青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「空虚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

空~ 空しく~ 空中~ ~空地 空地~ ~空想 空想~ ~空気 空気~ ~空虚
空虚~
~空間 空間~ 穿い~ ~突 突~ ~突い 突い~ 突き~ ~突然 突然~

「空虚~」 1661, 16ppm, 7059位

▼ 空虚~ (599, 36.1%)

8 ものに, 感じが, 眼を 6 のだ, ものである, 目を 5 ものを, 感じを, 気持に 4 ものが, もので, ものであり, 笑声を, 響きを 3 事を, 声で, 心は, 心を, 眼ざし, 頭の

2 [55件] さびしさ, のである, のは, ものだ, ものであった, ものとしか, ような, 仕事を, 内容を, 処ばかりを, 声を, 大小説, 家の, 寂しさ, 幻影である, 心で, 心の, 悩み方は, 悪戦苦闘を, 想像された, 感じで, 感じの, 文人趣味の, 時代である, 時間が, 時間に, 時間の, 時間を, 残骸の, 気持であった, 淋しさ, 狂熱や, 理想や, 生活から, 生活が, 生活を, 瞳を, 知識が, 私の, 空気に, 空間を, 自分に, 自己の, 視線を, 言葉である, 言葉に, 身体を, 返辞を, 部屋で, 部屋の, 長い時間, 音だけ, 音を, 響と, 馬鹿笑いを

1 [394件] あがきを, おこなひである, かけ声では, からいばり, くせに, くらゐ, ことだったろう, ことで, ことは, ことを, こと忘却の, この頭脳, さびしい心, しかし強烈, しかも力いっぱい, しかも外面, そして柔, そして神祕的, その悲しい, ただの, ための, たよりない, だけ物, つまらないもの, ときに, ときよりも, ところが, ところだけ, ところに, ところの, ところを, とはこういう, とらへ, どんよりした, なかに, のかと, のかも, ので格別, のに氣, のも, ものかという, ものと, ものにしか, ものは, もの悲しい気持, もんぢや, やうに, よい考え, ようすに, よそよそしい事物, ウソが, オリーヴ色の, カラの, クヰンの, ショックだった, センチメンタリズムには, プログラムを, ヰオリンで, ヴォラプチュアスな, 一人ポッチの, 一文の, 一般論と, 不快を, 不真面目, 世界, 世界が, 主観性では, 事実が, 事実を, 亢奮した, 人間が, 人間の, 侘しい道, 侮辱として, 俺等, 倉庫の, 偶像だけ, 傷が, 優しいありふれた, 円の, 処が, 函の, 函を, 力を, 努力である, 努力と, 努力に, 努力を, 動作で, 動機づけ, 協奏曲と, 厳格な, 反撥心に, 反響を, 叫喚が, 合間である, 名を, 名声や, 名文という, 周囲の, 味気ない, 咳で, 哄笑を, 喉ざわりのほかには決して, 喜びに, 四角い壁, 國を, 地方文学論なぞ, 場庭へ, 境で, 壁の, 声が, 夜であった, 夢では, 夢に, 夢を, 大きい穴, 大げさな, 大口を, 天地に, 女でも, 女王を, 妄想では, 妄想を, 姿が, 実の, 実体が, 実質とを, 宣伝文学, 室に, 室の, 宮殿の, 家庭内の, 少年武勇伝である, 川と, 巣が, 幻に, 幻影から, 幻象の, 広さ, 序歌と, 座敷の, 廃屋の, 式に, 弱小な, 形式を, 形式上の, 形式云々という, 影が, 影ま, 従つてほかに, 心が, 心と, 心に, 心もちを, 心地が, 心持で, 快楽に, 思いのみ, 思想で, 思想などが, 悦びを, 意識の, 感が, 感じしか, 感じなどは, 感じに, 感情が, 感情の, 感覚を, 憂鬱が, 憩ひ, 手の, 敗戦気分の, 教に, 教会の, 敵陣に, 文字が, 文字で, 文字を, 文学的な, 日を, 日常の, 日日の, 明るさ, 時は, 時間である, 時間と, 時間には, 時間は, 時間や, 時間的推移でなく送るべき, 景気を, 暗い穴, 暗闇である, 暗闇を, 望みを, 未知の, 本当の, 村でも, 林を, 柔い擽ったい, 根拠を, 棚を, 楽観に, 概念と, 概念に, 様で, 横溢に, 歌として, 歩みを, 殺風景な, 殿堂と, 毒血の, 気もちの, 気分に, 気持ちを, 気持は, 気持を, 氣持を, 沈默, 沈默の, 沈黙が, 流れを, 浅間し, 浅間しい, 浴室が, 消費的な, 深い孤独感, 深さ, 淵であった, 淵の, 淵を, 渦巻きの, 満足を, 点が, 無為徒食の, 無表情な, 煙草入を, 状態を, 献身性が, 理想な, 理想に, 生活な, 生活に, 男だ, 疲れきつ, 病的な, 白い気持, 皮質に, 皮質ばかりを, 目つきで, 目の, 相に, 相槌を, 眞似, 眼ざしだった, 眼で, 眼付だった, 眼付で, 眼差しの, 瞬間には, 瞬間彼は, 瞳には, 瞳の, 石の, 礼儀だけ, 穴が, 穴は, 穴を, 空々しいもの, 空の, 空ばかりが, 空中楼閣が, 空気の, 空氣の, 空間が, 空間でなく, 空間では, 窓, 笑いだ, 笑いを, 笑い声が, 笑い声を, 笑い方を, 笑顔の, 筈で, 箸の, 粉飾の, 精神の, 絵が, 絵を, 絶対性を, 絶望的な, 美しさ, 美学的理論乃至, 習俗として, 考えを, 聲で, 肉体へ, 胸を, 腹の, 自分の, 自分をしか, 自卑, 自己に, 自我が, 自身を, 舞台へ, 英雄気取りが, 茶色の, 蒼空の, 街が, 表情で, 表情とだけは, 袋の, 袖の, 複製品としか, 視線で, 観念に, 言葉が, 言葉それらが, 言葉で, 言葉でも, 言葉としか, 言葉として, 言葉の, 言葉を, 言行を, 言語で, 言語では, 言語に, 証拠です, 詠嘆は, 詩工には, 誇りと, 誇りとの, 語の, 議論としか, 議論を, 豊かさを, 豊かさ二重顋頸の, 貧しげ, 貧弱な, 足どりを, 身と, 身内の, 躯を, 軽い透明, 辞令でなかった, 返事が, 返事だった, 遊びを, 運動である, 遍歴の, 過剰な, 遠い境, 部屋といふ, 部屋に, 部屋へ, 部屋を, 部屋部屋にも, 醜い脱殻, 重苦しさ, 間に, 闇が, 闇であり, 闇を, 陰氣な, 隙だらけの, 隙間が, 隙間だらけの, 集団生活の, 電燈の, 青年時代しか, 静安を, 靜まりきつ, 面を, 革命的字句外国語を, 音とともに, 響きには, 響きの, 響きをしか, 響の, 頭が, 頭へ, 頭脳と, 顔し, 顔を, 食堂の, 饒舌とは, 饒舌を, 高笑いを, 高踏派的態度のが

