青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「袂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

表~ ~表情 表情~ ~表現 表現~ 表象~ ~表面 表面~ 衰弱~ ~袂
袂~
~袋 袋~ ~袖 袖~ 被告~ 被害~ ~袴 袴~ 袷~ 裁判~

「袂~」 3162, 34ppm, 3427位

▼ 袂~ (871, 27.5%)

16 顔に 13 払って 12 探って 8 つかんだ, 口に, 連ねて 7 つかんで, つらねて, 分って, 引いて 6 さぐって, ひいて, ひるがえして, 分つて, 別った, 取って, 噛んで, 膝の, 顔へ 5 つかまえて, 左へ, 捉えて, 探して, 掴んで, 顏に 4 あげて, とらえて, 別つ, 引きました, 押へ, 持って, 探つて, 曳いて, 胸に, 膝に

3 [18件] くねくねさせ, まくって, 分かった, 分かって, 分った, 分つ, 吹いて, 引いた, 引っぱって, 押えて, 振つて, 振り切って, 捉えた, 捉へて, 翻して, 肩の, 肩へ, 離して

2 [66件] あてた儘, あてて, いじったり, おさえて, かんで, くわえて, つかまえた, はなした, ひいた, ひかえ我, ひく者, ひらひらさせ, もって, ゆすって, わかちて, わかつ, グイグイと, スイと, 丁寧に, 上げて, 兄は, 分かったもの, 分ちぬ, 分つはた, 別って, 別つた, 別つたのである, 別つて, 取つて, 右へ, 吹いた, 唇に, 嬲らせて, 弄んだ, 引き, 引くの, 引っぱった, 引ツ張りつ, 抑えて, 折返して, 抱いて, 押えました, 振って, 振り払って, 捉えようと, 捉らへて, 捲り上げた, 探したが, 探つたが, 探ると, 探ろうと, 握って, 握つた, 握つたこと, 曳きて, 絞って, 纏か, 翻え, 翻しながら, 聯ね, 胸の, 自分の, 裏返したの, 裏返したり, 風に, 飜し

