青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「衞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

術~ ~街 街~ 街路~ ~街道 街道~ 衛門~ 衝動~ ~衝突 衝突~
衞~
~衣 衣~ ~衣服 衣服~ ~衣裳 衣裳~ ~表 表~ ~表情 表情~

「衞~」 5774, 62ppm, 1834位

▼ 衞~ (2150, 37.2%)

37 の家 16 の娘, の死骸 13 と申す 12 といふの 11 の女房, を殺した 9 と云, の妾, はお 8 といふ人, と云う, の前, の手, はさ, はその 7 でした, の子, の所, の言葉, の部屋, の顏, はそれ 6 と稱, は, は少し, は平次, は本, は自分, を始め 5 が, が死ん, という人, の浪宅, の話, はこの, はさすが, はまだ, もさすが, を殺し

4 [18件] と申し, になつて, に對, に引, のこと, の宅, の弟, の後ろ, の聲, の配下, は其の, は奧, は如何にも, は娘, は首, を殺す, を訪ねました, を顧みました

3 [42件] が千兩箱, が死ぬ, が死んだ, が殺された, が江戸, だ, だよ, でございます, です, ではありません, と娘, になつ, に取, のところ, の伜, の兄, の内儀, の口, の名, の孫, の小屋, の心, の忘れ形見, の旦那, の末, の死體, の生立, の身體, の顔, の驚き, はゴクリ, は僅か, は内儀, は大, は妙, は床, は氣, は百日, は相手, は言, は頑固, も少し

2 [155件] か, がある, がお, がこの, がその, がたつた, が一人, が先, が出, が向島, が媒妁人, が家, が引, が昨夜自分, が留守, が邪魔, が金, だから, だと, で, であるぞ, でこれ, で御座います, という方, という者, といふ男, といふ者, とガラツ八, とツネ, と下男, と二人, と八五郎, と内儀, と名, と唱, と女房, と母親, と申します, と義弟, と錢形平次, と顏, と飴屋, にある, にし, に代, に訊ねました, に返しました, に逢, に逢つて, のもの, の一人娘, の一座, の伜金之助, の使, の側, の処, の分家, の句, の喉笛, の妹, の妻, の娘お花, の存在, の家来孝助, の寢間, の實子, の寵愛, の屋敷, の左, の幼名, の御新造, の心情, の心持, の忰, の忰富五郎, の手代多助, の支配, の方, の次男, の死んだ, の殺された, の母, の氣, の甥, の留守, の番頭, の眼, の背中, の胸倉, の腕, の請求, の遺骸, の邸, の野郎, の長屋, の養子, の首, はこれ, はさながら, はす, はだまつて, はもと, はハツ, は三年前, は上, は丹, は五十, は五十六七, は今, は元, は全く, は六十前後, は刀, は別に, は到頭, は又, は口, は呼びとめる, は商, は四十前後, は土藏, は孫娘, は実に, は少しく, は左, は幸, は幾度, は後ろ, は恐る, は揉み手, は斯ん, は武士, は無, は相, は確, は老病, は耳, は腕, は腹, は膝, は苦笑, は評判, は酒, は金, は金持, は靜, は非常, は顏, は驚きまし, もこの, も鼻, を書い, を突いた, を脅かし, を鴻

1 [1310件 抜粋] あの傷, お一方, お園小半次, からしこたま, から小さい, から支配頭, から笛, か外, がかう, がしよんぼり, がなくなりました, がむゝと眼, がやられた, がブラ下, が一人息子, が一生人, が一黨, が下, が不, が世にも, が乗, が二階, が人, が今晩あたり, が何彼, が何處, が入牢, が出かけた, が刑, が十年前, が又, が取込んだ, が土藏, が多, が大竹孫右衞門, が好み, が始め, が宗悦, が小僧, が居りまし, が左様, が年, が役目, が御膳, が思惑, が成敗, が手, が拔, が握つた, が斬殺, が昨夜誰, が暴れ, が最後, が本, が梯子, が檢屍, が死ね, が殺されました, が氣, が滿十五歳以上, が煮られし, が狙, が生き, が疾, が百姓風, が相, が石川, が答, が細引, が耳, が聲, が舞臺, が落, が見, が誰, が豫想, が買おう, が逃げ, が釜, が開けた, が離屋, が韮山, が馬, さえ死ん, その人, だけを拔, だつたの, だつて出來, て幇間, でございますから, ですね, でないこと, でも拾つて來, で先刻右内, で居る, で此, というお方, というもの, という御, という浪人, という百姓, という荷主, といつた, といふヤツトウ, といふ人間, といふ四十男, といふ御家人崩れ, といふ日本一, といふ親方, とうの, とおっしゃる, とかいうよう, とその, とね内儀, とはどんな, とは友人, とは繼, ともあらう, ともいふべき, と一番, と三軒長屋, と二人妾, と五八, と伊豆屋, と先祖, と共に, と同棲, と善七, と大きに, と平九郎, と後妻クラ, と改め, と書い, と法名, と申, と相, と知つて, と若い, と言つた時代, と言つて, と逢つたの, と間違, どうする, などといふ才媛, などは一, なんてそんな, にささやい, にすこし, になつたん, になつて百本杭, にはまだ, には伊太郎, には出, には態とらしく, には本, にも亦, にも解りません, に丁寧, に五十両貰い, に刄向, に助けられ, に同情, に向い, に嗅ぎつけられ, に大きな, に小, に引合, に惡戲, に手嚴, に指一本, に斬付けます, に沁, に渡した, に男子, に目配せ, に紹介, に繩, に見付けられ, に見込まれ, に訊く, に貢い, に賣り, に追, に連れられ, に預けました, に騙され, のあの, のせんき, の一味, の七人, の事, の二の腕, の二男新吉, の云った, の仏様, の代り, の伜又次郎, の伜數馬, の傍, の兩方, の別荘, の千鳥足, の取出した, の古い, の唇, の因業, の変死, の太, の奧方, の嫡子小三郎, の家内, の寢所, の實兄, の居候, の帷子, の店, の弟治太夫, の後, の後添, の御内室, の忰小三郎, の恐れ, の悴新五郎, の惡賢, の慈愛, の手下, の手合せ, の抗議, の持っ, の擧, の新妻, の昔, の望む, の本, の棒振り劍術, の正, の歸依, の気に入られました, の氣焔, の法事供養, の災難, の爪牙, の生活態度, の申す, の畫像, の發作, の着, の碑, の稱, の窓, の節, の罪状, の義弟伯次, の考, の聲色, の胤, の脇差, の腕前, の自由, の花見船, の苦衷, の蔵, の虚實説, の袖の下, の襲名披露, の親類, の許, の誰, の豪勢, の足, の身寄, の通詞的立場, の遺言, の野郎等, の門, の閨, の頃, の養子與茂吉, の鼻, はあんな, はいよ, はおどろい, はかうし, はくぼみし, はさぞ, はせめて, はその後, はそんな, はつま, はどうしても, はひどく, はまいりません, はまるで, はもう少し, はやはり, はわたくし, はガツクリ膝, はツイ涙, はハテ, はフト妙, は一塊, は一應不服, は一生, は丁度, は丈助, は三年あと亡, は三村屋, は下手, は不意, は丹三郎, は主人, は二度目, は五人張り, は五十八, は享保四年五月九日, は人違い, は他, は仰向いた, は佐野喜, は何ん, は佛米屋, は俄, は先づ出發點, は先刻, は公儀, は六十以上, は凛々しい, は切支丹, は剛腹, は十七八年, は千石取り, は参り, は古金買, は同人, は向う, は喉笛, は四十九歳, は四方, は土壇場, は場所柄, は多勢, は大きく, は大橋, は天保十一年十月二日, は太鼓腹, は女道樂, は威, は媒妁, は学問, は宅, は家来, は寡默, は寺, は居住, は帯刀御免, は店, は弟, は役柄, は微笑み, は恐らく, は恥, は悠々, は情なく, は愚痴交, は懷ろ, は戸口, は折, は持たざる, は掛り合, は敵, は早速, は明治二十年二月二十六日, は晩酌, は會釋, は本庄村最大, は束, は枯木, は槍, は橋, は死, は死罪, は母繁, は江島屋, は江戸者, は泣き出したい, は淋し, は温行, は無言, は燃え上がる, は獨, は田舎者, は界隈, は病, は目, は直に, は眼顏, は私用, は窓, は罪, は老, は胡麻鹽, は脇腹, は自慢, は芝神明前, は若, は萎れ返ります, は蘭語, は蝦蟇, は表通り, は見詰めました, は覺束, は許し, は變, は足, は軍書, は近頃, は送り出, は道理, は遮る, は長い, は長谷川町, は雪洞, は頼まれた, は風, は餘, は騒い, は驚き, は鳥眼, は鹿島立ち, ばかりだらう, へ一存坊, へ八十両, へ詫びる, へ銀時計一個, まあ, もさる, もす, も一人子, も之, も仕方, も又次郎, も和泉式部, も城下, も客, も居ります, も後悔, も思はず引入れられる, も斬っ, も気の毒, も玉江, も疊, も胡散, も近所, も首, やらう赤い, や天野屋利兵衞, や藤八, よりも哀れ, より形見, より門番, をお, をせつつく, をも屋敷, を三河島田圃, を中心, を伴, を内儀, を初め浮世繪師石川流宣等, を取押え, を呼ん, を呼出しました, を塀側, を始め同行, を寝かしまし, を惱, を捕, を擧げよう, を物置, を療治, を突, を筆頭, を罪, を自分, を裏表, を討った, を討て, を責める, を遠く, を離屋, を顧み, 丁度この, 代つて平次, 半歳, 呆れて, 少しやつ, 悉く悦ん, 改めて膝, 生松原, 腹立ち紛れ, 若い時餘

