青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見た~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

見える~ ~見ず 見ず~ ~見せ 見せ~ ~見せた 見せた~ ~見せる 見せる~ ~見た
見た~
~見たい 見たい~ 見たら~ ~見つけ 見つけ~ ~見つけた 見つけた~ ~見つめ 見つめ~ ~見つめた

「見た~」 25000, 270ppm, 352位

▼ 見たこと~ (3402, 13.6%)

522 がない 391 がある 317 もない 299 のない 176 のある 151 がなかっ 130 はない 87 があった 83 がありません 63 があります 47 はなかっ 45 が無い 35 もある 32 もありません 31 も聞いた 27 がなかつた, はありません 25 があつ 23 もなかっ 22 がねえ 1815 がなく 14 はある 13 がありませんでした 12 がありました, はなかつた, もあった, もなく 11 であろう, もねえ 10 の無い, もなけれ, も無い 9 がございません 8 であった 7 があるだろう, ないわ, もあります, もございません, を覚え 6 があっ, がございます, である, もあつ, もなかつた, を思い出した 5 があり, があるまい, さえない, だらうな, のなかっ, はありませんでした, はあるまい 4 ある, あるか, だろう, であらう, はあった, は無い, もなし, 聞いたこと

3 [18件] がありませぬ, があるでしょう, が無く, だつた, です, ないや, ないん, なかった, のない新しい, はねえ, は一度, は確か, もない美しい, も想像, を思い出し, を思ひ出した, を思出, を誰

2 [49件] ありません, あるの, あるわ, があるらしい, がかえって, がご, がございました, が一度, が初めて, が夢, が無かっ, さえもない, だが, だった, だろうな, であつ, であります, であるが, ないね, ないの, になる, に不思議, のない怖, のない美し, のねえ, はございません, はなく, はまた, は度々, は見た, もあり, もあれ, もございます, もござらぬ, もない大きい, もない小さい, もまた, も無い拙い, も無かっ, も聴いた, も聽, やきいた, をくわしく, をわたし, を思ひ出し, を憶え, を話した, を話しました, を逐一

1 [402件] あって, あつて, あらへん, ありますか, ありますよ, ありませんがね, ありませんよ, ありませんわ, あるお, あるけど, あるよう, あるわよ, あれへん, いひか, おあり, おありん, かああ, かあつ, かあの, かある, かいそれで, かおお, かという風, かといわん, かとも思わぬで, かと云った, かと云わん, かと人, かと得意満面, かと思った, かと手, かと笑い出した, かと言, かと言はん, かと言わん, かと誇り, かと鋭く, かと駿河屋, かはやく, からの誤算, からはじまり, からはじまる, からは他, か一体, か兄さん, か創作, か小気味, か或は, か抜け, か支那人, か敵, か顔役, があっただろう, があの, がありなさる, がありましねえだ, があるだらう, があるであろう, があるです, があるでせう, があるらしく, があれ, があろう, がうれしかっ, がお, がお前さん一度, がごく, がございませぬ, がございませんでした, がござんせん, がさめたる, がそれ, がないとお, がない珍しい, がなから, がねえだ, がねえなるほど, がはじめて, がほとんど, がまた, がもう, がチグハグ, が一番, が一番確か, が事実, が今, が何度, が吾, が大きな, が如何様, が始め, が実際, が度々, が明, が有, が有りました, が有ります, が殆ど, が氣, が無駄骨, が相手, が知れる, が確, が私, が致命的, ことごとくゆめの, さえございません, しか書かれ, しか書けない, したこと, すらあつ, すらがいくぶん, すらこの, すらも告げなかった, すら判明, すら無い, そしてその, それから外, そんなこと, だ, だから, だけだ, だけはいまだにありあり, だけは今, だけは未だにありあり, だけを申, だったろう, だってあります, だもの, だらう, だらうが, だらうし, で, であって, であの, でありました, でありますが, である早く, であろうか, であろう一人, でいっそう, でいろいろ, でかの, でしょう, でしょうか, ですから, ですっかり, でせう, では, でびつくり, でもあっ, で光明氏, で全体, で別段, で怪しい, で私, で豹一, といい, とおもっ, とか遭, とその, との対比, とほうぼう, とを結びつけ, とを結び合せ, と思う, と知った, と見た, と解する, ないから, ないが, ないけれど, ないなあ, ないのよ, ないよ, ない一旒, ない新聞, ない由, なか, なきデューラーその他, なくって, なし, なぞが再び, などがじき, などは問題, などは知らない, などをうちあけ, などを思い出し, などを話した, などを語る, など雪, なので, ならば, なんぞはありません, なんてない, にちがい, についてお話, について語りあった, になった, には政治的経済的, によって受ける, によって唾液, によつて, に変り, に心, ねえ, ねえが, のあり, のたしかに, のないおそろしい, のないもったいらしい, のない古い, のない多, のない恐い, のない恐し, のない懐しい, のない深い悲し, のない生々しい, のない白い, のない美しい, のない若い, のない赤い, のなかつた, のねえくれ, のほう, のほか, の一つ, の続き, の覚え, は, はあまり, はありまし, はありました, はあるだろう, はあんめ, はいさ, はいまだかつて, はおろか, はかの, はこの, はござらぬ, はござりませぬまあ, はないだろう, はないです, はなかろう, はなく感じた, はなし, はねえや, はほんの, はめったに, はもちろん, はもとより, はよく, は一々, は一つ, は一種, は今, は何, は何一つ, は何回, は何度, は僕, は全部, は初めて, は喜兵衛さん, は少く, は忘れん, は散文精神, は数える, は新た, は是耶非耶, は有, は望外, は沢庵, は深く, は玉太郎, は生れ, は稀, は自分, は要之助, は見, は覚え, は言う, また思った, までが予期, までそっくり, もありました, もありましねえだ, もありませんでした, もありゃしない, もありやしない, もあるまい, もいわなかった, もうれしく, もおもい出し, もかい, もかつて, もきいた, もございませんでした, もそれ, もないうつくしい, もないきたならしい, もないやんごとない, もない夥しい, もない怪しい, もない恐ろしい, もない悲し, もない生々しい, もない薄暗い, もない赤い, もなえ, もなかつたらしい, もねえや, もねえ泣かっし, も一度, も一時, も五度, も今, も今日, も以前, も会うた, も何度, も出, も出来ない, も嗅いだ, も嘗めた, も声, も學寮, も少, も少なく, も御座いません, も恐らく, も晩, も書きました, も有, も有りました, も有る, も極めて, も無, も無え, も無かろう, も生まれ, も矢張り, も経験, も触った, も言う, やした, やら, やを聯想, や知っ, よりもその, よりも時に, を, をあなた, をお, をお父さん, をすこし, をすっかり, をすべて, をてみじ, をまこ, をみんな, をも思, をシャベル, を一口, を不思議, を今, を伯母さん, を否定, を妬い, を家, を小声, を後々, を必ず, を念頭, を思いだした, を思ひ出す, を悦ぶ, を想起, を愛し, を早口, を書いた, を書いたでしょう, を書きはじめよう, を申し出た, を異口同音, を細か, を覺, を言つて, を記憶, を話し, を話したら, を話す, を語, を迂, を都鄙, を金, を鮮やか, んなか, 思い出すの, 感じたこと, 聴いたこと

▼ 見た~ (2582, 10.3%)

285 である 166 です 150135 では 85 であった 7458 であるが 56 ですが 49 だが, だった 35 であります 2928 だから, でした 25 はこの 21 はその 1918 であろう, でしょう, はそれ 17 はこれ 15 かい, ですから 13 ですよ 12 は初めて 11 だろう, でしょうか, ですか, と同じ, は今 10 であったが, でありました, でございます 9 だつた, でありますが, であろうか, ははじめて, は私 8 だか, だそう, だよ 7 かね, だと 6 かも知れない, じゃ, だろうと, であるから, でも, はあの, はお, もこの 5 かしら, だらう, であろうと, はそれだけ, は唯一目, は生れ, もその, も無理

4 [12件] かえ, か急, だろうか, でございますから, でしたが, ですね, ですわ, でなければ, はたしかに, はただ, は何, は当然

3 [24件] かそれ, かギョッ, か知らない, がこの, がその, じゃない, だったが, だという, だね, だもの, でありますから, で御座います, と少し, はおそらく, はたしか, はもう, はヒガメ, は僕, は夢, は始め, は実に, は彼女, は番頭, は言

2 [68件] かいきなり, かとつぜん, かどう, かもしれない, かも知れません, か俄, か或は, か知ら, か見なかった, が挿絵, が此時, け, だお前さん, だからね, だがね, だそして, だつたが, だといふ, だな, だろうという, だ相, ぢや, であって, でしたわ, でしょうな, ですがね, ですけど, ですけれど, でないから, で御座いますが, で御座いますよ, とそっくり, とまるで, と寸分, と役場, にも変, はあれ, はいずれ, はお前, はそこ, はたつた, はつい, はどの, はまことに, はまさしく, はまだ, はやっぱり, はやはり, は三日前, は何時, は僻目, は彼, は後, は恐らく, は此, は殆, は決して, は確か, は秋, は繃帯, は自分, は誰, は赤い, は養子, も, もあろう, を覚え, を記憶

1 [652件 抜粋] あ人間, お初では, かあるいは, かい女, かうむ, かお前, かぎょっと, かしら射とめた, かじりじり, かそのまま, かその後注意, かそれとも, かとあなた, かとお, かとも思われました, かと考えた, かと聞いた, かと聞いたら, かと語り, かと軽蔑, かな, かなお, かねどんな, かの恐ろしい, かは知らない, かびっくり, かまア, かも知れぬ, かわかりゃしない, かをかし, かア, かアッ, かゾッと, かドドドッ, かフローラ, か中, か二十面相, か五十男, か伯父, か到底, か名古屋, か咽喉, か大月氏, か少女, か師直, か弁疏, か彫り物, か思い出せない, か愕然, か扉, か提灯, か早速, か火柱, か為十郎, か猛然と, か生れぬ, か聞いた, か與力笹野新三郎出役, か見せられた, か覚え, か話しかけられ, か足利, か顔色, があの, があれ, がいわゆる, がおそらく, がかねがね, がこちら, がそれ, がちょうど, がわし, がニイホウ島, が丁, が不可, が二尺, が今夜, が佐渡, が例, が偶, が僻目, が十時三十五分, が十時三十五分頃, が原因, が吉宗, が因, が夢, が始まりで, が市之丞, が幸い, が後, が愉快, が數日後, が日本, が最後, が有る, が木喰仏, が次第に, が生来二度, が男色, が白足袋, が移転, が粕谷, が若し, が運, が面白, けえ, さでは, さでも, さと言おう, さ君, じゃあるまい, じゃが, じゃがあの, じゃさあ, じゃないだろう, じゃわからない, そうして昨夕, だあゝ, だい, だいカテリーナ, だけれ, だけれど, だけれども, だこの, ださうです, だしかも, だぜ, だそれ, だったらうか, だったら何, だつたか, だとよ, だらうか, だらう振り切つて二階, だろうが, だろうとか, だわ, だナ, だ一体, だ小人夢, だ振向いた瞬間, だ熊, だ素徒, であったそうして, でありましょう, でありませんよ, であるらしい, であるわれ, である単にいつも, であろうが, であろう余, であろう加之, であろう私, であろう闇, でございましょうか, でございますが, でしたそれ, でしたの, でしょうが, でしょうよろよろ, ですからね, ですすると, ですのに, ですヨ, です二三日前, です夫, です自分, でない唯, でない者, でなくても, で御座いましたが, とがく, とすこし, とではひじょうな, とどうしても, とはおっかなく, とはどうも, とは何だか, とは余, とは又, とは感じ, とは違っ, とまるでそっくり, とソックリ, と似た, と全然, と同時, と変らなかった, と少しも, と手, と新橋, と殆ど, と神戸, と較べ, と違つて, ならそう, なら何, なら信用, なら兎, にちがいありません, にはいわれ, に対して平塚さん, ねずみは, はあたい, はあと, はいけませんでした, はいささか, はいつ, はいつも, はいまだによく, はいや, はいよいよ, はうまれ, はおかん, はお前一人, はお父さん, はかう, はかうである, はきみょうな顔, はこの世, はこれら, はこれ丈, はしかも, はすっかり, はずいぶん, はそんな, はた, はたった, はだれ, はともかく, はともに, はない, はなぜ, はほんの, はま, はまったく, はみんな夢, はむき, はわし, はわずか, はわたし, はアウグスッス帝, はアカヒキ, はウソ, はクルリ, はズット以前, はタクシード, はデック, はフランス, はポンチ絵, はルイジョフ, は一時, は一条, は丁度, は三・信境, は三冊五, は三四郎, は三度目, は下女, は不良ダンス教師, は丹後, は久し振り, は事件, は事実, は二十三日, は二十四年, は二十歳, は二時間燃焼, は五つ, は五六歳, は五条, は今夜, は今宵, は今度, は今晩, は今更, は仏像, は代, は佐藤さん, は何年ぶり, は何故, は何時ごろ, は何時頃, は例えば, は兄, は先頃, は六つ, は其処, は其晩, は冬, は冷酷, は別, は別物, は前, は前日, は動かせない, は勿論, は十五六歳, は十六, は千尋, は南紀白浜温泉, は単に, は却つて土地, は反対, は只まだ, は同日, は君一人, は善い, は嘉永六年, は四十一年, は四時頃, は団十郎, は土俗学者, は土俗學者, は墨絵, は夕方, は夕靄, は多分, は夜, は大, は大家, は大正元年あたり, は大正六年, は大雄寺, は奇怪, は如何なる, は姉, は子分, は孰, は実は, は小さい, は小林秀雄氏, は小田原, は崖, は巨勢さん, は巴里以来, は布部村, は年, は年少, は幾つ, は後に, は徳川万太郎, は念仏, は悪魔, は意, は意外, は或, は手桶, は扮装, は拙者, は揃っ, は支那, は支那靴, は日曜日, は日本, は日比谷, は昌平, は明治十八年, は明治十六年, は昔, は昨日, は晁氏, は晩年, は曹操, は月, は有名, は東京駅, は東面, は果して, は栂尾, は欽之助, は歌集, は正当, は此時, は死後, は殊勝, は母, は母親, は気, は河内, は波川父子, は海底火山, は混み, は湿り, は焔, は無理, は独軍, は玄徳, は珍, は生まれ, は當然, は白い, は眼, は神州日報, は秋子, は競輪ダービー, は紛れなく, は結城合戦花鍬形, は絶対, は翁, は翌年, は翌朝, は自分一人, は自然主義, は艱難, は若い, は若松屋惣七, は英訳, は茲, は葭, は藥王寺前, は蛇, は裸体, は西洋, は見直す, は言うまでもない, は警察, は谷野せつ, は趙荘, は遊魂, は過去二十年間, は遠い, は金属, は針, は鉄道, は鑄掛屋, は長島君, は間違っ, は限り, は雨戸, は雪, は雪解, は青天白日, は青春, は頭禿, は飛び飛び, は高張提灯, は高等小学校, は鰌魚, は黒い, は龍, もある, もお, もおもしろい, もごく, もはじめて, もほとんど, もまた, もやはり, もアクシデンシャル, も三日, も丸, も今, も今に, も今朝がた, も初めて, も十度, も同様, も大方, も奇, も小田原, も幻覚, も数, も暫し, も月, も正当, も此, も熱海, も略, も矢張言いがかり, も自然科学, も高瀬, やれ妾, や何, よりは十層倍, より外, より遙, らしい, をいう, をせめて, をふと, をマグダレナ, を夢, を待ちかね, を思い出した, を思い出す, を思い起こし, を思ひ出す, を憶え, を新聞記者, を珍, を知り, を知る, を見届ける, サ道は, 兄ちゃんが, 山の, 巴里で, 真面目に

▼ 見た~ (2240, 9.0%)

28 それは 20 これは 14 何も 13 そこには 11 何の, 少しも, 誰も 10 すぐに, 彼は 9 それも, 急に 8 どこにも, 可い 7 そこに, 私は 6 それを, どうしても, 今度は, 彼の 5 これも, そこにも, そんなもの, つてゐる, どの隅, 何うし

4 [12件] かの女, すぐまた, その眼, それが, それには, それらしい, もう何, 僕の, 女の, 彼が, 心の, 返事が

3 [28件] あれは, いずれも, かれは, この時, これぞと, しまいには, すぐその, すぐ視線, その瞬間, そんなこと, どれも, なんとも, もうそこ, よい, 中は, 二人の, 今は, 何う, 何うも, 何処にも, 分らない, 家の, 彼女は, 氏は, 男の, 自分の, 頭は, 黙って

2 [140件] ああいう, あいつは, あたりは, いつもの, この方, これでは, さすがに, すぐには, すぐ又, すぐ眼, そうで, そこでは, そこは, そこへ, そのとき, そのま, そのまま黙っ, その中, その儘返事, その多く, その時, その次に, それだけ, それっきりで, それっきり婚礼の, それではお, ために, ちらと, つては, どういう意味, どういふ, どうしても東京, どうもうまく, どうも巧, どうも旨く, どこから, なか, なぜか, にわかにその, ひっそりと, まあ現在, まさかに池, もう影, やがて頬, やっぱり駄目, やはり駄目, よかろう, ビクとも, モウ似, 一寸咎める, 一度下宿料, 下の, 下駄の, 不幸に, 二人は, 二度共例の, 二日目三日目には, 人の, 今の, 今まで, 佐治君は, 何か, 何だか人心地, 何とも, 何分にも, 例の, 元より, 光るばかり, 其の時, 出て, 別に, 別に怪しい, 別に書物, 原より, 又今, 名は, 否不, 墓原を, 外套を, 大きさ, 夫の, 女は, 如何し, 妙に, 娘は, 少くとも, 島中椰子と, 帰って, 年は, 彼には, 彼も, 彼女の, 彼等は, 後には, 怎し, 思うよう, 悲しい程, 成程, 早苗さんは, 書物と, 木の葉は, 森閑として, 次第に太田, 此の, 此時は, 此語は, 殆ん, 残念ながら, 毛色の, 渠は, 直ぐに, 相変らず, 私が, 秋の, 米一粒入, 素朴な, 結果は, 美奈子が, 腹が, 色の, 菊池君は, 衝と, 見つからなかった, 見当らぬ, 誰れ, 足は, 返事は, 返事も, 迚も, 遂, 遂に分らなかった, 遉に, 醒めて, 重くも, 間もなく彼, 障子の, 頑として聴かない, 顔の, 駄目だ, 黙つて

1 [1598件 抜粋] あいかわらずおもしろかっ, あいにくと, あちらに, あとを, あのリザ, あの娘, あの老人, あまりに南, あまり結構, ある筈, あんなの, あんまりだ, いい, いい時, いかにいつ, いかに自分, いっこうおかまい, いっこう埒, いつもある, いつも留守, いなんて, いるの, うまく行かず, おどろきの, おれは, お光, お国, お民, お米, かう云, かなり写実的, きつかり, こういう狭い, ここで, ここへ, ことごとく永続き, このほら, この位, この山中, この窮境, この貴重, この障壁, こみ上げるもの, これで, これなどでも, これまで, こんどは, こんな矛盾, こんな風, さすが元日, さてどうやら, さて一向に, さて験, さらに通じる, しかし仕事, すぐいや, すぐわかるとなるとそれさへが, すぐ右折, すぐ机, すぐ部屋, すっかり顔色, すぺる, ずいぶん気, そうしたの, そこでも, そこら辺, そのう, そのこと, そのままその, そのまま身, そのまま默, その人, その内, その名刺, その実, その後では, その文面, その水, その理由, その瞳, その足, その通り過ぎる, その音, それから彼, それでは三次元, それでも女, それでも未だ, それとひとつ, それに, それの, それ等は, そんな名物, たいていの, ただ一口, ただ暗澹, たっての所望, だめでした, ちっとも進歩, ちようど八時五十二分を, ついに失敗, つまらぬもの, とう, とうとう一枚, ところどころの, とても大変, どうした, どうしても場所, どうしても来ない, どうしても自分, どうだ, どうもそれ, どうもわし, どうも少し見当, どうも母親, どうも羞, どうも過失, どうやらすぐには, どこか, どこへも, どのよう, どれが, なお女, なかなか承知, なかなか細かい, なかなか見つからない, なに心配する, なるほど大坊主, なる程彼, なんにも見えなかった, にやりと笑い, ねえ君, ひと目で, ひどく六かしくつて薩張, ふいに, ふと傍ら, べつに, ほうという, ほんものに, またおもいかえした, また取出し, また考え直した, まだすつ, まだそんなに力, まだ会った, まだ利かねえ, まだ真に武士, まったく絵かき, まるい棒片, まるで忘れた, みるみる口, みんな無駄骨折り, もうすずめ, もうどこ, もう全く事切れ, もう匂, もう女, もしかしたら, もとより分る, ものを, もはや輸送車, やがてもはや眼, やがて君, やがて手, やがて頭, やっぱり物, やっぱり顔, やはりぞくぞく, やはり五六枚, やはり作用, やはり動かない, やはり子供, やはり父, やはり結果, やはり見込, やるたび, よい朱褒, よく分らなかった, よく解らぬ, わからなかつた, われわれと, グーッと, コレラで, チマ子では, ニヤニヤと, パドゥアの, ブリティシュ・ミュジーアムのとは, ホームに, マグソダケ, リヴィエェルも, 一つに, 一人は, 一匹だけ, 一向に気持, 一向凄く, 一向帰っ, 一向見覚え, 一寸だ, 一方荊州, 一本も, 一粒も, 一隻の, 七十郎に, 三人の, 三度目に, 上さんは, 不在会に, 不思議な阿, 両者の, 之に, 乗合自動車は, 乾燥した, 事実は, 二人とも, 五つに, 五割方は, 京都で, 人一人居ぬ, 人影など, 人目が, 今ここに, 今宵の, 今日は, 今漸く, 他分其の, 仲店の, 住慣れた, 何うもい, 何だか目, 何となく拍子抜け, 何となく身, 何は, 何んとも, 何一つ身に, 何処に, 何奴も, 何時の, 何程え, 何處でも, 余り残刻, 余熱の, 併し, 依然として視覚, 俯向いた, 傷の, 僅かの, 僕等は, 兄の, 先方も, 光が, 全く何処, 全く違っ, 全形を, 八頭身どころの, 其の娘さん, 其内くたびれ, 其時は, 内部から, 写すに, 凡そ三十分の余に, 出来合は, 分らなかつた, 初さんは, 判然した, 別にどきんとも, 別に受取ろう, 別に氣, 別に発見, 別段泥足, 前金を, 効き目が, 勘ちゃんは, 勿論殺害, 十一時を, 千代松は, 半分は, 南日本が, 却って女, 又起つ, 叔母の, 古びては, 右下がりの, 合は, 同じこと, 同時に藤枝, 向こうの, 君たちの, 命も, 哲学者は, 喰う物, 四人の, 困つたこと, 圧迫の, 坂の, 堅く釘, 夕は, 外に, 外境に対する, 多くは, 夢で, 大体彼の, 大村父子の, 夫婦とも, 女の子は, 好からう, 妻は, 姿は, 子供らしい, 実に今, 実は余, 客来の, 容易に, 寄留屆が, 対局に, 小判の, 小説という, 少し怖い, 就中仁斎や, 岩は, 崖下には, 市十郎は, 帽子が, 平然として, 年を, 幸に, 店の, 弁士の, 弓之助には, 彼らは, 後ろも, 復た這出した, 必然性あっ, 応接間で, 忽ち大声, 思い做しか, 思ひあたらなかつた, 怪我人の, 恐ろしく浅い, 恰度それと, 惚れ, 惡酒なる, 應が, 我知らず, 所詮は, 手を, 折口に, 掛金には, 敵は, 斬りつけるよう, 既にもう代り, 日当りは, 日本人の, 早橘親子, 明かない, 昔より, 春隆は, 時計の, 晃兄さんは, 暖味が, 暗くて, 更に一つ, 最初の, 最後どう, 最後腹の, 朝食は, 木剣には, 本の, 松の, 根から遊惰, 格別新しく, 案の定そこ, 横なぐり, 橋を, 歌は, 此の方は, 此処で, 死んだ人, 殆ど遺稿といふ, 母は, 気の, 水が, 決して聞え, 法然上人に, 活字の, 涙は, 満足し, 潮の, 火の手は, 為替も, 無いので, 無益だった, 無駄な, 片膝立ち, 物の本や, 狭い彼, 猶且冷, 現に生きた, 理由あり, 生徒が, 生憎一等役者, 畢竟不得要領, 病院に, 百発百中は, 皆はっきり, 皮肉な, 目ざとい老人, 目を, 直ぐまた, 直に落ち, 相川より, 真に断腸, 眼が, 矢っ, 矢張り明らかな, 矢張法政一流の, 矢張默つて爾時は, 知れねえから, 硬い部分, 禿は, 秀造おじさんの, 私の, 穴が, 空室一つも, 窓に, 竜一は, 竿が, 答うる, 答えるもの, 粗製の, 結局とりとめ, 結局何の, 結局彼らの, 結局読者に, 緋の, 縁の, 義雄はかの, 耕地を, 聴き入れさうな, 胴も, 腰から, 自ら見, 自分には, 自然と, 船の, 花世も, 茲なら, 菊池の, 薄い一枚, 虎之助を, 街灯が, 要するに何, 要領を, 見えなかつた, 見るもの, 見当が, 見直すと, 覺めようとも, 評判にも, 読む気, 誰にも, 諦めて, 豊原のを, 財布の, 赤瀬氏や, 踊る人々, 身體が, 返事を, 退屈した, 途中で, 通れぬと, 遂に彼, 過半は, 違って, 部屋の, 酔いも, 里の, 野営地とは, 金は, 金貸が, 鍍金らしい, 長上の, 開きさうに, 間の, 間もなく本堂, 闇は, 陣十郎が, 隠れてる人間, 雛を, 雪害の, 非常に, 須永は, 顔は, 風呂敷が, 飛行場の, 馬子は, 駒次郎といふ, 高い処, 鬼の, 鮮人の, 黒, 默つて居た

▼ 見た~ (1038, 4.2%)

16 に私 13 のよう 12 と同じ 9 に, にはもう 8 に彼, の印象 6 は私 5 からこの, にはその, のやう, の感じ, の通り 4 にその, には僕, のこと, の事, は, はその, はまだ, 代助

3 [17件] から, である, にお, には, には急, に何, に僕, に自分, の, のその, の気持, の私, の話, はさすが, はもう, は思はず, は自分

2 [57件] からあの, からすでに, からどこ, から何だか, から何事, から受けた, から私, さすがに, すぐに, とこの, とはまるで, とは違い, とは違っ, と今, と少し, どうもカルメン, なぜか, にくらべる, にこの, にこれ, にしみじみ, にはこんな, にはまだ, にはまったく, にはまるで, にはもうコトコト, には何だか, には太田, には既に, には流石, には誰, に三四郎, に余, に少く, に感じた, に感心, に涙, に米友, の呼び名, の梯子, の眼, の興奮, はあの, はこんな, はなんだか, ははっと, は俺, は全く, は彼女, は思わず, は既に, は細い, もこの, もその, よりは痛く, よりも一層, よりも今日

1 [735件 抜粋] あの時, いかにも怖しく, いかに日露戦争, おや, お延, お皿, かの女, からあいつ, からお前様, からかえって, からこれ, からこんな, からずっと, からそいつ, からそれ, からそんな, からだ, からちゃんと, からつや, からとうに, からの事, からむかつく, からわかってる, からモウ様子, から一層, から三十年, から並々, から乞食, から何, から例, から先生, から商人, から大きな, から妖しく, から妙, から己, から彼等, から思った, から指針, から數, から暫時, から書き始めよう, から此野郎迚, から気がつい, から理想, から稲妻, から胸, から興奮, から軽蔑, から迷つた深山路, くらいの表情, この事, この幻想, こわさ, さっそく訊い, じゃったと, すぐそれ, すぐわかった, すぐ今朝, すっかり考え, すでに識別, そして眼前, そのただならぬ表情, その左, その性格, その機械人形, その画本, その襞, その金, その鉄壁, たちまち後悔, たった一言彼女, だった, だつた, であった, でございました, でもこの, でも節子, とうてい鎌倉, とおなじ, とそれ, とたんに僕, とちがっ, とちっとも, とちょうど, とどこ, とはすっかり, とは丸, とは別人, とは見違える, とは違つて手, とほとんど, とほぼ, と何, と先刻, と変り, と大して, と形, と後で, と比べ, と異, と相違, と針, どういう意味, どんなに恐れおののく, なお彼, など, などにふと, なるほどこれ, なるほどと, なるほど家, なんともいへぬ, にあの, にあら, にいっそう, におや, にこそいふべきであらう, にこり, にこんな, にしげり, にした, にそれ, にそんな, にたとえ, にちょうど, につくづく, になるべく, にはあたり, にはあれ, にはいささか, にはいっそ, にはかつて, にはかなり, にはさすが, にはすこし, にはすっかり, にはそうした, にはそこ, にはちょうど, にはっきり, にはどの人, にはまつたく, にはもしか, にはオローソウ, にはシナ, にはゾッと, にはランプ, には一刹那不平, には一町, には一間, には上, には不快そう, には乗客二人, には今度, には体中, には何かしら非常, には何となく, には俺, には元気, には切立った, には前, には北欧, には南, には吾, には呆れ, には壮大, には大変, には女, には子供, には実際, には島, には左, には幾百段, には廊下, には彼, には彼等, には心配, には思はず吹き出した, には恍惚, には意地, には文字通り呆然, には新しい, には更に, には果していかに, には案外, には母親, には永い, には男, には直ぐ, には確か傷, には私, には美しい, には背後, には船員, には花, には赤い, には造花, には青竹, には飛込, には鹿田, にまったく, にまとっ, にも, にもう, にも剣, にも大分大菩薩峠, にも數學, にも言った, にゃあの, にゃつまらねえ, にゃ思わず, にやあやあ, にやつぱり, にわれわれ, にクララ, にジャン, にプトレミー, に一方, に一行, に上さん, に上手, に不思議, に不自然, に中国, に丸辰, に今度, に仏頂寺, に何と, に何とか語, に余り, に俺, に先ず, に先生, に再び, に処女, に出す, に南条, に同じ, に周章て, に土地, に太陽, に夫人, に女房, に始め, に少し, に己, に幽霊, に庭園, に強い, に当局, に彼等, に従来, に徴, に思い出, に思ひ, に恐らく, に悲しい, に拙者, に既に, に最も, に未, に此, に母屋, に涙ぐまず, に深淵, に白い, に皆, に眼界, に神尾, に神尾主膳, に突然, に立てた, に純, に絵, に胸, に花, に藝術的, に裏書き, に誰, に起さず, に近江屋, に金峰山, に銀, に雄吉, に青い, のあの, のあれ, のうらやましい, のぎよっとした気持ち, のこの, のそれ, のみ蒼古, のわたし, の丑松, の世帯, の位置, の作者, の俺, の先入, の同, の周囲, の嬉し, の実際, の庄助ら, の形相, の彼等, の心地, の心持, の思い, の性質, の感, の感銘, の景子, の林田, の樣, の比, の浴衣がけ, の物凄, の神妙, の翅, の脚, の記憶, の記載, の赤ん坊, の雄大, の顔色, の驚き, はいつのまにか, はいつも, はお, はお爺さん, はかの, はこういう, はごく, はさ, はさかん, はすっかり, はすでに, はそう, はそこ, はたしか, はたして日ごろの, はちょうど, はっとした, はっと思った, はどこ, はほとんど, はぼんやり, はむしろ, はもう一度, はもツ, はやれ, はよし, はバイロン, は一寸, は一歩先, は丁度, は下草, は不思議, は二人, は何だか, は何とも, は何もかも, は何店, は傷, は先生, は全くゾッと, は其, は別にそう, は半蔵, は同じその, は君, は哄, は喫驚, は夕刊, は大変, は大昔, は子供, は実に, は家じゅう大騒ぎ, は少し, は差し障り, は師匠, は平三, は平凡, は張飛, は当て, は恰も, は慌てた, は我慢, は打ち殺し, は日頃, は春一, は未亡人, は本所方面, は果して, は格別, は歌舞伎, は流石, は濁, は父, は異状, は礼儀, は私自身, は空, は窓, は筋向う, は箱根, は胸, は若い, は見附, は誰, は針, は階級制度, は面白い, は面皰, は餘程, は魘, は鼻高々, ばかりであった, ばかりはガラツ八, ひしと取縋っ, ひどく奇怪, ふとその, ふと六樹園, ほど, ほどな, ほど人間, ほど女, ほど陰気, まあどんなにおどろいた, また其處, また彼女, まだ漸く一時半, まだ苗, めくつて, もいつも, もうそ, もしもし西洋, もし泊め, もまだほんのり, もやはり, も一度, も五六軒建築中, も可, も心, も錠, や, や其姿, や埴生, や肥料小屋, よなあ, よりずつと痩せこけた, よりは肥っ, よりは船員, よりまた, よりもあるいは, よりもず, よりもずっと, よりももつ, よりも下界, よりも却って, よりも夫人, よりも少し, よりも年, よりも清き涼しき, よりも童姿, よりも荒れ, よりも遥, より短く, より赤く, より馬鹿らしく, を思ひ浮べた, 丁度そうっと他人, 何だかか, 何となく悪い, 何故あんな, 再び凝然, 分ったので, 又悲し, 嗚呼, 堪へられない恥し, 始めて苗場, 存外彼女, 寂しさ, 帰らなければ, 当てが, 忽ち男色, 忽ち艦, 思わず彼女, 恐ろしくなる, 教えられたジード, 明るい窓, 湧きかけて, 湧き出るやう, 程にはもう, 程平和, 第一, 第一彼, 長い廊道

