス人, 死んだスペルヴィア, 死んだヴァイオリニスト, 死んだ一基督教青年, 死んだ人, 死んだ或, 死んでしまつたので, 歿した, 歿った, 殿方に, 毛の, 気が, 気の, 気力の, 気力は, 気高くて, 水の, 汝等に, 津田英學塾を, 淋しい唇, 清貞の, 無分別で, 無経験, 無邪気な, 父の, 猛気, 珍らしい, 現実を, 瑞々しい者, 生一本な, 生命と, 生命力に, 生徒等の, 生活力の, 田舎から, 男前がい, 痩せて, 皺がよ, 眉目秀麗な, 真率な, 眠いん, 眼鼻が, 眼鼻立も, 社殿は, 祝言が, 禿頭の, 私の, 程が, 穏和だった, 立女形に, 立派だった, 立派で, 立派な, 粗野だった, 精, 精力的で, 純情な, 結婚した, 結構です, 綺麗だつた, 綺麗だろう, 綺麗なせゐ, 綺麗過ぎた, 美くしく, 美しいあの, 美しいお嬢さん, 美しいお方, 美しいから, 美しいこと, 美しいこの, 美しいそのうえ, 美しいだけ, 美しいぢ, 美しいと, 美しいの, 美しいのに, 美しいゆえ, 美しいん, 美しい二人, 美しい信子, 美しい内儀, 美しい奥さん, 美しい女さ, 美しい女性, 美しい娘達, 美しい婦人, 美しい後妻, 美しい御, 美しい文代夫人, 美しい方, 美しい未亡人, 美しい男, 美しい者, 美しい聲, 美しい自分, 美しい芸妓, 美しい藝妓, 美しい貴女, 美しい顔, 美しい騎士たち, 美しく白い綾, 美しゅうござります, 美なる, 美人かね, 美人だ, 美人で, 美男それは, 美貌である, 羞か, 翼の, 聡明で, 聰明で, 聲は, 胃癌で, 能力を, 腕が, 腕つ, 腕もよ, 自由で, 自由でいらした, 色が, 色つ, 色男で, 色男な, 芸術運動の, 若い時, 荒っぽい浪人, 荒つ, 華やかだった, 落ちついて, 血の, 行き屆, 親なども, 親切で, 評判の, 誰かと, 豊かで, 貧しくて, 貧乏暮らしを, 貧乏臭く, 貫祿が, 貫祿も, 質の, 踏まば, 身を, 軍に, 軽い身分, 逞しい青年, 遊び好きさうに見える, 遊び好きそうに, 過ぎた人, 野心ある, 金が, 鎗踊りを, 闊達だ, 闊達で, 陸軍へ, 青年ぽい, 音楽熱の, 頼もしい娘, 顔立ちの, 風采の, 颯爽と, 飽くなき, 馬鹿正直だ, 高貴で, 髪の

▼ 若く~ (634, 27.9%)

19 ない 16 ないと 4 他の 3 なしと, 其他の, 感情の, 無い, 間接に

2 [46件] あるが, それらを, ないという, なかった, なからん, 一時之, 中央政界の, 中流以下の, 之と, 之れ, 侯の, 公伯を, 其の人, 其の人格, 其の他, 其の批評者, 其前の, 利益の, 利益上の, 善く之, 大探偵, 大隈伯爵等の, 宇宙の, 官務的性質を, 干支と, 或場合, 手を, 政術に, 新たに, 浪花節語りの, 漫に, 無意識的に, 無益なり, 石川氏関五郎と, 美を, 美術の, 義公の, 耆宿の, 苦の, 藩閥に, 親近者の, 誇張は, 誘惑し, 運命と, 非藩民, 鼎の

