青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「袋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

表情~ ~表現 表現~ 表象~ ~表面 表面~ 衰弱~ ~袂 袂~ ~袋
袋~
~袖 袖~ 被告~ 被害~ ~袴 袴~ 袷~ 裁判~ 装~ 装置~

「袋~」 4278, 46ppm, 2531位

▼ 袋~ (1174, 27.4%)

27 持って 20 出して 18 さげて 14 かついで 13 肩に 11 もって, 手に 10 持つて, 提げて, 腰に 8 あけて, ぶらさげて, 背負って 7 取り出して, 開けて 6 下げて, 取って, 取出して, 肩から 5 かぶって, 背に, 解いて 4 かけて, かぶせて, 取り出した, 背中に, 見ると, 負うて, 首に

3 [16件] おろして, かかえて, しょった人たち, つかんで, つけて, とって, ひらいて, ぶら下げて, 両手に, 出した, 出したが, 探って, 渡しました, 片附ける, 縫って, 頭から

2 [68件] あけると, かつぎ手拭, こしら, こしらえて, こしらえました, さか, しょって, しよつた人, そこへ, その手, つくって, とりだして, とり出した, とり出して, はずして, ひつさげ, ぶらさげながら, もつて, 一つお, 下へ, 二つとも, 使うの, 兩手に, 冠せて, 出しその, 切り破った, 取出しそれから, 引き出して, 恭しく持つ, 抱へて, 担いだまま, 担いで, 持ちて, 持ったの, 振り廻して, 探し出して, 提げたの, 握って, 携帯し, 枕に, 渡して, 破って, 社長から, 私たちに, 積んで, 空に, 突き出して, 置いて, 肩にかけて, 背負ひ, 脇に, 脱いで, 膝に, 被せて, 見せた, 見せて, 見た, 見つけて, 見つけ出す, 見て, 読んで, 貰って, 貼って, 送ります, 重そう, 開いて, 食卓の, 香の

1 [741件 抜粋] あけそれぞれ昼飯, あけた, あけないでは, あけながら, あげようと, あつめて, あなた方に, いくたびもいくたびも, いぢくつ, いったん置く, いつの間にか背負つて, うけと, うけとったの, うやうやしく押しいただいた, うんとこしこたま, えらんで, おいらに, おきあと, おさへて, おつぎ, おもみ, おれの, おろし中, お出しなさい, お咲, お寅, お捨てさせ, お目, かきまわして, かくして, かけた, かけた布袋, かけた旅装, かけた蝋鞘, かこい蟠った米友, かついだま, かついだまま, かなぐり捨て用意, かぶせたり, かぶせた時, かぶせはしご段, かぶったもの, かぶった帝釈丹三, かむせられて, かむった大, きりつと, くは, くわえて, くわえるよう, ぐらぐらに, けりましたから, こしらえようと, こっちへ, さぐる手先, さげたま, さげた女, さげた小僧, さげ喜久子, さげ男みたい, さげ石盤, さしつける人形, さし出して, さし天蓋, さらい, さらひ, しきりに担ぎ出し, した顔, しっかり収め, しのばせて, しばらくひっくりかえし, しぼって, しめがね, しよつたまま, しよつた影, じっと見つめ, すこし大きく, せおって, せなか, そこに, そこにおいて, そっとうちふところ, そっと引きずっ, そなえて, そのま, そのまま遣りました, そばに, そばにおいて, たのしみながら, たべては, だすと, ちょいと, つけてるん, つなぎ合せた, つみこんだそして, つんで, とつた, とりあげたからには, とりあげられうしろ, とりだすと, とり出しその, とり出す, どうやらころがし, どこへ, なくして, なげつける, ぬすみ取りそれから, ぬすんで, のちには, はいた娘, はいでこしらえた幕, はかせて, はた, はたく科, はめた指さき, ひつ抱へる, ひょいひょいと, ふたたび氷, ふらりと, ぶらさげいっさんに, ぶらさげたまま, ぶらさげた両, ぶらさげた出征者, ぶら下げながら, ぶら下げました, ぶら提げながら, ぷつりと切っ, ほどき中, まず取り出し, まづ片々, みんなの, めがけて, もたされるの, もたせると, もちだして, もてあそんで, もらって, もれて, やつこら, やぶったが, やぶり押入れから, やると, よく見ろい, わざとらしく軽く叩いた, エキモスに, ガチャガチャと, シッカリと, スッポリと, ソーッと, テーブルの, ブラさげ, ブラ下げ, ベッドに, ポケットから, 一つことづけた, 一つひっぱり出し, 一つ投げ出さなけれ, 一つ載せる, 七ツ八ツ腰に, 万作に, 下げそこ, 下げそれ, 下げた神さん, 下げ更に, 下されたと, 下して, 両手で, 両方から, 両方の, 並べて, 並べ立てた, 中心に, 二つかさねた, 二つつみました, 二つづ, 二つも, 二つ抱え, 二つ持つ, 二つ買っ, 二度も, 二抱えも, 五十箇と, 今に, 伏目に, 何かに, 何處へ, 作った, 作って, 作つてそれから, 作り妻, 作る, 備えつけたり, 優美に, 入れて, 入れる時, 兵営から, 内へ, 内職に, 出しかけた, 出しそれ, 出しました, 出すとき, 出て, 切って, 切り開いて, 切り開き虫, 前に, 前にかけて, 剥き魚籃, 力一杯娘, 千切つてしまつたのさ, 卓の, 取つて, 取りあげて, 取りだしながら, 取りに, 取り出しパトラッシュ, 取り出し手早く, 取り去って, 取り落して, 取り除ける, 取上げて, 取出した, 取出しました, 取出し袋, 取出すと, 受けとった, 受け取りしゆゑ, 受け取り老, 受取った, 受取って, 口に, 叩きつけてから, 固く握り, 土間の, 地べたへ, 垂げた五六人の, 埋め果てんかなと, 執りその, 壇上から, 売って, 売る店, 外から, 外側に, 大切さうに胸に, 女が, 妻に, 子供に, 子供達に, 小僧が, 小出しに, 小腋, 山の, 嵌めて, 差して, 差し出して, 差出した, 差出して, 幾つも, 広げる事, 床の, 床の間へ, 引っかぶせられ, 引ったくる, 引つさげて, 引つたくる騒ぎ, 彼に, 彼の, 忍ばせて, 忘れた, 懐に, 懐中, 懐中へ, 懷へ, 手がかりに, 手にとって, 手の, 手早く隠し, 払いました, 払って, 投げたの, 投げやる, 投げ与えた, 投げ出したという, 投げ出しグッタリ, 抜いたところ, 抜いたの, 抱いて, 抱えたまだ, 抱き起して, 抱へ, 担いだま, 担いだり, 担ぎこんだ物音, 担ぎ続けに, 担った糠だらけ, 担つて恋泊の, 拝んだ, 括り付けて, 拵らへに, 拾いて, 拾って, 持たせて, 持たないサンタクロス, 持ちあげて, 持ち山子, 持ち戻った, 持ったが, 持った人, 持った人々, 持ってたという, 持っては, 持つたの, 持つた三本, 持参したなら, 持込んで, 指で, 指差し, 振って, 振分けに, 捨て, 捨てて, 掌面に, 掠奪させた, 探つた時, 探つて, 探るの, 推理によって, 掴んだ信吾, 掴んで, 提げた私, 提げ懷中電燈, 提げ自転車, 揚げます, 握ると, 揺って, 搜さなき, 携えながら, 携え一方, 携へて, 攫んだ信吾, 敲いて, 斜っ, 旗印として, 昔で, 景気よく, 枕代りに, 検察官に, 楽々とか, 横に, 歌つた歌がも, 池に, 洋袴の, 深い雨樋, 添へて, 減らしながら, 渡されて, 烏帽子入れたま, 煮ては, 片手で, 猫板の, 用意した, 男に, 發見した, 盗み出しました, 盗み出すもの, 盜られた, 目潰しに, 着せて, 着た背, 破いて, 破った死人, 碧血に, 私の, 積んだ中, 穿かせて, 突いて, 突きつけた, 突出す, 突込ん, 節子に, 米友の, 素子は, 結える観世綯, 結んだり, 絞る様, 編みかけた, 縦に, 縫い妻, 縫い絵, 縫うのに, 縫った, 縫つ, 縫ふ, 織る機台, 置いた, 置いたまま, 肌に, 肩へ, 背お, 背おわせ, 背つ, 背嚢から, 背負いよろよろ, 背負い両手, 背負い気仙沼付近, 背負い背中, 背負ったまま枕もと, 背負った文吉, 背負つ, 背負つたことが, 背負つて彼は, 背負つて歩いた, 背負ひ直した, 背負ひ直す, 背負わぬ女の子, 胸に, 脇の下に, 脱いだ, 脱いだ一人, 腕に, 腰の, 膝の, 膨脹させ, 自分の, 舟底へ, 船長に, 草刈籠から, 落したの, 落した時, 落し逃れた, 落として, 袂に, 袂へ, 裏返しに, 製して, 襲った, 見いだした, 見せまして, 見せられて, 見つけたいち, 見つけたかしら, 見つけること, 見ては, 見ようとも, 見る事, 見れば, 見舞において, 覗いて, 解き美しい, 解剖き, 調べたら奥歯, 調べて, 負いしも, 負いし時, 負うたと, 負ったよう, 負わせ従者, 負わせ從者, 貰つた兵隊さん一番つまらな, 貰つて帰つた, 買うたらしい, 買は, 足で, 足に, 足もとへ, 路用として, 車の, 載せた洋裝, 輕く, 迎えに, 送らなかったという, 送りました, 進ぜられるとある, 運び込んで, 運ぶん, 道の, 選んで, 釜に, 釣るし, 鋏で, 開いた, 開き中, 開けた, 開けば, 開けると, 開け郵便物, 附けて, 降して, 降雨や, 離れんや, 鞄と, 鞍の, 鞍輪から, 順次に, 預けて, 頼んで, 風呂敷に, 馬に, 馬の, 鼻の

