青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「知らせ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

知っ~ ~知った 知った~ ~知ってる 知ってる~ ~知つて ~知ら ~知らず 知らず~ ~知らせ
知らせ~
~知らない 知らない~ ~知らなかった 知らなかった~ ~知らぬ 知らぬ~ ~知られ 知られ~ ~知らん 知らん~

「知らせ~」 2993, 28ppm, 4184位

▼ 知らせ~ (1529, 51.1%)

64 来た 44 くれた 32 くれ 29 下さい 24 やろう 23 くれと 18 来たので 16 くれたの 14 来たの 13 きた, 来て 12 いた, ください, くれるよう 11 よこした 10 いるの, やつた, やること 9 いる, くれる, くれれば, やった, やりました, やる 8 くれた人, くれて, くれました, やって, やると 7 きて, くれるの, やつて, やりたいと, やろうと, 呉れと

6 [11件] あった, くる, くれたまえ, くれなかったの, やらなければ, やれば, 呉れた, 来い, 来たん, 来る, 置いて

5 きたの, くれるもの, もらいたい, やったの, やらうと, やらねば, やれ

4 [15件] あげよう, いるよう, おいた, おいて, おくん, くれたもの, くれたん, くれないか, やろうじゃ, よこすよう, 來た, 呉れ, 呉れたので, 寄した, 来ました

3 [30件] あげたい, ありますから, あるの, おかなければ, おくれ, おけば, おこう, おこうと, くれい, くれお, くれたが, くれないと, くれます, ほしいと, もらいたいの, やったが, やったこと, やったん, やらないの, やりたい, やります, やるぞ, やるの, やるん, よこしました, 下されば, 下すった, 來ました, 来たから, 来るよう

2 [91件] あげて, あげましょう, あげますから, あげようか, あげる, あったの, あつた, いない, いないこと, います, いるので, おいたの, おいたので, おきたいこと, おきました, おきましたから, おくほう, おく必要, おけ, きたこと, きたので, きました, くるの, くれたので, くれたんで, くれた者, くれても, くれましたから, くれるだろう, くれるな, くれるなと, くれるよ, くれるん, くれん, くれ給え, こい, しまうの, それから浜屋敷, ほしい, ほしいの, まいりました, もらいたいと, もらいたいという, やったと, やっても, やつたら, やらう, やりさえ, やりたいの, やりたいもの, やりたくて, やりましたか, やりましたが, やりましょう, やり度, やるため, やるつもり, やるやつ, やる方法, やる氣, やろうかと, やろうよ, よこしたが, よこした時, よこす, ゐた, 上げて, 下さいました, 下さいませんか, 下さいよ, 下さった, 下さらないの, 下さらなかったの, 呉れたの, 呉れても, 呉れると, 寄こして, 来たと, 来たもの, 来た時, 来た者, 来ます, 来るので, 来るまで, 欲しい, 置かなかつたん, 調べて, 貰いたい, 貰いたいこと, 貰ふ, 遣りたいと