1 [468件] あげ或は, あの柔術, あるいて, いじって, いぢ, いぢつて, うごかして, うしろから, うしろに, うろついて, おさえなおも, おさえながら, おさえ抜足, かうして, かう猫, かえって気味, かかえて, かかえるばかりか, かかえ転ぶよう, かかげその, かかげられる, かき合せて, かき合わせただ, かき合わせながら, かき合わせ下, かけて, かざし, かぶって, からげた, からげるや, ぎごちな, ぎごっちなくひっぱって自分の, ぎつしり捉へて, ぎゅッと, くぐって, くぐられて, くわえながら, ぐいと引いた, ぐいと引戻し, ぐっとまくりあげ, ぐツと, さぐった, さぐつてみましたが, さぐりて, さぐり彼自身の, さぐり抱えて, さぐる, さぐると, ささげて, さも田舎路, しかと掴ん, しきりに引っ張っ, しっかりと, しっかり握っ, しっかり握りしめ, しつかりつかまれて, しぼったり, しぼつ, しぼりさっと, しぼる身, じっと引張っ, じつと, じろりと眺めた, すくい上げるよう, すこし乾かし, すれすれに, そっととらえ, そっと引いた, そっと引く, そっと曳いた, そのほらほら, そのまま白羽二重, そよ, そよそよと, そろえるよう, たかくあげ, たくしあげて, たたいた, たたいて, だいて, だき右, ちよいと, つかまえたのに, つかまえると, つかませて, つかまへ, つかまれるので, つかみ, つかむ手, つかんだね, つかんだまま, つかんだり, つかんでね, つけて, ていねいに, でございます, とらえ, とらえた, とらえた半之丞, とらえられたま, とらえ懸命, とらえ笠, とらへて, とられて, とりあげて, とりて, ながめた, なびかせて, なぶらせて, なぶる風, にらんで, ねじきるよう, のぞいて, のぞくと, はさむなり, はずして, はなさせて, はらひて, ひいた者, ひいてな, ひかえて, ひかへ, ひかへて, ひかれて, ひきながら, ひざの, ひっぱる女, ひら, ひらめかしながら, ぴらしゃらさせてくっくっ, ふき飛ばした, ふくらましたる形, ふくらます, ふく風が, ふく風は, ふりきって, ふりつつ, ふりて, ふりながら, ふりは, ふりはえて, ふり切って, ふり切つた, ふり払っ, ふり拂, ふるい腰, ぶら, ぶらぶらし, ぶらり, ぽんと, まくり上げて, まさぐって, もぎ離した, もぐ, やって, やつて, わかち会釈, わかち私, わかったか, わかつ時, キッシリと, シカと, ハタき始めた, ヒラヒラさせ, ピンと, 一尺ほど, 両手で, 乾かした, 五寸ほど, 京山は, 今宵限り擦り合せ, 介まれて, 傾け差, 優しく振切, 元禄袖に, 兩手で, 出して, 分かち氏, 分かったの, 分かったまま, 分かつた, 分かてば, 分けて, 分ちかけたが, 分ちけり, 分ちしに, 分ちて, 分ちました, 分ち堀, 分ち家, 分ち跡, 分ったが, 分ったはず, 分った上, 分つこと, 分つた, 分つたの, 分つた文化甲子, 分つた理由, 分つと, 分つわけ, 分つ折, 分つ脚本作者, 切つた, 切らせた, 切らせたり, 切るよりは, 列ねて, 別た, 別とう, 別ッ, 前に, 勘次は, 北へ, 千代子が, 取つて引戻し, 取らせ手燭, 取られて, 取られ鎌, 取るを, 口にく, 口へ, 口角に, 叩いて, 叩くよう, 吹かせて, 吹かせながら, 吹かるる白川, 吹きなびかせて, 吹きまた, 啣え, 啣えた, 啣えて, 啣へて, 啣へながら, 噛みながら, 噛みますが, 噛みやぶったこと, 噛みやぶるよう, 噛んだり, 固く握りしめた, 圧えて, 垂れて, 執りて, 執り猶も, 墨ぞ, 外へ, 大事に, 夫人は, 少し掲げ, 屏風に, 山おろし, 左に, 広げた上, 廻つて船へ, 廻ると, 廻る白刃, 弄びながら, 引いたが, 引いたので, 引いたより, 引いた時, 引かれこれ, 引きて, 引きます, 引き動かしつつ, 引き止めるかも, 引き留めたものの, 引くに, 引くよう, 引っぱッ, 引っ張りなさいます, 引っ掴んだ, 引っ掴んで, 引つこぬく樣, 引ッ張った, 引張たっけ, 引張って, 引張つて, 引留めた山稼ぎ, 強く引く, 当てがっ, 往復りし, 後でぎつと縛, 意味あり, 懸命に, 扇に, 手に, 手拭で, 打かへ, 打着せ, 払いた音, 払う, 払つてパツと, 払ふ, 払われても, 抑えきろう, 抑えた, 投げた手, 投げて, 折って, 抱えて, 押えては, 押当て, 押当てた, 拂つて立ち上がる, 拂ひ, 拂ふ, 拂ふと, 担ぎましょうか, 持ちそ, 持ち扱, 持ち添, 持った, 持ったり, 持つ手, 指さすにぞ, 振うたび, 振った, 振った横ぎる光, 振ふとき, 振り, 振りきるよう, 振りちぎつて, 振りまわしさも, 振り上げて, 振り切つて投ぐる, 振り切る時, 振り払った, 振切つて, 振切り立, 振切る, 振払いて, 振払ッ, 振放つて, 捉え, 捉えようすると, 捉え手首, 捉へ, 捕えて, 捕へて, 捕まえて, 捜して, 捲き肌, 捲りあげて, 掛けると, 掠めたり, 探した, 探す, 探った, 探ったの, 探つて莨, 探りて, 探り初めた, 探るよう, 控う, 控えて, 控え涙, 控へて, 掴もうと, 掴んだ, 掻き合わせて, 握ったが, 握ってる, 握つたま, 握られて, 握られながら, 握りぬ, 揮って, 揺ったが, 搜し, 撮んで, 支える旅僧, 放したその, 敷いて, 斬り取られたの, 断って, 暑さ, 曳いたのに, 曳かれると, 曳き動かし急ぎ, 曳く, 柳原の, 気に, 水で, 沾す, 沾ほされる, 洩れます, 深ぐれ, 添えて, 湿らさずには, 漏れて, 濡し, 濡らして, 濡らしわが, 濡らすばかり, 火鉢に, 無性に引ッ, 焦がしたもの, 煽いだの, 爪繰って, 爪繰るやう, 片手で, 片手でし, 畳へ, 當てた, 直すふり, 眺めて, 眼に, 着せかけた, 短くされる, 突っ切ると, 素通りし, 紫色の, 絞った小, 絞つて台所, 絞らせた事, 絞らない者, 絞りながら, 絞るばかり, 絞るやら, 縫はれた, 翳しつつ, 翼に, 肩に, 背で, 背中にくく, 胡蝶の, 膨らませて, 舞わして, 行けば, 袴の, 襷に, 西東から, 見ると, 見るよう, 見直した, 覗いて, 覚一は, 触つて, 調べて, 調べられた, 軽くなびかせ, 軽く振っ, 返させん, 追って, 透いて, 連ねざらん, 遂げたの, 遠慮なし, 選んで, 重さうに, 重そう, 重ねて, 銜え誰, 鋭く拂つて, 除けて, 離したの, 離した顔, 離しました, 露霜の, 青白く染め, 静かに, 面に, 顏へ, 顔の, 飜え, 食いしばり忍び泣き

▼ 袂~ (549, 17.4%)

