青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「芝居~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

色~ ~色々 色々~ ~色彩 色彩~ ~艶 艶~ 芋~ 芝~ ~芝居
芝居~
芝生~ 芥川~ 芭蕉~ ~花 花~ 花嫁~ 芳~ ~芸 芸~ 芸妓~

「芝居~」 8498, 88ppm, 1261位

▼ 芝居~ (1822, 21.4%)

24 ような 21 話を 20 方で 19 世の中 13 ことを, 中で 12 ように, 切符を 11 方は 9 ために, 好きな 8 中に, 中の, 書割の, 真似を 7 やうな, やうに, 方の 6 ようだ, 幕が, 方が, 方に, 科白を, 舞台で 5 ことで, せりふを, 事を, 方へ, 書割りの, 道具を

4 [15件] ことについて, ようで, 中では, 人形の, 子役の, 帰りに, 広告を, 方を, 書き割り, 歴史を, 番附を, 稽古を, 筋を, 興行を, 話や

3 [32件] ことに, ことは, せりふの, なかで, ほかに, 一座に, 下座で, 世界で, 世界に, 世界の, 中でも, 俳優の, 役者を, 批評を, 方も, 書割を, 楽屋で, 歌を, 正本という, 殿様が, 眞似, 社会といふ, 筋書を, 舞台に, 舞台の, 色子の, 見物は, 話が, 話など, 話などを, 閉場る, 面白さ

2 [126件] お稽古, お話を, たまの, ときに, どこが, なかの, はねるの, ほうの, ほうを, やうだ, ようです, ようなれ, セリフじみ, プログラムばかりが, 一座が, 上の, 上手な, 世界とは, 中は, 事ばかり, 二枚目の, 二番目ものなどで, 人殺しの, 仕事を, 仙台様が, 仮名で, 伝統と, 俳優を, 先代萩には, 八百屋お七は, 切符の, 初めの, 初日を, 前に, 前には, 前の, 劇中人物に, 勉強しよう, 勉強を, 化粧部屋に, 口調で, 台詞がかった, 台詞に, 味を, 喧嘩の, 噂が, 噂などが, 噂やら, 噂を, 噂話をでも, 場合は, 外に, 大道具の, 女の, 女形を, 如きもの, 幕の, 幽霊に, 広告が, 広告の, 座頭の, 役, 役者の, 御腰元, 或る, 改良は, 方から, 方からは, 方じゃあ, 時の, 書割に, 最中に, 本家や, 本当の, 楽屋に, 楽屋の, 楽屋へ, 様に, 歴史に, 消息を, 番附という, 真似事でも, 真似事を, 科白の, 稽古だ, 立見へ, 第一幕, 第三幕目, 第二幕目, 筋なんか, 筋の, 筋や, 筋立ては, 終りに, 絵看板を, 美しさ, 背景の, 脚本を, 興行が, 舞台を, 舞台をば, 色子にも, 花道で, 見物, 見物では, 見物に, 見物よりも, 親方は, 評を, 話, 話だ, 話に, 話の, 話へ, 途中で, 道具は, 道具方の, 道具方は, 道具立の, 道行を, 邪魔に, 都合を, 金主し, 雪の, 順序を, 鳶の者が

1 [1132件 抜粋] あいだだけは, あったの, あひだ, あること, ある場所, ある種, いきが, うちかけで, うまいこと, うまい者, おけいこば, おさらえ, おもしろさ, お供は, お化粧なぞ, お礼か, お話など, お醫者さん, かかった事, かける人, ぐろてすく味と, こういう美し, こといろんな, ことしか, ことである, ことなんか, ことについては, ことまとめに, ことや, こぼれを, ごとく思って, しいい, すじでは, すむまでに, せりふは, せりふもどきです, その唄, ただみ, だんまりや, ちらしよ, つもりだ, できない詩人, とこが, とこを, どんでんがえしの, ない日, なかも, はてるまで, はねる十一時, はやしの, は嫌ひだ, びらに, ほうで, まねきの, みじかい歴史, ものを, やうだつた, やうぢや, やられ方, ようだろう, よしあしは, わからぬ人, わかる人, シーズンが, スター秋月桂太郎を, セリフとして, セリフみたいな, セリ出しの, チョボの, トリック化黄表紙文学あぶな, ハネから, ビラなどを, プランを, プログラムの, 一けん, 一つで, 一に, 一ばん大切な, 一場面が, 一幕が, 一幕を, 一座を, 一番終りの, 三崎座それの, 三氏こんな, 上では, 上手下手が, 上手下手の, 上演目録に対して, 上臈が, 下座の, 下手な, 世の中は, 世界にも, 中どころ以下が, 中において, 中にも, 中村富十郎の, 丸橋忠弥見たい, 主人公は, 主役を, 事について, 事や, 二枚目だけ, 二番目もので, 人たちに, 人形よりも, 人心を, 人物かの, 人物に, 人物の, 仁木弾正か, 仕出しなみ, 仕出し夥しい, 仕来りを, 仕舞に, 仕草や, 仲の町の, 仲間は, 伝統から, 佐内さんと, 何ものである, 作用という, 作者だ, 価値を, 俳優について, 値打は, 傍観者の, 傾城の, 元祖で, 兒雷也の, 入山形段々, 八百蔵が, 公演の, 六方である, 六法は, 内容も, 写真が, 出方か, 出来る, 出現, 切符かい, 切符とが, 切符なんか, 切符買いで, 初日が, 初日という, 初日も, 初演の, 制約は, 前へ, 前売切符を, 助けを, 勉強し, 勧進元に, 区別が, 千代萩の, 卑しさ, 印象と, 原始的な, 厭世家みたいに, 古譚, 台詞である, 台詞にも, 台詞は, 各部分, 名人じゃ, 名人で, 名残りなる, 含んで, 咄し, 善悪くらいは, 喧嘩を, 噂などを, 噂吉原の, 噂話を, 囃しと, 因習の, 団十郎である, 国へ, 土間で, 土間位の, 地盤も, 型だ, 垢離場の, 基礎も, 場の, 場合なら, 場所を, 場面の, 売物に, 変り目には, 夢を, 大入りつづき, 大立者に, 大詰めって, 大道具方, 太夫かい, 太夫元と, 太鼓も, 奈落みたいな, 女おくつき, 女優を, 女形其に, 女王たるに, 好な, 如きは, 如く連作小説, 始まる前, 始まる迄, 姫君の, 子役です, 定型に, 定連, 実際方面, 客ばかり, 寂しさ, 寄太鼓を, 専門家でも, 小屋が, 小屋は, 小道具の, 小道屋の, 山口定雄一座市村座に, 巡禮を, 帰りには, 帰り道に, 帰途にも, 常道に, 幕は, 幕間の, 平い, 幽霊の, 序幕だ, 座が, 座員には, 座本と, 座頭か, 座頭とを, 座頭を, 廊下は, 建具に, 弁天小僧の, 弁当に, 弁慶で, 引幕は, 形に, 形情を, 役の, 役柄の, 役者, 役者と, 役者は, 役者や, 役者等は, 後, 後始末で, 御殿の, 復活, 徳操は, 忠臣蔵も, 性格描写と, 恋に, 悪侍, 悪役の, 悪者の, 意休を, 成功の, 戯単である, 所作事と, 所作事にまで, 打ち合せ, 批評は, 技術といふ, 拙いの, 拵へ, 揚幕の, 政岡も, 斬合いより, 新派の, 方じゃ, 方と, 方には, 方面では, 方面は, 旅の, 日本娘に, 時もさうだった, 時代は, 時間も, 景気の, 景気幟が, 景色を, 書きわり, 書割にも, 書割より, 書割りよりも, 書割然, 最中とんだ, 月の, 期節である, 木戸留で, 本を, 本文は, 板番付が, 格闘を, 桟敷だ, 桟敷に, 桟敷も, 楽の, 楽屋などにも, 楽屋へも, 様です, 樣な, 横行が, 機運は, 櫓を, 歌が, 正義という, 歴史といふ, 歴史始まつ, 死骸な, 殺し場の, 殿様の, 比では, 沛公の, 波である, 流行熱も, 源之助などの, 演出を, 演出法として, 演技に, 濡れ場に, 為に, 爛熟期, 特徴で, 特質と, 狂言などでも, 玉手や, 現代性は, 町そっくり, 番付が, 番附だけは, 発展に, 発生を, 登場人物な, 盛な, 看客は, 看板の, 真似でも, 真似とを, 真似なんて, 真似事の, 真最中で, 矢来を, 研究会には, 社会で, 社会には, 神様の, 神様を, 科白が, 種も, 種類によって, 稽古が, 稽古でも, 稽古に, 空前の, 空気と, 立, 立ち見を, 立見くらいの, 立見やら, 立見場一幕見, 第一印象, 第二回, 筋だけは, 筋などは, 筋には, 筋書が, 筋書だけは, 筋書どおりであった, 篠きこ, 約束による, 紋切り型で, 純粋な, 終ったの, 終るころ, 絵でも, 絵看板また, 總見や, 繪比羅に, 美は, 義経千本桜では, 習慣を, 考へて, 者共が, 背景は, 背景師の, 背景見たい, 脇道具で, 臭味である, 與一兵衞の, 興業の, 興行と, 興行も, 興行成績は, 舞台から, 舞台ぐらいの, 舞台としか, 舞台は, 舞台稽古の, 舞台裏で, 舞台面には, 舞台面を, 舞臺で, 舞臺面は, 色子や, 色子見たい, 色彩と, 色男以上には, 芝居の, 花形は, 花道に, 芸という, 芸題など, 芸題は, 芽な, 草双紙とは, 落ち目に, 蓋を, 行き方, 術語の, 衣装を, 衣装部屋の, 衣裳を, 衣裳方だった, 衣裳部屋の, 表に, 裸体問題, 要素として, 見物でも, 見物どき, 見物や, 見物席です, 観客, 観客や, 解る人間, 言葉である, 言葉にも, 記念を, 許可といふ, 評判を, 試演の, 話しで, 話である, 話といふ, 話などが, 話も, 話コレラの, 話花柳界の, 謀反人の, 責めを, 責場が, 賑いが我慢の, 起こること, 趣味を, 身振, 軒も, 通りだ, 通りよ, 通識に対して, 進むにつれて, 道が, 道に, 道具係り見たい, 道具立を, 遠い三味線, 部分を, 重要性が, 錦祥女には, 閉ねた, 開祖なり, 間みのるが, 関係者が, 難儀も, 雰囲気が, 電光の, 面白味の, 面貌を, 韮畑, 領域では, 題目さえも, 類には, 飲食物, 鬘に, 鳴り物が, 鳴物が, 鳴物のみ, 黄金時代に, 鼓賊伝ところで

▼ 芝居~ (1536, 18.1%)

86 見て 81 して 63 見に 35 観に 26 やって 24 観て 13 打って, 書いて, 見せて 11 するの, 見物する 10 やつて, 見るの 9 見たこと, 見ても, 見ると, 見物し 8 させて, する, 見た, 見たり 7 やるの, 見たの 6 演じて, 興行し, 見ること, 見物した 5 打つこと, 興行した, 見ながら, 見物に, 観る

4 [15件] うって, うつて, すると, するもの, 勉強し, 打ったの, 打つて, 書いたの, 書くこと, 書くと, 演じること, 演る, 興行, 見たという, 見るよう

3 [28件] した, したが, しながら, しなければ, すること, するん, みて, みると, やつた, やらうと, やる, やるという, やる場合, 出てから, 御覧に, 打つの, 打とうと, 持つて, 書くの, 看に, 看る, 知って, 見たが, 見てから, 見る事, 観ない, 観ると, 観るの

2 [83件] あけて, うたざるを, うたなければ, うつん, お手本に, させるの, したこと, したの, したり, しないで, しはじめるの, しや, しようと, し芝居, するという, するとき, するなよ, するわけ, する奴, する気, せずば, つ, はじめたの, ひろげて, みせて, みたり, やった, やらせて, やりたまえ, やりながら, やり始めた, やること, やるといふ, やれば, 上演し, 上演した, 上演する, 休んで, 作って, 催して, 出て, 吹聴し, 始めるの, 専門に, 巡業する, 平気で, 打たなければ, 打ちたいはらだが, 打つたの, 打つたん, 書き前, 書くため, 書こうと, 最後迄, 演じた, 演ずるの, 演って, 演つた, 演りたく, 痛罵した阿, 続けて, 見ずに, 見せようと, 見せられて, 見たいと, 見たん, 見ては, 見る, 見るという, 見るにも, 見るのに, 見るヒマ, 見る時, 見慣れた代, 観た, 観たの, 観た時, 観ないと, 觀て, 觀に, 遺身, 非常に, 面白がる