1 [488件] あらせられたが, あらゆる難, あるまい, おのれと, する筈, その他の, その以前, その哲學上所見, その抱負, その時分, その最も, その界隈, その突感, それと, それに, それの, どこかの, ないから, ないが, ないつもり, ないよう, ないん, ない今, ない年, なかつたで, なかるべし宜, なきなり, なく美しくも, なし, ならぬが, ひとは, ぶらこ, われ知らず陥る, アカイア水軍の, イデオロギーが, エヂプトに, オルガノンで, コロボツクルと, コロボツクルなる, シャムシュ土人に, シヴアーリーと, ジエノワに, センゲン山は, ダマスク紙, ポッケット内に, ミケランジェロの, モスクワの, レベルより, 一ヶ月後に, 一二週間に, 一僮僕を, 一味と, 一圓の, 一年二年長く, 一組で, 一部に, 三十二歳で, 三家族の, 三年に, 三時には, 三窓を, 不利な, 不可能の, 不埒の, 不完全なる, 不快の, 不良なり, 不醒不, 世の, 世界の, 世界即ち, 丘頂に, 丹羽淳太郎後の, 主張する, 乾蔵せる, 予て知っ, 二三貫目の, 二十年を, 二千四百だけは, 二年前を, 二日分半を, 二百円の, 二百圓する, 五七に, 京水に, 人間の, 今にも歇むものか, 今も, 今少時に, 他國, 以上の, 以外の, 仰塵, 伊賀侍から, 低徊の, 佛教の, 便宜を, 保持され, 信頼したる, 假設的機關を通じて, 假面暗示として, 傳記を, 價値の, 僻境に, 兇惡なり, 党与, 全くの, 八年に, 公羊春秋に, 六朝の, 共有であるべき, 其の子孫, 其人達の, 其以上を, 其以前なる, 其前に, 其友人の, 其同列地位の, 其周囲の, 其哲學上所見と, 其子雄之, 其對象を, 其弟子なる, 其影すらも, 其或る, 其戸前に, 其族人か, 其族人では, 其身一身を, 内容が, 再生の, 凝結せる, 処女獣をさえ, 分解し, 別居せしめる, 利益的関係たるに, 利益的関係に, 利益的關係たるに, 利益的關係に, 前年の, 前年より, 創作を, 努力せん, 労働者, 募債の, 勸善懲惡の, 北の, 北千島を, 十一代の, 十一月初に, 十一歳で, 十八万石であった, 十分以上に, 十年間國外に, 千五百年も, 千五百米の, 千八百五十二米の, 半裸体, 南東南東西の, 南無妙法, 原人に, 厠役の, 取急いだため, 古今東西の, 古抄本, 名家の, 吐血で, 否定する, 吾が氣, 和田に, 和魂洋才主義の, 哲学の, 嘆かわしいと, 噴水ある, 囘, 四年八十一歳で, 四月の, 団体の, 団体利害の, 国家に, 圃園若く, 國學者たる, 國家に, 國家若く, 團體の, 團體利害の, 團體若く, 報告者の, 墓誌は, 増大せられ, 墨門の, 外務大臣に, 多少之, 大きな物, 大圓滿, 大官は, 天命の, 天意なり, 夫婦が, 女子二人なる, 奴隷を以て, 婆羅門教に, 宗教による, 宗教の, 宗教的問題で, 官民を, 宦官同志の, 富貴利達の, 寓居である, 寡聞を以て, 實在, 實感なら, 實感の, 専門的な, 将監峠から, 尋常一二年の, 對象の, 小包に, 小説に, 山夷田夷とか, 左道の, 師伝的関係を, 師傅的關係を, 師法を, 平和ならざる, 平旦, 平靜が, 年月日不詳なる, 年末決算との, 年齢に, 広やかな, 建板に, 強迫觀念の, 