青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「被告~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

表象~ ~表面 表面~ 衰弱~ ~袂 袂~ ~袋 袋~ ~袖 袖~
被告~
被害~ ~袴 袴~ 袷~ 裁判~ 装~ 装置~ 装飾~ ~裏 裏~

「被告~」 1163, 13ppm, 8736位

▼ 被告~ (251, 21.6%)

5 ために 4 無罪を 3 上に, 人権を, 為めに, 頭を 2 人々は, 位置に, 審理は, 心理に, 怒りも, 陳述と, 陳述を, 非を, 頭に

1 [212件] いかにも悲し, いわゆる橋, うちに, うち七名は, うち最年少者である, ことを, その気持, その運動, ための, ちょうど前, なかで, ほうに, やうな, ように, シルヴァーが, ポケットに, 一人が, 一人などから, 上申書は, 不利に, 不利を, 不心得から, 不満として, 中で, 主任弁護人は, 主張と, 主観性を, 予審調書を, 事情という, 二つの, 云うには, 云つた, 云は, 云ふ, 人々を, 人柄とか, 今日の, 住居を, 信頼を, 先手を, 利害に, 利益などを, 利益に, 利益を, 危難以外の, 友人であった, 反感は, 反感を, 反抗的気分を, 口に, 名において, 否認に対して, 否認を, 否認利己的な, 報告に, 境遇に, 外貌は, 多数だ, 大多数, 女は, 妻が, 妻と, 妻にも, 妻の, 妻政さんは, 妻静子証人として, 姿を, 孤独な, 家庭の, 家族が, 家族に, 将来が, 尋問を, 少年に対する, 少年も, 屍衣に, 席へ, 席近く, 弁解も, 弁護人, 弁護人の, 弁護人鍛冶だけが, 弁護士が, 弁護士は, 弁護権を, 弱点を, 後の, 後向にな, 従僕に, 心境, 心持が, 心理に対して, 怒つた顔, 悲しみは, 意志では, 意志は, 意識学力記憶力聯想観念注意力判断力感情興奮性等に関して, 感情を, 態度が, 態度じゃ, 態度には, 態度の, 態度は, 態度や, 所に, 所有者たる, 手に, 手を, 手蹟の, 控訴は, 敗訴と, 方に, 方は, 方へ, 方を, 昔の, 有罪を, 有罪判決を, 机の, 様子が, 横顔によって, 武運長久の, 死にて, 殆ど全部が, 氏名年齢等を, 気持ちは, 激情を, 無実を, 特別弁護人たる, 犯し居ります罪, 犯罪事実は, 犯罪事実を, 犯罪行為は, 犯行を, 狡猾な, 王政が, 申立ては, 申立てる, 申立と, 申立を, 画策の, 痴鈍を, 監房の, 眼は, 知って, 窃取した, 窪んだ眼窩, 立場に, 立場は, 答へ, 答弁が, 答弁に, 精神上の, 精神状態を, 罪が, 罪について, 罪を, 罪状を, 罪科は, 考える如き重要, 耳許に, 肉親の, 自供を, 自供手記を, 自白なる, 自白に, 自白は, 良人として, 良人は, 苦しみも, 行為が, 行為の, 行為を, 行状なり, 見幕に, 言葉から, 言葉は, 言葉を, 訊問が, 話したこと, 話し方が, 謝罪方法は, 負担と, 財産を, 貧しい上, 責任は, 起訴の, 起訴事実否認が, 起訴状について, 身が, 身にと, 身の上には, 身許引受人という, 述べた其余, 運命を, 都合や, 関係者は, 陳弁を, 陳情を, 陳述が, 陳述とを, 陳述の, 陳述も, 非行を, 非転向者, 頭が, 頭の, 顔ことに, 顔にも, 顔を, 顔付新聞の, 首を

▼ 被告~ (194, 16.7%)