▼ 衞~ (730, 12.6%)

13 さう 9 自分の 8 それを 5 氣が 4 さすがに, 先に, 娘の, 眼を, 言ふ 3 そのま, 五十を, 平次の, 心の, 腹を, 自分で

2 [54件] あわて, あわてて, いかに桁, いそ, いよ, お奉行樣, お關, こらへ, その時, それが, そればかり, まだどこ, まともには, よく禿げた, 不思議に, 五十二三の, 五十前後の, 五節句だ, 今さらの, 今喜助, 何うし, 何んと, 先刻から, 八五郎の, 其場の, 内儀の, 去年の, 只喜助, 呆氣に, 喜助の, 女房の, 少し間, 平次と, 彼此初老に, 思つた, 恐る, 斯う, 昔の, 本當, 正直者で, 此稱呼の, 疊の, 空を, 立ち上が, 絶句した, 聲も, 脇腹を, 腰に, 腰を, 腹の, 自分が, 言ふべき, 辯解らしく, 錢形の

1 [549件 抜粋] あの拔, あの男, あの通り日の出, あまり仲, あらゆる狂態, あれ程の, いかにも言, いかに嚴め, いきなり死骸, いきり立ちます, いくらか, いつもすぐ五六盃, いづこぞや, いづれ, うまい具合, うんと吐根, お人好しの, お倉, お前の, お峰, お常, お暇, お萩を, お道, かん, ことの, この平次, この爭, この美しい, この顏付, これも, さう説明, しかと言, しきりにソハソハ, すつかりあわて, せえ, その子, その子分, その手配, その朝隱居所, その澁, その石, その金, それでもさすが, それでも如才, それでも葬式, それまで, それも, そんな事, ぞっといたし, つく, とがめます, どうした, どこかに, どこまでも, どれだけの, なか, なほ眼も, ひどくソワソワ, ひどく苦々しい樣子, ひどく言, ひぼしに, ぶる, またこの, まだ三十代, まだ愚圖, まだ達者, むっと致します, もう一度それ, もう一度唸りました, もう下手人, もう元, もう六十八, もつての, もとは, もと武家, もみ手を, ろくに武藝, わからない人, アメリカ軍艦に, イソイソと, カンカンに, ガツクリ頭を, ガラツ八の, クドクドと, ケチな, ニヤリと, ハレ物に, ピタリと, フツと, ブリブリし, ブルブルと, ポロポロと, ムツと, モヂモヂし, 一たん奧へ, 一と, 一代に, 一國者らしい, 一季半季の, 一座を, 一歩退い, 一番番頭と, 一體どこから, 丁寧に, 上屋敷から, 下の, 不審な, 不束に, 不自由さと, 中氣, 主人に, 主人を, 主人筋の, 亂醉し, 二人の, 二十四に, 二十幾つも, 五六尺下が, 五十がらみの, 五十七八と, 五十二で, 五十五六の, 五十五六江戸の, 五十八歳隨分鳴らした, 五十四その, 五十男で, 五十過ぎ, 五年前の, 五番目の, 人並すぐれた, 人並以上に, 人柄の, 今から, 今度は, 今更らしく, 今朝卯刻半から, 今朝自害し, 以ての外と, 以ての外の, 仰天し, 仰天しました, 伜の, 伜を, 佐太郎を, 何にか, 何も, 何よりの, 何事に, 何處とも, 何處へ, 佛勘兵衞と, 例の, 俄雨くらゐ, 俺の, 俺を, 借金の, 假親を, 僅かに, 充分苦々し, 兎も, 兜を, 兩手を, 八五郎と, 八月十五日の, 六十を, 六十八と, 六十前後思慮も, 其の実は, 内儀お, 凄い顏, 刀を, 分らないと, 分別らしい額, 分別らしく額, 到頭來, 到頭嫁, 到頭私, 到頭言, 剛健で, 勝手口へ, 匕首らしい, 北鳥羽の, 十兵衞の, 十年ばかり, 半歳前に, 半病人, 卒中で, 又かん, 取つ組んだま, 口の, 口も, 口を, 口をも, 口惜しかつ, 口惜しがる, 口惜しさ, 口汚く罵り, 只おろ, 只漠然と人, 合長屋と, 吉原土手から, 名だたる分別者, 名代の, 吐き出すやう, 向山の, 味噌汁の, 咄嗟に, 唯おろ, 商略にかけては, 四十五六の, 四十八と, 四十男の, 四方かまは, 四日前の, 困じ果てた顏, 図らず泥, 土手伝に, 土藏から, 坊主崩れとか, 外へも, 多分聲, 夢中に, 夢心地に, 大きな悲歎, 大した身上, 大乘氣, 大屋さん何う, 奧の, 女道樂と, 委細構わず, 姪の, 威壓され, 娘お, 娘に, 娘を, 定五郎, 小戻り, 小首を, 少々苦々し, 少しは, 少し中, 少し苦々しく, 尚ほ, 居住ひ, 居心地が, 岡浪之進の, 崩折れました, 左利きでも, 市四郎を, 常々御, 平次が, 平次に, 平次にも, 年の, 年のせゐ, 年甲斐も, 幸ひ, 幾干, 庄八を, 店で, 彦三郎に, 彦三郎の, 彼に, 彼よりも, 後ろから, 後ろの, 御作事奉行附棟梁, 御存じだろう, 御禮言上, 徳利を, 心外らしく語る, 心持苦笑し, 必ずしも實, 念の, 思ひ切つて斯, 思當る, 恐らくこの, 恐れ入, 恐ろしいもの, 恐ろしい働き者, 恐ろしい失望, 息は, 息を, 悲しさ, 悲痛な, 情無い, 惜しさうに舌, 意志の, 愚かもう, 愼み, 慈悲心に, 慌て, 憎いから, 懷ろ紙の, 懷中から, 手を, 手燭の, 手當ての, 打ちひしがれ乍ら, 承知し, 折入, 拒み兼ねました, 指します, 擽ぐられるやうな不安, 擽つたいやう, 敢然として, 散々吐いた, 断念て, 斯う話し, 斯んな, 新入の, 早速僞物, 明日の, 昔から, 昔風でございます, 昨夜急に, 昨日の, 時々曲者, 最後に, 最早目, 朝の, 本道, 東側の, 松五郎の, 松前樣の, 松右衞門に, 柱へ, 格子の, 梁から, 椽側から, 槍を, 機嫌の, 權高な, 正直な, 此取引の, 此處で, 武家で, 歴史が, 死ぬ氣, 死んだ同然, 死んでも, 氣ぜは, 氣を, 江戸一番の, 沒義道に, 泣き出しさ, 浪人し, 消極的に, 涙を, 涙乍らに, 深々と, 深々とう, 混雑が, 湯に, 湯へ, 湯氣の, 溜飮を, 漸く口, 漸く正, 漸く繃帶, 熟睡し, 燃ゆる, 父親らしい, 片手に, 獨りで引受け, 生きて, 生れ乍らの, 申す迄も, 男爵が, 町人乍ら御, 町役人では, 留める, 當らず, 疊に, 疊へ, 疝癪で, 病に, 病弱の, 白梅の, 益々紛亂, 目が, 目顏に, 直に宅, 相對, 相手が, 眉も, 眼鏡を, 眼顏で, 着物まで, 矢庭に, 矢張り亡くな, 知れず私, 確と, 確り店, 神田の, 突然膝, 立つたり, 立上がつて, 立上がりました, 立上つて次の間から, 笑み崩れさ, 筋目の, 筋違ひ, 精一杯の, 紀昌に, 素直に, 紹介し, 絶句しい, 絹物の, 緊張が, 縁側に, 續け, 老巧な, 聞えた大, 聲を, 職業的な, 聽き兼ねた, 肝を, 肩を, 背後から, 胸は, 胸を, 脅かします, 腰の, 腰拔けにな, 腹立紛れに, 自分のせゐ, 自分より, 自害した, 自慢らしくうなづく, 船乘とは, 若かりし, 若者の, 苦しさ, 苦ん, 苦笑ひ, 英國の, 茶が, 薄菊石, 藏の, 藝人崩れで, 藝道の, 藤左衞門の, 補足する, 西國の, 西家十一世で, 見えないやう, 見たところこれ, 親分も, 覺束なく, 言は, 訂正し, 許婚の, 謎々の, 賽錢箱の, 跣足の, 身持放埒で, 辯解らし, 近江屋の, 近辺に, 近頃あまりお, 通ひだし, 通人らしくたしなみ, 道樂者で, 酒が, 酒の, 酒道樂で, 重々しく首, 鈴ヶ森で, 鋸引に, 鑿手斧も, 間が, 間もなく鈴ヶ森, 離家と, 露骨に, 青い顏, 靜かに, 靜かに口を, 非常な, 面倒だ, 面白さうに笑, 面目次第も, 音次郎と, 頻りに幇間口, 食ひ, 首も, 馬の, 馬吉を, 馬鹿でもの, 驚いて, 驚きましたの, 骨董に, 高蹈, 鬼とも, 默つて紙入れを, 默つて隣の, 齒の, 齡に, 龍閑橋から

▼ 衞~ (623, 10.8%)

10 死骸は 8 話は 7 ところに, 家は, 死骸を 6 女房の, 娘お, 家の 5 ところへ, 娘の, 手で 4 やうな, 家へ, 本當, 死體を, 顏には, 顏を

3 [15件] ために, 伜の, 元の, 凉み, 女房お, 宅へ, 家に, 死んだの, 死骸が, 氣色を, 義理の, 聲に, 言ふ, 跡を, 顏は

2 [43件] やうに, 二人が, 二人は, 内乱で, 初七日, 名を, 国に, 太子は, 女房は, 妾といふ, 娘, 娘で, 娘は, 娘繼と, 子供を, 家, 家で, 家では, 將軍に, 幽靈, 弟で, 弟の, 後ろに, 心の, 懷に, 手に, 手へ, 手を, 拵へ, 方で, 方に, 枕の, 死骸の, 獅子を, 甥で, 甥に, 義弟で, 聲が, 胸を, 言葉は, 話には, 身體が, 遺書に

