青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「袖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

表現~ 表象~ ~表面 表面~ 衰弱~ ~袂 袂~ ~袋 袋~ ~袖
袖~
被告~ 被害~ ~袴 袴~ 袷~ 裁判~ 装~ 装置~ 装飾~ ~裏

「袖~」 6367, 69ppm, 1648位

▼ 袖~ (2097, 32.9%)

61 引いて 33 顔に 28 引いた 17 つらねて, ひいて 13 つかんで, 引きました, 胸に, 重ねて 12 合せて, 払って 10 掴んで, 顔へ 9 まくり上げて, 引くの, 掴んだ, 眼に, 開いて 8 とらえて, ひいた, 口へ, 引張って, 捉えて, 胸の 7 ひく, 噛んで, 引き, 引きながら, 引きます, 曳いて, 翳して 6 かざして, ひるがえして, まくって, 引かれて, 当てて, 絞って

5 [11件] かき合わせて, ひろげて, ふれば, 合わせて, 引いたの, 引っぱって, 手に, 斜めに, 翻して, 自分の, 連ねて

4 [25件] かけて, しっかりと, つかんだ, つけて, とらへて, はねて, ひらひらさせ, ふり払っ, グイと, 取って, 口に, 妹見, 引く, 引っ張った, 引っ張って, 持って, 振って, 振つて, 捲いて, 掛けて, 控えて, 気に, 見て, 頭から, 飜し

3 [49件] あげて, あてて, かきあわせながら, くわえて, ちぎって, つかまえて, とらえた, ひかえて, まくりあげた, やって, 出して, 切って, 刎ね, 千切って, 合せた, 垂れて, 引いたり, 引いた時, 引かぬばかりに, 引き出して, 引くと, 引くもの, 引くよう, 引く者, 引っぱった, 引つ張つた, 引張つた, 忍びて, 払った, 投げて, 押えて, 捉えた, 捉へ, 捉らへる, 捕えて, 掻き合せて, 柔かに, 濡らして, 濡らすの, 目に, 目へ, 着て, 肩に, 胸へ, 腕の, 落して, 見た, 顏に, 顔から

2 [137件] あはせる, おさえるの, お糸, かかげて, かきあわせて, かき合せながら, かき合わせながら, かさねて, かすめて, ぐるぐると, さげて, して, しぼらせたの, そっと引い, そつと, たくしあげながら, たくし上げて, つかまれて, とって, とどけて, とられて, ぬらして, はずして, はらって, ひくと, ひく者, ひっぱって, ひらいた時, ひらいて, ふらふらと, ふりを, まくしあげて, まくつて, まくりあげて, みに, もって, ビールで, 上げると, 乗せた駕籠, 二の腕まで, 人に, 体裁悪げに, 入れて, 凧の, 分って, 切る, 前に, 前歯で, 助けて, 動かす, 卷いて, 取りました, 合せたの, 合せ糸七が, 合は, 噛みしめて, 噛みながら, 噛み声, 噛んだが, 噛んだり, 左右から, 巻いて, 引いたが, 引いても, 引きとめて, 引き小声, 引っぱりながら, 引張った, 引張ったこと, 引張つて, 引張る, 引張るの, 引止めて, 当てた, 彼の, 息子が, 打かさね, 払いながら, 払うよう, 押へ, 拭きつつ, 挙げて, 振りながら, 振切って, 捉へて, 捉まえ, 捉らへて, 掛けると, 掩うたま, 掴みました, 掴むと, 掴もうと, 掻き合せながら, 揃えて, 撥ねて, 放さなかった, 敷かせると, 斜に, 曳く, 止めては, 涙に, 潜って, 濡らした, 濡らしたがって, 濡らすかな, 無礼と, 牽いて, 犇と, 相手に, 真赤に, 結んで, 縄に, 縫って, 美しく為立て, 美しく爲立て, 翳せば, 翼に, 肩の, 肩へ, 胸で, 脱いで, 膝に, 膝の, 被ると, 裂いて, 請出して, 返して, 通したり, 通した事, 通しながら, 鍋久に, 開く, 面に, 頬に, 風に, 駕籠に, 高々と

1 [1091件 抜粋] あげさせ手, あつかうよう, あてた, ありあけ, あんだ, いやといふほど, うしろに, うるほす, おさえました, おもて, おろすと, お孝, お眼, お離し, かかげしまま, かきつくろつて, かき合せました, かき合わせたまま皿, かき合わせるよう, かけた, かざしながら, かたくつかみ, かたしきて, からげた, からげて, くぐって, くたし, ぐいぐい引っぱっ, ぐいと引いた, ぐいと引つ, ぐっと引い, こう, こちらへ, こぼれて, さえぎるにあえば, さしそえながら, さっと捌い, さやさやいはせ, さッ, しごくばかりに, した中, しっかと掴みました, しっかり掴ん, しっかり胸, しとめて, しなりく, しのびたるかも, しぼる, しめ襟, じっとりと, すべって, するすると, せめてつら, そっと引いた, そっと引張った, そのままに, その人, た, たくしあげて, たくしあげ厳重, たくしあげ裾, たくし上ぐ, たくし上げ両手, たぐしあげて, たを, だらりと, ちぎッ, ついて, つかまえひきずるよう, つかみ合つて, つかむ町人, つけた派手, つけ手を, つまみあげた, つめた洋装, つれて, とおししっかり, とおして, とおす気力, とらえました, とらえ得たの, とらへ, とり塚, なかなか放さなかった, にわかに出し, ぬいで, ぬらした, ぬらしたり, ぬらし添うらん, のせて, はたいた, はなさない, はねのけて, はらい双, はらはらと, ばたばたさせ, ひいたそして, ひかせハナ, ひかれたとき, ひかれる, ひきちぎつた, ひきましたが, ひくんで, ひしひしと, ひっかけて, ひっぱった, ひっぱられたので, ひっぱりました, ひつぱつて見せる, ひねくって, ひらひらさせる, ひらめかして, ひるがえしオーケストラ, ふせて, ふところから, ふらつかせながら, ふり切って, ふれて, ぶらぶらさせ, ほして, ほらほらと, まき付けて, まくった, まくった愚楽老人, まくりあげたのみ, まくりあげると, まくりなおした, まくり上げたり, まくり上げた顔中鬚, まくり上げ粘土, まくり河童頭, まくると, またよん, また肘, みつめた, もがれたと, もぎ取った汚い, もぐほどにも, もてわが, ゆすって, よく見よう, ギジャギジャと, グッと, トンと, ハタハタと, パッと, ピリリと, ブラブラさせ, ポンと, 一つスーと, 三寸余も, 上に, 上下に, 下に, 下手人と, 両手で, 並べたお, 丸くし, 亂した, 二三度両方へ, 二針三針すすめました, 云いくるめた, 交う, 交手し, 他の, 以つて顏を, 何思った, 侵したの, 先に, 出さして, 分かった従兄弟, 分たねば, 切つてしまつたのである, 切り落しました, 切るが, 別た, 別つ, 力任せに, 助けるの, 動かし蟹, 包んで, 匿って, 千切り始めました, 千鳥に, 半分ほど, 却て, 反す春鶯, 取った, 取つた, 取りて, 口もとに, 召使ひといふ名儀だ, 可愛がりお, 合して, 合せたよう, 合せながら, 合せるよう, 合せ肩, 合わせる, 吹いたり, 吹かれながら, 啣え, 啣へたり, 噛えて, 噛みて, 噛み初, 噛むと, 圧える, 圧へて, 垂れたが, 塞ぐこと, 外して, 大鴉, 夫人は, 女より, 女房の, 妻は, 宛て, 寒そう, 寮の, 射ぬいた, 小楯に, 少し引き直し, 展べた様である, 山陰へ, 左右に, 左手に, 平次は, 庇いながら, 廻つて塀に, 引いたそう, 引かなかつたら平次, 引かれた女, 引かれ帽子, 引きしかば, 引きつけると, 引きのけて, 引きますので, 引き三味線, 引き出した, 引き又, 引き合い眼, 引き合つて少女, 引き山査子, 引き無我夢中, 引き裂いた, 引き電光, 引くとき, 引くので, 引くガラッ, 引く世, 引く草, 引けお, 引っかけただけ, 引っからげた, 引っぱられて, 引っぱる, 引っぱるので, 引っ張られた時, 引っ張ると, 引つぱつ, 引ッぱるので伊兵衛は, 引ッ立て, 引出して, 引合せるよう, 引張ったが, 引張ったり, 引張らないの, 引張りつつ, 引張り初めた, 引張るよう, 引捜す, 引渡すかという, 張附け, 当て, 当てたまま母, 当てた深雪, 当てまして, 形見に, 後に, 後ろへ, 心では, 思ひこそ, 惹いては, 惹き, 慌てて, 懐手で, 戸口で, 手で, 手許へ, 打はらひ, 払いて, 払うと, 払く, 扛げ, 抑えた, 抑えて, 抑へた, 投げた風采, 抜くと, 抱いたの, 抱えつつ, 抱くよう, 押えた平次, 押えるよう, 押し當, 押へてを, 拂つてやつた, 拂つて門の, 拡げたよう, 持ちあげたその, 持つた手, 持参した, 指で, 挟んだ古, 振らせる愚, 振りける, 振りました, 振り乍ら戻り, 振り切って, 振り払い, 振り拂, 振る, 振るん, 振れの, 振払って, 挽きて, 捉える, 捉ふ, 捕えたが, 捕らえに, 捨てて, 捲き上げたが, 捲くり上げ二の腕, 捲って, 捲りまして, 捲り上げて, 掛けたの, 掠むれば, 掠めると, 探って, 控えた, 控える, 掩った, 掴まうと, 掴まれた, 掴み乍ら, 掴んだの, 掴んだり, 掻い込むで白い, 掻きあわせ瞑目合掌, 掻き合しながら, 掻き合わせて, 掻合せ, 掻合はせ, 掻合わせ, 掻込ん, 握って, 握られたまま素直, 握られながら, 揺った, 摺り合っても, 撫て, 撫でたり, 撮んで, 擦り抜けざま, 擴げた樣に, 攫まえられながら, 攫み左手, 放さない, 放せと, 敷き物, 断ち切って, 時雨の, 曳いたり, 曳かなかつたから, 曳きながら, 曳けば, 書生の, 木楯に, 松の, 柄へ, 横顔に, 欄干摺れ, 止められましたが, 死ぬまで, 残した, 殺すやう, 氣に, 汚して, 津田に, 活用し, 消えて, 深く翳せ, 湿したの, 滑らす, 漬す, 潜り抜けて, 濡らしまして, 灌木の, 無意識に, 煽って, 煽り裳, 燻べること, 爪で, 片だ, 片方通した, 牽かれたとか, 留むるやうなれば遺, 癇強く, 白木の, 直してさ, 直ちに蝶, 眉庇に, 着せた, 短く扱, 破って, 確かり押え, 神尾主膳は, 突いた, 突つ, 窄めた気勢, 粗末な, 紐で, 組んで, 結って, 絞ったため, 絞つたこと, 絞めたツ, 絞りかねしが, 絞りし人々, 絞り上げた, 絞るほど, 絞るほどの, 綾に, 緊めて, 締めたん, 縫い出した, 縫うて, 纏い二十三十, 美しく為, 翻した夜, 翻し裳裾, 老いの, 肩で, 肩までも, 育つることなれば, 背中で, 胸もとに, 膝へ, 自分だけの, 草に, 荘重に, 落した, 蔽うて, 袂を, 裁くか, 裂かれつ, 襷に, 見ると, 見張つて, 覗かせて, 覚えぬ筒袖, 許しましたその, 豆八が, 身震いし, 軽く坐っ, 軽さうに, 辷って, 返すところ, 通させたが, 通さない新しい, 通した, 通したまま, 通したわが, 通しながらも, 通すと, 通すべきぴかぴか, 通そうと, 連ねたここ, 連れて, 重ねるよう, 銜えた水紅色, 長くした, 長く見せる, 開いたらしい, 開き胸, 隠そうと, 離し, 離し縮緬, 離れるふう, 雪なす, 頂戴し, 顏から, 顧みて, 飜した, 高々とくくり上げ, 高くたくし上げ, 高く翳し, 鯱子張らせる