▼ 見たよう~ (775, 3.1%)

87 な気 59 なもの 39 な顔 30 に思った 13 な女 12 な事, な男 11 な人 109 な, なと 8 な奴, に思う 7 な処, になっ 6 であった, なこと, な物, な者 5 な形, な氣, な記憶, に 4 だと, な心持, な犬, な面, に思っ, に覚え

3 [14件] であったが, ですが, なところ, なの, なもん, な小さな, な心地, な所, な気持, な気持ち, な訳, にこの, に思いました, に顔

2 [24件] だったが, で, でした, でも, なお, なお方, な名, な家, な恐ろしい, な感, な景色, な眼, な美しい, な趣味, な鷺, におもいました, にしばらく, にその, に呑気, に妙, に彼, に感じ, に感じた, に面

1 [296件] だが, だがと, だけれど, だけれども, だぞ, だった, だった青年, だってあの, だとでも, だなと, だも, であります, である, でい, でいま, でうれしかっ, でこの, でしたが, でしたぜ, でしたわ, です, ですね, です事, では, ではっきり, でもう一度, で僕, で実に, で畳, で見ないよう, なおよそ, なくすんだ朱, なけしき, なこわい, なすね者, なたべ方, などこ, などころ, なはなし, なふしぎ, なへ, なまっ青, なものの, なよそ, なわけ, なを, なん, なイズマイロフ家, なカアテン, なチビ男, なマネ, な一つ, な一切, な一場, な一見, な三ツ四ツ年紀, な不快, な世相, な丸い白い, な事柄, な五分月代, な人間, な仁, な今, な仙人, な何, な像, な公卿, な前, な前方後圓, な勢, な口, な名前, な嘘, な地模様, な場合, な場面, な大, な奇怪, な奉納, な女給, な奴等, な妙, な姿, な娘, な子供, な子分, な存在, な小さい, な小僧, な小女一人, な尼, な工合, な役目, な心, な心持ち, な思い, な思想, な恐ろし, な恐怖感, な恰好, な想い, な意味, な感じ, な憎悪, な手真似, な拳, な方, な旗, な時, な時計, な暗い, な様々, な模様, な横着, な横顔, な櫓, な歓び, な涙, な深い, な灰色, な現象, な理想, な疎, な痘痕面, な瘠いちご, な癖, な目, な紫色, な絵, な罪, な美, な腕, な臨床医家, な自然, な花魁, な若もの, な茅屋, な茶碗, な蔦, な薄暗い, な表情, な西洋人, な見ないよう, な見解, な見附, な覚え, な論文, な資産家, な賊, な質問, な辛い, な逞しい, な連中, な野暮, な金ぴかもの, な風, な駕籠, な高い, な髪, な鼻くそ, にありのまま, にあわただしく, にいや, にいわれ, にうやうやし, におかしい, におもいまする, におもった, にかさかさ, にこう, にこちこち, にし, にしげしげ, にじっと, にせ, にそれ, にちがった, になった, になる, にはしゃい, にはっと, にほっと, にぼんやり, にぽかんと, にむやみ, にもぞんじます, にも思った, にやさしく, によけい, にわたし, にハッ, にフシギ, にリッケルト, に一生懸命, に一般的, に一見, に一週間, に三名, に下落, に両翼, に主観, に乱, に何とも, に何度, に余計, に元来, に先生, に全く, に典型的, に別れ, に印象, に叡山, に同名, に咄, に囁きあった, に団扇, に図, に城太郎, に報告, に声, に変化, に大きく, に姉, に存じます, に少数, に帝, に役人たち, に彼女, に後, に御飯焚, に思います, に思うです, に思われた, に思われる, に悪口, に感じられ, に感ずる, に戦い, に押し黙った, に拈繰, に方法, に時候, に暫く, に書い, に植物, に此, に此処, に殆, に決して, に浮浪者たち, に淡暗い, に漸う, に無意識的, に煮え切っ, に狂喜, に生唾, に疑い, に白く, に目, に眉, に真平, に真紀子, に眠く, に眼さき, に瞼, に矢代, に秀吉, に秩序, に竦ん, に筆, に結っ, に絶讃, に綺麗, に聞えた, に脅え切っ, に膝, に自然科学, に荷物, に被告, に話す, に諸君, に踊り, に身体, に関羽, に隅, に頭, に頭ごなし, に馬鹿, に騒ぎたった, に驚い, に魂, に鯱こ, ね, ねえ, を肉体群像

▼ 見たところ~ (730, 2.9%)

11 である, でそれ 7 ではこの, で何 6 でその, なん 5 ではあの, では何, のもの 4 が, ではその, で誰, による 3 ではそれ, ではどこ, では何ん, で格別, で決して

2 [39件] からなるべく, がそこ, が駄目, そんな風, だ, で, であの, ではお, ではこれ, では今, では御, では樫, では絵かき, でまた, でやはり, で仕方, で僕, で初ま, で相手, で肝心, で諸行無常老少不定, で野暮, には栗鼠, に依る, の一つ, は, はいかにも, はすらり, はせいぜい, はたいした, はただ, はもう, は充分, は十七, は如何にも, ほんの少し, 同じよう, 少しも, 聞いたところ

1 [558件 抜粋] あまり不思議, あまり先端的, あまり勤め, あやしいの, あんまり平凡, いかにも恰幅, いかにも愛すべき, いかにも耳, いかにも艶, いかにも賤民, いかにも酔, いかにも頑丈, いつもの, えらく老け, お大名, か, かなりほっそり, からこういう, から察, から生じた, から考える, から違う, がうつっ, がその, がちょっと, がどう, がどうせ, がやはり, が丁度, が丁度五十部, が仕方, が別段, が到底, が山, が弱, が感心, が法華経, が疎, が病人, が私, が約, が驚いた, きわめて質朴, こう気むずかし, こじんまりと, このあたり, この二つ, この老人, こんなおとなし, こんなもの, こんな風, ごく整った, さむらい, しっかりした, すぐ頂上, すっかり秘結, ずいぶん重, その人, その家々, その折, その男, その裂傷, それほど丈夫そう, そんな兇暴, そんな様子, たいへん大袈裟, たがいに, ただかかりあい, ただ蛸, だいぶん活溌, だが, だけでも, だけでも随分, だけのごく, だけは立派, ちゃんと月, つい先刻, つまらぬ奴, であの大きな, でありまして, であるが, であるわい, でお前さん, でお話, でこういう, でこの, でごく, でしょうが, でしようが, です, ですが, でそう, でそれでも, でそんな, でただ, でちょきん, でとりこめられ, でどうして, でどうせ, でどうにも, でなお, でなん, でなんにも, では, ではありませんでした, ではさっぱり, ではさほど, ではじまらない, ではたしかに, ではただ子, ではだ, ではとにかく, ではとりとめない, ではどう, ではどうも, ではどっち, ではどんな, ではなるほど, ではなんら, ではほとんど, ではほら, ではコマ五郎, ではゼルビノ, ではベーア, ではヤーフ, では一つ, では三宅, では不幸, では両, では中村錦之助, では中毒, では二百疋位, では五十以上, では五十歳, では人, では人並, では人柄, では他, では何気ない, では元禄, では先方, では光, では全, では分らない, では別に, では別に堂々, では区別, では古風, では呼吸器, では大利根博士邸内, では奈何, では子, では実際, では尼御台さま, では屋根, では年, では弱々しく, では当り前, では当時, では彼, では彼等, では従来, では思いのほか, では擡頭期, では敵, では日本人, では明らか, では景気, では最初, では木村, では格別疾, では梅子嬢, では武蔵塚, では池, では浪人者, では海, では溺死, では無関係, では爺, では物, では甚だ, では生徒等, では田口, では男鹿, では痩形, では白, では眉山, では眼, では確か, では空, では竹藪, では純粋小説論, では紙, では縮緬, では若い, では蓋, では薄汚い, では血, では誰, では貞徳, では足, では追分, では重吉, では銅銭会員, では雪, では頭, では顔, でまさか, でまるで, でも, でもう, でもわかります, でも少し, でも百万人, でも親方, でやっぱり, でチヤリン, でトルストイ, でライフ, で一度, で丈なす荒草, で三つ, で世間並み, で事態, で京阪地方, で人, で今, で今年, で今日, で仕様, で伸子, で何やら, で何処, で元, で先方, で全然, で八五郎, で其, で十町, で千種十次郎, で去年, で取り, で同じ, で外, で多く, で大した, で始まらない, で始まらんで, で始まりますまい, で家茂公薨去後, で容易く, で寢醒め, で岩石, で弱い, で当らないでしょう, で徒勞, で恐ろしい, で惚込, で意味, で手, で散歩, で果して, で果たして, で死んだ, で殆, で泥棒, で滑つてしまはず, で為, で無意味, で熊笹峠, で爺さん, で物事, で町, で看護婦, で硬, で私, で私自身, で結局, で結局退屈, で綾子, で罪, で自分ひとり, で苦しい, で話, で認めなけれ, で過去, で重吉, で野飼い, で銀座, で頭, で馬琴, とかくべつ, とても弱, と更に, と聞いた, と設計図, と鰹船, どういう人, どうしても五十前後六十, どうしても明治四十年式, どうして立派, どうもお, どうも健全, どうも大事, どんなこと, どんなよう, なかなかりっぱ, などもし, なんぼか, に, にこの, によります, にわかに痔瘻, に今, に依れ, に外記, に特色, に積んであります, に間違, の, のある, のひとり, のジャパン, のスマート, の一通, の下品小柄, の効果, の悪い悪い, の片隅, の物, の物理學, はお, はお前達, はご, はさも, はずいぶん, はその, はそれほど, はたしかに, はなお, はなか, はなはだ不安定, はなる, はなんだかひょろひょろ, はのっそり, はひどく, はほとんど, はまあ, はまことに, はまったく, はカモメ, はパラダイス, は一輪, は乞食, は二十そこそこ, は五十歳, は内地人, は凡そ三メートル位, は古道具, は四十五六, は外人, は小, は小さい, は小作り, は小鳥, は年, は弱々しい, は徳川時代, は徹頭徹尾, は恐ろしい, は悪気, は支那人, は書棚, は気味, は水, は牛車, は甲斐, は申分, は病人, は痛ましく, は砂礫, は確か, は神尾喬, は私, は美しい, は色, は醜い, は間違い, は静か, ばかりの屋上制限, ひどく不器用, へしゃげた耳, ほどよく, まことに好人物, まだ三十以下, まだ五十そこそこ, まだ初々しい, まだ四十, まだ四十四, まだ若い, まったく, まるで女, まるで鼠, むりやりに, もある, もう住み, もきれい, もまことに, もよい, も丈夫そう, も二磅の, も他, も大丈夫, も存分, も実感, も実際, も山, も日やけ酒, も皆, も美しい, やうわさ, やっと十二, やはりいずれ, やはり先, や八五郎, や正面, よく吸う, をいずれ, をできるだけ, をよく, を写し, を紙面, を綜合, を誤またず, を逐一, ニコニコと, 一向僕, 今外出, 似て, 何だか役者, 何ともなく, 何等変った, 全く同じ, 全く疲れ果てた, 全然別物, 全然類い, 別にこれ, 別に変り, 別に必要, 別に意地, 別に變つた樣子, 別に身体, 勝って, 及び日常, 古い木版みたい, 同じ辺, 吹けば, 困る人, 堂々と, 変った様子, 多少腕白, 大きい規範, 大した傷, 如何にもお前, 如何にもよく切れ, 如何にも尖端的, 実に落ち着いた, 小ざっぱりした, 小機転, 少し唐突, 平然と肉片, 弱々しい身体, 後にあの, 御注文, 感じたところ, 或いは味方, 料らずも, 新しい, 暫くの, 極めて安っぽい, 比較的好意, 淋しい顔立, 測ったところ, 満洲経, 漸く何年, 特に展覧会, 疲れきって, 痩せた色艶, 白い象牙, 目立った美人, 眩しいほど, 絞め殺されたらしく頸, 聊かがさつ, 至極平凡人, 若々しい様子, 荒れた岩だらけ, 貧しいけれど, 貧しくは, 貧しそう, 賢そう

▼ 見た~ (700, 2.8%)

102 がない 88 がある 60 もない 53 のない 29 はない 25 のある 21 が無い 17 がなかっ 16 があります 12 があった 11 がありません, も無い, も聞いた 10 の無い 8 がなかつた, もある 6 はありません 5 があつ 4 か, はあるまい, は無い, もありません, もない美しい 3 がございません, が御, はある, はございません, はなかっ, もあった, 無いわ

2 [23件] かといはぬ, がありました, がありませんでした, があるまい, がいちど, がございまする, がなく, が無く, なしと, のよう, は見た, もあつ, もあるまい, もございません, もない白い, もなかっ, もなけれ, も少し, も無, も無く, を思出, を言, 聞いた事

1 [120件] ありやと, ある, あるも, かたつた, かという意味, かといったよう, かと可, かと現われた, か私, か証拠, があ, があっ, があるだらう, があるだろう, がおま, がございます, がその後, がねえ, がねえ何, がやはり, が在るだろう, が書い, が有りません, が汝, が無, さえあった, だけで結構, だった, だろうと, であるから, であるが, であろう, で御座います, と, とはまるで, と壷, と後, ないから, ないので, ない村, なかった, なく確か, なけれど, なしかつ, などが有, なの, なんか相手, にある, についてお話し, になる, には笑っ, により今, に夢中, のない深い高, のない美しい, のない苦しい, の在る, の意味, の有る, の無え, はあ, はあった, はあつ, はありますまい, はたしかに, はねえ, はまだ, は一度, は又, は島人, は有るまい, は無論, は確か, まで引張り出さう, もありました, もありますまい, もない恐ろしい, もない美味い, もなかつた, もなかつたらう, もなき, もなく, もねえ, も交, も今日, も以前, も口, も幾度, も想像, も未だ, も無かっ, も無けれ, も無し, も聴いた, も話します, や聞いた, よとある, をそして, を夢, を思い出しまし, を打明ける, を有体, を皆んな, を皆んな新聞, を知っ, を神, を福太郎, を私, を種々, を立証, を経験, を覚え, を覺, を記し, を記憶, を誰, を黙っ, 御座いませんもの, 感じた事, 聞いた事一切

▼ 見た~ (576, 2.3%)

18 思った 17 いって 15 思うと, 言ふ 14 すれば 12 云ふ 11 言って 10 いうので, 云うの, 云って 9 いう, 同じよう 6 云う, 思う, 言うの 5 云う者, 云った, 思って 4 云う話, 書いて, 言った

3 [14件] いうが, いうだけ, いうだけの, いふ者は, すると, みえて, 云うん, 云う事, 云う人, 云っても, 思いました, 思つた, 私は, 言つた

2 [30件] いいある, いいます, いうのに, いうまで, いうよりは, いった, いふから, いふ者が, おもった, したら, 云います, 云うから, 云うこと, 云うよう, 云う二文字, 云う実例, 云つた, 云つてゐた, 云ふこ, 信じて, 全く同じ, 同じい, 同様である, 思うて, 想像し, 申し立てた, 言う, 言つてる, 言ひます, 誰やら

1 [279件] あり, ある, あるから, いいましたか, いいましたね, いいまた, いい切れないほどの, いい張るとき, いい越後, いうか, いうから, いうからさ, いうごときこと, いうじゃあ, いうても, いうなら須原, いうに, いうほどな, いうより, いうよりも, いえば, いおうか, いくに, いたしますと, いったらいい, いっても, いつた, いつたね, いつて, いひながら, いひましたが, いふ, いふでは, いふ者も, いへば, いわぬばかりの, いわれませんただ, いわれ七草粥, おっしゃいました, おどろいて, おなおさん, おなじ百姓おやじレイニン, おもつ, お初は, お父様, かすかに, きいたので, きくすぐ, こっそり胸, ことわったかと, さも怪し, されて, したま, したらおまえ, したらその, したらどう, したらどんな, したら不思議, したら二人, したら伸子, したら心持, したら諸君, します, する, するならば, では, なりゃァ, はっきり言っ, ほぼ同じ, まことし, みえ日頃, もうしました, エイキン博士は, ハッキリ云っ, ハッキリ言う, ハッキリ証言, 一人の, 主張した, 主張する, 云いました, 云いましたね, 云い其上連, 云い出した, 云い恐し, 云い殊に, 云うが, 云うくらいの, 云うしるし, 云うじゃあねえか, 云うその, 云うので, 云うもの, 云うよ, 云うステレオチイプ, 云う事実, 云う剃刀, 云う壮, 云う張出縁, 云う新聞, 云ったね, 云ったら確か, 云ったわね, 云った者, 云っては, 云つた聞かし, 云つてあべこべに, 云つては, 云て, 云ふも, 云ふ化物連の, 云わば, 云われたほど, 云われて, 今度は, 仰せられて, 伝うとにかく, 伝えて, 伝えられる, 伝えられるオッペルト自身, 何うし, 何かで, 何の, 信じ聞いたと, 信ずる, 假定すれ, 其の男, 出方の, 北枝が, 口々に, 合点が, 同じく感じられるでありましょう, 同じである, 同じ事, 同じ形, 同じ採光窓, 同じ方面, 同じ真摯, 同じ胸, 同じ色, 同じ華麗, 同じ調子, 同じ道普請, 同じ青い, 同時に油, 同様の, 名のり出た, 名乘つた者, 君達は, 告げられるもの, 嘉吉は, 報じて, 報ずる人少な, 変らずに, 変らない女, 大笑いし, 当主公爵も, 後で語り, 思いかなり, 思いなせえ, 思います, 思い何, 思うこと, 思うの, 思うまいもの, 思う佃さん, 思う屋根, 思う心理, 思えば, 思ったあの, 思ったが, 思ったこと, 思ったこれ, 思ったそれ, 思ったに, 思ったので, 思ったはず, 思ったもの, 思ったよ, 思ったら,次, 思った時, 思った物, 思った瞬間, 思っても, 思つ, 思つたら, 思つた女の, 思つてこれから, 思つてゐる, 思つて一目見る, 思ひましたね, 思ふこと, 思ふと, 思ふのみ, 思へば, 思わずには, 思わせた, 思わせられる, 思わせ前回, 想像する, 断言し, 新聞に, 欣んだ, 申します, 申しますから, 申しますんで, 申しませんから, 申す, 申すの, 申す事, 申出るもの, 申立てた, 疑われるなら今, 痛感せざる, 直覚した, 確かに, 私に, 私へ, 称して, 称する者, 稱し, 笑って, 答えた, 答えた事, 答えると, 答えるの, 答へ, 素子は, 聞く, 胸に, 茶山は, 見えその, 見え馬車は, 見れば, 覚えて, 言いお, 言いおったあれ, 言いつづけた, 言いながら, 言いましても, 言います, 言いシェットランド, 言いミルン氏, 言い伝えられた, 言い出した, 言い張って, 言い森積, 言い触らした奴, 言うし, 言うたの, 言うよう, 言う人, 言う口, 言う映画, 言う様子, 言ってる召使, 言つたさうだ, 言つて居た, 言つて居ました, 言つて居ます, 言つて居る, 言は, 言ひ, 言ひ出した, 言ふからには, 言われるそう, 言われるの, 言われるん, 証言した, 話したそう, 話したらそれ, 話すと, 語った人, 語り仏, 誰伝うる, 貴女見た, 近所の, 返事を, 述べて, 騒ぎ合った

▼ 見たもの~ (510, 2.0%)

2421 がある, ですから 18 はない 13 がない 12 である 11 はなかっ 9 だと 6 であった, です, では, の中 5 でなければ 4 がありません, だから, のよう, は, は一人 3 がなかっ, だが, だった, でした, と同じ, はその, は何, よ, をそのまま

2 [27件] があった, が三人, が多い, だけが橋, だつた, であつ, ですが, ですな, というの, といえ, とすれ, と寸分, と見え, はありません, はこの, はなかつた, はみんな, は果して実際, は誰, は錯覚, もあった, もある, もない, も聴いた, を, を次, 聞いたもの

1 [251件] かそう, かそこ, かたちまち, かどう, からはある程度, かオヤ, か何, か寝起き, か彼, か泰軒, が, があっ, があったら, があります, がいない, がくすくす, がこの, がご, がそこ, がなく, がねえ, がグレ, がユーモア小説, が墓場, が少なかっ, が居ない, が常に, が忘れる, が普く, が此, が無い, が現われた, が町内, が積極的, が粗雑, が肉眼, が部屋いっぱい, が額面, こそ農奴解放, さえありました, さえいない, さえない, さだから, じゃから, だけでも一本の, だけれど, だけをしか断じて, だそうして, だったが, だったの, だろうか, だろうその, であ, であったか, であったけれども, であって, でありました, であります, でありますから, であるが, であると, であるとか, であろう, でございますから, でしたが, でしょう, でしょうか, ですからね, ですわヨ, でないと, でない圧力, で根柢, で機会, で機會, とか聞いた, とこう, としなけれ, とちっとも, との間, とはすっかり, とはやや, とは遠く, とは非常, とまったく, とみえ, と似, と信じ, と全く, と共通, と別, と同一, と大きに, と對照, と思い, と思いこん, と思はれる, と思われる, と箇々, と見えます, と見る, と言われぬ, と違っ, と酷似, なら恐らく, なること, なんかイギリス, にちがい, について筆記, にはっ, には二種類, には忘れられない, には明白, に大きに, に対してはいかなる, に就い, に恨み, に肺病, に近かっ, のこと, のため, のなか, のみを記し, のやう, の事, の方, はありませんでした, はある, はいくら, はいずれ, はお, はおしん, はきっと, はきまって, はこう, はこの恐るべき, はこれ, はござりませぬ朝, はすこし, はそのまま, はそんなに沢山, はたちまち, はつまり, はとうてい, はどうして, はどんな, はなく, はなるほど, はねホラ, ははくち, はびっくり, はほか, はほとんど, はまさしく, はまだ, はみんな地, はみんな株, はよく, は三坪, は三日, は下等, は主人, は二度と, は人間, は今年, は何ん, は凡て, は別に, は勿論, は千人, は口, は古ぼけた, は右, は命, は夢, は実に, は小川, は岸田劉生氏, は広い, は弁当, は形, は御, は忘れまい, は怪塔, は愚か, は昔, は昨日, は暗い, は更に, は東京府南多摩郡加住村大字宮下, は死ななけれ, は死ん, は津田, は浅はか, は無い, は焼ける, は物, は狼狽, は現実, は當時, は痛苦, は皆, は皆一丈, は皇帝, は皇軍, は瞳, は自分, は荒れ果てた, は見た, は路, は陽, は面貌, は頭, は馬, ばかりだつた, もありません, もあれ, もいる, もおのれ, もこの, もございません, もそれ, もなかっ, もなく, もねえ, もほんと, も因果, も大抵, も御座いません, も読んだ, よりずっと, らしい, らしく軽い, をあげる, をすぐ, をすべて, をそこ, を一つ, を今人, を信用, を勝手, を想像, を手, を描く, を未来, を聞きたい, を脳, を見, を見た, 即いち, 感じたもの, 聞いたものアタマ

▼ 見た~ (468, 1.9%)

6967 です 45 だよ 33 だが 24 だから 19 ですが 17 だろう 12 だがね 11 じゃない 8 ですよ 7 だけれど, では 6 だね, だらう, ですか 5 だか, だからね, だそう, でしょう, ですもの 4 だと, だろうと, ですがね, ですけれども 3 だけど, だけれども, ださうで, だって, だな, である, ですの

2 [14件] さ, さ我身, ださうです, だぜ, だつて, だろうという, だわ, ですから, ですがな, ですけど, ですけれど, ですつて, ですね, やもん

1 [41件] か, じゃあない, じゃあ只, じゃないだろう, じゃほら, じゃよ, じゃわかりゃしない, じゃア, じゃ何だか, じゃ又, じゃ普通, じゃ驚くまい, だお化け, だからな, だけれ, だしかも, だすると, だその, だだが, だったね, だとさ, だもの, だもん, だろう朝倉先生, だ二人, だ女, だ獅焼糞, だ鶴井, でございますから, ですかい, ですかね, ですからね, ですこの, ですねえ, ですわ, です二度, です四五十回, どす女中衆, やが, やけど, やそんな

▼ 見たとき~ (437, 1.7%)

8 のよう 6 と同じ 5 にそれ 4 から私, に, にその, のこと, の感じ 3 からこの, にはたしかに, に何処, に彼, に私, のまま, はもう, は彼

2 [35件] あの駅, いきなり私ども, から, からその, からもう, からゴーリキイ, この方, それから其処, とはまるで, にあの, にどんなに, にはっと, にはまだ, には君, には彼, には高野山上, にもう, にガタリガタリ, に二人, に剛愎, に弄ばれ, に感じた, に母, に紳士, に荘田, のうれしかっ, のこの, のやう, の印象, の方, の私, の表情, は実は, は机, ふと彼等

1 [304件] ああいう, ああこれ, あたかも夢, あつた, あの沈鬱, あやつ, あんなに気, いかにもそれ, いつの間にか自分, お三婆, お増, お島, からいっこう, からそれ, からで, からの興味, からわかっ, からキミ, から三週間, から他人, から何となく, から全く, から好まし, から好もしい, から守, から安寿, から岸, から彼, から彼ら, から心, から擦過傷, から気づい, から直ぐ, かれるの, きこりは, このヒューマニズム, この秋, この離座敷, すぐに, すぐには, すぐ胸, すぐ財布, すでにあの, そこでドイツ皇太子, そのままの, その上, その中, その俊秀, その機械, その食糧, そんな気, たしかに家, ただそれ, だけだ, だった, だつた, である, とおなじ, とちつ, とはちがっ, とはひどく, とは全然, とは又, とは異, とは違っ, と先生, と姿勢, と左, と見なかった, と違っ, どういうもの, どうしても一つもの, どうしよう, どうも似た, どう思, どんな気, どんな気持, どんな気持ち, など私, なるほど地震, なんという, なんとも, なんと名, にあたかも, にあれ, にいちばん, にかの女, にこのいわゆる, にこれ, にちょっとそう, にてめえ, にどうして, にどんな, になぜ, になに, になんだか, になんとなく, には, にはあたり, にはいかに, にはお, にはこの, にはこれ, にはすっかり, にはすでに, にはその, にはそれ, にはそれら, にはちょっと, にはどうにも, にはなるほど, にはほんとう, にはまちがい, にはわたし, には三方, には二時間半, には二時間四十分, には何ゆえ, には共産主義者たち, には博士, には大勢, には小人たち, には平一郎, には忌わしい, には思わず, には思わずゾッと, には怪物, には恰も, には本当に, には松江, には残酷, には涙, には潔, には私, には立派, には記録, にびっくり, にも傷口, にも基経, にも岸田君, にも私, にも立合い, にも胆, にやはり, にスクリーン, にゾッ, にゾツ, にポンプ, に人々, に何気なく, に偶然, に僕, に初めて, に初めてほっと, に却って, に叫び, に大隅理学士, に嬉し泣き, に実に, に平助, に彼女, に思いました, に感ずる, に歎声, に泣く, に烈しい, に現, に發見, に確か, に私自身, に立派, に老父, に考えた, に胸, に自分, に著しい, に起こる, に連れ, に長次郎, のあの, のあんな, のびっくり, のま, の事, の仙台, の呆然, の土産, の嬉し, の嬉しい, の官兵衛, の少年, の彼女, の思ひ, の感想, の暗い, の私共, の第, の美し, の花田中尉, の角度, の言葉, の詞, の青, の驚愕, は, はあまり, はいかに, はいつのまにか, はいつも, はうれしかっ, はきまって, はここ, はこわらしい, はさう, はすぐ, はすでに, はその, はそれ, はそれほど, はそんな, はたして婦人, はちっとも, はっと思った, はつぎ, はなかっ, ははん, はまた, はもはや, はやがて, は乳呑兒, は人間, は何だか, は何ん, は千鳥ガ淵, は大, は奇麗, は嬉しかっ, は子分, は安藤てる子さん, は実際, は尤, は彼奴め, は思わず, は整頓, は末尼教, は格別技癢, は案, は死骸, は狭かっ, は男, は画, は異臭紛々, は真黒, は私, は美しい, は肝, は自分, は許嫁, は遮二無二, は随分, ひどく注意, ふっとおお, ふと思いあたった, ほとんど我, ほどおどろかなかった, ほどには驚かなかった, ほど悲しい, ほんに泥棒, また中門, まったく無表情, もあたい, も今夜, も平静, も感じた, も手, も矢代, も聡明, やはりあの, やはり王, よりまるで, よりもはるか, よりも左, よりも思い出す, よりも正しく, よりも見違える, よりも赤坊, パッと, 先ず彼, 初めてこれ, 御米, 思わずぞっとした, 思わずとりすがっ, 感じた驚き, 憤りの, 止めようかしら, 死んだ母, 燃え喘いだ, 特に父, 白い太い長いもの, 考え得ら, 裂かれて, 驚いたの, 驚くよりも, 高く叫びました

▼ 見ただけ~ (356, 1.4%)

79 では 13 である 109 だった 8 であった 7 でその 6 だが, ですから 5 で, です, ですが 4 であったが, で何, で自分 3 であるが, でこの, でこれ, ですぐ, でまた, でもう, で人, で平次

2 [15件] だから, だけれども, だったが, だつた, ぢや, でありました, でその後, でそれ, でどんな, でやはり, でよく, で僕, で胸, で返事, なん

1 [137件] だったけれど, だったの, だつたが, だと, だのに, だよ, であ, でああ, であきらめた, であった右掌, であと, であの, であら, であります, であるから, であろう, であわてて, でおかしく, でかつ, でがっくり, でこう, でさえ, でさっと, でさらに, でしかと, でしかも, でしたが, でしょう, ですか, ですけれど, ですこしも, ですべて, でそこ, でそのまま, でその他, でそんな, でぞっと, でだれ, でちよ, でつい, でどうして, でどうしても, でどの, でどれ, でなあ, でなくしたたか, でなんとなく, でなんら, ではたして, ではは, でぶるると, でほとんどはっきり, でまさに, でまだ, でもうどう, でもう何もかも, でもつと, でわたくし, でイワン, でキッパリ, でコレ, でゾッと, でテッキリ人間レコード, でヒドク貧乏, でポンカン, で主人, で二十五枚, で人生, で信長, で儀八, で兄貴, で先刻, で全身, で兵卒たち, で内容, で出て, で印象, で即座, で反動的ファッショ政治, で周瑜, で好き, で娘, で子供, で安っぽい, で客, で市野, で幕僚たち, で年かっこう, で当分, で彼, で彼女, で彼等, で後, で恐怖, で新しい, で明らか, で本当に, で次郎, で民間識者, で涎, で犬, で直ぐ, で直径幾ミリ, で矢, で破ったり, で確か, で神, で私, で素子, で経, で羅紗, で胆, で萎縮, で藤夜叉, で裏, で言葉, で訊くまでも, で誰, で讃, で讃説者, で通り過ぎた, で醜い, で釜石行, で長老, で閾, で顔, で風早學士, なの, なので, ならなに, ならば, メタボリンを, 三輪の, 僕らは, 受取ろうとも, 少しも僕, 若い者同士

▼ 見たという~ (319, 1.3%)

20 者が 18 のは 11 ものが 9 ような 8 ことが, のだ, のです, 人が, 者は, 者も 6 ことを 5 ことは, んだ, 人の 4 ことです, 人々の 3 こと, わけじゃ, 人は, 人も, 話が, 話は

2 [13件] ことだ, ことには, のが, ので, のである, のも, わけだ, 事実を, 女の, 心持で, 村の, 者の, 話も

1 [140件] あのえたい, おとなしい子供, お雛, ことその, ことだけが, ことだった, ことであった, ことであります, ことである, ことに, その一枚分, その不思議, たち, ところが, ところがあと, のであった, のであります, のであれ, のであろう, のなら, ふうで, ふうに, ものさ, ものだ, ものであろう, ものは, ものばかり, わけで, わけです, わけよ, スッテンドウジは, バーグレーヴ夫人自身の, パッカアの, ロッス夫人や, 一兵は, 一節を, 亀の, 事だけは, 事である, 事は, 事実さえ, 人なども, 人に, 人影にもか, 人魚の, 仏画師良秀の, 他郷の, 件は, 伝説が, 位で, 光の, 光線は, 兵が, 兵も, 化けものかも, 噂な, 噂も, 図と, 園の, 報告さえ, 塔の, 声が, 夢の, 夢はじめは, 大蛇は, 奇談も, 女の子が, 女は, 奴が, 婦人作家は, 子供と, 学生の, 平凡な, 幸運なる, 幽霊の, 幽霊は, 当人も, 思いを, 怪しい一件, 怪しい老婆, 悔いよりも, 意味らしく見える, 意外さだった, 愛の, 感じだけ, 感じだった, 感じも, 方が, 日記の, 時間に, 月ボンクラの, 未知の, 条が, 様々の, 次第である, 沙汰で, 満月や, 火の玉の, 灯の, 点が, 点である, 無電が, 狐火, 男に, 男女の, 白い幽霊, 瞬間の, 程の, 積極的な, 者まで, 者を, 若い女, 莫大な, 覆面を, 言葉の, 記事も, 記憶が, 記憶は, 訳じゃ, 訳で, 証人が, 証人も, 証言の, 話でございます, 謎じゃ, 謎です, 警官に, 赤い箱, 赤橋家の, 近くの, 金色の, 障子に, 雇人は, 顔付きを, 類の, 風で, 風に, 風流客の, 馬の, 馬鹿らしい事

▼ 見た~ (296, 1.2%)

49 がある 23 はない 11 がない 7 があります, が無い, はありません 6 もない 5 がなかっ 4 はなかっ, は誰 3 があった, があったら, は必ず, は無い, もある, もなく