▼ 袋~ (911, 21.3%)

84 中に 66 中から 47 ような 45 中へ 42 口を 40 中の 25 中には 21 中で 20 ように 14 やうな 13 なかに, 中を 11 やうに 9 鼠だ, 鼠と 8 ま, 鼠に 7 口の, 底に, 紐を 6 上に, 口が, 鼠も 5 鼠の 4 なかの, 口から, 底から, 底を, 緒が, 緒を 3 なかから, なかには, ねずみだ, ひもを, ネズミだ, ネズミです, 口に, 物を, 鼠

2 [29件] なかで, ねずみと, はいった笊, ままで, ようである, ネズミに, ネズミも, 上から, 中は, 傍へ, 口は, 外に, 山みた, 底の, 所在を, 捺印とか, 掛った大小, 用を, 目から, 穀物を, 結び目を, 蛇を, 裏には, 金貨とを, 金貨を, 顔を, 鼠じゃ, 鼠で, 鼠である

1 [283件] あいだを, あひだ, ある間, いふこと, うえには, うちに, おかげで, お金で, か, かかって, かげさえ, がさ, ことで, ことを, ごとく膨らんで, すそに, すそを, それが, たぐいである, ちぎれたの, ついた眼, なかへ, なかへと, なかを, ねずみ, ねずみです, ねずみどう, ひとつひとつでしか, ままに, ままの, まま写真ブックの, まま新聞や, まま渡し, まま背中に, まま茫然と, まま裁縫袋の, まわりに, まんま海を, ものを, もよう, やぶれる音, ようで, ようなきれ, ようなる, わきに, クグツから, クグツが, クグツと, ステキな, セメンエン, ネズミとでも, ヘロインという, ボンボンを, 一つが, 一ヶ所が, 一個には, 一句を, 一方を, 一種に, 一種を, 一角を, 万金丹を, 上までを, 下から, 下った顔, 下に, 下の, 下を, 世帯道具一式を, 世話を, 両側に, 両端から, 両端を, 中, 中か, 中からでも, 中からは, 中が, 中では, 中と, 中にでも, 中へて, 中へと, 中も, 中よりは, 中一パイに, 中味は, 中味を, 中銀の, 事で, 事を, 仕末, 他には, 代りに, 代り帯を, 代わりと, 代わりに, 代表作の, 価値を, 儘傍の, 先を, 入口に, 内に, 内には, 内へ, 内側を, 内容は, 内弟子と, 出よう一つ, 出来て, 割に, 効果は, 十を, 南京豆を, 口には, 口へ, 口も, 古い写真, 各々に, 名が, 周旋で, 唾を, 噂で, 地蔵菩薩を, 堆積が, 場合に, 塩を, 外から, 外を, 外観によって, 大事な, 奥の, 奪ひ, 如, 如くこしらえ, 如くに, 子孫を, 安き地, 家の, 家へ, 小銭を, 山の下に, 山毛欅は, 底が, 底などを, 底は, 底へ, 座布団と, 強い薫り, 弾丸が, 形に, 形を, 御方が, 性を, 意味が, 愚を, 手触り米に, 掻餅が, 数を, 敷島が, 文字は, 文章は, 新らしい, 方は, 方へ, 春過ぎ, 暗やみから, 月は, 服用時は, 材料という, 材料の, 束を, 松のも, 模樣に, 横腹に, 横腹を, 水が, 炭を, 煎餅を, 物と, 番人に, 発明は, 白砂糖を, 石版の, 砂を, 破綻を, 碑は, 秘文, 穀物と, 積み込みが, 空気を, 窓掛を, 筋金は, 米と, 粗い目, 糸目を, 紐, 紐が, 紐と, 紐の, 紐附け, 細君ださうです, 結び目から, 結び目へ, 綿は, 緒は, 緒も, 繊維は, 置場を, 群は, 習慣が, 背筋を, 胡桃を, 色が, 莨の, 蕎麥粉を, 蕎麦の, 薬を, 藥を, 表には, 表皮が, 表面を, 裏に, 裡では, 角が, 角の, 言葉を, 記述と, 話多く, 諸生かしこみ, 謎である, 近作紀行文集, 送別会を, 速水女史が, 運搬用の, 遺書は, 重いの, 重い底, 重きを, 重たい仏様, 重みが, 重みを, 重味だけでも, 重味で, 重味でさえも, 野菜物の, 金を, 金貨は, 鉄橋を, 銀ぐさり, 銀貨を, 銭塊を, 鑿小刀は, 間から, 面目も, 音か, 頃に, 類は, 風船は, 香にだけでも, 香りと, 馬鈴薯とを, 麦と, 麦に, 黄色の, 黄金が, 黄金を, 黍の, 鼠お, 鼠か, 鼠この, 鼠でしょう, 鼠です, 鼠といった, 鼠どう, 鼠や, 鼠を, 鼠同様だった, 鼠同様に, 鼠同様の, 鼠片づく, 鼠素直に, 鼠飢え疲れ

