青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「至っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~自覚 自覚~ ~自身 自身~ 自転車~ 臭~ ~臭い 臭い~ 至~ ~至っ
至っ~
~至った 至った~ ~至り 至り~ ~至る 至る~ 至極~ ~致し 致し~ ~致しました

「至っ~」 2334, 24ppm, 4817位

▼ 至っ~ (1160, 49.7%)

39 いる 17 始めて 15 私は 12 いるの 11 いない 7 いること 5 いたの, いるが 4 いないの, 一つの, 彼の, 彼は, 自分の

3 [17件] いた, いなかった, いると, おらぬ, おります, しまった, それは, なおその, はじめて, わたくしは, 一種の, 乏しい, 二つの, 僕は, 初めてその, 大に, 私の

2 [36件] いないと, いるから, いるという, お銀様, ここに, この書, これを, それが, なお, はじめて人間, ひそかに, ますます猖獗, みると, ようやく, ようやくこの, よかった, 世の, 何の, 余地と, 初めて意識的, 初めて現われた, 初めて真, 初めて箱根, 外に, 幕府の, 彼が, 新しいこと, 欧羅巴の, 此の, 私が, 突如と, 竜之, 自分は, 良かった, 過大なり, 非常に

1 [906件 抜粋] あきらめて, あっさり賄賂止め, あまりにも, あらゆる人, いかなる御, いずれも, いたとは, いたろうか, いたわけ, いつとも, いないから, いないその, いないん, いなかったため, いまだ鳴かず, いや死因, いよいよ有名, いよいよ西欧, いるか, いるけれども, いるひと, いる一箇, いる我が, いる由, いわゆる天皇制, おのずから考えさせられず, おらず従って, おりますから, お犬公方, かえって落着, かえって遅れる, かすかに, かねて, かねての, かの桃林, がんりきは, ぐさりと, ことごとく粋, ことに増加, このよう, この事件, この旧友たち, この語, これほど, これも, さとったが, さほど世間, さらに主要, さらに詳しく, すぐさま破壊, すっかり感心, すっかり魅せられ, せっかく壺, そうでない, そこで初めて, そのエネルギー, そのヨオロッパ, その主観的卵殻, その回想, その子供, その数, その然, その筋, その解放, それに, それを, そんな不思議, ただ肩, たちまち世, だね, だんだん隣人, ちらちら雪, ついに今一つ以前, ついに大和一国, ついに戦争, ついに鎌倉, とうとう私財, ときに, どうなる, なおいわゆる, なおひとり, なお容易, なお時々, なお眼, なお蝦夷, なお鹿頭時代, なんの, にわかにガッカリし, にわかに悟った, はじめてこの, はじめてルネッサンス以来, はじめて八百屋, はじめて同地, はじめて恭憫恵皇帝, はじめて意識, はじめて是, はじめて神頼み, はじめて鐘, はたと当惑, はっ, ひとりうらみなげいた, ぴたりと, ふっつりと, まさにミイラ, まさに月, ますます甚, またその, また少しく, また疫病流行, また覆される, まだ動かず, まだ日本, みれば, むつかしく時として, もはや弁信, もはや故国, もはや隠し切れなくなった, やっと最下部, やや著しく, よいこと, ようやく共産党, ようやく判明, ようやく完結, ようやく御, ようやく最初, ようやく権大納言, ようやく風力, よくなった, よもや漱石, わが身を, われ知る能わず, アアあの, アメリカ的な, イタと, エタという, エホバが, エホバの, カケコミ教に, ギリシア文化が, ゴーリキイは, スールー海が, セラダは, デリッチ博士, ドーブレクを, バクハツした, ヒダと, ホントの, ボードビルで, ミダラ千万に, ヨウロッパに, ラボアジェーによって, ロビンソン・クルーソーの, 一の, 一層ひどく, 一座の, 一段とくつろぎ, 一瞬怨めし, 一石を, 七月三日に, 三カ月間の, 三千三百十一万の, 上官と, 不器用に, 不思議な, 世上の, 世界史の, 両軍, 中軍の, 主上に, 主役の, 事件は, 二十年前より, 二層倍も, 五ヶ日間に, 人々が, 人々最後の, 人を, 人生の, 今まで, 今や制御, 今日の, 他力宗に, 