青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「装飾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~袖 袖~ 被告~ 被害~ ~袴 袴~ 袷~ 裁判~ 装~ 装置~
装飾~
~裏 裏~ 裏口~ ~裡 裡~ ~裸 裸~ 裸体~ 製~ 製作~

「装飾~」 1273, 14ppm, 8082位

▼ 装飾~ (162, 12.7%)

4 ために 2 こと友人との, ためだ, つもりで, ように, 中に, 主題は, 感じは, 目的に, 観念を, 面に

1 [138件] あるの, ある円柱, ある特徴, ある男, ある練鉄, うち壁に, おびただしさ, けだかく単純, ことな, ごときは, ごときもの, しみじみした, ため, ためとも, ための, ため一方, ついた黒塗り, どこにも, ない厳, ない室, ない床の間, ない質素, ない車, ない遠距離用, ない金, ふちを, やうにも, ようである, ような, スッキリした, テープが, モードとしての, 一つかと, 一つに, 一例を以て, 一杯ついた, 一種植民地的な, 一般程度と, 上へ, 下に, 下には, 下絵の, 中で, 中では, 主題として, 主題の, 事を, 交らぬ, 全配合, 具と, 具体的な, 動機を, 単純装飾法の, 原色, 品なども, 壁が, 壮大華麗によって, 多い内陣, 多い彼女, 多い扉, 多い方, 大部分, 好みこれ, 如き物, 如く考える, 如何は, 実際的価値, 室だった, 室で, 少ない方, 幻術者, 店だった, 建物が, 弧と, 役を, 必要なき, 必要且つ, 意味あ, 意味に, 意味も, 意志本能に, 意義を, 感じを, 或る, 手が, 教育とは, 教育地位の, 整ったもの, 新意匠, 暮しだった, 最近傾向が, 本と, 本能との, 材料, 柵を, 様子太刀や, 毛の, 浮彫石膏細工を, 淋しい室, 濫費を, 灯かざりという, 灯を, 為めに, 無い箱, 燦然さは, 発育に, 研究が, 研究には, 立派な, 立派なる, 範囲から, 細節において, 綾模様を, 線の, 美しい二階, 美では, 美は, 美を, 美術ばかりの, 美麗な, 美麗なる, 華美を, 貧弱さよ, 趣味の, 輝くばかり, 過剰という, 過剰とに, 道と, 道を, 道具類とが, 遠慮無力を, 配合が, 金繍等が, 銀製の, 関係が, 非常に, 高雅な, 黒くみがき上げた

▼ 装飾~ (109, 8.6%)

3 なして, もって, 施して 2 あれから, したゆかり, して, 新らし, 施せり, 眺めて, 見廻した, 身に

1 [84件] あしらった夜会服, いつの間にか軽蔑, うしろに, したもの, した娘, した置時計, しない豊か, し尽くして, する, そなえつけられて, つい失念, つくるため, つけた陳列窓, つけて, つける, なしあり, ぶらさげて, ほどこした竹簾, ほどこした銀色, ほどこして, もった背, 不用と, 付けたと, 付けて, 付加する, 作り得る, 全く革新, 兼ねて, 凝し, 凝らした鏡, 凝らし書斎, 剥ぎ取って, 加えその, 加え鼻眼鏡, 去って, 取り去られたのち, 向うへ, 命じた五人, 変えて, 大義とばかり, 奪われてること, 始め用紙から, 導き入れる何, 尽し色彩, 尽せり, 弁えて, 必要と, 所詮これ, 持たない無地, 持ちその, 指図し, 支配し, 改める, 改めるため, 新しくし, 施されて, 施した, 施したの, 施しできるだけ, 施しテーブル, 施す, 施す事, 書きなぐって, 有して, 欠くからには, 欠くも, 此塔に, 残して, 生みその, 用うる, 画家ドトオマに, 目的として, 省かねば, 示して, 職業的背景画家の, 補って, 見せびらかすの, 見ると, 試みること, 話しだした, 過ごしました, 重んずること, 重んずる故, 鮮かな

