青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「見せ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~見えなかった ~見えぬ 見えぬ~ ~見えました ~見えます ~見える 見える~ ~見ず 見ず~ ~見せ
見せ~
~見せた 見せた~ ~見せる 見せる~ ~見た 見た~ ~見たい 見たい~ 見たら~ ~見つけ

「見せ~」 9412, 102ppm, 1075位

▼ 見せ~ (7276, 77.3%)

369 いた 216 いる 114 くれ 99 ゐる 92 くれた 90 いるの 84 下さい 60 ゐた 57 やろう 53 やる 45 くれと 43 ゐるの, 貰ひました 41 いたが 40 居る 39 くれる 35 貰は 32 くれたの 31 くれました, やろうと 29 あげよう 27 ください, もらって 26 もらった, 貰ひ 24 やるから, やろうか 23 いない, くれないか 22 笑った 21 いるが, ごらん, 貰ふ 20 います, やりたい 19 いるよう, おくれ, やるぞ, やれ 18 いたの, いました, 来た, 貰つた 17 くれるの, やって 16 くれん, やるよ, 下さいな, 居た, 貰った 15 やること 14 いるだけ, 居るの 13 あげましょう, くれて, くれるよう, やった, 下さいませんか, 貰ひませう 12 いった, いて, いなかった, おいて, きた, 言った 11 おくん, くれたが, もらいたい, やりました, やるの 10 あげるから, いるもの, おくれよ, ごらんなさい, もらうこと, やらなければ, やると, 呉れ, 貰いました, 貰って 9 おります, くれたこと, くれない, もらいました, やらう, ゐたが, 呉れた, 頂戴

8 [16件] あげるよ, いただいて, いましたが, いること, いるところ, くれたん, くれるもの, くれれば, もらいたいもの, もらったが, やりたいと, やろうという, ゐます, 居ります, 置いて, 貰はう

7 [15件] あげようと, あげる, いたよう, いると, くれたので, くれます, くれませんか, もらいたいと, もらつた, もらひました, 云った, 呉れと, 御覧, 貰うこと, 頂戴な

6 [29件] あげようか, いたもの, いるのに, くれい, くれても, くれよう, くれるから, くれると, しまった, もらいに, もらいましょう, もらう, もらおう, もらったこと, やりたいもの, やりて, やるもの, やるん, 来て, 歩いて, 立って, 笑って, 自分の, 貰いましたが, 貰いましょう, 貰いましょうか, 貰おう, 貰おうか, 貰ひたい

5 [42件] あげたいと, あげて, いただきたいと, いるので, おきたかったの, お呉れ, くれないもの, くれようと, くれること, くれるだろう, それが, ちょうだい, ほしい, ほしいと, もらいましたが, もらうと, もらおうか, もらひましたが, やつた, やりたいの, やりてえんで, ゐること, ゐるやう, 上げましょう, 上げましょうか, 上げよう, 上げる, 下さいと, 下すった, 何か, 來た, 坐って, 實は, 居りました, 微笑した, 歩いた, 私を, 貰ったが, 貰ひたいが, 貰ふと, 貰へ, 頂いて

4 [56件] あげやう, あげるわ, ある, いたし, いただきたい, いただきました, いるし, いるばかり, いる事, くりょう, くれたまえ, くれたり, くれぬか, くれるが, くれるので, くれる人, くれ給え, その実, それで, それを, もらうよう, もらつて, やっても, やつて, やらあ, やらねば, やりたかった, やります, やり度, やるが, やるそれ, やるため, やるという, やるわ, やれば, ゐるが, ゐるだけ, ゐると, ゐるに, 上げて, 下さいますか, 不意に, 云つた, 呉れる, 呉れんと, 彼の, 来る, 置くと, 貰いたいの, 貰いに, 貰ったこと, 貰ひたいと, 金を, 頂きたいと, 頂けないでしょうか, 黙って

3 [109件] あげたい, あげましょうか, あげます, あげますよ, あげませう, あげようね, あるくに, いただきたいの, いただきたいもの, いただきましたが, いただきましょう, いただけ, いないの, いながら, いるでは, いるに, え, おいた, おいでに, おくの, おく必要, おりましたが, くださいませんか, くれたもの, くれたよう, くれた人, くれという, くれないと, くれないの, くれなかった, くれなければ, くれまいか, くれよ, くれるぞ, くれるに, くれ給, くんな, これが, これも, しずかに, しまつ, ほしいという, みい, もらいたいな, もらえば, もらおうじゃ, もらったり, もらつたが, やったの, やったり, やらうか, やらうと, やりたかったなあ, やりたかつたの, やるからな, やるといふ, やる事, やろうじゃ, ゐたの, ゐて, ゐるもの, 上げるから, 上げるもの, 下さいました, 下さいよ, 下さりませ, 下さる, 下さるな, 下さるの, 下さるよう, 下されば, 並んで, 佇んで, 俯向い, 出て, 呉れませんか, 娘の, 実はその, 居たが, 居たの, 居るが, 居るので, 廻って, 彼は, 急に, 悠々と, 横を, 欲しい, 欲しいと, 男の, 笑いながら, 笑ひ, 腰を, 言葉を, 貰いたいもの, 貰えまいか, 貰えまいかと, 貰おうじゃ, 貰ったところ, 貰ったの, 貰ったり, 貰ひます, 貰ふよ, 身を, 逃げ出した, 遣る, 静かに, 頂きたい, 頂きましょうか