2 [13件] があっ, があり, が一人, が三人, でなければ, はだれ, はなかつた, はねえ, は一人, は何とも, は男性, は重い, も聞いた

1 [129件] ありて, ありと, から聞いた, があったなら, があの, がありません, がありませんでした, があるだろう, があるち, があれ, がいない, がいる, がおまえ, がおります, がこの, がたいてい, がなく, がねえ, が二三, が二三十人, が二人, が出, が外, が居ない, が思わず, が有る, が無, が生憎, が皆, さえあった, さえ殆, でない自ら十分, でなきゃあ, でも, と見ない, なきに, なし当社, ならば, なら一目, なら誰, にはこの, にはすぐ, には堅く, には災い, には知らぬ, に訊け, のごとくであった, のしばしば, の噺, の感激, の最初, の無い, の眼, の聯想, の胸, の記憶, の説明, はあまり, はあるまい, はあれ, はいかにも, はいない, はおそらく, はおどろい, はおどろく, はかつて, はきっと, はこの, はございません, はたちまち, はどこ, はないだらう, はなく, はなし, はまだ, はまもなく, はもと, はもはや決して, は一旦, は云い触らした, は今, は仏様, は仮令, は先年蘇克蘭, は只, は君, は唯, は大概二三度食, は家中, は少い, は屹, は広い, は日本廣, は明日, は死, は死ぬ, は母, は決して, は災, は無, は疑わず, は皆不幸, は祭, は素より, は蝌斗, は見つかり, は誰々, は賢い, は里, は鉛筆, もあった, もあらう, もあり, もありません, もいる, もございません, もねえ, もまた, も少い, も手, も聴いた, も見ぬ, も誰ひとり, をきつ, をまた, を一人, を堪能, を捜し, 無し

▼ 見たので~ (261, 1.0%)

35 あつた 6 彼は 5 あらう, せう 4 私は 3 彼等は 2 あらうか, あわてて, お前が, わたくしも, 今日は, 彼も, 急に, 私も, 突然銀場, 酔つ

1 [183件] あつたら, あつたらう, あつて, あの娘さん, あらうお, あらうおれ, あらうこの, あらう別, あツ, いかにも神妙, いきなり足, いささかていねい, いそいで, いまは, いよ, おしらせに, おのずと詞, お祭り騒ぎの, お菓子を, お蝶, かえって俗, ぎょっとした, ここへ, こっちも, ござります, ござりまする, さうで, さては何, さては泥棒, さへ, してな, すぐ全, すっかりうれしく, せうが, そこまで, そのお, そのため, そのとき, そのまま飛びかかった, その二人, その後劉虞は, その志, その日, その翌日檀那寺, その車, それが, それでなく, それは, それを, それ故に, たちまち仲時, たまりかねて, たわむれに, ちょうど立った, ちょっと意外, ついに暴言, つい変, つい彼, つくづくこわく, なんだかまとまった, ふたりの, ますますその, またどうか, また厭気, まれびと神の, みい子ちゃんは, みな舷へ, みんなから, よく宥める, よく知つて, よほど大事, エスパーニャでは, ドノバンは, 一夜に, 一尺ほどの, 一散に, 一時も, 七は, 万吉は, 下男達は, 久助君は, 乗願房の, 二人で, 二人の, 二人は, 二十四日に, 人殺しに対する, 今迄, 何か, 何だか懐かしい, 何だか梅島, 何とかし, 信長の, 俺の, 僕は, 先生も, 入れました, 其の日中村座, 分る, 勝蔵は, 南陽, 右門は, 同じ場所, 名前も, 呂蒙, 告げ口を, 周章て, 呼応した, 咄嗟に, 回復し, 外の, 大師に関する, 好奇に, 娘の, 家持は, 将門が, 島田少年の, 帰ってから, 年の, 強ひ, 強奸を, 役所に, 彼女が, 徒歩絶壁を, 思いきりよく本国, 思い出したが, 思い出しました, 思わず急, 慌て, 慌てて, 手に, 持って, 数正, 文醜, 方角を, 旅川周馬は, 日本左衛門かかとを, 昨日の, 桜草と, 概念に, 殲滅を, 無ければ, 父さん父さんと, 父と, 牧田氏は, 獣畜を, 番頭の, 病気が, 痛さ, 発狂する, 直ぐにそれ, 知れる, 祈ってる事, 私だけには, 私の, 秦良は, 竹童も, 細君は, 絵そのものに, 義雄は, 翌日それを, 胸が, 見つかつ, 見舞に, 見舞を, 覚えが, 言いかえると, 記者は, 誰も, 豹一は, 越後兵の, 跛を, 近づいて, 近寄って, 逆に, 釈放され, 門の, 陣場夫人に, 頭が, 飛び上がるよう, 馬上弓を, 駕籠屋は, 高氏は

▼ 見た~ (228, 0.9%)

21 がある 7 はない 5 があった, がない, は誰 4 があったら, はありません 3 でなければ, のよう, の話, はその, もある

2 [16件] があつ, がいる, が自分, である, でなくては, と見られた, のうち, の印象, はあるまい, はだれ, はないだろう, はみな承知, はみんなびっくり, は画面, もあり, もなく

1 [130件] から委しく, が, があ, があっ, があらう, がありました, があるだろう, があるちけ, がい, がいない, がいます, がお伝, がそう, がなかっ, がみんな, が今日, が何人, が出, が多い, が居る, が有ろう, が次第に, が死ぬ, が申しました, が言うた, が諸井, だ, だから, だけがタケニグサ, だと, だという, であった, であったから, であつ, であろう, で父, で金曜日, として, と同じ, なら食う気持, にとってそう, にとっては夢, にはこんな, にはそういう, には斯ん, に似た, の, のいう, のみがこれ, の中, の云ふところ, の幼稚, の心, の悪い, の感慨, の歓び, の永く, の決して, の眼, の議論, の鑑賞, の顔, の驚き, は, はああ, はあっ, はあの, はありませんでした, はかの, はごく, はさて, はすべて, はそれ, はそれぞれ心, はたいへん, はという事, はな, はひとり, はほんとう, はよほど, は一人, は不審, は余り, は偉人, は優し, は先ず, は到る, は多かろ, は大きな, は大勢, は大概, は少ない, は当節, は彼女, は心, は恐らく, は死なぬ, は殆, は殆ど, は涙, は無かっ, は爾, は現存, は生涯, は男女, は皆, は知っ, は米国, は美しく, は翁, は色々, は貞操, は非常, もあるまい, もいる, もたくさん, もただ, もなかっ, もやがて, も何時の間にか, も前, も夕べ, も多かっ, も多かれ, も遠目, を其家, を探す, を羨ましく, を衛門督, 聞いた人

▼ 見たから~ (215, 0.9%)

33 である 15 であった 14 です 8 だった 74 でしょう, では 3 であつ, であります 2 うが, ず, そういうの, それで, だらう, であろう, でも, 丁寧に, 知って, 都見物の

1 [104件] あの方, あの日, う, お靜, ここへ, このまま, これは, こんどは, さあ堪らない, して, すぐにも, すは, そこで法然様, その時, その次に, それから満, それが, それだけ親しみ, それに, それより, それを, それ以来赤シャツは, だつた, だわ, ちかごろの, ちょっと挨拶, ちょッと, ついにこの, つて私が, であったが, であったろう, でありました, であるかも, であろう背後, でございます, でしょうな, でその, で彼, で私, なにげなく私, なの, なんです, にすぎないといふ, ぬかりませんのさ, もう一度見たい, もう大丈夫, わしは, ハヌマンは, 一寸一服, 一時鼻息を, 二人は, 京城を, 何気なく聞い, 何氣なく, 余は, 僕も, 其の間, 処女性を, 処罰を, 十万円ある, 午後は, 君が, 堪りません, 多分力の, 大鉄瓶, 女に, 小僧は, 幌別に, 引込んだの, 張合い抜け, 心強く, 怖い物, 怖くて, 思ひ出した事, 悪魔が, 惑うの, 懷へは, 或は敵手, 抜かしたん, 日ごろ小胆, 旦那の, 来たン, 杵太郎さんの, 無銭のりでは, 熱海の, 甚しくおどろいた, 皆んなで, 目を, 直ぐ後から, 米友も, 聞いて, 聴衆の, 話そうと, 読者諸君の, 論は, 諦めて, 貴女は, 逃げたの, 道庵が, 間違いは, 頼んで, 顔は, 飛んで, 駒井能登守の

▼ 見たやう~ (197, 0.8%)

16 なもの 14 な氣 12 な気 6 に思 4 なこと, になつ, に思ふ 3 なところ, な物

2 [21件] だと, ですが, なこの, な不安, な事, な人, な女, な形, な男, な者, な顏, な顔, な風, な驚き, な鷺, にお, に思つたの, に思つた時, に感じた, に面, ね

1 [89件] だ, だ見たやう, である, でございます, です, ですね, ですわ, では, でも, で可, で変, な, なう, なざま, などう, なの, なや, なヘシ曲, な三田公, な不思議, な中, な何所, な又, な合図, な堅い, な婦人, な子供, な役人, な心持, な感じ, な憎悪, な戦慄, な手詰り, な拳, な昔, な松, な様子, な殺風景, な気持, な油繪, な片, な百姓, な窓, な者ぢ, な芝, な葉, な薄暗い, な薄皮, な街, な表情, な言葉, な詞つき, な話し振り, な變, な赤い, な辯護士, な錯覚さ, な青年団, に, にあ, にいつ, におぼえ, にく, にしかこの, にも思ひます, に今, に侮蔑, に僅か, に外套, に始, に威張つて, に庄左衞門, に彼, に思つて, に慌しく, に気楽, に現れ, に白粉, に直ぐ, に眉, に考えられ, に覺, に赤面, に躍起, に身体, に軒, に遣, に震, よ

▼ 見たって~ (194, 0.8%)

5 仕方が 4 仕様が 3 これが, しょうがない 2 いいじゃ, わかるじゃ, 仕様がねえ, 私は

1 [171件] あなたは, あれだけの, あれなら, あんまり見, いうぜ, いた, おあつらえ, お屋敷者, お登和さん, お藤姐さん, かまいません, かまうもの, ここは, この世の, この二人, この晴夜, この私, こりゃいい, こんなもの, しかたが, しょうがありゃしません, しようがない, すがめて, すぐに, ぜんぜん面白く, そいつは, そうだ, その光, それが, ただの, だいこんは, ちっともおもしろく, つじ君あさり, とことんの, どうで, どうならず, どうなる, どれぐらい, ぬい目, のっぺらぽうに違, はじまらずとまって, びっくりする, ほんの一時, まさかこんな, もののほし, やっぱり雪子, ようござんす, ろくなこと, わからない筈, わからんよ, わかりは, わかりやしないわ, わかるだろう, わかると, わかるもん, コガシラじゃ, ドウなる, ハムレット以上の, ホホホもち, 一たび見覚えの, 一匹でも, 一葉に, 一見し, 三十分も, 上総の, 不用な, 不足を, 不都合としか, 主人が, 事情の, 二十前の, 云うん, 云え, 人間と, 今と, 今更どうなる, 以上分, 何が, 何にも, 何の, 俺らの, 僕は, 分らあ, 分らないん, 分る, 分ると, 別に何, 別の, 別人とは, 利口だ, 可い, 可愛いいん, 叱りは, 同じこと, 善良な, 塩釜さまの, 大して益, 大人の, 大得意, 大概分ろう, 女は, 好かろう, 好意から, 始まらないが, 始まらないじゃ, 始まらないわ, 小母さんの, 少しも, 差支えあるまい, 平気だ, 御用聞と, 忠朝が, 怒って, 性に, 恥かしくは, 感心する, 本当な, 横から, 歌どころか, 正当な, 波と, 浪人くずれ, 狐以外の, 猫に, 玄人あがり, 百姓の, 皆な知らぬ, 皇帝失踪の, 目の, 直ぐそれ, 真黒な, 矛盾である, 知れる, 私の, 私達三人の, 秘術を, 立派に, 笑わずに, 素人が, 結局つまらん, 縁が, 美い, 美人じゃ, 考えられないじゃ, 腹っ, 自分で, 自動機械だけにしか, 色々不思議, 色文と, 若衆に, 虎列剌に, 要するにこれ, 見えないじゃ, 見えるじゃ, 見られるよう, 見損, 解るでしょう, 言うの, 言うん, 言うんで, 誰が, 豆俵も, 追っ着かない話, 釣り合わんの, 銭では, 間違える, 面白いこと, 面白おかしく, 面白くあるまい, 馬鹿以上の, 鷺娘には

▼ 見た~ (188, 0.8%)

7 聞いたか 43 どうか, どうかは

2 [13件] あれを, あれ見た, それそこに, ないけれど, わかりません, 何う, 何を, 八, 八五郎は, 姿を, 知れない, 見ないか, 金杉の

1 [145件] ありませんでしたが, あるいは水, あるいは見た, あれじゃ, あれは, あんな三味線, いつに, いとも由々しく, えりな, えりには, えりの, お袖, お通, ぎくっと, ぎりのいちばんひどい家であった, けれどもあれ, こういうの, さけんだ, さらにまた, しれない訳, しんねい, すなお, そういう人, そしてさわった, そのうち, その大砲, その辺, その途中, それが, それとも金髪, それを, たずねようじや, たちまち走, でつしう, とたんに孫策, どうかという, どうかも, どうしても思い出せない, どうだ, どんなにおどろいた, ない, なかつた, ねえから, ばばは, ひどく心得, まず守人, まるで御鷹, やがてかえって金吾, やっと思い出す, やをら立上が, わからない, んべ, ァ, ァござんせん, キリリと, サツと, ハッと, ハッキリ覚え, 一たいどうして, 下なる, 二つ蜻蛉が, 人言に, 今の, 今のを, 会つた, 何時に, 俄かに, 俺は, 内儀は, 出直せという, 刄を, 分らない, 分りゃしません, 分るかい, 別に止めよう, 千二君, 又木虱, 取つて, 各, 哀れと, 妖霊星, 婦人の, 寢卷の, 小声に, 山の, 引き返して, 弱虫, 弾き返されたよう, 彈き返された, 彼女はきゃ, 往来へ, 忽ち効果, 悪魔が, 惚れ直せ下戸, 慇懃を, 携えて, 攻めあぐね, 数えきれぬ程, 数えられぬ程, 新聞, 時代後れと, 有りませんよ, 本国に, 権三は, 権叔父大した, 歌いも, 歌ひも了らず, 残る四, 母の, 泥を, 湖西の, 牛追, 猫の, 甲州一万五千の, 白雀を, 皆の, 知らない, 知らないけれども, 知れないこの, 知れないその, 知れないの, 知れなかったの, 知れなかつた, 知れぬの, 知れやし無え, 神田から, 総帥の, 職業意識が, 自分でも, 若い女給さん, 見たか, 見ないうち, 見ないかの, 見ないかは, 見ない中, 見ぬか, 覚えが, 読んだかの, 諸公, 趙雲が, 軈て私, 雄と, 面白いねと, 駈落者, 髪の毛の

▼ 見ただけでも~ (176, 0.7%)

3 それは 2 そこに, そんなに怒る, 彼は, 忌な

1 [165件] あきらかです, あの浪人者, いかにも強, いかに沖縄, いやに, うるさそう, うれしい心地, おかしいあんな, おほ, おめ, およそ判断, お久しぶり, お前は, お松は, お蔦の, お銀, かなりいろいろある, かれは, ぐつたりする, こういう片づけ, この女, この娘, これは, すぐ睡, そのものは, そのアンナ, その人, その女, その手, その者, その驚愕, それが, それを, そんな手軽い, ぞっとし, ぞっとする, たくさんな, たしかに君, たしかに外国仕立, ちやんと, ちょっと首, とうに僕, とても女, どうも止ったらしい, どうやら倅, どのくらい, なんとなくうす, ばからしいこと, ぴんと胸, ほれぼれする, むかむかする, わかるいまいましい, わかることぢ, わかるの, わたしは, アラカタ見当が, カサカサと, ハラハラした, ブルジョア国の, 一口呑め, 不快の, 不愉快な, 世人の, 事件の, 云い知れぬ神秘的, 人の, 他事ながら, 会社が, 伸子としては, 何か, 何だかぞ, 使いたい心, 便りに, 俺は, 傲慢であっ, 僕たちが, 其処に, 分ってるじゃ, 分りそう, 分ること, 分るという, 前に, 前世の, 勘太郎は, 十分だ, 十分だつた, 十分に, 十種近くある, 参って, 味が, 唐から, 外へ, 大体の, 大抵の, 大抵わかり, 大方の, 天が下に, 女帝が, 妙に, 実に立派, 客は, 容易に, 察しが, 寢苦しい, 市民の, 当り前の, 彼の, 怖しく思った, 怖気が, 性格を, 恐ろしい気, 悪いと, 想像される, 想像に, 慄然として, 拵えられる程度, 持ちたいという, 既に大きな, 日本人と, 旧い道, 明かである, 明らかと, 明らかに, 明白な, 歌人としての, 気の, 気味が, 江戸へ, 済まない恥, 湯場に, 珍らしく, 環境の, 目を, 知れて, 私の, 私は, 種々な, 笑って, 箇々の, 紀元前五世紀の, 縮み上がって, 美しくその, 肉体的に, 胸が, 胸の, 腹が, 興味を, 蟲唾が, 血汐が, 解る, 解るだろう, 謙信が, 貞世は, 身顫ひがして, 逃げ出したいくらい, 過去において, 金を, 開化した, 闘争心みたいな, 随分胸, 非凡の, 面白い獲物, 飛んだ眼, 食味の, 體が

▼ 見た~ (170, 0.7%)

4 が到底 3 でそれ 2 が卑し, である, でとても, では, では普通, による, に依る, のもの, は唯, も何となく

1 [143件] いかにも荒涼, かしらそして, から無骨, が, がいい, がこの, がこれ, がすぐ, がその, がつめ物, がどうしてなかなか, がまあ, が一寸, が一番本当, が中, が今度, が何とも, が其の, が凡そ三里, が勿論, が北條彦五郎, が君, が土地, が大層, が彼, が意外, が成, が斯, が早速, が桐, が棺, が母, が疾うに, が確, が窮屈, こんな楽しい明るい, じゃそんな, じゃア, その巻, そんなもの, だなあ, で, でこれ, でさほど, です, でその, でたった, ではあなた, ではイワン君, では仮令最も, では何, では何処, では僧侶, では八十八夜, では十弁, では双六谷, では君, では塔, では多分, では大きな, では大した, では大阪, では天井, では曲折, では板べつこ, では此処, では殆ど, では混血児, では破れ, では確か, では私達, では薬専, では赤い, でタカガ人間ダ, で一番手前, で仕方, で何, で其, で其の, で変り, で如何に, で容易, で後, で日本, で本, で本来薄情, で済ん, で点線, で直ぐ, で職人, で自分, で若い, で誰, で通り, で電車, との間, なので, に今日, に同じ, に財貨, のあの, のいい, の体裁, の結果, はいかにも, はざつとこんなものであるがこの門, はただ, はどうも, はぼけた, はもっと, はやつぱりちんちくりんの, はクライスラア, は二十歳以上, は出来上り, は勿論, は如何にも, は普通, は未だ, は純, は若, は赤色, は靴, は黒い, は龍泉, ばかりを丁寧, ひどくやつれ, へ赤い, も大抵, やはりいつもの, やれそう, よりも軽い, をそのまま, を以てすれ, を手短, を語り, を説明, 古くは, 如何にも取扱い, 如何にも薄っぺら, 少しも, 悪い女, 決して立派, 甚だ奇妙

▼ 見たばかり~ (165, 0.7%)

24 でも 13 では 3 だから, でもう 2 だ, で, であの, である, ですが, ですぐ, でそこ, で其の, で天使, で手

1 [102件] さすがこれ, だし, だった, だと, ぢや, であって, でありウェリントン, であると, でいいかげん, でいや, でお, でお客, でお家, でかれの, でこれ, でさえ, です, ですから, ですがね, ですけれど, ですね, ですよ, ですわ, でずんずん, でその, でとうとう, でどういう, でどうしてすぐ, でどうせ, でなくその, でなく外, でなく実は, でなく父, でなく話したこと, でほん, でもうもう, でもう何となく, でわては, でわれ勝ち, でホシ, で一人, で一切, で一時間, で一語, で一途, で下, で二人, で人間力, で何故, で口, で向こう側, で大層, で女, で女中, で姉, で婢, で少年, で岸本, で彼, で後, で心, で悪魔, で意気地, で手紙, で様子, で気持, で流れ, で海中, で烟, で瓜類, で皆, で相, で私, で箸, で素直, で美味そう, で胆魂, で胸, で腹, で自分, で自身, で船, で苦痛, で葉子, で虫唾, で解るもの, で誰, で辞書, で逃げ出して, で野路, で霧, で青年, で非常, で食べは, で鶴谷様御用, どうにも手, なの, 一言も, 人らしい, 八ヶ岳へ, 当てものし, 此時自分は

▼ 見ただけで~ (145, 0.6%)

3 何も, 胸が, 逃げて 2 あつた, これが, はっきりわかる, ゾッとした, ゾッとする, 全く手, 失礼し, 満足し

1 [120件] あなたの, うんざりする, うんざりの, おさまりの, お前さんが, この場, この著作, この邸, これは, さっさと帰っ, すぐはっと思った, すぐわかつた, すでに北海道そのもの, すみさ, ずいぶん悲惨, そういうこと, ぞくぞくと, たいてい退却, たちまち全身, どうやら安心, なよやかで, のろまな, びっくりします, ほうって, まるでオリジナル, もううんざりし, もう後, もう種々, やはり荒れ, わかる, わかるの, オソノは, ゲンナリし, ピタリと, プッと, ヨダレの, ヴェリチャーニノフは, 一度も, 一種不安の, 不可能な, 不愉快な, 事件に, 充分で, 充分に, 充分認めず, 内容が, 分った, 分るかいな, 判る, 十分だった, 十分察しられました, 千世子の, 卒倒いたしおった, 卒業する, 印象の, 反感を, 取合わずに, 嘔吐する, 城から, 堪えられないの, 外部から, 大変心地よく, 大野順平は, 妙な, 小夜子サンを, 巡査を, 已に風雲, 帰って, 弟子を, 彼には, 忠作は, 忽ち全身, 思い半ば, 恐れたという, 感ぜられた, 戦争を, 投薬し, 早急に, 明らかである, 昨日の, 書いたもの, 歸つたのか, 死ぬかも, 気を, 法会には, 涙ぐむ, 満足される, 疾うに逃げ, 発狂する, 目を, 直に訣, 相手を, 真蒼, 眼が, 神様の, 童の, 筋を, 肌寒いもの, 胸騒ぎが, 能く, 腎虚に, 自分は, 興奮し, 船へ, 葉子は, 虫ずの, 見当は, 貧血を, 買いは, 軽蔑した, 農夫の, 退却する, 通り過ぎたが, 通過した, 過ぎて, 酔っぱらいそう, 頭が, 頭の, 飼主の, 黙ったので

▼ 見た~ (125, 0.5%)

2 がいい, でこの, には美奈子, に痛快, に綺麗, に美しい, の感じ, は白眼, をすぐ

1 [107件] からし, からは武后, から皆さん, から言っ, がきれい, がすでに, がねかけ, が同一, が弱々しい, が渋々, が艶, ざし, でここ, ではまだたしかに, では単に, では明るく, では若々しい, でひ, でもう一度, でリモオジュ, で一文字, で大陸, で岸本, で来る, で武蔵野, で比較, で肉筆, で萬福寺, で見た, で見比べたら, にうつる, にさえその, にはけわし, にはさらに, にはじつに, にはすこぶる, にはそれ, にはなかなか, にはまだ, には余りに, には多少, には大袈裟, には字画, には安らか, には恐ろしい, には手, には明, には気, には汚い, には決して, には相, には美しい, には顔色, にもす, にもずいぶん, にもちがう, にも優雅, にも全く, にも厳, にも快い, にも気持, にも温良そう, にも綺麗, にも美しい, に快い, に感銘, に新鮮, に気品, に美しく, に誤り, に違い, に間違, に面白く, のうち, のまま, のゆとり, のよう, の中, の変化, の恐ろしい, の態, の美しい, の色, の評する, はすぐ, はどう, は伊達, は山, は恋人同士, は相当, は齢, もお, も曇つて, も涼しく, も綺麗, も非常, よりも着た, を何気なく, を打たず, を次郎, を無視, を盤, を直ぐ, を移し, を胸, を藤吉, を転じ

▼ 見た~ (113, 0.5%)

23 でなければ 3 で, でないと 2 でこんな, でのこと, の事

1 [78件] からにし, からは一日, であか, でいわれる, でお前, でお迎え, でこっち, でこれ, でそれ, でという仰せ, でと答えた, でないとね, でない以上矢張り内心不安, でなくちゃ, でなくては, でなくても, でねえと, での一家言, での本気, ではて, でまた, でもし, でもしい, でも今, でも元, でやはり, でわたし, でモスク, で二つ, で北京, で又, で大変, で夫人, で女, で定める, で手, で日, で汝, で決定, で注文, で澄し, で無ければ, で相当, で矢衾, で私, で秘か, で笛吹川, で考, で話, で誰, で買いなさい, で雇い入れる, どうとか, にし, にてゆるり, にどう, にも広く, に写し取っ, に峠, に思死, に空想, に薪割, のこと, の了簡, の他日, の思案, の批評, の概算, の考へ, は文句, は欲いがいよ, は黙っ, トコトンまで, ノ畑純一氏, 大渋り, 御一報, 戻って, 極力宥め諭そう

▼ 見た~ (102, 0.4%)

73 うだ, 聞きたさ 2 うですが, にお, にまた, に私, 聴きたさ

1 [79件] うだよ, うで, うです, からか好奇, が又, が専一, つそう, で, でいつ, でおずおず, でそつ, でとうとう, でどこ, では, でぼくそッ, でまた, でわたくし, で一遍, で力, で女中たち, で少し, で惡, で眼, で私, で船, で見下ろし, で足音, で跡, で駕籠, にあと, にいっしょう, にいった, にそっと, にそば, にだんだん, にはるばる, にふたたびそっと, にもう, によそ, にわざ, にわざと, にわれ, にウカウカ明神樣, にフラフラ, に一同, に丁度, に人々, に似た, に刻々, に同棲, に呼び, に喜ん, に喰, に夜具, に奈良, に娘, に媛密か, に寄りつい, に忍ん, に思案, に恥, に扉, に来た, に橋, に正行自身, に此處, に無, に無駄, に町, に立, に立ちとどまっ, に芝居, に飮む樣, に首, に駈け, に駕籠, をじっと, 客は, 惹きつけられるの

▼ 見た瞬間~ (99, 0.4%)

93 に私 2 から憎悪, にその, には矢田津世子, に彼女, に自殺

1 [77件] あのゾッと, いきなり花, いとも朗らか, お咲, お銀様, からあさまし, からお前, からすでにもう, からその, からまた, からスッカリ心, からヒシヒシ, から千代, から司法主任, から学校, から彼, から悲しく, から私, から自分, から見る見る, から豹一, この事件, すぐ正木, そのまま硬, その折角, だけだ, だけちらりと, だけは, ちょっとイヤ, てっきりお祖母さん, でなければ, どう云う, なぜか, にいずまい, にこの, にすぐ, にちょっと, にどういう, にどうして, には, にはアイデンチファイ, には思わず, には生きた, には考えなかった, にわかに今, にイギリス, にソバカス, にゾツ, に下宿屋, に了解, に云, に云い知れぬ, に五六年, に何, に克子, に兩足, に勃然, に吾輩, に悉く, に想う, に推定, に故郷, に死ななけれ, に気, に源氏, に直感, に直覚, に第, に自分, に苦笑, に雄太郎君, のもの, の印象, の疑惑, はッ, 思わずあ, 鈍く光つて

▼ 見たわけ~ (92, 0.4%)

38 では 6 である, でも 5 じゃありません 4 じゃない, です 3 ですが 2 じゃア, だった

1 [22件] じゃあない, じゃある, じゃなかった, じゃなし, じゃねえ, じや, だ, だが, だし, だったが, だな, であった, であります, でありませんけ, でこれ, でない, でないが, でなんとも, ではござりませぬ, で御座, なの, なのよ

▼ 見た~ (86, 0.3%)

6 の話 4 の中 3 と同じ, のよう 2 である, なの, の扨, を見た

1 [62件] から逆, があった, がそんな, が何かしら, が余り, が影響, が悪かっ, が深く, が無, こそ振つた, だった, だったが, だったのに, でありました, ではありませんでした, ではあるまい, ではなかっ, でもあれ, でも写さない, でよく, というの, といくら, とも覚えぬ, と現在, と現実, にお玉, にこんな, にもし, によってこの, に慄然, に過ぎない, のそこここ, のなか, のふるさと, のやう, の一幕, の一部, の世界, の内容, の興味, の記憶, はお, はどこ, は昨夜, もはっきり, をおまえ, をくどくど, をまた, を何, を忘れる, を思い出し, を思い出す, を恥づ, を想い出した, を書く, を空想通り, を見る, を覚めた, を話した, を語っ, を買つて頼朝, 話して

▼ 見たけれど~ (81, 0.3%)

2 どこにも

1 [79件] ああなる, あれに, あれは, いまだにこんな大きな, お前は, これぞと, これという, これなら, すぐに, そこには, そのナイト, その人, それが, それっきり人影が, それは, ただ大型, でも他人, とうとう機会, どうしても, どうしても心当り, どうにも彼, なかなかうまく, またお, まだ其頃, もう其, もう春影, もう熱, やつぱり甘, やはりそこ, 一向に返事, 一向はかばかしく, 一向手答え, 今にも更に悪い, 仮令何様, 何の, 何よりも, 何時も, 余りの, 先頭に, 内から, 分らぬ唯十四五, 別段の, 勿論そこら, 単にいた, 双眼鏡に, 取合って, 只その, 向うに, 咎めなかった, 大きな声, 夫が, 妙に, 小だ, 差置いた金包, 干渉しよう, 強いて, 心の, 思わしいの, 恁う, 早や, 枝から, 決してそうばかり, 浩平は, 無論三重, 石を, 確かに, 秀子は, 私には, 穴は, 結局もう一度, 縦し無理, 自分の, 船の, 若しあの, 見のがす, 証拠に, 誰も, 馬車の, 騒動の

▼ 見たまま~ (81, 0.3%)

3 のこと, 云った, 立って 2 もう一度往来, を率直, 聞いたまま

1 [66件] すなお, だ, であった, でいる, でうん, でこの, でほとんど, でまだ, で云った, で別に, で少し, で居られます, で指, で私, で足早, なぜの, にこり, に写生, に描け, に書く, に薄笑い, の事実, の人気, の兄, の切組み, の前妻, の句, の場面, の姿, の実相, の室, の有様, の様子, の自然, の色彩, の雑感, の静か, や, を, をその, を云っ, を手, を描き, を書き留め, を正直, を言っ, を言伝, 低く云った, 出て, 出ようと, 切って, 受け取ろうとも, 思ったまま, 感じたまま, 慌てて, 振向き, 早くも, 暫く答える, 暫く黙っ, 極めて無造作, 歩きつづけた, 殺すとも, 聞いた事, 詳しく話し, 走り抜けようと, 黙って

▼ 見たその~ (75, 0.3%)

5 時の 3 人の, 時から 2 人が, 人である, 人は

1 [58件] おかげで, ことの, とき私が, ひとつびとつの生々し, 一つ前に, 一郭の, 中へ, 丸い頭, 人であった, 作物の, 光は, 反響でも, 古墳の, 問題は, 国は, 夢の, 夢は, 娘さんは, 容子は, 帆である, 庭に, 影像の, 技術を, 挿絵が, 新調の, 旅の, 日の, 時に, 時代です, 時分の, 晩の, 注文の, 洋館という, 狂犬は, 男が, 男に, 男は, 男も, 白髪という, 目つきが, 目の, 眼ざし, 眼に, 眼付きに, 背景の, 菖蒲池古墳, 薄赧, 西洋人は, 記憶が, 赤い咽喉首, 近常さん, 頃の, 顔, 顔が, 顔の, 顔は, 風采ほど, 魂が

▼ 見た~ (75, 0.3%)

4 でその 3 のもの 2 では別, で仕方, で辛うじて, による, は芸妓

1 [58件] がまだ, が一人前三十銭, が何れ, が余り小, が古銅, が少し, が松, が若草, が雨戸代り, が黒, この拇指, こんな社会, そのよう, でありふれた, である, でいざ, では色, では連続, でもしょんぼり, で世間, で二歩, で五・一五事件, で今更, で何, で先生達, で全体江戸, で初めて, で又, で夫, で始まらない, で感服, で成り立つ, で歴史的部分相互, で無論, で肝玉, で自分, で薄く, で鳥, どうしても空家, に従え, のマチス, の一枝, の外観, の容子, は依然として, は女, は姑らく, は強, は沼, は若い, は見上げる, へ案内, も綺麗, より有徳, を描かせた, を話す, 案の定明智, 極く

▼ 見た~ (72, 0.3%)

15 がいい 5 がよ 4 がよい 3 がよく, がよろしい 2 が, がえ, がよかろ

1 [36件] があります, がい, がいかにも, がずっと実際, がどれほど, がはっきり, がよう, がよかっ, がよっぽど, がよろし, が一層, が事実, が印象, が好い, が好く, が当, が心残り, が早い, が早く, が早わかり, が早道, が本義, が正し, が現象, が當然, が穏当, が自然, が至当, が色々, が間違い, が面白い, だね, であるが, なの, の者, は

▼ 見たけれども~ (71, 0.3%)