1 [593件 抜粋] あげたい知らせて, あげたい静か, あげたじゃ, あげても, あげなくても, あげますよ, あげるか, あげるから, あげるのに, あげるわ, あったため, あったらしく中年増, あります, ありませんが, あるくん, あるという, あるので, あるん, ある人たち, ある地下道, あわよくばその, い, いいもん, いいん, いうと, いただきましょう, いただくよう, いただけなかったの, いただこう, いたら見うしなって, いないん, いなかった, いなかったと, いませんでしたが, いるでは, いるばかり, いるらしい, いるん, いる訳, いろいろじゅんび, えし, おいたもの, おいたよ, おいた友人, おかないで, おかなかったこと, おかなかったもの, おかなかったん, おかなくては, おかねば, おきたい, おきたいが, おきたい場所, おきたい山人, おきたかった, おきたかつた, おきましたが, おきましょうね, おく, おくから, おくからね, おくこと, おくの, おくもの, おく方法, おく義務, おけと, おとなの, おやりなさい, おやん, おらぬ, おりは, おりましょう, お呉れでない, お寄越し, お礼は, お置き, お置きくださいましたら, お遣りなさい, きたから, きたじゃ, きたという, きたとおり, きたまま, きたん, きた内容, きた山番たち, きた手紙, きた試し, きました所, きます, くださいました, くださいませんこと, くださったうえ, くださつたもの, くださらなかったの, くださらんか, くださる親切, くるから, くるからね, くること, くるという, くるに, くるはず, くるるもの, くる筈, くれいや, くれさえ, くれそれ, くれたい, くれたおかげ, くれたこの, くれたし, くれたって, くれたという, くれたところ, くれたらお祝い, くれたらこんな, くれたらそれ, くれたらどう, くれたら五両, くれたン, くれた三方子村, くれた事, くれた助手, くれた友達, くれた学生, くれた手紙, くれた方, くれた方位, くれた時, くれた殊勲者, くれた蛇籠作り, くれた辱, くれって, くれてもよ, くれといふ, くれないかと, くれないはず, くれないもう, くれないん, くれなかった, くれなかったん, くれましたが, くれましたので, くれました時, くれましてね, くれますよ, くれめ, くれも, くれられた, くれられた女性, くれりゃ原っぱ, くれるか, くれること, くれるし, くれるその, くれるだろうし, くれると, くれるので, くれるはず, くれるまで, くれるらしい, くれるんで, くれる幾多, くれる新聞, くれる筈, くれる者, くれる誰, くれろと, くれ意識, くれ給えよ, こない, こないから, こないという, しまうこと, しまうぞという, しまったから, しまったの, しらべて, そこから, そして自分, その振, その晩, それから君, それに, たまれ, たまれあせりに, たまれ人, とき, どうする, なかった, なければ, ならないと, ならぬこと, なんに, なン, ほしいとの, まいりますから, まいるな, まわるとき, みても, もっとたくさん, もらいたいなどと, もらいたいね, もらいたいもの, もらいましたこれから, もらうほう, もらうもの, もらうよう, もらう必要, もらえなくても, もらえるかも, もらえるの, もらおう, もらったん, やったから, やったがね, やったところ, やったので, やったほう, やったまでの, やったらさっそく, やったらどういう, やった今, やった帰国, やった手紙, やった時, やった為, やっては, やつたり, やつても, やらうとして, やらなかったし, やらなくつちや, やらなくては, やりたいという, やりたいとおつし, やりたいどう, やりたいん, やりたかったの, やりたかったのに, やりたくな, やりたくなっちゃって, やりたく思ったが, やりとう存じます, やりながら, やりましたけれど, やりましたよ, やりましょうか, やりましょうわい, やりますと, やりますよ, やりませんでした, やり誰, やるから, やるが, やるぜ, やるだけ, やるといふ, やるところ, やるほか, やるやう, やるよ, やる便り, やる奴, やる間, やれましたか, やれましよう, やれるぞ, やろうか, やろうという, やんな, ようが, よこさないの, よこしたこと, よこしたの, よこしたもの, よこした手紙, よこした重大報告, よこしましたもの, よこしガス, よこすで, よこせとの, よろこばせること, ゐたが, ゐる, ゐるの, ゐる鳩たち, 一層の, 一手柄させ, 上げたいが, 上げたいと, 上げたいの, 上げたら漸く, 上げたん, 上げても, 上げないよ, 上げなくっちゃあ, 上げましょうよ, 上げますけれど, 上げませうよ, 上げよう, 上げようと, 上げるから, 上げること, 上げるため, 上げるわ, 上げるん, 下さいその, 下さいね, 下さいましたが, 下さいませ, 下さい別に, 下さったので, 下さって, 下さらないんで, 下さらぬうち, 下さらぬ中, 下さりゃいつ, 下さるの, 下さるも, 下さるやう, 下さるわねエ, 下さるブルック先生, 下され, 下すったでしょう, 事前に, 二人で, 二人とも, 今一度新たに, 兎も, 全管下, 其さまざまに, 利用させた, 加勢を, 医者を, 参って, 参りましただけ, 参りましたもの, 反省を, 取ッ, 同行した, 名探偵, 呉れたが, 呉れたま, 呉れたん, 呉れた未知, 呉れないでは, 呉れました, 呉れましたほか, 呉れますわ, 呉れるに, 呉れるよう, 呉れる位, 呉れる親切, 呉れ君, 喜ばして, 喜ばせて, 喜ばせようと, 喜ばねば, 喜ぶ顔, 喜んで, 園絵様には, 売り物に, 大さわぎしたら, 失望させる, 奧の, 女中の, 姿を, 安心させ, 安心させる, 安心も, 寄こさなかつたの, 寄越したこと, 寄越したん, 居た, 山狩りを, 帰つていつた, 帰ると, 廻れ出動, 引っ張り込んでた情人, 彼を, 彼等を, 御主人, 応戦の, 成らぬと, 成らぬ事柄, 戴くやう, 戴く場合, 戻つて來, 明日の, 有りません, 村田を, 来いすぐ, 来いと, 来いなるべく, 来そう, 来たからには, 来たが, 来たこと, 来たとか, 来たもう間もなく, 来たり, 来たン, 来た事, 来た外崎覚, 来た少女, 来た或, 来た手紙, 来た特徴, 来た藩士, 来ない, 来ないぞと, 来ないの, 来なお, 来なかったから, 来ましたので, 来ましょう, 来ますから, 来よう, 来るかと, 来るし, 来ると共に, 来る以上, 来る十一日, 来る妹, 来る筈, 欲い, 欲しいと, 欲しいという, 欲しいといふ, 欲しいとも, 歩いたの, 歸る, 皆を, 真しろい, 祝宴を, 紹介し, 置いた, 置いたの, 置いた遠い, 置かなければ, 置かねえと, 置きたかったから, 置きたかつたにも, 置き度, 置くが, 置くべきか, 置くもん, 置くわけ, 置く当人, 置く方, 置く暇, 置けば, 良いか, 若侍, 行きました, 行く積り, 行ったの, 誰か, 警官とともに, 警視庁の, 財産分配の, 貰いたいという, 貰いたいな, 貰いたいわ, 貰いたいん, 貰うこと, 貰うはず, 貰うん, 貰おう, 貰ったその, 貰ったとか, 貰ったの, 貰ひたい, 貰へ, 赤ン坊は, 迎えの, 迷惑を, 逃亡させる, 進ぜる, 遣ったらどう, 遣った手紙, 遣った頃, 遣って, 遣つた, 遣ば, 遣らうと, 遣りましょう, 遣るの, 遣れと, 邸内の, 酒の, 金を, 非常線が, 頂きたいこと, 頂戴, 驚ろかし, 魔人を

