青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「西~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

裾~ ~複雑 複雑~ ~襖 襖~ ~襟 襟~ ~襲 襲~ ~西
西~
~西洋 西洋~ ~要する 要する~ 要するに~ ~要求 要求~ ~要素 要素~ 要領~

「西~」 8168, 88ppm, 1262位

▼ 西~ (2120, 26.0%)

131 方へ 85 方の 82 方に 73 空に 52 方から 37 空を 34 方を 30 対の 26 対へ 25 方は 23 山に 22 方で 21 空が, 空は 18 空の 14 方が, 海に, 端に 13 方には 12 国の 11 山の端に, 空には 10 門の 9 対に, 海へ, 空から, 空へ 8 はずれに 7 方, 端の, 風が 6 ほうに, ほうへ, 山の, 方だ, 方より 5 はずれの, ほうの, ほうを, 中み, 壁に, 寺, 渡殿の, 隅に 4 商人は, 地平線へ, 方海遠く, 端れ

3 [42件] あを, おとつ, はずれから, はずれへ, 久保の, 人は, 側に, 入の, 国から, 国に, 国を, 城戸へ, 外に, 女の, 対から, 対へも, 対を, 山々の, 山には, 山の上に, 山を, 山脈の, 岸に, 峰に, 廊の, 廊下を, 方からは, 方向に, 水平線に, 泉の, 海, 海は, 空で, 空へと, 窓から, 赤靴, 郊外に, 都に, 野原の, 門から, 門は, 隅の

2 [90件] かたに, かたの, ぎらぎらの, そらは, なり, はづれ, は其の, ほうには, ものは, ホテルの, ヴェーヴェなどで, 三方を, 世界の, 中央分水嶺の, 二列か, 佐佐が, 停留所から, 入り口に, 口から, 国へ, 土橋から, 地平線に, 地平線の, 坂は, 坊の, 城戸を, 堺の, 天に, 妻戸から, 妻戸の, 家に, 対で, 対は, 対屋の, 對屋の, 山々は, 山から, 山へ, 山根から, 山色をも, 左の, 廊下の, 廊下へ, 御門に, 手に, 斜面に, 方からとの, 方にては, 方へと, 方大, 方小川の, 方月も, 方角へ, 方陽関を, 旅に, 日の, 曇りの, 月の, 木戸の, 朱の, 桟敷に, 海より, 海岸の, 海東の, 涯に, 渡まで, 為に, 無罪を, 町の, 登山鉄道に, 破堤, 空も, 窪の, 端から, 築土, 詰が, 詰の, 語なり, 谷も, 途に, 道を, 遠くの, 郊外を, 陣へ, 陣一方の, 離れに, 雪峰から, 雲の, 領地より, 黒い森

1 [884件 抜粋] あとから, ある市, いずこ, うつくしい島, お奉行様, お座敷の, お里へ, かたへ, かた十五里ばかりの, かた田を, かなたに, かん木の, ころだった, そらにか, そらの, それに, たたかい, ちぢれた鉛, なかでも, なまりで, は, はし西多摩郡に, はずれ, はずれで, はずれでございます, はずれは, はずれまでは, はずれを, はづれにあつて, はもと, は之, は佳意無し, は冷罵骨, は口, は小, は思ふ, は成功, は東, は汚, は縁, ほうから, ほうからは, ほうは, ほう稲佐山の, まだ武蔵野, みやこを, もつとも, ように, をしこみ, ウィンタア・スポウツに, オーギスト・ルボンと, クトラレフアグといふ, ゴスケ風だ, ジユネエブ湖畔に, ジョフル元帥が, ステイムは, ソープ村の, チロルで, ドアに, ブリュンチエル等の, ベルンの, マーカントン教授及び, モリエールや, モン・フォールの, ロンドン, 一方に, 一部とは, 一門を, 一隅に, 三方へ, 三疊が, 上り端で, 下に, 下の句碑を, 丘に, 中間へ, 久保八幡祠前に, 久保通りに, 九と, 二段目の, 交換が, 京洛も, 人たちは, 人で, 人気者, 人物について, 介類の, 仙人鉱山に, 低地刈藻川すじから, 住民は, 佛の, 僧院を, 入り口とも, 入り口まで, 入口と, 入口の, 八ツから, 八ツの, 六畳に, 円座に, 出丸に, 出口ペナン島の, 出崎の, 劇場にて, 勝利者ないし, 勲章が, 北条寺や, 十曲峠まで, 半天を, 友岡村では, 右京の, 名を, 呼び声喧々囂々と, 四畳半に, 国々をも, 国からも, 国だ, 国と, 国なる, 国にも, 国より, 国境の, 国境山脈を, 国旗を, 國の, 國を, 國士の, 國語に, 土に, 土手に, 在国を, 地平線を, 地平線上に, 坂道を, 垣に, 城戸に, 堂を, 堤防決潰の, 境では, 境へ, 壁が, 壁である, 声を, 夏は, 夕榮老の, 夕焼けが, 夕空を, 外の, 大串から, 大原野, 大将であり, 大空に, 大空一帯に, 大通りを, 大銀杏, 大門の, 大関で, 大關, 大阪山口等次第に, 天うかび立つ, 天を, 奉行は, 女と, 女王と, 如きは, 如くなら, 如く遙, 妻戸を, 姫君の, 子どもは, 學者も, 學者ダートウ・ド・メロンが, 宣教師スミノーと, 室戸に, 家より, 宿の, 宿はずれに, 宿はずれまで, 寒村にでも, 寨が, 寨は, 対あたりから, 対へだけ, 対へは, 対屋で, 對に, 對屋が, 小屋に, 小崗子, 小県郡中条の, 小説を, 小路は, 尖りの, 尾根へ, 尾根上に, 局には, 屋で, 屋の, 山, 山々が, 山が, 山で, 山でも, 山の端から, 山の端より, 山は, 山中に, 山中サン, 山地から, 山奥に, 山奥の, 山家の, 山懐より, 山河を, 山稜の, 山脈が, 山蔭から, 山間には, 山間の, 山陽道方面では, 岩倉と, 岩肩で, 岩鐘一列くもる, 岸から, 岸を, 峠の, 峰には, 峰は, 峰を, 島々の, 崕にも, 崖から, 川上から, 市で, 幕の内の, 幕の内前頭筆頭に, 庇の, 店は, 座に, 庭の, 庭先へ, 廉タバコや, 廊であった, 廻廊から, 弟子記外の, 強大毛利という, 彼方へ, 後涼殿の, 御厩, 御影堂が, 御殿に, 御殿へ, 心で, 志士らと, 戎の, 戦場を, 戸を, 房には, 持分の, 政治経済教育社会の, 敷島駅から, 斜面から, 斯う, 方その, 方であった, 方でも, 方で祀つ, 方なる, 方はと, 方へでも, 方へは, 方ほど近い, 方までが, 方ガデスを, 方ニオトマムの, 方一日程の, 方乗鞍岳御嶽の, 方二軒ばかり, 方半, 方南さ向けば, 方向か, 方唐の, 方坂本の, 方大野に, 方定州を, 方廣野を, 方恵林寺へ, 方愛宕山に, 方木曾山脈の, 方毛利の, 方滝の, 方甲州境の, 方箱根ヶ崎で, 方角, 方角に, 方遠く, 方遥かに, 方金峰山に, 方關を, 方面から, 方面を, 旅から, 旅を, 早馬が, 昨秋の, 景門へ, 暗くならざる, 書院の, 最も強い, 有名な, 木の, 本場の, 村には, 村の, 村柳めぐみて, 林に, 果てに, 果ての, 果に, 根戸川と, 桟敷で, 桟敷へ, 桟敷を, 森に, 楼, 槇有恒君が, 様子を, 横丁へ, 横綱だった, 橋の, 橋番の, 正面に, 歴と, 比叡に対する, 毛利氏の, 民政に, 水際にか, 沖の, 河谷を, 沼の, 泉州堺は, 波に, 洞院それから, 洞院に, 浜から, 浦の, 海からも, 海が, 海ばた, 海中の, 海底に, 海軍港なり, 海道からも, 涯まで, 清月といふ, 渡し場迄, 渡といふ, 渡殿へ, 温泉から, 湖畔へでも, 湯という, 湾に, 溜でも, 灘へ, 無罪は, 無調法, 片側道を, 牧師と, 王と, 王子と, 産だ, 田舍で, 男に, 男も, 町に, 町へ, 疾風と, 百間平上河内岳の, 真鶴の, 短語, 石段の, 破風まで, 碧い, 神戸京都間を, 稍強風横風, 穴は, 空, 空えらい, 空その, 空と, 空より, 空一帯に, 空少しく, 空気の, 空行き, 空遠く, 空麗しく, 窓からは, 窓に, 窓にも, 窓を通して, 端なり, 端は, 端まで, 端を, 端縁へ, 米を, 紅い夕焼け, 紅く夕焼け, 線路脇に, 縁づたいに竹に, 縁側に, 縁側の, 美濃路を, 老紳士, 者で, 肩から, 肩に, 背に, 腰から, 腰掛へ, 船着き, 色彩声動き, 若紳士, 草深の, 蒲浦を, 薩摩の, 蛤御門中, 街道口豪農道家清十郎の, 街道口豪農道家清十郎宅まで, 袂を, 西伯, 角から, 詩人から, 詩人の, 詰から, 語に, 諸大名, 諸猴如来, 諺おもしろし, 諺むかしは, 諺教へ, 諺東には, 谷でも, 谷を, 象徴派の, 貯蔵米を, 軍を, 軒から, 軒場へ, 農民は, 辻から, 途上, 運動場には, 道こそ, 道だった, 道へ, 遠い山々, 邸の, 邸へと, 郊外から, 郊外へ, 部で, 部分に, 部屋に, 都であります, 都へ, 醜男の, 里に, 野原へ, 鉢前の, 門あたりを, 門だけには, 門を, 間に, 隅で, 障壁へと, 障子を, 雪山に, 雲, 雲は, 雲を, 雷は, 青じろいお, 面だけが, 革命を, 鞍部から, 鞍部二万三千尺の, 頂上を, 顔でも, 顔色を, 風で, 風は, 風風速二十メートルだ, 館の, 高地と, 鴻之, 麓だ, 麓に, 麓姉川を

▼ 西~ (968, 11.9%)

36 向って 30 傾いて 13 向ひ 11 向つて 10 東に 9 向いて 8 向かって 7 折れて, 沈んで 6 当って 5 あって, かたむいて, 廻って 4 まわって, 傾きて, 変って, 沈む日, 走せ終に, 進んで

3 [13件] かかって, 傾いた月, 入る, 向ふ, 外れて, 沈みかけて, 沒する, 流れて, 行くと, 走って, 距る, 離れて, 面して

2 [61件] あたつ, あたる, あり, ある, あるか, ある大きい, うすずいて, うすずきかけて, かたむいた太陽, して, たゆたひ, まがって, むかって, むかひて, 下ると, 仮住居, 住んで, 傾いた, 傾いたので, 傾いた日, 傾いた日影, 傾きかけて, 傾き夜, 傾く日, 傾く頃, 入るに, 入るの, 出で, 切れて, 十里木から, 南に, 去って, 向かいぬ, 向けて, 味方し, 在る, 奔り, 帰って, 帰り信書, 廻ると, 当つて, 於ては, 沈み, 沈む, 没して, 没する日, 漲り甍, 着いたの, 秀吉東に, 移って, 移るの, 聞えたり, 聳ゆる, 航せし, 航行する, 落ちて, 赤, 通って, 針路を, 間の, 離れた海辺