1 [396件] お人好, お吉, お神さん, ことばかり, ことを, したこと, せがれ, ためで, ためには, だ, とこへ, ところで, ところでも, ところには, なく聲, ほかに, まはり, もでる, もので, ものに, よそ, 一周忌に, 一家が, 一心かけ, 一粒種で, 一行は, 一身に, 一邑である, 一都邑である, 三男が, 上卿たる, 下に, 不思議な, 世話を, 両人は, 乾し堅め, 亂行と, 事を, 二人だ, 二人及奧宮健之を, 亜流が, 亡くなつた女房, 亡靈だけが, 人柄から, 人間だ, 人間では, 仕事を, 仕事場から, 仲など, 仲間の, 企みの, 伜が, 伜で, 伜友三郎五兵衞の, 伜夫婦の, 伜殿松兜屋と, 伜總太郎が, 位牌へ, 傳えしこと, 僞手紙を, 儘に, 入智慧, 入牢し, 公事に, 公宮で, 公宮を, 兵卒千餘人を, 兵粮丸など, 内儀で, 冠った, 冷たい顏, 凄まじい家, 凭れて, 出やう, 出身や, 分別が, 刑の, 判を, 前で, 前の, 前へ, 努力は, 叔父さんだ, 叔父さんの, 取亂, 口から, 口には, 口の, 口やかましかつ, 口を, 右手には, 名が, 名を以て, 名義を以て, 告發は, 味噌汁の, 唇からは, 唇の, 商賣, 啖呵は, 喜三郎に, 噂ばかり, 嚴重の, 四十九日で, 困惑は, 国では, 国は, 国を, 國難に, 地である, 増田屋金兵衞さ, 士兵ありや, 外に, 外には, 夜の, 夢がたり, 大きい身體, 大きな屋敷, 大事な, 大名屋敷ほどの, 大夫で, 大夫に, 大將, 太子からの, 夫婦喧嘩か, 女で, 女房が, 女房だ, 女房と, 女房を, 奴隸に, 好みが, 妹お, 妹の, 妻たる, 妾お, 妾で, 妾に, 妾の, 姉の, 姉娘, 始て, 姪で, 姪の, 姿なんか, 娘が, 娘に, 娘みたいな, 娘兩人と, 娘喜太郎には, 娘糸と, 子か, 子供でございます, 子分並木の, 存在を, 孫娘と, 宅の, 家でした, 家です, 家を, 家内と, 家庭などを, 家族は, 寄進で, 寢酒に, 封印切りの, 將として, 將軍と, 小言の, 居処が, 屏風を, 左首筋へ, 差料に, 年は, 幼な, 幼友達江戸一番と, 店に, 店の, 店へ, 店を, 庭で, 引止めるの, 弟子喧嘩と, 後に, 後の, 後ろから, 後妻で, 後家ん, 後添で, 後添ひ, 心である, 忿怒だつた, 忿怒に, 怒は, 怒りを, 思わくを, 急死に, 怨を, 惡企み, 惡辣無, 態度は, 態度を, 懇望の, 懷ろへ, 手の, 手代宗次郎を, 手當を, 手箱に, 手紙が, 打ちしを, 持つた手燭, 指した通り, 指は, 振り返つた眼, 捨鉢な, 擴げた腕の, 放埒が, 敵娼に, 新妻や, 方から, 方が, 方へ, 日頃は, 時代には, 最後の, 末の, 本心の, 本能には, 枕元に, 枕元へ, 案内で, 棺を, 横面を, 欺瞞は, 歎き, 死に, 死にやう, 死んだ後, 死んで, 死後は, 死骸と, 死骸に, 死體には, 死體は, 殺された部屋, 毒害は, 氣に, 氣の, 氣持にもな, 氣持は, 氣持を, 溺愛の, 溺愛振りが, 無殘, 照れ臭さ, 煮え切らないの, 爲に, 父一色清五郎の, 生き甲斐無したま, 生首を, 用を, 用箪笥の, 留守に, 番頭佐太郎が, 當て, 病氣の, 發意で, 目からばかり, 眉宇に, 眼と, 眼には, 眼は, 眼を, 矢が, 矢を, 知らぬ間, 碁の, 碁敵で, 神靈を, 福徳を, 秘藏弟子で, 答に, 答へには, 紋は, 細工だ, 細工を, 縁側に, 總領二十三に, 繪から, 罠に, 美人などは, 老妻, 聟に, 肩先深く, 背後に, 脅迫は, 脅迫状を, 脇腹を, 腰から, 腰に, 膝下へ, 自信は, 良さ, 苦々しい顏, 苦澁な, 茶碗を, 莊公である, 落果てた, 處で, 虫が, 血を, 血縁から, 行く場所, 表情は, 表情心持の, 袂に, 裾に, 褞袍を, 觀世丸は, 解釋は, 言ふこ, 言葉として, 言葉には, 評判から, 評判の, 話が, 話に, 話の, 誘導にか, 説明で, 調子は, 諸國, 變死では, 豪勢な, 赤銅色の, 足袋の, 足袋は, 跡だ, 跡に, 跡取, 身の, 身許を, 辭世, 述懷は, 運命の, 遠い血筋, 遠縁で, 遠縁に, 遠縁の, 遺書が, 遺書を, 遺言状は, 遺言状も, 部屋その, 部屋といふ, 部屋に, 都の, 配偶だ, 醜い顏, 野郎は, 金まで, 鋭さ, 鍾愛も, 鐵砲の, 鑿で, 門人たちも, 隨分とは, 隱した, 霊公は, 靈公の, 非業の, 非難は, 面かげに, 面喰ひ, 頬に, 頭の, 頭上を, 頸筋を, 額の, 顏で, 顏に, 顔が, 顔を, 風景とは, 養ひ, 養子で, 養子の, 餘儀ない, 饒舌に, 首に, 首は, 首を, 首筋から, 首筋に, 騎兵中尉で, 髻を