▼ 空虚~ (214, 12.9%)

24 なって 20 して 12 なつた 11 なつて 6 なったよう 5 なる

2 [13件] されて, ちかい晩成先生, なった, なったが, なった眼, なるだろうと, なると, なるの, 乘じ, 向けられて, 眼を, 純粋ぶる, 響いて

1 [110件] いたたまれない気持, かかわらずそこ, くい下る各種各様, させる, さへ, したまま自失, した時, すること, するの, すれば, せしもの, たえがたいという, ちかいこの, つい話, なったの, なったもの, なったロダンさん, なった事, なった二つ, なった原因, なった工場, なった心, なった感じ, なった時, なった時分, なった暗, なった牧場, なった胸, なった腹, なった身, なった鼻, なってから, なってるところ, なつたり, なつた家, なつた様, なつてさ, なつてる, なりがち, なりぬ, なりまさっ, なりッぱなしとなって, なり全, なり易い, なり物事, なり薔薇色, なり顔中, なるから, なること, なる故, はっと気がついた, ひびいた, ひびいて, 一直線に, 丸い, 乗じて, 似た感じ, 光る眼, 出入し, 包まれ死滅, 反響し, 口を, 堪えよう, 堪えられなくなったそして, 帰せしめたの, 張った声, 待てる顔つき, 心を, 思はれた, 愛情ばかりを, 感じられて, 感じる事, 感ぜられるばかり, 成し人, 成つては, 拡がった両, 握りしめ, 暮して, 本づく, 歪んで, 殆ん, 残して, 気が, 没して, 浮んで, 消えて, 涸死しつ, 無表情に, 留まるべきもの, 疲れました, 病みぬ, 痛む, 私は, 立って, 端近の, 笑いそれ, 等しくなった, 絶望する, 胸が, 舞踏曲が, 製造し, 見えた, 見えたり, 見えるギャップ, 見える時, 見つめて, 銷沈し, 陥りたる場合, 響かせた, 驚いて