強靱なる, 形態の, 形而上論上無, 彼女の, 後世の, 御國, 復旧を, 復讐の, 心理學的實驗によ, 応酬の, 忠俊だ, 思を, 思惟から, 思想が, 思想家実行家に, 恐らく世界, 恐怖に, 恒介が, 悉く併呑統一, 情實を, 想像されたる, 想像し, 想像だ, 意力に, 意義を, 愛せる者, 愛国者の, 愛國者の, 感覚について, 應用の, 成り立つの義, 截り取つた, 戲曲を, 扉書の, 手拭で, 手法若く, 技術は, 押韻的要, 拙訳, 指示をも, 擴張の, 攘取し, 支持する, 支那の, 支那を, 教授上の, 数人の, 數個の, 數塊を, 數百年の, 數百年前の, 文兵衛殿と, 文字と, 文学そのものに関する, 新説の, 明午, 星, 是に, 普遍妥當性は, 智識的生活を, 暴力の, 書體より, 最良の, 未成に, 末期に, 本が, 松脂など, 枯れたる花束, 枯赭で, 極めて巧み, 極東と, 榛門の, 樂天主義に, 模倣の, 模型又は, 模型的な, 横迸り, 樺太アイヌとの, 機械文明によ, 權威に, 歡喜の, 正面衝突を, 段階を, 氣榮の, 水色の, 永遠の, 江戸の, 沒却の, 波浪に, 泰一の, 浮き立たす為, 海の, 海上交通には, 消え去るか, 渋江氏に, 渡黨に, 游離する, 濮の, 無いの, 無いもの, 無し, 無しと, 無視する, 煥發者と, 父子夫婦の, 片手を, 牧は, 物質的な, 特許を, 犠牲等の, 狂妄なりと, 猫の, 獨學師無くし, 玄貞の, 現出せしめられ, 理化学的の, 理念の, 理想を, 理想的の, 生きた人間, 生み出すか, 生れながらに, 生活若く, 生活運動として, 生理より, 生育され, 町であります, 疑ふ意, 發展が, 白銅鋼板等よりは, 白馬を, 百円位に, 真理に, 眼に, 知識とは, 石川若く, 示しつ, 社界の, 祖父母に, 祖父母の, 神と, 神の, 神佛若く, 祥善寺は, 私の, 秘密とも, 移住による, 第三子, 第三法, 第三種, 筆に, 筆写の, 米庵で, 精神の, 純粹感覺, 紫羅欄これに, 経きて, 経世家として, 統一, 絶對主義の, 絶縁した, 缺損により, 罪ある, 美妙の, 美術, 聲波に, 聲波を, 胃癌に, 能動の, 脱走家の, 腹に, 自ら教ふる, 自ら豫想した, 自分自身に, 自己暗示を, 自己韜晦の, 自棄と, 興行主又は, 莫く, 葉を, 蒼白若く, 蔑視を, 薪を, 虐げられて, 虚飾の, 蛋白質と, 蛙などを, 行政権を, 行政權を, 衰枯の, 補足した, 見えなかった, 見えません, 見えるが, 見ること, 規定し直す, 親の, 親類の, 觀念論は, 解釋あり, 解釋を, 詩の, 詩を, 誇張としても, 誇張の, 認識肯定したる, 誰かから, 誰彼の, 諸侯以下の, 謀反者の, 講述せざる, 證悟し, 讀書を, 豫言者の, 責任を, 貴族の, 身の上に, 身躰に, 輕視する, 輝紅を, 過去の, 道学先生の, 道學先生の, 道昌に, 遷り移る, 邦人に, 邪念が, 都加留に, 都率の, 都鳥の, 鄒牟か, 重もにか, 重罪を, 錯り解し, 鎌倉將軍の, 閉止を, 開國以後に, 間食が, 随喜仏法の, 障害ある, 雨の, 雲州人或は, 靜的實在の, 面を, 類似の, 顧みられなかった新しい, 飛瀑の, 馴れて, 體驗が, 高く拡がる, 魏略の, 鳥の, 鷲羽ヶ岳などは, 黝黄若く, 黨與の