▼ 袋~ (511, 11.9%)

83 入れて 9 なって 8 いれて 7 入って 6 納めて 4 して, つめかえて, つめて, 収めて, 手を, 詰めて, 這入って, 金を 3 おさめて, しまって, それを, 包んだの

2 [23件] あり, いっぱい蛇, いれては, お金や, したる, すれば, つめこんで, ものを, 丁度宜いやら, 世帯道具を, 入ったの, 入つて, 入れ, 入れたの, 入れたまま, 入れた三味線, 入れた琴, 入れた長い, 包まれて, 包んで, 眼を, 縫って, 詰めかえ

1 [308件] あけました, ありつく米, ある所, いっぱい, いっぱい入っ, いっぱい包ん, いれそれ, いれたり, いれながら, いれるとき手紙, いれ白く, いろ, いろいろの, いろんな品物, うつす, おさめられ柘榴, お収め, かわるがわる手, きっと何, ぎゅうぎゅうつめこん, くいついて, けつまずいて, こめて, これが, されたり, した, したって, しまいながら, しまい歩調, しまったらしい, し話す者, すがりついた, すがりついたまま, すぎなかつた, すべきもの, する, その疲労, ついたまま, つつまれた茶壺, つつまれ吉川家, つつんだ一振り, つまづい, つめこんだ, つめたまま, つめたもの, つめた収穫物, つめられた酒, つめられる, つめるの, つめる連中, つめ込んだり, とり入れた物, どっさり貯えおき, なってるよってに, なつた, なでこんで, ならぬよう, なり春月, なるし, なるだらう, なるよう, はいったの, はいったまま宙, はいった一笛, はいった三味線, はいった君, はいった琴, はいった鞍馬用ピストル, はいつて, は種の, ひつか, ひょいと入れる, ぴらぴらケープの, ぴらぴらテープの, ふるい酒, へばりつき何年, みち月, むきし沓, わざわざ金, アンモニアを, イクラと, イワシの, キャベツだの, クグツという, クグツの, ドロを, ハンケチ二つ入れた, バイオリンを, 一ぱい智恵を, 一包の, 一握りの, 一杯七つも, 一杯砂糖も, 一羽の, 三つだけ, 三升詰めた, 二十枚ずつ, 似た品, 余りある, 作りつけ, 作るので, 充満に, 入ったきんかん, 入ったまま床, 入ったもの, 入った一旒, 入った丁坊, 入った三味線, 入った八寸, 入った大店, 入った小さい, 入った少年, 入った救命具, 入った林檎, 入った短刀, 入った陶器, 入つた, 入つた懐剣, 入つた薙刀, 入つた飴, 入らないの, 入り艀, 入れお, 入れかえるとき, 入れかえ二人, 入れかけた時, 入れこちら, 入れこの, 入れず普通, 入れそれ, 入れたあの, 入れたそば粉, 入れたま, 入れたまま五百円, 入れたり, 入れたるもの, 入れた一, 入れた一口, 入れた刀, 入れた守り刀様, 入れた小石, 入れた屏風, 入れた懐剣, 入れた月給以外, 入れた木剣, 入れた物, 入れた短刀, 入れた短刀よう, 入れた石ころみたい, 入れた積り, 入れた竹刀, 入れた米, 入れた粟, 入れた糸瓜, 入れた素材, 入れた蒙古刀, 入れた薬玉, 入れた金, 入れた鬱金, 入れた麥コガシ, 入れふご, 入れました六つ, 入れまた, 入れられた分, 入れられた太刀, 入れられた白鞘, 入れられた義足, 入れられ柱, 入れると, 入れるの, 入れるので, 入れるッ, 入れる爲め, 入れる者, 入れサーベル, 入れ五右衛門釜, 入れ又, 入れ常住坐臥, 入れ弾雨, 入れ御, 入れ殺して, 入れ犬射, 入れ畳椅子, 入れ終って, 入れ車, 入れ鍋, 入れ鳩, 入れ黒瀬橋, 包まれた二重, 包んだもの, 包んだ古色蒼然, 包んだ太刀, 包んだ小型, 包んだ短刀, 包んだ鞘, 収めこの, 収め朝夕, 名を, 塩一升ぐらい, 填めたやう, 太刀は, 封じた儘, 小判が, 居残つて手, 届き蓑吉, 必ず鼠三疋, 念を, 扈従し, 手がか, 打って, 投げ入れたパスカル, 拾ひ込んだ, 持ち添, 持って, 挿し込むの, 掛けて, 描くこと, 換えたり, 旅の, 杖を, 楽器を, 槍薙刀も, 横目を, 死体を, 母の, 気がついた, 気がついたの, 気づいて, 注意しろ, 活でも, 消毒した, 添へ, 満てて, 潜ませて, 火が, 煎餅ぐらいは, 父が, 獅噛みつく, 瓦斯を, 當つた, 當つた人一番幸福な, 百姓の, 盛って, 目が, 真珠貝を, 矢の, 砂利を, 礼を, 私たちの, 秘めた書状, 秘められて, 穴を, 突きさ, 突き差して, 突込ん, 米と, 米を, 納つた, 納つた世の中には, 納めきるの, 納めた六連発, 納めた茶入, 納めました, 納められて, 納めるも, 紛れなかった, 結びつけたもの, 編棒を, 縫い入れたもの, 縫い込んだダイヤモンド, 縫ったもの, 縫へな, 腰かけて, 茶入を, 菓子折くらゐ, 葉付の, 葛布の, 蓄は, 蔵し, 蝋を, 裹む幻術者どもの, 詰って, 詰めこみはじめた, 詰めは, 詰められた僕, 詰められて, 詰め充分に, 詰込んで, 諸手を, 豆か, 貯えて, 辞して, 返してから, 這入った一尺, 這入つて, 過ぎない, 銀貨を, 銅貨を, 鏡を, 附いて, 隠れたり, 顔を, 風を, 食いついた道庵, 食い下りました, 食糧品を, 餌を, 麻衣鐵鉢を

