青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「表面~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~衣裳 衣裳~ ~表 表~ ~表情 表情~ ~表現 表現~ 表象~ ~表面
表面~
衰弱~ ~袂 袂~ ~袋 袋~ ~袖 袖~ 被告~ 被害~ ~袴

「表面~」 3283, 35ppm, 3299位

▼ 表面~ (737, 22.4%)

26 出て 12 現れて, 現われて 9 現はれた 7 現はれ 6 出して, 衝突する 5 あらわれて, 現われたもの, 立って, 衝突し 4 浮かんで, 浮び出て, 現わし, 立つこと 3 ついて, 沿って, 現れる, 立てて, 顔を

2 [37件] あらはれて, あらわれたところ, ある, ある堆石, さしたる不快, して, たくさんの, ついたとき, なって, 出さぬよう, 出すこと, 出たの, 向って, 在るの, 存在する, 小凹凸, 小刺, 於て, 殆ど流行的な, 残って, 氷が, 浮いて, 浮かび上がって, 浮かび出て, 浮んで, 現さないで, 現さない生活, 現わす, 現われた矛盾, 画き出された模様, 立たされて, 立つもの, 表はれる, 表われた, 見せては, 起こるふしぎ, 近き部分

1 [534件 抜粋] あかが, あざやかな, あって, あっては, あのよう, あらはれたところ, あらはれたる事件, あらはれた事件, あらはれること, あらはれるもの, あらわして, あらわれず一方, あらわれた, あらわれたかぎり, あらわれたこと, あらわれただけの, あらわれたる匠人, あらわれた事件, あらわれた個々, あらわれやすい, あらわれる, あらわれるの, あらわれる変化, あらわれ始めた, あるどんな, あるの, あるもの, ある噴火口, ある水, ある鋲, ある附属物, いつ出来たもの, いろんな処, うかがわれた, うごめいて, うちつけて, おくびにも, おもしろい紋, かかって, きれいな, ぎらぎらした, くっつくと, この動揺, この感情, この手紙, こまかく露, さらけ出して, した, じぶん, すいつけたまま, すがた, すぎずなんとか, そして夫, そのこと, その光, その片鱗, その白花, たいへんな, ただよう月光, たてて, ちゃんとふた, ちょうど飛石, ついたくらいの, ついた指紋, つけば, できて, できる微細, とりあげるといふ, とりついて, とりつきあな, どのよう, なる, なれば, のさばりだして, のぞき出して, のり出して, はっきりと, はつきりみせない, ひりひりと, ひろくひろがっ, ぴたりと, ぶつけて, ますます容体, まるで魔法, みえるよりも, ゆらいだり, ようやく二, よび戻し, よび戻して, ゐる我々, アルミニウムの, ギラギラと, ジャーナリズムの, ハッキリ一つ, パッと, ピストルから, ポッツリと, ヱナメルを, 一つずつ, 一つの, 一丈の, 一大刺衝を, 一定の, 一度爪が, 一片の, 一筋の, 万事を, 三毛から, 三沢の, 上昇しはじめ, 下りられる予定, 不浄なる, 二つ三つの, 亘って, 人影だけが, 仏像が, 他の, 付着し, 付着するだろう, 似ず内気, 住んで, 何の, 何ら目, 余計な, 作って, 停滞せず, 働作を, 優勢の, 光の, 再び浮き, 冷たさ, 凍りつくと, 凍りつくには, 凝縮し, 凸凹が, 出さ, 出さうと, 出さずその, 出さずに, 出さないよう, 出さなかったの, 出さなくなり私, 出されて, 出しここ, 出しすぎて, 出したくは, 出した詩歌, 出すと, 出すほど, 出す代り, 出たもの, 出たわけ, 出ない作家, 出ない潜在的, 出なかったの, 出ぬ神秘, 出るか, 出ること, 出る代り, 出来た場合, 出来る風成雪殻, 分子の, 刻まれて, 刻印される, 削り出し, 卒直な, 南瓜とも, 印した波紋, 去来する, 及んで, 口小言を, 名前は, 吸い寄せられて, 吸ひこまれ, 吸着した, 和服姿の, 和歌を, 和親を, 噴煙は, 四度刷りもしくは, 在る押紋, 坐って, 埋もれて, 堆積し, 堕ち来ても, 塗ったもの, 塗って, 塗つてある, 墨汁を, 墨痕あざやかに, 墨黒, 多量の, 夢と, 大変化, 大看板, 姓名裏に, 存する斑理, 存する油脂皮膜, 実にみごと, 密生し, 寒々と, 射下す光, 對し, 小雨でも, 少しく圧力, 少しも, 届いたとき, 届く位, 巻き上げられること, 平静を, 幾つかの, 引きずるよう, 引つ張り出すと, 弱身, 張詰めて, 当てた, 彫刻しあり, 恬淡洒脱を, 成長した, 投げ入れられた, 折々雫, 押しつけようと, 押し出さない本性, 押し出されて, 押し出すさ, 押し出す一種, 持ち出さうとして, 持ち出されねば, 持ち出したの, 持ち出して, 持ち出そうと, 振りかざして, 掘り埋めた銅版, 接触した, 描かれた極彩色, 描かれた線描, 描くあらゆる, 擦過した, 政治ある, 於いて, 於ける各, 於てしか, 於ては, 明るく動く, 映して, 映って, 映写し, 有名な, 棲息する, 極めて微細, 極微量, 標榜しない, 横すじが, 止つてゐる, 正義とか, 武備の, 歩を, 残されて, 残る, 残る隈, 毒煙の, 氷の, 氷を, 氾濫し, 汚らしくくっつい, 沈澱させ, 沈積し, 沿うて, 法名を, 泛んだ, 波立ったところ, 活動し, 活動せざる, 流れる華麗, 浮いてるよう, 浮かびあがらせること, 浮かびだすといふ, 浮かび出た形, 浮かべて, 浮かみ現われて, 浮かみ現われながら, 浮かんだり, 浮かんだ墨汁, 浮き上がり人, 浮き上って, 浮き出しただけ, 浮き出したので, 浮き出たこと, 浮せる, 浮だ, 浮びでたところ, 浮び上がって, 浮び上つて, 浮び上らぬもどかし, 浮び出した専門的, 浮び出た若干, 浮び出ようとして, 浮び出る, 浮んでは, 浮出して, 浮動し, 浮彫の, 浮遊し, 消えて, 涙を, 湯気の, 溌剌と, 滾, 漂うもの, 漂う意味, 漂う気分, 澱んで, 火花の, 灰色の, 炭酸瓦斯の, 炭酸瓦斯を, 無意識的物質の, 煙とも, 牡蠣や, 現されて, 現され明, 現は, 現はさ, 現はし盡, 現はれず, 現はれなかつた, 現はれる, 現れた, 現れたこと, 現れたこと以外, 現れたよりも, 現れた丈, 現れた事実, 現れた事柄, 現れた仮り, 現れた影響, 現れた波, 現れた行動, 現れた阿難, 現れては, 現れない, 現れないで, 現れぬ力, 現れること, 現れるに, 現れる性質, 現れる現象, 現れ今, 現れ彼等, 現わ, 現わさ, 現われたそれ, 現われただけの, 現われたところ, 現われたらどう, 現われたる波紋, 現われた具象的, 現われた処, 現われた性格, 現われた性行, 現われた甲, 現われた財産, 現われてる他人, 現われない内面的生活争闘史, 現われること, 現われるの, 現われるもの, 現われるよう, 現われる働き, 現われる死体現象, 現われる流星現象, 現われ出た事実, 現われ見えるの, 現象し, 瓦斯の, 生じる一関係, 生物は, 田川夫人や, 留まるに, 疏外の, 発出する, 発表する, 皇立学士院という, 皮が, 真誉琴台正道信士, 眼の, 眼を, 着いて, 着きます, 着陸地帯として, 石器や, 砂や, 硫酸銅や, 程よく受け, 空気の, 突きあたる時, 突き立って, 立たせて, 立たないそれ, 立たないばかり, 立たなければ, 立ちて, 立ったの, 立つて, 立つべき人, 立つ長者, 立てないが, 立てねば, 立てるん, 立とうとは, 第二, 糊着した, 糸の, 細微なる, 細突起が, 緑色の, 縄状の, 織り物を, 置かれたもの, 美しい光, 自然に, 苦しい平気, 蔓延し, 薄白く, 薄肉彫りに, 血に, 血の, 血痕が, 衝突した, 衝突せざる, 表はれ, 表はれた, 表れて, 表わさないよう, 表われ, 褐色の, 見えた頃, 見えて, 見えては, 見えない各, 見えなくなるとしても, 見える黒い, 見せかけて, 見せて, 見せないだけ, 見せること, 見事なる, 見入って, 見入りながら, 触れて, 触れますと, 触れるだけ, 詩の, 豆写真の, 貼って, 赤い血, 起って, 起つた場合, 起伏し, 足を, 跋扈する, 跡を, 躍りたってる大, 軽く触れ, 近い層, 近い所, 近い気層, 近き一点, 近くて, 近くなる, 近づかせる, 近年みょうな, 通信網を, 週期的の, 進出しよう, 過ぎざりしなるべしと記載, 過ぎないん, 過ぎなかった, 適当な, 醜く浮い, 重々しげ, 釣り出されて, 鉄槌の, 鋳出されて, 長いかげ, 附着し, 降って, 限らず底, 霙の, 霧粒が, 露出せられた, 顏を, 顕わ, 顕われ歴史として, 高い畝, 高倉どのと, 鴨頭草の, 黒っぽい地衣, 黒子の, 鼻を

