青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「若き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~芸術 芸術~ ~芸術家 ~芽 芽~ 苔~ ~若 若~ ~若い 若い~
若き~
~若く 若く~ 若し~ 若干~ 若旦那~ ~若者 若者~ 若葉~ ~苦 苦~

「若き~」 1204, 12ppm, 8813位

▼ 若き~ (120, 10.0%)

6 の夢 4 の思い出 3 のこと

2 [11件] にわかれ来り, に人知れず, のやむ, のフランス文豪ピエール・ロティ, の感激, の憧れ, の旅, の誇り, の過失, をこそ歌, を燃えし

1 [85件] が線香花火, と云, と頼み, に, において二つ, にこんな, にとって魅力, には物皆, には見た, にむすばれた, にナイフ, に充分, に夢み描いた, に帰らん, に恋, に恋する, のあの, のうち, のお, のかの, のそ, のもの, のわが, のわれわれ, のパデレフスキー, のブラームス, のボオドレエル, の一生, の三高, の初恋, の友, の友人, の嘆き, の多く, の夫婦, の如く, の妹, の姿, の寅彦, の小山内薫, の幸村, の影, の徒費, の心, の思出, の恋, の感懐, の慷慨激越, の手紙, の旅寝, の書簡集, の木下杢太郎, の楽譜, の権ちゃん, の活躍ぶり, の片山哲, の猛, の直木三十五氏, の真摯, の私, の絵巻, の美貌, の自分, の芥川, の苦惱, の苦闘, の詩人, の谷崎潤一郎氏, の返らぬ, の追憶, の逸話, の過去, の野心, の非, の飯島, はまた, は唯, は安げ, は当時, もかく, よ, を, をすごし, を囘顧, 帰る

▼ 若き~ (48, 4.0%)

3 老いたるも 2 打ち連れて, 男も, 老いも, 花の

1 [37件] あの人, あり, うたい囃しそろ, おしなべてなほ, おしなべて庭, この荒涼風, しばし強烈, みな喜ん, みな貧しき, ウットリしたらしい, メリー号の, 人間は, 何と暗い, 共にサッと顔色, 其處に, 多数の, 大も, 女も, 子供たちも, 子供も, 差別はござりますまい, 引擦る, 恋の, 戀の, 敵に, 日本中で, 楽しめるもの, 殆どみな徒歩, 気に, 珍型異, 用意の, 町民の, 病めるも, 皆知れり, 算を, 美しきも, 貴きも

▼ 若き~ (37, 3.1%)

2 のお, の写真

1 [33件] あの顔, ありて, いたり, いでて, かな, がいった, が小夜子, などの澤山乘, のしばしば, のたかね, のネル, の亡霊姿, の倚, の唄, の定まらぬ, の死ぬごとき, の死体, の泣く, の穉児, の腰, の血, の裳, の集会, の髪, はまず, は他人, は先僕, は漁夫, は物, は結立, も暫らく, を指したる, を犯し

▼ 若き人々~ (28, 2.3%)

2 のつとめなる, へ

1 [24件] が恋愛, に与へられた, に前者, に対してあやまるべき, に対しては私達, に対する芸術的犯罪, に広く, に語る, のため, の前途, の声, の姫, の崇拜尋常, の技術, の自我, の間, の飯ごと, の魂, はその, はほとんど, は自分, への愛, よこんど, を預り

▼ 若き~ (24, 2.0%)

1 [24件] が常に, その如意, であった, でありながら, とくらがり, と共に, と女, なり時には, に情談口, に文通, の, の嘆息, の惨殺死体漂着, の方, の目つき, の許嫁, の過去未来, の間違, の間違い, はぐっと, は叫んだ, もあらざれ, よ, 貧しくて

▼ 若き男女~ (24, 2.0%)

2 の漫歩

1 [22件] が林, と共に拿破里, なり互, にか, にし, の, のため, の喃々, の声, の姿, の幾群, の旅人, の相, はわたくし, は一体どう, は二分, は偽, は呆然, は熊野, を一室, を上, 各