1 [631件 抜粋] あこがれて, あたります, あったから, あらずまず, あらず本能寺, あらば, あります, あり使徒ピエートロ, あり兵刄銛利, あり江戸, あるから, あるくびれ目, あるだけ, あるの, ある何とか, ある新, ある某, ある水, ある父, ある町, ある老, ある階級, いき山口炭坑, いたので, いた頃, いるうち, いるが, いるという, いるの, うつせみの, お客が, かかる山ふところ, かすんで, かたまり東, かたむいた, かたむいたので, かたむきかけて, かたよって, かわった潮風, きたれる兄弟等, さすらいながら, しずみますと, しずむころ, しづむ, その太陽, そびえる高い, それて, ちかい, つくか, とったの, とった方, とび東, とりお, とり確か, とり須磨, ながる只, なった板橋店, なった門口, なった間, なって, なびいた麦, なりかけた頃, なりに, なるとは, のぼりここ武蔵, はずれて, ひらけた眺望, まが, まだ芽, まはった, まわった, まわった太陽, まわった秋, むいて, めぐる外, もちて, やっと聞えたらしい, やや高い, ゆきますと, わかれて, ボローニア市南に, ミッドウェー島が, 一つは, 一列の, 一本榎あり, 一段高く, 三浦半島を, 三田原山南に, 三里半ばかり, 下ったの, 下った東南向き斜面, 下った窪地, 下って, 下りた三繋平, 下り始める, 下り飽海郡, 下れば, 中国の, 二十七間の, 亘りた東方亞細亞, 亘る長, 京都が, 介在せる, 伊那平を, 伏せ自身, 伝ったの, 伝わった, 似たる別人, 似て, 位せる, 位置し, 位置する, 低くなる, 低地を, 住まえる人, 住む友人, 佐々木浅井, 例の, 偏し, 停まった孫礼, 備え一陣, 傷つきわれ, 傷みて, 傾いたが, 傾いたころ, 傾いた夕日, 傾いた太陽, 傾いた弱々しい, 傾いた時刻, 傾いた晩春, 傾いた満月, 傾いた頃, 傾きかかったころ, 傾きかかった太陽, 傾きかかって, 傾きかけた, 傾きかけた日脚, 傾きかけた頃, 傾きましたから, 傾きましたやう, 傾き掛かつ, 傾き満, 傾き物, 傾き秋風, 傾くその, 傾くとき, 傾くとともに, 傾くまで, 傾く夏, 傾く夕陽, 傾く日影, 傾く頃家, 傾下し, 僑居を, 元が, 入りかかって, 入りその, 入りてよりほど, 入りぬ, 入ること四時間許, 入るの一, 入るもの, 入る一水, 入る陽, 入北側より, 入日を, 八木澤は, 出づ, 出でよ, 出掛けたといふ, 分かれ太鼓, 分れ南, 切明けを, 別るる, 動く潮, 勢いの, 北に, 升田を, 去る所, 去れば, 及ぼすに, 取って, 向いた方, 向いた曲り角, 向いた裏, 向いた赤耀館, 向い東, 向うと, 向えば, 向かいて, 向かい九州, 向かい片, 向かうと, 向きを, 向き直る, 向く時, 向けたと, 向っても, 向つた空虚に, 向つてヂパング, 向つて展, 向て, 向ふて, 向へ, 吹き来る気燥, 吹くを, 吾は, 吾妻山南に, 商人が, 回って, 回ると, 回るに従って, 在り, 在りて, 在りましたので, 在るの, 在る一三二〇米, 在る二千四百五米, 在る大平山, 在る尖峰, 在る長沢, 在る黒岳, 地中海の, 垂れて, 変わった, 変ッた, 外れた裏, 大きなガラス窓, 大きな栗, 大敵国, 大阿, 太陽が, 夫人の, 奥仙丈の, 女が, 寄った草原, 寄つて一本の, 寄るに従って, 富士は, 富士喜十六の, 富士山箱根山軒端に, 対峙し, 対立し, 小窓, 居るが, 山あり, 山ひ, 巍然として, 川筋が, 川越東に, 布陣した, 帰れ, 幾許もの, 座禅山が, 廻ったよう, 廻ったらしく枝影, 廻った太陽, 廻った月, 廻らないの, 廻りかけた陽, 廻るに従って, 当たって, 当り浅間山, 当る, 当るある, 当るところ, 当る窪地, 当る路次, 当る軒先, 当れる, 往こうと, 愛宕や, 憊る, 戦い, 戦って, 戦雲を, 戻て, 投げた, 投ず, 折れ一方, 折れ山峡, 振れて, 掛ようと, 控えて, 掲げて, 摂津南に, 播かぬ種子, 攻め東, 散所部落, 斗満の, 斜めなり, 方り, 日が, 日を, 明取りの, 明日は, 暫く行く, 曲がるもの, 曲つて行く, 曳いたゆるやか, 更に幽か, 書かせること, 月も, 望まれる, 木に, 木曾の, 本拠を, 来たるも, 東にと, 松平遠江守の, 板橋店という, 椎尾に, 樂しく過した, 横ぎり西側の, 横は, 正義を, 歩けば, 歸つたと, 歸り, 毛利島津を, 水の, 求めるため, 汎米連邦, 沈みかけ, 沈み夕月田面, 沈むたびごと, 沈むにつれ, 沈む日々夜, 沈む時分, 沈めば, 沈めまいとて, 沈もうと, 沈もうとして, 没したり, 没すること, 沢を, 河内方面へ, 泊す, 派出した, 流る, 流るるは, 流れるつて法, 流れるを, 流れるランチェン・カンバブ, 流れる雲, 流れ去って, 渡つて右へ, 渡り一基, 渡れば, 湖水の, 源を, 溯ること六粁, 濃くむらさき, 煙って, 爪先上りの, 特有な, 玉山あり, 王申という, 現れる, 現れるかと, 當る, 當一ツの, 疑いの, 発源する, 白けて, 盆地の, 目の, 目立って, 眺むる甲斐の, 着くほどに, 砂道, 秀吉を, 移りて, 突き当たった六畳, 突き当った所, 窓も, 竹林を, 筍山という, 紅の, 続いた東頸城郡, 続いて, 続く支脈, 続く朝日山, 羽柴どの東に, 聞えた, 聞えるかと, 聳えた杉森, 聳える尖峰, 自由に, 至って, 至っては, 至るこれい, 舂きだすと, 舂きはじめたので, 航行し, 英国と, 落した, 落ちかけた月, 落ちた, 落ちるころ, 落ち盲人, 落ち行くを, 落つる水, 血, 行きたもうこ, 行きまた, 行き右, 行く, 行くこと幾年, 行けば, 行けりと, 行ったらさて, 行った太陽, 行つもりなり, 街亭という, 西にと, 見えて, 見えない, 見える低い, 見える山, 見て, 見ゆ, 見ゆる赭色, 規則正しく間隔, 負って, 走せて, 走らせて, 走りつづけます, 走り来れる山骨, 走るの, 走れるならん, 走れる地盤, 赴きジュネエェヴ, 起つた一つ, 越えて, 越えると, 越え西, 越後の, 転じたるのみに, 転じ急, 転ずれば, 轉り, 辷ったの, 辿る, 迂回し, 送り帰されて, 逢う為, 逢た, 連つた雜木林の, 連る, 進み, 進みますと, 進みゐたるなり, 進撃を, 遊びそこ, 遊び大正五年二月歸朝, 遊ぶや, 運行する, 道ある, 遠い荒海, 遷都を, 避けたの, 還るや, 都合二つの, 醴泉坊と, 開いた紀州, 開いた荒野, 開いて, 開聞嶽と, 閼伽棚を, 降りて, 降り胆吹神社, 降れば, 限ったこと, 限ります藻西, 陣どられ屈強, 陽が, 隣し, 隣る万太郎山, 隣れる一角, 雜司ヶ谷埋葬地あり, 離れた木立, 難うし, 青く聳え, 面した室, 面した窓硝子, 面した裾野, 面し海, 面する方角, 面する河岸, 須弥山の, 馳する, 馳せ半ば, 駒ヶ岳の, 駛せた, 驅け, 鳥取県の, 鹿島槍の, 黄瀬川を, 黒雲狂ひ立つ

▼ 西~ (684, 8.4%)

68 西へと 26 向って 14 西へ 10 向いて, 折れて 9 流れて 7 廻って, 行く 5 寄って, 新しく地割り, 東へ, 東へと, 行くと 4 かけて, 下って, 入ると, 向かって, 向けて, 歩いて, 行けば, 行って 3 傾いて, 渡って, 進んで

2 [43件] かけての, かしいで, さして, たずねて, とって, まわった, むかって, 二日路で, 傾く頃, 入って, 出ると, 切れて, 別れて, 動いて, 去った, 向けば, 向った, 向つて, 寄ったところ, 帰って, 廻った日, 廻ると, 急いで, 急ぐ, 折りまわした板塀, 曲がって, 曲がる, 東から, 東に, 槍の, 沈むとこ, 流れた, 移って, 立って, 落ちた, 西から, 西の, 辿れば, 重畳し, 降って, 離れて, 飛ぶ, 飛んで

1 [381件] あげれば, あるいて, いざった影, いそいだ, いそぐと, いっちゃ, いって, うごき出, うごき叡山, お供申し, お別れ, お急ぎ, かけては, かけ猿掛城あたり, かたむいて, くだると, ぐるぐる廻ってる, この一勢, さして去った, さして行った, さして駈け, しも, ただ一線に, だろうか, ついた, とどろ, とり川並, なびいて, ならびぬ騎者たち, ぬけて, ぬけると, のびて, はいった五六軒目, ひき揚げて, ひた走る雲, ひっぱって, ふは, まよいその間, まわったから, まわった月, まわって, まわりかけて, まわりさそり座, まわると, むいた本堂, むかい空, むかったの, めぐらしながら, めぐらしはじめた, やって, ゆくの, ゆく帆影, ゆく軍馬, よじ歩いた, よった南, よった所, ナブルスの, ヒマラヤの, マナサロワール湖の, 一キロメートルばかり, 一キロ半ほど, 一二町下った, 一歩を, 一通り歩み抜け, 一里半ばかり, 一陣急ぎに, 七里隔った, 万太郎は, 三倉という, 三四里です, 三日路で, 三百米ぐらいの, 上って, 上つ, 下がって, 下った, 下ったの, 下った尾根, 下つたの, 下りて, 下るその, 下るの, 下れば, 両国に, 並んで, 二丁です, 二丁歩い, 二十里, 二哩ばかり, 二日程で, 二里ほどの, 二里も, 五町ほど, 五百里も, 五里東へ, 人魂の, 伴ふ, 伸びた深々, 伸び出, 伸び榛名山, 位相を, 何とか, 來られた, 來る, 倒したので, 傍見, 傾いた, 傾いた太陽, 傾いた月, 傾いた頃, 傾いても, 傾きかけた日輪, 傾きつ, 傾きはじめた頃, 傾き落ちると, 入った鮫川, 入り込んだ丘陵, 入り込んで, 入るさ, 入るの, 入る乗客, 入る低地, 入る所, 入南側, 兩國に, 六十里余福建海岸へは, 其丘の, 出た処, 出た尾根, 出た處, 出るかと, 出る間道, 出発した, 出竹, 切れると, 北から, 北へ, 北アルプス中央アルプス南に, 十五尺です, 十町ばかり, 十里とは, 十餘町楕圓形の, 半里, 南へ, 取って返し途, 取つて茅町一丁目, 向いても, 向いながら, 向うの, 向えば, 向かったと, 向き返って, 向くよう, 向くん, 向け, 向けかえた, 向けても, 向つた, 向つて通過, 向ふ, 吹くと, 四里府中町へ, 回った風, 回り米屋, 執り茶屋町, 変ったころ, 外れてるから, 大きな尾根, 大きな幅, 大宮を, 大路の, 大高山赤石山横手山渋峠万座山猫岳四阿山六里ヶ原などの, 奔れ, 寄せ返す人波, 寄った上り線路, 寄った川, 寄った方, 少し傾いた, 少し出外れた, 山へ, 山脈を, 帰して, 幾筋目かの, 延びた突端, 延びて, 廻った, 廻った日光, 廻った秋, 廻った緯日, 廻つたと, 廻つたのか, 廻つてお, 廻りかかった日, 廻り丑ヶ岳, 廻り込んで, 廻り野田, 廻り雪, 廻るといふ, 廻るにつれて, 廻るやう, 引かせた, 往きました, 往けば, 往こうじゃ, 征かれた, 征旅に, 御城大手御門, 御旅行中, 御祓筋まで, 思案橋に, 急いだ, 急ぐから, 急ぐ他, 急ぐ長井六郎, 急げ, 折れた, 折れると, 折れる坂道, 折れ曲って, 抜けて, 抜けようと, 抜ける路地, 抜け出ると, 振っとったらうち, 掛けて, 攀じ越え総勢, 数町橡の, 旅立する, 旅立つ日, 旗を, 曲がった, 曲った処, 曲つて行く, 曲らうと, 曲ると, 曲る点, 来たここ, 来たり, 来た気, 来て, 来るにつれて, 東町奉行所を, 榛名山の, 横断し, 歩く, 歩くので, 沈む太陽, 沈む頃, 沈んで, 流して, 流る, 流れに, 流れる趣, 海原を, 海峡へ, 渡った, 渡りやがて, 渡ると, 渡る西橋, 渡渉に, 溯るところ, 漕ぐつもり, 百里八重山島群からは, 直って, 真っ直ぐ, 真っ直ぐに, 真直に, 着く, 移り南, 突き出しの, 突き抜けて, 突っ切ると, 立つから, 立つはず, 立戻る, 約三里, 約二十町, 素ッ飛ぶ, 続くもの, 続く谷川岳, 縦断した, 縦走する, 繰出さう, 翔け去ったと, 舞ひもどる, 船脚を, 荘厳な, 落ちかかりました, 落ちたと, 落ちて, 落ちるなら落ちるよう, 落ちる星影川, 行かうと, 行きたが, 行きたがって, 行き東, 行くか, 行くかと, 行くごと, 行くとき, 行くの, 行くほど, 行くん, 行く女連れ, 行く日, 行く時, 行く自分, 行く船, 行く趣, 行く風俗, 行けと, 行こうか, 行こうかと, 行ったか, 行ったり, 行った所, 行った鰡群, 行つても, 行つて本町橋に, 行つて茶商と, 西へとよ, 西南へと, 貫いた廊下, 貫いて, 走った, 走りました, 走る, 走る限り, 走れば, 越えた二十一人, 越えて, 越えては, 越えると, 越え行かれましたが, 越した南太平洋, 足跡を, 距る, 踏み出して, 転がり込む様, 辿ったならば, 退かうとして, 退くと, 退く所, 退って, 逃げる雲脚, 逃げれば, 逃げ落ちる腹, 這入ったあたり, 這入ると, 通すな, 通り過ぎて, 通る, 進みながら, 進む, 進むの, 進む坂本, 進める当時, 進んだ, 遠ざかった, 遡のぼりお茶の水, 遣る手紙, 避けたわけ, 避けろ上州路, 郷里の, 長い新野, 長く伸び, 隔った, 離, 震へて, 靡いて, 順々に, 順に中世, 順序よく並ん, 飛びたつ烏, 馬喰町の, 馳す, 駒ヶ岳や, 高台寺道を, 高架線に, 高田馬場へ, 鯨たちが

▼ 西~ (302, 3.7%)

4 九州の, 記者の 3 瀬戸内海の, 追分東は

2 [14件] すぐ山, 九州より, 埃及から, 大川東は, 大津から, 大舎人, 小田原の, 渺々たる, 西という, 西両者永遠に, 言った, 近衛殿より, 金峰山から, 阿弗利加

