青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「良~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

舟~ 航海~ ~船 船~ 船長~ 船頭~ 艇~ 艘~ 艦~ 艦隊~
良~
~良い 良い~ 良く~ ~良人 良人~ ~良心 良心~ ~色 色~ ~色々

「良~」 3408, 35ppm, 3316位

▼ 良~ (239, 7.0%)

6 がある 3 を持っ, を満喫

2 [13件] があつ, がそれ, だと, というもの, といふもの, とその, に引, はある, もある, をアキ, を持った, を持つだろう, 古さ

1 [201件] お千賀, か前者, があった, があれ, がお互い, がすべて, がその, がだんだん, がなかつたら, がわかっ, が偲ばれる, が全く, が全然, が出, が判, が判る, が十分発揮, が反映, が学校中, が彼, が薄, が行き, が解る, さうなのんびり, さうな主人, さうな二十六, さうな所, さうな顏, さうに, さうにカラ, だけが異, だけで, だけで売れる, だけは認め, だった, だったの, だつた, だという, だろうと, であつ, でありその, である, であると, でいろいろ, でしたが, です, でその, でどうしても, ではなく, で思はず, で眼, ということ, といったら, といふ, とそれ, とそれから, とでも見, とで仕事, ともいえましょう, とを同時に, とエロキュション, と不逞さ, と世, と人, と価格, と共に其の, と冷た, と土, と弱み, と強固さ, と押し, と日本趣味, と申したら, と男振り, と相, と管弦楽, と腕, と色, と観察, と言, と頼り, などてんで, ならタカ, にあらかじめ, にお, にくらべ, にことごとく, にこれ, にちょっと, にはひどく, にまいっ, にも一部, によって日本人, によるもの, に今さら, に依る, に喜ん, に対して悪意, に彼, に感服, に打ち負かされ, に接し, に敬服, に気, に矢面, に釣り込まれない, に騒がなかつた, に驚いた, に驚く, の一つ, の他, の代位, の偶然, の根拠, の画, の裏, の魅力, はあります, はいつ, はおおむね, はこれ, はさすが, はたしかにあまり, はつまり, はひと通り, はふと, はやはり, はわかりすぎる, は一刻, は一般, は些か, は前, は容易, は寧ろ, は小さな, は小説, は必ずしも, は承服, は日本陶器, は明るい, は永久, は永年, は決して今に, は洋画家, は無類, は第, は純粋, は肌, は親孝行, は言うまでもない, は誰, は金, は青山氏, まで格下げ, もあった, もあらう, もしかし, もすべて男性的, もない, もまた, もわからない, もわかり, も思われた, も無類, も結実, よく味覚, を, を一寸, を世人, を今, を代表, を伝へる生きた, を保つ, を保証, を信頼, を利用, を味わえない, を多量, を失わない, を崩さない, を彼, を意識, を感じ, を持つた, を洋画, を現代, を知, を知らう, を知らない, を知らん, を知り, を示し, を示す, を評判, を誇る, を語り, を賞讃, を身, 悪さ, 美しさ, 高さ

▼ 良~ (226, 6.6%)

4 邸の, 首を 3 墓を, 浜に, 浜の 2 一夜の, 字も, 字を, 狩猟場まで, 脇指が, 臣, 鎮守の, 首の

1 [193件] おかみさんに, おふたり, お殿様, お狩猟場, からだは, こころに, ことばを, ふたりも, ほうで, ほうに, ほかに, ま玉火気, やつ今ごろかんかん, ような, ように, スパイが, 一喝に, 一族を, 一行が, 一行は, 不覚で, 両名, 両家が, 両家の, 事理明白な, 二人と, 二人に, 二皇子は, 二皇子へ, 二皇子も, 二軍へ, 信仰には, 兄, 出現によ, 別邸で, 別邸に, 別邸をも, 前に, 前へ, 勇は, 動員によって, 動静を, 北軍が, 司令下に, 名が, 唐子描か, 四位の, 固めも, 城が, 城は, 城主で, 堪えて, 声は, 声を, 大隊の, 奴生意気な, 好餌でしか, 好餌と, 如き智者, 委任統治に, 姿が, 娘の, 字で, 宮の, 家へ, 家来らしい, 容態を, 小者と, 小間使で, 就寝を, 屋敷じゃ, 屋敷では, 屋敷へ, 屋敷内の, 屋敷跡の, 山の, 幼ない, 幼弟だった, 庄とも, 床を, 庭に, 弟で, 弟にあたる, 弟馬謖も, 強く正しい意気, 形見では, 形見と, 御俗名, 御子は, 復讎な, 思慮は, 性悪に, 怨みを, 恐日, 息子や, 意に, 態度で, 手だった, 手によって, 手を, 手引きが, 文に, 文を, 日本紀纂疏といふ, 智謀の, 村の, 来たこと, 杯に, 枝折戸から, 桂林漫録を, 楊に対する, 様子に, 死を, 殿様よい, 氏子, 沼, 沼の, 浜はまこと, 渚, 港に, 漢訳した, 為に, 父親から, 父親は, 父親も, 物どこまでも, 猛悍, 玄関を, 生命は, 用心棒に, 留守を, 疾駆する, 皇子から, 県と, 眼に, 知行下野の, 知謀も, 神瀬, 祠, 祠の, 精兵十万余騎が, 細君の, 細君は, 背ろに, 脇指, 脇指で, 脇指と, 脇指という, 脇指なども, 脇指なんぞは, 脇指の, 脇指も, 脇指を, 腑に, 腕を, 臣馬の, 良い所, 蜑の, 裏門前で, 視線が, 趣味に, 輩が, 近くに, 返答である, 邸がの, 邸で, 邸に, 邸へ, 邸や, 邸内の, 郎女, 郎女二柱, 郎女次に, 部下で, 部下と, 部落へ, 里の, 鐵椎が, 門内へ, 阿片の, 附人って, 隠密とやらを, 隣りらしく少し, 霊を, 領地は, 額に, 顔が, 顔も, 首など, 首は, 馬は, 魂だけは, 黄石公牛若丸の

▼ 良~ (216, 6.3%)

27 の娘 6 の方 4 と云, と申します, にさ, の事, の弟子, は, はやはり, を御召 3 の顏, の顔, を御

2 [63件] があの, がいきなり, がこの, がその, がどの, が人間, が大方, が始終, が目前, が自分, でもどうして, と, と申しましたら, と申す, と諢名, にはそれ, には何故か, には見た, に中, に冥罰, に手, のその, のもの狂, の一人娘, の右, の姿, の弟子たち, の御, の心, の揉烏帽子, の描いた, の描きました, の申す, の立居振舞, の絵, の繪, はかう, はこの, はさもさも, はそれ, はまるで, はもう, は不相, は今, は何, は何やら, は何時, は例, は大, は忌々し, は急, は早速, は机, は畏, は畏まつ, は眼, は稍, は稍腹立, は突然, は肘, も何やら, を憎く, を見つめました