2 その人, それは, 何を

1 [65件] あれも, いろいろな, お松は, この興奮, これは, これまた, こんな大きな古い, こんな晴れ, そういう宝, そこには, そして気の毒さ, その中, その意味, その時, その男, ちっとも返辞, どうしてなかなかしっかり掴ん, どうしてもそれ, どうも何かしら, どうも安全, なんら心, もはやその, やっぱり中, ムクの, 一つで, 何う, 何も, 何者の, 作としては, 内部は, 割と, 又走っ, 叡慮お許しが, 古い瓦, 可笑しいです, 向ふも, 唯だ, 外は, 夢の, 子供の, 家は, 小児は, 彼れ, 忽ちクルリ, 既にその, 普請が, 未だに添われぬ, 東京に, 正視する, 歯痒いほど, 河岸に, 爺さんの, 特別の, 甲斐が, 當時支那の, 私には, 私の, 網には, 纏った文句, 纏つた文句は, 誰も, 遂に見当らぬ, 錆びては, 鐘鳴, 黒い石炭

▼ 見た~ (68, 0.3%)

2 でこの, では, でまた, にいった, に川, のこと, の呉一郎, も美しき, 再び駆け出し

1 [50件] ある下役, さっさとまた, でかう, でそろそろ, でなければ, でのギリシア, では日本人, でまだ何やら, でも一, で加藤さん, で右側, で小, で岸本, で若し, とあるカフェー, とうとうその, に, にお松, にくるり, にこういう, にその, にまた, にもスミルノーヴァ, に其処, に前, に又, に咳払, に女, に小, に檮, に永らく, に眼, に砂丘, に祠, に膝, に艪, に裏門, に黙, に黙っ, のよう, の不快, の幸い, の様, の樣, の田中翁, の自分, までまるで, やはり格別急ぎ, 実は奥座敷, 早速仕事

▼ 見た~ (63, 0.3%)

11 違いない 8 相違ない 6 ちがいない 4 違ひない 3 過ぎない 2 すぎなかった, 拘らず崇高, 過ぎないの, 過ぎません, 違ない

1 [21件] きまって, きまつてる, したところ, しても, しろぼく, すぎない, ちが, ちがいご, 二十八日毎に, 相違ありますまい, 相違ありません, 相違ございませぬ, 箕ほどな, 過ぎない私, 過ぎなかった, 過ぎなかつたで, 過ぎぬ, 過ぎぬかも, 過ぎぬが, 違いありません, 違い無い

▼ 見た通り~ (63, 0.3%)

3 である 2 だ, の形, の美しい

1 [54件] きいた通り, こうして聖典倶係震卦教, だから, であった, でさあ, です, で高, というもの, にあり, にいった, にそれ, に云え, に几, に女王, に指, のこと, のざま, のそれ, のまま, のもの, のルウス・ジュッド, の剣, の品, の幽霊, の弱年者, の形装, の恰好, の所, の新聞紙包み, の朱, の根, の死に, の津田, の物, の町奴, の色, の色彩, の裸一貫, の賢い, の道, の醜態, の餅, ほとんど全部, まだなにごと, をお話, を云, を伝え, を地方, を正直, 弱りきって, 感じた通り, 探がすと, 聞いた通り, 詳しいに

▼ 見た~ (62, 0.2%)

5 の人 3 の顔 2 であった, のよう

1 [50件] かということ, がある, がどうしても, が今日, が出, が着, が約束, そっくりであった, そのままである, だぜ, だという, だらうと, だろうと, としての娘, とは変っ, にそっくり, のうち, のこと, のそれ, のやう, の中, の俤, の印象, の名, の姿, の寐顏, の寝顔, の履物, の教師達, の数, の方, の目つき, の眼, の秘密, の膚, の身体, の頭, は, はハッ, はハツ, は二度と, は何, は即座, は洋傘, は照子, は身体, もそこ, を恋し, を頭, 次に小

▼ 見た~ (60, 0.2%)

5 人には, 姿 3 延の, 延は 2 八重は, 君の, 秀は, 絹は

1 [36件] くみは, たまの, つぎの, ほくに, 七の, 冬さんに, 冬さんの, 加代の, 勇が, 坊さんの, 姉さんが, 姉さんは, 姿だけは, 孃さん, 孃さんに, 尻の, 延に, 延にも, 染久松の, 浦も, 浪は, 由羅の, 神さんは, 綱が, 芳の, 華客先の, 萬の, 蓮様あっと, 蓮様は, 蝶の, 蝶よりも, 角が, 角に, 角は, 銀様は, 錦という

▼ 見たといふ~ (59, 0.2%)

5 のは 3 人が 2 のです, 人を

1 [47件] くらゐだ, ことが, ことだ, ことだの, ことで, ことは, これは, その宮殿, その英國人, たつた一人, でもなし, のだ, のでした, のには, ふうで, ものある, ものが, ものは, やうな, わけぢや, んださう, ミーチャンは, 事が, 人には, 人の, 人は, 人影が, 光線は, 夢の, 小松清氏が, 廊下の, 思ひが, 怪異が, 投書は, 日本一の, 曲者の, 月ボンクラの, 次第で, 池も, 程度でなく, 窓は, 縁側の, 船の, 話が, 説が, 間阿, 鰻に

▼ 見たあの~ (57, 0.2%)

3 図より 2 色と

1 [52件] ゆううつで, ガラス戸が, クチナシ国の, ポプラや, 三角形の, 中くらゐ, 事件の, 人は, 人達は, 何か, 圖より, 壁の, 女は, 娘が, 少女を, 山蔭の, 干物を, 御所の, 悪尉, 悪漢だ, 憎悪に, 折の, 支配人の, 日を, 時計塔の, 晩の, 暗い海, 曲独楽かしら, 殺伐な, 活き活きと, 溝渠の, 灰いろ, 無地の, 生々しい松, 白藤の, 目撃談の, 石河岸の, 祭だ, 綺麗な, 美しい土地, 花世に, 蠅男は, 血の池を, 袈裟切り太夫じゃ, 警官です, 踊りか, 辺である, 部下の, 阿片吸飲の, 露骨な, 青い海, 高札

▼ 見たものの~ (53, 0.2%)

2 どれとも, 話を

1 [49件] およそ小豆, かくの, これを, すべては, そうし, それが, どうにもしようが, どれよりも, ねっから何, まだ一頁, まだ自分, やっぱり安心, サテどうして, マッチを, 一人であった, 上気せる, 乞食の, 事に, 人生記録でも, 仕様無かっ, 何と, 兜などは, 勿論私, 千ちゃん常々の, 口から, 名が, 味方の, 土手にも, 姿を, 子供の, 実は内々閉口, 御蔭で, 心から取り除けられぬ, 心を, 思いなしか, 意味を, 慾目だ, 拙い上, 最初から, 江戸の, 生まれ故郷に, 腹が, 自分には, 自業自得の, 記憶の, 記憶は, 話では, 豆太郎という, 過失で

▼ 見たかと~ (51, 0.2%)

10 思うと

1 [41件] いいますと, いおうと, いわないばかりに, いわぬばかり, いわん許, おっしゃるの, おもうと, きかれると, たずねられりゃ見たと, なると, 云うの, 云うもの, 云う目色, 云えば, 云ふ, 云ふんだ, 云わぬばかりに, 云わぬばかりの, 云われるの, 仰っしゃいますので, 余に, 尋ねました, 左馬介が, 思う瞬間, 思った, 思ったの, 思ったらすぐ, 思ふと, 思われるほどに, 気がついて, 氣が, 白い, 聞いた, 言ふと, 言わないばかりの, 言わぬばかり, 言わぬばかりに, 言われりゃ見たと, 言わんばかりの, 訊いた, 質問した

▼ 見た~ (49, 0.2%)

2 それを, セイロンという, 案内し

1 [43件] あの親切, いい幸, お話も, その前, では, で糞落付, またある, またその, またイギリス, また沢山, ボーイや, 一人は, 一昨日まで, 三太郎と, 二本松の, 今夜は, 依田川という, 共鳴も, 初期乃至, 又之, 否見た, 嘉暦三年には, 岸近くの, 市民は, 御飯も, 撫で肩で, 日頃から, 村では, 東海道も, 流行の, 満喫な, 父の, 絵葉が, 続いて, 耳で, 自分も, 花に, 若葉の, 警固の, 都新聞の, 野原の, 雷も, 霊泉寺の

▼ 見た~ (49, 0.2%)

4 の心 3

1 [42件] がなにか, にはその, にはまだそんなに, に取っ, の全身, の内心, の姿, の座蒲団姿, の感じ, の犬, の窓, の胸, の記憶, の部屋, の顔, はいきなりわいわい, はかっと, はこの, はそこ, はどっち, はどんなに, はなん, はやがて, はアッ, はイヨイヨ勢, はハッ, はムツ, は何, は元, は千代子, は又もや, は土地, は妙, は幾分, は思わず, は恐るべき, は我国, は段々, は眼, は矢庭, は苦笑, を今日

▼ 見た~ (48, 0.2%)

5 なもの 3 な事, な気, に自分自身 2 な人, な者, に暗い

1 [28件] じゃ, だ, だが, だと, である, で太い, なの, な処, な声, な小柄, な所, な朝鮮簾, な武士, な物, な犬, な能役者, な路, になっとる, になつ, にも思う, にボンヤリ, に噂, に小判, に局部, に思, に話し, に説かれ, に身体

▼ 見たきり~ (47, 0.2%)

3 である, ですが 2 で, でさっさと, でその小さな, で口

1 [33件] いそいで, そのまま私たち, だが, だった, だったが, であったから, であつ, でおびえ, でその後どこ, でほとんど, で三度, で他, で再び, で姿, で年寄, で止した, で目, で話, で逢わない, で長い, で黙つ, なの, なんとも答えず, の古墳, の女, の相手, やはり漠然とした, やはり返事, 何とも言, 固くなっ, 少しも, 振り向こうとも, 長くなる

▼ 見た途端~ (43, 0.2%)

3 に自分 2 にお

1 [38件] あの人, いきなりふくれあがった, いきなり敵愾心, から私, さすがに, しびれるよう, その光, その気持, その笑, どきんとした, なぜだ, におれ, にさ, にさめた, にじゃ, にそれ, にてッきり, にである, にはだし, にツーン, にハハア, に一人, に右, に多鶴子, に年来, に徹頭徹尾, に昂奮, に気の毒, に浴衣, に涙, に豹一, の憤り, はっと胸, もしかしたら, やはりこの, 再び燃え上った, 困っちゃったと, 激しい衝動

▼ 見たとたん~ (42, 0.2%)

2 からまるで, につい, に胸

1 [36件] いいこと, いきなり敵愾心, なぜか, に, にあの, におろおろ, にこう, にさっと, にそれ, にのぼせ, にはっと, には意味, にびっくり, にもう, にも真っ先, にわかつた, にわし, にわたし, にパッ, に不思議, に両手, に井戸, に仇敵, に俺, に喜兵衛, に堪えがたい, に意地, に暗い, に源太, に癩病院, に睫毛, に絶対, に舟辰, に身ぶるい, に迦羅, に逆上

▼ 見たあと~ (41, 0.2%)

7 のよう 3

1 [31件] だったから, でこれ, でその, ではいつも, ではそこ, ではどす黒く, ではほとんど, では作者, でやっと, でやつ, でようやく, でガラス, で全体, で国産, で手巻煙草, で煙草, で物語, で私, で締り, で自分, で警部, で鏡, で頼, にこの, はいつも, はその, はどうせ, は家, は細流, また教室, 少してれた

▼ 見たそう~ (41, 0.2%)

8 である 3 だが, で, でございます, です 2 だ, でした, ですが

1 [15件] いえば, じゃない, だった, だね, だよ, ですね, な, にいう, にいっ, にござる, にモジモジ, に封, に眺め, に言う, 言って

▼ 見たところが~ (41, 0.2%)

1 [41件] あんまり名前, おかしくも, かかること, くるくると, この滝, すっかり家庭的, そこに, そこは, その年寄, それっきりの, それには, ただの, ちょうど私, どうじゃ, どうする, なんの, まだ借手, もう一つ, やっぱり虫, イヤどうも, ソクラテスは, チベット人は, 一向につまらない, 七つか, 下腹の, 何とそれ, 作者の, 僕の, 宿から, 左の, 弘く, 後の, 折れ曲った部分, 桜は, 棚の, 男子が, 結晶の, 見越の, 調子はずれに, 赤い背, 骰子の

▼ 見た覚え~ (41, 0.2%)

12 がある 6 はない 3 があります, がない, のある 2 のない, はある, はなかっ 1 があつ, がお, がなかっ, はただ, はどうも, は皆無, は確か, もあざやか

▼ 見た~ (41, 0.2%)

5 だと 32 だったが, であった, です, ではある

1 [25件] がどうも, が拳銃, だが, だちの, だった, だなと, だのに, だ或, であったが, ですから, ですけれど, でないよう, なのに, にある, にすぎない, のきれい, のよう, の一人, の蝋燭, はかなり, は忘れやせん, は想像, は猫, は頬, は魚

▼ 見た~ (39, 0.2%)

3 の顔 2 の姿, の眼

1 [32件] が悉皆, が気, が自分, そしてレイモンド嬢, だった, だったか, であること, でした, ではない, でも私, というの, という男, といふ男, に似, のす, の名前やあ, は, はあった, はおそらく, はその, はミドリちゃん, は則, は急, は熱病, は直ぐ, は確か, は誰, は足, は道庵, は非常, も背, を魅する

▼ 見ただけの~ (38, 0.2%)

4 ことを, 人は 2 ことです, ものです, ものは

1 [24件] お雪ちゃんの, こと, ことそれはいちめんに, ことだ, ことでした, ことな, ところでは, ものに, ように, パースペクティヴによって, 事です, 事や, 事を, 人から, 人には, 価値は, 女です, 容態を, 本でも, 火なら, 理由で, 甲斐は, 盤面しかと, 眼には

▼ 見た記憶~ (38, 0.2%)

10 がある 5 があった 2 がなかっ, はある, はない

1 [17件] があり, がない, がもう, が役立った, が彼, が眼, が蘇っ, であろう, とも言えない, などを漱石, に違い, のある, のま, のまま, のよう, はありません, は僕

▼ 見たさの~ (36, 0.1%)

2 ような, 好奇心から, 好奇心に, 好奇心も

1 [28件] やうに, 一心から, 一心に, 一念から, 世にも異様, 人だかりは, 余りふと, 初瀬籠り, 及び腰で, 向う見ずの, 奇妙な, 好奇心で, 店に, 徒ばたり, 心が, 心持が, 心理だらう, 憧れから, 気持とも, 物好きが, 目が, 眼を, 穉い, 良いところ, 若い男たち, 連中のみ, 連中は, 遠巻きに

▼ 見た~ (36, 0.1%)

4 の青年 2 の眼

1 [30件] がまだ, が今, が神, には自分, の三階建, の作品, の写真像, の原書, の姿, の対局, の方, の様子, の目, の眼付き, の研究, の笑い, の素直, の背丈, の胸, の顔, はすぐ, はもう, は同様, は多少, は小林, は月光, は私, は自分, は蒼く, も見た

▼ 見た~ (36, 0.1%)

5 のこと

1 [31件] から, からこんな, からそんなふうに, からのこと, があった, が丁度, であった, なん, にじつに, にはそれ, には内気, には執念深く, には方, には権勢, には気絶, には誰, には足代, にやあ, にやあ際涯, にや爪, に彼, のあの, の圏境, の彼, の美しい, の記録, はすくなくも, も武士大衆, より前, を, 初めて自分

▼ 見た場合~ (33, 0.1%)

2 のその

1 [31件] がない, こういう風, でございます私, とのケジメ, とも解する, と同じ, どうしてもその, どうだろう, どう思える, などに感ずる, においてその, についてもいわるべき, にはたいていはなはだ, にはまた, には全く, にもし, に嘆, に於, に正統, に起る, のこと, の世の中, の仙術, は秀吉, やはり似た, を詠んだ, 依然として鑑賞, 或は戦争, 或る, 殆ど哲学的, 淋しいもの

▼ 見た~ (31, 0.1%)

4 けで 2 である, ではそれ, でも自分, で作家, で瑠璃子, の女

1 [15件] けだ, けでもこう, けでも曰く, けなん, だ, であった, でそれ等, では実際, でも其熱心, でも想像, でも益, で出, で平地, で恐怖, で気持

▼ 見た彼女~ (31, 0.1%)

2 の清純, の胸, の顔

1 [25件] が亭主, には適当, のうち, のよろこび, の姿, の悲痛, の態度, の慾望, の故郷, の皮膚, の眼, の髪, はけっして, はすぐ, はとりつく, はハッ, は何, は小柄, は年取った, は日傘, は最近人, は枯草, は返事, を今, を花

▼ 見たばかりの~ (30, 0.1%)

2 ような, 一匹の, 夢の, 夫人を, 少女の, 青木淳の

1 [18件] ころに, ところでした, 大福帳仕, 女たちを, 女に, 女を, 平気さです, 感慨も, 映画中の, 時に, 時は, 時夫の, 景色からでも, 木部の, 死美人の, 私の, 群衆の, 舞台を

▼ 見た~ (30, 0.1%)

3 はめ 2 いしが, ふ, ふか, ふ父

1 [19件] いしなら, いしや, うなんじの, えって, えな, はずや, はず聖惠に, はむ, ひけるが, ひぬ白尾, ふか下品, ふに, ふは, ふらむ, ふ如し, ふ時, ふ神, へり, ぼろしに

▼ 見た人々~ (30, 0.1%)

2 は皆

1 [28件] が, があり, が噂, が認識, には余りに, の内, の心持, の答, の魂, はいずれ, はいった, はけっして, はすぐ, はたやすく, はだれ, はびっくり, はみな感嘆, はみんな, はヴァランタン, は主として全く, は必ず, は意味, は抑, は時報, は記憶, は誠に, は誰, 実にキノ子

▼ 見た時私~ (30, 0.1%)

2 の心, の胸, は思わず, は急

1 [22件] の気持, の発した, はおや, はすべて, はその, はどんなに, はほんとに, はハッ, は何とも, は修証義, は大して, は実に, は少し, は彼等, は我国, は昔, は気, は燈台, は解き, は遂, は面白い, は食物

▼ 見たかも~ (29, 0.1%)

3 知れません 2 知れない, 知れぬ, 知れぬと

1 [20件] しれない, しれないけれど, しれないぜ, 一人の, 分りません, 無えもん, 知れず見ないかも, 知れないけれども, 知れないほど, 知れない幻影, 知れない當時日本, 知れなかった, 知れなかつた, 知れぬが, 知れませぬ, 知れませんあの, 知れませんからね, 知れませんよ, 知んねえ江戸者, 覚えて

▼ 見たこの~ (29, 0.1%)

2 子は, 男の

1 [25件] おじさんが, 下宿の, 不思議な, 主人は, 人も, 仰々しい山門, 光景にたいして, 古い遊び, 問題に対する, 壁燈の, 家の, 少年の, 少年は, 布に, 必然性に従って, 日の, 渓谷に, 狭い地面, 目が, 眼で, 紙帳の, 路から, 身の上の, 重なる, 頃の

▼ 見たとか~ (29, 0.1%)

3 言つて人橋かけ 2 御主人, 見なかったとかの

1 [22件] いう話, さかんに, それが, また白い, 云います, 云うこと, 云うの, 云うふれ出し, 云う実証, 云ふ, 何とかいう, 墓場を, 幾度か, 棺桶が, 樫を, 竜が, 見ないとか, 見なかったとか, 見なかつたとかいふ, 言った, 言って, 雪の

▼ 見た時彼~ (28, 0.1%)

2 はその, は愛憐, は自分

1 [22件] が一生, が思いついた, の聯想, は, はす, ははげしい, ははっと, はまた, は何故か, は初めて, は刹那的, は実に, は恐ろし, は意外, は泣き, は生涯, は癩病人, は空, は茫然, は身, は遂に, は驚き

▼ 見たため~ (27, 0.1%)

2 しがないの

1 [25件] か神霊, しもなかつたせゐ, だ, だろうか, であった, である, であろう, です, ではなく, で私, にこういう, にせっかく, ににわかに, にもう, に女, に小説, に得, に捨てたくなった, に気, に港, に貨物列車, に鳥, の苦しみ, 御林軍, 知ったため

▼ 見たとは~ (27, 0.1%)

1 [27件] いえかれは, いえないと, いったいなに, いってや, いふものの, いへ, いわなかったが, かかる時電気, どんな夢, 又別, 大違い, 大違ひで, 姫君へ, 思わずに, 思わないであろうから, 斯う, 真か, 知らすまいかわいそう, 考えられません, 言えない女, 言えない子供, 言って, 誠に殺風景, 趣が, 違って, 違ふからそこを, 限らないで

▼ 見た景色~ (27, 0.1%)

3 である 2 に似, を忘れない

1 [20件] がありあり, が最も, が消えず, だったよう, であったの, でありまして, であろう, とすれ, とそっくり, と同様, の中, はいつ, はさっと, はたとへば, は往き, は相, は行き, ばかりである, もかなり, を写す

▼ 見た感じ~ (26, 0.1%)

1 [26件] がうとましい, が甚だ, だった, だつた, でございますが, でした, でたかだか, では, ではそれ, では内海, では海浦さん, で亢奮, で洵, なりと誤魔化そう, にも似, はそれほど, はたしかに, はだれ, は熊, は頗る, もいや, も好い, よりもずーっと, をもった, を云え, を率直

▼ 見たとて~ (25, 0.1%)

3 何の 2 どうにもなる, まだ本当, 鬼の

1 [16件] こんな味, なんで目, なんの, べつにふしぎ, 何が, 分かるはず, 区別が, 千たび見た, 同じこと, 同人と, 恨みが, 正気に, 母に, 生きかえるわけ, 貧血な, 通勤の

▼ 見た~ (25, 0.1%)

62 じゃ, だから, だが

1 [13件] だし, だったが, だよ, だわ, だ新吉, であって, である, であるが, です, のない, の平次, はない, よ

▼ 見たなり~ (24, 0.1%)

2 で口, で無器用

1 [20件] くるくると, その時, たまらなくなっ, で, でやはり, で何, で女王, どうしてこんな, わざと玄関, 今度は, 俯伏い, 又絲目, 吐き出すよう, 女は, 少時黙っ, 眉も, 自分の, 茶を, 返事も, 黙って

▼ 見た~ (24, 0.1%)

2 にはもう

1 [22件] から数える, と今年, にはその, には其社殿さ, には彼, には砂利場, には蓆, に島原, に突然, の彼女, の有, の有様, の若々し, はちょうど, はどう, はほ, はガラツ八, は能面, は車, は雨, ほひ家康, まだ女

▼ 見たかの~ (23, 0.1%)

6 ように 4 やうに 2 やうな

1 [11件] ごとく地, ごとく慄, ような, イデオロギー論は, 城の, 天下じゃ, 女の, 娘が, 消極的弁証法からの, 蠅が, 連続性と

▼ 見た最初~ (23, 0.1%)

3 の時 2 からこれ, の瞬間

1 [16件] かもしれない, から尊敬, から水夫長, から私, であった, であつ, にあいにく, にがんりき, に忽ち, に感ずる, のもの, の人, の感情, の規則違反, の記憶, は吠え

▼ 見たそれ~ (21, 0.1%)

2 とおなじ, を先

1 [17件] があたかも, が今, なので, のごとく, の角速度, はいづれ, はかの, はまことに, はまつたく, は九時, は博士, は叢書, は埓, も一人二人, よりも更に更に, よりも遥か, を洗

▼ 見た~ (21, 0.1%)

7 あらう 5 せう 2 せう乞食 1 あらうこと, あらうなぜ, あらう兎, あらう南京城, きば, せう掌, せう親分

▼ 見たとおり~ (21, 0.1%)

1 [21件] だが, だった, つまらない男, であったが, にその, にメヌエット, に一通り, に墓石, に真似, のこと, のもの, のよい, のルフィノ寺院, の好人物, の容貌, の服装, の眼, の親しい, またばたばた, を目, を知らせ

▼ 見た~ (21, 0.1%)

2 ひがめか

1 [19件] いいが, ないでしょう, インド洋産七八フィートあった, ヒガ目今日あたりより, 一士官しばしば, 事實である, 今日が, 僕これが, 僻目か, 初めてじゃ, 山姫の, 崩れた壁, 幼い日, 彦徳の, 慄然と, 眼違いで, 自業自得と, 蛇だった, 見たが

▼ 見たはず~ (21, 0.1%)

32 だが, です

1 [14件] がない, じゃ, だがと, だぞ, だっけね, だと, だ藪下, である, であるが, のすずらん型, の人, の人物, の平次, はない

▼ 見たよりも~ (21, 0.1%)

1 [21件] しっかりした, ずっと病人, なお小さく, なお豪壮雄大, ひろびろと, よっぽど長い, ゴソゴソしなかった, 一つ二つは, 一層大きく, 一層御, 一層陰気, 一段と美しく, 尚お, 強く昂奮, 更にげっそりと, 更に大きく深かっ, 更に美しく, 荒涼陰惨と, 迅く, 遥かに, 驚いた

▼ 見た刹那~ (21, 0.1%)

2 に自分

1 [19件] あるいは殿, からすでに, から好き, から彼女, から旗岡巡査, から過去, どうしてもその, にである, にはちょっと, にフイ, に心, に私, に肉体, の光景, の感じ, の感想, はじめて私, は幾分, 精しくいえ

▼ 見た~ (20, 0.1%)

3 のもの 2 である

1 [15件] だから, ですから, ではなかなか, では分らぬ, では決して, では穴, では空想, では見付からない, では覚えられ, では識別, で尾根, にハッキリ, のこと, のもん, の礼

▼ 見た光景~ (19, 0.1%)

2 ばかりが煎り付く

1 [17件] がまさしく, がまざまざ, が一々, が幻影, だ, であった, と寸分, に遭遇, の一つ, はそれ, はなんと, は凄い, は実に, は物凄かっ, も忘れ, も見せ, をもっと

▼ 見た~ (19, 0.1%)

8 では 2 であるが 1 じゃあねえ, じゃありません, じゃねえ, だよ, でありますから, です, でも, でもうどうにも, になる

▼ 見たそして~ (18, 0.1%)

2 私は

1 [16件] その夢, もや, 口元に, 多くの, 夜は, 大きな流れ, 宿屋では, 小草, 待った, 手中の, 男の, 疑った, 登山した, 精神的な, 見る事, 逢へ

▼ 見たのみ~ (18, 0.1%)

4 である 2 であった

1 [12件] であつ, です, でそれなり, でどうか, では, でも, で山上, で爾後, で答えようとも, で間もなく, ならず不思議, 呉織

▼ 見たしと~ (17, 0.1%)

2 廓が, 思ふ念, 申すや

1 [11件] いふ, いわば妖術, それを, ふと思ひけり, 云うを, 思ひし事, 思ひ居りし際, 我すら, 狂ったよう, 縺れ舌, 薄暗き河岸通

▼ 見たまえ~ (17, 0.1%)

2 かし

1 [15件] あれを, このなんにも, それ血の, な, や老, 僕の, 回鶻人が, 実物を, 手拭なし, 斯う, 此髪の毛を, 濠州の, 犬が, 表札も, 見たまえ

▼ 見た~ (17, 0.1%)

1 [17件] そこに, ちやんと, なんでも, なニューッ, な家, な考え方, りか余程, わしは, ソヴェトで, 一人で, 中村と, 今朝, 先生の, 女の, 婆アや, 度々, 松火の

▼ 見た自分~ (17, 0.1%)

2 の感想

1 [15件] で自分, とその間, のす, の上, の印象, の如何にも, の姿, の家, の母親, の無, の芝居, の足, はその, は何となく, は思はず

▼ 見たつて~ (16, 0.1%)

1 [16件] いいました, いふ気, しやう, そんな事, わかるが, わかるでせう, 分かるだらうが, 分りやしないから, 分りやしないわよ, 分る, 同じこと, 好いさ, 知れます, 解りやしない, 解るの, 面白くない

▼ 見た人間~ (16, 0.1%)

2 のよう, の実相

1 [12件] が三四人, でもこれ程, とは思えぬ, の手, の最大欠点, の顔, はそう沢山, はまさに, は何人, は地上, は滅多, を追っ駈け

▼ 見た~ (16, 0.1%)

5 の麓

1 [11件] とは殆, と今日, のた, の塔, の夢, の形, の桜, は父, へ行け, をかぞえ, を降り

▼ 見た結果~ (16, 0.1%)

2 を綜合

1 [14件] から云え, が仮に, が小富士, この建物, この種, その内容, であって, として感じる, と大した, による, によれ, はむりに人, を知らせ, 生きて

▼ 見たうえ~ (15, 0.1%)

32 でなければ, のこと 1 で処置, で名, で対策, で答弁, で老人, に奥ゆかしい, は何とか, は長年

▼ 見たころ~ (15, 0.1%)

1 [15件] からである, とは宿賃, と同じ, にちょうど, にはすでに, には半蔵, には学校, には足利方, の神社, は, はこれ, はただ, は夕方, は追い追い, は駿河

▼ 見たせい~ (15, 0.1%)

1 [15件] かお, かその, かもしれない, かも知れない, かも知れません, か彼, か彼女, か政友会, か本当, か神様, か馬, だった, では, なのよ, もあるだろう

▼ 見た~ (15, 0.1%)

2 での傑作, で最も

1 [11件] ではヒロセ元美, でもわかつた, で一番結果, で最もぞっと, で末造, で朱欒, にたぶん, にはどうも, に京都, に色若衆, の様子

▼ 見た~ (15, 0.1%)

6 がした 3 がし, がする 1 がいたしまする, になった, になつ

▼ 見た~ (15, 0.1%)

1 [15件] が寝せ, とやらは真実, と云う, の夢, の形相, の背, の腕, の荘厳, はそれほど, はにわかに, はまた, は右足, は役場, は片, は自分

▼ 見た~ (15, 0.1%)

2 を軍司氏

1 [13件] だ, でその, なども申し上げる, なん, のあらまし, のハガキ, をくわしく, をした, を伝へました, を少し, を聞かし, を頭, 覚えて

▼ 見た限り~ (15, 0.1%)

1 [15件] では, ではこの, ではその, ではガンダーラ美術, では前, では感心, では柳田君, では滝田コレクション, で再び, なので, に於, の上村源, の壮丁, の奇術書, は戦場

▼ 見たんで~ (14, 0.1%)

4 さあ, せう 1 かかり合いに, がすと, さあね, すっかり気色, なにもかもいっぺんに綾, 御座居ます

▼ 見た姿~ (14, 0.1%)

2 ではない

1 [12件] であった, となん, とは変っ, と少し, には狂喜, のま, の者, は体裁, は忘れる, は艶, を思い合わせる, を隣人

▼ 見た時分~ (14, 0.1%)

1 [14件] だったからね, にいつのまに, にはいかにも, にはかなり, にはその, にはほとんど, にはもう, には土蔵, には小屋, には茂太郎, には草, には随分よく, に自分, は非常

▼ 見た~ (14, 0.1%)

3 の表面, は 2 の光 1 が平, が良い, とか花, の中, はよく, を見

▼ 見た~ (14, 0.1%)

2 に自分自身

1 [12件] だが, で, ですね, ですわ, なこと, なもの, な事, な厭, な氣, にし, に僅か, に思つて

▼ 見た~ (14, 0.1%)

2 の中, の姿 1 か従来兎, とは違い, にくらべる, のいずれ, のどれ, の気配, はお, を表現, 聞いた音, 食べた物

▼ 見たうち~ (13, 0.1%)

3 で一番 1 ではほとんど, ではやはり, では一番, では最も, でアメリカ, で日本一, で比較的, で注目, にたった, の最も

▼ 見たからと~ (13, 0.1%)

8 いって 3 云って 1 いうて, 謂つて些とも

▼ 見たのに~ (13, 0.1%)

2 過ぎないの

1 [11件] この木, すぐ俯向, どうしてもなし, 今日は, 同じ女性, 渠は, 異ひない, 相違ない, 逢って, 違いない, 門番その

▼ 見た一人~ (13, 0.1%)

2 の旅人, の男 1 が, がつぶやいた, が机竜, そしてそれ, であった, であったが, なの, の年取った, の老人

▼ 見た映画~ (13, 0.1%)

1 [13件] が浮ん, について陳述, の, のスメルジャコフみたい, の一場面, の内, の手ほどき, の批評, の理論的考察, の筋, はいわゆる, は片岡千恵蔵, を心

▼ 見た若い~ (13, 0.1%)

1 [13件] ときの, 主人の, 地鶏が, 女が, 女の, 女房が, 学生達は, 母と, 獣の, 男と, 秀才の, 美術家の, 芸妓の

▼ 見た~ (12, 0.0%)

2 えの 1 しての, たい位の, てさし, て置きました, まつり給ふ, られるよう, デデンデデンなどといふ, 彼女を, 御子なき, 眼に

▼ 見たとき私~ (12, 0.0%)

1 [12件] が玄関, の頭, の驚愕, はかっと, はこれ, はその, は全く, は全身, は別人, は有難, は狼狽, は身の丈

▼ 見たまひ~ (12, 0.0%)

2 しが 1 しに, しや, し事, し処, し君, し如く奇怪, し御, てしかおぼすべきなり, て詔, て須磨伯父上

▼ 見たわけぢ~ (12, 0.0%)

5 やない 4 やありません 2 や無い 1 や御座いません

▼ 見た~ (12, 0.0%)

1 [12件] が初め, さ, でさ, でどう, で三十錢, で子供等, で實際問題, で無論, などもし, なん, は千丈, よりもなほ北方

▼ 見たくも~ (11, 0.0%)

4 ねえ 2 なし 1 なき様子, なくて, なしあゝ, なしと, 無え

▼ 見たほど~ (11, 0.0%)