1 [260件] お熊さん, ここでは, すぐ塀, すぐ富士川, すでに花, ただニコニコ, づれに, どうした, どこへ, どんな処, ない西, はるかに, まだ全面的, めずらしそう, もう鉄道, やや得意, アドリア海および, アフリカの, オメール伊太利は, カミカワの, カルメル山脈に, カーニュアンチーブキャンヌ東は, ゴビより, サンゼリゼの, スペインの, スペインポルトガル東は, トランスヒマラヤの, パアク・レインに, ブリテンの, ブルボン王朝の, ラターク及び, リガから, レーノ河を, ロシアから, 一時首まで, 一瀉千里の, 七面山東は, 三井寺, 三十吉雄は, 三吉の, 三宝山に, 上町ひがし下町, 与那国島の, 世界各国の, 丘陵の, 中国四国の, 丹波カラサキ口, 主基, 九国の, 九州から, 九州まで, 九州五島沖玄界灘, 九州東は, 二度も, 五六尺の, 亞拉比亞小, 京大阪東は, 京畿附近を, 京阪より, 今何を, 今川橋から, 伯父を, 何でしょう, 何時もの, 何時頃に, 入り江の, 入江の, 入谷田圃に, 兩寺の, 八幡山崎狐河淀一口の, 内山や, 円明寺川まで, 冷, 初めての, 利根川へ, 加茂の, 南町と, 単に弁舌, 博多まで, 博多灣の, 印度西藏中央亞細亞波斯などの, 厚い白壁, 受けて, 合渡鏡島など, 吉備から, 名古屋京都大阪東は, 周囲を, 因縁の, 土佐あたりまでしか, 土領ジョルジアに, 坂田鷺出方面へ, 堀川に, 堂島の, 夕べ, 夕焼東は, 大きな押入, 大に, 大公儀, 大分県海部郡肥前の, 大川の, 大津を, 大町小路を, 大連営口から, 大連沖支那海まで, 天水郡に, 妻籠の, 宝川笠ヶ岳の, 宵の, 家の, 富士と, 富士秩父の, 寺島の, 小川山金峰山から, 少壮な, 尨大な, 尾張または, 山で, 山崎鳥羽伏見, 岡山まで, 岩木山塊と, 島根県の, 巴蜀へ, 帝王の, 平沼, 広漠たる, 当時の, 思出した, 拙者の, 播磨あたり迄, 播磨東は, 斉斉哈爾に, 新茶屋から, 旅で, 日本海, 日本海だ, 早晩獨逸を, 明るいが, 晴れて, 最早堂々たる, 朝鮮に, 朝鮮南は, 木戸だ, 木曾山脈南が, 本気に, 東風にぞ, 松原の, 林が, 枝沢に, 柴安倉と, 根戸川そして, 根戸川に, 横堀川南は, 機に, 次の, 歐羅巴までの, 武相それから, 死し老人, 比叡山麓東は, 毛利の, 法然が, 流沙, 浅貝, 浪打ち, 海へ, 海老取, 涯しない, 淀屋橋辺を, 満鉄線, 濃州三州江州辺, 瀬田から, 熊本県の, 玄白の, 琵琶湖畔の, 瑣, 生前に, 田の, 甲州と, 甲武信岳から, 甲武信岳を, 目を, 石見に, 砂土原藩小さい, 神戸に, 神通川の, 秩父の, 秩父根東は, 窓から, 筑前の, 筑紫の, 箱ヶと, 箱根山の, 縮れて, 美濃から, 美濃の, 美濃尾張から, 羽目であります, 背広を, 自分の, 自分自身も, 芝高輪白金の, 花崗岩の, 草津の, 荊州襄陽の, 荊陜から, 荒川東は, 葉巻の, 蘇格蘭の, 蘇門荅剌国界国語婚喪等の, 行田東は, 西で, 西である, 西と, 西の, 西東は, 西班牙に, 話頭を, 谷町の, 豊前の, 赤羽橋まで, 越後境東は, 足利邑楽両, 足柄山を, 追分だ, 遠くまで, 遠く丹波, 遠く大食, 遠く竜バミ山, 遠く長崎, 遠州, 遥かに, 都に, 重畳たる, 重疊, 鉄拐山横尾山高尾再度山ひがしは, 鎮江元, 長崎の, 長州侯が, 長門だの, 闇し, 阿礼の, 阿蘇山である, 雪ぐも, 震えながら, 音羽谷を, 頗る冷然, 飛騨や, 飯能八王子東は, 馬喰町を, 馬籠から, 馬耳東風何の, 驚きも, 高田より, 鬼界屋玖の, 鰊を, 鹿児島まで, 麹町東は, 黄金の, 黒海に, 黒部の, 黙って

▼ 西から~ (203, 2.5%)

37 東へ 9 東へと 7 東に 5 南へ 4 北に, 北へ, 南から, 吹いて, 東から, 風が 3 来て, 真正面に, 進んで 2 かえったら, 南の, 帰って, 木曾川を, 疾風の, 眞正面に, 続々殺到, 街道を, 西北へ

1 [94件] あの峠, きた風, この木曾街道, すこし北, その姿, たやすく越えさせた, でなく東, どこを, のしかかるよう, のぼり月, はるばる石, ふく風が, やって来た, 三番目の, 上つて来た, 上つて来る, 下向の, 五人, 京へ, 入る間道, 入洛し, 冷たい朝風, 出て, 出ら, 北, 北からと, 北にかけては, 北の方に, 北東へ, 十曲峠を, 南にかけては, 南にかけても, 南は, 南へと, 南を, 取り寄せたという, 取上げた調書, 受け取る最近, 吹きつける疾風, 吹きつける誰, 吹き上げた風, 吹き上げて, 吹き北, 吹き寄せる霧, 埃を, 大兵を, 天頂へ, 少し北の方, 島崎藤村さんに, 帰ったばかり, 廉い, 微風が, 徳陽地方へ, 押しよせて, 持って, 揖斐川と, 攻撃せん, 旅の, 木曾街道を, 木津川の, 来たり, 来た人, 来るかも, 来るもの, 来る人, 来る外洋, 来る道, 来る飛脚, 東, 東と, 東京へ, 東東から, 歸られた, 毛利が, 毛利大膳大夫が, 波濤を, 深山には, 漢中を, 激しく吹き起った, 物いい, 発して, 発源する, 登って, 登っても, 白石川へ, 眺めた形, 襲ふ, 西へ, 西班牙に, 起つて, 陸を, 雨雲, 馬籠昼食の, 黒部川に

▼ 西班牙~ (170, 2.1%)

6 の王樣 3 に旅 2 から使節, という国, といふ國, の使節, の磴, の言葉, の駅夫

1 [147件] かどこ, から公私, から北部伊太利, か伊太利, があつ, が好, が背景, だけによほど, だって人種, だの伊大公, だんす, ではこの, ではそう, では五十年間, では妙, では新婦, では栄誉, では甚だ, では私, では結婚, でもこの, でも衆道流行, で苦労, で跡, という暖, とかで, とか申す, との密貿易, とはちがっ, とはまつたく, とプロシャ, とプロヴァンス, と戦い比律賓, と書い, と書いた, と葡萄牙, などの人人, などは最も, などを旅行, にいる, における闘牛士, には新聞記者日曜休日法, には立派, にゴヤ, に与え, に今, に入れ, に宗教裁判, に居, に派遣, に生れき, に至って, に至つて, に赴き, に闘牛, に革命, に馳, に麗人, のこの, のその, のアルハムブラ, のゴヤ, のスロアアガ, のゼビエー, のピサロ将軍, のブラスコ・イバンツ, のマドリッド, のムッソリニ, の一件, の一闘牛士, の人間, の会堂, の修道院, の公使, の司僧マドリド教主, の名高い, の国家的英雄, の国旗, の国花, の國境, の國王, の坊さん, の大公, の女, の姉妹, の宗教裁判判事, の山, の岸, の広大, の愚人, の或, の拘搾, の拷問部屋, の探検者たち, の探検隊, の文明, の方, の昔, の楽器, の海賊, の渡来僧オルガンチノ, の無, の王様, の生活, の産, の画家, の社会, の神秘派, の科学, の総理大臣, の舞妓, の花形, の若い, の貴族ボバドイラ侯爵, の貴族マドリド司僧, の踊り子, の踊子, の連銭花, の闘牛場, の領地, の風習, の首府, の魔法, は, は歴史的, へ來, へ来れ, へ発つ, ほど結婚, また埃及, まで来, もまた, も瘠せた, や亞弗利加, や独逸, より空しく, らしい軽, らしさ, を想う, を懐かしむ, を斥, を牽制, を立ち去らなけれ, を立っ, を見る, デ一番酷カッタノハ, 貸若干枚

▼ 西~ (114, 1.4%)

24 東に 8 東の 6 いえば, 東とに 5 東と 4 東へ 3 南に, 南の, 東との 2 北とに, 北とは, 南は, 南へ, 東で, 東とから

1 [40件] いうが, いふと, かきかけて, この隅, せわしい身体, その極, ちりぢり, わかると, 三吉とは, 云う方, 云う考え, 北から, 北が, 北との, 北に, 北の方には, 北は, 北角の, 南とが, 南には, 名け, 戰爭を, 東から, 東とへ, 東には, 東ほど, 東も, 東を, 東上と下へ, 東東と, 東輕井澤と共に, 玄白との, 白とは, 真宗大谷派本願寺の, 称し西, 観念は, 言い東, 言うもの, 言う方法, 違った方

▼ 西~ (112, 1.4%)

9 指して 8 向いて 3 向いても, 見れば 2 あけ南, さして徐, のぞめば, 指さしました, 見東

1 [79件] あおいでも, あまねく蒼, うしろに, ごらんありけれ, さして山稜, さして木曾路, つくり鯨, まいる途中, まわって, みても, もっと山, わたった大軍, 一直線に, 上町一に, 儼然と, 其連嶺に, 劃る, 南下し, 向いた窓, 向いてよと, 向いてるの, 向き心, 向くと, 向くという, 含雪斎と, 回って, 廻って, 引立ようと, 志す事一年, 悪む者, 慕ひ, 指した針, 指し風, 指すよう, 捕縛した, 探し南, 搦んで, 撃つ, 望むと, 望めば, 東だ, 梁州といへる, 流れて, 流れる只見川, 流れ細野, 渡り対岸, 無罪と, 照らす, 発して, 真の, 知らなかったひろ子, 第一, 考えると, 舁いだの, 落すこと, 葛西の, 西破風と, 見たと, 見たの, 見つけ出したよう, 見て, 見ても, 見るは, 訪問し, 賀露川は, 赤石東を, 越えて, 足りない事, 跟けて, 辭し, 追われたらしい高麗, 通過し, 進んで, 遊学し, 遊歴すべし, 限って, 霞に, 馬車へ, 駈けつつ

▼ 西へと~ (106, 1.3%)

3 落ちて, 進んで 2 上って, 流れて, 流れるばかり, 移ると, 行く月, 辿って, 連る

1 [86件] うねって, お歩行, こころざして, すすみ龍王街道, すすんだ, その成長, その驥足, たど, だんだん遠く, まにまに吹き流され, ゆく下り, ヒスパニオーラ号は, 一二丁入, 一日の, 一路街道を, 三里余り参る, 二三回娘は, 二百里マナサロワールという, 伝わって, 動いて, 十日ばかり, 向いたの, 向き見上げるよう, 向つて, 吹寄せられ, 回転し, 奇妙な, 帰って, 延びて, 引いたよう, 往けば, 志して, 急いで, 悪魔の, 押し流されました, 敵を, 旅を, 来て, 森という, 横切る三人, 歩いて, 歩む, 歩を, 波の, 渡った, 渡りかけて, 漕ぎ出した, 爪上りに, 爪先上がりの, 登って, 眼を, 移行し, 絶えずさすらい, 置場処の, 船脚を, 落ちたる冷魂, 行くという, 行く相, 行けば, 變つた事である, 走って, 走つて行, 走らせました, 走ります, 走るの, 赴いたの, 輝きわたる稲妻, 轍を, 辿り田中, 迂回し, 返って, 追われた部族, 逃げること, 逃走した, 通って, 通り過ぎた, 通り過ぎて, 進みました, 進んだ, 運ぶ, 避難し, 際限なく, 離山の, 飛ばして, 飛び去りける, 飛ぶの

▼ 西~ (84, 1.0%)

8 の馬超 7 の馬 5 の太守馬 4 の兵 3 の, の軍勢 2 の刺史董卓, の生れ, へさして

1 [48件] から檄, があり, にある, に留守, の八旗, の兵ども, の兵隊, の兵馬, の兵馬数万, の刺史, の勇将, の地, の壮兵千余騎, の夜襲隊, の大兵, の大将, の大軍, の封, の州兵, の憂, の憂い, の敗兵, の猛, の猛威, の王, の産, の等, の精, の背後, の胡夷, の胡夷ども, の董卓, の遠き, の錦馬超, の鎮守, の陣営馬超, の馬岱, の馬岱これ, は国, ふたたび燃ゆ, へやられた, へ帰っ, へ早馬, へ落ち, を出ず, を出る, 之太守, 第一

▼ 西太郎~ (83, 1.0%)

4 と云う 3 に罪, に逢, の妻倉子 2 が白状, が自分, の罪, より外

1 [62件] か藻西太郎, が九時頃, が何, が居るだろう, が捕縛, が模造品, が此事件, が無罪, が犯罪, が直に, が老人, とは此老人, と共々, と認めた, と違い, に勧め, に問, に説, に逢う, に非ずし, の仕業, の伯父梅五郎老人, の女房, の宅, の捕縛一条, の様, の無罪, の犯罪, の異様, の白状, の言, の飼犬プラト, の驚き, は一夜, は丁度, は伯父, は何所, は其妻, は寝台, は忽然と, は意外, は斯, は昨夜老人, は此上, は此外, は此翌朝放免, は泣止, は真実, は確, は罪, へ疑い, ほど喫驚, も初め, も自分一身, を問, を引立よう, を慰めよう, を憎む, を捕縛, を本統, を残し, を真実

▼ 西~ (74, 0.9%)

5 計三 4 がいった 3 と乾 2 がふきだした, はせせら笑っ, は久我, は急, を見る

1 [52件] がくっくっ, がたずねた, がだみ声, がはねかえす, がひったくった, が久我, が亀, が出, が水, が立ちあがっ, が腰, が記者溜, が酔っ, が高, と那須, のそば, のアパート, の声, の姿, の煙草, の眼, の膝, はうるさ, はえっ, はこれ, はその, はそれ, はど, はまた, はコップ, はテエブル, はピクピク, は下卑, は呆れかえった, は床の間, は手, は煽てる, は皿, は立ちあがる, は舌なめずり, は財布, は那須, は酒, は露骨, は食卓, もときどき, も葵, をのこし, を手荒く, を瞶め, を見た, を迎い