▼ 若き~ (19, 1.6%)

1 [19件] その王位, であり若き者, ならず, にあっ, のそれ, の世, の夢想, の悲し, の最も, の道伴, は人生, は弟妹, は後, は立ち, は錦旗, もまた, もまたは, も年老いたる, 鋭き斧

▼ 若き世代~ (17, 1.4%)

4 への恋愛論 2 は生活

1 [11件] いまだにリアル, ということ, としての尊厳, に感染, の健康, の多数, の文学, の花, の間, の青年たち, はもつ

▼ 若き~ (17, 1.4%)

1 [17件] と二人, などにもまさり, に, には往々, に似ず, に有り, のあまりに, のみの寄合, のやう, の口出し, の子, の行かん, はこう, は何心, よ, を慰める, 普く衆

▼ 若き~ (17, 1.4%)

2 には恥かしく, の一筋

1 [13件] との対峙, の中, の喜び, の数学, の歌, の躍り, はうす, はとこし, をうか, を失うまい, を描き得ない, を永遠, を領したる

▼ 若き~ (17, 1.4%)

2 はこれ, は夫

1 [13件] から感心, であり後, の名残, の心, の期待, の續, の過失, はかよう, は乱暴, は彼, は皆此キセル, よりポセードーン, より御

▼ 若き女性~ (15, 1.2%)

2 の殉情的傾向

1 [13件] からは悩ましき, からは燦爛, が少く, と直覚, と若人, に, に愬, に接する, の心理, の生活, は云った, を夫人, を苦め

▼ 若き~ (15, 1.2%)

1 [15件] ある日河原, が今朝, と花, にし, に幸あれ, のこと, の前, の戸口, の煩悶, の身, は夢, は暮しむき, もその, をのみ噛むち, を熱情

▼ 若き生命~ (15, 1.2%)

2 の森, の轟き, よ 1 に対し生, の所有者, の朝ぼらけ, の活火, の浅緑, の淺緑, をうし, を保つであろう, を導き

▼ 若き~ (14, 1.2%)

2 に堪へかね, は春, も過ぎぬ, を照らし見よ 1 のはか, の眩暈, もいくばく, をうた, を此春, を遊ばしめ

▼ 若き~ (13, 1.1%)

2 則ち

1 [11件] あらかた甲冑弓箭, これを, すなわち之, 五年もしくは, 凝瞳, 十五六歳より, 即ち斎藤, 天神髷三ツ輪また, 戀の, 近き頃, 酒くみて

▼ 若き時代~ (13, 1.1%)

2 のモラル

1 [11件] が十分, が隊伍, と若き, に健全, の作家, の光瑤氏, の名誉, の恋愛, の熱意そのもの, の道, は常に

▼ 若き婦人~ (12, 1.0%)

2 の熱心 1 が出産, が答え, の利発, の悦ぶ, の肢体, の肥肉, の顔, は外務書記官菅原道時, も有, を娶り

▼ 若き~ (12, 1.0%)

10 ののたまはく 2 に救

▼ 若きもの~ (11, 0.9%)

1 [11件] から又, が老い, にはその, には有, に對, の対抗, の目, の芽, は木米, へ自信, 更に稚き

▼ 若き~ (11, 0.9%)

1 [11件] が愛児, としての外出中, なる後, に求めた, に聞き, の名, の愛情, の面, の黄金時代, は家, を想う

▼ 若き~ (10, 0.8%)

2 ゆゑに高く 1 多し, 故にす, 故の, 満開の, 膚も, 認めて, 闘ひ, 顏は

▼ 若きウェルテル~ (8, 0.7%)

2 の悩み, の悲しみ 1 の如く, の愁, はかつてこう, やルディン達

▼ 若き二人~ (8, 0.7%)

1 に若き, の, の安危, の愛恋, の抱き合っ, の部将, は目, をドクトル

▼ 若き人達~ (8, 0.7%)

