青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「襖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

裸~ 裸体~ 製~ 製作~ 製造~ ~裾 裾~ ~複雑 複雑~ ~襖
襖~
~襟 襟~ ~襲 襲~ ~西 西~ ~西洋 西洋~ ~要する 要する~

「襖~」 2825, 31ppm, 3832位

▼ 襖~ (950, 33.6%)

128 開けて 105 あけて 32 開けた 22 あけた 20 あけると 19 開けると 17 明けて 16 開いて 14 細目に 9 閉めて 8 しめて 7 しめた 6 閉めた 5 開けました 4 がらりと, ぴたりと, 閉め切った, 開いた, 開ける音, 隔て, 隔てて

3 [14件] あけた途端, あけました, しめる, すうと, ひらいて, 外して, 締める時, 背に, 距てた, 閉めきって, 閉めると, 閉め切って, 開くと, 開けたが

2 [46件] あけたの, あけたので, あけた瞬間, あけては, あけようか, あける, あけるや, あける音, あけ坐りながら, さらりと, しめきると, しめる時, そろそろと, はずして, ぴしゃりと, ガラリと, サラリと開けた, スルリと, ソロソロと, ソロリと, 作って, 啓け, 始め飴色, 少し開けた, 引いて, 引かせて, 引き開けた, 明け, 明けたの, 洩れて, 立てて, 立て切った, 締めた, 締めて, 見て, 閉じた, 閉って, 閉て, 閉切って, 開く音, 開けたの, 開けたも, 開けるや, 隔てた書斎, 隔てた隣室, 静かに