4 黙つて 3 私の 2 その二人, それを, どうする, 何も, 情熱によって, 決して悪人, 神の, 私に, 答へ

1 [169件] ああいう, あの戦争, いかなる考え, いささかも, きっと階段, こう答え, これまで, さう, さけました, すべて当, そうした立場, そう云う, そこの, その兵営, その地, その方, そんなこと, どういう解釈, どこにも, どのよう, どんな態度, なお何, なかなか裁判所, ますます手, まだ二十一, まだ二十四歳, まだ体, まだ窓, みな処罰される, むきに, ゆえにジャン, アメリカの, ファヴロールに, フランス生れである, ペシャンコに, マルクス主義思想を, 一人だけで, 一人の, 一寸言葉, 一度として, 一般に, 七年前宮本キクに, 七月十五日事件当夜の, 三ヵ月ぶりに, 三村保三郎と, 不当の, 不敵なる, 二ヶ月以上未決拘留にな, 云つた, 云ふと, 人を, 今や此名目, 今回逃走中密に, 今後どういう, 今日までに, 低く答, 何か, 何かを, 何よりも, 何事が, 余り易々, 先方に, 党員でない, 兜を, 六十三名と, 其の時, 再び席, 初めから, 判決の, 前科あります, 十一月十五日午後栗林弁護士と, 単に果実, 原告と, 原告に対し, 只今聞く, 坐ったまま, 壁を, 多少感嘆, 夫, 女が, 実にかく, 実に無頼漢, 小さく云, 小林兄弟に対しては, 小林定次郎に, 小躍りし, 少しうろた, 幸福に, 弱い女, 強く云, 彼の, 彼女に, 微笑を, 思想を, 急に, 悪き事, 感情に, 拘引された, 拘禁中目を, 控訴する, 放火殺人という, 敵意を, 断然之, 普通の, 暫く考えた, 暴行を, 曖昧な, 最初には, 椅子の, 極めて聞取り, 此主文の, 此方針に, 決してそんなに図々しい, 決して殺される, 決して犯罪, 法廷の, 無数である, 無罪出獄を, 犯罪の, 甘んじて, 皆, 益益萎縮し, 直ぐに, 直ちに自由, 相当な, 矢張り黙, 確に, 神崎相川両, 神戸方に, 神戸牧師に, 私は, 突如立ちあがっ, 窓の, 立ち上つて, 立って, 立会わなかったか, 竟に, 第二回公判, 絶対に, 聖書会社より, 脱走し, 自分に, 自分の, 自分を, 自分自身の, 自由な, 自身に, 裁判長に, 親切に, 証人に, 証人に対し, 話を, 誰でも, 貞に, 貞を, 貞子を, 送られ新, 過去の, 酔漢を, 閣下の, 附添い, 非常に, 頑固に, 頑強に, 頓興に, 頭を, 黙つて俯向, 鼻を, 鼻声で

▼ 被告~ (146, 12.6%)

4 の自白 3 に對, の行為 2 が有罪, のうち, の多, の態度, の陳情, の陳述, を見

1 [122件] からのノート, か囚人, か拘留囚, がいかなる, がもしそのまま, が一堂, が入場者, が出鱈目, が強いられ, が最後, が此, が若年, であるからと, ですね, ではなし, でも上役, という一人二役, としてやっぱり, として公判廷, として法廷, となつ, との間, とも全然, と共に送っ, と我々, にあてた, にいくら, にし, になった, になりました, にはじめて, にはただちに, には弁護人, にも責むべきもの, によこした, に対して云ったなら, に対して何時も, に対し懲役三年, に対し氏名年齢職業住所本籍出生地, に対する起訴状, に少し, に弁護人, に接見, に普通二人, に有利, に殺人, に殺意, に脅迫状, に裁判長, に言う, に迫った, に過ぎぬ, のいう如く, のさま, のなか, ののべる, の一団, の主張, の供述, の利益, の厚顔無恥, の原籍, の取調べ, の唯一, の多く, の大, の天国, の家, の平素, の弁護, の有罪, の極めて, の父親, の立場, の脳中, の述, の述べる, の防御, の防禦, の食事, の鼻, はまっすぐ, は一旦, は三十歳位, は三浦某, は之, は何, は何等, は傷害致死罪, は女, は小夜子, は平生三百円, は年, は庄司利喜太郎, は徹頭徹尾, は心, は或いは, は書記席, は最も, は社会的, は神田, は答弁, は美しい, は被害者, は請求, は道子, は黙し, より裁判長判事因藤実, をさそい出す, をしばしば, を二つ, を全然, を出す, を取扱う, を執行猶予, を弁護, を恋し, を懲役二年, を獄中, を見た, を防禦, 及び弁護人

▼ 被告~ (73, 6.3%)

