青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「舟~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

興行~ ~舌 舌~ 舍~ 舎~ ~舞 舞~ ~舞台 舞台~ ~舟
舟~
航海~ ~船 船~ 船長~ 船頭~ 艇~ 艘~ 艦~ 艦隊~ 良~

「舟~」 6974, 72ppm, 1562位

▼ 舟~ (1223, 17.5%)

34 漕いで 21 出して 14 浮べて 13 借りて 11 寄せて 10 浮かべて, 行る 9 雇うて 8 つけて 7 泛べ, 漕いだり 6 つないで, 岸に, 泛べて, 追う 5 こいで, めがけて, 出そうと, 出て, 呼んで, 持って, 曳いて, 目がけて, 移して 4 作つて, 出せ, 捨てて, 操って, 漕ぎました, 漕ぐこと, 用意し, 繋いで, 見送って 3 うかべて, つくって, 出した, 岸へ, 漕がせて, 漕ぎ返して, 砂の, 艤し, 進めた

2 [89件] あがって, あがる時, かついで, こがせて, これからふたり, だして, っ, つくりに, つけた, つけろと, つらねて, とめて, ひき起こすとき, もって, やと, やとって, ゆはへ, 下りて, 下りてから, 二隻も, 仕立てて, 作ったの, 修繕し, 倩ひ, 傭ひ, 兎の, 出さうと, 出さうとして, 出したの, 出しました, 出し舳, 出すこと, 出そう, 出た, 刻んで, 動かして, 受取りに, 受取ること, 同じうし, 呼ぶ, 呼ぶ声, 呼ぼうと, 呼んだ, 呼んだもの, 唯有る, 寄せたり, 岸から, 川の, 引きあげて, 待たせて, 待つあいだ, 待つ人, 押した, 持つて, 捜すよう, 探し求めて, 操ること, 止めて, 水の, 水草の, 求めて, 沖へ, 波に, 流して, 流し放しに, 渚から, 漕いだ, 漕いでは, 漕ぎに, 漕ぎ出した, 漕ぎ出して, 漕ぐの, 漕ぐ手間, 網の, 舫った, 薄暗い石段, 見つけて, 見ながら, 見る, 買っただな, 買わねえかね, 貸して, 近く寄せよう, 進めて, 陸に, 陸へ, 雇い上流, 雇おうと, 馴らすにゃ

1 [769件 抜粋] あがった, あげて, あげるの, あの蔭, あやつって, あやつりながら, あやつること, あやつる水夫, あらためて, いくつも, いったいどこ, うけて, うけ泣くに, おすやう, おり河, お手前あわて, お止めなさい, お着けなさい, かくして夜, かして, かりうけ, かわしかわし湖畔, きしる暁, くつがえしたり, くるりと, ぐっと推進, けげんな, こぎよせて, こぎ交易, こぎ出す, こぎ回って, こぐとき, こぐもの分業, こぐ苦労, こしらえその, こしらえて, こしらえました, こぞりて, こちらへ, さがしこれ, しずめようと, しずめる黒い, しっかり頼む, すすめて, すすめ敵味方, すてた最初, すて自分, すべらすため, そこに, そこの, その棒, その蘆荻, そろえて, たのみますよ, たのんで, だす相談, ちっとは, つくりあげて, つくりました, つけたの, つけたので, つけるだろうと, つけろ, つと押し出した, つないだところ, つなぎしかも, つなぐ, つなぐ不思議, とめさせしばし, とめる, どうする, どこまで, ながめる, のりだして, はこべ, はこべ島よ, ひいて, ひっぱって, また返し, みたの, めぐつて, めぐる月明, もう少し寄せ, もとの, もと来た, もやうと, やった, やつて, やとい舞妓, やとうて, やとうのに, やり前, やり過ごすの, やるな, やる腕前, やれば, ゆくまま, ゆりだしたので, よせたもの, よせて, わざと揺すつ, グラ, グルリと, トドの, 一つ借り, 一つ借り切っ, 一ぱい買切っ, 一種独特な, 一艘も, 一艘宛賜わっ, 一艘御, 三十石に, 三流し, 上がって, 上った少女, 上れば, 上下させる, 下すの, 下す舟人, 下りた旅人たち, 下りました, 下り西の京, 与えて, 世帯と, 中流に, 主人扱ひする, 乗りまわすの, 乗り入るる場合, 乗り出しましてな, 乗り出すと, 乗り換えて, 乗廻し, 二十艘も, 今日まで, 仕立て五マイル向う, 任せて, 作った, 作りて, 作り蝋燭, 修復する, 修理なさらず, 借りちまったん, 借りちゃった, 借りにも, 借り両国, 借り漕ぎ手, 停むべ, 停めて, 停めますから, 停めろ水死人, 入れようと, 八九間隔て, 具えて, 写生した, 出さざれば, 出させた, 出させて, 出させます, 出さんと, 出したいもの, 出したが, 出したと, 出したり, 出しちゃ, 出してから, 出しましょう, 出します, 出すからと, 出すため, 出すとか, 出すの, 出すまいでは, 出す也, 出す景, 出す間, 出せといふ, 出でず, 出る時, 初の, 刺したの, 前から, 励ますため, 動かそうと, 勘定奉行下の, 勧める者, 北行せし, 十分に, 去って, 去りし時, 取ッ, 取囲んで, 同島の, 向う岸へ, 向け直せ, 呼びますから, 呼び戻そうと, 呼ぶが, 呼んだが, 命ずること, 喚びて, 回し松川, 囲んで, 圧倒すれ, 墨田川に, 奢つて, 奪ふとき, 好かない方, 妨げる事, 守れば, 守護した, 家の, 寄せると, 寄せ候え, 対岸の, 導く, 少し出させました, 少し川, 居廻り, 山へ, 岩に, 岸の, 廻させたが, 廻した, 廻して, 引き上げる, 引き上げると, 引き上げ海岸, 引き出して, 引く, 引っ返して, 引つぱりまはしたり, 引寄せあとは, 引張り上げる時, 引揚げる, 形勝の, 彫って, 待って, 待ついとまもなく, 待つ人々, 待侘びる, 徐行させ, 心配し, 思ふが, 想像し, 意味する, 慎しむ, 戻して, 戻せば, 手に, 打ち出して, 折った, 押しだす前, 押出して, 押除け, 担いで, 招きて, 拾いからく, 拾い江の島方面, 拾って, 持たない七郎丸, 持つ余裕, 持つ身, 指さし, 指さした, 指すもの, 指揮する, 捕えろ, 捨てた時分, 捨てる間際, 探さねば, 探したところ, 探しだしたが, 探しましたが, 接して, 揺すぶった, 搜し出し, 撫でて, 操りました, 操り進めませう, 操るに, 操縱し, 改めるには, 数十間の, 数里の, 早めて, 時々振返り, 曳いたまま, 曳く, 木の葉の, 東南五六里の, 松浦川口に, 柳橋に, 棄つる, 棄てて, 棄て下部, 棹さし江口, 棹しつ, 業と, 橋際に, 止めたと, 止めたの, 止めんと, 気ままに, 求めるつもり, 沈めた事件, 沈めに, 沈め陸, 沖へと, 河に, 沿岸の, 泊めた所, 泛ぶる, 泛べた今川槐庵は, 泛べてから, 流した, 流しながら, 流れの, 浮かべたり, 浮かべる際, 浮べたいくらい, 浮べたもの, 浮べました, 浮べようと, 浮べる時, 浮べ水鳥, 浮べ私, 浮べ花火, 海は, 海岸に, 渡さんと, 渡しながら, 渡す, 湖中に, 湖心へ, 湖面へ, 溯らしむる能, 漂わせて, 漕いだこと, 漕いだ今井橋, 漕いでから, 漕がせ得意, 漕がせ永代橋, 漕ぎあてると, 漕ぎかける勢い, 漕ぎさ, 漕ぎながら, 漕ぎはじめたこと, 漕ぎはじめました, 漕ぎ上がり最後, 漕ぎ出し隅田川, 漕ぎ出すこと, 漕ぎ出すとき, 漕ぎ好き, 漕ぎ戻した, 漕ぎ戻して, 漕ぎ歩行, 漕ぎ近づけて, 漕ぎ返した, 漕ぎ開きて, 漕ぐ, 漕ぐという, 漕ぐにも, 漕ぐよう, 漕ぐ事, 漕ぐ楽し, 漕ぐ様子, 漕ぐ男たち, 漕ぐ男遥, 漕ぐ船頭, 漕ぐ間, 漕ぐ馬, 漕出しまし, 潮なりに, 点検した, 焼いたが, 照し, 燒くべく, 牽いて, 狙って, 率ゐ行く, 現して, 用ひる, 用ゐず, 用意せい, 盗み川口, 盗めと, 直接に, 眞間近くへ, 眺めたり, 眺めながら, 着けたとしても, 着けたの, 着けて, 着けようと, 砂洲から, 磯に, 示して, 移動神座なる, 空けて, 突きかけると, 突き出すので, 立去らぬので, 竜骨の, 絶えず押し流し, 綱で, 繋いだ, 繋がんと, 繋ぎ舞踊台, 繋ぐ江湖, 繋けて, 纜え, 習い海勢, 艀舟に, 艤ひ, 草原へ, 葦間に, 藉り, 蘆荻の, 行つた方が, 行つて快, 行れ, 襲い羽, 覆えして, 覆す, 見いだしつ, 見すえて, 見ずどう, 見たが, 見たり, 見た時, 見つけたの, 見つめた, 見つめる, 見ると, 見受けるの, 見渡しながら, 見迎, 見送った, 見送つて, 見送りましたが, 解いて, 解体し, 認めて, 認めました, 調べられたって, 負いて, 貰つたのは, 買ひ, 貸すよう, 貸せんかと, 賃り, 走らしたり, 走らすと, 走らせる, 走らせる石油, 転ずれば, 載せた二台, 迎ふ, 返さしめん, 返さないわけ, 返して, 返すべく命じた船頭, 追えそう, 追って来た, 追ひ, 送って, 送り出し迎えて, 送り舟, 途中で, 通したるあと, 通す水路, 通りぬけ, 造りしと, 造りながら, 造り海外貿易, 造ると, 造るに, 進めながら, 進めようと, 進め入れ, 遊ばせて, 遠ざけ改めて, 遣りやがて, 遮ぎるものはなからうと託宣, 選んだもの, 鉄橋の, 防ぎつ, 降りた, 降ろし城, 隅田川に, 雇つて此津の, 雇つて潮來へ, 雇ふ, 雇ふて, 離れて, 静かに, 預けられて, 頼まれて, 風上へ, 飛ばして

▼ 舟~ (1173, 16.8%)

57 中に 37 中で 31 中へ 26 ように 24 中の 20 上から, 上に 19 中から 14 上で 11 中には 10 中では, 方へ 8 ような, 底に 7 中は 6 へさき 5 うちへ, かたへに, なかに, なかへ, やうに, 中を, 形を, 舳に, 舳の 4 ことは, まわりに, やうな, 中でも, 小縁, 底へ, 方を, 艫の

3 [18件] うちで, うちに, ことを, そば, ところまで, なかで, なかの, 上, 中での, 中と, 形に, 影が, 方向を, 横腹を, 櫓の, 漕ぎ方, 灯が, 艫に

