青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「要素~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~西 西~ ~西洋 西洋~ ~要する 要する~ 要するに~ ~要求 要求~ ~要素
要素~
要領~ 覆面~ ~見 見~ ~見え 見え~ ~見えた 見えた~ ~見えない 見えない~

「要素~」 2480, 27ppm, 4357位

▼ 要素~ (540, 21.8%)

28 もって 25 含んで 15 主と, 多分に 9 持って 8 なして 5 なすもの 4 もつて, 備へて, 具へて, 分析し, 含むもの, 欠いて 3 加えて, 十分に, 取り入れて, 含んだもの, 持つて, 決定する, 無視し

2 [19件] あげて, なるべく引出し, ふくんで, もつ人間, 具備し, 努めて, 収容せ, 取除いて, 多く含んだ, 完全に, 持った男, 收容せ, 此の, 知って, 綜合し, 考えて, 自分の, 閑却し, 顕して

1 [352件] あとづけようと, あらゆる姉妹芸術, あわせ持って, いくぶんか, いささかも, かもしつつ, きわめて多量, こう三つ, こねまぜる弱点, これに, さえも, しかもあれ, して, そなえた美少年, そなへ, その実質, その形成, その書, それぞれに, たがいに, たっぷりもっ, たぶんに, つかみ出す方法, つくる準備, できるだけ省き, とりいれて, とりいれようと, とりのぞこうと, とり込み段々, どう改良, どれ程, どんな自主性, どんな風, なしたの, なした時代, なす, なすのみ, なす一つ一つ, なす飛躍, のこして, のみ見るならば, はっきりわかっ, ひっくるめた俳優, ふくみわが子, むき出しに, もった個別性, もった美し, もつ, もつと, もつもの, もつもん, もつ寄席, やや確か, よりつよく, ハッキリと, プロレタリヤに, メタフィジカルに, 一ツ一ツに, 一切除い, 三分類する, 不変である, 与うるもの, 与へる, 世界の, 中心として, 二つの, 交へ, 交へて, 人間能力なる, 付加し, 代表し, 代表した, 伴わないわけ, 体現し, 何よりも, 供給しうる, 備えたもの, 備えて, 備えねば, 備へ, 充分備え, 先に, 入れて, 全く含ん, 全く無視, 其処に, 具えて, 具える上, 具へ, 具備した, 具備する, 兼有する, 内に, 出來, 分析した, 分析しよう, 分析する, 分解し, 別々の, 別と, 利用される, 刺戟しない, 創造し, 力づよく人民の, 加えそういう, 加えてしか, 加えられた, 加える傾き, 加える働き, 加味し, 加味した, 加味する, 包んで, 包括し, 十分活かし高める, 占めて, 去つて, 取り上げねば, 取り入れた最初, 取り入れるの, 取り出した, 取り去ること, 取り扱わない作品, 取り除き北海道, 取入れると, 合理化する, 吉原は, 同時にとり入れ, 同時に一つ, 否定し, 否定した, 含みあるいは, 含みこれ, 含みさ, 含みしかも, 含み任意, 含み得ないといふ, 含み相聞, 含むと, 含むところ, 含むとともに, 含む義務, 含む音楽, 含めて, 含める体系的一, 含める精神生活, 含んだこの, 含蓄する, 吸収し, 喜ぶ低級, 固有し, 国家の, 土台として, 声の, 外来の, 多くかいた, 多くした, 多くとりこんだ, 多くとり入れ, 多くもっ, 多く具, 多く含む, 多く含ん, 多く持っ, 多く持つた, 多く認め, 失い生命力, 失つて行く, 失はないで, 失ひ純粋, 失ふまいと, 奪って, 嫌悪する, 孤立的に, 実測し得る, 実験によって, 小説から, 少々交, 少なからずもっ, 巧みに, 帶びたものを無, 幾何学風な, 底流と, 度外視する, 引き出し生かして, 引去つた現存社會, 形くる, 形づくる人, 彼の, 忠実に, 思い出す, 感ぜしめなくても, 感覚的と, 成して, 成しては, 成す一, 我々の, 戯曲形式の, 批判し, 抽出し, 抽象した, 持たず音, 持たぬよう, 持ちこんで, 持ち又, 持ち得る條件, 持った現代, 持ってる, 持つ, 持つたもの, 持つた歌, 持つた精霊, 持つた調子, 持つ交響曲, 持てる愛, 持て居りましたが, 指すの, 指す事, 指摘し, 指摘する, 挙げて, 挙げること, 挙げるならば, 挙げれば, 捉まえ, 捕えて, 捜して, 捨て純, 排撃する, 排除し得る, 採れば, 採入れて, 採用し, 探し求めつつ, 探究する, 整へて, 文学の, 新しく知識要素, 既に落し, 明かに, 映画的に, 暗示する, 最も多く, 最少限度に, 最後の, 有すること, 有する童話, 有つてゐる, 本質的生命と, 来るべき工藝, 検べて, 検出し得べく, 極微量, 欠いた所, 欠きながら, 欠き精神的, 欠くこと, 次の, 正しく修習, 残して, 比較的に, 気儘に, 求めそこ, 求めて, 没却する, 沢山そなえ, 沢山とり入れ, 洗ひ切る, 活躍させはじめた, 深く考へ, 混じて, 減じて, 満足させない, 濃厚に, 為す, 無視しない, 無視する, 照りかえしながら, 爲し, 特に読者, 理解し, 甚だ重要視, 発見しました, 発見する, 発達せしめざる, 發達せしめざる, 盛つたもので, 目標と, 直接支配する, 相殺し, 相殺すべき, 矢張り分析し得る, 確認する, 神とか, 種々の, 筋書的に, 経験的な, 結び付ける公理, 結合排列し, 綜合する, 維持し, 編集し, 織り込むやう, 羅列する, 考えねば, 自由に, 自記させ, 舞台に, 舞台の, 芝居の, 落しきらず農民, 著しく欠い, 裸にな, 複雑に, 要約した, 見いだすこと, 見付けること, 見出さうと, 見出さねば, 見出し加, 見出す, 見落しては, 観測記録し, 解放する, 認めたの, 認める, 認めること, 認めるの, 調べて, 調べ始めたが, 論ずるに, 論理的計算の, 豊かに, 選べばい, 重大と, 重要視し, 重視せね, 量的に, 開発せし, 開發せし, 關係づける, 阻止し, 附け加, 除外し, 陶器に, 集成し, 集約し, 離れて, 非難され, 顧みず一向, 飽くまでも第二義的, 高めつつ