▼ 装飾~ (88, 6.9%)

3 である 2 に, に対する欲望, の一つ, の美, をもっ, を排し

1 [73件] か武器, があった, がきちんきちんと, が何処, が何時, が周囲, が大好き, が幾個, が当時流行, が病人, だって三, だろうか, だわ, であった, ではない, でもあった, で如何にも, といっ, とし, としての, としての懸け, としての玉, として売れた, として相当, として終るであろう, として飾られ, と考えたら, などが好き, などが目, にで, になどさせ, に仕立てる, に使, に硝子鐘, に象眼, に過ぎぬ, のこてこて, のごとく, のごとく眺めた, のごとく考へ, のほか, のやう, のよう, のよしあし, の取合わせ, の売場, の如く, の実費一軒あたり七十円, の形, の物質的欲望, はフランス, は坊主, は朝鮮, は皆薫, は稲, は花瓶, までも何, も, もそれ, もなけれ, もやはり, も亦, も晩, やポアイエ, や器具, をでも, を一つ一つ, を並べた, を供給, を売っ, を持つ, を着け, を身

▼ 装飾~ (72, 5.7%)

5 して 3 施されて 2 ある, 金で

1 [60件] あり, あり機智, あり膝, あるによって, あるの, くっつけられるよう, ぐっと瀟洒, されて, してあつ, しわたされて, その一つ, ついて, ついてるじゃ, できかかって, できて, ととのったところ, なくして, なされたもの, デカダンスを, ナポレオンの, ヨーロッパ風と, 一つ欲しい, 一ツ一ツに, 一層無言, 何から, 元である, 光って, 入用な, 内地の, 出来て, 勝手に, 即ち美術, 善美を, 多く広くも, 大分変り出した, 大部分引, 失われて, 彼の, 必要である, 支那風な, 施こし, 施されました時, 施され何, 施され異人, 施して, 根元である, 極く, 濃い黒っぽい緑色, 無いの, 無いので, 現れた, 皆光っ, 破れて, 第一, 繊美にも, 複雑に, 貧弱で, 道路に, 門外漢に, 附いて

▼ 装飾~ (71, 5.6%)

4 なって 2 して, なり家, 囲繞せられ, 過ぎない

1 [59件] あったかとさえ, あらゆる善美, あるとも, あるの, した, しても, すぎないこと, すぎないなら, するのに, その筆, ちがいなかった, ついてでも, ついてるの, とりかかって, なったでしょう, なりそう, なりますから, なる, なるもの, ひん曲った車輪, みられた, やや似, よい都合, アトラスが, アメリカ式の, 丁度好い, 仙山を, 使ふ, 使われて, 傾き実用, 凝り出したの, 利用される, 勧善懲悪に関する, 化粧品みたいな, 塗込まれる, 変えた座敷, 好んで, 富んだ生活, 就いて, 帰する, 応用する, 戯れマロニエ, 新機軸, 日本の, 比して, 狆を, 現はれ, 現れて, 現われて, 用いられると, 用いる種々, 盛んに, 眩惑される, 至って, 見惚れながら, 輝いて, 近い, 達したもの, 配置された

▼ 装飾~ (62, 4.9%)

2 だと, なもの, な背景, な要素, な部分

1 [52件] だ, である, で上品, で初期, で愛くるしい美しい, なところ, なモザイック, な一面, な三十一文字, な円形小花園, な外面, な嫌悪, な帽子, な平, な性質, な意義, な感じ, な文字, な末端, な画面, な画風, な細工, な背皮, な自己表現, な花瓶, な表皮, な頭, な頭髪針, にあしらった, にかけてその, にこっ, になつ, にのみ意義, にもなったろう, に並べられた, に並んだ, に使われ, に使用, に図案化, に建物, に手入れ, に扱っ, に据え, に描いた, に現, に組まれ, に織り込ん, に行く, に行列, の屋梁, の形, の絵

▼ 装飾~ (53, 4.2%)

