青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「表現~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

衣~ ~衣服 衣服~ ~衣裳 衣裳~ ~表 表~ ~表情 表情~ ~表現
表現~
表象~ ~表面 表面~ 衰弱~ ~袂 袂~ ~袋 袋~ ~袖 袖~

「表現~」 7260, 78ppm, 1434位

▼ 表現~ (856, 11.8%)

16 中に 14 上に 9 うちに 8 なかに 7 ために 6 ように, 方が, 自由を 5 価値を, 方法は 4 技巧に, 方法を, 欲望は, 美しさ

3 [22件] あつた, 上にも, 仕方が, 仕方は, 仕方を, 任務を, 底に, 形式に, 手段を, 才能が, 技巧が, 技巧と, 技巧の, 技巧を, 技術を, 方法が, 習慣の, 背後に, 能力を, 要求が, 進化, 過程として

2 [68件] あるの, うちで, ことが, しかたで, ためには, ための, ない真実, なかには, みじめさが, ような, 一つの, 上から, 上の, 中で, 中には, 中を, 中心に, 仕方な, 仕方にも, 使命を, 内容が, 内容と, 出来ないと, 力を, 力強さ, 努力が, 努力を, 原理として, 可能を, 問題だ, 問題に, 場合に, 変化の, 多くは, 完全に, 密度が, 対象を, 底を, 形式が, 形式には, 形式は, 影響は, 恐しさ, 手段と, 手法や, 手馴れた日本的, 才能に, 方法から, 最高レベル, 材料を, 極めて卒直, 様式が, 正確さ, 正確さという, 渾然たる, 為に, 理解に, 癖が, 直接の, 研究に, 空疎で, 衝動を, 要諦である, 詐欺取, 貧しさ, 途を, 道を, 魅力を

1 [556件 抜粋] あったの, あの側, あらゆる変化, あり方といふ, あるもの, いろいろな, うちどれかに, うち最も, おもしろさ, かげには, かつきり, ことから, ことだ, しかたでは, しかたによって, しかたの, しかたも, しようの, しようも, し方, ためかも, ためである, ためでも, つもりの, できないもの, できる人間, できる時, とおりに, ところに, ないの, ない詩, なかにも, ひどくまずい, まずい男, ままでは, むずかしさ, もっと成長, ものである, ものとして, よしあしは, よろこびに, イゴイズムが, カン処を, ニュアンスである, ニュアンスを, ヒットした, プランの, プロセスを, プロパーな, ミディアムとして, 一, 一つだけの, 一つであった, 一つである, 一つとして, 一つに, 一切を, 一形式で, 一形式です, 一種類である, 一立脚地と, 一立脚点である, 一義と, 一般的の, 一面として, 上からも, 上で, 上では, 上でも, 上手な, 下に, 下手な, 不一致を, 不完全から, 不完全が, 不自由を, 不足も, 与えられること, 世界から, 世界が, 世界とは, 世界などと, 世界に, 世界意味の, 世継ぎを, 中でも, 中心なる, 主張によって, 主役を, 主要事, 主題と, 主體, 事であります, 二重の, 仕方とか, 仕方などには, 仕方については, 仕方の, 仕方も, 仕様が, 伝統は, 何物たる, 作品を, 使い方を, 使命が, 価値が, 価値の, 価値も, 個人性が, 健康な, 偽瞞, 入りまじつた咒詞, 全般に, 具である, 具と, 具体性, 具体性による, 具合に, 具有物でなけれ, 内に, 内在的目的であっ, 写実の, 写生句を, 出来ないしたがって, 出来ないため, 出来ないよう, 出来るやう, 到らなさ, 副産物といった, 創作とか, 力によって, 力弱, 力点は, 功を, 努力である, 努力と, 努力のみを, 効果の, 動向を, 動機を, 動的背景とも, 単純化と, 原則する, 原始時代に, 厳粛さが, 受け渡し, 可能として, 可能の, 可能性に対して, 可能性は, 可能性を, 呪い方, 味に, 唯一の, 唯一若く, 問題が, 問題の, 單純化, 困惑について, 困難さにおいては, 困難だ, 困難な, 困難に, 土台を, 型であり, 型を, 基礎を, 基調を, 場合なぞは, 変化が, 変化として, 変更などは, 外に, 外は, 外観如何に, 多種多, 大まかな, 大家毒婦色魔悪党横着政治家と, 大立物である, 夫, 奇矯という, 奔放自由を, 好みほど, 如何である, 如何を, 妙は, 妙も, 妙を, 妙味では, 妙味を, 威力を, 存在は, 存在表現の, 安定性を, 完全さも, 完璧といふ, 実例は, 実際に, 密度の, 対象は, 尖鋭さを, 山頂的な, 工夫に, 工夫照明の, 差微妙ねえ, 希望通りに, 幾分かを, 幾多の, 底にも, 弱点を, 形として, 形とは, 形は, 形を, 形容が, 形式から, 形式である, 形式と, 形式として, 形式について, 形式については, 形式の, 形式も, 形式や, 形式を, 形式をも, 形態, 形相として, 彫刻に, 影響, 影響の, 役に, 御蔭では, 心理を, 必然の, 必然性が, 必要を, 思ふ壺, 性格が, 性格を, 性質上芸術的形式を, 悦楽が, 情熱を, 意味だけ, 意味と, 意味も, 意欲によって, 意義を, 感傷めいた, 感覚を, 態で, 態度が, 態度こそ, 慾望と, 或る, 手段が, 手段として, 手段は, 手段をも, 手法としての, 手法の, 才と, 才能なき, 批評に, 技巧については, 技巧にのみの, 技巧は, 技巧を以て, 技術, 技術である, 技術性について, 把握である, 把握は, 持ち主なら, 推移と, 推移に, 撫で合いとつつき合い, 撰択から, 支配し得る, 支配的象徴者は, 故に一部, 故に三木, 斬新とから, 方から, 方は, 方式として, 方法こそ, 方法では, 方法として, 方法との, 方法などについても, 方法には, 方法及び, 方途が, 方針を, 時期である, 晦渋, 曲線を, 最もすぐれた, 最も重大, 有り得ないこと, 朦朧たる, 本意が, 本然性である, 本質に, 柔和さを, 核を, 根幹であり, 根底が, 根本は, 根本を, 根本原理が, 根本基調を, 根本的構造である, 根本的構造は, 楔子を, 極致では, 楽しみが, 概念は, 構成を, 構成部分として, 構造を, 様々な, 様式で, 様式とか, 様式は, 権威の, 機会を, 欠点を, 欲望が, 欲望そのものが, 欲望の, 欲求に, 欲求即ち, 歌と, 歴史が, 歴史である, 歴史と, 歴史としての, 歴史性が, 段に, 段階を, 氾濫が, 決定的な, 洗練の, 活動である, 活動に, 深みにおいて, 混入を, 源流を, 潔癖を, 点から, 点で, 無色粗野な, 熱による, 熱意だけで, 物凄さ, 特殊の, 特色は, 玄微, 率直なる, 理解へまで, 用意に, 発程に, 登り得る山頂, 的確さによ, 的確さは, 的確で, 的確な, 目安を, 目的は, 目的意識は, 直接性は, 相においては, 真世にも, 真実が, 真相を, 真諦に, 研究が, 研究であります, 研究上かの, 研究宣伝は, 研究材料としては, 研究者とは, 確かさは, 確実さ正確さは, 社會的結果を, 祕訣, 神妙さ, 空虚が, 立場から, 端々にまで, 第一, 節奏を, 範と, 範囲を, 範圍内において, 範疇する, 精神が, 純粋, 結果に, 絶頂であった, 緊めかたで, 罪に, 羅紗かぶせたる, 習慣や, 考察は, 能力が, 自由が, 自由と, 自由という, 自由にも, 自由の, 自由奔放が, 自由性の, 自発性を, 色彩だけは, 色調着け, 芸術的に, 芽を, 苦心とか, 苦悩を, 苦手は, 著しい例, 著しく発達, 行き方, 行くさき, 表現である, 表現らしい, 裏の, 補助と, 補助を, 裡面を, 要求である, 要求を, 要素が, 規準を, 観察者たるべく, 観照に, 観照について, 觀念以上に, 角度も, 解釈と, 解釈という, 解釈理論へまで, 言葉に, 言葉は, 言葉を, 許される限り, 評価に, 詩人とが, 誇張へ, 誇張感は, 認識の, 語を, 譬喩性は, 豊かな, 貴重な, 資料と, 起こる源, 逆説的な, 透明さは, 進化が, 進化に, 進化を, 進化並びに, 進路に, 過程と, 過程によって, 道と, 道において, 道によ, 道へ, 違いの, 適応化が, 適確な, 遺物として, 邪道, 重んぜられて, 重大は, 量に, 間に, 間を, 関係, 関係とかいう, 陰に, 陰影を, 非現実的, 顔面, 類として, 飛躍が, 骨法を, 高さ, 魅力, 魅力が, 魅力である, 鮮かさは, 點に, 鼓動と, 鼻柱は

▼ 表現~ (719, 9.9%)

20 して 15 もって 5 もつて, 求めて, 知らぬ 4 するの, 与えて, 持って

3 [11件] します, すること, 与えること, 与えるの, 借りて, 借りれば, 持つもの, 用いて, 研究し, 見せませぬ, 迫る内生

2 [52件] かりれば, した, したもの, しても, しなければ, しようと, する, するから, するため, すると, する人々, たじろがせずに, とおして, とる, とるの, とるより, とる為, もつこと, もつと, フランス人は, 与へ, 与へること, 使って, 借りると, 取ったもの, 否定しよう, 守って, 彼は, 得て, 得ること, 必要と, 意味する, 意味せね, 成せり, 托したの, 持つて, 支配し得る, 支配する, 模倣しよう, 用いれば, 用ゐる, 目ざして, 知らないの, 知り得たわけ, 示すもの, 見せて, 見ること, 試みようと, 近づけて, 迫る精神的内容, 隠して, 駆使する