2 [84件] あとから, お藤, とをら, へに, へりに, まん中に, めぐりに, もやいを, ゆれるにつれて, ようで, 一そうからは, 上にでも, 上には, 上の, 上へ, 上を, 並んで, 中, 中なる, 中口を, 中心を, 代りに, 代金と, 傍に, 傍へ, 内へ, 処まで, 別れんと, 前に, 名で, 周囲は, 客は, 岸に, 左側の, 帆が, 帆の, 帆は, 帆影を, 影を, 所有者に, 掃除を, 支度も, 支度を, 様子を, 横から, 檣が, 櫂でも, 櫓拍子が, 水を, 漕ぎ方くら, 用意が, 用意は, 用意を, 甲板を, 男は, 男女は, 着く所, 窓の, 端に, 綱を, 縁を, 繋いで, 纜を, 者が, 者を, 舳が, 舳へ, 舳を, 舳先で, 船頭が, 船頭であった, 船頭の, 船頭は, 苫を, 蔭に, 行くにつれ, 行くま, 製作に, 身許を, 進むにつれて, 進むの, 進水式は, 針路を, 間を

1 [566件 抜粋] あおりを, あたりに, あとべに, あとを, あの大きな便益, あほり, あまた泛びたるをみて, ある処, いきさつは, いちばんはしへ, いなに, うえに, うえへ, うしろの, うち, うちから, うちにこそ, うちにて, おそいこと, お改, かげで, かげに, かげも, きしめきにも, けしきに, こちらに, ことで, ごと, ごとく浮かびて, さざめき渡る夜, さばき加減を, すきな, すぐ側, すぐ横, すべりゆき, そばに, そば二將爭ひ, そば倒れ, そば劣れる, そば敵の, そば見よ, それと, つくる斜面, つないで, でる家, ところで, ところに, ところへ, ともがらを, ともしは, どこかに, ない湖, なかである, なかでは, なかには, なかを, のこす跡, はそんな, ひとう, ひとつありけり, ひとつを, ひとゆれ, ひろさ, ふな, へようし, へりの, ほうへ, ほかに, ほとりの, まま漕ぎ戻し, めぐりには, やるせなき波, ゆくえを, ゆくては, ゆくはるか, ゆれないよう, ゆれること, ようだ, よる辺, わかき子, アカ汲を, エハガキを, オイル, キールであった, ポツリと, 一せいな, 一そうや, 一つに, 一ツに, 一一に, 一室へ, 一揺りゆらるる, 一方で, 一方に, 一番奥の, 一隅に, 丁度真中の, 上が, 上だった, 上である, 上は, 上や, 下に, 下を, 世帯は, 世話も, 両側に, 両端に, 中か, 中が, 中です, 中な, 中などで, 中ほど, 中ほどに, 中みだらなる, 中も, 中一ぱい, 中央部には, 中心にな, 主に, 乗り捨てられたす, 乗り方, 乗合い, 乗客は, 乗組は, 乗組貝が, 乘手は, 二人の, 二人は, 五六間さきを, 人々の, 人から, 人たちが, 人と, 人は, 人びとも, 人唄を, 人達の, 仕度が, 仕度を, 何所かに, 何者であっ, 便が, 便で, 便を, 便宜による, 假裝を, 側に, 側を, 傍には, 傍木へ, 先の, 先ぶれの, 入つて, 全針路, 内に程を, 出しなに, 出て, 出るのに, 出るまで, 出る明け方, 出入する, 出入りには, 出場に, 出帆は, 出来事で, 出発を, 列が, 列は, 列方形の, 前まで, 前を, 前面を, 動いた拍子, 動いて, 動いてるの, 動かぬ舵, 動きし束の間, 動くを, 動く度, 動作には, 動揺が, 動揺によって, 印象やら, 右から, 名と, 名称である, 向ふ, 周囲に, 周囲を, 周囲船頭の, 呼聲に, 唄または, 囲ほぐし, 図体が, 圖も, 在り処, 地なれ, 型に, 垢取で, 外へ, 多くが, 夜網に, 夜網にか, 大なる, 夫婦が, 夫婦養子が, 奥から, 女は, 如くに, 如く泛, 如し, 如しという, 如し誰れ, 妖歌, 姿である, 姿を, 娘たちを, 子, 子ろ繁み, 存亡計られず, 安全を, 客と, 家へ, 家を, 寄る邊, 対を, 小さかつ, 小さなの, 小べりに, 小べりを, 尾に, 居処わかなく, 屋形の, 島隠れ行く, 巡航, 左右の, 帆に, 帆柱に, 帆檣に, 帆檣の, 席で, 平面図は, 幻影が, 底から, 底なんぞから, 建てし所, 形は, 影すら, 影である, 影と共に, 影の, 影は, 影幽かなる, 役目を, 往く方, 往來すらも, 往来が, 往来さえ, 往来も, 後に, 後先では, 徒然に, 心にも, 必要も, 思あり, 思いを, 思ひして, 息も, 我にも, 持つて, 持主で, 指すところ, 提灯も, 揺れた事, 揺れること, 数は, 数も, 数二千五百艘搭載量二万七千四百石と, 方が, 方に, 方には, 方へは, 方へも, 方向さへ, 方角を, 日よけの, 明治二十年ちょうど, 昔は, 映ったの, 時刻を, 最中である, 月, 月見かな, 有せる, 木葉の, 本国に, 朽ちたまま, 桟橋へ, 棹す, 棹を, 椽へ, 楫を, 榜ぎつつ, 榜ぐとは, 槍術は, 横に, 横れるあり, 横浜に, 横浜を, 横濱を, 機具が, 櫂取る, 櫓拍子は, 櫓音は, 櫓音やら, 欄に, 正座に, 歸る, 残部が, 氣焔には, 水夫で, 沈みし後, 河岸で, 油絵を, 泊りに, 注視の, 注進が, 洪水の, 混雑へ, 渡しと, 渡海も, 漁師同志の, 漁火も, 漂い行くに, 漕ぎいづる, 漕ぎっぷり, 漕げるの, 火, 火に, 火の, 火は, 灯は, 灯や, 燈が, 父夢酔軒勝太郎左衛門小吉の, 父藤原の, 片すみへ, 片帆に, 片隅に, 特色である, 狹き, 生家山岡家よりも, 用意竹槍の, 由来に, 甲板退きぬ, 男が, 男へ, 目馴れし, 着いたの, 着いた所, 着きしはこ, 着くの, 着く前, 着く處, 砕けむとき, 砦を, 磯めぐり, 秀はは, 積荷は, 空荷を, 竜骨の, 競争が, 筆に, 箭よりも, 篝遊覧船の, 紋, 紙上の, 細い竹, 絵を, 絶え間無い, 綱が, 縁組を, 纜に, 置いて, 群が, 群に, 者たちは, 者ちょっと, 者は, 聲が, 股ぐら焦すん, 胴なかへ, 胴の間で, 胴の間に, 胴の間は, 胴中に, 腹に, 臙脂屋が, 舟夫が, 舟着きだった, 舟賃さへも, 航行でも, 舳から, 舳や, 舳先に, 舳先の, 舳先を, 舷を, 船夫という, 船夫の, 船長で, 船頭で, 船頭に, 船頭も, 船首で, 船首には, 船首へ, 艪声と, 艫が, 艫を, 芝居もどり, 苔を, 若い男, 苫, 苫から, 苫なども, 苫に, 苫屋根が, 著いて, 蔭から, 衆, 衆には, 行き方であっ, 行くこと箭, 行く手に, 行けるところ, 行先が, 行先を, 行方を, 衝突は, 表の, 装いに, 詩人を, 詮議に, 話を, 賛に, 赤檣の, 足の, 跡も, 路物思はず, 路男の, 辷り出す途端, 迎えに, 返事を, 迷路の, 迷路を, 途に, 通るなるらむ, 通るにつけ, 通る所, 通る時, 通常の, 速さ, 速力である, 進水式が, 進水式です, 進水式も, 進水式を, 邪魔に, 部屋を, 都合で, 重い小腹, 釣綱が, 鈎棒を, 鉢の, 銀の, 長さ, 門人たる, 閨の, 隅に, 障子に, 障子を, 隻影も, 雄を, 霜, 音が, 音しか, 音楽も, 頬には, 頭の, 頭を, 頼みが, 顛覆を, 餌付けを, 高い帆柱, 魚槽の, 麻炬が, 麻炬の

▼ 舟~ (755, 10.8%)

8 矢の 4 岸を, 木の葉の, 蘆の 3 その夜, どこへ, 一艘も, 岸に, 川の, 水を, 波に, 流れに

2 [40件] じいさまの, すぐに, すぐ楊柳, すつかり出, そうであったろう, そこへ, だんだんと, なかった, ほかには, みつからなかった, もう水際, もう湧金門, ゆく, 一の, 一体な, 元の, 前へ, 危いから, 同時に陸, 容易に, 小さい平底舟, 帆を, 府城の, 急流に, 手ご, 曳舟である, 曳舟には, 横揺れを, 殆ん, 波の, 流れの, 漕いで, 眠りを, 私が, 見る間, 走る, 遡る, 遣るなり, 隠して, 静かに