▼ 要素~ (399, 16.1%)

12 含まれて 9 ある, あるの 6 加わって 4 あって, 取入れられて, 多分に, 欠けて, 非常に 3 あれば, 十分に, 多い, 浸潤し

2 [20件] あつて, あるか, あるかが, あると, あるので, あるわけ, そこに, その集団, ちょっとも, つよくさらに, ない, 一つの, 他の, 先人に, 入って, 多くその, 大きい, 心理的要素と, 目立つて, 這入つて

1 [291件] あった, あったこと, あったでしょう信長, あったに, あった場合, あまり無, ありそれら, あり観客, あるから, あるが, あること, あるし, あるだろう, あるという, あるとして, あるとしても, あるとは, あるのに, あるもの, ある時期, ある限り, いかなるもの, いかに科学, いづれも, いるという, いろいろな, いろいろの, おのずから消化, かえって相殺, かくされて, かなりある, かなりは, からみあって, くっきりと, この教学主義的, この本質, ざっと明暸, すべて皆リズムの, そこなわれるよう, そなわって, そのうち, そのままに, そのよう, その作品, その運動, それぞれ一種の, それだ, それに加, それに加つて, それゆゑに, それを, それ自身表象的な, たがいに, つけ加はつた, つまり近代, とくに強調, どうも大気中, どう綜合, どんなにつよく, どんなに錯雑, どんな関係, ないか, ないの, なかったら, なくては, なくなったかと, なくなりむしろ, なくは, なくまた, なければ, なぜかく, ねり合わされて, はいって, はいるの, ふくまれて, ほのかに, まぎれ込んで, まじって, まづ, まるで分らない, みられなければ, もつと, やはり大衆, ゆたかな, よく把, よほどはいっ, わかって, わたしたち人民の, わり込んで, ザッハリッヒに, ストーリイの, ドガ, ファシズム的形態を, ボカされ, モンタージュ的である, 一つに, 一国の, 一番方言で, 一見し, 三つあった, 不思議にも, 世相の, 主で, 主要な, 二つある, 人知れず除かれ, 伴うの, 伸子を, 体にも, 体系的に, 何と, 何もか, 何れ程まで, 作用し, 作者火野によって, 依然同一, 偶然に, 偶然三つとも, 偶然四つとも, 働くかも, 僕には, 充分に, 入り亂, 入り込む, 全くなくなっ, 全く未知, 全く社会的要素, 内包され, 出来した以上, 分かるよう, 前提に, 加つたとしても, 加つてゐる, 加つて居, 加つて居た, 加はらなけれ, 加はり前者とや, 加わり始めて, 加わる, 加わること, 加味され, 勝つて, 十中七八ぐらいに, 十分なけれ, 十分には, 南洋その他の, 単に感覚, 却って必要, 取り入れられて, 同一である, 同様に, 含まれる, 問題に, 国民生活の, 地図の, 埋没し, 変らぬ限り, 変換である, 外国多分, 多いであろう, 多いの, 多いよう, 多い主題, 多かった, 多かれ少かれ含まれ, 多くありすぎる, 多くなっ, 多く働い, 多く厄介, 多く尚, 多く武家, 多く見え, 多すぎ, 多すぎる, 多大な, 多大に, 多過ぎる, 多量に, 大切だ, 天候である, 失はれて, 奥に, 女にとって, 如何なる関係, 実にすくない, 実在し, 実在せりと, 密んで, 少い文化易者, 少かった, 少くも, 少ない, 少ないという, 少なからず, 少数であり, 巧妙には, 常に内在, 平等の, 幾何学に, 庶民の, 強いて, 強くはいっ, 強く作用, 強まるばかり, 彼らの, 彼等を, 従来の, 必要だ, 必要に, 忘られ, 悉く獨得, 意識せられる, 或ひ, 挙げられるの, 捨てられ潰され再び, 探偵小説の, 新物理学, 映画では, 映画の, 最も効果的, 未だそなわらない, 未だ残つて, 果して今日, 根抵的に, 根本概念と, 案外に, 極めて重要, 欠けては, 欠ける, 欠除し, 次第に濃厚, 正当である, 殖えて, 比較的大きな, 決定的な, 沢山あっ, 沢山ございます, 沢山は, 活躍した, 混じて, 混入し, 混入する, 渾然として, 演劇の, 潜められて, 激しいの, 濃くなつ, 無いの, 爭つてゐる, 現実界から, 生活の, 發育した, 發達し, 相寄って, 相次ぎ相, 相轢, 種々の, 等しいと, 範疇が, 籠ツて, 組合内に, 経済的文化的現実に, 結びつく, 自ずから見出される, 自分の, 自然に, 自然科学に, 自由に, 著しくなる, 融合し, 複雑なる, 複雑に, 西洋人よりも, 要る, 見られるという, 見付かって, 見出された時, 認められは, 認められると, 認識の, 豊富に, 豐富にな, 貪慾に, 追, 連想である, 連絡されれ, 重んじられて, 重要な, 雑然と投げ込まれてる, 離れ離れに, 鮮やかに

▼ 要素~ (303, 12.2%)

7 上に 6 中に 5 一つである, 中には 3 あること, ような, ように, 一つを, 数は, 間の

2 [15件] ある事, 一つと, 一つとして, 一つに, 一つには, 一つは, 一切を, 中から, 中でも, 分け方, 勝つたもの, 多いもの, 完全な, 機械的な, 結合関係を