1 [520件 抜粋] あまりつかわない, あまりに久保さん自身, あやまって, ある程度まで, うなずく人, えてつかいたがる, おいて, おおうもっと, かえて, きらい男同士, くぐっても, くらべる気持, こえて, さけよという, させそれから, させて, さながらに, さらにずつと, しいること, しがち, したという, したとしても, したり, した方, した歌, してを, しない人, しない妻, しない時々, しなかった, しました, しましょう, しますか, し得ないという, し或は, し行動, すぐに, するだろうか, するとき, するところ, するもの, する人, する傾向, する気, する芸術家, せざるを, せずに, せられる時, そっくりそのまま男, そのままに, そのまま保存, そのまま持続, そのまま流布, その人物, その間に, そらした心理, それが, それなり二つ, それ等以上に, だれさせて, つかふと, つけさせる, とって, とらえて, とらないもの, とらへること, とられたの, とりあげた, とりました, とり入れてからは, とり得た, とり神意, とること, とるしか, とるため, とる必要, とる生活, とれば, とろうと, どういうふう, どうする, どこまでも, ないがしろに, なさうと, なしたる記憶無し, なして, なし得たであろうか, なし得ない事, なし得る技術, なすこと, なすの, なせ, ねらって, のぞんで, のり越し, はばまれて, ひきうけねば, ふりまわして, みれば, むずつかして自分の, もたせるが, もたないから, もちいるの, もちつつ, もちながらも, もったの, もった記事, もつ仮面, もつ最初, もとめて, やらぬという, ようやく理解, よく用いる, よんだもの, オルソドックスな, モヂリアニ程, ヨーロッパ文学は, 一々裏切っ, 一切引き締め, 一切打ち忘れ, 一層求心的, 一般の, 一貫し, 万世に, 下さい, 不満なく, 与えた作者, 与えられたの, 与えられるため, 与えるため, 与える時, 与え広汎, 与え現実, 与へる基礎的素質, 与へる意義, 並べて, 中心として, 主と, 久保さん自身の, 事と, 云々する, 云ったもの, 云ひ尽し, 互ひ, 五月蠅いと, 交換後における, 人を, 今や地方, 今日の, 仏体に, 代表し, 代表する, 企てる行き方, 企図し, 企図する, 伸子は, 何か, 余儀なくさせた, 作すといふ, 作って, 作品の, 使いわけるタチ, 使いわける代価, 使ったが, 使ふ, 使ふところまで, 促したの, 借りるまでも, 公式の, 公示通達する, 内へ, 冠すれば, 出すため, 分析的に, 到底見破り得ない, 創りだして, 助ける, 十二月という, 双方から, 反駁し, 取って, 取り合わせて, 取る, 取ること, 取る必要, 受けたもの, 受けない性慾, 受け持つ顔, 可能ならしめよう, 可能に, 合理化し, 含まない, 含む, 吾人は, 味は, 味はせる, 味わうこと, 和らげて, 唯一の, 商品として, 喚び起し, 固定させた, 国家が, 圓滑に, 圧伏させ, 外に, 多分に, 多計代, 大きくしましょう, 大体音声や, 失いました, 失って, 好まぬとは, 妨害する, 学ばうと, 学んだ人, 完全に, 完成し, 完成し尽そう, 宗と, 害ふも, 封じられはらはら, 導かれはじめたの, 導き出すとは, 展い, 工夫し得る, 差控え, 常に欲望曲線, 平易に, 幾回も, 底の, 強いてする, 強めて, 形容した, 往々に, 待ち望んで, 待つて, 得た, 得た私達, 得なければ, 得ようとして, 得る, 得るか, 得るという, 御主人, 微笑という, 徹頭徹尾真実, 心がけ科, 心に, 必要以上に, 忘れて, 忘れる軟弱, 思いあてたよう, 恥ぢると, 意味し, 意味した, 愛して, 感じて, 憚る, 成就し, 成就しよう, 我から, 打ち込めえたもの, 托する芸術, 批評家の, 押しつけること, 拒否せね, 持たないから, 持たないところ, 持たない詩人, 持ちたいと, 持った人, 持った歌手, 持つこと, 持つた, 持つたもの, 持つべきだろうか, 持つよう, 持て, 指したもの, 捉へ, 捕えて, 採って, 採らせ其為, 採るの, 採る訣, 探さなければ, 探り事物, 換へ, 揺り動かさうと, 支配され, 支配し, 支配し得ぬ, 数え尽して, 文学者が, 斥けるの, 斥けるもの, 新たな, 新吉, 日本人は, 日本人も, 旧式の, 旨と, 映して, 映畫的, 更に切実, 最も強烈, 有するという, 有せざりしという, 有って, 有てないだろうし, 望みは, 期する, 期待した, 期待すまい, 期待する, 材料として, 果ては, 根本的に, 極めて外面的, 標準と, 欲し, 欲した, 欲するが, 欲求する, 正当に, 残して, 求める, 求めること, 求める内生, 求める熱情, 求める詩人, 求める関, 求めんと, 決してぎごち, 決して拒否, 法則化し, 洗練しよう, 消し去って, 添えたもの, 渇望する, 無意識に, 無理に, 無視された, 無視出来ない, 煎じ詰めた最高, 片っ端から, 物狂わしい, 特に一度, 特異な, 独特な, 獲て, 理解し, 理解する, 生みだしたと, 生み出さないという, 生み出すため, 用いたこと, 用いたもの, 用いても, 用いなかったらあの, 用いねば, 用いようと, 用ひた, 用ひました, 用ふれ, 用ゐ, 用ゐた, 用ゐよう, 異にしよう, 発揮させる, 発見し, 発見しなけれ, 発見するだらう, 發見する, 目ざす様式, 目図し, 目指し日常生活, 目的と, 直ぐ様行おう, 相手国の, 知らない人, 知らない荒っぽ, 知らぬ思想, 知ること, 研究し得れ, 研究する, 破壊した, 示して, 示し得るの, 私共の, 空間そのものと, 第一, 純真に, 細かく行届かせ, 細かに, 紹介した, 絵画的に, 絶滅すべく, 考えつまり, 耳に, 自然の, 自由, 自由に, 自由自在に, 自覺, 自認し, 與えること, 與へる, 色彩へ, 芸術の, 著しい合理化, 蓄積し, 行うに, 行って, 行なうと, 街の, 表現する, 装うこと, 裏切って, 補ける, 補足しよう, 要するこの, 要求した, 要求する, 見いだすの, 見せなかった, 見せるでありませう, 見せ合いながら, 見たが, 見つけた, 見つけたの, 見て, 見ても, 見ねば, 見は, 見ようと, 見る, 見るであらう, 見ると, 見るもの, 見るよう, 見出しは, 見出し得るの, 見出すこと, 見出せないの, 見分けるか, 見受けるが, 見損ねた叔父さん, 観察する, 覺え, 言うて, 言ふ, 許しつつ, 許して, 評して, 詞にも, 試みこの, 試みて, 試みること, 試みるであろう, 認めなければ, 認める事, 誤魔化そうと, 読者は, 譲るより, 豊かに, 象徴に, 超絶した, 超越し, 超越する, 身に, 辿るもの, 迫られた時, 迫る態度, 迫る生命, 迫る緊張, 追いつ追われつして, 通って, 通らねば, 進め可能性, 遂げたが, 遂げること, 遂げる限り, 遺憾なくいい, 避けたいいまわしに, 避けた原因, 避けて, 重んじたこと, 鈍らせ感激, 鑿と, 除いて, 難ずる意味, 露出する, 非常に, 飽くまでも力強い, 高潮させる, 高潮しおった, 鼻に, 鼻の

▼ 表現する~ (642, 8.8%)

40 ことが 23 ために 21 ことは 16 ものである 12 ことに, ことを 11 ことの, ものとして 10 ためには, ということ 7 ことによって, ための, のが, のに, のは, ものが, ものは 6 ところの, ものまた 5 ことも, のだ 4 にし, ので, ものと, やうに, 事が 3 ことである, ことによ, だけで, という風, のであり, のである, ものだ, もので, 場合に, 言葉の

2 [31件] ことで, ことであり, ことにおいてのみ, しかない, と, ところは, ところまで, と同時に, と考えられる, に当, に当っ, に適当, のでなく, のには, ものそして, ミクロコスモスである, 一つの, 上に, 事に, 処の, 場合たしかに, 場合にも, 意味は, 意慾と, 態度を, 方が, 爲に, 生活が, 習慣を, 花, 限りにおいては

1 [293件] あの因襲的, かがこの, かが問題, かさもなければ, かしない, かそれ, かということ, かといふこと, かといふ段, かはり, からで, かを玩味, けれども是等, こと, ことさえも, ことだ, ことでありました, ことであります, ことできない, ことでございます, ことでなく, ことな, ことにか, ことへも, こと巧みであれ, こと自身, こと自身が, こと自身に, これが, しかたを, しかないでしょう, すべての, ためあたかも, だけである, だけでなく, だけにすぎぬ, だけの努力, だけの文明, だけ修練, つもりで, つもりであった, つもりです, てだて, というよう, という任務, という意味, という美術, といふ, といふ意義, といふ考へ, といふ處, といわれる, ときには, としてそうして, とともに世界, とともに新しい, とは却って, とも云, と云う, と云つた富岡, と云われる, と共に世界, と共に後, と共に生活, と共に社会, と思ふ, と段々, と父, と素子, と考へた, にあ, にある, にさえつまり, にしか役立たない, にはこれ, にはちょっと, にはどうしても, にはなかなか, には他人, には何ん, には元禄, には原始的声音, には時間, には此幾重, には直接, には相当, には表現者, には表現者自身, にも抒情詩風, にも此, に不適當, に到る, に困難, に忠, に最も, に止まらず, に殆ど國語, に現象, に留めなく, に至る, に足らぬ, に違い, に重要, に際し, に際してはいつも, に非常, のか, のかと, のであっ, のであろう, のでなかったら, のと, のにどう, のにも, のに対して, のに日本語, のに最も, のに此古風, のに涙, のに金魚, のね, のみにし, のよ, の困難さが, の困難さだ, の困難さである, の手段, はこれ, ばかりでなく, ふりごとと, ほどのもの, ほどの機智, までには到達, までに到らなかつた, までの不平不満, みじめさが, ものあら, ものか, ものであろう, ものとしては, ものの, ものを, やうな, ゆえんである, ような, ように, よくない, より外, を意味, 一定の, 一手段である, 一方法である, 上において, 世界でなけれ, 世界は, 主體, 事すら, 事であります, 事との, 事によ, 事は, 事物は, 人間の, 代りに, 以外に, 作風など, 処に, 創作的文学作品と, 力, 力である, 助けと, 勇気をも, 可能を, 各種の, 名称には, 名辞, 唯一の, 喜びの, 図形と, 圖形と, 場合が, 場合でも, 場合には, 場合の, 声の, 大衆文学中最初に, 女の, 好個の, 娘さんへよりも, 実在歴史的実在に対する, 室内の, 当の人間, 形式を, 影像に, 彼の, 心もちこそ, 心像とは, 思想は, 思想内容を, 意力を, 所が, 手だてが, 手段です, 手段と, 手段として, 手段に, 手際には, 才能が, 才能の, 技を, 技巧とを, 技法の, 技術さえ, 技術として, 技術も, 技術をさえ, 文字が, 文学が, 文学は, 文章に, 新鮮な, 方へ, 方向に, 方法に, 方法は, 時には, 有力な, 業は, 様に, 段に, 決心を, 為で, 為と, 為に, 為には, 照れ臭さ, 爲である, 爲の, 版画家の, 特殊性を, 特色ある, 現実的な, 生れつきの, 生活必要を, 男は, 痛感性の, 祝詞を, 神名, 神自体, 立場を, 筈の, 精神の, 組唄の, 統一的主, 絶對的主體が, 繼續者である, 者が, 職務を, 肉体を, 能力が, 能力に, 能力の, 能力技術心掛けを, 自信さえ, 自然の, 自然現象の, 自由な, 自由を, 藝術に, 處にのみ, 表現力とを, 親たちでも, 言葉が, 言葉である, 言葉と, 言葉としては, 言葉に, 言葉には, 言葉は, 言葉を, 言語を, 語を, 語彙の, 責任が, 赤い玉, 趣味まで, 道徳が, 適切な, 間拍子が, 限界を, 雄渾単一な, 音楽よりも, 頭と

▼ 表現~ (412, 5.7%)

11 於て 7 依って 6 従えば 5 なるの, よれば 4 他ならない, 外ならない, 於ても 3 あると, なる, 於てのみ, 過ぎない

2 [26件] かわります, しても, すぎないの, なったの, なると, なれた国語, 他ならぬ, 到達し, 外ならじ, 外ならぬ, 就いて, 就いての, 就いては, 就ての, 志して, 於いて, 於ける根本, 於ては, 歌材を, 過ぎないと, 過ぎないの, 過ぎません, 達して, 適して, 適せない, 魅力を

