青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「裏口~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

被害~ ~袴 袴~ 袷~ 裁判~ 装~ 装置~ 装飾~ ~裏 裏~
裏口~
~裡 裡~ ~裸 裸~ 裸体~ 製~ 製作~ 製造~ ~裾 裾~

「裏口~」 1482, 16ppm, 7042位

▼ 裏口から~ (569, 38.4%)

41 出て 11 入って 10 はいって 7 外へ 6 入つて, 廻って, 飛び出して 5 這入って 4 ソッと, 帰って 3 そつと, 出た, 出ると, 庭へ, 逃げ出して, 逃出した, 飛び出した

2 [45件] きて, そっと外, そっと引入れた, どこかへ, はいった, まわって, フラリと, 上って, 二階へ, 入った, 入つて來, 入ると, 出たの, 出た姿, 出入りする, 土蔵の, 土藏の, 外の, 孫三郎が, 家の, 家を, 庭に, 徳松どんが, 忍び出, 忍び込んで, 戸外へ, 手代の, 抜け出して, 拔出し, 河原に, 脱兎の, 草履を, 覗いて, 質屋へ, 跣足で, 這入れないもの, 金を, 階段を, 離屋へ, 雪の, 飛び出すと, 飛んで, 飛出して, 飛込んで, 馳け