▼ 若く~ (72, 3.2%)

3 その以前 2 その國固有, その音律, 其他の, 舅姑の, 藩閥以外の

1 [59件] その一二年以前, その原, その家屬, その少しく, その直後, 一時だけの, 三倍高い, 中夏, 之れ, 二年と, 五十年の, 人を, 併合する, 俗衆の, 個人の, 僧侶で, 其嫌疑の, 冤枉よりも, 古代と, 唐以後の, 唯は, 嘲罵する, 團體的行動の, 存在する, 宋學の, 宗教上の, 広瀬中佐君の, 彼女の, 惡まれたる, 成長させぬ, 才気より, 支那に, 支那を, 政治家として, 最近十數年位の, 此懷疑派と, 歸化し, 死を, 水面高き, 永年祠堂に, 牽強し, 病気で, 的に, 監督する, 着手せし, 禁約し, 稱せらるる, 蠻夷として, 読了せず, 論評した, 輕減は, 醜辱, 長安附近から, 關係あり, 項羽に, 類似の, 養成せられた, 髮匪興起の, 黄金門の

▼ 若く~ (61, 2.7%)

9 美しくもある 4 なし 3 なかった 2 あり油屋, なく小股, 威勢よく, 美しくもあった, 美しくもあつ, 見えるが

1 [33件] ありその, ありませんよ, あり丈夫, あり元, あり元気, あり好い, あり幕命, あり性来子, あり血, あり血の気, あり野心的, あり非常, あるし, あるの, して, ないと, ない大して, ない好, ない年齢, ない男, なく老け, なく老年, なく鈍重, なく頭, なければ, なし第, なりました, 好い男, 年寄にも, 美しくもない, 見えるそう, 見えるの, 見える人

▼ 若く~ (59, 2.6%)

4 て世 3 て亡くなった, て逝かれた 2 て死ん, て死んだ, て美しい

1 [43件] ぜん誰よりも, て, てお, てすでに, てそう, てゆく, てサントンジュ連隊, て人生, て信仰, て偉大, て刑場, て別れ, て勇戰, て地, て嫁, て孔, て家, て弟子入り, て律儀, て後家, て得た, て忽ち, て悲しく, て愛着, て成功, て播磨, て斃, て文章, て死ぬ, て清ら, て父, て町, て監督, て禅味, て純潔, て置きたかった, て美しき, て見せた, て豊満, て逝, て重要, て頗る, て麗しい

▼ 若く見える~ (53, 2.3%)

2 が四十, が大きい, と云う, のは, 方で, 癖に

1 [41件] からいくらか, からたすかる, からもう少し, がいまだに, が上, ことが, ぜ, というの, といわれる, とのこと, と言った, と言われる, なア, ね, のであらう, のでその, ので下げてる, はずだ, ひとな, ほどで, ほど美しい, ようじゃ, ような, わそれ, ソコーリスキーは, 一人の, 三十前の, 五尺に, 人で, 処へ, 大男で, 女が, 性質な, 所の, 方でございます, 父親な, 男で, 男です, 目の, 非凡の, 頭髪の

▼ 若く美しい~ (40, 1.8%)

4 女の 3 夫人が, 妻は 2 妻を, 娘の

1 [26件] あの山姥, ところを, と申しました, のだ, のと, アストリード皇后陛下は, 公子でも, 冒険者たちを, 夫人マチルデが, 女であった, 女官等が, 女房に, 妃として, 彼女の, 教育ある, 新妻であった, 時分に, 未亡人として, 楠緒女史は, 母は, 無邪気らしい, 生徒に, 異性と, 異性を, 者同士の, 花が

▼ 若くない~ (38, 1.7%)

2 までも少く, 女が

1 [34件] からな, けれどもお, けれども繊細, ことだけは, ことに, しあの, しかも大家, ぜそれにしても, その男, に違, のに貧乏, の美しく, ロシア女の, ヴァイオリニストセロイスト笛吹き, 人たちが, 公使夫人は, 兵隊が, 労働者が, 夫婦が, 女の, 女は, 女優が, 婦人の, 婦人代議員が, 手の, 楽手たちが, 父親が, 犬の, 男が, 看護婦で, 米兵が, 給仕の, 老人でない, 荒繩を