1 [302件] あったに, あっては, あつて, あるから, あること, あるという, あるので, ある以上, いちじるしい類似, おどろいて, かえて, くちまね, こって, ことに多い, ごまかしの, したがえば, した方, してからが, しろなん, しろ作家, すきが, すぎないこと, すぎぬの, すぐれた人, すっかり現われる, そのプライド, それぞれ今までの, たすけられて, たずさわるもの, ちゃんと居残っ, つとめるよう, とどめるべきだ, どうかする, なって, なつて, ならなければ, なり, なりは, なるくらい, なること, なるところ, なれること, はずれて, ふくまれて, ふさは, ほかならないであろう, ほかならなかったの, ほかならぬ, みちて, もどされて, やっきと, よらずして, よらずには, よればとして, カナリだ, テンカンの, ドジを, ニュアンスを, ブレーキを, ベリバリボリ, 万軍の, 上っては, 不自然な, 不自由な, 不賛成らしく, 与える勇気, 乏しくこれ, 二個の, 人々が, 代えた, 代り論敵, 伴うて, 似た表現, 似て, 何らかの意味, 余りに多く, 価値が, 便乗し, 便宜を, 値するもの, 偽りの, 傾いたの, 傾倒し, 價ひする, 價ひせぬ, 充ち華鬘, 光らせて, 共通の, 出て, 到達し得た, 到達する, 力ある, 力と, 加えて, 加勢を, 努めよ, 努めること, 努力した, 即する自己表現, 反対した, 取つて, 吃驚なさらない, 合致し, 同感し, 向って, 呪われた男, 味とか, 問題が, 囚はれる, 困って, 困難を, 圧倒せられ, 埋もれて, 基いて, 堕して, 堪えぬという, 堪え得ないよう, 堪へ得なければ, 堪へ得る種類, 変えたの, 外ならず, 外的事物の, 奉仕する, 如何に, 始つて表現に, 始まって, 威かされたり, 媒介され, 存すると, 存するの, 対応し, 就いても, 工風を, 席を, 幻惑され, 幼い我流, 幾度か, 強い感激, 当っての, 影響しませぬ, 影響を, 役に立たぬもの, 役立たしむべき材料, 役立たない処, 役立った登場人物, 役立てた材料, 役立てて, 役立てるほど, 彼は, 復帰させ得る, 徴するも, 心を, 愛情を, 成功さへ, 成功し, 成功した, 或る, 手の, 手を, 払って, 托されたの, 托する, 持ち來, 推移し, 教養が, 新しい人間的値うち, 新なる, 新生面を, 於いてのみ, 於けるそういう, 於ける一切, 於ける主観主義, 於ける二, 於ける八, 於ける定義, 於ける形式, 於ける形式上, 於ての, 於る, 早見さち子は, 暗い影響, 本來具, 案外多く, 止めるの, 比べて, 気を, 没入する, 沿うて, 注意されたい, 浮き上らせて, 深みが, 満足し, 無きもの, 無く表現, 照し, 独自の, 献身し, 珍紛漢の, 現はれた, 現わす, 現われたるすべて, 現われた喜怒哀楽, 現われて, 現われるの, 生命が, 生彩を, 用いて, 用いら, 用ゐた, 用ゐられた, 留つて了つたのが, 異常なる, 発達させた, 盛らうと, 盛ること, 目を, 相当する, 相応しからぬ, 瞞着され, 瞞著され, 移されるといふ, 移されるの, 移した作品, 移した如く創造, 移し得なかつたの, 移すこと, 種々の, 突進した, 窮し, 立ち帰るわけ, 立って, 終って, 終る, 終るの, 終わる, 終始せし, 結集させた, 翻訳しなけれ, 自ら思いこん, 自ら思ひこん, 自ら身を, 自在な, 自由自在に, 興味を, 芸術的に, 苦しまねば, 苦しむこと, 苦しむの, 苦心し, 苦心惨憺された, 苦闘し, 行きづまつて, 行詰つて唖, 裏切られて, 裏切られる事, 見えて, 見られる, 親しみあらゆる, 親しみ慣れる, 親しむとともに, 詰ったもどかし, 転じた, 転用した, 轉向する, 近い手法, 近代の, 近代的の, 近代美の, 近寄つて, 逢着した, 進んだところ, 遊女の, 過ぎざるなり, 過ぎたかも, 過ぎぬという, 過ぎぬものとなるであらう, 達しその, 達した, 達し一脈, 達し得ない, 達するため, 達するところ, 違いない, 適うわけ, 適しない, 適するであろうか, 適するやう, 適せぬ, 適用し, 醉ふたかの, 重きを, 関係し, 陥って, 陥り易い, 陳腐を, 隙が, 非常な, 顕われ, 馴れた人々, 馴れないもの, 驚く, 驚嘆した

▼ 表現~ (392, 5.4%)

109 ている 20 てゐる 12 てゆく 11 ていた 8 て行く 6 ていい, ていない, て居る, 盡し 5 ています, てみたい 4 てい, てみる, てゐ, てゐた 3 それを, てくれる, 難い

2 [14件] たりした, たりする, たるに, てある, ていく, ていなく, ておられる, てしまふ, てはいない, てみよう, てよい, てゐない, て居た, て見せる

1 [145件] かくして相互, がたいもの, がたい反, がたい生活, この赤本漫画, しかもそれ, しかも大多, そのこと, その圧迫感, その理想, それによって, たりし, たりその, たり演じ, たり解決, つつそれ, つつ顯, ていう, ていかう, ていけ, ていたい, ているだろう, ているであろう, ておかね, ておどった, ておりまする, ておる, てこんな, てしかも, てしまいたかった, てしまう, てしまっ, てしまった, てつたえ, てはゐない, てはゐよう, てみせた, てみせる, てみました, てもいい, てもなお, てもらった, ても僕, ても必ず, ても愉悦, ても意識, ても自己内心, てやっ, てやや, てやらう, てゆきましょう, てゆこう, てゐます, てをられる, てソックリ, てドンカラカツチカツチ, てライプニツ, て下さったなら, て了, て人, て人生指導, て仕舞う, て余す, て余蘊, て全体, て六芸, て初めて, て多く, て好い, て始め, て居られる, て居り, て想像, て日本, て書い, て機械, て犬, て百神, て笑わせ, て職場仲間, て自分, て良い, て行くべき, て行つたの, て見せ, て見せた, て見たい, て見なけれ, て見よう, て親, て読者, て距離, て身, て逢, て重吉, て鬱憤, ときにはつよく, にくいと, にくいという, にくいまま, ひねもすという, またせず, またカント以後, アーサー王物語は, コンブフェールは, パリーは, 且つその, 世界において, 卑俗に, 又は他, 告げ知らせ, 報道する, 実感を, 實現する, 對象に, 巌の, 度い, 強く直立, 情感に, 惡いものに, 憎悪を, 或る, 拒絶したい, 摂取し得られざる, 政策を, 文学化し, 更に之, 月は, 殘した, 深遠な, 独特な, 生命の, 盡したる, 童謠に, 統制し, 自分自身の, 行動する, 読者は, 諷刺文学として, 追求する, 難いという, 難い詩, 難き多く, 難さ, 魂の

▼ 表現~ (380, 5.2%)

3 他に

2 [23件] この二つ, これを, しがたく, その人, とりも, ない, 丁度愛する, 二つの, 人は, 人間の, 他の, 何か, 何の, 實に, 当らないかも, 彼等に, 必然に, 或る, 氏の, 絶対に, 観照なし, 長く日本, 非常に

1 [331件] あくまで実在, あくまで自由, あくまで表現, あたって, あったが, あまりにも, あまり現代, あらゆる努力, あらゆる意味, あらゆる意表, あり得ないと, あるまいと, いかにも自由, いきなり極めて動的, いざ実行, いたましいほどの, いつの, いつもの, いつも意味, いつも批評的, いはば, いわば末節, うけが, おのづか, かえって一応は, かならず日本, きまりわるく, きみ, きり棄てられ, くどくない, こうして常に, この位, この間に, この骨格, これで, これ等を, こんな場合, ごみの, さう, されないが, しても, しない筈, しなかったが, すくなくとも本質上, すこし風がわり, すっかり消え, そのチョッピリ, その上っ面, その反対物, その変化, その外形, その大小, その文章, その日本, その本心, その証拠, その趣味, その鼻, それが, それだけとしては, たいてい肉体, ただの, ただ偉大, たと, ちょっとという, つねに内, てれ臭く, できないの, とうに飽かれ, どうしても違わなけれ, どこまでも, どんな素朴, どんな風, ないから, ないであろう, ないわ, ないん, なかった, なかなかうがっ, なからう, なく支那人, なされて, ひろ子の, まさに意味, また新潟, また最後, みずから制御を, むずかしくて, もう少し質実, もちいられない筈, もっと深刻, もっと爽快, もと自己性, やっぱり何, やはり元禄流, やや不明瞭, やや宙, よいとして, よかった, よほど脳漿, アウグスティヌスにおいて, イージーゴーイングだ, カストリ雑誌以外では, ジュヌヴィエヴが, スケッチや, ディルタイに, ハイカラで, フョードル・パーヴロヴィッチにとっても, プラトンに, 一つで, 一応すたれた, 一般的な, 万葉に, 万葉集の, 不可能である, 不必要, 不自然でも, 之を, 人の, 人心の, 人格以前としての, 人間に, 人類進化の, 今二人で, 仏教の, 他にも, 何と報導班員, 何に, 何ほどの, 何も, 何を, 何時も半分, 余程の, 作家小林多喜二の, 作者本来の, 使わない方, 価値を, 信用できぬ, 俳優それぞれの, 俳優の, 健康であり, 元来固定的且つ, 充分に, 先づ出来まい, 全く個人的, 全く新しい, 全く日本, 全然失敗, 八方に, 公式表現で, 前の, 勿論鼻, 十人十種に, 半面で, 卑俗で, 単にそれ, 単に一定, 単純で, 単純な, 単純化され, 単義的普遍的, 即ち芸術, 却つて主體を, 古い殻, 古来ずいぶん思ひ, 古風であった, 史上の, 各人の, 同時にいかに内攻的, 吾, 哲学的, 商売であり, 変化し, 多分に, 多少誤解, 多計代, 大いに面白味, 大ざつぱである, 大ゲサ, 大家連が, 大方当て, 太子においては, 夫, 奇峭であり, 奔放自在韻律を, 如何なる心, 妙な, 妻から, 學問では, 実にこの, 実に含蓄, 実は臣従, 客観事象によ, 対象の, 少し水, 工藝における, 左右相稱を, 常に, 常に思想, 常に生命, 常に科学的, 平安初期の, 底の, 強情な, 形式に, 彼の, 彼女の, 彼等にとって, 後より, 必ずしも所謂韻文, 必ずしも芸術, 必ずしも象徴, 必ず魘, 必要が, 志す所, 恐らく批難, 悉く生命, 悉く錯覚, 悲しいのね, 悲観でも, 惜みなく与えるだろう, 意想外に, 愛という, 憎むべき偽, 所詮し, 所詮自己, 拙いから, 撒叙式である, 数千里を, 文学的に, 文学的自由主義と, 日本人には, 明かに, 明朝もっと, 明白に, 普遍的な, 最大の, 有り得ない, 本質に, 権右衛門が, 次第次第に, 武田さんが, 死んでも, 殆んどしなかった, 殖えて, 決してない, 決してリーベ, 決して肉体, 海岸に, 深さ, 混沌と, 無い, 片想い自己犠牲に, 物象に, 率直で, 理屈では, 理屈上この世に, 理解される, 理論の, 理論的には, 生の, 生まれ落ちたとたん, 生活の, 生産文学農民文学などに対し, 畢竟それ, 異なって, 益暗く, 相対的に, 眼にも, 眼や, 矢張り悪魔式鼻の, 確かに, 私の, 童話の, 笑えました, 等質を, 簡単で, 粗笨です, 精神界における, 素樸なれ, 経験によ, 結局私の, 絶対的に, 緑雨らしく, 職場の, 膨れ上るから, 自ずと個人, 自らそれに, 自在を, 自己實現の, 自然と, 自然の, 自然ひどく, 自然否定的な, 自由で, 芸術として, 芸術に, 草稿だ, 著者自身の, 行き詰まったところ, 行為的瞬間に, 表現では, 表現を, 複雑であり, 要するに, 観照であり, 言葉も, 計らず彼女, 記号から, 詩を, 詩人にとって, 誠に千変万化, 誠に難し, 誰にとっても, 象徴であり, 象徴作用によ, 過去に, 遺憾なく, 重厚に, 関東関西の, 阿蘭, 限りが, 限りなく, 随分遠方, 随筆的である, 雨について, 音の, 顧みられなくなった, 養成する, 驚くべき困難, 鼻には