2 [309件] あげなさい, あげますから, あげますわ, あげませうかい, あげると, あげるわね, あちらこちらに, あっと, あのそれ一昨年, あるから, あるの, あるよう, いい, いたあの, いたこと, いたその, いただきたいわ, いただきまして, いただく訳, いたという, いたので, いた男, いても, いないが, いるうち, いるお, いるか, いるかも, いるから, いるその, いるだけに, いるつもり, いるという, いるとは, いるものの, いるわけ, いるん, いる作品, いる夫人, いる女, いる山, いる時, いる様子, いる水, いる雪, うちつけに, おくほう, おこうと, おこうという, おしまいなさい, おつ, おやり, おやりよ, お上げ, お上げなさい, お札を, お梶, きて, くださいました, くださった, くださったの, くだされ, くるの, くれただけ, くれたとき, くれたのよ, くれたよ, くれとも, くれないかという, くれないん, くれなかったの, くれねえか, くれねば, くれめ, くれようという, くれるかも, くれるため, くれるな, くれるなと, くれるやう, くれる者, くれろと, くんないかなあ, ごらんよ, しまうと, しまつた, すぐに, するりと手, すわって, そういった, そこらに, そして大阪行き, その中, その日, それから, それは, ちょうだいね, ついついと, つかわそう, どんな毒, なにか蜜, ならないもの, ほしいもの, ほしかつ, みたまえ, みろ, もらいその, もらいたいの, もらいましょうか, もらうため, もらうの, もらうわけ, もらえなかった, もらったに, もらったん, もらつたこと, もらつたり, もらつたわけ, もらふこと, もらふと, もらへるの, もらッ, もろうた, やらなくちゃ, やりたいくらい, やりたいなあ, やりたいね, やりたいやう, やりたい程, やりますよ, やるがね, やるさ, やるつもり, やるよう, やる時, やる物, やろうかの, やろうなどと, やんな, ゆく, ゆるやかに, よろこばして, ゐない, ゐようと, ゐるなか, ゐるので, ゐる事, ゐる半分空虚, ゐる左傾的, ゐる様, ゐる樣, ゐる水, んか, ソクラテスを, ニヤリと, 一方の, 上げたいと, 上げたいもの, 上げます, 上げませう, 上げようか, 上げようと, 上げると, 上げるの, 下さいまし, 下さいませ, 下さった, 下さらないの, 下さらぬか, 下され, 下すったら, 下りて, 両手を, 了ふか手拭ひ, 二人の, 人を, 仰向けに, 低い声, 來て, 來る, 例の, 俺の, 傍に, 出窓の, 口を, 叫んだ, 右手の, 呉れたが, 呉れて, 呉れても, 呉れないか, 呉れました, 呉れられたから, 呉れ云, 呼びとめた, 喬生の, 坐つて, 声を, 安心させ, 実, 客を, 家の, 家へ, 射撃の, 小走りに, 少いの, 居りましたが, 居るに, 居るもの, 居る此, 左の, 帰って, 廻ると, 弁解する, 彼を, 得意に, 御やり, 御笑い, 御覧なさい, 微笑し, 微笑んだ, 悲しげ, 或時, 扉と, 挨拶し, 挨拶した, 揺れて, 敵であり, 敵を, 未だ見ぬ, 来たが, 来ました, 森の, 椅子の, 次から, 歩きましたが, 殆ん, 波の, 無言の, 熟柿の, 片眼, 皆で, 皆を, 目を, 直樣, 相手の, 私に, 私は, 突つ立つ, 突ン逃げた, 立つて, 笑いました, 笑い出した, 笑う, 笑ったが, 笑つてゐた, 笑つてゐる, 縁側に, 置かなければ, 置きながら, 置き後, 置く, 置けば, 置こうと, 翻つてゐる, 自分が, 自慢し, 萌えかけて, 蕭々と, 行って, 言いました, 言うの, 言つた, 話を, 説明し, 説明した, 貰いたい, 貰いたいが, 貰いたいと, 貰いたいな, 貰いながら, 貰い度い, 貰うと, 貰うの, 貰うよう, 貰ったので, 貰つた平次は, 貰わなければ, 遣さぬか, 遣は, 遣らうと, 遣りたい, 遣りたいと, 銚子を, 長火鉢の, 開いて, 雪の, 静に, 頂きました, 頂きます, 頂くと, 頂だいあんたも, 預けて, 馬鹿な, 駅の, 駈け出した, 驚かして, 高々と, 黄なる