▼ 表面~ (419, 12.8%)

6 どこまでも 4 何も 3 一人で, 何の

2 [16件] あなたが, きわめて無事円満, さあらぬ, さりげなく, それで, なんの, ぴかぴかに, ニヤ, 事もなげに, 兎に, 兎も, 土下座し, 幾年かの, 急激に, 牢人し, 非常に

1 [371件] あくまで, あくまでも互いに相手, あくまでも冷静, あくまでも秘密, あくまで冷静, あくまで平静, あくまで素知らぬ, あたり前の, あれほど, あんなに楽天的, いかにもうつくしい, いかにも彼, いかに退屈, いかめしき理論, いっこう無頓着, いつでも, いつ別れ, いつ戦争, いと悄々, うちとけても, うっすりつめたい, おとなしくし, おもに黒い, お気に, かなり頑固, きちんとし, きめの, きれいに, けなすよう, ことごとく樹氷, この新しい, この純粋, この頃, ごく捌けた, さも大儀さうに, さり気なき, しきりにキラキラ光っ, しごくのんき, すこしばかり, すこぶる凸凹, すこぶる手, すずしい顔, ずいぶん大胆そう, そういうこと, そうし, そうも, そう見えた, そこの, それぞれの, それでも割合, それに, それを, そんなふう, たしかによそよそしい, ただ幾何学上, ただ手荒, ただ長い, だんだん乾い, とける, とにかく内実, とにかく内心, とにかく実際に, ともあれ内部, ともあれ故, ともかくも, ともかく胸, ともかく謂わ, どうあらう, どうであれ, どうにか気取っ, どんなに理想主義的, なぜあんなにぼんやり, はっきり見えない, ばあやと, ひどく磨滅, ぴんぴんし, ぼんやりと, まるで鏡, もちろんでこぼこ, ゆるぎも, わざと何ん, イヤに, カナダから, ガラガラし, ザラメの, シテを, テレきっ, ドコまでも, 一変し, 一夫一婦という, 一層沈潜, 一層見え, 一度水の, 一時襲撃軍を, 一神であり, 一秘密結社では, 一種の, 一面に, 丈夫らしく見える, 三人の, 上品に, 世間並の, 主人の, 久光公の, 事件の, 事務所で, 事務所に, 事務的な, 二人ながら, 二十一欄に, 二間四方位の, 人間の, 今まで, 仏教徒を, 他の, 他人で, 他意なき, 以前と, 伊太利の, 休刊ぢや, 伯爵田中光顕先生の, 何とかごまかし, 何れも, 何事も, 何喰わぬ, 何気なく若殿, 何處迄も, 何食わぬ, 便利で, 保養という, 信心で, 個人の, 偏屈で, 優しい事, 優しくしかし, 優しく見え, 優しく見せかけ, 全く平滑, 全く平穏無事, 全く悪, 全く無事, 全体を, 公平が, 円転滑脱の, 冷淡に, 冷然として, 冷静に, 刃の, 前から, 剣術を, 勘当だ, 勘当の, 単なる社交的, 単になに, 叔父の, 可なり, 同じだつた, 同窓の, 呉の, 和解した, 品よく, 喜びましたが, 單純に, 四方八方に, 固体の, 圭角の, 地球の, 城門を, 堅固なる, 変ること, 外国の, 夜凪の, 大よう, 大恭悦, 大通りにな, 夫婦と, 女房が, 好い様, 如何に, 姉妹同様に, 存外平気, 完全な, 宛も, 宜い, 実に怖, 家臣だ, 容易に, 寒冷でも, 寫實的描寫を以て, 尊敬の, 小間使という, 少しも, 居留地以外の, 屈従した, 平では, 平和だった, 平和な, 年甲斐も, 広がって, 弛み過ぎますから, 後宮の, 従って, 微笑し, 微笑み合いながらも, 心をや, 心中と, 忘れて, 怒濤澎湃, 急に, 悉く布様, 悠々と, 意識ある, 愚で, 慇懃な, 憎み足りないよう, 手固い, 打ち解けた樣, 摺れて, 敬遠されてる, 文法上の, 新しくて, 日中は, 昔の, 普通の, 景色を, 暗黒なる, 有婦の, 有限的なれ, 朗かな, 東都遊学という, 柔か, 案外平凡, 極めてあいそ, 極めて格好, 槇の, 歓待し, 歡迎されなかつた, 比較的冷静, 氏郷と共に, 気持を, 気永の, 水であり, 水の, 氷で, 氷の, 決して平坦, 決して滑, 法王に対し, 泥で, 注ぎ足された方, 洗われたよう, 浪人御召抱えの, 海水に, 清国の, 渋色に, 湿いませぬ, 源氏の, 滑かで, 滑り気味で, 漂民の, 澁, 火の, 無愛想でも, 焼いたふり, 父子です, 片語の, 犬牙状を, 猟師内実は, 王子らの, 琉球警備に, 甚だしい疎遠, 甚だしくノンキ, 甚だ鄭重, 生野銀山の, 申しわけが, 男も, 病室見舞で, 病気で, 癒った, 白金の, 益々落着, 盡く, 目的の, 相変らず, 相当の, 眞赤に, 真実そうに, 真面目な, 石で, 秀吉の, 私の, 私は, 秘密で, 稍黒ずんだ, 穏やかに, 穏便に, 空しく見せ, 突込んである, 立派な, 紅玉の, 素朴な, 素直に, 素知らぬふう, 素知らぬ振り, 終始依然たり, 緑色を, 緑色裏面は, 縦横に, 繕って, 美しく自分, 背の, 自分の, 至極冷静, 至極心服, 至極礼儀, 至極静か, 舞い狂う, 良人を, 芭蕉の, 苔に, 英国の, 華麗です, 落ちついた様子, 薄いかげり, 藩の, 蛟龍雲を, 蜜の, 融解し, 街の, 衣冠束帯華奢風流で, 裏面によって, 見えるが, 見る見る緑色, 親善を, 解決を, 言って, 誠に優しくっ, 読書に, 調査課長として, 謙虚そうだ, 謝罪って, 豪快ぶっ, 貰い子という, 貴婦人の, 貸席と, 賑やかな, 賢女らしく, 贅沢に, 超絶的曲線で, 踏み固められて, 連絡提携とか, 還納, 那処へか, 里子に, 重油を, 鏡の, 長崎奉行まかせ, 開墾だ, 陸地の, 陽気に, 離婚し, 雨水が, 静かな, 頗る真面目, 風流に, 飽くまでも平静, 驚いた顔, 鷹狩だ, 黒ずんで, 黒壁の, 黙殺で