▼ 衞~ (308, 5.3%)

6 死んで 4 自分で 3 生きて, 自分の

2 [15件] お倉, ためには, 今から, 仕事に, 便所へ, 参り, 可愛が, 堅いの, 家に, 手を, 死ねば, 死んだ今, 死んだ後, 殺されて, 頭を

1 [262件] あの羽目板, あべこべに, あんな創, いかさまの, いふ, うまい言, うんと溜め込ん, うんと甘い, おしゃべりを, お今, お孃さん, お預り, こんな事, そつと, その首領, それでも一番冷靜, それを, そんな作業, たつた一人, たと, とぐろを, ところへ, どれほど獰猛, むづかしい顏から, やられたん, やられました, ウンと, ヘラヘラ笑, ポツクリ死ん, 一世一代身體を, 一人娘お萩の, 一代で, 一度は, 一杯飮, 一生の, 一生一度の, 一番頼りに, 一緒で, 一緒に, 丁度中程, 丁度昨日, 七顛八倒の, 万年町へ, 上り端へ, 下總, 不思議に, 不行屆, 中毒騷ぎを, 乗らねば, 二十日前に, 二十歳で, 亡くなった時, 今朝人手に, 仕掛を, 他に, 代作し, 低い声, 住んで, 何も, 何やら小僧, 何処かへ, 何處からか, 來て, 來ました, 傷寒を, 償って, 先達で, 入牢し, 八丁堀へ, 其処へ, 出て, 出にか, 出掛けて, 分りません, 判りませぬ, 前に, 北新堀の, 十日前に, 千兩箱の, 千兩箱を, 去ると, 去年の, 又医者, 口を, 同胞なれ, 吐いたという, 呑んだと, 周囲に, 和蘭人から, 喰は, 喰ふ, 四方屋の, 國後擇捉間の, 在っては, 垢臭き, 埓なき, 場所も, 夜中に, 夜道を, 夜鷹か, 大きい眼玉, 大分溜め込ん, 女房の, 娘の, 娘を, 子供を, 孫の, 宥めて, 家にも, 家音問れ, 寝返りを, 寢て, 寢卷を, 小用に, 居ると, 幾らか金, 床へ, 店を, 庭へ, 強硬に, 御手當, 御用聞の, 御金奉行, 徳川期の, 怖, 急死した, 怨の, 悉く白状, 憎くて, 所へ, 手には, 手籠に, 手鹽にかけて, 承知し, 折を, 折入, 拷問に, 持つて, 指圖する, 挙動に, 振り返つたので, 掻卷へ, 教へて, 敬太郎の, 旦那に, 早速煙草入, 昨夕酉刻半過ぎ入谷の, 昨夜人に, 昨夜押込みに, 時々見, 暖簾を, 最後の, 本當, 来さうなもの, 来ると, 案内し, 楢井家の, 槍を, 橋の, 此の, 武家に, 歸つたのは, 歸つて來た, 歸つて來る, 死ぬと, 死ぬの, 死んだの, 死んだ女房, 死んだ時, 死んでから, 死際に, 殘つて豐臣方の, 殺されたの, 殺されたん, 殺されたんで, 殺された晩, 比内から, 氣が, 水死人にな, 江戸で, 江戸に, 沒落の, 沖船頭の, 涙を, 溜めて, 父の, 現はれた, 甚だ氣, 生垣の, 用心の, 留守では, 留守中に, 番頭の, 疊紙を, 癈人と, 目配せする, 睨み合つて居りました, 石に, 祟るん, 私などよりは, 私に, 種蒔け, 縁側で, 縁側の, 繪圖面が, 續き, 置忘れて, 老妻, 考へて, 耳打ちを, 肩の, 胸に, 腹に, 腹の, 自害した, 自慢の, 自殺を, 蛇の, 蜘蛛の, 行つた, 行方不明に, 裝束も, 西村氏の, 見えなくな, 親切に, 言ふんです, 話して, 説明する, 誰かに, 變な死に, 貰つて來る, 贅を, 贔屓に, 起上れ, 辛くも上げし, 辛苦経営むなしから, 迎へて, 連れて, 運動不足で, 遣つて來, 邪魔に, 酌を, 酒を, 醉つた頃を, 采配を, 鐵砲で, 關善の, 附いて, 隣の, 隱し, 預つて, 頓死いたしました, 頻りに喋っ, 頼もしさ, 顏負けの, 顔を, 飛んで, 飛上がりました, 飛込んで, 飯田町に, 驅け, 骨董に