▼ 袖~ (804, 12.6%)

33 中に 26 中から 21 中へ 9 上に, 先に 8 蔭から, 記 6 なかに, 上へ, 中で, 中の 5 うちに, 上から, 長い着物, 間に 4 かげに, ように, 中が, 影に, 着物に, 蔭に, 長い衣服, 香ぞ, 香を

3 [15件] いる所, かげから, 上, 上の, 中には, 中を, 先で, 底に, 着物を, 色か, 色の, 裏這ふ, 長いの, 長き書生羽織, 首に

2 [43件] あたりが, あたりに, あたりを, ある夜着, ことも, ちぎれかけた柿色, ところに, ところ一す, なかから, なかで, ぬれしは, ひだが, びの, ほころびを, やうな, やうに, 傍を, 先を, 口を, 名を, 姿を, 実の, 尖端に, 影は, 手の, 方から, 方は, 模様や, 死骸を, 氷と, 深山木の, 端を, 紋の, 色も, 色を, 血は, 袂を, 裏から, 許婚の, 赤いの, 長い袂, 顔を, 香の

1 [479件] あいだから, あたりで, あたりまで, あたり頭のうへ, あはれも, あるまっ白, あるキモノ, ある大型, ある方, ある着物, いずれ綿, いろの, うえに, うしろから, うしろで, うちから, うちで, うつり香に, うつり香ゆかし, うら, うわさを, お袖, か, かげで, かげをとはに, かたしき, かぼそい影, かをりを, きいたふう, きれめ, ぐあいもよかった, けしき涙も, ことさえ, ことは, ことを, こと一つでは, こぼれも, ごとく濡れがち, さきで, さだすぎし, したに, しづくを, しめりがち, しらつゆ, すがた, せまい上総木綿, そばに, そばには, それを, ために, ためには, たもとで, たよりは, ついたけ着物の, ついた一人前, ついた白地, ついた黒い, つかない明日, つくほどに, つけたもの, つけ工合を, ところいい, ところから, ところが, ところで, ところへ, ところまで, ところを, どてら姿従弟は, ない, ないどてら, ないマント, ない夜具, ない着物, ない綿衣, ない襦袢きり, なかへ, ながい白服, なみだ, なれしと, なれに, ぬれたの, はしも, はしを, はじを, ひだなど, ひとえ, ふくらみの, ふりあ, ぶわ, ぺら, ぺらぺらした, ほうを, ほころびた上衣, ほころびでも, ほどなき, ほのめくうち, まくれた手, まことの, まま釈尊降誕の, まわりに, みぞ早や, みなとに, ゆきほど, ゆるる, ような, よごれを, わきから, わきに, カフスの, シャツが, シャツを, セルに, ブラウスを, 一襞を, 一触, 一触だ, 一触で, 一触です, 一邊に, 丈が, 上かな, 上が, 上で, 上帯の, 上着も, 下の, 両方の, 中にて, 中にでも, 中にも, 中内懐深く, 丸みを, 主こそ, 主とは, 主の, 乾が, 乾く間, 事は, 云うなり, 介抱に, 仕業な, 付根なぞ, 側へ, 傍へ, 元へ, 兄の, 先にも, 先三角に, 光りを, 光を, 八つ口も, 八ツ口に, 八ツ口を, 八口と, 内に, 内側全部が, 切れた洋装, 別は, 動きに, 動くその, 匂の, 匂ひ, 千切れた, 半分断れかけ, 友染に, 友達でも, 双子は, 口に, 口は, 叫び声が, 名にも, 名は, 名やは, 吟味や, 命も, 唐草に, 喉に, 噂は, 垂れて, 声が, 声は, 売れる機会, 外に, 外にて, 外套を, 奥に, 奥へ, 奥深くへ, 姿が, 姿に, 姿は, 姿斜めな, 子の, 実母といふは, 客筋で, 家は, 容子は, 寒くなります, 寝衣, 導くま, 小判を, 小費を, 少しもう黄色く, 少女に, 尖りきった神経, 尼姿とによって, 居所が, 居所を, 左側に, 布だ, 布地を, 平たい入道, 幼少から, 広いの, 広い上衣, 広い支那服, 広い派手, 広い裾, 底には, 張りたるあり, 形に, 形も, 形を, 影であろう, 影へ, 影も, 影を, 後から, 後に, 後ろへ, 後姿だけは, 心には, 心を, 思いついた通り, 思い切って, 急所を, 悪, 所に, 所まで, 手から, 手が, 手を, 打ち触れて, 折檻も, 折目の, 折返しに, 折返しを, 抱え主が, 括って, 挟まったの, 振あ, 振へ, 振りを, 振を, 振合, 掻き鳴す三味線, 揺れたるのみ, 搖ぎも, 搖る, 撓うを, 擦り合, 文使いを, 断れたよう, 方がよ, 方に, 方にも, 方へ, 明けつ放しな, 曲線に, 朋輩から, 朽ちに, 桁短かに, 様に, 死骸とは, 死體が, 母, 池に, 沢を, 油の, 浅黄の, 浦という, 涙晴れん, 濃艶, 無いの, 無い半, 無い女, 無い男浴衣, 無い羽織, 焦げたる秋, 煽に, 煽りに, 燃ゆる, 父は, 父までの, 父も, 父万事万端応揚にて, 父真, 父親今村要人は, 片手を, 狎れに, 猜疑は, 生い立ちから, 生い立ちなどは, 男は, 番じゃ, 発心の, 白波打返し, 白洲を, 白衣を, 白露を, 相手といふは, 眉が, 着物で, 着物には, 着物の, 短いの, 短いシャツ, 短いハイ, 短い綿服, 短い銘仙絣, 破れを, 破目, 神の, 移り香の, 移り香を, 端, 端で, 端に, 端にでも, 端や, 端より, 笏を, 筋は, 簡略と, 糸に, 紅が, 紋は, 紋も, 紋を, 紗の, 素姓も, 綻びから, 綻びや, 綾薔薇の, 綿入れ半, 縞の, 縞を, 縫い口を, 縫目に, 縺衣紋の, 美人で, 羽織に, 翻るの, 聟という, 聟に, 聟は, 肌を, 肌襦袢が, 肩へ, 肩を, 背後へ, 胸を, 脇の, 膨らかなので, 色, 色が, 色に, 色は, 色まで, 色発心は, 色發心は, 色變へ, 花の, 花衣裳を, 花魁は, 萌えでたよう, 萌黄が, 蔭へ, 蔭へでも, 蚊帳の, 蝉すらも, 血が, 血だ, 血である, 血を, 血痕は, 血筋には, 行動を, 行方は, 行状探り出す, 衣裳で, 袖口できる, 被布を, 裄を, 裏で, 裏に, 裏へ, 裡に, 裡の, 襟を, 襟上に, 襦伴を, 見たあいての, 親の, 触った片手, 触れつつ, 触れるほどに, 許婚, 許婚は, 話は, 誘拐で, 貸浴衣, 足どりは, 身に, 身を, 身許を, 軍装束で, 軽い着物, 追い風の, 追風の, 通し方, 逮捕を, 重さ, 金線で, 長いこと, 長いのに, 長い令嬢, 長い単, 長い女, 長い女給, 長い如何, 長い振, 長い日本服, 長い服, 長い籠手, 長い肌, 長い著物, 長い衣類, 長い被布, 長い髪, 長きを, 長く帯, 長屋へ, 開いた寢卷, 間からは, 間を, 附根が, 陰から, 陰が, 陰で, 陰に, 隙から, 障るの, 雨, 雪払ひも敢へ, 雫や, 露, 露かな, 露なる, 露にぞ, 露の, 靡きを, 頬冠り, 飛模様も, 飛絣を, 飜る, 首な, 首には, 首は, 首を, 香が, 香とともに, 香とは, 香に, 香も, 香や, 黒さ, 黒紋附の