1 [232件] あらましを, あらゆる角度, あるが, ある対話敬語, ある書物, いずれをも, うちで, うながしと, かった色彩的, きつい若い作家たち, ことが, これは, ごときもの, しばしば現われる, すべての, せいだった, ために, つよい王権, どんな小さな破片, ないところ, ないわけ, なかで, なければ, ふくまれて, ほかに, ものが, ものばかりを, サイン波について, スペクトラが, ムーヴマンとしては, 一々を, 一つだ, 一つであっ, 一つであろう, 一つです, 一つな, 一である, 一なり, 一定數によ, 一番大事な, 一部である, 与へる美的効果, 中で, 中前の, 代数的な, 体系では, 何れか, 何れかを, 作用とを, 傍には, 備わった子供, 優秀なる, 充実は, 共通ある, 内で, 内側からだけ, 処理の, 出所と, 分布を, 分析と, 分析においても, 分離が, 分離という, 分類に, 加はつて, 加わった憲法, 勝ったもの, 厖大な, 受け継ぎ手, 各方面, 各時代, 同じく分析, 否定の, 含まれて, 問題として, 問題は, 單なる, 増大という, 増進する, 変化によって, 変化を, 外に, 多いレヴィウ, 多い人情, 多い文学, 多い日本, 多い社会, 多い詩, 多い諸, 多い部分, 大部を, 大部分, 夾雑物から, 如き, 存在する, 存在を, 実在という, 寄り集つた, 密度は, 尊重は, 導き入れ, 少いところ, 少い口頭, 少い社会, 少ないもの, 展開を, 差の, 強い, 強い女, 強い発動, 強調な, 微塵も, 必然的な, 必要を, 撮影が, 支配した, 故に形而上学的, 教説の, 数々を, 数が, 数といふ, 整備製作機構の, 新しい利用, 新劇化, 方が, 日本語化を, 明瞭な, 時間的変化に, 時間的空間的微分係数が, 暗示に, 更新が, 最も優れた, 最低限界を, 有限と, 材料と, 条件が, 根柢を, 極めて綜合, 概念から, 構成と, 構成体系に, 欠けた青年, 欠けて, 欠乏が, 歴史的な, 殆ん, 殺減, 比較に, 水準といふ, 決定的古典的な, 活動及び, 深い前提, 混り合う, 混乱の, 混合が, 減つて行く, 渾然たる, 濃度を, 特性が, 生成機構が, 生滅, 由来は, 異った, 百分率を, 研究に, 種類や, 積が, 積算量及び, 空間的変化が, 空間的排列の, 空間的時間的分布が, 筈だった, 等密度線, 籠つてゐる, 精神的価値を, 細かい切片, 組み合せから, 結合から, 結合し, 結合に, 結合体として, 結晶が, 綜合し, 緊密な, 総合的の, 美感であり, 肯定或, 舞台表現に, 萌芽が, 著しい場面, 行詰りは, 衝突にも, 表, 表われ, 複合いかんによって, 複合である, 複合的構造の, 複雑さ豊富さの, 複雑な, 見えない盲目的生活, 観点から, 認められるの, 調整を, 變遷に, 豊富なく, 象徴である, 起伏する, 連続だ, 連続だけ, 週期曲線は, 進化の, 過剰を, 配列の, 配列または, 配合に, 配合にも, 配置から, 重なるもの, 量を, 錯雑した, 長所を, 関係に, 関係を, 關係に, 集つて構成された, 集合, 集団で, 集団であっ, 離合散, 音楽的な, 順序を, 題材を