1 [380件] あけしずか, あけしたり顔, あけそ, あけたが, あけたけれども, あけたとたん, あけたまま, あけたらしくつくろつて, あけたり, あけたれと, あけた峰丹波, あけた時, あけちゃ, あけなければ, あけのこのこ, あけますと, あけますとね, あけようと, あけようとして, あけられ日, あけること, あけると共に, あける女中, あける間, あけ上眼, あけ人, あけ奥, あけ奥まった下, あけ廊下, あけ抜き身, あけ放して, あけ放ち広い, あけ次の間, あけ立て, うしろに, おさえた, おさえて, かりて, がたぴしと, がらっと勢, きっちり閉め, ことこと叩く, ことさら忍びやか, さわり襖伝い, しめきりました, しめそして, しめた押入, しめてその, しめてたてこもり, しめても, しめて従妹, しめましたので, しめようと, しめピシャリ, しめ夜具, しめ忘れたと, しめ木綿, すぐ立て切りました, すっぽりと, すべらせた, すらりと, するするあけ, するするあける, するすると, ずるずる, そうっと開ける, そっとあけ, そっとあけた, そっとあけよう, そっと明ける, そっと閉めた, そっと開け, そつと, そのまま使う, たてきった愚楽, たてた, たてほつとして, たてると, ちゃんとしめ, ちらと, つくったが, つつましく開ける, とおして, とざして, とりのけ障子, とりはずしただけの, とり外しさながら, とり払って, とり払つた, どんと突, ながめた, はずした敷居越し, はずすと, はずせと, はりかえさせ調度, ばた, ぱつたり締める, ひかえた客間, ひき開けて, ひらいた途端, ひらき誰, ひらくと, ひらけ, ぴたつとしめてから立つ, ぴっしゃり閉めきった, ぴったりと, ぴったり閉め, ぴつたり締め切つ, へだてた小坂家, へだてた隣りの, へだて呼びかけた, ほそ目, またあけた, めぐらした約, めぐらした部屋, もう二三寸, もって, もれる隣室, アックスを, ガラリ引, サッと開ける, サラリとあけ, サラリと引きあけ, サラリと引き明け, ジリジリ, スツと, スラリ, ヅヾツと, ドシンと, ノックし, ノックした, パチン, パッと, ピシリと, ピッシャリ締め切っ, フトあけ, ポンポンと, 一枚直ぐ, 一重へだてた, 二三度あけたり, 二列に, 二尺程, 伝わって, 何う, 何の, 作ツて, 倒すよう, 傳つて上りざまに, 僅に, 八寸ばかり, 八方から, 其所へ, 凝視めた, 出て, 切ったの, 半ばあけ, 半分あけ, 厳重に, 取りのぞいて, 取りはずし二部屋通し, 取り外して, 取り外しに, 取り払った広間, 取れば, 叩いた人, 叩き, 叩き開けて, 叩く音, 向こうから, 圧へて, 境に, 外からかろく, 外したまま, 外しぶっ, 外づす, 多く開け, 大きくノック, 少しずつ, 少し開い, 尚も叩き, 尽くしめきり, 左の, 左右とも, 幾重にも囲っ, 引いた, 引きあけた, 引きあけたが, 引きあけた時, 引きあけた紋也, 引き開けたの, 引き開けながら, 引こうと, 引開くる, 引開けた, 引開ける, 張り替えて, 張替へ, 後に, 忘れて, 恭しく開ける, 想い出す, 戞矢, 手早く開けた, 手荒く閉した, 手荒く閉め切っ, 抜けるよう, 押しあけ, 押して, 押倒す, 押開い, 押開きました, 指さした, 指した, 指して, 振向いて, 振返って, 排ける, 斜に, 明けかけた時彩牋堂, 明けかけると, 明けさせた, 明けつ, 明けますと, 明けること, 明けると, 明ければ, 明け開いた, 晩夏の, 横に, 洩れる灯火, 潜り壁, 無造作に, 焦がし天井, 皆んな開け, 目で, 眺めました, 着た秋蘭, 着た若い, 着て, 睨んだ, 破りたる時, 破りぬ, 破る, 破るくらい, 磨きの, 積み火, 積んだ車, 突いたの, 突き倒すよう, 突き破って, 突き進んで, 突破ったり, 窃と, 立て擦り膝, 立籠めて, 締めるの, 締め切り, 締め切り黙然と, 締切って, 締切つてそこに, 肩幅だけ, 背, 背景に, 膝つい, 自分から, 荒々しくた, 荒っぽく引きあけ, 見た, 見つめて, 見つめると, 見まわした, 見るたび, 視詰めた, 越した次, 越して, 距て, 距てて, 踏みつけたので, 踏んで, 蹴って, 蹴ひらいて, 蹴ひらき倉皇表, 蹴仆, 蹴倒した弘さん, 蹴倒した時, 蹴放して, 蹴放すよう, 蹴破った, 蹴破った時, 蹴破つて, 蹴破つて穴, 蹴破るが, 蹴開いて, 蹴開くと, 蹴開けた, 軽く叩く, 這い上って, 通し中庭, 避けて, 閉ざして, 閉じると, 閉じ板戸, 閉ち切る, 閉てた, 閉てる, 閉めきった, 閉めきると, 閉めてから, 閉めました, 閉めようとして, 閉めるか, 閉めるにも, 閉め切った奥, 閉め切つて, 閉め切ると, 閉め残したまま, 閉め蚊帳, 閉切りたれ, 閉切ります, 閉切る, 開いたところ, 開いたの, 開いたもの, 開いた時, 開いた途端, 開き, 開きました, 開き畳, 開き老人, 開き蒲団, 開くなり, 開くに, 開くや, 開け, 開けずに, 開けたて, 開けたと, 開けたよ, 開けたり, 開けた侍女, 開けた商人客, 開けた時, 開けた時自分, 開けた次の間, 開けても, 開けながら, 開けまして, 開けますと, 開けようと, 開ける, 開けるなり, 開けるの, 開けるはず, 開ける事, 開ける子供, 開ける気勢, 開ける為, 開ける私, 開け放しそこ, 開け放した彼女, 開け放した隣室, 開け放し棒, 開け放すと, 開け放ち立, 開け立て, 開け立てする音, 開け駈け込むやう, 開こうとは, 開たら, 隔てた次の間, 隔てた茶の間, 隔てた部屋, 隔てた隣, 隔てた隣りの, 隔てての, 静に, 靜かに, 音も, 颯とあける, 食い破って