1 などにや有, に又, に貴婦人, のあるいは, の中, の間, の面白き, へ相当

▼ 若き作家~ (8, 0.7%)

2 はやう 1 がある, と紹介, に, の作品中, の取るべき, は商品見本

▼ 若き夫人~ (8, 0.7%)

2 の姿, の立姿 1 が博多, との生別, の優しい, を持っ

▼ 若きより~ (6, 0.5%)

2 悲しかりに 1 われに, 屡, 相知る, 讀書を

▼ 若き~ (6, 0.5%)

1 があの, の, の今日, は歎, を君, を抱かざる

▼ 若き~ (5, 0.4%)

1 似ず意外, 似合は, 化せられて, 由る, 眉根ひそめ

▼ 若き友人~ (5, 0.4%)

2 はつねづね, はまさに 1 は老

▼ 若き夫婦~ (5, 0.4%)

1 が相, の姿, の幸しき月日, の盛装, は感激

▼ 若き~ (5, 0.4%)

2 も美奈子 1 が隱, を慕っ, を慕つて

▼ 若き精神~ (5, 0.4%)

2 の成長 1 でもなかっ, の懊悩, を供物

▼ 若き紳士~ (5, 0.4%)

2 の紺 1 あり金縁, の白百合, はその

▼ 若き貴婦人~ (5, 0.4%)

2 いくたりか, のうち 1 に會釋

▼ 若きダビデ~ (4, 0.3%)

1 の像, の姿, の彫像, を顧客

▼ 若き~ (4, 0.3%)

31 がその

▼ 若き天才~ (4, 0.3%)

1 と許し, の自己陶酔, を人生, を欲

▼ 若き日本~ (4, 0.3%)

2 の姿 1 の新劇, の若い

▼ 若き~ (4, 0.3%)

1 などと云う, の男性, を至る, 然と

▼ 若き美しき~ (4, 0.3%)

1 ひとりの, 夫人ばかり, 女友達, 姿

▼ 若き~ (4, 0.3%)

1 の轟き, の轟きに, は溢れ, は駒下駄

▼ 若き~ (4, 0.3%)

1 に燃, のほとばしる, を燃やしたる, を纏

▼ 若き詩人~ (4, 0.3%)

1 の木, への手紙, や住める, よすべからく

▼ 若き~ (4, 0.3%)

1 の身, より歯, より禅, 世にも興

▼ 若き~ (3, 0.2%)

1 得べからずと, 恃む心もちなるべし, 育つる力

▼ 若きエルテル~ (3, 0.2%)

2 の詩人 1 の恋

▼ 若きヴェルテル~ (3, 0.2%)

1 だのジイド, の悩み, の清純

▼ 若き~ (3, 0.2%)

2 の恋 1 の歌

▼ 若き人たち~ (3, 0.2%)

1 に対してこの, の血気, は

▼ 若き兵士~ (3, 0.2%)

1 たり, たりそれから, であったそう

▼ 若き女子~ (3, 0.2%)

1 に出来まじき, のいとも, を飜弄

▼ 若き~ (3, 0.2%)

1 の已に, の理想, の群

▼ 若き~ (3, 0.2%)

2 をた 1 ひある人

▼ 若き画家~ (3, 0.2%)

2 の常識 1 の心

▼ 若き青春~ (3, 0.2%)

1 と代り, に富める, の血

▼ 若きあした~ (2, 0.2%)

2 の空

▼ 若きいのち~ (2, 0.2%)

1 を吸, 破るとも

▼ 若きこの~ (2, 0.2%)

1 群を, 胸に

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 悲しや, 罪なる

▼ 若きとき~ (2, 0.2%)

1 には, 思い込んだ思想

▼ 若きには~ (2, 0.2%)

1 似ぬ心掛け, 似ぬ物堅

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 お妾, 隨分金次と

▼ 若きわれら~ (2, 0.2%)