仲よく暮した, 佐助を, 何うにも, 何で世人, 何人も, 何様とも, 余計な, 作戦に, 侘しい家庭, 価値尺度財である, 俄に, 信長は, 健康でございました, 働きを, 優しいもの, 先生の, 全くその, 全く備わる, 全く反対, 全く声, 全く悪し, 全く気が付かず, 全局面, 全然我々, 全秘密, 全部を, 公然と, 兵馬の, 其一揆は, 其山に対して, 再び倭国交通, 再び出発点, 再び寝床, 再び欧州, 再び現実的, 冷やかなる, 処世上変則の, 分ったこと, 切れ味が, 刑名, 初めてノコノコと, 初めて事, 初めて以前, 初めて公然と, 初めて尊く, 初めて弁証法, 初めて性格, 初めて数百石, 初めて方便, 初めて汚し, 初めて熱心, 初めて理解, 初めて真向, 初めて窮鼠猫, 初めて見出される, 初めて言い得る, 初めて逆, 初めて高燥, 到る所, 前代未聞の, 北条方に, 匹偶を, 十年苦学の, 南より, 単純化の, 却って景隆, 原子は, 又恐ろしく, 反古の, 収入が, 只の, 右の, 右近丸は, 吉宗が, 君も, 吾人は, 呉清源は, 和算の, 哲学論理学心理学など, 唯一の, 問題に, 四隣征服の, 国民が, 地質学上の, 塩は, 墓碑祠堂成り, 変光星の, 外国詩の, 多少絶望, 大いに相違, 大事ほとんど, 大坂江戸に, 大松明, 天然を, 失われた発音, 女中を, 好成績, 妙な, 妙に, 始めて処置, 始めて生じた, 始めて詩, 子供が, 孑遺無けん, 安全を, 完全に, 官窯は, 実は現実内容, 客の, 家道衰え, 寝食安から, 審問に, 小生の, 少し, 少しく愛想, 少なくとも元禄, 尚朝鮮, 島の, 左団次の, 左甚五郎が, 巨眼だ, 市区改正の, 師柴野栗山に, 平然たる面, 幼稚だった, 弱々しいが, 張道陵によって, 彼らの, 彼らも, 彼女らの, 彼等の, 往々他, 後閑邸へ, 得体の, 御満悦, 微弱なる, 必ずしもその, 必要に, 念にも, 忽ち道, 思いだされること, 思想界を, 恋愛至上という, 悲劇が, 愈々本当, 愛の, 感に, 慥かに, 憐憫の, 成善は, 戦いの, 所持品を, 手軽な, 指の, 捨吉の, 改めて, 政宗が, 政宗方との, 政治界における, 文学上の, 新しいもの, 新緑に, 新藩主, 日月光なし, 明らかに, 昔日本で, 春日山城を, 時と, 普遍的に, 更に其の, 更に新, 最も洗練, 最も美味, 最後の, 有機物が, 本人無上の, 本州には, 本物に, 李師古と, 枳園は, 柱上に, 査定通りの, 桃山文化という, 案内者は, 森羅万象を, 検挙せられた, 極度に, 極点に, 楽土諸, 機の, 次第に著しく, 止まった, 正気付いた, 死を, 殊勝な, 毛色転じ, 民藝の, 気の, 氷果して, 江木衷奥田義人土方寧岡村輝彦穂積八束の, 法水は, 浄土欣求の, 浦塩から, 淋しい光景, 淋しく店中, 漸, 漸く出来上った, 漸く政所執事, 漸く結末, 漸く行われた, 潔き新, 無情なる, 無関心な, 燕王国に, 物理学の, 物資補給船二隻を, 特にそうだ, 猴を, 猿楽の, 玉置市正なる, 珍しいもの, 甚だしく差別, 甲に従って, 畢竟マットン博士, 白葦黄茅の, 白雲は, 百花園の, 益々食医, 盛んだ, 目的を, 相続の, 真に個人的自己, 真の, 眼前に, 知ったから, 知らないという, 知識人の, 社会は, 神の, 福原局長は, 秀吉に, 秀衡は, 私たちを, 私達は, 稀だ, 稿を, 突然に, 突然怪しく, 窮極の, 端なく, 筆を, 算盤を, 節調を, 米友が, 米友は, 終ったが, 絵図面でも, 絵図面を, 美しい面, 群衆が, 翻然節, 考古学的発掘事業が, 聖林寺の, 職人の, 肉体の, 胡坐を, 自ずから首肯, 自分という, 自己の, 自然科学が, 自由詩それ自体の, 花やかな, 苦悩は, 英国は, 茶が, 落着き払った顔, 薩摩煙草は, 行きつまって, 西に, 要諫, 言句も, 詩の, 読むもの, 読者も, 誰か, 諸侯の, 謂わゆる, 豁然として, 貿易の, 質屋も, 足柄ばかりが, 身を, 軍は, 追, 逆わ, 逆上ぎらいの石川淳も, 速力に, 遂に事, 遂に信仰, 遂に副, 遂に懿宗, 遂に韓遂, 都下花柳の, 重二郎, 鉱業人古河に対する, 錬金術の, 降って, 隠れ切支丹の, 雲霧も, 露顕の, 頂点に, 頭が, 顧れ, 馬生を, 駒井その, 鬱然として, 鬼小僧は, 黒死館に