1 [358件] あが, あがろうと, いきなり植木屋, おさらばを, おそるおそる中, おんつぁんのとこを, お経, お逃げなさい, お這入り, かけ去る, げんげたんぽぽすみれ草, こう声, こそこそと, こちらに, こっそりと, こっそりわたし, こっそり中, こっそり入れ, こっそり出ました, こっそり忍びこむ, こっそり本陣林, こっそり武装, こっそり逃げ出しました, この家, こッそりは, こッそり闇の, すぐ麥畑, ずっと通っ, そっとはいっ, そっとはいる, そっと入っ, そっと出, そっと帰っ, そっと忍び, そっと抜け出し, そっと顔, そとへ, その室, その露地, そわそわ立ち去っ, そッと, たんぽ, ちょっと見かけた, ついと逃げ, で, でご, でしょうが, でて, では, でも, とびこんで, とびだして, どことも, どやどやと, ぬけだすと, ぬけ出そうと, ぬけ出て, のがれた, のぞいて, のぞき込んで, のぼって, はいったかかり, はいった半, はいり臺所, ふたり一緒に, ぶらぶらと, まいりまして, やつて, グルリと, コソコソ出, コッソリ出かけよう, サッと入る, スルリと, ズカズカは, ヌッと, ヌツと, ハタハタと, ハルミの, ヒョイと, ホテルに, 一ツずつ, 一人の, 一列に, 一散に, 一杯ありつきたい, 一歩そとへ, 三つ目の, 三峰に, 上げて, 上つた時僕は, 上り二階, 下ろし自分, 不意に, 不意を, 与五兵衛, 中へ, 主の, 事件が, 二人を, 井戸端を, 人が, 何か, 何の, 僕の, 入ったそう, 入ったに, 入ったらしい, 入った一隊, 入つた, 入らせること, 入りとうとう, 入り保井さん, 入り平次, 入り座敷, 入り手足, 入り込んだ, 入るが, 入るには, 入るよう, 入れて, 入れるだろう, 入ろうと, 八丁堀へ, 其れ, 内玄關, 出して, 出なさい, 出ました, 出られやしません, 出れば, 出入りを, 出入り自由と, 出掛けたの, 前日に, 半身を, 去る, 受け取った書生, 口を, 叫んで, 台所へ, 合力を, 合図を, 呼ぶの, 哀れな, 啓吉を, 四人は, 四疊半に, 土間の, 地獄めぐり, 声かけ, 声を, 売って, 売りに, 夜明けの, 大川へ, 奥さんが, 奥へ, 奥座敷の, 女中部屋へ, 姿を, 娘の, 婆やが, 子分の, 宿の, 密と, 小屋に, 小暗く出, 小母さんの, 小舟に, 少し離れ, 届けて, 山の, 巖を, 川ふちへ, 川添の, 師匠の, 帰った, 帰つて行つたのは, 帰るとき, 帰るはず, 帰る術, 常連らしい, 幸にも, 店は, 座敷へ, 廻った多吉, 廻つた女房の, 廻つて往來まで, 廻つて縁側の, 廻つて貢さんの, 廻つて霎時お, 廻り小使, 彼は, 往来へ, 往来まで, 従業員の, 忍びこまうとして木戸に, 忍び込む, 忍び込むの, 忍び込んだ, 忍んで, 忙しさうに, 怖る, 恐る, 悠々と, 我武者羅に, 戸外に, 戻って, 抜けて, 抜け出しあたふた, 抜け出した, 抜け出しても, 抜け出て, 拔け, 持って, 料理屋の, 早く逃げい, 明りの, 暗くな, 朝月夜に, 来たらしく玄関, 来た加助, 来るん, 架けた刎橋, 柳町の, 案内した, 梅の, 森を, 槍の, 横町へ, 母が, 河原へ, 洋館へ, 洗濯物を, 深い櫟林, 清水屋へ, 火を, 火葬場へ, 灯と, 焼け跡へと, 焼鳥屋の, 煙草を, 物置長屋の, 狭い庭, 生れた家, 畑の, 番頭の, 発して, 眞つ, 真面目くさって, 突然姿, 突然足音, 立って, 立戻, 納屋の, 細い声, 細い聲, 網の, 肩の, 脱けだしました, 自動車の, 自転車を, 芳子が, 若い女, 落葉を, 薄暗い内部, 行って, 表に, 表へ, 表玄関へ, 裸で, 襷を, 西側の, 西城川の, 見張りの, 覗いたり, 覗きこみながら, 覗きに, 覗くと, 訪ねて, 誰か, 誰も, 調子つ, 賄い場へ, 贈って, 赤煉瓦の, 走りこんで, 走り出した, 走り出た, 起した, 足ばやに, 足音を, 路地を, 躍り立って, 辞し去つたの, 逃がしたの, 逃がすつもり, 逃げさったの, 逃げたと, 逃げたという, 逃げたとしても, 逃げた者, 逃げだしたの, 逃げだしました, 逃げて, 逃げやしませんか, 逃げるという, 逃げ出した, 逃げ出したり, 逃げ出そう, 逃げ出そうと, 逃しや, 逃出し, 逃出す, 這いあがって, 這い出て, 這入った, 這入った時, 這入つて, 這入り茶の間, 這入るの, 連れ出し階段, 運び出された, 運んで, 酒の, 酒を, 酔っぱらって, 銀座に, 門内に, 闇の, 隣へ, 隣りの, 露路へ, 露路伝いに, 静かに, 面を, 頭一杯に, 顏を, 顔を, 飛びだすと, 飛び出す蝦蛄, 飛び込み面, 飛ぶやう, 飛出した八五郎, 飛出しました, 飛出すと, 飛鳥の, 首尾よく, 馳出さアネナニ寧児だ, 駆けかえりました, 駆けだしました, 駆けだしましてね, 駆け出す, 駆け込んで, 駈けこんで, 駈けて, 駈け出した限り行方, 駈出して

▼ 裏口~ (288, 19.4%)

43 方へ 18 戸を 17 方から 8 戸が 7 方を 4 雨戸を 3 ほうで, 幕を, 戸に, 戸の, 扉に, 方に, 方へと, 木戸から

2 [16件] あたりへ, そばに, ほうへ, ドアの, 切戸近く, 戸も, 扉が, 扉を, 木戸が, 木戸の, 木戸を, 柿の, 窓へ, 薬局みたいな, 見張りを, 辺で