47 入れて 11 手を, 顔を 9 入れた 8 立って 5 顏を 4 すがって, 入れると, 忍ばせて, 縋って 3 つかまつて, 入れる, 出た, 柳が, 立つて, 納めて

2 [34件] あつた, あまる, ある, ある表, ある鰻屋, いっぱいもらった, くるんで, した, しのばせて, すがり何, すがり投げ入れし一品, その入口, たたずんで, たつ, まとふ山葛, 一ツずつ, 一本暴風雨で, 仕切られる, 佇んで, 何も, 入つて, 入れながら, 居る乞食, 残って, 灯れる, 珠数を, 石を, 私達は, 落すと, 蔵った, 薫じて, 裾に, 触れた, 触れて

1 [356件] あったら粗相, あった共同便所, あった大きい, あった瓢屋, あった稲荷ずし, あった老人夫婦, あつて, あると, あるの, あるもの, あるん, ある僅か, ある古風, ある御堂, ある松平相模守, ある水量測定器, ある石垣, ある花嫁, ある蠣船, いつぱい, いる乞児, いる茶坊主珍斎, いれた, いれると, おおい隠した, おしいれて, おつかまり, おとずれる風, おびただしく散った, かかる秋, かたく腕, からみ付いて, からむ子, からんで, きりぎりすの, く, くっついて, さぐったが, さしかかった時, さはりしもの, さらし右, さわった, さわること, しかと縋り付いた, しがみついた, しがみついて, した七兵衛, しまいこみます, すが, すがったの, すがりついた, すがりつかぬばかりに, すがりつき候うて, すがりつくの, すがりどう, すがる, すこし残っ, すべりこんだり, する者, せんも, そつと, た, たかって, ちらり, ついて, つかまりながら, つけて, つっ込んで, つつまれて, つつんだまま, つつんで, とりついて, とり縋つて, ながれつ, なんじゃらほい, ひそますだけの, ぶらさがって, ぶら下がって, ぶら下った, ぶら下った小さな, ほうり込んで, ぼんやり佇ちつくし, ぼんやり立っ, ぽっくり下駄, ぽつりと, まぎれこんでたり, また取り付い, まつわって, まろめこむ, もどした, わるさ, ゐて, スケッチブックの, タムロし, マッチを, レコが, 一つずつ, 一台の, 一抔人が, 一本しょんぼり, 一群れは, 一銭五厘しか, 一錢五厘しか, 三日晒された, 二つ三つ今晩の, 二軒の, 交番が, 仕付の, 仕舞い込み最後, 付けて, 似た君, 住んで, 何か, 余るほど, 余る涼風, 來た, 來りける, 倚りかかっ, 停むでゐる, 元祿年間横死, 入って, 入ってるから, 入つたる, 入る, 入れいそいで, 入れける朝夕, 入れたかと, 入れたが, 入れただらうと, 入れたの, 入れたま, 入れたまま, 入れたり, 入れた桃, 入れた筈, 入れた貝殻, 入れても, 入れなど, 入れぼり, 入れました, 入れられたの, 入れりや, 入れるの, 入れ佐倉炭, 入れ再び, 入れ同時に, 入れ外套, 入れ換えて, 入れ立身, 入れ置き臥床, 入れ置くと, 入れ老人, 入れ腰, 其の年, 円い柱, 出て, 出るの, 力が, 匂ひ, 包んだ半紙, 千葉印旛郡成田町仲の町三百八十九番地庄司見, 印された, 反古の, 収めて, 取り付いて, 受けよう, 口を, 吹くを, 嗚咽を, 噛みついて, 埋めて, 声を, 夜あかしの, 大事の, 大巌山, 学校帰りらしい, 宿ると, 寒き山, 寒き愛宕下し, 封書を, 小さい壺, 小さな石, 小倉庵の, 小屋が, 小提灯, 小石を, 居た遊び人風, 居るゐざりの, 居る雪駄直し, 左の, 差置いて, 幾棟かの, 引かれて, 引揚げられた, 引返しました, 当って, 待って, 忍ばせた, 忍ばせたの, 忍ばせたる香煙, 戯れた, 抑えて, 投げこむと, 投げ入れる書生, 投げ込んだ眼鏡, 投げ込んで, 抱えながら, 抱きしめて, 捜り, 捧げて, 捨て, 捨てて, 捩じ込んだ, 捻じ込むや, 掴まった, 掴まったが, 掴まりながら, 掻いも, 揺りながら, 携えた誰, 改めた, 敷島を, 文を, 春霞よし野の, 春風は, 晒し者に, 曝されて, 曝される代物, 書いたもの, 替地を, 本能的に, 来たと, 来た時, 枝引折らるる, 梢は, 棄てると, 楢屋という, 榎が, 榎の, 武者ぶりつき, 気を, 水樓の, 水菓子屋が, 河べりの, 河原へ, 消え失せぬ, 渦に, 満ちて, 溢る, 滴々たる, 潜ませて, 火を, 火箸を, 火薬を, 灯を, 点々と, 無断で, 無縁塔を, 無造作に, 焼くもろこし, 煎餅も, 燃え付きました, 物品を, 猫の, 現れた時, 留めた花片, 眠りし犬頭, 着く, 矢立と, 石でも, 秘めて, 移されて, 程近い, 突っこみながら, 突込んだ, 立ちつくして, 立ち止まって, 立つたり, 立留まつて, 筵を, 紅に, 納つた, 納めたが, 綻びを, 縋ったまま, 縋つた, 縋つた儘, 縋つて, 縋らんばかりに, 縋り, 縋りついたその, 縋りつきました, 縋りと, 縋りませいでは, 縋り付いて, 縋る, 縋ること, 縋るよう, 繋いで, 美女の, 老婆は, 胃腸の, 腰打ちかけ, 色香が, 艶書を, 落して, 落しながら, 落し込むの, 落ちた, 落ちてから, 落として, 蔵しつつ, 蔽ひし, 蝴蝶が, 血の, 衣白き, 袂糞と, 裹みかねたる, 襟に, 見える道中土産, 角倉の, 触って, 触れたと, 触れ手, 貧しい納屋一軒, 赤合羽に, 赤合羽一枚に, 迎えの, 近い菜の花, 追風の, 這入る, 通じて, 酒場も, 針金を, 鉄砲垣を, 鉢の, 長男を, 関所の, 隠し遁げ, 隱した, 隱れ, 雲の, 霜ば, 露の, 靡され, 面を, 風が, 風を, 飛沫いた返り, 食着い, 飯泉村を, 馴れずと, 駕籠屋が, 魂を, 黙阿弥の, 鼠を