3 一つも 2 何も, 非常に

1 [46件] いうまでも, けばけばしい妙, こうした趣味, しかし全く, してなかつた, すべて広瀬さんの, その配合, ただちに我が, どうだ, どこにも, ない, なるべく綺麗, もつと, カイロ東郊の, 一物も, 何から, 何ものでも, 借り物で, 全く調和統一, 全然つい, 内なる, 前にも, 周囲の, 堂々たる威嚇, 外来の, 多く画を, 多分何, 如何にも当時, 実に奇怪, 平常に, 整った, 日本支那西洋と, 日本装飾としては, 有りふれた現代式, 殆ん, 決して無条件, 由来脚本の, 皆左大将家から, 簡単な, 精密な, 総て中世紀頃の, 美しそう, 美を, 聖書十字架僧冠などの, 道也先生にとって, 青山二郎で

▼ 装飾~ (47, 3.7%)

4 なって 3 して 2 いえば, 考へられて

1 [36件] いうからは, いっては, いっても, し自然, するは, するよう, なり殊に, なる, なると, なるの, エッフェル塔の, 云いこの, 云いなかなか, 云い特色, 云へば, 仕入れの, 何という, 備え付けの, 写実とは, 写実とを, 単純さは, 同時に容れ, 実用との, 対せしめたこと, 形と, 心得る連中, 玩具とを, 称し得るよう, 美術品とが, 色彩を, 薄暗い光線, 言う装飾, 設備が, 調度なんと, 防衛を, 青い空

▼ 装飾~ (44, 3.5%)

4 何も 3 なかった 2 ない僧房, なかつた, 以前と

1 [31件] して, その通り, つかない最も, ない, ないと, ないほんとに, ないガラン, ない十間四面, ない小さい部屋, ない白いだだ, ない鐘五郎, ない非常, なにも, なんにもない, はなやかに, へんに, まず我慢, 亦ある, 什器も, 何にも, 余計な, 優雅な, 入念に, 全部紫色を以て, 六条院の, 庭も, 当時洋風の, 彼女らしい, 無いガラン, 跡は, 過渡時代の

▼ 装飾~ (34, 2.7%)

5 てあった 4 てある, ている

1 [21件] これを, それを, たり各, つつある, て, ていた, ておいた, てた, てゆく, てゐやろ, てゐる, て家具, て御, て所謂宣伝列車, て源氏, て表現, ながらロマンティック, もしそれ, 分際を, 更えよう, 興奮し

▼ 装飾され~ (23, 1.8%)

5 ていた 3 ている

1 [15件] その背景, てあった, てある, てそこ, てその, て一室, まだ七八人, ジョニイ・ウォカアの, スプリングの, 其処にも, 彼の, 従つて他所行きに, 朝廷王府の, 木彫も, 簾を

▼ 装飾として~ (19, 1.5%)

1 [19件] あるいは肩, では, とり入れようと, ほほづき, ガラス鉢の, 並べた時, 付け加えられた, 使われるという, 四頭の, 嵌め込まれたり, 引用を, 或はあや, 最も面白く, 熱心に, 用いられて, 用いられる, 突飛でない, 美人の, 腰間に

▼ 装飾~ (18, 1.4%)

1 [18件] か彼等, があっ, がある, がどうも, が偶然, が燦然, であるが, として決め, として用, となつ, なん, にすぎなかった, に作られた, に過ぎない, の外, ばかり内実, や玩弄物, を取りおろした

▼ 装飾~ (17, 1.3%)

1 [17件] こみ入った木, キイは, 今夜の, 仏具の, 勝手道具などの, 料理にも, 料理の, 楽しみの, 照明器具や, 繊美な, 美化の, 美観は, 衒いでなく全, 補修や, 見物の, 設備やは, 貨幣に

▼ 装飾~ (15, 1.2%)

1 [15件] あつた, その美, ただ寝台, 他は, 効果を, 取り巻かれた中心, 和められ色紙, 外国人専用の, 引立たせ, 忙しいところ, 擬も, 正面の, 歩道をも, 燦燦し, 飾られては

▼ 装飾された~ (14, 1.1%)