1 [16件] が五趣生死, が僧都様, が僧都樣, が気の毒, が氣, が画道, が畫道, と云う, のよう, の気違ひじ, の氣違ひじ, は気味, は氣味, は燈台, は燈臺, を御覧

▼ 良~ (170, 5.0%)

4 それを 3 思った 2 癇癪を, 知るの, 陳子

1 [157件] いかにもいたいたしく, うしろから, おおせに, お互, かっとした, かねがね彼女, ここに, この図, この岡部美濃, この扇, この骨, これ以上いさめる, じっと眺め, すぐ蒼く, すっかり肩, そのこと, そのままに, その天瓜冬, その母, その胸, その釣瓶, そら今, ちょっとおかしかっ, とうとうひどい, とうとう病気, どうしてと, なおも陸路, にこにこし, ひそかに, ひと息入れ, ふたたび呉, ふるえて, まだ寝起き, みかどが, みょうに白けた, むっとした, もう怪談, もう立派, もう顔, もう黎陽, もっとも逸材, やがて城, やっぱり後暗い, よく正視, わざと低, わたくしと, ソーマの, ニコニコ笑いだし, バルコニに, ビイクトリア・ブリテッシュ・スクールの, レムブルグの, ロシア女の, 一刀も, 一命も, 不安そうに, 不審に, 不思議な, 不愉快な, 両手を, 二十二歳であった, 五人の, 人心の, 今度こそ, 今朝お父さんの, 何気なくよそおっ, 傍を, 兄宮の, 先に, 先日岡部から, 其父か, 再び寝床, 劉表の, 十にな, 取り合わずに, 口が, 吉良おれには, 吉良は, 命令を, 喜び下略, 喜んで, 夜気に, 大連の, 奉天督軍公署に, 奥二階へ, 女中の, 子良が, 完全に, 家康たらん, 尖鋭な, 尻の, 廊下に, 彼なら, 彼の, 彼女が, 彼女に, 心中に, 恐縮し, 悲壮な, 感じた, 所夫の, 手を, 承って, 拍子抜けが, 拳を, 政府の, 昨日に, 暁湖で, 最初田園の, 枕元に, 柩車の, 権威者らしい, 正徹の, 歯を, 死人の, 気が, 気に入っては, 汝かっ, 沈黙の, 海底を, 湖を, 漆の, 漢を, 漢中に, 無事に, 無言で, 生えぎわに, 病み疲れて, 目弱王に, 相手に, 真蒼, 真逆様に, 礼の, 空中滑走する, 穿き古し, 籌を, 緑の, 美濃守に, 耿武の, 肝煎りする, 背に, 背骨が, 自分の, 苦笑し, 荊州の, 裏切られたよう, 身を, 遂に感, 鋼鉄の, 門徒宗の, 関羽に, 電報を, 面白くなっ, 香港デーリ・プレスの, 高家筆頭だ, 高家筆頭の, 黙って, 龜甲形の

▼ 良かつ~ (112, 3.3%)

2818 たの 5 たが, たこと, たので, たやう 3 たと 2 たかも, たでせう, たな, たに, たね, たばかり, た筈

1 [29件] たあの, たから, たけれど, たさうぢ, たさかい, たし向う, たし間違, ただけになあ, たであらうと, たですね, たといつた, たどんな, たなと, たのに, たものの, たらうに, たら誰, たわけ, たわね, たんです, た主人, た二人, た土地柄, た彼, た後, た時, た甲, た町内一番, た頃

▼ 良~ (85, 2.5%)

3 の家臣 2 から養子, の内部, の奥, の裏門, の通用門

1 [72件] からも上杉家, から受け取っ, から帰っ, から来た, から追討, では大, でも当日, としては御, とは一心同体, とは唇歯, とは浅く, と上杉, には過ぎ, に乱入, の, のごとき, のため, の一族, の中小姓清水一学, の事, の人々, の人間, の使用人たち, の侍, の側, の内, の出入, の初, の厳し, の取次役, の台所, の問題, の囲い, の塀, の存続, の定紋, の家老, の家老左右田孫兵衛, の小間使, の屋内, の屋敷替え, の屏風, の御, の格式, の浪人, の知行所, の第, の者, の茶会, の茶会の, の菩提寺, の血, の裏門前, の近習, の邸, の邸内, の郎党, の門, の領民, の飼人, ばかりで, へは実際, へもその, へ使, へ届け, へ挨拶, へ臣籍, へ行っ, へ身売り, を救う, を継ぐ, 第一人

▼ 良ちゃん~ (84, 2.5%)

3 のお母さん 2 の顔, はまだ, は泣き出し, は片手, をつれ

1 [71件] がいいました, がかわいそう, がハーモニカ, が小学二年生ごろ, が聞きました, そんなに持っ, だけはちゃんと, だってやはり, ちっと休もう, てっちゃ, といっ, と清ちゃん, に, にあげられません, にいい, には光っ, にも思い出された, に与えました, に向かっ, のお, のお父さん, のかたわら, のだい, のほっぺた, の口, の家, の手, の目, はあたらしい, はいいました, はいつか, はいま中学, はうなずきました, はうまい, はお, はおどり上がる, はお家, はけっして, はご飯, はさ, はどんな, はりんご, は一人, は一冊, は二人分, は催促, は兄, は喜ん, は大騒ぎ, は小さい, は往来, は心持ち顔, は急, は感心, は手, は答えました, は賛成, は頼ん, は飛び出しました, は食いしんぼう, もう立っ, もおいで, も徳ちゃん, も鉄ちゃん, や兼ちゃん, や達ちゃん, よかった, をかわいがっ, をしかったら, を見下ろし, 掘って

▼ 良~ (67, 2.0%)

3 気持や 2 ぜ, のし, のに, 事という, 事を, 加減に, 声や

1 [50件] かいな, けになあ, ことだっ, さかいな, ぞ, ちゅうたかてのし, です, とこに, のした, のじゃ, のでしょう, もう良, もんを, もん見せたげよ, も悪い, やない, やろ, やろかと, わ, んなら, 了簡バイ, 事も, 人だ, 人ばかり, 儲けに, 光沢や, 女子を, 婿どんじゃ, 子には, 年し, 心持だらず, 手本や, 振りし, 教育を, 朝眼を, 本じゃ, 模範青年だ, 気持に, 池が, 潮時じゃけに, 物が, 現象や, 百姓に, 着物きた, 荷物, 薬でも, 記事書い, 追手じゃ, 酒で, 風吹きまんねんぜ

▼ 良~ (66, 1.9%)

4 の一行 2 と北原賢次, と柳水, はそれ

1 [56件] から言われ, が, がうなだれ, がこの, がねぎらい, がようやく, がよく, が一つ, が尻目, が思いました, が懸念, が東道ぶり, が答える, が続け, が裸体, が言いました, すらがこの, でした, ではなかっ, といっ, といわれた, とは相, と賢次, などの人々, にお, に向っ, に引合わされ, に見せ, に見せました, の口, の方, の許, の説, は, はお雪ちゃん, はけげん, はなんだか, はやや, は一隅, は俳諧師, は壁, は浴槽, は深く, は無言, は燃えさし, は穏, は落語家, もお喋り坊主, もすまし込ん, もその, も日本, も柳水, をし, を中心, を残し, を顧み