▼ 袂~ (517, 16.4%)

36 中に 34 中から 24 先を 21 端を 18 中へ 12 中の 9 下に 8 下から, 中で 7 なかに, 中を 5 下で, 底に, 端に 4 下を, 着物を, 蔭で, 長い着物 3 かげで, さきを, なかから, 上から, 下へ, 底を, 端で, 貸赤子, 鈴を

2 [28件] ある着物, うちから, うちに, かげに, ついた着物, ところで, なかへ, ハンケチを, 下, 中へでも, 人込に, 先が, 先で, 先に, 先には, 内から, 大柄の, 宿屋を, 底から, 歌草を, 湯の, 煙草を, 物を, 着物の, 菓子を, 血を, 銀杏の, 銀杏は

1 [219件] ある棒縞, ある絣, ある被布, うしろに, お制札場, お旅所, きものを, ことらしい, さきで, さきに, したから, すれすれを, せまい袷, ちり打はらい, ちり打はらひ, ついた御, ついた水色, ついた縞, ところであった, ところに, なかで, なかには, なかの, なかを, はなれ, ふりから, ほうへ, ほどなき, ままならぬ, まるい着物, みじかい銘仙, もの, ものを, ゆれに, ように, わきで, チリを, ハンカチを, 一つであろう, 一寸触, 一石餅と, 一銭蒸汽の, 一隅で, 三軒家で, 下には, 中か, 中からでも, 中が, 中には, 中にも, 中へを, 中や, 中より, 中前も, 中味を, 中探ら, 中頃をもって, 交番に, 交番の, 人間の, 住人とは, 傍に, 元巣, 先でも, 先などを, 先へ, 先や, 八ツ口から, 八ツ口の, 八ツ口は, 公園の, 公園は, 公衆電話へ, 出る短い, 単衣, 可憐さに, 四角い紙包み, 四辻で, 土を, 埃を, 堤の, 堤芽柳の, 外から, 外側の, 大きな家, 大きな蝶, 姿優しく, 家や, 宿に, 宿世なりける, 小ざっぱりと, 尖が, 尖で, 尖で向う, 尖に, 尖揺れつつ, 岩の, 崖の, 巻烟草を, 年頃の, 広場に, 広場を, 底には, 底へ, 店で, 影が, 往通いに, 後ろを, 忍び香に, 所に, 所在を, 手をつつ, 手帛で, 挨拶叮嚀に, 振りを, 捕繩, 掛茶屋で, 揚がる快, 方に, 方にて, 昔建てた, 時であった, 暗闇から, 木屑を, 柳にも, 柳の, 柿が, 根を, 榎に, 模様に, 氷店で, 海老が, 焼芋屋, 燐寸へ, 燐寸を, 片方を, 猪を, 珠数は, 用心を, 町駕籠を, 白い裏地, 皺めるを, 直ぐ側路地の, 真中を, 着物とも, 着物のて, 着物は, 短い着物, 石を, 神田川で, 穴っ子こそ, 穴っ子へ, 窪地で, 端からは, 端だって, 端何処へ, 端大輪の, 籠細工屋の, 紅の, 紅絹裏の, 紋つきを, 紙を, 綻び一つ縫つて貰つて, 美しい着物, 群衆は, 義太夫の, 色が, 色や, 色を, 茶屋で, 茶屋へ, 草の, 葭簀茶屋に, 蒲鉾小舎で, 蔭に, 蔭の, 蔭へ, 藪陰に, 血など, 街灯に, 袖で, 袖口で, 袖口を, 裾を, 見えるそれら, 触れぬよう, 貝を, 貝殻が, 道を, 重かった, 重みにも, 金の, 釣竿屋の, 釣道具を, 鈴の, 長いの, 長い友禅, 長い派手, 長い淡紫紅, 長い絹物, 長い羽織, 長い薄, 長い裾, 長き, 長さ一杯, 間から, 間からは, 間が, 陰に, 隅を, 雨濃, 雪を, 雪駄直しが, 露しげく, 鞠とり出す, 風を, 飢人地蔵様という, 饂飩屋の, 鬱陶しく繁った