4 見なさい 2 のぞく十一名, 思ふと, 敵の, 見て, 訊問し

1 [59件] うち眺めた, お調べ, して, たいへんよくぞんじ, どう云う, ながめた, ねめつけた, ひどい神経衰弱, もう死ん, やです, よく見た, 一人一人見分ける, 仲に, 凝視した, 出した罪案, 加えた十一名, 危険思想を, 取り巻いて, 受け持たされた司法省側, 叱りつけた, 告訴する, 始め誰, 射外したこと, 尋問し, 屋根裏に, 弁護は, 御覧なさい, 怪しいと, 憎んで, 懲役三年半に, 放免し, 暴風雨の, 最重, 有罪と, 検挙した, 混乱懊悩せしめ, 無罪に, 犠牲に, 瘠せさせ弁護士, 眠らせて, 知って, 確かに, 立会わしめ審問, 絶望の, 見たこと, 見たとか, 見記憶, 訊問した, 訊問します, 調べるよう, 警察で, 賞恤, 起立さし, 身近く召し寄せ, 退廷せしめられたき, 造り上げる方, 釈放せよ, 長い間, 難じた

▼ 被告~ (72, 6.2%)

1 [72件] あなたが, いかにも大人しく, いった通り, いま罪に, きょうの, けっして自由, これと, さう云, すでに思っ, その中, その二人, その意志, それよりも, ですな, ともに有罪, どういうふう, どんな事情, なした妙, ばら, まだ逮捕, ジャン・ヴァルジャンである, ジャン・ヴァルジャンと, ボックスの, 一人一人たっ, 一人残らず, 三鷹の, 不法に, 乗船し, 云つた, 云ふ, 何処に, 傭員の, 働いて, 入って, 入廷する, 公判に, 刑を, 嘘を, 寛大の, 尋問され, 幾十人あらう, 往返する, 性的な, 意見開陳にあたって, 持って, 既に英国軍隊, 書いたその, 検事から, 検事の, 死刑の, 法廷でした, 法律上無罪に, 潔白な, 無智, 無罪に, 犯罪の, 犯罪以来被告一人の, 理性的という, 百倍も, 私の, 突き落した男, 罪が, 腹の, 自分の, 被告席から, 裁判長の, 証言台に, 誠心誠意懺悔の, 警察署で, 警戒手段に, 述べたごとく貞, 陛下の

▼ 被告~ (56, 4.8%)

2 不利な, 向って, 自白を

1 [50件] ある不快, ある注意, そう話し, つづいて, なって, なにかいう, ぶつかって, 一言述べる, 下げ渡します, 下した実例, 与えられたる, 与へて, 二度同じ, 付いても, 充分嫌疑, 内乱罪を, 同情し, 同情を, 向い医者, 向い汝, 向かいて, 向けて, 向つて, 奉公し, 對する, 悔悟を, 投げ与へた悲しみ, 最も不利, 有利な, 殺人の, 殺意は, 油断の, 無理に, 無罪の, 父母が, 疑ひを, 突きつけるか, 突つけ, 突然救い, 立たせて, 累の, 行き亘つて話, 話しかける未来, 認めさせようとして, 読み聞かせた判決文, 逢ったこと, 適当の, 集つてゐる, 非常に, 面会した

▼ 被告~ (30, 2.6%)

2 何か, 握手し

1 [26件] したあの, なって, なつて, なりし者, ジャン, 一緒に, 他人と, 口を, 同じ女性, 同じ悲しみ, 女将との, 対決さして, 対決させられた, 捕虜に対する, 援助者特に, 民間被告とで, 爲て, 神戸との, 被告との, 裁判長との, 見物に, 見違えるくらいに, 親交が, 言いなさい, 違って, 酔漢とが

▼ 被告たち~ (21, 1.8%)

1 [21件] がいっせいに, がそうした, が六法全書, が新, だけのこと, との共同正犯, と同じ, にとっていちばん確信, にまじっ, のうち, のうち十一名, の不, の動的, の無, の真相, の興奮, の陳述, はこの, はどんな, は全部日, は内心

▼ 被告~ (21, 1.8%)

2 に控え

1 [19件] から海老, から涕泣, から裁判所長閣下, が興味, そっくりの, とを等分, にあらわれたる, にいた, につい, についた, にはこ, に入れられた, に着いた, に立たなけれ, に立つ, の一番後, の後, の方, は四列

▼ 被告~ (17, 1.5%)