▼ 知らせ~ (375, 12.5%)

29 来た 24 来たの 18 来て 8 來た 7 来たので, 行ったの 6 驚いて 5 きたの, よると, 来たん, 来た時, 来るの 4 いって, 来たと, 来たもの, 行きました 3 まいりました, まゐりました, 接して, 来たという, 来たとき, 来ると, 行く, 行った, 行って

2 [17件] かけつけて, きた, きました, したためた手紙, それ捕ま, よりますと, 來て, 此の, 行きます, 行くと, 行くん, 行こうと, 行ったので, 行った時, 走ったの, 飛んで, 駈けこんで

1 [174件] あの子ども, いきました, いきましたが, いささか驚いたらしかった, いったの, いったらどこ, いらして, おいで, おいでの, おげん, お代嬢の, お出下され, かけるつもり, きたが, きたこと, きたと, きたもの, きたん, きた半, きた時, きて, くること, ここの, こよい, さては敵国, ざわめきだした, しっかりしがみつい, すぐ駈けつけ, それと, つぐ何, でるぐらい, なったでしょう, なつかしいお母さん, にわかに活気づい, ひどくどぎまぎ, また屋上, やったの, やってきた, やりましたから, やりまして, やるから, ゆきあたし, ゆきますよ, ゆき一人, ゆくからな, ゆくが, ゆくところ, ゆくん, ゆく暇, ゆけと, 人々は, 人が, 伺候し, 何か, 來たら, 來ました, 來る, 信者が, 出かけるといふ, 出るもの, 動揺した, 参って, 参りましたから, 参りましたと, 参れと, 參つた, 圓次郎な, 女房は, 家へ, 寄った, 寄って, 寄る輝子, 寄越した, 寒原家, 小舟の, 山へ, 帰るん, 帰れ, 幕営の, 幸坊が, 廻りよほど, 応じて, 急いで, 房枝が, 接しないの, 旅立ちました, 日頃沈着な, 曙の, 村へ, 来いと, 来ずに, 来たあの, 来たから, 来たが, 来たそう, 来たとき彼女, 来たところが, 来たはず, 来たほどの, 来たよう, 来たわけ, 来たんで, 来たベルネ, 来た乾児, 来た事, 来た人々, 来た侍, 来た子供, 来た私達, 来た者, 来た若者, 来っこと, 来ても, 来てんわ, 来ましたので, 来ましたら足下, 来ますよ, 来りし故, 来る, 来ること, 来るったって, 来るという, 来るとか, 来るほどの, 来るまで, 来るもの, 来るよ, 来る事, 来る場合, 来る男, 来る間, 来登, 清盛は, 満ちて, 男爵は, 相違あるまい, 立ち寄るだけの, 立ち廻るほど, 翌十四日ミュンヘン府, 老夫婦, 自身番の, 行くつもり, 行くには, 行くまで, 行くもの, 行くやら, 行くよう, 行ったならすべて, 行ったよ, 行った男, 行つ, 行つた, 行つた沼波の, 行つて間も, 警備手配に, 貸舟屋, 走らせようと, 走るか, 走るの, 軍師へ, 迎いが, 違いない, 遣り夜, 鈴を, 集って, 飛ぶ, 馳け, 馳けて, 駈けた, 駈けつけて, 駈けて, 驅け, 驚かされて, 驚き其場所

▼ 知らせ~ (258, 8.6%)

19 あった 14 来た 10 ありました 8 あったので 7 あったの 6 あつた, ある 5 あって 4 きて 3 あると, きた, まいりまして, 来たとき, 来て

2 [17件] あったん, あった時, ありせめて, いったの, きたの, ほ, ほなる, まいりました, 屆いたこと, 届いたこと其外, 来たので, 来ても, 来ました, 来るか, 浜松へ, 私たちを, 集って

1 [130件] あったから, あったが, あったため, あったという, あったとき, あったばかりの, あったほど, あったもん, あったよ, あった今に, あつて, ありさうな, ありどこ, ありは, ありましたけ, ありましたけん, ありましたに, ありましたので, ありました諏訪, あります, あり二月, あり仲時殿はじめ, あり国目付接待, あり甲斐, あり隣藩, あるかと, あるぞ, あるに, あるはず, あるまでは, あるらしく目, あるん, ある迄は, あれば, いちばんこた, いったに, いってる, おに, きたので, こない, ございまして, ございましょう, そこから, そこへ, たちまち広がった, てら渠, とどいた, とどいたの, とどいたので, どうして無意味, どこかに, ないうち, ないと, ないところ, ないんで, なくいつ, はいりました, ひっきりなしに敵, ひとたび村, まいって, まいりましてからは, やうやく, やがてお前, やってきた, やってこなくなって, やって来た, わかって, わるいからと, シバの, フランスへ, 一と, 三輪の, 九州の, 九月の, 予想以上に, 二三日前に, 二人の, 伝わって, 何處かに, 余程嬉しかっ, 來たら, 傳はる, 入った, 入ったからと, 入りました, 出せると, 初めて桑名藩, 參りました, 堺から, 多くつて, 孔明の, 届いた, 届いたこと, 届いた満蒙奥地, 届いてるん, 幾分なりとも, 彼女の, 徐盛の, 怪紳士の, 捨てた家, 提督の, 方々へ, 早くも, 書いてないこと, 最後だ, 朝食の, 李陵の, 来たの, 来は, 来ようかと, 来る, 来るかも, 来ると, 来るの, 来るはず, 来るまでは, 江岸の, 無電班へ, 物見の, 猪之, 監督官の, 組長から, 耳には, 胸を, 行くまでは, 行ったこと, 行つて王から, 達するだろう, 長戸検事の, 飛びこんで