▼ 衞~ (183, 3.2%)

9 殺したの 5 殺して 3 呼んで, 殺した下手人, 殺せば 2 うんと怨ん, つれて, 怨んで, 案内に, 殺さなければ, 殺した, 殺したといふ, 殺す氣

1 [144件] あんなところ, おいて, おびき出したの, して, するよう, たづねて, どうして助けよう, なさん念, なぶりもの, はじめさうし, むかへに, やり過すため, 一番怨ん, 一緒に, 下手人かと, 使に, 促しか弱い, 促して, 傳三の, 先生先生と, 初め店中の, 初め手代の, 別室に, 刺した短刀, 助けて, 去った, 去って, 去る決心, 叩き伏せ犇, 叩き起して, 吊り上げた曲者, 呼出して, 呼出すの, 唸らせました, 四谷の, 失うたの, 失ひ吾等, 始め伜, 始め彌, 尋ねると, 差し置いて, 平次は, 引つ立てて, 引立てて, 忘れられて, 成したやう, 押し止めて, 押し留めて, 押へる, 振り返りました, 捕へて, 捨てて, 搜し, 搜す, 斬つたの, 晦ましたま, 松に, 柔らかに, 欺き夜陰, 欺し, 殺さうと, 殺しそつ, 殺したかつたの, 殺したに, 殺したり, 殺した刄物さ, 殺した剃刀, 殺した後, 殺した毒, 殺した空井戸, 殺した者, 殺し一, 殺し兼ねない者, 殺し從妹, 殺し素知らぬ, 殺すだけの, 殺すの, 殺すほどの, 殺す工夫, 殺せた筈, 殺害し, 江の島へ, 清常と, 無慘, 爲す, 物の, 狙つた, 狙つて五年といふ, 猿江町の, 生捕つ, 生捕りに, 町役人に, 疑つたばかりに, 疑はせるつもり, 睨み据, 知つて居る, 知らうと, 知る者, 突いたとして, 突いた傷, 突き殺したよ, 突き飛ばして, 簡單に, 組み敷いて, 絞め殺したの, 縛つた, 縛つて行く, 縛り上げました, 縛り上げます, 縛り度, 繩を, 脅かして, 蔭に, 薪割で, 見かけて, 見て, 見据ゑ乍ら, 見送る氣, 親の, 討ち取る望, 訪ねた, 訪ねた時, 訪ねて, 診ねましたが, 誘つて上から, 誘ひ出したの, 誰か, 講じ次第に, 赤塚家に, 起して, 追つかけ, 追つかけなく, 連れて, 遙かの, 附けて, 附覘い, 除いたその他, 除かねば, 除けば, 頼んだ, 顧みて, 顧みました, 顧みます, 驚かした樣子

▼ 衞~ (169, 2.9%)

11 一緒に 6 申すもの 5 申す者 3 お關, 云ふも, 申します 2 云うもの, 云ふ, 仲の, 同じやう, 名乘, 妾の, 番頭の, 稱し, 重三

1 [120件] ありますね, いえば, いって, いつて, いはれた御, いふ者が, いふ者を, いへば, お園, お蔦と, お豐, お雪にも, して, その内儀, その娘, その家族達, その弟, たつた二人, なつた, なつて, 一所に, 上方から, 二人で, 二度までも, 云い今に, 云う処, 云う前, 云う商人, 云う渋川, 云う者, 云う荒物屋, 云う袋物商, 云う質屋, 云って, 云つた, 云つたと, 仰し, 仲屋の, 仲違ひし, 伜の, 伜染五郎の, 佐助と, 全く同じ, 共謀し, 共謀で, 内儀の, 判るまで, 別れて, 力を, 医者の, 又六, 口惜い, 同道にて, 名乘つた, 喜之助の, 喧嘩を, 四人の, 國松だ, 女房お, 女房の, 安生に, 實名を, 對座し, 差向でしや, 平次だけ, 弟子の, 彦三郎を, 彦三郎出づ, 後でわかりました, 御上人様に, 手代の, 按摩の, 掛り人の, 改めたこと, 改めたの, 改稱したい, 棟梁の, 母親お, 爺やの, 瓢箪, 申して, 申しますが, 申しますもの, 申しまする刀屋, 申しまする御, 申しまする者, 申します主人, 申しやす, 申すその, 申すの, 申す刀屋, 申す古い, 申す粗忽, 申候而此節高名の, 番頭二人まで, 相對, 知れましたからには, 碁を, 稱した, 組んだま, 綽名された, 繼母の, 膝つき合せ, 舞ひくる, 茂七松五郎は, 荊, 言つた, 言つたのだ, 言つてこれは, 言つてな, 言つて五十そこ, 言はれた, 言ふ, 言や, 記し, 諜しあわせ, 近所の, 鐵了を, 養子分の, 鳩谷小八郎の

▼ 衞~ (135, 2.3%)

