青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「装~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~袋 袋~ ~袖 袖~ 被告~ 被害~ ~袴 袴~ 袷~ 裁判~
装~
装置~ 装飾~ ~裏 裏~ 裏口~ ~裡 裡~ ~裸 裸~ 裸体~

「装~」 1004, 11ppm, 9967位

▼ 装~ (215, 21.4%)

86 して 5 させて, 変えて 3 凝らして 2 したの, した男, 見て, 見れば

1 [108件] あらためて出直せ, いたしおりましたゆえ, いとおうとも, こらした美女佳妓, させては, しかも他人, した, したと, したもの, した二十歳, した人, した侍, した内儀さん, した労働者風, した十八九, した吃の, した女, した娘, した寂しい, した朝鮮人, した村, した柳, した洗晒し, した淑女, した百姓, した百姓爺, した若い, した蒙古人, してるところ, しなければ, し前髪姿, し眠, し金, し食べ歩いて, すかさぬ年増たち, すっかり拵え, するため, すると, するよ, する人, つくつて, つまびらかに, ととのえて, ととのえやっと, ととのえると, とり降して, なし手風琴, なし食時扇風, なす, ぬぎすてて, ほどこして, もって, やむなくし, 一層引立てた, 上から, 今日と, 作って, 写さずして, 凝したる十七八, 凝した貴, 凝って, 凝らした, 凝らしたので, 凝らした星, 凝らした貴婦人令嬢, 凝らし髯, 前へ, 去りて, 取り乱したまま土盛り, 変えたくらい, 変ずべし, 崩さないいなせ, 工風する, 平常の, 必要と, 恥じるよう, 拵えたの, 指差した, 改めざるを, 改めた上, 改めて来, 更え, 構えて, 現じ, 男に, 眺めながら, 競い列, 競い笑声, 競争する, 繕ったろう清い, 致しまするの, 著けたり, 褒められたとて, 見たら羨し, 見ても, 見やりながら, 見るなり, 見上げ見下して, 見廻して, 見直した, 解きつ, 誇つて, 誇り顔に, 誇るかに, 軽蔑ん, 遠くから, 飾って, 飾らなかった

▼ 装~ (95, 9.5%)

1 [95件] あまりに見苦しき, いい男, うちにも, お蝶, げん月の, こざっぱりした, ことも, ことを, そよぎと, それが, ぞろりとした, できたお, なかには, ほども, まま, ままで, まま自分の, まま血なまぐさい, みすぼらしいこと, みすぼらしいの, もあり, やつやつしきには, よい中年過ぎ, よい齢, りうと, ウズベーク人が, テレ臭, ブレザァコオトに, 一卒たり, 一漢子に, 一貴婦人に, 一隊は, 上に, 二十三四の, 人々が, 人かは, 人とは, 人物, 人物が, 仏家式で, 六連発であります, 出来る女, 列は, 厭う景色, 友だちや, 史書へ, 名が, 名篇を, 喝采を, 地味な, 女に, 奴が, 婦人が, 子供何百人, 小函, 工合お, 年老いた人, 彼ばかり, 手当も, 手沢本に, 折に, 拳銃弾丸も, 拵えが, 拵は, 持ち主である, 挙国一致とが, 曲者が, 書, 書画帖で, 本場らしい, 来訪者は, 機関銃の, 正しい若者, 武士の, 淑女は, 男が, 男の, 男達が, 目を, 相手を, 硝子を, 端麗な, 綴じ方において, 脇差は, 艶や, 若い女, 著書を, 藤つつじあやめと, 見も, 貴婦人な, 赤飯を, 軍装の, 連発砲さえ, 限りを, 青年が

▼ 装~ (72, 7.2%)

4 を凝し 3 をした 2 ながらぢ, をし, を凝した, を凝らし, を凝らした

1 [55件] かくてか, がちに, が大変, たまたま君子, て, て登場, て素知らぬ, て諸国, ながらお前, ながらじつは, ながら例, ながら偸, ながら意識, ながら或, ながら旅人, ながら次, ながら深い, ながら腹の中, ながら訊いた, にすぎぬ, にて久々, にひとしい, に余念, に変つて, に於い, はいぢ, はバクロ内藤, は去年, は地味づくり, をこらし, をしなけれ, をついだ, をなし, をもつ, を改めて, を整, を終, タキノは, バルコニイの, 乍ら尋ねた, 他界の, 反対者の, 娘さんの, 幼稚な, 当時の, 日射しの, 時流の, 此の, 無関心, 直呻き, 結構を, 緑金の, 胸を, 自分に, 見物人が

▼ 装~ (64, 6.4%)