1 [14件] 万国旗の, 変てこりん, 大きな浴槽, 大きな紙鳶, 客殿が, 室が, 室の, 山谷の, 拡声機が, 新聞売台, 模様の, 漆黒の, 珈琲店や, 花電燈の

▼ 装飾した~ (13, 1.0%)

1 [13件] その奉迎門, のが, のは, ものが, ものであったろう, ものも, ゴンドラ船が, 上陸姿を, 宝石売り, 室が, 家の, 長い廻廊, 長い白地

▼ 装飾~ (13, 1.0%)

2 のもの

1 [11件] だそう, としての洋画, として植え, のため, のアルバム, のイタリー抒情歌, の寒暖計, の氷柱, の目的, の花氷, は後

▼ 装飾らしい~ (12, 0.9%)

4 ものは, 装飾は 1 ものが, もののまるで, 何物も, 家具の

▼ 装飾する~ (11, 0.9%)

1 [11件] ことは, ことをも, というよう, に過ぎなかった, のに, のみ, 位の, 奇妙な, 所以の, 為の, 用語に

▼ 装飾~ (10, 0.8%)

3 が消える 1 が下っ, が再び, が天井, の下, の灯, の燦光, は依然

▼ 装飾には~ (9, 0.7%)

1 なったが, ドキツイ赤を, ロマネスクの, 一門の, 口を, 奇麗な, 是を, 金を, 随分仏書漢籍

▼ 装飾~ (9, 0.7%)

1 すなわち屋内, とは趣, と云, と異なっ, のしばしば, の他, は現今西洋, は西洋, を知っ

▼ 装飾~ (7, 0.5%)

1 から手, がそれ, と思い, と推定, と自惚れてる, なとこう, のが

▼ 装飾~ (7, 0.5%)

1 されさえ, された菜園, したいつも, した事, である, の動機, を嫌つて写実的手段

▼ 装飾でも~ (6, 0.5%)

1 あった, ありましたが, あり慰め, ちょっと知り得る, ない, ないの

▼ 装飾にも~ (6, 0.5%)

2 何にも 1 なる, 優るの, 優る幽玄味, 費用は

▼ 装飾~ (6, 0.5%)

1 が蟻, で一人, の一人, の仕事行進曲, の墜死, の惨死

▼ 装飾~ (6, 0.5%)

1 にすべて此, のため, の万般, の日常芸術, の材料, より囃

▼ 装飾美術~ (6, 0.5%)

1 である, であろう, になる, にもまた, の手工, の改革者ウィリアム

▼ 装飾では~ (5, 0.4%)

1 ありません, あるが, あるまいか, ないと, なくて

▼ 装飾としては~ (5, 0.4%)

1 もうない, ユシュルー上さんに, 幾つかの, 枠に, 殆ど異様

▼ 装飾なども~ (5, 0.4%)

1 きわめて精巧, すこぶる質素, ととのって, 簡古で, 簡素に

▼ 装飾~ (5, 0.4%)

1 が今, として興味, に至る, を見た, を頼まれ

▼ 装飾電燈~ (5, 0.4%)

2 がさがっ 1 が客席, が舞台, をつけた

▼ 装飾~ (5, 0.4%)

1 なるよりはど, な馬鹿馬鹿しい大き, のやり方, の尾鰭, を後

▼ 装飾~ (4, 0.3%)

1 その室, 室が, 真っ黒に, 鈍い壁

▼ 装飾なき~ (4, 0.3%)

2 美を 1 ものを, 処には

▼ 装飾などを~ (4, 0.3%)

1 させて, した, 必要と, 直させること

▼ 装飾芸術~ (4, 0.3%)

1 に夢中, に於, はいう, は決して

▼ 装飾ある~ (3, 0.2%)

1 はただ目, 外囲の, 頭巾を

▼ 装飾から~ (3, 0.2%)

1 ポスター新薬の, 小屋の, 故ら

▼ 装飾がかり~ (3, 0.2%)

3 の人たち

▼ 装飾であり~ (3, 0.2%)