1 [17件] が今や, とが同じ, に交附, に最後, に理解, のほとんど, の予期, の公判, の殺戮, の自白, の運命, はすべて, は場所柄, は無罪, は第, も退廷, を自由

▼ 被告事件~ (13, 1.1%)

2 の公判

1 [11件] として公判, などは表沙汰, につき, につき出廷, に付, に付き, に付刑事訴訟法, の一方, の勃発, の第, は十月十日

▼ 被告として~ (11, 0.9%)

1 [11件] この十数日前, では, とりのぞかれた事実, 公判廷に, 公訴を, 提起した, 某分署長及某主任検事, 立たせら, 立つこと, 裁判する, 貧民相手の

▼ 被告~ (11, 0.9%)

1 [11件] いっさいが, するよう, のべた, まるッきりアカ, ゆるやかな, 兇器の, 口を, 弁護士の, 正直過ぎ, 突き倒し, 裁判所の

▼ 被告~ (10, 0.9%)

1 と双方, にだってさ, にもしっかり, に全然, に有利, の例, の弁護人, の憤慨, の申立, の申請

▼ 被告にとって~ (8, 0.7%)

1 おそらくずっときびしい, 一大事と, 一番都合の, 不利な, 不利なる, 不必要, 過小には, 驚くほど

▼ 被告には~ (8, 0.7%)

1 只今抱い, 同情も, 小胆な, 有勝, 生命を, 申し開き, 自分の, 通有とも

▼ 被告との~ (7, 0.6%)

2 間に 1 双方へ, 結びつきを, 間には, 関係について, 関係を

▼ 被告一人~ (6, 0.5%)

2 だけでした 1 だけだった, に一人宛, の力, の為め

▼ 被告から~ (5, 0.4%)

1 尋問の, 最も信用, 聞くため, 金を, 頼んだでも

▼ 被告にとっては~ (5, 0.4%)

1 とりわけむずかしい, もちろん不利, 品位を, 場内の, 気の

▼ 被告に対する~ (5, 0.4%)

1 判事の, 告発理由を, 尋問のこつ, 溢れるよう, 疑ひも

▼ 被告~ (5, 0.4%)

2 の紅一點 1 に四名, の一異彩, の紅一点

▼ 被告人等~ (5, 0.4%)

1 に食事, の片言隻語, の行為, の言う, はみな

▼ 被告であった~ (4, 0.3%)

1 か知らない, ということ, 徳田球一志賀義雄などの, 指導者の

▼ 被告に対して~ (4, 0.3%)

1 何の, 反乱罪を以て, 同情の, 殺人と

▼ 被告~ (4, 0.3%)

1 その良人, 女将なぞと, 弁護人の, 検事から

▼ 被告ダメス王~ (4, 0.3%)

4 の鼻

▼ 被告自身~ (4, 0.3%)

1 の利得, の手, の秘めた, の自白

▼ 被告たる~ (3, 0.3%)

1 夫に, 純粋理性的存在に, 純粋理性的存在よりも

▼ 被告~ (3, 0.3%)

1 が死刑囚, ということ, のといふ

▼ 被告~ (3, 0.3%)

1 の理論體系, の輿論, の陳述

▼ 被告人たち~ (3, 0.3%)

1 の動静, の無罪, への差入れ

▼ 被告全部~ (3, 0.3%)

1 と組合員, に対する論告求刑, を特別刑事部

▼ 被告支倉~ (3, 0.3%)

1 の姦淫, の第, はなし

▼ 被告支倉喜平~ (3, 0.3%)

1 は先日以来本件事実, は別に, を東京監獄

▼ 被告~ (3, 0.3%)

1 との間, に対する判決, の如き

▼ 被告および~ (2, 0.2%)

1 弁護人には, 関係者水島友は

▼ 被告であり~ (2, 0.2%)

1 ほかの, 次の

▼ 被告である~ (2, 0.2%)

1 のに, 運命に関しては

▼ 被告です~ (2, 0.2%)

1 か, ここで

▼ 被告という~ (2, 0.2%)

1 のは, 関係の

▼ 被告ども~ (2, 0.2%)

1 のうえ, の行為

▼ 被告~ (2, 0.2%)

1 んだ, んです

▼ 被告についての~ (2, 0.2%)

1 いつでも, 一般的な

▼ 被告については~ (2, 0.2%)