▼ 表面~ (377, 11.5%)

7 理由は 4 ことで, 形は 3 ような, ように

2 [22件] ことは, 入口で, 凹凸は, 問題に, 土を, 小さい波, 意味であります, 文章に, 様子は, 武器と, 殻が, 水が, 温度が, 温度は, 現象に, 理由で, 理由として, 目的の, 綺麗ごとで, 美醜に, 表現に, 観察では

1 [312件] あのおそろしい, あらわれについて, ありよう, いさ, いたる所, うごきだけに, お体裁, お扱い, お追従, かぎ裂きの, かげに, かすかなひらがな, きめの, こおりつく音, こったそんな, ことだ, ことであろう, ことな, ことに, ご勘当, ささ, すみまで, てれ隱し, とけた層, にぎやかさに, はでに, へだて, ほかに, もので, ものは, もの実在は, ウス黒い, クラストが, ツジツマを, ツヤの, ハッタリなんて, ヴィーナスの, 一カ所に, 一部分だけが, 七割以上を, 上には, 上部には, 下には, 不調和の, 主催者として, 事なんか, 事は, 事件を, 事実で, 事実に, 事情が, 事態裏には, 事柄だけで, 事象を, 五欄に, 交友を, 交歓では, 交際を, 交響のみが, 享楽主義との, 仕上げの, 仮象は, 似て, 体裁に, 体裁のみを, 何氣な, 僕だけに, 儀式に, 儀式には, 光りが, 全部に, 八月の, 冷淡さや, 冷静さは, 凝霜, 凸凹が, 凸凹も, 凸起面の, 凸部と, 凹処に, 凹凸の, 凹凸を, 動きは, 動作では, 動機で, 勝ちを, 勝利を, 印象は, 厨子扉には, 口の, 口実, 口実で, 口実であっ, 口実として, 口実な, 口実実は, 口實として, 口實は, 叩頭する, 叮重, 史実を, 各葉, 合理性を, 名義だけ, 和やかさが, 問題, 問題で, 問題と, 変化丈を, 外に, 外殻を, 大それた, 大部分, 威力で, 字づら, 字面だけしか, 宛名の, 小さな孔, 峨々たる, 差別撤廃が, 帳面ヅラを, 常夜燈, 平和を, 平衡を, 底に, 彎曲釉薬の, 形式から, 形式に, 形式偽善で, 影響を, 役には, 彼と, 彼なる, 彼の, 後から, 微細な, 心持ちだけでも, 性質が, 性質である, 性質と, 性質に, 性質によって, 性質は, 性質上母親に, 恬淡さに, 意にだけ, 意味が, 意味で, 意味と, 意味の, 意味を, 意味以外に, 意味通りに, 意味鉄漿さえ, 意志を, 意見にも, 愛らしい言葉つき, 感じで, 感じ一種間抜けて, 感情を, 成功の, 成績といふ, 或る, 或厚, 所を, 批評だ, 技法で, 押紋を, 挫折に, 摩擦は, 敵を, 文字が, 文字ど, 文字どおりに, 新鮮さを, 普通の, 暮しの, 暴動が, 格式だけ, 極く, 極微量の, 様々の, 様子を, 様式を, 標榜に, 模樣中には, 權利の, 歴史には, 歴史は, 気休めにしか, 気強さ, 氷の, 氷結した, 泡立って, 波である, 波は, 波動は, 波紋に, 波紋を, 活動よりは, 浅い日常, 浮彫模様を, 温まつた土, 温度を, 漣が, 物質に対して, 物質的な, 特殊変化に, 状態や, 状況は, 独特な, 猛烈なる, 現れ方, 現実とか, 理由だけで, 理由と, 理由としては, 理由に, 理由よりは, 理窟から, 甘っ, 生の, 生活から, 皮が, 皮の, 皮を, 皺も, 目的を, 直接の, 直接原因を, 直観面には, 看板で, 矛盾の, 砂や, 砂ゴミみたいな, 硝子に, 磊落ばかりを, 神話を, 秀吉には, 称えは, 突出は, 突起と, 第一, 筋に, 筋を, 筋立ては, 粗なる, 精粗も, 純潔で, 純粋な, 素気な, 細い凹凸, 経路であっ, 結びつきが, 結果のみを, 統一の, 統一を, 絵札が, 經緯や, 綺麗ごとばかし, 縁に, 繁栄の, 罪は, 老廃物, 自由さに, 自由は, 色などの, 色彩と, 茶わんの, 落着きに, 葉脈は, 蔦を, 薄い層, 薄膜に, 虚偽にても, 虚飾を, 表面である, 装飾や, 裏には, 親切らしい, 観察のみ, 解職を, 言葉の, 言行とは, 言語的リズムが, 記録だけ, 記録に, 話は, 論拠は, 論者たり, 趣味傾向が, 辞令を, 辞柄は, 辭柄は, 運動と, 違って, 部分即, 金泥が, 針を, 関係だけを, 関係と, 面白さ, 面目にも, 面目の, 顔は, 風俗が, 飾りに, 高低が, 魚の, 麻の葉つなぎかなんかの, 黒いかたまり, 黒皮の