1 人に, 娯楽であり, 潤色であろう

▼ 装飾としての~ (3, 0.2%)

1 役目に, 意味が, 目的を

▼ 装飾としても~ (3, 0.2%)

1 是非必要なさうだ, 用いられるよう, 野蛮時代の

▼ 装飾とに~ (3, 0.2%)

3 興味を

▼ 装飾などは~ (3, 0.2%)

1 何と, 迚も, 院御

▼ 装飾まで~ (3, 0.2%)

1 このカフェー, 御自身, 終わったころ

▼ 装飾~ (3, 0.2%)

1 としての玉, としての鉱石, は素っ気

▼ 装飾画家~ (3, 0.2%)

2 に多大 1 のこと御存じ

▼ 装飾~ (3, 0.2%)

1 にかかっ, の中, の品品

▼ 装飾障子~ (3, 0.2%)

1 に改装, は要らなかつた, を持つ

▼ 装飾その他~ (2, 0.2%)

1 のこと, の大

▼ 装飾である~ (2, 0.2%)

1 のか, 牡丹は

▼ 装飾でなけれ~ (2, 0.2%)

2 ばならぬ

▼ 装飾という~ (2, 0.2%)

1 ものも, 儚ない

▼ 装飾といふ~ (2, 0.2%)

1 ことに, 考へも

▼ 装飾との~ (2, 0.2%)

1 矛盾という, 見本の

▼ 装飾とは~ (2, 0.2%)

1 燦然と, 考へて

▼ 装飾とを~ (2, 0.2%)

1 完成し, 心ゆくばかり

▼ 装飾なく~ (2, 0.2%)

1 羽を, 自然に

▼ 装飾など~ (2, 0.2%)

1 ある場合, 総て一切取り去られ

▼ 装飾にまで~ (2, 0.2%)

1 拡がつて, 東洋趣味が

▼ 装飾によって~ (2, 0.2%)

1 瞞着さるべきでない, 足して

▼ 装飾または~ (2, 0.2%)

1 小児の, 想像の

▼ 装飾われ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ 装飾をも~ (2, 0.2%)

1 悉皆三年, 施さぬ結果

▼ 装飾其他~ (2, 0.2%)

1 の大, を観

▼ 装飾~ (2, 0.2%)

1 だ, の製作

▼ 装飾~ (2, 0.2%)

1 があるだろう, である

▼ 装飾彫刻~ (2, 0.2%)

1 が盛ん, の如き

▼ 装飾才能~ (2, 0.2%)

1 の分子, を大

▼ 装飾文字~ (2, 0.2%)

1 が太く, のよう

▼ 装飾様式~ (2, 0.2%)

1 が種々, と定義

▼ 装飾~ (2, 0.2%)

1 が無く, が赤く

▼ 装飾~ (2, 0.2%)

1 に異常, の非常

▼ 装飾~ (2, 0.2%)

1 が壮観嗜み, が現われ

▼ 装飾的効果~ (2, 0.2%)

1 に多少, を見せ

▼ 装飾的意匠~ (2, 0.2%)

1 があった, がすこし

▼ 装飾美等~ (2, 0.2%)

1 に充分, に十分

▼ 装飾美術展覧会~ (2, 0.2%)

1 へ来, を訪うた

▼ 装飾~ (2, 0.2%)

1 はおおよそ, を含む

▼ 装飾部主任~ (2, 0.2%)

1 が外部, とその

▼1* [157件]