▼ 要素~ (208, 8.4%)

4 底本では 3 含まれて 2 あるの, この関係, 各自の, 太陽の, 微塵も

1 [191件] あまり眼, あらゆる宗教, ありながら, あるが, あるだらうに, いらないという, いろいろな, いわば鉄片, おしなべてその, おそらく不満, かなり必要, こうした社会学的概念分析, ことごとく浪漫主義, このよう, この八, この十万人, この自己本然, この間接, この馴致, これに, ぜんぜんない, そういう高空, そうは, そこまで, そのモンタージュ, その配合, それぞれ極めて, それ自体の, それ自体技術文化と, それ自身必要以上に, たしかに, ちやんと, どうかと, どんな風, ない, ないね, ないもの, なかなか簡単, なくそれゆえ理知, なく従つて, なにかと, はっきりと, ほとんど見当りません, また価格変動, むしろ読者, むろん体育, めんめんとして, もたなかった, もともと持っ, わかります, シンコペーション, スタイルである, セラフィモヴィチと, 一面には, 万葉時代には, 不用です, 中心に, 主要人物を, 事の, 二つの, 云ふまで, 互に関係, 互に關係, 五十パーセントづゝの, 人間の, 今後と, 今日以後は, 今言つた人生, 他ならぬ, 他の, 何かという, 何かの, 何である, 何と, 何の, 作品の, 併し, 信用に, 偶然に, 備わった, 全くけとばされ, 其構造及裝飾から, 出来得る限りこれ, 分析する, 加えられて, 十中の, 取りも, 同じく原始的, 商品の, 固定し, 国家の, 外国文学, 多いか, 多いが, 夜も, 大切に, 天候であっ, 天才の, 夫が, 女性に対して, 孤立的でなく, 定義に, 実験である, 実験によって, 宣命に, 實に, 射影幾何学自身が, 小さいもの, 小説に, 少くとも, 屋根そのものの, 幾何学を, 幾何学的に, 弟子なり, 形と, 彼が, 往年に, 従来の, 心の, 心理的に, 必要だ, 忽ちに予等, 想像する, 感覚では, 慥かに, 或る, 戯曲の, 所有者が, 所謂内部的環境の, 持って, 持つて, 振るい落されるの, 政治の, 新作新作と, 新聞人, 既に呪詞, 日本人の, 普通点線面などと, 最も純粋, 本来その, 本質的な, 本質的に, 果して簡単, 極めて明かである, 極度に, 権力の, 正当である, 歴史家として, 殆どない, 母と, 気温と, 江戸時代に, 沢山あっ, 沢山あつ, 消えうせて, 消滅し, 消滅する, 点線面以上に, 熱意なりと, 物語の, 特色ある, 生命を, 田村俊子の, 百パーセントな, 直接に, 相変らず, 真実性である, 短篇に, 範疇又は, 純粋な, 経験乃至, 結合し, 結局自分の, 自らに, 自分と, 自然科学に, 舞台装置機械化更に, 色々ありませう, 芸術の, 葛藤と, 複数としてしか, 解釈の, 誰しも, 調和に, 貨物の, 質では, 遙に, 重要な, 鋼鉄石油輸送力である, 雑然尨大な, 飽くまでも不即不離