▼ 袂から~ (314, 9.9%)

14 出して, 手帛を 12 煙草を 5 ハンケチを, 取り出して 4 ハンカチを, 取出したの, 手巾を 3 マッチを, 手拭を, 鼻紙を

2 [25件] おみやげの, 一人が, 一本の, 例の, 出したハンケチ, 出した手巾, 出す, 又円タク, 取出して, 巾着が, 巾着を, 探り出して, 数珠を, 敷島の, 敷島を, 斜に, 是に, 白いもの, 眼鏡を, 突出た, 紙を, 蟇口を, 走って, 飛ぶやう, 飛ぶよう

1 [193件] あのまま数年, ありたけ, いきなり飛び出し, うち紐を, お手玉を, がま口を, ぐったりした, この手紙, これが, こんなもの, さっき両国の, そこへ, そそくさと, それが, それを, だの, とりだした小箱, ふところ紙を, また一組, まづハンケチ, わらじの, キューピスさんを, キルク口の, ゴソゴソと, ザラザラと, タバコ入れを, ハンカチイフを, ハンカチーフを, マロニエの, 一つの, 一片の, 一通の, 一隻の, 三つばかりの, 二三十束に, 二人揃っ, 二十五銭出し, 二朱銀を, 二枚の, 二通の, 二錢銅貨を, 今まで, 何やら落ちた, 例のを, 俥を, 倶楽部洗粉を, 先刻の, 先生の, 冷, 出した, 出した巻煙草, 出した時, 出した洞白, 出した美くし, 出しながら, 出し銀子, 出た, 出た果し状, 出ました御覧, 出る, 出るので, 加茂磧へ, 半紙に, 半紙を, 卷莨を, 取り出したの, 取り出したハンケチ, 取り出した朝野新聞, 取り出そうと, 取出したエアシップ, 取出した新しい, 取出した矢文, 右に, 同じやう, 名刺を, 名刺出し, 名札を, 呼び止めるよう, 呼子の, 器用に, 四合瓶の, 四日市の, 地面に, 塵紙を, 小さいビン, 小さい粉薬, 小さな手帳, 小さな鍵, 小橋の, 小銭を, 少し手前, 少量の, 川下流の, 左の, 左手を, 巻煙草を, 引きずり出して, 引立て, 往来の, 往来へ, 息を, 惜気の, 懐中へ, 懐紙の, 懷中までを, 戛然と, 払って, 抜いて, 抜けた女, 探って, 探り出そうと, 揉みくしゃになった, 時計を, 木綿糸を, 柴栗を, 桃色縮緬の, 欄干にかけて, 正宗の, 毛抜などを, 水戸様石置き場へ, 河へ, 河岸の, 河岸縁を, 泥焼きの, 泥燒の, 滝の, 濠割の, 煎豆, 煙が, 燐寸を, 狭い土堤下, 玉に, 珊瑚の, 珠数を, 甘納豆を, 畳んだ懐紙, 白いハンケチ, 白い前だれ, 白い封筒, 白い巾, 白い眼, 白い細長い袋, 白の, 白包の, 皺くち, 皺にな, 盗みだしたの, 真白な, 真鍮の, 粟を, 紅色を, 紙へ, 紙包み, 紙製の, 細い打紐, 結び文を, 絵葉書を, 綿を, 緋天鵝絨の, 背伸びし, 脱脂綿が, 艀舟を, 荷足船で, 莨を, 落した自筆, 落ちたから, 落ちましたが, 蘆管を, 蛇いちごが, 街すじ一帯の, 袂へ, 裾は, 襟から, 西洋マッチを, 証拠と, 買って, 贋物の, 銀縁の, 銭入を, 鍵を, 鞴祭りの, 頭巾を, 顔を, 餌壺と, 香油を, 香爐の, 香苞を, 魯西亜皮の, 鰌が, 黄金や, 黒メリンスの, 黒布を, 鼻目鏡を

▼ 袂~ (192, 6.1%)