▼ 若くても~ (21, 0.9%)

1 [21件] まさかとは, マルクス, 何か, 国家の, 地主だ, 川手氏と, 年とっても, 彼等が, 御実子, 物が, 独立的生活を, 田舎者だ, 私の, 私共の, 突き込んで, 精神において, 綺麗でも, 義理を, 花柳界の, 踊り子の, 餘り

▼ 若く美しく~ (16, 0.7%)

2 健康と

1 [14件] この上, さながら繪, して, それに, ている, て利発, て居る, て桜, なりたいと, 口元に, 噂の, 従順に, 立居振舞の, 見えるので

▼ 若くから~ (15, 0.7%)

4 氏上で 2 体を 1 おそば, 備わり過ぎて, 働く必要, 国家の, 恩給は, 成ほど, 歌が, 氏の, 活動した

▼ 若くなっ~ (14, 0.6%)

2 て嬉しい, て来る 1 ていた, ている, てまるで, てゆく, て二十歳前後, て居ります, て平作, て座席, て綺麗, て行った

▼ 若くなる~ (12, 0.5%)

1 [12件] ためには, つもりだ, といった考え方, と思います, と言つた, のは, のを, ばかりで死ななくなっ, やに仰がれます, ようである, んだ, 事で

▼ 若く~ (11, 0.5%)

1 [11件] つた, つたぢアない, つたと, つたやうにさへ, つてお, つては, つてゐる, つて來た, つて皹凍傷なども, つて見たい, つて貰は

▼ 若くなった~ (11, 0.5%)

1 [11件] ことね, ぞと自分, という評判, とみんな, と云っ, ものか, ようで, ような, ように, ようにも, 若くなった

▼ 若くもの~ (11, 0.5%)

3 なし 1 あらじ, あらんや, なからむ, なりけれ, はあるまい, はない, は前, もなき

▼ 若く見えた~ (11, 0.5%)

1 [11件] がかぶっ, が年, けれど, しひどく, ので, のである, のに相違, もんだ, やうで, わ, 丈け

▼ 若くつて~ (9, 0.4%)

2 いらつし 1 しかも独身, もいい, ゐたいと, 困つて, 大膽, 御獨身, 死んでるのに

▼ 若くみえる~ (8, 0.4%)

2 し柔和 1 といわれる, ね, ので僕, ような, 眉と, 質の

▼ 若くそして~ (7, 0.3%)

1 あまりにも, もう少しひま, 健康で, 死も, 生真面目な, 美しかった, 長命を

▼ 若くその~ (7, 0.3%)

2 上に 1 ためふたりの, とき四十六であった, 上独り者で, 思想界は, 職業にも

▼ 若く美しき~ (7, 0.3%)

1 事のみ, 女の, 女子も, 娘を, 後妻, 道子夫人は, 音楽の

▼ 若く見え~ (7, 0.3%)

1 たりする, てきれい, て居る, て癆咳, でっぷりし, またお, 湯殿の

▼ 若くなり~ (6, 0.3%)

2 今では 1 はしませぬ, ようは, 決して死なぬ, 泥的も

▼ 若くした~ (5, 0.2%)

1 がつて, くらいの年恰好, ほどの女, やうな, んだ

▼ 若くとも~ (5, 0.2%)

2 事件には 1 そこらに, 処女という, 思慮ぶ

▼ 若くまだ~ (4, 0.2%)

1 二十一二と, 二十一歳であった, 二十二三であろう, 幼

▼ 若く元気~ (4, 0.2%)

1 でにこにこ, で唱歌, な様子, な生徒ら

▼ 若く華やか~ (4, 0.2%)

1 で毛並, で魅力, な貴公子連, になり行く

▼ 若くある~ (3, 0.1%)

1 ことも, ところの, よりももっと

▼ 若く~ (3, 0.1%)

1 はしませ, 見えじゃ, 見えに

▼ 若くこれ~ (3, 0.1%)