▼ 袖~ (692, 10.9%)

28 して 14 すがって, 手を 11 顔を 10 縋って 6 ついて, 隠れて 4 かくれて, はらはらと, 入れて, 受けて, 扱入れつ染ま, 面を

3 [14件] かくして, かくしぬ, しが, つけて, 会わせて, 包んで, 埋めて, 扱入れ, 涙の, 血が, 赤十字の, 露ぞ, 首を, 鼻を

2 [40件] かじりついて, くるんで, こぼれて, しがみついて, しのび音, すが, すがった, つかまつて, つつんで, はらんで, ふりか, やどれる月, ジッと, 人の, 会えること, 侘しきを, 入れると, 取縋った, 吹く, 四ツに, 小判を, 忍ばせて, 惚れて, 抱えて, 捧げて, 散り, 殊勝くさく, 涙を, 片手を, 白紙大, 縋つた, 縋つて, 縋りながら, 縋ろうと, 花を, 袂に, 通して, 降る, 露を, 頭を

1 [457件] ああ娘, あたって, あった跳ね出しの, あはれを, あまりどこ, あまる陣頭, あらしは, あり, あるの, ある睡椅子, いだきながら, いって, いつしか乾, いつぱい, いれて, うけつつ, うけて, うずめて, うち越す, うつして, うつれる, うづむ, おおいながら, おおうて, おどろかされたの, おほひ, かかえて, かかえられて, かかえ万吉, かかって, かかりました, かかるが, かかるわし, かかるヨナ, かかる蜘, かかる雪, かくれ玉座, かけし心, かけて, かけましくも綾, かたしきし, からんだ, からんで, くらべ見よ波路隔つる夜, くるまつて, くるんだ新藤五, けして, こぼした事, さはる, さへ, された, されたよう, されたん, されつづけて, されて, されるも, されホトホト圓朝, さわ, さわりさえ, さわるもの, しがみついてね, しがみつきながら, した, したから, したなり, した友禅染, した女, した情夫, した日常性, しっかりしがみついた, しっかりと, しながら, しみついて, しょんぼりと, し息, すがっても, すがられた時, すがられつぎ, すがり, すがりおった, すがりついた程, すがりついて, すがりて, すがりまして, すがりリヴィア, すがるを, すがる有, すがれば, するが, するぞ, するという, するなんて, するまでに, するやう, するよう, するメリンス, すれば, せきかねて, その杜若, たばしりて, ちがいない, ちらちら, ちりかかりました, ちる, つ, ついた埃, ついてる塵, つかぬよ, つかまらして, つかまりながら, つかまりゴム長, つくもの, つつみ兄弟分, とけしも, とどめおきて, とまらねどう, なりました, のこして, ひしめき合って, ひそめて, ひたされて, ひつそり蹲つて湖を, ぶらさがりました, ぶら下がった, ぶら下がるの, ぶら下げた形, ほころびを, ほふらし, ほろほろと, ぼんやり手を, まが, まぎらす今朝, まぎれないこと, またも雪風, まつわりつくの, ま耳, むづと噛み着いた, ゃあおれはちょいちょい会ってる, やつれはてて, ゆれて, よそふれ, わたした, インキが, カガシの, ガンバって, キラリと, コトンと, 一ぱいコールタールの, 一挺の, 三ツ鱗の, 三尺も, 両手を, 中に, 乾きも, 乾く間, 二つは, 二三寸, 五つ抽出し, 代る新しい, 伏した, 会う望み, 会ったかい, 会わせざなるまいが, 似たうしろ姿, 似た形, 似て, 佇みながら, 佇んで, 何を, 何遍その, 余って, 余る悲しみ, 俯向い, 充分未練, 入る, 入れ, 入れた, 入れた右手, 入れた若い, 入れました, 入れようと, 入れ何, 出來, 前後左右ヒラヒラ, 匂いの, 包まば, 包み引金, 包み谷, 包んだま, 包んだ箱, 匿うたとて, 半分隱れ, 収めけるを, 取った輪鉦形, 取って, 取りついて, 取り巻かれて, 取り縋って, 取縋らうと, 取縋り名, 可愛がられるの, 右団治, 含んだにおい, 吹く風, 吹寄せられた, 呈するもの, 告げて, 呑ませその, 呼んで, 喰いついた, 喰いついたもの, 喰いついて, 噛みつこうと, 坐っても, 埋めながら, 墨汁が, 壓迫され, 夢中に, 姿を, 嫌ひ, 寄せた白鞘, 寄りそう, 小胆を, 山査子の, 山桜の, 差寄せながら, 巻いた腕章, 巻いて, 庇われて, 床几を, 弓の, 引き入れながら, 引っかかった刀, 引っかかって, 引ツくるま, 引掛け, 引着け, 引着けた, 弛く掛り, 当って, 必勝の, 忍ばして, 忍ばせ姫, 思わずホロホロと, 悠然と縫っ, 懷に, 懸るよりも, 手燭の, 払いつつ, 払いながら, 抑へ, 抑へつ, 折れし剣, 抱いた, 抱いたまま, 抱いた仮面, 抱いた風呂敷包み, 抱え, 抱きて, 抱き締めて, 押し込み両刀, 拭いて, 拭った, 拳銃を, 捲いた金剛兵衛, 捲いて, 控えて, 控へて, 掩い, 掩は, 掩ひや, 掻寄せ湖の, 搦んで, 擦合うばかりの, 散るさくら, 星の, 映したって, 映るであろう, 曇らば, 書きても, 月夜に, 月影を, 朗読者を, 杜若の, 来た, 来て, 染むもの, 案内した, 桜の, 構えた扇, 横撫の, 次の, 武者ぶりついた, 残つた, 殘る, 氣が, 水色の, 水藻や, 沁みて, 泉水の, 波ほとばしる, 流れの, 浅くし, 浪の, 浸るでは, 涙こぼれ, 涙のか, 涙拭ひ, 淡紅色の, 添えた紺蛇目傘, 渡らせの, 湯の, 火が, 火の, 灰を, 点々たる返り, 焚きしめた香, 照添ふも, 片笑, 物を, 犇, 狐の, 獅噛み付く, 現われたかも, 瓢箪形の, 男の, 白く流れた, 白墨摺の, 真黒な, 眼を, 着く, 着けた錦, 着け烈しく, 着換, 知られぬ霜, 移しても, 移る火, 突きささった短剣, 突っこんだ, 立ちました, 立ちネフリュードフ, 笏を, 籠つて今や, 糺し初め, 納めほっと, 納めると, 納れ, 絞る涙, 継の, 緩く乱れた, 縄を, 縋った, 縋ったものの, 縋った手, 縋つて哭泣, 縋らせん, 縋られるよう, 縋られ誠に, 縋りて, 縋りました, 縋りゃ抱えられてる妓衆, 縋り人目, 縋り付いて, 縋り付かうと, 縋り憐愍, 縋り附いて, 縋る, 縋ること, 縋るため, 縋るというは, 縋るより, 縋るを, 縋る事, 縋れかし, 縋れ胸, 縫い止めながら, 縫つけ, 縫つけました, 繩を, 纏ふべく, 置きて, 置くは, 置く露, 置ける白露, 胸を, 臙脂の, 致して, 色や, 花と, 落し乍ら, 蔽うて, 螢お, 螢を, 血の, 血痕が, 袖に, 裾に, 褄に, 覆われては, 見せて, 触るること, 触れけん, 触れさうな, 触れそう, 触れて, 触れ時々, 觸れ, 身を, 載せた拳銃, 載せて, 載せると, 近眼鏡の, 迫って, 送って, 透る, 通いつめたお客, 通さないので, 逢つたさうです, 酌を, 銀白色に, 鍵裂が, 長い裳, 長き髪毛, 附着く, 降りそそぐ氷雨, 隠されて, 隠した女, 隠した様子, 隠した酒, 隠しながら, 隠し酸漿鳴, 隠すよう, 隠そうと, 隠れようと, 隠れるので, 隠れるもの, 隠れんと, 隱し持ち, 隱れ, 雨じみの, 雪村を, 露しげき, 露の, 預けた古筆, 頬を, 頼まれて, 顏を, 風を, 飜然と, 飲ませた, 高杉晋作や, 髪の, 魂が, 黄ろい, 黄色い花びら, 鼾つく, DDTの

▼ 袖~ (405, 6.4%)

47 顔を 16 口を 12 涙を 11 眼を 9 拭いて 8 汗を 7 拭きながら 6 払いながら, 胸を, 面を 5 額の 4 抱いて, 自分の, 蔽うよう, 鼻を 3 ふいて, 押えながら, 隠して, 頬を