▼ 襖~ (649, 23.0%)

20 間から 19 外に, 蔭から 17 外から 15 蔭で 14 外で 13 陰に 10 かげから, 前に, 陰から, 隙間から 9 影から 8 影に, 方を, 蔭に, 開く音 7 かげに, 向うから, 向うで, 方へ 6 ほうへ, 隙から 5 中から, 外の, 外へ, 外まで 4 ところへ, 上を, 向うに, 蔭へ

3 [14件] かげで, ところから, ところで, 上に, 中へ, 傍に, 前で, 向ふ, 奥に, 引手に, 引手を, 彼方から, 間に, 陰で

2 [35件] かげには, こちらに, そとに, そとへ, ところまで, となりも, ほうを, 下の, 中に, 内に, 内へ, 前まで, 向うには, 向うの, 向こうに, 奥から, 奥の, 尻を, 引手が, 引手の, 彼方に, 方に, 明いて, 根に, 破目, 紙の, 絵でも, 絵の, 絵は, 肩を, 間より, 間を, 際に, 際まで, 音に

1 [263件] あいて, あく方へ, あく音に, あく音雨戸の, あたり座敷を, あっちに, あなたから, あなたに, あなたへ, あなを, あわいから, かげでは, かげの, かげや, かなたへ, こちらで, こちらの, こつちにまで, ことで, ごとく青白き, さかいを, しまって, しまりも, しまる音, すきから, すきへ, すきを, すぐ傍, すぐ後, すこし明きたる, すみに, そとから, そとで, そとを, そばで, そばへ, たてつけを, たて合せの, ために, ちらし書, つぎ目を, ところに, ところの, ところへも, ない戸棚, ない棚, ない次, はまって, ひと側に, ほかに, まえに, まえには, むこうから, ゆがんで, シンも, スツとばかりに, 一つの, 一と, 一ばんいい, 一方に, 一枚であった, 一枚は, 一角へ, 上なる, 下に, 下へ, 下張, 下張りに, 中には, 中の, 中を, 中途の, 付根に, 付根まで, 側に, 傍まで, 傍を, 僅に, 入口から, 内から, 内で, 内には, 切り張りなぞを, 切口を, 前には, 前へ, 前を, 劃り, 半開きに, 半開きにな, 南画も, 取手の, 右の, 合せ目である, 合せ目の, 合せ目を, 合わさり目, 向うからは, 向うでし, 向うでは, 向うは, 向うへ, 向うを, 向う側に, 向こうの, 向で, 向ふから, 向ふから返事, 向側で, 唐草模様なぞの, 四つは, 境が, 境に, 外, 外では, 外には, 外は, 外を, 奥へ, 奥や, 嫌いなく, 小禽は, 左右にも, 左右より, 床の, 引き手に, 引き手の, 引き手へ, 引手は, 引手や, 引手一個引剥し, 張りかえやら, 彩画は, 影で, 影へ, 彼方の, 彼方は, 後ろから, 後方いっぱいに, 戸を, 所で, 所まで, 所迄, 手かけに, 数が, 敷居へ, 文字ださうである, 文字も, 文字を, 方からは, 方が, 方へも, 日かげが, 明いた所, 明く音, 明放し, 書院から, 李白の, 枠茶だんす新しい, 染点までが, 框や, 桐に, 桟が, 桟の, 楽書きの, 模様だの, 模様などの, 模様も, 模様壁に, 模樣の, 横には, 次にちょっとした, 次の間へ, 正面板の間の, 此方に, 照り映ゆる, 燻ぼれたその, 画は, 破れの, 破れ桟に, 穴と, 穴へは, 穴を, 突き立っ, 立てられたこと, 立て合せから, 立て合わせから, 端に, 端の, 端を, 笹の, 筍を, 紋ちらし, 紙にも, 紙は, 紙を, 絵が, 絵など, 絵などは, 絵も, 絵や, 絵を, 絵模様など, 絵画の, 絵画や, 締る, 縁に, 縁の, 繪にでも, 羽目から, 腰には, 腰を, 蔭では, 蔭でも, 蔭な, 蔭まで, 蔭や, 蔭縁の, 處へ, 蚊を, 裂けめから, 装飾は, 裏へ, 襖側に, 襟からは, 角の, 角柱で, 足を, 遠くなる, 部屋で, 金具を, 銀箔も, 鐶に, 閉まって, 開いて, 開かぬやう, 開くの, 開く気配, 開けたて, 開閉の, 間が, 間には, 間を通して, 閾に, 陰とか, 陰へ, 隅で, 隅の, 隅へ, 隙き, 隙に, 隙間に, 際, 際へ, 隣へ, 雀が, 面へ, 面を, 音, 音が, 音で, 音と共に, 風を