1 の心, をよろこばせ

▼ 若きサラリーマン~ (2, 0.2%)

1 の家庭, は靴ひも

▼ 若きゼネレーション~ (2, 0.2%)

1 から必然的, の中

▼ 若きダルガス~ (2, 0.2%)

1 のこの, はいいました

▼ 若きフランス~ (2, 0.2%)

1 は遊女屋, 若きドイツ

▼ 若き一人~ (2, 0.2%)

1 の支持者, の男

▼ 若き主君~ (2, 0.2%)

1 の身, を失った

▼ 若き人人~ (2, 0.2%)

1 につれ, の歌

▼ 若き~ (2, 0.2%)

2 をば

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 ある西洋画家, の抑

▼ 若き友忠利~ (2, 0.2%)

1 であった, を失った

▼ 若き同胞~ (2, 0.2%)

1 のうち, の中

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 の多幸, はいかに

▼ 若き哲学者~ (2, 0.2%)

1 である, の

▼ 若き圓朝~ (2, 0.2%)

1 に一大痛棒, の名

▼ 若き大君神~ (2, 0.2%)

2 ながら朗ら

▼ 若き夫万吉郎~ (2, 0.2%)

1 に媚びん, のこと

▼ 若き姫たち~ (2, 0.2%)

2 の多き

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 の三四間, を招き

▼ 若き婦人がた~ (2, 0.2%)

2 の居間

▼ 若き宮女一人殿~ (2, 0.2%)

2 めきて

▼ 若き少女~ (2, 0.2%)

1 も, をつれ

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 一家とともに, 連枝は

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 に酔える, の日

▼ 若き悩み~ (2, 0.2%)

1 であったところ, をいだい

▼ 若き愛妻~ (2, 0.2%)

2 の面影

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 あり人, あり春

▼ 若き戰士~ (2, 0.2%)

1 の隊列, は君

▼ 若き教師~ (2, 0.2%)

1 の詩, は源叔父今

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 将軍吉宗が, 時代の

▼ 若き東洋人~ (2, 0.2%)

1 があった, がチヤイコウスキイ

▼ 若き武士~ (2, 0.2%)

1 はその, 抜きて

▼ 若き~ (2, 0.2%)

2 のため

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 として知られた, に惡

▼ 若き男子~ (2, 0.2%)

1 に文通, を屋敷内

▼ 若き男性~ (2, 0.2%)

1 にとってこいつ, の如何

▼ 若き男達~ (2, 0.2%)

1 の唇, の癖

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 の意, をはぐゝみ

▼ 若き神学者~ (2, 0.2%)

1 そのままと, である

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 には星, の勇士

▼ 若き給仕~ (2, 0.2%)

1 は芳醇, も

▼ 若き~ (2, 0.2%)

1 の枝, や樹

▼ 若き舞踏者~ (2, 0.2%)

1 のやう, のよう

▼ 若き血潮~ (2, 0.2%)

1 の寄せ来る, の漲

▼ 若き西行~ (2, 0.2%)

1 など時, は歌

▼ 若き親鸞~ (2, 0.2%)

1 がある, は九歳

▼ 若き読者~ (2, 0.2%)

1 の血, は頁

▼ 若き~ (2, 0.2%)

2 夫人

▼ 若き貴女~ (2, 0.2%)

1 の弾く, の心

▼ 若き~ (2, 0.2%)

2 がピタリ

▼1* [421件]