1 [2840件 抜粋] あいつの, あげたいけれど, あげたい姿, あげたのよ, あげましょうかね, あげようけっして, あげるけど, あげるやう, あげろという, あだ, あなたを, あまり細かく, ありません, あれほど, いうの, いくよう, いたお, いただいたお歌, いただかなくとも, いただきましたから, いただき度, いただく約束, いただこう, いたな, いたらしいん, いた三味線, いた兵, いた子供, いた深谷夫人, いた赤い, いつまでも, いないで, いなかったの, いましたし, いらっしゃいました, いるあの, いるこの, いるだろう姿態, いるほどの, いるシェシコーフスキイ, いる二人, いる兵児帯姿, いる同じ, いる夢, いる小枝, いる所, いる杉, いる此山脈, いる河床, いる父親, いる空, いる自分たち, いる軍部, いる青々, いる高射砲部隊, うけた風潮, ええか, えもん, おあげし, おおように, おきたいという, おきたかったわ, おくれいつ, おくれやした, おくれ氣, おさや, おどかすだけ, おもらい, おもらひなさい, おりましたため, おり狭い, お前たちの, お気の毒さま, お遣んなさい, かたりつづけたの, かりそめ, きっぱり言った, くださいという, くださいましな, くださる, くださるよう, くると, くれいろんな, くれしかし, くれたであろうに, くれたに, くれたやう, くれたフェリクス, くれた印板屋, くれた弓, くれた次郎, くれた紅い, くれた高島田, くれとの, くれない物, くれなかったん, くれに, くれましたこの, くれますので, くれようとは, くれるそう, くれるであろう, くれるなよ, くれるわ, くれる光景, くれる様, くれ余程, くれ眼玉, くれ頼むぞ, こういった, ここを, このあいだ, この島, この遺言書, これを, ござるうち, さびしげにかれは笑つた, しかも徹頭徹尾まるで, しつかりと, しまうという, しまったこと, しまっちゃあ, しゃがんで, じっと土方, すがったればこそ, すぐまた, すっかり気, ずっと北, せせら笑, せわしくとる, そう云う, そこの, そしてそこ, そつと, そのままあと, その剃刀, その実は, その承諾, その賞讃, それから廊下づたいに奥, それで自分, そんなり, ただワアワア, たとえば懲しめ, だんだん探つ, ちょっとおどろかせ, つかわそうぞ, とうとう闇, どちらも, なお遊び相手, なれなれしげ, にっと笑った, のみ込ませて, はねとばされるよう, ひとつ驚かし, ぴっと下唇を, ふところ鉄砲ひとつで, ほしいね, ほしい軍隊生活, ぼんやりと, またふたり, まだ閉め切つた, みたが, みろしまいに, もう一度お, もしまた, もらいたいとか, もらいてえ物, もらいまた, もらうが, もらう事, もらえまいかって, もらえるであろう自分, もらおうかな, もらったあと, もらったの, もらった事, もらった礼, もらっては, もらつた感じ, もらひなさい, もらひ度いが, もらわないこと, もらわねば, やがてその, やったか, やっただけ, やったほう, やったろう, やっぱりあの, やらうかね, やらねばと, やりたいしと, やりたいとは, やりたいわい, やりたい実に, やりたかったね, やりたし, やりてえと, やりとう存じますれば, やりませう, やり度くも, やるからと, やるぜ, やるには, やるもん, やる葬式, やれないこと, やろうおれ, やろうとの, やろう一緒, やろかい, ゆったりと, よく人, ろくに口, われわれが, ゐたほんと, ゐた源之助, ゐた肢, ゐないが, ゐるか, ゐるつもり, ゐる一人, ゐる十七八, ゐる斜, ゐる癖, ゐる表現, ゐる風景, ガクリと, コバルト色に, ズシリと, チューブは, テーブルに, ニヤニヤと, ピカリと, ムダな, 一つの, 一体如何, 一心不乱に, 一段と声, 一足彼の, 三ツに, 三年の, 上げたいいや, 上げたほう, 上げなければ, 上げよ, 上げるからと, 下さいましたが, 下さいまだ, 下さい出來, 下さった森下さん, 下さらない, 下さるって, 下された其中, 下すつた貝殻, 下らぬもの, 不浄門から, 中仙道木曾路から, 二の丸近くに, 云っつけて, 五百尺の, 人なつこい笑い方, 今では, 今日の, 他人が, 会社関係から, 何が, 何やらまた, 來ます, 信長は, 側目も, 僕たちを, 兄が, 光起は, 兵部卿の, 其處で, 円める, 写真も, 凹む程, 切符を, 前掛けに, 勝入と, 北国の, 半ば開い, 却て, 又引き返し, 口に, 右手は, 同一の, 名残は, 君の, 呉れたさ, 呉れたフロオベル, 呉れた退社届, 呉れないかと, 呉れました時, 呉れるならどんなに, 呉れるよ, 呉れんづ, 呟いた, 咲いたの, 唸って, 喜ばせた上, 嘆息した, 囁いだ, 団員である, 圭一郎に, 場合によっては, 声い, 外へ, 大きくふ, 大喝の, 天井に, 失心させた, 奥床しい, 女房の, 姿を, 婀娜に, 安心さし, 実の, 実は京都, 実は自分, 宵には, 富山城の, 小さい掌, 小柄な, 少し開く, 居たこと, 居ました, 居り中, 居るも, 居る女, 居る眞砂町, 屈託なく, 差支えの, 帰りしなに, 平次に, 店には, 廻す事, 引顛返る, 彼と, 彼女を, 後から, 御覽, 微笑んで, 応援を, 怪しさ, 悔みを, 悪い習慣, 愈々言葉, 愛嬌から, 慣れない夫, 我子泣かす, 戴いたよ, 戴きました折, 戴けませんの, 手なず, 手紙を, 折りから, 拝んで, 指に, 捉まえる, 握つた, 教えられた一つ, 敵勢を, 新たに, 昂然と, 昔の, 暗に目, 月に, 本堂の, 来たと, 来た自分, 来なければ, 来るの, 果ても, 桃輔は, 楽ませ, 欲しいもの, 此方を, 歩きしかも, 歩みを, 死傷者を, 気の, 油断させ, 泣くの, 浪路は, 済ます訳, 激越な, 無事に, 無雑作, 父を, 特に東京, 玄蕃允の, 甘ったるい言葉つき, 生際, 町の, 疑いを, 皇帝に, 直様つまらない, 眠って, 睨む真似, 知って, 礼を, 秀麗な, 稍紅の, 空うそぶくよう, 突いて, 立ち上がった, 立つた瞬間, 笑い草に, 笑ったりも, 笑める様, 管理人に, 紛らせて, 給はれ, 締め上げれば, 置いたらいつかこっち, 置きたかった, 置くが, 置く物, 羞か, 老人は, 聞かれない先, 肩を, 脱いだの, 自分は, 自慢の, 舟も, 花を, 若しその, 荷葉香を, 葬り主人, 薄笑いを, 藤吉郎を, 行きたいと, 行くため, 行く趣向, 衝いと, 見せて, 観衆を, 訊き返した, 詳しい説明, 誤解を, 誰よりも, 譲歩の, 貯金が, 貰いたいわ, 貰いたくなかったの, 貰いますが, 貰う, 貰うてつ, 貰う逸品, 貰えるつもり, 貰ったらずうっと, 貰った通り, 貰つたら, 貰つてなるほど, 貰つて念の, 貰へる, 貰われへん, 賜わるわけ, 趨舍に, 身の上判断を, 輝いて, 迎えながらも, 近付く, 追従笑ひ, 逃げて, 逆縁の, 通り過ぎた, 進ずるぞ, 進ぜるといった, 運を, 遣うか, 遣りそれ, 遣るわ, 遣わすぞ, 都の, 金髪の, 錠は, 闇太郎を, 隆夫の, 離れて, 霧を, 鞘は, 頂いた後, 頂きながら, 頂きますよ, 頂けま, 頂戴なと, 頭の, 頼んでも, 飛ぶは, 馭者台に, 騒々しい辺り, 高らかに, 鬱蒼と, 麗

▼ 見せながら~ (327, 3.5%)

7 言った 4 言つた 3 そのあと

2 [15件] いいました, お前を, そういっ, その椅子, その癖顔丈, 一方の, 云った, 何とも言, 半は, 女の, 女中達の, 対手を, 彼は, 歩いた, 笑った