▼ 要素~ (172, 6.9%)

16 なって 8 して 5 なるの 3 なつた, なるもの, 要素との 2 いっても, する道, その地位, なつて, なりまた, なる, なるであらう, 同じ秩序, 同じ要素, 根本的に

1 [114件] いうが, いうほどの, いえば, いったけれども, からみ合わせて, これ程に, したり, した十分, した祝言職以外, してでも, しない桙, します, し多く, する, するのに, するもの, するやう, する巨大, する連句, せねば, せる政友会, せる政友會, それの, なすとき, なった, なったこと, なったの, なってるので, ならねば, ならびに人間性, なりこの, なりぬ, なります, なり得ないといふ, なり得るに, なり私, なること, なるばかり, なるまでには, なるまでは, なるよう, なる時, なる無量, ひとしくなに, みること, ギリシア的要素とが, ブルジョア的要素との, リアリズムの, 乙句に, 互にはたらきあっ, 其量に, 内容の, 原則とは, 同じ環境, 同じ種類, 同様に, 名づくる, 名づけて, 商業主義の, 天皇制支配の, 封建の, 封建的な, 小説の, 彼らとの, 心理的要素の, 思う楔石, 思想的要素とが, 感覚的要素とに, 数との, 文学的要素と, 新しい要素, 時の, 最も絶縁, 次の, 殆ど関係, 海洋的な, 混合された, 混淆され, 溶け合うよう, 生命の, 生産の, 知識人が, 科学の, 称するもの, 符節し, 組織活動の, 結びつき信仰体験, 結合し, 結合した, 結合せず, 絶縁すべきである, 考えられるの, 考えられるよう, 考えられる時間関係, 考へて, 考へられる様, 考へること, 芸術とが, 芸術的価値を, 融合し, 表現する, 要求を, 見ずそれ等, 見なすこと, 見ようと, 認めて, 認められて, 読者の, 資本主義後的な, 資本主義後的文化要素との, 逆要素, 鑑賞とから, 風俗性という, 飽くまで闘争

▼ 要素~ (118, 4.8%)

7 なって 5 於て 4 分解され 3 して, 分解する 2 それらの, ついて, なつて, 分けて, 分析する, 分解し, 於ても, 立って, 過ぎない, 還元する

1 [76件] おれ自身いつのまにか, かけて, かなり著しい, さらに一つ, それが, とんだ作品, なにかの, なります, なる, なるという, なるの, なる所以, なろうなどとは, はなつて, ドキュメンタリイないし, 一度解きほごし, 一筋の, 乏しい, 二あり, 何が, 依って, 依存する, 係わって, 傾倒した, 全然無かっ, 分れるもの, 分析され, 分析し, 分析した, 分解されず, 分身する, 切りつめた彼, 加わって, 取入れること, 含まれた契機, 吸収され, 基かなくては, 変化が, 富む芸術, 富んだ詩, 富んで, 就て, 急激な, 恵まれたいは, 恵まれた見るからに, 換言すれ, 支配される, 数えないの, 数えられるだろう実践, 於いて, 日本の, 格段の, 欠けて, 止まるん, 氣が, 浸潤され, 深く浸透, 牽かれて, 牽引された, 相当すべき, 立たなければ, 立つ文学, 結び付けるの, 自分の, 至るまで, 解きほごして, 解體する如く, 触接し, 貫かれて, 過ぎないが, 過ぎないで, 過ぎないの, 過ぎなかったであろう, 違ない, 適応させ, 類似なる

▼ 要素として~ (104, 4.2%)