1 [699件 抜粋] あいつと, あきらめない訳, あすこに, あそこまで, いくら良い, いたします, いつでも, うたなくちや, うったの, うつぜ, うつたこと, うつたんぢ, うつに, うつ前, うまく運んだ, うろつき回って, おかしがっ, おごろう, おなじ作者, おぼろげながら, お前さんに, お手本として, かくという, かく事, かばって, きく座談会, くり返して, こっそりやっ, こなして, ご覧に, さう好まぬと, させようと, させられて, させるという, さへ, しかけて, しくさっとる, しくんで, しこなす自信, したがらないところ, したがる, したがるの, したくなるもの, しただけ, しただらう, したって, したものぢ, したん, したマイク, した人, した当年, してさえ, しては, してまでも, してやらう面白い, してる時, しとる, しなくては, しに, しばしば見物, しまして, しましょう, しまつ, しようかと, しようといふ, し過ぎて, し過ぎる, し過ぎるよう, するいかん, するか, するため, するだけに, するつもり, するであろうと, するな, するならば, するには, するほか, するほどの, するやう, するより, する事, する夫, する宣伝屋, する役者, する本体, する氣, すれば, せよと, そっちのけに, そのままという, そんなこと, たくらむやう, たくらんで, たびたび観た, ちょうど幸い, つとめる気, とおして, ときどき見, どうにか打ちつづけ, なかなかよく見られる, ながめて, なさつて, なさるの, なされても, なすったそう, なすったの, なんとかし, ぬけるという, ねだられてを, のぞき文字通り支那群衆, のぞけば, はじめると, はじめ各, ふくらみの, まともに, まんまと仕こなす, みたの, みても, みなければ, みるとき, みるの, みるよう, みる時, めちゃ, もう少しどうかしたい, もちたい, もつて, やったかも, やったところ, やったわけ, やった事, やつたり, やつてる, やめて, やらされると, やらずに, やらせるの, やらないこと, やりすぎた, やりたがりや, やり出そうとは, やるだろう, やるもの, やるらしい, やる役者, やる必要, やる抔, やる気には, やる決心, やる男, やれと, やろうじゃ, よくわからせる, よく見て, よして, よりよき, よろこんで, ブチこは, モットモット一生懸命で, 一つお, 一と, 一切見物しない, 一幕さし加える, 一度きり見られなかった, 一日見物し, 一時間ほど, 一生涯手に, 一見す, 一途に, 三日間興行す, 上演中の, 不振に, 中止し, 中止しない, 事新らしく観せられる, 二度と見る, 五等席から, 人生ほど, 今もつ, 仕組んだの, 仕組んだん, 仕組んだ作者, 他の, 代表する, 休みも, 休む, 休むこと, 何んと, 作ったの, 作り上げなければ, 作り出さう現代, 作り出したいと, 作るん, 作ろうなんて, 催したり, 催した時, 催し藩士, 催すか, 催すの, 兄には, 公園の, 其儘採入れ, 出そうと, 出たの, 初めて見物, 初める, 利用した, 創り出すといふ, 勉強する, 十八日まで, 千駄ヶ谷の, 又も, 同時に発達, 味わおうという, 唯見, 喜んで, 団体で, 売物, 外国人の, 多く見, 夢見て, 大衆の, 奢って, 奢らせられる段取り, 好きな, 好き勝手に, 好まないか, 好み交際, 好む気持, 妨害に, 始めて, 始めようという, 実地に, 実見し, 少しでも, 少年が, 少年少女の, 巧みに, 年甲斐も, 引合いに, 役に, 後援し, 御見物, 御覧にな, 必要と, 忘れたひととき, 忘れて, 思いついたの, 思い付いたの, 思い付いて, 思い出して, 思ひださせる場面, 怠っては, 想像し, 愛しある程度, 感づかれると, 打たして, 打たに, 打たにゃ, 打たれ楽しみ, 打ちとおしたの, 打ち揚げてから, 打った, 打ったが, 打ったこと, 打ったり, 打ったわけ, 打ったネ, 打った三吉, 打った女, 打つた徳川家康, 打つぢ, 打つといふ, 打つなんか, 打つよう, 打てさえ, 打とうという, 打上げた一座, 批判する, 承知し, 拵えたの, 拵へ, 掛持で, 措いては, 撮り九時すぎアガリ, 操ること, 改革する, 救うため, 新らしくする, 日本に, 明けること, 書いた一事業家, 書かうと, 書かうとは, 書かねば, 書きました, 書くという, 書く意志, 書く態度そのもの, 書く見込み, 本でも, 本当らしくする, 案内させましょう, 案内しよう, 案内する, 楽しみに, 楽しむという, 楽屋から, 歌舞伎座で, 歌舞伎座に, 残して, 求めて, 沢山見, 渡りある, 演じおおせなくては, 演じたため, 演じたという, 演じたわけ, 演じた例, 演じた真正, 演じなければ, 演じねば, 演じも, 演じようという, 演じるこれ, 演じる子供, 演じる時, 演じ得る様, 演ずると, 演ずる事, 演ずる料理人, 演ぜられ, 演つ, 演つてゐる, 演つて見た, 炉の, 狩り催して, 理解する, 生かすん, 生きて, 番頭たちが, 発見する, 眞に, 真実に, 眺め, 知らないこと, 知らない活動, 知らんから, 知り小, 知る人たち, 研究する, 禁じたこと, 秀吉に, 種々な, 第一幕, 終へ, 組織した, 続けた, 続演すべき, 総称し, 考え出したの, 考へたの, 聴きに, 自分たちの, 自分で, 致します, 興行させた, 興行す, 舞台に, 舞台の, 芝居画を, 薄っぺらに, 虚心坦懐に, 行つ, 褒められて, 見ざれば, 見せたいん, 見せたい心, 見せたもの, 見せた時, 見せられたよう, 見せられた様, 見せられるから, 見せられるの, 見せられる羽目, 見せるかと, 見せること, 見せるため, 見せるという, 見せるの, 見せる段取り, 見たあと, 見たいこと, 見たいの, 見たから, 見たくて, 見たため, 見たつて, 見たところ, 見たもの, 見たら当時, 見たら直ぐ, 見た事, 見た娘, 見た子供たち, 見た時分, 見た晩, 見た翌々日, 見つくしたと, 見つつ, 見ないが, 見ないで, 見ないといふ, 見ない人間, 見なかった若い, 見なさ過ぎる, 見なにがし, 見はじめたらしいの, 見ましたから, 見ましたが, 見ますと, 見よう, 見ようて, 見ようという, 見るあの, 見るぐらいが, 見るつもり, 見るでも, 見るとき, 見るには, 見るよりも, 見るわけ, 見る人間, 見る如く追, 見る姉さん, 見る楽しみ, 見る様, 見る気, 見れば, 見乍ら, 見度, 見廻つて, 見得るか, 見映画, 見歩いたり, 見物しよう, 見物中は, 見酒, 覗いたが, 覗いたこと, 覗く連中, 覯て, 観せるため, 観たかと, 観ただけ, 観た印象, 観た夜, 観た験, 観てからと, 観ないため, 観ない人間, 観なければ, 観にも, 観ましたか, 観も, 観ようと, 観ること, 観るよう, 観る予定, 観る人, 観る処, 観る楽, 観る楽しみ, 観る者, 観る費用, 観俳優, 觀た, 觀たつ, 觀る, 觀角力の, 計画した, 語るの, 説いたついで, 豊楽に, 買取つて座主興行主兼作者として, 踏みたるを, 途中から, 通しで, 運んだだけ, 運んで, 道楽に, 遠見し, 遣て, 金を, 限りとして, 除いては, 面白がっ, 面白くする, 音楽を

▼ 芝居~ (549, 6.5%)

3 出来ない, 関ヶ原の

2 [32件] さう, それから, それで, まだだ, めちゃめちゃに, 一つも, 一切よし, 何う, 凡て琉球の, 出来ません, 半額の, 固より, 大抵小幡小平次, 好きだ, 子供の, 少なからず, 幕間に, 情け容赦が, 日本の, 昔から, 書けないもの, 止すが, 止せ, 殺し場などに, 滅多に, 芝居らしく, 見て, 観て, 言葉が, 非常に, 面白かった, 順序よくいつ

1 [479件] あいて, あかねえから, あまり好き, あまり好く, あまり気, あやつりも, ありません, ありませんでした, あれは, いかん, いっそ休もう, いつたいに, いつも月一杯, いまだにらち, いや朗読劇, いよいよ本当, いよいよ繁昌, いろ, いろいろの, うまいもの, うまい物, うまくなかった, うまく行っ, えてして長い, おそく始まっ, おぢ, おれが, おわりに, お嫌, お嫌い, お手, お独り, お芝居, かういふ観方, きっと大当り, きらいだ, こうでなけれ, ここ二三十年来どこの, このまま, この三つ, これからで, これでは, ごめんです, させて, さんざんな, しないのよ, しにくい, すこしこの, すてきだった, すべて女役者のみで, すんだの, ずいぶん見ました, そうで, その, そのチヨン, その一行, その後も, その時, それとは, そんなに見ない, たいした問題, たくさんだ, たくさんです, たしかに舞台, ただもう, だいぶ前, だその, だんだん椅子風, ちっとむずかしかろ, ちんこ芝居と, ついてまわる, つく, つまらないと, できず従つて, できない, できないという, できやしないだろう, できん, とてもよかっ, とにかくこの, とにかく人, ともかくも, どういう筋だい, どういう脚色, どうだい, どうであろう, どうです, どうでも, どうなるであろう, どうにも仕方, どうも子供, どうも時間, どうやった, どうやら息つき, どこが, どこでも, どこやら, どちらも, どの辺, どんな筋, ない, ないかという, ないかね, ないから, ないだらうと, ないで, ない理非, なかった, なかなか景気, なかなか生れ, なし展覧会, なによりも, へらへら役者, まああの, ます, ますます大入り, みごとに, みんなそうだ, みんな観, むしろ主人公, むろん筋, めちゃめちゃと, めでたくまい納めた, もうお, もうやめる, もう三分の一, もう三幕, もう倦, もう数十年前, もう澤山, もう見られなくなった, もう開い, もし上演, もちろん滅茶, もはやいま, もはや見, やはり博士, やはり相当, やめちま, やめて, やめろ, やれば, よくなる, よしたまえ, よほどうまく, わたしも, わやに, アメリカで, タユー, トックに, ハネました, パリーの, ピンから, フランスが, ベタ, マア芝居として, マチネーのみ, マレー俳優の, モスクワに, 一々ここ, 一度ぐらい, 一日も, 一杯かい, 一生の, 一生見ない, 一番いい, 一軒も, 七分通りわ, 七時半から, 三代目瀬川如皐の, 三十五銭だ, 三十年後戻りした, 三日續けて, 上手だ, 上海以来度たび覗い, 上首尾で, 下手つ, 下手という, 不出来だった, 中, 二人の, 二十八日とも, 二十分かからない, 人生よりも, 人間の, 今日まで, 今殆ど松竹と, 仏蘭西も, 仕事の, 仮りに, 休まずと, 休みなし, 何しろあんまり大きい, 何という, 何の, 何やら物々しく, 何処で, 何日の, 何時開く, 何處でも, 余り見ない, 余興といふ, 例えば清玄, 例へば清玄, 例外である, 信吉にとっては, 元来別物である, 入り七分弱, 入費が, 全くここ, 全く彼, 全体として, 兩國の, 其後非常な, 出るなと, 出雲で, 分らないが, 刎が, 初まった, 初まつ, 別問題, 前もって大体頭, 割合に, 割合楽, 助六, 労働組合手帖で, 労働者の, 勿論大好き, 勿論新派, 勿論活動写真, 十二銭で, 十五時間を, 午前九時開場狂言は, 午前八時から, 単に寄席, 厭だ, 古いもの, 只今で, 合邦ヶ辻と, 君たちが, 君の, 單純に, 噂の, 四座あっ, 土地に, 型の, 塀の, 声が, 夏に, 夕方に, 外観には, 多くの, 大きかった, 大した景気, 大てい晩, 大丈夫, 大体三種類に, 大入に, 大入りという, 大入りよりも, 大劇場, 大当りそうして, 大抵変り目毎, 大抵大晦日, 大抵満員, 失敗に, 女史の, 女形の, 女役者だ, 女役者の, 好きか, 好きで, 如何に完璧, 妙に, 始まって, 始められるの, 嫌に, 嫌ひ, 嫌ひだ角力の, 嫌ひでも, 嫩軍記に, 子供だまし, 子供等にも, 宗教劇には, 実に, 家では, 寒いほど, 少々憚, 岡の, 常に使い手, 常住不断に, 幕を, 幕数が, 幕間が, 当ってると, 役者が, 役者の, 彼の, 彼ひとりで, 彼らの, 彼を, 彼等の, 御嫌い, 御嫌ひで, 御法度だ, 心を, 忽ちにその, 忽ち報い, 急行, 意味を, 愚かな, 懲り懲りだ, 成程, 戦争後殆ど, 戯曲の, 打てない, 打てないわけ, 打てませんねえ, 打てるで, 打出しても, 折角その, 教育界の, 斎入, 新たな, 新劇とは, 新狂言, 新鮮な, 日本などで, 日没から, 旧劇を, 旧派と, 旧藩時代には, 旨く当たる, 早晩滅びる, 是から, 暑すぎた, 更めて, 書きたくないと, 書けないと, 書けないといふ, 書生役者に, 最初から, 朝から, 朝六時に, 木戸を, 本を, 根底から, 案外簡単, 棧敷でなけれ, 極つて不入, 極端な, 楽しまうとしても, 概して, 次第に佳境, 歌舞伎でも, 歌舞伎と, 歌舞伎も, 歌舞伎劇や, 止めようじゃァ, 此頃何かの, 死骸の, 殆ん, 毎日売り切れだった, 毎日大入りの, 気が, 気に, 気にいりますか, 江戸に, 決して珍, 泣かせるでしょう, 浅草山の, 海老蔵だけが, 済んで, 湯殿が, 澤山だ, 濟んでしまつた, 炎暑で, 無い, 無論上, 無闇に, 無駄骨折り, 焼けて, 父と, 父の, 片手で, 特に日延べ, 特等一円だ, 独自の, 現在の, 現在日本で, 皆んな人に, 益々上達, 目学問と, 直き, 相当よく分り, 県の, 眼に, 私と, 私の, 私は, 種切れで, 突如と, 立行かない, 笑ひ, 筋が, 築地の, 簡単屁の, 精神的の, 終ったの, 終って, 終つた, 終りと, 終るという, 続けて, 続けられた, 纏まったが, 義理によ, 脚本の, 至極あまい, 興行せられず, 舞台の, 舞台を, 舞踊が, 芝居じゃ, 芝居だ, 芸容を, 苦手だ, 華やかに, 藪入りの, 蘇州でも, 衰へ, 衰へて, 西の宮, 西洋の, 要らんの, 見たいもの, 見ても, 見なくちゃ, 見に, 見はじめて, 見られないで, 見られなくな, 見るに, 見るの, 見るもの, 見る気, 見料は, 見物を, 見飽きちゃったのよ, 覗きも, 観に, 観られないの, 観る方, 訓練された, 評判が, 詞が, 誂向き, 象や, 進行し, 遂に當, 道化手踊という, 重吉の, 野卑で, 野外で, 閉場が, 随分世界, 随分舞台, 雁治郎でも, 離れない因縁, 青の, 面白いには, 面白きもの, 面白くない, 面白くなかつた, 面白くなくなった, 面白くなる, 駄目だ, 駄目です, 鴈治郎料理は