2 立って

1 [62件] あつた, いなければ, お出かけに, お客の, この部屋, これから俺, ずっと這入っ, ぜひ僕, ちょんびり人体力学の, は有りません, まだ何処, よぎったが, 一人は, 一年の, 一歩総門を, 万事すませよう, 何処へ, 倒れた時, 入木亭, 入棺した, 出かけた, 分らあ, 別人の, 国家の, 外へなんか, 大きなドタ靴, 天野源右衛門どのただ, 少しは, 居りますから, 居るの, 履音軽く, 川へ, 市内見物に, 布は, 帰って, 手や, 来た, 来られちや, 横行しつづけ, 母が, 毎日夕暮と, 江戸の, 玄関へ, 病院へ, 短く刈込んだ, 神酒の, 私などの, 紙風船を, 細いステッキ, 紺絣の, 自動車を, 蝋の, 裾を, 親しくし, 近所の, 重役に, 金盥に, 銃なぞを, 雲に, 青磁色の, 飾りけの, 馬に

▼ 装~ (49, 4.9%)

3 うと

1 [46件] お粗末鞍も, これ大, したが, したくないと, すっかり変え, せた恋人, その頃, だんだん大きく, ちょうど英国, ともかくも, どうやら飾っ, なければ, ねば, まず本, また立, わるくない, 云わずと, 何事だ, 余りぢ, 全く田舎, 再びぞんざい, 南部の, 四辺を, 地味世帯や, 小さいし, 幾星霜もの, 弁慶よりも, 思いの外リュウとして, 悪いが, 悪かった, 悪くありません, 旅姿の, 杉の, 構わず絞の, 決してかつて夜逃, 穢くありました, 簡素な, 結構で, 纔に, 至って粗末, 落付い, 行人の, 違ったが, 違つたが, 随分かわりました, 随分見

▼ 装つて~ (32, 3.2%)

2 ゐたの, ゐるが, ゐること, ゐるの, ゐるもの, ゐるん

1 [20件] この気, しかし気, ではある, はゐる, は見せました, ぶらりと休茶屋, みたくなつ, ゐたか, ゐたが, ゐた青木さん, ゐました, ゐるだけ, ゐるならその, ゐる気色, ゐる表情, 呉れて, 呉れと, 好加減, 流れ出る会衆, 訊いた

▼ 装~ (32, 3.2%)

2 して

1 [30件] いいし, かまはずに, きちんとし, きれいに, させられないので, させ芸事, じみだしちっとも, それに, それらしくし, できません, ない生地, 余り好く, 作って, 光って, 出来ると, 堅気の, 学校の, 宜し金側, 尋常で, 平気だ, 態度も, 拵えたり, 拵えて, 振りも, 立派に, 至って質素, 衣裳の, 見すぼらしかった, 軽装だ, 長い旅

▼ 装~ (21, 2.1%)

2 悪いと

1 [19件] あの通り, あるの, あんまりだ, いつのまにか小袖, いやに, さりとてどこ, まるで変っ, よごれて, 変わってる, 好って, 少し見すぼらしい, 恭に, 派手過ぎた, 立派で, 見すぼらしいので, 見すぼらしかつ, 資本だ, 身に, 顧みられ美しい

▼ 装~ (21, 2.1%)

3 叶うた家作り 2 なると, 思ひを

1 [14件] あらわした二十二, 光った, 変えたの, 思いを, 拵え旧, 注意し, 無頓着な, 目を, 看惚れたもん, 膝掛なんと, 見たところ, 見入つてゐた, 趣向を, 違いない

▼ 装~ (19, 1.9%)

3 のが

1 [16件] あらゆる何気ない, ことを, に到る, に拘らず, に足る, のであつ, のである, の偽善家, ほどぎごち, よりも恥, 様に, 為か, 童子像, 笑ひ, 表情で, 話振りと

▼ 装~ (18, 1.8%)

3 をした 2 で雇われ, 方柄の, 石を 1 がし, たり, にしろ, の多人数, をお, をし, 早や, 裏へ, 裳を

▼ 装~ (16, 1.6%)

1 [16件] て, ている, てどこ, てました, て一番真中, て二人, て何, て敵地, て煖炉, て真先, て続続, て聖堂, て踊る, て近郷, て針医, 他の

▼ 装した~ (12, 1.2%)

2 白丁の 1 かと問う, 人じゃ, 女の, 娘である, 日本人を, 武士の, 男が, 童が, 都人士女の, 闘牛士の

▼ 装~ (9, 0.9%)

1 イタリー趣味を, 何かに, 動作にも, 化粧が, 摺り切れて, 肌合は, 背の, 血汐の, 言葉遣

▼ 装~ (9, 0.9%)