28 顔を 9 口を 6 顏を 3 涙を, 眼を 2 口元を, 敷島を, 自動車を

1 [137件] ある者, いきなり自分, おおいかくしながら, おおいながら, おさ, おれの, お別れ, お銀, かくして, かくしてあなた, からだを, くるんだやう, この花, すぐ海岸, その女, それは, それを, だしぬけに, ちょっと小手調べ, ちょっと足, どなる, ぬぐつて, のぼせあがって, ぶたれるなん, よけながら逃げよう, グイグイと, シイカが, フワリと, 一寸立ち止つた, 下手な, 両の, 二人づれの, 二十四五の, 交互に, 人通りの, 休んで, 何やら合図, 何處かの, 停車した, 先生と, 其の煙, 出逢って, 切られた罪人, 切羽つまッた, 別れた前髪末吉, 別れまして, 十五分ほど, 半分顔を, 厳重に, 受けながら, 右や, 同じ姿, 向うから, 呼び止められた, 声を, 女学生と, 実君が, 寒空に, 巻いた氷, 庇いながら, 強く拭いた, 待ちあ, 待乳の, 待伏し, 後生大事に, 御高祖頭巾の, 打つまね, 打つ真似, 払いながら, 払って, 抱き姉, 押えた, 押えたまま, 押えて, 押さえた, 括れたよう, 拭いて, 拭いながら, 拭い上げまして, 拭きながら, 拭き初めた, 持重ろう, 提灯の, 撫で廻した, 撲つまね, 林之助は, 林檎を, 死骸を, 汗は, 汗ばんだ顔, 汗を, 泣き顔を, 深編笠の, 湯屋の, 無造作に, 燈を, 父を, 片頬, 狂気した, 目か, 真赤な, 短刀を, 私を, 立停った, 羽ばたきを, 胸を, 自分の, 舌噛み切っ, 舞い始めた, 落ちて, 落ち合ひました, 蝋燭の, 覆いまして, 謠を, 買った瓦版, 追ひ, 逢った夫婦連れ, 連之, 重左自身, 銃剣の, 隱し, 雪子は, 面を, 頬を, 頸筋に, 頻りに煽ぎ, 額の, 顔と, 顔に, 風を, 飼葉を, 首筋の, 駄菓子を, 駐まった, 駕籠に, 黒い影, 鼻を

▼ 袂~ (192, 6.1%)

29 入れて 16 手を 12 入れた 4 来ると 3 出て 2 入れながら, 出そこ, 出それ, 提灯が

1 [120件] あがって, いれた手, いれて, おおかたいっぱい, かかりました, かくしたり, かくして, さしかかったところ, さしかかって, しがみついて, しまうの, じっと眼, すがるなどという, すぐ駈け, すっこかしに, そっとこすりつけよう, そっと顔, はいれば, ほうりこんだお, もどって, 三つ懐から, 丸め込んだ彼女, 乗り返すと, 二つ左袂へ, 二口の, 人知れずに, 佇たせて, 何か, 入て, 入る筈, 入れいづれこちら, 入れさせれば, 入れその, 入れたから, 入れたが, 入れたまま, 入れたり, 入れた三四郎, 入れた例, 入れた積り, 入れてね, 入れてる訳, 入れましたが, 入れる, 入れると, 入れるの, 入れる其の, 入れる津田, 入れろ入れろと, 入れ十能, 入れ花粉, 入れ荷物, 十二三を, 又八が, 取ッ, 取込んだ名札, 多の, 寄っかかって, 寄って, 小さくなっ, 左の, 店を, 影が, 往った, 忍ばすなどの, 忍ばす金縁, 忍ばせた, 忍ばせたの, 忍ばせた時計, 忍ばせて, 忽然と一人, 悪戯を, 戻って, 手と, 投げ込む, 投げ込むと, 投げ込んだそうして, 投り込ん, 投込ん, 抜取った様, 押し入れると, 押し込んで, 捩じ込んで, 据えつけこれから, 曲ろうと, 来かかった時, 来た, 来ました, 横ッ飛び, 油を, 泥だらけの, 消炭の, 片襷, 猫を, 現われました, 留まったの, 痩犬が, 盲とんぼの, 突込んだ, 糊が, 紙屑の, 茶入れ一ツ入れ, 菓子など, 落す, 落すと, 落とした, 落としたばこ, 落として, 行った, 行って, 車を, 辷つて宙, 近づく, 返して, 鉛の, 隠したの, 隱れる, 顔を, 駈けて, 高札の

▼ 袂~ (53, 1.7%)