▼ 芝居~ (534, 6.3%)

7 かつた, はねて 6 好きな 5 えりの, かって, 好きだ 4 あった, ある, かかって, 好きで 3 あつた, お好き, はじまる, はねてから, はねると, 一つの, 出来ない, 行われつつ, 非常に

2 [26件] あって, あつたら, うま過ぎた, かかった, ございました, すむと, ないので, はねたの, やれるの, 亦私, 何うし, 初まら, 初まる, 必要だった, 打てましょうぞ, 来ると, 殆ん, 済んで, 演じられようとは, 演られる, 終ってから, 終ると, 西洋の, 観られるという, 軒を, 閉ね

1 [404件] あったが, あった時, あってね, あっても, あつて, あつて金さん結局切腹, ありことに, ありました, あります, ありも, あり人形芝居, あり新聞, あるかと, あるが, あるぞ, あるぢ, あると, ある由, ある群集, あんまり複雑, いいじゃ, いい芝居, いかにし, いったい古い, うちきれないで, うてると, うまい, うまいの, うまいので, うまいのねえ, うまいよう, うまい三拍子, うまくなる, うまく目的, おじょうず, おそくなったら, おもしろかった, お上手, お終い, お芝居, かかった事, かかった折, かかると, かって云う, かつての, かる様, きたと, ぐつと面白く, げすな, この二つ, こはれ, こわくて, こんなに面白い, ございましたの, さうし, さうである如く監督, したいと, したいの, したかった, して, しにくい, しやすい, し足り無え, すきだ, すきで, すぎるよう, すこしヒット, すすむにつれ, すっかり当っちまいました, すっかり板, すなわちそれ, すんだ時, そのまま生き, その様式, それほど立派, それを, そんなに面白い, だんだん芽, だんだん進展, ちょうど祇園, ついて, つき替ったの, つづいて, つまらないせい, つまらないの, つまらないん, でえ, できそう, できないたとへ, できないよう, できなかつた, できなくなり, できるの, できるもの, とうてい人形, とかく世間, どういう順序, どういう風, どうした, どうと, どうなっ, どのくらい, どれだけ, どれも, どれ程までに, ない, ないと, なぜ儲からなかった, はじまったと, はじまって, はじまつて, はじまりましたが, はじまるか, はじまるの, はじまるよ, はじまろうと, はねかけて, はねた, はねたその, はねたら聖女ツェツィリヤ, はねた後, はねてからの, はねでも, はねないうち, ばたばたば, ばれて, ぶちこはれて, へりの, ほしいさ, またいかにも, まだ生れない, めちゃめちゃに, もつて, やはりそれ, やりたいん, やりたくなる事, やれなくなりますから, やれぬと, よい芝居, よからう, よろこばれ要求, らくになる, わからないの, わからぬから, わかるか, わかると, わやに, ガラ空き, ハネてから, ハネる, ヨーロッパの, 一九三, 一向につまらなく, 一層本当, 一度昼神楽が, 一番好きだ, 万事と, 三座あり, 上手だ, 上手な, 上演される, 上演せられ, 下品に, 下手い, 下手だ, 下落した, 不思議な, 世に容れられない, 中村座に, 中途で, 丸札を, 了ね, 二つあつ, 亡くなつた兄さん, 人心を, 今ほん, 今日ある, 仏蘭西語の, 仕にくく, 仕足りない, 仮に, 休みで, 何の, 何より好き, 余り巧み過ぎる, 催されたり, 入るの, 全体として, 全部さ, 公演される, 円満に, 出た, 出て, 出来ずた, 出来ず小道具, 出来ないと, 出来ないという, 出来ないとまで, 出来ないの, 出来ねえ, 出来るか, 出来るであらうか, 出来るので, 出来上がるまで, 出来上って, 刎ねる, 初まってる, 初めての, 判って, 到達しなかつた, 割合に, 十分東京の, 半分博奕が, 同じ民族, 問題では, 図にあたって, 圧され勝, 夏休みの, 外国で, 多くの, 夜を, 大あたり, 大きくなっ, 大事だ, 大体そうなつ, 大好きで, 大層上手, 天保十一年の, 好きだつた, 好きであった, 好きであり, 好きでない, 好きという, 好きに, 始って, 始まった, 始まったと, 始まらぬうち, 始まりました, 始まりますと, 始まりますよ, 始まる, 始まること, 始まるだらうよ, 始まるだろうよ, 始めて, 媒介の, 嫌いな, 存在し, 学校や, 安過ぎる, 実社会から, 対話から, 小さく理屈, 巡業し, 巧く, 常に白, 建ったが, 待ち遠しくて, 必ずしも芸術的, 恋しい, 恐ろしい勢い, 成立する, 我々には, 戯曲家と, 打たれた, 打てそう, 打てたかと, 打てたの, 打てよう, 打てるもん, 掛りましたぞ, 揃って, 文学の, 新派と, 明きますから, 明くという, 昔から, 時間の, 更に面白く, 書いて, 書きたい, 書生芝居に, 有ます, 有ります, 村にか, 来て, 板について, 栄えて, 栄える, 格が, 案外好, 楽しませながら, 楽に, 次の, 欧洲大陸に, 歌舞伎の, 歌舞伎新派といふ, 止み間, 比較的少ない, 求められて, 海土蔵様を, 深刻な, 淺草へ, 清水にも, 済みます少し, 済むと, 済んだらあと, 済んだ時, 済んでから, 滅多に, 演じて, 演じられたこと, 演ぜられたわけ, 演ぜられた時, 演ぜられて, 演ぜられる, 演にくく, 濟むと大入の, 無いと, 無くなり渡辺, 無事に, 無数に, 猿若町から, 現在あんなに, 現在の, 現実の, 理想的な, 生れないの, 生理的享楽の, 用意せられる, 町の, 町を, 留守に, 発達し, 発達した, 盛り上らず結局, 盛んに, 相当に, 真に迫つて, 真情的な, 立つ, 終ったとき, 終ります頃, 終り写真, 終り次, 終るころ, 終るまえから, 続くだらうし, 繁昌を, 考へられて, 耳を, 興行中であるらしく, 芝居でなくなる, 芝居に, 蓋を, 行は, 行はれ, 裏表から, 見えやしないと, 見えやしないにさ, 見たい, 見たいので, 見たくても, 見たくなったの, 見たけりゃ出直して, 見られたの, 見られないとも, 見られないん, 見られなくなると, 見られるだろう, 見られるという, 見られるの, 見られるよ, 観られる, 観れる, 解る解らん, 誇大化し, 足かけ三年つ, 進んで, 進歩し, 遅々として, 過ぎおるで, 過ぎて, 過ぎる, 過ぎるとの, 酷く彼, 重いので, 長すぎる, 閉ねましたら, 閉ねる, 閉場つてから, 開いても, 開かなかつたから, 開催される, 開場し, 開演されぬで, 面白い, 面白くない, 面白くなく, 面白くならう, 面白くなる, 音楽効果が, 飛んだ災難

▼ 芝居~ (494, 5.8%)

38 出て 11 なって 6 身が 5 しても, 仕組んで, 連れて 4 ありさ, なる, 行って 3 あるよう, して, つれて, なつて, 於て, 行くと

2 [28件] あつて, しろ映画, なったの, ならない, ならないので, ならぬと, ならねえ, なりそう, なると, なるところ, 仕組まれて, 使って, 全力を, 出る六浦正三郎, 出入し, 就ては, 手を, 来て, 疲れて, 行かうと, 行く, 行くこと, 行くといふ, 行く前, 見るやう, 誘って, 関心を, 馴れて

1 [338件] あつた, あづま壽司に, あらはれて, ありきたりの, ありそう, ある型, あんな奴, いらっしゃると, いるも, いる市川照之助, いれば, うつるが, うようよはいり込ん, おくれないため, お出, お出かけの, お喋べり, お宮と, お関, お飯炊, かかりましょう, かぎられて, くるだろうと, こしらえちゃったもの, こんな鳴物, さう大して, さそわれたの, しくんで, しすぎて, したこと, したらいい, したらきっと, したらそんな, した事, しましよか, しようそれから, しろ文学, すぎない現実, するかという, するから, するだけの, すると, するの, そぐわないよう, そのうち, その舞台, たとえて, たとえるならいわば初めて, たぶらかされて, ちがいない, ついて, つかうアコーディオン, つかまって, つきこの, つきては, つける音楽, つごうの, つながったこと, とつて, どの場, なかなか見巧者, なくては, なった, なったもの, なっちま, なってるかも, ならずに, ならないと, ならないもの, ならぬこと, ならぬもの, ならねえこ, なり, なりっこありゃしない, なりませぬ, なりませんね, なり客足, なり度, なるかしら, なるかと, なるかも, なるの, なれたものの, なろうとは, ふれる機会, ぶつかったの, まんまと瞞着, もぐりこんで, もっとも近い, もつれて, ゆくの, よく出た, よく女形, ゐら, ドロドロの, ピコアゾーという, プラスする, マンマと, 一度と, 一座し, 与力や, 中幕とか, 乗れぬと, 五代目菊五郎の, 仏頂面を, 仕組みたいからと, 仕組みて, 仕組み赤坂溜池演伎座, 仕組んだあげく, 会へる, 似た光景, 似て, 似寄って, 何を, 使うテーブル, 使う血糊, 使用する, 偶然の, 傭はれ, 入つて, 入り更に, 入り込む以外, 入る, 内の, 冷静な, 凝って, 凝り学生たち, 出かけたり, 出かけようと, 出たやう, 出た時, 出るでしょうお姫様, 出るなと, 出るみたい, 出る久松, 出る侍, 出る兇状持ち, 出る唐人市兵衛, 出る娘, 出る忠義, 出る惡婆, 出る浪人者, 出会つた, 出入りした, 出入りする, 出勤を, 出来て, 出来なかったの, 出演させなかった, 出這入するよう, 出逢ったこと, 前以, 協力し, 又貸しした, 反感を, 取つて, 取りか, 取りかかった, 取りたる者, 取り入れて, 取り入れること, 取り合わず用件, 向くかも, 向つて, 告別を, 夢中だ, 夢中な, 夢中に, 女団七と, 対応し, 導き入れて, 就て, 居りました, 居るよう, 席を, 年々くり返し, 引きくらべて, 引っかかったね, 引っかかって, 引っ張り出したけど, 引ぱって行っ, 強い執着, 役者の, 往きぬ, 往った, 往つた事が, 征服された, 心ゆく演出, 心を, 惚れきつて, 惚れて, 惚れない人, 惚れない冷, 惚れなかつた人, 惚れなくなり芝居, 愛好を, 慣らされて, 成って, 成りたたないよう, 成功すれ, 或は寄席, 戻りますが, 打ち込めないの, 担ぎ込んで, 拠ること, 掛けられても, 接触なさる, 接近し過ぎる, 教訓的な, 新しい息吹き, 於けるかぶき味, 於ける装置, 於てのみ, 於ては, 日本の, 暇を, 暗い者, 書きおろされたもの, 曾てなかつた, 有頂天に, 未練が, 本所の, 根を, 欺し, 残って, 毎年顔見世の, 比べて, 気が, 気がついて, 気の, 気を, 求めて, 流したどのみち, 深い影響, 演じて, 演ずるが, 演ぜられたりなど, 為組まれ, 熱中し, 熱中した, 熱中してる, 熱狂する, 生活を, 異樣, 登場する, 百パーセントまで, 相違ありません, 相違ない, 真女形, 瞞著され, 移つて行つたのが, 立籠っ, 終らせて, 縁の, 脚色され, 臨んで, 興味を, 舌を, 行かう, 行かないで, 行かないのね, 行かない月曜日, 行かなくっても, 行かぬの, 行き公開講義, 行き私, 行き薄野, 行くから, 行くとき, 行くの, 行くもの, 行く時, 行った, 行ったが, 行ったり, 行った当時, 行った翌日, 行ってるの, 行つてからは, 行つてみ, 行つてゐる, 行つて見たくなりました, 補助金を, 見とれて, 見るよう, 見る奧方, 見る涎くり, 見当違いの, 見惚れて, 誘ったが, 誘ったこと, 誘ひ勝ち, 變っちまった, 貰ひ, 買はれ, 走つたら除名, 走つて, 足を, 踊りに, 較べても, 近い, 近づかうとは, 這入り夜分二幕, 通じた人, 進んで, 遅れたと, 過ぎない, 過ぎないの, 過ぎないのじゃないかしらん, 過ぎないので, 過ぎません, 過ぎん, 違いない, 違ひあるまい, 都合の, 重味を, 野呂松勘兵衛と, 開放しよう, 開放する, 間に合うよう, 関係が, 関係し, 関係した, 関係の, 限ったこと, 限らずさ, 限られたる特色, 限るので, 顔を, 類するもの, 飛び音楽, 食指を, 馴らされて, 騎士的な, 騒動が, 驚いたこと, 骨が, 鴈治郎が