1 [631件 抜粋] あたりの, あつた, あの快, あやめ踊を以て, ありません, ありませんよ, あるまい, ある大きな, いか, いかに早く, いくつも, いくらも, いけないからと, いたって, いったい何処, いつしか入り江, いつしか遠浅, いつの間にか塔ヶ島, いないの, いま一段の, いま六七人の, いま対岸の, いま川の, いま未申の, うつつに, おかしいぞ, おの, およそ途中, お出し, お秀, かえって来ず, かしこにと, かなり大きい, くれて, こいで, ここで, ここに, このあたり, このまま, この種, この船, さては日頃, しかも同じ, しっかり舫, しばらく大船小船六七艘, すいすいと, すうつと, すぐ側, すぐ着いた, すこし漕い, すでに海, すでに用意, すべてが, すべてわしの, するする滑っ, すー, ずんずんと, ずんずん川, ずんずん流れ, せまい山谷堀, そこに, そこには, そのままグングンと, そのよう, その断崖, その間に, その間も, その首尾, それでもまだ, それに, それを, ただまとも, ただようて, ただ今両国橋, ただ磯づたいに, たちまち岸, たちまち顛覆, たびたびひっくり返り, だっと, だんだんに, だんだん岸, だんだん深く深く, ちっとも進まない, つけられないん, つごうその, とうとう一枚岩, どうするだ, どこかへ, どこから, どこで, どんな風, ないか, ないかと, ないが, なかつたかしら, ながれゆく, なくなって, なし川, なすが, なほ重たく, ならんで, なるべく岸近く, ひりつつ, ひろい水面, ひろびろと, ふたたび千曲, ふらふら揺れた, ほの, ぽんと, またいう, また櫓, また走り, まだ中流, まだ木, まっすぐに, まるで指物細工みたい, まるで風濤, みるみる別院, みるみる漂わされ, むりでしょう, もういなくなっ, もう何, もう岸, もう目, もう舟がかり, もう見る, もう走りよる, もう遠く, もと内地, もはや舳艫, や, やがて両, やがて浅瀬, やがて網舟, やがて金谷, やけて, やっぱり進む, やはり沖, やや向う, ゆくゆく帆, ゆる, ゆれに, ようやく町, ようやく纜, わかさぎ, イガルリといふ, カメロットの, グルグル潮, ゴーバックの, ジリジリと, スーッと, ズンズン駛って, セイゼイ廿人も, ダンスホールが, ヒスパニオーラ号に, ボートを, リメイの, 一つところに, 一と, 一二艘しか, 一夜の, 一心に波, 一段と櫓, 一箇所に, 一行を, 一鳥の, 丁度その, 三四ど, 上から, 上だ, 下流へ, 下関や, 下駄の, 不得手だ, 両崖, 中流に, 中流へ, 中流を, 之を, 二丁艫を, 二三尺も, 二人の, 亡され, 人の, 今丁度, 今三光稲荷の, 今度は, 今日だけよ, 今緑, 他の, 何か, 何だらう, 何な, 何人かが, 何時しか入江, 何者に, 何處へも, 俄然として, 俺が, 停まつた, 僅かに, 僕等の, 入れかわり立ち, 入江の, 全く横ざま, 兩國の, 八幡丸といふ, 八方から, 兵隊を, 再び落着, 出さないの, 出しましたよう, 出ないの, 出ないので, 出ました, 前と, 前後に, 割腹しよう, 力漕し, 動き出して, 南へ, 危うく触れん, 危ふく触れん, 去年利根川で, 右岸の, 同數, 同時に東, 同時に着い, 向うの, 向うへ, 向きを, 向ふ, 和気藹々な囀り, 和蘭から, 唐崎へ, 地平線を, 城を, 堤に, 壮い, 多く網舟と, 夜の, 夢の, 夢中で, 大きなうねり, 大きな橋杭, 大半油を, 大尉萬歳の, 大川を, 大悲閣, 大概右岸の, 大河の, 奇天齋の, 奇天齋一座の, 好いよ, 始めて, 子供たちに, 子供たちの, 安らかに, 客なかりき, 家と, 小さ過ぎた, 小山の, 少し揺れた, 屈托の, 屋台が, 山に, 岸邊に, 峡を, 島を, 崖下の, 崩れ出しました, 巖窟の, 川下の, 川波に, 左右に, 巧みに, 帆の, 帰路に, 幕府の, 平等院上手の, 広い湾, 底から, 底なる, 庵さんが, 庵平太郎の, 弘誓の, 形は, 彼のから, 彼を, 御家来共, 心得顔に, 忙が, 忽ちそこ, 忽ち外海, 思ひがけ, 急流と, 恐かないかね, 恐ろしい毒婦, 恙なく, 悉く水涯, 惰性で, 我熱を, 或ひ, 手を, 手慣れたの, 手拭片手で, 揉みに, 揺めきつつ, 放って, 数えるほどしか, 数寄屋河岸へ, 文字島さし, 斷崖の, 方向を, 既に去り, 早かった, 早くも, 明方にな, 明石の, 昨夜この, 昨夜別々に, 是に, 昼は, 普通の, 暗い, 暗い大川, 暫時く, 木葉の, 本流へ, 本當, 朽ちて, 東の, 東橋わっ, 杳然として, 枯れゆく秋, 桂川に, 桃花村の, 案外動かなかった, 桟橋に, 棹の, 棹を, 極り惡さうにモジモジ, 樹木の, 橈で, 橋の, 橋へ, 次第に岸, 次第次第に, 残らず浪, 段々元箱根, 毎日少し, 比較的岸, 気永に, 気違いの, 水門の, 江口鳥飼などの, 江州に, 河中に, 河岸へ, 油の, 波を, 流し給え, 流れだして, 流れて, 流れるん, 海に, 海の, 消えゆき, 淨二・四一なる, 渚に, 渡合の, 湖面の, 湖面を, 溯行中で, 滑かに, 漂って, 漕げないから, 漕げなかつたと, 漕げませんね, 漸く近づけ, 漸く顏, 潮に, 瀬を, 烈しく搖れ出した, 無事円満に, 無花果の, 父の, 牡蠣船の, 独自の, 玉造村から, 珊瑚海を, 疊に, 発動機ででも, 発動機でも, 白い小さい手, 皆この, 皮袋の, 益々早く, 直ぐその, 直に遊仙ヶ岡, 相変らず, 相繼い, 相變ら, 眞直ぐ, 真青な, 着いてるん, 着けて, 矢よりも, 矢を, 知らぬ間, 知られて, 石山に, 石穴の, 砕けるほどの, 磯い, 磯際を, 神奈川の, 神童の, 秋の, 穩に, 突き沈められ乗員, 突き負かされた, 立ち上がりました, 筏に, 簸で, 絶えず小さな, 繋ぎ捨てられたまま今, 群衆の, 翌日まで, 翠嶂山の, 膝行寄つて和助の, 自ら流れに, 自分の, 自由に, 舟戸水は, 航海が, 舫杙に, 舳を, 艪の, 艫の, 艫音を, 草深いうねり, 荷足舟ぐらいな, 荻と, 萠え, 落葉の, 葦が, 處刑され, 蟻の, 襟に, 西の, 西河岸の, 覆って, 見る見る本流, 見る見る遠ざかって, 角度を, 言ふ, 讃岐国丸亀に, 豊後国佐賀関に, 賊の, 路傍の, 蹌ぼうた, 身を, 転覆した, 軽快な, 輕かる, 轉じ, 近年大した, 追ひ詰められ, 追風を, 逆巻く奔流, 途中で, 進まなかった, 進みつつ, 進んで, 進路を, 遠くその, 遠ざかつた, 遠縁の, 重くって, 釣し, 長い下水, 長い不細工, 間もなくゆらゆらと, 間もなく穏, 間もなく隅田河原, 陸と, 隅田の, 隔たって, 難なく釜無川, 難波, 霞の, 面白いほどやすらかに, 音も, 風流人で, 飛沫の, 食料品を, 養家の, 高く高く登り行けり, 黙然

▼ 舟~ (670, 9.6%)

65 乗って 12 のって 10 乗つて 9 積んで 8 乗った 7 乘り 6 して, 乗せて, 乗りて, 乗ること 5 のせて, 乗る時, 乘じ, 帆を 4 分乗し, 棹さして, 身を, 載せて 3 つないで, 乗ったよう, 乗つた, 乗りました, 乗る, 乘せられ, 乘つた, 乘る, 便乗し

2 [41件] おります, すっかり惚れこんだ, それを, のっけて, のりました, 上りて, 乗じて, 乗せる, 乗ったが, 乗ったと, 乗ってから, 乗て, 乗らなければ, 乗りこんで, 乗りましたか, 乗り江右, 乗り込む, 乗り込んで, 乗ると, 乗るなら宿, 乗る事, 乘つてからも, 乘り込んだ, 充満の, 助けられて, 声を, 居る相棒, 捉まり無事に, 揺られて, 棹し, 残して, 積み込み, 繋留し, 腰を, 菜を, 行き, 行く, 載せられて, 近づくと, 酔って, 魚焼く

1 [390件] あがって, あがると, あげた, ありて, あるだけの, あるを, ある思い, いたるまで, いた三人, いた若者たち, いるの, いるもの, いる兄哥, いる呉, いる悪人, うまく乗れた, およわい, おるかな, お前が, お相手, お通, かかると, かじりついた儘, きた, これ程の, さわると, ざつと五百年の, しても, しのびよる, しようの, すぎず砲弾, すべり込んで, するよう, せしむといふに, たくさんの, たとえて, ちがいない, つかまろうとしても, つむもの, つやの, つんだか, です, とびこみました, とび乗りますと, なぐり上げるという, なぞらえて, なって, なつた, ならんで, のこして, のせ, のせられ川, のせると, のせれば, のせ行きて, のった, のったまま, のった何千人, のった気持, のぼり逍遙漕, のり, のりうつり交代, のりて, のり利根川, のる人, のる前, のれ, のれば, ひるが, ふたりの, ぶっつかって, まぎれなし, みとれたる, ゆられゆられ, よらざるべからず, よりて, よわい人が, ゐて, ドツシリした, モータアも, モーターの, 一ぱい乗る, 一人の, 一人乗せられ, 一個の, 一日中坐っ, 一杯に, 一緒に, 万緑叢中紅一点婀娜な, 上って, 上つた, 上つて島めぐり, 上つて濡羽を, 上らしめたり, 上りぐつたりと夫, 上りしなり, 上りしに, 上りぬ, 上り大海, 上り左, 上り給ふとき, 上る, 上るの, 世話人が, 両手掻きし, 乗せまた, 乗せゆけば, 乗せられて, 乗せられ河口湖底, 乗せられ素早く, 乗ったこと, 乗ったならば, 乗ったの, 乗ったもの, 乗ったろうな, 乗った人, 乗った場合, 乗った彼, 乗った気, 乗った生絹, 乗った立派, 乗った釣人, 乗ってからも, 乗ってさえ, 乗っては, 乗つて往, 乗つて西側, 乗らないで, 乗らなくては, 乗らむとするに, 乗られて, 乗り, 乗りうつる時, 乗りかけて, 乗りこんだ, 乗りたくば, 乗りたり, 乗りたるもの皆顔, 乗りながら, 乗りやがて, 乗り両国橋, 乗り利根川, 乗り合した人々, 乗り合せたが, 乗り合せた学校友達, 乗り合わせながら, 乗り彼自身棹, 乗り換えさせること, 乗り替えて, 乗り流れ, 乗り石川島, 乗り込み, 乗り込むと, 乗り込む人数, 乗り込む前, 乗り込んだ, 乗り込んだの, 乗り込んだ同心羽田庄兵衛, 乗り遅れて, 乗り遅れまいとして, 乗り順風, 乗り鴨居式, 乗るここ, 乗るとき, 乗るの, 乗るべきところ, 乗るまで, 乗るまでに, 乗るもの, 乗るや, 乗る客, 乗る時つて, 乗る段, 乗る親類, 乗る頃, 乗れ, 乗れと, 乗れないの, 乗れば, 乗れるの, 乗ろうと, 乗合たるを, 乗合の, 乗来し, 乗込んで, 乘せ, 乘せある, 乘って, 乘つたように, 乘つた事あら, 乘つてその, 乘つて來た, 乘つて島へ, 乘つて弘く, 乘つて急流を, 乘つて旅を, 乘つて横木のうへに, 乘つて汐見橋の, 乘つて海岸傳ひ, 乘つて行けます, 乘られ, 乘りたる, 乘り移る, 乘り行き, 乘合の, 九人も, 二人さし向, 二人づつ彼等は, 五人宛舟三艘に, 人まつただひとりかな, 伏せられて, 会す, 停りて, 光り漕ぎ寄り, 入つて來, 入れるやいなや, 兩夫人を, 兵を, 凭りか, 凭りかかつて, 到るまで, 去る, 収容する, 取って, 取っては, 取つて, 取りつけられた簡単, 取付かせ, 取巻かれた堤道, 召さずや, 同じよう, 向けて, 向って, 向つて, 向ひ, 君香は, 呼ばれて, 命じて, 在りて, 坐して, 奏でる絃, 姿を, 子供が, 守られたその, 家族の, 寐に, 寐る, 寝て, 小, 就ても, 居こぞる人, 居残り長い, 帆掛け, 帰って, 帰ると, 幕を, 引きあげては, 弱いもの, 打ち乗って, 扶け, 投げ入れ給え, 投り落される, 招がれ日本橋加賀屋にて, 招がれ采女町三笑庵に, 掛かるわけ, 揉まれ大, 搭せられ, 救ひあげた, 新しいお, 日の丸の, 日を, 明かし暮らした, 暈われた, 曳かれて, 曳き寄せぐいと, 月のぼり, 有り, 朝鮮金魚を, 末っ子と, 棹す, 横へて, 残したまま, 残って, 残れるは, 殘り, 殘れる, 母恋ふ, 比して, 気がついたため, 気がついたと, 水が, 汲みあげられる, 決つたやう, 沈たきすて, 泣く夜, 満船蝋燭, 漁夫四人が, 漕ぐ, 漕手四人を, 潜りました, 灯籠を, 無銭で, 片足を, 特徴は, 生命を, 番んで, 登った, 目立つ相違, 相図, 移され舟, 移して, 移った, 移って, 移らしむ, 移りて, 積みかえられまたは, 積み替えられたこと, 積み直すと, 積む, 積むの, 積んでる, 積込まれて, 積込み左手, 積込んで, 立って, 立つて, 立てること, 絹糸で, 縋つて舳, 美しい顔, 腰掛けて, 膝を, 船頭が, 船頭を, 芸者と, 荷物を, 菰を, 蔽尽され, 蝦夷の, 裸の, 見えるじゃ, 見たの, 見立てて, 触れて, 言ひ, 託して, 譬えて, 護られながら, 貴方と, 跳び乗って, 載せそれ, 載せた, 載せた馬, 載せられた兄弟殺し, 近くなる, 近く漕ぎ寄せ, 近づかんと, 返しもやい, 追つけ, 送られて, 逃げこんだブランド, 這い上って, 這い上ると, 運ぶ, 運ぶ火, 運んだ, 過して, 遮られて, 酒を, 酔うかと, 酔うという, 酔うので, 酔ったという, 酔ったの, 酔つたといふ, 酔つたのだ, 酔つたので, 酔つたのは, 酔わされて, 醉はず侍らせ, 銀の, 頸か, 飛びあ, 飛びこんだ時, 飛び下りむちやくちやに, 飛び乗りました, 飽きるの, 驚きてか, 麥稈の, 黄金の