3 我々は 2 何処までも, 個物的なれ, 天皇陛下より, 我々の, 有って, 木材及び, 行為的直観的に

1 [87件] あげられて, あのこと, あるの, お話しなす, この宇宙以外一歩, そこに, その占, その最後, どんどんもつ, また天, むろん法律, ゐること, ゐるだけ, ゐる事, 三つの, 三種の, 与へること, 世界が, 之を, 互いに相, 人種言語宗教などが, 人間の, 今日でも, 何等の, 例えば触覚, 個物が, 個物的であり, 倫理性科学性芸術性この, 切りは, 初めて意識, 加って, 動かすべからざる役目, 包含する, 単に外面的, 取り入れたであろうから, 取り入れる場合, 右の, 否定する, 含まれて, 含むこと, 唯一恋愛の, 地方固有の, 多方面の, 天然保存といふ, 存在し, 左翼的な, 役立つから, 必ずしも欠く, 愛情を, 憂愁といふ, 挙げて, 採用し, 採用する, 数えて, 數へ, 最も不, 有つて, 期待する, 根に, 構成の, 構成因子と, 現在の, 生きるであろう, 生育しよう, 発展せん, 発達させ, 盛られて, 真に行為的直観的, 立ち現われ, 第一, 絶対矛盾的自己同一に対する, 考えられるもの, 考へて, 考へられたもの, 自我が, 舞台装飾, 西洋画を, 見るに, 話す人, 認定した, 語られて, 語根語尾の, 読経および, 超越的一者の, 這入って, 重んじられたもの, 重要である

▼ 要素である~ (72, 2.9%)

6 ことは 5 ことを 2 かどう, ことも, ということ, といふこと, ところの, と同時に, ように

1 [47件] かぎり他との, かそれとも, から, からこ, がこれ, がしかも, がハヴェロック・エリス, が今, が他, が国家, ことに, という考え, といはね, といふ真理, といふ見地, とすれ, と云う, と云つて, と仮定, と信ずる, と思う, と決定, にか, にも拘らず, に止らず, に相違, のだ, のみならず, のを, はずだ, ばかりで, ばかりに止らず, ようにも, 偶然と, 兩者そのものは, 処の, 原子の, 地勢は, 天候に対しては, 恋愛希望と, 所の, 省略の, 知識社会学が, 範疇それ自身が, 美への, 舞の, 韻律の

▼ 要素から~ (38, 1.5%)

3 成って, 成立つて 2 出来て, 成り立って

1 [28件] して, それは, できて, なる多数, まず部分的並び, 云えば, 借りて, 原子論に, 受ける印象, 形作られる永遠, 感覚が, 成った混合語, 成つてゐる, 成つてを, 成りその, 成り立つ, 成り立つチェーホフ的作品, 成り立つ統計的偶然的体系, 成ると, 成立し, 来て, 来るの, 構成された, 生れたもの, 空間表象の, 絶縁される, 論理的に, 遊離した

▼ 要素~ (30, 1.2%)

4 あつた 2 出来て

1 [24件] あつて, あらう, あらねば, きまると, きまるという, そういう豊饒さ, それが, でも, まわり道を, よいので, 一ぱいな, 以て, 作曲され, 充たされて, 所謂, 持つて, 最も重大, 有ッ, 民主化にとって, 決まるの, 決まるもの, 結婚を, 結晶の, 著しく目立った

▼ 要素~ (26, 1.0%)

1 [26件] あつた, あつて, あり得るであろうが, あるであろうが, あるの, あるもの, あるらしくて, こもって, すくない, それ自身が, なかった, はいって, ロマン派の, 亦それ自身, 作品の, 加味され, 同時代, 多い熱血, 対象を, 極めて常套, 決して少量, 相当ある, 考えて, 色々に, 見出されは, 重要である

▼ 要素~ (26, 1.0%)

3 なもの, な語彙 2 な形態, な語, に又

1 [14件] だという, なテーマ, な又は, な場合, な変動, な意味, な暗示, な歴史的運動, な段階, な特異物, な符合, には実は, に展開, 諸部分

▼ 要素では~ (21, 0.8%)

10 ない 3 あるが 1 あり得ても, あるけれども, あるまいか, おいそれといかぬ, なくその, なくて, なく寧ろ, 石以上の

▼ 要素としての~ (20, 0.8%)

2 自己の

1 [18件] ロマンティシズムを, 人間に, 地位を, 完成を, 定座, 役目を, 律動的要素の, 心理過程社会史料性格思想なぞの, 感覚, 文人気質その, 母音や, 私は, 範疇組織と, 職人の, 語句の, 諸範疇, 資格を, 階級要因において

▼ 要素たる~ (18, 0.7%)

4 聖衆が

1 [14件] やあくまでも, アンニユイの, 労働の, 印象は, 古典的作品における, 古社神林を, 各個人, 土師部, 本能である, 機械的強迫的分業制が, 浮浪民の, 海道下り, 瘠我慢の, 自由を

▼ 要素をも~ (15, 0.6%)

2 含んで, 持つて

1 [11件] こめて, つてを, 代表する, 備へて, 具へて, 分離し破らないで, 加味する, 否定する, 持って, 持て余して, 棄てきること

▼ 要素との~ (14, 0.6%)