2 は美男 1 に対抗

▼ 若く~ (3, 0.1%)

1 てお出で, てかつ, て了簡

▼ 若く一人~ (3, 0.1%)

1 は双, は壮年, は壯年

▼ 若く~ (3, 0.1%)

1 をなした, をクールバタイユ, を成した

▼ 若く子供~ (3, 0.1%)

1 さながらに, であります, らしくなって

▼ 若く成し~ (3, 0.1%)

3 に呆れ

▼ 若く未熟~ (3, 0.1%)

1 でも健康, で文化政策, なこと

▼ 若く~ (3, 0.1%)

1 も二十, より十三, より更に

▼ 若く美しかっ~ (3, 0.1%)

21 たその

▼ 若く見えます~ (3, 0.1%)

1 ねだのその, よ, わねえ

▼ 若くいかにも~ (2, 0.1%)

1 健康そうな, 富豪の

▼ 若くいらせられる~ (2, 0.1%)

1 東宮では, 殿下は

▼ 若くおなり~ (2, 0.1%)

1 なさるの, になります

▼ 若くしかも~ (2, 0.1%)

1 ビュッフォン, 美しい少佐

▼ 若くそれ~ (2, 0.1%)

1 に会え, に父北畠親房卿

▼ 若くなつた~ (2, 0.1%)

1 やうな, やうに

▼ 若くなりたい~ (2, 0.1%)

1 なぞと望まない, わ

▼ 若くまた~ (2, 0.1%)

1 美しくなり, 近親である

▼ 若くやっと~ (2, 0.1%)

1 三十を, 二十一か

▼ 若くより~ (2, 0.1%)

1 力強い新しい魂, 美しい安宿

▼ 若く人品~ (2, 0.1%)

2 も立派

▼ 若く~ (2, 0.1%)

1 に見た, の年

▼ 若く十四五~ (2, 0.1%)

1 なれば, にしか見えない

▼ 若く四人~ (2, 0.1%)

1 ともよく, ともよく使

▼ 若く~ (2, 0.1%)

1 なる人, んなる

▼ 若く太い~ (2, 0.1%)

1 ので, 合唱の

▼ 若く~ (2, 0.1%)

1 のため, らしく見える

▼ 若く容姿~ (2, 0.1%)

1 は可, 秀で擧動閑雅

▼ 若く常に~ (2, 0.1%)

1 新しく因仍, 生き常に

▼ 若く~ (2, 0.1%)

1 も柔らかい, も柔らかく

▼ 若く~ (2, 0.1%)

2 は然

▼ 若く楽しく~ (2, 0.1%)

1 いきいきと, 上品に

▼ 若く死ん~ (2, 0.1%)

1 でいるで, でしまう

▼ 若く~ (2, 0.1%)

1 は盛ん, も若い

▼ 若く漸く~ (2, 0.1%)

1 三十七八位にしか, 去年後期の

▼ 若く稚い~ (2, 0.1%)

1 人たちにとって, 魂と

▼ 若く~ (2, 0.1%)

1 のある, やかに

▼ 若く~ (2, 0.1%)

1 て貰ひたい, ゆ

▼ 若く見せ~ (2, 0.1%)

1 その目まぐるしい, てそれ

▼ 若く見せる~ (2, 0.1%)

1 ようだった, 算段を

▼ 若く見られる~ (2, 0.1%)

1 のを, 叔母が

▼ 若く~ (2, 0.1%)

2 清き海軍

▼ 若く顔立~ (2, 0.1%)

1 はあまり, もととのっ

▼1* [304件]