▼ 袋~ (198, 4.6%)

6 あって 3 出て

2 [13件] あった, あるん, それに, ないの, はいって, 入って, 忍ばせて, 投げ出され沢山, 時を, 物を, 目に, 置いて, 見えた

1 [163件] あちらこちらに, あり食物, あるの, あんたを, あんまり小さく, いっぱいに, いつぱいになるといふところで, いよいよ以, うづ, うなずくの, おかれその, おちて, お前たちの, かくれるほど, かけて, かならず置い, かぶさって, からに, きちんともと, く, このあたり, さげて, ざらに, すみからすみまで, すわる, そこに, そっとお蔦, たおれない様, たちまちメヅサ, たれて, ついて, ついて行く, つくられて, つみこまれて, つみ重ねられたまま, どうも御, ないああ, はちきれそう, はち切れたよう, ぴたりと, ふえて, ふくらんで, ふっきれた感じ, ぶらさがって, ほとんどゼロ, また二つ, まだどこ, まわして, まわった, もどって, ゆうゆうと, チットも, ポッカリと, 一つかかっ, 一つずつ, 一つと, 一つものかげから, 一つ無く, 一つ紐が, 一千枚ほど, 一杯つめこん, 一杯砂, 三日前に, 下って, 並べて, 事務卓の, 二つく, 二つも, 五百五十種入っ, 人間のと, 以前の, 伸びて, 例と, 出してなかったので, 出た, 出たぜ, 出来たり, 出来上った, 包みこんで, 四つと, 土に, 埠頭に, 執拗に, 堆くつん, 多く付着, 天に, 好きでした, 如何にも大きく重, 妙に, 容疑の, 封筒の, 小さい上, 床の, 忽ち大, 戸を, 投げ出して, 折り曲げて, 掛って, 揃えば, 揃って, 揃つてゐれ, 揃へば, 日に, 日に日にう, 明治三十九年かに, 最早行き渡っ, 板張りに, 歩きまわって, 歩き出す, 残って, 毎日街を, 水に, 沙羅の, 沢山持ちこまれる, 沢山部屋, 波の, 洋服に, 渡され先づ世話役, 現われた, 眼に, 破つて, 破れでも, 確かに, 私の, 積まれ應援, 積込まれて, 空に, 突然急い, 立つので, 立派な, 紀行文家と, 紅一遍摺である, 結えて, 結びつけられた背負梯子, 絡まって, 綻びだらけ, 縁側に, 自然と, 船よりも, 花輪の, 落ちて, 蒼ざめた赤い, 藪の, 街を, 裂けたので, 見えない, 見えませんが, 読めた, 謙作の, 転がって, 軽くなった, 載せて, 近付いた瞬間, 近所の, 重さうに, 開かねえからな, 附いて, 附着いてる, 非常に, 頑強に, 風に, 飛び散って, 首に

▼ 袋から~ (152, 3.6%)

8 出して 3 一枚の, 何か, 時計を, 金貨を 2 とり出して, 例の, 取り出して, 手帳を, 来たという, 細い柾目, 鍵を

1 [118件] いくらかの, いろいろな, うけついだもの, お菓子なぞを, きざみ煙草, くちゃくちゃの, すぐ返事, その形, その材料, だよ, つかみ出す金貨, つまみ出された, とり出したサンドヰツチ, とり出し漢曲, なる美し, コンパクトを, ナイフを, ヤカンへ, 一握りの, 一本を, 一本抜い, 一本抜取っ, 一種特別な, 一葉の, 三つばかり, 三味線を, 丸薬を, 二三枚の, 井戸の, 出したところ, 出したり, 出したん, 出した仏像, 出した可愛らしい, 出した懐中鏡, 出した紙幣, 出て, 十七円を, 千里眼の, 半巾を, 半紙に, 取りだして, 取出して, 可愛らしいハンケチ, 吐出されたゴチャゴチャ, 嗜人草を, 外へ, 大きいアルマイト, 容赦なく, 寺社奉行へ, 小さな木, 小さな紙包, 小さな與吉, 小提灯, 小粒を, 小鈴, 小銭を, 山毛欅の, 岩形氏の, 岩波の, 巻尺を, 巾著印籠煙草入の, 幾等かの, 引き摺り出したもの, 彼女は, 懐中ランプを, 懷の, 手巾を, 手帛に, 抜いて, 抜き出したの, 抜き出した時, 拳銃を, 持ち合せ, 探しだして, 握飯を, 時価一千万円に, 梨を, 櫛や, 液体蝋を, 煙草を, 煙草入を, 燧石を, 現在に, 産れた, 白い手巾, 目安箱の, 相当の, 真白な, 眼を, 礫を, 穴銭を, 筮竹を, 米友は, 紙入を, 脱け, 興味を, 茶入を, 菜根譚を, 菩提樹の, 落ちた銀杏, 蝦蟇口を, 血だらけな, 貰って, 転がり出したやう, 軸に, 這ひ出す, 金縁の, 針と, 針を, 鉄砲を, 銀貨と, 銭を, 顔を, 食べて, 食物を, 首だけ, 首だけを

▼ 袋~ (145, 3.4%)