▼ 表現~ (378, 5.2%)

10 ある 4 あった 3 如何に

2 [25件] あります, あるだろうか, あると, その鼻, 不可能である, 出て, 出來, 出来ないだけ, 勢を, 問題と, 女の, 彼女の, 思うよう, 或る, 期待せられる, 沢山に, 派生し, 生れるの, 異様に, 自分の, 要求される, 許されるならば, 電子である, 非常に, 鼻の

1 [311件] あせ落ちて, あったと, あったらそれ, あったり, あってのみ, あっても, あふれて, あまりに現代フランス, あやふやだ, ありありと, ありました, ありますが, ありハイカラ, あり個々, あり地主, あり得るか, あり短歌的表現, あり芸術, あるか, あるから, あるが, あるけれども, あるの, あるもの, あるよう, ある意味, あれほど, いかなる姿, いかにも素樸, いかに人, いかに少女, いかに語法そのもの, いくらか前, いろ, うまいわよ, うまくても, おくれて, かちすぎるが, くりかえしくりかえし下らない, この, このカテゴリー, この意味, この馬鹿囃子, さりげない, される, すぐ様, そういう風, そこに, そしてかの, そのものにとって, その場合, その媒介, その暗, その本人, その芸術的価値, その誇張, それとなく了解, それにおいて, それを, それ自ら音樂の, そろりそろりと, たがいの, ただそれだけ, たとえば茸狩り, たまたま思わせぶり, ちがう, ちがうだろう, ちがうのねえ, つかわれて, できたの, できて, できない, できるだらうけれど, とうとばれ形式, ときによって, とみに多く, どうも通じない, ない, ないほど, ないゆえ, なかった, なかなか整理, なさる, はっきりしなかった, はやったこと, ばらまかれて, ひとたび関係者, ぴつたりと内界に, ふくむ端, ほしい, ほしかった, まずいん, また刹那, もしあったなら, もとめられて, やや粗く, ようやく盛ん, よく出, より贅沢, わびや, オルソドックスな, カテゴリックだ, ジャーナリスティックな, ゼロの, タタキ落とされる, ベックより, ムチャクチャだ, 一つの, 一見無意味, 万人の, 下手です, 不可能の, 不束な, 与えられて, 世界空間に, 主として徳川時代, 主体的真実性に, 主體自ら, 之だ, 二つに, 二三句を, 二人の, 人々の, 今日の, 他人に, 代表する, 仮りに, 伴はず眼高手低, 伴わず眼高手, 何か, 何となく物足りなく, 何の, 何らかの意味, 何故とも, 作り出されて, 作者自身に, 個性の, 充満し, 全然ない, 公式な, 共通し, 具體的で, 内在的な, 冗長に, 写実と, 出会ったならば, 出来たかと, 出来たので, 出来たもの, 出来ないもの, 出来るので, 出来れば, 出現する, 分らない, 利くの, 制限され, 創作で, 力強いのみ, 加えられた, 加わりそれ, 十七世紀には, 卑しかったら, 印象的な, 取りも, 句である, 呪術的意味を, 問題に, 單調に, 困難な, 壮重に, 大きな要素, 大ゲサ, 大変不, 夫婦の, 好きな, 如何であれ, 如何なる場合, 如何なる男性, 如何にも不, 如何に巧み, 存在した, 存在する, 完全に, 容易に, 寧ろ穏, 巧みに, 巧妙だ, 巧妙である, 巾を, 平易である, 幾度も, 座標である, 引くり返って, 弱いので, 強いられて, 強く書かれ, 当って, 彼の, 心を, 必ずしも潜在情勢, 必要だ, 必要な, 愛の, 感情を, 成り立つの, 或種, 戻って, 打ちこめて, 抹殺されなけれ, 採れないの, 散々だ, 文化であり, 文字でしか, 文芸的であっ, 新しい技工, 新しければ, 既にこ, 日常生活の, 日本語に, 更に文学的, 最も率直, 最も粗く, 最後の, 本当に心から出た, 本当の, 本質に, 枕詞として, 植物性を, 次第に事実其もの, 欲しいもの, 欲しいよう, 欲するもの, 正確である, 正確な, 此人を, 此歌の, 比較的手, 気にな, 氣狂ひ, 決してエイゼンシュテイン, 活, 為され得る, 無い, 無いと, 無い限り, 無から有, 無くなって, 無意識に, 無意識の, 猫の, 現われたの, 現われたり, 現われて, 理論的に, 生ずるの, 生れる筈, 生れる道理, 用ひられ, 盛んに, 目的では, 目立ちます, 直ちに動作, 直截明晰である, 相手の, 眞理として, 真に或は, 真理として, 着々と, 矢張り無限と, 砕けて, 確かに, 確信を, 確立するべき, 空間性の, 精一杯の, 純一である, 細やかで, 細緻に, 絢爛だ, 統一の, 肉交には, 能である, 自流の, 自然の, 芸術だ, 藝術と, 行き届くこと, 見つからなかった伸子, 許されなかった, 認められる, 識らず, 逆説と, 連続し, 違うし, 違ったの, 違ひまし, 遥かに, 適して, 適確でも, 邪路である, 重く苦しく再, 陽炎の, 難事である, 霊の, 青鷺, 非現実, 面の, 顔面表情と, 鮮明に, 鼻にも, 鼻を

▼ 表現され~ (191, 2.6%)

76 ている 31 てゐる 10 てある 9 ていた 6 ていない, て居る 3 ています, 逆に 2 てい, ているだろう, てき, てゐた, てゐない

1 [37件] いかにたたかわれ, かくしてそれ, そうである, たりし, ていなかったであろう, ていれ, ております, てしまふであらう, てそれ, てもい, てもいる, てゆかなけれ, てゐれ, て來, て初めて却って, て客観的社会, て居た, て居ます, て来, て来る, て社会的, て社會的, て自然, て自由自在, もする, ラジオの, 且つそれら, 報道され得る, 新發見地, 易いの, 更にいづれ, 活用され, 物理学における, 独自の, 皆を, 自然の, 論理的には

▼ 表現~ (183, 2.5%)

4 あつて, 答へる 3 あつた, 云われて, 書いて 2 あらう, いへば, もって, 云えば, 云った, 出て, 私は

1 [152件] あつたり, あらうまるで, あらねば, あらわされて, あらわされるでしょう, あらわして, あらわす, あり得ること, あるだろうかと, いっそう女, いって, いわれて, うらから, おれに, かかれなければ, きめつけるの, くやみを, こんな風, しかもバーンス, しかも婉曲, しかも極めて, じつは葡萄酒, すらある, その思潮, その情熱, その本質, それぞれの, それによ, それを, それ自身の, どうしても正しい, どうして描き出す, どうせ女, ほのめかしただろうか, またその, ものを, より効果, よろしい, ジイドが, ソヴェト勤労者が, ベスプリゾールヌイ, 一寸当世, 一層照, 一度話したい, 一篇の, 一般の, 主張し, 久慈と, 之亦, 事実上の, 二人の, 二階から, 云うという, 云うより, 云っても, 云われた言葉, 云われるとき, 云われ成, 仕事に, 他人を, 伝えたらいちばん, 何か, 作家が, 使うこと, 例えばより, 働きかけの, 僕の, 公け, 冗談まぎらし, 凄惨である, 出版界の, 千鶴子から, 反ソ十字軍, 取り付く島, 向っても, 告白する, 哲学上の, 外的には, 多くの, 大きい言葉, 大人をも, 大車輪に, 女の, 尾田は, 山原は, 強調し, 当時の, 彼らは, 往くと, 忍びこんで, 思いがけぬこと, 愁歎を, 感じて, 感服いたします, 感覚せず, 慣れぬもの, 描き出すこと, 描写し, 提起されるあり, 文化生活は, 文章が, 斯う, 日常性に, 時代的な, 時勢が, 書かれたらばと, 書かれて, 書くと, 最後の, 有難く思はせ, 検閲が, 概括される, 消息を, 片っ端から, 瞞し, 知覚する, 社会の, 科学は, 答えること, 終って, 結び, 縷々と, 繰り返された, 繰り返し, 而も, 自然の, 自説を, 自身の, 若い女, 荒っぽく取り扱え, 表情や, 表現し, 見ると, 親身の, 解決した, 言へば, 言われて, 訴えて, 話されて, 語って, 語つてゐる, 語られた, 語れば, 説明した, 説明は, 謂わば, 通用させ, 釣り寄せようと, 長々とおくやみ, 開始される, 電気に関する, 鼓舞し

▼ 表現~ (149, 2.1%)

3 がある 2 と日本, によつて, に就, は抹殺, をとつ, を妥協, を用いる

1 [132件] からし, からも調子, から見る, から見れ, から離れられない, があつ, がここ, がなく, が加はつ, が単なる, が因, が思ひ, が残つて, が発明, が著しく新しい, が見付からない, が面白い, だったの, だなあ, である, であるかと, であるが, であること, であると, でそして, ではある, ではない, では昔, では間に合わない, で書いた, とが触れた, としては真, として挙げました, とのあいだ, との対峙, とはその, とは凡そ次, とをどこ, とをもっ, とを以て描いた, とを併用, とを必要, とを疑う, と基本動作, と接近, と極度, などを自家, なの, なので, にある, には全く, には遠い, にも国民的特性, にも影響, によって不思議, によって船長, による, に依ってる, に努力, に就い, に差支, に従った, に準じ, に長く, のいかなる, のため, の上, の中, の古式, の問題, の定型, の平凡, の意味, の文, の新し, の最高, の真, の真髄, の變化, の選, の選択, の邪道, は万葉, は古代芸術, は多く, は実感, は年, は当時, は従前, は戦争, は柳, は此, は美的仮象, は言葉, は野中寺, は間に合わぬ, は類型, ばかりを研究, も意識的, も有る, も生れ, も能, をひた押し, をもっ, をもとる, を余程, を併用, を取る, を固守, を堂々, を悉く, を捉, を捨て, を採った, を採つた, を採る, を換骨奪胎, を摸倣, を攻撃, を易, を有, を理解, を用, を用いた, を発明, を発見, を自分, を行う, を見つけ, を見る, を見出す, を謂

▼ 表現~ (144, 2.0%)

5 なって 3 なること 2 そのすばらしい, 二十円の, 他者の, 生活との, 見る説, 観照, 解して, 註釈し

1 [120件] いうならいずれ, いうべきか, いうよりも, いえないの, いえば, いって, いはざるを, いふよりも, いわざるを, いわなければ, お互, このシュテキ, この永瀬さん, されて, した, して, する, する気持, すれば, そのため, その技法, なった, なったの, なったもの, なっては, なつて, なり得ない結果, なり或, なり繁栄, なるため, なるに, なるの, のり子の, ほとばしる情熱, ジェスチュアとの, 一所に, 一致共鳴させる, 不可分に, 主観に, 主観的表現とは, 主題題材と, 云いますか, 云った方, 云って, 云っても, 体験の, 価値の, 偽り得ない表現, 内容としての, 前後した, 動作との, 半年雪に, 受け取るには, 叫んで, 叶つてゐる, 同様どうも, 呼ぶを, 品の, 多彩な, 如何に, 実質的な, 密接に, 實在, 對象の, 形式との, 彼の, 思いました, 思わない決心, 思考の, 悉く一致, 方向とで, 本能的全員一致, 比較すれ, 深い思想, 深厚なる, 潜在事情との, 潜在情勢との, 潜在的情勢との, 現実的な, 理解表現と, 生命の, 申し上ぐべきでありましょう, 発情とに, 相俟つて, 相容れ得なかった, 相対性を, 真面目な, 知った, 粒々辛苦という, 精神との, 結婚する, 絶対の, 背馳する, 自分の, 自己との, 自意識とが, 行為との, 見せかけたもの, 見せかけて, 見それら, 見て, 見なければ, 見られて, 見られよう, 見られる以上, 見るから, 見るの, 見れば, 解釈せられる, 言いすばらしい, 言い得ない, 認めまして, 認められて, 認められても, 誤解した, 謂つた, 象徴とは, 韻律とを, 高興, 鼻以外の