▼ 芝居~ (254, 3.0%)

6 あつた 3 さへ, する, すると, 見ると

2 [19件] あつたの, あつて, お目, すって, するよう, する久松, でも, やって, 使う十手, 悲歎場を, 有名な, 有名の, 見た, 見たとき, 見て, 見るの, 見るやう, 見るよう, 観る久松

1 [198件] あの事, あらうが, いたします早, いたす当身, いたす忠臣蔵, いたせば, いちばん自分の, いっしょに, いづれも, おなじみの, およそどんな, お富, お浴衣見物, お眼, お馴染, こっちは, ことによったら, この宿業, この悲喜劇, ごらんなすった, しれ者, すでに焼け, するお, する吉原, する如く, する法界坊, する田楽道具, する遠見, する金閣寺, する馬子, せう, そこまで, その一座, その絵看板, たくさんや, だつて, つかう張抜き, どこからが, どんなこと, どんな筋, はちよつと, ひともうけ, ほんとうの, まずい幕切れ, みるよう, みるよりも, みる大, みる忠臣蔵, むやみに, やったり, やるか, やるその, やるであろうよう, やる大徳寺焼香, やる男女二人, よく, よく見る, わたしに, わたしは, サッと頬, センチメンタリズムなどは, ドスは, モスクヴァレーニングラード暮しで, 一寸い, 一日の, 三浦屋の, 下積みに, 世間の, 云うたらアヤツリ三番叟, 云えば, 云へば, 今から, 今一つの, 他人を, 作者の, 使うよう, 使う紙, 使う銀紙, 使った精巧, 使ふ, 信州川中島の, 先生と, 出会うこと, 分らぬこと, 切ラレ与三を, 初めが, 召し捕られたの, 可哀相な, 君に, 君前に, 否応も, 和三郎から, 喜知六・団八の, 困難な, 固めて, 国姓爺の, 土蔵の, 堀井も, 外題は, 大事な, 大入を, 孝行者に, 小悪魔, 幕間五分という, 年に, 幾年か, 引きあい, 当てるつもり, 彼女は, 後に市川, 御承知, 恒川氏にも, 悲劇である, 惡人が, 成功した, 打つて, 挨拶を, 振舞った酒, 散々愚弄される, 日本の, 書斎に, 最後の, 本当の, 来る度, 柳永二郎の, 榴ヶ岡の, 歯磨を, 毎日変わった, 泣いたなり, 泣いて, 泣き小説, 演じましても, 演じます, 演技にも, 煽るよう, 物を, 玄人の, 現に人形, 田舎婆さんの, 男も, 疲れて, 疲れましたで, 疲れましたでしょう今朝, 知って, 私の, 結局行かない, 老いて, 聞いたよう, 胸を, 腹を, 自然その, 致しまする鬼神, 致す累, 葛城は, 見せるの, 見たおいらん, 見たとおり, 見たまでは, 見た悪党弁護士, 見た惡黨辯護士, 見た桜餅屋, 見た様, 見た身代り, 見た通り, 見ても, 見ぬと, 見ました, 見られない何者, 見られる鷹狩装束, 見るお, 見るもの, 見るよりも, 見る御殿, 見る悪, 見る河内山ゆすり, 見る清姫, 見る熨斗目, 見る由井正雪, 見る黙阿弥作, 見及ぶが, 見物する, 見覚えた源蔵, 見馴れて, 覚えて, 起るの, 透綾の, 逢つ, 道化役を, 遠慮會釋も, 遣う坊主, 鋳掛屋の, 長すぎる, 長唄常磐津などの, 開場の, 障子へ, 顔を, 馬の脚に, 馬の脚を

▼ 芝居~ (186, 2.2%)

6 寄席へ 4 寄席の, 映画の, 映画を 3 寄席や, 小説に, 映画が, 活動の, 活動を, 講談で 2 人形の, 俳優の, 寄席も, 小説で, 小説の, 掛引で, 映画に, 講釈で, 講釈の, 踊に

1 [130件] おまへん, お花見, お開帳, さらにもっとも下劣, その他の, やまがらの, オペラ見物夜会など, カフェや, カフェーに, キネマの, セリフに, トーキーで, トーキー映画に, マンゾーニの, レビューも, 一枚絵などを, 主人公が, 人寄せの, 人情本では, 何かの, 八人藝は, 動物の, 博物館や, 吉原に, 喜劇や, 夜会や, 実世間, 寄席などに, 寄席は, 寄席へも, 寄席鎌倉や, 小便映画の, 小唄や, 小唄類の, 小淨瑠璃, 小説から, 小説では, 小説でも, 小説は, 小説めいた, 局外的集団を, 山王様の, 影絵芝居なども, 影絵芝居は, 役者について, 御能, 惡意の, 戯作では, 戯曲が, 所作事にまで, 所作事または, 日本音曲は, 映画で, 映画などで, 映画は, 映画も, 映画や, 映画等に, 映畫, 書物を, 松竹座の, 桶抜け, 橇や, 歌とかいう, 活動へ, 活動も, 活動写真にも, 活動写真の, 浄るりや, 浄瑠璃で, 浄瑠璃に, 浄瑠璃には, 浪花節や, 浮世絵の, 浮世繪の, 漫畫映畫を, 物見遊山が, 犬の, 珈琲店へ, 球突や, 男芝居の, 相撲に, 相撲見物に, 稗史小説で, 笑止千萬な, 素人まじり, 絵を, 義太夫乃至, 興行物などを, 舞踏会や, 色街の, 芸道の, 草双紙で, 草双紙には, 草双紙にも, 見世物と, 見世物などは, 見世物の, 見世物よりも, 角力の, 計算を, 講談などで, 講談などに, 講談なら, 講談に, 講談には, 講談の, 講釈から, 講釈では, 講釈でも, 講釈に, 踊や, 踊りの, 踊りも, 軍談が, 遊び場所に, 道楽は, 金の, 鈍帳芝居で, 鈍帳芝居は, 銀座あたりにまでも, 鏡花の, 集団の, 音楽や, 音楽をも, 音楽会で, 音楽会などという, 馬鹿, 鳥熊の, 黄表紙に

▼ 芝居小屋~ (164, 1.9%)

10 の前 3 であった, の土間

2 [18件] があつ, がありました, が立っ, だ, で職工達, というもの, という感じ, とときたま, にも格別, のかげ, の出来る, の旗, の火事, の煉瓦壁, の背面, の表つき一杯, らしいもの, を借り

1 [112件] か, からこの, から旅籠, か招魂祭, があっ, があり, がそれ, がたくさん, がたつ, がやけ, が建築, が淺草猿若町, でありました, でこの, ではよく, では打出し, でも遼陽陥落万々歳, でやりました, で大, で寒い, で川中島, で怪我, で此男, で活躍, で追い込み, で馬の脚的俳優, で馬の足, などあった, などのある, などを徘徊, なんぞで, においても故, にかかげられた, にでもはいった, になっ, にはいった, には怪談, にめずらしく, にもある, に二十軒, に二度, に入っ, に出る, に出入, に立ち入る, に繋い, に連れ, のあった, のその, のなか, のよう, のハネ, の中, の傍, の光景, の入口, の初日, の囲い, の場内, の多い, の小さな, の建った, の建物, の情景, の木戸, の木戸前, の枡, の桟敷, の櫓, の舞臺開き, の裏手入口, の門番, の間, はさっそく, はその後, はみんな猿若町, は下足, は世界各国, は所謂, は船, は鎭守, は閉まっ, への近道, へはいった, へ出かけ, へ出る, へ到着, へ向く, へ奪われ, へ引返した, へ押し掛け, へ掛け合い, へ活動写真, へ聞き, へ行きました, へ走つた, へ這入る, へ通った, も寺内, も幾月, も蔭間茶屋, をあと, をちよ, を出, を見れ, を覗い, を買い切っ, を過ぎる, を開け, を開けた, 借りて, 即ち劇場

▼ 芝居~ (155, 1.8%)

9 連れて 6 行って 5 出て 4 行くの, 行った 3 行くこと, 行こうと, 行ったり 2 くるたび, 出ること, 出勤する, 行く, 行くか, 行くと, 行ったこと, 行ったの

1 [102件] いくにも, いっしょに, いった時, いら, おいで, おいでに, かよった, さえ始終, つれだしたとかで, つれて, ときどき行っ, なりねえ, なり上つて, また行きだした, やって, やる, ゆくでなし, ゆく予定, よく行っ, 一二度行っ, 一向まいりません, 上置にな, 入ったり, 入って, 入り浸ったり, 入れたの, 出かけた, 出かけて, 出かけに, 出かける, 出かけるらしい労働婦人たち, 出たらすぐ, 出てたもの, 出るとか, 出るに, 出る迄の, 出演し, 勤めて, 勤める折, 往くと, 往くの, 往く時間, 往く暇, 往って, 昔なじみの, 書き卸したもの, 来るなんて, 根を, 案内された, 流れ落ちた者, 流れ込むと, 移つて今尚, 稽古に, 落ちて, 蒋門神が, 行かうと, 行かして, 行かずけっして, 行かなかった, 行かなかったん, 行かぬ女, 行きいつも, 行きたがった, 行きました, 行きましても, 行きますか, 行くため, 行くだろうと, 行くなんて, 行くにも, 行くほか, 行くより, 行く体, 行く時, 行く許諾, 行けと, 行けなくなりは, 行こうって, 行こうとか, 行ったぎり昨日, 行ったし, 行ったって, 行ったもの, 行ったら前, 行ったん, 行った勘定, 行った方, 行っちゃったん, 行ってるの, 行つた, 行つたの, 行つた留守だ, 行つても, 見に, 誘ったか, 買われる時, 転じて, 通うの, 通うのに, 通つて來た, 連れ出そうと, 飛んで

▼ 芝居~ (155, 1.8%)

4 映画も 2 ある, 寄席も, 花見も, 見せて, 見た, 音楽会も

1 [139件] あった, あっても, あの手紙, ありませんでした, あるが, あるさ, あるのに, あるもの, あれば, あんまり好き, いいが, いたします, うまくなく, がまんし, ことごとく大, この頃, これで, して, しない自然, しよく, じょうずだ, すばらしい景気, すむし, するという, すんだなら世間, ずっと昔, それだ, だあ, だめかと, できない俳優, できるわね, とうとう見やぶられ, ときどきは, どんなもの, なかなか繁昌, なくて, ひどい, へったくれも, ほんもの, まだあつ, みんなもう, もうこれ, もう倦, やっぱり残りませんでした, やらせて, ダレる, ハネた, 一向に心, 一種の, 万更ら嫌ひでは, 三益とは, 下級の, 久しぶりです, 二度と見た, 人の, 今夜から, 他の, 休まずに, 休みであれ, 休み傍題に, 休めばい, 佃島も, 倦き, 其名自身人間の, 出来るし, 判らないこと, 助かり作者, 千秋楽に, 半ダレ, 厭ひだし, 取立てて, 台なし, 含まれて, 大てい三四日, 大体の, 大体ハコに, 大概に, 大間違ひなり, 天外の, 好きだった, 好き性的研究などにも, 小説も, 常設館から, 幕に, 幕を, 年に, 廉く, 役者は, 成田屋や, 手品も, 折から, 日本橋葺屋町堺町のと, 明かに, 昔から, 書きたい, 最初は, 本も, 村の, 桟敷で, 歌舞妓の, 毎日ぢや, 決して上手, 決して愚劣, 活動も, 活動写真も, 活動小屋も, 無事に, 無料で, 焼けでしょう, 皆ことごとく, 着物も, 知り草双紙, 碌に, 結構, 考えられたん, 自ら其に, 自分らの, 興味が, 蓋を, 見たいとも, 見たかったし, 見たがり, 見たわけ, 見ては, 見ないから, 見ないこと, 見ませんが, 見られなければ, 見られぬという, 見られませんわ, 見れるし, 見物したい, 觀に, 走って, 遠慮の, 飲食し, 馬鹿に, 駄目に, 高いば