1 [283件] あめを, あらゆる歴史上, いざ事, いち早く歩み寄っ, いっしょに, いった, うなづいた, お前は, お品, お粂, からからと, くすくす笑いだした, この子, この調子, これまで, さう, さつ, さりげない, しいて薄く, しおしお列, しかも人妻, ずいとひと足うしろ, そっと近寄ろう, そのまま長い, その仔猫, その値踏み, その唇, その実, その底, その性全体, その日, そよぐ頃, それに, それを, そんな事, たとえば両手, ちょいちょい指さきで摘まみ上げ, つけ加えた, つけ加へ, つづいて, つまりは, ときどきころころと, どこまでも, なお何と, なほ未だに堂々, なめらかな, はっはっと, ひっそりと, ふいと, ぼんやりした, ぼんやりと, また穴, また自分, また降り出した, まだ彼, まぶしさうに私, もう全く彼女, もう全身, もう肴, やがて左, よく當時, アクシーニヤは, アダリーは, コップを, コツプを, シャナリシャナリと, ジノーヴィー・ボリースィチが, スープを, テキパキと, ピンセットで, プラットフォームに, ベニスの, レースで, 一々名前, 一同の, 一面に, 丁寧に, 三枚の, 上がって, 下りて, 下流へ, 不服そうに, 両国の, 主人は, 二つ目の, 云いだした, 亭主には, 人ごみへ, 今までより, 今一度ニコニコ, 今一度叫んだ, 仏像の, 他の, 仰向けに, 伸子には, 体に, 何かと義貞, 何の, 何やら云いたげ, 何度自分は, 依, 倉地は, 共に悄然, 内心は, 内心男に, 円板ロケットは, 再起せぬ, 出て, 勝家に, 勢よく, 包んで, 医師は, 卓子に, 反り身に, 口の, 古我判事, 叫んだ, 叫んでるの, 吐き出すよう, 向うむき, 呟いた, 周瑜は, 唖女の, 問われるま, 喉自慢腕自慢あれあの, 喉自慢腕自慢あれ彼の, 外で, 夜が, 大した極り, 大して極り惡がり, 大體, 女に, 姿を, 季和を, 安らかに, 実は非常, 客に, 寝た, 寺僧の, 尋ねて, 小さくなっ, 小さな椅子, 小腰に, 少しも, 山々が, 山車を, 川はぐん, 左の, 帽子を, 平あやまり, 平凡で, 平然として, 平素めったに, 庁の, 影と, 彼の, 彼女の, 彼女は, 徐々に備え, 微笑した, 心から笑っ, 心もち厚い, 心中甚だ, 恭しく彼, 愛想よく, 憲一の, 懸命に, 房一は, 投げやりに, 折々チラ, 招くと, 救け起す作略, 斃死って, 新婚車は, 明らかな, 暮夜ひそかに, 杖の, 柿団扇で, 椅子の, 横ぐはへに, 横たわりそして, 次々と, 此の前を, 残りの, 母は, 氣狂ひ染みた, 水の, 求める人々, 汗ばんだ顔, 油断を, 活動館の, 流れつづける, 演った, 濡れた帽子, 火鉢の, 点頭いた, 照子の, 片手を, 物足りる, 狂い回る, 玄関口の, 玉音朗かに, 申しました, 界隈の, 畳へ, 病室へ, 痩せて, 白い上っぱり, 白い処女, 白眼みつける, 皆が, 盛んに, 目を, 相手には, 真面目な, 眼を, 短いサアベル, 石階を, 私にとっては, 私の, 私は, 穏やかに, 立ちあがると, 立って, 竿の, 笑い笑い, 笑って, 等持院での, 結局世話に, 続けました, 聞いた, 肉屋の, 肚の, 脱ぎ捨てると, 腰を, 自国に, 船田ノ, 艶に, 花弁を, 花環に, 若い男, 若者は, 茶目ツ子らしく, 茶色の, 藤吉郎は, 蜂谷良作は, 裏では, 襷がけで, 見え隠れに, 親方の, 言いだした, 言いました, 言う, 言うの, 言って, 言葉には, 訊いた, 話すだけ, 話すの, 説明した, 豆菊の, 赤面し, 跳びこんで, 軽く身, 返事を, 道誉は, 部下には, 重そう, 長椅子の, 陽なた, 雲霧の, 霖雨中放つ, 静かな, 頬を, 顔を, 風の, 颯爽として, 飴色に, 鳴き叫ばせ, 黒いエナメル靴, 黒い髪, 黙って, 黙つて

▼ 見せ~ (298, 3.2%)

14 なって 8 やると 7 なったの, なるの 6 なりませんでした, 来て, 行った 5 なりました, なること, 来た, 連れて 4 なった, 來た 3 なったこと, なったり, ならないの, なりません, なる, なるもの, やった, やって, 行って

2 [15件] つれて, ならなかったの, なりながら, なりまして, なりますか, なるだけ, なると, なろうと, 往った, 持って, 持つて, 行くの, 行ったの, 行ったらレントゲン, 遣った

1 [159件] いかした, いた, いった, いつしよ, きた, きたか, きたが, きたに, きたん, きて, くる, くると, くるという, くるの, くるはず, けり, つかわしました, なったが, なったらお, なったらにせ物, なったりも, なったん, なった写真, なった後, なった時, なった電報, なってと, なつた, なつて, ならずただ, ならずどこ, ならずに, ならず深い, ならない, ならないこのごろ, ならないで, ならないのにも, ならないもの, ならない中宮, ならない態度, ならなかった, ならなかったですか, ならなかったと, ならなかったん, ならなかった恨み, ならなかった方, ならなかつた相州さま, ならなくなったの, ならなけりゃ駄目, ならぬお, ならぬそう, ならぬ世にも, ならねえので, なられて, ならんけりゃ不可, なり, なりこれ, なりたくない思召しなん, なりは, なりましたか, なりましたが, なりましたね, なりましたらわたくし, なりますから, なりませぬと, なりませんでしたし, なりませんの, なり心細く, なり昔, なるじゃ, なるとい, なるので, なるはず, なるん, なるんで, なる宮, なる宮様, なる強, なる必要, なる方, なる美し, なれない理由, なれば, やったところが, やったので, やったらば, やったわけ, やっても, やって来て, やつた, やりましたから, やりましたところ, やりましょう, やります, やりますと, やり自分, やる, やること, やるの, やろうかと, ゆくほどの, よこした, 一度来た, 上って, 二階から, 八年ぶりで, 出るらしかった, 動物園までと, 国へ, 堂へ, 奥の, 子供を, 寄越した正吉, 山へ, 帰って, 座を, 往くとか, 往つた, 持ち込んで, 来さ, 来たか, 来たかという, 来たと, 来たの, 来たので, 来たもの, 来たわけ, 来たん, 来た人, 来た意味, 来ても, 来ない, 来ました, 来るの, 来る処, 来る特に, 来る訳, 母を, 行かずこれ, 行き丁度, 行き彼, 行く, 行くぞ, 行くところ, 行くに, 行くべきだと, 行く日, 行こうと, 行ったが, 行ったり, 行った帰り, 行つた, 行つてから, 親元に, 近所の, 遣ったの, 遣つた, 遣りしに, 遣ると

▼ 見せたり~ (276, 2.9%)

49 した 30 して 13 するの 6 する 5 したの, しました 4 したが 3 するうち, すると

2 [14件] したこと, しては, しや, するが, するそれ, するので, そのあいだ, その人, 一から, 恐ろしい手, 或時, 扁く, 短歌の, 隠したり

1 [130件] あいさつの, ありったけひどい, あるいは舞台演芸, うさぎの, おしゃまな, これまで, ころりころり, したいばかりに, したがる, したその, したので, したもの, した人, した結果, しちゃあ, します, しようと, するため, するだけ, するばかり, するもん, するやう, するシリーズ, する人, する奴, する日, する気, する物凄い, すれば, せんとて, せんなら, そぎ落されたよう, そしておしまい, そんなこと, たとえ正体, なぞし, なぞした, なぞしまし, なにつかする, はては皆一時, はなしたり, ひとを, また, またあらぬ, また籾殻, また縁台, エハガキに, ガラスに, ワイセツな, 三七親分に, 上機嫌を, 不安の, 乃至財物勸進, 互に次, 五本見せ, 今し, 八五郎を, 出会いが, 出来上りの, 切腹の, 又と, 又一定, 又一方その, 又十本皆, 又或, 受持教師の, 営中の, 国の, 堆い皿, 外を, 大変な, 大木の, 家庭の, 寺で, 居間へ, 帶の, 弱兵, 弱点を, 後の, 御先祖, 恋人から, 愉快そうに, 手数の, 持たせたり, 振りつ, 時には無慈悲, 本雨, 死人に, 水を, 消したり, 無用の, 物質的報酬を, 生ぶ, 田中正造なども, 番士を, 病鳥を, 皆んなする, 短剣を, 秀吉も, 絹の, 縮んで, 美しいお話, 美しい眉, 背中を, 脇の下を, 自分でも, 自分の, 自由自在に, 致しまして, 致しますので, 舌を, 見られたり, 観世縒で, 討論会を, 話したり, 話して, 誘いかけるよう, 説明し, 読んで, 講演を, 護謨の, 買い薬も, 軽蔑的な, 金庫の, 闇色の, 降ったり, 隨分殺生を, 隱し, 高い屋根, 高尚な