2 いつぱい, ないの, やるよ, 中, 緞子

1 [135件] あつた, あれだけの, いったいどこ, いつしか尨大, いつも變ら, いて, お送りする, ここには, この小説, ずっしりと, そのまま杖槍, その夜, その後, その日, それを, たいしたもん, ただちにドイツ領事館内, だいぶコチトラ, つい藤夜叉, つかひますが, どこかの, どこに, ぬすまれるしかた, はみだすほどに, ぴんとはり切っ, ぺしゃんこ, まだやぶい, もうありませぬ, もうすこし, もう引きつけられた, もう永遠, もって, もっとよく兵卒, もともとだれ, やはり情緒綿々, キット何かの, パリー人の, プロペラーの, ルスキー島から, 一人に, 一体誰, 一座の, 一時好事家間に, 丁坊の, 三個しか, 五銭ばかりの, 人生を, 今でも, 他の, 以前の, 何だか重, 何を, 何処へ, 信長の, 出て, 切って, 動こうとも, 十倉の, 十日ばかし, 単純である, 又七, 古小判, 台所の, 向井霊蘭の, 墓地の, 外皮と, 夜目にも, 大きくふくらみ, 大きくふくらん, 大していやがらず, 大作家, 実はわたくし, 工場の, 幽霊の, 幾つか, 引き千, 引っ込んで, 彼女が, 後ろへ, 快く頷いた, 我々の, 戦争に対して, 持たせなかつたさ, 故國日本, 新しいもの, 旅を, 既に朽ち果て, 明日あげます, 明日持つ, 明治二十七年四月六日太田玉茗, 普通に, 棚から, 残った, 毎日使つて居た, 水夫の, 水色と, 氷上に, 熟して, 燃ゆらし, 独歩の, 玄白と, 甚太夫の, 生と, 申しあげました, 申すまでも, 相当の, 眉を, 祖母の, 私が, 私の, 空虚だ, 米俵の, 結構です, 羽根の, 老夫人, 耽溺に, 肥って, 胸の, 能装束の, 自家の, 花袋で, 荷車に, 葯と, 蓋し代金, 虹猫がは, 被せられて, 見付か, 足利織, 遺品ぞと, 重からう, 随分大阪, 額を, 首の, 魔法の, 黒の

▼ 袋~ (96, 2.2%)

19 入れて 8 手を 2 お米, 入れた三味線, 納めて

1 [63件] いっぱい孕ませ, うつしこむ, おさめて, かかって, この灰, しまい込むと, そっとほり込ん, つっこんで, つつみこんで, つめこみながら, つめこんで, ねじ込んだ, はいりこんで, グイと, シッカリと, 七つも, 何かは, 入りこんで, 入れたって, 入れたり, 入れた刀, 入れた時それ, 入れた琵琶, 入れました, 入れようと, 入れると, 入れるもの, 入れる鉄くず, 入れ搾りし物, 入れ頸, 再び右, 収めた, 収めて, 収める時, 叩きこんで, 大事な, 密封し, 差入れ右, 巻き直し, 投げ込み翅, 押し込めたもの, 毛ぬきだの, 澤山詰め, 田山白雲の, 盛られた白葡萄酒, 石炭を, 移して, 突込んだ, 米と, 米を, 納まるん, 納めた, 納める, 納めると, 蕎麥粉を, 詰めた銭, 詰め込むなんて, 集めて, 集めはじめた, 飛びか, 飛びついて, 食いついたから, 食べ物などを

▼ 袋~ (89, 2.1%)

2 いっしょに, なるに, マッチとを, マッチを, 一緒に, 白木綿の, 言ふ

1 [75件] あるも, いい生前現世, いわれて, いわれる博士たち, うちはを, え, この大将, この鍵, ぢといふ, とりか, なりに, ふしぎな, まんじゅうの, もう一封それ, よぶ紙, ボーナスの, マッチと, 一しょに, 一枚の, 云い腕, 云う医者, 人參の, 冥界王ハデースの, 切符束とを, 化けて, 化して, 同じに, 同一やうな, 同行する, 味噌の, 土瓶と, 奥の, 小さい河豚太鼓, 小判を, 小瓢, 小豆の, 小革鞄, 帝政時代の, 年玉の, 影を, 悪漢と, 懐中蝋燭は, 手提鞄と, 手紙とを, 新音曲, 桂月で, 棒の, 水とを, 洋傘とを, 洋傘を, 洋杯が, 浮浪民たる, 溝掃除の, 煙管とが, 煙管を, 燐寸の, 燐寸を, 猟銃を, 珠数が, 珠数を, 相対し, 箒を, 紋附を, 莎草の, 見て, 言い中味, 言われたほどの, 謂う者, 酒の, 金一封を, 鈴を, 長ぐつをこしらえてやりました, 隠兜, 飛行靴と, 麦を

▼ 袋探偵~ (60, 1.4%)

2 はうっかり, はこの, は急, は烏啼, は猫背

1 [50件] がその, が声, が拾った, が解く, としては既に, には笑止, に囁いた, に抱きついた, の常に, の活動, の肋骨, の言葉, の買った, の質問, の酔払った, は, はあれ, はいつ, はいよいよ, はつかつか, はわりあいはっきり, は一つ, は伯爵, は余輩天, は八つ手, は午後三時帰宅, は呻, は困惑, は安東, は座席, は引, は徹頭徹尾, は溜息, は玄関, は目, は直感, は腕力, は自分, は若, は落着き払っ, は行詰っ, は銃口, は隠し, は頭, は頸, は顔, は鼻, ももっと, をたいへん, を追

▼ 袋~ (50, 1.2%)

2 持つて

1 [48件] あとから, あながち皮, あまり見かけなくなった, ありぬべし, あるも, あんたの, いつか干からび, おろしました, おんなじだ, きみの, この言葉, この頃, これに, ついて, まき込んであるなど, やはり栗色革, やれば, 一緒に, 二つ島田への, 何かで, 何も, 作って, 入って, 千利休の, 寄こさないで, 帽子も, 弱りですね, 必要と, 投げ出し, 投げ出すよう, 提げて, 既に四十日間, 有る箱, 次に押し戴い, 残らず葬礼人夫, 渡しました, 無い事, 煙管も, 破れ靴も, 箱も, 籠も, 薬売り, 見付かりました, 買って, 赤い, 配られたので, 金も, 靴も

▼ 袋~ (48, 1.1%)

2 あつた, 山形を

1 [44件] あらわれた神, おおったシャンデリア, すばらしい蕃殖力, それに, それを, つくろうの, つつまれて, めでたく高砂, わたしたちに, 一向にとりあわない, 上という, 両手が, 中には, 六十枚あった, 出来上って, 叩かれて, 客の, 山崎氏と, 幾つも, 広まって, 思ひ知りました, 患部を, 打ちのめされ頭, 持つと, 棒の, 此の, 此れ, 火を, 留まったと, 稍始末が, 稲藁の, 紫羽二重の, 結構で, 縫つた衣物に, 肥張な, 背中に, 苦労する, 買うと, 造ったもの, 運びだす貴重品, 運搬する, 遠い路, 鍔元を, 間に合わして

▼ 袋~ (47, 1.1%)

2 箱を, 箱包を, 鰹節なぞが

1 [41件] いずれも, いろんな持物, これに, その中味, そんなもの, クスネの, コートや, トランクが, ヒョウタンを, 乾物の, 何か, 余分の, 包荷が, 子供洋服や, 子供達の, 小さな帳面, 小切れに, 尻尾を, 弓掛松脂の, 手套を, 枝なりの, 水筒その他を, 洗盤ほども, 烟草入れなどを, 爺さんの, 祖母の, 科の木の, 竹籠の, 籠の, 籠を, 粉挽機械の, 絵本の, 缶の, 耳袋に, 苧や, 蜜柑の, 負い籠, 酒の, 醜い管, 金の, 風呂敷類ばかりに