▼ 芝居~ (151, 1.8%)

6 云ふも 4 いえば 3 すれば, 云ふ 2 いう, いへば, はいっても, わかって, 云えば, 同じよう, 思えないほど, 映画われわれの, 西洋の

1 [117件] いうほどの, いうを, いえるよう, いったが, いっても, いつたやう, いつて, いふにぞ, おなじよう, おんなし, お祭という, お能, かんけいの, しちゃあ, それぞれ趣向を, たがいに, ちごて, ちっとも違わなかった, どういふ所, どんな関係, なすだけ, なつて, なり近代, わかつて, オペラと, オペラとの, サン・クルウの, レヴィウが, 一つで, 云うの, 云うも, 云うもの, 云う点, 云つた香具師の, 云つて関は, 信心と, 卑しまれ, 南瓜が, 同様まだ, 名の, 呼ぶこと, 呼ぶの, 呼べる徳川時代, 図書館と, 外れ鷹とが, 大芝居, 奇術の, 寄席は, 寄席を, 密接な, 寒暖の, 小芝居, 小説の, 思って, 思へないほど, 思わない芝居, 性根において, 怪談とで, 接近する, 支那映画, 文楽の, 斯う, 映画レコードの, 朝日座との, 本心とが, 比べて, 比較する, 活動写真と, 活動写真との, 滑稽芝居の, 演劇との, 牢屋とでの, 現実の, 甚だ雑沓, 生地その, 生活, 申しますと, 相対抗, 相撲に, 知りつ, 称して, 称すること, 立ち上ったところ, 絵本と, 繪本と, 考へ, 舞踏会が, 花柳界の, 蓋を, 見せ物との, 見なければ, 見るが, 見世物という, 見做, 見破つたこと, 言うもの, 言ふ考へ, 許り, 詩との, 認められたの, 講談と, 講談に, 講釋の, 踊りの, 踊三味線と, 身の上知らず遊び歩い, 近代劇との, 遊廓と, 違うの, 違ふところを, 関西の, 阿諛的な, 雨の, 音曲と, 音楽会へ, 音楽好きな, 鷹と

▼ 芝居見物~ (118, 1.4%)

6 にゆく 3 に出, のこと

2 [13件] には代えられない, にゆき, に上京, に行く, に行った, の人, の帰途, の日, の時, も勝手, をし, をした, をする

1 [80件] が出来る, して, する時, だって, でしたわね, でもし, でも家族, ということ, というの, という一年, といふ格, とを一所, と同じく, と買物, などにゆく, などに出かけ, などに行きたい, などに行く, などに誘い出す, など念頭, なの, にくる, についてはわたし, にでかけた, にでも行く, には出かけられない, には殆, にも参りませんでした, にも思いきった, にも随分, に人, に來, に出かけた, に出かけます, に出る, に半日, に店中, に来, に浮身, に行き, に行っ, に行つて酔, に誘, に鬱散, のお供, のため, のできた, のとき, のとき成駒屋, の一日, の事, の失策それ, の始まり, の暇, の格, の為, の男女, の話, はあまり, はごめん, はむしろ, は一切, は何, は女中達, は実は, は破格, もいい, もこんな, も一日がかり, も先づ, も出来る, も嫌さ, も楽ぢ, も面白かろ, やら時間, や古本あさり, をやかましく, をやめられない, を毎晩, 相成らず鳴物

▼ 芝居でも~ (112, 1.3%)

10 見て 4 して, 見に 3 見るよう 2 ある, なければ, ダンスホールでも, 行つて見, 解る通り

1 [81件] あるまいが, あるまいし, いいし, いっそう面白く, うたなければ, おごつて貰は, する通り, それに, どこの, ないらしく, なかった, なくな, なけりゃそれ, なさ相, なんでも, みる涎くり, やって, やりかねません, ラジオでも, 一瞥した, 世話場で, 人名などは, 人数が, 何でも, 剣劇という, 名題の, 唐木政右衛門が, 善人あり, 大向の, 夫に, 始まったん, 宣伝ばっかり, 小説でも, 少しでも, 常に傍観者, 待つよう, 御倉に, 御見物, 御覧なさい, 怪奇な, 怪談の, 愛する心, 戦争劇を, 手摺を, 打つて, 映畫, 書かうと, 替り目ごとに, 極端に, 活動でも, 活動へでも, 演じた後, 演つてゐる, 無いみたい, 無かったら, 稻川秋津島など, 自由に, 舞台で, 船の, 芝居と, 花火でも, 草双紙でも, 見なければ, 見やう, 見ようと, 見ようという, 見られぬ大, 見られるよう, 見る様, 見る樣, 見る気, 見物する, 見物は, 見聞を, 覗いて, 観さ, 誰の, 身が, 遊芸でも, 金が, 長唄でも

▼ 芝居~ (92, 1.1%)

8

2 [11件] からいけない, からだ, からである, から準備, か見, ということ, と云う, と思ふ, ね, のと, よこれ

1 [62件] あな, かお, から, からさだめし, からとか子供, からと特別, からイヤ, からマア, から仏頂寺, から大目, から我慢, から面白く, がここら, が時代物, ぜ, つたから, つたの, つたのかと, つたのさ, つたのです, つておもしろい, つてお前ンと, つて下女の, つて行きなりの, というの, といふ, といふ今, といふ印象, とかは生れ, とかシネマ, とか写し絵, とか檜舞台, とか活動, とこの, としても或は, としても手紙, とする, とつッころばし, とは生き馬, とも, とわかったら, とわたくし, と云, と勘違, と彼, と思っ, と思った, と思つて, と見なした, と解釈, と言っ, ねへツ, ねヘッ, の, のに, のを, もの男にとって, よりが, よ芝居, わ, マダムの, 芝居だ

▼ 芝居では~ (88, 1.0%)

3 ない, ないかと, ないと, ないの, なくて 2 なかった, 天王寺屋兵助という

1 [69件] あった, あのシャーロック, ありますまいか, ありませんから, あるが, いかなる劇中, お盆で, すぐ花, そうなっ, そのびっこを免職, それである程度, できない, とても食つて, ないぞ, ないレヴィウ, ない仕方話, ない内外, ない家康, ない相撲, なく一人娘, ぱつと, コキユが, 三味線を, 世界とか, 両足の, 中村座の, 中村玉七, 二枚目を, 人相という, 人間も, 何を, 侠気とか, 元禄以後にな, 八代目市川団十郎が, 初めて見る, 到底盛り込む, 博士が, 反対に, 古い菊五郎, 大事な, 女の, 女工ッて, 家橘に, 年配も, 幾種類と, 廿四孝の, 役者が, 悪役です, 成るべく軽い, 打出しの, 断じてない, 既に次, 映画の, 村田実の, 椀久の, 此が, 殊に美しい, 油屋お, 無ささうです, 父と, 直ぐに, 相手役同士の, 短い対話, 結婚し, 見たこと, 近頃見物, 逆に, 酸鼻な, 黙って

▼ 芝居といふ~ (71, 0.8%)

19 ものを 14 ものは 5 ものに 4 もの, ものが 2 ものに対して, ものに対する, 言葉が

1 [19件] ことだ, ところを, のは, のも, ふうに, ものこれが, ものだ, ものと, ものとの, ものには, ものの, 不可避の, 世界から, 建物の, 形式の, 方から, 芝湯嶋市谷の, 言葉の, 言葉生活といふ

▼ 芝居には~ (68, 0.8%)

2 それ故, なりません, 可なり, 悪縁の, 獄門首が

1 [58件] かういふ楽しみ, このよう, さしたる感興, しばらく別れ, そういう老人, そういったよう, その形, それでも浅草, そんな因縁, そんな設備, ちゃんと見物, どうで, どうも少ししっくり, なくては, ならないから, ならないけれども, ならないわ, ならぬから, ならん, ならんの, なりますまい, なる, まだ他, よくある, ゲーテも, チヨボが, 二度行ツた, 人の, 人一倍凝り性, 何の, 出て, 出なかった, 困ると, 国姓爺の, 女形といふ, 孝行息子が, 寿美蔵, 必ず参る, 最初から, 最必要, 末期ほど, 本花道, 来たのに, 来ない連中, 毫も高遠, 滑稽諧謔なく, 濡れ場, 珍しい程, 美しい娘, 自分ながら, 行かないで, 行きますか, 見物にとって, 詳しい, 足を, 適しても, 限らぬが, 驚いたね

▼ 芝居という~ (67, 0.8%)

13 ものは, ものを 12 ものが 6 のは 4 ものの

1 [19件] ので, のであった, もので, ものに, ものについて, ものには, ものに対する, ものも, 一種の, 大阪俳優の, 奴だ, 形を, 所へ, 点で, 破天荒の, 芝居は, 芝居を, 芸術を, 鏡に

▼ 芝居がかり~ (63, 0.7%)

3 に出来 2 になる

1 [58件] かい, がお客, だ, だね, であった, である, ですね, で三郎兵衛, で世間, で云った, で大見得, で始めた, で定め, で引き出し, で当っ, で彼, で悪戯, で指図, で白い, で答え, で脅かし, で行われた, で補った, で話し, で話しました, で面白い, で飛び出し, と見える, なのよ, な勇気, な媚態, な披露, にいっ, にニュッ, に戸口, に手, に考え, に輪, に運命, のこと, のせりふ, の五十三次, の動作, の合点, の声, の妖婆, の役, の権力遊び, の死, の殺人鬼, の田舎画家, の着倒, の空威張り, の筋, の粋事, の表情, は, やら小川

▼ 芝居好き~ (53, 0.6%)

2 であること, で亭主

1 [49件] が大薩摩, が現代, が芝居, だもの, であるが, でおなじ, でこの, ですから, でその, ででも, でどこ, でない限り, でなく余り度々, でまた, でも, でよく, で少し, で時々, で毎晩, で相撲狂, で私, ということ, という人物, と一緒, と不, と称する, なのに, な土地, な学生, な町, にし, になる, になれ, の, のところ, のわたし, の人々, の劇評, の喜どん, の大衆, の女性, の江戸侍藤崎, の車夫, は今, は分別, は底, は芝居好き, を手玉, を知り

▼ 芝居~ (47, 0.6%)

2 の人, の方, の習慣

1 [41件] が乱れる, だった, であるという, でいう, でいえ, での所謂, ではおどろくべく, ではかれ, では何, では偶数, では劇, というもの, とが結び付い, と世間一部, において殆, には素人, にわだかまる, にクツキリ, に入り, に通じ, に通じたる, に關係, の事例, の人々, の人たち, の人達, の因習, の團十郎菊五郎, の大, の娘, の癖, の礼, の肯定者, の薬, の語り, の進歩, ばかりでなく, へ這入らう, へ這入ろう, も終り, を害する

▼ 芝居茶屋~ (45, 0.5%)

4 の二階 3 の若い衆 2 がならん

1 [36件] がちょうど, が軒, が飛ん, であった, です, でひいき, で佐吉, で見, というもの, と一しょ, に, にあずけ, に大小, に奉公, のお, の二女, の人間, の前, の奥, の方, の水茶屋, の混雑, の花車女, の若い, の若い衆さん, の酔, の階子段, は右手, は菊岡, へ訊い糺し, へ通う, まで歩い, や出方, を出る, を助け, を業

▼ 芝居から~ (42, 0.5%)

2 出て, 帰って

1 [38件] かえって夜半, です, ぬけ出して, みれば, 一歩でも, 一歩踏み出した, 五年の, 使の, 借りた品, 出かけて, 受けた最初, 受けるの, 品玉まで, 大芝居, 小芝居, 小道具衣裳などを, 市川岩蔵と, 帰ったの, 帰りに, 帰ると, 帰るとき, 引きと, 引きは, 彼らは, 思い付いたん, 急に, 政治運動の, 浄瑠璃落語その他の, 照之助を, 移つて朝日座を, 続けて, 耳で, 自分は, 落ちて, 見ても, 雅楽は, 飛んだ間違い, 駆けつけて