▼ 空虚~ (181, 10.9%)

16 中に 10 感が 6 うちに 5 ように 4 感じは, 感じを 3 なかに, ような, 中で

2 [14件] ままに, ようで, 上に, 中の, 中へ, 儘で, 底へ, 心に, 感じが, 感じと, 感じに, 感である, 承認でも, 棺桶は

1 [99件] あった, あるの, あるやつ, うちを, お茶を, できたこんな, ところから, なかへ, なかを, ふり, ままこの, まま全速力で, まま暫く, まんまだった, まんまだつた, みちて, みつべきありや, ものに, やうな, やうに, ようだ, イジラシサを, トランクを, ベッド, 上手の, 世界を, 中から, 中への, 中を, 予感が, 事などは, 住んで, 充実, 功用の, 叢と, 名称に, 存在が, 存在を, 安心で, 客間が, 寂寞を, 寝床が, 小舟が, 底に, 底にも, 影に, 心境にまで, 思想に, 悩みが, 悲哀に, 感じられる開っ放し, 感ぜられる多く, 感は, 感不安哀愁落膽等は, 折箱も, 時が, 時も, 時間が, 根を, 棺桶の, 棺桶を, 椅子の, 椅子や, 欲求としか, 混合である, 炭籠を, 物である, 王国, 生命であった, 看護婦部屋を, 眼を, 眼玉, 空間から, 空間を, 窺える光秀, 立方積は, 自分を, 舞台に, 舞台には, 船で, 船の, 芋俵が, 苦杯な, 街だった, 衣, 視線, 訴へに, 説明に, 譏を, 議論である, 酒盃を, 長府あたりを, 闇の, 隙を, 面貌の, 音を, 頭, 飛行機へ, 點に

▼ 空虚~ (171, 10.3%)

13 感じた 10 感じて 3 充たすため, 心の, 感じながら, 覚えた 2 意味する, 感じさせた, 感じる, 知らない, 蔽って, 見つめる時

1 [124件] あげないわけ, あらわしまた, いだきそして, うかがい, おおいえない笑い, おぼえるもの, こしらえて, こしらえ出して, この純朴, さらにむなしく, さらに広げ, ただ追, ついた, とりかこむ, どことなく漂わせ, ながめたがらない神経衰弱者, ふさぐ為, まぎらさうとして, ますますきわ立たせる, ますます著しく, みたしたやう, みつめたのみ, みるみる間に充, 世に, 今に, 代表した, 作り出す, 例として, 充す, 充そうと, 充そうとして, 充たす何, 充たそうと, 具相する, 凝視し, 占領した, 叫ばなかつた, 含んで, 味得した, 嗤い, 噛みしめながら, 埋めること, 埋めるには, 堪え難く感じた, 填塞, 天の, 存し, 忘れんと, 想うこと, 意識せぬで, 感じこれ, 感じさ, 感じずには, 感じたの, 感じたり, 感じた時, 感じないかい, 感じないでは, 感じない訳, 感じなければ, 感じるかという, 感じるとき, 感じるの, 感じるらしく千鶴子, 感じる我々, 感じ人生, 感じ出した最大, 感じ出して, 感じ始めた, 感じ始めて, 感じ綿々, 感ずる, 感ずるの, 感ずる何, 感ぜざるを, 感ぜり, 打て, 拵えて, 拵へる, 指すん, 探るだけ, 掴んだ, 握り得し, 文字の, 明かに, 歌に, 正確に, 残した, 残すの, 満さし, 満たし婦人解放, 満たすこと, 満たすに, 満たすやう, 満たす対象, 濁し埋めるため, 生じた時陷落, 生ずべし, 發見した, 眼球の, 知った子供, 知って, 示すこと, 穿った, 精神的の, 紛らすため, 考えて, 考へて, 衝かれたよう, 補うこと, 補うため, 補ふために, 見ては, 見出したよう, 覗つて押し寄せる, 覚えだした, 許容しない, 訴えそれ, 認めて, 走ってる巨船モラヴィア, 通りぬけ, 通るの, 響かせるばかり, 飛び行く場合

▼ 空虚~ (79, 4.8%)