▼ 見せては~ (133, 1.4%)

6 ならないと 5 いるが 4 ならぬ 3 いけないと, いたが, いなかった 2 いけませんよ, いるの, くれないの, くれまいか, くれません, ならないの, ならぬと, よくない, 親子の

1 [91件] あげます, いけないそうすると, いけないもの, いけないよ, いけない所, いけない飲んで, いけませんし, いっそう中, いないの, いなかったが, いるよう, かえってこちら, かえってわるかろ, くださるまいか, くれない, くれなかったの, くれなかつたと, くれませぬ, くれるが, たいへんと, たんとつけ込まれる, つづけて, どうかと, どうであろう, どむならん, ならない, ならないし, ならないという, ならない音信, ならぬきっと, ならぬぞ, ならぬという, ならぬところ, ならぬの, ならぬ場合, ならぬ心, ならぬ文学, ならぬ曰くインネン大, ならぬ法, ならんぞ, なりませんぞ, なるまいと, まずい, またかくれ, もらったが, わるいぞ, ゐたが, ゐなかつたか, ゐなくな, ゐる, 一生の, 下さいませんか, 了ません, 五十六に, 冥途の, 叫ぶ, 呉れなかつたと, 営業成績にか, 姫君の, 将来負けの, 居たが, 居りますが, 師の, 弱身, 後の, 後日の, 恥づか, 悪いという, 悲しみを, 惡るかるべし, 折角の, 損だ, 敵に, 案外友, 段々と, 百日の, 相成らんと, 神様へ, 穢れる恐れ, 約束が, 自分の, 落つこ, 落着が, 行けないよ, 誰も, 貰はれまい, 貰われまいかと, 逃げ魏勢, 連盟の, 頂けませんかしら, 高木を

▼ 見せても~ (114, 1.2%)

5 いい 3 いいが, らへ 2 駄目な

1 [101件] あわてて, いいかも, いいです, いいと, いい相手, いた, いちど深く, いないから, いなかった, いるもの, お目ざわり, お舟, このとおり, この怪物, この著しい, これで, こわがって, さしつかえないと, しょせんそれ, すくみ羞ら, だれも, どうした, なかなか捗々しく, なほかの, ひけを, びっくりするであろう, ふしぎは, ぼんやりし, もう眼, よいその, よいと, よいという, よかった, よくは, よさそう, よろしかろう, らは, カッコウが, ケロリと, ダメだ, ダメです, テンポが, 一向に動ずる, 下さらなかったくせ, 世の中に, 世間で, 二人きりの, 何人も, 信用し, 俺には, 八五郎では, 冷淡な, 厭な, 去らぬ, 可い, 声などを, 売れないと, 大して差支, 大丈夫な, 好いか, 子の, 宗教意識の, 宿屋の, 少しも, 差支の, 差支は, 引用する, 影を, 恐らくは少しも, 恥か, 恥かしくない, 承知の, 断然その, 時代と, 構い付けずこの, 構は, 構わないと, 治りません, 治癒りません, 源氏の, 猫だ, 猫と, 猿は, 理智から, 田舎っぺいの, 病勢に, 皮膚に, 直ぐ様疑られる, 聞入れない, 肝心の, 見えないよう, 見せなくても, 詰らぬもの, 読めは, 轡川は, 進ぜるし, 遣わそう, 雪の, 露西亜兵は, 鬱陶しい顔, 鼻だけは

▼ 見せ~ (26, 0.3%)

4 くなかつた 2 いな, い人, くない

1 [16件] いと云う, いと言い張りました, いのです, い位, い荷物, い陶器, かつた, かつたのさ, がって居る, がる女, がる格, くありませんでした, くっても, くな, くなるので, を過ぎ

▼ 見せその~ (25, 0.3%)

1 [25件] うちの, ために, つよい匂い, なかを, はがきを, 下の, 中の, 丸い背中, 事業の, 儘其処を, 団体生活の, 対象の, 心を, 時誰か, 時誰かが, 法を, 無残な, 癖生駒に, 白いふっくり, 目まぐるしい時として, 興味は, 身は, 顔に, 顔は, 首に

▼ 見せ~ (24, 0.3%)

3 しない 2 したが, しなかったが, しません, はあ学校生徒

1 [13件] しても, しないけれど, しないの, しない所帯ぎれのした昼夜帯, しなかった, しなかったの, しなかつた, しなかつたの, しましたが, しますまいね, しませんし, すまいな, せぬ何とか

▼ 見せ~ (24, 0.3%)

125 やな 1 つぬさは, やと, やとぞ覺, やと思う, やと思ふ, やみよし野の, やみ吉野の

▼ 見せ~ (24, 0.3%)

4 した 3 しなかった, せずに 2 しないで, 聞かせも 1 いたしまするが, されねえべしよ, したの, しなかったが, すまいが, する彼, せず, せぬし, せぬ間, 知らせも

▼ 見せ~ (19, 0.2%)

732 るるに 1 あさあ出ろッ, な卯, るべしという, るること, るるぞ, るるのみ, るる言ひたい事

▼ 見せてから~ (18, 0.2%)

1 [18件] いつまでも, かつたり, でないと, でなくちや話がま, やうやく, チョッキを, ニヤニヤし, 与えないと, 五郎に, 古賀さんは, 女中達の, 引返して, 格子戸に, 自分は, 著作の, 言った, 食堂の, 鮨を

▼ 見せながらも~ (18, 0.2%)

2 皮裏に, 真は

1 [14件] いろいろな, これより, そつと, その日常, どうかし, 全体に, 内心如夜叉敵を, 實は, 彼を, 心の, 打ち解けた良人, 眼は, 端然と円座, 自若として

▼ 見せもの~ (18, 0.2%)

1 [18件] ここに, などの興行, なれば, にし, にすべき, にその後米国, になる, に致す, の花形, や剣舞, や河童, や田舎廻り, を見, を見る, を覗い, 小や, 小屋の, 小屋一軒も

▼ 見せちゃ~ (16, 0.2%)

5 いけねえ

1 [11件] いけない, いけないが, いけないよ, くれない, ならねえん, るん, アいけない, アもらえまい, 下さいません, 拙い, 毒だ

▼ 見せ~ (16, 0.2%)

61 は, ひしのみ, ふぞ, ふを, ふ顏我等づれ, へと勿体ない, へと言, へと身, へぼく, へ例令人

▼ 見せつつ~ (15, 0.2%)