▼ 知らせ~ (248, 8.3%)

25 受けて 22 聞いて 8 うけて 6 待って, 持って 4 受けた, 聞くと 3 もって 2 うけたので, うけた日, して, 受けたの, 吾妻屋の, 聞いてから, 聞きみんな積み荷

1 [156件] あげるから, あたえるかも, あなた自身が, いつも注意, うけさて, うけた, うけたとき, うけたの, うけたばば, うけた呉用学人, うけた晩, うけた民部, うけた阿母さん, うけとった, うけとったとき, うけとったアシビキ号, うけとってから, うけましたが, うけるや, お受け, お待ちに, お感じ, きいて, きくと, きけば, くれた時, したよう, すぐうけとりました, すること, するすこし, するやう, する次第, だしぬけに, ほかの, みて, もうとっくにもっ, もたらしたの, もたらした一群, もたらした人, もつて, もらったの, よこしました, る, モスク, 不審人の, 二宮へ, 京都の, 代官松の, 伝えたかも, 伝えなければ, 伝えようと, 伝えるため, 伝える者, 信用し, 側近の, 兄から, 兼ねて, 冷淡に, 出さなければ, 出した, 出したん, 出してないから, 出しは, 出すこと, 切に求め, 取りに, 受けたこと, 受けたもの, 受けた交番, 受けた対馬守, 受けた鎌倉中, 受けとったから, 受けとらなければ, 受けとりました, 受けましたので, 受けると, 受ける手掛り, 受け取った, 受け取ったの, 受け取つたが, 受け取りながら, 受け取るまでの, 受け駈けつけて, 受け驚いて, 受取ったそれから, 受取ったの, 受取った時, 受取つてから, 受取るなんて, 告げた, 告げるに, 嵐子から, 彼は, 待たずして, 待ちかねて, 待った, 待つこと, 待つて, 待つと, 待つまでも, 待つ間, 得たの, 得たのち, 得たり, 得た後, 得る, 心待ちに, 必ず耳, 忘れずに, 恨むほど, 感じました, 我々の, 戴けるかと, 手に, 拡声機を通して, 持つて, 持合わせなかった, 村松検事から, 王さまに, 白河戸郷へ, 確認し, 祝って, 私は, 突きつけるかするのに, 耳に, 聞いた, 聞いたから, 聞いたと, 聞いたとき, 聞いたの, 聞いたので, 聞いたもの, 聞いた人々, 聞いた春信, 聞き戦場, 聞き終わった, 聞くと共に, 聞くの, 聞くまで, 聞くや, 聽いた, 聽か, 要求しよう, 見て, 語った, 読んだ, 読んだ時, 送つた, 送られました, 部下の, 隙も, 電話で, 願いたい, 願います, 願ひます, 齎らし

▼ 知らせ~ (63, 2.1%)

2 あつた, 自殺する, 逸早く邸, 驚いて

1 [55件] あが, あつたの, おとうさんは, おとうさんや, お光, このダアバン, これから盧員外, ござります, ござんす, さっきから, しきりに抜こう, すぐ上京, そっちへ, その日, ふたりの, もう水戸, わかった, わかって, わしも, ナアモ, 一家が, 三時過, 二人は, 佐々の, 北条守時の, 召使達が, 始めて, 姫路城から, 子供の, 宋江の, 家の, 寄って, 少くとも, 屋内の, 平次が, 晝の, 槇子は, 殿下は, 母が, 治兵衛が, 深夜という, 玄関へ, 私が, 私は, 背中に, 船長が, 良人の, 蜂須賀巡査が, 街の, 警視庁の, 輕井澤から, 駈けつけたの, 駈けつけた娘, 駈けつけた警官, 驅け

