青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「覆面~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~西洋 西洋~ ~要する 要する~ 要するに~ ~要求 要求~ ~要素 要素~ 要領~
覆面~
~見 見~ ~見え 見え~ ~見えた 見えた~ ~見えない 見えない~ ~見えなかった ~見えぬ

「覆面~」 1028, 11ppm, 9768位

▼ 覆面~ (412, 40.1%)

16 男が 10 下から 8 中から, 侍が, 武士が, 武士は 7 侍は 6 男は 5 武士の, 武家は, 男と 4 下に, 部下が, 顔を 3 お銀様, さむらい, ために, ひとりが, ままで, 人が, 人物は, 曲者が, 英字です, 部下は

2 [21件] 下の, 下を, 中の, 二人の, 人は, 侍の, 名探偵, 名探偵青竜王, 大の, 怪漢が, 曲者は, 武士, 男, 男に, 男の, 白い顔, 老人が, 覆面たる, 辻斬の, 部下に, 間から

1 [242件] あいだ, いでたちで, いひ譯, うちに, うちの, うちを, お侍, お侍さん, お姿, かげから, ことが, さむらいたち, しずくに, その水夫, ため一切知る, ため顔色は, とれたの, ない十数名, ない男, なかで, なかの, ひとりは, ふたり, ふたりの, ま, まなざしを, ままそれなる, まま人の, まま前に, まま酒を, まま首領に, むれガチャガチャ, やつが, わしの, エピキュリアンに, ホールダップでも, 一人が, 一人物に, 一寸法師に, 上から, 下で, 下には, 中で, 乱暴武士が, 人, 人に, 人の, 人も, 人を, 人影が, 人影美しい, 人物が, 人物こそ, 人物です, 人物と, 人物を, 人突然, 仕通し, 付いた茶色, 伊賀の, 侍げらげら, 侍です, 侍では, 侍でも, 侍と, 侍とは, 侍へ, 侍も, 侍を, 偽浪士, 儘慇懃に, 刀の, 切捨御免の, 利用の, 刺客なる, 剣手を, 半身である, 原士は, 品の, 囚人, 四馬剣尺, 場面へ, 士, 士の, 士は, 声に, 大男が, 奥に, 女に, 女の, 女は, 女客, 女将軍は, 女性が, 女性で, 女賊, 女達, 姿であります, 姿は, 姿も, 姿を, 婦人は, 婦人群と共に, 客から, 客だ, 客という, 客は, 客人である, 密書の, 小がら, 少女とは, 居合抜きは, 布, 布を, 底で, 式を, 強盗どもは, 影, 影が, 彼女とは, 後を, 性質は, 怪人ガスコであった, 怪人物, 怪塔王と, 怪塔王は, 怪武士という, 怪漢, 怪物が, 怪物の, 怪物を, 悪者どもを, 惡者が, 手には, 手紙が, 批評を, 探偵だった, 探偵青竜王から, 敵, 敵に対して, 敵も, 新一郎を, 方に, 曲者を, 曲者三人に, 棹主が, 模樣なる, 武士すなわち, 武士たち, 武士たちが, 武士たちは, 武士たちを, 武士である, 武士と, 武士との, 武士に, 武士三名が, 武士腕の, 武家でありました, 武家と, 武家に, 武家の, 武家必死の, 武者わらじを, 歴史も, 死骸が, 残虐と, 水夫が, 水夫達数十人が, 泥棒だ, 浪人とは, 浪人どもが, 浪人者が, 浪士は, 無作法なる, 煩悩児伴大次郎白衣の, 物影が, 物有り, 犯人が, 犯人たちは, 生蕃小僧が, 男たちの, 男だ, 男である, 男とは, 男ふたりが, 男を, 男悪魔の, 異装, 痩せ姿, 盗賊が, 盗賊に, 盗賊の, 盗賊今暁渋谷の, 眼の, 眼を, 祖父は, 符号または, 符號または, 第二, 美少女は, 群れ, 群れが, 老人, 老人によって, 老人の, 老人は, 者から, 者どもが, 者どもを, 腰本, 船, 船です, 船とは, 船団, 菜葉服は, 落し差しに, 見知らぬ男, 貴婦人でありました, 賊の, 連中に, 連中の, 遊客は, 遊魂とは, 部下たちが, 部下と, 野西が, 頭が, 頭巾を, 頭目が, 頭目の, 頭目四馬剣尺の, 風守を, 首を, 首領が, 首領の, 魔物が, 黒い姿, 黒布に, 黒布を, 黒装束が, 黒装束へも

▼ 覆面~ (226, 22.0%)