2 いつか暮れたり

1 [13件] お出ましある, その一端, まじろがず張り, もとな, ゆっくりと, わざと足音, 外国の, 大きく迂回, 実は関索, 彼の, 私を, 長い脚, 静かに

▼ 見せ~ (10, 0.1%)

3 へした 1 うもないと, えしたら, っしゃい, つせえ, へしたら, へすり, へすれ

▼ 見せまた~ (9, 0.1%)

1 あどけなくも, これと, さあらぬ, わざとたおれ, 会衆も, 百年勤続の, 笑って, 表を, 雲の

▼ 見せたりなど~ (8, 0.1%)

4 した 3 して 1 したもの

▼ 見せ~ (8, 0.1%)

1 さあ, その人形, はれな, まあ見せ, 手を, 預かっとこう, 風太郎と, 風太郎という

▼ 見せ~ (8, 0.1%)

2 ゐら 1 ほしと, ほしといふは, ほし青波, よか, ゐらせん, 昼の

▼ 見せての~ (7, 0.1%)

1 したり顔, ッそりと, 上で, 上の, 歸り, 見えは, 雲隠れが

▼ 見せ~ (7, 0.1%)

1 いったら, くれ, なり吉本, 云うのに, 云ったら大抵, 云ひたかつた, 婢は

▼ 見せ~ (7, 0.1%)

1 それと, 其とか, 前左右, 手代一人土藏の, 義理は, 者一人丁穉一人母一人嫁一人乳飮子一人是等は, 者一人丁穉三人抱への

▼ 見せよう~ (7, 0.1%)

1 がない, ではない, では御座らぬ, でもなく, などとさすが, にも身体, に到っ

▼ 見せ~ (7, 0.1%)

1 つた, つたり, つたりなんか, はない, ふの, ふやう, ふ必要

▼ 見せ~ (7, 0.1%)

1 のあと, の仰い, の姿, の影響, は, はみんな, を安心

▼ 見せえま~ (5, 0.1%)

1 あの血, 先生生きてる, 東の, 芝居で, 電気が

▼ 見せさえ~ (5, 0.1%)

5 すれば

▼ 見せそう~ (5, 0.1%)

2 もない 1 なもの, にしました, になかっ

▼ 見せそして~ (5, 0.1%)

1 いかにもま, もうカラブリア, 今度の, 店エ放っとい, 聞き噛

▼ 見せそれ~ (5, 0.1%)

1 から売り, について二三批評, はそれなり, を女中たち, を返そう

▼ 見せてと~ (5, 0.1%)

1 それから, ぼとぼと歩み出しました, 仰有ったん, 夫れ, 甘え強いるよう

▼ 見せてを~ (5, 0.1%)

1 らぬ, りました, りますが, る, るの

▼ 見せ~ (5, 0.1%)

1 して, してはという, つたもの, やった, 願ひます

▼ 見せこの~ (4, 0.0%)

1 人や, 善奉行を, 工事が, 通りかと

▼ 見せたま~ (4, 0.0%)

21 はざりし, へまことに

▼ 見せ~ (4, 0.0%)

2 うせに 1 もらったが, 行って

▼ 見せなと~ (4, 0.0%)

1 いえば, 云えば, 拾い来りつ, 拾ひ来しき

▼ 見せなど~ (4, 0.0%)

4 して

▼ 見せ~ (4, 0.0%)

1 い, え, えと叉手, えと思っ

▼ 見せむと~ (4, 0.0%)

1 思ひし宿, 思ひし梅, 思ひそめけむ, 欲する者

▼ 見せやう~ (4, 0.0%)

1 といふ, とかいふ野心, として態とらしい, と云

▼ 見せ~ (4, 0.0%)

31 ふが

▼ 見せ~ (4, 0.0%)

2 が済む 1 というの, というん

▼ 見せ~ (3, 0.0%)

2 すりや 1 まあ

▼ 見せこれ~ (3, 0.0%)

1 は何ぞ, は何時何時, を否定ん

▼ 見せそこ~ (3, 0.0%)

1 にある, にクラブ, へ大きな

▼ 見せそれから~ (3, 0.0%)

1 住吉へ, 勝手を, 格子の

▼ 見せてさえ~ (3, 0.0%)

2 くれたら 1 天下の

▼ 見せてに~ (3, 0.0%)

1 つと笑つた, やっと笑い, やつと

▼ 見せにゃ~ (3, 0.0%)

2 ならぬ 1 ならん僕

▼ 見せらん~ (3, 0.0%)

1 ねえつちん, ねえよ其, ねえんでさ

▼ 見せ且つ~ (3, 0.0%)

1 山刀一梃を, 注意を, 話した

▼ 見せ~ (3, 0.0%)

1 てやろう, られたよう, られて

▼ 見せ可被~ (3, 0.0%)

3 下候

▼ 見せ小僧さん達~ (3, 0.0%)

3 着る物

▼ 見せ~ (3, 0.0%)

2 兩親には 1 両親には

▼ 見せ~ (3, 0.0%)

1 をその, を欺き果せた, を驕り

▼ 見せ~ (3, 0.0%)

1 がある, によつて, の問題

▼ 見せ自分~ (3, 0.0%)

1 が作った, でもその, も頬杖

▼ 見せいや~ (2, 0.0%)

2 に香水

▼ 見せいよいよ~ (2, 0.0%)

1 となつ, 馳けたが

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 くること, くるの

▼ 見せかりに~ (2, 0.0%)

2 も他

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 すんで, てら彼女

▼ 見せしきりに~ (2, 0.0%)

1 自分の, 計器を

▼ 見せそば~ (2, 0.0%)

1 に座り, へ寄っ

▼ 見せそれで~ (2, 0.0%)

1 いくらかの, 真実が

▼ 見せちや可~ (2, 0.0%)

2 けません

▼ 見せてこそ~ (2, 0.0%)

1 ほんとうの, 利き目

▼ 見せてさ~ (2, 0.0%)

1 うんうんこりゃあ間違い, それで濟むとでもお思い

▼ 見せてね~ (2, 0.0%)

1 このジャンパー, わたしたちすっかり

▼ 見せてはと~ (2, 0.0%)

1 いはれて, 思い

▼ 見せてはを~ (2, 0.0%)

1 りません, れど

▼ 見せてよ~ (2, 0.0%)

1 おばちゃん, 芸人です

▼ 見せどこ~ (2, 0.0%)

1 だ, にそんな

▼ 見せまるで~ (2, 0.0%)

1 ピラミッドの, 乞食を

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 までには, までには散りこす

▼ 見せむとする努力~ (2, 0.0%)

1 が往々, も既に

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 あがる, アがった

▼ 見せやがて~ (2, 0.0%)

1 山村家の, 闇の

▼ 見せ一方~ (2, 0.0%)

1 ではこの, の袖

▼ 見せ乍ら續~ (2, 0.0%)