1 [135件] あたりから, あたりで, あたりに, あたりまで, ある私, ご門, すきから, すぐ側, そとに, その田舎, そばの, たたみの, つまりその, ところで, ところに, ところへ, ところを, ない事, へんから, ほうから, やうな, ような, ように, ゴミ箱に, ゴミ箱の, ドアにも, ドブ板の, ドーアを, ポーチも, 一方を, 不浄門が, 井戸ばた, 井戸端の, 人を, 何時もの, 側に, 側の, 光景は, 写真を, 刑事も, 前へ, 前を, 南京錠を, 受付に, 古井戸, 古戸に, 右土臺下の, 土の, 土臺下へ, 土臺石の, 土間に, 垣根の, 場小梅との, 外から, 外には, 外へ, 外庭の, 外溝の, 小溝, 小玄関, 幕の, 建物の, 引戸を, 御常連, 微暗い, 戸と, 戸は, 戸位は, 戸締りを, 所で, 扉から, 方で, 方でなく, 方の, 方は, 方へも, 方も, 方より, 日あたりへ, 日蔭に, 明りを, 曳戸が, 木戸あり, 木戸からと, 木戸に, 木戸へ, 枝折門の, 柱に, 柿の木に, 格子戸の, 梔子の, 棚の, 横の, 横手の, 正面に, 水溜りへ, 洗濯の, 生垣に, 盥の, 秘密扉の, 空地に, 窓から, 窓を, 竈で, 竹垣から, 納屋の, 締りだけ, 腰障子へ, 腰高障子を, 藪に, 藪の, 裸電燈だ, 見はり, 見はり番, 訪問や, 農家の, 農家より, 辺から, 辺は, 近くまで, 通路も, 道から, 道にも, 針金を, 錠の, 錠前が, 門が, 闇の, 階下を, 階下昔は, 階段に, 階段の, 階段を, 隙間から, 雨戸が

▼ 裏口~ (204, 13.8%)

23 出て 13 廻って 9 まわって 3 出た, 回って, 飛んで

2 [17件] お廻り, そつと, はいって, 伴れ, 入って, 出ました, 出ると, 廻った, 廻ったが, 廻ると, 来て, 案内し, 番頭を, 空財布を, 行つた, 飛び出して, 駈けて

1 [116件] お顏, お顔, しょッぴいて馬の, そして昔, そっと廻っ, つづく狭い, とんで, はいったかと, はいったので, まわして, まわった, まわつた, まわりますと, まわるべきに, まわろうと, やつて, ゆくと, よぼよぼと, 下りて, 下りる階段口, 下駄を, 主人を, 人の, 來て, 入らうと, 入らつしたとき, 入らなかつたの, 入りこんで, 八を, 出たが, 出た平次, 出なければ, 出る, 出るから, 出るの, 出る所, 到着した, 呼んで, 呼出すと, 回ると, 塵芥を, 客の, 寄り沿, 帯ひろ解け, 帶ひろ解け, 廻して, 廻ったとき, 廻った怪しい, 廻つて仰天しました, 廻つて其處へも, 廻りました, 廻りましたが, 廻り中, 廻り平次, 廻ること, 廻れッ, 廻れ一人, 引っ返して, 引返した, 往った, 忍び出た, 忍び寄りました, 忍び込んだり, 忍ぶ風情, 忘れて, 急いだ, 戻って, 承ると, 抜けられる厳重, 抜けられる後方, 抜け通ったこの, 拔け, 挨拶し, 捨てて, 曲ったが, 来た男, 歩きに, 水を, 着けました, 立ち廻ったり, 立って, 置いて, 茂七が, 行かうと, 行きかけたが, 行くと, 行こうと, 行って, 行つて小石で, 財布を, 走った, 赴いた, 蹌踉出した, 近々と聳えた, 逃げ出した, 逃げ出し同時に, 逃げ走り去ったので, 逃げ路, 通ず, 通ずる廊下, 通り抜けて, 通り抜けの, 通り抜けられる, 通り抜けられる土間, 通り抜けられる農家風, 通り抜け体操, 遁げようとしては, 長男の, 顔を, 飛びこんで, 飛びだした, 飛び出した後家, 飛び出そう, 飛出した後家, 首だけ, 駕籠屋が