▼ 表現~ (135, 1.9%)

71 なもの 10 である 4 であるという 3 に自己自身 2 ということ, な世界, になる, に世界, に我々

1 [37件] であり主体, であり認識, であるため, であると, であるの, である我々, です, でなく表現的, で叙述的, といい得る, といはれる, なところ, なの, なる歴史的実在, なる西洋風, な事実, な形態, な性格, な我々, な書き現, な歴史的, な物, な精神, な芸術, な言葉, にした, になり得る, にも, にも渦卷, に働く, に形, に我, に換言, に相, に邂逅, に限定, に顕

▼ 表現した~ (125, 1.7%)

10 ものである 5 もので 4 のである, ように 3 ことが, のです, ものだ, ものに, ものは 2 に過ぎない, のかも, ものかも, ものが, 事について, 文化を, 言葉だ

1 [73件] あの表現, か, かと思われる, かどう, からと云っ, がこの, がその, がゆえに, ことしかも, ことであろう, ことを, この女優, すばらしい出来, それを, だけで, つもりで, つもりでしょう, つもりの, という, というわけ, といふこと, ところに, としてもそれ, とは言うまい, と言つて, にかかわらず, にちがい, のかとさえ, のが, のだ, のであ, のであつ, のであろう, のでした, のは, のも, もの, ものだった, やうに, わけだ, 一句は, 世界苦を, 主人公と, 主観的な, 事を, 作物の, 俳優であった, 場合に, 大メロドラマ, 山村の, 技巧の, 拙劣さの, 政治小説翻訳作品が, 文字で, 文学作品が, 文章が, 時に, 時より, 曲を, 最初の, 朦朧たる, 珍奇な, 真に自然, 積極的主人公が, 結果その, 芝居といふ, 詔旨といふ, 詩の, 詩語である, 読者たちは, 近頃面白い, 通りに, 通りの

▼ 表現である~ (122, 1.7%)

6 ということ 3 かの如く, ことは, ことを 2 かも知れない, が, とか又は, とか美, ところに, ところの, と考える, に存する, ように, 所から

1 [87件] かどう, かない, かの如く感ぜざる, からこの, からで, からである, からまぎれ, から付け方, がこの, がしかも, がその, がそのもの, がモラエス, が今更, が動的, が原始的感情, が家康, が故に, が表現, けれども智慧, ことには, ことによ, この母, この銃後, それを, といいたい, という, というところ, というよう, という事, という位, という見地, といはれる, といふこと, といふワグネル, といふ一事, といふ上述, といふ定義, とか考えられる, とか述べ, とさえ感じ, とされた, とは限らない, とも又, とも言, とも言われぬ, とイキナリ決定, と主張, と云, と云っ, と共に老い, と感じられ, と私, と考えられ, と言, と言う, に反し, のだろう, のと, のに, のを, ジャーナリズム現象の, ブルジョア道徳を, 以上その, 以上に, 以上は, 場合に, 外は, 恋愛や, 把握が, 政治を, 故に前, 故に自, 故に芸術, 故兩者, 文化は, 文学乃至, 欧洲戦乱から, 法律の, 点に, 真に民主的, 聯關が, 言葉は, 限りは, 限り一種の, 限り仮説は, 限り理解される

▼ 表現される~ (113, 1.6%)

11 のである 5 ということ 4 ような 3 ことを, ものは 2 けれどもそれ, ことが, ところの, と我々, のは, よりほか, 所は, 時には

1 [71件] かという事, かと思う, かに存する, かもあの, かを身, がその, がそれ, がもっと, ことである, ことによ, ことによって, この上下, この表現, さまざまの, だけだ, だけで, という周知, といふ, といわれる, とき既にもはや単に, ところに, とともにあらゆる, と共に内部, と勝れた, と批評家, にし, にはかかる, にふさわしく, のだ, のだった, のであ, のであらう, のです, のにこの, ばかりでなく, ものが, ものである, ものとしての, ものとの, ものにも, ものを, ように, わけです, 世界で, 主體, 事を, 人間性の, 他は, 作家の, 俳優の, 内生とは, 処の, 前の, 国語にたいして, 妙に, 学術内容である, 意型で, 所の, 文学の, 時代小説の, 概念である, 樣に, 機会の, 気分は, 潜在的な, 為には, 生活状態という, 芸術として, 訳には, 道徳意識が, 限りの

▼ 表現しよう~ (103, 1.4%)

33 とする 11 とし 8 とした 4 と努力 3 と試み 2 とすれ, と努めた, と欲, と欲する

1 [36件] が九大政綱, が新, というの, という少し, という苦心, といふ, といふお, といふ必然, といふ試み, とかどう, としてあの, として技術, として来た, として苦しん, としない, とすべきで, とするごとき, となさいます, となすった, となる, とも生活, と企て, と力, と努め, と彼, と思, と思っ, と思った, と決心, と無意識, と狙っ, と考える, と試みた, などという意図, のない烈しい, 他に

▼ 表現として~ (85, 1.2%)

2 之を, 認められて

1 [81件] いつまでも, おしゃれを, かういふ表現, こうしか, こなされて, この像, この基礎經驗そのもの, この戯曲, その言葉, それは, つたえようと, であるに, では, とらえられて, どちらも, はっきりと, みられて, もっともっと親愛, ゆるして, イエスか, エレン・ケイが, ペロペロ顔や, 一つの, 一般の, 主上を, 人生そのものに, 仕立て上げね, 他の, 以外に, 何処, 何処までも, 借りたの, 出て, 前足で, 十分に, 受取れば, 可能でも, 商品性に, 噛むの, 夙に尊重, 好む人, 客體は, 從つて他者性を, 思いも, 性交を, 成功した, 手で, 把握しよう, 択んで, 支持される, 支配階級の, 政治上の, 敬語を, 日本文学を, 最も魅力的, 最高級, 本を, 歴史は, 残つてゐない, 氏の, 現われる, 理性の, 生かされて, 生命現象が, 用ひられなけれ, 社会的に, 私が, 立ち得るに, 純粋に, 自分たちの, 自然と, 興味が, 行なわるる肉体, 見るよりは, 見れば, 観察し, 認めること, 過去に, 重視される, 非常に, 頭を

▼ 表現された~ (78, 1.1%)

5 ものを 4 ものが 3 ものは 2 ことは, ものそのものは, もので, 文章よりも, 方が

1 [56件] か, かといふこと, ことによ, この人間生活, そういう男, その感想, だけで, ということ, とき真の, ところを, とはわれ, と思える, のだ, のである, ものだ, ものであり, ものである, ものなどという, ものに, ものの一つ, ものの実, ものの實有性, ものの理解, ものの解釈, ものも, もの以外に, エキスプレッションが, ロシア語ほど, 世界の, 人間の, 作物から, 作者や, 剛健な破, 力の, 功績にも, 勤労者の, 場合これは, 場合に, 天平の, 孤独な, 復讐の, 情熱と, 意見だけが, 文化を通じて, 文学なら, 日本武尊の, 時声を, 暗示としてのみ, 点が, 物象を, 生々しい生命, 生活は, 美術は, 芸術品である, 芸術観と, 言葉の

▼ 表現~ (75, 1.0%)

2 出来るもの, 簡単な

1 [71件] あつた, あり得るもの, ある, きかれた, して, しないし, しないという, しないの, しない別, し保護, そこでは, その表現, それまでの, つかいます, つかわれました, つまりは, とり得ない, ないの, なく寝, なし得なかったの, また可能, また同様, また騒音的, まんざらでなかった, ゲーゲーな, デリケートだった, 一つと, 一応の, 万葉調の, 云わば, 亦この, 今こんなに, 何も, 倒退三千里, 入念に, 出來, 出来ずうち, 出来ません, 割合簡単, 創作方法の, 勤労者の, 印象的で, 即ち作品そのもの, 受けて, 同じく本質, 同じこと, 呑込ん, 彼らの, 感動も, 憎悪の, 時を, 最も慎重, 有り得ようが, 極々の, 標準語に, 熱烈を, 生れたの, 生産も, 異なって, 真実こもっ, 社会化する, 細やかに, 自分の, 行きと, 行われ難い, 観照も, 言葉も, 豊かである, 違う, 遙かに, 限りある

▼ 表現~ (60, 0.8%)

5 の芝居 2 のよう, の戯曲, の手法, の舞台, や立体派

1 [45件] がつかわれ, が佳い, が多少, じみた網, だと, だといふ, でなければ, でも, とかの絵, とか言つて, とダダイズム, になる, に近い, の, のやう, のフイルム, の代表者フアン・ゴーホ, の作品, の影響, の新しい, の方, の映画面, の洗礼, の画, の禁厭札, の科学者, の舞台装置, の良い, の藝術家, の表情, の詩, の詩人, の陰気, は主観主義, は人間性, は多く, は物体, は都市, ばやり, までのあらゆる, や未来派, よりシュープレマティズム, を大戦後, 新古典, 新感覚派

▼ 表現~ (59, 0.8%)

2 からである, がこの, ということ, とすれ, と思う

1 [49件] から, からで, からでありました, からなかなか, から出来る, が, がまったく, がクサレ目, が今, が奇想天外, が理論, が生活, が真, けど, けれど, けれども中條百合子, し寸評, と, という, という事, という事実, という種類, という説, という議論, とか認識, とこの, とし, とする, とみる, とも考えられる, と主張, と云, と云うなら, と云っ, と云わるる, と思, と思いこん, と思っ, と思ひ, と私, と素朴実在論的, と罵る, と考えた, と言, と言っ, などと云, ね, わ, 何と私

▼ 表現~ (53, 0.7%)

3 しか持たない, の貧し 2 のため, は多く, をもっ

1 [41件] があり, がどこ, がない, が実に, が鋭く, しか持たぬ, だ, だと, というもの, として自身, とそれ, とをそなえた, と宣伝力, と豊か, にひそんだ, によって実物以上, に対する女性たち, に掻き消され, に涙ぐましい, のあろう, のみあっ, の上, の大胆不敵, の特質, の産物, の逞し, の限界, はひとつ, は全然, も見逃しえない, をのみ窺つて, をもつ, をも持つ, を以て最高度, を伸ばす, を兼ね備え, を持っ, を文学的, を最大限度, を発揮, を見せ

▼ 表現では~ (47, 0.6%)

6 ない 4 あるが, ないの 2 ないか, なかった, なくて

1 [27件] ありませぬが, ある, あるまいか, ちっともなかっ, どうしても自分, ないかしらと, ないかと, ないが, ないだらうか, ないと, ないという, ない素より, なかったであろう, なかったろうか, なかつたの, なくあるべきこと, なくかん, なくして, なくなって, なく又, なく頭, 何等形式上, 夏向きに, 大人気ない, 得られない効果, 極めて見易い, 自分の

▼ 表現という~ (44, 0.6%)

4 ものは 3 ことに, ものの, ものを 2 ことの, のは, ものが, 言葉は

1 [23件] ことが, ことと, ことを, こと自身が, ところへまで, ものであろう, ものに, ものには, ものに対しては, レッテルを, 事が, 問題に, 形を, 意義を, 概念が, 概念を, 立場から, 自慢の, 要素は, 観念などは, 観念によってだけ, 資格を, 風に

▼ 表現には~ (40, 0.6%)

1 [40件] いわゆる西洋画, かなりの, きっと負け惜みの色, これまで, すっかり魅惑, そう云える, その時々, たしかに新鮮味, むしろ反語, アベコベの, 不向きです, 二種ある, 今日の, 以上の, 何と, 何ら特別, 作者独特の, 厳粛な, 大した自由, 実感が, 常人の, 役立たない, 往々人, 必ず目的意識, 怪異即ち, 意識さへ, 或動き, 採集者の, 柳田国男先生, 柳田國男先生, 極めて虔, 次の, 次郎が, 苦しみの, 訳者自身の, 詩こそ, 通俗小説や, 適するけれども, 適合しない, 青年らしい

