青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「花嫁~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

艶~ 芋~ 芝~ ~芝居 芝居~ 芝生~ 芥川~ 芭蕉~ ~花 花~
花嫁~
芳~ ~芸 芸~ 芸妓~ ~芸者 芸者~ ~芸術 芸術~ ~芸術家 ~芽

「花嫁~」 1069, 11ppm, 9783位

▼ 花嫁~ (346, 32.4%)

8 ように, 初枝, 顔を 7 駕籠を 6 行列が 4 お喜美, 衣裳を 3 お樂, 一行は, 前に, 姿を, 家に, 行列の, 行列は, 顔と, 駕籠が, 駕籠は

2 [24件] ありかを, ほうで, やうに, ゆい子, 一行が, 乗った真ん中, 側の, 前へ, 姿は, 安否という, 後を, 心持ちは, 支度部屋長屋の, 母親が, 盃の, 胸に, 膝の, 花婿であった, 身に, 部屋に, 顏を, 顔が, 顔に, 駕籠の

1 [223件] お世話で, お世話を, お仙までも, お化粧, お土産, お母さんは, お父さん, お父さんだ, お輿入れ, お雪夫人, きりやうの, ことのみ, ころは, ごうしなどと, さまを, したく物, すがた, すぐ隣, そばに, ために, だ, です, ところへ, はにかみぐらいにしか, ほの, まめまめしい働きぶり, やうな, ようであった, わけな, ガブリエルは, メヌエットだ, 一群は, 一行と, 上に, 両手と, 両親魔法島の, 丸髷に, 人柄も, 介抱丈けに, 休んで, 候補は, 健康を, 側から, 傍に, 傷を, 入浴を, 入浴日用品を, 兩親は, 出て, 列が, 列は, 列を, 到着する, 前円座に, 化粧室へ, 友人の, 右と, 君の, 周囲を, 周旋を, 失踪に, 如し都て, 妹その, 姿それは, 姿も, 嫁入, 実家で, 室には, 家から, 家が, 家の, 容態は, 寝台へ, 寧子な, 寧子は, 小浪は, 巻子は, 幸運を, 庇護者と, 床に, 役の, 役まで, 役を, 後から, 後見人で, 御入來, 心, 心には, 心も, 心像は, 恥ずかしい不安, 恥ずかしい中, 悲しげ, 懐剣に, 懷中から, 手, 手を, 抱くよう, 振袖にでも, 捧げた盃, 支度部屋から, 文子と, 方で, 方へ, 方を, 時ち, 晴着に, 最期の, 朋友とか, 朋友下女などが, 朋友親戚あるいは, 望みに従って, 朝とも, 来るの, 来着を, 棺架と, 機嫌を, 歌だ, 死骸は, 死骸を, 母親といふ, 母親らしか, 気に入るため, 気は, 泣き別れ, 準備で, 溺死アレキサンダア・ライス医師の, 然るべき持参金, 父母に, 父秋山佐仲と, 父親が, 父親として, 父親ピョートル・レオンチイッチは, 父親秋山佐仲は, 登子を, 登美子は, 白足袋を, 眉つきレンズに, 神経の, 立つ式事, 立つ朝, 笑顔など, 結婚支度も, 綿帽子が, 綿帽子を, 美く, 聟として, 胸へ, 膝に, 臍に, 自動車が, 自動車に, 自動車は, 自動車へ, 舌喰い, 花落ち, 荷と, 荷は, 荷物を, 行列を, 衣裳の, 衣裳やら, 袂を, 袖を, 装いで, 裾が, 裾を, 親だ, 親に, 親の, 親は, 親類あるいは, 言葉を, 詩子の, 詩子は, 詩子を, 話を, 資格は, 踏まなければ, 身じたくは, 輿が, 輿と共に, 輿の, 輿は, 送りの, 連れが, 進行曲も, 運命を, 道具という, 遭難談が, 部屋でも, 部屋にも, 部屋は, 部屋まで, 酌で, 里帰りから, 重いほど, 重げな, 金として, 銀子は, 長口上, 門前に, 間を, 閨へは, 附きそい, 附添女も, 随行者は, 雪白な, 頃を, 頭などは, 顔だけは, 顔には, 顔は, 風気が, 飾りは, 養父入に, 首の, 首筋の, 香水を, 馬で, 馬車に, 馬車は, 高島田や

▼ 花嫁~ (131, 12.3%)