2 だった 1 大きな声, 奇麗で, 妙で, 意地強い, 楽じゃ, 楽で, 樂ぢや, 遠い陸, 高くは

▼ 見た~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありません本船左舷後方, うてあきれたもう, うべし, 一つの, 同じだ, 同じよ, 同じ事, 同様に, 同然と, 歴々と, 見たも

▼ 見た二人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が別室, が気, の例証, の大きく, の大学生, の姿, の犬, の遊女, ははっと, は意外そう, は無性に

▼ 見た印象~ (11, 0.0%)

2 で言 1 からまるで, から後年, が素因, では誰, で言え, で言わせ, は何と, は私, を絵

▼ 見た子供~ (11, 0.0%)

2 を抱いた 1 がいいました, が気絶, であった, とはいっしょ, のやう, のよう, の性質, の数, はやがて

▼ 見た富士~ (11, 0.0%)

2 もよかっ 1 が見え, だけは高, の説明, はむかし, は天下, ばかりを書いた, もまた, や南アルプス, を記し

▼ 見た美しい~ (11, 0.0%)

2 女性の, 婦人の 1 お姫さまが, とじ糸, 人たちの, 夕焼け雲の, 夢の, 源氏を, 眉

▼ 見たある~ (10, 0.0%)

2 文学者の 1 ものは, 人が, 停車場で, 少女の, 意味の, 物識の, 玩具屋の, 素朴な

▼ 見たとき伸子~ (10, 0.0%)

1 の体, の心, の眼, は, はいや, はすぐ, は古い, は深い, は苦しかっ, は身ぶるい

▼ 見たとき彼女~ (10, 0.0%)

3 の心 1 が言, が言った, はハッ, はハツ, は婦人雑誌, は胸, は震え上がった

▼ 見たとも~ (10, 0.0%)

1 あの庵, いえようが, 云った, 分らぬ風景, 手で, 書いて, 見ないとも, 解すること, 言つた, 言われて

▼ 見たもん~ (10, 0.0%)

3 だから 2 だ, ですから 1 だね, です, ですが

▼ 見たより~ (10, 0.0%)

1 ずっと支那, もっと幸福そう, 一層陰気, 倍も, 家の, 御凸額, 焦心って, 瑞西の, 若返つて, 顔色が

▼ 見た~ (10, 0.0%)

2 には必ずしも全然 1 がそれ, の一目, の父親, の美しい, の貌, の顔, は, は十八九

▼ 見た様子~ (10, 0.0%)

2 ですが 1 です, では尾根, では泊り, で復, による, の割, は娼婦, は自ずと

▼ 見た芝居~ (10, 0.0%)

2 では天王寺屋兵助, の噂話 1 のうち, のこと, の切符, の或, の政岡, は私

▼ 見たくらい~ (9, 0.0%)

4 では 2 である 1 だから, でした, 奇麗だった

▼ 見たすべて~ (9, 0.0%)

3 よりももっと 1 でした, のもの, の人々, の国, の異, は消えた

▼ 見たせつな~ (9, 0.0%)

21 お通, に余りに, に初めて, に南無妙法蓮華経, に常に, に龍太郎, は

▼ 見たとき彼~ (9, 0.0%)

1 にはつらい, の足, はぎよつとしたやうに, はすぐ, は全身, は嬉し, は思わず, は神田マーケット裏, は電光

▼ 見たとしても~ (9, 0.0%)

1 その掻き, それが, 少しも, 彼の, 私の, 自分で, 達人は, 隣の, 驚くには

▼ 見たどの~ (9, 0.0%)

1 フランス人にも, 人間とも, 女性より, 村よりも, 火よりも, 空よりも, 螢よりも, 雀よりも, 鶏卵よりも

▼ 見たまで~ (9, 0.0%)

4 である 1 じゃよ, であります, です, で之, なの

▼ 見た人たち~ (9, 0.0%)

1 が怖, が私, であらう, にはやはり, に聟殿, の鼻, はあの, はきっと, は怖い

▼ 見た写真~ (9, 0.0%)

1 がすぐ, が数本, しか撮られ, で記憶, で非常, による, のどれ, の記憶, よりもまだまだ

▼ 見た多く~ (9, 0.0%)

1 の人, の人々, の客達, の文章, の社会主義者ら, の美しい, の者, の興味, の赤ん坊

▼ 見た~ (9, 0.0%)

2 がある 1 があった, じゃろうその, だつた, だと, と殆ど, は上流貴顕, は容赦

▼ 見た時僕~ (9, 0.0%)

2 はすぐ 1 はそれ, はそんなに, はびっくり, はまるで, はもう少し, は余計, は思つた此處

▼ 見た時自分~ (9, 0.0%)

2 はふと 1 ながら思はず, の外, の目, の頬, はひとごと, は再び, への寵

▼ 見た~ (9, 0.0%)

2 のこと 1 だけは少なくも, であるらしいので, では文禄頃, と同じ, によつて加, の目録, 阿彌

▼ 見た~ (9, 0.0%)

2 の人たち, の古い 1 の人, の住人, の水浴場, の童女, を大急ぎ

▼ 見た白い~ (9, 0.0%)

1 咽喉を, 大男という, 幽霊という, 幽霊ね, 幽霊も, 怪物と, 玉が, 着物を, 鼻の

▼ 見た風景~ (9, 0.0%)

1 だった, だと, であ, であったに, で内, とおんなしなの, にも似, はアンリ・ルツソオ, ばかりの連続

▼ 見たいろいろ~ (8, 0.0%)

1 な問題, な心持, な画集, な試作, のこと, の不思議, の出来事, の同種

▼ 見たところ何~ (8, 0.0%)

1 うも, かやっ, の変哲, の外傷, の奇, の變, も変化, を考えてる

▼ 見たほどの~ (8, 0.0%)

2 ものは 1 ものが, ものだった, 者が, 者は, 變化も, 酒の

▼ 見た~ (8, 0.0%)

1 あの近所, あれでしょう, え, こんな可愛い, それから, それで兄, 御隠居, 私

▼ 見た以上~ (8, 0.0%)

1 にはっきり, に満足, はね, はまさかに, はもう, は烏, は飲まず, 聞かいでも

▼ 見た~ (8, 0.0%)

1 がありません, がたくさん, がない, がなかっ, の千鶴子, の竹, もありません, も少なく

▼ 見た~ (8, 0.0%)

1 と違っ, には器用, に感じる, のよう, はお, は身, もいった, よりも美しく

▼ 見た時これ~ (8, 0.0%)

1 が一生, が病人, はどうしても, は三ヶ月, は如何にも, は自然, まであくせく, をその

▼ 見たなどと~ (7, 0.0%)

2 云うの 1 いっても, またあらぬ, 思うはず, 言った, 話して

▼ 見たほう~ (7, 0.0%)

3 がいい 1 がかえって, が妥当, が百倍, が適当

▼ 見た~ (7, 0.0%)

1 に関する文, の方, はハッ, は今更, は怒ろう, は電気, は驚くべき

▼ 見た~ (7, 0.0%)

2 で口 1 で彼, で絵, に写し出す, に書いた, 殺すとも

▼ 見た~ (7, 0.0%)

1 から女, にはまた, のコンクリイト, の往来, 刻の, 句には, 穂高の

▼ 見た同じ~ (7, 0.0%)

1 ような, 十は, 名の, 女とのみ, 描者の, 日友人が, 祠を

▼ 見た~ (7, 0.0%)

2 の弟 1 のひとみ, の眼差, は悉く, は死に装束, は誰

▼ 見た小さな~ (7, 0.0%)

2 視界の 1 事で, 出来事を, 犬を, 谷の, 飛行機も

▼ 見た幽霊~ (7, 0.0%)

1 であり辻斬, というの, などは今, にそッくり, の事, の方, は贖罪

▼ 見た思い~ (7, 0.0%)

3 がした 1 で瞬間, になり, に似, に打たれ

▼ 見た~ (7, 0.0%)

2 る離島人 1 る婦人, る表札, 人が, 国の, 錯覚を

▼ 見た新聞~ (7, 0.0%)

2 を取 1 によってラテナウ, の, の報道, の売家広告, をのぞく

▼ 見た~ (7, 0.0%)

2 の顔 1 のひどく, の姿, の眼, は, はなぜ

▼ 見た~ (7, 0.0%)

1 が由比ヶ濱, の神, は只, は和泉, は濁つた, をわすれず, 円い海

▼ 見た~ (7, 0.0%)

2 の死骸 1 から判断, のこと, のやう, の方, の目

▼ 見た~ (7, 0.0%)

1 であつ, では, に沢山, の人々, の文章, の物, 思いがけない心持

▼ 見た経験~ (7, 0.0%)

2 がある, がない 1 から彼, がなかっ, のない

▼ 見た老人~ (7, 0.0%)

1 の役人, の手品師, はびっくり, は急, は手, は眼, は黙

▼ 見たかい~ (6, 0.0%)

1 それでどう, わたしもね, エミル蜘蛛が, 坊やどう, 後ろのを, 甲野さん驚いた

▼ 見たかという~ (6, 0.0%)

1 ことじゃ, ことを, ような, んだ, 話も, 顔で

▼ 見たじゃ~ (6, 0.0%)

5 ないか 1 ねえか

▼ 見たそれから~ (6, 0.0%)

2 彼の 1 その銃口, エゾイヌナズナは, 御幣と, 息も

▼ 見たつもり~ (6, 0.0%)

2 である 1 だ, であったが, でゐる, なの

▼ 見たとこ~ (6, 0.0%)

1 さう, ではたしかに, では何とも, は極, ばかりきれい, 倒れで

▼ 見たところ彼~ (6, 0.0%)

1 はそれほど, はヴェリチャーニノフ, は今, は何, は日本, は正直そう

▼ 見たなと~ (6, 0.0%)

1 いきなり不気味, 云うそう, 人形が, 思ったから, 思って, 知ッて

▼ 見た不思議~ (6, 0.0%)

1 なこと, な世界, な光景, な明る, の町, の話

▼ 見た世界~ (6, 0.0%)

1 として, と云う, の中, の大, の実際, の視野

▼ 見た事実~ (6, 0.0%)

1 が平作たち, だけを語れ, にはかないません, は容易, は次, を述べ

▼ 見た二つ~ (6, 0.0%)

1 の大, の影, の恐ろしい, の牡牛, の物影, の雜誌

▼ 見た~ (6, 0.0%)

1 かの画巻, か珍しい, さありゃ, といふ嫌, の関係, の音

▼ 見た富士山~ (6, 0.0%)

1 のみを書い, の事, の農男, は僕, は広々, は忘れられぬ

▼ 見た平次~ (6, 0.0%)

1 がギヨツ, がハッ, の聰明さ, は, は座下駄, 忍ぶとも

▼ 見た彼等~ (6, 0.0%)

1 が仲間同志, には其の, に幸福, の中, の妙, の精神

▼ 見た怪しい~ (6, 0.0%)

1 あの男, 二人づれの, 人々ばかり, 光の, 男の, 老婆と

▼ 見た時彼女~ (6, 0.0%)

1 の皮肉, はそこ, はにっこり, は堪らなくなっ, は非常, は首

▼ 見た最後~ (6, 0.0%)

2 の人間 1 だったの, でした, となった, の人

▼ 見た~ (6, 0.0%)

1 であらう, とうとうそれなり, に一見, に却, に彼, に頭

▼ 見た白日夢~ (6, 0.0%)

4 のた 2 のたぐい

▼ 見た青年~ (6, 0.0%)

4 の顔 1 は団三郎, は駈

▼ 見たかて~ (5, 0.0%)

1 あけへんて, その通り, むかつくの, んだ, アカンワと

▼ 見たからには~ (5, 0.0%)

1 やはり覚念坊, やめなさいと, 最早一刻, 決して旧臣, 討ちもらして

▼ 見たがって~ (5, 0.0%)

1 おいでに, その小さな家, それであんな, たがいに, 女房と

▼ 見たぐらいでは~ (5, 0.0%)

3 分らないまでに 1 思うよう, 透明人間だ

▼ 見たこれ~ (5, 0.0%)

1 が今日一日, はお, も細か, も見た, 亦ひどき

▼ 見たといった~ (5, 0.0%)

1 ことが, のも, ものが, ようだ, 時に

▼ 見たときこれ~ (5, 0.0%)

2 は崩れる 1 ならこの, はおもしろい, は珍

▼ 見たとき自分~ (5, 0.0%)

1 のグリーシュトカ, の心, はひどく, は愕然, をおそった

▼ 見たところそれ~ (5, 0.0%)

1 は一定, は平たい, は平凡, は自分, もほとんど

▼ 見たとの~ (5, 0.0%)

1 ことであった, 事で, 知らせに, 話だった, 話も

▼ 見た~ (5, 0.0%)

1 かまの, ま首, よくも見た, ア, ア今朝が

▼ 見たなんて~ (5, 0.0%)

1 あれは, いうと, いうもの, えこと, 残酷ことさへ

▼ 見た~ (5, 0.0%)

2 伴れ 1 あいその, けもの, コバエテ

▼ 見たばかりに~ (5, 0.0%)

1 あの人, それ以来わしは, わしの, 俺たちゃあこうして後を, 危くわしの

▼ 見たまえと~ (5, 0.0%)

1 て我, はあまり, はすでに, 云わぬばかりに, 言いすてて

▼ 見たもう~ (5, 0.0%)

1 ところこれを, な, に后, のである, 一つの

▼ 見たんぢ~ (5, 0.0%)

2 やない 1 やありません, やいけない, やがな

▼ 見た~ (5, 0.0%)

1 てあの, ていうんだい, てわし, て云つて, て鶏

▼ 見た~ (5, 0.0%)

3 ですが 1 だけれど, だも

▼ 見た一つ~ (5, 0.0%)

1 の例, の夢, の方法, の旅館, の燈火

▼ 見た一首~ (5, 0.0%)

5 がふと

▼ 見た俤びと~ (5, 0.0%)

5 の姿

▼ 見た古い~ (5, 0.0%)

1 世界から, 両性関係の, 唐本の, 地図の, 昔の

▼ 見た吉野~ (5, 0.0%)

2 は, は突然 1 の象

▼ 見た~ (5, 0.0%)

2 もあった 1 はほんとう, は寝しな, よりもはるか

▼ 見た~ (5, 0.0%)

1 の中, の数, の者, の襖, は悉下等

▼ 見た~ (5, 0.0%)

1 三の, 學兒童の, 宰相ノ, 景です, 桜葉子を

▼ 見た~ (5, 0.0%)

1 がなかなか, の顔, は, は彼ら二人, を思い浮かべ

▼ 見た~ (5, 0.0%)

1 ある最後, だ, であるが, の客観的描写, や色

▼ 見た日本~ (5, 0.0%)

1 という国, の半, の自然主義, の過去, の風景

▼ 見た昨日~ (5, 0.0%)

5 は郎女

▼ 見た~ (5, 0.0%)

1 だった, と同じ, なぞはむくり, に三太郎君, に宅

▼ 見た~ (5, 0.0%)

2 に自分 1 にそれ, に二人, 持つた鎌

▼ 見た~ (5, 0.0%)

3 之助 1 の夢, の姿

▼ 見た~ (5, 0.0%)

5 二の

▼ 見た細君~ (5, 0.0%)

2 の態度 1 はどこ, は何事, は直に

▼ 見た自然~ (5, 0.0%)

1 に対する好奇心, の情調, の運動, はあるいは, は或は

▼ 見た輝き~ (5, 0.0%)

3 が思はず 1 が思わず, を思はず

▼ 見た~ (5, 0.0%)

1 に埋もれた, の研究, の種類, はただ, ほどたわわ

▼ 見た~ (5, 0.0%)

2 の話 1 と霧, の山岳, の教訓

▼ 見た驚き~ (5, 0.0%)

1 でありかつて, に衝, の叫び, は去らなかった, を思ひ出した

▼ 見たいわゆる~ (4, 0.0%)

1 国家の, 大衆文学であっ, 皮相の, 貞操帯の

▼ 見たかは~ (4, 0.0%)

1 ッと, 思ひ出せなかつた, 想像に, 知らないが

▼ 見たからって~ (4, 0.0%)

1 いいじゃ, お前この, そういそい, 仕様が

▼ 見たかを~ (4, 0.0%)

1 思いだそうと, 正直に, 知って, 知ること

▼ 見たがり~ (4, 0.0%)

1 はしない, もしない, もしなかった, もせず

▼ 見たさと~ (4, 0.0%)

1 いうか, 云うの, 云った様, 慾とが

▼ 見たしかし~ (4, 0.0%)

2 何の 1 すぐに, それだけが

▼ 見たそこ~ (4, 0.0%)

1 では, にはほのか, には針目博士, を窺っ

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 にんじん, ォ, ッ日野殿っ, 張

▼ 見たためし~ (4, 0.0%)

2 はなかっ 1 がございませぬ, のない

▼ 見ただけに~ (4, 0.0%)

1 この印象, まさかと, 早合点し, 違いない

▼ 見たときわたし~ (4, 0.0%)

1 の胸, はもうさんざ, は切ない, は急

▼ 見たとき僕~ (4, 0.0%)

1 には却, はこれ, はふと, は今

▼ 見たところ立派~ (4, 0.0%)

1 では, な体格, な紳士, な証文

▼ 見たどんな~ (4, 0.0%)

1 ものよりも, 女よりも, 木よりも, 校正刷りにも

▼ 見たのよ~ (4, 0.0%)

2 自腹だ 1 俺ら一つ手つけ, 大隅さん

▼ 見たまだ~ (4, 0.0%)

1 狭い, 確かりし, 雪が, 飲み足らないの

▼ 見たまでの~ (4, 0.0%)

1 こと, ことじゃ, ことである, ことを

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 うだつた, はらかな, らかの, 片思

▼ 見たベルリン~ (4, 0.0%)

1 のメトロポール座, の家並み, の日本人, やパリ

▼ 見た一同~ (4, 0.0%)

1 はど, はふり捨て, は思わず, は満身

▼ 見た一本~ (4, 0.0%)

1 の巨大, の手, の木, の樹

▼ 見た一瞬~ (4, 0.0%)

2 の光景 1 そうだ, に十年

▼ 見た与吉~ (4, 0.0%)

1 がひそか, の報告, は相手, やにわに道中差し

▼ 見た人影~ (4, 0.0%)

1 っての, にも先, はちょうど, は戸

▼ 見た人生~ (4, 0.0%)

1 の暗い, の目的, は必, を

▼ 見た伸子~ (4, 0.0%)

1 が目, は, はマヤコフスキー, は歌舞伎王国

▼ 見た作者~ (4, 0.0%)

1 であつ, なればこそ, はどうしても, は遺憾

▼ 見た先生~ (4, 0.0%)

1 のお, の顔つき, は呆気, は意外

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 でムンク, で好もしい, で極少数, に何

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 である, でなぜ, まりで, 阪の

▼ 見た~ (4, 0.0%)

2 離島の 1 兵士の, 宿調査の

▼ 見た唯一~ (4, 0.0%)

1 のもの, の人物, の熊, の特徴

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 そう怒っ, 作曲家で, 怪魚には, 戰の

▼ 見た夫人~ (4, 0.0%)

1 はこう, はついに, は又, は室内帽子

▼ 見た如く~ (4, 0.0%)

1 に労賃, に消費者, に貨物, の感動

▼ 見た婆さん~ (4, 0.0%)

2 はそれでも 1 の顔, らしい女

▼ 見た婦人~ (4, 0.0%)

1 だつた, の怪死事件, の服装, の瞳

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 が大きい, の上手, の両, の洲

▼ 見た往来~ (4, 0.0%)

2 の人たち 1 の人, の人々

▼ 見た後姿~ (4, 0.0%)

4 の女

▼ 見た~ (4, 0.0%)

2 着くと 1 である, 躍りが

▼ 見た怪物~ (4, 0.0%)

1 がいっ, によく, は影, は新聞

▼ 見た新九郎~ (4, 0.0%)

1 が, の構え, はまったく, ハッと

▼ 見た時そこ~ (4, 0.0%)

1 にいる, には一個, にやがて, に気

▼ 見た時言~ (4, 0.0%)

3 はうやう 1 ひ難い畏し

▼ 見た時計~ (4, 0.0%)

1 に大した, を納め, を見る, を覚え

▼ 見た時間~ (4, 0.0%)

1 から兇行, から彼, が惜し, は二十分

▼ 見た曲者~ (4, 0.0%)

2 を逃がし 1 がそっと, はこれ

▼ 見た書物~ (4, 0.0%)

1 に, に肝臓, に蜜蜂, の中

▼ 見た最も~ (4, 0.0%)

1 痛切な, 美しい最も, 美しい森林, 靜かな

▼ 見た木部~ (4, 0.0%)

3 は葉子 1 の心から

▼ 見た杜子春~ (4, 0.0%)

2 は驚いた 1 は思はず, は思わず

▼ 見た東京~ (4, 0.0%)

1 のイルミネーション, の事, の市街, は何となく

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 のそこここ, のプラン, の簡単, はなにやら

▼ 見た直後~ (4, 0.0%)

2 に現金 1 だったので, の印象

▼ 見た範囲~ (4, 0.0%)

1 では日曜, では犯人, では遺憾, でもすぐれた

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 で農村, とかながき, を思い出し, を想像

▼ 見た若者~ (4, 0.0%)

1 の顔, はあまり, はそば, は群衆

▼ 見た近所~ (4, 0.0%)

3 の若い 1 の子供連中

▼ 見た道庵先生~ (4, 0.0%)

1 が, の方, はこの, は躍り上っ

▼ 見た~ (4, 0.0%)

4 の中

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 だたあ, だのう, は予想, をお松

▼ 見た面影~ (4, 0.0%)

1 が忘れ, が思い出され, の忘れられなかった, は秦皮

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 かにはか, に見, に違, は喘ぐ

▼ 見た~ (4, 0.0%)

1 と云い, にし, の羅, も吹く

▼ 見た験し~ (4, 0.0%)

2 がない 1 がなかつた, もなく

▼ 見たあなた~ (3, 0.0%)

1 の様子, の私, はそういう

▼ 見たあれ~ (3, 0.0%)

2 はどう 1 も面白

▼ 見たおり~ (3, 0.0%)

1 と婆さん, に色, の深山

▼ 見たからこそ~ (3, 0.0%)

1 いってるん, ピンと, 予は

▼ 見たからとて~ (3, 0.0%)

1 こちらへ, 何に, 海の

▼ 見たからの~ (3, 0.0%)

1 ことで, ことであっ, ことでしょう

▼ 見たがね~ (3, 0.0%)

1 上がらうたつて, 火の, 足の

▼ 見たぐらい~ (3, 0.0%)

1 じゃ気, で泣くん, びくともすまい

▼ 見たけど~ (3, 0.0%)

1 い, いい女, まるで貧

▼ 見たさという~ (3, 0.0%)

1 やつ, 奴だ, 譬えの

▼ 見たしといふ~ (3, 0.0%)

3 案内し

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 お前さん, これは, 聞くよう

▼ 見た~ (3, 0.0%)

2 やない 1 やありません

▼ 見たとかいう~ (3, 0.0%)

1 ことは, ふれ出し, 見方では

▼ 見たときそれ~ (3, 0.0%)

1 がどっと, がむかし, が自然

▼ 見たところこれ~ (3, 0.0%)

1 はたいそう, は決して, も痩せ

▼ 見たところ三十~ (3, 0.0%)

1 にも見える, ばかりあった, を二つ三つ

▼ 見たところ非常~ (3, 0.0%)

1 に平静, に気楽, に遠く

▼ 見たとして~ (3, 0.0%)

1 そこから, それからあなた, 私は

▼ 見たどこ~ (3, 0.0%)

1 の二階, よりもずっと, よりも雪

▼ 見たなどという~ (3, 0.0%)

1 あいまいな, ことも, ものは

▼ 見たには~ (3, 0.0%)

1 とりさ, 別にわけ, 少々困った

▼ 見たにも~ (3, 0.0%)

2 等しいもの 1 拘らずその

▼ 見たばかりでも~ (3, 0.0%)

1 おいしさうに熟, 察せられる, 恐ろしげ

▼ 見たばかりにと~ (3, 0.0%)

3 ぢつと

▼ 見たふしぎ~ (3, 0.0%)

1 なできごと, な現象, を父親

▼ 見たほか~ (3, 0.0%)

1 には, のどの, の人々

▼ 見たまた~ (3, 0.0%)

1 今でも, 遠く一軒の, 那智で

▼ 見たまんま~ (3, 0.0%)

1 に原書, ぶつかる様, 進んで

▼ 見たみのる~ (3, 0.0%)

1 は, はこの, は義男

▼ 見たアメリカ~ (3, 0.0%)

1 の六三制, の悪漢, の選挙

▼ 見たセザンヌ~ (3, 0.0%)

1 と晴天, の絵, は別物

▼ 見たパリ~ (3, 0.0%)

1 の印象, の市街, の真実

▼ 見たボートルレ~ (3, 0.0%)

1 はあっと, ははっと, は何

▼ 見た~ (3, 0.0%)

3 法蔵院の

▼ 見た不安~ (3, 0.0%)

2 も苦痛 1 と畏怖

▼ 見た並木~ (3, 0.0%)

3 の下

▼ 見た主人~ (3, 0.0%)

1 の死に顔, の頼母, は傷まし

▼ 見た事なき~ (3, 0.0%)

1 も土佐駒, も目玉, 故怖

▼ 見た事柄~ (3, 0.0%)

1 も多少, や乗客, を信じ得ない

▼ 見た二三~ (3, 0.0%)

1 の友人, の実例, の本

▼ 見た二上山上~ (3, 0.0%)

3 の幻影

▼ 見た京都~ (3, 0.0%)

1 と云う, の山々, はすでに

▼ 見た人形芝居~ (3, 0.0%)

2 は大抵 1 よりも軽業

▼ 見た人物~ (3, 0.0%)

1 だった, のうち, の名

▼ 見た人達~ (3, 0.0%)

1 の話, は怖い, を見返した

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 には誰, の中, の映画

▼ 見た兄さん~ (3, 0.0%)

1 と私, と違っ, はおそらく

▼ 見た八五郎~ (3, 0.0%)

1 がすつ飛んだ, と町役人達, はお

▼ 見た切り~ (3, 0.0%)

1 さつ, だが, で渠

▼ 見た初め~ (3, 0.0%)

1 でした, にはすぐ, に仰っし

▼ 見た~ (3, 0.0%)

2 備前の 1 土人の

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 の宗旨, はこちら, は俺

▼ 見た地球~ (3, 0.0%)

1 だよ, の話, もさぞ

▼ 見た場所~ (3, 0.0%)

1 と云う, はボズさん, を見つける

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 の世界, の硝子工場, の脚

▼ 見た大きな~ (3, 0.0%)

1 エンジンは, 小屋がけか, 篝火

▼ 見た大正池~ (3, 0.0%)

2 と穂高 1 と雪

▼ 見た女房~ (3, 0.0%)

1 などは, は木葉, は逆上

▼ 見た女王~ (3, 0.0%)

1 の顔, はその, よりは劣っ

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 が意外, のこと, 鉄の

▼ 見た~ (3, 0.0%)

2 は追い出し 1 であること

▼ 見た小屋~ (3, 0.0%)

1 に泊り, の中央, は必ずしも

▼ 見た少女~ (3, 0.0%)

2 を死ぬ 1 は急い

▼ 見た山々~ (3, 0.0%)

1 の外線, の形態, の輪郭

▼ 見た帰り~ (3, 0.0%)

1 か何, のもの, の電車

▼ 見た当人~ (3, 0.0%)

1 は確か, も不思議, をこう

▼ 見た当麻~ (3, 0.0%)

3 の邑

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 と変り, と知らず, を追い失いました

▼ 見た心地~ (3, 0.0%)

2 がした 1 である

▼ 見た怪しき~ (3, 0.0%)

2 僧の 1 老婆を

▼ 見た悪魔~ (3, 0.0%)

1 が今, の図, の容子

▼ 見た我々~ (3, 0.0%)

1 の実験所, の祖先, の舟

▼ 見た拍子~ (3, 0.0%)

1 に一層, に彼, に掏摸

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 だろうか, ででもあったろう, と峻

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 夫が, 発明の, 解釈

▼ 見た旅人~ (3, 0.0%)

1 の一人, の目, の経験

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 の歌人, の記憶, の面影

▼ 見た時余~ (3, 0.0%)

1 の心, ははっと, は世にも

▼ 見た時女~ (3, 0.0%)

1 の心, の顔, は座敷

▼ 見た時誰~ (3, 0.0%)

2 も世話 1 でもその

▼ 見た~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の霧

▼ 見た欣び~ (3, 0.0%)

2 につい 1 に似た

▼ 見た母親~ (3, 0.0%)

1 の裙子, の顏, は

▼ 見た気味~ (3, 0.0%)

2 の悪い 1 の悪

▼ 見た~ (3, 0.0%)

2 の中 1 のある

▼ 見た活動写真~ (3, 0.0%)

1 のよう, の中, の記憶

▼ 見た源氏~ (3, 0.0%)

1 が南側, の姿, は目

▼ 見た~ (3, 0.0%)

2 の胃 1 の穴

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 だと, のよう, の小家

▼ 見た牧師~ (3, 0.0%)

2 は心から 1 をはじめ

▼ 見た王様~ (3, 0.0%)

1 がお, のお姫さま, は一瞬間これ

▼ 見た現代~ (3, 0.0%)

1 には珍, の日本文学, の日本語

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 が驚い, の者, よく笑っ

▼ 見た眼つき~ (3, 0.0%)

1 とそう, に悲しい, は憎悪

▼ 見た瞬間私~ (3, 0.0%)

1 は何, は危く悲鳴, は彼

▼ 見た秀吉~ (3, 0.0%)

2 の目 1 はその後

▼ 見た節子~ (3, 0.0%)

1 の変り果てた, はこの, は朝

▼ 見た義雄~ (3, 0.0%)

1 がふと, は出よう, は苦笑

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 の稽古, は大いに, は直ぐ

▼ 見た自分自身~ (3, 0.0%)

2 を詩人 1 の眼

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 の行き, はない, を思いだしました

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 の記憶, はどれ, は皆

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 桃色の, 白い雲, 黄いろな

▼ 見た~ (3, 0.0%)

2 や蜜蜂 1 の敏活

▼ 見た西洋~ (3, 0.0%)

1 の写真, の天子, を論じ

▼ 見た~ (3, 0.0%)

2 えが 1 えは

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 りでそこ, りで終に, りで能

▼ 見た試し~ (3, 0.0%)

2 がない 1 もない

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 が藁, のこと, の足

▼ 見た途端私~ (3, 0.0%)

1 はああ, はそこ, はよほど

▼ 見た連中~ (3, 0.0%)

1 がこれ, だと, は唇

▼ 見た都会~ (3, 0.0%)

1 の中, の情景, の町通り

▼ 見た重吉~ (3, 0.0%)

1 が俄, の眼, は

▼ 見た~ (3, 0.0%)

1 の連続, はこんな, は陸

▼ 見た青い~ (3, 0.0%)

1 ペンキ塗の, 潮は, 蛇が

▼ 見たあげく~ (2, 0.0%)

1 どうせお, ケロリと

▼ 見たあとみんな~ (2, 0.0%)

1 の顔, を見まわし

▼ 見たあの大きな~ (2, 0.0%)

1 汽鑵ね, 流れが

▼ 見たいくつ~ (2, 0.0%)

1 かの例, かの葺屋根

▼ 見たいくら~ (2, 0.0%)

1 か浮調子, ゐ

▼ 見たいつ~ (2, 0.0%)

1 たつて, の時

▼ 見たいま~ (2, 0.0%)

1 だ, 疑う余地

▼ 見たえま~ (2, 0.0%)

1 おとよさん, を繰り返す

▼ 見たかね~ (2, 0.0%)

1 怪人集団の, 火星の

▼ 見たがい~ (2, 0.0%)

1 で妥協, というよう

▼ 見たがと~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 記憶を

▼ 見たきもの~ (2, 0.0%)

1 よ, 見せて

▼ 見たきり返事~ (2, 0.0%)

1 もせず, をしない

▼ 見たくつ~ (2, 0.0%)

1 て, て見た

▼ 見たくもなか~ (2, 0.0%)

2 べさ

▼ 見たくも何ん~ (2, 0.0%)

1 ともない, とも無い

▼ 見たくら~ (2, 0.0%)

1 ゐでは, ゐ杉

▼ 見たけり~ (2, 0.0%)

1 やおいで, や待合

▼ 見たことさ~ (2, 0.0%)

1 へなかつた, へ稀

▼ 見たことなか~ (2, 0.0%)

1 とです, とな

▼ 見たこれら~ (2, 0.0%)

1 の絵, はしかるべく

▼ 見たしゃくなげ~ (2, 0.0%)

2 の紅い

▼ 見たすずめたち~ (2, 0.0%)

1 はびっくり, はふるえあがりました

▼ 見たすると~ (2, 0.0%)

1 その男たち, 中から

▼ 見たそのまま~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 見たそれで~ (2, 0.0%)

1 あつた, 十分だ

▼ 見たたしかに~ (2, 0.0%)

1 田村ゆり子だ, 見た第

▼ 見たたった~ (2, 0.0%)

1 一人の, 一度の

▼ 見たっきり~ (2, 0.0%)

1 のその, 二度と私

▼ 見たっけ~ (2, 0.0%)

1 あのちんちくりん, はっと止め

▼ 見たついで~ (2, 0.0%)

2

▼ 見たつる~ (2, 0.0%)

2 もをかしからず

▼ 見たとい~ (2, 0.0%)

1 のつろう, へませう

▼ 見たときひろ子~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は自分

▼ 見たときバンド~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 見たとき久助君~ (2, 0.0%)

1 はしみじみ, は徳一君

▼ 見たとき何所~ (2, 0.0%)