▼ 袋~ (43, 1.0%)

2 が, が七瀬, の声, は調所

1 [35件] から, がいっ, が呼んだ, が憎く, が振向いた, が肩, が膝, が身体, そうで, そうでない, など何, に聞く, に話しかけた, の後方, の方, の胸, の言葉, の顔, はじっと, はすぐ, は出た, は口早, は床の間, は怒り, は昂っ, は暫く, は気, は立, は綱手, は腕組, は顔, へ冷やか, へ話しかけた, も邸, 暫く遠慮

▼ 袋には~ (41, 1.0%)

4 いって 2 いつて, まだ沢山ある, 三十七文残っ, 何が

1 [29件] いってる鬼子母神様, いつた三味線, いつた部厚, それゆゑいつも, どれにも, どれも, まだ相当, 一ツ, 入れません, 公爵のみ, 冨美子の, 名前が, 囚徒の, 底が, 手も, 昼飯の, 朝日理髪店と, 浅草御門内馬喰町四丁目淡島伊賀掾菅原秀慶謹製と, 淡巴菰, 真赤な, 粗布を, 聖者の, 金が, 長い丈夫, 食物が, 飴玉が, 馬鈴薯が, 馴れて, 鶸鶫

▼ 袋入り~ (30, 0.7%)

4 の刀 3 の物 2 の一品, の笛

1 [19件] でありますから, に成っ, のつりざおにすすけきった魚籃, のバター, の一刀, の乾菓子, の守り刀, の琴, の琵琶, の白鞘, の短刀, の秘戯画, の箱, の米, の蜜柑, の蝙蝠傘, の銀貨, の額面用名画, やカチ栗

▼ 袋~ (23, 0.5%)

42 こと, のを

1 [15件] いつの間に, かがとりつけられ, から少し, が掏, けれども雀, ぜ, ぞと云うらしい, だきの, つて, といっ, とか云, とか落し紙, な, ね, のが

▼ 袋路地~ (22, 0.5%)

3 の入口 2 に追

1 [17件] がただ, だ, でした, で捕手, と知らず, と言, になつて, に入, に突き當, の一番奧, の別世界, の奧, へ入, へ追, へ逃げ込んだ, も鳩羽色, を屋敷

▼ 袋~ (17, 0.4%)

2 のうち

1 [15件] で銃火, のお初, のこと, のプラ・デタン, のランプ, の弥生, の方, の行詰り, の街燈, へも行かない, へ寄っ, へ爺さん, へ行った, へ足, をのぞい

▼ 袋みたい~ (12, 0.3%)

8 なもの 1 な服, な黒い, にみえる, に衣嚢

▼ 袋~ (12, 0.3%)

31 が, で卵, の大徳, の渡海, の記事, の説, はさらに, は寛永十一年, は戦国時代

▼ 袋~ (11, 0.3%)

1 [11件] かちかちに, ついで彼, なにかを, 三袋かの, 何かの, 何ぞの, 何に, 壜の, 笛や, 臍の緒書きの, 鮭を

▼ 袋~ (11, 0.3%)

2 である, の方 1 だ, だよ, なのに, に突きあたり, に追いやった, の一番奥, を入

▼ 袋でも~ (10, 0.2%)

2 持って, 着て 1 お伽噺よりも, かぎ出したかの, かぶせたよう, 捨てられず奥さん, 斬ったよう, 背負って

▼ 袋とを~ (10, 0.2%)

1 借りた, 取上げて, 左右の, 思い出した, 手に, 持つて, 携えて, 添えて, 見つけて, 見比べるだけ

▼ 袋とか~ (8, 0.2%)

2 それらの 1 そういう民具, 何んとか, 箱とかに, 籠とかを, 金剛石紅玉青玉が, 鉈鞘とか

▼ 袋とは~ (8, 0.2%)

1 その製作材料, なり得ない, 何者かの, 名の, 比較に, 永年追, 知らないが, 離れ難い

▼ 袋とも~ (8, 0.2%)

2 見えて 1 いう, なれず相談役, 一晩に, 出して, 見えず挟, 語らず黙々

▼ 袋などを~ (8, 0.2%)

1 おしょい, くれる, さげ買物, 印刷し, 手土産に, 持って, 白の, 集めて

▼ 袋をか~ (8, 0.2%)

4 ぶつて 2 ぶつた 1 ばつて, ぶしたり

▼ 袋~ (8, 0.2%)

1 がたった, というの, とになっ, にした, の傘, の砲丸, はその, 衣裳掛なる

▼ 袋ごと~ (7, 0.2%)

1 どさっと, 丸めて, 取って, 呉れて, 投げ捨てて, 燃えて, 突き出した

▼ 袋など~ (7, 0.2%)

2 一と 1 いふ無, 丹念に, 持って, 持っとるよ, 裏が

▼ 袋だけ~ (6, 0.1%)

1 取って, 家へ, 手に, 背負って, 買い求め腹, 重くし

▼ 袋だの~ (6, 0.1%)

1 ヘミングウェイの, 小瓢箪, 手提げの, 皆壕へ, 耕作機械だの, 風呂敷の

▼ 袋という~ (6, 0.1%)

1 ものかね, 大きな袋, 大袋, 定めも, 者が, 風に

▼ 袋といふ~ (6, 0.1%)

1 のが, やうな, 大きな袋, 様な, 樣な, 諢名を

▼ 袋にも~ (6, 0.1%)

1 いろいろある, たれて, 滴りぬらむ黄昏, 生絹が, 藤村にも, 贈物は

▼ 袋より~ (6, 0.1%)

1 一挺の, 六尺程の, 取り出した時, 取り出して, 毛布取出し, 糒を

▼ 袋一つ~ (6, 0.1%)

1 とチベット銅鍋一つ, の逞しい, ひっ背負ったの, もって, 上げるからと, 持って

▼ 袋イソメ~ (5, 0.1%)

1 が夏, とイトメ, などを持参, の餌, やゴカイ

▼ 袋廊下~ (5, 0.1%)

1 の壁ぎわ, の突当りだった, の行き詰り, も見さだめ得ない, を振り向いた

▼ 袋竹刀~ (5, 0.1%)

1 でやる, で試合, の片側, や木刀, を握っ

▼ 袋買っ~ (5, 0.1%)

2 て袂 1 て来, て来い, て来た

▼ 袋といった~ (4, 0.1%)

3 ほうが 1 ように

▼ 袋とが~ (4, 0.1%)

1 あるばかり, 妙に, 物々しく掛け, 置いて

▼ 袋中和尚~ (4, 0.1%)

