青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「襲~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

製造~ ~裾 裾~ ~複雑 複雑~ ~襖 襖~ ~襟 襟~ ~襲
襲~
~西 西~ ~西洋 西洋~ ~要する 要する~ 要するに~ ~要求 要求~ ~要素

「襲~」 1505, 16ppm, 6959位

▼ 襲はれ~ (172, 11.4%)

11 てゐた 10 てゐる 5 てし 4 てしまふ, て居る 3 たりした, て, て来 2 たりし, てもこの, て命, て家来, て眼, て自分, でもした, 杖を

1 [113件] さう, さうな場處, さうになる, その夜, たりする, たり何処, たり加, てから七日目, てけた, てその, てただ, てつい, てならなかつた, てなりませんでした, てはつとうしろ, ては今にも, てふと, てぶる, ても差支, てやがて, てゐなかつた, てゐます, てハンド, て一命, て丑松, て中断, て五分間以上, て亡びた, て体, て何處, て全身, て動く, て口, て可愛らしい, て呆然と, て夢, て夢路, て天井裏, て太田, て安眠, て寝言, て少く, て居た, て床, て彼女, て忽ち, て急い, て怨み, て息, て戀, て斯ん, て易々, て機會さ, て此正月, て殆, て殆ど, て段, て泣く, て溺, て独り, て発狂, て目, て真, て短刀, て破滅, て私, て稍, て続かなかつた, て美しい, て脇腹, て苦笑, て蒼ざめたのは, て藪蔭, て視線, て訝かり始めた, て話半ば, て起, て酷い, て開封, て青い, て靜, て頭, て飲酒, どほし, ながらしかし, ながらそんな, ながらまだ, ながらやはり, ながらコン, ながら何となく, ながら急い, ながら恐る, ながら竹刀, ながら続い, ながら自分, アツと, 一時は, 体の, 全く其任, 市民の, 或は生死, 折から, 持物も, 敗滅を, 易い, 秘藏の, 終ひ, 被害鮮から, 襲はれし, 谷川の, 農民の, 頸筋を, 鬼神も

▼ 襲~ (92, 6.1%)

7 やうに 4 が如し, ことに 3 のであつ 2 が如く, のだ, のを, 外物を

1 [66件] あやしい妄念, かなしさ, が此處, ことで, ごと, にいたれる, にし, に似, に心, に相違, に至, に至り, に逢, のさ, ので, のです, のでまた, ので勘次, の兆なり, の処, の時, ほどの騒ぎ, やうな, よりは寧ろ, を聴く, を誡め, を防ぎ, アヌビス共の, 三疋の, 他の, 僕は, 其の俤, 前に, 噂などが, 四圍た, 垣一重路一筋の, 宿命の, 寒氣, 必ずしもその, 恰も獰猛, 戀, 所とな, 文を, 時, 時か, 時の, 時彼の, 時慄然として, 時死に, 時遊戲を, 時防禦誠に, 暑さ, 槍に, 樣子を, 武家の, 汝を, 海の, 百五十の, 眠気が, 眠気は, 筈だ, 船船は, 花の, 赤ん坊が, 頃であれ, 颱風

▼ 襲~ (91, 6.0%)

19 來る 8 來て 2 て, て之, 來し

1 [58件] あつと, えも, これに, その死する, てわが, てポツジヨ, て吹き, て坐, て堪へ, て家畜, て惱, て懸り, て斃, て立ち並ぶ, て速, て長く, て驅, をつた, をアイアース, アキリュウス, ヂュウスの, 乾からびた, 二萬六千の, 來つた, 來つた樣に, 來ぬ, 來む, 來らなけれ, 來るであらう, 十二將を, 口腹滿たすべき, 大いにこれ, 大阪天王寺の, 害ひまつらん, 掛つて来た, 攻む, 是家禄を, 暫くは, 棠軒は, 次第に飛び立たう, 汝物を, 海風清砂を, 燒き, 物資の, 現金だけを, 生肉を, 疾風よりも, 盾を, 私も, 西域經營に, 變幻出沒極りなし, 轉じ, 近いた, 迫つて来た, 遂に大, 金州城を, 鋭意植林, 飽くまで醸しなされたる

▼ 襲~ (88, 5.8%)