▼ 西~ (74, 0.9%)

2 に同情, に投じた, のため, の兵, の激戦地

1 [64件] が内裏, が勝っ, が南朝, が宇治, が来た来た, が蒲生, たる山名方, でどれ, との敵味方, などとは比べもの, について実戦, について實戰, にとって一つ, には大内政弘, にも大将, に与したる, に加担, に参加, に參加, に抗, に贔屓, の, のすさまじい, のなか, の一支隊, の一方, の中枢勢力, の主, の作戦, の勢力, の実, の将, の岩崎山, の手, の東下, の殿将, の浮田勢, の瀬, の眼, の秀吉, の総帥格宇喜多中納言, の解散, の進撃, の進路, の鉄壁陣, の長蛇, の陣地, は一ノ谷, は一挙, は五辻通, は南東, は早く, は止む, は此, へゆく, へ示した, を包, を微塵, を押潰, を掃滅, を編成, 敗れなば, 諸将, 降ヲ乞ヒ戰爭忽チ終結

▼ 西~ (62, 0.8%)

42 東も

1 [20件] あるもん, なかった, ひがしも, ほかの, また山地, わからぬ女, 一つらに, 二間の, 共に精神的, 大陸から, 寒かり, 東もか, 東東も, 海だ, 畢竟詩人, 空をば, 笑って, 笑出した, 茫々たる, 齋藤も

▼ 西には~ (60, 0.7%)

2 水も, 青森の, 黒い死

1 [54件] いって, すでに大和五条, そんな島, なお中国, ひかる, また近江, まだたそがれ, ドド根と, 七面と, 信濃の, 僅か数里, 化け物が, 十四人の, 印度の, 又峨々, 多摩川あり, 大きな池, 大国毛利が, 天竜川が, 富士も, 小堂, 小野田の, 小高い丘陵, 山地に, 山姥の, 崑崙雪山の, 希臘の, 常磐の, 張繍おのおの, 懷良親王が, 斗満川を, 日本海を, 旭岳が, 木曾駒ヶ岳の, 東山等の, 松平右京亮樣南には, 榛名の, 樹木の, 正宗敦夫君という, 武尊北に, 比叡比良の, 満ちて, 牛込赤城明神が, 神戸の, 義寧坊と, 見られぬこと, 迎秋門北には, 近く尨大な, 近く旭岳が, 遠く白山が, 釈迦岳が, 野反, 長州の, 養老の

▼ 西~ (57, 0.7%)

3 わの 2 佐佐又四郎成意である, 家の, 曇れば, 自分で

1 [46件] かつた, かみで, なかなか奢いた, わからない, わが森, わだ, わに, わに残照の, ゐる, タッタ一人で, 一番好きで, 一面工業国であり, 丹波方で, 何と答, 何故身の程, 其妻に, 十一時前後頃に, 吹いて, 嚔めを, 四メートル三〇センチで, 外務の, 好いいくら馬処, 射して, 床の間で, 廊下で, 強い光線, 戯れるよう, 最も著しい, 根戸川の, 横槍を, 無罪の, 生れ出た, 白状した, 知源寺摂津国町又, 笑った, 紹介した, 英租界に, 西大番の, 見つけて, 軽く笑った, 逆に, 連れて, 邪魔だてを, 階段の, 顰に, 黒けれあ

▼ 西~ (57, 0.7%)

2 の作家, の軍隊

1 [53件] から歸つて, こそは私, でどう, とかあゝ, との不可侵條, と其の, と支那, と日本, になります, には哲學, には適切, にも佛語, にゐ, に住, に接近, に於, のタルチヤノフ, の京城セントペートルスボルグ府, の國風, の大, の女郎衆, の學者, の宗教家, の小説家ツルゲーネフ, の役人, の手, の新聞雜誌, の方, の映, の有名, の水兵, の田舍, の百姓, の百姓家, の草原, の言葉, の詩人, の陸軍士官, の青年, は孤獨者, は強, は日本, は露西亞, へ放す, へ旅, や亞米利加, や獨逸, より歸, らしく思はれ讀者, を遍歴, ノ三大國ニ介在シテ自立スル能ハザリシ地理的約束ト, ヲ考, ヲ迎

▼ 西~ (53, 0.6%)

5 の棚雲 2 が赤く, にかかっ, の観覧車

1 [42件] から墜ちん, から差し出, がうつ, が火事, であった, にう, にうっすら, にくっきり, にしずむ, にはまだ, には低く, には真赤, には糸, に傾いてる, に半月, に向い, に密雲, に屏風, に投げだした, に日, に流れ, に流れる, に聳え, に落ちゆく, に雲, に高く, の余, の夕焼け, の方, の根津一帯, の濃い, はたっぷり, は一面, は夥しい, は真赤, は薄曇り, は雲, は靄, へしばらくうっとり, へ向かっ, をひろく, を眺め

▼ 西より~ (51, 0.6%)

9 東に 3 東へ 2 する木曾路, のぼり, 数えて, 東迄の, 瞻れ

1 [29件] おく霜, この位北, する事, する和宮様, する旅人, する諸, する鉄砲, のぼる, 三十度ほど, 出ずること, 出づる事, 出で, 北へ, 北十度東に, 北走する, 南米大陸に, 大軍を, 必らず, 晴れ来, 来たり, 来って, 来て, 来り我, 東を, 東十度北即ち, 東方に, 歸つたのは, 開けて, 陸奥守北畠顕家を

▼ 西~ (36, 0.4%)

4 の男 3 の家, の父親, は古刹龍泰寺 2 にある, の空地

1 [19件] が八畳, であった, では一様, では王, に住ん, に佐太郎, に在る, に空地, のお松婆アさん, の人々, の今宮村, の古見, の娘, の田, の秋森家, の阿, は墓地, へ縫箔, また何

▼ 西~ (35, 0.4%)

2 にある, の金勝寺

1 [31件] から毒瓦斯フォルデリヒト, で罪人, と申し, にかくれ, にちかい, にて日常, にて聞, には全く, には新宿停車場, には路ば, に私, に移りし, に移転, に立川飛行連隊, に豊か, に起った, に迎え, に近く赤岸溪, の一名物也, の工場街, の方, の洗足池, の畷道, の白馬寺, の臺地, の追分, の鹿児島航空隊, へ廻っ, もやはり, よりす, を相模川

▼ 西班牙人~ (31, 0.4%)

2 だ, の探検隊

1 [27件] があり, がみんな, が入, が欧洲, だと, でした, でもない, とか答, として取扱われ, と伊太利人, の名, の図案家, の心持, の混雑, の父, の男性, の血, の闘牛, は原形, は大, は男, は綺麗, は西方, は誰憚ら, や多勢, を妻, を殺害

▼ 西~ (31, 0.4%)

2 で書いた, で書かれた

1 [27件] あり, で愛想, で書かれ, で記され, で試みた, で話し, で雄, なるもの, にいわゆる, にて即興詩, に直す, に習熟, に譯, に通ぜる, のあまり出來, の原本, の精神, の詩, の詩集, もうまく, も急, や英語, をならはせ, を全く, を教, を最も, を習得

▼ 西比利亜~ (30, 0.4%)

2 の利権

1 [28件] から逃げ, が取れたら, では犬, で新聞, とかでなけれ, にある, には日本軍, にも之あり, に及ぼし, に接近, に渋滞, に滞留, に独逸, に白軍王国, の実権, の形勢, の徒輩, の東部, の横断者, の流竄者, の荒野, の説話, の金鉱, へ, をとおっ, を疾走, を通っ, を通過

▼ 西一郎~ (27, 0.3%)

2 だった

1 [25件] がやった, が千鳥, が打つ, が来合せ, が駈けつけた, だけになる, だったの, という男, と名乗る, にめぐりあい, に会おう, に赤星ジュリア, のこと, の住所, の姿, の手, の方, はブラリ, は咄嗟, は誰, は電話, も更に, を呼ん, を呼んだ, を引張っ

▼ 西~ (27, 0.3%)

4 のさる 2 の浪人者

1 [21件] で其布教, との通路, とを論, などは山國, なれど, には平氏, にも巡錫, に下りし, に流します, に落ちさせ, に行幸, のさる大, の新しき, の旅, の武家出, の義, の藩中, の訛り, はまた, へ流します, へ落ち

▼ 西~ (26, 0.3%)

2 切れて

1 [24件] これから往, とうとう私達, どっちが, ほろほろ, もどったん, 一点の, 事を, 五色茶漬は, 今の, 別れたきり, 吉川町から, 名の, 太平洋へ, 小さい谷, 形勢を, 心ゆくばかりの, 日本海に, 昔は, 最も見事, 棒の, 永遠に, 直義たちは, 看たの, 表口と

▼ 西寄り~ (25, 0.3%)

2 のところ, の黒板

1 [21件] で, であったので, ではある, にある, に在る, に当っ, に鍋, のつまり, の仮, の北風, の奥まった, の屋根, の所, の文明, の東南向き斜面, の気流, の濱邊, の築地, の通り, の風たち, は鉄道省

▼ 西~ (23, 0.3%)

3 と手 2 の顰, 小観音

1 [16件] が芋, に扮, のひそみ, の腹, はわたし, は中国古代, は家, や竜陽君, や龍陽君, をすら敵, を呉王, を得, を斬る, を粋, を送っ, を進め

▼ 西~ (23, 0.3%)

2 の末頃, の高祖

1 [19件] の世, の元, の元始時代, の初め匈奴, の劉向, の古色, の孝文帝, の孝武帝, の學, の宣帝, の後, の成帝, の昌邑王, の明帝, の末, の汲黯, の賈誼, の高, の高祖皇帝

▼ 西洋風~ (22, 0.3%)

2 なもの

1 [20件] です, な, なる余裕, なれども, なん, な一種, な世界中, な加工, な家, な寝台, な帳面, な支柱, な料理, な書斎, な法, な発声法, な粋, な表現, な造, な騎士道

▼ 西~ (21, 0.3%)

2 に懸かる

1 [19件] ながめ, にかかる, に住む, に余光, に印し, に印する, に向っ, に懸り, の仏教, の涅槃, の紅霞, の論家, の音韻, を彩れる, を恋め, を拝, を睥睨, を睨, 黄ばみにごれるに

▼ 西~ (21, 0.3%)

1 [21件] からも支那, から入唐, に入, に入り, に扶植, に於, に於ける, のお伽噺, のみでなく, の佛教, の佛教史家, の國, の如き, の方, の樂劇, は今や既に, は外人, も祕密國, や印度, 濁立, 蒙古

▼ 西亞人~ (20, 0.2%)

1 [20件] が横濱, だ, だから, に向, に比べる, のそれ, の性格, の性質, の或, の特質ぢ, の經營, の血痕涙痕, はもう, は松, ばかりのゐる, もその, や亞米利加人, や波蘭人, らしいの, らしい男

▼ 西北方~ (20, 0.2%)

3 の空 2 にある

1 [15件] からの陸路, から出, から勢, から小, において道教, にのび, に一つ, に百キロメートル, に転じ, のシナ地方, の例, の町, の茶臼山, の遠く, へ行った

▼ 西~ (20, 0.2%)

2 の近親

1 [18件] が前, が老後, です, とともに市街, ともお, に語りました, の, のお世話, のに較べ, の三十間堀, の子, の御, の沼津, は, はひどく, は以前兵部省, は脳疾, は轉

▼ 西なる~ (19, 0.2%)

2 京に, 海の

1 [15件] は高し, や, 一ツの, 于, 京なつかし, 京なれ, 京へ, 人の, 山に, 岩窟其餘處, 方吸寄せられ, 矢田川原まで, 米花洗馬山は, 諸作家バルザツク, 頼兼村から

▼ 西涼軍~ (19, 0.2%)

1 [19件] がまた, が堰, が大挙, が潮, と中央軍, と対し, に対してさすが, のほう, の一将成, の中, の先鋒馬岱, の兵力, の北夷, の士気, はせっかく, はちりぢ, は木ッぱ微塵, は雀, を追いまくっ

▼ 西班牙語~ (19, 0.2%)

1 [19件] だといった, であったから, で話し, と葡萄牙語, なの, ならむといへることあり, にも飜訳, に直し, に訳し, に訳せるだろう, のわかる, の手紙, の新聞, の細字, も独逸語, や知っ, や葡萄牙語, を知ら, を話す

▼ 西~ (18, 0.2%)

2 から美しく, の障子

1 [14件] からは新しく, がそこ, の, のす, のカーテン, の上スレスレ, の前, の外, の雨戸, はひどく, をあけ, を一ぱい, を中心, を見やりました

▼ 西太后~ (17, 0.2%)

2 の信任

1 [15件] が光緒帝, が陝西, で持ち切っ, という女, と恭親王, と東太后, などが政治, の密旨, の崩後二年半, の悪, の時代, の栄華, の玩具, はその, も西巡

▼ 西~ (16, 0.2%)

7 東か 1 どこか, どれが, 何處かが, 南か, 南だったら, 南なれ, 微塵だに, 方角が, 東かへ

▼ 西銀座~ (16, 0.2%)

3

1 [13件] から病院, そのころ, で降りる, にある, にすばらしい, にダンスホール, の三直, の並木横丁, の新, の狭い, の蕎麦屋, の裏通, の裏通り

▼ 西さん~ (15, 0.2%)

3 あ東さん

1 [12件] あ南さん, からお, が此, が被, といふの, とか鈴本さん, と呼ん, の奧さん, の旦那, や, や西さん, 暫くネ

▼ 西ヨーロッパ~ (15, 0.2%)

1 [15件] からアフリカ, からソヴェト同盟, とアメリカ, と東ヨーロッパ, においては必ずしも, における, にもひろく, に亡命, に移つた, の国々, の諸国, の資本家, まで來, をごらん, を旅行

▼ 西両国~ (15, 0.2%)