1 によってまた, の, の著, はその

▼ 袋~ (4, 0.1%)

1 という有名, と廿軒茶屋, の娘, の裏路地

▼ 袋和尚~ (4, 0.1%)

1 といつ, と呼ん, は六日, は和歌俳諧

▼ 袋~ (4, 0.1%)

1 に端折っ, に縫つた更紗縮緬, のプッジング, の土器

▼ 袋攻め~ (4, 0.1%)

2 の奇陣 1 にせん, の秘帖

▼ 袋~ (3, 0.1%)

1 なんぞ入, へ担げない, へ汽車

▼ 袋さん~ (3, 0.1%)

1 と, と三人, 来てる

▼ 袋では~ (3, 0.1%)

1 ない, 分らず本名, 脅かされたが

▼ 袋~ (3, 0.1%)

1 のでフット思い, ので二人, ので柱

▼ 袋なぞ~ (3, 0.1%)

1 へ入れない, 拵えて, 枕頭に

▼ 袋などが~ (3, 0.1%)

1 ころがった, まだ散ら, 弔つてある

▼ 袋などに~ (3, 0.1%)

2 入れて 1 入れた贅澤

▼ 袋などの~ (3, 0.1%)

1 付属品を, 整理を, 附屬品を

▼ 袋なら~ (3, 0.1%)

1 さようと, その門, ば問題

▼ 袋にでも~ (3, 0.1%)

1 おさめようが, なって, 入ったよう

▼ 袋まで~ (3, 0.1%)

1 だして, 取り出した, 紅の

▼ 袋よりも~ (3, 0.1%)

1 なお乏しい, もっともっとこの, 確実に

▼ 袋をも~ (3, 0.1%)

1 不尽の, 差し出した, 添えて

▼ 袋一杯~ (3, 0.1%)

1 にかさばった, に詩句, 溜め込んで

▼ 袋中上人~ (3, 0.1%)

1 にもわかっ, の, もすでに

▼ 袋仕立て~ (3, 0.1%)

1 にした, になっ, の広幅

▼ 袋~ (3, 0.1%)

1 の橋, を泳い, を渡つて來

▼ 袋持っ~ (3, 0.1%)

2 て海 1 て来た

▼ 袋持三五郎~ (3, 0.1%)

1 から京, が憤り, は紺飛白

▼ 袋~ (3, 0.1%)

1 がやはり少し, と, の物

▼ 袋無茶~ (3, 0.1%)

3 の事

▼ 袋真珠~ (3, 0.1%)

1 と筋肉真珠, に比し, の中

▼ 袋蜘蛛~ (3, 0.1%)

1 がたくさん, がよい, は地

▼ 袋~ (3, 0.1%)

2 ひますと 1 つた

▼ 袋かの~ (2, 0.0%)

1 煎じ薬と共に, 煙草が

▼ 袋からは~ (2, 0.0%)

1 綿細工の, 雨傘が

▼ 袋からも~ (2, 0.0%)

1 プンプン臭っ, 水が

▼ 袋さえ~ (2, 0.0%)

1 お金を, アノ通りなら

▼ 袋ずつ~ (2, 0.0%)

1 口へ, 頭に

▼ 袋ずつを~ (2, 0.0%)

1 三条西家の, 与えて

▼ 袋それ~ (2, 0.0%)

1 が出た, へ人間

▼ 袋だけは~ (2, 0.0%)

1 そまつな, 竹へ

▼ 袋だけを~ (2, 0.0%)

1 むしり取る事, 持って

▼ 袋づめ~ (2, 0.0%)

1 にされ, に追いこんだ

▼ 袋であり~ (2, 0.0%)

1 または取れ, 霊は

▼ 袋です~ (2, 0.0%)

1 がね中味, よ

▼ 袋として~ (2, 0.0%)

1 こつ, 有効に

▼ 袋なぞを~ (2, 0.0%)

1 かついで, 頂いて

▼ 袋なりに~ (2, 0.0%)

1 尖つた方, 水は

▼ 袋へも~ (2, 0.0%)

1 寄せつけず突き, 聞き集めて

▼ 袋または~ (2, 0.0%)

1 筒から, 酒の

▼ 袋~ (2, 0.0%)

1 は奇賊烏啼, 何だか前

▼ 袋やら~ (2, 0.0%)

1 マンドリンやらを, 掃き寄せて

▼ 袋よう~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 袋らしい~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものを

▼ 袋を以て~ (2, 0.0%)

1 して, 遊んだり

▼ 袋~ (2, 0.0%)

1 中へ, 中へなんぞ

▼ 袋ん中~ (2, 0.0%)

1 にやあ, の御仁

▼ 袋~ (2, 0.0%)

1 中ニワ, 底ヲサグルガ如ク残ラズ捜シ出サレ五十七十ト高手小手ニ縄ヲカケ袖ヨリ袖ヘ

▼ 袋ン中~ (2, 0.0%)

1 へ捻り込むで, へ捻り込ん

▼ 袋中大徳~ (2, 0.0%)

1 に話, の

▼ 袋~ (2, 0.0%)

1 とあります, に思つて

▼ 袋即ち~ (2, 0.0%)

1 花冠は, 萼は

▼ 袋~ (2, 0.0%)

1 といい, という面白い

▼ 袋~ (2, 0.0%)

1 が買わなくなる, へ売る

▼ 袋庭広~ (2, 0.0%)

2 に干し

▼ 袋~ (2, 0.0%)

1 の台, をし

▼ 袋持様~ (2, 0.0%)

1 が二人, の御

▼ 袋~ (2, 0.0%)

2 の崖頭

▼ 袋楊枝皺~ (2, 0.0%)

2 くちやにな

▼ 袋~ (2, 0.0%)

2 に濡らす

▼ 袋~ (2, 0.0%)

1 が詰つて, 積み重なり手車

▼ 袋綴じ~ (2, 0.0%)

1 であって, にした

▼ 袋~ (2, 0.0%)

2 を穿いた

▼ 袋買い~ (2, 0.0%)

1 になった, 財布を

▼ 袋買います~ (2, 0.0%)

1 といち, と一目散

▼ 袋送っ~ (2, 0.0%)

1 てやりましょう, て私

▼ 袋~ (2, 0.0%)

1 に戻っ, の近く

▼ 袋~ (2, 0.0%)

2 の袋

▼ 袋閭丘胤~ (2, 0.0%)

2 と申す

▼ 袋露路~ (2, 0.0%)

1 で妾宅, には仲間

▼ 袋~ (2, 0.0%)

1 とか自分, のよう

▼1* [235件]