14 て来る 13 て来た 10 てくる 9 てきた 3 てきます 2 てき, てきたら, てきました, ては返し, てゆく, て来よう

1 [27件] ていきなり, ていた, ている, てこい, ては, てはどう, てはならん, てはまいるまい, ては来まい, てみよ, て仕返し, て夜盗, て掠奪, て木ッぱみじんにしてくれたが, て来, て来おった, て来まい, て来ました, て来るらしゅう見うけられます, て行く, て見え, て討つべき, ようで, 新田の, 来るもの, 来る美濃, 来る羽柴勢

▼ 襲はれた~ (71, 4.7%)

6 やうに 3 のである, のは, 様に 2 がそれ, ことを, のであつ, のでせう, やうな, 人の, 樣に, 猫の

1 [40件] お住, かな, から何, がこの, ことも, そして頻りに, それが, ため暫く, であらう, といふ, といふこと, ときには, とはいへ, と悟つて, と見え, のだつた, のだらう, のです, ので謹んで, もので, やう, リムリヒ村の, 不幸な, 兵卒も, 山の, 彼は, 時の, 時応戦し, 時血の, 晩金十郎の, 様な, 程に, 積悪の, 絶望感に, 者が, 莫妄想, 蒲原氏は, 話を, 風で, 驢馬の

▼ 襲~ (70, 4.7%)

2 袖を, 裾を, 類と

1 [64件] ごときかな, はた, やうに, 上に, 不斷着, 六韜孫子などの, 兵学の, 兵船は, 厚織物で, 友禅縮緬の, 反ありしか, 唐衣裳の, 善悪観念で, 國に, 土地よりも, 変あり, 外套を, 外部に, 女酋, 如き地位, 娘を, 小袖を, 尻が, 尻を, 征伐の, 徒も, 徒魏人に, 御衣薄色の, 愛嬌の, 支那の, 数々も, 時は, 末裔と, 武勇も, 死骸なりとも, 汗袗袙は, 無きがため, 片袖, 特に美しく, 畫幅を, 紋服, 美しき衣, 背後を, 船が, 色に, 血脈を, 衣, 衣を, 衣服と, 衣類羽二重の, 袍衣とを, 袖口など, 袙を, 袴を, 裾に, 襴に, 語源は, 輩なるべき, 都噌唹城のみ, 酔いに, 雪駄ことに, 面を, 音譯なりと, 領土は

▼ 襲~ (70, 4.7%)

13 れること 6 れるの 2 るる事, れずと, れずには, れつ, れるもの, れる心配, れる毎

1 [37件] うぜ, うと, ざれ, しめたが, ない訣, なかつたら競馬場, ぬさき, むとす, むとする殺気を, るると, るるを, れこの, れず妾自ら, れなければ, れるとき, れるらしかつ, れるモノマニア, れる事, れる時, れる氣遣, れる点, れる程厭, れる苦痛, れる茸, れる虞, れる身辺, 天皇が, 弟の, 張, 掩へども, 敗軍の, 月の, 松田隊を, 水中に, 私の, 色も, 退治される

▼ 襲つて~ (69, 4.6%)

9 来た 8 来るの 6 来る 2 くる, 大きな三つ, 来たので, 来て, 来るので

1 [36件] このたび, さすがに, そのしなやか, その歩調, は人, は櫻, やらうと, やれ太, ゐると, 丁度隙間, 思ひを, 斬つた, 来たが, 来たのに, 来たもの, 来た悲惨, 来た時, 来た為, 来てるらしいわ, 来ない, 来ないとも, 来ました, 来やしないかと, 来ようと, 来るか, 来るだらうと, 来るのに, 来るやう, 来る前, 来る孤独, 来る斑ら, 来る眠気, 来る過去, 物凄い掠奪, 眠ると, 行くその

▼ 襲~ (37, 2.5%)

1 [37件] お出し, お征伐, お討ちあそばす, お贈り, くり返して, こころみたが, それに, ひからせた物好き, やれ, 下に, 与へて, 伴って, 加えて, 召して, 守るを, 平げ民を, 役として, 御誅伐, 掴みのけて, 殿上役人以下五位六位までも, 決行した, 生きが, 用いた, 用い青鈍色, 着るはず, 着飾ったお, 着飾りて, 街の, 被ぎて, 覗かした好み, 討たしめ給, 賜わり候, 退けたの, 退治し, 退治する, 透いた空色, 逸れた所

▼ 襲~ (35, 2.3%)