▼ 知らせ~ (50, 1.7%)

5 なかった 3 しないで 2 ございません, せずに, ないん, なしに

1 [34件] あった, あつて, ありませぬ, ありませんでした, お受け取りに, くれないで, しずに, して, しないのに, しなかった, しなかったこと, しなかったほんとに, ない, ないで, ないの, ないので, ないのに, なくあつた, なくとうとう, なく初産, なく帰つて, なく東京, なく歸つて來, なく江戸, ねえん, 出して, 受けなかったけれど, 困ったもの, 寄越して, 来ないの, 無いそう, 無いの, 聽か, 覚えぬらしい

▼ 知らせ~ (45, 1.5%)

3 ような, ように 2 ないの

1 [37件] あったあの, あったの, あったわが, あった日縁側, あった時, あった翌日, あるの, あるまで, きたれ葦垣, くつわ, そばに, ための, つもりで, はがきを, ままに, ようす, 上に, 使者が, 役に, 手紙が, 手紙には, 手紙を, 挿話として, 木と共に, 来るの, 柱も, 棒が, 次第を, 男とも, 目食は, 端書に, 花火の, 葉書一枚も, 身ぶるいに, 通り来庵数日寝たきりの, 鈴が, 電報で

▼ 知らせては~ (38, 1.3%)

5 ならない 2 いけないと, なかった, ならないこと

1 [27件] いけない, いけないこれ, いけないの, いけませぬ, くれないの, くれぬ, くれまいか, どんなさわぎ, ない, ないが, ないん, ならないの, ならない身の上, ならぬそう, ならぬと, なりません, やらないと, ゐなかつた, ゐませんでした, 一生を, 下さいませんでしたわ, 余りにも, 幸七を, 成らず縦し, 成りません勿論, 置いたが, 面白くない

▼ 知らせ~ (38, 1.3%)

2 ないか, 彼が

1 [34件] ある筈, いつまで, きわめて短い, これまでの, して, しないと, しなかったが, しなかったという, しません, たちまち蛾ぜんたい, ないけれども, なかった, まだ皆んな, わしの, 一しお愉快, 今朝早く, 元来書状で, 先づ東京へ, 全く寝耳, 富山の, 市場に, 帰って, 弁信へも, 彼を, 後白河法皇, 成親について, 捨ておけまいと, 日本じゅうを, 来なかったか, 船岡に, 西八条にも, 道誉に, 雁金検事からの, 非常に

▼ 知らせによって~ (18, 0.6%)

1 [18件] しんせつな, その子, 三人の, 中村警部が, 其場へ, 受話器を, 四里の, 国王や, 土曜日の, 承知し, 横山が, 知ったとき, 籠手田左衛門その, 紅海から, 迎えに, 附近の, 駈けつけた花川戸交番, 駐在所の

▼ 知らせ~ (16, 0.5%)

1 [16件] いれちがいに, おもわれる, それが, みえて, ローマ字で, 云うの, 云うもの, 云って, 仰っしゃるのを, 同時に僕, 申しましょうか, 申しますから, 行きがかり上ここへ, 行く先の, 見れば, 言おうか

▼ 知らせても~ (12, 0.4%)

2 平次は 1 あげませう, い, くれた, さて何, やりたく思いますものの, 出て, 御新造の, 悪い人, 来おらぬ, 滅多に

▼ 知らせ~ (9, 0.3%)

2 何となく凄 1 しきりに伊那丸, 妻は, 弦之, 昨夜は, 武蔵は, 歩き去る, 進まぬ足

▼ 知らせたり~ (9, 0.3%)

2 する 1 お母さんが, した, すると, その原稿, また火事, 必要に, 遊びにつれ

▼ 知らせという~ (9, 0.3%)