1 けました, けるの

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 を笑わす, を美しく

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 に期する, 所行の

▼ 見せ先生~ (2, 0.0%)

1 が思いこん, は唯々じい

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 ひろがりに, 石

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 しまう, 妙齢の

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 だけがへの字, をあけ

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 な微笑, へて小判

▼ 見せ多く~ (2, 0.0%)

1 の国学, の客

▼ 見せ大いに~ (2, 0.0%)

1 不安を, 観客の

▼ 見せ度いもの~ (2, 0.0%)

1 がある, は浦戸入江

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

2 には赤い

▼ 見せ彼女~ (2, 0.0%)

1 が残し, に国

▼ 見せ次いで~ (2, 0.0%)

1 一足の, 舞台を

▼ 見せ次に~ (2, 0.0%)

1 パリーに, 白雲の

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 さむ, たけれ

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 に従って元来, の古い

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 ですなあ, に到っ

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 にある, も雨戸

▼ 見せ美しい~ (2, 0.0%)

1 千々岩の, 菓子と

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 をすくめ, を慄わせ

▼ 見せ襟足~ (2, 0.0%)

2 や腕

▼ 見せ言葉~ (2, 0.0%)

1 はほとばしる, をつづけた

▼ 見せ部屋~ (2, 0.0%)

1 に入れ, の真中

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 らしき色, をつく

▼ 見せ~ (2, 0.0%)

1 の地, を掉

▼1* [434件]