▼ 至っては~ (1051, 45.0%)

7 これは, 彼の 5 これを 4 固より, 殆ん, 私の 3 いずれも, 彼は, 日本の, 沙汰の, 私は, 遙かに

2 [27件] これと, これに関する, その最も, それが, それは, どうする, どこに, 今に, 今は, 他の, 何の, 僕も, 始めから, 尚更の, 彼らは, 愚の, 慥に, 決してそんな, 珍中の, 真の, 純然たる, 絶対に, 言語道断だ, 言語道断の, 論外である, 遺憾ながら, 閉口を

1 [948件 抜粋] あくまでも神経質, あのあり, あまりにも, あらゆる柔和, あれだけの, いかなる民族, いかにもその, いかに強権, いかに逸興, いくら両, いささか悪魔, いちいちいう, いっそう殺生, いったい国家民衆, いやが, いやしくも老中職, いよいよ恐れ入りました, いわば書巻, いわゆる世人, おそらく平安朝以来, おのおの見る, お構いなし, かかる場合, かつて前例, けっして昔, こういう人, こうし, こちらから, ことごとく採っ, ことに死, ことの, この上, この事実, この函, この埋もれたる, この密教, この時代, この考え方, これほど, これ仏教者の, こんな形, さすがに, さらにこれ, さらにまた, さらにフンパン, さらに奇中, さらに讃嘆, さらに驚くべき, すこぶる無意義, すでに大半虜, すでに施し尽き, すでに論外, すべて土地毎の, そういう主張, そうでなかった, そう都合, そのいと, その上, その今, その例, その名前, その意味, その昔日露戦争, その時, その注意, その無垢, その禁令, その罪, その色, その見るべき, その詞章, それこそ, それとは, それらの, そんな余地, そんな関係, たしかに岐阜, ただただ言語, ただ不忠忘恩, ただ普通, ただ相視る, ただ親分乾分, ただ軽薄, ただ食い飲み, たといシナ皇帝, ちと一, ちょっと他, ついに猜疑, どういい, どうにも悲痛, どう捉え, どのくらい, どの内閣, なおさらで, なおさらである, なおさら汚, なお然, なお筋, なかなか以, なかなか容易, なんとし, なんらの, はじめ快, ひそかに, ひたぶるに, ほとんと, ほとんど地理, ほとんど学力, ほとんど探偵, ほとんど狂信的, ほとんど評する, まことにふかい, まさに言語道断, また別, また茫漠, まだまだ夏, まったく中尉独自, まったく唖然, まるでもう殺される, まるで彼, まるで誇大, まるで驚い, むかし聖天様が, むしろ唾棄, むしろ気分的影響, もうどうにも仕様, もう三十年, もう何とも仕様, もう完全, もしその, もっとずっと着実家, もっと安らか, もとより天下, もはやあやふや, もはやそんな, もはや今日, もはや情念的, もはや赦すべからざる, やはり八丈島, ようやくある程度の, よくも真似た, よほどまた, わが呉, わが神州, われらは, われら企て及ぶべし, われわれ雅人と, エタの, コンパクトぐらい, ナチュラル主義の, ニライソコモイは, バルザックが, パーシウスが, ブルジョア婦人雑誌の, モンセーニュールの, ローマなど, 一つ目小僧の, 一切の, 一場の, 一層古く, 一層詩人的, 一層野趣, 一旦それ, 一気呵成皿に, 一箇の, 一貫し, 七度も, 三囲堤の, 三種の, 三都ともに, 上方弁という, 下の, 不届き千万である, 世にも稀, 世襲財産で, 両君の, 丹道も, 乏しい, 乗客から, 事毎に, 二十六節の, 云うまでも, 互に相, 五拾哩で, 五百以上の, 人を, 人間と, 仁慈も, 今なお, 今も, 今日の, 今更いう, 仏教や, 以前いう, 但馬に, 何ごとを, 何と, 何にも, 何を, 何人も, 余程持出す, 作者などの, 依然隅田川, 信玄公が, 僧徒らしい, 元禄の, 全く一人前, 全く一致, 全く予想外, 全く別物, 全く失敗, 全く学理, 全く度し難い, 全く彼, 全く所見, 全く日本人離れ, 