▼ 良殿~ (63, 1.8%)

4 のお 3 の首 2 と内匠頭殿, の付人, の御

1 [50件] がかさね, がチョロリ, が云いだした, が夜来在宅, が御, その折, だ, では, ともあ, と一喧嘩, などに訊く, にちょっと, には泣かされました, に一矢, に茶, の, のあり, の云われる, の寝間, の屋敷, の御内, の手の者, の方, の死, の相貌, の胆, の襟, の護衛, の身辺, の逆, の邸, の長屋, の顔, の首番, は, はそれ程, は弱, は無事, へとうとう, への挨拶, へは御, へよほど, へ出向い, へ参りまする, へ挨拶, へ赤穂浪人, まで推参, もその, を討取っ, を護る

▼ 良~ (57, 1.7%)

2 干して, 見て

1 [53件] あいてに, いたく愛し, お討取り, さがせ, して, もって, マダム・レムブルグが, 上に, 主権者に, 付けて, 叱って, 呼ぶので, 大守, 妻に, 娶って, 庇うため, 引連れそッ, 悲しませた, 打った関羽, 打つて, 扶けて, 抱きしめると, 抱き締めた, 振り向かせるまでに, 推さんと, 撫でながら, 斬る, 斬るよう, 激励した, 炭小屋の, 祀ったもの, 祀つて, 秀頼に, 背に, 背負った小さな, 興奮さし, 舞台課長と, 見上げ見下ろしながら, 親日に, 討ち損じた事, 討ったの, 討ったらいよいよ, 討った功, 討った曲者, 討った疑問, 討ってから, 討っても, 討つだろうと, 討つなどという, 象つた鬼面幌身の, 蹴落して, 連れて, 選び必ず

▼ 良~ (54, 1.6%)

2 鼠に

1 [52件] ある, いつもの, こつそり, そういうつもり, どこかに, どんなに待つ, ぼんやりと, やにわに, わが物顔に, サッと右手, 一巻の, 世を, 亡くなりましたので, 使いに, 光緒三年, 召に, 城を, 大隊長, 天井裏に, 始めて, 履を, 帰って, 感じた下剋上, 所謂又, 来て, 沖に, 注意し, 浜の, 海底を, 狂歌に, 現地から, 生れた, 白菊から, 皇太子の, 真字序, 秘密を, 秦の, 空軍総, 突然駄々, 羽衣を, 能登守教経然, 自分を, 舞踊場に, 葬うほか, 補助といふ, 言つたのでした, 討たれたので, 途中で, 逢ひ, 陣頭へ, 電流に, 黄石公より

▼ 良さん~ (51, 1.5%)

2 にお, は, はもう, は云った

1 [43件] お約束, があの, がやらなけれ, が迎え, その積り, だったと, と云う, と名乗り, と呼び止められ, には当分, には當分會, によろしく, に失礼, のところ, の事, の五人, の家族, の左右, の語っ, の足, の顔, はお前, はそこ, はつくづく, はまた, はやんわり, はゆるやか, はブラッシ, は何処, は喉, は小さく, は小さくまるい, は左手, は微笑, は答える, は腕, は賃銀, は頬, も行, も行っ, やいろいろ, をお, を連れ

▼ 良~ (51, 1.5%)

4 の子 2 の代, の死後

1 [43件] からの半, がいた, がまだ, が十年, が息, が擁し, が死ん, が生前, が生涯, が肉親, が自分, が賞め, が遺した, が遺産, が遺言, と後嗣, などはそれ, に縁故, のありし, のした, のよう, の何番目, の健在, の兄, の友人, の威勢, の弟, の弟たち, の恥, の旧領, の没後, の法要, の遺した, の遺子たち, の遺言, はすでに, はそんな, はまだ, は下総介, は先祖, は生前, へわしら, 亡きあと

▼ 良さそう~ (50, 1.5%)

8 なもの 5 である 32 だな, な, なこと, な坊ちゃん

1 [26件] だった, だと, だなんて, でいけないの, ですからな, ですな, で少し, で美しい, な一つ, な人, な人物, な可愛い, な壺, な大袈裟, な女, な所, な物, な男, な笑顔, な筈, な老, な老人, な薄ら笑い, な表情, にさえ思えます, に思える

▼ 良~ (39, 1.1%)

4 義光ちゃんは 2 義光と

1 [33件] いえば, いえるか, お取, して, す, すべきところ, ちがって, なのり栗原郡岩ヶ崎, 上杉家とは, 並んで, 二人メチャ, 二人メチヤメチヤに, 云ふ, 別に関係, 別れて, 四条ノ, 四条隆資が, 坂本を, 変っても, 孔明とは, 宗良の, 文醜, 楊宇霆を, 申す漁夫, 義光ちゃんと, 義光ちゃんの, 義良の, 聞いては, 聞くや, 見ちがえたの, 見ゆるによる, 親王尊良とを, 謂ふ

▼ 良~ (39, 1.1%)

2 の子

1 [37件] かの, がここ, がひとり, が子, が少なかっ, だから, であり当代氏政, である, であるから, でなければ, とし, とのみ云わん, の一群, の下, の名, の末裔, の相続人, の資, の遺産, はこうして, は十余人, は容易, は鎮守府将軍, もみな一致, をお, を亡, を失った, を御, を残し, を殺した, を獲た, を率い用いる, を見れ, 名将の, 無かるべからずと, 祖父高望王の, 謀士を

▼ 良~ (30, 0.9%)

2 して

1 [28件] この二人, この報復, しても, その使い, ボロジン一味, 五万余の, 仕えること儂, 代る次, 会った, 例の, 刺させる湯津津間櫛, 名を, 向って, 告げブルジョワ, 宣誓する, 怒らせられて, 手を, 拗ねられては, 持ちかけた扇子, 授けた, 日本外史中の, 朕が, 然り, 用て, 訪はれた, 身を, 近づくと, 逢った

▼ 良~ (30, 0.9%)

92 は榛軒

1 [19件] え著, となつ, と信重, の弟磐安, の治, の父辞安, の里, は六年前, は六歳, は十九歳, は大, は家督相続, は春安, は榛軒信厚, は祖先, をし, 当巳十八歳, 御用之, 本草綱目の

▼ 良~ (29, 0.9%)

2 の作物

1 [27件] が自ら南海漁夫, が鞅掌, すら家集, と俊成, と大, と意気, と父俊成, と道家, に対して土御門家, に訴え, の仮名序, の変名, の子道家, の弟九条良平, の方, の早い, の歌才, の此歌, は当代屈指, は後京極摂政, は番, は豊か, もその間, も院同様, よりも味, を背景, 或は式子内親王

▼ 良~ (27, 0.8%)

1 [27件] が出る, と同じ, に乗らず, に跨, のほか, の出た, の如く, の産地, の産地イリオン, の語, の鞭, はいつ, は望ん, は現世, は飼わぬ, ばかり二百頭, も良し, を, を右側, を持とう, を支那, を産す, を産出, を絶え, を見付けれ, を集めたい, 持つ冥府