4 暮から, 東京の 3 自分の 2 かなり縹緻, どこか, 実際夕顔, 家を, 島原か, 当年十七歳の, 攫われて, 次の間へ, 答えた, 評判の

1 [100件] おぼろな, お手柄, かの口吻突出, こ, ここの, ころりと, しずかに, しとやかに, そつと, その家, その故郷, その日, その生家, その身, それと, ただ健康, たちまち柳眉, つの, とりあえず別室, ひどく泣い, ほほえみそして, まだ何, まだ小さい, もう余所行き, やがて見つ, ウーンと, エヂソンの, カーテンを, スーと, ドコに, 一丈青の, 一門の, 一面に, 丁寧に, 丁度あなた, 二つ続け, 云った, 今晩の, 俥上に, 共にまた, 其家を, 厚い綿, 君の, 君斯の, 呻きつづけた, 四つ続け, 墓地へ, 夢見心地で, 大抵大いに泣き悲しん, 夫の, 妹とともに, 婚礼の, 安土に, 宴酣に, 家の, 富士に, 帰らないで, 幸福だ, 恐る恐る云った, 恐ろしい自分, 恐怖の, 斯うし, 旅先で, 明智家の, 来ない, 来なかった, 某から, 此處で, 死の, 死んで, 母親らしい, 父の, 物も, 猪八戒に, 白い手巾, 白粉を, 眩暈を, 立って, 美人で, 羞かし, 翼を, 老女達に, 興奮の, 花嫁として, 花嫁の, 花聟の, 裾模様の, 近くの, 金銀, 間もなく女, 降りか, 頭巾で, 顫える, 駕籠の, 驚く, 驚くやう, 驚くよう, 高熱に, 黒の, 黙りこくって

▼ 花嫁~ (119, 11.1%)

4 誘拐した 3 自分の

2 [15件] からかいに, どこに, どこへ, 一緒に, 乗せて, 出して, 初め親や, 抱いた, 掏り替えた, 救い出すため, 皆んな手当り次第, 盗んだ曲者, 纏めて, 見ようと, 迎える用意

1 [82件] いつまでも, おいて, お伴れ, お迎, さらった丹頂, つかまえて, のせた白馬金蓋, もらったが, もらって, もらわれ勝彦さん, ボウトに, 中に, 乗せた自動車, 仇や, 保険会社へ, 側に, 先に, 公然と, 刺し殺すやう, 前に, 取りきめて, 周旋する, 呼び迎える鳥類, 呼ぶの, 囲みさざめきながら, 坐らせて, 奥の, 奪い去る, 奪う, 奪って, 奪われる事, 妻に, 始め送り迎えの, 安全に, 富士と, 座敷に, 引きまわして, 待つたの, 怖ろ, 想像する, 愛するあまり, 手に, 投げ出した, 抱いたばかりに, 押しつけますからね, 捉えて, 描いた大きな, 横取りしよう, 殺したり, 殺した下手人, 殺して, 殺すやう, 無言で, 率いて, 率寢ない, 率寢ぬ, 知るといった, 磨いて, 祝するには, 私は, 絞殺し, 絞殺す, 絶対と, 見た, 見たこと, 見て, 見に, 試そうな, 護る神様, 載せて, 迎うる, 迎えた, 迎えること, 迎える新, 迎える自動車, 送って, 送り出すとて, 送る, 連れて, 選ばう, 配給される, 飾り立てようと

▼ 花嫁~ (88, 8.2%)

4 三人も

2 [12件] たまぎるよう, チョイチョイ消え, 七人も, 云った, 変って, 寝て, 攫われたって, 来た, 盗まれました, 盗まれる, 縹緻よし, 花聟の

1 [60件] あしたの, ありますよ, ある, うや, おありです, かけて, しくしく泣き出す, すわり親類縁者, どうも頭, どんな顔, なんたる, はいったきり浴槽, ふたりだけに, よほど好色的, 一人何人かの, 一人新枕の, 中ほどに, 二三年あとには, 健康な, 克子である, 出て, 出来ましたわ, 到着の, 勝手の, 口を, 呻くよう, 唖であった, 土器を, 多かった, 妬くと, 家族の, 式服を, 忘れたこと, 来さえ, 来たの, 来て, 次の間に, 殖えたという, 殺された後, 毎朝トマトケチャップを, 浴槽で, 淫売姿で, 現はれた, 現われたという, 生家を, 白い手術衣, 白雪姫だ, 盃を, 立ちあらわれた, 筋向うに, 耻か, 自動車に, 見えやしないか, 言いました, 輿へ, 近所の, 返事を, 逃げてから, 顔を, 駕籠の