▼ 表面~ (181, 5.5%)

6 なもの 3 である, な事実, な現象 2 であるの, です, な意識, な観察, な観察者, な風景画, に, に事件, のもの

1 [148件] だ, であったかを, であるという, であるに, でない絵, でわけても, で独合点, なうごきだけ, なうごきの, なうわさ話, なこと, なただ, なと, なところ, なほんの, なる人, なる誤った俗, な一時的, な一現象, な一種, な不愉快さ, な並列, な主義主張, な事柄, な出来事, な制圧, な区別, な叙述, な喜怒哀楽, な場合, な士気, な天然, な好意, な姿, な平和, な弱, な強烈, な形式的, な愁, な意味, な感覚的観察, な或, な批評, な改革, な文化支配力, な文学上, な斬新さ, な日本, な日本人, な景気, な概念, な気分, な気持, な泡沫的, な活動, な温和, な煽動, な物的, な理智, な理由, な目的, な真理, な穏, な絶対服従, な職分, な自己, な興味, な行為, な見方, な見舞い, な解, な言葉, な説明, な論理, な責任, な超, な進歩, な違い, な部分, な銀行預金, な鑑識, な閑却, な題材, な驕奢, にしか受取れ, にその, になめらか, にのみドイツ国粋主義, にのみ流れ, には, にはあの, にはそういう, にはその, にはそれで, にはどう, にはなに, にはまつたく, にはみられない, には中国, には何等, には和平, には平気, には彼女, には徐々, には教団, には生活, には目立つた, には立派, には絵, には緩和, には解決, には軟, には非常, にまとめよう, にみるなら, にもしろ, にやっ, にパッ, に冷静, に受けとれ, に受けなく, に問題, に当り前, に形容, に形式的, に必要, に日本, に明る, に止めざる, に独立, に理解, に真似, に神経的, に維持, に舞台, に観察, に詩合せ, に身, に面目, の事象, の傀儡団長, の功利, の実在論, の影響, の性格, の熱狂, の理由, の関係

▼ 表面~ (176, 5.4%)

3 見せて, 見て, 見ると 2 さがしまわった結果, 匍匐する, 持って, 糊塗した

1 [159件] あくまでも冷静, あらためたが, あるくの, いとしげ, うつすらと, お飾りに, かざるため, すかして, すくい取れば, すべるふくよか, そのままに, そのまま受け取っ, その棒, たたきつけた, ちゃんとつくっ, ちょっと削り, つくって, つくるため, つるりとすべった, てらてらに, とじ合わせて, なお更ら無理, ば二十万回環らすを, まだら, もったなり, もとの, やわらかく美しく見せ, ゆかず底, ゆるく旋廻, カスツて, フワリフワリと, 一変し, 一寸見た, 一新し, 一新する, 一様に, 一目眺める, 下に, 二三度コツコツ, 仏界なりと, 仔細に, 代る代る太陽, 伝う様, 作る必要, 借用し, 偽り今日, 全部に, 全部剃らせる, 円滑に, 凝視し始めた, 刺激された, 削り取って, 削り台座, 包んで, 四等分すれ, 圧して, 垂れ流れるばかり, 壓し, 変化せしめ, 多くした, 守ると共に, 審美的に, 小当りする, 小砂利, 山のぼりの, 巧みに, 平方インチに, 引っ掻くよう, 快奔雄, 急ぐには, 持った物体, 指で, 振はせるかと, 掠めてるらしく砂塵, 掠めるの, 掠めるのみ, 掻き掘ると, 撫でま, 撫でるよう, 撫で試み毫釐, 擾す, 日光に, 昼の, 東西に, 桃色の, 検査する, 横走する, 歩いて, 歩むのに, 残る隈, 毎日少し, 汚染される, 沿うて, 流下する, 滑って, 滑つて行つた, 滑らかに, 滑りすぎた評言, 漂って, 灰に, 焼かれて, 照します, 物理化学で, 現在の, 異様に, 眺むるばかりでた, 示したるゆえん, 示すか, 種々様々, 粧うも, 粧ふも, 糊塗し, 素通りし, 綺麗に, 縦横に, 織り出して, 繕いたいばかりにね, 繕って, 背景に, 苅りとってから, 若干の, 蔽う快活, 蝕しつつ, 行かないでこそ, 被うて, 被わんばかり, 装う事, 裝飾的に, 覆って, 見あげた魚, 見た, 見よ, 見る立場, 見渡して, 見神, 視ること, 視るの, 覗いた係長, 覗いて, 調べて, 調べながら, 調べ終ると, 質素な, 越えて, 足で, 跳躍し, 踏みぬいて, 軽く素通り, 這うこと, 這ひ廻らう, 長い脚, 雨の, 雲の, 顕微鏡で, 飾って, 飾るため, 飾るの, 飾る人々, 魔界なりと

▼ 表面には~ (167, 5.1%)