2 ていた

1 [33件] させたので, たるが, たる趣, てある, ていました, ていらっしゃいまし, ている, てお, てジォンソン帽, て寝, て少し, て居ら, て居る, て幽か, て柩, て白い, て着, て節制, て肩, て草, て袴, て重し, て霞, なめりなにか, 合わせた白い, 帯は, 折からの, 数の, 白のへ, 石持で, 群青を, 色の, 色を

▼ 襲~ (33, 2.2%)

3 の常習地, の時 2 する

1 [25件] が最大, しこ, しさ, したの, したもの, して, し易い, するとき, する有, ても决, で邸内, といふこと, といふ一大事件, といふ時, などがよほど, など云, に備, に暴露, の繪卷, を繰返し, を致す, を被, を語る, を防禦, 恐ろしき

▼ 襲はれる~ (31, 2.1%)

8 のであつ 6 やうに 3 やうな 2 か, と云, と自暴 1 といふやう, と二三十秒, と悪い, と我, に違, 危険が, 怖ろ, 黒い錯覺

▼ 襲~ (28, 1.9%)

2 しめた, せて, せること

1 [22件] あったので, いまわの, しめたもの, しめむとしたのであらう, せたいからと, せたん, せないわけ, せようと, せるからには, せるだけの, せ千石, せ朝廷, せ申したいばかりに, なくった, なくっちゃ, また反抗, 反抗した, 多い, 大和朝廷に, 屡々不穏, 敗軍を, 数百の

▼ 襲つて來~ (24, 1.6%)

43 たの 2 るの

1 [15件] た四五人, た所, た狂風, た男たち, た病魔, た者, た連中, てならない, てゐる, て性, ないの, なかつた, る斑ら, る秋, る稻妻

▼ 襲~ (20, 1.3%)

5 努める外

1 [15件] 合せ下, 味噌も, 当るもの, 手を, 擬したるは, 時代を, 淡藍色, 白茶七糸の, 至れりと, 薄色, 貂の, 透くよう媚かしく, 重きを, 長襦袢や, 鼠色に

▼ 襲~ (18, 1.2%)

9 てくる 4 てきた 2 てき 1 たりなんど, たり中戸川吉二, てきました

▼ 襲ひか~ (15, 1.0%)

3 かつてきた, かつて来る 2 かつた, かつてゐた, かつて來 1 かつてくる, かつてこの, かつてゐる

▼ 襲~ (15, 1.0%)

3 の襟

1 [12件] から分れぬ, が溝, その物, なるもの, に, に八反, に包まれ, の折, の若旦那, の裡, を白い, を透かし

▼ 襲~ (15, 1.0%)

1 [15件] からお, から出, こそ大嘗祭, である, で御身, といふもの, といふ白い, と申し, と称した, に包まつ, に包まれ, を度々, を引き, を被, を被られ

▼ 襲つた~ (14, 0.9%)

1 [14件] がしかし, がその, が病中, ために, のでその, ものは, やうな, わけだ, 大地震, 大饑饉, 小天勝, 恐ろしいかずかず, 浅ましい, 漠然とした

▼ 襲ねの~ (13, 0.9%)

2 美を

1 [11件] まだシツケ, 品評めに, 小袖を, 座布団, 振袖と, 晴着が, 紋付を, 緋鹿子に, 色衣を, 薄いクリーム色, 襟に

▼ 襲ふも~ (10, 0.7%)

71 のが, ので, のである

▼ 襲~ (9, 0.6%)

2 したもの 1 した痕, して, しようと, するに, するのみ, せずして, せるもの

▼ 襲つたの~ (8, 0.5%)

2 である, です 1 か丸切り, であらう, ですから, は不思議

▼ 襲ふて~ (8, 0.5%)

1 おなじ御馳走, これを, リュコルゴス, 手を, 来る怖, 眞先に, 眼には, 累世氏名と

▼ 襲せた~ (7, 0.5%)

1 がさい, と, と知れた, 味方からも, 敵の, 淳于丹は, 郎党と

▼ 襲ねた~ (6, 0.4%)

1 どくどく重, のを, は今しがた湯, まま壁に, 寝着, 寝衣

▼ 襲はん~ (6, 0.4%)

2 とす 1 か, とした, とする, と擬す

▼ 襲~ (6, 0.4%)

2 ほどにもない 1 か, かな, ぞっ, 程にも

▼ 襲する~ (5, 0.3%)

1 ものなら, ものは, 所と, 美術家又は, 腹とは

▼ 襲せる~ (5, 0.3%)