2 間には

1 [12件] 交錯は, 分析とを, 対位的結合によって, 対立が, 直接の, 相剋であった, 結合に, 連絡又は, 間に, 関係なども, 関係に, 関係を

▼ 要素~ (13, 0.5%)

1 [13件] からである, が之, が演説, ということ, という動かすべからざる, という点, という見解, という議論, とすれ, と云った, と云わなく, と考え, と考へ

▼ 要素とは~ (13, 0.5%)

1 [13件] いえない, それ自身計量の, ちがったもの, どんなもの, なって, なっても, ならないの, 丁度この, 以上述べた, 何か, 何であらう, 大いに違っ, 考えられなかったに

▼ 要素であっ~ (11, 0.4%)

4 てこれ 1 てそれ, ても広義, て和算家, て演出者, て純粋, て素より, て美しく

▼ 要素であり~ (11, 0.4%)

1 [11件] これを, それが, 大滝を, 天皇の, 女性の, 山水の, 日本の, 東京の, 現在に, 自然科学, 要素的な

▼ 要素~ (11, 0.4%)

9 のである 1 のだ, んだ

▼ 要素なる~ (11, 0.4%)

4 ことは 2 事を 1 ことを, ものが, ものを, 演劇分子をも, 蟹の

▼ 要素には~ (11, 0.4%)

1 [11件] かういふへん, なって, なるであらうが, 一つ一つとしての, 乏しいと, 十分注目すべき, 少しも, 新らしい, 氣が, 肉体の, 高い低いが

▼ 要素体系~ (11, 0.4%)

1 [11件] が在る, であるか, としてどういう, としての数, と呼ぶ, と定義, には決して, の内, の凡て, の基く, は云う

▼ 要素としては~ (10, 0.4%)

1 いづれも, 保守主義と, 内容形式ともに, 女の, 普通に, 権力腕力の, 特に読者, 蓄音機の, 豊かである, 鼻の

▼ 要素~ (10, 0.4%)

1 これこれの, その質, キワドイ変化の, シナの, 参考資料と, 境遇を, 意識の, 旋律的要素と, 未知を, 面や

▼ 要素という~ (7, 0.3%)

3 ものが 2 のは, ものは

▼ 要素とが~ (7, 0.3%)

1 一冊の, 到る処, 含まれる, 幾何学的な, 最もいり組んだ, 混淆し, 非常に

▼ 要素そのもの~ (6, 0.2%)

1 によって成功, のうち, の連続, も関係, も關係, を生産

▼ 要素でも~ (6, 0.2%)

1 あり得ること, ある, あるから, あると, ございましょう, ない

▼ 要素といふ~ (6, 0.2%)

2 ものが, ものは 1 ものも, 風に

▼ 要素によって~ (6, 0.2%)

1 つくられて, 十分読者を, 始めて成立, 芝居が, 論理的に, 貨物に

▼ 要素的ヒューマニズム~ (6, 0.2%)

1 が色々, というもの, というよう, という観念, と名づける, を素材

▼ 要素~ (6, 0.2%)

2 の関係 1 のそれぞれ, の差異関係, の平衡, の関係そのもの

▼ 要素によ~ (5, 0.2%)

1 つて寧ろ, つて当時の, つて本質が, つて眼と, つて組みたてられる

▼ 要素のみを~ (5, 0.2%)

1 みるもの, 人生の, 抽出し, 見は, 見るもの

▼ 要素への~ (5, 0.2%)

1 意識は, 断乎たる, 是認である, 注意を, 渇望に

▼ 要素であった~ (4, 0.2%)

2 のである 1 が読者, 機械主義を

▼ 要素とを~ (4, 0.2%)

1 具えて, 混同し, 示して, 結び合せて

▼ 要素について~ (4, 0.2%)

1 それぞれその, のべよう, 精密な, 論じすぎて

▼ 要素にまで~ (4, 0.2%)

1 具体化された, 変化し, 立返って, 転化する

▼ 要素を以て~ (4, 0.2%)

1 或る, 組み替へ, 絵画ならざる, 舞台面上に

▼ 要素からの~ (3, 0.1%)

1 或いは一般, 構成か, 離脱が

▼ 要素すなわち~ (3, 0.1%)

1 それについて, マルキシズムの, 教会と

▼ 要素だった~ (3, 0.1%)

1 からだ, のである, のです

▼ 要素でなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならぬ

▼ 要素とも~ (3, 0.1%)

1 いうべきもの, なって, 考えられる理由

▼ 要素において~ (3, 0.1%)