▼ 舟~ (589, 8.4%)

11 ある 7 岸に 5 出て 4 ありますか, おいて, ゆれたもん 3 あって, 岸へ, 川の, 水門へ, 流れて, 漂って, 覆って, 通ると

2 [43件] あった, あったので, あつて, あるぞ, あろう, あんだが, いたので, いるという, かいて, それに, つやつやと, ないばかり, なくなると, のぼり下り, もやって, テイジョ河口の, 一艘ある, 一艘蘆の, 並べても, 伏せて, 傾いて, 出ないの, 去来する, 城を, 小さいので, 少しも, 川下から, 幾艘と, 廻ってばかり, 戻って, 来て, 根戸川へ, 水鳥の, 沈んで, 渦巻の, 渭塘の, 矢の, 繋いで, 見えなくなるまで, 通って, 進んで, 陸へ, 顛覆する

1 [444件] あがるから, あちこちに, あったが, あったの, あったはず, あつた, あとで, あの城あと, ありざ, ありました, ありましたぜ, ありましたでしょう, ありましたので, ありますのね, あり他, あるか, あるがね, あるには, ある勝, あれば, あんまり揺れたらう, いいの, いくつも, いけば, いたか, いなかったかい, えがくみなわ, おそろしい勢い, お客を, かしいで, かしぐですよ, がぶりと, きてるから, きれいに, くだる, くるくる廻り出した, くると, くるりと, ぐっと傾いた, ぐら, ぐらぐらゆれ, こげません, ここに, こぞって猛り起っ, こちらに, こっちへ, こなたの, この廟前, この渡し場, この茄子図, この通り行方, こみ合って, こわれて, こんなに静か, ごぼ, さんざめかし, さ迷う影, しまつて, すきな, すぐ足もと, すすむにつれ, すつと, すでに周囲, する, すれ合った時, ずんずん漕い, そして川, その二頭, その右側, それぞれ四五十人の, それと, たがいに, たくさん出, たくさん出る, ただよい来って, だね, だんだん近, ちっともおりません, ちっとも現われない, ついて, つくられ木蘭舟, つないで, でき上がると, ですね, でますよ, とおって, とだえたの, とにかく漕げる, どういう舟, どこからとも, どんどん流れ, ない, ない人, なくて, なければ, なしあなた, なぞの, のぼり堤, のぼる, ひいきの, ひきが, ひっくり返りでも, ひつくる返つて, ひとりでにここ, ひと所に, ひまな, ぶくぶくやった, ぶち壊れる, ほしいの, ほとんど某, ほんとうの, ぽつぽつ小さく, また, また一間半, まだ池, まわる, まん中ごろに, みえる救い, みんな帰っ, もうくつがえり, もう余程遠く, やって来た, やって来て, やつて, やや岸, やや揺れる, ゆき千鳥, ゆく, ゆるく波足, ゆれて, ゆれても, ゆれるやう, ゐなかつたかい, エンジンを, ギーと, グラツ, グルグルと, 一そうだって, 一つ, 一つ中に, 一つ岸に, 一つ駛って, 一つ駛つて居る, 一ぱい浮ん, 一ゆれ揺れた, 一杯集つてゐた, 一滴の, 一艘, 一艘さ, 一艘向ふ, 一艘岸へ, 一艘引船で, 一艘早瀬の, 一艘波間に, 一艘見える, 一艘辷っ, 一艘錦の, 一隻その, 一隻上げ潮に, 一隻塔の, 三四艘うかん, 三隻水を, 上ったり, 上って, 上ると, 上手に, 上流の, 上流を, 下るの, 下を, 並んで, 中, 中流に, 中流へ, 主たる機会, 久しく使われ, 乗り捨てて, 二三ばい漕ぎ出した, 二人力を, 二艘出, 二艘止まっ, 云いあわしたよう, 今にも顛覆, 今晩に, 今朝の, 何か, 何艘と, 偵察に, 傾く, 入った, 入らなかつた, 其の洗場, 出ない拙者, 出ますと, 出ませんから, 出ようと, 出る, 出るぞう, 出るの, 出帆し, 出張し, 出立の, 列を, 前景を, 動かなかったという, 動かなければ, 動き始めた, 動揺し出しました, 動揺する, 勝った, 北をめぐって, 北岸に, 半分以上ひとりで, 南から, 印刷し, 又こっち, 反対の, 口を, 右へ, 同じ所, 唐崎まで, 善い故, 四五艘浮い, 四艘つない, 圓朝の, 土手に, 地平線の, 堀へ, 墨田堤に, 夕陽に, 多いので, 多く入, 夜眼にも, 夢の, 大きな武士, 大川には, 大川筋, 天から, 嫌なら, 嫌ひなりと, 寄って, 對岸に, 小さいお蔭, 小さいが, 小さい煙筒, 小さくて, 小さ過ぎる, 小半丁程, 小舷, 小蝋燭, 少し中流, 尚も乗りこまん, 居ない, 山の上から, 岸近く流れよった, 島影へ, 川岸に, 左に, 帆掛け, 帰って, 平次と, 幾つか, 幾つも, 幾十艘と, 幾艘も, 引き上げて, 引き寄せて, 引き連, 往来する, 待たせて, 心も, 恋しくなった, 悠々と, 惡い, 或る, 手に, 揺れたら消えは, 揺れて, 揺れては, 揺れるじゃ, 揺れるだらうと, 揺れるだろうと, 揺れるわ, 揺れるん, 操作を, 早いの, 明けて, 暴風を, 暴風雨に, 曲る角, 最初どうして, 最初に, 朝日の, 朝餉の, 来たらどう, 来る, 柳の, 棹の, 横っ, 櫓の, 欄間へ, 止めたの, 殊に多い, 殺されるわけ, 水の, 水へ, 水平線の, 水煙を, 水脈を, 水面に, 氷りつき鴻雁, 江を, 江ノ島へ, 沈みは, 沖の, 沖へ, 沖へは, 河原に, 河流を, 泛び町なら, 波を, 流れの, 流れを, 浮いて, 浮び花火, 海から, 渚に, 渚を, 渦心に, 渭塘を, 港の, 湖の, 湖心に, 湖心へ, 滑つて行つたのだ, 漂いついたので, 漕ぎすすんで, 漕ぎつけて, 漕ぎよせて, 漕ぎ寄せ, 漕ぎ帆, 漕げなかつたの, 漸次沖, 潜りぬけ, 濡れて, 無いと, 無いばかり, 焼けは, 狂せる如く, 独りで, 現われるはず, 発達した, 目的地へ, 直ぐ手前, 眞間の, 眼の, 眼を, 着いた, 着いた時, 着いた筈ぢ, 着いて, 着きましたあがりましょう, 着き私, 着く, 着くだけ, 睨み合つ, 石垣に, 砂の, 碧水を, 私の, 空くだらうどうせ, 竜巻に, 笹の, 綺麗に, 縁日に, 繋がれて, 繋留し, 置きざりに, 群った, 群って, 翔けて, 腹を, 自分の, 舟が, 舟番所の, 航海中七月九日に, 舫って, 艫を, 芋を, 草葉の, 葉や, 著いた, 著いて, 著きました, 行きその, 行って, 西郷南洲の, 要るの, 要用だ, 覆ったという, 覆ったらどう, 覆へりても, 見えた, 見えた提灯, 見えないかしらん, 見えましたはじめて, 見える, 見えると, 見当らぬ, 誤って, 赤道の, 辷って, 迎えに, 近づいたが, 近づくと, 近付こうもの, 通った, 通つてゐた, 通り仲間, 通るの, 進むに従って, 遁込んだ, 遠い街, 遠ざかつたと, 銛を, 錨繩を, 長い綱, 長崎に, 闇に, 附くと, 降りたぞ, 集ると, 難破し, 靄の, 青い樽, 静に, 面白げに, 音も, 頻りにスペイン船, 餌を, 駄目に, 鳴くよう, 黒, 黒い帆

▼ 舟~ (296, 4.2%)

4 渡って 3 出て, 行くと, 運んで

2 [18件] お姉様, とおって, ぶくぶくである, 下って, 値段も, 向う岸へ, 多く貝や, 大川へ, 完全に, 寢る, 川を, 帰って, 往く者, 沖へ, 薩摩境の, 送って, 逃げて, 鱸釣りを

1 [247件] あちらの, あつた, あの通り, いつた汽船, いまさらあと, いらつし, おおぜ, おくって, おくられて, おなじ時刻, お前たちが, お立ちと, お見かけ, お送りいたします, お送り申しましょう, かようん, くだつて酒田に, このあたり, この堀, この娘, この方向, この海, この父, この辺, さきへ, さへも, そこらを, そち達は, ぞくぞくと, たくさん居眠っ, ひき網場, ひとつ出かける, まっすぐに, みすぼらしい道具, むやみと, やって, ゆくの, よいでは, わたって, グルデンフイツシユと, ツンドラの, 一まわりし, 七人の, 三つの, 上りましたが, 下ったこと, 下り大浜, 下り江口, 下る道程, 下れば, 世渡りを, 中町まで, 乗りつけたか, 乗りつけて, 乗り出したあれ, 乗り出す人, 乗り合わせたた異色, 乗出した, 乗合いの, 二三度釣っ, 二三里も, 二人が, 五十里の, 人が, 人気といへる, 人氣といへる, 今さら引っ返す, 会ったこと, 何の, 使ふ, 來る, 催促を, 働く夫, 儲けたらその, 儲けたら其位譯, 元箱根までかへ, 先方から, 児島半島の, 入水したう, 内密で持ちこまれ, 出られるよう, 加部小ツルの, 北郡の, 去んだん, 参詣も, 向うの, 向こうまで, 向ふ, 向島へ, 埋って, 夜もすがら湖, 大坂, 大川を, 大阪へ, 天保山へ, 奇妙な, 女を, 安芸国宮島へ, 宍道湖の, 富士川を, 寝ること, 山陽方面へ, 市川を, 帰ったの, 帰つた方が, 帰つて来る, 帰る御, 帰ろうと, 幾度も, 庭の, 往けば, 往來し, 往来し, 往来する, 徒歩で, 御一緒, 思いきり楽しん, 思い思い追っかけ, 急いだ, 應じ, 押出す, 揚げるの, 揚場まで, 新店渓をわ, 晩飯も, 暗黒の, 月見か, 本所枕橋に, 本船ジェネラルウェルダーの, 本船ジェネラル・ウェルダーの, 朱貴を, 来ました, 来る, 来ると, 来るとき舟, 来る人, 来る敵, 東の, 松島へ, 桑名から, 桑名まで, 横ぎる時の, 歌は, 歌はれ, 河上数マイルの, 河口湖を, 河童に, 泥深い根, 洞庭湖まで, 津へ, 浜へ, 浦づたいにそういう地形を, 海口から, 消えたあの, 淀川を, 渡して, 渡そうと, 渡った, 渡ったと, 渡ったの, 渡ったり, 渡った男, 渡つて川向うの, 渡つて翌朝までに, 渡ると, 渡るという, 渡るには, 渡るの, 渡るよりも, 渡る後生, 渡良瀬川を, 湖上の, 漕いで, 漕ぎ廻って, 漕ぎ渡りイシカリ川, 火を, 灯が, 熊野の, 物を, 用いる垢, 田舎へ, 町まで, 白魚を, 立つつもり, 竜巻村へ, 笑って, 筑後川を, 縦断した, 肥前国島原に, 肥前国温泉嶽の, 脱走しよう, 自分の, 舞い戻って, 船島へ, 花見した, 苫を, 荒い海, 菖蒲ヶ濱へと, 落ちゆく島, 行きさえ, 行くより, 行けば, 行こうでは, 行こうと, 行った, 行ったらよかろ, 行ったり, 行って, 行つ, 西の, 見かけたあの, 見かけた一朝臣, 見て, 見逢, 見逢いを, 記して, 諏訪湖に, 買い求めた魚, 買つて來る, 賊を, 越えようという, 送られて, 逃がして, 逃がそうと, 逃げたから, 逃げたもの, 逃げてから, 逆戻りを, 通った景色, 通って, 通ふ, 通りすぎる人たち, 連れられて, 運ばれて, 遠く九州, 遡っても, 酢が, 金沙灘を, 鍛え上げた三上, 鎮江を, 開いて, 間もなく途方, 陸へ, 難波橋の, 饗応せられた, 高架鉄道の, 高架鐵道の