▼ 芝居にも~ (39, 0.5%)

2 小説にも

1 [37件] ありましたが, ありませんや, ある手, いっこう興味, うつされたと, お出なすった, この雨傘, ついぞ眼, なかった, なったこと, ならない, ならないので, ならぬ芝居, なるの, なるめ, ひとりの, よく出る, 二三度入, 仕組まれました, 何も, 出て, 切ったり, 囃方と, 当世の, 心当りが, 念仏踊りが, 所謂大, 映画にも, 映画場にも, 猶かつ, 用ゐられ, 行かず勧学, 行けない, 行はれ, 趣味を, 近いし, 連れて

▼ 芝居~ (34, 0.4%)

2 だよ, のよう, また遊芸

1 [28件] から押しつけられる, が駈けつけ, じゃあない, じゃない, だ, で四十がらみ, といった風, と客, などが数, などになっ, になっ, になった, にはなつ, には白い, に身, のお客, の社会, の群, の若人, はやはり, は河原乞食, は色町, も眼, らしい所, らしい男, をのこらず, をひきよせた, を取卷い

▼ 芝居~ (31, 0.4%)

2 の住人, の方, の空気

1 [25件] が移っ, が近かっ, でさんざん, でもうろつい, で出方, で暴れる, で芸妓, となる, との区別, なぞで, なぞで能, にもと居た, のま, の中, の名物高麗せんべい, の笛吹きの立, の者, の花やか, の芸者, の近所, の通称, は早く, へ抜ける, まで焼け込ん, や吉原

▼ 芝居とは~ (30, 0.4%)

6 いいながら

1 [24件] いえ海老蔵, こんなもの, そこが, ちがうの, ちと違いましょう, どういうもの, どんなもの, どんな芝居, また別, また違った, 人間の, 何か, 何んな, 劃然と, 少々筋書, 少くとも, 心づかず計略, 思はれず, 或は演劇, 比較にも, 知らないから, 違うからね, 違うじゃ, 違うん

▼ 芝居じみた~ (29, 0.3%)

2 ことが, ことを, 真似を

1 [23件] ことは, しぐさで, ところが, ものだ, ような, 一刹那が, 一場の, 人情も, 同じ厳粛さ, 声出し, 姿態が, 対話が, 情景が, 情熱も, 態度を, 真似は, 眼を, 荒々しい出来事, 表情に, 親孝行などが, 言葉で, 誇張と, 陶酔の

▼ 芝居として~ (24, 0.3%)

1 [24件] どうです, なにも, みんな静かに, メイエルホリドの, 一方今日, 京都に, 仕直されたもの, 先ず都合, 彼を, 成りた, 成功した, 成功する, 最も繁昌, 現れて, 見せるの, 見られるもの, 見るの, 見るよう, 観ん事, 近松の, 通用しない, 都合の, 面白いもの, 面白くない

▼ 芝居なら~ (24, 0.3%)

1 [24件] さあ, さしずめ二つ三つ, せめて何, ただそれ, と思っ, なんでも, ばここ, ばこの, ばそれだけ, ばどうしても, ばわたくし, ば忠臣蔵, ば政宗方, ば暗転, ば裸一貫, やつて, 僕が, 大ざつまを, 幕の, 幕前の, 磯之丞なんと, 私此処に, 腹が, 芝居を

▼ 芝居~ (23, 0.3%)

2 のけばけばし, の味

1 [19件] でお, でも音曲噺, で牧師, によって味わわれたい, のお座敷, のこと, のころ, のせりふ, のとき, の名手桂文我, の当時, の画面, の立ち廻り, の組み立て, の美しい, の道具, らしき匂い, をおもわせる, を演じ

▼ 芝居なんか~ (21, 0.2%)

2 で有名

1 [19件] して, しないつもり, とんだもの, どうな, どうにでも, もう何年, やったって, やる學生, 大嫌ひだ, 得々と, 第一經濟的, 脚本としては, 行かなくっても, 見たか, 見たかしら, 見たくありません, 見てないらしく芸談, 観る必要, 読んで

▼ 芝居~ (21, 0.2%)

2 に行く, の水路

1 [17件] ている, てなさる, てゐる, て結局役者, に入ら, に公禄, に往け, に行き, に行こ, に行った, に行つて, に連れゆくべし, はどう, へ行く, まほしき, を強請んだ, 人種には

▼ 芝居~ (20, 0.2%)

6 んだ 3 のである 2 のだ 1 のか, のでこれ, のでさ, のでなかなか, のよ, んだろう, んでございます, んでしょう, んです

▼ 芝居である~ (19, 0.2%)

1 [19件] からこの, からには舞台そのもの, から第, か真実, が之, が同, が当夜, が私, ことを, といいはなち, というわたし, とか小説, と思い, ばかりでなく, 以上全然, 以上若し, 必要は, 悪い出来, 現在の

▼ 芝居がかった~ (18, 0.2%)

2 嘆息を, 容子である

1 [14件] まねを, ものを, ややこしい事, アリバイの, 仕方で, 余裕が, 形容詞を, 態度が, 態度を, 気取り方で, 続き物に, 言葉を, 身振, 身振で云った

▼ 芝居へも~ (18, 0.2%)

1 [18件] お花見, どの寄席, 出たいらしい, 出勤する, 加入し, 大津の, 始終お出で, 寄席へも, 度度一緒, 意気な, 母に, 縁日へも, 聞きに, 行かない, 行かない夫婦, 行きますが, 行くこと, 行った

▼ 芝居もどき~ (17, 0.2%)

1 [17件] か, さ, だと, であつ, でかため, でわづか, で歩き, で気, な恰好, になる, に冷かし, に卵, に喋つたの, に投げる, のコンタン, の台詞, の表現

▼ 芝居~ (17, 0.2%)

3 のよう 2 を私

1 [12件] が主, が好き, であった, である幽霊せり出し, の岩藤, の珍しい, の筆, は容貌, もありました, よりも武者絵, を見, を見た

▼ 芝居じゃ~ (16, 0.2%)

2 ありませんか, ない, ないの, ないゾッ 1 ありませんです, ないか, ないぞ, ないでは, ないわ, ないん, なかったかも, ねえか

▼ 芝居よりも~ (16, 0.2%)

2 軽業じみた

1 [14件] あなたの, いい芝居, うまうまとした, はるかに, まだ滑稽, もっと芸術的, ビョルンソンか, 円朝の, 右団治一座の, 彼の, 祖母や, 面白い, 面白いの, 面白い踊り

▼ 芝居~ (15, 0.2%)

1 [15件] え, こりゃおもいつき, さあこれから, ッ, 何かを, 何ぞ興行もの, 例によ, 喜劇でも, 新派であった, 映画の, 映画関係の, 知ら, 軽業か, 面白い, 音楽会に

▼ 芝居~ (15, 0.2%)

54 ている 1 ちゃあ演出, てなさる, てはりまし, てはる, てま, てゐられない

▼ 芝居じみ~ (14, 0.2%)

2 ていた, ている 1 てい, てむなしい, てわめき立てた, てゐ, てゐる, てをかし, て感じられた, て目, て納まり返った, て見えた

▼ 芝居にでも~ (14, 0.2%)

3 出て

1 [11件] ありそう, あるよう, いつて, なりさ, 出かけて, 有りそう, 草双紙にでも, 行くよう, 行け, 行って, 誘われさっせえたか

▼ 芝居~ (14, 0.2%)

2 のある

1 [12件] から此作品, がある, が多い, だ, では出, で一パイ, と嫉妬, に充ちた, のまじらない, の多, も無い, を拔

▼ 芝居そのもの~ (13, 0.2%)

1 [13件] が自然, が若い, に予備知識, に興味, の如く, の新しい, の社会的評価, の筋書, の魅力, はたしかに, はどうも, は最早, をも滅する

▼ 芝居だった~ (13, 0.2%)

4 のだ 2 のです 1 がイヤ, そうです, な, のである, のでしょう, のなら, んだ

▼ 芝居です~ (13, 0.2%)

2 か, ね 1 からちよ, からめずらし, がその, と之, なあ, ねなんてのんびり, もの, よ, わ

▼ 芝居~ (13, 0.2%)

4 の遊廓 3 の横丁 1 のとある, のよう, の二枚看板, の女郎, の細道, へ送り込み

▼ 芝居する~ (12, 0.1%)

1 [12件] ことまでを, という目先, といふ観念, なんて不自然, なんという, のかと, ので今日, のは, のん, 人で, 気に, 気分之が

▼ 芝居ずき~ (12, 0.1%)

4 の素子 1 の, の人, の俥夫, の僕, の御, の方々, の集まった, はいる

▼ 芝居らしい~ (12, 0.1%)

2 ものが, 芝居 1 いきさつが, 快感と, 戲曲と, 気分も, 筋立ての, 芝居という, 西洋婦人に, 風格は

▼ 芝居とか~ (11, 0.1%)

2 呼んで 1 いった旅芸人, オッペケ芝居とか, キノとか, 呼ばれて, 壮士芝居とか, 寄席とかへ, 小供芝居, 涼み船を, 移動演劇とかいふ

▼ 芝居みたい~ (11, 0.1%)

3 なもの 1 なん, なスクリーン, な言葉, にいや, にも思われるだろう, に思われだす, に皆, ねえ

▼ 芝居より~ (11, 0.1%)

1 [11件] おもしろいでございましょう, もっと, キノと, 休んで, 凄かろう, 外は, 帰れば, 役者の, 映画の, 筋書の, 芝居ものの

▼ 芝居などを~ (10, 0.1%)

1 しなければ, 作った証拠, 多く見馴れ, 指摘する, 書こうとは, 見に, 見るより, 見物し, 見物した, 観るよりも

▼ 芝居めいた~ (10, 0.1%)

2 ものが 1 下弦の, 予測を, 古寺の, 所作を, 才能は, 振舞にも, 言葉だ, 雰囲気

▼ 芝居~ (10, 0.1%)

3 なもの 1 である, であるといふ, なこと, な出来事, な情緒, になる, の要素

▼ 芝居~ (10, 0.1%)

1 でしたが, などを流行らせた, に興じ, に轉, のお, をし, を廃, を得意, を持ちかけ, を聴き

▼ 芝居としては~ (9, 0.1%)

2 面白くない 1 なって, 一景の, 一番いい, 下らない芝居, 問題にも, 最も望ましい, 深刻だ

▼ 芝居との~ (9, 0.1%)

2 関係は 1 比較において, 総合した, 腐れ縁は, 違ひといふ, 間を, 関係である, 関係の

▼ 芝居帰り~ (9, 0.1%)

1 など思わず, のあまりに, のドン・ファン・テノリオ, の人達, の外, の客, の月かげ, の正装, らしい気

▼ 芝居染みた~ (9, 0.1%)

1 事を, 仰天振りを, 大胆不敵な口説き, 扮装を, 気狂いは, 興味を, 調子が, 道具立を, 邀越な

▼ 芝居~ (9, 0.1%)

1 だとか, である, など相手, になった, の一人, の先生, の叔父, の諸君, もあ

▼ 芝居だって~ (8, 0.1%)

1 いうん, きっと随分変るだろう, すゝんで, 云ったり, 同一な, 猿若, 見世物小屋だって, 観よう

▼ 芝居などに~ (8, 0.1%)

2 現を 1 ゆくの, よく出, 仕組れる, 型の, 致しましても, 親しんで

▼ 芝居なる~ (8, 0.1%)

5 ものは 1 ものが, ものに対して, ものを

▼ 芝居にて~ (8, 0.1%)

2 贔屓の 1 席費を, 思ひしとは, 江戸風の, 見たるさ, 見たるさえ, 逢ふ

▼ 芝居に関する~ (8, 0.1%)

1 ことで, もの随筆ユーモア物と, 流行物は, 素養も, 諸家の, 限りすべて文学座第, 限りでは, 限り書く

▼ 芝居ばかり~ (8, 0.1%)

2 見て 1 させられて, させられながら, でなく日本, では, なの, やって来たよう

▼ 芝居へは~ (8, 0.1%)

1 しばしば出入り, めったに, 多く屋根船, 戻らずに, 行かないの, 行かなかったの, 行きますか, 連れて

▼ 芝居全体~ (8, 0.1%)

1 がひどく, として作者, のこと, のせりふ, の仕組み, の空気, を先づ観客, を知っ

▼ 芝居~ (8, 0.1%)

1 が贔負役者, であつ, で九代目団十郎, で家, な方, のその, の金持, を苦々しく

▼ 芝居だの~ (7, 0.1%)

2 剣劇だ 1 千種の, 夜ふかしの, 歸り, 活動写真だの, 絵だの

▼ 芝居であった~ (7, 0.1%)

1 かしらべ, かほとんど, そうだ, とする, のが, のだ, ものの

▼ 芝居でなけれ~ (7, 0.1%)

2 ば夜 1 ばいけない, ばならない, ばならん, ば味, ば諸井看護婦

▼ 芝居どころ~ (7, 0.1%)

3 では 2 の沙汰 1 じゃありませんてばさ, じゃない

▼ 芝居など~ (7, 0.1%)