2 [13件] せまい額, それを, ぬぐって, 包んで, 拭いた, 目を, 胸へ, 覆うて, 隠すやう, 隠すよう, 額に, 顏を, 顔の

1 [218件] いきなり泣き, うけつつ, おおうと, おおったまま, おさえると, お敬ちゃん, お顔, かくして参らせ, かくして耕助, かくすやう, かくすを, かばった篁守人, からみおとした, こすりながら, こする, ごしごしと, しきりにガラス, しきりに眼, しきりに薄, しっかりと, そっくりかえって歩く, そっと涙, そつと, その塵, その手首, その涙, その白い, その笠, ちょいと, つかまって, つつみながら, つつんで, なんという, ぬぐいも, ぬぐふと, はね返して, ばたばたと, ひしとばかりに, ひしと抱い, ひたいを, ひたひを, ひもと, ぽんぽんひと, わが顔, グイと, チョウチンの, ドラムを, ネジを, バスの, フワリと, レンズを, 両眼, 刀を, 切ない胸, 包まれたよう, 包みも, 包んだ交野, 匕首の, 十二分に, 半ば顔を, 取縋った, 受けたが, 受けて, 口元を, 口髭を, 和らかに, 唇を, 囲って, 囲まれて, 固く顏, 圧え, 埃を, 夫人の, 娘の, 寒く細り, 尻を, 庇いつつ, 庇った女房, 思わず胸, 思わず顔, 手の, 手早く磨りました, 打ち払い打ち払いじっと, 払う, 払った, 払って, 払われた, 抑えお, 抱いたお, 抱いたの, 抱えこんで, 抱えて, 抱え卸し, 抱かれた気, 抱きたかった, 抱き上げられたと, 抱く, 抱くよう, 抱込むよう, 抱込む代り, 押えた, 押えて, 押しぬぐって, 押すほどに, 押へながら, 拂つて美人の, 拝んで, 拭いたり, 拭いても, 拭いながら, 拭い拭いして, 拭うと, 拭う暇, 拭きつつ, 拭きまわして, 拭き清めそれ, 拭くの, 拭った, 拭って, 拭て, 持ち, 捲いた, 捲いて, 掩う, 掩うた, 掻合し, 握つて此方, 摩って, 擦り散らしてから, 斯う, 日本髪の, 日記帳を, 棹を, 横な, 横に, 死人の, 汗ばんだ顔, 洟を, 深く口, 源氏は, 漕ぐ浅, 潮水に, 火を, 灯りの, 灯りを, 烏帽子を, 爪を, 狭い額, 狹い, 玄徳の, 玉を, 留められた形, 百両の, 眼頭を, 着換, 瞳を, 瞼を, 磨いた, 秘すらしいと, 童子の, 笑いを, 笑はせる, 笠を, 素早く顔, 綺麗に, 羞か, 羞かし, 羽交の, 翡翠が, 老いの, 耳を, 聞いて, 背後状に, 胸に, 腕ぐみを, 腹を, 腹部を, 芝居を, 蓋うて, 蔽い隠すよう, 蔽ったが, 蔽ふ, 藁を, 蚊を, 血刀を, 裝うておられる, 襟を, 覆いかくした, 覆うた, 覆って, 覆ひ鎮めた, 覆ふて入, 見てた生駒, 見てると, 見てるの, 護りながら, 軽く眼, 重吉から, 鉄扇を, 鍋の, 除けるあたり, 隠さんばかりに, 隠した, 隠しました, 隠すわけ, 隠れて, 霜を, 頭から, 頸を, 顏中の, 顏中を, 風を, 風呂敷づつみを抱いた, 首を, 高時の, 鼻の, 鼻や, 鼻汁拭く

▼ 袖~ (361, 5.7%)

5 木の, 袖では 4 直助 3 与茂七, 濡らさじ, 自分の

2 [19件] お岩, ぐっしょり濡れ, それを, どこに, 何か, 何も, 其の手, 千切れ, 善人さ, 墨染の, 急に, 振れないから, 気に, 涙に, 眼を, 肱より, 露時雨涙に, 非常に, 首を

1 [300件] あえて離すまい, あたりを, あらじただ, あらわな, ありやは, あわてて, いいたい限り, いきなり起っ, いきなり身, いやに, いよいよ腹, いろいろの, うた, おととしの, お島, お燕, お燗, お職, お連れ, お銚子, かう言, かえって人, かかる父母, かくれた, かむろ蛇, こう言う, ここの, ここへ, ことばの, この詩, こわごわ身, ごく寛, さけんだ, しつとり, しぼんだ, しめやかで, じっと思案, すがって, すぐ反抗, すぐ起っ, すぐ顔, そこで, そぞろに, そのま, その一番上, その刑部様, その夜, その市十郎, その明くる日, その時, それから人手, それつきり言葉, それより, それらの, そんな手, たちまち顔じゅう, たまり兼ねて, だらりと, ちぎれて, ちぎれ烏帽子, ちょっと其の, ちょっと困った, ちょっと考え, とって, どうして心中, ない, なおお, なほ裁たず, にわかに眼, ぬらさじ, ぬれに, のけ反るよう, ひと足ひと足いつか窓の, ひどくあわて, ひるがえったが, びっくりした, ふれないよ, ふれぬ, ふれぬと, ほころびて, ほとんど灰色, ほほ笑んで, ぼんやりし, またあと, またさめざめ, またふと, また止めました, また突き飛ばした, まだその, まだ子供, まるで中, むかっと顔, むっとした, もう仄, もう逃げられなかった, やがて夕飯, やっと肱, やっと顔, わけが, わずかな, ハイと, ハツと, ペシャンコの, ポケットの, 一と, 一ときひた走りに, 一切の, 一幅の, 一時混乱した, 丈高き, 下町ことばの, 両方から, 丸くて, 主人の, 久助の, 云いながら, 五ツの, 今聞く, 以ての外の, 何うだ, 何一つ答え, 何度も, 何處から, 俄かに, 俯伏した, 側から, 元気を, 兄が, 兄妹だらう, 充分には, 入谷の, 全国のを, 其の声, 其処では, 刑部の, 化物刑部の, 北新堀の, 印籠を, 友染か, 反射的に, 取つて二十一, 口惜しそう, 口虎を, 可愛いが, 困って, 夜の, 夜霧に, 夜露に, 大した美人, 奥に, 媚かしい, 子どもを, 子を, 宅悦の, 実は政右衛門, 実家に, 寄らなかった, 寢崩れた, 小さき胸, 少しやぶれ, 山刀を, 帰して, 帰り途不思議な, 年経つ, 幼馴染で, 幾枚も, 庄三郎の, 張りて, 当時川長青柳大, 後水茶屋奉公に, 思わず飛びのいた, 悲しみの, 悲歎の, 惜気も, 所詮助からない, 手が, 手さぐりで, 手も, 手燭を, 手酌で, 打ち湿り, 拝むよう, 括緒, 按摩の, 振られない, 振られぬから, 振られぬと, 振られぬ理窟, 振りほどいて, 振れないとか, 振れぬという, 振れぬない, 振れま, 振れんと, 提灯を, 提燈を, 放さないの, 斜に, 断切れ恐しい形, 斯う訊かれ, 本物である, 本當, 板の間に, 柔かに, 桜の, 梢に, 横町の, 櫛を, 歯の, 死んだ, 死んだと, 母親に, 母親の, 水の, 永太郎と, 泣きじゃくりして, 泣きぬく膝, 泣く子, 添乳し, 清見が, 濡さじ, 濡れじや, 濡れても, 灯と共に, 煩い付いた, 牢死した, 狭くと, 疑って, 病気に, 白糸の, 盥の, 真実と, 真白い絹, 知らぬ顔を, 破れ下駄, 確かに, 稲穂の, 空しくだらり, 窓の, 立ち竦みました, 答えも, 答へ, 箪笥の, 紅き血, 紅く濡れた, 紅に, 紅皿を, 素直に, 紫友禅の, 綻びて, 縫はれ, 美しい眉, 羽にも, 肩さきから, 肩の, 胸に, 胸を, 腰を, 自身番の, 船の, 芳町の, 苦しそう, 葭簀を, 葵の, 藤さんのに, 行燈へ, 袂で, 見えない, 見す, 見事に, 贋物でも, 走って, 起きて, 身を, 身一つで, 身仕舞が, 輕く, 返さぬの, 追って入った, 途中で, 途方に, 部屋を, 針を, 鉄窓に, 長いが, 長く指先, 防寒の, 階下へ, 障子を, 霞かとも, 露けけれ物, 靡き袴, 顔の, 顔半分を, 颯爽として, 食って, 駈けもどって, 驚いた, 驚いて, 默つ

▼ 袖~ (264, 4.1%)