▼ 舟~ (147, 2.1%)

5 乗った 4 乗って

2 [13件] あがって, とびこんで, とび移って, とび移りそれから, とび移り櫂, 乗せて, 乘りまし, 入った, 帰って, 往って, 眼を, 這いあがって, 飛び乗って

1 [112件] いって, お乗りなされ, かかる気遣い, こしかけて, ころがりこむところ, しがみついて, すぐやって来なかった, ていねいに, とび乗る, とび込んで, とんで, のせて, のび上がって, はいって, ひき込んで, もどって, セメントを, 一将を, 一竿つっぱっ, 七八人の, 下りて, 乗せようと, 乗せられた, 乗せると, 乗せるわずか, 乗っちまっては, 乗ってからに, 乗つたそもそも, 乗つたと, 乗りなさいよ, 乗りましょうえ, 乗りましょうわたし, 乗り急いで, 乗り移ると, 乗り込むまで, 乗るが, 乗るさ, 乗るため, 乗込むこと, 乗込むの件, 乘せ, 乘る, 人混の, 会釈も, 何か, 出るあいだ, 出るに, 収容し, 同乗させ, 向った, 向って, 呼び込み有り合わせ, 大夫が, 寄って, 帰るやいな, 引きあげさうに, 引き上げようと, 引き上げようとして, 快活な, 戻つて, 手渡された, 朝を, 来た, 来たから, 案内した, 残して, 母親と, 漕ぎつけた舟, 火は, 盛り上げては, 移した, 移った, 移って, 積みこむの, 立てかけて, 絡み絡み漕ぎめぐって, 綱を, 舟へ, 荷が, 落すくら, 襲ひ, 護送し, 足が, 跳び移って, 躍り込むや, 身を, 転げこんで, 辷り落ちた, 近づいた異形, 近づきながら, 近付いて, 返って, 追いこまれる, 送って, 逃げて, 這いあがったの, 這い渡って, 連れ出して, 運びおろす, 配下の, 降りて, 雪駄の, 飛びうつる, 飛びこんだ莫蓮女, 飛びのる者, 飛び上って, 飛び乗り, 飛び乘, 飛び帰り後, 飛び移った, 飛乗って, 飛移りました

▼ 舟~ (125, 1.8%)

4 ある, 人も, 筏も 3 ないし 2 あつた, 一つ二つ見えた, 仲良くぴつたりくつついて

1 [104件] あった, あったが, あったし, あらざるべし, あるから, あんな風, いくつか, いっぱいに, いないのに, うごき人影, お仕舞, お小夜, かしぐばかり, きたらずついに, ここへ, これから川, ざんぶり, すべて穏か, そうだ, そのまま突っ放し, どうやらバッテイラ形, どの舟, ないから, ない單調, なかった, なく人, なく陸, なければ, はいったきり, はしごも, ひそまりて, ひっくり返るという, ほんのわずか, まじって, また狂顛, また行く, やがて波間, やつぱりサツパ舟である, やれませぬ, 一またぎ, 一斉に, 一様に, 亦た, 何年振りか, 何彼と便宜, 入らず東西, 全く氣, 出す家, 励まされては, 又それ, 古びたもの, 同じだった, 同じよう, 呆氣に, 和助も, 地平線の, 存在せしなら, 存在せしなるべし, 宇礼と, 小舟もねえ, 屋形舟も, 常の, 廻って, 忍剣も, 思ひ出しただけの, 打ち越えて, 揺ぐ計り, 揺れ頃, 斧で, 旧来の, 早い, 昨夜は, 櫓が, 櫓も, 沈まず怪我, 沖に, 海中に, 無いの, 無し, 猪牙舟も, 直ぐそれ, 相次いで, 突き詰めたやう, 終発なら, 繋がれて, 舷舷相摩すきしみを, 艇庫から, 行くめ, 見あたらなかった, 見あたらなかつた, 見あたらんな, 見えない, 見えわかず, 見渡す限り, 軍に, 載せられるだけ, 遠ざかって, 遽て, 酔うし, 鉤索で, 附近に, 隨ひ, 髫髪児が, 魚と

▼ 舟~ (122, 1.7%)

3 すれちがった, 和助は 2 いうか, いっしょに, なつて, 人とは, 和助の, 舟の

1 [104件] いうので, いえば, いたしましては, いって, いつわって, お六, お小夜, きめ床石, この人, すれすれに, その上, それを, なったの, なり舳, なると, また一群, よぶよう, よろこび女主人, よろこんで, スクーナー船とを, 一しょに, 一緒に, 並んで, 乗組の, 二人で, 二艘の, 云う文字, 云って, 云ふ, 人の, 仕事中の, 來たら, 共に沈もう, 前後し, 卯木は, 号した, 同じ, 同じくまだ絶体絶命, 同じであった, 同じやう, 同様な, 味方に, 呼びたいのでござります, 呼応した, 和助が, 和助と, 和助も, 喜んで, 山岡鐵舟と, 岸とに, 岸との, 平三郎の, 年にも, 引受けたの, 応じて, 思ったが, 思ひ込んだ, 手を, 擦違つて, 支那公ロン・ウウとしての, 昔から, 朝廷がたの, 未知の, 東太を, 杵とを, 柁並びに, 楽隊との, 楽隊とを, 気が, 水とは, 流の, 為る, 知った, 私は, 称する美術船, 称ば, 竝行せし, 筏と, 編集長の, 考えて, 舟が, 舟とが, 舟との, 舟とは, 舟は, 舟を, 船頭とを, 衝突させた, 見えて, 言えば, 言おうか, 言って, 車で, 違うて, 違って, 防波堤と, 陣營あとに, 陣營救ふべく, 陸とに, 雖触るれ, 離れながら, 高橋泥舟この, 魚の, 黒い舟

▼ 舟から~ (109, 1.6%)

5 舟へ 3 上って, 上ると 2 体を, 岸へ, 突落し, 荷物を, 降りて, 陸へ

1 [86件] あが, あがったこと, あがって, あげたとき, あげて, あの枝, おりて, かわしが, ここへ, この海岸, この門, です, どっと嘲笑, ボートが, 一切の, 一発打ち出す, 上がって, 上がらなかった, 上がらぬこと, 上がると, 上つて一同木更津の, 上つて平地の, 上つて行く, 上る, 上る人, 下りてからも, 二町ばかりて, 出た語, 出るとき, 助け出したの, 呼び掛けたので, 呼んだ, 大きな丸太, 孫権が, 完全に, 射たもの, 岩へ, 岸に, 引きおろされた百姓町人, 手が, 揚げて, 本船に, 枝へ, 樽が, 機械で, 水中へ, 水面へ, 河岸へ, 洩れて, 現われた泰軒, 目を, 直ぐに, 直に本所側, 真直に, 税を, 空に, 立てだって, 笑う声, 肉を, 腰越街道の, 舞い上るおびただしい, 舟の, 色々の, 茅場町まで, 荷造場まで, 落ちたと, 落ちて, 見た村, 見ると, 見れば, 起ち上がると, 足を, 跳び出し暑, 跳んで, 近く見, 送って, 這い上がって, 遠からぬ, 釣る時, 降ろして, 陸の, 飛びだして, 飛び上って, 飛び下り旅館, 飛び込んだり, 飛び降りた

▼ 舟~ (71, 1.0%)

5 の人 2 にある, に我月, の作, の客, の少女

1 [56件] から見た, その記事, では, で仙臺樣, で四人, で娘, で新党員, で誰か手, で調理, にあり, に二人, に剣, に取り残された, に在る, に坐し, に坐っ, に期せずし, に横, に殺さる, に現, に生き残っ, に用意, に眠った, に移し, に立ち上がっ, に落つる, に陶詩, のこと, のざま, のもの, の一同, の一行, の人もと, の人数, の人物, の女子, の宋江たち三人, の宴, の小天地, の指, の死骸, の牛, の男, の者, の規約, の視線, の費用, の身辺, の長話, の関羽, の食啖, はどれ, へ這入らない, を紅, 我が臍, 立ち上って

▼ 舟~ (67, 1.0%)

2 に身, の穴, へ横, を上

1 [59件] から取り上げ, から水, から簀巻, から這い出し, がどすんと, がガリガリ, が砂, たたく水音, でペチヤ, で細工, で聞い, に, にあった, にかたまった, になっ, には奇妙, にへばりつく, に乳児, に似た, に坐る, に寝, に横, に横たえ, に横たわり, に沈みい, に病ん, に秘し, に積みならべ, に積み重ね, に縛りつけ, のまえ, のやう, のよう, の台, の板, の様, の音, の魚槽, は仰向い, は暗かっ, は砂, へいう, へぶら下げ, へもんどり, へ俯, へ姿, へ抛りこん, へ真逆様, へ置いた, へ身, をこれ, をちょっと, をのし上げます, をザラザラ, を叩き, を噛まれる, を枕, を見せ, を覗き込む

▼ 舟べり~ (50, 0.7%)

3 へ片 2 でどう, にもたれ, に肱, へさも, や舳先, を打つ

1 [35件] から, からひじ, から出し, から投げ捨てる, から水, から躍っ, から顔, がメリメリ, で兄, で小腰, で沸く, との高声, と舟べり, に, につかまり, に凭, に小, に手, に枕, に立っ, に羽ばたきあがる, に逆立ち, に頬杖, に顔, へしゃがむ, へ出, へ姿, までいっぱい, をゆすりはじめた, を叩い, を押さえ, を洗う, を煙らせた, を踏む, を追い廻す

▼ 舟には~ (46, 0.7%)