2 して 1 の仕事, の具, の威, の美, の美術, の飾り, も切羽

▼ 装~ (9, 0.9%)

1 であるが, にはたしか, によるもの, の渡来, をたのしむ, をみる, を頭, 三種は, 形態として

▼ 装~ (9, 0.9%)

1 した別, した喇叭銃, した銃, した馬上拳銃, し実弾, の弱, まで見せ, を弱く, を強く

▼ 装~ (7, 0.7%)

1 いいそれぞれ勝手気儘, いえば, 云い華美, 千浪の, 口だけは, 少しキリリ, 自分のとを

▼ 装ふて~ (7, 0.7%)

1 いろいろ見えすいた, 実家へ, 彼女等に, 徐ろに, 笑ひながらも, 足を, 顔を

▼ 装~ (5, 0.5%)

2 たり嫉妬 1 たり或, ていた, てみる

▼ 装へる~ (5, 0.5%)

1 に反し, 健児の, 大船の, 婦人の, 馬ひき

▼ 装ふも~ (4, 0.4%)

1 ので, のと, のも, のを

▼ 装~ (4, 0.4%)

1 せたい, せたし, ないでも, われた

▼ 装姿~ (4, 0.4%)

1 はまるで, を以てする, を以て現, を脱せし

▼ 装こそ~ (3, 0.3%)

2 少し変っ 1 違え全く

▼ 装つて彼~ (3, 0.3%)

1 の顔, は二階, を見上げた

▼ 装という~ (3, 0.3%)

1 ものは, 事に, 程フランスの

▼ 装などは~ (3, 0.3%)

1 当然この, 関は, 関わない豪傑ふう

▼ 装にも~ (3, 0.3%)

1 まだ上, 堪能し, 振にも

▼ 装はう~ (3, 0.3%)

1 として幾らか, として無理, として突然

▼ 装ひたる~ (3, 0.3%)

1 はあらざるなり, 一室に, 武士道の

▼ 装ひと~ (3, 0.3%)

2 して 1 一人し

▼ 装ふと~ (3, 0.3%)

1 か欠伸, か虚勢, 云ふ

▼ 装から~ (2, 0.2%)

1 お化粧, 身だしなみの

▼ 装させ~ (2, 0.2%)

1 外郎売に, 蠱化させ

▼ 装せる~ (2, 0.2%)

1 ところより, 姿を

▼ 装~ (2, 0.2%)

1 からまるで, が袖口

▼ 装つたの~ (2, 0.2%)

1 と片手, もあれ

▼ 装つて自分~ (2, 0.2%)

1 の名, は座蒲団

▼ 装でも~ (2, 0.2%)

1 歩けず山伏姿, 物腰でも

▼ 装~ (2, 0.2%)

1 のよ, 黒い人影

▼ 装などの~ (2, 0.2%)

1 ときは, めっきり華美

▼ 装なども~ (2, 0.2%)

1 比較的綺麗, 相当に

▼ 装はれたる~ (2, 0.2%)

1 朱塗の, 界の

▼ 装はん~ (2, 0.2%)

2 とする

▼ 装ひで棚~ (2, 0.2%)

2 を架

▼ 装ふこ~ (2, 0.2%)

1 とになる, とは良寛

▼ 装ふり~ (2, 0.2%)

1 かまって, かまわぬ暮し

▼ 装~ (2, 0.2%)

1 ば装ふ, 当て泥

▼ 装ほひ~ (2, 0.2%)

1 て, 乍ら面白

▼ 装られた~ (2, 0.2%)

1 のが, のは

▼ 装上っ~ (2, 0.2%)

1 てそこ, て浮かれ

▼ 装上った~ (2, 0.2%)

1 一行金字一行銀書の, 水盤に

▼ 装上る~ (2, 0.2%)

1 やうな, やうに

▼ 装~ (2, 0.2%)

1 が懸っ, は一つ

▼ 装~ (2, 0.2%)

1 のこなた, をし

▼ 装~ (2, 0.2%)

1 が普及発達, については之

▼ 装行列~ (2, 0.2%)

1 ありて, は元

▼ 装~ (2, 0.2%)

1 ちぬされど, はと翁

▼ 装~ (2, 0.2%)

1 のすべて, を景品

▼1* [185件]