3 見えねど

2 [13件] あちこち赤い, あらは, 何の, 出さぬけれど, 出て, 小さな泡, 少しも, 次の, 水の, 水蒸気が, 現はれない, 私の, 立たず裏面

1 [138件] あまり出たがらなかった, あらわな, あらわれずじまい, あらわれなかった, いつでも, いまだ一日, おそれ内心, くっつかないもの, その差別, その後も, それらの, たたないが, ただ山川, ちやんと, つきりと, はげしい波紋, ほとんど凸凹, ほとんど犬, ほとんど顔, またし, まだ呼吸, むろん何, やはりいちじるしい, ガスが, ガスのみ, ソンナ気振, ヒマラヤの, ホコリが, 一ツも, 一度も, 一見同じ, 不服な, 中国婦女子の, 人影一つ差し, 人道主義などという, 人道主義の, 人間の, 今まで, 件の, 何とも書い, 何も, 何らかたち, 何ら区別, 何んの, 余り出ない, 傷を, 全部不規則な, 八本の, 出させないで, 出さないけれども, 出さなかったが, 出ずこの, 出ずに, 出ない深い, 剛毅を, 十人並みな, 厳然たる宗教家, 唯これ, 圓という, 墨黒, 大そう, 夫, 官軍に, 家へ, 小豆を, 少し低め, 左の, 差別的の, 常に空気, 常に蒸発, 平安中期からの, 幼児の, 彼女の, 微細な, 戒名の, 所々に, 手掛りも, 拇指の, 改正に, 斑, 日本の, 星雲ガス特に, 昨夜幻燈で, 時々煮, 月世界とは, 木理を, 森新之助の, 極めて少数, 殆ん, 比喩なし, 水も, 決して日, 沢山の, 沢山出来る, 沼気ほどの, 法律上と, 波瀾の, 浮かび出ませんでした, 浮び出させない結果, 濃艶, 火焔の, 物思いを, 犯人の, 現はれ, 現われて, 現われないよう, 瘴気の, 皺が, 確か七月十一日死す, 立たない, 立てないの, 精緻な, 萱え, 蒔絵に, 蓮華草水車または, 薄く機械油, 血痕が, 袈裟襷と, 複雑な, 西班牙風の, 記号の, 記録されない, 詩の, 調子の, 退屈な, 釘が, 鉄の, 鉛筆の, 開国を, 隠忍し, 雨に, 霧粒は, 露わに見え, 露骨に, 額の, 髪の毛の, 鮮明に, 黄色の

▼ 表面~ (120, 3.7%)

2 かさかさに, 白くなっ, 赤

1 [114件] あらわれるので, ある, あるきり, あるだけ, あるので, あるのみ, ある程度の, あんな風, いちじるしく増加, いつも零度, こちこちに, ざらざらし, すこし曲っ, すべすべとして, それね, つまらぬの, とけ下, ところどころ二三ミリ, どこかから, ぬるついて, はっきりと, はっきり見える, へんに, ほとびた感じ, ほとびれた感じ, ぼろぼろに, ぼんやりし, ますます冷たく, まだ凍結, ゆっくりと, よく見える, ウインド, ガラス状に, ゴム毯の, ザラザラし, スベスベし, チラチラし, ツルツル光っ, トンチンカンに, ドス黒い, 一つの, 一応芸, 不規則に, 丸く滑っ, 乾燥し, 低いから, 冷えかたまって, 冷えきって, 冷えて, 冷却する, 凍って, 剥離してる, 十センチぐらいの, 又ボロボロ, 反射させる, 君子である, 固まつて, 固まりかけて, 固結, 多少滑, 大濤, 完全な, 少し固まった, 山葵おろし, 島の, 巧く削れた, 張力を, 彼の, 御覧の, 急速に, 恰も鏡, 或は開い, 才女らしく, 明るく見える, 時々光った, 核の, 水気付い, 温度を, 溶けても, 溶解し, 滑か, 滑かで, 滑かな, 滑らかで, 潤うて, 濁って, 火の, 灰色に, 煮た牛乳, 白粉を, 白茶けて, 直ぐに, 真白な, 真綿の, 石畳の, 砂の, 硬くなっ, 細かくぶるぶる, 絶對必要と, 美しくても, 腐蝕し, 芝生の, 華麗で, 融け固, 見えて, 象牙の, 赤い色, 酸化物で, 金屏風の, 闇夜を, 際限も, 青黒く光つて, 静かな, 颯と緑色

▼ 表面~ (116, 3.5%)

5 のこと 3 では 2 の事実, の妻, の見せかけ, は単なる, は狂人

1 [98件] いかにもうれし, から絶滅, が校長先生, が狂人, きわめて必然的, この愛弟子, その形勢, で一様, どんなに完全, に, にあらわれた, には交誼, に反映, に我児, に於ける, に棲息, に残る, に溝, に現われ, に現われたる, に現出, に生き, に発生, の一通り, の主催者達, の労働賃銀, の効力, の名分, の埋葬, の変化, の外舅, の富裕, の店主, の形, の形式, の復帰, の意味, の株主, の気質, の混乱さ, の物語りです, の相対, の矛盾, の破産, の科学的, の纏, の虚栄心, の行為言語, の表現, の説明, の責任者, の退潮, の道徳, はあまり, はただ, はなんら, はファシスト文化理論, は一つ, は主管事務, は人民, は倭文子, は古往今来ソックリ, は右, は変化, は好奇心, は少し, は幕府法律, は昔, は極めて, は機微, は死後, は気, は病院船, は立派, は純粋, は英国, は解決, は財閥解体令, まきおさめた, まだこれぞという, よい行い, よりこれ, より之, 一応解体, 仮に, 何らの, 何ら前後, 余りにきちんと整っ, 全く忘れられた, 別れて, 単に法規, 少しも, 担って, 最も強力, 極めて民衆的, 疑い得ない現象, 自宮者, 譲り渡すこと

▼ 表面から~ (103, 3.1%)

5 見れば 3 反射する, 見ると 2 冷えて, 姿を, 消えて, 見ただけ, 見た処, 見て, 観察し

1 [78件] いったの, かくれすぎて, ぎらぎらした, これは, その存在, それを, だんだんと, である, では, とび散って, どうした, どれ位の, はがれて, はた, みると, もち上げ, よく知っ, わずかに, わずか一ミリメートル上, ネオン灯の, フラップに, 一二キロメートルすなわち, 一寸ばかりの, 三尺ほど, 中心までの, 云っても, 云へば, 五分許り, 余分の, 内部には, 内部へ, 冷え冷えた水, 出て, 出る熱輻射, 同じ石ころ, 同一人, 四〇〇キロメートル以上の, 埋めさった永遠, 変えたと, 寸時も, 底へ, 底まで, 彼に, 忘れられて, 成る極めて, 放出され, 明かるい, 核心まで, 模写し, 次第に腐蝕, 消え失せたの, 消されて, 測った雰囲気, 湧き起った仄, 百十フィートくらいの, 眺めただけ, 空気が, 落ち込んで, 蒸発の, 裏側に, 見たくらい, 見た俳優, 見ては, 見ても, 見ますと, 見るの, 見るよう, 見る時, 見る限り日本型ファシズム, 観察した, 観察する, 責めたり, 軽々に, 返辞が, 退いても, 退潮を, 闇の, 隠されて

▼ 表面~ (65, 2.0%)