1 [46件] いい髢, お米, しめなわが, ちがいない, ほかに, ほんの僅か, ゆるやかすぎた, ペンキが, 一筋ずつの, 乗らないで, 乗らなかった, 乗るな, 二人の, 人満ち, 兎が, 全然塗料, 出立から, 危険であった, 四人の, 大きな捕, 女が, 子供たちの, 富津から, 幔幕が, 心配は, 我々の, 手出しを, 決して弾, 渡舟にしか, 父が, 狸が, 福と, 福ならぬ, 竜骨が, 舵を, 覗眼鏡探り絲八尺それから, 解けたる髪, 赤い風呂敷, 趙雲が, 酒肴が, 鎖を, 非ず, 顔の, 食料の, 魚が, 鮮人の

▼ 舟~ (37, 0.5%)

4 の一人

1 [33件] があわただしい, がいねえ, がドクタア・マレー, が一人, が例, が歌う, が漕い, が見つかった, である, によってノタリノタリ, に向, に指図, に老, のなり, の二人, の便, の手, の耐久力, の輩, はその, はちょい, は夜十時, は容易, は岸, は恐らく, は梅干し, は無言, は竿, は陸路家, は額, をも呼び, 又一帶, 既に來

▼ 舟~ (32, 0.5%)

2 べか舟, 苔取

1 [28件] お袖, ごみ舟など, その他も, で宿屋, わがまろうど, ボートが, 人々を, 人を, 仕事の, 伝馬船が, 兜や, 大きないかだ, 客は, 家植物の, 屋形船が, 幾つかの, 弁当の, 往来の, 文箱を, 日を, 材木の, 栗本鋤雲あたりを, 檣の, 灰色の, 竹棒に, 筏で, 簀で, 荷舟や

▼ 舟宿~ (32, 0.5%)

2 では客, の, の二階, を経営

1 [24件] から出, から出し, がありまし, がある, がペコペコ, であった, である, で落合っ, というてい, といやあ, としては一流, との間, と船頭, のこと, の主人, の二軒, の前, の声, の大きな, の奥, へくる, や釣道具屋, を出かけた, を知っ

▼ 舟~ (31, 0.4%)

2 から櫓, から水, っけだ, と思っ, ものどうせ

1 [21件] から万事, から是非, から池, が, がただ, けれど三人, その舟, ぞ, つたのです, という, といっ, と思った, と言っ, な, のと, ワイあちらの, 人だ, 伜習之進に, 宜しく頼む, 落ちこぼれの, 間違いなく

▼ 舟にて~ (28, 0.4%)

1 [28件] あまた積も, かしこに, すでに姿, フジナまで, 三十里児島を, 上りしが, 上りたる也, 下る如く, 加世田港まで, 噌唹の, 多摩川を, 宮島に, 岸に, 島へ, 廻し候, 早や, 沖を, 流れを, 海に, 渡る, 渡るなり, 熊野川を, 琵琶湖を, 能き, 行くを, 見れば, 通ふ, 遣され候旨

▼ 舟にも~ (28, 0.4%)

2 只一人で

1 [26件] いろ, お嬢様の, かがり火が, その影, ただ一人で, どつた, また極めて, やはり紅堤灯, 一二人宛立つ, 一杯に, 乗りおくれたり, 人が, 似たり, 似て, 強い, 書物にも, 橋場近い, 比すべき空白, 緋の, 舷に, 載せ車, 辰と, 逢って, 遇わざりし, 関所が, 魚は

▼ 舟~ (26, 0.4%)

2 の二階, の家

1 [22件] が, がしゃがみ込ん, が主人, が戸, じゃない, だった, であり下足番, と共にそう, と千吉, と若い, の若い, はあっ, はすぐ, はほっと, はもち, は一, は土間, は多寡, は忌々し, は怪訝, は気がつい, や他

▼ 舟という~ (24, 0.3%)

5 のは 2 ものが, ものは, ような

1 [13件] ものじゃ, ものだ, ものには, ものの, ものを, やや変った, わけです, 体が, 姉の, 意味である, 様子で, 特別の, 舟が

▼ 舟でも~ (22, 0.3%)

2 いいから

1 [20件] あらう舟, い, ないよ, なければ, 上流中流下流皆それぞれ違う, 來さう, 御乗んなさい, 来さうや, 来て, 河岸の, 浮いて, 浮べその, 浮べて, 漕いで, 漕がうといふ, 私たちの, 行かれるの, 襲ッて, 雇って, 駕でも

▼ 舟~ (19, 0.3%)

4 を率 2 を率い

1 [13件] が印度, にとりかこまれ, に乘, に將, に對, の人々, の鬚, は能, めがけて, よりわが, を支那, を見, を迎え

▼ 舟では~ (18, 0.3%)

3 ない 2 ありません, なく

1 [11件] ございますまいか, なく我々の, ならぬ, 今でも, 喧嘩に, 染五郎の, 柳が, 物の, 物静かな, 直ぐ見つけた, 音締の

▼ 舟より~ (18, 0.3%)

1 [18件] し, ずっと南, トロイア軍勢は, 上って, 上つてとある, 上て, 上る囚人, 先き, 品を, 岩岩より, 攘ふ, 敵の, 歸り得べからず, 種々の, 船と, 落ち遂に, 酒を, 響きわたりて

▼ 舟とは~ (17, 0.2%)

2 白波に

1 [15件] こうして義兄義弟, その全, なんだ, まるっきり空中, ようやくいま, 乗って, 云い現, 云わずに, 何を, 十五里も, 少し異, 次第に遠ざかる, 空と, 遠いもの, 限らん

▼ 舟~ (17, 0.2%)

2 も遠し

1 [15件] がいい, が長く, ぞや, であったし, でございますが, にせめて, のあいだ, のしる, は今, は暗く, は東京灣, を右, を慕, を来ました, 侘しき佐渡

▼ 舟さん~ (16, 0.2%)

1 [16件] が口, が寄り所, が私, だけで, との間, に罪, のため, のところ, の人並, の怨, の悲歎, の敵, は人, は大, は昨夜一, 済みませんが

▼ 舟~ (16, 0.2%)

5 たに 4 たを 2 たの 1 たから, たでささえた玉目三郎, たで一人腹, たで船頭, た目がけて

▼ 舟小屋~ (16, 0.2%)

2 をたずねなけれ

1 [14件] が有っ, だって, でなに, と新, なんて云う, にだって一人, には渡し守, に隠れ, の中, の側, の前, へ誰, を思いだしただ, を立ち

▼ 舟~ (16, 0.2%)

2 の上, の霜, も苫 1 から白い, から身, にざら, に危ふく, に掛け, に滴, に置い, に頤, を越え, 低く繋ぎ捨てられ

▼ 舟~ (16, 0.2%)

2 をした

1 [14件] についてかかれ, には犬冢印南, に伴, に尿意, のうち, の下り, の発端, の盛ん, の端緒, の約, の計画, はその, を叙, を実際

▼ 舟まで~ (15, 0.2%)

1 [15件] いったの, うけて, おらと, ご一緒, とどくか, 架けわたされた梯子, 背負って, 花火の, 見えるという, 見送りに, 迎ひ, 返して, 送って, 逃げたお, 駆け著

▼ 舟~ (15, 0.2%)

2 かろきため, を借り

1 [11件] がいくつ, がおそく, というもの, と立ってる, の尾, の軽い, の鈍, も軽い, をえがい, をとどめ, をピタリ

▼ 舟~ (14, 0.2%)

1 [14件] ある由, の人足, の先陣, の兵, の味方, の崩滅, の教練, の用意, の訓練, はなお, へも厳戒, をいたる, を導い, 軽子頭

▼ 舟芸人~ (14, 0.2%)

2 の雨露次

1 [12件] が病人, じゃ, ではおわすまい, で歌曲, といえ, とはいう, にすぎませぬ, の夫婦, の妻, の良人, の芸当, は臭い

▼ 舟~ (13, 0.2%)

2 の家

1 [11件] で娘さん, のお話, の市村羽左衛門邸, の引越し, の彼, の憲兵隊本部, の新協劇団, の方, の裏長屋, の路次, は誠に

▼ 舟~ (12, 0.2%)

1 [12件] がりを, ずは, それは, 何ぞであろう, 夢を, 岸へ, 暇さへ, 水門の, 筏でなく, 簗舟であろう, 陸か, 駕か

▼ 舟がかり~ (11, 0.2%)

4 した 3 をし 1 したモン, した港, して, をする

▼ 舟です~ (11, 0.2%)

31 から, からね, から沈みません, が土手, って, ね, ねボート, 私は

▼ 舟乗り~ (11, 0.2%)

5 となっ 1 だつた, などが特に, になつ, のほう, の唄, はこいつ

▼ 舟~ (11, 0.2%)

1 [11件] でにけり, でむとすれば, とすれ, の旅, の跡, はいさましく, をしました, をし直さなけれ, を予期, を見送っ, を見送る

▼ 舟~ (10, 0.1%)

1 が叫ぶ, くらいのもの, という石炭商, の残酷, はその, はとくに, は殺された, は煩悶, もまったく, を呪い殺した

▼ 舟~ (10, 0.1%)

6 の便 1 と陸路, の利便, の通ずる, 及び教育

▼ 舟~ (10, 0.1%)

1 が遅い, ではなはだ, でサッと, にからむ, の速, はしかも, もぎく, を夜, を寄せ, を流れ

▼ 舟~ (9, 0.1%)

2 の疲れ 1 で加, にのぼった, に費, のあいだ, の夜泊り, の緩慢, をし

▼ 舟~ (9, 0.1%)

4 は浮い 1 がことし, にゆら, の花, は窓, 不謹愼

▼ 舟~ (9, 0.1%)

1 がある, でも相違, で封じ, として水路, と貿易, はいまだに, は一とき, は琵琶湖上, をひきつれ

▼ 舟といふ~ (8, 0.1%)

1 ならん, のが, ものが, ものには, より一つ, 人は, 娘です, 看板娘を

▼ 舟~ (8, 0.1%)

1 でみつ豆, でチョコレートアイスクリームソーダ, との大がかり, のあ, のみつ豆, はいも羊羹製造, も古い, をもし

▼ 舟待ち~ (8, 0.1%)

2 すること 1 するにも, せざる呪術, には街灯, に引きあげた, の前, の群れ

▼ 舟~ (8, 0.1%)

2 の便 1 と不知火, なるを, に接す, をや, を得る, を造る

▼ 舟~ (8, 0.1%)

1 による水陸, の中, の便不便, の及ぶ, を以て突貫, を自由, を買っ, ノ影

▼ 舟~ (7, 0.1%)

2 のだ 1 のであった, のである, のになかなか, んです, んでどうも

▼ 舟~ (7, 0.1%)

1 作り或, 出ス, 掠メテ飛ビ, 有シ, 有ス, 溯江サセテ密カニ拙, 門前に

▼ 舟~ (7, 0.1%)

1 がこう, が秘密, によるの, の言いたて, の話, はすすん, はすでに

▼ 舟着場~ (7, 0.1%)

1 から約, に帰った, に立つ, の端, へ持っ, もなく, を見降ろす

▼ 舟~ (7, 0.1%)

2 の動い, 散るよ 1 がピチャピチャ, の如く, を追って

▼ 舟遊山~ (7, 0.1%)

1 としか見えやしまい, ならば, の旦那衆, の時, をした, をする, をやり

▼ 舟との~ (6, 0.1%)

1 上に, 中間に, 距離が, 速度に, 間に, 間を

▼ 舟とを~ (6, 0.1%)

1 ぐるりと, もう一ぺん, 出で, 守り防ぐため, 纜つた綱が, 除いては

▼ 舟などは~ (6, 0.1%)