4 あった 3 出来て, 彼の 2 ある, ないの, 家の, 描きだす幻影的自我, 残った

1 [59件] あったばかり, あって, あつて, あらゆる力, あり隠れたる, あるだけ, あるに, あるの, うがたれた, できる, どの部屋, ない, はげしく震動, はつきり分つた, ぽかり, めまひの, やはり膳, ソックリこの, 一段おい, 何となく室, 侵入し, 俺の, 充溢に, 出來, 出来たもの, 出来たよう, 出来るの, 含まれて, 大きな中断, 実は空気, 彼女を, 忽然と作られ, 怖ろ, 感じられた, 拡がって, 控えて, 時間も, 次第に凝り, 残されたん, 残って, 残るごとくに, 残るのみ, 満たされそう, 滑り墜ちて, 滿たされ, 漂って, 澱んで, 生じ彼女, 石を, 肌寒いよう, 胸の, 胸を, 芸術を, 若い心, 身体一杯に, 長く残された, 開けて, 陰気に, 鼻の

▼ 空虚~ (56, 3.4%)

2 であった, なって, なる, 未来への

1 [48件] いっても, この二つ, さびしい生活, その反対, その青空, なし下女, なったと, なった心持ち, なつた, ならば, なりおれるタンク, なります, 一口に, 一致する, 不快な, 云ふも, 倦怠を, 元子と, 同じで, 呼んで, 哀愁とを, 外面の, 太, 寂寞と, 寂寞の, 寂寥を, 心の, 情事の, 暗夜との, 暗鬱から, 死との, 残忍な, 気味の, 滑稽との, 灰燼の, 無為は, 照しあはせ, 畏れを, 疲勞とから, 痴愚を, 相成って, 空虚の, 自己諂諛とを, 虚無とを, 見えるの, 見て, 見究めが, 青空の

▼ 空虚~ (55, 3.3%)

2 であった, を感じた

1 [51件] から鋭い, があった, がさせた, がしみじみ, がぴしりと, がますます, がわかっ, が予感, が何となく, が出来る, が分っ, が堪えがたく, が待ち伏せし, が淋し, が自分, であ, でゆき子, と子供, と戦っ, と燃焼不足, と空虚, にあき, にあきれ, にしばらく, にゲンナリ, に作用, に堪えず, に心, に日日, に暫く, に暫くぽかんと, に激しく, に自滅, の感覚, は何, は居心地, は心から, は永遠, は詰っ, は読者, また顔, をああ, をどう, を一層, を使いわけ, を傍, を想いおこした, を感じました, を明らか, を満たす, を焼けつく

▼ 空虚~ (49, 3.0%)

7 はない 5 あつた 2 柚木の, 頼りない

1 [33件] あつたの, あつて, いた, しかない, そのうそ寒い, その空虚さ, たまりません, つまらず, なにかしらぬ, はなかつた, は仕方, ひつそりし, みすぼらしくそして, ゐること, 一段高く, 何も, 何物を, 偽の, 僞の, 冷たくなった, 凡太の, 女の, 張合いが, 役にも, 心意は, 悲しいだろう, 物凄い笑い, 物足らない, 生きて, 真っ黒で, 自分という, 變り, 退屈な

▼ 空虚なる~ (35, 2.1%)

2 わが心, 冗言のみ, 函に

1 [29件] がごとく, が如く人, こと影の, とき我等の, わが土地, カアル劇場に, 乳の, 人の, 名誉と, 名譽慾, 器と, 固有名詞として, 形式では, 敵の, 文字にな, 時, 暗黒と, 条件を, 根を, 樹木は, 為で, 物との, 羅曼主義は, 者を, 胸に, 英雄を, 金箱を, 闇の, 響を

▼ 空虚~ (35, 2.1%)

2 ないの, 重荷を

1 [31件] さらにむなしく, しきりにうずい, そこに, そのままじっと持ちこたえられ, その事件前, ますますむなしく, もはや彼女, やつぱり誰かに, 他の, 何時迄も, 何物もて填, 其処に, 分析されなけれ, 単に記憶, 如何に, 存し, 存在しない, 害が, 忽然と彼女, 愛すべきもの, 拡大し, 書卷の, 殆ん, 決して満たされませんでした, 爆発直前に, 縦深, 自分の, 説明の, 退屈し, 遠くに, 重ねて

▼ 空虚~ (27, 1.6%)

2 にとりつかれた, はそれ

1 [23件] からお, から来る, がどんなに, が全く, が強い, だろう, であります, である, でそれ, とでぐつたりして, とは全く, と自分, なんかない, には九つ年上, の底, ははうずめられなけれ, は初瀬, や無, よりも惡, をあら, を感じた, を持たず, を表す

▼ 空虚である~ (12, 0.7%)

1 [12件] か彼ら, がゆえに, が嬰児, けれども充実, ことが, ことよ, ことを, ということ, という伊藤整氏, と感じられる, のと, やうで

▼ 空虚~ (9, 0.5%)