1 しては, すこし改, どうでも, 二十三年二月以後の, 必要は, 考へられぬところ, 見て

▼ 芝居なども~ (7, 0.1%)

1 あったらしく芝公園, お岩, かなりまとまった, 一方を, 流行を, 禁止の, 見る気

▼ 芝居もの~ (7, 0.1%)

21 と僕, の手, の生活, の男, の社会

▼ 芝居なぞ~ (6, 0.1%)

1 がなつかし, でも, に比較, も火, よりも遥か, を見

▼ 芝居などで~ (6, 0.1%)

1 からくも, 何年何月どこの, 幽靈, 見る牢屋, 観る美しい, 誰も

▼ 芝居によって~ (6, 0.1%)

1 ベラ, 二重に, 名を, 啓蒙し, 少しずつ, 自らを

▼ 芝居に対して~ (6, 0.1%)

1 たといその, 不満を, 初めて使った, 小林君は, 我々が, 新しく起つ

▼ 芝居染み~ (6, 0.1%)

2 てい 1 ている, てゐる, て仕組まれ, て何時

▼ 芝居ごっこ~ (5, 0.1%)

1 がおっ, などし, をし, をしてる, をする

▼ 芝居してる~ (5, 0.1%)

1 ところで, と何, のが, やうだ, 気が

▼ 芝居だけは~ (5, 0.1%)

1 やめに, 十分に, 十年位欠席し, 少くとも, 止めて

▼ 芝居でなく~ (5, 0.1%)

1 ちゃ駄目, てはできない, て何, とも男, 写真は

▼ 芝居としての~ (5, 0.1%)

1 一つの, 具体的な, 出し物は, 見せ場なり, 魅力を

▼ 芝居とを~ (5, 0.1%)

1 ごつちや, 交ぜて, 比較し, 比較する, 狂愛する

▼ 芝居などという~ (5, 0.1%)

2 ものは, ものを 1 大計画

▼ 芝居などの~ (5, 0.1%)

1 如き人だかり, 機会を, 民衆に, 舞台監督を, 話相手に

▼ 芝居なんぞ~ (5, 0.1%)

1 どこが, ほんとの, 尚更の, 見たくは, 見に

▼ 芝居なんて~ (5, 0.1%)

2 いふもの 1 いふの, いふやう, 思へば

▼ 芝居番附~ (5, 0.1%)

1 だの懸想文, における彼, には団五郎, に掲げられた, は座頭

▼ 芝居道楽~ (5, 0.1%)

1 が出来ないでしょう, で京通い, といふディレツタント, の方, は何

▼ 芝居そっくり~ (4, 0.0%)

1 で, でした, のもの, の場合

▼ 芝居その~ (4, 0.0%)

1 ほかの, 次の, 物に, 物は

▼ 芝居だけ~ (4, 0.0%)

1 でなくすべて, で尽きて, 元の, 見る分

▼ 芝居って~ (4, 0.0%)

1 ことを, やつが, やつは, 惨めな

▼ 芝居であり~ (4, 0.0%)

1 人気の, 地方向きでは, 如何に, 阿房陀羅経であり

▼ 芝居としても~ (4, 0.0%)

1 上手に, 実際と, 成功しない, 都合の

▼ 芝居とも~ (4, 0.0%)

1 しけり, なったの, 思はれません, 焼けて

▼ 芝居なり~ (4, 0.0%)

2 江戸小唄なりに 1 トーキーなりに, 映画なり

▼ 芝居において~ (4, 0.0%)

1 それが, 彼女の, 演ずる所作, 特に顕著

▼ 芝居について~ (4, 0.0%)

1 ひと通りの, 大変よく, 見るも, 語りたい

▼ 芝居まで~ (4, 0.0%)

1 して, 出来て, 引き止めるの, 焼けたこと

▼ 芝居~ (4, 0.0%)

1 の, の国王, の春, の長者

▼ 芝居~ (4, 0.0%)

1 ですね, に欺かれた, の声色, は儲け

▼ 芝居広場~ (4, 0.0%)

2 へ行っ 1 の隅, へ集る

▼ 芝居役者~ (4, 0.0%)

1 と共同, にまけぬ, の小, の生活

▼ 芝居或は~ (4, 0.0%)

1 いい映画, 偶人劇の, 学校劇と, 演劇とはなんぞ

▼ 芝居打っ~ (4, 0.0%)

1 てみよう, てみる, て平次, て見よう

▼ 芝居沁み~ (4, 0.0%)

2 てゐる 1 て少々, て消え込み

▼ 芝居狂言~ (4, 0.0%)

2 も折 1 だから, の語り物

▼ 芝居興行~ (4, 0.0%)

1 の噂がまはりまはつ, の節, をやらかさう, を許され

▼ 芝居行き~ (4, 0.0%)

1 に泣き喚き, のお, の着物, もお

▼ 芝居見た~ (4, 0.0%)

1 か, ままの, ような, 事ある

▼ 芝居~ (4, 0.0%)

1 で真面目, なメフィストフェイス, な仇, に悲しく

▼ 芝居~ (3, 0.0%)

1 よしなさいね, 休み, 神楽其れ

▼ 芝居かも~ (3, 0.0%)

1 分らんが, 知れない, 知れません

▼ 芝居からは~ (3, 0.0%)

1 なれて, もはや昔, 比較的下らない

▼ 芝居~ (3, 0.0%)

3 たっぷりな

▼ 芝居~ (3, 0.0%)

1 うした, へちやん, 少しほとぼり

▼ 芝居ずきで~ (3, 0.0%)

1 あつた事, 俳優一人一人の, 歌舞伎の

▼ 芝居それから~ (3, 0.0%)

1 なお若い, 子供が, 学生見学団の

▼ 芝居だけが~ (3, 0.0%)

1 あたしの, なぜない, 面白いん

▼ 芝居だらう~ (3, 0.0%)

1 か, と判断, と思つて

▼ 芝居でございます~ (3, 0.0%)

21

▼ 芝居でない~ (3, 0.0%)

2 もの 1 白真剣の

▼ 芝居についての~ (3, 0.0%)

1 意見又は, 感想をといふ, 講演実演などが

▼ 芝居については~ (3, 0.0%)

1 彼に, 無知な, 自分も

▼ 芝居に対する~ (3, 0.0%)

1 愛情が, 新しい見物, 要求が

▼ 芝居ばかりを~ (3, 0.0%)

1 あまり長く, ならべても, 見せつけられて

▼ 芝居ひとつ~ (3, 0.0%)

1 見たいとも, 見ないよう, 見に

▼ 芝居へでも~ (3, 0.0%)

1 出かける, 行ったの, 遊びに

▼ 芝居への~ (3, 0.0%)

1 台本を, 通い路に, 関心から

▼ 芝居もどり~ (3, 0.0%)

1 にまた, の人達, の家族

▼ 芝居らしく~ (3, 0.0%)

1 おやんなさい, もない, 彼等の

▼ 芝居上手~ (3, 0.0%)

1 が人間, に凌ぎ場所, の若旦那

▼ 芝居~ (3, 0.0%)

1 としての低級, と紳士, にくらべ

▼ 芝居以外~ (3, 0.0%)

1 で顔, に女, の社会

▼ 芝居~ (3, 0.0%)

1 に, を座興, を演

▼ 芝居~ (3, 0.0%)

1 で一度, などを余り, へ遊び

▼ 芝居~ (3, 0.0%)

1 あたりかな, 一座, 走り九時十五分に

▼ 芝居打つ~ (3, 0.0%)

1 ことに, て平次, て見る

▼ 芝居~ (3, 0.0%)

3 りの

▼ 芝居活動~ (3, 0.0%)

1 の一ぺん, の観覧料, を見

▼ 芝居~ (3, 0.0%)

1 です, の靴下, はどないなりました

▼ 芝居あれ~ (2, 0.0%)

1 は米斎君, ば娘手踊

▼ 芝居うっ~ (2, 0.0%)

1 てみてえ, て見せた

▼ 芝居うつ~ (2, 0.0%)

2 子ら

▼ 芝居かと~ (2, 0.0%)

1 思ふたの, 腑に

▼ 芝居くさい~ (2, 0.0%)

1 ところが, 程僕

▼ 芝居くらべ~ (2, 0.0%)

1 がある, ではしょせん

▼ 芝居げたっぷり~ (2, 0.0%)

1 だった犯罪者, にそれ

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

1 はされ, はれる

▼ 芝居ごつ~ (2, 0.0%)

2 こを

▼ 芝居しか~ (2, 0.0%)

1 ないと, 見られなくなる日

▼ 芝居した~ (2, 0.0%)

1 といふん, ので大

▼ 芝居じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないが, ないよ

▼ 芝居すら~ (2, 0.0%)

1 しなければ, 年何回と

▼ 芝居それ~ (2, 0.0%)

1 があんまりぞっと, も時代

▼ 芝居だけに~ (2, 0.0%)

1 一段も, 問題にも

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

1 やありません, やあるまい

▼ 芝居でした~ (2, 0.0%)

1 が其始まり, サ

▼ 芝居とかいふ~ (2, 0.0%)

1 ものも, 言葉は

▼ 芝居とかに~ (2, 0.0%)

1 あの人, 見る

▼ 芝居としか~ (2, 0.0%)

1 思われません, 考えられなかった

▼ 芝居などでも~ (2, 0.0%)

1 いい型, 箱根山は

▼ 芝居などと~ (2, 0.0%)

1 いいだしたので, 共通の

▼ 芝居などには~ (2, 0.0%)

1 傍白, 興味を

▼ 芝居なんぞは~ (2, 0.0%)

1 何時から, 厭だ

▼ 芝居における~ (2, 0.0%)

1 それと, 俳優の

▼ 芝居にても~ (2, 0.0%)

1 やはり真面目, 幕初めに

▼ 芝居にな~ (2, 0.0%)

1 つてしまつた然, つて居たらう

▼ 芝居に関しては~ (2, 0.0%)

1 仏頂面と, 向ふ

▼ 芝居はと~ (2, 0.0%)

1 尋ねると, 鼻で

▼ 芝居ばっかりは~ (2, 0.0%)

1 お差し止め, 一度も

▼ 芝居へなんぞ~ (2, 0.0%)

1 てんで足踏み, はやりたくないと

▼ 芝居ほど~ (2, 0.0%)

1 語と, 運動場は

▼ 芝居みやげ~ (2, 0.0%)

2 の菓子

▼ 芝居みる~ (2, 0.0%)

2 人も

▼ 芝居めい~ (2, 0.0%)

1 てあやまっ, ています

▼ 芝居めかし~ (2, 0.0%)

1 て, てしきりに

▼ 芝居らしき~ (2, 0.0%)

1 処は, 快感といふ

▼ 芝居をしか~ (2, 0.0%)

1 ほとんど見, 贅沢な

▼ 芝居一つ~ (2, 0.0%)

1 のおかげ, めったに見

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

2 ノ替

▼ 芝居仕立~ (2, 0.0%)

1 の台詞, の試み

▼ 芝居出勤~ (2, 0.0%)

1 の事, も差支え

▼ 芝居半ば~ (2, 0.0%)

1 で相手, にテレ

▼ 芝居又は~ (2, 0.0%)

1 錦影繪として, 間に合せの

▼ 芝居口調~ (2, 0.0%)

1 になった, はやっぱり

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

1 になつて, に採られた

▼ 芝居季節~ (2, 0.0%)

1 がはじまる, が近づいた

▼ 芝居寄席~ (2, 0.0%)

1 に至る, を見歩き

▼ 芝居小舎~ (2, 0.0%)

1 ででも演, を出

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

1 の客, の或

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

1 のこと, の気分

▼ 芝居廻り~ (2, 0.0%)

1 の俳優, の老い

▼ 芝居打ち~ (2, 0.0%)

1 お前さんを, 三人共謀の

▼ 芝居打とう~ (2, 0.0%)

1 とする, と思ってる

▼ 芝居映画~ (2, 0.0%)

1 に転じ, の退屈

▼ 芝居書き~ (2, 0.0%)

1 だ, やがった

▼ 芝居最中~ (2, 0.0%)

1 にエプロンステージ, に左

▼ 芝居沁みた~ (2, 0.0%)

1 やうな, 考へで

▼ 芝居流行~ (2, 0.0%)

1 の原因, の気運

▼ 芝居済ん~ (2, 0.0%)

1 でから一緒, で他

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

1 が全く, はだんだん

▼ 芝居特有~ (2, 0.0%)

1 の気持, の色

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

2 の一少年

▼ 芝居生活~ (2, 0.0%)

1 に入っ, の内幕

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

1 の名家, を画

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

1 によく, 淋し

▼ 芝居相撲~ (2, 0.0%)

1 割れる様, 割れる樣

▼ 芝居社会~ (2, 0.0%)

1 で認められ許され, の情熱

▼ 芝居穂麦~ (2, 0.0%)

2 がもと

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

2 を伝承

▼ 芝居~ (2, 0.0%)