全く朝鮮流, 全く正当, 全く沙汰, 全く知らない, 全く顧, 全然万葉歌, 全然相反, 典型的なる, 内乱の, 冤枉の, 几案寂然遂に, 出勤時間を, 刀の, 初めから, 到底, 到底水彩画, 制電の, 前にも, 北辰一刀流を, 匹夫の, 十二分に, 十指を, 南アルプスに, 単に貞子, 原則として, 友人中村君の, 口を, 古今独歩の, 古代史上に, 古賢, 只干瓢, 右の, 各宗教一, 合議の, 同じこと, 同一人, 吾, 周知の, 問題に, 四カ国に, 土人の, 埃及人や, 外から, 外国文化の, 多く眼を, 大して感心, 大体三百円から, 天下の, 奇を, 奥州の, 女の, 如何なる小さな寺, 如何にも孝心, 妻君が, 始終を, 子供に, 学校のみ, 安心税の, 実にびっくり, 実に乱暴, 実に呆れ返らなけれ, 実に左右, 実に思い切った, 実に憎み, 実に法学上, 実に珍しい, 実際昔松下村, 客席も, 宵越しさせぬ, 容易に, 富貴の, 察心術読想術観心術を, 寧ろ醜, 審美的, 専ら中下, 尋常科四年生を, 小栗に, 小説に, 少しく怪しまざる, 少しイカツ, 少なくとも目下, 尤も軍陣, 層一層, 山林を, 山野を, 巧者ぶった, 市岡中学時代から, 帝も, 常念山脈, 幣物とともに, 幾キロ施した, 幾十点ある, 弁護士も, 当時の, 彼が, 彼女が, 復た, 微塵の, 微罪中の, 心窃かに, 必ずその間, 思想の, 恐らくただ, 恐らく数えきれない, 悪事である, 情ない話, 想像に, 愈々それ, 意外の, 愛想の, 慴伏ある, 我々の, 我が国に対して, 或いはそれ, 所謂谷の, 打って, 扮装も, 抽象的で, 持たぬ者, 振り向くもの, 探偵小説界に, 放免以外舎人, 政宗も, 文字ある, 文献学的な, 断じて比類, 新たなる, 既に生産様式, 日の目を, 早仕舞を, 明代を以て, 明瞭なる, 春日局に, 時にまるで赤児, 晩香の, 更にそれ以上感傷的, 曾ての, 最初の, 最後近くあの, 最早私, 未だこれ, 本書と, 本来が, 村に, 東京市中行く, 東方の, 東洋に対する, 松陰僅かに, 果福父に, 梯子を, 極めて抽象, 概ね創設, 次第にこの, 正に, 正に世界無比, 此の, 武門として, 殆ど全身が, 殆ど絶対, 殊にわれら, 比べるもの, 民家に, 水に, 江戸でも, 江戸音曲中の, 決して二宮尊徳, 決して是認, 流言飛語とかと, 浦島の, 海に, 涙なく, 渡辺篤の, 濃か, 火葬が, 為政者も, 無論毫も採る, 焼けて, 物価を, 犬神や, 猛然憤, 猶更粗末, 現に死牛馬, 現在この, 瓜や, 甚だ手ごたえ, 生れてから, 画帖書帖の, 白さ, 白犬は, 百五十万も, 益々科学的知識, 盲断に, 相手の, 真っ黒な, 真に優良美味, 真に無数, 真に驚異, 知らざる如く, 知識が, 研究する, 確かに, 社会的実践に, 科学的知識に, 空に, 空想と, 立派な, 筆を, 筋は, 粗放蕪雑野武士の, 紛然雑然として, 結婚と, 絶大な, 編を, 罪なき, 美しい皮一枚, 羨ましいの, 老中も, 肉身の, 臆病と, 自ら天下御, 自分より, 自然と, 自転車の, 舞鶴藩の, 芝居では, 芸術の, 茲にも, 荒淫腥, 蓋し辞柄, 藩地以上に, 蟄居中さらに, 血液だけが, 行為的直観的に, 被害者達の, 西洋にも, 要するに兇器, 見るに, 解しがたい, 言いたいこと, 言行不一致も, 言語同断と, 言語道断, 言語道断だった, 言語道断沙汰の, 許しがたい, 話しに, 語る者, 誠にもっ, 誤読誤解の, 読者の, 論外だ, 諸君いかがでございます, 貪慾に, 贅沢は, 躊躇する, 車より, 近世その, 近時まで, 迷信以外の, 逢うて, 遂にそこ, 運輸交通の, 過去四十五年間私は, 道庵式の, 遠く藤原鎌足, 郵便局あるいは, 醜悪は, 鉛の, 長い年数, 限りなき, 隅田川の, 随分高齢, 雄大きわまりない, 非凡中の, 非道理的, 音信さえ, 頓に凄, 頼兼に, 馬は, 馬牛の, 驚かざるを, 驚嘆の, 鬼火の, 鮮やかな