1 村の, 語るべきこと

▼ 被告に対し~ (2, 0.2%)

1 損害賠償を, 立会検事より

▼ 被告に対しても~ (2, 0.2%)

1 あらゆる方法, 秘密に

▼ 被告みたい~ (2, 0.2%)

1 なもの, に神経性

▼ 被告~ (2, 0.2%)

1 不利及ビ延イテ法官, 平常事件

▼ 被告~ (2, 0.2%)

1 懲役五年ニ処ス, 豫備囚徒トシテ待遇シツツアルコトハ純然タル封建

▼ 被告一同~ (2, 0.2%)

1 が法廷, の弁護人

▼ 被告人ども~ (2, 0.2%)

1 が廊下, は裁判所

▼ 被告人一同~ (2, 0.2%)

1 に差し入れられ, は本所

▼ 被告人中~ (2, 0.2%)

1 に唯一人交つて, の有志

▼ 被告人大寺一郎~ (2, 0.2%)

1 の弁護人, は検事廷

▼ 被告人席~ (2, 0.2%)

1 に片, の外側

▼ 被告人自身~ (2, 0.2%)

1 が公判廷, もこれ

▼ 被告同志~ (2, 0.2%)

1 とを一列, に告ぐる書

▼ 被告或は~ (2, 0.2%)

1 患者に, 患者に対して

▼ 被告義仲~ (2, 0.2%)

1 にとってただ, の悪逆

▼1* [91件]

被告一原告である, 被告じみた妹の, 被告その方の, 被告ただいま聞いたとおり, 被告たち一部の浅薄, 被告あつた, 被告でこそなかった, 被告でもあるそう, 被告としては各自にとって, 被告とで罪名を, 被告とともに公訴とり, 被告によって弁護士から, 被告のみならんや, 被告みたような, 被告より原告に対して, 被告ネチャエフが出廷, 被告ハ辯護士ノ外ニ自己, 被告一同之に和, 被告三村保三郎より放たれ, 被告中ただ一人無期懲役を求刑, 被告中山しづと見合, 被告五十一人委員を加え, 被告人となり彼自身でも供述, 被告人らである当, 被告人ニ於テ納付シタルモノニ無之候間右執行, 被告人ハ罪人ニ非ズ從テ辯護人, 被告人以外に聞いた, 被告人仲間の間, 被告人側に来る, 被告人及其弁護人より申請, 被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 被告人平生の酒量, 被告人幸徳傳次郎他六名, 被告人心理には妙, 被告人控室弁護士控室などを説明, 被告人支倉が又, 被告人春一の姉, 被告人氏家直国氏は憤然, 被告人無罪論を主張, 被告人生活というもの, 被告人相互の連絡, 被告人自ら虚偽の自白, 被告人自殺の件通報, 被告人菱沼さんと云った, 被告人須山春一のため, 被告以上に見られ, 被告以外の男, 被告何某を禁錮一年, 被告個々の思想, 被告個人の特殊性, 被告全部無罪私たちには事件, 被告六十八名の予審, 被告共産党支持者は警察的抑圧, 被告其者を殺す生かす, 被告出廷の途次, 被告の中, 被告十名の共同正犯, 被告卑屈な笑い, 被告及び自己の, 被告同様の野人, 被告喜平はその, 被告喜平伏して, 被告を合せ, 被告外山も, 被告宮原直行さんの令兄, 被告宮本ただ一人傍聴者は弁護士, 被告家族一同に対する慰問金, 被告審判の庭, 被告将門および国香, 被告島田団蔵大森留吉茂呂宗次郎谷熊次郎関口多吉大朏善平, 被告席身体をゆすっ, 被告弁護士の同意, 被告杉沢清次郎が藤原平三, 被告東京音楽学校に送達, 被告森木のいう, 被告毛虫に対して退去, 被告永島与八庭田恒吉設楽常八, 被告猪野の弁護, 被告竹内は, 被告竹内景助が他, 被告の中, 被告と被害者, 被告荒井嘉衛磯幸次郎小林偵七郎松本盛三郎茂呂近助, 被告賞恤や減刑請願, 被告起立せい, 被告野口春蔵稲村与市大出喜平山本栄四郎左部彦次郎は兇徒嘯集, 被告ともいうべき, 被告飯田外山清水の起訴事実否認, 被告と云う, 被告鰐水に有利, 被告黒崎禅翁は教唆