▼ 襖~ (365, 12.9%)

60 開いて 24 開いた 21 あいて 10 開くと 9 静かに 8 あいた 6 細目に 5 あくと, すうと 4 ある, 啓い 3 すーっと, サラリと開い, 二尺ばかり, 閉って, 開いたので, 開かれた, 音も

2 [20件] あった, あって, ことことと, しずかに, すうっと, するすると, はずれて, ひらいた, サッと開いた, サラリとあい, スイと, スーと, 向こうから, 左右へ, 明いた, 破れて, 立てて, 開く, 開け放たれて, 静に

1 [148件] あいたから, あきいつも, あき二人, あき出したが, あき酒, あくとともに, あくと共に, あけられて, あけられなかった, あったが, あるかなし, あるきり, いつに, うしろで, がたがたいった, がたと, くれ, くれの, けたたましく開け放されなかったら, けたたましく開放, こつこつと, ことりと, この間の, ごそッ, さっと開い, さらりと, さわった, さツ, しまる, じりじりと, すこし開きかけ, すっかり通し, すつと, すべって, すべるよう, すらりと, すー, ずらりと啓, そっと開い, そっと開いた, そつと, その部屋, それならきっと, たって, たてつけの, ついて, つつましく開い, とって, とりはらわれ電灯, ない白い床, ひっそりと, ひとりでにあい, ひらいて, ひらかれた瞬間, またすう, みりみりと, より多く, ガラッと, サッと左右, サラリとあいた, サラリと開いた, スウーと, ハタハタと, バタッと, パッタリ前へ, ポーッと, 一つづき, 一つの, 一二度開き, 一寸ほど, 一斉に, 一方へ, 一枚だけ, 一枚引きあけられ, 下男達によ, 二三寸開い, 二人の, 二寸ほど, 二枚は, 二枚立て, 仆され, 今は, 何時もの, 倒れた, 全く合わさっ, 内部から, 半ば開い, 半分ばかり, 半開きに, 右近を, 向う側から, 向こう側から, 向こう側の, 四方上下から, 壁の, 外れたので, 外れて, 少し開い, 左に, 建てありまして, 廻り舞台, 急に, 慌しく明けられ, 抜けて, 断りも, 明いて, 替った畳, 極まれば, 殆ど音を, 無気味な, 相沢の, 眼に, 矢張り冷いから, 破れ放題に, 突然両方, 立てこめて, 立て切つてあつ, 紗の, 軋みながらに, 軋んで, 閉じ引っ返して, 閉つた, 閉めきって, 開いたが, 開いたと, 開いたり, 開かずこちら, 開かれたまま, 開き, 開きそこ, 開き何, 開き先刻隙, 開き白虎太郎, 開き白髪, 開き隣り座敷, 開くか, 開くそうすると, 開くぞ, 開く衣ずれ, 開けっ放して, 開けられて, 開けられると, 除かれ二次, 隣の, 面白いよ, 音なく, 鳴った, 黒塗の

▼ 襖~ (128, 4.5%)