2 のか 1 ものであった, ものであろう, ものでございましょう, ものは, やつであろう, ような, 奴だろう

▼ 知らせ~ (9, 0.3%)

2 のである, のです 1 のだ, のだった, のであった, んだ, んです

▼ 知らせながら~ (8, 0.3%)

1 さあらず言う, さりげない, そのそば, 各個人, 囁いた, 教えるよう, 火星人と, 自分へは

▼ 知らせ~ (8, 0.3%)

4 くない 1 いこと, いといふ, い慾望, い欲望

▼ 知らせ~ (8, 0.3%)

1 はで, ひし友, ふばかり, ふべきこと, ふべき御, へ, へと念ず, れと

▼ 知らせでも~ (7, 0.2%)

1 あったの, あったん, したの, したよう, する様, なく恋, 来たの

▼ 知らせ~ (6, 0.2%)

1 そうそう祝言, というの, とさえ思った, と思う, と聞い, な

▼ 知らせであった~ (6, 0.2%)

1 か, かあの, かも知れません, からカピ, まで, ような

▼ 知らせその~ (5, 0.2%)

1 功によって, 大展望, 帰り途で, 木へ, 胆を

▼ 知らせでは~ (5, 0.2%)

2 ありますけれど 1 ない, なかろうかと, 仙台から

▼ 知らせ~ (5, 0.2%)

21 お丹, やと, 何が

▼ 知らせ~ (5, 0.2%)

1 はふ, ひいろ, ひました, ひ形, ふこと

▼ 知らせそして~ (4, 0.1%)

1 この場, 成行を, 板木を, 洵吉自身の

▼ 知らせまた~ (4, 0.1%)

1 その生国, 同じ意味, 次の, 鶏は

▼ 知らせやう~ (4, 0.1%)

2 と思つて 1 と思った, と思ふ

▼ 知らせ~ (4, 0.1%)

1 があまり, が遅う, の用意周到, は本

▼ 知らせさえ~ (3, 0.1%)

2 すれば 1 あれば

▼ 知らせだった~ (3, 0.1%)

1 かと豹一, な, のだ

▼ 知らせとでも~ (3, 0.1%)

1 いうもの, いおうか, いふもの

▼ 知らせにも~ (3, 0.1%)

2 有頂天に 1 拘らず食卓

▼ 知らせよう~ (3, 0.1%)

2 がない 1 にも方法

▼ 知らせ~ (3, 0.1%)

2 下度候 1 下たく

▼ 知らせ~ (3, 0.1%)

2 なるもの 1 にすっきり

▼ 知らせ~ (2, 0.1%)

1 出しに, 品の

▼ 知らせじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないの, なんとのう

▼ 知らせそこ~ (2, 0.1%)

1 から明智探偵事務所, の若い

▼ 知らせそれ~ (2, 0.1%)

1 とばかり駆け付けた, に甥

▼ 知らせである~ (2, 0.1%)

1 が朝, ということ

▼ 知らせでした~ (2, 0.1%)

1 あなたには, わい

▼ 知らせです~ (2, 0.1%)

1 か, 出発の

▼ 知らせとともに~ (2, 0.1%)

1 リヨンに, 新しい補充兵

▼ 知らせとは~ (2, 0.1%)

1 予想も, 云えその

▼ 知らせと共に~ (2, 0.1%)

1 梯を, 駈け付けて

▼ 知らせなお~ (2, 0.1%)

1 俊夫君に, 四辺を

▼ 知らせには~ (2, 0.1%)

2 たしかに意味

▼ 知らせばや~ (2, 0.1%)

1 故郷人も, 民の

▼ 知らせんで~ (2, 0.1%)

1 なんか, 江崎を

▼ 知らせ~ (2, 0.1%)

2 と晩平次

▼ 知らせ~ (2, 0.1%)

1 さりましさしづめ, にいた

▼ 知らせ~ (2, 0.1%)

2 にもかも解った

▼ 知らせ~ (2, 0.1%)