▼ 良右衛門~ (26, 0.8%)

2 の手

1 [24件] で諸, と一緒, に御貸, に渡した, に返しました, のもの, の家, の覚悟, の驚き, はさすが, はそう, は何, は冷静, は夢心地, は奇怪至極, は威猛高, は槍, は無, は畳, は研屋五兵衛, は苗字帯刀, は訪問者, もさすが, を訪ねました

▼ 良右衞門~ (26, 0.8%)

2 の手

1 [24件] で諸, と一緒, に御貸, に渡した, に返しました, のもの, の家, の覺悟, の驚き, はさ, はさすが, は何ん, は冷靜, は夢心地, は奇怪至極, は威猛高, は槍, は無, は疊, は研屋五兵衞, は苗字帶刀, は訪問者, もさすが, を訪ねました

▼ 良~ (26, 0.8%)

5 のお 3 の御

1 [18件] から急, が, がお, ですか, とも云はず云, にいじめ, にはお, のおや, の変事, の敵, の若殿, の邸内, は有名, へお, へ附人, まで届け, を守る, 御掛り合

▼ 良石和尚~ (26, 0.8%)

1 [26件] いつも御機嫌, から借り, が厚い, が教え, が教えた, が申した, という名僧智識, と云っ, と心安い, にあい, にあつく, に頼ん, のお告げ, の三人, の教え, の智識, の言葉, の許, は年五十五歳, は新, は浅葱木綿, は白翁堂, は知っ, も云われた, よりのお, を尋ね

▼ 良~ (26, 0.8%)

3 へ乗りこむ

1 [23件] では来月, で年忘れ, に入りこむ, に接し, のある, のでは, の事, の側, の偵察, の内部の, の坪, の弟, の搦手, の絵図面, の表門, の裏門, の警戒, の門, はまったく, へお, へ一度, へ駈けつけ, を襲い

▼ 良~ (24, 0.7%)

3 のご 2 に従つて, のない

1 [17件] がお, と書いた, と良主, にはそんな, に出会ったら, の総督府, は後, は得難し, へご, へ献納, を得, を得た, を得ません, を求め, を求めた, を選んでした, 多し

▼ 良~ (24, 0.7%)

1 [24件] が, が呼ぶ, が問う, が碁盤, に対しては, のどこ, の圧し, の手もと, の笑い声, の背中, の話し, はその, はふと, はふとい, はパチ, は彼女, は念, は思わず, は爪, は父, は紙屋, は蹌, へぶつかった, も独り

▼ 良~ (23, 0.7%)

2 に嫁

1 [21件] が自身, である, で良清, というもの, などはよほど, に歌, の女, の家, の長男直之助, の養子孫三郎, は, はそっと, はまず, は少し, は悪い, は抽斎, は現在, は船, への責任, も同じ, や惟光

▼ 良~ (21, 0.6%)

1 [21件] がこの, が別館, が告げ口, が棒, が目, が石, という漢方医, に偶然二人, に寄す, に脈, に語った, のほか, の見る, の顔, の高笑い, はカラカラ, は少しく, は目, は落ちつき, は静か, も敦子

▼ 良~ (21, 0.6%)

2 の館

1 [19件] が先日, が将門等, が山, などごく, に焼打ち, の兵, の勢力, の局, の後妻, の悪口, はこれ, は仏教信者, は将門, は石井, へわざと, や良正, を囲んだ, を大将, を追

▼ 良過ぎる~ (21, 0.6%)

32 という説, と思う, ので, よ 1 からだ, から良助ぢ, と申しませう, のか, のでとても, もんだ, やうです, ようじゃ, 位さ一向, 方で

▼ 良すぎる~ (20, 0.6%)

2 んだ

1 [18件] から良助, が仕方, ことは, しその, じゃない, せいだろう, というもの, という気, といはれ, といふこと, とか誰, とさ, ね, のが, ほどだ, ほど毛, ペシミズムだろう, 朝風が

▼ 良~ (19, 0.6%)

1 [19件] が有った, さえ得れ, たらしめよ忠臣, といえる, といふの, となっ, となり, のご, の功, の言, はみな獄, は匈奴, また雨, もいた, もいま, も少なく, や智識, を愛慕, を養つて

▼ 良~ (18, 0.5%)

6 醜の 2 醜などの, 醜を 1 醜, 醜が, 醜などが, 醜などに, 醜などを, 醜にも, 醜ら, 醜麹義

▼ 良久しく~ (17, 0.5%)

2 黙って

1 [15件] して, 佇みて, 優の, 女姪の, 怒つて帰つて来, 物を, 眺める, 立ち竦んで, 立去りかねた, 耳を, 西日ま, 言はむ, 話して, 陶然と, 顔を

▼ 良~ (17, 0.5%)

2 の水

1 [15件] という利根, に用水, の大, の川床, の本流, の毒水, の水勢, の水源, の水面, の河原, の河身, は平時, へ膝, を越え来り越え去っ, 両岸

▼ 良~ (16, 0.5%)

1 [16件] すでに今朝, ぜひなく, その夜, ひとつおん母である, また, またこれら, シイ, 亦知らざるなり, 仕方なし, 其數には, 列し, 劉表の, 同所に, 囲みを, 奈良の, 安心し

▼ 良~ (15, 0.4%)

42 しいか, しくない 1 しい, しいそう, しかったら皆さん, しからうと, しからず, しと, しよ

▼ 良~ (15, 0.4%)

2 の脂肪

1 [13件] がしばらく, という小坊主, と栗崎道有, など手古摺っ, なんていう, の介抱, の代わり, の肉, の邸, は, は病気, は表, を殺す

▼ 良どの~ (14, 0.4%)

1 [14件] お鎮まりなされい, か, が, が御, に伺いまする, に差支, の, の御, の為され, は何処, は首桶, ばかりを神妙, をとうとう, を刃傷

▼ 良上野~ (14, 0.4%)

1 [14件] がはいっ, が元禄十三年, が着用, という老人, に何故, に対する愛情, のつくった, のほう, の仁徳, の屋敷, の悪口, を, を聯想, を討ち

▼ 良~ (14, 0.4%)

2 の警戒

1 [12件] かっ, が案出, でも抜かり, に加担, の一隊, の侍, の家来, の微細, の猛者, の見張り, の附人鳥井利右衛門, を投じたまわれ

▼ 良~ (14, 0.4%)

41 が世継ぎ, が継ぎ, が落ちぶれ, と斯波氏参会, に人, のよう, の令兄, の通弁, の領地, 之儒

▼ 良親王~ (14, 0.4%)

1 [14件] が上将, が城中, が立たれた, であって, に付し, に遺, の御, の騎馬一群, は興がった, も大勢, も種々, を土佐, を奉じ, を奉ぜしめ

▼ 良ちやん~ (13, 0.4%)

1 [13件] が死ん, といふの, なんて愉快, にお, に敵, の口, の手, の横顔, は二三日, は帰らう, は明日, ばかしぢ, も生き

▼ 良~ (12, 0.4%)