10 手を 3 密と 2 ある雲形, かいた墨絵, かるく寄りかかり, 囲まれた二階, 当って, 打つかる, 立てかけた, 耳を, 背を

1 [97件] あるいは障子, いつも吸いついた, うつろうと, おどろいて, かう太く, かかった, すらり靡いた, すり寄つた, そうて, それは, つらなる燭台, どしん, なって, なつて, ぴつたりと耳を, ぴつたり身體を, ぶつかったり, ぶつかって, ぶつかる, ぶつけたので, へばりついて, ぼやけて, よりかかって, よりかかりウクレリー, チヨイと, 一寸手を, 何かしら古の, 千羽鶴を, 半分顏を, 半紙四ツ切程の, 半身を, 吸ひつい, 唐美人の, 埋めて, 大自然, 寄り添うて, 対って, 巌と, 張って, 張る, 当った, 当つて, 心張棒を, 忍びよったの, 念入りに, 打突かつ, 押し付けられて, 指の, 掛けて, 掴まったこと, 掴まろうとして, 描いた芭蕉, 描いて, 文字を, 束髪を, 松花堂の, 沿って, 注がれた, 添うて, 添ひ, 片手を, 物々しく仕切られた, 留金を, 皆の, 秋の, 立てかける, 立てた, 紅白の, 紫の, 綺麗な, 縋って, 背中を, 自分が, 舞楽の, 芒と, 菊の, 落した影, 触れて, 詩とも, 貼られた反古, 貼られて, 貼りつけて, 身を, 近寄りそこ, 迸って, 郭子, 金鳳銀凰翔り, 金鳳銀凰翔り舞う, 障子などを, 隠すよう, 隠れて, 青の, 響く, 頭を, 顔を, 高脚, 黄金箔引手に

▼ 襖~ (70, 2.5%)

6 の向こう 5 の口 4 の所, をあけ 2 の穴

1 [49件] からのぞい, から少し, から居間, があけられ, がはずされ, が越え, だけの隔て, には懸, にもたれ, によりかかっ, に寄り添った, のこと, のほう, の前, の外, の掛け金, の細く, の細め, の蔭, の鍵穴, の間, の隙間, はさっと, はしめた, は堅く, は少し, は急, は閉め, は隣, をあけた, をあけよう, をさえ破りかねぬ, をさらに, をしめ, をしめて, をそっと, をはずし, をよく, を中, を命婦自身, を宮, を引き動かしたまう, を張らせ, を採り, を締め切り, を閉め, を開けた, を開ける, 着て

▼ 襖~ (66, 2.3%)

2 かたく閉ざされ, 金泥を

1 [62件] あいたの, いつまで, いづれも, これは, すっかり開け放し, その時代, ぴったりしめて行っ, ぴったりしめ切られ, ふたたび音, もうしまっ, 世界的に, 二枚だけ, 何どす, 依然として立った, 僧服の, 元の, 全部取り除かれ, 初めっ, 動かなかった, 包丁で, 取りはらわれて, 取り払って, 古色を, 名ある, 唐木の, 引手が, 必ず狂, 必ず狂い, 応挙第, 故意と, 新しい, 明けたまま閉, 明けた儘閉, 明け放されたまま, 暗くなった, 暗しまた, 次へ, 永徳風の, 漸く五分位, 無いが, 破れて, 破れる寒く, 破れ寒い, 竹の子の, 羽根を, 裏表両方の, 襖だ, 要らじ, 辷りよく, 銀泥に, 閉ざされた, 閉ざされて, 閉つて何の, 閉まって, 閉切って, 開いたが, 開いたま, 開け放され戸棚, 開け放たれたまま, 開け放たれ両側, 開こうとも, 鳴鳳楼

▼ 襖~ (63, 2.2%)