8 出て 2 出ずには, 出ること, 投宿取

1 [51件] いこらして, そういう結果, たんねんに, だし, でた, でる, はげしく彗星, ハッキリ押しだされ, ヤケに, 事物の, 凍りつかすこと, 凍りつく時, 凍りつく現象, 出して, 出ずお, 出た, 出ようと, 大きく草, 小判を, 廻ると, 意識の, 担ぎ上げて, 持ち出しても, 持ち出すの, 指で, 文字を, 洗い出して, 浮き上って, 浮びでて, 浮び出, 浮んで, 無数に, 現さなかったもの, 現さぬばかり, 現は, 現れたとき, 現れて, 瘤の, 秋晴れの, 立たせたいという, 肉体を, 胡粉を, 落ちて, 薄塩汁を, 覗き出, 誘致したかった, 躍り出して, 追い出す事, 雨などの, 頭を, 黒い布

▼ 表面だけ~ (53, 1.6%)

3 では 2 で私たち, 平気な, 従って, 父の, 益々苛立つ

1 [40件] いかにも友達, お坊っちゃん, その形, だが, であなた, である, です西洋, でその, でなく内部, でやはり, で四十四年五月十一日, で彼, とりあげるよりも, なら私, ふざけて, ふんふんと, やさしくし, らくに見える, りっぱな, クラストに, 光って, 吉川の, 吹きつける風, 固っ, 変な, 少し温度, 形式だけ, 木の, 癒った, 白っぽくかわい, 突飛な, 続けて, 美しく飾り立てる, 華やかな, 薄くかたまった, 見ると, 見れば, 読んで, 諾うこと, 賑かしの

▼ 表面では~ (44, 1.3%)

2 小川家の

1 [42件] いやな, そう沈んだ, それは, ともかく内心, なにどんな, まだ幕府, まめまめしく働き, よくし, わざと軽蔑, ケチを, 上層の, 事務長の, 今で, 何ごとも, 何気ない表情, 出来ませんな, 勘定しない, 口癖の, 困つたこと, 女同志の, 姉夫婦だけが, 寧ろ気嫌, 尊敬し, 平静を, 彼らは, 彼女たちは, 彼等が, 従順を, 心よく, 怒ったよう, 攻略軍の, 文字盤の, 普通よりも, 民主化民主化と, 特に公, 白色裏面では, 空気が, 自分が, 褒めそやしながら, 讃美する, 過去の, 難しいから

▼ 表面だけの~ (35, 1.1%)

6 ことで

1 [29件] くらしっく, ことだ, ことだろう, ことであった, こと謀反反乱の, もので, ものに, 世界である, 世界に, 事だ, 事で, 事である, 事実で, 事実では, 事実際, 事實際は, 体裁よ, 修飾に, 問題じゃ, 変化や, 威厳は, 尊敬と, 緊張感それは, 繕いで, 観察者は, 解決を, 謙遜である, 進歩という, 騒動は

▼ 表面~ (35, 1.1%)

11 して 2 されて, した

1 [20件] させたの, されなかった対立, されるの, され出した, したの, した一部, した主, した時, した武士ども, しては, してを, しました, し勇み肌, し同月二十八日, し客體面, すること, するの, するまでには, せぬ恋情, であり二

▼ 表面~ (29, 0.9%)

1 [29件] お色, さわぐの, どちらが, やりとりし, 一面の, 全く成心, 内々は, 内密には, 内心は, 凝って, 出来るの, 反射され, 反射し, 嫌がりながら, 実は秘密, 実際は, 封鎖され, 尊敬し, 気付かれて, 混乱し, 甚だ流行, 相当に, 笑つてゐる, 結んだ像, 統一を, 襤褸の, 金は, 陰と, 雑談の

▼ 表面だけは~ (25, 0.8%)

2 いかにももの静か

1 [23件] あくまでも冷静, しらばっくれた, そうであった, そのお手本, ともかくも, どうなり, どうにか繕つて, まだ亭主たる者, 塵を, 大人しく人並, 如何にも面白, 妙に, 強そう, 楽しげ, 正直に, 殊勝げに, 決して前者, 派手で, 益々落着き払っ, 立派に, 素人な, 美しい字, 誠におとなしく

▼ 表面~ (24, 0.7%)

3 すれすれに 2 内部には, 裏面との

1 [17件] しここ, そっくりです, 下卑て, 交通し, 同じく織り物, 同様の, 愛らしい春, 我々が, 細かいスベスベ, 腹の中とは, 表面との, 裏面と, 裏面とが, 裏面とは, 裏面とを, 裏面を, 逆の

▼ 表面より~ (23, 0.7%)

5 見れば 2 妨害したる

1 [16件] これを, して, すれば, みるとき, 一見する, 上に, 反射し, 外に, 散去するの一, 虚心に, 観察する, 観察すれ, 論ず, 退く故, 飛び去りたるのち, 駆逐せられ

▼ 表面だけを~ (20, 0.6%)

3 見て 2 勉強した, 彼の

1 [13件] ながめる, みて, 伺って, 少し傷つける, 撫ですぎて, 注意し, 眺めて, 考えると, 見るに, 見る観察者ら, 賢そう, 辿れば, 飾って

▼ 表面だけで~ (9, 0.3%)

1 うとうとしてる, もう深, 底力なし, 操作できる, 滑って, 物を, 皆に, 解釈し, 誤解される

▼ 表面だけでも~ (9, 0.3%)

1 いうこと, いちおうは, 仲よく暮らしたい, 体裁の, 俊三に, 好いから, 来た時, 見られるよう, 言って

▼ 表面~ (7, 0.2%)

4 から氏 1 とかいやしくも, とか抽斗, と仮定

▼ 表面ばかり~ (7, 0.2%)

1 でなく器物, でなく本当に, で実は, 一部分ばかりを, 焦げたり, 相似た, 見るから

▼ 表面からは~ (6, 0.2%)

1 一寸見えない, 傘を, 外側に, 濛々と, 誰れ, 論じがたく

▼ 表面のみを~ (6, 0.2%)

1 見て, 見るもの, 見る人, 見れば, 辿って, 辿つて記録

▼ 表面~ (6, 0.2%)

1 これと, またこれ, 内部の, 周囲も, 固く冷たくむきだし, 風に

▼ 表面何事~ (6, 0.2%)

3 もなく 1 もない, も知らぬ, も起らなかった

▼ 表面こそ~ (5, 0.2%)

1 処女だ, 小さな女の子, 粧え誰一人真実仕事, 粧へ, 處女だ

▼ 表面この~ (5, 0.2%)

1 場合なら, 流儀の, 知らせに, 静寂な, 騒ぎは

▼ 表面において~ (5, 0.2%)

1 その規則, それ自身固有の, でばかり, 感受する, 行われたこと

▼ 表面にも~ (5, 0.2%)