1 からであろう, が, が夜, とすれ, とは, とも云, と分つた, と足もと, よ

▼ 空虚から~ (6, 0.4%)

1 抜け出したの, 救い出されたい為め, 救って, 救われたよう, 脱走する, 見える桧葉

▼ 空虚とを~ (6, 0.4%)

1 ごまかす外, 感じた, 破って, 衝かれました, 見比べて, 覺える

▼ 空虚には~ (6, 0.4%)

1 なって, 堪えない生命力, 朧気な, 毫も怪しむ, 燭も, 間に合わせの

▼ 空虚であり~ (5, 0.3%)

1 また始終, 右手に, 暗黒であり, 概念なき, 真空状態であり

▼ 空虚そのもの~ (4, 0.2%)

1 が眼, が訴え, と考へられよう, にをはるであらう

▼ 空虚~ (4, 0.2%)

1 寂しさ, 微力は, 憂ウツや, 頼りな

▼ 空虚ある~ (3, 0.2%)

1 ことへの, にいたれるなるべし, を見出す

▼ 空虚じゃ~ (3, 0.2%)

1 ない, ないかね, なかったん

▼ 空虚でない~ (3, 0.2%)

1 かと僕, ことは, ということ

▼ 空虚という~ (3, 0.2%)

1 ものを, わけで, 絶対感に

▼ 空虚なり~ (3, 0.2%)

1 とこの, 汚点なりが, 良将無かるべからず

▼ 空虚~ (3, 0.2%)

1 すぐまわり, 同じでございましょう, 残さないだろうから

▼ 空虚しか~ (2, 0.1%)

1 感ぜられなかった, 残って

▼ 空虚だった~ (2, 0.1%)

1 と云う, のか

▼ 空虚っぽ~ (2, 0.1%)

2 だッ

▼ 空虚であっ~ (2, 0.1%)

1 てしかも, てエーテル

▼ 空虚であった~ (2, 0.1%)

1 しすぐ, だけにこの

▼ 空虚として~ (2, 0.1%)

1 置く, 荒れ寺

▼ 空虚とは~ (2, 0.1%)

1 何か, 全くおんなじ

▼ 空虚なれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ば空虚

▼ 空虚な目ざし~ (2, 0.1%)

2 で自分

▼ 空虚軽薄~ (2, 0.1%)

2 な形

▼1* [70件]

空虚な彼, 空虚おぼろげに理解, 空虚分らないから, 空虚からは桧葉の, 空虚これらは前, 空虚これ等は前, 空虚さ偽善に人間, 空虚さ責任だけあっ, 空虚すぎてもう, 空虚その物を, 空虚たるを許さない, 空虚だって一つの, 空虚だの今は, 空虚であり在るものは, 空虚であり慌て過ぎた事に, 空虚であり汚されて半ば荒廃, 空虚でしたけれども火鉢, 空虚ですね, 空虚でつづけられるもので, 空虚でなければ廻る, 空虚でもありながら, 空虚で見るものに, 空虚とか寂寥を, 空虚なかんじはいつか, 空虚なしかも重々しい, 空虚などは一向に目立たず, 空虚なひからびた香りの, 空虚なみちたりたもの思いの, 空虚なやぶれかぶれが, 空虚ならいっそ思い切り, 空虚ならしめかくて, 空虚なんぞは決して寄せつけない, 空虚な冷めたさを, 空虚な思ひで雲, 空虚な感じさへ, 空虚な打ち開いたままに, 空虚な白けた敗北的なかんじ, 空虚な詰らぬ者に, 空虚にしか響かない, 空虚にたいして懇願しののしり挑みかかっ, 空虚にたいしてはどうする, 空虚になつてゐ, 空虚にも見える爲事, 空虚に対して鋭い苦痛, 空虚ばかりであるよう, 空虚ばかりが眼に, 空虚名状し, 空虚への反感が, 空虚ほど惨めな, 空虚まことに悲しい存在, 空虚よりはまだまし, 空虚らしく響くこの内, 空虚を以てし間, 空虚只乏し, 空虚ともいふべき, 空虚地帯が出来, 空虚充が, 空虚幽暗寂寥に, 空虚感乾燥に苦しむ, 空虚慢なる, 空虚極まる疲労を, 空虚目的感という, 空虚無為精神的無力神経衰弱理由も目的, 空虚狭隘なること, 空虚織る人込の, 空虚聚語に自序, 空虚聚語孝経彙註の刻本, 空虚荒々しい姿に, 空虚見なかった焦躁不安それだけ, 空虚怪な