若きあるじはひと, 若きうかれ男舞妓白萩, 若きうちは随分, 若きおりは美人, 若きお巡りさんといえ, 若きから孔明に, 若きこころもて見る, 若きこと三十歳子貢, 若きこと五歳平生健康にし, 若きころの文章, 若きころ夜遊びに出, 若きころ財産を傾け失い, 若きころ駄賃を業, 若きすさみも春, 若きその頃の, 若きたましいが自ら, 若きだに及ばず, 若き皺だらけの, 若きとのあいだすべてこうした, 若きともがら, 若きとを問はず異性で, 若きにのみたのむ者, 若きにも似ず其方, 若きはたちを歎, 若きふたりの喜ばない, 若きほどの事と, 若きものの山深く暑, 若きもの必らず老, 若きもの清を学ば, 若きざおぎにもたれかかるようにするのだった, 若きわれわれの愛恋, 若きアカイア族率ゐる將, 若きアマトゥウルの中, 若きアンリーの狩, 若きアーサー王は儀式盛かん, 若きイタリー皆そうであった, 若きウラスマル君の太い, 若きカリフォルニヤのシンボル, 若きクレエテルヤアンの到着, 若きコジマと結婚, 若きコックの病気帰郷, 若きコック情交懐胎若きコック, 若きゴリラの大脳, 若きゴーリキイがこれ, 若きシューベルトはそれ, 若きショパンは一躍, 若きジイドと諸共, 若きジェネレーションはもはや, 若きセザレヴィッチ兄妹の独奏会, 若きゼミール王は, 若きダンテはビアトリース, 若きダヴィテの像, 若きチュウクロス其時答へ陳, 若きドイツ若きイタリー, 若きニユートンの幸運, 若きハリ・ドレゴは折角, 若きバッハの猛, 若きビスマルクの態度, 若きビルダデはあからさま, 若きピアニストを九地, 若きファウストと呼ばれ, 若きファンのため, 若きフィレンチェの女等, 若きフランス婦人のよう, 若きプロレタリアだツ, 若きプロレタリヤの姿, 若きヘンデルにとっては恰好, 若きマクレオ博士もそこ, 若きロシアはただ, 若きロマンティストたちは泰西, 若きワイフなること, 若きヱルテルのわづら, 若き一仏蘭西婦人にお, 若き一員だと, 若き一団の前進隊, 若き一婦人の断末魔, 若き七ツの女人像, 若き三人の女神おのおの三, 若き三高生の仕事, 若き上達部殿上人どもにたま, 若き世紀とを理解, 若き中宮の寵愛, 若き良経と, 若き主人心よく承知, 若き主君伊賀の源三郎, 若き主謀者たちは笈, 若き乞食はその, 若き乳房も仇浪, 若き了簡よなされ, 若き事務員村上は花環, 若き二十代の讀者, 若き人々さへこの, 若き人々わが家にあつまり, 若き人々側に立ち, 若き人々高らかに, 若き人びとにいわれる, 若き人俄に死し, 若き人専これを用, 若き人物への一場, 若き人言葉に力, 若き人道主義の足柄警官, 若き人間の名, 若き仲間ぶりを発揮, 若き伯爵は突如, 若きなどに真似, 若き作家佐藤邦夫来る有望, 若き作家達の関心, 若き佳人にご, 若き侍体の者, 若き修道僧は宗教的解脱, 若き偉材を味方, 若き傷心を抱き, 若き僚友たちはこの, 若き僧肇こそまことに, 若き兄弟姉妹の中, 若きの女, 若き先進者たちの内的矛盾, 若きの乞, 若き党員がハバロフスク, 若き兩人を其席, 若き兵士トゥリドオをやり, 若き兵士プロレタリアの, 若き其頃の胸裡, 若き内匠頭の顔, 若き准訓導を想像, 若き劇作家その多く, 若き劇壇の此, 若き劇文壇に新鮮, 若き助手などを見る, 若き助手木島は捜査事業, 