▼ 花嫁さん~ (49, 4.6%)

3 が来た 2 か, と二人, は平和そう

1 [40件] ありがとうお楽しみ光邦様, から生まれでる, がきちんと, がさも, が上手, が呼び生かし, が毎夜毎夜, が私, が角, が誰, だから, だと, だよ, だ花嫁さん, でも喜ん, と思へ, と結ぶ, にはなれない, にまでこんな, に風邪, の, のやう, のよう, のパン, の出, の姿, の気持, の顔, はさんざん, はどう, はもう, は山, は無理, へのプレゼント, やと, をお, をこれ, を待っ, を待つ, を貰うたげる

▼ 花嫁~ (47, 4.4%)

2 なって, なるべきお, 一緒に, 仲人夫婦と, 向き合せに, 花婿は

1 [35件] し月, するか, するため, そうして花婿, その一行, その母, ともどもに, どんな関係, なり給ふため, なり花婿, なるなかれ, なるべき呉モヨ子, なる人, なれり, まみえる身, 云うもの, 云う表題, 云ったよう, 云つた, 云ふ, 付添ひ, 会うこと, 其の父母, 別に, 十九の, 夫婦の, 弟らと, 思って, 戦争赤坊の, 折り重なり癩人, 祝言の, 結婚を, 花婿, 花嫁とも, 鍵とを

▼ 花嫁~ (44, 4.1%)

4 なって 2 なろうと, 仕立てられたの, 理由を, 蹤い

1 [32件] あるま, お辞儀を, くらべると, ついた財産, なぞらえたでは, なり代って, なると, なる人, ふさわしい色, キスを, 与えた, 事情を, 仔細に, 付いて, 会得させる, 似て, 先立って, 化けた時, 宣言する, 怖しい, 怨みを, 戒告, 持参金が, 撒きかける花, 放擲す, 為て, 眼前の, 腕を, 變り, 近寄り, 關する, 黴毒を

▼ 花嫁姿~ (29, 2.7%)

2 で道行, のお, は鮮やか

1 [23件] が一時, ってやつ, でございました, で独り深山, で鈴ヶ森, と言っ, になっ, に装った, に見, の, のお客, のよう, の傍, の多, の彼女, の若い, の葉末, の誇り, の関子, は世にも, を再現, を現, を連想

▼ 花嫁~ (12, 1.1%)

1 [12件] つい顔, なお輿, 今日死なん, 同じこと, 大分なれ, 婆と, 普段着, 無事だ, 知らなければ, 笑つた, 花婿も, 追ってこんな

▼ 花嫁さま~ (10, 0.9%)

1 がご, がゐ, さ, じゃと云わせ, です, のよう, の御輿, の邪魔, は, をお

▼ 花嫁花婿~ (10, 0.9%)

1 とその, と言つて, に対して成熟, の写真, の床入, の御, の縁, は座, も無論, を眺め

▼ 花嫁として~ (9, 0.8%)

2 晒されると 1 この新居, やるならば, 一番やくざ者の, 他家へ, 彼の, 浜地と, 輿入れなさる

▼ 花嫁である~ (8, 0.7%)

2 身分も 1 が肝腎, ことの, という, 万国女の, 家付きの, 彼女が

▼ 花嫁~ (5, 0.5%)

3 一回参照 1 八回参照, 四回参照

▼ 花嫁~ (4, 0.4%)

2 あつた 1 爺さんは, 耻かしい

▼ 花嫁には~ (4, 0.4%)

1 きっと相当, 幸に, 海坊主の, 目を

▼ 花嫁~ (4, 0.4%)

1 この父, 新家庭, 素朴そうな, 花婿の

▼ 花嫁学校~ (4, 0.4%)

1 と云う, にはいり, にも役立てましょう, のよう

▼ 花嫁~ (4, 0.4%)

1 が坐り直す, の付添, の席, の親類

▼ 花嫁~ (3, 0.3%)

1 君の, 樂さんの, 艶に

▼ 花嫁~ (3, 0.3%)

1 がたな, がたの, がたは

▼ 花嫁たち~ (3, 0.3%)

1 の大群, は七荷, や若い

▼ 花嫁でも~ (3, 0.3%)

1 来るよう, 盗みに, 迎える騒ぎ

▼ 花嫁とは~ (3, 0.3%)