2 義光ちゃんや 1 上杉を, 伊籍が, 千坂の, 寝覚, 文醜, 義光ちゃんが, 義光ちゃんたちで, 義光や, 讃岐へ, 迚も

▼ 良~ (12, 0.4%)

1 [12件] といつた, と共に正, の, の地動説, の嫡男, の弟子, の弟子志筑忠雄, の門, の面目, はよき, は先代, は義父

▼ 良~ (11, 0.3%)

1 [11件] お立寄りなされます, 何やら云い居った, 出ただもの, 告げようと, 対しても, 扇箱を, 斬り入りました所, 渡した, 落ちて, 賄賂を, 馬首を

▼ 良~ (11, 0.3%)

21 が島々, くらいのもの, に提供, のすすめ, の苦労, の許, はかたくな, も木彫, を助け

▼ 良~ (11, 0.3%)

1 [11件] が捨ておきませぬ, が首, という町内, といっ, とは古く, の言う, はつままれた, はろくに, は人, は患家, は気

▼ 良~ (11, 0.3%)

5 の別 1 の中間, の二つ, の法, の系統, の通婚, の間

▼ 良という~ (10, 0.3%)

1 のが, わけには, 一将が, 処の, 大将に, 娘を, 字なんぞを, 字に, 者の, 臣が

▼ 良~ (10, 0.3%)

1 があつ, が住ん, が敬軒, と小酌, と池希白, と猶, は始終, は茶山, 之尾是視, 固驥

▼ 良~ (10, 0.3%)

1 が蘭學者, と稱, に肖, の子二代仁太夫, の孫庄左衞門, の生涯, は口辯, らと, 以後である, 稽古通詞たる

▼ 良~ (10, 0.3%)

6 の島 1 が島, に流された, の島辺榜ぐ船, の島近く榜ぐ船

▼ 良過ぎ~ (10, 0.3%)

2 てツイ舅 1 ていた, てのこと, て一向に, て却つて, て手, て魔, はしない, ら

▼ 良ッちゃん~ (9, 0.3%)

1 あんな男, があんな, が泣い, どうした, にべた, はもう, もそう, を苛めた, 頑張んなさいよ

▼ 良~ (9, 0.3%)

2 と一緒 1 という坊主, という奴, という者, は身持ち, は還俗, は髪切り一件, は鮎川

▼ 良斎先生~ (9, 0.3%)

1 が陣取り, が頭, でございましたね, にひとつ序文, の, の御, の愛誦, はその, もいれ

▼ 良~ (9, 0.3%)

3 を結ぶ 1 がある, が盛ん, であれば, を獲得, を結ぶごとく, を見

▼ 良~ (9, 0.3%)

1 という者, の事, の背中, の見えなく, は先妻, は其女, は真青, は自分, を思う

▼ 良持どの~ (8, 0.2%)

1 がお, が生き, には似, の亡, の法要, の総領, の計, の長男

▼ 良持様~ (8, 0.2%)

1 が浮かばれませぬ, と, にお納め, にはどんなに, のお, のわすれがた, の大きな, も世

▼ 良~ (8, 0.2%)

1 が出羽守, が義元出発, である, との関係, の女, の積り, は, は飛び退い

▼ 良~ (8, 0.2%)

6 が崎 1 に杜国, の島

▼ 良致氏~ (8, 0.2%)

1 が外国, であったと, に仕度, はお, は前, は籌子夫人, は黙々, を無理

▼ 良すぎ~ (7, 0.2%)

2 てどんなに 1 て人殺し, て却って, て楽しみ, て肥料, ゃせんか

▼ 良といふ~ (7, 0.2%)

2 人は 1 人の, 名でした, 村の, 漁夫が, 物つき

▼ 良~ (7, 0.2%)

1 がある, が用, となる, の助言, の治療, はこの, はない

▼ 良~ (7, 0.2%)

1 ではなかつた, になる, のありし, を供せしめ, を取っ, を小さい, を貯

▼ 良~ (7, 0.2%)

1 が書いた, が議, が貞觀十八年, の, の夜, の頃, は之

▼ 良えと~ (6, 0.2%)

1 いいそして, こイ, こイあんた, こイ行き, せんなら, 思いますなあ

▼ 良~ (6, 0.2%)

3 ちゃん 1 さんとこは, さんとこゆうべは, さん塩引が

▼ 良なる~ (6, 0.2%)

1 か不良, に非, 人民を, 婦女子の, 昆布を, 風俗を

▼ 良~ (6, 0.2%)

1 が御, であると, にもめぐまれ, に仕えたい, をほか, をもつ

▼ 良久し~ (6, 0.2%)

3 かつた 1 て僅, て芋蟲, て覘

▼ 良~ (6, 0.2%)

2 壮君の 1 壮, 壮さんの, 壮君が, 壮君のも

▼ 良~ (6, 0.2%)

2 の下 1 として申し合わせ, のこと, の國歸, をみる

▼ 良~ (6, 0.2%)

2 の種 1 なく百方索, の, は良果, を選んだ

▼ 良海尼~ (6, 0.2%)

1 だけはかえって, に声, のよく, は前夜, は始め, は静か

▼ 良~ (5, 0.1%)

2 つて 1 つてこれほど, つて兄が, つて其が

▼ 良あっ~ (5, 0.1%)

31 てこれ, て兄

▼ 良あり~ (5, 0.1%)

1 てお, て幸豐公, て渠, て瀧口, て目科

▼ 良すぎた~ (5, 0.1%)

1 からだった, のだ, のだつた, ので線路, んだ

▼ 良などの~ (5, 0.1%)

1 やうな, 味方を, 幕将を, 諸皇子, 連中と

▼ 良~ (5, 0.1%)

1 に間違い, は十三, をつれ, を人質, を迎える

▼ 良部鰻~ (5, 0.1%)

1 じゃ, てふ, など食用さ, の様, は秋

▼ 良~ (5, 0.1%)

1 はあー, は京都, もしばし, も窓, を眺めた

▼ 良かり~ (4, 0.1%)

4 そうな

▼ 良ささ~ (4, 0.1%)

2 うですが, うでも

▼ 良~ (4, 0.1%)

1 が百姓, と称し, のお, の父

▼ 良~ (4, 0.1%)

1 とが連れ立っ, とは一足, などが翌日, をはるか東北

▼ 良円寺~ (4, 0.1%)

1 の内, の門, の門前, まで迎え

▼ 良~ (4, 0.1%)

1 に云った, の顔, は広田さん, を睨み付けた

▼ 良夫人~ (4, 0.1%)

1 と心, に仕立て, はお, を得させなけれ

▼ 良~ (4, 0.1%)

3 の友 1 を得せしめ

▼ 良~ (4, 0.1%)

1 は仲温, は基昌, は駿卿, を季常

▼ 良家の子~ (4, 0.1%)

1 が兵, であったの, と思われる, らしい矜持

▼ 良左衛門~ (4, 0.1%)

1 が来, は河内国志紀郡田井中村, 同組同心庄司義左衛門, 同組同心河合郷左衛門

▼ 良~ (4, 0.1%)