あけるかと聞かれる, 袋あり怒をも恨, 袋いっぱいにさらえ込ん, 袋いつまでも汽車, 袋届け候ままわが身と, 袋かかえて門入ろう, 袋かけて天地, 袋かつぎ来る子を, 袋かつぎ込んでおれ, 袋かと見える, 袋かもしれない, 袋からからことこまかく, 袋かを意味する, 袋がのつてゐる, 袋くらいに皆詰め, 袋ぐらいですから, 袋しに, 袋ごと果物は籠ごと, 袋ごと火の中, 袋ごと盆にのせ, 袋さえも見えずまた, 袋さげてくら, 袋さしだして俺, 袋さん一寸よって, 袋しょってる様でねえ, 袋じみた袴を, 袋じゃねえよ, 袋すべて手早くはずし, 袋せ入れてむら, 袋そうだ単なる, 袋その他の荒っぽい, 袋それから代りの, 袋たたきにされるであろう, 袋たった一つ, 袋たれそめに, 袋だけが私の, 袋だったと思った, 袋だらうかそれとも, 袋ちょうだいな, 袋やて, 袋つぎ目しらずも, 袋つまりは罪障, 袋づつみとして殲滅にかかった, 袋づつみにしてしまおうと作戦は怠り, 袋づつみにして戦闘中か, 袋づつみにしましたが若年とはいえ, 袋づつみに将門を討つ, 袋づめにしたのだったと思う, 袋づゝ上げようと, 袋であって手套, 袋であることを, 袋でさえ僅か三年後, 袋とが人眼を引いてる, 袋としては馬鹿げた高価, 袋とともに彼女の, 袋と共に胃の, 袋どうでも入れなけれ, 袋なす水を, 袋なぞのツクロイ仕事を, 袋などから出されて, 袋などはその砂利, 袋なりとでもいうよう, 袋なるものが, 袋なんです, 袋なんかにつられて, 袋なんぞ又何, 袋なんぞに入ってさ, 袋なんぞを持って, 袋にかけても盲メッポウ執念の, 袋にちゃりんと, 袋について何も, 袋については花袋全集の, 袋についても素子は, 袋にばかり世話を, 袋にゃ覚えが, 袋ぬいで半分跣足, 袋僕見た, 袋ののつてゐる, 袋のよこに, 袋ばかり残って, 袋ばかりが大きな口, 袋ばかりを六つ取り出しました, 袋ひとつの軽装, 袋ひもになってるだろう, 袋ぶら下げて家, 袋へちまたれたり, 袋へはあり合せた食料, 袋もちさせられて, 袋もらいついでに, 袋をからにしなければ, 袋アパートへ掴み込む, 袋イソメ岩イソメ砂イソメドバミミズシマミミズボッタヒル蝦蟹類車蝦芝蝦赤蝦藻蝦甲殻類の鯖蟹, 袋カツイデ見事ニ帰郷, 袋クグツから導かれたろう, 袋セメンの袋, 袋ダタキにし, 袋ニ包ンダ豆腐ヲ土産ニ持チ, 袋ヒョウタン七ツ八ツぶらさげちょうど, 袋ワラジかね, 袋取リ出シテ一服吸ッタ様子デアルカラ, 袋一〇〇目一〇銭あまりのたばこ, 袋一つ背負つた恰好の佐太郎, 袋一ぱい購つてもらつた風船, 袋一切合財で一円四十銭, 袋一斤半ずつの懸, 袋一朱ではナンボ, 袋一杯わたしが森, 袋一杯用意して, 袋一枚呉れた, 袋一枚縄切れ五六尺でさえ, 袋一派の党, 袋一銭五厘に売る, 袋七袋太子がもたし, 袋下げてナイフ, 袋下駄袋の類, 袋両君の作物, 袋中みずからもその, 袋中和尚其他相当, 袋中大徳以来の慣用, 袋の小, 袋二個とがある, 袋五拾銭で西遊記, 袋を払い, 袋のもの, 袋作りが補習学校, 袋先生が近頃, 袋入あひかはらず御, 袋入れてくれた, 袋全部あわてて, 袋六畳だもの, 袋に食, 袋冊子である, 袋は黒髪, 袋切つて落すと, 袋をのせ, 袋包みをどっかと, 袋十円の南京豆, 袋十手早縄である, 袋十銭のスキ毛, 袋にされなかった, 袋同様女の持物, 袋かえって来, 袋君アベードをたべ, 袋吾妻屋の縫, 袋四円の小麦粉, 袋ヲ蔵ス, 袋国府津へなんか持っ, 袋切らし私念願, 袋風呂敷配給籠などを, 袋太子がもたし, 袋奢ったのが, 袋儲かるわよ, 袋屋さんでは, 袋屋さんだつたら, 袋屋亀次郎でこれ, 袋屋廻し漉返しの原料等, 袋山栗一袋買いこむ, 袋の白鞘, 袋巻物衣服を結ん, 袋巾着もありましょう, 袋のやう, 袋そっくりな, 袋幾代の室, 袋もあり, 袋廻しの運座, 袋張りをし, 袋或は籠の, 袋才旗秋山の諸, 袋括り猿など, 袋持ちという, 袋持何か訳, 袋持別嬪じゃろうがな, 袋持参で子供づれのひとも, 袋捲き込まれてあった, 袋握ってあと, 袋敲きの制裁, 袋を着た, 袋材料を括りたる, 袋を持たせ, 袋などはたと, 袋に会う, 袋とう魚カゴ, 袋ふに, 袋浅黄甲斐絹の手甲脚半, 袋濡らしつ春の, 袋煙草入れ旅, 袋牛蒡十把六はら村, 袋獣類の物, 袋玉子の折, 袋玻璃に載せられた, 袋甘き汁さへ, 袋用意しました, 袋発送の手伝い, 袋白麺麭の百個ぐらゐも貰, 袋着のも翌日, 袋砂糖の叺, 袋程の値うちの, 袋の四袋, 袋の漆壺みたい, 袋竿で憐れ, 袋に人々, 袋紐とき柄がしらさしいづる見れ, 袋には赤インキ, 袋と称し, 袋繕いや飯, 袋罐入りのカレー粉, 袋置かしていただきます, 袋が平に, 袋肌着ぐらゐな物しか考へられない, 袋自身はおそらく, 袋舎等の号, 袋蛛蜘の袋, 袋の中, 袋詰めにされ, 袋ひをけの, 袋買つてゐた, 袋買つて來ておい, 袋貼りなどで得た, 袋貼り貼り若さ, 袋贈られしを直に, 袋赤い飾毛を, 袋趣味から出, 袋足袋大脇差, 袋部屋もある, 袋鍛冶屋前丁, 袋門下として生まれでた, 袋開きてこの, 袋露地に迷ったら, 袋のある, 袋食器に使うゆがんだ, 袋飲んだとする, 袋の用意, 袋餌数筋を刺す, 袋を五切れ, 袋鼠鷲白鳥雉鼠蛙鯉などなお