3 まくれて, 見える, 風に

2 [11件] ある, だらりと, ない, なくなって, ぶらぶらし, 出て, 動いて, 引掛っ, 捲くれて, 翻る, 長くなつた

1 [233件] あがる訪ねるもの, あそこに, あの夜以来, あまりに若, あまり多く, ありまた, あれば, いかに呪咀, いるだろうかと, いるの, うす黒く染つて, うるさくて, うんというなら, お燕, きに, くやしげ, こいの, この刀, さっと翻る, しなって, じとじとに, すつかり濡れました, するすると, するりと抜けた, ずって, そいつの, その頭, ただぶらりと, ちぎり取られて, ちぎれて, ちょっと触れる, ちらちらと, ちらと, ちら附い, ついここ, とれなかったという, どうも少し気欝, なつかしそう, なよやかに, ぬれた, はやり出したの, はらりと茶棚, ひかつて, ひきずるの, ひき千切れ, ひそひそ話を, ひたひたと, ひどく取, ひどく涙, ひるがえって, ひるがえるたび, ひるがえると, ぴらぴら見えた, ふうわりと, ふらふらと, ふれるなど, ぶきみ, ほころびた, ほしいと, ほんとに倖, まくれ落ちて, また殺された, まだ五ツ, まにあわなくて, めくりあがり其処, もげて, やっと顔, よれスリ, わなわなと, アベコベに, グルグルと, グレージーの, コロリで, スッポリと, ズタズタに, テグリジバンの, フワリと, ブリキ仕立てでも, ユサユサと, 一パイに, 一人の, 一家の, 一枚, 一波打っ, 下って, 下へ, 不自由な, 乙鳥の, 五ツの, 今日まで, 似合った, 何かにか, 何やら變, 入って, 八つに, 其の声, 再び閃いた, 出たその, 切れれば, 十八歳で, 千切れ, 千切れました, 半分ちぎれ, 半分出か, 半分出かかっ, 半分切れ, 吹き裂けんばかりに, 和らかに, 堀井の, 堕ち込んだ鬼畜, 売れっ妓, 夜風の, 女の, 女夫, 妹であった, 妾には, 宅悦の, 家へ, 家も, 寢る, 寮に, 少し切裂かれ, 尖った肩, 届く女房, 左右に, 平次の, 幾つも, 床まで, 廻わるに, 引いたら二丁町, 引き千, 忽然と本来, 思われた, 悄れ, 悚然と, 扇子とともに, 手燭を, 挟って, 振りきれない, 捲れて, 探して, 握られて, 擦り切れて, 擦れて, 擦合うたまま, 放れたので, 斬落されて, 断れたか, 時として垂れ, 最も恐怖, 板の, 枕元に, 横っとびにと, 横に, 正面に, 死んだの, 殺された舅, 母の, 泉に, 洩れて, 浜縮緬と, 浦の, 浴衣を, 浸るでは, 濡れまする, 濡れると, 烈しく彼, 煽ったから, 煽って, 父親と, 父親とは, 独木舟の, 瑤, 生れましたが, 白く手, 皆出, 直って, 短かうございます, 破れたの, 突然盲目的, 継子根性から, 縛られ富崎佐太郎, 縺れて, 繁昌し, 聖徳太子の, 聞いたらさだめし, 肘の, 肩を, 肱の, 背後の, 腕を, 膳を, 興奮から, 落ちる, 薫って, 蚊帳も, 血だらけでした, 血みどろに, 裏返しに, 褄を, 見えた, 見えたので, 見えて, 見え水色, 解けると, 触ったとか, 触りますばかりに, 触る度, 触れそう, 触れるため, 触れるよう, 触れ合ったり, 触れ違って, 觸れる, 返りません, 返るとともに, 重いと, 重くて, 重なるぐらいの, 長い, 長いが, 長いと, 長くて, 長く外, 長過ぎ, 隣席に, 雨垂に, 靡き崩れた髪の毛, 顔を, 飜, 飜って, 鳴った, 鴎に

▼ 袖~ (119, 1.9%)

3 袂も, 襟も 2 ぬれそ, ひら, 手も, 照るかに

1 [105件] あるもの, いいかげんに, いと, いるぜ, おれも, お島, お燕, かかりそう, ここへ, これまでに, さく菊, しおしおと, しめりて, そのうちべったりと, そのとき, その一人, その尾花, たけも, たちまちかわきぬ, ちぎられ雪, ちらほら, ない並幅半反, なえて, なければ, なし, なし裏, ぬれて, ほんのりと, まくし, また男, まだ見ない, もぎ放そうと, ゆらめいたり, ニコと, 一晩寢付けなかつた, 一緒に, 丈も, 乾きぬ, 他に, 他の, 何となく冷, 何も, 動かさ, 動かさざりき, 千切れ最後には, 半分帯には, 厭わず涙, 取り返して, 同じ不審, 同じ運命, 呑んぢ, 墨染と, 壁も, 妙に, 寂しそう, 寒いほど, 崩れて, 引き, 截るべき, 振も, 振らねば, 振事の, 擦合うけれども, 春の, 時雨れつつ, 森林の, 気がつかずお, 涙ぐむ, 涼しかりけり, 温かげに, 湿ふゆ, 滅茶滅茶に, 滿足で, 真白, 短い裾, 短くて, 破れたるが, 私語も, 空へ, 立ち迷, 細めに, 美しく踊, 肩の, 肩も, 胸も, 膝も, 舞った, 花に, 薫りけむ, 血だらけに, 行方知れず, 袴も, 裙も, 裳も, 見えな, 譯の, 輪に, 通さずつい, 長ければ, 露けき常夏, 露ぞ, 靡く, 驚いて, 高から, 黒髮と

▼ 袖~ (109, 1.7%)

4 の手 3 の家, の父さん 2 があの, のため, の寝, の方, の顔, はもう

1 [87件] から忘れられた, から敷布, がいきなり, がこっち, がとても, が人形, が何, が実は, が持つ, が来, が言つた時, が訊いた, が風邪, と並ん, と金之助さん, にあてがった, にし, にはよく, にむかっ, に劣らなかった, に見え, のこと, の兄さん達, の前, の古い, の声, の子供, の小さな, の枕もと, の母さん, の母親, の着る, の経験, の肩, の言う, の震える, はあたりまえ, はあと, はある, はいくつ, はいつの間にか, はお初, はかう, はかう訊いた, はした, はその, はそれ, はぢ, はまた, はまだ漸く, はブランコ, は一層いきいき, は人形, は何, は俄, は夢にも, は嬉し, は学校, は容易, は床, は手持ち無沙汰, は敷布, は泣き出したい, は浅黄模様, は物, は猶, は生れ, は目, は睨む, は知りたかった, は繩, は自分, は見た, は言, は言いあらわし, は金之助さん, もその, も何, も続いた, やお初, や秀子, よりもずっと, を寝かした, を庇護, を探し, を見, を責めた

▼ 袖から~ (92, 1.4%)

5 手を 3 顔を 2 一つの, 取り出して, 白い腕, 腕を, 袖へ

1 [74件] おとしこんだ, くびれて, ころころと, せまって, つき込んだ左手, なよやかな, ぬっと出た, ばらばらと, ふたりの, ぼろが, もぎ離して, わらわらと, ダラリと, ヌラヌラと, ヒラリと, ビンと, 一寸出し, 下に, 何か, 何んとも, 出したの, 出して, 出すぎてゐなければまだしも, 出ず足, 出て, 半分も, 半分覗かし, 半間な, 取出して, 塵紙を, 太短, 小さい綴物, 小綴, 左の, 左腕を, 帯の, 廻り込んで, 懐紙と, 手巾を, 抽きで, 散つたか, 星が, 櫛を, 此方を, 歩板へ, 水を, 白い手, 白い滑, 白い膚, 眼ばかり, 突き出して, 紅を, 細々と, 聞いた姉, 胸へ, 舞台へ, 般若湯の, 萌黄と, 落ちました, 蛇の, 袂から, 襟かけ, 見える腕, 見た思った程, 見る泣くとこ, 見る渡辺, 見る田村, 見物渡辺も, 覗いた, 逞しい両, 鐚銭が, 離そうと, 雫を, 龍と

▼ 袖~ (86, 1.4%)

6 お燕 3 袖とが 2 わしが, 袂を, 袖と, 袖の

1 [69件] いいおよそ, いうか, いうて, いって, えび茶の, くいこぼしの, この平次, これも, そして卜翁, はずかしめられた人, むかい合って, やがて消し時, よく似た, わが子の, わが子を, スカートが, 一所に, 一緒に, 二人隱居を, 云うその, 云って, 京橋花園小路糸屋六兵衛の, 今日ふくらむ, 令嬢とともに, 仲宜, 似て, 初太郎は, 力なき, 同じとき色, 同じ年, 型どおりな, 堀井庭を, 師匠の, 彼との, 忠蔵と, 思う一端, 思ふ掻巻, 懇ろに, 手を, 擦れ擦れくらいに, 改め内, 珠数とが, 申しました, 申す者, 知りそめた翌年, 短刀とが, 福紗包を, 竜胆の, 美作の, 聞かされて, 背中とに, 血糊に, 袂と, 袖, 袖との, 袖を, 裾と, 襟とは, 襟とを, 言つて兄の, 言つて十九に, 言ふんだ, 負けず劣らず美しい, 越前守, 身を, 逢つてお, 逢引し, 逢引を, 重ねたの

▼ 袖~ (70, 1.1%)

4 入れて 3 手を 2 合図を, 手が, 消え一方, 縋って

1 [55件] いきなり飛付いた, うつくしい首, お話し下された, かけて, しがみついて, そっと滑らせました, そつと, その首, たかって, つけたまま, のっけて, またうつむい, もがくよう, ゾロリと, バツタの, 一寸舞振, 両手を, 二の腕深く, 入れたの, 名を, 向けて, 向って, 啖いついた, 固く押し, 埋めて, 幔幕の, 引っ込ませると, 引込め, 扇から, 投げ込んだ独楽, 抱え直して, 抱くよう, 持って, 掛っても, 掻き込んだが, 掻込んだ, 斯う, 映って, 毛だらけの, 片手を, 着けて, 知らせを, 細引を, 縋った, 縋り付いた一人, 縋り出した, 落すやう, 裾へ, 透して, 通して, 通らないので, 頭を, 顔を, 飛び込んだ, 飛び込んだの