装飾いたしますが, 装飾おそれ多くも, 装飾赤新聞の, 装飾かも知れない, 装飾させ月に, 装飾されべきはずの, 装飾したるこの地, 装飾しどったんばった, 装飾すこぶる新奇なり, 装飾するならばそこら, 装飾せしが天正兵火, 装飾せずにはおれぬ, 装飾せられざらん, 装飾せられた工房まで, 装飾そのような, 装飾それから設備又, 装飾だけを特にご, 装飾っていたでご, 装飾つきの欄干, 装飾であったのと, 装飾であればある, 装飾でない実用の, 装飾でなく或いは山, 装飾とが好意ある, 装飾としか思はなかつた, 装飾とては一つも, 装飾とで光り輝いて, 装飾とによってLIDOの, 装飾なぞを叔父, 装飾などとは調和の, 装飾などについていろいろ指図, 装飾などの試みられて, 装飾ならば恋, 装飾なりまた燕尾服, 装飾なんぞもそう見すぼらしくなく, 装飾における細部への, 装飾にすら僕は, 装飾についてその音楽, 装飾についても鬼を, 装飾になつてゐた, 装飾によつて瞞着さるべきでない, 装飾にわ表されて, 装飾に関するすべての, 装飾ぶり一種の絵画的効果, 装飾まことに善美を, 装飾まばらに, 装飾まるで爼の, 装飾めいた陳述を, 装飾もさ程目立っ, 装飾より茶器の, 装飾らしきものなく, 装飾れる様は, 装飾ニモ最モ入念ニシテ, 装飾ペーパー郵便切手の図案, 装飾ランプがつられ, 装飾一つでもどっしり, 装飾一流料理人を雇った, 装飾一遍となつたの, 装飾上調和を破る, 装飾不可解に垂れ下った, 装飾主人の風体, 装飾乃至繊弱な, 装飾入が, 装飾以上なん, 装飾以外のある, 装飾写真の入っ, 装飾列車によってなされる, 装飾単化された作風, 装飾及工芸美術の堕落, 装飾品たるとを問わず, 装飾品並に風習慣例, 装飾品家の中, 装飾品微細な戦争模様, 装飾品手道具がそろえられ, 装飾品数十種いずれも眩き, 装飾品等である, 装飾品等三千点を千数百年後, 装飾品美術品の最, 装飾器物の配列, 装飾図面の固定化, 装飾の大小, 装飾家今日までの音楽家, 装飾専門である, 装飾少なく足強く, 装飾工事の中心, 装飾布リボンそれらをすべて彼, 装飾床敷物にいたる, 装飾に過ぎ, 装飾建築には一々, 装飾恋愛の享楽性, 装飾想像の内容, 装飾意図のため, 装飾意義に画因, 装飾文様はこれ, 装飾料理があっ, 装飾明るい電灯, 装飾の衣裳, 装飾は本, 装飾材料の二本杉丸太, 装飾植物として植ゑてもゐます, 装飾業者に請負わせ, 装飾模様に瞠目, 装飾なきこの, 装飾沢山な衣服, 装飾流行の俗唄, 装飾浮彫の紅葉見物, 装飾煮物の加減, 装飾物金銭などを少し, 装飾用その他無限に需要, 装飾用材は自然的, 装飾用栽培草木羽状深裂, 装飾申して見ましたい, 装飾画化して, 装飾画的配合は今日, 装飾的リリシズムを更に, 装飾的単純化を支持, 装飾的奢侈品はその, 装飾的意義が存在, 装飾的画は大変, 装飾的画題としての自然, 装飾的絵画的効果同じく永い, 装飾的色彩華麗さをその, 装飾的芸術に於, 装飾的表現に於, 装飾的要素がある, 装飾的象徴はここ, 装飾的象徴的効果にのびる, 装飾的部分で画家, 装飾目的のい, 装飾四真理研究第, 装飾等卑俗なくらいに, 装飾等贅を尽した, 装飾を剥がした, 装飾精神の変化, 装飾絵画のよう, 装飾網埃及柱を象どった, 装飾美術家の方, 装飾舞台的設備は演劇, 装飾として仏前, 装飾花机の被い, 装飾の動機, 装飾衝動は止る, 装飾襖障子の具合, 装飾要素になっ, 装飾見物席の設備, 装飾して, 装飾に重き, 装飾読経礼拝僧の生活等, 装飾調度を見る, 装飾費用が二三百円, 装飾部分を剥, 装飾部員が仕事, 装飾電燈電話料従業員の食費給料, 装飾電球の支柱, 装飾面貌に革命, 装飾という扮装, 装飾をつけた