3 重くなっ 2 ある, 銚子と共に

1 [46件] あるの, ごちゃごちゃに, すこし重い, すっと映る, それは, ちぢめられたり, なかったり, はためきます, ひらひらと, ひらめくの, びり, びりびりと, ふくれて, ぶらぶらし, ほころびるほど, もう一つ, 中に, 凧の, 切れますから, 埋められた頃, 始終邪魔, 廣い, 延びたまま, 引ツ張られた, 弛んだお, 彼の, 急に, 手頸に, 揺れた, 最もふさわしい, 染まるほど, 濡れた, 炎える, 畳に, 眼前に, 空に, 笠松の, 綻びて, 触って, 触れて, 觸つて一基の, 觸れ, 軽くなりました, 邪魔に, 重くなった, 革鞄の

▼ 袂~ (44, 1.4%)

4 して 3 を告げ 2 の時刻, の言葉, をしよう, を告げた

1 [29件] か歓迎, しきれぬかの, したプレハーノフ, した放庵, しなければと, し自分, すべきじゃ, すべきであり単独, する, するから, するの, する時, な言葉, のすむ, の始まり, の心持ち, の時, の眼, の言, の辞, の辭, をいつ, をし, をなした, をもうす, を告, を告げる, を惜, を私

▼ 袂~ (43, 1.4%)

2 いつか白い, だん, ひらひらと, 八つ手の

1 [35件] いつも重く, かくぞ, きょうも, その暗澹, たいへんな, たく音, ちらちらと, なびかないわ, よれよれでござん, 中へ, 丸ノ内日本橋から, 交通線上の, 人肌の, 冷, 切れて, 半分千切れ, 半分縫っ, 夕風が, 女の子に, 女より, 寝たる子, 寢たる, 左に, 我ながら, 松に, 柳の, 欄杆に, 残る, 無殘, 空に, 羽織から, 顏を, 顔へ, 馴れたりや, 高札場ちょうど

▼ 袂まで~ (38, 1.2%)

7 来ると 4 来た 2 くると, 来て, 歩いて

1 [21件] いって, ついた仕立, 下駄を, 來た, 來る, 俥を, 導かれて, 帰って, 曳かれて, 来かかって, 来かかると, 来たが, 来たとき, 来りたり, 歩いた, 潮が, 行くと, 行って, 調べて, 追駆け, 飛んで

▼ 袂には~ (33, 1.0%)

2 いって, 確かに

1 [29件] あっても, あの手紙, いる, それを, ひつてた, もうゐざり, エプロンが, 一文も, 一物も, 上高地滞在の, 五十銭紙幣一枚しか, 交番が, 各々遺書一通, 商ものの, 大きな擬宝珠, 大根菜, 大橋吾妻橋行の, 女房達が, 小石を, 必ずそうした, 早朝から, 栴檀の, 毎日一銭銅貨を, 沫が, 白鞘の, 石塊を, 血に, 街道の, 農家が

▼ 袂~ (30, 0.9%)

2 泥に, 涼しい風, 裾も

1 [24件] うるさからず, かざすら, さながら振袖, つかまれて, つら, ところどころ破れ, ひかざらむ, むすび上げて, 千切れそうに, 取って, 定めて, 引かばなどか, 打湿り, 曳かばなどか, 汚れない, 男の, 硬ばる, 衣紋も, 裂けず, 裳も, 見えなかった, 金糸の, 鍋鶴の, 鬢の

▼ 袂~ (30, 0.9%)

4 裾を 2 裳を, 裾が, 辻

1 [20件] その裾, 内ぶところ, 懐から, 懷へ, 懷を, 手に, 更衣, 紐は, 紙屑籠から, 肩の, 胸に, 藤いろ, 袖口に, 裳に, 裾に, 裾ま, 裾や, 襟を, 長い裳裾, 阪の

▼ 袂にも~ (20, 0.6%)

2 懐にも, 釣竿を

1 [16件] ありませんよ, この二, ない, もしや, 中之島にも, 人らしい, 入れず角兵衛, 入ろう, 夜露が, 大した血, 懷中にも, 桜が, 縋らなければ, 蘆の, 袴にも, 触れる

▼ 袂時計~ (20, 0.6%)

2 が大変, ほどな, を借りだし, を出し

1 [12件] が春, でいま, で十字五分, の紐, の鎖, の音, をあずけ, を出し見, を座蒲団, を持っ, を眺め, を見

▼ 袂~ (14, 0.4%)

1 [14件] いいますから, いつしよ, 一緒に, 乳の, 帯の, 白い顔, 着物であん, 神楽殿の, 袂とを, 裳の, 裾を, 言わず小石, 重った上, 黒い髪

▼ 袂より~ (9, 0.3%)

1 一本道の, 取り出して, 取り出せる襤褸, 取出して, 紅の, 紙包みに, 車に, 頭出だせるつく, 鹽煎餅二枚を

▼ 袂~ (7, 0.2%)

1 どこかに, ふところに, へる見ゆ, 四ツ辻に, 帯か, 裾か, 道の

▼ 袂~ (7, 0.2%)

2 こんなにたまり 1 と一所, のいつ, のこんなに, の感想, を着け

▼ 袂にでも~ (6, 0.2%)