▼ 表現としての~ (39, 0.5%)

2 政治と

1 [37件] その本質, それ本, つよい様式化, アダプタビリティである, ジャーナリスティックな, プログラムも, プロレタリア文学運動の, ミトの, 主観主義と, 伝統を, 官能への, 客體が, 巨大な, 微妙な仕, 性格を, 性質から, 接吻を, 文化といふ, 文化は, 文学は, 文学より, 文学作品にさえ, 文学運動が, 最高級, 淘汰でなかっ, 真実は, 短篇小説が, 肖像は, 芸術が, 芸術を, 芸術的訓練が, 解釋の, 言葉も, 諷刺が, 譬喩的表現も, 贈り物である, 農民文学を

▼ 表現し得る~ (36, 0.5%)

2 ということ

1 [34件] かどう, からである, から不思議, かを疑問, か得ない, ことは, という事, のだった, のである, のに画, のは, ものが, ものである, ものでない, ものでなけれ, ものは, ような, ように, 人も, 内容が, 内容に, 国民である, 境地に, 或る, 文学は, 楽園と, 相は, 素質が, 美であり, 能力は, 能力を, 複雑な, 迄になっ, 題目は

▼ 表現であり~ (35, 0.5%)

1 [35件] そしてその, そして表現, その行動, それであれ, それに, それの, つまりさっき, ながら同時に, もし行為, 俗衆には, 具体化である, 刺戟的な, 創造である, 又は社会的存在条件, 又之, 合理的説明である, 対象への, 従って当時, 從つて同一性に, 從つて根柢においては, 從て, 心的本質の, 思想そのものだ, 戦争拡大の, 把握である, 更に下っ, 私の, 美しさ, 自己の, 自然が, 行為の, 表現そのものは, 賤しく, 近代詩の, 魏軍にとっても

▼ 表現すべき~ (33, 0.5%)

2 何の, 貴重なる

1 [29件] かという事, かについて考えた, かに迷った, かを決定, ことを, なんらの, ものか, ものかと, ものが, ものである, を強, 他者を, 何かに, 何らの, 内生は, 唯一の, 対象又は, 對象へ, 感情に, 映画を, 格好な, 機会が, 秘密が, 素材として, 自己を, 色彩の, 言葉が, 言葉だ, 階級の

▼ 表現とは~ (33, 0.5%)

1 [33件] いえないであろう, かなりちがった, かなり異なっ, そういうところ, そういうもの, その扱う, ただ抱きすがり抱きしめ, なり得なかった, まるで違っ, 一つの, 一に, 一体何, 云々という, 作爲と, 全然照応, 切り離すこと, 別物だ, 別箇に, 創作技法上の, 同情され, 大まかに, 実体を, 対立する, 思へないこの, 意味の, 感じて, 所詮自己, 所詮音楽, 正に対蹠的, 異なつて實, 見えないの, 認めにくい, 違うの

▼ 表現形式~ (32, 0.4%)

2 を与えよう

1 [30件] があまりに, が出, が永遠, だ, である, としての文章, としてやはり, として一般, として小説, として当然, について考えよう, に圧倒, に在る, に対する自覚, の一致, の一見, の力, の完全, は下町もの, は単に, までもまごつかせ, をもつ, を以て現われ, を利用, を取らね, を叩き壊す, を棄て, を産み, を発見, を超越

▼ 表現能力~ (29, 0.4%)

1 [29件] がある, がある程度, がその, が全う, が新しい, が発揮, といふもの, と確固たる, に対してわれわれ作家, のみをもっ, のみを味わせ, の特質, の補助, の訓練, はある限られた, はこれ, はその, は如何なる, や従っ, を力いっぱい, を持っ, を持つ, を減殺, を相当, を絶対, を認め得た, を遥か, 即ち勝れたる, 従って

▼ 表現せられ~ (26, 0.4%)

15 ている 4 てゐる 2 ていない 1 ているで, てはいる, てゐた, て童名, 神之を

▼ 表現せられる~ (25, 0.3%)

3 のである 2 ものであり

1 [20件] ことを, ために, ということ, ときには, と考えられる, ので, のは, ものが, ものである, ものであれ, ものと, ものとして, やうに, 世界でなけれ, 事が, 即ち単に, 即ち数学的, 境地その, 樣にな, 言語は

▼ 表現~ (25, 0.3%)

2 の丹念さ

1 [23件] から観照, にしろ, に於ける, のまやかし, の一つ, の不備, の主観主義者, の夫婦関係, の客観主義者, の屈折, の差別, の手腕, の技術的分化, の欠陥, の欲望, の発見, の相違, の緊張, の美し, の自由主義, の観照, 又は報道上, 極めて低級

▼ 表現作用~ (25, 0.3%)

3 の一つ, は形成作用 2 をあらわす

1 [17件] が単に, が絶対矛盾的自己同一的世界, であり芸術的活動, であり表現, というもの, とは世界, に属し, のひとつ, の場合, の如く形成的, の根柢, の産物, の立場, の関係, はその, は表現的, を喚び起す

▼ 表現~ (24, 0.3%)

2 形式の

1 [22件] かういふ芸術, そのほか, それに愉し, とぼけた顔, 只の, 和平運動という, 唄い方, 單語で, 戯言に, 描写の, 放言を, 文体が, 機智で, 機智に, 発音が, 自然科学に, 血肉化や, 表情に, 視野の, 言葉使いを, 語の, 豊富な

▼ 表現方法~ (23, 0.3%)

2 までも幼稚

1 [21件] から論ずる, から遠ざか, が向上, が必然, として珍, との関係, と神経, など凡て文学的扮装, に於, のみをみる, の無い, の考究, はきわめて, は非常, への確信, やその, をばかり問題, を意味, を持っ, を考慮, を舞台

▼ 表現せられた~ (22, 0.3%)

3 人間といふ 2 場合は

1 [17件] こと, ことは, ことを, もの, もので, ものと, ものの意味, ものを, 人間という, 君臣間の, 寿詞を, 本来の, 東人の, 相手の, 美でなけれ, 裏側には, 趣味も

▼ 表現~ (20, 0.3%)

11 のである 3 のだ, のです 1 のであろう, のでその, んです

▼ 表現から~ (19, 0.3%)

1 [19件] さう, そう言う, もつと, 一種の, 世界的の, 云つても, 喚び起されるもの, 始まる, 察せられること, 推すと, 救われる事, 来る霊感, 次第に, 生まれました, 相弟子達は, 言えば, 言へば, 詩的精神の, 転化した

▼ 表現作用的~ (19, 0.3%)

4 に自己自身 3 である, に物 2 に世界 1 であり行為的直観的, でない, でなければ, では, といっ, に働く, に我々

▼ 表現すれ~ (18, 0.2%)

2 ばよい

1 [16件] ばこれ, ばそこ, ばそれ, ば人類, ば今日, ば充分, ば同じく, ば存在, ば押し流そう, ば文学, ば極めて, ば歴史, ば父, ば経済, ば草紅葉, ば静

▼ 表現主義~ (18, 0.2%)

2 の芸術, やダダイズム

1 [14件] であ, である, にも困る, に立脚, に至る, の中, の如き, の敵, の消長, の立場, はその, は一口, は個人主義, を持っ

▼ 表現といふ~ (17, 0.2%)

4 ものは 2 ことが, のは 1 ことその, のも, ものが, ものである, ものにとりか, ものも, ものを, やうな, 事実との

▼ 表現せん~ (16, 0.2%)

10 とする 2 とした 1 がため, とし, と欲する, 事を

▼ 表現しない~ (15, 0.2%)

1 [15件] でこわい, ではいられない, ではおかない, ではやまない, で仕事, で認識, にしろ, のは, ものずっと, ように, エチケットな, 大芸術家, 根性が, 生活の, 話という

▼ 表現そのもの~ (15, 0.2%)

2 が文学, である

1 [11件] がわたしたち, が何, が実は, が惡, が既に, でじかに, ともいうべき, によって蔽いかくされ, のうち, は単なる, は社会性

▼ 表現によって~ (15, 0.2%)

2 仮面と

1 [13件] かえってよく現し得る, ぐらつかせられます, その人間, 一匹の, 中立の, 云った, 刺戟され, 工藝を, 強く表明, 特に第, 置きかえかく, 話題に, 象徴された

▼ 表現技術~ (15, 0.2%)

1 [15件] がこの, がやう, が少し, だ, です, としての価値, と考えられる, にぞくする, についてあれこれ, に於, の一方法, の模型, は批判, をもつ, を教えられる

▼ 表現とが~ (14, 0.2%)

1 [14件] ある, ともかくも, どの程度, より潤沢, 一つの, 一に, 一致する, 割合分離しない, 反対の, 如何に, 客體において, 背反にな, 行き合った所, 行き合つた所

▼ 表現手段~ (14, 0.2%)

3 によって現

1 [11件] が分裂, ではダンテ, としての片, としてカメラ, として散文, として選ぶ, による点, に依ろう, の一切, の特殊性, を必然的

▼ 表現したい~ (13, 0.2%)

1 [13件] からこそ実生活, というの, という熱望, という願い, と思います, と思え, と思ひます, と思ふ, と考へ, のだ, 心を, 様々の, 現実を

▼ 表現~ (13, 0.2%)

4 の代表者 2 に於ける 1 のドミナント, の中央, の大, の死物, の王, の罪人, を主宰

▼ 表現できる~ (12, 0.2%)

1 [12件] かもしれない, こう吾儘気儘, しオッパイ, ときに, と考へた, のである, ほど呑気, もので, ものである, んだ, 一種凌壯の, 人間を

▼ 表現としては~ (12, 0.2%)

1 [12件] こんな発端, ツナガリを, 一応意味, 主人の, 少からず, 抱擁し, 本能的な, 決して切実さ, 煩と, 自然だ, 道徳的だ, 高級の

▼ 表現との~ (12, 0.2%)

2 間に, 間には 1 うちに, かかる古典的特色, ゆえに, 中間に, 差は, 意欲を, 立場に, 調和に

▼ 表現されない~ (11, 0.2%)

1 [11件] がというよう, が宗教, けれど互, というの, という一つ, のを, はずの, 知識は, 私の, 科学的研究成果などという, 筈は

▼ 表現し得ない~ (11, 0.2%)

2 不断の 1 と同じ, のである, のであろう, もどかしさ, ものである, エロなどという, 場合に, 女が, 程複雑

▼ 表現せず~ (11, 0.2%)

2 にはいられない, 光怪陸離たる 1 そのいずれ, にいられない, にしまう, にはいない, にはいられぬ, にはやみ, 個人の

▼ 表現です~ (11, 0.2%)

51 から, から一方, が, がトルストイ, が戸塚附近, けれどもどうしても

▼ 表現でも~ (11, 0.2%)

2 ない 1 ありません, ありまた, あり他人行儀, あり報道, ある, それは, ないが, なく原始林, 見せて

▼ 表現によ~ (11, 0.2%)

2 つて文学は 1 つて, つて仏蘭西の, つて十分察せられた, つて印象を, つて早く, つて最も, つて演劇独自の, つて美しい, つて草草草と

▼ 表現出来ない~ (11, 0.2%)

1 [11件] ことの, ことを, と益々, のであろう, ものである, 心持でした, 感じの, 所以を, 空気だ, 顔や, 鬱屈した

▼ 表現報道現象~ (11, 0.2%)

2 だという, と呼ぶ 1 ということ, というの, として理解, とすれ, なの, の表現上, を一般的

▼ 表現~ (11, 0.2%)

1 [11件] だし, としての側, としての本, とはならぬ, と表現, にまで生産, のもっ, はそれ, をも指す, を動く, 即ち詩

▼ 表現されなけれ~ (10, 0.1%)