1 にも手心, も返す, 所存, 気勢を, 目標と

▼ 襲~ (5, 0.3%)

1 この神主, これは, 冠は, 初めの, 着痩せの

▼ 襲ねを~ (5, 0.3%)

1 与えたので, 取りあげて, 城太郎の, 抱えて, 着せて

▼ 襲ふと~ (5, 0.3%)

1 いふの, この飛んでる, すた, も聞く, 僕は

▼ 襲ふところ~ (5, 0.3%)

1 から耐, となり, なく悠然泥上, にここ, のかの

▼ 襲~ (5, 0.3%)

41 ばや

▼ 襲へる~ (5, 0.3%)

1 に抗, もの, も其の, 一匹の, 汝免れず

▼ 襲~ (5, 0.3%)

1 なところ, な形態, な気風, に愈々, に描かれた

▼ 襲~ (4, 0.3%)

1 に当, に至った, を忌み, 新しい部曲

▼ 襲~ (4, 0.3%)

1 るほど, る者, る者多かりき, る者皆これ

▼ 襲~ (4, 0.3%)

1 て, て即ち, て来た, 繁殖し

▼ 襲せかけ~ (4, 0.3%)

1 その折, て来た, て来る, また一手

▼ 襲~ (4, 0.3%)

1 なく作っ, 云う人, 呼びしにやの, 戦ったが

▼ 襲はれし~ (4, 0.3%)

1 ていまだに, なり, 事ある, 由

▼ 襲ひくる~ (4, 0.3%)

1 こと確かなり, 性慾の, 煙のう, 薄はだの

▼ 襲~ (4, 0.3%)

1 兄弟大, 其壓力に, 反抗した, 青い練絹

▼ 襲~ (4, 0.3%)

1 がって, 武神たちとは, 蝦夷は, 見物の

▼ 襲~ (4, 0.3%)

2 てゐた 1 その漁夫, 突立って

▼ 襲~ (4, 0.3%)

1 てくる, て吉良, て殺した, て殺す

▼ 襲相続~ (4, 0.3%)

1 というの, をさせた, をした, をなすった

▼ 襲~ (4, 0.3%)

2 して 1 がこぼれ, で朝酒

▼ 襲踊り~ (4, 0.3%)

1 というの, なぞも見る, にも交接, は怖

▼ 襲~ (4, 0.3%)

3 鱗茎 1 鱗茎球の

▼ 襲せよう~ (3, 0.2%)

1 という計略, とし, とも屈する

▼ 襲~ (3, 0.2%)

1 からしむ, のか, んです

▼ 襲などの~ (3, 0.2%)

1 たぐひなりしものゝ, 呉軍だった, 類なりし

▼ 襲ねたり~ (3, 0.2%)

2 或は近似 1 すると

▼ 襲はる~ (3, 0.2%)

1 とも身, 即ち事, 可き

▼ 襲ひし~ (3, 0.2%)

1 はピュライメネース王, も, も安西伊豫守

▼ 襲ひ来る~ (3, 0.2%)

1 冬の, 希望と, 気勢が

▼ 襲ふた~ (3, 0.2%)

1 としたら, びにいちいち溺れ, 常陸大

▼ 襲ふとき~ (3, 0.2%)

1 なるぞ, には口, 憩ひ馴れたる

▼ 襲~ (3, 0.2%)

1 した, したの, と同日

▼ 襲~ (3, 0.2%)

2 征伐の 1 親征の

▼ 襲~ (2, 0.1%)

1 何かで, 蹴出しか

▼ 襲ぎし~ (2, 0.1%)

1 が, が當時氏

▼ 襲ぐ者~ (2, 0.1%)

1 であった, もなく

▼ 襲げき~ (2, 0.1%)

1 であった, は止まなかった

▼ 襲せおった~ (2, 0.1%)

1 ぞ, ぞっ

▼ 襲せ返し~ (2, 0.1%)

1 てきた, て来るだろう

▼ 襲~ (2, 0.1%)

1 からね, 以上は

▼ 襲でも~ (2, 0.1%)

1 考えたこと, 見立てるさ

▼ 襲なりとも~ (2, 0.1%)

1 お見立て, 送りくださいませ

▼ 襲なんど~ (2, 0.1%)

1 の栄え, の雄

▼ 襲には~ (2, 0.1%)

1 上着も, 勝てなかつたの

▼ 襲にも~ (2, 0.1%)