4 壁も 2 傷んで, 取りはずして, 硝子窓も, 障子も

1 [51件] あいて, あけて, あけ放して, あれば, ことごとく火, しんしんと, すべてが, ない, ないある, なく毛布, びしょびしょした, ぴったり締め, ほどよく寂び, みんなピタピタしめ, もみじした, 一時に, 一様に, 丸窓の, 入らない三重, 剥落し尽し, 古くどっしり, 古く広いが, 古び障子, 外れそう, 天井も, 居る畳, 引きちぎれ部屋, 引つかい, 張り易, 御酒徳利も, 慰みの, 扉も, 新しいせゐ, 明け放して, 残酷な, 滅茶苦茶に, 無ければ, 無論に, 煤果て, 畳も, 皆はずされ, 破れ放題, 私達の, 窓も, 閉めないで, 閉切つて空屋に, 開いた音, 開けないで, 開け放つ, 防ぎよう, 障紙

▼ 襖越し~ (60, 2.1%)

5 に声 32 にそれ, に彼, に細君, に聞い, に聞こえた

1 [42件] で従兄妹たち, で従兄妹達, で話しかけ, にいい, にきいた, にきく, にきこえる, にこう, にした, には裏, にぼんやり, に三人, に三右衛門, に何, に和尚, に子息, に店, に彼女, に正純, に気, に深夜, に物静か, に畏き, に番頭, に畳, に神崎式部, に私, に突, に窺っ, に聞いた, に聞え, に聞える, に色気満々, に見返った, に見透し, に覗い, に返事, のやさしき, のやりとり, の応答, の話, の返事

▼ 襖~ (35, 1.2%)

7 手を

1 [28件] おちて, がりがり前足, しがみついた, ばたばたと, ぶつか, よろけかかり襖, ピッタリ身, ペッペッと, マツチ箱ほどの, 体を, 倒れて, 向かって, 向って, 嘱され, 寄って, 寄り細目, 打附, 押し迫りました, 映ったり, 時々羽, 槍の, 的った, 筍を, 耳を, 背中を, 行くと, 触れると, 食いつくよう

▼ 襖~ (35, 1.2%)

2 壁や, 屏風の, 障子の, 障子は

1 [27件] その他の, つつましや, ガラス障子で, 唐紙に, 器具を, 壁に, 壁畳から, 天井などについて, 天井を, 屏風が, 帯戸を, 床の間や, 床の間を, 本箱や, 朽ちかかつた柱, 柱を, 格子細工や, 磨硝子の, 箪笥や, 蒲団などの, 調度の, 金屏風が, 障子が, 障子に, 障子も, 障子やとで, 障子を

▼ 襖から~ (34, 1.2%)

3 顔を 2 取り出して

1 [29件] すっと出, ばらばらと, 七つ八つの, 中の, 中を, 先を, 入って, 入り込んで, 円い顔, 出入りした, 合図され, 坊ちゃ, 承塵, 抜け出して, 櫛形の, 欄間から, 玄關へ, 疊に, 眼を, 薬箱を, 袋戸や, 見えた, 謝りに, 透見, 錦絵を, 障子から, 離れて, 顏を, 鳥渡見え

▼ 襖~ (24, 0.8%)

1 [24件] から氷, から覗く, で一礼, で膳, と寝床, には平伏し, によせ, に出, に居並ん, に平伏, に木箱, に横, に気勢, に玄關, に畏まった, の作法行態, の若, へ, へど, へ坐った, へ来, へ来た, へ置い, まで退った

▼ 襖一重~ (20, 0.7%)

2 の隔たり

1 [18件] が直ぐ, で子供連れ, のこっち, の先, の六疊, の姉圭子, の座敷, の明け, の次の間, の納戸, の茶の間, の隣り, の隣室, は一騎打, へだてた部屋, むかうでは, を隔てた, 隔てた向う

▼ 襖障子~ (19, 0.7%)

2 諸財一切

1 [17件] が縱横, なぞも取りはずし, にて見物, の具合, の遮る, の骨だらけ, は破れ放題, も燃えましょう, や柱, をひびき震わせる, を取り払い, を取り払っ, を見つめ, を蹴ひらく, を蹴破っ, を開, を開閉