2 か見

▼ 見たとき何處~ (2, 0.0%)

1 かで見た, の船

▼ 見たとき先生~ (2, 0.0%)

1 が徹夜, の方

▼ 見たとき勝平~ (2, 0.0%)

1 は煮えた, は煮えたぎっ

▼ 見たとき浩~ (2, 0.0%)

1 はいたたまれない, は小

▼ 見たとき直接間接~ (2, 0.0%)

1 の宣伝, の宣傳

▼ 見たとき私たち~ (2, 0.0%)

1 の心, はあい抱い

▼ 見たとき美奈子~ (2, 0.0%)

1 は思はず, は思わず

▼ 見たとき胸~ (2, 0.0%)

2 が衝かれる

▼ 見たとき雪~ (2, 0.0%)

1 の中, 之丞

▼ 見たところお前さん~ (2, 0.0%)

1 はまだ, も男

▼ 見たところぢ~ (2, 0.0%)

1 やきず, や豊島町

▼ 見たところどこ~ (2, 0.0%)

1 か執拗そう, も変っ

▼ 見たところ今~ (2, 0.0%)

1 でもあの, は教会

▼ 見たところ以前~ (2, 0.0%)

1 と少し, の高橋

▼ 見たところ何ん~ (2, 0.0%)

1 の異状, の變化

▼ 見たところ千坪~ (2, 0.0%)

2 ほどのひろ

▼ 見たところ四十~ (2, 0.0%)

1 近い好い男, 近い年頃

▼ 見たところ女~ (2, 0.0%)

1 などには近, は血ばしった

▼ 見たところ家~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 見たところ平凡~ (2, 0.0%)

1 でただ, な事件

▼ 見たところ普通~ (2, 0.0%)

1 のステッキ, の金魚

▼ 見たところ柔和~ (2, 0.0%)

1 なうち, らしいの

▼ 見たところ案~ (2, 0.0%)

1 にたがわず, のとおり

▼ 見たところ無邪気~ (2, 0.0%)

1 ないたずら, な野心

▼ 見たところ痩せぎす~ (2, 0.0%)

1 のよう, の洋服

▼ 見たところ相当~ (2, 0.0%)

1 な好人物, に品格

▼ 見たところ誰~ (2, 0.0%)

1 もゐない, も円光

▼ 見たところ馬~ (2, 0.0%)

2 は別に

▼ 見たとさえ~ (2, 0.0%)

1 いう人, 伝えられて

▼ 見たとても~ (2, 0.0%)

1 よろしい, 構えて

▼ 見たとでも~ (2, 0.0%)

1 いうより, 言いましたか

▼ 見たともの~ (2, 0.0%)

1 見たともの, 金色の

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 じいつと, 鏡台の

▼ 見たばかりか~ (2, 0.0%)

1 その女, なんの

▼ 見たばかりじゃ~ (2, 0.0%)

1 ア掛合にでも, 訳は

▼ 見たばかりで~ (2, 0.0%)

1 ふるえ上がって, 分りますか

▼ 見たばっかりで~ (2, 0.0%)

1 もう煙草入, 紅葉より

▼ 見たばっかりに~ (2, 0.0%)

1 この大, その場

▼ 見たひと~ (2, 0.0%)

1 があるだろう, が二人

▼ 見たふるさと~ (2, 0.0%)

1 の浜, は私

▼ 見たまでは~ (2, 0.0%)

1 よかった, 天王寺の

▼ 見たまま彼女~ (2, 0.0%)

1 がつい, の恋愛問題

▼ 見たまま手~ (2, 0.0%)

1 に取ろう, を動かし

▼ 見たまま返事~ (2, 0.0%)

2 をしなかった

▼ 見たよい~ (2, 0.0%)

1 夢わるい, 鳥である

▼ 見たよりは~ (2, 0.0%)

1 何となく彼女, 家の

▼ 見たりき~ (2, 0.0%)

1 されど彼處, また我いま

▼ 見たりき而~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 見たゴマ化~ (2, 0.0%)

2 し技法

▼ 見たトタン~ (2, 0.0%)

1 に俺, に妾

▼ 見たド氏~ (2, 0.0%)

1 の人道的, の生理的内臟圖

▼ 見たパノラマ~ (2, 0.0%)

1 のやう, の現場

▼ 見たパリっ子~ (2, 0.0%)

1 とは同じ, はどうしても

▼ 見たピアノ~ (2, 0.0%)

1 の音楽, を弾く

▼ 見たピカソ~ (2, 0.0%)

1 のオリジナル, の絵

▼ 見たヨーロッパ文化~ (2, 0.0%)

2 の地盤

▼ 見たレース~ (2, 0.0%)

1 から二三, ではあらゆる

▼ 見た一匹~ (2, 0.0%)

1 の傷ついた, は放免ども

▼ 見た一場~ (2, 0.0%)

1 の悪夢, を物語った

▼ 見た一座~ (2, 0.0%)

1 のもの, の花形

▼ 見た一昨日~ (2, 0.0%)

1 の晩, 着いた

▼ 見た一番~ (2, 0.0%)

1 よく組織, 驚くべき光景

▼ 見た一瞬間~ (2, 0.0%)

1 にこの, に福太郎

▼ 見た一部始終~ (2, 0.0%)

1 を話し, を話した

▼ 見た三人~ (2, 0.0%)

1 の少女, の若い

▼ 見た上今度~ (2, 0.0%)

1 は死骸, は足藝

▼ 見た下界~ (2, 0.0%)

1 の模様, の物体

▼ 見た与兵衛~ (2, 0.0%)

1 は一生懸命, は筏

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 句は, 民族の

▼ 見た両親~ (2, 0.0%)

1 はいきなり, やその他

▼ 見た中国~ (2, 0.0%)

1 の小, の蛇神トウビョウ

▼ 見た中村警部~ (2, 0.0%)

1 がびっくり, は

▼ 見た久光~ (2, 0.0%)

1 は人々, よりもっと

▼ 見た亀吉~ (2, 0.0%)

1 が駈け, だった

▼ 見た二三本~ (2, 0.0%)

2 の立木

▼ 見た二匹~ (2, 0.0%)

1 の蝶, はくっつき合っ

▼ 見た二度~ (2, 0.0%)

1 の幻, 吟じて

▼ 見た二本~ (2, 0.0%)

1 のうつぎ, の樺の木

▼ 見た人形~ (2, 0.0%)

1 という珍妙, のよう

▼ 見た人魂~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 が今, までの快活さ

▼ 見た~ (2, 0.0%)

2 助には

▼ 見た以来~ (2, 0.0%)

1 のこと, の苦し

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 は褪せた, 大きくて

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 は其西洋人, は非常

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 が叫んだ, に似

▼ 見た俊夫君~ (2, 0.0%)

1 の顔, はポケット

▼ 見た俳優~ (2, 0.0%)

1 によつて, の天職

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 は号令壇, は號令壇

▼ 見た傾き~ (2, 0.0%)

2 があり

▼ 見た儘手~ (2, 0.0%)

2 を附けない

▼ 見た儘種々~ (2, 0.0%)

2 な事

▼ 見た儘身動~ (2, 0.0%)

2 もせぬ

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 というの, とはべつ

▼ 見た其の~ (2, 0.0%)

1 屍體は, 瞳には

▼ 見た冬山~ (2, 0.0%)

2 の大観

▼ 見た処先生~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 見た処南洋~ (2, 0.0%)

2 の或

▼ 見た処夫~ (2, 0.0%)

2 れが

▼ 見た列車~ (2, 0.0%)

1 の全長, の長

▼ 見た別嬪~ (2, 0.0%)

1 だろうじゃ, を早速

▼ 見た刹那わたし~ (2, 0.0%)

2 は男

▼ 見た刹那不安~ (2, 0.0%)

2 ないや

▼ 見た勢力統計~ (2, 0.0%)

2 による

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の空, の襖子

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 世紀前の, 九郎は

▼ 見た単純~ (2, 0.0%)

1 な頭, な驚き

▼ 見た原因~ (2, 0.0%)

1 であつ, を考え

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 が恋, の癖

▼ 見た友人達~ (2, 0.0%)

2 が壺

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 から豆, どめ

▼ 見た史実~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の犬, も極めて

▼ 見た呉青秀~ (2, 0.0%)

1 はよろしい, は喟然

▼ 見た唐紙~ (2, 0.0%)

1 の後ろ, の血潮

▼ 見た喜び~ (2, 0.0%)

1 かあるいは, も大きかっ

▼ 見た四人~ (2, 0.0%)

1 の村人, の魔者

▼ 見た四月~ (2, 0.0%)

2 の隅田川

▼ 見た地方~ (2, 0.0%)

1 として南方アジア, の有志

▼ 見た地獄~ (2, 0.0%)

2 は紙

▼ 見た地震~ (2, 0.0%)

1 というもの, の概念

▼ 見た坊さん~ (2, 0.0%)

1 は泣き出しました, は肝

▼ 見た夏服~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ 見た外界~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, の姿

▼ 見た多鶴子~ (2, 0.0%)

2 の哀願的

▼ 見た大阪~ (2, 0.0%)

2 及び大阪人

▼ 見た大隅学士~ (2, 0.0%)

1 が脳貧血, は自分

▼ 見た天井~ (2, 0.0%)

1 とのあいだ, と上

▼ 見た天地~ (2, 0.0%)

1 は人, は己

▼ 見た太子~ (2, 0.0%)

2 はいきなり

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の不思議, の顔

▼ 見た奇怪~ (2, 0.0%)

1 な情景, な白い

▼ 見た奈勃翁~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ 見た女たち~ (2, 0.0%)

1 の騒ぎ, は皆悲鳴

▼ 見た女の子~ (2, 0.0%)

1 なら僕, は吃驚

▼ 見た女中~ (2, 0.0%)

1 と云う, の一人

▼ 見た女性~ (2, 0.0%)

1 には相違, は

▼ 見た妖蛇~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 ないやらし, な夢

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 のお, は今

▼ 見た嬉し~ (2, 0.0%)

2 さに

▼ 見た子供たち~ (2, 0.0%)

1 がその, は笑い出しました

▼ 見た子爵~ (2, 0.0%)

1 は乙, よりも眼

▼ 見た孔子~ (2, 0.0%)

1 の語録, は決して

▼ 見た実例~ (2, 0.0%)

2 による

▼ 見た実景~ (2, 0.0%)

1 だろう, を単に

▼ 見た実際~ (2, 0.0%)

1 の世界, の光景

▼ 見た家屋~ (2, 0.0%)

2 の色彩

▼ 見た小林~ (2, 0.0%)

1 はまた, は常に

▼ 見た少女歌劇~ (2, 0.0%)

1 の男役, は実に

▼ 見た少年~ (2, 0.0%)

1 の御, は

▼ 見た少数~ (2, 0.0%)

1 のもの, の男

▼ 見た岸田~ (2, 0.0%)

2 の日本画

▼ 見た巡査~ (2, 0.0%)

1 の剣, はヅカ

▼ 見た巴里~ (2, 0.0%)

1 の凱旋門その他, の市民

▼ 見た帰りがけ~ (2, 0.0%)

1 に一人, に煩っ

▼ 見た幻覚~ (2, 0.0%)

1 と類, もその

▼ 見た幾十年~ (2, 0.0%)

2 の昔

▼ 見た広間~ (2, 0.0%)

1 にはいる, は礼拝堂

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の片隅, は心

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 がそれ, のサア

▼ 見た形跡~ (2, 0.0%)

1 があ, のあつ

▼ 見た彼ら~ (2, 0.0%)

1 の相客中, は細君

▼ 見た徳利~ (2, 0.0%)

1 が輕, はこの

▼ 見た~ (2, 0.0%)

2 ろしい

▼ 見た怪し~ (2, 0.0%)

1 の人影, 姿に

▼ 見た恋人~ (2, 0.0%)

1 が唐棣色, の鮮麗

▼ 見た恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 ありさま, 亡霊の

▼ 見た恰好~ (2, 0.0%)

1 は決して, もいい

▼ 見た患者~ (2, 0.0%)

1 は, はその

▼ 見た悦び~ (2, 0.0%)

1 に浸たつ, を揶揄

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 沢の, 沢岳だ

▼ 見た悲しい~ (2, 0.0%)

1 哀れな, 妙に

▼ 見た情景~ (2, 0.0%)

1 とを相, と姫君

▼ 見た意味~ (2, 0.0%)

1 であり本質上, をようやく

▼ 見た感動~ (2, 0.0%)

1 ある新鮮, へ更に

▼ 見た態度~ (2, 0.0%)

1 がみんな, でいきなり

▼ 見た所それ~ (2, 0.0%)

1 は実に, は袋

▼ 見た所為~ (2, 0.0%)

1 であらう, であろうか

▼ 見た所私~ (2, 0.0%)

1 のほか, よりも風体

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の指さき, は痩せ

▼ 見た手紙~ (2, 0.0%)

1 の内容, はその

▼ 見た挙句~ (2, 0.0%)

1 に引, に親父

▼ 見た揚句~ (2, 0.0%)

1 何とかし, 到頭彼

▼ 見た支那~ (2, 0.0%)

1 の小説, は決して

▼ 見た文章~ (2, 0.0%)

1 では大原社会問題研究所, を法然房

▼ 見た新劇~ (2, 0.0%)

1 がそれ, がつまらなかっ

▼ 見た日蓮~ (2, 0.0%)

1 と云, の本質的性格

▼ 見た明智~ (2, 0.0%)

1 のへん, の可愛らしい

▼ 見た時こ~ (2, 0.0%)

1 つんと頭, は抑

▼ 見た時それ~ (2, 0.0%)

1 が, が現われ

▼ 見た時どこ~ (2, 0.0%)

2 か物わかり

▼ 見た時ひろ子~ (2, 0.0%)

2 と初江

▼ 見た時ぼく~ (2, 0.0%)

1 はああ, はドキッと

▼ 見た時一つ一つ~ (2, 0.0%)

2 の蟹

▼ 見た時一寸厭~ (2, 0.0%)

2 な心持

▼ 見た時今~ (2, 0.0%)

1 まで俺, 迄貪っ

▼ 見た時代~ (2, 0.0%)

1 の梅坊主, は女形凋落時代

▼ 見た時何~ (2, 0.0%)

1 か僕, の花

▼ 見た時信吉~ (2, 0.0%)

1 ははっと, は傷つけられた

▼ 見た時俺~ (2, 0.0%)

1 はあっと, は桑田

▼ 見た時公~ (2, 0.0%)

1 は思はず, は思わず

▼ 見た時博士~ (2, 0.0%)

1 のやう, はすぐ

▼ 見た時噂~ (2, 0.0%)

2 にのみ聞い

▼ 見た時外~ (2, 0.0%)

2 の戸

▼ 見た時妙~ (2, 0.0%)

2 に不快

▼ 見た時年~ (2, 0.0%)

1 の若い, は二十四五

▼ 見た時心~ (2, 0.0%)

1 の底, を打

▼ 見た時我々~ (2, 0.0%)

1 は今夜, は面

▼ 見た時正岡~ (2, 0.0%)

1 の絵, の繪

▼ 見た時此~ (2, 0.0%)

1 の沈勇, れなら不在証明

▼ 見た時瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 見た時船~ (2, 0.0%)

1 が一艘, はどの

▼ 見た時運命~ (2, 0.0%)

2 が三千代

▼ 見た時青鯖色~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ 見た時非常~ (2, 0.0%)

1 にかわいそう, に心

▼ 見た曲馬~ (2, 0.0%)

1 ではなく, らしい

▼ 見た書籍~ (2, 0.0%)

1 とを比較, はいかなる

▼ 見た曹操~ (2, 0.0%)

1 は甘, は苦し

▼ 見た月日~ (2, 0.0%)

1 が戻, の経過

▼ 見た有様~ (2, 0.0%)

1 によって外国人, はけっして

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 のこと, の景色

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 で登れねえ, や家

▼ 見た札幌~ (2, 0.0%)

2 とさして

▼ 見た松並木~ (2, 0.0%)

1 の往還, を私

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の名所

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の中, の蓋

▼ 見た樣子~ (2, 0.0%)

1 ですが, の變

▼ 見た横顔~ (2, 0.0%)

1 が実に, はまた

▼ 見た樹立~ (2, 0.0%)

1 の繁った, の繁つた

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 にだまっ, は見えなかった

▼ 見た次第~ (2, 0.0%)

1 だが, である

▼ 見た~ (2, 0.0%)

2 きの

▼ 見た正雪~ (2, 0.0%)

1 は, はブルブル

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の光景, の風景

▼ 見た此方~ (2, 0.0%)

1 でも見た, の勢

▼ 見た武蔵~ (2, 0.0%)

1 のよう, の実力

▼ 見た歴史~ (2, 0.0%)

1 の意味, をその

▼ 見た~ (2, 0.0%)

2 りには

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 に身, はまた

▼ 見た死人~ (2, 0.0%)

1 の爪, の顔

▼ 見た死刑囚~ (2, 0.0%)

1 の強, の白い

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の中, を飲めない

▼ 見た汽車~ (2, 0.0%)

1 の中, は此処

▼ 見た河底~ (2, 0.0%)

2 の広告マン

▼ 見た油絵~ (2, 0.0%)

1 とは少しく, の一

▼ 見た津田~ (2, 0.0%)

1 の隙間, はほとんどこう

▼ 見た活動寫眞~ (2, 0.0%)

1 の場面, の映

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の顔, は思わず

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の人々, の町

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 洲の, 蔵さん

▼ 見た満足~ (2, 0.0%)

1 よりも物思い, を感じた

▼ 見た源十郎~ (2, 0.0%)

1 はああ, むずと老婆

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の大きな, はいつも

▼ 見た火星人~ (2, 0.0%)

1 そっくりだった, のほんとう

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 が決して, はあれ

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 がはなはだ, に横たわっ

▼ 見た然し~ (2, 0.0%)

1 その響き方, 国技館の

▼ 見た焼岳~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 見た父親~ (2, 0.0%)

1 のシュナイダア, は先

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 でも自分, の姿

▼ 見た獅子~ (2, 0.0%)

1 の毛, 舞いの

▼ 見た瑠璃子夫人~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 見た田舎~ (2, 0.0%)

1 の上流階級, の景

▼ 見た男體~ (2, 0.0%)

1 の雄姿, は殊に

▼ 見た~ (2, 0.0%)

2 に咲いた

▼ 見た異様~ (2, 0.0%)

1 な光景, な姿

▼ 見た當麻~ (2, 0.0%)

2 の邑

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の嬉し, 隠は

▼ 見た白娘子~ (2, 0.0%)

2 の艶

▼ 見た~ (2, 0.0%)

2 を隣

▼ 見た盆踊~ (2, 0.0%)

1 のこと, は一番

▼ 見た目白~ (2, 0.0%)

1 の丘, の先生

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 で, 図を

▼ 見た相手~ (2, 0.0%)

1 というの, の姿

▼ 見た眼付き~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, の気持

▼ 見た眼前~ (2, 0.0%)

1 の光景, の突出

▼ 見た瞬間彼~ (2, 0.0%)

1 の頭, は机

▼ 見た瞬間次郎~ (2, 0.0%)

1 は眼, は自分

▼ 見た瞬間自分~ (2, 0.0%)

1 の心, の胸

▼ 見た知識~ (2, 0.0%)

1 よりも更に, を振り回し

▼ 見た社会~ (2, 0.0%)

1 とは違う, の人間

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 ですからね, を見た

▼ 見た神尾~ (2, 0.0%)

1 の眼, はクラクラ

▼ 見た種々~ (2, 0.0%)

1 な若い, の図

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 のつい, の外

▼ 見た競輪場~ (2, 0.0%)

1 では有り得ない, の観衆

▼ 見た糸七~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 見た紅矢~ (2, 0.0%)

1 の両親, は驚くまい

▼ 見た絵巻物~ (2, 0.0%)

1 が鮮やか, を列

▼ 見た絵本~ (2, 0.0%)

1 ではその, の天狗

▼ 見た美人~ (2, 0.0%)

1 のいる, の眉引

▼ 見た美留女姫~ (2, 0.0%)

1 に寸分, の心

▼ 見た群集~ (2, 0.0%)

1 はあわて, はこの

▼ 見た老婆~ (2, 0.0%)

1 に違い, は

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 して, も引込み

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 斎は, 轉車にの

▼ 見た自分たち~ (2, 0.0%)

1 はこう, はさすが

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の中, よりずっと

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の蒼

▼ 見た芳秋蘭~ (2, 0.0%)

1 の澄み渡った, の顔

▼ 見た若者たち~ (2, 0.0%)

1 がわざと, である

▼ 見た英国~ (2, 0.0%)

1 の一旅行者ラッセル, の婦人

▼ 見た范院長~ (2, 0.0%)

2 と王主人

▼ 見た茶屋~ (2, 0.0%)

1 の女, の女房

▼ 見た萬法藏院~ (2, 0.0%)

2 の夕

▼ 見た薬師岳~ (2, 0.0%)

2 はとても

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 にそっくり, の所

▼ 見た被告~ (2, 0.0%)

1 の横顔, の眼

▼ 見た西洋人~ (2, 0.0%)

2 の夫妻たち

▼ 見た見当~ (2, 0.0%)

1 じゃ女, であるが

▼ 見た読者~ (2, 0.0%)

1 の心, はどう

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 将は, 範疇の

▼ 見た諸国~ (2, 0.0%)

1 の守護, の軍

▼ 見た警部~ (2, 0.0%)

1 は, はとうとう

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 ではない, でもなし

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 はいっぱい, は頗る

▼ 見た貴様~ (2, 0.0%)

1 が, 見たの

▼ 見た資本主義~ (2, 0.0%)

1 の全面的, の大きな

▼ 見た赤い~ (2, 0.0%)

1 光りの, 空気の

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 は樹, をみた

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 から脊髄的, で肝

▼ 見た農民~ (2, 0.0%)

1 のため, ははじめて

▼ 見た途端小沢~ (2, 0.0%)

1 の頭, は

▼ 見た途端木崎~ (2, 0.0%)

1 が何, はダンサー時代

▼ 見た運動~ (2, 0.0%)

1 は必然的, は現実的

▼ 見た部屋~ (2, 0.0%)

1 の湯殿, を起き上っ

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 と女, も口あたり

▼ 見た野村良吉~ (2, 0.0%)

2 は大略前述

▼ 見た金五郎~ (2, 0.0%)

1 と市松模様, は徳利

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の岳, も長く

▼ 見た閻魔大王~ (2, 0.0%)

2 はすぐ

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の中, を

▼ 見た階下~ (2, 0.0%)

1 の様子, の樣子

▼ 見た障子~ (2, 0.0%)

1 の内, の白

▼ 見た雑誌~ (2, 0.0%)

1 の写真, をねえや

▼ 見た~ (2, 0.0%)

2 ぞら

▼ 見た青眼先生~ (2, 0.0%)

1 の眼, は又もや

▼ 見た青空~ (2, 0.0%)

2 と風

▼ 見た顔つき~ (2, 0.0%)

1 で藤次, にはどこ

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 は海風, は青い

▼ 見た高島田~ (2, 0.0%)

1 に振袖, の娘

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 をふり乱し, を確か

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 とは正に, の図

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 も地球上, をあわや

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の数, は飛びあがっ

▼ 見た黒い~ (2, 0.0%)

1 虱程の, 雪ばかりじゃ

▼ 見た~ (2, 0.0%)

1 の二等辺三角形, の表現

▼1* [2778件]