3 の広小路

1 [12件] だつた, で豹, という眼抜き, といっ, には荒筵, には華やか, に観世物小屋, のある, の小屋掛, の方, の橋番小屋, へ行き着く

▼ 西八條~ (15, 0.2%)

3 の花見 2 の館 1 の屋敷, の屋方, の御, の御館, の方, の邊, の邸宅, より遙, より還御, を出

▼ 西~ (15, 0.2%)

2 の末頃

1 [13件] だの西村, といふ先生, となった, に於, の, のヘーヴン, の初, の昭王, の時, の末, の銅器, は, を筆頭

▼ 西~ (15, 0.2%)

2 とか云う, の武蔵坊弁慶

1 [11件] におった, に住ん, に実, の伽藍, の傍, の北谷, の南谷, の尊林坊, の武蔵坊, はいう, はすでに

▼ 西夫人~ (14, 0.2%)

1 [14件] が再び, との一行, と三ヶ月, と云う, と伊国, と共に外国, と浦原嬢, なども確か, に従い今日出発, に連れられ, は又, も少し, も秀子, を呼び出し

▼ 西~ (14, 0.2%)

3 の惠帝, の武帝 2 の張華 1 の元康六年, の太, の末, の皇甫謐, の竺法護譯, の陳壽

▼ 西へも~ (13, 0.2%)

7 東へも 1 でて, 伸びること, 北へも, 南へも, 行つて來た, 通じて

▼ 西洋梨~ (13, 0.2%)

1 [13件] があり, が何故, が日本梨, といっ, と日本梨, には汁, に優つて, の事, の話, の食頃, も熟し, を勧, を堅い堅い

▼ 西美濃~ (13, 0.2%)

3 の三人衆 2 の地 1 で名代, と地つづき, の山, の惣録, の水野家, の津島祭, の海道筋, の要地

▼ 西では~ (12, 0.1%)

1 [12件] どの牛, ないか, もう日本, サッキャア・コマ・リンボチェこの, フランス語南では, 一番という, 伊豆の, 國民の, 早くからジィド, 此遊戯を, 神戸東北では, 近江の

▼ 西にも~ (12, 0.1%)

4 東にも 1 あった, おのがじし然も, 山崎と, 川が, 火の手が, 行きゃあ, 道らしい, 障子四枚これを

▼ 西印度~ (12, 0.1%)

1 [12件] および墨西哥, で印度人, にいます, のよう, のジャメイカ, の事, の猛烈, の空想, の羅荼, は実際, へ輸出, を見せ

▼ 西~ (12, 0.1%)

1 [12件] かケンタッキー, と交通, にエスペランチスト, に径, の商人, の国ガイマス, の未知, の某, の首都附近, へも行きました, へ向かった, を攻め

▼ 西~ (12, 0.1%)

2 すれば 1 から北面, から熱湯, の一室, の地主, の方, の横穴, の築地新造, はこの, は巌, 裂けて

▼ 西アジア~ (11, 0.1%)

1 [11件] からアラビア, ならびに地中海地方, にイエジジ宗, のオッセテ人, のマホメット教徒, の民族, の記録, へかけ, やエジプト, や古, 諸國

▼ 西兩國~ (11, 0.1%)

2 の方 1 で立ち, に逃げた, の唐辛子, の橋番所, の殺し, の船着場, へ手, へ漕がせ, へ船

▼ 西曲輪~ (11, 0.1%)

1 [11件] が見え, と東曲輪, のうち, の客殿, の廊下, の方, は姫嬪, は良人, へお越し, へ各自, へ向った

▼ 西洋髪~ (11, 0.1%)

2 に結った, に結つた女, 剃で顎 1 などには結つて, にお, にし, の女, の頭

▼ 西班牙犬~ (11, 0.1%)

1 [11件] がいるで, に少し, に注意, の家, の毛, はこの, はじっと, はのっそり, はよろこん, は再び, は案外

▼ 西華門院~ (11, 0.1%)

2 のお 1 にいた, に雑仕, の内, の局, の御築, の雑仕, の高築, またみかどの随身, を逃げ出した

▼ 西~ (11, 0.1%)

1 [11件] かで降り, から乗った, から着いた, でマダム, で前, とかの仏領交趾支那, の沖あたり, の町, へ着く, やシンガポールあたり, を出帆

▼ 西~ (10, 0.1%)

2 東す 1 かつては, て五丈原, て揚子江, て播州, て昨日江州, て西岳, 幾回の, 東した

▼ 西という~ (10, 0.1%)

2 のは 1 ことが, ような, 公使が, 家が, 感じが, 男は, 美男の, 考えが

▼ 西とに~ (10, 0.1%)

2 分れて 1 それらしい, 二つあった, 分かれこの, 分立し, 向かって, 対峙した, 山並を, 陸が

▼ 西への~ (10, 0.1%)

2 手車小車に, 気流が 1 使いに, 旅に, 無寄港横断, 進路を, 道へ, 道を

▼ 西~ (10, 0.1%)

1 でいみじくも, にも其例, の傳説, の文人, の文學, の文明, の物質的文明瓦解史上, の評壇, の諸, への憧憬

▼ 西練兵場~ (10, 0.1%)

2 の物凄, の近く, の高射砲, へ差しかかる 1 のあたり, は死骸

▼ 西~ (9, 0.1%)

3 か東 1 といっ, とか贅沢, と思う, 影が, 西だ, 遥か向う

▼ 西~ (9, 0.1%)

2 南へ 1 ブルグンドや, 北を, 南にかけて, 東が, 東の, 東や, 独逸の

▼ 西インド~ (9, 0.1%)

2 から帰っ 1 から帰る, から財宝, の小, の最も, の貝殻, へ輸入, をつれ

▼ 西北原~ (9, 0.1%)

3 で泥棒 1 でテント, でマナサルワ湖, で英領インド, へお越し, へ一日足らず, へ進んだ

▼ 西~ (9, 0.1%)

1 であった, に位置, に先生, に攻め来ろう, の地, の子, の扉, を望み, を震駭

▼ 西からの~ (8, 0.1%)

1 けわしい風雲, ほうが, 使者が, 戦報を, 日に, 音楽交驩に, 風東からの, 飛脚が

▼ 西する~ (8, 0.1%)

1 かと思え, か評議一つ, がの国駿東郡, ことしばらく, ところ一団の, も南, 荷馬車また, 頃

▼ 西國巡禮~ (8, 0.1%)

2 に出た 1 ですか, にでも出かけます, に出かけ, に出る, に行, の旅

▼ 西~ (8, 0.1%)

1 では誰, に止まり, のあたり, の二年生全部, の人気, の假裝行列, の小使部屋, の舎監

▼ 西~ (8, 0.1%)

2 の時 1 と聞く, の大, の轡, の途, の難, 総司令官

▼ 西応房~ (8, 0.1%)

5 の猟師 1 と云う, は尾州中島郡一の宮, は素養

▼ 西石垣~ (8, 0.1%)

3 に会席料理屋 1 のなにがし屋, の何處, の千本, の料理屋, の河ッぷしにも

▼ 西~ (8, 0.1%)

1 から少し, に, にあっ, に出る, の角, へ船, を鴨川, 広濶

▼ 西金堂~ (8, 0.1%)

2 の諸 1 に十, に坐ます, に移した, の内部, の建立, の本尊

▼ 西隣り~ (8, 0.1%)

1 にユーハイム, に育英堂, のネパール, の多々良村, の家, の往生院, の洋館, 西蔵と

▼ 西あたり~ (7, 0.1%)

1 のウィンタア・スポウツ, の少年, の山, の景色, の田舎, の見当, らしく見える山

▼ 西先生~ (7, 0.1%)

1 が, が何, とか云, には大, の, の家, の玄關

▼ 西大陸~ (7, 0.1%)

1 にあった, にのみ産す, に新規現出, の事實, の獣中王, の食蟻獣, へ討ち入った

▼ 西~ (7, 0.1%)

1 からにしよう, な畑, にある, に一段, の小藪, の方, の白壁

▼ 西~ (7, 0.1%)

1 に遷, の塞主, の諸, の酒泉, へ折れ, を守っ, を窺う

▼ 西~ (7, 0.1%)

1 は極, も火, も通用口, をくぐつ, を守れ, を攻めた, を新門

▼ 西すれ~ (6, 0.1%)

1 ばようやく, ば京都方面, ば十二町, ば即, ば吾妻野, ば山形街道

▼ 西半部~ (6, 0.1%)

1 より朝鮮, をぐるり, をてらす, を其下, を統一, 全體

▼ 西博士~ (6, 0.1%)

1 がコオチャア, と耳鼻科, の存在, の陶然, は創立以来, をわが

▼ 西國順禮~ (6, 0.1%)

1 が順拜所, とは何, の出立ち, の稱呼, も有, を賣

▼ 西~ (6, 0.1%)

2 后の 1 學の, 學院より, 番頭は, 都督に

▼ 西~ (6, 0.1%)

2 のはずれ, の薄暗い 1 へ入っ, を循

▼ 西~ (6, 0.1%)

1 丸へ, 丸下の, 奉行所や, 料理と, 料理の, 荷鉾は

▼ 西破風~ (6, 0.1%)

1 と称し, の三等三角点, は終に, は隠れ, も東京市中, も見える

▼ 西~ (6, 0.1%)

2 が先師 1 がいった, がこたえた, に至っ, の特性づけ

▼ 西行き~ (6, 0.1%)

1 つと心, とまちがえ, の汽車, の電車, め込み見返る, やない

▼ 西からも~ (5, 0.1%)

1 吹く, 延び上って, 東からも, 色々な, 貢ぎせられ王城

▼ 西でも~ (5, 0.1%)

1 ばったば, 北でも, 東でも, 自分の, 追

▼ 西へは~ (5, 0.1%)

1 いつた, ッは, 一歩も, 傾って, 進み出るなと

▼ 西また~ (5, 0.1%)

2 東す 1 南に, 南の, 東草鞋切らし

▼ 西よりの~ (5, 0.1%)

1 ところに, 一角以外には, 一隅に, 川床が, 谷間に

▼ 西~ (5, 0.1%)

1 の仕事場一面, の四つ, を入, 日本の, 里ほどか

▼ 西半分~ (5, 0.1%)

1 に, にはこれ, のあの, を焼い, 殊に日本海

▼ 西哥人~ (5, 0.1%)

2 とその 1 が僕達, はわざわざ, は不断

▼ 西夫妻~ (5, 0.1%)

1 が余, が遣っ, が隣, が鳥巣庵, も此

▼ 西~ (5, 0.1%)

2 の後丹後, の行程 1 を品川

▼ 西座敷~ (5, 0.1%)

3 のほう 1 にいる, へ来

▼ 西教史~ (5, 0.1%)

1 にも記され, による時, の幾ページ, の序文, は保護者フランス

▼ 西~ (5, 0.1%)

2 に別れ 1 と言え, の対, は東

▼ 西~ (5, 0.1%)

1 で寝る, にし, にてガラス戸, に寝た次ぎ, に床

▼ 西~ (5, 0.1%)

1 で勘定, に, の七百年, の始めごろ, を

▼ 西涼州~ (5, 0.1%)

1 といえ, の地盤, の百姓たち, の馬超, へ着任

▼ 西漢時代~ (5, 0.1%)

1 から支那外交, に他人, に西域, の卿相, 若くは

▼ 西班牙磴~ (5, 0.1%)

2 の上 1 の下, の王, を驅

▼ 西蝦夷~ (5, 0.1%)

1 のイシカリ, のシップ, の海, の生命, の空

▼ 西~ (5, 0.1%)

1 のソドル, の懐中時計, の時計, の金時計, ノ手編ミノレース

▼ 西豪州~ (5, 0.1%)

1 かもわからない, の真珠貝取り, の首府パース, へゆきます, へ真珠貝取り

▼ 西~ (5, 0.1%)

1 が住所相模, というもの, に向い, の如き, 真木定観貴志湯浅党などが

▼ 西~ (5, 0.1%)

1 でもケサバナ, で同じ, にある, に偏, の遊郭

▼ 西雲仙火山~ (5, 0.1%)

1 が旧く, と普賢岳, の大観, の接触地点, の範囲

▼ 西餅屋~ (5, 0.1%)

1 といふ, に住む, に控え, に着いた, は敵

▼ 西~ (5, 0.1%)

4 の書いた 1 の描いた

▼ 西~ (4, 0.0%)

2 らに, らの

▼ 西とが~ (4, 0.0%)

2 悉皆焼け滅んだ 1 まざまざと, 団欒する

▼ 西とは~ (4, 0.0%)

1 またどんな, わからないけれ共, 展望に, 詩に

▼ 西なら~ (4, 0.0%)

2 ぼくの 1 あんな暗い, ば其文字

▼ 西にかけて~ (4, 0.0%)

1 南アルプスと, 燧岳が, 立ち並んで, 高い山々

▼ 西まで~ (4, 0.0%)

1 席巻した, 徳川家の, 旅し, 落ちのびながら

▼ 西インド諸島~ (4, 0.0%)

1 に急襲, のスペイン領, の中, を併せた

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 なが, 同上北ハ上野南甘楽郡楢原村ニ界ス三州ニ, 同上古金鉱アリ天正中武田氏, 本山大

▼ 西入道~ (4, 0.0%)

1 があつ, はいんぎん, は汗, もおぞ

▼ 西出丸~ (4, 0.0%)

1 の何, の先, の建物, の空地

▼ 西南北~ (4, 0.0%)

1 から相, ともみんな五メートル六〇センチ, の三方, の風の神

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 が来る, でサ, とは思いませんでした, と懇意

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 で殉教, のこと, の唱門, を行く

▼ 西大門~ (4, 0.0%)

1 と山毛欅, に私, の親戚, を出た

▼ 西太郎さん~ (4, 0.0%)

1 で土曜日, に向, の細君, の身代

▼ 西夫婦~ (4, 0.0%)

1 が事, の平生, は未だ, も遣っ

▼ 西學凡~ (4, 0.0%)