3 入れて 2 忍ばせて 1 触れて

▼ 袂~ (6, 0.2%)

6 の袂

▼ 袂~ (6, 0.2%)

1 というよう, という大石, という高, といっ, は人, を大切

▼ 袂からは~ (5, 0.2%)

1 くり出す捕繩, バリバリ撃つ, 紙に, 美しい香り, 酒臭い

▼ 袂ッ草~ (5, 0.2%)

2 が血留 1 で治ッ, なんて汚い, を着け

▼ 袂落し~ (4, 0.1%)

3 の煙草入れ 1 という懐中袋

▼ 袂~ (3, 0.1%)

1 つた, のへ, のを

▼ 袂でも~ (3, 0.1%)

1 恁う, 振って, 控へ

▼ 袂あたり~ (2, 0.1%)

1 にそこ, の空気

▼ 袂からも~ (2, 0.1%)

1 むらむらとして, 瓜が

▼ 袂くそ~ (2, 0.1%)

1 がありゃ, なんぞ付けられたら

▼ 袂すゞ~ (2, 0.1%)

1 しき深, しくお

▼ 袂とを~ (2, 0.1%)

1 結び合わせ, 膝へ

▼ 袂などを~ (2, 0.1%)

1 引っ張るので, 選ぶこと

▼ 袂にて~ (2, 0.1%)

1 疵口を, 竹藪茂る

▼ 袂へも~ (2, 0.1%)

1 入れた, 隱せる

▼ 袂までは~ (2, 0.1%)

1 一町か, 來た

▼ 袂までを~ (2, 0.1%)

2 汚しぬ

▼ 袂ゆたか~ (2, 0.1%)

1 にたてとい, に飜

▼ 袂ヶ浦~ (2, 0.1%)

1 で心中, の浪打際

▼ 袂~ (2, 0.1%)

2 はし

▼ 袂~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 袂~ (2, 0.1%)

1 の間, や合切袋

▼ 袂長く~ (2, 0.1%)

2 そちら向けば

▼1* [109件]

あげて魔, 袂ありて手頭, 袂おさえて, 袂かがチラと, 袂かざして, 袂かぜにふくらみてけふ, 袂かたしきいづくに, 袂かへして, 袂かるやかに, 袂かるき夏衣にも, 袂くわへて起し, 袂ぐさを捨てる, 袂ぐそのような汚れたもの, 袂ぐらいは強く触るだろう, 袂このまま夜を, 袂ごとゆさぶつた, 袂ごと胸高に締め, 袂新井と共に, 袂しごきの縮緬, 袂しほれて干, 袂しぼりたまひぬ, 袂すべりしきぬで, 袂その蹴返す衣, 袂しめる山ほととぎす, 袂たたんで, 袂だく子に, 袂だの裾だの, 袂ちよいと人目, 袂であったとも云われる, 袂でありポール, 袂では折おり, 袂とか町角とかに, 袂とのある男の子, 袂と共にゆらり, 袂ンぞ, 袂ながらに盗まれし, 袂などああし, 袂などに沁み着いて, 袂なりふところなりに, 袂なるらん, 袂なんぞは素よりない, 袂にくひつい, 袂について施しを, 袂になぞ入れて, 袂になど忍ばせて, 袂にまつわる芒の, 袂によって水面を, 袂はずしんずしんと, 袂はぶつきらぼうの元禄袖, 袂ひらひらと扇子, 袂ふりあげて, 袂へこそそっと入れ, 袂へでもお入, 袂へと行つた, 袂づ今しばし, 袂または風祭の, 袂まででも平馬を, 袂までのわずか半, 袂まわしでもところどころ, 袂ゆる合歡の, 袂を告げた, 袂をめぐって河原を, 袂を以て自ら面を, 袂カラ小サクタヽンダ札束ヲ取, 袂連ネ, 袂ン中へしまッとくの, 袂にされ, 袂亡き殿様の, 袂は強く, 袂しく吹いて, 袂別感をはっきり, 袂又は藪の, 袂双方対の看板主, 袂取る様子慥に, 袂太く夜露に, 袂寒しも, 袂へ来, 袂懐中こいつは持てない, 袂懐弁当箱の中, 袂ひは, 袂提灯を出し, 袂此方の長屋, 袂は琴, 袂涼しも, 袂涼しいのを, 袂湿りて重き, 袂るるという, 袂しめり山風颯然, 袂網屋という旅籠, 袂の合羽, 袂胴裾と申します, 袂裂け帯崩る, 袂に舞, 袂の曲り角, 袂行き尽して, 袂近き所にて, 袂追いつ追われつひらひらと, 袂重い年ごろです, 袂重きとき, 袂重くて, 袂重げに井筒, 袂重たくしょんぼりとして, 袂で酒, 袂の吹きし, 袂る袖, 袂騒然とうす闇, 袂髷節の中, 袂鹿の子は愛, 袂龕灯で照