1 ありて, があり, に密訴, は代官二人

▼ 良心的~ (4, 0.1%)

1 かも知れぬ, な仕事, な国民, な氏

▼ 良教師~ (4, 0.1%)

1 であつ, で好人物, なり, なりと

▼ 良~ (4, 0.1%)

1 が見, とお嬢さん, は飛んだ, まで出払っ

▼ 良~ (4, 0.1%)

1 はアバラヤ, は七島, は別, や島

▼ 良~ (4, 0.1%)

2 の如く 1 が多い, のやう

▼ 良致さん~ (4, 0.1%)

1 が大好き, という人, との夫妻生活, はよく

▼ 良致男爵~ (4, 0.1%)

1 は籌子夫人, へ武子姫, を初めて, を選考

▼ 良~ (4, 0.1%)

2 の子 1 と数多くあつ, は常陸

▼ 良賤両者~ (4, 0.1%)

4 の中間

▼ 良雪和尚~ (4, 0.1%)

2 なの 1 が永年, とも云った

▼ 良~ (3, 0.1%)

1 ない, ないと, ないなどとは

▼ 良さま~ (3, 0.1%)

1 がおっしゃる, によそながら, のほう

▼ 良しばし~ (3, 0.1%)

3 ありて

▼ 良~ (3, 0.1%)

1 前にも, 実際主婦, 頭の

▼ 良とは~ (3, 0.1%)

1 この人, 予, 生母も

▼ 良には~ (3, 0.1%)

1 お糸, この涙, 頼まん

▼ 良にも~ (3, 0.1%)

1 命じられて, 負けるくらい, 集団的に

▼ 良一曲~ (3, 0.1%)

21 を集めた

▼ 良三郎~ (3, 0.1%)

1 が立っ, だつた頃, の小さな

▼ 良~ (3, 0.1%)

1 の尺素往来, の顔, を引きつれ

▼ 良~ (3, 0.1%)

1 たり, にし, に富ん

▼ 良師張角~ (3, 0.1%)

1 が戸ごと, と称え, と称し

▼ 良庵さん~ (3, 0.1%)

1 が来ました, のよう, もうよく娘

▼ 良意富美~ (3, 0.1%)

1 が女, という者, の邸

▼ 良持殿~ (3, 0.1%)

1 からの旧領, にもまさる, のあと

▼ 良~ (3, 0.1%)

1 はただ, は悪口, を經

▼ 良清朝臣~ (3, 0.1%)

1 などが家職, の娘, は明石

▼ 良~ (3, 0.1%)

2 の歌 1 といふ人

▼ 良~ (3, 0.1%)

1 だとも, である, を得

▼ 良蕭何~ (3, 0.1%)

1 のふたり, の二忠臣, の如く

▼ 良~ (3, 0.1%)

1 あるも, たらざる無し, も功

▼ 良覚法師~ (3, 0.1%)

1 のその, は偶然, は合戦以外

▼ 良~ (3, 0.1%)

1 などとも云う, の姫, の娘

▼ 良~ (3, 0.1%)

1 がなかつた, の判斷, の手

▼ 良順先生~ (3, 0.1%)

1 が, が仰せられた, のお

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 あとより, ぬしは

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 千坂兵部かに, 帯じゃろ

▼ 良けり~ (2, 0.1%)

1 やそれ, や何

▼ 良ちや~ (2, 0.1%)

1 ん, ん自分

▼ 良との~ (2, 0.1%)

1 境の, 関係も

▼ 良なども~ (2, 0.1%)

1 其點は, 當時さう

▼ 良への~ (2, 0.1%)

1 憎悪に, 進物は

▼ 良ほど~ (2, 0.1%)

1 な豪傑, 過ぎて

▼ 良三石~ (2, 0.1%)

1 と結婚, は洋画家

▼ 良上杉~ (2, 0.1%)

1 の両家, の間者

▼ 良不良~ (2, 0.1%)

1 に拘らず, の經驗

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 としてある, と號

▼ 良五郎様~ (2, 0.1%)

1 がお, もこと

▼ 良井家~ (2, 0.1%)

1 の用人, の腰元

▼ 良伊須氣余理比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣と

▼ 良伊須須岐比~ (2, 0.1%)

2 賣の

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 といい, 居士

▼ 良元帥~ (2, 0.1%)

1 であったと, とはそうした

▼ 良全さん~ (2, 0.1%)

1 が來, が来

▼ 良公宗翰~ (2, 0.1%)

1 が明和二年, の世

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 がなあれ, の精力

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 がある, 若くは

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 となす, ならずしかるに

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 といはれる, を持ち

▼ 良地図~ (2, 0.1%)

2 がない

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 であろうならば, を持っ

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 なり, を熱愛

▼ 良天釜~ (2, 0.1%)

1 があった, と伊勢物語

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 を得ざりき, を得ず

▼ 良安儀~ (2, 0.1%)

1 初而御目見, 御序

▼ 良宗良~ (2, 0.1%)

2 の二皇子

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 な人, の居城

▼ 良将軍~ (2, 0.1%)

1 たること, を斬っ

▼ 良少時~ (2, 0.1%)

1 くは, は二人

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 からも遠望, の南

▼ 良市民~ (2, 0.1%)

1 となりゐ, の生活

▼ 良師張角様~ (2, 0.1%)

1 に反, の方

▼ 良平が親友小田中尉~ (2, 0.1%)

1 の女, の女気無し

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 収まるの, 納めら

▼ 良弼氏~ (2, 0.1%)

1 などである, の日本地理志料

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 は月輪殿, 僧正が

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 といつた, の

▼ 良憲法~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 の代, の大臣

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 だと, と云う

▼ 良教科書~ (2, 0.1%)

1 として尊敬, を編纂

▼ 良斎はじめ一座~ (2, 0.1%)

1 が眼前, が自分たち

▼ 良暫く~ (2, 0.1%)

1 してから, の間

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 というの, は大勢

▼ 良暹法師~ (2, 0.1%)

1 の旅, の許

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 の名, は郷里

▼ 良次郎さん~ (2, 0.1%)

1 はまったく, は唯今どちら

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 という名, に二人

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 だけは仏壇, と名乗ります

▼ 良瀬改修案~ (2, 0.1%)

1 の餌, をも加

▼ 良瀬沿岸~ (2, 0.1%)

1 の人民, の鉱毒地

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 の七家, の如き

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 が師事, と同じ

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 がく, とはいえない

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 というの, と植木

▼ 良社会~ (2, 0.1%)

1 なれば, を得ん

▼ 良~ (2, 0.1%)

2

▼ 良秀で~ (2, 0.1%)

2 もぎよつと

▼ 良細川~ (2, 0.1%)

1 の二将, は若

▼ 良義光ちゃん八重子~ (2, 0.1%)

1 の三人, を友だち

▼ 良胡崎~ (2, 0.1%)

1 なごろ, の蔭

▼ 良虞島~ (2, 0.1%)

1 の玉藻, 之時人哀傷作歌

▼ 良虞崎~ (2, 0.1%)