見たああ僕は, 見たあすこまで昇れ, 見たあたりに来, 見たあちこちのホテル, 見たあつしが大川橋, 見たあとアチャラカ芝居をやる, 見たあと急にまじめ, 見たあと紹介された朝倉夫人, 見たあと苦笑しながら, 見たあと荒田老の手, 見たあと詰問するよう, 見たあの同じ場所に, 見たあまりよい気持, 見たあやしい天の, 見たあらゆる乞食に, 見たあんなけば, 見たあゝいう事, 見たはゆる, 見たいしという訳, 見たいたいたしいおぬいさん, 見たいったいの風貌, 見たいとしき彼女を, 見たいな子でしたから, 見たいものぢ, 見たいやな夢, 見たいやらしい夢だ, 見たいろんな世界の, 見たいわばお弟子, 見たも, 見たうえ夜になる, 見たうさぎのおじいさん, 見たうれしさや, 見たおいらんのよう, 見たおかげだと, 見たおかみさんの返答, 見たおしゃまのお先走り, 見たおせんの体, 見たおそろしい光景を, 見たおとよは元気, 見たおばさんは長火鉢, 見たおふくろさんは一生懸命, 見たおもしろいなあ, 見たおよそ耐らなく可笑しい, 見たおんみ, 見たお化けがその, 見たお姫様がニッコリ, 見たお嬢さんの住居, 見たお客の一人, 見たお方はございますまい, 見たお櫃入としてはこの, 見たお父さんの空中, 見たお爺さんは益々, 見たお蔭でその, 見たお雪ちゃんは何, 見たかがわかるよう, 見たかぎりの男, 見たかじゃないお前, 見たかって室の, 見たかっぱだね, 見たかといったような, 見たかといふことと, 見たかともおもった, 見たかなもしと, 見たかについて話して, 見たかにわかぎょうてんしてうろたえだした蛾次郎さよう, 見たかねえ俺は, 見たかばかいが, 見たかまきりは一足, 見たかや田沢の, 見たかよォ, 見たからじゃないか, 見たからにわたくしどもと, 見たからばかりでない本当に, 見たかわりにこの, 見たがぜがひでも, 見たがってはいた, 見たがという人が, 見たがななにしろ作, 見たがもウ何となく, 見たがやッぱり土だ, 見たがネ思ッたよりは, 見たきみ子さんは, 見たきりいつまでもだまっ, 見たきりその後かけ違って, 見たきりそれ以後は食事, 見たきりだれの手, 見たきり七八カ月というもの, 見たきり念入りに封, 見たきり敬礼を返さなかった, 見たきり母親の顔, 見たきり気にも留めず, 見たきり邪魔されず落, 見たきり雀よ, 見たきり音も立てず, 見たきり頭を頑強, 見たきり首の処, 見たきんは昔, 見たくせにわれ, 見たくだものの味, 見たくまの目, 見たくも富士は見えない, 見たくらいで判別が, 見たくらいに近しい仲, 見たくらいの知識しか, 見たぐあいでは腰元どもの立ちいふるまい, 見たぐらいじゃひるまない, 見たけさのほ, 見たこう言ったと, 見たこういう場合に, 見たここちがする, 見たこちらの心, 見たことことという音, 見たことそれはいかにも, 見たことアないが, 見たこと一ぺんもない, 見たこと之は和辻氏, 見たこと以上にはなに, 見たこと妙に夫, 見たこと手紙に書いたでしょう, 見たこと爭ひ難い, 見たこと皮膚に感じた, 見たこと等については軽々しく, 見たこと芥川に伴, 見たこと蟇口を落した, 見たこの世の空, 見たこんな心持の, 見たさあ到る処都, 見たさといふ好事心のみ, 見たさとはこの場, 見たさに怖さ, 見たさは山々しかし, 見たさよ子はなんとなく, 見たしかしながら私という, 見たしかも一度きりでなく, 見たしという考えの, 見たしとのことにつき, 見たしなど陽はに, 見たしみじみとした, 見たしゅんかんに岩かげ, 見たすうっと跼ん, 見たすぐあとで, 見たすなわち急がば, 見たすらりとした, 見たとは星一つ, 見たそうして後を, 見たそしてまた革の, 見たその後のこと, 見たそれほど喉が, 見たそれらの胃袋, 見たそんな言葉を, 見たぞと思ふこと, 見たたくさんの火星人, 見たたぶんどこか, 見たため先生を慰める, 見ただからの, 見ただがどうする, 見ただけか吉岡先生の, 見ただけかも知れぬ, 見ただけが徳と, 見ただけさいやはや, 見ただけでもぞつとする, 見ただけにて秘事の, 見ただけにも満足しよう, 見ただけは確かである, 見ただけを數へれ, 見ただけをね喋舌ってる, 見ただのまだつい先々週, 見ただれかの肖像, 見たちょうはどんなに, 見たっきり一つもつまもう, 見たっきり囲りの, 見たっけやめでて, 見たっけよ舌不足が, 見たっていうんじゃろう, 見たってもよう替わりな, 見たつけよ舌不足, 見たつてかたつむりです, 見たつて一と眼, 見たつて一樣に眞, 見たつて二十二三だ, 見たつて仕様がない, 見たつて唯事ぢやない, 見たつて湯歸りだから, 見たつて自害にはならねえ, 見たつて自害ぢやありません, 見たつて面白かありません, 見たてはべつに参考, 見たてるがいい, 見たでも何でも, 見たといつては引つ掻く, 見たとおりそれが扉, 見たとおりただの首くくり, 見たとおりてんでんばらばらにつましい, 見たとおりわしは三人, 見たとおりデスクの前, 見たとおりマドレーヌ氏とジャン, 見たとおり下方の紐, 見たとおり今では白く, 見たとおり依怙地に書きつけ, 見たとおり彼女は既に, 見たとおり楠木正季の郎党, 見たとおり武道で世, 見たとおり生物を微粒子, 見たとおり老人がヘリコプター, 見たときあたいははあん, 見たときあまりのおそろし, 見たときいやな気, 見たときおまえの家, 見たときおれは化物, 見たときそっちへ目, 見たときどれもこれ, 見たときなかば微笑を浮かべ, 見たときみなが鼻, 見たときむかむかとした, 見たときむやみに悲しく, 見たときもちっとで呀, 見たときわけもなく, 見たときわたしたちがそこ, 見たときわれわれの心, 見たときアチミアーノフには一切, 見たときカンバスの下, 見たときキャラコさんは思わず, 見たときグラチアは泣き声, 見たときスウッとしずか, 見たときスカラとも云われる, 見たときスタールツェフはふっと, 見たときチビ公は胸, 見たときパリ党の方, 見たときベスはうれしい, 見たとき一瞬彼女はそれ, 見たとき三四郎はすぐ, 見たとき不審の眉, 見たとき不知不識, 見たとき丸八の先代, 見たとき久慈はこれ, 見たとき久美子は, 見たとき二人の不安, 見たとき人は, 見たとき人々は鳴り, 見たとき今まで突い, 見たとき今度はあります, 見たとき今泉はもうどんなに, 見たとき以来ついに消え失せないあり, 見たとき伶人の古楽, 見たとき何の疑い, 見たとき何等かの方法, 見たとき余は紗, 見たとき作者の心理的説明, 見たとき俊夫君は富三, 見たとき俊寛は嬉し涙, 見たとき俺はハツ, 見たとき傳右衞門はすぐ, 見たとき先方は三人, 見たとき兵助は早, 見たとき前田弥平氏はじっと, 見たとき勝家以下みなふたたび眼, 見たとき十四歳で音楽修業, 見たとき取り調べのこと, 見たとき君の手, 見たとき女の顔, 見たとき学者の黒井博士, 見たとき宗助に聞いた, 見たとき対馬守はこれ, 見たとき小泉氏の立場, 見たとき尾をぴちぴち, 見たとき巡査は頭, 見たとき左の頬, 見たとき帆村はメモ, 見たとき庭の沓脱ぎ, 見たとき弁護人は刹那, 見たとき弥生はもはや, 見たとき心を惹かれた, 見たとき急に可哀そう, 見たとき息がとまる, 見たとき患者は二十人, 見たとき戦争は間接, 見たとき手代の良助, 見たとき敏感な若者連, 見たとき敵のやう, 見たとき日本の忍耐づよい女, 見たとき本が大き, 見たとき栄蔵のほん, 見たとき正太はそれ, 見たとき母のない, 見たとき法水は自分, 見たとき理想の婆さん, 見たとき男は脇の下, 見たとき疑いもなく, 見たとき疲労も何, 見たとき直ぐにもははあ, 見たとき相手の眼, 見たとき真名古は皇帝, 見たとき矢代はあの, 見たとき禰宜様宮田は思わず, 見たとき秀吉はうしろ, 見たとき索敵戦隊の勇士たち, 見たとき練吉の顔, 見たとき自然と思い浮べられた, 見たとき自転車屋が潰れ, 見たとき臼井吉見氏が文芸時評, 見たとき芸者を遠い, 見たとき薙刀の一本, 見たとき藤原信頼や惟方等, 見たとき被害者がお湯, 見たとき見覚えのある, 見たとき記代子の覚悟, 見たとき記憶の底, 見たとき読書家にも何, 見たとき誰より眼光, 見たとき途方もなく, 見たとき銅製の鶴, 見たとき隆夫のたま, 見たとき頬のあたり, 見たとき黄金豹の子ども, 見たところあなたはここ, 見たところいま東洋はあげ, 見たところいやに汚れた, 見たところおまえは何, 見たところお嬢さんとも奥さん, 見たところお玉さんは単純, 見たところきょうの頬, 見たところこの間うち気にし, 見たところさ程には彼, 見たところそこは多勢, 見たところちょッと新しい, 見たところちよつと詩的, 見たところはさもよい, 見たところひと目に実直, 見たところふたりのガン人, 見たところふだんと変らず, 見たところみんな口の利き, 見たところむらさき色で光る, 見たところもちよつと, 見たところわたしには要領, 見たところアメリカの二円, 見たところエプロンだけしかつけ, 見たところキ印に近い, 見たところシッカリして, 見たところテーブルに向っ, 見たところトランクが月, 見たところハタチね, 見たところバカではない, 見たところパンパンと見分け, 見たところフランス人にはちがい, 見たところポルザ協会の会員, 見たところヨタモノじゃなく, 見たところ一つもありません, 見たところ一寸上品な若, 見たところ一朱はおろか, 見たところ一癖ありそう, 見たところ一軒家も同然, 見たところ三十がらみであるが, 見たところ三十五反の真帆, 見たところ三十前後と云っ, 見たところ三十前後道樂者によく, 見たところ三十歳くらいの英国人, 見たところ三十過ぎにも見えます, 見たところ三尺も動く, 見たところ三間半四方の小さい, 見たところ上品な小さな, 見たところ下屋敷でべつだん, 見たところ丑松は純粋, 見たところ丑次郎には登れ, 見たところ世間並みの庄屋, 見たところ主人は六十前後, 見たところ久濶を叙す, 見たところ乱雑であるが, 見たところ二十二くらいの年格好, 見たところ二十五六かとも思われる, 見たところ二十代に見える, 見たところ二十四か五, 見たところ二十四五の溌剌, 見たところ二十四五雲隠才蔵, 見たところ二本の足, 見たところ五人のもの, 見たところ五十前後のでっぷり, 見たところ五十幾つ形振構わず小金, 見たところ五十歳ぐらいのおそろしい, 見たところ五左衞門が死ん, 見たところ五頭の馬, 見たところ他の多く, 見たところ以上に聡明, 見たところ仰せの如く, 見たところ何処に繃帯, 見たところ何處にも傷, 見たところ余り価値の無, 見たところ余り立派な馬, 見たところ倶楽部劇としてよく, 見たところ健康そうであったが, 見たところ傷は殆ど, 見たところ元気のいい, 見たところ兎を海, 見たところ六つぐらいの大き, 見たところ六十近いやう, 見たところ六十五六の品, 見たところ其処にへん, 見たところ其處には小さく, 見たところ内地にある, 見たところ出血の量, 見たところ分別ありげ, 見たところ前の晩, 見たところ医者か弁護士, 見たところ十か十一, 見たところ十九か二十歳, 見たところ十二三の幼, 見たところ十五六くらゐには, 見たところ十六七の小娘, 見たところ十里四方にも及び, 見たところ千二は別に, 見たところ千年は経つまい, 見たところ印度は九州, 見たところ友人から細君, 見たところ古風なシルクハット, 見たところ右の金子, 見たところ吉之助の體力, 見たところ君の身体, 見たところ善良そうで子供, 見たところ喧嘩の相手, 見たところ四五坪ぐらいのもの, 見たところ四五時間もあれ, 見たところ四十七八立派な白鼠, 見たところ四十前後大家の主人, 見たところ四十恰好の男, 見たところ土をいじっ, 見たところ土曜から日曜, 見たところ坊主頭が五, 見たところ増大して, 見たところ外傷はなかっ, 見たところ外部的の精神, 見たところ夫婦仲はどんな, 見たところ妹は病人, 見たところ子供のよう, 見たところ子柄もわるく, 見たところ存外のおろか者, 見たところ宣教師らしい, 見たところ寒天のよう, 見たところ實があり, 見たところ寫實的な芭蕉, 見たところ小児のごとく, 見たところ小屋の前, 見たところ小柄ながらがっしり, 見たところ岩形氏の死状, 見たところ巌流島は彦島, 見たところ左の足, 見たところ常の日, 見たところ常人でな, 見たところ平和そのものである, 見たところ幸いにし, 見たところ当人もその, 見たところ御料林を見分, 見たところ心のうち, 見たところ悲哀とも苦痛, 見たところ惨劇の跡, 見たところ愛嬌があつ, 見たところ教養も豊か, 見たところ料理女の息子, 見たところ旗本どもに親, 見たところ曲線の形, 見たところ最初の手触り, 見たところ服装が違う, 見たところ朝おそくなっ, 見たところ村の庄屋どん, 見たところ格服の良い, 見たところ植物はそうとう, 見たところ楽な奉公, 見たところ機械工場の職工長, 見たところ欧弗同盟軍の方, 見たところ正体がわからない, 見たところ正直者らしゅうは, 見たところ此れ位呑気, 見たところ武家奉公をし, 見たところ死後に日数, 見たところ殺伐でもなく, 見たところ泥鰌は底, 見たところ津々浦々は決して, 見たところ派手でハイカラ, 見たところ液体は一定, 見たところ温和そうなセレナ夫人, 見たところ無心そうに范志清, 見たところ父の里, 見たところ田山白雲も主人役, 見たところ田舎廻りの曲馬団員, 見たところ畑もなく, 見たところ異状はありません, 見たところ當人たちは意外, 見たところ病気らしいが, 見たところ百五十機ぐらいはいる, 見たところ百姓たちは元気そう, 見たところ皆云わずには, 見たところ直覚のよう, 見たところ短刀を握つた, 見たところ石とそっくり, 見たところ磯五という大きな, 見たところ箱の蓋, 見たところ節穴らしいの, 見たところ粋な道楽肌, 見たところ精巧そうな時計, 見たところ糸杉がきっちり, 見たところ絹坊は日光浴, 見たところ綺麗で才走つて, 見たところ織物のよう, 見たところ羅馬の円形闘技場, 見たところ美少年のよう, 見たところ職人渡世でもし, 見たところ肩さきにや, 見たところ背の低い, 見たところ自信と常識, 見たところ色男の資格, 見たところ花も葉, 見たところ蓴菜のよう, 見たところ血で書いた, 見たところ血色も肉, 見たところ行李と金, 見たところ衣服を着た, 見たところ西洋人のよう, 見たところ許婚の若い, 見たところ豪家の一人, 見たところ負債もない, 見たところ貴殿には一個任侠, 見たところ質素な四階建て, 見たところ身体の工合, 見たところ近在から誘拐, 見たところ遉一代の巨人, 見たところ運命の束縛, 見たところ達者そうだね, 見たところ郵便局にはちゃんと, 見たところ重大な変化, 見たところ金火箸見たよう, 見たところ長柄の錐, 見たところ陣屋のよう, 見たところ陰気なくらい, 見たところ青年のよう, 見たところ静かな眠り, 見たところ非の打ちどころ, 見たところ頑丈な身体, 見たところ頭が丁度, 見たところ顯著でないため, 見たところ風采も堂々, 見たところ飛行機の型, 見たところ飛騨の方, 見たところ餓鬼のよう, 見たところ黄金の形, 見たとこ勝負だ一昨日異人館, 見たとこ通りなら世の中, 見たとしか自ら言い得なかったであろう, 見たとたん伸子はほんと, 見たとたん先生の目, 見たとたん十一人のうち, 見たとたん奥がたはあっ, 見たとたん自分の胸, 見たとばかり言い得ないよう, 見たとばかりも考へられない, 見た俺ら, 見たどころじゃござんせん, 見たどころかいきなり後, 見たどなたでもかう, 見たなあ初めてだ, 見たなお且つ早くから知っ, 見たなぞと聲, 見たなどいずれも, 見たなどとは随分洒落, 見たなどはあやまりだった, 見たなんにせよ, 見たにこにこした顔, 見たのさへ路傍, 見たのちにも粂八, 見たのち奔り出ようと, 見たのち急に愛想, 見たのといった, 見たのよね保さん, 見たはかない夢で, 見たはっと思ったが, 見たはとの中, 見たはるんでね, 見たばかしでお, 見たばかしで巻いて, 見たばかしの舞台面が, 見たばかりじゃあ勿論詰らない, 見たばかりと聞き, 見たばかりには浩は, 見たばは見たればの, 見たばんじよう, 見たひとりの老, 見たひどいものであった, 見たひょうしに, 見たびっこの馬に似, 見たべつな侍, 見たほどには楽しくも, 見たぼんやりした小さい白い, 見たぽん太の, 見たまあ聞いて, 見たまさにそのとき, 見たまったく驚くべきもの, 見たまでとケロリと, 見たまのあたり仏に, 見たままいそぎ足で殆, 見たまますすり泣きに泣いた, 見たままつぎの間, 見たままもとのよう, 見たままニンガリと物凄く, 見たままリアルにかこう, 見たまま一二歩窓の下, 見たまま一足ずつ後へ下り出した, 見たまま傲然としてゐた, 見たまま先へ歩い, 見たまま周三はさ, 見たまま声をかけよう, 見たまま大かた掘り出して, 見たまま奥を向い, 見たまま微かな声, 見たまま急にこう, 見たまま挨拶もしない, 見たまま振りむきもしなかった, 見たまま無遠慮に大きい, 見たまま煙草を喫, 見たまま知らん顔して, 見たまま紹介しようと, 見たまま職人にこう, 見たまま誰にともなし, 見たまま身動きもしず, 見たまま顎のところ, 見たまるで僕の, 見たまんまるい月のこと, 見たまんまミサ子は小さい, 見たまんま大急ぎで家, 見たまんま目をつぶっ, 見たあれの, 見たみじんこのよう, 見たみんなのからだ, 見たもうろうとした, 見たもぐらの話, 見たもしあなたが, 見たもっとも美しいもの, 見たものここにある, 見たものすごい明るさだった, 見たものみな身の毛もよだち, 見たもの一つ一つから悲し, 見たもの以外は人, 見たもの因果見られたもの因果, 見たもの幻しで, 見たもの百枚以内書いて, 見たもの皆報らせるん, 見たもの許りが, 見たもの講演会の時, 見たやつがある, 見たやり口夫は近来確立, 見たゆえに私, 見たゆき子の獣, 見たゆき子宛の脅迫状, 見たよう波風の音, 見たよと云われたこと, 見たよりか美しいん, 見たよりはずつと心地が, 見たらん人にはた, 見たろうに, 見たろう等と尋ね, 見たわが名将立川師団長は, 見たわしらでなくては, 見たわたしの驚き, 見たわら屋までやってきます, 見たりの, 見たアイヌは一人, 見たアイヌ女の殆ど全部, 見たアイルランドやスコットランド高地, 見たアカシアの木立, 見たアチャラカで面白い, 見たアルコールづけの, 見たアレナの廃墟, 見たイタリイの歌劇, 見たイタリー人はいきなり, 見たインドの坊さまみたい, 見たイヴのよう, 見たウラニウムの出る, 見たエドナは急, 見たエルサレムへゆく, 見たオシャベリ姫は思わず, 見たオホノトシの面影, 見たオリーブ表紙のサイモンヅ, 見たオルゴールや飛行機, 見たカアネギイは注意, 見たカブキで左団次, 見たカムポスがまるで, 見たカモシカ中尉の愕, 見たカモシシは野猪, 見たカラタール氏が下, 見たカルネラ対ベーアの試合, 見たカーテンがゆらい, 見たガラツ八だけかもわかりません, 見たガン星の最後, 見たキビキビした中, 見たキミ子の肉体, 見たキャプラの, 見たギリシャの詩人ソフォクレス, 見たクジラの子ども, 見たクリストはクリスト自身, 見たクレンクビュの活動写真, 見たクロとふたたび, 見たクローカスのよう, 見たグリゴリイはすっかり, 見たケーテ夫人が, 見たコゼツは言いました, 見たゴオガンは橙色, 見たゴリキイは例, 見たゴーゴリの, 見たの字, 見たサフランはひどく遅く, 見たサモイレンコの噴き出したくなる, 見たサーシャとゴーリキイ, 見たシバイがおもしろく, 見たシムソンは急, 見たシモンはそれ, 見たシャスタは一座, 見たシャンパンをぬいた, 見たシヨツクと永い, 見たジガ蜂が, 見たジャングルのよう, 見たジャンパーの男, 見たジョルジョの円皿, 見たジーナの姿, 見たスキー滑走の物理学, 見たスケッチを総合, 見たスタイルは素敵, 見たスフィンクスの微笑, 見たスポーツに過ぎない, 見たスポーツ物理学にもなかなか, 見たスミ子ちゃんはまっ青, 見たセルとにしよ, 見たソクラテスは徹底的, 見たソビエト映画の, 見たソヴェトの社会生活そのもの, 見たソヴェートの住民達, 見たタメシがない, 見たダニーロが旋風, 見たダンスホールを思ひ出し, 見たダンチョンはその, 見たチセイコロカムイは一本, 見たッきり二度と目, 見たツタンカーメンの小さい, 見たテューリップの畑, 見たテレビの一画面, 見たディトリッヒのなん, 見たディレッタントは比較的, 見たトッドははじめて, 見たトラックの車体, 見たトロツキーによく, 見たドイツのハーゲンベツグ曲馬團, 見たドイツ軍に大, 見たドストイェフスキイはやはり, 見たドノ顔よりも気高い, 見たニイチェの鬚, 見たニュースの中, 見たニューヨークマンハッタンへんのよう, 見たニースの海岸, 見たハドルスキーは私, 見たバスガールバアガールそして電車, 見たバルドルの身, 見たパラオ支庁の警務課, 見たパラオ支廳の警務課, 見たパリーの芸術家, 見たパレスタインのアラブ馬, 見たヒマラヤ山中の活動写真, 見たヒョロ子はイキナリ豚吉, 見たビルマの孫, 見たピット政府はこの, 見たフィリップ殿下の気高い, 見たフィルムの中, 見たフランコニア公からの書き, 見たフランスの農夫たち, 見たフランス人はライン, 見たブライドは前後, 見たプラトンには意味, 見たプーシュキンの顔, 見たヘンズレエ嬢は毎日朝, 見たベルギー皇帝は五月二十八日無条件, 見たベーアとカルネラ, 見たペンキ塗りの家, 見たページの字感, 見たホテルと云う, 見たホルサムはいたる, 見たマクドウネルの梵英辞典, 見たマダム・ハヤミの地平線, 見たマッタアホーンの写真, 見たマッチはスウェーデン製, 見たマドロス達はその, 見たマルソラン医師が憶, 見たミケランゼロが, 見たミッキーマウスの中, 見たミトローニク氏はおそろしく, 見たモースーメさんにぜひ, 見たヤーネル大将は参謀長, 見たユトリロはその, 見たユーモア反乱軍てな, 見たヨルダンの水, 見たラック大将はあっと, 見たラフワエルも美男子, 見たランプの明かる, 見たリイは月姫, 見たリザベッタは軽い, 見たリモオジュの町はずれ, 見たルイキユウの田, 見たルノアルはかう, 見たルパンは手, 見たレミントン銃であった, 見たレンブラントは大作, 見たレヴュを想い出し, 見たロケーなど蜥蜴類, 見たロシア伽噺の巨人, 見たロシア映画では頭痛, 見たロボットとはちがっ, 見たロロの甘, 見たローリイはだまっ, 見たワトソンはその, 見たヱゴ諸相の連続映像, 見た小白点, 見た一たい何という魚, 見た一件だ, 見た一元描寫であるから, 見た一光景を思い出させる, 見た一党の士気, 見た一切のもの, 見た一刹那から烈しい, 見た一刹那僕はうんざり, 見た一夜の夢, 見た一婦人にたいする空想的, 見た一少女ハプスブルグの娘, 見た一日があつ, 見た一時に三十滝, 見た一瞬間私は思わず, 見た一石が案外, 見た一種の, 見た一般の俳優, 見た一般俳優の表現能力, 見た一葉女史にもほろ苦い, 見た一角の足, 見た一軒の花屋, 見た一部地方民家のあの, 見た一面観であって, 見た一頭の黒い, 見た一風宗匠はまた, 見た七兵衛は, 見た七日間のロシヤ, 見た三井万里の江島, 見た三井信託の男, 見た三千石取の, 見た三岐の一場面, 見た三木本の眉, 見た三河田峯の村境, 見た三角形の印, 見た三足の男, 見た三面鏡の鏡臺, 見た上一日其の參詣, 見た上下の抽斗, 見た上人はさめ, 見た上俺をつかまへ, 見た上先づ五六人の奉公人, 見た上後は知らん顔, 見た上懷ろ紙を出し, 見た上最後に路地, 見た上深川の叔母, 見た上用件を御, 見た上野はブラリ, 見た上野ジャングルというもの, 見た上金三郎は暫らく, 見た上阪の中途, 見た上靜かに解い, 見た上高地は昔ながら, 見た下りがけに, 見た下司っぽい語り口, 見た不知火剣士の一人, 見た与八はまた, 見たの大人たち, 見た世の中らしくかなり, 見た世界歴史は決戦戦争, 見た世相の一端, 見た世間の女性, 見た両人は, 見た並木道は同じ, 見た中将が不審, 見た中将姫の雪責め, 見た中平はいそい, 見た中斎は非常, 見た中村氏の絵, 見た中津の町, 見た中田も急, 見た中納言の子供, 見た丸ビルの店, 見た丸山勇仙が堪り兼ね, 見た丹尾の掌, 見た主人翁は, 見た久助の眼, 見たまでの他, 見た乗合の亜米利加人, 見た乗組員たちが一せい, 見た乙女の姿, 見た乞食は自分, 見た乳呑児を抱い, 見た事さへなかつた, 見た事務長の細君, 見た事実的統一とこの, 見た事物であって, 見た事近頃もゐる, 見た事院長が室, 見た二ツの人影, 見た二三人のお客, 見た二三日後お蓮, 見た二上山の幻影, 見た二列の契機, 見た二十二三のすらり, 見た二十萬圓くらゐするダイヤ, 見た二度目の死, 見た二時間以上ジッとしてる, 見た二艘の火輪船, 見た二週間の野球見物, 見た二重橋の歴史的壯厳, 見た二間許り進むと, 見た五つの桶, 見た五人のもの, 見た五册をのぞけ, 見た五月信子の慰問, 見た井上五郎兵衛は高地, 見た井戸の底, 見た亡弟新婚を訪ねた, 見たを語り, 見た京一さんはお, 見た京城かどこ, 見た亭主は十間, 見た人体の美, 見た人地下鉄に乗った, 見た人夫はその, 見た人夫達はひどく, 見た人妻の波路, 見た人形芝居一夕のアドヴェンチュア, 見た人数もあまりたんと, 見た人民たちはとうとい, 見た人猿優劣比較論であり老若賢愚比較論, 見た人相を隠し, 見た人種私の聞い, 見た人造人間の鉄, 見た人魚とよく, 見た仁兵衛はいきなり, 見た今回は大丈夫, 見た今夜はきつ, 見た今度の嘆願, 見た今日は既に, 見た仏教の因果応報論, 見た仏陀の教, 見た仏頂寺とは大, 見た仕事のこと, 見た他人の他, 見た他楼の花魁, 見た他郷の人, 見た令嬢が, 見た以上厭でも応, 見た以上山間の小, 見た以上拙者か拙者, 見た以前のもの, 見た以外では常に, 見た仲間なの, 見たは父, 見た伊勢參りの, 見た伊那丸は思わず, 見た伏姫の物語, 見た伏籠を念じ, 見た会堂がそれ, 見た伝右衛門は大方, 見た伯楽は眼, 見た伯爵は忽ち, 見た位ぢや見, 見た位彼女の口, 見た位置即ち本社ヶ丸, 見た佐佐木氏は早速, 見た佐竹君の瞳, 見た体操の教師, 見た体系の模型, 見た何ともいえぬ恐ろしい, 見た何処から来, 見た何時か品川, 見た何物よりも荘厳, 見た何者かの顔, 見た何處から來, 見た余吾之介, 見た余程この村, 見た作家の叫び, 見た作左衛門が, 見た作阿弥ははじめて, 見たし今夜, 見た來客を上, 見た侍女の妝飾, 見た侯爵は絶望, 見た係官たちはこの, 見た俘虜の一人, 見た保吉を弱らせる, 見た信之は益々, 見た信二の目, 見た信子の顔, 見た信州の松本, 見たが見えぬで, 見たも見た, 見た個人の独断的主張, 見た倫理批評は本当に, 見た倭文子は余り, 見たした觀方, 見た偶像は真実, 見たには黒, 見た傳習から出た, 見た傷口はなん, 見た傾斜の一端, 見た儘復た第, 見た儘微かな声, 見た元禄の文豪, 見たはその, 見た兄新五郎の顔, 見た先代市川団蔵の世にも, 見た先入観は家臣, 見た先刻のだ, 見た先輩の近づき, 見た先輩諸君の言葉, 見た光り物の記載, 見た光丸がいつか, 見た光悦蒔絵そのままな, 見たのよう, 見た兎の毛の雲, 見た児玉は持前, 見た入りは悪い, 見た入墨の中, 見た入浴する感じ, 見た欧州の, 見た全般にわたる旅行漫筆, 見た八百屋の主人, 見た八百屋お七の舞台姿, 見た公務について一つ, 見た公卿たちはこの, 見た公園にある, 見た公平にすぎない, 見た六つばかりの男の子, 見た六兵衛の製陶場, 見た六部の姿, 見たはその敢然たる, 見た兵庫市には城, 見た兵馬は嬉しい, 見たであつ, 見た其中庵を写し, 見た其夜の景色, 見た其年も忽ち, 見た其時から友田, 見た其理想郷も今日, 見た其目附が心, 見た具合でこいつ, 見た兼吉は何故か, 見た兼子の顔, 見た内侍たちとフロイス, 見た内部の様子, 見た册數だけを録, 見た写し本の諸, 見た写し絵は大抵, 見たの秩父連山, 見た冷酷さが今, 見たじさは, 見た凡そ耐らなく可笑しい, 見た凡ての事, 見た処ぢや分りません, 見た処ぢゃけれどこの店, 見た処どれも此, 見た処三百ばかりの墓燈籠, 見た処二十四五の青年, 見た処会が済んだ, 見た処何んの影, 見た処優美で品, 見た処四十位にしか見えず, 見た処壁にかかった, 見た処大広間六七十畳舞台を二十畳, 見た処女の羞ら, 見た処如何にも質素, 見た処日頃思って, 見た処東京の低い, 見た処法然はやがて, 見た処湯殿らしい, 見た処衣服を着た, 見た凶夢を悲し, 見た出来事だそう, 見た出羽守声を励まし, 見た函谷関の険, 見たは七百年, 見たがそこ, 見た刃怪左膳チョビ安の身柄, 見た分析と事実上, 見た分裂病の患者, 見た切り他には一人, 見た切り外には何, 見た初めて樹明さんの, 見た初春のころ, 見た判断ではやはり実によく, 見たの目, 見た刷毛の影, 見た刹那たじたじとなっ, 見た刹那どこか遠い, 見た刹那ひろ子は何故か, 見た刹那ほんたうに, 見た刹那ニイチエの言つた, 見た刹那人間は気絶, 見た刹那伸子は今, 見た刹那新九郎はふと, 見た刹那為替証書を見た, 見た刹那私の手, 見た刹那護国寺の本屋, 見た刺青の男, 見た前半で草, 見た前夜にグスタフ, 見た割れ目の現象, 見たを上演, 見た力持のお, 見た力餅屋の亭主, 見た加奈子は思わず, 見た加害者というの, 見た勇吉はやま, 見た勘定係の四十男, 見た勘弁勘次物を打つけれ, 見た勝川のおばさん, 見た勝美夫人の眼, 見た勝負事はあるまい, 見たれて, 見た北村君というもの, 見た北極の氷原, 見た北見菊雄少年はあの, 見た区別の外, 見た医師は疑, 見た医療設備のこと, 見た医者もうけ合って, 見たは十倍, 見た十七八年前の潮來, 見た十二宮の円華窓, 見た十人ほどの患者, 見た十号で網, 見た千世子は鼻声, 見た千之助は本名, 見た千代子の姿, 見た千代松は否, 見た千恵造はその, 見た千手院の鹿垣, 見た千登世の眼, 見た千葉のお, 見た千鶴子が幽か, 見た半之丞は後で, 見た半人半魚の麗人, 見た半分だけ大人, 見た半島が現れ, 見た半生の巷, 見た半蔵のした, 見た南条力はズカズカ, 見た博士は, 見た博多駅の開通式, 見た博徒や破落戸, 見た占いが当たっ, 見た占い者はいと, 見た即ち非常に, 見た厚い白壁作りの, 見た原城の跡, 見た原点がなけれ, 見たな思い出, 見た厳顔は刀, 見た手ば, 見た友だちの香蔵, 見た友人は驚い, 見た友田喜造は, 見た友達は理由, 見た長老派の, 見た反動として鈴子, 見た反物金をもたん, 見た収容者は男泣き, 見た叔父さんは顔色, 見た叡山と同じ, 見た口惜しさは, 見た口語と文語, 見た古代人の生命觀, 見た古代信仰では前者, 見た古代生活は村, 見た古典同時代人, 見た古文書中にあっ, 見た古谷氏は, 見た古道具屋の主人, 見たでなし, 見た右半面は左半面, 見た各種の霜, 見た合歓の花, 見た吉岡氏ベンチで陽, 見た吉川の書生, 見た治療場の, 見た同君は急, 見た同室の人, 見た同心の浅間丈太郎, 見た同時に自分の, 見た同種の樣式, 見た名犬には下痢, 見た向う岸の低い, 見た向方側の世界, 見た君子はそこ, 見た吝嗇な男, 見た吾輩はホッ, 見た呉家の先祖代々, 見た呉清源はなんと, 見た呉軍の将士, 見た呉道子の観音さま, 見た周囲の風景, 見た味かたは今, 見た咄嗟にも直ぐ, 見た和人が償, 見た和尚さんもつと, 見た和尚様はにこにこ, 見た和算の研究, 見た和解の条件, 見た和郎はきょとん, 見た咽喉のまわり, 見たのよい, 見た唐代の天子, 見たの女中, 見た唯一艘の丸木小舟, 見た問題である, 見たと解釈, 見た喜左衛門はにわかに, 見た嘆息と驚き, 見た囚人は刑務所内, 見た四五人の眼, 見た四五桂の謎, 見た四十九年の悪夢, 見た四十雀の巣, 見た四月余りは短, 見た四角の凹んだ, 見た四辺の光景, 見た四阿屋の中, 見た因縁でその, 見ただ, 見た国々の法律, 見た国民はきっと, 見た国泰寺の樟, 見た国秦寺の樟, 見ただが, 見たでは神奈川, 見た土人の暮しかた, 見た土器色の月, 見た土地土地のこと, 見た土手の松並木, 見た土産話をさげ, 見た土蔵それから醤油, 見た在留邦人のくらしかた, 見た地上ゆいいつの, 見た地形にはつきり別々, 見た地方的範疇としての人民戦線, 見た地点から何ごころ, 見た地球人間である, 見たの砂道, 見た坂田の表情, 見た均平の目, 見た坊主のごとく, 見た埃及の木乃伊, 見た城下の旗本たち, 見た城兵の顔, 見た城太郎は余りに, 見た城崎地方の震災直後, 見た場合それを一つ日記, 見た場合どちらが社会的, 見た場合なぞもある, 見た場合創作家よりも翻訳家, 見た場合如何に仏陀, 見た場合完全な顔, 見た場合彼のニイチエ等, 見た場合彼女の題材, 見た場合日本の小説, 見た場合梅か桜, 見た場合法律の及ぶ, 見た場合消極的な意味, 見た場合科学的な著作, 見た場合自分などは確か, 見た場合芸術以前のもの, 見た場合誰とてひそか, 見たの記憶, 見た塔上の怪人, 見た塩冶の人々, 見た境内の廃趣, 見たの恐ろし, 見た士卒に対しどういう, 見たも様子, 見た売り物の古い, 見たの曲線, 見たな動物, 見た夏目氏のもの, 見た夕焼けの雲, 見た外光はすでに, 見た外来患者のうち, 見た外科手術の映画, 見た計代は, 見た多助は大変, 見た多勢の若者たち, 見た多年の經驗, 見た多摩川対岸の乞田, 見た多聞丸や三郎丸, 見た夜ふけの物干場, 