若くあだっぽく見えるもの, 若くあって欲しい, 若くあつたから, 若くあまりにも爽やか, 若くあられるしそういう, 若くありあまるエネルギーが, 若くありたい為めの, 若くあれ若くあれ, 若くあろうと年, 若くあんなに強く搏つて, 若くいちずの気持, 若くいっそう薔薇色を, 若くいつまでも不安, 若くいつも赤いジャケツ, 若くいみじき血のに, 若くいわゆるシニセ, 若くおわせしため跡部長坂の, 若くかつは連年, 若くきれいで美しい, 若くきわめて自信に, 若くこの間もふたり, 若くの上, 若くさも苦労が, 若くさらに強く苦しみ, 若くしっとりと霧, 若くすると, 若くばわれ易, 若くそれほど規則正しい若さ, 若くたってもう, 若くたつてわたし, 若くちんと手洟をか, 若くつくつてゐる, 若くつくっていた, 若くつて亡なりましたが, 若くつて太つて居るから, 若くつて純情だつた, 若くつて綺麗ですから, 若くつて面がいい, 若くつまり弱冠そこそこにしか, 若くていたくもなかっ, 若くては居られない, 若くという位で, 若くときは剣術, 若くどちらも美しく, 若くどんなに無経験, 若くなかったし歴史的, 若くなかつたやうで, 若くながい道中も, 若くなくたって顔, 若くなくなるともう, 若くなければ出来ない, 若くなしと決心, 若くなつかしき祭の, 若くならざるべし是は, 若くならず今後の, 若くなられましたねえ, 若くなりたくはない, 若くなりはじめとうとう赤児, 若くなりましたよ, 若くなるであろうという事, 若くなるべく男を, 若くなれど如何, 若くほやかに, 若くねんごろに, 若くは摂津富松庄, 若くはだの相違に, 若くはなしだな, 若くはりのある, 若くひそかな誇り, 若くひどくのっぽで, 若くほぼ共通な, 若くましました頃の, 若くまるで十四五歳の, 若くづみづしいかどうか知らない, 若くみえますわで, 若くみられて幸せ, 若くもつと美し, 若くやわらかい時に, 若くようよう廿四五としか, 若くりっぱな服装, 若くわれは然, 若くアルダナは美しい, 若くエネルギッシュで率直, 若くガルボ的な顔, 若くで血, 若くミズミズしくて, 若くヴィテルボの陶器, 若く一つの情熱, 若く一切のもの, 若く一方は年, 若く一面赤裸自然な人間性, 若く三十三が二十五六, 若く三十五六歳から四十歳, 若く不安な精神, 若く不調和な高い, 若く且つ美人で, 若く世間知らずであった, 若く中高の美人型, 若く丸く長椅子に, 若くの是非, 若く二十八の独身者, 若く二十歳前後に違, 若く云つてやつたつもり, 若く五十には一, 若く人間もまだ, 若くから見る, 若く今宵は見えた, 若く仕事に於, 若く体格もよい, 若くも知らない, 若く何んとなく, 若く作っている, 若く健かで美貌, 若く健康で新鮮, 若く充実せる気力, 若く先頭の一人, 若く全くの子供, 若く兼并の極, 若く分別の足らぬ, 若く初々しい花嫁の, 若く初心でまじめ, 若くく活, 若くの溢れた, 若く力強い土地を, 若く力強く幾年かの, 若く勇ましくシックな, 若く勇める敵人の, 若く勇力今に續, 若く十八か十九位, 若く十六か七, 若く半数は老人, 若く単なる生得の, 若く又は死なぬ長寿者, 若く友人も皆, 若く取ったようだった, 若く受けみな保だ, 若く口数は少なかっ, 若く呼んだトタンに, 若く和歌のお, 若く哲學的に解釋, 若く嗣子の無い, 若く四十そこそこの壮年, 若く四十七八にもなるでせう, 若く在方の嫁さん, 若く在郷者には不, 若く壮健であった, 若く夕方からガラッ, 若く多くつもっても, 若く大学を出た, 