▼ 袖~ (56, 0.9%)

5 裾の, 裾を 4 裾に 2 お舟, ふところの, 袂を, 袴の, 裾が, 裾にも, 鬱金の

1 [28件] あまえるよう, しぼるらん, 夜半に, 履物も, 帆と, 帯を, 文字違いなど, 桃の, 止めませい, 社参の, 紅い裳, 背の, 胸に, 胸にも, 膝に, 草摺を, 袂が, 袂ぐらいは, 袂で, 袂にも, 袂位は, 袴を, 裳裾が, 裾から, 裾は, 襟に, 露けき, 面に

▼ 袖さん~ (55, 0.9%)

2

1 [53件] おめ, お袖さん, か, があの, がお勝手, がどうか, がよく, が何もかも, が居る, が死ね, が親, が鞍馬山, さ, たら, たア, だけにはとそっと, だったね, っ, という花魁, とは似, とやらも呼ん, とやら足, と一緒, と思っ, なども一票, にはそんな, に会っ, に似, に煎, に頼まれ, に頼まれました, のいう, の初恋, の婿, の影法師, の心, の才覚, の眼, の神様, の花魁, の首, はあの, はかわい, はその, はまた, はまだ, は側, は居ない, は此通り, は真剣, は私, ばかりが家, もあんな

▼ 袖無し~ (40, 0.6%)

6 を着 3 を著 2 の上

1 [29件] が一枚, が欲しい, です, なぞが居る, などを着込ん, なんか着こんで, にはちゃんと, にピゲェ, に伊賀袴, に着脹れた, に葛, に釦, に黄色い, のこと, のちゃんちゃんこ, の羽織, の襦袢, の道服, は戦災, を一枚, を一枚素肌, を着させ, を着せ, を着た, を着る, を着込ん, を纏っ, を著せた, 半纒

▼ 袖なし~ (38, 0.6%)

2 の半纏, 羽織を, 胴着に

1 [32件] だの黒い, でほんの, という言葉, などを着, などを色気, に裁布, に鮫柄, の, のやう, の前, の絹, の羽織, の鳥刺し姿, はん, を, を出し, を抛り出し, を抱え, を熱心, を着, を着る, を羽織っ, を脱ぎ, を膝, を被, を重ね, ドテラ, 半てん, 半天を, 外套を, 羽織という, 羽織に

▼ 袖にも~ (33, 0.5%)

1 [33件] お由, ちらちらと, どこにも, まだ捨て, レース肩飾にも, 今にき, 会ったと, 会わせようじゃ, 似て, 何んの, 刺繍が, 匂う, 匂ふ, 帽子の, 扱入れ, 浪は, 移りさうに, 移りそう, 縋って, 縋らなければ, 縋り兼ねない勢, 腕にも, 菜種の, 蜘蛛の, 血の, 裾にも, 褄にも, 襟にも, 見つけみんな, 見て, 足袋にも, 霏, 馬の

▼ 袖には~ (31, 0.5%)

2 又矢張白色, 赤十字の

1 [27件] しおらしく嫁菜, その輕業, できますまい, はらはらと, 中に, 前々から, 勘三郎といふ, 取り付きたくなかった, 咲き乱れた春, 嫉た, 幼い時, 後暗いこと, 拭き尽せまじ, 掛らず肩, 日頃親しみを, 早くも, 枕が, 桜の, 白く三ツ扇, 白の, 綻びを, 緋縁どり, 蛇膝には, 血の, 見えなかった, 許嫁の, 錨の

▼ 袖切坂~ (20, 0.3%)

2 というの

1 [18件] がどう, です, でわたし, で拾った, で転ん, で転んだ, で鼻緒, なん, のあたり, の上, の下, の名, の文字, の途中, はそんなに, はホン, を上っ, を登っ

▼ 袖~ (19, 0.3%)

4 に出る 3 をする 2 に出 1 するならむ, だ一寸, に迄出る, の指先, は止め, ひの, ひ唱導者, ひ祷め, をし, を致しまする

▼ 袖という~ (17, 0.3%)

2 女の

1 [15件] お勘, ことに, のを, ものです, ものの, ものは, んだ, 一女性の, 女が, 女と, 女は, 女も, 娘に, 悲命な, 言葉も

▼ 袖屏風~ (15, 0.2%)

1 [15件] がない, した裸手燭, して, するごとく怪い, で倒れやがる, で病人, にいと, にし, に眼, の陰, をかざした, をし, をつくっ, をつくる, を建て

▼ 袖華魁~ (15, 0.2%)

2 が馬喰町

1 [13件] が中屋, が仕込, が可哀想さ, が昨夜主人貫三郎, だ, だと, といふの, と來, なんかは豪勢, の内儀, の見物, も全く, より歳

▼ 袖~ (14, 0.2%)

8 たみに 1 があの, たみの, たみ闇くる, つた提灯が, 小次郎めの, 袖だ

▼ 袖~ (13, 0.2%)

2 の青

1 [11件] から月形, がチラチラ, が搖れた, に持ち直しました, に赤い, の細り, へ, へ逆手, や金糸, を掴ん, を透し

▼ 袖もて~ (12, 0.2%)

3 われを 2 ひまなく擦りぬ 1 おほふ, わが頸, 口を, 涙おし拭ひ, 涙を, 着せて, 窃と

▼ 袖~ (11, 0.2%)

2 へる見ゆ 1 ある, づきぬ, づく, なんかしや, わしは, 何かを, 何に, 裙模様で, 裾かが

▼ 袖引き~ (11, 0.2%)

2 して 1 くすくす笑っ, する無知, する者, てもう少し, とどめら, ゆるがして, 動かして, 攫みて, 笑って

▼ 袖~ (10, 0.2%)

3 燕の 21 ほひさびしき, 燕にも, 袖お, 袖と, 袖は

▼ 袖でも~ (10, 0.2%)

2 引かれたらどう 1 つけて, 乾かし粗末, 何でも, 引いたならば, 振らねば, 肩でも, 袂でも, 隠せなくなって

▼ 袖部屋~ (10, 0.2%)

1 である, にざわざわ, にはぎつしりぼくの雜書, にも三, のある, のふす, の設け, の隅, へじ, まですべて

▼ 袖ぐち~ (9, 0.1%)

2 を引っぱっ 1 で口, で顎, で顔, に重ねた, をそのまま, を指先, を眉

▼ 袖さま~ (9, 0.1%)

1 がまた, がまだ, が久助, が煩っ, という女子, にあなた, にも私, の一生, の幸福

▼ 袖とは~ (9, 0.1%)

1 かけじとぞ, できて, どうしても添えなかった, 仲よしだ, 何を, 兄妹じゃ, 奥の, 血も, 逆の

▼ 袖からは~ (8, 0.1%)

2 鬼をも 1 光りも, 明治時代に, 溶けるよう, 長い錆びた, 離れなかったが, 馬鹿に

▼ 袖との~ (8, 0.1%)

2 仲に 1 恋一つ抱い, 相愛に, 逢引は, 間が, 間に, 間を

▼ 袖をも~ (8, 0.1%)

3 しぼらせぬ 1 ビッショリしとらし, 払ひかね, 押えて, 肱まで, 飜す

▼ 袖子さん~ (8, 0.1%)

1 お遊び, と金之助さん, どうした, どうしてお, には早かろ, のは病気, は可哀そう, は私

▼ 袖~ (8, 0.1%)

1 が取りつくろっ, だか, だそう, になっ, の, のよう, の二役, を演ず

▼ 袖では~ (7, 0.1%)

5 ないもの 1 ない, なくて

▼ 袖といふ~ (7, 0.1%)

2 のは 1 お酌, のを, 女には, 女は, 娘は

▼ 袖やら~ (7, 0.1%)

2 川で, 濡れた己 1 はねの, 味方の, 裾やらを

▼ 袖を通して~ (7, 0.1%)

1 みなされ, やらなければ, 伝二郎は, 御覧なさいました, 木部の, 言ふ, 起き上がりました

▼ 袖姿見~ (7, 0.1%)

1 があった, と拳銃, に映し, に映った, の裡, は男, は瞳

▼ 袖~ (7, 0.1%)

1 が中, のかげ, の中, の戸, の潜り, の端, の蔭

▼ 袖~ (6, 0.1%)

1 へいとど, へに拂, へぬれ, へ捉, へ見ゆる, へ青む

▼ 袖~ (6, 0.1%)

1 おもかりし, むらさき, 振りつる, 濡れに, 濡れぬる, 露けかりける

▼ 袖~ (6, 0.1%)

1 となり, に地, に裁っ, の押絵細工, の浦, 御手

▼ 袖うち~ (5, 0.1%)

1 かけんを, ふる鶻隼, 振て, 振りし心, 濡らし波間

▼ 袖がらみ~ (5, 0.1%)

2 は持出さない 1 などを持った, のよう, を列べ

▼ 袖だけ~ (5, 0.1%)

1 だ, 冗だ, 平次の, 捻り上げた片, 縫った

▼ 袖つけ~ (5, 0.1%)

2 の所 1 から半分, から膝, をひしと

▼ 袖とが~ (5, 0.1%)

1 ちょっと三番叟, 揉み合いもつれ合い真っ黒, 摺り合うよう, 摺れ合うよう, 狭い巷

▼ 袖とを~ (5, 0.1%)