34 して 8 とって 6 した男 5 つけて, 取って 4 外して 3 かぶって

2 [11件] かけて, かけ手中, したひとり, した人, した武士, した者, はいでみろ, 剥いで, 取らぬ団員, 推理の, 脱ぐこと

1 [139件] おとりなさいな, おろして, かけさせなければ, かして, かなぐりすて, かなぐり捨てた, かぶった男, この辺, さらりと, した, したお, したからと, したつきり, したまま, したやつ, したよう, したり, したクモ, したジャン, した一人, した二人, した人間, した侍, した労働者風, した十人, した大, した奇妙, した妙, した専門, した年長, した後, した忍び姿, した怪漢, した数人, した水夫, した浪人者, した菜葉服, した顔, した龕灯提灯, してまで, しとる, しないお客, しない侍, しない面, しますと, し手槍, し燦, し目立たない衣裳, し翼, するの, せずに, とった, とらせて, とらないこと, とらない奴, とらない間, とらなくては, とらぬ団員, とられたこと, とり後で, とるの, とるのに, とれば, とろうと, ぬいだ, ぬいで, ぬいでる純潔, ぬごうと, はぎとられようとして, はぎ取ってるその堂々たる, はずして, はねのけて, ばらりはぎとると, まとったひとり, めくりとって, パッと, ムズと, 下ろして, 予めどこ, 先頭に, 出して, 剥がぬか, 剥がれて, 剥ごうと, 去れ, 取ったよう, 取つて, 取らずして, 取らせましょうか, 取らないですまし込んで, 取らない不作法, 取らない五人, 取らぬ女, 取らぬ彼, 取らぬ怪人, 取らんと, 取りましたが, 取ること, 取れば, 取去ろうとも, 取逃がして, 外すこと, 射通すよう, 引き, 引き裂こうと, 引っ剥い, 引つ剥ぐと, 引剥いた, 掛けましょう, 探し出せ, 撥ね上げて, 放すこと, 施しながら, 施せしは, 用いた心事, 目掛け, 着けたる形, 睨みつけた, 睨みつける, 胸まで, 脱いだ, 脱いだ男, 脱ぐ第, 脱げば, 脱った, 被つて, 見上げると, 見下した, 見据えて, 見破ること, 解いた原士, 解いて, 許して, 貫いて, 除き白い, 除く, 除った, 除つたのは, 除る

▼ 覆面~ (47, 4.6%)

4 して 2 それを

1 [41件] いよいよ神妙, うなずきながら, うなずく, おどろく男, お寺の, しばらくその, そこに, そのままで, そんなこと, とうとう人形, にやりと笑った, びっくりした, ふと耳, もとより何ひとつ手懸り, やめましょう, やらじと, 一時流行した, 両方から, 人混みに, 何の, 剥がれて, 取り去られたの, 命じられたとおり, 大狼狽, 太刀を, 女子の, 如何に, 完全でした, 小林君と, 少し焦れ立った, 推理上異様な, 明智探偵の, 橋を, 武士の, 氣候の, 皆面の, 竹の, 裂けた, 起き上りながら, 足を, 風の

▼ 覆面~ (32, 3.1%)

4 ている 3 ていた 2 ているらしい, て寝る, て深夜

1 [19件] その上, てい, ていたらしい, ているであろう, ており, ておりました, て井戸, て人生, て侵入, て塀, て夜な夜な, て当世, て時々, て股間, て脇差, て身軽, 太刀の, 無辜の, 鳥打帽の

▼ 覆面~ (30, 2.9%)

2 駕籠へ

1 [28件] あった, ある, かぎを, そんなこと, ぬげ落ちました, ひきむかれるの, よろしくない, パラリと, ピクリと, 今晩も, 充分遮光器の, 出て, 刀の, 切り込みました, 岩壁を, 彼の, 後退する, 掛って, 斬り込んで, 歩きだしたとき, 気に入らないの, 演じて, 申すまでも, 脱ぎ取られその, 言いました, 通りかかります, 針の, 頭を

▼ 覆面~ (28, 2.7%)

2 して, 手を

1 [24件] かこまれて, かどわかされて, ついて, つかまったとき, とうとうつかまえられ, とられるに, 使って, 利用し, 包みなした菖蒲, 化けすました, 向って, 大小という, 姿を, 急所の, 群集は, 身を, 隠されたそれ, 隠れて, 隱れ, 顏を, 顔を, 黒の, 黒脚絆襷掛けの, 黒装束

▼ 覆面探偵~ (22, 2.1%)

4 の青

1 [18件] から電話, がたしか, がまだ, が怪しい, というの, の仕業, の危難, の帰還, の方, の身の上, はまんまと, は怪しい, も呻, も死ん, よ, を疑っ, を見かけたら, を迎えた

▼ 覆面武士~ (17, 1.7%)

2 の一人

1 [15件] が主税, が主税たち, が叫んだ, が土塀, が威嚇的, が現われ, と頼母, に襲, に襲撃, の一隊, はとうに, はやにわに, は植込, を一刀, を囲ん

▼ 覆面した~ (16, 1.6%)

1 [16件] あなたは, おのれの, か, 一人の, 侍が, 十人の, 大男が, 太陽の, 怪物が, 欄干渡りが, 武家姿の, 水夫達に, 浪士体の, 細づくりな, 袴の, 顔を

▼ 覆面~ (13, 1.3%)

1 [13件] ある, して, しない, し刀, そのあと, なく明瞭, もはや堪り兼ねた, ランニングには, 二人には, 例の, 引きはがれる, 滅茶滅茶に, 無地の

▼ 覆面頭巾~ (13, 1.3%)