4 取つて, 案内され 2 對し, 引取られ, 比べると, 相談する, 知れないやう, 聲を, 頼まれて, 頼んで

1 [111件] いざなはれ, きこえるよう, して, すゝめて, ついて, とどまりたがって, とどめて, なり私, ねだつて, ひどく嫌がられ, 一人の, 三千五百兩といふ, 之を, 云った事, 代つて内外, 何か, 來る, 候, 傘を, 傷を, 入らずや, 出たけれど, 出会いたす時, 出逢, 出遇, 別條なかつた, 劣らうぞと, 助けられその, 化かされて, 半分仕事を, 及ぶ者, 向い, 向ひました, 告ぐ, 告ぐ願, 告げ口し, 囁くの, 塔建てさせ, 奢るつて, 始末を, 姿を, 嫁ぐ以前, 家督を, 対ひ, 小遣を, 屬し, 引き合せられて, 引渡し小判, 往來で, 後添, 怒られないの, 怨みの, 怪しい筋, 愛想を, 慰められて, 我慢の, 戻って, 手ぐり寄せられる, 手代の, 打ちあけ御, 拂下げました, 拵へを, 掛合へば, 提灯を, 散々の, 普請一切申しつけた, 最後に, 望まれて, 泣かされました, 浪々酌を, 渡つた金高までを, 狙はれる, 獅噛みつきました, 當てた, 當り, 當る, 疑ひは, 相違ない, 眼で, 示して, 穴を, 紛ふ, 繩を, 聽く, 至るまで, 舟を, 血脂を, 行って, 見出されその, 言ふ, 訊いて, 訊くの, 診察し, 話しまして, 請うて, 超たり, 輕く, 送られて, 逢つて奉公人の, 逢つて宗方家の, 逢つて見ました, 逢ひました, 連添へる, 遊んだこと, 道を, 遠慮し, 金の, 釘付けに, 關する, 頭を, 食われっちまったン

▼ 衞~ (100, 1.7%)

2 なか, よく知つて, 今の, 番頭の, 膽を

1 [90件] お元, お幾, お榮, お筆, お米, お豐, こ, このごろは, これと, これは, こればかりは, さすがに, しらず歩み來, それに, そんなこと, どうする, ツイ滑らかに, ホッと, 一應は, 三千麿も, 上ること, 亦弓, 伊兵衞も, 佐太郎も, 先刻に, 兩掌を, 八五郎も, 其時には, 出づ, 分らぬこと, 前々から, 千二百兩の, 半病人, 名の, 否定は, 困って, 夕立に, 大いに驚き, 大方我を, 妙に, 妾の, 娘の, 安兵衞も, 少し勃然, 度々此方, 弟の, 彦三郎を, 心は, 快よから, 怖いから, 思はず, 思はず目, 悦びまして, 惡かつ, 惣吉も, 手代の, 支配人の, 改宗を, 既に眼, 昨夜から, 楢林定一郎も, 死んで, 泊つた筈です, 海月見たい, 清左衞門も, 男だ, 當人の, 知らず二片三片, 知らず踏み迷うて, 知らず飛び散りたる跡, 知らぬ夢, 知らぬ梶枕, 知らぬ通路, 知らぬ雲, 知れず, 私も, 立上がりました, 竹次も, 耳朶の, 肝を, 見えわかぬ, 見よ源太, 見當, 言葉を, 足踏みとめ, 身上から, 轉げ込んだ, 道樂強いう, 驚いて, 驚きました

▼ 衞さん~ (74, 1.3%)

2 がお出で, というの, のお, を殺し

1 [66件] から願いました, がお, が一度, が一昨日, が上り口, が何, が來, が在っ, が小三郎, が得心, が来, が来た, が灯, が私, が身體, が願っ, そうです, そら眞箇, だ, だけ入, だな, て方, ですよ, というお方, といふん, とか仰し, とその, と云う, と仰し, と同じ, と申します, と私, などは無い, には敵, に一杯, に引, に御, に御馳走, に留守, に相談, に訊い, に頼む, の処, の勘定書, の宅, の死骸, の氣持, の祟, の褞袍, は, はお前, はこの, はわけ, はポコ, は以前大家, は又, は大変, は知るまい, は隨分, へ行, も, を大事, を殺す, を相手, を薪割, 今宅

▼ 衞といふ~ (40, 0.7%)

13 のは 3 のが, 男が 2 のを

1 [19件] やうな, 中老人, 二十代から, 人がを, 名前だけは, 嚴めしい, 地主小夜菊に, 大金持, 小田原通アイお, 愚魯漢は, 有名な, 浪人が, 浪人者が, 男の, 男は, 番頭は, 百姓, 百姓は, 百姓を

▼ 衞門さん~ (40, 0.7%)

2 と云う, のところ

1 [36件] おあがん, か此方, がそれ, が拔, が隱居, だね, であつ, でげす, ですか, ですよ, というお方, という立派, とが来る, とは仲, と仰, なら芽, にお, にはお, には水街道辺, には評判, に返す, に違えありません, のこと, のとこ, の一人娘, の兄きが, の家, は胸, は驚き, も唯, を, を入れ, を叱る, を御存じ, を頼ん, 御苦勞はん

▼ 衞門様~ (40, 0.7%)

3 のお 2 だ, という人, の御

1 [31件] から五重塔, がお出で, が遺言, じゃア, でございます, というお, とやらあんた, と云う, にお, にお話, にも左様, に義理, に違えねえ, の世話, の代, の妾, の娘, の後添, の御内室, の敵討, の死骸, の若様, は宜, は立腹, は阿部伊豫守様, へお, も定めし, も目, も胆, をお, 御両親

▼ 衞門町~ (39, 0.7%)

4 の路地 3 の小唄 2 の伊八, の佐渡屋

1 [28件] で何, で殺されました, に引返しました, に急ぎました, の上總屋伊八, の同好倶樂部, の家, の小町娘, の左官, の廣, の忠義酒屋, の忠義酒屋加島屋, の河岸, の現場, の田原屋, の酒屋, の醫者, の隱居泉屋, の隱居泉屋夫婦, は一, へ, へは行かない, へ行つて, へ飛びました, までは一, まで女, まで行く, まで行つて人

▼ 衞~ (31, 0.5%)

4 に害

1 [27件] が血液, である, であるのみ, でもなけれ, で此等, とか交通機關, な事, な無頼漢みたい, に威かされ, に苦勞, に關, の學理, の方, の道, は觀念, や經濟的打算, を害する, 學との, 學家解剖學家生理學家等が, 學統計學などは, 權利經濟國家政治社會, 状態から, 状態も, 統計表さ, 觀念も, 觀念を, 設備が

▼ 衞~ (28, 0.5%)

3 に於

1 [25件] と政黨内閣, と稱, と西園寺侯, にし, に及ばざる, に肖たる, のお, の初, の國家主義, の獨逸學, の訃, は久しき, は固, は政治上, は政治社會, は日本貴族, は最も, は未だ, は極めて, は現に, は私情, は貴族, も亦, を知らざる, を追憶

▼ 衞門尉~ (22, 0.4%)

2 の息女, も歸都可

1 [18件] が, とかいふ後世, とか右衞門尉, とか左兵衞尉, なとの勞苦, などとも親交, などの少, などの長崎到着, に隨つて, のため, の国家老, の如き, の懷刀, は, は無事日本, もその他, も速, 見たいな

▼ 衞門殿~ (21, 0.4%)

2 の恩義

1 [19件] あの時酒, が臨終, だ, であらう, には正義, に不孝, に會, に親實, の代, の位牌, の呑んだ, の宅, の枕元, の甥, は一昨年歿, は同姓, へも宜しく, へ宜しく, を害め

▼ 衞夫婦~ (20, 0.3%)