5 ばならない 2 ばならなかった 1 ばならぬ, ば修身, ば詩

▼ 表現であっ~ (10, 0.1%)

1 て, てそれ, てもし, ても無欲, て万人, て同時に, て天然, て特に, て特殊, て芸術

▼ 表現~ (10, 0.1%)

1 が人, が自己, であり鼓舞者, であるよりも, である以上, としてのみ芸術家, として破壊, の詩人, は如何, を発見

▼ 表現しなけれ~ (9, 0.1%)

6 ばならない 1 ばならぬ, ばなりません, ば科学的認識

▼ 表現し得た~ (9, 0.1%)

1 か得なかつた, といっ, と思っ, のであった, のである, のは, ものである, 二十五年前を, 時には

▼ 表現できない~ (9, 0.1%)

2 ものが 1 という弱点, のである, もので, ものは, スポーツは, 坊ちやんらしい, 真実な

▼ 表現なる~ (9, 0.1%)

2 ものが, ものを 1 ことを, ものに, ものは, 事を, 言葉を

▼ 表現にも~ (9, 0.1%)

1 なかなかうまい, なった, まごつかないらしかった, また印象的イマジスチック, 不思議と, 形にも, 母の, 美を, 誇張的な

▼ 表現への~ (9, 0.1%)

1 おどろき真面目, 不信, 不信から, 信仰が, 外劃的な, 容赦ない, 強い衝動, 慾求が, 拷問道具

▼ 表現出来る~ (9, 0.1%)

1 か, ことをば, と思う, と思った, のであろう, ものなら, ように, 境地まで, 大正の

▼ 表現~ (9, 0.1%)

1 が生んだ, との間, の極致, の満足, はこの間, はその, をたまらなく, を最高度, を満足

▼ 表現~ (9, 0.1%)

2 が積り 1 との間, の満足, は内生, をたまらなく, を失っ, を満足, 或ひ

▼ 表現研究~ (9, 0.1%)

2 の必要 1 に対して無限, の主, の原則, の興味, の行き方, の面白, の面白味

▼ 表現しか~ (8, 0.1%)

1 できないの, とって, ない, 与えられて, 出来ない, 出来ないでしょうね, 持たないもの, 自己を

▼ 表現であった~ (8, 0.1%)

1 ことは, という点, とする, ともいえる, と云われ, のだろう, ものが, ように

▼ 表現でしか~ (8, 0.1%)

1 あらわせないから, ないであろう, ないと, ないの, ない言動, なかった, 無かった, 表現しない

▼ 表現でなく~ (8, 0.1%)

3 てはならぬ 1 てはならない, 官人の, 情意の, 文学の, 間接的な

▼ 表現において~ (8, 0.1%)

1 いよいよ勁, そこに, はじめて顯, 内部が, 又それ, 技術において, 表現される, 貧しく幼稚

▼ 表現について~ (8, 0.1%)

1 これを, 疑いを, 考えれば, 考へた, 自覚し, 觀る, 言われる, 面白い注意

▼ 表現に対して~ (8, 0.1%)

1 ひろい感受性, まねし, 大きな誤解, 形式の, 必ず同様, 戯曲的, 極めて刹那的, 無自覚に

▼ 表現をも~ (8, 0.1%)

1 しないの, それらの, でき得るだけ, 人の, 使って, 持って, 材料と, 苦笑し

▼ 表現したら~ (7, 0.1%)

3 いいの 2 いいか 1 いいだろう, 良いの

▼ 表現でなけれ~ (7, 0.1%)

2 ばならない, ばならぬ 1 ばならないだろう, ばならないであろう, ばなりません

▼ 表現とを~ (7, 0.1%)

1 かえた, 分けて, 合致さした, 持って, 新しい, 新しい時代, 示すに

▼ 表現における~ (7, 0.1%)

1 イデーは, 写実的な, 場合よりも, 様式の, 物質の, 社会性との, 社会性の

▼ 表現を以て~ (7, 0.1%)

1 かくも, すれば, 提示せられ, 王の, 観客なり, 諸兄に, 迎える

▼ 表現報道~ (7, 0.1%)

2 の現象 1 が一種, だけに話, という社会的機能, の余地, の形式

▼ 表現~ (7, 0.1%)

2 を理解 1 が人間存在, について考, はその, を有, を飽くまでも

▼ 表現技法~ (7, 0.1%)

1 がどの, が極めて, とそれ, とに限られてる, などに独特, の巧拙, は独特

▼ 表現様式~ (7, 0.1%)

2 の文体 1 がきわめて, の下, をとつ, を意味, を生み出し

▼ 表現その~ (6, 0.1%)

1 いろいろな, うたその, ほかきのうの, 内の, 再現の, 身ぶりなんか

▼ 表現による~ (6, 0.1%)

1 ことで, のでしょう, 作風は, 合理的演出が, 文化鬪爭乃至, 生活が

▼ 表現よりも~ (6, 0.1%)

1 もっと心理的, 変化が, 性格の, 描写に, 観照そのものそれより, 鼻以外の

▼ 表現以外~ (6, 0.1%)

1 ではない, にはなく, に人間性, のもの, の何物, 到底悪く

▼ 表現的世界~ (6, 0.1%)

1 から喚び起される, が行為的直観的, というの, においてある, のうち, の自己形成

▼ 表現かも~ (5, 0.1%)

1 しれない, しれなかった, しれませんが, 知れない, 知れねえな

▼ 表現されず~ (5, 0.1%)

1 ましてや成就, また存在, 段々大人, 花形舞踊手一人の, 非常に

▼ 表現されたる~ (5, 0.1%)

1 リズムである, 主観, 感情が, 生活は, 生活を

▼ 表現され得る~ (5, 0.1%)

1 であらう, ということ, ものです, ものは, 女の

▼ 表現なり~ (5, 0.1%)

1 と勘違い, と言, 到底本, 到底本気, 蓋し地味肥瘠

▼ 表現においては~ (5, 0.1%)

1 つねに全, 反撥の, 常に同一, 特に同一性, 真理性でなく

▼ 表現に対する~ (5, 0.1%)

1 ところの, 感得力は, 感覚が, 自分の, 貪婪虚栄喝采への

▼ 表現のみ~ (5, 0.1%)

2 ならず色彩 1 あって, ならずその, 唯一の

▼ 表現機関~ (5, 0.1%)

1 が自分, たる眼, ともろとも, は王, を巧

▼ 表現派風~ (5, 0.1%)

1 なこり, の上演, の円, の可愛い, の絵

▼ 表現しきれない~ (4, 0.1%)

2 神秘な 1 ような, 質と

▼ 表現し得~ (4, 0.1%)

2 ている 1 てゐる, 後者は

▼ 表現せらるべき~ (4, 0.1%)

2 生活の 1 かの如き, 社会性

▼ 表現とか~ (4, 0.1%)

1 元来一である, 刺激の, 巧みさ, 手づかい

▼ 表現とに~ (4, 0.1%)

1 そぐわないところ, よらなければ, 先づ巴里の, 萬腔の

▼ 表現とも~ (4, 0.1%)

1 云わるべき, 思われて, 思われぬ, 申す可

▼ 表現など~ (4, 0.1%)

2 出来るもの 1 ありは, いまだこの世

▼ 表現のみを~ (4, 0.1%)

1 もって, 喜び得るもの, 独立せしめる, 重視し

▼ 表現を通して~ (4, 0.1%)

1 その背後, 伝わるだけ, 文化的面貌, 音形及び

▼ 表現以上~ (4, 0.1%)

1 のありがた, のまた, の心法, の意義

▼ 表現出来~ (4, 0.1%)

1 そうだ, ている, てゐる, にくいの

▼ 表現即ち~ (4, 0.1%)

1 それにおいて, 判断が, 形式を, 鼻の

▼ 表現形態~ (4, 0.1%)

1 が即ち, としてのスタイル, は國家, を取り得ない

▼ 表現的形成的~ (4, 0.1%)

2 でなければ 1 である個物, な個物的多

▼ 表現しうる~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことしか, 作家は

▼ 表現してる~ (3, 0.0%)

1 のか, 女だつた, 魂の

▼ 表現するだろう~ (3, 0.0%)

2 かと 1 うれしくて

▼ 表現するなら~ (3, 0.0%)

2 ばそれら 1

▼ 表現せざる~ (3, 0.0%)

2 を得ない 1 を得ぬ

▼ 表現そこ~ (3, 0.0%)

1 からのみ生れる, に移り, に階級

▼ 表現たる~ (3, 0.0%)

2 意義を 1 身体の

▼ 表現であります~ (3, 0.0%)

1 が遺憾, しまた, 以上は

▼ 表現であろう~ (3, 0.0%)

1 か, と思う, と自分

▼ 表現とで~ (3, 0.0%)

1 大いに楽しき, 眠りかけて, 自分たちの

▼ 表現とでも~ (3, 0.0%)

1 いえるかと, いひたいやう, 思つたのか

▼ 表現とともに~ (3, 0.0%)

1 その背後, ふわりと, 常用語の

▼ 表現とにおいて~ (3, 0.0%)

2 まごう事 1 では

▼ 表現なら~ (3, 0.0%)

1 そこに, ば必ず, ば普通

▼ 表現にしか~ (3, 0.0%)

1 その表現意欲, 過ぎない, 達して

▼ 表現についての~ (3, 0.0%)

1 モノグサである, 不安, 知識と

▼ 表現ばかりは~ (3, 0.0%)

1 そうは, 偽る事, 掻き消す事

▼ 表現らしい~ (3, 0.0%)

1 けど, 感じを, 点は

▼ 表現をと~ (3, 0.0%)

1 つたに, つても, のぞまれた

▼ 表現を通じて~ (3, 0.0%)

1 はじめて他者, 役立てて, 行為的に

▼ 表現主義文学~ (3, 0.0%)

1 があらわれる, という破天荒, は産

▼ 表現乃至~ (3, 0.0%)

1 それの, は信仰告白, は聴取者嗜好

▼ 表現作用的自己~ (3, 0.0%)

1 が記号的, として単に, として矛盾的自己同一的現在

▼ 表現~ (3, 0.0%)

1 がいくら, の各, より受けたる

▼ 表現出来ぬ~ (3, 0.0%)

1 不安な, 内生律さ, 言葉を

▼ 表現効果~ (3, 0.0%)

1 の主要点, の美事さ, はあの

▼ 表現~ (3, 0.0%)

1 が深慮, され構成化, する方法手段

▼ 表現性能~ (3, 0.0%)

1 を拡げ, を持った, を持つた

▼ 表現活動~ (3, 0.0%)

2 においてのほか 1 を停止

▼ 表現派模様~ (3, 0.0%)

1 の袷, を塗り, を藍

▼ 表現現象~ (3, 0.0%)

1 だと, でありその, ではなく

▼ 表現的努力~ (3, 0.0%)

1 にばかり傾い, の二途, は畢竟

▼ 表現的聯関~ (3, 0.0%)

1 である, はただ, は行為的

▼ 表現~ (3, 0.0%)

2 でもパリ 1 では非常

▼ 表現あれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば散文

▼ 表現こそ~ (2, 0.0%)

1 ちがえ趣旨, 主観的とか

▼ 表現これ~ (2, 0.0%)

1 が自由詩, を繰り返し

▼ 表現~ (2, 0.0%)

1 うした, へ示さず

▼ 表現さえも~ (2, 0.0%)

1 その作品, つかわずに

▼ 表現させ~ (2, 0.0%)

1 ている, てもらわなけれ

▼ 表現させる~ (2, 0.0%)

1 ことで, ように

▼ 表現されうる~ (2, 0.0%)

1 ということ, ような

▼ 表現されね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 表現したかつた~ (2, 0.0%)

1 が富岡, ものは

▼ 表現したく~ (2, 0.0%)

1 てされなかった, て仕方

▼ 表現し切れぬ~ (2, 0.0%)

1 多くの, 惱み

▼ 表現し得なかつた~ (2, 0.0%)