1 また内部, 出て, 出来るので, 完全に, 現われて

▼ 表面へは~ (5, 0.2%)

2 その姿 1 出さない, 出さないの, 出ない仲間

▼ 表面まで~ (5, 0.2%)

1 すき通って, 一々検め, 出て, 浮いて, 落下する

▼ 表面現象~ (5, 0.2%)

1 でありながら, ではなく, としての所謂, となるだろう, を呈する

▼ 表面からの~ (4, 0.1%)

1 やうに, ように, 粗生生産物, 言葉だった

▼ 表面からも~ (4, 0.1%)

1 この地球, 僕が, 共に姿, 冷えます

▼ 表面しか~ (4, 0.1%)

3 見ること 1 御覧に

▼ 表面だけに~ (4, 0.1%)

1 きらきら日, せよ家庭, 止るので, 精選砂利を

▼ 表面近く~ (4, 0.1%)

1 から放つた, を流れ, 浮かみ上がって, 進んで

▼ 表面非常~ (4, 0.1%)

1 な相違, な貧窮, に仲, に優しく

▼ 表面~ (3, 0.1%)

1 はまに, 手討といふ, 蓮さまによって

▼ 表面~ (3, 0.1%)

1 う見え, へ夫婦生活, も冷淡

▼ 表面だけしか~ (3, 0.1%)

1 わたくしの, 判らないけれども, 見て

▼ 表面での~ (3, 0.1%)

1 女らしさ, 浅い親切, 酸化との

▼ 表面~ (3, 0.1%)

1 のだ, んです, んの

▼ 表面にのみ~ (3, 0.1%)

1 止まること, 注がれた, 限られたこと

▼ 表面ばかりが~ (3, 0.1%)

1 太陽に, 美しいデザイン, 見えるよう

▼ 表面ばかりの~ (3, 0.1%)

1 喜び顔, 悲嘆や, 禁欲生活から

▼ 表面~ (3, 0.1%)

1 きらきら輝く, 何かを, 湖や

▼ 表面~ (3, 0.1%)

2 でもい 1 に過ぎない

▼ 表面~ (3, 0.1%)

1 の変った, の変り, も知らない

▼ 表面豪放~ (3, 0.1%)

1 であったが, であつ, で磊落

▼ 表面いかに~ (2, 0.1%)

1 快活に, 真摯を

▼ 表面いかにも~ (2, 0.1%)

1 熾烈で, 磨滅され痛められ

▼ 表面からばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく地面, 見ると

▼ 表面きり~ (2, 0.1%)

1 しか見, 見ないもの

▼ 表面そう~ (2, 0.1%)

1 見えるだけ, 言われると

▼ 表面ただ~ (2, 0.1%)

1 の珍奇, 古地図

▼ 表面だけが~ (2, 0.1%)

1 できて, 冷然と

▼ 表面である~ (2, 0.1%)

1 が直観, ように

▼ 表面です~ (2, 0.1%)

1 から足がかり, が立花博士

▼ 表面との~ (2, 0.1%)

1 接觸では, 間に

▼ 表面における~ (2, 0.1%)

1 ような, 重力の

▼ 表面にぎやか~ (2, 0.1%)

1 では, に啓蒙

▼ 表面にこそ~ (2, 0.1%)

1 立たなかったが, 見せなかつたが

▼ 表面について~ (2, 0.1%)

1 そこで, 持ちうる見解

▼ 表面にまで~ (2, 0.1%)

1 及ぼして, 達した大きい

▼ 表面上それ~ (2, 0.1%)

1 に服従, を口

▼ 表面上殆~ (2, 0.1%)

2 んど

▼ 表面上私達~ (2, 0.1%)

1 の結婚, はまあ

▼ 表面~ (2, 0.1%)

1 の好かっ, をよく

▼ 表面出ずべし~ (2, 0.1%)

1 といい, といいたる

▼ 表面切支丹~ (2, 0.1%)

1 の宗徒, を保護

▼ 表面如何~ (2, 0.1%)

1 にもっとも, に立派

▼ 表面平静~ (2, 0.1%)

1 な挙動, を取り返す

▼ 表面服従~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 表面温順~ (2, 0.1%)

1 と見ゆれ, に見える

▼ 表面独身~ (2, 0.1%)

1 ではいられる, で私生

▼ 表面的模倣~ (2, 0.1%)

1 に暇, を脱し得る

▼ 表面~ (2, 0.1%)

2 かであつ

▼ 表面穏やか~ (2, 0.1%)

1 であるが, にたずねた

▼ 表面見た~ (2, 0.1%)

1 だけで, ところでは

▼ 表面観察~ (2, 0.1%)

1 が満蒙, では誤り

▼ 表面追従~ (2, 0.1%)

2 するだけ

▼1* [319件]