1 [20件] が休ん, が娘, で死骸, と養子, にとつ, に合せる, の喧嘩, の歎, の身なり, の部屋, はなぶり殺し, は丁度, は心配, は憎い, は翌, は訳, もなにやら, も大工, を始め, を親

▼ 衞門樣~ (20, 0.3%)

2 のお

1 [18件] から預, が公儀, が取, が田島屋, が私共, とは昔, とは無二, に海山, のところ, の一番目娘, の敵, はもう, は向う向き, は煙たく, は苗字帶刀, へ, へも何より, 見たいな

▼ 衞から~ (19, 0.3%)

1 [19件] 一萬圓内外の, 五十両褒美を, 借りたの, 出奔した, 受けて, 受取つたばかりの, 受取つた短刀を, 奪つて, 始めて, 引出せた全部, 急病人, 改めての, 敬稱される, 旦那に, 無理にでも, 眞物の, 見ると, 譲り受けた藤四郎吉光, 陳に

▼ 衞という~ (19, 0.3%)

2 ものだ, 人は

1 [15件] ものが, もので, 人が, 刀屋が, 刀屋の, 固い番頭, 奴が, 奴だ, 狐です, 男は, 番頭は, 者でございまし, 者でございます, 者と, 飴屋が

▼ 衞には~ (17, 0.3%)

2 女房が

1 [15件] すでに多く, まことに打つ, 中風の, 何も, 信用され, 口が, 少しも, 年齡の, 怨もあるが, 恩人筋の, 手ひどくお, 未練だ, 甘えたり, 痛いめ, 罪は

▼ 衞~ (17, 0.3%)

1 [17件] が在る, が此, だと, とそれ, となつて, となる, に楯突かう, に迄守り育てた, の前途, の姿, の己, の忘恩, の軍勢, の返, は即刻出奔, も現, を呼戻し

▼ 衞~ (15, 0.3%)

3

1 [12件] お前は, から恟, から疑はれ, が人間, が今, つたのでございます, つて鳥や, とする, な, なと氣, 此所がの, 腹も

▼ 衞~ (13, 0.2%)

1 [13件] あの姪, お勇, お父さんが, 事務長が, 仲人の, 同じく人違, 幡隨院長兵衞の, 彼方へ, 机を, 灯火を, 父親の, 當時東洋の, 迷ふ

▼ 衞~ (13, 0.2%)

1 [13件] から書, とが密接, とは昵懇, と云, にありし, にかと云, に出入り, の京武士, の古文書, の家從, はどう, へ宛てた, へ遊び

▼ 衞殿~ (13, 0.2%)

1 [13件] お宅, が昨日, が留守, が話された, でございました, とやら老, と仰し, と殿, のお, の外, の御, はまことに, は二階六疊

▼ 衞門どん~ (13, 0.2%)

3 の伜 1 が, が是, に何彼と, の乙姫樣, の家, の母様, はい, は死んだ, も旧来, 行って

▼ 衞門佐~ (13, 0.2%)

3 に逆 1 が叛逆, には逆, の企, の自分, は不調法, は御, は火急, も懌, も自分, 逆意云々

▼ 衞門方~ (12, 0.2%)

1 [12件] から反古, に飼猫, の切戸口, の勝手, の奉公, の手代多助, は毎度申, へ奉公, へ忍ばせた, へ忠義, へ申越候趣, へ音信

▼ 衞~ (11, 0.2%)

1 [11件] あつた, せう, はない, は店, は手, は此方, は無, 必至の, 至って不調法者, 虫見たいな, 通つてまさあ

▼ 衞殺し~ (10, 0.2%)

4 の下手人 1 の罪状, は傳七郎, は放つ, は絶對, まで幾松, を手柄

▼ 衞老人~ (10, 0.2%)

1 だけ, と安兵衞, に滿腔, の妻, の子, の工事, の手, は玩具, は華嚴, を得

▼ 衞門さま~ (10, 0.2%)

3 というお方 1 でございましょう無尽, という人, と云う, と仰しゃ, の御, を日暮ヶ岡, を突落

▼ 衞にも~ (9, 0.2%)

1 あまり可愛がられず, 心當り, 悉く氣, 昇り給はんず, 竹次にも, 調法がられ, 逢つて見ました, 頭の, 鳩谷小八郎にも

▼ 衞不明~ (9, 0.2%)

5 になつ 1 だつた, です, となつ, のまま

▼ 衞門夫婦~ (7, 0.1%)

1 が奉公人, としつくり行かない, に詫, に護られ, は疾, を殺した, 其の夜

▼ 衞門河岸~ (7, 0.1%)

2 の半 1 から明神下, でお, のお前, の家, の方

▼ 衞とは~ (6, 0.1%)

1 思へないほどの, 性の, 打つて, 相撲に, 義理の, 血の

▼ 衞~ (6, 0.1%)

1 から持参, にて買わん, へ参りました, へ行き, へ踏込娘, より角右衞門

▼ 衞~ (6, 0.1%)

1 が自分, ですが, と仰し, の, は私, は良い

▼ 衞~ (6, 0.1%)

1 とは別項, と地方一部, の方, の藏, の設計, を訪

▼ 衞~ (6, 0.1%)

1 というの, の出る, はいま, は元, は氣, は箱

▼ 衞~ (6, 0.1%)

4 の大 1 に共, に將

▼ 衞~ (5, 0.1%)

2 やありません 1 やが, やない, や泥棒

▼ 衞です~ (5, 0.1%)

21 から娘, が, が慈悲善根

▼ 衞とも~ (5, 0.1%)

1 あらう者, いふべきです, に聞け, 書き即ち, 相談し

▼ 衞~ (5, 0.1%)

1 うして, か心配, とも猶, は帰った, も云はず畳

▼ 衞~ (5, 0.1%)

2 の中 1 て何ん, となつ, の如く立つ

▼ 衞~ (5, 0.1%)

1 が入っしゃいました, というの, に先, の一人娘, へサ

▼ 衞~ (5, 0.1%)

1 が能, はまだ, は今日, も忘れ, も過し

▼ 衞生上~ (5, 0.1%)

2 の害 1 にも極めて, よいか, 良き事

▼ 衞~ (5, 0.1%)

1 に向, の叔母, の後家, の私, へあがるだら

▼ 衞門旦那~ (5, 0.1%)

1 でお蔭, に頼み, のが, の書いた, は百姓仕事

▼ 衞~ (4, 0.1%)

1 作の, 吉いよ, 富の, 關の

▼ 衞~ (4, 0.1%)

1 女の, 宜しい貴様, 春之助か, 菱川師宣か

▼ 衞どん~ (4, 0.1%)

1 が南部, つく布子, に己, は亡くなつたお

▼ 衞~ (4, 0.1%)

1 がところ, が処置, が生命, た

▼ 衞~ (4, 0.1%)

1 てえの, の処, の姐, の家

▼ 衞旦那~ (4, 0.1%)

1 に皆んな言, の名代, の娘, を殺した

▼ 衞獅子~ (4, 0.1%)

1 おも, か躰術, の太鼓, の産地

▼ 衞自身~ (4, 0.1%)

1 が一番都合, が寢室, の外, も半分

▼ 衞門殺し~ (4, 0.1%)