1 に向, のこと

▼ 良覚院~ (2, 0.1%)

1 という者, の細横町

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 でなければ, もあれ

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 と天王寺路, の先頭

▼ 良辨杉~ (2, 0.1%)

1 の如く, の段

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 ぎらあ, ぎるくらゐの人形首です

▼ 良過ぎた~ (2, 0.1%)

1 のが, んだ

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 が申, に尋ね

▼ 良~ (2, 0.1%)

2 の阪本

▼ 良陳平~ (2, 0.1%)

1 の徒, の輩

▼ 良~ (2, 0.1%)

2

▼ 良馬主~ (2, 0.1%)

2 を得ざる

▼ 良馬揃~ (2, 0.1%)

2 へて十二頭

▼ 良~ (2, 0.1%)

1 の長, を以て自ら

▼1* [482件]

うなづいて仲良う, 良えだよ, 良おれにはおれ, 良から高野街道を, 良がっていた, 良くつもッ, 良これだけが半田屋九兵衛方, 良こんどはわし, 良さいっさいの諧謔, 良さこれが百兩, 良さんはまをおい, 良さんター坊の親たち, 良さん今朝の指輪, 良さん千代ちやんと他愛, 良さん学校が御, 良さん昨夕は嬉しき, 良さん鳥渡其の, 良さアん, 良さ一挙手一投足につきまとっ, 良さ人の善, 良さ以外にこの, 良さ本当の美し, 良さ正直さ気の弱, 良さ水ぎわ立った奴ら, 良しい豚という, 良しばらく眺めて, 良すぎますなあ, 良その他の諸, 良よ, 良だけでは, 良だの栄信だ, 良ちゃんお宮へいっ, 良ちゃんお母さん弟が新宿, 良ちゃんたちの遠足, 良ちゃん私そんなもの, 良ちゃん遠足は食べ, 良ちゃん釣りになんかゆく, 良ちゃん鉄ちゃんの五人, 良ちゃん鉄ちゃんブウちゃんなどが集まっ, 良って人ハッキリ, 良つていふところ, 良であり同時に彼女, 良であるといふこと, 良でしたよ, 良でも義光ちゃんで, 良とも印影悉く, 良とを陣中に, 良と共に姓源珠, 良どのここに有り, 良どのそれにお, 良汁を, 良なし悪貫, 良など城内の, 良などをとどめ武将, 良ならばツェッペリン伯号, 良ならびに楊宇霆の, 良なりとは言われぬ, 良なれは, 良なんていう字, 良なんどみな一度に城戸, 良にだってうんと附人, 良に対し何ら他意, 良ばかりでなくそうして, 良びいきでよく, 良へも洩らさなかったが, 良もう逃げ腰, 良も之なくしては, 良やら宗良親王やら, 良訶良媛は, 良よりもよく知っ, 良ぬ心, 良らしい歌よな, 良上野首無しの, 良をもいれて, 良くウ並アら, 良シカラズバ易牙之ヲ烹ルト雖モ無味也, 良シトスだの敵, 良ッちゃんあんたとが恋仲, 良ッちゃんあんた先に検番, 良ッちゃん今が一番大事, 良ッちゃん勝則さんのおっ, 良ッちゃん心配御無用, 良ナル國語ヲ有, 良一つ全安, 良一人のため, 良一色仁木などの留守組, 良七つ全安, 良三つ全安, 良三はかの蘭軒門下, 良三八十王の勧進, 良三往伏見立賢, 良三真は天保八年, 良三等の茶番, 良三郎氏はスマート, 良にすんだ, 良上杉両家の近情, 良上杉浅野の三家, 良上野顕彰の意味, 良中著と記し, 良とも言, 良丹後守に預けた, 良主人となす, 良主人社会に立っ, 良久しい間只, 良久しきところへ, 良久しゅうして, 良久崎に因りし, 良之進と云, 良乗殿早朝より何処, 良を廉価, 良事教られしよう覚て, 良二つ全安, 良二十五の時, 良五つ全安, 良の髯, 良井氏の縁続き, 良人殺しだ, 良仁木今川一色渋川の諸氏, 良仁木斯波一色今川など足利支流, 良仁木石堂らの一族, 良今川などの同族, 良今川その他あの地方, 良今川仁木乙川西尾の諸, 良今川石堂など三河党, 良今川細川の各, 良仕事を早め, 良仲温撰孝子池田晋直卿謹書併建, 良があった, 良伯これで御, 良伯医師と私, 良似たのが, 良佐帰路同道江戸へ二十度, 良佐池希白である, 良体験をもった, 良を求む, 良といふ公卿, 良信仰の賜物, 良に対しても同じ, 良を失う, 良の諸氏, 良先生から教わった, 良兌将国景遠千世丸等, 良と, 良なる通称浜田弥兵衛, 良八つ乃夫二つ全安, 良公升公はそれ, 良六つ全安, 良六十二姉その, 良兵部郎中譚冀御史曾鳳韶, 良兼一族だけで, 良兼勢が筑波, 良兼将門は両立, 良兼方の憎悪, 良兼等を追, 良兼貞盛良正等の力, 良円寺前で斬られた, 良冷かすのは, 良はなかっ, 良を視る, 良がある, 良よく人, 良として紹介, 良も陣容, 良された, 良匠中の最良, 良医これを用, 良十三柏軒の子, 良十二柏軒の子, 良十加禰一つ全安, 良十四磐安二十一平三郎九つ孫祐七つ姉国二十六安十八柏軒の妾春四十五, 良千坂の手, 良を相当, 良厨ハ多ク刀, 良叔先生の, 良右衛門一人に被せよう, 良右衛門一身投出して, 良右衛門様が公儀, 良右衞門一人に被せよう, 良右衞門一身投出して, 良右衞門樣が公儀, 良司教に難, 良は自分, 良を選ぶ, 良君武文との顏, 良周囲の若い, 良営業係長来り千秋楽, 良即ち爆発物, 良四つ全安, 良四郎長井太郎宇佐美三郎佐佐木小三郎南条平次安西四郎など云う, 良は庭, 良ヲ施シテ, 良にし, 良国民を拵える, 良國民を拵, 良圓寺と云う, 良坊佐久間お竹大日如来, 良之の, 良按司志良礼, 良を失い, 良と奴婢, 良女学校は優等, 良婦人の賜, 良ありて, 良という女, 良善は, 良宅上野国高林の松本文粋, 良安一安長安と改めた, 良安一文字屋森養真猟師井戸勘一郎与一兵衛上原全八郎, 良安儀明廿八日初而御目見被為請候に付召連可, 良安儀明朔日御用之儀御座候, 良安十九妻柏十八柏軒並妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 