2 手の内の 1 あぶないもの, その意味, ないので, 見かけも

▼ 舟にでも~ (6, 0.1%)

1 ぶつかると, 乗つて, 載せさえ, 逢ったよう, 逢つた, 遭遇った

▼ 舟~ (6, 0.1%)

1 お姉様, かきはに, ときはに, 灰色の, 空の, 綱よと

▼ 舟二郎~ (6, 0.1%)

2 か, と称 1 など, などという文字

▼ 舟~ (6, 0.1%)

2 のもの 1 にし, の木器, の花弁, を為した

▼ 舟子ども~ (6, 0.1%)

1 から朝食, がおどり込ん, は之, は腹皷, も陸, 必ず礼拝

▼ 舟岡山~ (6, 0.1%)

1 のすそ, の方, の道, は水, へ引き取っ, をかけおり

▼ 舟~ (6, 0.1%)

1 が躋寿館, それから多紀楽真院門人森養竹, と抽斎, と漁村自己, の主, は

▼ 舟~ (6, 0.1%)

1 はすぐ, はみる, は朧, は見えた, は遠ざかり, をくるんだ

▼ 舟~ (6, 0.1%)

2 の二階 1 という家, の亭主, の夫婦, の猪牙舟

▼ 舟~ (6, 0.1%)

2 に逼 1 から潮水, にたどり着く, に走る, をたたき

▼ 舟うけ~ (5, 0.1%)

21 てこと, て吹き通る, て漕ぐ

▼ 舟からは~ (5, 0.1%)

1 たちまちカギ縄, 一荷の, 上がらなかった, 答えが, 風の

▼ 舟さえ~ (5, 0.1%)

2 あれば 1 今夜は, 動かずいつも, 漕いで

▼ 舟であった~ (5, 0.1%)

1 がもう, が中, ことが, ため矢を, ようであります

▼ 舟である~ (5, 0.1%)

2 にもせよ 1 から八人, が風, ことは

▼ 舟先生~ (5, 0.1%)

4 の詩 1 この温泉気分

▼ 舟出し~ (5, 0.1%)

1 てこ, てしまっ, てイタリア, て海, 難しなど

▼ 舟夫たち~ (5, 0.1%)

1 が何, はその, はどうしても, は一生懸命, は気

▼ 舟夫達~ (5, 0.1%)

1 はもと, は優秀, は十二マイル, は長い, や河

▼ 舟渡し~ (5, 0.1%)

1 があった, で大井川, の場所, を越え, を越し

▼ 舟漕ぎ~ (5, 0.1%)

1 かへる, から帰つて, 出で, 寄せ沖の, 歌などの

▼ 舟着き~ (5, 0.1%)

1 に定, のいい, 場が, 場の, 場を

▼ 舟~ (5, 0.1%)

2 は其蔭 1 なども厖大, に手ぬかり, 誤不

▼ 舟ある~ (4, 0.1%)

2 ひは 1 こそ幸, 運河の

▼ 舟とか~ (4, 0.1%)

1 樹木とか, 比べて, 滴水和尚などといふ, 金とか

▼ 舟として~ (4, 0.1%)

1 それへ, 橋の, 突放しに, 迎へ

▼ 舟とも~ (4, 0.1%)

1 ちがう, なりて, 称った, 見ゆるかな

▼ 舟なく~ (4, 0.1%)

2 ば雪見 1 して, 舟子なき

▼ 舟などが~ (4, 0.1%)

2 横たわって 1 悠々として, 絶えず往き来

▼ 舟などに~ (4, 0.1%)

1 ならった密売女, 乗って, 乘る, 酔ふ

▼ 舟一艘~ (4, 0.1%)

2 つくり上げて 1 さえあれ, 通らない静

▼ 舟住居~ (4, 0.1%)

1 ではたいへん, の夫婦者, の産後, は浮寝

▼ 舟漕ぐ~ (4, 0.1%)

1 うれしさ, ことを, 場所と, 目路にと

▼ 舟番所~ (4, 0.1%)

1 から見張っ, の前, の樣子, を拔

▼ 舟綱橋~ (4, 0.1%)

2 に伴 1 まで国道, まで國道

▼ 舟~ (4, 0.1%)

1 とを餘す, を一銭, を払う, を払わね

▼ 舟釣り~ (4, 0.1%)

1 には初期, の方, の時, を除く

▼ 舟あし~ (3, 0.0%)

1 が重かっ, も遅い, を落す

▼ 舟あり~ (3, 0.0%)

1 て漁父等, 以て, 笠とりに

▼ 舟うた~ (3, 0.0%)

1 がきこえました, をうたい, をうたう

▼ 舟~ (3, 0.0%)

1 小夜お玉の, 曾興が, 食う

▼ 舟こぐ~ (3, 0.0%)

1 ことは, ことも, 眞似

▼ 舟こそ~ (3, 0.0%)

1 来れと, 通え, 音すなれ

▼ 舟じゃ~ (3, 0.0%)

1 あるめえな, どうする, 寒かろ着

▼ 舟その~ (3, 0.0%)

2 爪弾きの 1 水いかに

▼ 舟つき~ (3, 0.0%)

1 の部分, めづらしく懸け, をお

▼ 舟とで~ (3, 0.0%)

1 おのおの口を, 何か, 水の

▼ 舟などの~ (3, 0.0%)

2 上に 1 やうな

▼ 舟にの~ (3, 0.0%)

1 つてゐるれ, つて沖へ, つて眠むたい三味線の

▼ 舟による~ (3, 0.0%)

1 さうである, 交通や, 方が

▼ 舟のり~ (3, 0.0%)

2 をする 1 がその

▼ 舟びと~ (3, 0.0%)

1 が説明, は榜ぎぞ, を呼ん

▼ 舟へは~ (3, 0.0%)

1 その二つ, 一足も, 乗りおくれた訳

▼ 舟よそ~ (3, 0.0%)

21 ひ渡らば

▼ 舟よりは~ (3, 0.0%)

1 ましなり, むしろ文人画中, やや大型

▼ 舟三艘~ (3, 0.0%)

1 に乘つて入江, の画, の頭

▼ 舟世帯~ (3, 0.0%)

1 で夕餉, に移った, は三郷

▼ 舟便~ (3, 0.0%)

1 で海, とされる, に依らなけれ

▼ 舟~ (3, 0.0%)

1 などと云う, に致しましょう, はこんな

▼ 舟型霊代~ (3, 0.0%)

1 には余計, に余計, や大

▼ 舟幽霊~ (3, 0.0%)

1 が出, じゃとか人, に止められた

▼ 舟曳く~ (3, 0.0%)

1 人は, 子らが, 男の

▼ 舟~ (3, 0.0%)

2 の無い小さい 1 という

▼ 舟~ (3, 0.0%)

1 が水, しかへす, をさし

▼ 舟画伯~ (3, 0.0%)

1 きわめてお, に生, の

▼ 舟~ (3, 0.0%)

1 が擦れ合っ, に腰, を辷っ

▼ 舟~ (3, 0.0%)

1 からは猛烈, でこの, を見た

▼ 舟~ (3, 0.0%)

1 があっ, となる, へ上られた

▼ 舟~ (3, 0.0%)

1 との最初, に突進, は覆滅

▼ 舟雙楫~ (3, 0.0%)

1 と云, も阮元, を書い

▼ 舟おも~ (2, 0.0%)

1 ひも乱れん, ひも亂れんか

▼ 舟お針~ (2, 0.0%)

2 の道具

▼ 舟げた~ (2, 0.0%)

1 にもたれ, の角

▼ 舟そのもの~ (2, 0.0%)

1 があまり, を弄ぼう

▼ 舟それ~ (2, 0.0%)

1 をとりまく, を見付け

▼ 舟それら~ (2, 0.0%)

1 が皆, のもの

▼ 舟つく~ (2, 0.0%)

1 や, 出水かな

▼ 舟であり~ (2, 0.0%)

2 なかんずく子供たち

▼ 舟でなく~ (2, 0.0%)

1 お袖, ても沈む

▼ 舟でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば渡れない, ば田

▼ 舟とが~ (2, 0.0%)

1 まともに, 一緒に

▼ 舟とともに~ (2, 0.0%)

1 これに, 散じて

▼ 舟とに~ (2, 0.0%)

1 乗つて, 起った

▼ 舟とめ~ (2, 0.0%)

1 てひそか, て久し

▼ 舟と共に~ (2, 0.0%)

1 溺れる狸, 運動を

▼ 舟なぞは~ (2, 0.0%)

1 なおさら遠慮, なかなかよく

▼ 舟などを~ (2, 0.0%)

1 利用し, 漕いで

▼ 舟なら~ (2, 0.0%)

1 ば, もっと動く

▼ 舟なる~ (2, 0.0%)

1 ことは, 壮佼声を

▼ 舟なんぞ~ (2, 0.0%)

1 借りるもん, 遠くから

▼ 舟にては~ (2, 0.0%)

1 上り申事中, 巨勢が

▼ 舟になんか~ (2, 0.0%)

1 乗せて, 乗りましたら恐う

▼ 舟に関する~ (2, 0.0%)

2 住民たちの

▼ 舟ひとつ~ (2, 0.0%)

1 ありて, つくろわないと

▼ 舟への~ (2, 0.0%)

1 歩み板を, 降り口を

▼ 舟ほど~ (2, 0.0%)

2 哀れに

▼ 舟までの~ (2, 0.0%)

1 お供いたそう, 準備さえ

▼ 舟まんじゅう~ (2, 0.0%)

1 といえ, 蹴ころ

▼ 舟めがけ~ (2, 0.0%)

1 勢ひ猛く, 逃れ來らん同僚を

▼ 舟よりも~ (2, 0.0%)

1 この艤装, 大いなる日除

▼ 舟をも~ (2, 0.0%)

1 やつて, 使い捕手

▼ 舟一杯~ (2, 0.0%)

1 には八石, にひろげ

▼ 舟中僕~ (2, 0.0%)

2 に一語

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 がどう, も亦

▼ 舟二郎君僕~ (2, 0.0%)

2 はもう暫く

▼ 舟八百屋~ (2, 0.0%)

1 をし, をやってた

▼ 舟出した~ (2, 0.0%)

1 ということ, という月の浦

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 はまもなく, は歓呼

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 にぶつかっ, を追い越した

▼ 舟型帽~ (2, 0.0%)

1 が輝, をかぶり

▼ 舟夫四人~ (2, 0.0%)

1 に男の子一人, は力強く

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 にすわっ, の筵

▼ 舟~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 てっ, の腰掛

▼ 舟手の者~ (2, 0.0%)

1 にすぐ, へ質問

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 の便, をうかべ

▼ 舟改め~ (2, 0.0%)

1 はどこ, をされます

▼ 舟数隻~ (2, 0.0%)

1 は後ろ, を粉々

▼ 舟料理~ (2, 0.0%)

1 の小ぎれい, の葭

▼ 舟日覆~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 とその, とにあい

▼ 舟止め~ (2, 0.0%)

1 となり, の水洞

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 の舞妓, を訪ねる

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 に帰りぬ, に打ち明け

▼ 舟漕い~ (2, 0.0%)

2 で行く

▼ 舟火事~ (2, 0.0%)

1 なる自然力, を写した

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 の者共, を置い

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 の尾根, の諸山

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 にかくれる, 打つ音

▼ 舟舞台~ (2, 0.0%)

1 が幕あい, には桜

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 だ, より岩

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 のすみ, の下

▼ 舟買わねえ~ (2, 0.0%)

2

▼ 舟酔ひ~ (2, 0.0%)

1 に似た, をした

▼ 舟頼み~ (2, 0.0%)