1 うながしかねて, 似て

▼ 襲ねた裳~ (2, 0.1%)

1 からこぼれた, しっとりと

▼ 襲はむ~ (2, 0.1%)

1 わが槍, 奴隷の

▼ 襲はれざる~ (2, 0.1%)

2 ものなし

▼ 襲ひかかり~ (2, 0.1%)

1 その肩, 私たちを

▼ 襲ひかかる~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, といふ方

▼ 襲ひ出した~ (2, 0.1%)

1 から, 病魔や

▼ 襲ひ来り~ (2, 0.1%)

1 て寧静, 山稜に

▼ 襲ひ討ち~ (2, 0.1%)

1 其胸壁を, 罵詈の

▼ 襲ふす~ (2, 0.1%)

1 がたと, がたも

▼ 襲ふため~ (2, 0.1%)

1 に真直ぐ, のやう

▼ 襲へば~ (2, 0.1%)

1 右舷の, 戸は

▼ 襲みたい~ (2, 0.1%)

1 な, な人

▼ 襲れる~ (2, 0.1%)

1 やうに, 程厭な

▼ 襲タケル~ (2, 0.1%)

1 の運命, は死ぬ

▼ 襲~ (2, 0.1%)

2 した

▼ 襲~ (2, 0.1%)

1 ども今, は筑紫

▼ 襲國僞僭考~ (2, 0.1%)

1 あり, にも摘出せり

▼ 襲~ (2, 0.1%)

1 と言つた方, は事実皇族出

▼ 襲~ (2, 0.1%)

1 という者, のうち

▼ 襲征伐~ (2, 0.1%)

1 の命, の時

▼ 襲~ (2, 0.1%)

1 でも生きる, を煽動

▼ 襲的学説~ (2, 0.1%)

1 は次第に, を改めて

▼ 襲~ (2, 0.1%)

1 などに際しては気象状態, の問題

▼ 襲~ (2, 0.1%)

1 されたり, の家記

▼ 襲親征~ (2, 0.1%)

1 の事, の時

▼1* [212件]