良安明廿八日初而御目見被相請候に付私召連可, 良安此度若殿様, 良安磐安兄弟を彦根, 良実にして, 良を迎, 良宴法印が法然上人, 良宴法印以下が各々, 良宴法印行智律師仙雲律師覚兼阿闍梨重円大徳, 良宵病裏過, 良家上杉家のお, 良家古来の故実, 良家庭は必要, 良家無二のさむ, 良家累代の菩提所, 良家譜代の臣, 良して, 良導體になつて, 良小僧とその, 良小船の九つ, 良君などの, 良山良家の年頃, 良や島, 良岐島というまた, 良岑宗貞大江定基源滿仲藤原顯基等の名流, 良岡西栄玄私右四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 良なるねつ, 良川添の十畳, 良左衛門孫槌太郎の両人, 良師チェルニーの賜物, 良師ワイリングの下, 良師友に接する, 良師範といわれ, 良師良友の辞典, 良幹相場朋厚の人々, 良幹相場朋厚その他を加え, 良店員良小僧とその, 良庵夫妻も天野夫妻, 良を復活, 良弼東町奉行となる, 良弼氏鈴木重遠氏の二人, 良弼等のごとき, 良志売之家流, 良志神岡の山, 良念寺徳雲寺と四軒, 良念無事に帰った, 良を帶びて聲高, 良思想なの, 良恒良成良義良宗良懐良などの諸, 良恕法親王の筆, 良人気の, 良意美この詔命, 良慶らの調停, 良に作る, 良懐柔策はまったく, 良懐良などの諸, 良成良義良宗良懐良などの諸, 良の戸袋, 良手段はあるまい, 良も世間, 良才戦時の忠将, 良持さまの荘園田領, 良持のと申され, 良持以来の所領, 良持公の前, 良持良茂と数多くあつ, 良振り乱り, 良振り亂り, 良提調川島のため, 良擁立を考え, 良を悪, 良政権を再び, 良教育者にし, 良敬徳後文達, 良を失う, 良文蔵と云う, 良斎あたりには引合わしたろう, 良斎はじめこの一座, 良斎はじめ我々一座の面, 良斎らの座敷, 良斎一行の北原, 良斎五明楼玉輔春風亭柳枝入船米蔵がある, 良斎先生これはたしかに, 良斎北渓よりし, 良斎岩窪北渓尾の丸小兼, 良斎等を引き連れ, 良於毛保之売之弖, 良早世ましましたので, 良時好報を得, 良を択ん, 良の, 良智教養の偉大, 良暫らくの間, 良曉等の風靡, 良有りて予, 良あり, 良は蓋し, 良林及海中の品類, 良果これより採らる, 良と言, 良を持つ, 良椿信政である, 良椿居士と云, 良椿法橋というの, 良様昨夕聢と考え, 良まで来, 良橋太郎入道へなり申し遣っ, 良橋太郎入道のやしき, 良次郎でもたびたび, 良欽曾祖父の良勝, 良歌集が出, 良殿自分は勅使, 良比如明日吾者来南登言家礼婆妹之宮答久, 良比言成之賀婆加吉結常代爾至海若神, 良氏西氏らの書, 良気島に果し, 良永歿年に庄左衞門, 良江戸等々の諸, 良沼又はツウラ沼, 良法典を与えん, 良注釈の或, 良津ゆゑ苦勞はない, 良清らは自身たち, 良温泉に遊ぶ, 良澤大槻玄澤らまた長崎, 良瀬村の雲龍寺, 良瀬村字早川田, 良瀬河の水源, 良瀬河ニ奔下シテ沿岸其害ヲ被, 良瀬河原にて主従, 良瀬河畔に父老, 良瀬沿岸三郡の中, 良瀬沿岸何十里が放っ, 良瀬沿岸地方と同じ, 良瀬沿岸被害の原因, 良炳蘆岸良有蘆岸の子, 良牛乳を市民, 良牟月者倍爾都追, 良牧馬を以てこの, 良特地範駆馳, 良状態が得た, 良煮ら, 良猶予ひて, 良が書いた, 良画伯の描く, 良をつぶし, 良皇太子へ琵琶, 良皇女と申し上げ, 良目がけて喚きかかった, 良相続者を有する, 良石上人へ報せ, 良石和尚様へ上げ, 良石堂一色仁木細川今川荒川高上杉などみな, 良石様のお, 良碩津山宗伯であつ, 良秀氏の, 良なるもの, 良竹里は遷, 良竿に垂れ, 良十は, 良の諸氏, 良等小川を逃げ, 良節様という勤王家, 良米心佐閉消失多列夜, 良精君近頃健康, 良細川佐々木道誉らもつづい, 良経さま内大臣通雅さま従三位定家卿などと共に和歌所, 良経はじめ新古今同人, 良経側で良経, 良経過にてこの, 良経邸での歌会, 良ふ子, 良結果を収め, 良と謀議, 良継たちの権臣, 良継高畠定吉中川光重たちは最も, 良習慣とか何とか, 良者稀なる王達, 良職工観みたいな芸術家観, 良は膝, 良として一等席, 良臣七人あれば, 良臣伍子胥の諫言, 良臣酒井忠次をいたく, 良致男は別居, 良なる風俗, 良色調を表わし, 良と咲け, 良でどうも, 良のお客さん, 良菓子をあゝ, 良落着いて, 良蒋介石を捕虜, 良蕭何韓信のよう, 良藤妻に逃げられ, 良藥塗りてかしづけり, 良藥疵に塗る, 良藥貼すべく, 良虞崎あたりで, 良虞能島之, 良血人種は地方官, 良袁登売云々とある如く, 良の菓子, 良西条一色今川東条などの諸, 良という坊さん, 良覚院町の石, 良親王以下八人の公卿大将, 良親王尊良のお, 良親王様におかせられまし, 良親王皇子尊良親王を奉ぜしめ, 良覺僧正とて極めて, 良評判を聞せ, 良詩昔見四従肥坐二, 良谷君も来訪, 良貴方は妾, 良資料となる, 良は深く, 良趣味の天才, 良趣味品位美真理貞操道徳などがしきりに, 良足下はすぐ, 良が旗さし物, 良軍五千を蔽いつつんだ, 良辨僧正坐像のよう, 良ではない, 良通三好泰令等であつ, 良通島村周庵前田安貞高井元養等, 良通称は玄道, 良過ぎましたよ, 良を利用, 良邏法師とした, 良邸裏門は雪, 良邸討入の当日, 良に深野, 良部島ではハマクラ, 良鄭洽郭節王資史彬梁良玉の七家, 良を得, 良配偶を求め, 良の献, 良がゐる, 良鉄椎の時, 良まで悪銭, 良が美女丸, 良の或, 良間群島も洋中遥か, 良雑誌であると, 良雪さん何してんの, 良雪様去年以来の御, 良雪自家の菩提所周世村, 良電導体である, 良をや, 良に対する追求, 良をみる, 良韓信が来よう, 良順さんお山じゃ一番, 良順自身診察に来, 良の子, 良顔鼻の恰好, 良風俗あり, 良風習というべし, 良食べ合せ物宜, 良馬二百余頭も一ヵ所, 良馬利刀鷹狩で又, 良馬日に千里, 良馬渡りしに, 良馬竜馬を禁裡, 良を産した, 良を録, 良よりはすばらしい, 良は名木, 良黒田辰秋鈴木実の三氏, 良と化しおわる, 良と推讀