若き助教授ドン博士が一行, 若き勇卒手の中, 若き勇氣に溢れたる, 若き勤労婦人としての独立, 若き北輝男に対面, 若き医者かな, 若き博徒金町の半次郎, 若き博愛家にすぎず, 若き厭世家で死んだ, 若き友ひとり傍に来, 若き反逆児の魂, 若き古田大次郎は自分, 若き史進はめきめき, 若き吉宗床几をすえ, 若き吉田氏の日本地名辭書, 若き捕手情熱的な, 若き呼吸を絶やす, 若きひ女, 若き唐人はやがて, 若き唐人驚き喜びて, 若き四人は噂, 若きには花吹雪, 若き士達に語っ, 若きなる年配, 若き外交官であり立派, 若き外国婦人のキリスト教信者, 若き夢想を波濤, 若き大将なれば, 若き天子につねづね, 若き天才博士のこと, 若き太子様の木像, 若き太守に狎れる, 若きと妻, 若き夫婦連れの者, 若き失望のカリカチュア, 若き奥方を攫おう, 若き女どものいみじ, 若き女二人互に身, 若き女人のため, 若き女人たちが達しる, 若き女性気質の描写, 若き女性達へ広く, 若き女房は優しく, 若き女房心頑に情冷, 若き女手巾もて口, 若き女達きて, 若き女飛び込み跳飛ばされ重傷, 若き女鷹の若し, 若き女黒人の兒, 若き劇家の, 若き妖婦葉子のそれ, 若き妻メリイ戸のそば, 若き妻君は年賀, 若き妻絲をも懸けず, 若き姉妹たちの問題, 若き姉妹達の机上, 若きはいま泉, 若き姿である, 若き娘梨の樹, 若きは憚, 若き婦人向の表情, 若き婦人達よ人, 若き嫁女に口述, 若き子ら酷く討てる, 若き子ら穗を集め, 若き孕婦にて, 若き存在に甦へるであらう, 若き学徒に語らん, 若き学徒彦田氏を助け, 若き学生がいた, 若き学生等と交際, 若き孫女を唯一, 若き実業家北沢栄二の自殺, 若き客人は刃物, 若き対話を促, 若き将校らの悲壮, 若き将軍はここ, 若き将軍顕家のみが駈けつけ, 若き將軍ユウポルボス槍を飛ばし, 若き小説家の愛人, 若き小鳥の事, 若き少年の頃, 若き尖端は永久, 若きと鐡瓶, 若き尼僧の声, 若き岡部伍長をよん, 若き島田崇拝者があつ, 若き川北先生は川北先生, 若き左賢王は別に, 若きも老師, 若き常用の典據, 若き平一郎にとっての僅か, 若き幽霊立ち現れて, 若き庵主は弥陀如来, 若き弓手を斃, 若きの子ら驕慢, 若き彼女は横川, 若き後妻空蝉との姦通, 若き後鳥羽院は嘉し給うた, 若き御子達には果さん, 若き徳川家康の耳, 若き樂の, 若き思想と若き, 若き思索者よこの, 若き恋人同士を添え遂げさせる, 若き恋人等が通常自己, 若き息シモエーシオス打ち取りぬ, 若き息子の尋常, 若き悍馬とかロンドン, 若き情熱に燃え, 若き情熱家で夫, 若き愁いある人, 若き愛人たちのため, 若き愛人杉本良吉と北樺太, 若き愛慾の騎士, 若き我身とぞ思ふ, 若き批評家達から何, 若き抒情詩を創った, 若き摂政良経が自ら南海漁夫, 若き政治部記者尾崎咢堂が五ツ紋, 若き教師下りきたりて, 若き文覚若き西行, 若き新たなる天地, 若き新妻を, 若き新年は向上, 若き新進気鋭の徒, 若き新郎がひそか, 若き新門様光瑞師は外国, 若き日口喧嘩のあげく, 若き日本人の生命, 若き日本紳士あり, 若きの, 若きにも紛う, 若き是身をな, 若き時ひとりだに悦び, 若き時九州に流浪, 若き時分から濶達, 若き時夜を日, 若き時酒のみてとろとろ, 若きな芸術家, 若き最愛の妻オイリディーツェ, 