1 であ, と云, に依, の大意

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 からごそごそ, と称した, の外, へ移し始めた

▼ 西将軍~ (4, 0.0%)

1 が拝受, の宮, の職, の首級

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 という者, に会せ, の方, へ入っ

▼ 西晉時代~ (4, 0.0%)

1 にかけて北支那人, にかけて決して, には一時, に嘗て

▼ 西晋一郎博士~ (4, 0.0%)

1 だけがこの, である, の倫理学, を最

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 の二舟子, の意, は魏伯陽, より数百年

▼ 西来院~ (4, 0.0%)

1 にあっ, に居つた, の傍, の紫雲藤

▼ 西江戸川端~ (4, 0.0%)

2 に出向いた, の屋敷

▼ 西流し~ (4, 0.0%)

2 ている 1 て長浜, 再び北

▼ 西~ (4, 0.0%)

2 が篆書, の銘

▼ 西涼勢~ (4, 0.0%)

1 とて枯れ葉, の混乱, はそう, をからかい

▼ 西班牙女~ (4, 0.0%)

1 がリキユウル, が身体, が頻りに, は透き通る

▼ 西班牙的~ (4, 0.0%)

1 な乗物, な理由, な群集, な騒音

▼ 西班牙風~ (4, 0.0%)

1 の建物, の美麗, の赤, の踊

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 の外國語, の如く, の諸, を流罪

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 からも西涼, から渡来, の守り, の寇

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 だ, であつ, にあつ, はひどく

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 からの漂う, と洛内, の二十四日, 前後の

▼ 西門外~ (4, 0.0%)

2 にゆき着い 1 に在, へ往

▼ 西~ (4, 0.0%)

1 で催された, の三室, の許, を訪う

▼ 西からは~ (3, 0.0%)

1 また最初気分, また百姓暴動, イギリスが

▼ 西した~ (3, 0.0%)

1 か東, ことさへ, 傳播は

▼ 西との~ (3, 0.0%)

1 如くである, 方位を, 隔りが

▼ 西とへ~ (3, 0.0%)

1 礫の, 続くやや, 行くたいてい

▼ 西とを~ (3, 0.0%)

1 ひとくるみ, 塞がれて, 対置し

▼ 西どなり~ (3, 0.0%)

1 で水, の群青, は鞘町

▼ 西にあたって~ (3, 0.0%)

1 なにか光, 人声の, 光を

▼ 西にと~ (3, 0.0%)

1 傾き始めた, 気ままに, 遷都し

▼ 西はずれ~ (3, 0.0%)

1 の一室, の三倍, の秩父

▼ 西へか~ (3, 0.0%)

2 へる 1 はると

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 向ッテ歩イテ行ッタラ, 指入, 行ッテミナサイ

▼ 西両者永遠~ (3, 0.0%)

2 に相 1 に別

▼ 西乃入~ (3, 0.0%)

1 には柴草, の沢あたり, の牧場

▼ 西九州~ (3, 0.0%)

1 ではめったに, に於ける, の方々

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 成斎が, 成斎の, 成斎は

▼ 西八条~ (3, 0.0%)

1 など平家一門, にあっ, の門

▼ 西吉兵衞~ (3, 0.0%)

1 について感じた, は西家十一世, 及び森山榮

▼ 西吹く~ (3, 0.0%)

2 風に 1

▼ 西大壁~ (3, 0.0%)

1 に描かれた, の側, の脇立ち勢至

▼ 西天竺~ (3, 0.0%)

2 の白鷺池 1 へ行く

▼ 西妙寺~ (3, 0.0%)

1 というお寺, に出向い, の広い

▼ 西小説~ (3, 0.0%)

2 の傳統 1 の事

▼ 西尾根~ (3, 0.0%)

1 には小さい, には岩場, を下っ

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 と榛原, へかかるまい, を越した

▼ 西廂記~ (3, 0.0%)

1 と琵琶記, の中, を読み

▼ 西廻航路~ (3, 0.0%)

1 によりアジア, をとつ, を開いた

▼ 西役所内~ (3, 0.0%)

1 にあ, に印刷工場, に印刷所

▼ 西教徒~ (3, 0.0%)

2 が勇猛精進 1 の逸事

▼ 西文學~ (3, 0.0%)

1 に精進, の教授, の旺盛時代

▼ 西~ (3, 0.0%)

3 すると

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 と結婚, は紐育, を連れ

▼ 西桟敷~ (3, 0.0%)

1 の先生, の劇評家連, の幾つ

▼ 西~ (3, 0.0%)

2 の覇王 1 の曙

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 の勅使門, へお参り, へ往復

▼ 西比利亜線~ (3, 0.0%)

1 を帰る, を棄て, を行く

▼ 西比利亞~ (3, 0.0%)

1 とか露西亞, の方, ヲ獨占シテ他

▼ 西江戸川町~ (3, 0.0%)

2 の邸 1 の大きい

▼ 西洋品~ (3, 0.0%)

1 ではある, なども輸入, のごく

▼ 西洋本~ (3, 0.0%)

1 と甚だ, は多く, 又当世

▼ 西涼兵~ (3, 0.0%)

1 が, の眼, は芋虫

▼ 西源四郎~ (3, 0.0%)

1 と陸軍大尉, は伊藤公, も同じ

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 けのあかり, けの殘光, のあかり

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 である, の山, の海

▼ 西班牙廣~ (3, 0.0%)

3 こうぢ

▼ 西班牙風邪~ (3, 0.0%)

1 が亜米利加中西部, とやら称えた, の流行

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 の第, 第二, 第二大食國

▼ 西皇帝~ (3, 0.0%)

2 に白 1 と称し

▼ 西皮調~ (3, 0.0%)

2 の汾河湾 1 の武家坡

▼ 西石川~ (3, 0.0%)

1 に泊った, の二階, の贅沢

▼ 西穂高~ (3, 0.0%)

1 が間々, へ行く, 前穂高

▼ 西筑摩~ (3, 0.0%)

2 の郡書記 1 の郡長

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 という人, という者, の二人

▼ 西羽黒~ (3, 0.0%)

1 のむかし, の堂塔, の対立心

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 に至る, の國有種馬牧場, の牧場

▼ 西~ (3, 0.0%)

2 の途 1 せるも

▼ 西蜀四十一州~ (3, 0.0%)

1 だけです, にわたって兵部, の大

▼ 西角井君~ (3, 0.0%)

1 と二人分, の, の為事

▼ 西~ (3, 0.0%)

1 司, 省の, 縣郡小林郷ナリ

▼ 西近代~ (3, 0.0%)

1 の作家, の畫家, の畫家シャ

▼ 西革命~ (3, 0.0%)

1 に對, の話, やルウソオ

▼ 西~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 である

▼ 西黒門町~ (3, 0.0%)

1 の八百屋, の青物屋八百春, へ寄りますでございます

▼ 西あかり~ (2, 0.0%)

1 を受け, を受けた

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 東月の, 薬園で

▼ 西かとも~ (2, 0.0%)

2 思へど

▼ 西からか~ (2, 0.0%)

2 東からか

▼ 西がわ~ (2, 0.0%)

1 でした, 天狗の

▼ 西せん~ (2, 0.0%)

2

▼ 西だの~ (2, 0.0%)

1 東だ, 東だのっ

▼ 西であっ~ (2, 0.0%)

1 てもそれ, ても或は

▼ 西とか~ (2, 0.0%)

1 云う罪人, 言う侍

▼ 西にあたる~ (2, 0.0%)

1 山岳地帯を, 海を

▼ 西にまで~ (2, 0.0%)

1 あふれて, 及んで

▼ 西のの~ (2, 0.0%)

1 方おもしろし, 諺痛

▼ 西ひがし~ (2, 0.0%)

1 へ駈け, むつみかわして

▼ 西ひん~ (2, 0.0%)

1 がしも見えず, がしも見えずし

▼ 西シベリア~ (2, 0.0%)

1 ならびにインド, 蒙古

▼ 西一マイル~ (2, 0.0%)

1 ほどの郊外, ほどはなれた

▼ 西一丁目~ (2, 0.0%)

1 なる鈴木, の下宿屋鈴木

▼ 西一里~ (2, 0.0%)

1 ばかりの処, ばかりの宮内

▼ 西七条~ (2, 0.0%)

1 から堀川, の入口

▼ 西三河~ (2, 0.0%)

1 といふ所, の海岸

▼ 西上し石部~ (2, 0.0%)

2 の駅

▼ 西~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 西中国~ (2, 0.0%)

1 への道, を歩い

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 にはまた, のカナアル

▼ 西京丸~ (2, 0.0%)

1 またその, また危険

▼ 西今日~ (2, 0.0%)

2 は東

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の結果, は要するに

▼ 西何丁目~ (2, 0.0%)

1 かにあつ, に宏大

▼ 西作家~ (2, 0.0%)

1 の解決, は努力

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 と名, の名

▼ 西入る~ (2, 0.0%)

1 富小路伯爵, 所より

▼ 西八條殿~ (2, 0.0%)

1 から暇, の搖ぐ計り

▼ 西勃平~ (2, 0.0%)

2 というの

▼ 西北方海岸~ (2, 0.0%)

2 の最近

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の上流区域, の支那街

▼ 西十里~ (2, 0.0%)

1 に踏みとどまりました, の麓

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の三方, の壁

▼ 西即ち~ (2, 0.0%)

1 日比谷門から, 黒部の

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 に於ける, を省みれ

▼ 西周末~ (2, 0.0%)

1 のもの, の詩人

▼ 西周氏~ (2, 0.0%)

1 が洋行, の男爵

▼ 西國三十三ヶ所~ (2, 0.0%)

1 の靈場, 第一

▼ 西國訛~ (2, 0.0%)

1 ですが, のある

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の浄土図, の阿弥陀

▼ 西大将軍~ (2, 0.0%)

1 に任じ, に封じ

▼ 西天皇~ (2, 0.0%)

1 の御, の生母

▼ 西婦人~ (2, 0.0%)

1 のミセス, は概して

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 が東漸, を忌む

▼ 西將軍~ (2, 0.0%)

1 として九州, は自分

▼ 西少し~ (2, 0.0%)

1 南に, 南の

▼ 西山辺ニ身~ (2, 0.0%)

2 ヲ遁レ

▼ 西岩手火山~ (2, 0.0%)

1 の, のはう

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 という村, の家

▼ 西岬村~ (2, 0.0%)

1 のはずれ, の方面

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 と東鎌, の小屋

▼ 西嶽崋山廟~ (2, 0.0%)

1 の拓本, の碑

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の尽きよう, を去った

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 と号, に面した

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 と稱, の使

▼ 西帰し~ (2, 0.0%)

1 て驥, 再び到れ

▼ 西帰せし~ (2, 0.0%)

1 を, 蕉翁の

▼ 西幣舞町~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 西廻廊~ (2, 0.0%)

1 の出口, の建物

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 にかならず, のバンガロオ

▼ 西役所~ (2, 0.0%)

1 え云云, と云

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 西, 西と

▼ 西応寺~ (2, 0.0%)

1 で交換会, の娘

▼ 西戦争~ (2, 0.0%)

1 だってそう, でキュバ島

▼ 西播磨~ (2, 0.0%)

1 では佐用城, のかなり裕福

▼ 西教授~ (2, 0.0%)

1 の, の意志

▼ 西料理~ (2, 0.0%)

1 こそ日本人, ださうだが

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の六ヵ国, 各一人

▼ 西時刻~ (2, 0.0%)

1 の三點, は羅馬

▼ 西晉末~ (2, 0.0%)

1 の, より五胡中國

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の末天竺, の永嘉五年

▼ 西晋一郎教授~ (2, 0.0%)

1 という存在, に

▼ 西木屋町~ (2, 0.0%)

1 に面し, のべに

▼ 西東北~ (2, 0.0%)

1 の三方, の果

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の, を

▼ 西梅津~ (2, 0.0%)

1 と遠, や鶏冠井

▼ 西梅津村~ (2, 0.0%)

1 のさんじよ, の内

▼ 西比利亜鉄道~ (2, 0.0%)

1 によって送られ, の現況

▼ 西永福~ (2, 0.0%)

1 と永福町, の理性寺

▼ 西~ (2, 0.0%)

2 の水

▼ 西江洋次郎~ (2, 0.0%)

1 である, という葉子さん

▼ 西江葉子~ (2, 0.0%)

1 であった, のよう

▼ 西洋服~ (2, 0.0%)

1 と日本服, よりも美

▼ 西洋楽~ (2, 0.0%)

1 は西洋楽, を聴く

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 に演出, の河水

▼ 西涯等~ (2, 0.0%)

2 と朋友

▼ 西涼侯~ (2, 0.0%)

1 にしてやろう, に封じ

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の印象, の天龍川

▼ 西湖水乾~ (2, 0.0%)

2 れ江潮

▼ 西湖畔~ (2, 0.0%)

1 から折れ, へ出た

▼ 西特有~ (2, 0.0%)

1 の合理的, の言葉

▼ 西班牙あたり~ (2, 0.0%)

1 の邪法なんど, を舞台

▼ 西班牙インフルエンザ~ (2, 0.0%)

1 というの, を言い落した

▼ 西班牙両国~ (2, 0.0%)

2 の国境

▼ 西班牙人葡萄牙人和蘭人英吉利人等~ (2, 0.0%)

1 に劣らなかった, に劣らなかつた

▼ 西班牙国内~ (2, 0.0%)

1 にも猛烈, の闘牛場

▼ 西班牙政庁~ (2, 0.0%)

1 の羈絆, の覊絆

▼ 西班牙種~ (2, 0.0%)

1 の怪談, の玉葱

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 その躯幹, と綽名

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 だと, の村

▼ 西神田~ (2, 0.0%)

1 はのこらず, 故過半燒失

▼ 西竹林~ (2, 0.0%)

1 のけい三, の三けい

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の別称, 両山

▼ 西練兵~ (2, 0.0%)

1 のところ, を突切

▼ 西練兵場寄り~ (2, 0.0%)

2 の空地

▼ 西練兵場跡~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 西羅馬~ (2, 0.0%)