▼ 襖~ (17, 0.6%)

2 廊下を

1 [15件] いっしょに, いわずはなはだしく, いわず天井, かたびらの, 一緒に, 両方の, 反対の, 唐紙へ, 天井との, 柱との, 柳行李の, 磨れ合う位, 襖との, 言わず構造, 障子とは

▼ 襖~ (16, 0.6%)

12 しに 1 しに厨, しに気, しに舵手, しの声が

▼ 襖~ (16, 0.6%)

2 すぐ隣

1 [14件] し切って, その中, ちょうど盛粧, とざされて, 仕切られた四畳半, 何も, 何室も, 十分である, 半塞い, 捕へた, 白い藍紺, 立て切って, 立切つた三畳は, 襖の

▼ 襖~ (16, 0.6%)

2 に描く

1 [14件] だの三十三間堂, といわれます, なんかは悲しい, にもカビ, のある, のうち, のこと, の揮毫, の白鷺, は感服, は相当, や或は, を信長, を調べ

▼ 襖には~ (10, 0.4%)

2 猫の 1 亡くなった橋本, 南湖の, 向かないでしょう, 大字の, 小松が, 斜に, 杜少, 狩野永徳その

▼ 襖~ (10, 0.4%)

2 に聞い 1 にそんな, に勿体らしい, に座敷, に待合, に手, に立っ, に細君, に長火鉢

▼ 襖~ (9, 0.3%)

2 がふるえる 1 で貼ってなく, に円, に貼った, の小さな, の破れ, の裂けた, を見る

▼ 襖にも~ (8, 0.3%)

1 なまなましい血, 地図が, 壁にも, 天女を, 火が, 血痕らしい, 錠も, 障子にも

▼ 襖一つ~ (7, 0.2%)

2 隔てて 1 である, 越して, 隔てた向う, 隔てた隣室, 隔てた隣座敷

▼ 襖ぎわ~ (6, 0.2%)

1 に両手, に並び立った, に二人, に居流れ, に控えた, へ来

▼ 襖~ (5, 0.2%)

1 が特製, つたので, と云, と思つて, と考へた

▼ 襖~ (5, 0.2%)

1 にぴったり, に佇んだ, に佇んだなり, に立った, のうす

▼ 襖ぎは~ (4, 0.1%)

1 に意怙地, に立つ, に行く, へ立つ

▼ 襖だけは~ (4, 0.1%)

2 家主から 1 明けて, 気を

▼ 襖一枚~ (4, 0.1%)

1 が二つ, の外, を隔て, 颯と蒼く

▼ 襖~ (4, 0.1%)

1 でそういう, で声, で恐る恐る, へ出た

▼ 襖~ (4, 0.1%)

1 が今, ぬけいでて, の女物言, を描く

▼ 襖開き~ (4, 0.1%)

1 て初対面, て小間使い, て慣れたる, 武男が

▼ 襖からの~ (3, 0.1%)

1 出入りの, 片明り, 電光の

▼ 襖だの~ (3, 0.1%)

1 墨絵の, 蒲団だの, 障子だ

▼ 襖とか~ (3, 0.1%)

1 いったものの, 言ふも, 障子なら

▼ 襖一重向う~ (3, 0.1%)

1 には確か, に咳一つ, に隠れ

▼ 襖~ (3, 0.1%)

1 であります, としての需用, には好個

▼ 襖左右~ (3, 0.1%)

1 に開い, に開きたれ, へ急

▼ 襖~ (3, 0.1%)

1 が開けられ, の隙, を閉め

▼ 襖いくつ~ (2, 0.1%)

2 かぱたぱたと音

▼ 襖いちめん~ (2, 0.1%)

1 にぼうッ, に春蘭

▼ 襖がさつ~ (2, 0.1%)

2 と開い

▼ 襖しとやか~ (2, 0.1%)

1 に外, に明き

▼ 襖その~ (2, 0.1%)

1 わざとらしさ, 金屏風に

▼ 襖だらし~ (2, 0.1%)