表面あいまいな返事, 表面あくまで無事を, 表面あの方は, 表面あんなことに, 表面いつしかふだんの, 表面いわれていた, 表面うすぼんやりし, 表面おちつきかけたものを, 表面或はしん, 表面かたく中立を, 表面がやがやと騒ぎ立てません, 表面きって私, 表面ここに集まった, 表面これらのすべて, 表面さる事見えざりしか, 表面さアノ墓をあばい, 表面しずかに風, 表面すこぶる穏やかに, 表面知らん体, 表面そこをも事, 表面その実子に, 表面だけから見れば, 表面だけもぢ, 表面だって交換わす, 表面であってです, 表面でもあった, 表面というものの, 表面とか純粋な, 表面とは違った動かぬ愛, 表面とも接して, 表面とを主調と, 表面どう巧い, 表面どうしていいか, 表面どこまでもその, 表面どっちつかずに, 表面なかなかやかましく言う, 表面などに固着し, 表面などには出ず人目, 表面なにごともなく, 表面なれど衣類もち物, 表面においてすらも時の, 表面においてのように, 表面においてはこの伝統, 表面におきましては其処に, 表面にくッついた, 表面によって云い表わされる, 表面に対するお前たちの, 表面ねんごろに, 表面のみだった, 表面のみにてもこれを, 表面のみは一般に, 表面はと云えば, 表面はなはだもっともらしい, 表面はにこ毛が, 表面ばかりしか見ないから, 表面ばかりを眺めては, 表面ひどくガッチリチャッカリ会社に, 表面へも現われず何ん, 表面べつにまだ, 表面ますますユックリと, 表面もとに戻っ, 表面やかましく云いながら, 表面よりは黒澤が, 表面よりも凡てが, 表面をでも見る感じ, 表面をのみ駛する, 表面エネルギーの研究, 表面ガッチリズムの働き者, 表面ニ戒名又ハ俗名, 表面怒ッテ, 表面ファッシズムの外形, 表面ブルジョア民主主義の建設, 表面リアリスチックである根源, 表面リイ・ハン・フウが買い取っ, 表面洗ヒシトモ今後日本文明, 表面一夫一婦に統制, 表面一方においては有限性, 表面一杯に拡, 表面一様の解釈, 表面一通りの体裁, 表面三千メートル平方の帆, 表面三四寸の間, 表面上これありたるごとくに, 表面上てにはなしの, 表面上わたしは真実, 表面上クールフェーラックの室, 表面上ニュース中心主義に立っ, 表面上ファシスト団体が解散, 表面上一大進歩, 表面上一切の興行, 表面上一瞬にし, 表面上不良性の潜伏期, 表面上何の関係, 表面上何處にも指定, 表面上健全だらう, 表面上共同の責任, 表面上別なもの, 表面上区別はありません, 表面上単純な虚構, 表面上商会の世話, 表面上大成功として都下, 表面上大穴にならない, 表面上妹の立場, 表面上尊姉より贈られたる, 表面上差別の撤廃, 表面上強調する国体明徴, 表面上彼は多く, 表面上性慾問題とは関係, 表面上手にもてなした, 表面上技術から独立, 表面上日本の民主化, 表面上昔と何一つ, 表面上本国との信書, 表面上柔和な人間, 表面上波斯の古代宗教思想, 表面上浦島説話と稍異, 表面上海に夢中, 表面上灰色的態度を取らざる, 表面上無二の親友, 表面上無用の事, 表面上相手を黙殺, 表面上眼も遥か, 表面上社会的共同生活を営ん, 表面上科学論という言葉, 表面上秩序を持たない, 表面上親切な此, 表面上解体された特高警察, 表面上解散した, 表面上言葉の上, 表面上謹慎を表し, 表面上退潮すれば, 表面上退陣したのち, 表面上鄭寧な態度, 表面上関係はない, 表面上高尚で実は, 表面上鼻の動的表現能力存在, 表面両者間の差別, 表面乞食ならざる, 表面了解した風, 表面予算成立をイトシテこれ, 表面人助けが行なわれる, 表面人気がある, 表面人目には彼, 表面仁者らしく見せかけ自ら, 表面仏教徒を装い, 表面以下に埋没, 表面似たようであり, 表面何とも感じて, 表面何ら区別する, 表面何処か呑気, 表面何気ないような, 表面保守主義な様, 表面信仰裏面密謀ふたつの仮面, 表面個人主義的な現実, 表面倹約を装う, 表面とその, 表面全体を暗く, 表面公娼が廃止, 表面内実は五百石, 表面冷静な気取り屋, 表面でたるとき, 表面切って燃え立った, 表面別にこれと, 表面と呼び, 表面助手として内心, 表面包囲形を作っ, 表面化さないように, 表面化すということ, 表面化学の進歩, 表面千浪を捨て, 表面取りたてて問題, 表面取り立てて言う, 表面には上せなかった, 表面古風な女, 表面同志として重井, 表面同様につや, 表面は, 表面命令に従ってそれぞれ前線, 表面商業主義への挑戦, 表面喫茶店を営み, 表面をし, 表面地質図とボーリング, 表面堂々とした, 表面大層心得たらしくあるが, 表面夫人の手, 表面のもと, 表面姿を消し, 表面媚びへつらって仕え, 表面学校生活はなしおらざる, 表面家康は東海, 表面対等であろうと, 表面の分子状態, 表面左右に小さい, 表面布教に従事, 表面幕府の徴税使, 表面平気を粧い, 表面平然を装う, 表面平穏に推移, 表面平素と変らぬ, 表面強気のノブ子さん, 表面彼等の服従, 表面従順では, 表面媒酌下だ, 表面心中した風, 表面必然性を無視, 表面忠君愛国の美名, 表面快く宝石商ヴァルダンと, 表面を破っ, 表面恐れ入ったように, 表面恬淡そうに装っ, 表面悪いことで, 表面を装う, 表面しやかに, 表面憂鬱に見えた, 表面或は海水の, 表面打ち溶けて, 表面押し付け模樣の, 表面採集の序で, 表面放埒に見え, 表面敬意を見せ, 表面日本教育の民主化, 表面日蓮遺弟, 表面明るい快活さで, 表面朝倉先生を慕っ, 表面の表面, 表面梵天を祀る, 表面様式を硬化, 表面歓心を買, 表面武人に雌, 表面毛利方に対してはともかく, 表面民主的な委員会, 表面気がるだった, 表面の如く, 表面氷河は氷斧, 表面法律で許された, 表面の小さい, 表面派手に見え, 表面淡々と平常, 表面温和にしてるらしい, 表面として雲, 表面無口でも行動, 表面無礼を感ぜぬ, 表面無職有閑を標榜, 表面無視しながら, 表面犬猿ただならぬ御両, 表面王位の争い, 表面現場の親玉, 表面現実に即し, 表面現象的でお, 表面甚だ仲の, 表面甚だもつともらしくして, 表面男女關係のだらし, 表面痛烈な皮肉, 表面白っぽく間の, 表面的外形的な方面, 表面的実在論に較, 表面的履行は果たされた, 表面的從屬的なるいはば, 表面的意義と並行, 表面的混乱にも拘らず, 表面的犠牲となりつ, 表面的理由がある, 表面的相違をあまりに, 表面的知識であ, 表面的稚気や稚拙さ, 表面的記載のまま, 表面的鎮静に帰し, 表面的顕現を統率, 表面相原は不思議, 表面相反する如く見える二つ, 表面を云え, 表面眺めて, 表面神妙らしく紋切型, 表面秀吉と和, 表面多くない, 表面立たぬそれだけに各, 表面立って生活, 表面立つとその, 表面立つた媒酌人と, 表面竹越氏の推薦, 表面が通つて, 表面節倹で裏面濫費, 表面米国人を装う, 表面素直にそう, 表面総て右往左往と動き, 表面織田と毛利, 表面に囚われ, 表面脆弱に見える, 表面の, 表面自己の勢力範囲, 表面自由に暮し, 表面が或, 表面夫婦の, 表面茶遊をもっ, 表面葉子は八方, 表面裏面の二方面, 表面親子の情愛, 表面觀察に寫, 表面角突合いをした, 表面計りを一瞥, 表面誠に陰気で, 表面豪放そうで内心, 表面貧乏を装い, 表面資治通鑑の講義, 表面質素な様, 表面越軍にとってこの, 表面運動多き生活, 表面鈍感さを装っ, 表面開化しながら, 表面閑そうな声, 表面降伏とはいわれ, 表面離れたようで, 表面雪子の素, 表面に見え, 表面静かに微笑, 表面颯々と出, 表面颯爽たる英姿, 表面飽くまで鳩を, 表面鷹狩ととなえ