1 がソヨ風, に照り映え

▼ 芝居見る~ (2, 0.0%)

1 のに, 心は

▼ 芝居見物記~ (2, 0.0%)

1 になり, はこの

▼1* [398件]

芝居あそびではなく, 芝居あたりで東京役者, 芝居あったが三芝居, 芝居ありこれよろし, 芝居いかなるダンスいかなる, 芝居いよいよ繁昌す, 芝居うった挙句な, 芝居うとうという肚, 芝居うとうというの, 芝居うまいものね, 芝居お前も西丸, 芝居かい夜会かい, 芝居かの題目の, 芝居がかかつた, 芝居がかり感服出來兼る江戸がり, 芝居きける音楽会の, 芝居きちがひで, 芝居きちがいですから, 芝居くさく調子づいて, 芝居くらゐ気, 芝居ぐらいに思って, 芝居ぐらゐにはお出掛になつて, 芝居ぐらゐはのぞいておくべきだと思ふの, 芝居ぐるいからほん, 芝居こいつに抜け, 芝居こそ見事に, 芝居これあり候由, 芝居つこが, 芝居ごころを刺戟, 芝居ごととしない, 芝居したいことを, 芝居したら河合みたいだすやろ, 芝居しちゃったの, 芝居してたのかと, 芝居してなくてよかっ, 芝居しとるやない, 芝居しないから愉快, 芝居ゃああるめえし今どきふたり揃っ, 芝居じみるようで, 芝居じゃァその一ばん, 芝居すっかり弱くなり, 芝居すなわち大劇場, 芝居すべて気が乗らない, 芝居そっちのけのお人好し, 芝居その他出来るったけ, 芝居たっぷりに山田, 芝居たるや役者, 芝居だけとは言はん俺は, 芝居だしつかり次の, 芝居だったらどうなる, 芝居だつてお前, 芝居だやれ相撲だって, 芝居だろうと云っ, 芝居だ考えてみる, 芝居ぢやあないと, 芝居つまり歌舞伎劇を, 芝居であっては父, 芝居であったらしく芝翫も, 芝居であったろうと思う, 芝居でありまするがつまり, 芝居であろうと思われる, 芝居でございましたかお, 芝居でござれ金にさえ, 芝居でさえなければ, 芝居でしてさ, 芝居でしか見ない普通, 芝居でなくたつてさうだ, 芝居でなくつたつてほか, 芝居でなくなるのだ, 芝居でのお馴染, 芝居で御座いますわねえ, 芝居といへる芝居, 芝居とかいう芸術を通じて, 芝居とかは見た事, 芝居とがごっちゃに, 芝居とさえいえば, 芝居とで美化した, 芝居とともにきかれる, 芝居とに打ちこんだ博士, 芝居とにおいてその温気, 芝居とばかり思い込んで, 芝居どころかその場, 芝居どころぢやない, 芝居どれも平均, 芝居どんな映画に, 芝居なかなか好評だ, 芝居なぞというものは, 芝居などが作られて, 芝居などでこそ随分の, 芝居などではどこか, 芝居などといふものは, 芝居などにも舞台を, 芝居などは必ず誘いあわし, 芝居などへまいりますと, 芝居なら知らないことそんな, 芝居なりに親しむ原因, 芝居なればだんまり場, 芝居なんかにとても理解, 芝居なんかの中に, 芝居なんかもさう, 芝居なんかを熱心に, 芝居なんざ止すが, 芝居なんざあ見るもの, 芝居なんぞに好くある, 芝居なんぞを見る度, 芝居なんだか小気味が, 芝居にかけてはひとか, 芝居にだって出て, 芝居にては曲を, 芝居にと謂つた風に, 芝居にばかり凝つて, 芝居にゃ使わないつもり, 芝居によつてオリジナルな, 芝居に対しても同様に, 芝居ぬきで裸, 芝居のみならず江戸, 芝居のみを見て, 芝居はやりいいわけ, 芝居ばかりに出て, 芝居ばかりは大入りです, 芝居ばっかり見たがって, 芝居ばなしのよう, 芝居ひとり古りたる, 芝居ぶちこはれ不機嫌, 芝居へなんか行くの, 芝居へなんて行けるもの, 芝居へばかり行く癖, 芝居ほったらかしたら駄目だ, 芝居ほんとうの世間, 芝居または動物園などに, 芝居までが非常に, 芝居てえな口, 芝居ちゃ, 芝居めいた事のすき, 芝居めかした太い聲, 芝居めく形式事に, 芝居もしくは詩中の, 芝居もめちゃ, 芝居やったのです, 芝居やめたいと思っ, 芝居やらお六, 芝居やるの, 芝居よりかお茶でも, 芝居よりは体操に, 芝居よろしゆおま, 芝居しさ, 芝居らしくいくど観, 芝居らしくないので中村警部, 芝居らしく見せかけてゐる, 芝居わたしはこの, 芝居をとあせつて, 芝居をのん気な, 芝居をもって旅まわりし, 芝居を通して演劇の, 芝居を通じて歌舞伎といふ, 芝居ちちゃ, 芝居エハガキは一つ, 芝居オペラを分岐発生, 芝居好キナノデ, 芝居スケッチの道楽, 芝居ッ気を放れぬ, 芝居アル, 芝居ニナリ故意ニ駄々ッ子ノ真似, 芝居見物桟敷満, 芝居ハネてから飲む, 芝居ピオニェールの分列式, 芝居フアウストの科白, 芝居知ッテイルノハ予ト婆サンダケ, 芝居ヲサレルト尚更依怙地ニナルワ, 芝居一くさりをする, 芝居一体に走る, 芝居一夕のアドヴェンチュア, 芝居一座続出し子供芝居繁昌, 芝居三年後に興行, 芝居がひっくり返る, 芝居中づっと苦しいでも, 芝居中一番面白かりしは, 芝居中封切しないやう, 芝居中後の板ツキ, 芝居中日過ぎると, 芝居乎何乎は知らぬ, 芝居乞食芝居なんていふ, 芝居なら兎, 芝居事実らしい夢, 芝居あっとるの, 芝居以上の陶酔, 芝居以来の鬱憤, 芝居以来久しぶりの女装, 芝居休みに手, 芝居うも, 芝居作者の弟子, 芝居によりトリ, 芝居例えばモスクワ芸術座なら, 芝居例へば仏蘭西で, 芝居傍観者の冷たい, 芝居全盛時代を作っ, 芝居に後年, 芝居其のもの, 芝居出勤問題はその後, 芝居出来ず大いにどなった, 芝居出来んおじぎし, 芝居出演と言, 芝居のキヤツフエ・ド・ラ・レジヤンス, 芝居割引券をどっさり, 芝居勃興のころ女優, 芝居化粧をし, 芝居十分一右森尻村の皮田, 芝居千秋楽気分にてふざける, 芝居即ち大劇場, 芝居即刻媾和を結ん, 芝居即興劇その他で刻下, 芝居の為, 芝居同様の色々, 芝居商売怒る型, 芝居喧嘩の場, 芝居噺紅白道具のどんでん返し, 芝居四方山話といふやう, 芝居壮士芝居活動写真などでその, 芝居の要求, 芝居声色何でもよい, 芝居女相撲ビッシリ軒, 芝居好きどこの座, 芝居好き舞台好き更に精力絶倫, 芝居好き芸好きだつたか, 芝居好き芸術を心, 芝居好き長唄が上手, 芝居好み活人畫の, 芝居って以来, 芝居嫌ひなお孃さん, 芝居子供のため, 芝居学校公会演説教育ある人間, 芝居學校公會演説教育ある人間, 芝居守田勘弥座の出方, 芝居寄席興行ものの状態視察, 芝居専門の興行師, 芝居小唄の千, 芝居小屋カフェー飲食店なぞが色魔式, 芝居小屋人集り場盛り場に抜目, 芝居小屋全体の礼節, 芝居小屋前の幟, 芝居小屋寄席木馬館のメリー・ゴーラウンド, 芝居小屋年も押し迫った, 芝居小屋料理屋果物屋がある, 芝居小屋時代の名残り, 芝居小屋阪東米八の楽屋, 芝居小屋附近のさる, 芝居小舍を出, 芝居小説の草双紙, 芝居展覧会なぞの報道, 芝居島津保次郎演出といふもの並, 芝居師連は孰, 芝居の攻め道具, 芝居情景である, 芝居憑かれて踊つてオサラバ, 芝居懸りに行く, 芝居打ったにすぎない, 芝居打ってたに違い, 芝居打つであろうからその, 芝居振りの激情的, 芝居掛った科白を, 芝居掛つた有難くない, 芝居掛つた鼻声でわたし, 芝居掛りです, 芝居擁護者としての伝統, 芝居数カット終ると, 芝居数カット昼はムザン, 芝居文体としての一つ, 芝居料理屋待合とどこ, 芝居新しい映画そういう, 芝居新聞雑誌などを総動員, 芝居明日は三越, 芝居明日旭座に血, 芝居時代があった, 芝居書いたんだ, 芝居書こうと考えついた, 芝居書生芝居に偶然, 芝居最中ズボンがスル, 芝居最初の遭遇, 芝居木戸前の光景, 芝居果たして警鐘価値あり, 芝居染みた思ひや挙動, 芝居染みますが留め, 芝居根生いの者, 芝居桟敷へ野郎子供, 芝居楽劇式の芝居, 芝居の並木, 芝居から眠, 芝居櫓銭十分一取打, 芝居此二つの面, 芝居殊に戯曲が, 芝居が乗らなく, 芝居気のりしないで, 芝居気取など致し, 芝居気狂いもてえ, 芝居みたやう, 芝居活動写真などでその, 芝居活動運動会その他の催し物, 芝居浄瑠璃その他の見物, 芝居浪花節の題, 芝居済まぬかと思へ, 芝居済むと一緒, 芝居演劇にも見られない, 芝居漢詩俗謡帝劇の女優, 芝居漸くまとまったが, 芝居炬燵と云, 芝居をやつ, 芝居物真似田楽狂言民謡又は神楽, 芝居特にいわゆる大, 芝居狂氣が大, 芝居独逸露西亜の芝居, 芝居珍景百出可笑しくて, 芝居町並に各, 芝居町以外に住む, 芝居的ハッタリと断然, 芝居的夢幻的現象の因, 芝居皆世界一です, 芝居皮肉意地悪戯れ, 芝居の芝居, 芝居相撲すべてその時々, 芝居相撲小屋等を移された, 芝居稽古を終り, 芝居素人レビュー男はポマード, 芝居終って久々来訪, 芝居続々起る, 芝居緞帳でいい, 芝居繁昌の一時代, 芝居美術学生のネクタイ, 芝居美術展覧会音楽などあらゆる, 芝居者たちの父親亡き後, 芝居者相手の雑用宿, 芝居職業的な専門家, 芝居と称せられる, 芝居さが, 芝居興行禁制とまで堅く, 芝居舞台という事, 芝居芸術の悲哀, 芝居若衆しゃむ, 芝居若衆峰の小, 芝居苦しいといふこと, 芝居茶屋三河屋に銓, 芝居茶屋丸屋三右衛門の子, 芝居茶屋全廃論も出, 芝居茶屋和泉屋勘十郎方の飯焚, 芝居茶屋猿家のうしろ楯, 芝居茶屋舟宿柳橋兩國の盛り場, 芝居茶屋通いで世間, 芝居菜の花畑に鏡, 芝居と定められ, 芝居裏帰りの寅さん, 芝居裏河岸の病院, 芝居見せものなどの, 芝居見せ物等自在なり, 芝居見たいだけれど, 芝居見たくて湊座, 芝居見だものまだまだ, 芝居見世物の小屋掛け, 芝居見方はたしかに, 芝居見物どころでは, 芝居見物みたいに幕, 芝居見物一つ花見一つしねえと, 芝居見物三升の暫, 芝居見物中など大声, 芝居見物以来何とない, 芝居見物気分を混じ, 芝居見物温泉旅行春風秋月四時の行楽, 芝居見物興なきに, 芝居覗きどころの騒ぎ, 芝居角芝居の座頭, 芝居言葉だが, 芝居には通じない, 芝居調を具え, 芝居講釈のたぐい, 芝居踊唄を夜毎夜毎, 芝居辰松座の櫓, 芝居迄の総ての, 芝居遊山が人樣, 芝居遊芸道楽に関すること, 芝居道多年の習慣, 芝居道実地の修業, 芝居道幕内では, 芝居道熱心の微衷, 芝居に時, 芝居鈍帳役者鈍帳芝居の観客, 芝居錦絵さまざまな品, 芝居錦絵中村座当り狂言の雪, 芝居関係の人間, 芝居関係者は言っ, 芝居陶器食もの思想, 芝居雑誌は古く, 芝居雑誌二六通や水魚連, 芝居音曲等の軟かい, 芝居音楽会キネマなんかを見る, 芝居音楽会講演会などがこの, 芝居音楽活動写真館その他ラジオだの発明相談所, 芝居風景に雪, 芝居食いに満足, 芝居香具芝居乞食芝居なんていふ, 芝居騒ぎについては総長