1 である, われ, 四人數珠繋ぎに, 持ち足, 脅迫し

▼ 袖などを~ (5, 0.1%)

2 贈ること 1 ひらつかせて, トンカチンと, 手で

▼ 袖なんか~ (5, 0.1%)

1 まして耳環, 引つ張つて, 引張らなくたつて, 拂つて飛んだ, 突っ張って

▼ 袖ふる~ (5, 0.1%)

21 ことは, とは男, 京の

▼ 袖をば~ (5, 0.1%)

2 胸の 1 掛けられて, 裳をば, 露の

▼ 袖~ (5, 0.1%)

1 かいくぐって, に隱, の処, を掬っ, を潜る

▼ 袖摺れ~ (5, 0.1%)

1 に出, に引, に色香折, に草, 一つ残され

▼ 袖摺稲荷~ (5, 0.1%)

2 の近所 1 のある, のそば, の話

▼ 袖格子~ (5, 0.1%)

2 がばら, に搦 1 の隙間

▼ 袖~ (5, 0.1%)

1 の艶, をつい, を引い, を引く, を縺れ

▼ 袖さえ~ (4, 0.1%)

1 て得, 捉えなかったらしい, 美しき夫人, 軽い羽

▼ 袖ちゃん~ (4, 0.1%)

1 のお, のお父さん, のこと, を休ませた

▼ 袖とも~ (4, 0.1%)

1 なしに, に思ひ, に腕組, 捲くり上げて

▼ 袖にて~ (4, 0.1%)

2 押拭い 1 口を, 押分け押分けなお

▼ 袖ひき~ (4, 0.1%)

1 かまびすしくしゃべり立て, した, するの, 眼配せし

▼ 袖ふき~ (4, 0.1%)

2 かへす 1 かへし, かへしし

▼ 袖ふり~ (4, 0.1%)

2 はえて 1 たまふ, はえ

▼ 袖らしい~ (4, 0.1%)

2 ものが 1 のが, 裏が

▼ 袖中抄~ (4, 0.1%)

1 に, を引い, を最後, を編む

▼ 袖兄妹~ (4, 0.1%)

2 はあの, はどう

▼ 袖摺り合う~ (4, 0.1%)

1 のも, も他生の縁, も何と, 間二人は

▼ 袖~ (4, 0.1%)

2 に毛虫 1 かつぎ, して

▼ 袖~ (4, 0.1%)

1 の往通い, まづ今, を湿らさず, 太く夜露

▼ 袖こそ~ (3, 0.0%)

2 匂へ 1 しめれ花

▼ 袖この~ (3, 0.0%)

1 ざまは, 後見の, 方が

▼ 袖~ (3, 0.0%)

1 て口元, て誅戮, と

▼ 袖だけが~ (3, 0.0%)

1 たりないだけに, 其の人, 見えて

▼ 袖だの~ (3, 0.0%)

1 リボンの, 裾だ, 裾だの

▼ 袖とともに~ (3, 0.0%)

1 三四郎を, 揺れつつも, 蘇生った

▼ 袖など~ (3, 0.0%)

1 たくしあげて, 絞りあって, 貼板

▼ 袖にかけて~ (3, 0.0%)

1 べっとりと, 義心其の, 高円

▼ 袖ぬれ~ (3, 0.0%)

1 こそまされ乾く, てうたかた人, て行

▼ 袖ふり合~ (3, 0.0%)

3 ふもさ

▼ 袖ふれし~ (3, 0.0%)

1 にほひぞ, 人こそ, 梅は

▼ 袖まで~ (3, 0.0%)

1 ふわふわ動い, 行きここ, 見て

▼ 袖もぎ~ (3, 0.0%)

1 神である, 神の, 神は

▼ 袖より~ (3, 0.0%)

2 出して 1 安房上総を

▼ 袖~ (3, 0.0%)

1 であったが, の七, の六分

▼ 袖~ (3, 0.0%)

1 の六尺, の蔭, をかすめ

▼ 袖振り合う~ (3, 0.0%)

2 も他生の縁 1 女子という

▼ 袖~ (3, 0.0%)

2 をかくして 1 をかくし

▼ 袖無し羽織~ (3, 0.0%)

1 などを重ね, を取出し, を着

▼ 袖~ (3, 0.0%)

2 にし 1 にした

▼ 袖絞る~ (3, 0.0%)

3 らむ

▼ 袖~ (3, 0.0%)

1 が出来た, も苔, 消

▼ 袖道具~ (3, 0.0%)

2 の方 1 の外

▼ 袖あて~ (2, 0.0%)

1 かぶせ声, てゆく

▼ 袖うち払~ (2, 0.0%)

2 ふ影

▼ 袖うら~ (2, 0.0%)

1 が空しく, にうらみ

▼ 袖かけ~ (2, 0.0%)

1 て, てけり

▼ 袖すりあう~ (2, 0.0%)

2 も他生の縁

▼ 袖その~ (2, 0.0%)

1 ほかに, 一すじの

▼ 袖たもと~ (2, 0.0%)

1 にお, に思わず

▼ 袖だけに~ (2, 0.0%)

1 なり更に, 持たせて

▼ 袖だけを~ (2, 0.0%)

1 取って, 掴んで

▼ 袖だった~ (2, 0.0%)

1 に違い, 提灯が

▼ 袖つき~ (2, 0.0%)

1 の薄, の見る

▼ 袖とに~ (2, 0.0%)

1 花やかな, 銀の

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 ざあお, のだ

▼ 袖ない~ (2, 0.0%)

1 おかた, 奥様の

▼ 袖について~ (2, 0.0%)

1 居た血, 親しい男女

▼ 袖のし~ (2, 0.0%)

1 のばる, をるる

▼ 袖ひきとめ~ (2, 0.0%)

1 て, てどう

▼ 袖もち床うち払~ (2, 0.0%)

2 ひ君

▼ 袖~ (2, 0.0%)

2 今の

▼ 袖よりも~ (2, 0.0%)

1 年上の, 長き

▼ 袖カバー~ (2, 0.0%)

1 をつくっ, をはめた

▼ 袖ナシ~ (2, 0.0%)

1 の服, をかさねた

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 垂レ, 垂レ懐ヲ

▼ 袖一たび~ (2, 0.0%)

1 触るれば, 触れて

▼ 袖一たび觸~ (2, 0.0%)

1 るれば, れて

▼ 袖乾く~ (2, 0.0%)

1 の時, 間も

▼ 袖~ (2, 0.0%)

2 へし

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 のもの, は楽

▼ 袖~ (2, 0.0%)

2 せよ彼

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 させて, も附し

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 の無い, をしらべ

▼ 袖吹き~ (2, 0.0%)

1 かへす, 払ふ

▼ 袖垣根~ (2, 0.0%)

2 や植木

▼ 袖墨繪~ (2, 0.0%)

2 の竹

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 の折角, を切拔

▼ 袖左右~ (2, 0.0%)

2 より長く

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 とが装置, を張り

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 の井, 井と

▼ 袖或は~ (2, 0.0%)

2 棟の

▼ 袖振り~ (2, 0.0%)

1 て, 交わして

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 や刺股, を玄関

▼ 袖日記~ (2, 0.0%)

1 の主, を読みかえす

▼ 袖死ぬ~ (2, 0.0%)

1 というその, と書いた

▼ 袖殺し~ (2, 0.0%)

1 の一件, の下手人

▼ 袖源七~ (2, 0.0%)

1 のふたり, の幽霊

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 るるこひ, るる露

▼ 袖濡れ~ (2, 0.0%)

1 て誰, まさり嵐

▼ 袖~ (2, 0.0%)

2 みに

▼ 袖白襟~ (2, 0.0%)

1 が, が紫

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 かに着こなし, な着物

▼ 袖紫陽花紫~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 のや, の綿入

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 に至り, に至る

▼ 袖花魁~ (2, 0.0%)

1 には真夫, は小間物屋

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 が付い, の側

▼ 袖~ (2, 0.0%)

1 に手, へ突

▼ 袖親子~ (2, 0.0%)

1 がこのごろ水道端, が参詣

▼ 袖~ (2, 0.0%)

2 の袴

▼ 袖頭巾~ (2, 0.0%)

1 にほのめいた, めいて

▼1* [397件]