1 に相違, のであります

▼ 表現し描き出す~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 表現じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないかしら, ないかよ

▼ 表現すべく~ (2, 0.0%)

1 もない, 仮面は

▼ 表現せられざる~ (2, 0.0%)

2 が故に

▼ 表現せられたる~ (2, 0.0%)

2 ものを

▼ 表現せられね~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 表現せる~ (2, 0.0%)

1 ものを, 人格である

▼ 表現それ~ (2, 0.0%)

1 が私, 自體

▼ 表現だった~ (2, 0.0%)

1 が, などと私

▼ 表現できぬ~ (2, 0.0%)

1 愛情は, 距り

▼ 表現できません~ (2, 0.0%)

1 けれどでも, 余程違つた芝居

▼ 表現でさえ~ (2, 0.0%)

1 あったの, 抽象的には

▼ 表現でない~ (2, 0.0%)

1 のだ, 限り歴史的價値を

▼ 表現としか~ (2, 0.0%)

1 知らなかった私, 見えないよう

▼ 表現とに対する~ (2, 0.0%)

1 あらゆる快感, 魅惑が

▼ 表現なさる~ (2, 0.0%)

1 のに, 上の

▼ 表現なし得る~ (2, 0.0%)

1 かのやう, かのよう

▼ 表現なぞ~ (2, 0.0%)

1 はどう, は全く

▼ 表現などが~ (2, 0.0%)

2 当時の

▼ 表現などにこそ~ (2, 0.0%)

1 却って芸術的, 却つて芸術的な

▼ 表現にあたって~ (2, 0.0%)

1 あれ程, カットの

▼ 表現においても~ (2, 0.0%)

1 否認する, 当時の

▼ 表現については~ (2, 0.0%)

1 あらゆる人, いろいろうるさく

▼ 表現についても~ (2, 0.0%)

1 同様の, 理解の

▼ 表現にとって~ (2, 0.0%)

1 いろいろと, 大地の

▼ 表現にのみ~ (2, 0.0%)

1 苦心し, 言われるので

▼ 表現にまで~ (2, 0.0%)

1 誇張され打ち出される, 還すが

▼ 表現によつ~ (2, 0.0%)

1 てこれ, て初めて

▼ 表現に関しては~ (2, 0.0%)

1 尚説かね, 文学の

▼ 表現に際して~ (2, 0.0%)

1 利用しよう, 虚偽を

▼ 表現ばかり~ (2, 0.0%)

1 である, でなくはっきり

▼ 表現ばかりを~ (2, 0.0%)

1 リアリズムとして, 要求する

▼ 表現までも~ (2, 0.0%)

1 一貫し, 遺憾なく

▼ 表現ゆゑ~ (2, 0.0%)

1 に名人, に邪道

▼ 表現より~ (2, 0.0%)

1 もっとうれしく, 認識への

▼ 表現をか~ (2, 0.0%)

2 へれば

▼ 表現をしか~ (2, 0.0%)

1 得られない, 試みないもの

▼ 表現をば~ (2, 0.0%)

1 もう一遍体験, 最も普遍的

▼ 表現不可能~ (2, 0.0%)

1 であった, のもの

▼ 表現~ (2, 0.0%)

1 でこれ, にであった

▼ 表現主義者~ (2, 0.0%)

1 が悉く, を友人

▼ 表現作用的個物~ (2, 0.0%)

1 として考, の否定的統一

▼ 表現出来ず~ (2, 0.0%)

1 曖昧に, 表現し

▼ 表現~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, の影響

▼ 表現力そのもの~ (2, 0.0%)

1 である, に存

▼ 表現~ (2, 0.0%)

1 と名づけた, の最も

▼ 表現~ (2, 0.0%)

1 は全く, は実際

▼ 表現意力~ (2, 0.0%)

1 の方, は実によく

▼ 表現或は~ (2, 0.0%)

1 部類から, 闘論が

▼ 表現技巧~ (2, 0.0%)

1 で出さう, の熟練

▼ 表現理解~ (2, 0.0%)

1 という三つ, の三規定

▼ 表現的行為~ (2, 0.0%)

1 というよう, の問題

▼ 表現者自身~ (2, 0.0%)

1 の理解, を何

▼ 表現行為~ (2, 0.0%)

1 であると, や小説存在

▼ 表現~ (2, 0.0%)

1 なの, の上

▼ 表現通俗~ (2, 0.0%)

2 の表現

▼ 表現過程~ (2, 0.0%)

1 の組織, 又は表現結果

▼1* [267件]

表現あり方が変っ, 表現あるのみである, 表現いたしませんねそういう, 表現借りれば, 表現又如何なる, 表現かと思われて, 表現からでも我々は, 表現からの権力を, 表現この石崎氏の, 表現さえあった, 表現させたものである, 表現させたら志賀直哉氏の, 表現さるべき最後の, 表現されざるを得なかった, 表現されずして鬱屈, 表現されたくて作者, 表現された如くゲーテにと, 表現されなかった箇所は, 表現されはじめている, 表現されるだろうかと思い惑う, 表現されるべきだろうか, 表現され居り服裝等の, 表現され従って違った, 表現され得た女らしさ, 表現され足りないものが, 表現しうるであろうか, 表現しえたのは, 表現しかねていた, 表現しきれず事ある, 表現しきれなくなるから益々, 表現しきれぬものが, 表現しきれるものでしょう, 表現したかったのです, 表現したがっている, 表現したがる傾向が, 表現したくなるのが, 表現したく欲するものを, 表現したければ, 表現したる初めての, 表現しつくせない位の, 表現してやろうという功名心, 表現しますと今, 表現しもってさらに, 表現し了せている, 表現し切っていない, 表現し切れないもの, 表現し切れなかったのです, 表現し合い芸術化し, 表現し合っている, 表現し始めたのである, 表現し得ざるものを, 表現し得ず芸術家のみが, 表現し得ずして表現, 表現し得たる点において, 表現し得なかった歓喜が, 表現し得ぬところと, 表現し得べからざるものを, 表現し得べきものである, 表現し得ようぞ, 表現し得られないけちで, 表現し読ませてゆく, 表現し足りないとは思はない, 表現すべく試みている, 表現すら西洋人に, 表現むと, 表現せしめている, 表現せずして苦しむ, 表現せねばならぬ, 表現せよということ, 表現せらる可き, 表現せらるべく私の, 表現せられないといふ憾, 表現せられ従ってまた, 表現せられ得るからである, 表現そのままの責任, 表現それ自体が文芸, 表現それ自身が生活自体, 表現そんなものに, 表現たらしめるためには, 表現たるべき文化が, 表現だけできりひらかれて, 表現だけでゆがんだよう, 表現だけは偽る事, 表現だけを受け持って, 表現だってごろつき学生の, 表現であったら必ずやその, 表現であり知らず知らずの行動, 表現であるべきだし認識と, 表現できたと思います, 表現でしょうそしてブランカ, 表現ででもあったなら偉い, 表現でなかったしその, 表現での片づけかた, 表現とかいう形式方面の, 表現としてのみ他者的存在を, 表現としてばかりでは, 表現とによってこの科学概論, 表現とを以て一世を, 表現なく表面化せぬ, 表現なさっている, 表現なしとは言, 表現などからお手本を, 表現などさえも切りすてて, 表現などにそれほど動かさるべきで, 表現などはどうした, 表現なりが伝統的に, 表現なりとすること, 表現なりとしてゐる人々, 表現なんかが見て, 表現なんぞの天分という, 表現なんてあるか, 表現にあたっての近代的に, 表現においてのみこれらの, 表現にこそ外国語の, 表現にさえ彼等は, 表現になつてゐ, 表現によつたことに, 表現にをはつて, 表現に対し心を, 表現に際し何よりも, 表現のくふうといふ, 表現のみが真実の, 表現のみでなったこと, 表現のみに埋め尽されて, 表現のみをしか口に, 表現はいふに及ばず, 表現ばかりしか持ちませぬ, 表現ばかりにあるの, 表現ばかりの行はれ, 表現また分離, 表現へと轉籍した, 表現ほど能らしい, 表現まことに哀れである, 表現まで生れついに, 表現やの特別な, 表現やらがどうやら我々, 表現わしている, 表現をさえ取るに, 表現をなさむ, 表現をばかりあさりとんでも, 表現を通してのみ理解し得る, 表現スタイルはこれら作者, 表現ニ於テ悉ク心理的法則ニ背反セルコトハ英語ヲ譯シ漢文, 表現苦心尋常ニアラズ, 表現フキゲンの表現, 表現リズム詩性にまでたかめられた, 表現仮現, 表現一元論には賛成, 表現万能主義は全く, 表現上個人的特異性のあまり, 表現不完全な昂づった様, 表現不足に陥つ, 表現主義的であり哲学的, 表現主義的演出といふの, 表現主題をもつ, 表現人間の, 表現以外個々の人物, 表現のもの, 表現何とうれしいでしょう, 表現作家ではない, 表現作用そのものの立場, 表現作用的形成の欲求, 表現使用者の腹, 表現として下, 表現俳優の演伎, 表現傾向などが長い, 表現價値がある, 表現全般を貫徹, 表現六月号の田中英光氏, 表現に時代, 表現具現されるよう, 表現再現読者に本質, 表現出来なくなるのです, 表現出来なければ文学, 表現力寧却て信頼, 表現力等について, 表現及び理解, 表現向上の欲求, 表現哄笑的ナンセンスとの対照, 表現如何なる形の, 表現実例が能楽, 表現対象として画家, 表現平たく言えば, 表現強くて大きい, 表現形式そのものが意味, 表現役者の真中, 表現從つて活動の性格, 表現意志があっ, 表現意欲を感じなくなっ, 表現態度としてそれ, 表現手法であるという, 表現手続きの中, 表現技術それ自体として孤立, 表現探偵趣味ノンセンス味神秘趣味なぞというもの, 表現方法伝統的な方法, 表現本能のあら, 表現材料の精選, 表現欲望が一挙, 表現法いかんについてはさらに, 表現法以上の痛切, 表現派のとゴテ, 表現派まがいの奇抜さ, 表現派ダダイズムが流行的, 表現派ダダイズム等のもの, 表現派ダダイズム象徴派構成派如実派のある, 表現派以前である鏡花氏, 表現派劇やピランデルロ等, 表現派劇可なり詩劇可, 表現派向きかも知れませぬ, 表現派好みの三角形, 表現派映画のよう, 表現派構成派などの名, 表現派構成派等の新, 表現派様式のもの, 表現派模樣をちりばめた, 表現派的心境が渾然, 表現派等に見る, 表現派絵画と脈絡, 表現派芸術が漸, 表現派野獣派立体派超現実派, 表現派露西亜のカメルヌイ劇団, 表現漢文の表現法, 表現にはとても, 表現界中央の重鎮, 表現界統一の功績, 表現発想の方法, 表現発表までも含む, 表現的作用というもの, 表現的作用的に相対, 表現的使命は既に, 表現的因果関係を持っ, 表現的實質に存する, 表現的意義が存する, 表現的手腕が最後, 表現的才能の欠乏, 表現的概念を適当, 表現的活動のみに生活, 表現的満足感は何, 表現的関係によって考えられね, 表現からすれ, 表現真理の獲得, 表現研究上の根本的疑問, 表現研究者の卵, 表現私達はそれ, 表現結果としての, 表現能力存在の可能性, 表現能率は充分, 表現自体としての芸術的価値, 表現自分達の凡て, 表現自然現象を通して盛りあがる, 表現自身がこの, 表現舞台とする, 表現芸術に共通, 表現表現と叫ん, 表現要素を其処, 表現規約を踏まなけれ, 表現覚えていらっしゃる, 表現詩的表現に対して戯曲的, 表現誓いことに肉体的, 表現である, 表現の主張, 表現と審美主義, 表現論理なの, 表現運動ではなく, 表現部門を見事, 表現關係であり象徴性, 表現難解な形容詞