1 の摂政オドワカル, の文明

▼ 西美術~ (2, 0.0%)

1 の知識, を探

▼ 西至日所~ (2, 0.0%)

1 入爲大, 入爲太

▼ 西華門院様~ (2, 0.0%)

1 へお詫び, へもお願い

▼ 西藏人~ (2, 0.0%)

1 は非常, 蒙古人ガ

▼ 西蜀五十四州~ (2, 0.0%)

1 の地図, はまだ

▼ 西蜀四十一州図~ (2, 0.0%)

1 の一巻, をひろげ

▼ 西蝦夷地~ (2, 0.0%)

1 のイシカリ港, を目ざす

▼ 西蠣太~ (2, 0.0%)

2 の恋

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 于流沙朔南曁聲教訖于四海, 属文明

▼ 西裏口~ (2, 0.0%)

1 に来, を固めた

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 に当る, をたどっ

▼ 西西~ (2, 0.0%)

1 から東, と言う

▼ 西觀唐紀~ (2, 0.0%)

1 の出來, の逸文

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 に多く, に對

▼ 西警察署~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 西貝君~ (2, 0.0%)

1 かね, まで

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 と瑞光寺, へ持っ

▼ 西転どこ~ (2, 0.0%)

2 にどう

▼ 西遼東~ (2, 0.0%)

1 の地, は夷狄

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 のポルトガル, の丘

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 とは中邸, へ伺候

▼ 西郊中野~ (2, 0.0%)

1 と大久保, にて脱稿

▼ 西金剛~ (2, 0.0%)

1 といふところ, の多古鼻

▼ 西閑寺~ (2, 0.0%)

1 という寺, の鉦

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 から發見, の一長崎

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 の微, は

▼ 西青沼~ (2, 0.0%)

1 のはずれ, の方角

▼ 西韃靼~ (2, 0.0%)

1 に使, を巡回

▼ 西頸城郡~ (2, 0.0%)

1 ではネコソバエ, を抱い

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 は中央アルプス, より仙丈

▼ 西~ (2, 0.0%)

1 が東魚, とは西国

▼ 西鳥来テ東魚~ (2, 0.0%)

2 ヲ食ウ

▼1* [841件]