若き朋友二三人を招待, 若き木樵の, 若き木花咲耶姫わが心, 若き未亡人お妙, 若き東洋人満堂の噪聒乱語, 若き林牧牛赤城山公園等皆予が心, 若きとを択ばず, 若き桜樹はいま, 若き棕櫚は重, 若き極端に走る, 若き楽師来つて演奏す, 若き権六勝家の気概, 若きの梢, 若き歌舞伎俳優市川左団次である, 若き武者ばらに愛護, 若き武芸者はさわぐ, 若き歯科医務長にたずねた, 若き死刑囚の○○, 若き殿は馬, 若き殿源三郎の腕, 若き民主主義者として父, 若き気象がなくなる, 若き永年囚なりけり, 若きをその, 若き浅野内匠頭の不幸, 若き浪漫主義者は自分, 若き海洋学者であって, 若き清盛若き文覚, 若き溌溂たる脳細胞, 若き漁夫と着物, 若き漁夫三浦スミ吉のこと, 若き演出家よ意, 若き演劇愛好者にとつて一種, 若きの音水立ち, 若き灼熱の恋, 若き熱情の作家, 若き牧牛人蛇山の辺, 若き狂女のため, 若き狗様に喚, 若き狩人の兄弟, 若き独身の英語, 若き獅子その強暴, 若き獣神が生き, 若き獵人獵犬の, 若き玄蕃允はなおのこと, 若き率直さをほ, 若き王アレキサンダーの家庭教師, 若き珠江夫人を奪っ, 若き現在の盡きぬ喜び, 若きの肯定, 若き田宮の来, 若き田舎出の青年, 若き男おんなの罪, 若き男たちはネクタイ, 若き男二人もの語り, 若き男女思案に余る, 若き男子一度この裡, 若き男小蛇を愍, 若き男爵閣下を客間, 若き町娘下手の入口, 若き病人らしい婦人, 若き発明家に相応わしいも, 若き登山家の心, 若き隠, 若き白骨になれる, 若き皇子の御, 若き盗賊はふたたび, 若きの雲, 若きを彼, 若きの宮, 若き看守の好奇, 若きに変わりぬ, 若き知識人の特権, 若き研究家であつ, 若き神女はいや, 若きにかく, 若き種子その待つ, 若き竝木を見る, 若き竹中半兵衛のす, 若き簇葉の間, 若き米国婦人が村, 若き精神力と知識, 若き紅葉の技倆, 若き純粋な血, 若き素直の友, 若き紳士等は中等室, 若きの女, 若きは, 若きくしき, 若き美夫人鮮血を浴び, 若き美貌の夫人, 若きに夏, 若き老いたる異性, 若き者さまざまな人々, 若き者どもを狂喜, 若き者らに司教, 若き者男も女, 若き者綺羅星のご, 若き聖天子でありながら, 若き聖雄ありと, 若き聯想の場面, 若き胸中に鬱勃, 若き脈搏つ花一枝, 若き航海者が平和, 若き良人哭しつつ, 若きの白き, 若き艶妻を持つ, 若き芸術家の群, 若き芸術家たちが世界, 若き英語の教師, 若き荘太郎を主人公, 若き華主よ, 若き藝術家たちが世界, 若き藻風の君, 若き跨ぎかへりみ旅, 若き血汐の躍る, 若きの姿, 若き衆一人萌葱糸の具足, 若き記者としての万逸君, 若き誇り愛情をその, 若き警官である, 若き象徴派が自由詩, 若き貴公子に向っ, 若きに勝ちし, 若き車夫の家, 若き車夫体の男, 若き農夫を思へ, 若き近世人の立居振舞, 若き過ちが予, 若き道化は, 若き野心にみちた, 若き鈴木君にし, 若きは皆過ち, 若き陛下まします, 若きと雄, 若き雌雀を娶り, 若き霊魂が初めて, 若き面々遊所に入り込み, 若き頃洛東黒谷に借りず, 若き頃読耽りたる書冊埒, 若き頃駄賃を業, 若きを映し, 若き馬謖はまだ, 若き駅夫の眼, 若き騎士の一団, 若きたくましきもの, 若きの前, 若き麗魔がこんな, 若き麗魔葉子はもうこ, 若きの毛なみ