2 客たちより 1 何といふ

▼ 花嫁~ (3, 0.3%)

1 さがすべ, という事, をお

▼ 花嫁から~ (2, 0.2%)

2 手を

▼ 花嫁~ (2, 0.2%)

1 つて, なんて失礼

▼ 花嫁だった~ (2, 0.2%)

1 のです, ので筑摩家

▼ 花嫁とも~ (2, 0.2%)

1 交際を, 有らゆる

▼ 花嫁にも~ (2, 0.2%)

1 さっぱり期待, 時々目

▼ 花嫁候補~ (2, 0.2%)

1 としていよ, の資格

▼ 花嫁候補者~ (2, 0.2%)

1 の親, を推薦

▼ 花嫁~ (2, 0.2%)

1 と一緒, に仕事

▼ 花嫁~ (2, 0.2%)

1 の行く, を見る

▼ 花嫁殺し~ (2, 0.2%)

1 の下手人, の犯人

▼ 花嫁殺し迷宮~ (2, 0.2%)

2 に入る

▼ 花嫁花聟~ (2, 0.2%)

1 が恥じらわし, を見立て

▼ 花嫁衣裝~ (2, 0.2%)

1 の胸, もその

▼ 花嫁衣裳~ (2, 0.2%)

1 だ, を被いた

▼ 花嫁誘拐~ (2, 0.2%)

2 の手口

▼ 花嫁踏み砕かれた~ (2, 0.2%)

2 花束の

▼ 花嫁銀子~ (2, 0.2%)

1 にも傷, の肉体

▼1* [90件]

花嫁いや待って, 花嫁かはまだよく顏, 花嫁からの土産であった, 花嫁ごつこの飯事, 花嫁ごと父親らしいの, 花嫁ごと膝をならべず, 花嫁さんあたしと一しょ, 花嫁そっくりだ, 花嫁それが自分, 花嫁たることによって, 花嫁たるべき美人の, 花嫁だのヘルソン県下の, 花嫁だらうな, 花嫁でないと云, 花嫁ではなかった, 花嫁というのだ, 花嫁といふ表現派の, 花嫁としての涙を, 花嫁としては大姑, 花嫁とに親子の, 花嫁との杯事が, 花嫁とやらのいやらしい役, 花嫁とをこの江漢, 花嫁誰と, 花嫁などに気が, 花嫁なる人を, 花嫁なんぞ持つてや, 花嫁につきそつて, 花嫁にとって浴槽ほど, 花嫁にまで及んだこと, 花嫁に対して何か, 花嫁に対するおためごかしの, 花嫁に従いそうして花聟, 花嫁はともおかたと, 花嫁はにこ, 花嫁ばかりであった, 花嫁ふうの女, 花嫁ぶりの商い, 花嫁手を, 花嫁への祝いことばほめ, 花嫁まるきり違いし家風, 花嫁みたいな白, 花嫁めがけて一斉, 花嫁けむりの, 花嫁よりも人界に, 花嫁を取り, 花嫁らしい髪を, 花嫁ロザマンド・オリヴァの足下, 花嫁嫁御女中おんばみなそれぞれの, 花嫁中嫁とおんば, 花嫁中腰になっ, 花嫁人形のやう, 花嫁お二人, 花嫁入水前後のくだり, 花嫁入水老婆呪詛のあまり, 花嫁化粧は半面血潮, 花嫁化粧念入りに仕上げた, 花嫁失踪事件にその, 花嫁姿緋縮緬が血, 花嫁婆さんを見付けた, 花嫁媒介人ならびに送迎人ら, 花嫁の顔, 花嫁専門の不思議, 花嫁成牝らは来る, 花嫁探しだの愛国行進曲競争, 花嫁に花嫁, 花嫁時代それからだ, 花嫁来るよ月, 花嫁殺し事件も吾輩一人, 花嫁浪人秋山佐仲の娘, 花嫁にはいり, 花嫁着物だった, 花嫁のところ, 花嫁を出, 花嫁糸子さんばんざーい, 花嫁自身も手, 花嫁自身髪結の家, 花嫁は出しました, 花嫁花婿姿がポーッ, 花嫁花婿欄に気, 花嫁葡萄園驢馬などを利用, 花嫁行列について來, 花嫁衣袋を碧血, 花嫁衣裳角隠しはさすが, 花嫁道具の番, 花嫁が新しい, 花嫁をされ, 花嫁風俗を描いた, 花嫁馬車の中, 花嫁騒動がいつも