西○丁目かにあつ, 西あらゆる海外からの, 西い曲ったらしいて向う, 西ぞに必要, 西かぜ順風とも, 西からでも来た人間, 西からと落合つた様に, 西からとも東からとも, 西かをも辨へ, 西がかった側の, 西がは殊にポリニヤック, 西くもて雨, 西さがる寂寞に, 西さんお前も男, 西さんそこへと飛ん, 西さ向けば西, 西ざまに見通し給, 西じゃ轡の, 西じゅうのスポウツマン, 西じゅうどこにでもある, 西南す, 西すべきか東, 西せる渡唐船を, 西だけしかあいて, 西って調子な, 西づいた日あしの, 西づける風, 西であったものは, 西であるというやや, 西であれ正義人道に, 西でございますヘイ, 西ですからまるっきり, 西で無いと思わね, 西といふ名目の, 西とかのエスペラントの, 西とから出合頭に, 西とからはたった一発, 西とで區別される, 西とにも半分だけ, 西つちの形, 西どこときまった, 西どっちを望ん, 西なくして, 西などの批評家に, 西などはその傍, 西なり政事は, 西なんかでは, 西にかはった, 西にとって全速力で, 西にはがい骨, 西によつて興つた禪宗は, 西に当たる横手山の, 西のみづうみ, 西のみに限つた問題でなく, 西のみやこの春, 西のわづかな薄明, 西はいちめん多々羅の浪, 西はうづまく風の, 西ばかりで無い世界, 西びとの歌, 西ふくや風, 西へとなつて伝へられ, 西へとよち, 西へへだつこと二十里, 西へまはつて, 西へや月に, 西べりに和洋, 西ほか士分二十余名荷駄足軽の供数十人, 西はりを, 西まわり選手だ, 西むいて, 西むきの硝子窓, 西やら東やら, 西ゆく者東する, 西二尺に, 西ようろっぱにおけると, 西よりも又天, 西われそこへ立ち廻っ, 西われら以外には友軍, 西アジア地方に流行, 西アジヤにかけて方々, 西インデア州のクルブラ島詰, 西インドコチン王は躬ら重臣輩, 西インド中のサンクロア, 西インド商船隊が二千万デュカツ, 西インド諸国及び南米, 西インド辺では日没後一時, 西ウィンタア・スポウツのいろいろ, 西オギクボなどといふ小, 西カルタゴの南, 西グリンランドのエスキモー, 西ゴリョウと称し, 西ゴリヨウと呼ん, 西ゴート族の王アラリック, 西サン・モリッツである, 西シベリア経済区の中心, 西ト露西亞ニシテ甲ノ徴兵國ガ乙, 西ナニツラと言う, 西陣取リケレバ, 西ニアリ高八千五百五十三尺, 西ニアリ東西三里計南北四里計只見川原中ヲ流, 西ニ伝送シ最モ美ト称ス, 西ニ對スル愛國心ヲ, 西ニ帰り度とのこと, 西ニ芙蓉ヲ仰, 西本國ト平等ナラシメ, 西ノカタ夏口ヲ望ミ, 西バッキンガムに至る, 西バーゼルの人, 西パーマーリーという辺, 西フラマン等の人, 西フリイスランドの総, 西ベルリン区域のケーニッヒ街二十二, 西ベルンの商人, 西ボイルストンで八月九日, 西ミノと近江, 西ヨリ来ッテ妻トナル, 西ヨーロッパ一帯に伝わる, 西ヨーロッパ全体を戦慄, 西ヨーロッパ的知性の確固たる, 西ロウマ帝国の崩壊, 西ヶ丸というそう, 西ヶ岡方面や久我, 西ヶ島と命名, 西一丁余り隔てて, 西一二里有岡名曰大櫛, 西一人さ帳番, 西一八五九年松陰左内ら刑死せる年, 西一十四里二百卅歩神魂命御子宇武賀比比賣, 西一条の北, 西一郎赤星ジュリア矢走千鳥という面々, 西七マイルにある, 西七丁目の角, 西七丁目何番地の有馬勇氏方宛, 西七十五丈南北もまた, 西七哩のマリエ, 西七百二本たつや, 西三百余歩に大樹, 西三筋町に住, 西三里あまり打ち續, 西三里人目には平凡, 西三里玉川の東一里, 西の日将, 西上して国内, 西上し彦根において在国, 西上し義貞正成長年等と協力, 西上せしめて京都, 西下弁地方はいまや, 西与力の重松左次兵衛様, 西両国今の公園地, 西両国東小柳と呼ぶ, 西両国西広小路にあり, 西両氏及老兄龍等も御, 西中央山脈を伝わっ, 西中村等諸先生, 西中部地方出のシモネエ, 西久光博士は分子, 西久我の部落, 西乗坊信救は, 西也それより香登それ, 西とも申しやす, 西二〇〇〇キロメートル雲南省の遍, 西二十一丁目であって, 西二十里の小, 西二条高倉に, 西二病棟七号室なり, 西二百余里の大, 西二百数十哩の地, 西二里にある, 西亜諸方に盛ん, 西亞ガ其ヲ侵略セントセシガタメニ, 西亞ニシテ甲ノ徴兵國ガ乙, 西亞ニ對スル大陸軍ヲ缺クベカラズ, 西亞パンを噛, 西亞人波蘭人伊太利人西班牙人等から成る, 西亞女が私, 西亞婦人は令孃, 西亞字で書いた, 西亞學者であの, 西亞帝國の豫言者, 西亞文學通が云, 西亞氣質と長谷川氏, 西亞滯在は彼, 西亞滯在中に萌芽, 西亞猶太人やバルカン半島邊, 西亞等の元, 西亞觀察記をよむ, 西亞語の本, 西亞非利加のロアンゴ, 西亞革命以前までは文通, 西亞風の醜い, 西人格の一群, 西の出町付近, 西といえる, 西仏等の面々今, 西仏蘭西の沿岸, 西出して, 西以外和蘭瑞西波蘭瑞典那威澳太利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 西伊仏国の猫, 西伊南伊北庁南庁北の健児, 西伊墺匈の諸国, 西と別れ, 西住大尉の記事, 西佐貫東市宿北草牛南湊は山, 西の眞面目, 西の上, 西に封ぜられ, 西信士で寛永十九年九月十八日, 西信濃町慶応義塾大学病院内い号, 西にあり, 西備中に至る, 西傳時代に關係, 西八丁目の濠, 西六間堀に住まっ, 西共和國を模型, 西の前, 西兵整列したる左翼, 西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 西其他の諸, 西其出発点を異に, 西円堂を見た, 西の水, 西冷印社という印肉屋, 西冷橋まで帰っ, 西冷飯店という宿, 西分教場が今度独立, 西の生紙, 西別利亜もなんのその, 西別間花咲郡半田牛釧路國釧路郡釧路同郡釧路白糠間, 西利根水源に林道, 西の増進, 西に三十三城, 西加藤だの或いは, 西加馬得馬第加, 西加默達費西加馬得馬第加, 西北南の三門, 西北原地では駅場, 西北方アルタールを越える, 西北方ヤグラ岳と称, 西北方二十キロのマイセン, 西北方六十哩にはアンチウム市, 西北方故人が涙, 西北方遽に曇り, 西北条郡津山の城主松平家, 西北東のいずれ, 西北東あらましは有力, 西北知足の三坊, 西北風つよく船, 西区俵町一丁目俵小学校の前, 西区児玉町二百二十三番地二階建ての二軒長屋, 西区出身の松島正五郎, 西区塩町山田某という人, 西区紀伊橋西北詰粕谷治助と云う, 西区選出の堀江喜一郎, 西十一キロ丁度です, 西十九世紀末の頽唐派, 西十九哩なるアル, 西十二畳の梅, 西十町ばかりで, 西半部各地に散在, 西半面の空, 西南北中央の五人, 西南東北の敵性連環, 西南海の所領, 西南部赤坂と芝, 西印度中米ブラジル等に及ぼし, 西印度式の五輪塔, 西印度扮装者が一時, 西印度生れの歯, 西印度諸島やその他諸方, 西印度諸島等の事, 西合衆国のある, 西小大夫, 西吉兵衞次席大通詞, 西吉十郎等を師, 西吉見の百穴, 西吉雄本木の蘭書讀譯, 西名高き砂漠ある, 西向いてヨボヨボ, 西向く聖, 西向けばもう, 西吹いたら寒かんべ, 西吹けば東, 西周之後何爲殿彼不殿此耶, 西周加藤弘之森有礼その他のうち, 西周加藤弘之津田真道等という顔ぶれ, 西周加藤弘之箕作麟祥の四先生, 西周君ト相識リシハ初メテ蕃書調所教授手伝並タリシ日ニアリ, 西周津田真道森有礼等に因り, 西周神田孝平の諸, 西和尚の上足, 西和蘭にも與へた, 西哥アルゼンチン将た, 西哥公使館の通弁, 西哥国ソラノ州熱帯植物の生い茂っ, 西哥国境へも手配, 西哥境のアリゾナ州, 西哥犬は君達, 西唐太島に大, 西営口に京, 西四つ屋曹洞宗泉蔵寺大門先なる関谷安次宅地内, 西四丁目宝石貴金属商新陽堂の店頭, 西四十五度の位置, 西四牌棲を通り過ぎ, 西四牌楼北報子胡同の二個所, 西四省から安, 西四郎のもの, 西国府尉右衛門などである, 西国民の儀, 西國三十三番の札所, 西國筋の大名, 西國者の武家崩れ, 西國葡國何者そ徒に廣大, 西國西國西國順禮胸に木札, 西國西國順禮胸に木札, 西國詩人の冷飯殘羹, 西國順禮坂東順禮さては京順禮, 西國順禮等と列して, 西國順禮胸に木札, 西圓堂奉納の武器數, 西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 西地方からすべて, 西地方町天満町あたりにあった, 西へ登られ, 西塔北谷持宝房源光が許, 西塔小六と申す, 西塔慈眼房叡空の庵, 西塔東塔が立つ, 西塔横川とあっ, 西塔講堂を過ぎ, 西塔黒谷の慈眼房叡空, 西壁剣ヶ峰の側, 西壬生の壬生寺, 西は東, 西夕焼夏海游泳芭蕉杉淋しい墓地, 西外山河津加藤江木菊池沼間福沢佐藤藤田中村の諸氏, 西外目の丘, 西大宮大路の次, 西大寺靜然上人, 西大将軍南鄭侯であった, 西大尉は土嚢塁, 西大川真可上和気金谷を経, 西大村といふところ, 西大洋の最も, 西大番の平常, 西大門外に陣, 西大陸濠洲等に分れ, 西天ニ没スとある, 西天ニ没スルコト三百七十余日西鳥来ツテ東魚ヲ食ラフ, 西天二十八代代々住持しきたり, 西天夢跡去茫茫, 西天山の如き, 西天日没のああ, 西天目山鳥首ヲ越エテ天童谷ヨリ甲州路, 西天竺しらない国, 西太郎一人だ老人, 西夫人次が秀子, 西夫妻夫から松谷秀子, 西の国々, 西夷八荒天地乾坤のその間, 西奔遊観にいと, 西奥山に通ずる, 西女らしいのが, 西侶況相追, 西好きな商人, 西はその, 西妙心寺に往, 西妙高から初, 西子モ亦以テ容, 西学輸入の率先者, 西に於ける, 西學者は元, 西宇摩郡の穴井, 西宕渠の人, 西定雅の話, 西客来ル其時件ニ付テハ曽テ木桂ヨリ来書アリ其儀ニ曰ク両国論ヲ合テ云々ト, 西家の子犬張子を弄び, 西寒し萱野の, 西を経由, 西寧侯たり, 西寮十二室といふ私共, 西将軍宮の事蹟, 西将軍懐良親王を奉じ, 西将軍薛則の二手, 西小松などの本, 西尼亜珊瑚の森, 西尼亞珊瑚の森, 西尾州家の中屋敷, 西山中の聖モリッツ, 西山地との間, 西岡康之の岳父石井氏邸, 西峨寓任有亭翌賦呈宣上人, 西崑米といっ, 西崑酬倡集中の詩, 西嵐山の渡月橋, 西嵯峨の角倉家, 西嵯峨野に近来妙, 西して, 西帝国東帝国の起った, 西帝東帝と稱, 西のうち, 西幕内力士の安蘇ヶ嶽, 西幾駅亭保羅城畔客車停朝来, 西幾駅亭法爾城畔客車停朝来, 西広島城下に連, 西の売出し, 西庵さんが埼玉, 西なり青海, 西康省に入れ, 西康省西蔵東麓地方から発し, 西康青海蒙古, 西康青海トルキスタン方面ほかに怒, 西から釣殿, 西式調練の小, 西張掖に戻っ, 西征日乘中癸亥十月十七日の條, 西征東伐等, 西征軍の先鋒, 西御殿石をもっ, 西徳次郎氏山本権兵衛氏大村藩では岩崎小次郎氏, 西応従徳と云う, 西應寺の娘, 西我家ほどよき, 西或は南の, 西戰爭ニ於テ一タヒ米軍ノカビテ及ヒサンチヤーゴノ海戰ニ大勝ヲ獲, 西したところ, 西抹命の蹇, 西に沿, 西地方の, 西撃烏孫盡據匈奴故地, 西撮影所の社長, 西支那を加, 西の図, 西に傾き, 西教史中の宣教師たち, 西教場で大兵調練, 西教等を包括, 西數里の間山, 西の面影, 西斑牙の昔, 西斑牙人等人種を問わず狩りあつめられ, 西斑牙女がはし, 西斑牙語で暴風, 西料理屋がある, 西料理店だ, 西斜面づたひに小瀬温泉をめざした, 西新聞には何, 西方面まで遠征, 西施舌海燕の化す, 西日動画廊で同君, 西日比谷検事局にあわて, 西昇化胡經と云, 西明日は東, 西晉以降は五胡跋扈, 西晉頃の書, 西晋一郎氏の, 西梅, 西曲輪中曲輪と称され, 西書籍十餘册を貸さる, 西曹掾に挙げられた, 西一入の, 西大隋禮義, 西有穆山由利滴水橋本峩山新井日薩七里恒順などという人々, 西服衆夷六十六國渡平海北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 西朝紀元前二百五十年頃から西暦紀元後二百二十六年, 西木戸太郎館次郎が本当, 西朱雀より東, 西来せざる時如何, 西来知幾年壮心一片老逾堅, 西東泉崎久茂地等の学校, 西松尾寺の山ぎわ, 西板塀の外, 西柏木門そこから本丸, 西栗垣内村又, 西根岸御隱殿, 西桂川に沿う, 西桑窪などがあり, 西棧敷にもお客樣, 西は三戸, 西横野という村, 西の上手, 西か高機, 西櫻島村には赤水, 西次郎一番槍であったが, 西歐又は極東, 西歐武士も亦, 西歐詩歌を味, 西正面に建てられた, 西武州家の方, 西武藏の深大寺, 西歴六百五十年であります, 西殿織仏像, 西が命, 西比列亜よりおくりこされし, 西比利亜出兵は恐らく, 西比利亜出征の田中中佐, 西比利亜出征米国司令官日本及び支那駐在, 西比利亜単騎旅行の福島, 西比利亜地方からです, 西比利亜嵐が吹きつける, 西比利亜方面を跋渉, 西比利亜犬が旅人, 西比利亜犬我々の兄弟分, 西比利亜行については色々, 西比利亜麦とか申す, 西比利亞ニ於テ露語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, 西比利亞北海を過ぎ, 西毛無には未だ, 西毛無山に登っ, 西氏らの書, 西水分山のほとり, 西汐留町との間, 西江大将のワスレガタミ, 西池ノ原へ出まする, 西河口の諸, 西河岸である, 西油小路の東, 西沿岸の大きな, 西法師傳に在る, 西波蘭瑞典那威澳太利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 西洋書箱が西, 西洋梨形で三つ, 西洋画または南画没骨, 西洋画法を志した, 西洋画科へ再, 西洋画術はイタリヤ人フォンタネージ, 西洋種なるべし, 西洋銀らしく大した, 西洋間らしい階段, 西に上げ, 西の有福, 西流東流の二つ, 西浅きに至る, 西浪漫派の大家バルザツク, 西海軍ガ英國海軍ヲ, 西涼一帯にいろいろ, 西涼君と呼んだ, 西涼国を立てた, 西涼州出身の馬岱, 西涼州郡の守り, 西涼府を囲む, 西涼赴任は看過, 西深く東浅, 西渓叢語の泉舂, 西渡りのオーデコロン, 西源院本太平記の刊行, 西の物言, 西溜りにひかえ, 西漢一經專門の學風, 西漢水の一支流, 西煙水緑新雨山頭茘枝熟, 西狩りの場合, 西独乙に各, 西獨逸等音に名高き, 西玄海灘の邊, 西その状人, 西班女だなどと, 西班尼の山辺, 西班尼製です, 西班牙じゅうを廻り, 西班牙つて實に不思議, 西班牙のが一・八五〇・〇〇〇弗, 西班牙ウルグワイ瑞典チェッコ・スロバキヤとなっ, 西班牙セビイラの煙草工場, 西班牙セヴィリアの宗教裁判所, 西班牙ナイフの青い, 西班牙ヘブリユとなり, 西班牙マドリー製の置時計, 西班牙一国内の問題, 西班牙中に拡がった, 西班牙亜米利加瑞典諾威などから来る, 西班牙人なみに眼, 西班牙人らはその, 西班牙人一人仏蘭西人一組の夫婦, 西班牙人等から成る, 西班牙仏蘭西希臘伊太利ルクセンブルグ墨西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 西班牙仏蘭西英吉利等あるのみ, 西班牙公使館の傍, 西班牙兵のうたえる, 西班牙兵士の唄える, 西班牙劇を手本, 西班牙印度埃及支那日本のどの, 西班牙古来の戦略, 西班牙司僧マドリド司僧の白骨, 西班牙名じゃない, 西班牙名題歌舞伎リカルド・カルヴォ一座のまあ言わば, 西班牙和蘭英吉利の外舶, 西班牙問題についていろいろ, 西班牙国マドリッド市まで来た, 西班牙国民の大, 西班牙大使のエスピネル様, 西班牙太鼓六絃琴をもつた, 西班牙宗教審問所に設けられた, 西班牙小説が沢山並べて, 西班牙帝使の下, 西班牙式の禮裝, 西班牙政府の捕ふる, 西班牙教会かの何れ, 西班牙文字の本, 西班牙旅行以後のもの, 西班牙旧教葬の寝棺, 西班牙有数の女優, 西班牙植民史には幻, 西班牙植物図説一と二, 西班牙櫛のさ, 西班牙民族のうえ, 西班牙民衆の態度, 西班牙王アルフオンソに爆彈, 西班牙王カルロス此に來, 西班牙王フェリペ二世より梯状琴, 西班牙王属出の吟遊詩人, 西班牙生れの少女, 西班牙産の金剛石, 西班牙的潤色の存在, 西班牙的色彩に傾かう, 西班牙皇帝の似顔絵, 西班牙磴法蘭西大學院, 西班牙系統の美人, 西班牙船から長崎沖, 西班牙芝居の下っぱ女優, 西班牙英吉利等は星界, 西班牙葡萄牙などの南欧羅巴, 西班牙葡萄牙獨逸瑞西フラマン等の人, 西班牙葡萄牙羅馬どこへでも行け, 西班牙街上風物詩の第, 西班牙装束だ, 西班牙踊を踊る, 西班牙酒をあおってる, 西班牙靴をはいた, 西班牙領から独逸領, 西班牙馬に相違, 西生寺と云う, 西生駒信貴金剛山南吉野から東多武峰初瀬, 西用亮の弟, 西で明治十六年, 西町奉行堀利堅に呈す, 西町奉行所の門, 西町奉行矢部駿河守定謙, 西界内本町太郎左衛門町西入町豊後町安土町魚屋町を南界, 西を作り, 西疇子が言, 西病棟に寝, 西発前日石田生過訪予於宇氏寓館, 西白狼山を陥, 西白馬ヶ岳までつづく, 西な方法, 西直門をも好, 西眠東食是れ生涯, 西矢作の松原, 西矢田川原におきまして信雄卿, 西石垣のちもとだの, 西石垣縄手五条坂北野のたぐい, 西石狩岳十勝岳の東, 西神保若狭同八郎右衛門, 西神田署の留置場, 西秒速十余メートルの烈風, 西の乞伏熾盤, 西穂高行きを大きく, 西空はるかに見出し, 西窓浪天に接す, 西之辻, 西竹林偶見有遺礎, 西にて今朝, 西竺今朝遇歳元海風送暖曙光喧, 西七十街の, 西等持院の境内, 西の横町, 西筑摩郡でいわば, 西筑摩郡書記の身, 西築町の医師岡田道玄, 西に使いする, 西糸ヤニ米代借リ, 西糸屋にて干, 西十哩に, 西紅葉の横顔, 西紳六郎氏にお子さん, 西へ行った, 西へ来なかった, 西署詰の俺, 西美濃山谷で足利尊氏以来, 西群馬郡東村大字小相木へ通じ, 西羽黒権現の何もの, 西聯邦の建設者, 西職人町に借家住居, 西の上流, 西之作, 西肥後の山谷, 西胡師法其徒自行, 西胡等既是郷法當身自行, 西にある, 西自身だと, 西航五百里シャンハイ河口なる呉淞, 西航已二旬洋中風色日加新今朝船入彼南港緑葉紅花冬似春, 西航日記にこの, 西航記中の一節, 西船堀在の船宿, 西芳菲山人の名, 西の湖中, 西若くは北, 西英ニユウ・フオレストの大, 西英対訳辞典の編纂, 西英對譯辭書をもとむれ, 西菊井町にいた, 西菩薩天子重興佛法, 西華君がその, 西華徳路の万歳館, 西華門院基子の侍女, 西葡等の諸, 西蔵人ほどの不潔, 西藏中央亞細亞波斯などの民族, 西藏原典から流麗, 西藏國には左, 西藏學者で京都帝, 西藏密教の奧, 西藏支那日本にも渉, 西藏文で見, 西藏方面蒙古, 西藏本來の宗教, 西藏獨立ノ交渉中ニ青海四川, 西藏王子の話, 西の脱藩者, 西蛮大明高麗ひとわたりは, 西蜀あたりの情報, 西蜀征伐の功, 西蜀漢中の分野ここ, 西蜀開闢以来といっ, 西蝦夷日誌の著者, 西の若党つる, 西衆夷を服する, 西行谷や二見近く, 西裾野へむけよ, 西西北へと走る, 西西堂について学徳, 西西崎石原その他の人々, 西見番と称する, 西覗きは案内者, 西角井正慶君の新著, 西いまや両川, 西詩壇の新, 西詩壇一部の極端派, 西詩譯集である, 西語英吉利語獨逸語と方々, 西語譯を傍, 西と異なり, 西警察係太田君という敏腕家, 西の中, 西譽淨賀信士である, 西谷田大島渡瀬多々良の四カ村, 西谷田海老瀬郷谷大毛野の諸村, 西谷田谷中という道順, 西豊野を加え, 西の連山, 西豪州オールバニー港の桟橋, 西豪州紀行あれども, 西貝さんあの晩, 西貝さんあんたいったいどう思います, 西貝君乾老人古田君それから僕, 西貝氏あなたがそう, 西走して落ちた, 西足場の神宮寺正師, 西へ出, 西軍これを焼けり, 西軍五万余人は大挙, 西軍側の旌旗, 西軍大に敗せり, 西軍方が布陣, 西軍毛利方は残余, 西軍潜行隊の尾端, 西軍秀吉の大兵, 西と云う, 西三隊に, 西通信支社長のP氏, 西逢坂口山科と行く, 西連山翠色淡濃村園寺観すべて一図画, 西に至る, 西道隆佛源禪師大休及び夢窓國師等, 西道頓堀の縁切路地, 西だと, 西遠江の連峰, 西郊チェルシー区にある, 西郊ムリヌウ岬から其の, 西郊一帯の農耕, 西郊彼の卜, 西郊目黒に夕日ヶ岡, 西郊角筈の銀世界, 西で十數, 西郭外約三支那里, 西郭溪雲北可玉燕女等と署, 西都原古墳群のあたり, 西醤油店の買切で, 西も珍敷者, 西重門の側, 西銀座万茶亭に夜, 西銀座土橋界隈とくらべ, 西銀座裏の堀端, 西鎌尾根が其名, 西長安ニ入ッテ日延ニ, 西長州と呼応, 西閉伊郡とも称し, 西間近へつめ, 西関外の城, 西関門前の黎明, 西との対立, 西阿弥が驚い, 西阿答えて, 西に僻, 西陰彼は上古史, 西陲南裔亦尽く, 西隅青山摩利支天大太神楽興行, 西隆窪川イネ等の由, 西は正, 西隣りなる沓掛星野温泉に, 西隣南隣の国々, 西雲仙旧火山, 西雲仙中央火山丘の一つ, 西雲南の東経百度, 西雲君は深川木場, 西露西亞等の元, 西青山街道を行く, 西面して陣, 西革命小説經國美談三國志西遊記等の珍書, 西鞍馬の奥, 西頬一町の地, 西頭一箇の漢, 西頸城地方でこの, 西頸城郡市振の山中, 西頸城郡市振村というところ, 西頸城郡新井町には美守, 西すれば, 西顧父母を拝する, 西風景を描いた, 西の癖, 西に忙わし, 西駒ヶ岳あいを流るる, 西駒山脈詰り中央アルプス, 西駒東駒の残雪, 西駒連峯の雄大, 西駿の知己二人, 西鳥来ツテ東魚ヲ食ラフ, 西鳥羽恭治君の技, 西鶴其磧より下