若くつた女中は, 若くが多い, 若く妖婉で, 若く妻君は妊娠中, 若く姿貌端正にし, 若く威勢のよい, 若く子澄未だ世, 若く学生時代はスポーツ, 若く容貌も驚く, 若くの仕事以外, 若く專制獨裁の状態, 若く小さな束髪に, 若く小柄な男, 若く少年と申し, 若くへ渡っ, 若く師範学校を出, 若く平均年齢はま, 若く幸福そうだった花田, 若くの突き出た, 若く引緊った美しい, 若くかな神が, 若く弱々しく見えますが, 若く張り切ったなめらかな, 若く強く力ある, 若く彩った年寄の, 若く従って当然, 若く従ってまだ将来, 若く良人に対する, 若く快活にし, 若く思えたりする, 若く思はれてゐなけれ, 若く急速に歩み進んだ, 若くに燃えてる, 若く悲しい武士たちは, 若く愛すべき息づきが聴かれはじめた, 若く愛らしい人生への, 若く感じやすい心, 若く態度もさらり, 若く成って行く, 若く我胸踴る, 若く或は折裂し, 若く才敏な紳士, 若く拔目のない, 若く描かれている, 若く支那的特殊なもの, 若く斯様なもの, 若く新しく育って, 若く新進気鋭の牧師, 若く最も現在性に, 若く朝臣は多く, 若くに酔う, 若く殊にアメリイの, 若くとなる, 若く永遠に新しい, 若くは近う, 若く清く活, 若く溌剌として昔ながら, 若く激しい感情を, 若く智な, 若く無ければアノ吝嗇, 若く無窮な希望, 若く無邪気すぎるやう, 若く熱情に充ちたらしい, 若く熱烈な不具, 若く燃える彼女の, 若くは三十二, 若く甘い魅惑は, 若く生き生きとかつ, 若く生れ變つてお出でよ, 若く田辺と共に三十五六歳, 若くの老いゆく, 若く病死して, 若く痩せ型だった, 若く白みてほのぼの, 若く盛りの美貌, 若く盛んに成り行く, 若く眉目清秀衣裳大小もまことに, 若く取女, 若く研究に劫, 若く確信に満ちた, 若く稚く夢中であった, 若く笛吹川の水, 若く一南欧で, 若く筒井は老年, 若く豪なる, 若く精気に満ち, 若く精氣のあふれた, 若く経験とても積, 若く結婚しようと, 若く綺麗な荒んだ顔, 若くに煙, 若く縹緻も人一倍, 若く繊弱い宮様, 若く羅馬一統以前の歐土, 若くくしく見えた, 若く美男であったが, 若く美貌であれば, 若く考えている, 若くあらざりき, 若くも早老, 若く肥った女だ, 若く能動的で華やか, 若くも未熟, 若く自分たちにとってさえもそれ, 若くの白い, 若く色白の無造作, 若く花やかな年頃, 若く荒れた園圃と, 若くしと, 若く虚子も若く, 若く血気な牡クジラ, 若く衒気や覇気, 若く装つて十九か二十位, 若く見えたらしく子供が, 若く見えましたのでまだ, 若く見えるない三十ちょい, 若く見え元気だった, 若く見え痩せて首, 若く見え色あくまで白く, 若く見え雅味がある, 若く見せてるけれどもう, 若く見たところも, 若く見つもつて, 若く見られたがって若作り, 若く見られないとも限らない, 若く言い学校も, 若く言って叱られる, 若く言ったので衆, 若くでも少年, 若く天の, 若く貧しかつた, 若く貧乏であった時, 若く踏んでも六十七, 若くは痩せ, 若く身体の小さい, 若く身体つきもまた, 若く軽装して, 若く輝かしいだろう, 若く逝くべく老齡, 若く逞しくそして白い, 若く金髪のやさしい, 若く長男のアントニオ, 若く門下の人々, 若く雄々しく純かな, 若く雪子と並べ, 若く青々として居る, 若く青きはいけない, 若く青春がまだまだ, 若くは禿げ, 若く顔つきも失礼, 若く顔色は美しく, 若く骨太でしかも, 若くをまんなか, 若く鹿毛の乗人, 若く黒雲がもくもく