▼ 裏口~ (127, 8.6%)

4 出て 3 なって, 出た, 立って 2 廻って, 忍んで, 来て, 現れた, 立つて, 身を

1 [102件] あったん, あるその, ある二つ, ある便所, ある物置小屋, いそぎました, いた警官たち, いるおまわりさん, いるの, かけよって, しまり, それぞれ徹夜を, たくさんスリッパが, たどりつくと, ちらりと灯, のっそりと, はいれば, ぼんやり突っ, まはつ, まはる, まわった, まわつて, まわり戸, やって来て, やって来るタヌキ, 二人辻, 人のけ, 人影が, 伝六を, 何か, 兎が, 出たが, 出られた, 向いあいつまり, 向かって, 向き合って, 呼鈴が, 四半刻も, 回って, 在った笊, 在る地下室, 変な, 大声が, 寝巻姿の, 山の, 帰って, 干して, 廻った部下, 廻つて, 引張り出しました, 張り番を, 張り込んで, 当って, 待機し, 忍び寄った, 忍び寄った瞬間, 戻つて, 手配を, 持ち出し塵箱, 接して, 案内を, 気勢が, 洗濯を, 消えて, 眼を, 着いて, 私が, 積んで, 空地が, 立ち聞きし, 立った, 置いたの, 置いて, 美術学校の, 脱ぎ捨てた駒下駄, 自動車が, 至り得物, 落ちて, 血が, 行き人通り, 行ったので, 見た, 見はりばん, 見張つて聲, 訪れたの, 貼った紙, 蹲んで, 迎へ, 近いところ, 近いトタン張り, 近い一隅, 近い塀, 近づいて, 近づきそっと, 近づきますと, 近寄った, 通じる扉, 鉄は, 錠の, 面して, 頑張つて, 馬が

▼ 裏口~ (76, 5.1%)

6 開けて 4 出ると 3 出て, 覗いて 2 あけて, く, コジ開けよう, 廻って, 開いて

1 [50件] あけたり, あけ閉, うかがって, かためるもの, きょろきょろし, ことこと誰か, さした, のぞいて, はいって, はいると, はなれて, まわって, ウロウロキョロキョロ, 先刻から, 入つて, 入らうと, 出た, 出たり, 出ました, 回つて五六間の, 固めた, 変な, 廻ったところ, 振り向いたが, 掃いて, 掠めたと, 探して, 探し夢中, 教ゆる, 暴れまわって, 注意ぶ, 流る, 用心しろ, 監視し, 睨んだ, 突破した, 締めて居り, 見はって, 見はらせること, 見張らせて, 見張りながら, 通って, 通るか, 遅々出, 閉めて, 開けたま, 開けはなちうどん, 開けました, 開け放したま, 離れずに

▼ 裏口~ (46, 3.1%)

1 [46件] あとは, いきなり朋輩, おとなう声, さ兄さん, そこの, たった一杯, どこか, はたと留んで, みて, やって, 三尺の, 下女の, 二人話し, 人の, 何やら物音, 別れた錢形平次, 合圖した, 四半刻も, 幽霊の, 御用聞き, 手を, 本人が, 植木屋の, 權次郎と, 此處も, 殺されたという, 洗濯を, 犬が, 生姜の, 病気と, 石の, 私と, 立ち聴きし, 立ち話を, 立話を, 自分で, 茶店の, 親方, 親方の, 車を, 重吉と, 隙見した, 音が, 頼まれたお金, 頼まれた手紙, 高下駄を

▼ 裏口~ (18, 1.2%)

5 開いて

1 [13件] あつて, あるの, すぐ隣り合わせ, ひらいた, ぼんやり町会, 不安心だ, 其所に, 向って, 明いて, 茶の間が, 開いてるでねえかよ, 開けて, 靜かに

▼ 裏口~ (18, 1.2%)