あるいは丸形の, 袖うすきはらからに, 袖うち払ふかげもなし, 袖うち拂ふ影, 袖うつひと葉にも涙, 袖お蔦は呑む, 袖かかげつつ, 袖かき合はせて, 袖かさねて大事そう, 袖かたしきて吾妹子, 袖かと思うほどの, 袖かなんぞしたまんま, 袖かみし子を, 袖からの品も, 袖からも手らしい, 袖かろく心も, 袖がてうど八ツの, 袖がまへ嘲る, 袖がらみ六尺棒松明なぞを備え置く, 袖がらみ目つぶしから梯子, 袖がらみ錆槍そのほか種ヶ島, 袖きせて花櫛, 袖ぎれは紺地, 袖ぎわを会釈, 袖くくりかへります, 袖ぐらいちぎられて, 袖ぐらゐは引つ張りましたよ, 袖ぐるみ手をふらふら, 袖ぐるみ笠を黒髪, 袖むらさき, 袖こそにほへ, 袖こんな句が, 袖ごとくるんで, 袖ごと力まかせに突け, 袖さきのカフス, 袖さし交へて靡き寝し, 袖さんおまえは孝行, 袖さんお参りの方, 袖さん大事の体, 袖しほれて家, 袖しぼらせしがその, 袖しるく悚然と, 袖しろうして, 袖じゃありませんよ, 袖じるしに舟, 袖すり光る, 袖すり合ふも多少, 袖すり合うも他生の縁, 袖すり合うたような, 袖すり合えば多生, 袖すれにこそたまわりけれ, 袖ずつ濡らして, 袖ずれのあし, 袖なたは, 袖そいつが丹波, 袖そえて, 袖そつくりといふ, 袖そのまま眉も, 袖ぞとは良人の, 袖たけの松, 袖たたみにされ, 袖たちてまた, 袖たち一連の事件, 袖たてて掩, 袖だけで抑え換えて, 袖だけでも眞人間に, 袖だけの縁なら, 袖だつてそんなに, 袖ちぎれた丹下左膳が, 袖ちやん随分, 袖ちやんといふの, 袖ちょっと見て, 袖ちよいとここ, 袖ちりばめた真珠ひらひら, 袖つまらん事を, 袖でかくしながら, 袖ですもの, 袖でないとは, 袖でなきやお, 袖でなく勘三郎でなき, 袖でのどもと, 袖といつて二十歳少し病身, 袖とか裾とか, 袖とかいうものを, 袖とで顔を, 袖とやら面を, 袖とやらの骸は, 袖とやらはゆめおろか, 袖とやらへ宛てて, 袖とらへけり, 袖とり神の外, 袖とる殊勝さや, 袖と共にお島, 袖どうじゃ, 袖どの袂から, 袖なかりけり, 袖なかったもの, 袖なかつたものそして, 袖ながき君, 袖ながら夕立に, 袖なく別れて, 袖などが風で, 袖などと一緒に, 袖ななめに奥の院, 袖ならず御髪の, 袖なりを貰って, 袖なる提灯一つ夜を, 袖なれば花, 袖なんかで拭いちゃ, 袖なんぞにして, 袖なんぞを切りゃしない, 袖なんて看板が, 袖にあたって二三十人の, 袖にあたりかくは, 袖にかくる, 袖にこそ露は, 袖にしかと抱いて, 袖にぞありける, 袖にたいする謝罪でも, 袖にと見ると, 袖にとってまだ何となく心, 袖になさんずる心, 袖ににほふ菖蒲, 袖にはかよふとも, 袖にばかりして, 袖にまつわる虻を, 袖によるにも洋杖は, 袖に対しても果報ものの, 袖に関する書類が, 袖ぬらさむよりは, 袖のなづさはむ, 袖のねまきの, 袖のみ濡るる, 袖はずしていた, 袖ばかりである, 袖ばかりがブヨブヨと, 袖ばかりはありふれた世間, 袖ばりが夜風, 袖づるをりはなかりき, 袖ひかへて良さん昨夕, 袖ひかれたき願ひも叶はず園遊會に, 袖ひきおうて囁いた, 袖ひきぬ翅ある, 袖ひき合ってクスクス, 袖ひき軽蔑の笑, 袖ひくに一郎, 袖ひっかけて浮浪児みたい, 袖ひとつすらも発見, 袖ひとりを召捕れ, 袖ひらめく扇, 袖ひれを泳がし, 袖びっしょりにしやんした, 袖ふらりと下った, 袖ふりあうも他生の縁, 袖ふりあひてゆきち, 袖ふるき世の, 袖ふれて経く, 袖ふれる女, 袖ふれ合うも多少, 袖ふれ合うた夢を, 袖ほど唇が, 袖ゐる, 袖まくし揚げ, 袖まくら寝られぬ耳, 袖まくり布巾に, 袖まくり上げて二の腕, 袖まくれてさすが, 袖またたく間にみにくく, 袖までがしっとりと, 袖までもありありと, 袖みたいに長, 袖もがれ兜も, 袖もしほほに泣きし, 袖もち涙を拭, 袖もろ共左腕をその, 袖やさしき口に, 袖ゆるやかな仕立て, 袖よく聞けよ, 袖よじれに横, 袖よりは劒を, 袖の三人, 袖わしは余りに, 袖をぞぬらされける, 袖をと唄ひし, 袖を以て商人に, 袖シヤツにヅボン, 袖ダスキを結ん, 袖隠レテ非理不法, 袖フリという極, 袖縄ヲ, 袖ヨリ袖ヘ縄, 袖ヶ崎の関, 袖一つしか残つて, 袖一觸の氣, 袖上臈のかも, 袖下掻開きて, 袖下駄を庭, 袖中形牡丹の浴衣, 袖中抄以来の袋, 袖丸めて圓太郎, 袖乞非人の餓え死, 袖乾めや君, 袖たき十九歳, 袖二つ置く, 袖二ツむらさきの帯, 袖云々といっ, 袖帰つた, 袖付けとの中, 袖以上に埒, 袖仲人が取つくろふ, 袖にこれ, 袖をつかんだ, 袖几帳したま, 袖切れてなかりしか, 袖切坂下で下駄, 袖切坂以来のこと, 袖十あまり円く寄り, 袖切れて, 袖半身染めわけたよう, 袖南町奉行の越前守忠相, 袖だけは届け出, 袖原さんが襟, 袖取れた黒七子の, 袖合羽の裾, 袖吹浦島の岸, 袖啼痕血痕に和す, 袖の内, 袖垂れて, 袖堅く緊つた, 袖墨絵の竹, 袖夕風に吹き靡かす, 袖外套を着, 袖がその, 袖真に受け, 袖姿で乗せ, 袖子たちを大きく, 袖宛ら蝙蝠の, 袖屏風君はお, 袖であります, 袖黒く客, 袖が馬鹿, 袖平参ろうかの, 袖広き襦袢は, 袖に耐風マッチ, 袖廻りとか絎物, 袖断れたなり, 袖引かれりや, 袖引きうしろ指さして, 袖引きひそかに笑う, 袖引きゃ妾の, 袖引き人間は外, 袖引き出して目, 袖引き合うように, 袖引き垣根から隙, 袖引き後指さす人々, 袖引き目送って, 袖引き結へる古, 袖引き聴耳立てて, 袖引く胃の腑こそ, 袖引合わせ腕組みした, 袖当てて裳, 袖形七厘位がよく, 袖の帯, 袖微塵になれや, 袖思い切て振払いしなら, 袖をたたき, 袖手間の取引, 袖手首には灑ぎ, 袖打ちかけし秋を, 袖打合せて静, 袖折りかへし, 袖を没する, 袖坂に, 袖振らず来つ忘る, 袖振り合ふ, 袖振り払って善平, 袖振るとは, 袖振合うも他生の縁, 袖振掛けてという姿, 袖掛け松なぞに遺る, 袖揃って手, 袖摩り合うも何とか, 袖いなりで思い出しましたが, 袖摺り御縁, 袖摺り合ったというの, 袖摺れた秋風は, 袖摺れるほどなれ, 袖擦りながら格子, 袖擦り合うも他生の縁, 袖擦り合うただけのえ, 袖擦り合わんばかりに行き違った, 袖擦れにはっと, 袖に入れ, 袖御手, 袖早くしろ, 袖芳尊, 袖暖簾のかげ, 袖書院であった, 袖赤地錦股立同, 袖に窮屈, 袖未練などがある, 袖東路などと名前, 袖枕枕あまりに床, 袖枕枕余りに床, 袖のかわり, 袖様白萩様のお, 袖模様の羽織, 袖の裾, 袖殺し一人は押, 袖母子ともほか, 袖泣いていた, 袖浅葱の褄, 袖に達す, 袖温容に褄, 袖港丸を試運転, 袖源七何じゃい, 袖の国, 袖潜りを静か, 袖濡らしける山水に, 袖濡らせとやひぐらし, 袖濡れたる筈が, 袖濡れようはずが, 袖炎々の焔, 袖無しシャツを着せ, 袖無しジャケツを着込ん, 袖無し外套にくるまっ, 袖無し姿の婆さん, 袖無し襦袢に腰巻, 袖無し襯衣だよ, 袖取るわかき, 袖に栗, 袖は違, 袖留為御祝儀, 袖も眩く, 袖の糸, 袖着流しのまま威儀, 袖矢来の東西, 袖知らせをし, 袖石塔の上, 袖突きつけられおのれがと, 袖の裙, 袖紅い裙の, 袖紅裙の衣, 袖は三つ鱗, 袖紋清らかに革鞄, 袖に, 袖組み合はせ腕, 袖組み合わせ腕拱きつつ, 袖絡み乳乱れ, 袖や珊瑚, 袖の襷, 袖ひ来, 袖翠鬟ヲ拉シ, 袖翳してすさる, 袖の込合うたる, 袖腹巻の布, 袖花道にまで無数, 袖草摺の附いた, 袖へいけ, 袖華魁ぢやねえ, 袖裂きて, 袖裏襦袢の袖, 袖に紛い, 袖裳裾などを押し戴き, 袖褄引合ひて, 袖を引く, 袖を手, 袖触れ合うも他生の縁, 袖が曳い, 袖赤き両手の, 袖足音を立てない, 袖跳ねる脚右から, 袖軽く喚鈴に, 袖輝き風薫つて緑の中, 袖近くあわれや, 袖通したりした, 袖をどこぞ, 袖部屋つき中広間は書院窓, 袖重いような, 袖重げに見え, 袖鉱泉宿は構え, 袖と御覧, 袖に着た, 袖長き衣を, 袖長く衣紋に, 袖門つきの入口, 袖門門柱から二, 袖閉ぢて, 袖能と, 袖のところ, 袖から磁石, 袖隠れに笠一つ, 袖を蔽いたれ, 袖だ靴, 袖をくれ, 袖香炉の煙る, 袖馬廻りに美男