2 なく吊下

▼ 襖という~ (2, 0.1%)

1 襖は, 襖一面伊藤若冲の

▼ 襖とともに~ (2, 0.1%)

1 その心栄え, 唐縮緬友染の

▼ 襖との~ (2, 0.1%)

1 合わさり目, 狭い間

▼ 襖とは~ (2, 0.1%)

1 処々に, 灰白かっ

▼ 襖なども~ (2, 0.1%)

1 あきらかに, 取り外され何事

▼ 襖のむ~ (2, 0.1%)

1 こうからは, こう側

▼ 襖ひと~ (2, 0.1%)

1 えだから, えの

▼ 襖へでも~ (2, 0.1%)

1 燃え移ったこと, 障子へでも

▼ 襖まで~ (2, 0.1%)

1 まざまざと, 調べた上

▼ 襖もみぢ~ (2, 0.1%)

2 にあかる

▼ 襖一つ向う~ (2, 0.1%)

1 の座敷, の病室

▼ 襖一重隣~ (2, 0.1%)

1 のお座敷, の室

▼ 襖~ (2, 0.1%)

1 からちらりと, へ行きかけた

▼ 襖天井~ (2, 0.1%)

1 などの美術的意匠, は輝く

▼ 襖屏風~ (2, 0.1%)

1 などを描き, の絵

▼ 襖明く~ (2, 0.1%)

2 る後

▼1* [93件]

あけて奥, 襖あけるときには, 襖いずれも一枚, 襖かげから顔, 襖かげ外から覗き見られない, 襖ぎわに手をついた, 襖ぎわまでころころころころころがって, 襖ざかいに衝立がわりの衣桁, 襖しずかにあく, 襖じゃあないか, 襖すうと開き, 襖すべりに耳, 襖そしてヌッと, 襖それを辷らせる, 襖だけが二三寸閉め残され, 襖であったが立て, 襖であり正面は, 襖では野暮に, 襖でも壁でも, 襖とでも接吻したらしい, 襖となッたり, 襖とを一つ一つ開け, 襖どなりに控え, 襖なぞ破れたるを, 襖などがとても安手, 襖などはかけんもの, 襖によって閉ざされて, 襖ばかりでその, 襖までも開けて, 襖みなはづして鴨居縦横, 襖もるかぜさえ, 襖より夜の, 襖をと思うに, 襖をはづした次の間から, 襖スウと開い, 襖ハタハタと仆, 襖と重, 襖一つ距てた向う, 襖一ツ隔てて, 襖一杯にぬっく, 襖一重向の廊下, 襖一重距てた室, 襖一面にぶち抜い, 襖一面伊藤若冲の描いた, 襖世話物の名人, 襖二間の上, 襖伝いに上手, 襖何一つその空虚, 襖六枚には蘆, 襖右手は障子, 襖四枚である, 襖は三尺, 襖姿の侍たち, 襖子一重隔てた座敷, 襖子越しに物声, 襖定家俊成の肉筆色紙, 襖寝間にし, 襖小さな天地では, 襖屏風幅物などもあったろう, 襖の方, 襖引明けて始め, 襖の表現, 襖手荒らに開かれ, 襖更に普通の, 襖柱廊下その他片っ端から汚い汚い, 襖漏れて聞, 襖煤けた壁汚れた, 襖煤びた柱黝んだ壁, 襖片隅に机, 襖もたいした, 襖薄い杉板, 襖畳柱のきらい, 襖硝子戸の六尺, 襖なぞも細か, 襖立切り疊觸りはも, 襖立派なる御殿, 襖十一, 襖紙思案につき候, 襖落しといひ, 襖葛籠等の下, 襖衝立の調度物, 襖がす, 襖調度の物, 襖越仄に玄関, 襖蹴開き既に隣室, 襖近くにいたらしかった, 襖の床, 襖開けるのん, 襖を隔てた, 襖障子一二枚を煽っ, 襖障子一面に葦, 襖でなにか, 襖なくすらり