1 [18件] あけて, あっしが, お高さん, こんな主婦たち, すっかり閉めさせ, もう真っ赤, スミ子に, 今私の, 共通の, 外から, 往来を, 松井以下十五名表口は, 汚なく, 真直街頭に, 紳士の, 裏口は, 開いて, 開けつ放しだ

▼ 裏口より~ (13, 0.9%)

1 [13件] そつと, はらはら松, 一散に, 入り来り大原, 入り見れば, 入る, 出でて, 大きな風呂敷包み, 突然に, 竈屋の, 退場, 雨戸を, 飛で

▼ 裏口営業~ (13, 0.9%)

2 など

1 [11件] がバレたら, というもの, とはどんな, などといふこの, の常連, の料亭, の荒, もある, も知らない, も見た, をバラ

▼ 裏口まで~ (11, 0.7%)

2 迫つた 1 出たの, 印し置きて, 土間が, 行抜けの, 追っかけて, 逃げ出して, 通って, 通り庭が, 連れ出した

▼ 裏口~ (7, 0.5%)

1 いつたゴミゴミ, つづいて, 向い合って, 差向, 思われる辺, 表から, 食堂に

▼ 裏口~ (7, 0.5%)

1 なく二階, 土藏の, 昨日の, 木戸も, 皆んな締つて居りました, 締まつ, 閉めきられて

▼ 裏口には~ (6, 0.4%)

1 出たところ, 明りが, 洗濯盥が, 犬の, 鉄の, 錠を

▼ 裏口からでも~ (5, 0.3%)

1 何処からでも, 戻つて, 立った時, 逃げたらしく家, 逃げられては

▼ 裏口からは~ (5, 0.3%)

2 いつて 1 いるが, いるのに, 藏の

▼ 裏口へと~ (4, 0.3%)

1 いそぎました, 案内した, 走って, 部屋の

▼ 裏口あたり~ (3, 0.2%)

1 がチラリ, にそそがれる, へバア

▼ 裏口からの~ (3, 0.2%)

1 つそり, 出入でも, 唯一の

▼ 裏口からも~ (3, 0.2%)

1 ばたばたと, 捕り方, 階段が

▼ 裏口では~ (3, 0.2%)

1 なく玄関, 何やら打, 頼母と

▼ 裏口とは~ (3, 0.2%)

1 どういうこと, 反対の, 背中合せぢや

▼ 裏口との~ (2, 0.1%)

1 さかいに, 間には

▼ 裏口にも~ (2, 0.1%)

1 固く錠, 声を

▼ 裏口へは~ (2, 0.1%)

2 一番遠く

▼ 裏口らしい~ (2, 0.1%)

1 ところに, 崩れ築

▼ 裏口以外~ (2, 0.1%)

2 にない

▼ 裏口近く~ (2, 0.1%)

2 まで行く

▼1* [38件]

裏口あけて一足, 裏口表口から, 裏口からにしようかと, 裏口じゃありませんか, 裏口ということ, 裏口だけ開けて, 裏口だけで一度も, 裏口だって錠が, 裏口ですよお萩ちやん, 裏口というのは, 裏口とか外から, 裏口とに板戸ある, 裏口などから突っ走らぬよう, 裏口などからもよっぽど離れ, 裏口なんぞから入って, 裏口なんてものア女中の, 裏口にかけて突き抜けて, 裏口にでもひそみまして, 裏口へでもまわって, 裏口へも廻されまいと, 裏口まではほんの二間, 裏口までをぶっこ抜い, 裏口非常梯子の, 裏口とこの, 裏口伝いを濠, 裏口俳諧はからつ, 裏口台所口桟橋の出口, 裏口合せの長屋, 裏口を上げる, 裏口は騙され, 裏口の中, 裏口田原町の交番, 裏口目ざしてつづきました, 裏口等いずれも建方, 裏口繁昌表口よりもワリ, 裏口表口二階とすっかり, 裏口つきぬけて, 裏口飲み屋に目