見た夜以来彼の食慾, 見た夜叉のよう, 見た夜店の頃, 見た大亀はいきなり, 見た大人の誤り, 見た大使館員なの, 見た大八車の上, 見た大円房覚明みるみる怒気心頭, 見た大利根博士こそは外, 見た大勢の人々, 見た大原野の一部, 見た大塚さんはこの, 見た大学にとって特異, 見た大将が持つ, 見た大岡越前は眉, 見た大工だが, 見た大師のみ姿, 見た大手先の大, 見た大村灣の風光, 見た大森署の司法主任, 見た大江山は始め, 見た大河の様子, 見た大衆と社会学的, 見た大観は急, 見た大辻は大, 見た天の川と共に異様, 見た天上の行列, 見た天使とおなじ, 見た天国の朗, 見た天守の棟, 見た天川呉羽は慌てず騒がず, 見た天平佛の人肌觀音, 見た天滿與力の形, 見た天然記念物とかの獅子岩, 見た天竺唐土の魔女, 見た天草四郎も農民, 見た天野勇一君です, 見た太郎さんの表情, 見た太郎なに見たと, 見た太陽は蒙, 見た夫婦関係にはそんな, 見た奇俗を述べる, 見た奇抜すぎてをかしかつた, 見た奇蹟をば自分, 見た奈良朝時代のすべて, 見たの間, 見た奥さまは, 見た奥さんはすぐ, 見た奥方は訳, 見た奥様は飛ん, 見た女みたいになつ, 見た女アパッシュの群達, 見た女剣舞や手, 見た女将は香ばしい, 見た女給風の女, 見た女自身でした, 見た女菩薩は身慥, 見た女角力のこと, 見た女賊の張本, 見た女賊プロテアの様, 見た女達はこんなに, 見た女郎花風の鬱金色, 見た奴隷のよう, 見た好い夢を, 見た好奇な少年, 見た好男子とは形, 見た如何なるものに, 見た如水茫々五十年た, 見た妊婦は必ず, 見たが幾度, 見た妓家どもの壁, 見た妓生の部屋, 見た妖しさに, 見た妖女の話, 見た妖性には一つ, 見た妖怪論をひと, 見たは親切, 見た姉さまの顔, 見たであつ, 見た始まりでこういう, 見た始めの三分の一, 見たの面, 見たは思わず, 見た姿容はたしかに, 見た威勢のよい, 見たの一人, 見たの顔, 見た媒介の機能, 見た嫌悪すべき光景, 見た嬢次少年の服装, 見た子どものよう, 見た子どもたちは, 見た孔雀の羽, 見た孟達は大事出来, 見た孟達霍峻は年老いた, 見た学者もある, 見た学術的に根本的, 見た宇治山田の米友, 見た宇都野さんはどう, 見た安易さ等々の手, 見た宝物や襖, 見た実に最初の, 見た実写ものの記憶, 見た実力はこ, 見た実験も併, 見た実験談を述べ, 見た客観の天地, 見た客観的写生的描写だと, 見た宣伝びらでは今年, 見た室内の者, 見た室生犀星と云う, 見た家中の心理, 見た宿屋と比較, 見た寂しく木精が, 見た富三の顔, 見た富士春の酔態, 見た富子の顔, 見た寒山拾得の怪しげ, 見た寝台の上, 見た寝覚めの苦し, 見た寫眞でもわかる, 見た寸劇を直し, 見ただ, 見た対馬守は, 見た射撃屋の店, 見た将棋観である, 見た尊氏が戦略的, 見た小さい貴女が, 見た小人夢多とでもいはう, 見た小六は無念そう, 見た小原はすでに, 見た小団次だったか, 見た小学校の建物, 見た小川町淡路町須田町の往来, 見た小杉未醒氏は気, 見た小歌に出会っ, 見た小池は賣, 見た小田切大使の遺骨, 見た小石交りの, 見た小舟を探し, 見た小説としては少し, 見た小郷の屈託, 見た人の, 見た少し夕立も, 見た少佐夫人の顔, 見た少女歿なつた子供, 見た少尉だ, 見た少年たちはいきなり, 見た少年少女はえらい, 見たの顏, 見た尼君の涙, 見た尾張町の夜, 見た居士の顔, 見た屋根の下, 見た屍体が夢魔, 見た屏風が二日前, 見た展望図に過ぎない, 見た展覧会で最も, 見た山の端に初, 見た山上のカソリック, 見た山中の人間, 見た山口小郡間のバス, 見た山容はまるで, 見た山川の美し, 見た山形は如何にもよく, 見た山木が仲間, 見た山本の息子, 見た山本家の乳母, 見た山田先生の地図以外, 見た山男は小鳥さ, 見た山科の青葉, 見た山頂の仰角, 見た岡本は少し, 見た岡野氏はやつ, 見た岩井半三郎の死絵, 見た岩木の陰, 見たに咲きみだれた, 見た岸本は自分, 見たと寸分, 見たを借り, 見た島山の美しい, 見た島氏が飴, 見た島渡りだ, 見た島田の様子, 見たの中腹, 見た川べりの草, 見た巡礼の若衆, 見た工合でちやあん, 見た工藝の美, 見た左傾した女, 見た左膳ああし, 見た左膳腸をつく, 見た巨賊に扮, 見た巫女であった, 見た市之助は相方, 見た市民は驚異, 見た市長は心から, 見た帆村はハッ, 見た希望は遂に, 見た帝国ホテルに陣取っ, 見た帝展の日本画, 見た師匠の坊さん, 見た帰り途飯だけの突合, 見た帰途にル・モンド新聞社, 見た帰郷者たちは, 見た帳面は玉, 見た常陸の妻, 見た平生の夫, 見た平田篤胤がそれから, 見た平調に返っ, 見た年々の月, 見た年寄りは内心, 見た年期中の親孝行, 見た幸い手の古傷, 見た幸子は, 見た幻像は三月堂派, 見た幻影はすべて, 見た幻灯機械が不思議, 見た幼い日の, 見た幾千の膃肭獣, 見た幾多の富裕, 見た広告の文案, 見た床しい印籠も, 見た序文がつい, 見た座棺を連想, 見た庭前の楝, 見た廊下には, 見た廣重の海, 見た弁証法第三カント, 見た弘法大師が千足, 見た弟子たちは先生, 見た弥三右衛門は当年, 見た弥生の裸形, 見た弥生こころいたんで, 見た強い緊張した, 見た弾正という人, 見た当否は別, 見た当座腹が立っ, 見た当時とあと, 見た形眼耳鼻口尻尾脚等の形態, 見た彦麿がそんな, 見た彰子の手, 見た影法師もただ, 見た役人や山, 見た役人たちは, 見た役者の中, 見た役者達までも, 見た征衣のまま, 見た待望この上, 見た後ミサ子が再び, 見た後主人初め家中の者, 見た後彼女かえる, 見た後我々は一軒, 見た後瞳を見, 見た後私は農場, 見た後筵を剥い, 見た後路銀まで与え, 見た後顔を見合せ, 見た従って被告人が, 見た隠居は, 見た御新姐の, 見た御方の顔, 見た微かにゆらぐ, 見た微粒子解剖整形法だ, 見た心持ちも斯, 見た心覚えではこの間, 見た志賀の家淡海, 見た応援の人字, 見た忠次はその, 見た忠相ちと迷惑, 見た快適の午睡, 見た怖い夢は, 見た思いがけない旅の, 見た思い出がある, 見た急坂の上, 見た性質に於, 見た性質上では, 見た怪人物だった, 見た怪塔追跡の刻々, 見た怪我人のこと, 見た恋女は真剣, 見た恋敵の言動, 見た息子の顔, 見た恵印の情けな, 見た恵印法師はまさか, 見た患者たちの生態, 見た悪党弁護士を思出, 見た悪夢だったの, 見た悪戯者の実川延若, 見た悪漢どもは, 見た情慾であった, 見た情炎の男, 見た惟光は, 見た惡黨辯護士を思出, 見た想像である, 見た意地のわるい, 見た意外であって, 見た意欲の積極性, 見た意義上の境, 見たの炎, 見た感想でい, 見た感覚から多く此, 見た懐かしい顔に, 見た懐素というもの, 見たは耶馬台, 見た我が子の, 見た我夫の現在, 見た我輩の失望落胆, 見た或は寧ろ, 見た戦災地のうち, 見た截断刃大斧, 見た所々では燐燧, 見た所そこには何一つ, 見た所どっちかといえ, 見た所二十を越え, 見た所二十七八歳くらいらしかった, 見た所二十八日の喜多, 見た所以である, 見た所具合よく行き, 見た所別状ない様, 見た所十坪程もある, 見た所叔父は日増しに, 見た所四十程も年, 見た所巨大な石, 見た所從來のもの, 見た所未熟だが, 見た所相当教養もあり, 見た所粗末な書きなぐりの, 見た所素直げに働き始める, 見た所結果は比較的, 見た所草丈が高く, 見た所複合の形, 見た所賭場は閉鎖, 見た所鈍な馬, 見た所隆吉は大した, 見た所頭の凹込ん, 見た所顔色もすぐれない, 見たはさほど, 見た扇子に描かれた, 見たの一重彼方, 見た手拭を撚っ, 見た才蔵は仰天, 見た打出の浜, 見た扮装が弱い, 見た批評は武林, 見た技師は驚き且, 見たといふ滑稽, 見た折井の腕, 見た抽斗が四つ, 見た按摩もこれ, 見た挙動とはまた, 見た捕方が追いかけよう, 見た捨児ではない, 見た探偵はあまり, 見た提灯屋は一つ, 見た摩耶山は今, 見た支那海あたりの雨, 見た放浪者の怖, 見た政宗は瑞嚴寺, 見た政職の眼, 見た故に私は, 見た故二人が表, 見た故油断して, 見た教会堂の建物, 見た教授が子供, 見た散策子は雲, 見た敬太郎は今日, 見たほどの蕈, 見た数々の言語, 見た数限りない花, 見たの軍勢, 見た敵艦隊の装備状態, 見た敷香の第, 見た文化諸世界, 見た文化映画で, 見た文楽の人形芝居, 見た文王の姿, 見た文芸作品或は研究, 見た斉彬の睫毛, 見た斎藤氏の表情, 見た断崖だったが, 見た新しい二階の, 見た新劇團の女優募集, 見た新派では高田実, 見た新田勢へ追い打ち, 見た新聞小説にはけっして, 見た新蔵は始めて, 見た新規の藍丸王, 見たの景色, 見た旅人達のある, 見た旅商人の若衆, 見た旅窓を思い出させる, 見た旅行者ではなかっ, 見た日伸子は弟, 見た日勝助の母, 見た日常生活に大した, 見た日本人は恐らく, 見た日本映画はほとんど, 見た日本是は幾ら上手, 見た日本海の眺望, 見た日本的なの, 見た日本神話観に過ぎない, 見た日本私の感じた, 見た日本陸地の成立, 見た旦那座に座っ, 見た弟子達は, 見た旧い仏蘭西の, 見たを感動的, 見たやたちまち, 見た早川の景色, 見た早耳三次が半日, 見た明国へも一足飛び, 見た明智光秀という人物, 見た明治人勤倹尚武思想を幾分, 見た明治時代の西洋婦人, 見た明石の浦, 見た昔風の藍色, 見たはこんな, 見たのまれびと, 見た春太郎は大急ぎ, 見た春子さんはそれ, 見た春日は帽子, 見た時々は吾知らず足, 見た時あたしはその, 見た時あれは何処, 見た時いずれの部屋, 見た時おれはすぐそう, 見た時お玉の方, 見た時きみを大事, 見た時こいつは寅藏, 見た時だらしなく皮帯, 見た時ちよつと動悸, 見た時とっさにみな, 見た時はじめはうれしく, 見た時ひそかに東方, 見た時わしは泣いた, 見た時コゼットを取り上げ連れ出し救い出した, 見た時ジャヴェルは主人, 見た時フット気が着いた, 見た時フツト気が着いた, 見た時ブラウンは船尾, 見た時マアどんなにおどろいた, 見た時一人の若, 見た時一寸不安な気持, 見た時一点心に打たれる, 見た時三四郎はあと, 見た時三田の視線, 見た時三藏は蘇生, 見た時不快な目, 見た時不意に我と, 見た時不貞の女, 見た時二親なり同胞, 見た時京子もお, 見た時今月の雑誌, 見た時以来何んなに, 見た時何ものか僕, 見た時俄かに, 見た時個別的因果が彼自身, 見た時倭文子は初めて, 見た時健三の頭, 見た時傘の輪, 見た時分私の家庭, 見た時北の方に怪物, 見た時医師の説明, 見た時十六と云う, 見た時十幾本かの十字架, 見た時原作者の説き, 見た時吃驚した, 見た時名誉も身分, 見た時君の顔色, 見た時咄嗟に敵意, 見た時哄笑したが, 見た時城隍廟の屋梁, 見た時壮助は却って, 見た時変な気, 見た時夢から醒めた, 見た時大変立派で暫く, 見た時天使ミカエルが輝く, 見た時奥さんは, 見た時女給をした, 見た時始て自分, 見た時始め仏壇が戸外, 見た時孝太郎は一人苛ら苛, 見た時宇治の胸, 見た時宮はうるおい, 見た時家へ歸つて, 見た時宿の人, 見た時小野さんは急, 見た時屋敷の近い, 見た時島幾太郎とその, 見た時島田は既に, 見た時工學士の手, 見た時己の信ずる, 見た時平気でゐる, 見た時平然として坐っ, 見た時幾分か僕, 見た時形から名, 見た時彼らはただちに, 見た時急にかみ, 見た時感あり, 見た時成程ナー, 見た時我国に於, 見た時我知らず私は苦笑, 見た時手紙が昨日, 見た時敬太郎は面倒, 見た時新九郎が思わず, 見た時新吉は何ん, 見た時新聞にはお父さん, 見た時日本のさる, 見た時早や嬉し, 見た時明石の君, 見た時映画というもの, 見た時月丸は腹の中, 見た時枝のおやじ, 見た時楊花に負けない, 見た時母さん狐はある, 見た時母親はきつい, 見た時気がつきませんでした, 見た時水夫はびつくり, 見た時浜で搗布, 見た時浪人はちょい, 見た時涙は眼中, 見た時渠はもう, 見た時燈の色, 見た時狐捜しの, 見た時理智的には彼女, 見た時生意気な奴, 見た時由子は, 見た時男の手, 見た時異常な一つ, 見た時白痴で色慾, 見た時直吉は里子, 見た時真先に眼, 見た時眼つきが怪しい, 見た時砧手のギヤマン, 見た時私達は更に, 見た時穴の入口, 見た時糸をもて操らるる, 見た時織田が丹波, 見た時耳へ口, 見た時聞耳を立て, 見た時腕白く梭, 見た時與吉の驚愕, 見た時船中の人々, 見た時花子は目暈, 見た時芳子は急, 見た時茫然当惑したの, 見た時藤吉はははあ, 見た時西洋人かしらと思った, 見た時言おうようない畏しさ, 見た時許りは, 見た時諸君は同時に, 見た時貴下に対して心得違い, 見た時越前の心, 見た時身の内, 見た時身の毛立つ程, 見た時過去一ヶ月の餘, 見た時銀杏返の, 見た時長老は微笑み, 見た時雁江はふと, 見た時靴がやつ, 見た時順造は思わず, 見た時頭がカァーッ, 見た時顔から血, 見た時飼主の無情, 見た時館林様が策略, 見た時首に紅い, 見た時黄昏の嘆き, 見た普通の女, 見た景色山川草木に現れる, 見た景色私も一, 見た智恵子は直ぐ, 見た智惠子は直ぐ, 見た智慧蔵は, 見た智識をもっ, 見たは愈々, 見た暖簾の外, 見た暗い質素な, 見た暗示的内容は具体的内容, 見た暫くは自分, 見た暹羅のあの, 見た曲線とは大まか, 見た曲芸の娘, 見た書き方であると, 見た書棚の廻り階梯, 見た書生はド, 見た書簡箋の上, 見た曹仁の兵, 見た最古の, 見た最大の頭, 見た月あかりを浴び, 見た月以上に落ちつき, 見た月夜のどこ, 見た月蝕の暗, 見た有喜子はもうすっかり, 見た朝之助は自己, 見た朝倉先生の険しい, 見た朝鮮の風物, 見た木の葉の色, 見た木末から枯れ, 見た木村さんはやはり, 見た完成の, 見た未だ盲戸は, 見た本場所で, 見た本屋の蔵庫, 見た本線シグナルつきの電信柱, 見た札束を最後, 見た机博士は猫女, 見た机竜之助, 見たのやう, 見た材料で出来る, 見た村人がこの, 見た村人たちのかまびすしい, 見た村相撲の場景, 見た村長は俄, 見たの空, 見た東京ビル主任永田純助氏語る, 見た東京人は家, 見た東京僕自身の歩いた, 見た東京役者の芝居, 見た東京都民のおどろき, 見た東京駅なんかくらべ, 見た東作の陳述, 見た東光院の甍, 見た東北大学の図書館, 見た東国諸駅の妓家, 見た東大寺の眺め, 見た東宝の一事務員曰く, 見た東海道某市, 見た松崎と云う, 見た松平信綱の風貌, 見た松平家の家来たち, 見た松旭斎天一の西洋奇術, 見た松旭斎小天勝の美貌, 見た松本は, 見た松江の耳, 見た枕草子の作者, 見た林さんのポルトレ, 見たもない, 見た果して大事な, 見た果樹園の方, 見た柏木の茣蓙, 見た之助, 見たなる蜘蛛, 見た柴野と御, 見た栄三郎ひそかに再び, 見た校長は生徒, 見た根岸の作者, 見た格好が悪い, 見た格子戸造りの家, 見た桂月香は裳, 見た桃割に結つた内氣, 見た案内書にも見当ら無い, 見た桜島は幕, 見た桜餅屋の暖簾, 見た梁楷の栗鼠, 見た梅干の小さな, 見た梅鉢紋の旗さし物, 見た梅雪入道は鞍, 見たのごとく, 見たがこれ, 見た梧桐の先, 見た棒使や力持, 見た棒縞形の世界, 見た森羅万象の記録, 見た椿姫では第, 見たの葉, 見た楠木方の物見, 見たの蔭, 見たの皮, 見たの木, 見た標徴であったから, 見た標札屋の露店, 見た標準人を標準語, 見た標識にはなれぬ, 見た標識柱の交通事故みたい, 見た模様でなければ, 見た樣ぢやない, 見た権右衛門はすぐ, 見たの間, 見た樽屋金兵衞さんは, 見た樽野は稍, 見たの性格, 見た機械で木材, 見た機関士の報告, 見たしさ, 見た欧米人の調製, 見た欧羅巴の有様, 見た欧羅巴文明観が間違っ, 見たされたと, 見たや夜ふけ月, 見た歌劇で幕, 見た正二は急い, 見た正夢である, 見た正木博士は眼, 見た此国の他, 見た此國土の上, 見た此山のくっきり, 見たの顔, 見た武兵衛は驚い, 見た武士気質の不, 見た武家の御, 見た歴史觀のみに止まつ, 見た死骸もこの, 見たんど, 見た殊に余のみ, 見た残忍な明瞭さ, 見た殿とはまったく, 見た殿樣は自分, 見た母子に対して負うべき, 見た母猿の如き, 見た毒蛇咬の療法, 見た毛皮外套の若い, 見た気ぶりもあった, 見た気仙沼町の花やか, 見た気分さらにすぐれず, 見た気持というの, 見た気難しい人の, 見たがし, 見た水の上にうなりゆく, 見た水交社は七階, 見た水兵たちの一人, 見た水天髪髴のあいだ, 見た水夫ヤンの写生図, 見た水平線のところ, 見た水木辰之助の槍踊り, 見た水素原子そっくりだ, 見た水車の裾模様, 見た氷河それはアルプス, 見た江戸とは家々, 見た池辺君の顔, 見たの白点, 見た沙磧図や富春巻, 見た沢山の人たち, 見た沢庵は一目, 見た河野氏はこの, 見たのみなぎった, 見た治兵衛はどう, 見たかと紛, 見たみるやう, 見た法正は魏軍, 見た泡盛草の白い, 見た泥棒や詐偽, 見た泥棒氏のやう, 見た泥鮫の皮, 見た泰さんは蛇の目, 見た泰軒居士一歩さがって, 見た洋子の美し, 見た洋服を私, 見た洋装のハイカラ美人, 見たひ髪, 見た洛陽の市民, 見た洞窟の有様, 見た津軽富士も金木, 見た活動女優の大写し, 見た流刃に肩, 見た浅茅の上, 見た浅草の町, 見た浜尾組の巨漢助役, 見た浜辺の藍色, 見た浪路が, 見た浴衣がけの男, 見た海水浴場での写真, 見た海老蔵はこんな, 見た海藻と人生, 見たを見た, 見た淀君の顔, 見た淡路島の感じ, 見た深井少年は思わず, 見た深夜の光景, 見た深雪が, 見た淺草の五重の塔ぢ, 見た清々しいしかし澄んだ, 見た清ちゃんのお母さん, 見た清らかさの美, 見た清吉はなにごと, 見た清正の三本槍, 見た清河八郎のよう, 見たが次ぎ, 見た渓向うのそれ, 見た渡辺刑事は驚い, 見た渡辺若狭守は不審そう, 見た湘南のうら, 見た満廷の諸, 見た満月です, 見た源右衛門はびっくり, 見た準備時代から始まった, 見た滝野川の伊達氏, 見た漁夫や漂流, 見たの樹, 見た演劇も前述, 見た漫画の中, 見た漫画映画の内, 見た潜水夫の誰, 見た激しい表情とは, 見たを忘れない, 見たの海, 見た火の玉である, 見た火事の記憶, 見た火光は同じ, 見た火山の噴煙, 見た火星の夢, 見た火星兵団なんかほんの, 見た火柱というの, 見た火箸で暖炉, 見た灯影とそれから, 見た灰色木綿の服, 見た炊事をし, 見た炭坑は物音一つ, 見た為めに歩調, 見たの大群, 見た焚火の群, 見た無人境の景色, 見た無声映画であった, 見た無数の顔, 見た無法ものはフト, 見た無茶先生は威張る, 見た然るに其結果は, 見た焼跡の板囲い, 見たはそこ, 見た煙草屋の飾り窓, 見た熊岳城の試験場, 見た熊岳河は沙, 見た熊楠の叡智, 見た熊野の連峰, 見た熱帯魚を思い出した, 見たはどんな, 見た燕麦の畑, 見た爺さんはいま娘, 見た爺むさい老人が, 見たして, 見た片隅に土耳古型, 見た牛飼の姿, 見た牧渓の絵, 見た牧野は存外, 見た物の怪を誰, 見た物語を緒, 見た特徴の最も, 見た特攻隊の若い, 見た特等一号室の前, 見た犬養君の顔, 見た犬養首相暗殺のニユース, 見たに首, 見た状勢を馳, 見た状態をこの, 見た狒々の男, 見た狡猾そうな眼付, 見た独身者は災禍, 見た独軍はたちまち, 見た猛犬の黒犬, 見た猛獣のよう, 見た猛獣映画の光景, 見た猟師はどうして, 見た猴ども樹より降り, 見た獰猛な物, 見た玄徳はそこ, 見た玄竜はもう, 見たの緒, 見た玉井金五郎の面影, 見た玉鬘の顔, 見た王子は心, 見た珍しい見世物の, 見たと珠, 見た現代世相の推移, 見た現実のあらゆる, 見た理由がここ, 見た琵琶の胴, 見た琵琶湖よりも色彩, 見た琵琶湖附近の名所名所, 見た瓜核顔は目, 見た寧は, 見た甚吉は腰, 見た生き残りの私たち, 見た生徒等は意味, 見た生産力の技術性, 見たの姿, 見た用人の角右衛門, 見たの中, 見た田中君の顔, 見た田根小學校の教場, 見た田楽や田楽系統, 見た由雄はお, 見た甲吉の野郎, 見た甲府の人々, 見た甲斐はその, 見た男あれは伯爵家, 見た男の子の悪図々しい, 見た男体である, 見た男子の迷信的感傷的感情, 見た男役というもの, 見た男性は皆, 見た町並みは少し, 見た画家は女, 見た番人が鋲門, 見た番頭が立っ, 見た異人氏以外の人, 見た異常の景色, 見たに寿命, 見たの色, 見た発声映画の中, 見た白々しい顔で, 見た白く輝く三角洲, 見た白木綿の兵児帯姿, 見た白点であった, 見た白磁の観世音, 見た白髪小僧は直ぐ, 見た百兵衞の面喰, 見た百合の花, 見た益田氏の話, 見た益田隆の踊り, 見た監物の眼, 見たの三つ, 見た目撃談が主, 見た目録を取っ, 見た直吉の様子, 見た看護婦とは別, 見たの世相, 見た真佐子はそこ, 見た真剣な男女, 見た真珠景気が目, 見た真紀子の手首, 見た真赤な光, 見たが切れ, 見た着物を着, 見た睡蓮の沼, 見た睫毛の長い, 見た瞬後なの, 見た瞬間あいつだなと, 見た瞬間かすかな衝動, 見た瞬間これはやり過ぎた, 見た瞬間それを思ひ出さず, 見た瞬間それらのこと, 見た瞬間どこかへ行っ, 見た瞬間はつとしてあ, 見た瞬間サト子はたぶん, 見た瞬間一切の光景, 見た瞬間一種の霊感, 見た瞬間不用意に莞爾, 見た瞬間今迄の熱情, 見た瞬間何か大事, 見た瞬間僕の心臓, 見た瞬間妙に胸, 見た瞬間帆村の頭脳, 見た瞬間松林の方, 見た瞬間水面にガバ, 見た瞬間無意識に彼, 見た瞬間秘書は蟒, 見た瞬間自分達が真直ぐ, 見た瞬間部屋から逃げ出し, 見た瞬間重吉は化物, 見た瞬間閣下は爆発, 見たが霑, 見たの白露, 見た矢島君は途端, 見た矢張りあの頃, 見た矢張り鏡は曇らない, 見た矢野公使の話, 見た知人の中, 見た知識階級又は文芸愛好者, 見た編集, 見た短歌としてはある, 見たを見ない, 見た石像の姿, 見た石膏模造の希臘彫刻, 見た研究や女流文学, 見た碁石が, 見たされるキリストみたい, 見た磯五の顔, 見た磯鵯の挙動, 見た社会事件として生々, 見た社会層の一端, 見た社会的実験も第, 見た社会的機能に過ぎない, 見た社會の人間, 見た祖母の喜び, 見た神尾主膳のこと, 見た神戸氏は稍顔, 見た神戸牧師は気の毒, 見た禅恵法印の記した, 見た福田博士は自分, 見た福神漬の缶, 見た秀麿の顔, 見た私たちは急い, 見た私どもは云わず語らず, 見た秋山かどう, 見た秋田は思わず, 見た科学の威力, 見た科学以外に科学, 見た科学者の文学的活動, 見た秩父連山や浅間嶽, 見た程簡単には決して, 見た兒に, 見た種子島とは多少, 見たのす, 見た穏やかな年齢, 見たない婆, 見た穴倉の両側, 見たの青かっ, 見た空屋の一つ, 見た空色の着物, 見た空蝉の横顔, 見た窕子はすぐ, 見た立派な花火, 見た竜宮が見えた, 見た童顔に浮ぶ, 見た競輪は第, 見た竹中氏は昔日本人, 見た竹丸の竹模様, 見た竹村に素子, 見た竹童の危急, 見た笑いであった, 見た笠井の娘, 見た笠支配人は思わず, 見た笠森仙太郎は驚きました, 見たつ葉, 見た笹村の目, 見た筈六萬何千兩いづれは, 見た答解はいろいろ, 見た管見的科学論としか思われない, 見た箱丁は誰, 見た篠山の驛, 見た簡易な生活, 見た米兵達は私, 見た米友はその, 見た米国大使はわが, 見た精神の規定, 見た精神的進化主義をとるでなけれ, 見た糟糠の妻, 見た紅茶の空きかん, 見た紋太郎は, 見た之進は, 見た紙キレにはこれ, 見た紙屋の娘, 見た紙幣の束, 見た紙治の科白, 見た素丁稚のよう, 見た素顔やなりふり, 見たや金色, 見た紫陽花の君, 見た結果それは正しく, 見た結果俺は一日一日, 見た結果偶然に得ました, 見た結果正直だつたり, 見た結果荷物は林町, 見た結構であったと, 見た絵具箱の二つ, 見た絵描きがいつも, 見た絵草紙から脱, 見た絶望によって自殺, 見た絶頂から少し, 見た經驗でなほ, 見た継子は特殊, 見た継母ははじめて, 見た綱手の眼, 見た綾子の胸, 見た緋鹿子の筒袖, 見た総持寺の幻影, 見た線路の輻輳地帯, 見た線路工夫の振上げ, 見た緬甸風の弥陀三尊, 見た縁起沿革ばかりで, 見た縫助にこの, 見た繊維はこれ, 見た繪本は, 見たの透き, 見た繼母は意外, 見た羅馬の丘上, 見たの群れ, 見た美くしい夫人, 見た美しかったもの, 見た美人連はせっかく, 見た美女が私達, 見た美少年どもを想い出した, 見た美留楼公爵の家, 見た美術趣味などは全然, 見た美貌に就い, 見た群衆は一気に, 見た義ちゃんは, 見た義仲寺は古風, 見た義兄は珍しく, 見た義母は徐に, 見た義男はその, 見た振医学士, 見た羽目の方, 見た翌々日だったかに, 見た翌日の正餐, 見た翌日例の金縁眼鏡, 見た翌日夜更けて貴子, 見た翌日此処に移つて, 見た耀かしいばかり綺麗, 見た老女に問う, 見た老子は妙, 見た考えかたである, 見た者たくさんあります, 見た者宣誓して, 見たの穴, 見た耶蘇の幻像, 見た耶馬渓ではなく, 見た聊かの風景, 見た聖ヒエロニムスの幻, 見た聖ヶ岳は私, 見た聖人に夢, 見た聴衆はみな憤慨, 見た職工はうなされる, 見た職工たちはいよいよ, 見た職能の種類, 見たを引い, 見たくは, 見た能勢弁護士は直に, 見た臨湖の景色, 見た自動車に轢かれた, 見た自来也だ, 見た自然美を親, 見た自身の経験, 見た臺所の光景, 見た與吉がもう, 見た興味があった, 見た興奮からで, 見た舞子とを姉妹, 見た船あれがキッド, 見た良き朝の, 見た色々のもの, 見た色んな出来事や, 見た色彩の観察, 見た艶麗優雅さは衣装, 見た芥川の腦味噌, 見た花々しい彼の, 見た花嫁はウーン, 見た花見堂の誕生佛, 見た芸術品について論じ合い, 見た芸術家は立っ, 見た芸題は, 見た苗場に似, 見たさが, 見た若い美しい侍が, 見た若衆の顔, 見た英艦がうろつい, 見た茄子が明日, 見たと同じ, 見た草双紙の中, 見た草艸紙の中, 見た荒廃した蔵屋敷, 見たがふら, 見た荷車曳きの, 見た菖蒲池古墳のこと, 見た菜の花畑はすぐ, 見た菜穂子は何, 見た華雄軍はその, 見た落日は殊に, 見た落車はスピード, 見た之助, 見た葉子では, 見た著作家はおかしい, 見た著者の実感, 見た葛の葉の子別れ, 見たぶくれの, 見た蒼い竜と, 見た蓑吉の手, 見た薄暗い控室の, 見た薄気味悪さ, 見た藤吉が鎧, 見た藤田重右衛門でその, 見た藥屋もよかつ, 見た藪地のおそろしい, 見たの間, 見た處ぢや體裁, 見た處丈も枝, 見た虚無僧姿に恟ッ, 見た虫けら達は, 見たは消え, 見た虹鱒銀青色の横腹, 見たのそれ, 見たようれしい, 見た蛮人は恐らく, 見たの大将雷同, 見た蜘蛛は大きな, 見た蝋色の子, 見たのこと, 見た蝦蟆のよう, 見た蝴蝶である, 見た蝶々がオレ, 見ただと, 見たが一疋, 見たの絵, 見た行列はおさんどん, 見た衝撃でもない, 見た表情であった, 見た表象を無条件, 見た衰弱の甚だし, 見たから吐出された, 見た袿衣の人, 見た裁判に一任, 見た裏口とは反対, 見た襖一重が直ぐ, 見た西人の記, 見た西岡は鳥渡テレ, 見た西欧諸国などとは比較, 見た西洋物の時代映画中, 見た西行には仏教, 見た西郷吉之助の大きい, 見た要求にかられ, 見た覆面の武家, 見た見世物の一つ, 見た見方を変えなけれ, 見た見知らぬ人々の, 見た見覚えのある, 見た見解を一つお話, 見た覗きからくり, 見たもある, 見たはこういう, 見た親父が大きな, 見た親類という一群れ, 見た観客一同は好奇, 見た観察だから, 見た解釋を加, 見た言い伝えも多い, 見た言論の自由, 見たでも心持, 見たではない, 見た訳ぢやない, 見た証拠である, 見た試みに對, 見たをある, 見た詩句であります, 見た話ゆえ確かであろう, 見た誇張ではなかつた, 見た読者諸君よ此, 見たも入ろう, 見たをする, 見た論文をきっかけ, 見た諸名本は, 見た諸君には多少, 見たのよう, 見た譬えば磨いた鋼作り, 見た譯ぢやない, 見た豊世は奇異, 見た豊吉は遽, 見た豊国の田舎源氏, 見た豐吉は遽, 見たも仔, 見た貞雄は駭, 見た貧しい婆さんは, 見た貴女が自動車, 見た貴婦人の豪奢, 見た資朝は, 見た賈氏は太子, 見た賭博の場, 見たっ面, 見た赤ら顔の男, 見た赤ん坊のやう, 見た赤ン坊のお母さん, 見た赤坂奴が大鳥毛, 見た赤子の唇, 見た赤岳はとても, 見た赤座とは全く, 見た赤紐で白い, 見た赤黄青の原色がけ, 見た自然な, 見たで, 見た趣きであらう, 見た足利尊氏である, 見た跡部は一層, 見た路易王朝式というの, 見たにも珍, 見た身代りということ, 見た身心の鍛錬, 見た身體が瞬間ブルン, 見たは前, 見た軽井沢とで目, 見た軽業がよい, 見た輝元の目, 見た輪廓が長い, 見た轟氏の死相, 見た農夫はおかし, 見た農村の生活, 見たである, 見た迄の事だす, 見た迄は事実であり, 見た近代劇の年老いた, 見た迦葉尊者といえ, 見た述懐の言葉, 見た途端さっきからソロリソロリ, 見た途端一人の生徒, 見た途端京吉もはじめて, 見た途端初枝笑いだす, 見た途端唇まで真青, 見た途端宮子はいきなり, 見た途端寺田は思わず, 見た途端彼女の視線, 見た途端慾も得, 見た途端本陣の旗もと, 見た途端紀代子はまるであっさり, 見た途端芳子ははっと, 見た途端豹一はわざとらしく, 見た途端鶴雄はふと, 見たなん, 見た通りがかりの人, 見た通りすがりの二人, 見た通りそれが即死, 見た通りガラス盤の後方, 見た通り一ぱい本がつまつて, 見た通り三拍子曲の節, 見た通り個々の経験資料, 見た通り十歳の時眼, 見た通り和船だ漁師船, 見た通り外国の犯罪, 見た通り学問は方法, 見た通り実証的であった, 見た通り容易に無条件, 見た通り弁証法は之, 見た通り必然的であったので, 見た通り拳を固め, 見た通り毎晩日が暮れ, 見た通り法律運用の技術上, 見た通り真理であるだろう併, 見た通り谷中七面前下總屋, 見た通り部下はそれぞれ宝物, 見た通り青江の小さい, 見た通り鶏の啼き, 見た造花屋の飾り窓, 見た連中みたいに太っ, 見た連俳のおもしろ, 見た連句で三人, 見た連山の起伏, 見た連関によって過程, 見た運動場の同級生たち, 見た運転手の顔, 見た道筋を訊ねたら, 見た道綱が窕子, 見た道誉はさすが, 見た道風はすっかり, 見た達磨のよう, 見たはある, 見た州の, 見た遠くの空, 見た遠望の観念, 見た避暑地の光景, 見たは朽ちた, 見た邸内の様子, 見た郁次郎の眼, 見た部落の老人たち, 見た郷里の氏神, 見たのさま, 見た兵衛, 見た重水の雪, 見た重病人の幻像, 見た重苦しい自然の, 見た野兎のよう, 見た野寺をめがけ, 見たは七八十両, 見た金剛某氏の仏, 見た金北山の雪, 見た金太夫さんは中学校, 見た金州熊岳城遼陽などの城市, 見た金時計太い指, 見た金髮の青年, 見た金魚のあいた, 見たづけの, 見たの湯, 見たや鋏, 見た鈴木の兄, 見た鈴鹿峠を越えた, 見た銀子の痛々しく細い, 見た銀次はチョット, 見た銀行家はわざと, 見た錦画の姫, 見た鍛冶部の連中, 見た鎗鶏頭の鮮紅色, 見た鏡丹波が飛び出し, 見た衣や, 見た長所である, 見た長老の従者, 見た門司の海, 見た門神柱です, 見た開化絵を目のあたり, 見た間もなくその物置, 見た間柄である, 見た関東方の想像以上, 見た阪井はますます, 見た阿呆らしい夢, 見た阿片窟と何, 見た限りミオヤセすなわち, 見た限り昔のま, 見た陰鬱な蝙蝠, 見た陸地のこと, 見たがキラ, 見た隆夫のたま, 見た随従の放免等, 見た際涯の無い, 見た隠者の翁, 見たの庭, 見た雀たちは高い, 見たの姿, 見た雑踏が何処, 見たなん, 見た雜沓が何處, 見た離座敷の南側, 見た雨戸にも頑丈, 見た雪女から始つた, 見た雪子の幽霊, 見た雪舟とも差別, 見た雲水僧の言葉態度, 見た電報が信じられない, 見た電柱とおなじ, 見た霞沢や六百山, 見た霞町のガレーヂ, 見た露文の看板, 見た靈仙山が今日, 見た青服はさも, 見た青木が名状, 見た青森市の家, 見た青蛇団が一人, 見た静かだ実に, 見た静子は, 見た面白味をさえ解し, 見た革命の幻覚, 見たの浦, 見た音吉の手紙, 見た音絵は一切, 見た頃合に主膳, 見た須永は, 見た頓野老人が山羊鬚, 見た領民はせつな, 見たに菖蒲, 見たには金冠, 見た頼信紙の拙い, 見たに二つ金, 見た顔指導された心, 見た顔貌は瀬沼兵衛, 見た顕家の傷心, 見たでありませぬ, 見た風呂敷包みの恰好, 見た風物とは衣物, 見た飛石は魅せられた, 見たひ気, 見た飯田と誌, 見た飽き足りな, 見た飾りのない, 見た飾磨屋と云う, 見た養父は大変, 見た餓鬼岳の姿, 見たのない, 見た首無しはありゃ, 見た首里城の傍, 見た香具師の死骸, 見た馬方が意外, 見た馬肉鍋を突ツつき合, 見た馬車屋のおやじ, 見た馬鹿七は躍り, 見た駒井甚三郎は関, 見た駒黒薬師などという山々, 見た駿国雑志でも静岡附近, 見た騒動の話, 見たしもなく, 見た骸骨の様, 見た高い壁が, 見た高価な短波治療機, 見た高橋のざっと, 見た髯籠の形, 見た鬪牛の話, 見た鬼界ヶ島の俊寛, 見た魚釣第一日, 見た魚雷のしっぽ, 見た鮮やかな黄いろい, 見た鳥打帽の探偵, 見たが思い出された, 見た鴨下ドクトルの去った, 見たそっくりの, 見たの一種, 見た鶴ヶ岳の高, 見た鶴木検事は直ぐ, 見た鶴雄と弓子, 見た鷺池平九郎の譚, 見た麗人の二人, 見た麗人たちと比べ, 見た麻束の簾, 見た黄河もこの, 見た黄金の豹, 見た黄金色の月見草, 見た黒井さんの眼, 見たの面, 見た龍代は愚か