あるいは巻き絹, 襲いただきお礼もまだ, 襲きらびやかなる服装, 襲になられました, 襲ぎたるものにして我ら博士の功労, 襲ぎて歴史の巻中, 襲ぎて沈淪するもの, 襲ぎて義方と稱, 襲ぎて而して, 襲ぎになる大事な身体, 襲ぎ三子を生んだ, 襲ぎ中村楼で名, 襲ぎ二世紫文となった, 襲ぎ初代勝五郎の後, 襲ぎ十二年に奥医師, 襲ぎ受く, 襲ぎ天文學に精通, 襲ぎ孔子の時代, 襲ぎ家は初め下谷二長町, 襲ぎ息子それはたった, 襲ぎ次女よし三男八三郎, 襲ぎ田安家に仕, 襲ぎ磐安と云, 襲ぎ長昌は又, 襲ぎ駿河台より柳原岩井町, 襲くれたのだ, 襲ぐことになつて居るの, 襲ぐことは出來なかつたとしても, 襲ぐことを得しめた, 襲ぐには今更, 襲ぐのかそれとも団十郎, 襲ぐのがあんなに厭なん, 襲ぐものその後かしこ, 襲ぐものこの七篇, 襲ぐものとしては後々まで日本文学, 襲ぐものとだけは言はれる, 襲ぐようになった彼は父, 襲ぐを潔とせず, 襲ぐ子とても無, 襲ぐ心であるの, 襲ぐ様である, 襲ぐ気はない, 襲けて来たろ, 襲けられた場合よりも, 襲した上は, 襲し来ったそのままなる, 襲せかけるならば今頃, 襲せられたと言, 襲せられるように, 襲せ参りましょうとも御, 襲せ始めておりました, 襲せ来るであろう甲州勢に対する, 襲せ退いては襲, 襲奴が, 襲だのえびすだ, 襲つた丹之丞, 襲つた匂いはしめつ, 襲つた恋愛であり第, 襲つた時のやう, 襲つた曲者即ち幻, 襲つた波はそれで, 襲つた禍の前後, 襲つた草は倒れ, 襲つた運命が肉親, 襲つた金融恐慌の諸, 襲つた頓狂な笑, 襲つてあなたをその, 襲つてクシャミをさせ, 襲つて主人徳右衞門を始め, 襲つて九州に於ける, 襲つて來上衣を脱いだ, 襲つて凡ての抵抗, 襲つて右大臣となり, 襲つて命を執らう, 襲つて役目には就いた, 襲つて彼は極度, 襲つて損害を與へた, 襲つて日本人を追放, 襲つて涙を出させる, 襲つて級長になつ, 襲つて自分たちをこめた, 襲つて裾頭をど, 襲つて辞職勧告をした, 襲つて陰気な空気, 襲つて顧ること, 襲つて髮を切, 襲此世を, 襲でと羞ずかし, 襲なって直立, 襲などという軽薄輩で, 襲などもあった, 襲にや又, 襲ぬる姫君の, 襲ねがそろえて, 襲ねたかくのごとく, 襲ねた姿は一種, 襲ねた座布団の上, 襲ねた浴衣でも上品, 襲ねた状は慎まし, 襲ねた私の肌, 襲ねた端に一筋, 襲ねた色紙で包ん, 襲ねた衣ばかりで, 襲ねた襟から拇指, 襲ねた重吉が仔細, 襲ねた雪の深い, 襲ねた黒髪の艶, 襲ねとなく巻き附い, 襲ねはちよつと, 襲ねる衾も, 襲はず注ぎ込んで, 襲はねど昔, 襲はば善かりし, 襲はれしごとく足を, 襲はれたら辛いだらう, 襲はれたらしく悲鳴を, 襲はれたら逃げて来る, 襲はれつづけてすごした, 襲はれつづけたのだ, 襲はれてるんだらう, 襲はれないとも限らない, 襲はれないですんだ, 襲はれ出したのである, 襲はれ出すと我慢, 襲はれ初めた瑠璃子は, 襲はれ居ればそ, 襲はれ思へば十年むかし, 襲ひかかるであらうと云, 襲ひかけた惡者, 襲ひきたれるに, 襲ひたる敵機は, 襲ひたれども皮, 襲ひはじめ繭値は, 襲ひはじめるとどつと, 襲ひ入りませぬやぅぅ, 襲ひ出してゐた, 襲ひ寄るものを, 襲ひ打ち取るはビアース, 襲ひ打つ而し, 襲ひ打てわが目, 襲ひ捕へた, 襲ひ掛からうと, 襲ひ来て彼, 襲ひ殺して稀有, 襲ひ至りてアヌンチヤタ, 襲ふかと覚え, 襲ふかともの凄い, 襲ふこと今, 襲ふたら夢を叱り, 襲ふて来た恐ろしいどうにか, 襲ふて来るのだ, 襲ふて来る煙りに似た, 襲ふと共に服も, 襲ふわめき聲石炭の, 襲ふ飲んだり話し, 襲へども遂に其意, 襲へは漢陽から, 襲寄せた, 襲らんと為るなりけり, 襲り躍り襲らんと, 襲れたという噂, 襲れだしたが勇氣, 襲をも難なくご, 襲タケル的に忍熊王, 襲ッテ来ハシナイカトイウ恐怖ガチラト脳裡ヲカスメタ, 襲て來, 襲ツタトキ待乳山邊迄大イニ荒レタサウデアル, 襲ハレテ一ニ歐洲諸國, 襲状曰, 襲兵師, 襲之事, 襲來以來流行つて來たの, 襲兄弟を殺した, 襲入った向うの, 襲入りて立, 襲即ち狗奴國は, 襲厳しかつた, 襲及び土蜘蛛を, 襲に熊襲梟帥, 襲は呉太伯, 襲に眼, 襲を祀る, 襲姫命の薨ぜ, 襲家の後寄合になつて, 襲封初度の元旦, 襲小襲にや又, 襲の通知, 襲建きょうだいは命, 襲は実, 襲来ること前日の, 襲に蝦夷, 襲梟帥を誅し給う, 襲正月はやり来, 襲の壮挙, 襲殺したのは, 襲殺せんとする, 襲津彦母君葛城の高額姫, 襲潘璋なども縦横無尽, 襲珍蔵という, 襲寧を, 襲的叙述法などから出来た, 襲には胡, 襲の紋, 襲衣一枚である, 襲衣上袴裳だ, 襲衣黒漆に銀泥, 襲の上穿草履, 襲親征日本武尊の西征東, 襲裘, 襲退治のとき敵, 襲鄭喪師遂盡晉襄背殯用師亦貶而稱人, 襲黒繻珍に金茶