1 しかそ, に来る

▼ 舟~ (2, 0.0%)

1 がもう, 近く甲板

▼ 舟龕燈~ (2, 0.0%)

1 をさしつけ, を船頭

▼1* [404件]

さ行きしか, 舟いくさの教練, 舟いずれも仲町, 舟いそぐ見ゆ, 舟いだす酒のみの, 舟いちどきに動きけるかも, 舟いつぱいに, 舟うごかすと見る, 舟うごくこと甚し, 舟おのおのに五十人心一つ, 舟おもしろき勢多川の, 舟およびその舟子, 舟かが岸に, 舟かせぎわたりさすら, 舟かつらに泛, 舟かとも午ちかき, 舟かも沖に, 舟からもいっせいに舟子ども, 舟がとほつた, 舟がもやつて, 舟がもやがれ波に, 舟きしるおと, 舟くぐらせて涼し, 舟くだくる月影, 舟ぐらいな脚の, 舟ふの, 舟こいでどこ, 舟こそは戀しけれ, 舟ことごとく火計に, 舟へ通, 舟さえも見えなくなり男, 舟さす人や, 舟さながら白鴎の, 舟さわぐ浪立つらし, 舟さんだつて同じ, 舟さんぢやない, 舟さ迷惑だろうけれど, 舟しかなくそれ, 舟しかたがない, 舟すでに岸を, 舟すなわちトントチ, 舟すべてが影, 舟そして二日分の, 舟その他すべてが我国, 舟そんなような, 舟こに, 舟だけが浮び流れ, 舟だけでも絶好な, 舟だけは食わなかった, 舟だして向こう, 舟だって同じ事, 舟だの変な, 舟だろうと思います, 舟や女, 舟な手, 舟つき場らしい石垣, 舟であっては客一人, 舟であろうとにらんだれ, 舟できたのよ今日, 舟でございますかははあ, 舟といはずに波, 舟としか居なくて, 舟とてもない, 舟とどめて互いに, 舟とばかり勅命に, 舟ちは, 舟なぞの碇泊する, 舟なぞも金には, 舟など始終のろ, 舟などという大小の, 舟などといふ妖物が, 舟なども画題に, 舟なればこそ貧しく, 舟なんかないと, 舟なんかにのりたがるの, 舟なんぞは流れっぱなし, 舟にかけては素人に, 舟にしか乗ったこと, 舟についていらつし, 舟にとて走りゆきて, 舟になつて沖に, 舟になど酔ふ, 舟にゃ舟夫が, 舟によつて連絡し, 舟によって連絡し, 舟によっては片舷, 舟のかずも見るべく, 舟のね表二階の, 舟のねもごろに, 舟はいずくまで, 舟はぐうと廻った, 舟はしるなり, 舟はたうたう, 舟はね橋の, 舟はもうさつきの, 舟はやも漕がなん, 舟ばかりを欲しがっ, 舟ばなしに夜, 舟ひき下ろし漕ぎいでて, 舟ひとつすゝみゆく, 舟ひとつ牛正面なり朱, 舟びとにその子細をただす, 舟びとの一人はやがて, 舟びとは注意した, 舟びとや押手引手のゆりゆり, 舟びとらはたちまち喜びの声, 舟へなど乗って, 舟へなんてお乗り, 舟へも主人側の, 舟べり越しに覚一, 舟ほどにもひどくない, 舟まがいじゃ, 舟または説経節の, 舟までにして, 舟まんじゅう麦湯売り比丘尼, 舟てえ, 舟みたいなもの, 舟が岩淵, 舟もも千舟, 舟もろとも渦卷, 舟もろともに水底, 舟やり入れて今, 舟あふぎ, 舟ゆゑに浪, 舟よく描いて, 舟よしとさて, 舟よりのトロイア勢の, 舟わきをわが, 舟をかへせ, 舟をだに出さ, 舟をでもこぐよう, 舟をやッちゃあ, 舟を以て渡るも, 舟中へ, 舟流される, 舟アイラーヴィタに乗, 舟ス夫ヨリ日高山に至ル, 舟江戸ヘ, 舟ヒビがらみシカケを失う, 舟かたまりに, 舟一ぱいに撒き散らされ, 舟一切を悉く, 舟一舟になっ, 舟一葉饑えてかつえ, 舟一面に燃え上る, 舟三ぞうも用意, 舟三氏の死, 舟三題ばなしのよう, 舟上流へ駛, 舟上試合シャン・ゼリゼー通りの演芸, 舟下女のお, 舟不器用が生れ性, 舟中同乗の紳士淑女, 舟中吟一首あり, 舟中川雀子川上喚濤の三氏, 舟中浪上一生ノ観, 舟との間, 舟が魚, 舟乗ってしまえ, 舟乗仲間で使われる, 舟二十艘をそろえ, 舟二方に濡れ, 舟二百隻に石材, 舟二艘の写生, 舟二隻に分, 舟今芸苑の河流, 舟仏頂寺丸山の徒, 舟以外の舟, 舟何とかいふ名取りです, 舟便船漁舟等も同様, 舟那西七月夏猶, 舟傾く時海また, 舟入りの掘割, 舟全体が見え, 舟全面に降った, 舟兩島の間, 舟八景巡りもうらやまし, 舟六十をアンカイオス, 舟が舳, 舟其他種々雜多な型, 舟出入りのある, 舟もすれ, 舟十一をユーメーロス, 舟十五六ぱいの外に荷足, 舟にのりこめる, 舟とねまず, 舟呼ばふ声を, 舟和これは今日, 舟唖々等と金杉橋頭, 舟喰虫の駆除, 舟噫又何ぞ奇, 舟四五艘にても積みきれぬ, 舟の町, 舟型光背につつまれた, 舟売女と思われました, 舟夏草落梅集の四卷, 舟づく水, 舟多きから我が, 舟大きな底の, 舟大河の碧, 舟大海を渡り, 舟天草洋といふ詩, 舟夫さんちょいと, 舟夫不平を起し, 舟夫同士に相当, 舟夫舟を蘆荻, 舟夫遙に右方, 舟奇怪な獣, 舟ひ功名, 舟ならば, 舟姐さんであの, 舟のお, 舟子供上りの漁夫, 舟宮女過, 舟宿柳橋兩國の盛り場, 舟寄せて見, 舟や, 舟小牛清光徳若忠政, 舟小舟舊い修繕中, 舟して, 舟岡山雷神の滝, 舟に松, 舟岩内を発し, 舟につけ, 舟岸邊を牽かる, 舟に轉, 舟已に過ぐ万重, 舟帆駄馬の便, 舟師提督閣下アドミラル閣下の名, 舟師率ゐ來, 舟師絵師験者持経者等々の道, 舟師舟辰だった, 舟干すかなた夏潮の, 舟平凡画師も大家, 舟幽霊ウブメの幽霊, 舟幽霊雪女等の怪談, 舟底型だ, 舟底形ノ枕ニ, 舟底板をめくり上げ, 舟底枕がひっくり返っ, 舟を作らせ, 舟庵海保漁村らを此, 舟廻しにした, 舟引地町の紙屋, 舟影絵舟まで花火, 舟待ち小屋がある, 舟待てーッ, 舟から同じ, 舟後光に真似, 舟御用を達します, 舟忘機の楽, 舟恐らくは木の, 舟せくも, 舟手役人の助力, 舟手記による安政二年頃, 舟括らせてこれから, 舟掘り網つくり彫刻, 舟提灯花台箱であるが, 舟揺りて子ら, 舟けて沈みし, 舟支度を士たち, 舟に伴われ, 舟と喧嘩, 舟日除や天蓋, 舟時代の名残り, 舟暈いでもした, 舟曳くならし夜, 舟の嵐, 舟になる, 舟を経吉井川, 舟来風光自与, 舟の間, 舟松町を湊町, 舟に身, 舟棹さし舟狩り集めな, 舟楫往來の減失, 舟楫運輸の便, 舟業者の河岸, 舟榜ぐ三保の崎, 舟に差掛った, 舟櫂舟棹さし舟, 舟を漕げる, 舟櫓韻かすかに今, 舟次第に騰りゆく程, 舟る見ゆ, 舟比丘尼お前の頭, 舟水上におろすべし, 舟水門に入らん, 舟求剣のしたり顔, 舟求劍のし, 舟不維, 舟河原町の親, 舟河口へ下る, 舟てにけり, 舟泊まりとなる, 舟泊りのある, 舟泊り知らずも, 舟流し釣の, 舟浪の上ゆ見ゆ, 舟浮けて, 舟混める見ゆ, 舟にうけ, 舟満ちつづけて, 舟溜りの群れ, 舟滿ちつづけて, 舟漕ぎしことあり, 舟漕グデスワタクシノ命アチラデ助ケテ下サイ, 舟灣内に進ましめ, 舟物売り石垣舟すべてが影, 舟狩り集めなので, 舟ゐるは, 舟用意のできる, 舟田舟にいたる, 舟番場の所, 舟発動汽船ボート櫓で漕ぐ, 舟白帆つらなめ榜ぐなべに味村騷ぎ沖, 舟百余艘弩弓よろい甲石火矢砲帆布糧食などすべて梁庫, 舟歸り, 舟皆損破する故, 舟などと言う, 舟へ押しかけた, 舟着くは同じ, 舟着場二三箇所に寄つて三津, 舟着場所の一つ, 舟知らずいずれの, 舟と財神, 舟祭りに膳所, 舟稼業だの漁師, 舟窪岳と不動堀沢岳, 舟立ちが, 舟竝めて勢, 舟ひかづきせり, 舟を力強い, 舟筏肥料桶の舟, 舟を守る, 舟を開く, 舟綱橋あたりに螢狩り, 舟緒牙船にいたる, 舟縁りを掴ん, 舟繋ぎおわれば, 舟翁槍を取っ, 舟自身にも分らなかった, 舟舞台水にうかび, 舟舞臺には櫻, 舟舟舟だ, 舟航海の事, 舟若し高く岩頭に, 舟菖蒲が浜, 舟著きぬ, 舟著場らしい集落, 舟蓬莱にいざ, 舟という女, 舟行けば雲, 舟覆りあへなく, 舟て見てたそがれぬ, 舟見れど飽かなく, 舟言従海外遊鐙明孤塔遠風圧片帆遒, 舟を残し, 舟料ペンドラムの, 舟貸すか, 舟賃さへもなく, 舟賃二十五錢最も簡易, 舟か, 舟がまるで, 舟路それから一里, 舟路マルモのあかり, 舟路一駆すれば, 舟路半ばに沈みぬ, 舟路密に召し, 舟路迷法洲風颯颯麻峡雨凄凄三舎巷雲宿, 舟車之状至花時都人看者為群, 舟車客館其総べてを包羅, 舟車往来の日, 舟車税付加というよう, 舟辰の口からふと, 舟辰千吉のす, 舟ふ由良, 舟遅しとまつ, 舟遅らせても新来, 舟遇日本井上甫水兄亦自, 舟遊十六日黄昏貴家へ参, 舟遊案内記の一節, 舟遊私の一生, 舟遊而遂不果, 舟運河に入る, 舟珊瑚海南山気象雄, 舟過ぎし椿の, 舟遣らふ子らが, 舟遣れ水夫ども, 舟の門, 舟酔いのみじめさ, 舟鈴鹿山の難路, 舟鉄砲洲石垣の鯊釣, 舟錦帆八島を発し, 舟防ぐべく堅甲の, 舟の目, 舟離れて岸, 舟もなく, 舟のいない, 舟頭さんが私, 舟頼まんものは, 舟香箱菊皿三方などを折ッ, 舟ということ, 舟鳥追猿廻しなど在来