2 を残し

1 [11件] だけは藤波, で顏, などといふ忍術使, の顔, は一致, は冠つて, も着, をヒヨイ, を取出し, を拵, を調べ

▼ 覆面姿~ (12, 1.2%)

3 の四人 1 から推察, で歩み, の五人, の侍, の怖, の武士, の浪人者, をながめ, を砕かれた

▼ 覆面~ (8, 0.8%)

1 いうけれども, よく似, 同じ弥四郎頭巾, 小袖の, 知った千浪, 肩幅の, 見て, 言い頭巾

▼ 覆面~ (8, 0.8%)

2 の問題, の探偵, はなかなか 1 はたった, はたつた

▼ 覆面探偵青竜王~ (7, 0.7%)

1 がムズ, だった, だったの, だと, とキャバレー, は戦慄, は竜宮劇場屋上

▼ 覆面でも~ (6, 0.6%)

1 これより, して, とれるか, 冠れ, 目が, 良いと

▼ 覆面~ (5, 0.5%)

1 やりのけて, 包んで, 猿轡を, 足りれば, 顔を

▼ 覆面~ (5, 0.5%)

1 怪しげな, 白衣は, 衣類が, 足拵らえ, 黒装束に

▼ 覆面太郎~ (5, 0.5%)

1 が様々, といふ熊坂長範, とはいつも, の方, はちよ

▼ 覆面ぶり~ (4, 0.4%)

1 である, はかなり堂, は慣れ, を一通り検討

▼ 覆面から~ (3, 0.3%)

1 のぞいて, 彼女の, 漏れたの

▼ 覆面したる~ (3, 0.3%)

1 ゾラなら, 侏儒等現れ, 翁と

▼ 覆面という~ (3, 0.3%)

2 ものを 1 ものは

▼ 覆面を通して~ (3, 0.3%)

2 輝く渾沌 1 はじめてこの

▼ 覆面~ (3, 0.3%)

1 とか北斗星, は食事, を感心

▼ 覆面~ (3, 0.3%)

1 の風呂敷, の黒布, の黒布等

▼ 覆面その間~ (2, 0.2%)

2 から眼

▼ 覆面たる~ (2, 0.2%)

2 ことは

▼ 覆面~ (2, 0.2%)

1 ということ, と考え

▼ 覆面とは~ (2, 0.2%)

1 たしかに人物, 今や対峙

▼ 覆面なし~ (2, 0.2%)

1 で押し通せれ, に越した

▼ 覆面にも~ (2, 0.2%)

1 かぶりこなし, 覆面の

▼ 覆面~ (2, 0.2%)

2 のどれ

▼ 覆面越し~ (2, 0.2%)

1 の読経, の讀經

▼ 覆面~ (2, 0.2%)

1 のいでたち, の法服

▼ 覆面黒服~ (2, 0.2%)

1 の男, をとる

▼ 覆面黒衣~ (2, 0.2%)

1 ながらからだ, の奇怪

▼ 覆面黒装束~ (2, 0.2%)

1 というこしらえ, になっ

▼1* [70件]

覆面あるのみ, 覆面いでたちの, 覆面あるいは隠れたる, 覆面かも知れません, 覆面がわりに, 覆面こそして, 覆面しに顔, 覆面さえ許した, 覆面させたのだろう, 覆面させられたようで, 覆面させると細身, 覆面された内亂から, 覆面したいでたちに, 覆面しなければならず, 覆面がたに, 覆面ずきんの間, 覆面せしめることも, 覆面そのかげに, 覆面だけは引き下げたが, 覆面であったか, 覆面であるから似, 覆面でしてね, 覆面ではなく己, 覆面のを, 覆面ながら一つひとつに, 覆面などをして, 覆面なれば顔容, 覆面なんぞつけそこ, 覆面なんぞをして, 覆面には目が, 覆面のみでなく長い, 覆面までめくり返して, 覆面をさえ常に横, 覆面ベールの中, 覆面ヲ用ヰシ事等ハ土偶, 覆面三四十人芒とそよぐ, 覆面二人組だけであった, 覆面二十三騎くつわをならべ, 覆面会長が何故, 覆面全身まっ黒な小人, 覆面冠者が紫頭巾, 覆面出沒して, 覆面を設けた, 覆面取り除けの際, 覆面の最近, 覆面装誰が, 覆面姿武士であること, 覆面少女がやすやす, 覆面巨人だ, 覆面座敷牢唯一の御相手, 覆面強盗に襲われまし, 覆面形而上学者は誇っ, 覆面抜刀の荒くれ武士, 覆面武士達が斬りかかった, 覆面火事装束の一団, 覆面灰色の手ぶくろ, 覆面無紋の着流し, 覆面の玄人, 覆面装の, 覆面白服の祖父江出羽守, 覆面白装束の武士, 覆面背恰好とも忠作, 覆面をその, 覆面資本団からでも貰った, 覆面辻斬の絵看板, 覆面遮光器の事, 覆面頭巾それから短い, 覆面頭巾何か物, 覆面黒い手ぶくろ黒い, 覆面黒裝束兩刀を少し