あらゆる労働的色彩が, 装おいを見る, 装づした態な, 装申しましょう, 装されたる牛殺し, 装しおったのだろ, 装しか頭に, 装したる猟銃を, 装じゃないか, 装することは, 装だつたが精神生活, 装だの端麗な, 装つたものであるが, 装つた女房が丈, 装つた小娘がおでん, 装つた快活では, 装つた眼つきで姉, 装つた語彙の陰翳, 装つた馬に騎つたの, 装つてそつとそれ, 装つて一緒に外, 装つて主義者の一人, 装つて僕とお, 装つて其場を立去らなかつた, 装つて剽軽なこと, 装つて十九か二十位, 装つて地面を這, 装つて宮田の前, 装つて家を出る, 装つて家人を退け, 装つて新八太七の工場, 装つて晩までおろせなかつたら, 装つて柏の蔭, 装つて言つた, 装つて身辺の荒蕪, 装つて返事しながら, 装つて連日の散歩, 装つて鈍感でゐる, 装つて門口を叩く, 装つて額に掌, 装であるから汽車, 装でおどるあのワルツ風, 装ですが眉, 装でそもいずこへ, 装でなくてもかかる, 装で立つと斉, 装とが共通の, 装として実は一個, 装とはまるで姿, 装とを見た, 装ながらどこやら, 装など気づかいなく, 装などが長いあいだ女, 装などに一向頓着, 装などを崩して, 装なんの意味, 装なんか何様な, 装なんかは後に, 装なんかも構わないで, 装なんぞしては, 装なんぞも構うこと, 装にかけてはあえて人後, 装にて御眼, 装にはちゃんと生産人, 装によって察すれ, 装のくづれをなほしてからふりむい, 装はさほどよく, 装はとみて, 装はれる様に, 装ばかりを尊重したがらず, 装ひかれらを, 装ひしてゐる, 装ひぞしたる, 装ひたかつたが自分, 装ひで乙姫が浦島太郎, 装ひで隊伍を組ん, 装ひなのでは, 装ひ得るといふ大, 装ひ成したことが, 装ふかといふこと, 装ふた男が, 装ふたりあを, 装ふたり快活を衒, 装ふた心根のほどの苦々し, 装ふて威張るのが, 装ふべし以て, 装ふより他, 装ふらしき此男の, 装へり去れど制すべから, 装ほつて断然, 装ほふのである, 装しろき船いくつ夏, 装てやっ, 装やもの腰は, 装よりもこうして泥水, 装られちゃ大変, 装りさへ整, 装りたる皿をも, 装りだが皆これ出羽守お気に入り, 装りつけたろうどうだ, 装りで正式の, 装りなのだ, 装りましょうか手, 装り上ったように, 装り込んでございます, 装器具でない, 装をとつて絵に, 装をも一度じ, 装ッテイルニ過ギナイノダト云ウコトニ, 装ッテイルノデ燈火ヲ暗, 装ッテ諒承シテ去ッタ, 装テンした銃, 装一腰雲と竜, 装上げたからこの, 装上つて高く打つ, 装にその, 装五十斤の滑腔砲, 装又は京都辺, 装伝其他数種を示す, 装依然として貧しき元の木阿弥, 装修するに古, 装修せしも古, 装修せしにはあらず, 装優形の曲者, 装分けた小皿に, 装剣画幅の類, 装十五門の十五糎砲, 装史書だから, 装同色同物, 装る草菖蒲, 装行せしめ, 装差刀いずれもりゅう, 装で少数, 装の旧式銃, 装式スナイドル銃と云う, 装がそれぞれ何, 装のみなら, 装持物穿物に至る, 装振りなど構わぬ, 装であるか, 装本態であって, 装案者はそれ, 装をしたら, 装様式は重大, 装横刀一口鏡一面倭文二端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御贄五十舁, 装のない, 装を以つて言つて, 装溢れるばかりな, 装潔くして, 装艶な, 装燦爛馬ハ長大ニシテ悍気高ク海外ヨリ得タル新兵器ト火薬ナドノ物智ニ長ケ武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, 装との間, 装の美し, 装だった, 装立ちだった, 装立った近侍の, 装立てていさ, 装紳士も何となく, 装結構な色目, 装綴様式を略述, 装にカラ躁, 装美々しく左手に, 装舞踏を催さん, 装舞踏会の仮装服, 装舞踏会市立遊楽会の仮装会, 装の副, 装茶室であるから, 装華装だ, 装の材料, 装にあづかつ, 装がそれとも, 装身法は小, 装に乗せ, 装車十二に自邸, 装込むだのを, 装道具である, 装鋼甲板排水量一万六千八百噸前に言った, 装防止装置を, 装陣羽織下は小具足, 装鞍らっぱは鳴った, 装も丸顔, 装顔付応対ぶりそれらが村人, 装飾った投頭巾輪頭形の, 装飾り上げたる髪容, 装馬鞍すべて火よりも赤い