▼ 至っても~ (107, 4.6%)

3 なおその 2 これを, 彼は

1 [100件] お蝶, お角, かなり遺っ, かね, この点, ごく少数, その付近, その生死, その真相, その辺, それを, てんでローマ法王, どうする, なおその間, なおそれ, なお交通不便, なお能, なお被害民, なお許さず, なお農民, なにごとも, はっきりと, ひどく降っ, またこれ, まだそう言っ, まだムク犬, まだ便所, まだ全く終っ, まだ欧州哲学的, まだ紀平式ヘーゲル, やはりそうであります, ドサクサまぎれ, 上杉景勝と, 上等な, 不朽の, 世間からは, 久しくわたくし, 二度とあの, 人間を, 依然たる, 依然としてこの, 偶, 先刻で, 全くの, 北方の, 十条に, 同じく歴史, 同じ精神, 声を, 変らないの, 大概な, 太陰暦の, 失せたこと, 妻女山の, 容易に, 小鳥の, 尚二種族, 尚或, 尚精神病院, 尽きぬ, 山法師, 幼い時, 彼の, 彼らの, 忘れること, 怖るべきである, 悉皆真, 或る, 数学と, 日本国は, 明治の, 未だ一種模糊退嬰, 本来浮浪民である, 決してこの, 決して社会, 決して絶え, 沙汰の, 油断しない, 洋菓子を, 消えは, 無論変る, 瓜の, 甚しく, 疑問と, 皆昔の, 相変らず, 相棒も, 私は, 空んじ, 立ち得ず不惑, 純関西風すき焼, 練塀小路の, 自分が, 解けて, 起きる気しき, 違って, 露伴先生の, 頻りに行われ, 風流という, 駒井を

▼ 至ってから~ (6, 0.3%)

1 この暴風雨, では, もっとも甚, 初めは, 実にまた, 彼は

▼ 至ってか~ (2, 0.1%)

1 名字と, 陸象山直覚的究理の

▼ 至ってこそ~ (2, 0.1%)

1 当然なり, 開眼の

▼1*

至ったり餓死し, 至っちゃあ何しろ時勢, 至ってからは遊芸の, 至ってさえもなお日本文化, 至ってまでなお内々, 至ってまでも北陬海岸地方には