見せあちこちに囁きあう, 見せあなたが無罪, 見せあまりの嬉し, 見せあれはきっと, 見せいかに山里に, 見せいささか袁彦道を, 見せうちふ氣一つ, 見せ寿を, 見せおじさまをとろり, 見せおなじく馬を, 見せお前の手, 見せお茶を飲ませ, 見せお襁褓を洗い, 見せかたもこの, 見せかたがた洛中洛外を見物, 見せかみさんのお, 見せがたい薫は, 見せがちの政治, 見せげらげら笑いそして, 見せこそしなかつたが, 見せこちらの姿, 見せことさらに自分, 見せことばを続けた, 見せこんな人が, 見せこんなに支持し, 見せごめんなさいと言っ, 見せさいごの, 見せさうになつて, 見せさて小金井飛鳥山荒川堤と, 見せさもなければ今度は, 見せざらんと為れ, 見せしかもある残忍さ, 見せしまいに黒い粉, 見せすぐさまその窓, 見せすこしく淫心の, 見せすなわち赫灼たる, 見せずつんとして, 見せなたをも, 見せその他種々の口実, 見せその後で直ぐ, 見せその後病気で亡くなった, 見せそれぞれのタテ髪, 見せそんな馬鹿な, 見せたいへんほめられさらに, 見せたえず雲霧の, 見せただ風景としてのみ, 見せたらりと白く, 見せたりなんかして, 見せたりなんぞすると, 見せたりはすまいと, 見せたりもした, 見せちゃあ面白くねえ, 見せちやいけないやね, 見せちやアお客は気, 見せちや父親にも子供, 見せちや貰へない, 見せちや駄目だ, 見せっとまだは, 見せついで示指を, 見せつえやとをど, 見せつらそうな, 見せつるを, 見せつんと顔を, 見せてかの女を, 見せてかべに向かって, 見せてからと御前で, 見せてからは彼が, 見せてしもうた, 見せてすら権田への, 見せてでもやろうと, 見せてはははと笑った, 見せてべールの, 見せてほどよいところ, 見せてまで強い気持, 見せてやらざあならず, 見せてよと乞へば, 見せではない, 見せでもすれば, 見せとかんと, 見せときどきそこから, 見せともなかつた本, 見せどっさりの校長, 見せなお打て打てと, 見せなかッたが, 見せながらの挨拶だ, 見せなぞした, 見せなにかを守る, 見せなよ破きア, 見せなるべく二人を, 見せなんぞはしない, 見せにっと笑った, 見せになつた, 見せには三座より, 見せにやならん僕, 見せねエがどう, 見せはたまた嚴酷, 見せはでなお召, 見せぱっちりした巴旦杏型, 見せひときわ声を, 見せびらかせるの, 見せほかには何, 見せほとんど研究的と, 見せぼくに撫ぜ, 見せぽろりと涙, 見せまたは肌の, 見せまっしょ, 見せみんなで食事, 見せむしろこっちから, 見せむといひて小き戸, 見せむとする心との鬪, 見せむとする慾望なしに, 見せむとする虚榮心に躯, 見せむとて奥様の万事鷹揚, 見せむとて留むるを強い, 見せむひとさし舞ふて見せむ, 見せむ子もがも, 見せむ折にはわれ, 見せむ梅の花色, 見せもし見られも, 見せもの式になっ, 見せもの河童の見せ, 見せやあしませんよ, 見せやうためか声, 見せやや長めの, 見せゆったりと椅子, 見せよい香を, 見せよかった, 見せよき所に, 見せよし簀を, 見せわざわざ弔いに, 見せわしを安心, 見せゲイシャとかムスメ, 見せサメザメと泣い, 見せサンタクロースが壮厳, 見せセエラに来い, 見せチラリと又, 見せドアーの外, 見せヤスを見せる, 見せラテン語の句, 見せレントゲン写真も撮つた, 見せ一つは百, 見せ一度手と, 見せ一応説明し, 見せ一斉に岩蔭, 見せ一泊して, 見せ一番美人と思ふ, 見せ一益は軽, 見せ三人で愉快, 見せ三幕目ではちゃんと, 見せ三百万人も人, 見せ三間ほど向う, 見せ上杉勢のま, 見せ上衣の垂れ, 見せ上野の寛永寺裏, 見せ下らない事に, 見せ下男下女おちゃこ駕籠, 見せ申候, 見せ不機嫌に盃, 見せ世の中の流行, 見せ両側の茶屋香具店, 見せ主人が羅甸語, 見せ主人公を生そう, 見せ乍らいち早く歩み寄, 見せ乍ら兩足を使つて字, 見せ乍ら唐櫃の先, 見せ乍ら平次の方, 見せ乍ら手をつく, 見せ乍ら横の方, 見せ乍ら自分は部屋, 見せ乍ら華奢な手, 見せ乍ら著述はさほど, 見せ乍ら賤しい蔑視, 見せを呑ませたく, 見せ事情をたずね, 見せ二口食っては, 見せ二太刀三太刀でも斬れなかった, 見せ二重へ上り, 見せ五分ばかりで, 見せと顎, 見せ仏法信仰はよい, 見せ仕方を教え, 見せ付けの競争, 見せ代わりに鉛, 見せでも手早く, 見せは覗きこん, 見せ倉持の母, 見せ優しくしっかりした, 見せ入口の庭, 見せ入道のこと, 見せ全体主義の度胆, 見せ八分弱の入り, 見せ公会堂へ昼, 見せ六隻のラガー, 見せ其一枚を選ん, 見せ再び役には, 見せ写真も撮らせる, 見せ出迎えの連中, 見せ刑事と共に古田, 見せ初めて心を, 見せの男, 見せ別々に居れ, 見せ到頭自分の, 見せ前途になほ光明, 見せをスラツ, 見せある人, 見せ十一年前彼と彼, 見せ十六日には中村楼, 見せ半ば肌脱ぎになつて, 見せ卯の花腐しなほ, 見せ厚ぼったい部屋着が, 見せ厚塗の立烏帽子, 見せ參らするこそ, 見せ又は山川草木日月星辰四時花鳥の, 見せ双方で小声, 見せ古瀬戸を見せれ, 見せき次第, 見せ右方有明海の彼岸, 見せ合つた仲だからネ, 見せ合つた仲間の大半, 見せ合つてゐた北村悦三, 見せ合つて大声で笑つた, 見せ吉原の頬, 見せ同じように, 見せ同じくその頬, 見せの苦しん, 見せ吾助は畫, 見せ周囲のお世話, 見せ呼吸計脈搏計を以て生理的, 見せ四散するのに, 見せ図体をすっかり, 見せ土地も借地, 見せ土屋惣蔵に殺された, 見せ土掘りの手伝い, 見せ土色の顔, 見せなどかけ, 見せ夏祭の泥試合, 見せ夕日を黄金色, 見せ夜寒の用意, 見せのよう, 見せ大きいのだ, 見せ大きな髭を, 見せ大事な入れ歯, 見せ大使帰朝に至る, 見せ大発見をさせた, 見せ太く延ばしたらしい枝, 見せ太陽をした, 見せの身代, 見せ女中が帰る, 見せには良人, 見せ妻妾侍女に見せ, 見せ妾囲いと田楽踊り, 見せ嬉しそうに, 見せがうなずく, 見せ子之に, 見せ安心させるの, 見せ実は杖を, 見せ実際は百五十円払つたの, 見せ宿役人の三人, 見せ寝床にも移る, 見せ寸断されたうわ, 見せ小刀を空, 見せ小笠原にすすめ, 見せ山城守のすず, 見せ山道の嫩葉, 見せ岸本が旅, 見せの土手, 見せ川べりの氷, 見せの眼, 見せ左方の日光, 見せ市川八百蔵桐の谷門蔵, 見せ帯紐が下, 見せ帽子を振り, 見せを隔て, 見せ店先の畳, 見せを離れた, 見せ張り満ちて, 見せ彼奴をし, 見せ後図をよろしく, 見せ徒らに精巧, 見せ従僕が手渡した, 見せ忍び余る心, 見せ忽ち通りすぎて, 見せにまた, 見せを切らし, 見せ愛嬌に酒, 見せ感吟仕候, 見せ態と手間取るから, 見せ慰めの言葉一つ, 見せ我々はそれ, 見せ或は聞かせるもの, 見せだったの, 見せ手ずから茶などを, 見せ手招きして, 見せ手斧を指さし, 見せ手製の亭, 見せ承知の上, 見せ抒情し去って, 見せ抒情詩にはしめやか, 見せを旧式, 見せで, 見せ撮影は止める, 見せ故郷の知人仲間, 見せ敵兵力をことごとく, 見せ料若干錢を渡し, 見せ日本でユウゴオ物, 見せ日頃の飼い主, 見せ横浜村の, 見せ早くその袋, 見せ早くから宮中における, 見せ易く奥様と, 見せも饗膳, 見せが迫つて來, 見せ時には飄然と, 見せ時節がきたら, 見せ曰く云ひがたし, 見せ更に楼階の, 見せ最後に機関車, 見せ本尊菩薩に跪座立礼三拝, 見せ本質の個性, 見せに向っ, 見せは京都, 見せ校長が語った, 見せ椅子にかけてもまだ, 見せの機嫌, 見せ榎本の言葉, 見せ橋本君婦長さんの一団, 見せ機嫌よいとき, 見せ次郎の粗相, 見せ止めようを伝授, 見せ此位にしてやる, 見せ此町のあらゆる, 見せのない, 見せ死に装束だという, 見せ殆ど海中に, 見せ残念であれば, 見せ毛氈を敷い, 見せ気の毒そうにたずねた, 見せ気品の高い, 見せ水呑より水, 見せ水谷八重子というもの, 見せ汽車が動いた, 見せの上, 見せを白く, 見せ海中深く呑まれ去った, 見せ深々と夜具, 見せ深い溜息を, 見せ深夜の月, 見せから木材, 見せ満足の様子, 見せ灯火に光っ, 見せ爆破した列車, 見せして, 見せ片手を拡げた, 見せ片方の肩, 見せ片里どのがさまざま, 見せ葱苗の, 見せ玉はずや, 見せ珍しいことを, 見せ擒った, 見せ申そうならば, 見せも示し, 見せ百禽の声, 見せ相談しましたが, 見せ眉毛の脱落, 見せ矢代の観察, 見せ砂塵を投げ, 見せ砲弾のごとく, 見せ祖母さんのところ, 見せの言葉, 見せもあらためて, 見せ端然として坐っ, 見せ竹童のご, 見せ執り物, 見せを包み, 見せ節子のところ, 見せは穂, 見せ紅い口を, 見せ紅白の茶山花, 見せ紅茶を御馳走, 見せ紋十郎に油断, 見せ細い二の腕を, 見せ之は異腹, 見せ緋縮緬に白鷺, 見せは葉並, 見せいて, 見せ股引に小肥り, 見せ腕組をし, 見せから下, 見せ自ら自分ほど悲運, 見せ舞台のうしろ, 見せ苦しい声で, 見せ苦笑をし, 見せ荒神供養や産女守護, 見せ莞爾として得意相, 見せ藏奧藏などに心, 見せとも考へられ, 見せ蚊遣の煙, 見せの首筋, 見せに染んだ, 見せを高く, 見せ西の崖, 見せ西田は全, 見せ見物人はいま一息, 見せ親房は亡くも, 見せ諸所に聳え, 見せ買値をいふ, 見せ資本家のノラ息子, 見せ賦役に対する不満, 見せ赤いモロッコ皮の, 見せ身躾みの化粧もこの, 見せ近くへ行っ, 見せ近習たちへ人払い, 見せ遠い村落も, 見せ遠く遠くと, 見せ野暮な女房, 見せ釣鐘草の中, 見せ銀座がネオン, 見せをとる, 見せ開廷までには小, 見せ間取りには贅, 見せ闘いに用いた, 見せ附髭をし, 見せ陸奥の戻り, 見せ青江に少し, 見せはずかしげ, 見せ面隠しの笠, 見せ音絵と出会う, 見せも色, 見せも硬直, 見せ顔色も悪い, 見せの工事場, 見せ首根っ子を縮め, 見せの絹羽織, 見せ黒い帶を