1 かなりよく似た, 多少の, 深刻であり

▼ 要素乃至~ (3, 0.1%)

1 対象が, 対象に, 方法の

▼ 要素以外~ (3, 0.1%)

2 のもの 1 に何

▼ 要素かも~ (2, 0.1%)

1 知れない, 知れないが

▼ 要素~ (2, 0.1%)

1 へいささか, へ保たれ

▼ 要素~ (2, 0.1%)

2 なは

▼ 要素たり~ (2, 0.1%)

2 得るもの

▼ 要素だけで~ (2, 0.1%)

1 云い現, 以て

▼ 要素だけでも~ (2, 0.1%)

1 民族とは, 民族を

▼ 要素であるなら~ (2, 0.1%)

1 ばタッチライン, ば季題研究

▼ 要素です~ (2, 0.1%)

1 から時どき, がこの

▼ 要素とでも~ (2, 0.1%)

1 いったものの, 名づけられるよう

▼ 要素ならずん~ (2, 0.1%)

1 ばあらじ, ばあらず

▼ 要素なり~ (2, 0.1%)

1 しに, 必らずしも

▼ 要素なりし~ (2, 0.1%)

1 ことを, とぞ

▼ 要素なりと~ (2, 0.1%)

1 断定した, 雖客観に

▼ 要素にな~ (2, 0.1%)

1 つてゐたらう, つて附い

▼ 要素にも~ (2, 0.1%)

1 なって, 優れて

▼ 要素による~ (2, 0.1%)

1 のが, もので

▼ 要素に対しては~ (2, 0.1%)

1 ある反撥, 自分は

▼ 要素のみ~ (2, 0.1%)

1 でなく要素間, では

▼ 要素よりも~ (2, 0.1%)

1 聲樂としての, 重大な

▼ 要素及び~ (2, 0.1%)

1 機械が, 機械によって

▼ 要素果して~ (2, 0.1%)

2 孰れ

▼ 要素的世界~ (2, 0.1%)

2 のうち

▼ 要素自身~ (2, 0.1%)

1 が予め, はどの

▼ 要素~ (2, 0.1%)

1 がクライン, が位置

▼1* [87件]

要素あるいは未知の, 要素からも成つてゐる, 要素がはひり込み易い, 要素こそわたしたちにとって, 要素こそが却って自然科学, 要素これは舞台監督, 要素しか見出せない状態, 要素すなはち, 要素そしてその反面, 要素たらざるは, 要素たるばれんや張り籠, 要素たるべき支那に, 要素だけを抽象し, 要素つまり古い亡霊, 要素でありますから何處, 要素であるべきである限りゲーテこそ, 要素である如く考えるところから, 要素であろうことを, 要素でないものは, 要素でなくてはならぬ, 要素で御座いますが, 要素といったような, 要素とか審美的な, 要素とかいう名前で, 要素としてのみ運動し, 要素とともに表現的な, 要素とに分裂し, 要素などが看取される, 要素などに作者は, 要素などを見つけ出して, 要素なりとは言へり, 要素なれば彼, 要素なんかほんとに複雑, 要素なんててんでどこ, 要素にしか女の, 要素についての差の, 要素についてはまだなんらの, 要素にのみ制約されない, 要素にまでも迫ろうと, 要素に対して隷属すべき, 要素に対する極めて純真, 要素に関する限りは, 要素のうへに加は, 要素のみに還元し, 要素のみによる演劇, 要素のみより成る演劇, 要素ははなれば, 要素または心情的な, 要素まで還元しなく, 要素よりは更に偏つた, 要素らしいものを, 要素をば樹木と, 要素を通じて作用し, 要素エレメントとなっ, 要素カントの自然哲学, 要素カント自身の見た, 要素に材料, 要素のミステリー, 要素中俗法師の方面, 要素中政治が其最, 要素が線, 要素体系之が数, 要素例へば面子意識である, 要素個性的な特色, 要素全く成立せず, 要素即ち語義, 要素又は契機に, 要素によって発展, 要素固有の効果, 要素堂々たる学者の, 要素家庭的な感情, 要素情調と愛嬌, 要素感覚を流れ洗う, 要素感覺素材とこれ, 要素本当に磨かれた教養, 要素気分的特徴も明らか, 要素物質と精神, 要素的ヒューマニズムそのものが要素的, 要素的ヒューマニズム自身がつまり, 要素的変動形態の合成, 要素的運動である, 要素表象が心, 要素言い古された形での, 要素力諸, 要素階級文学としての政治性, 要素魅力の要素, 要素ABCを含む