1 ず, りしかば

▼ 知らせ墨縄~ (2, 0.1%)

1 でも云, でも云わせ

▼ 知らせ~ (2, 0.1%)

1 の清三郎, の身分

▼ 知らせ~ (2, 0.1%)

2 して

▼1* [125件]

知らせおとうさんが時計塔, 知らせおとなの手, 知らせお前樣を殺さん, 知らせかたがたの話, 知らせかたがた安否を問い合せる, 知らせかと思い彼女, 知らせぐらいはあっても, 知らせければ伴建部, 知らせこの嘘を, 知らせこれからばらばらに, 知らせさえもなかった, 知らせに召, 知らせしか文右衞門に, 知らせするのだった, 知らせそのものの価値, 知らせそれからさっきの, 知らせたちまち十人の, 知らせだけに上書を, 知らせだろうか, 知らせちとお遊び, 知らせちゃくれまいか, 知らせちやくれまいか, 知らせつつある, 知らせてからすぐそれ, 知らせてからが問題だ, 知らせてさえおけば, 知らせてもよかりそう, 知らせてやッた, 知らせてよと使者の, 知らせてをりました, 知らせであったろうか, 知らせでございましたぞ, 知らせでさえ耳に, 知らせでしょうか, 知らせででもこの一行, 知らせでなければ好い, 知らせといふもので, 知らせとしてはたいへん冷静, 知らせともながって, 知らせなしに送った, 知らせなど母としては, 知らせなどという手紙の, 知らせなどによると, 知らせなら私は, 知らせにかありけむ, 知らせにつき道具廻る, 知らせにて離れの, 知らせにでも行くか, 知らせになんぞ人を, 知らせによつて僕は, 知らせに対して覚悟し, 知らせのみでよい, 知らせまたは噂を, 知らせの心, 知らせもののありどころ, 知らせ新聞などにて, 知らせようやく近づいたな, 知らせッあの, 知らせをばもたらして, 知らせがため, 知らせユーゴー通りに自動車, 知らせ一彦が怪塔, 知らせ上下流の工事場, 知らせ上京を促した, 知らせ申候, 知らせ世間から慈善事業家, 知らせ事成就の吉兆, 知らせに見せ, 知らせ伊庭夫婦にも打ちあけた, 知らせ但し絵の, 知らせ出入りさせて, 知らせ十九日の昼時, 知らせ十分に手分け, 知らせ參らせんやうなし, 知らせそちらからの, 知らせ受話機をおいた, 知らせ合つて詩のやりとり, 知らせ吉方を, 知らせ天下の奇材, 知らせ守青年の保護, 知らせ安心させて, 知らせの回り, 知らせ家主から警察, 知らせ小禽が愉快, 知らせ希望と平安, 知らせ度さに変り果てた, 知らせ引き合わせをした, 知らせ張飛の軍, 知らせ彼女にマリユス, 知らせ必要と思う, 知らせ怪人が日本人, 知らせ悪漢どもを鑑定, 知らせな迷信, 知らせ愛想を盡, 知らせ指図を仰いだ, 知らせ支度が出来たら, 知らせ日比谷へさきまわり, 知らせ早く縁を, 知らせ時勢に適応, 知らせ最後の別れ, 知らせ有しは少し, 知らせ東京じゅうに非常線, 知らせ檀那寺まで届ける, 知らせ枝の, 知らせの差し掛かった, 知らせ江戸の話, 知らせ玉はず女官の闕員, 知らせ上げて, 知らせ申しますけれども八日, 知らせ皆既の瞬間, 知らせ監視を厳重, 知らせの恩義, 知らせ神家が立ち行く, 知らせ納得したらしい, 知らせ自分を自ら窮地, 知らせ良い処よりも, 知らせ行って問い合わせ, 知らせが月, 知らせ振で話し真似, 知らせ遺骸のあっ, 知らせの医師, 知らせむれば, 知らせ非常を告げた, 知らせに裝, 知らせ首尾よく謀ら