2 の疑 1 の下手人, の罪

▼ 衞門氏~ (4, 0.1%)

1 だつたら或は, でありいまひとり, の女婿, はゆ

▼ 衞する~ (3, 0.1%)

1 から標局, ので, のである

▼ 衞だけ~ (3, 0.1%)

1 で主人, なら兎, 這入りました

▼ 衞として~ (3, 0.1%)

1 あつて, 半藏門, 車の

▼ 衞と共に~ (3, 0.1%)

1 世水戸家の, 塔に, 相談せよ

▼ 衞どんお前~ (3, 0.1%)

1 が往かなくっ, は何歳, 少し其処

▼ 衞まで~ (3, 0.1%)

1 殺した, 縛つた, 顏が

▼ 衞~ (3, 0.1%)

1 がため, ことに, もの警備の

▼ 衞~ (3, 0.1%)

1 と相, の家, の邸

▼ 衞其の~ (3, 0.1%)

2 方は 1 他御

▼ 衞~ (3, 0.1%)

1 では已む, の内, の名流

▼ 衞~ (3, 0.1%)

1 といふやう, と名, に拜

▼ 衞~ (3, 0.1%)

1 で生れました, で背負商, に僞名

▼ 衞~ (3, 0.1%)

1 では入場劵, まで約, より小金井村境橋

▼ 衞旦那樣~ (3, 0.1%)

1 で御座いました, と番頭, や私

▼ 衞~ (3, 0.1%)

1 と爲, の行く, は浮氣

▼ 衞門それ~ (3, 0.1%)

1 に一色友衞, に爭, を除ける

▼ 衞門今~ (3, 0.1%)

1 の間, は嘆き, は夢

▼ 衞門等~ (3, 0.1%)

1 の絃, の門人, は駒込

▼ 衞門風呂~ (3, 0.1%)

1 で病氣, に入り, の湯

▼ 衞からも~ (2, 0.0%)

1 よく見えます, 聞きましたが

▼ 衞これ~ (2, 0.0%)

1 に力, は羽織

▼ 衞さま~ (2, 0.0%)

1 かアハハハ, はそり

▼ 衞さんお前~ (2, 0.0%)

1 も立派, 然う

▼ 衞さん私~ (2, 0.0%)

1 は貴方一人, 参って

▼ 衞~ (2, 0.0%)

1 つかり困惑, つかり腐つて

▼ 衞その~ (2, 0.0%)

1 晩は, 聲が

▼ 衞それ~ (2, 0.0%)

1 に本店, は厭

▼ 衞たる~ (2, 0.0%)

1 ことを, 一將校なり

▼ 衞とか~ (2, 0.0%)

1 いうので, 何んとか

▼ 衞との~ (2, 0.0%)

2 仲は

▼ 衞などは~ (2, 0.0%)

1 お隣り, 良い身上

▼ 衞などを~ (2, 0.0%)

1 人間の, 氣遣ふと

▼ 衞なんか~ (2, 0.0%)

1 見た者, 隨分不

▼ 衞~ (2, 0.0%)

1 相談の, 繩を

▼ 衞ほどの~ (2, 0.0%)

1 強か者も, 者が

▼ 衞までが~ (2, 0.0%)

1 ゾロゾロと, 根岸泊りだ

▼ 衞~ (2, 0.0%)

1 お母さんが, 思ふ存分

▼ 衞三藐院~ (2, 0.0%)

1 の書, の書風

▼ 衞事件~ (2, 0.0%)

1 が終つて, を産んだ

▼ 衞二人~ (2, 0.0%)

1 が舎利, とも顔

▼ 衞~ (2, 0.0%)

2 でご

▼ 衞~ (2, 0.0%)

1 のお母さん, は予

▼ 衞女房~ (2, 0.0%)

1 お杉, は何れ

▼ 衞~ (2, 0.0%)

1 を合せ, 諸司數十人

▼ 衞手代~ (2, 0.0%)

1 の信吉, の吉三郎

▼ 衞手前~ (2, 0.0%)

1 が何, は何

▼ 衞~ (2, 0.0%)

1 う打明け, しては

▼ 衞星的~ (2, 0.0%)

1 のもの, 小瀑布

▼ 衞月代~ (2, 0.0%)

2 の光澤

▼ 衞~ (2, 0.0%)

1 の状態さ, は概して

▼ 衞生法~ (2, 0.0%)

1 で疾病絶滅, や治療法

▼ 衞生的~ (2, 0.0%)

1 な化學實驗室, の頂上

▼ 衞生隊~ (2, 0.0%)

1 で内地, は第一線

▼ 衞~ (2, 0.0%)

2 も亦

▼ 衞茶屋~ (2, 0.0%)

1 であ, の主人

▼ 衞~ (2, 0.0%)

1 が階下, は暫らく口

▼ 衞門これ~ (2, 0.0%)

1 でも武士, は五十前後

▼ 衞門さ~ (2, 0.0%)

1 へ時々, へ死ね

▼ 衞門ぢ~ (2, 0.0%)

1 やね, や無し

▼ 衞門ら~ (2, 0.0%)

1 に英語, の活動

▼ 衞門一家~ (2, 0.0%)

1 に起つた, の騷動

▼ 衞門八~ (2, 0.0%)

1 に面會, は知つて

▼ 衞門左~ (2, 0.0%)

1 に朗圓上人中央, は川岸

▼ 衞門己~ (2, 0.0%)

1 が血統, も鹽原角右衞門

▼ 衞門押入~ (2, 0.0%)

1 に殘, の中

▼ 衞門汝~ (2, 0.0%)

1 え此, が後見

▼ 衞門老人~ (2, 0.0%)

1 は事もなげ, は思はず

▼ 衞門自身~ (2, 0.0%)

1 が山名屋, すらも淫蕩

▼ 衞門茂頼~ (2, 0.0%)

1 が一子, とて齡古稀

▼ 衞門親子~ (2, 0.0%)

1 はお召返し, は立帰り

▼1* [479件]

ありというの, 衞あれは大, 衞あんまり情無い, 衞いそいそと, 衞いづくと眺, 衞うつかり漏らしたの, 衞おいそれじゃ, 衞お前然う, 衞お祖父さんの香七, 衞からの迎ひと言つて來た, 衞がちよつかい, 衞がのつそり, 衞この四人の, 衞へ居なき, 衞さらに気に, 衞さんお前さん一寸御, 衞さん何か忘れ物, 衞さん先刻お前私にお, 衞さん去年お泊, 衞さん妹の道具, 衞さん宇太松さんと五郎次さん, 衞さん彼方へ往, 衞さん旦那を何分, 衞さん旦那様が十両下, 衞さん此方へお, 衞さん薪炭を使わん, 衞更に進ん, 衞そつくりですよ, 衞その他四人も身繕, 衞その他親類の人達, 衞たちがわいわい, 衞だけを殘し, 衞だって悪気で, 衞だらうが朴念仁, 衞つていふと, 衞つひに絶体絶命, 衞でしたがその, 衞でない事は, 衞ではござりませうなれ, 衞で顰めつ面ひとつ見せない, 衞といへるもの哉, 衞といふは何とえらい, 衞とかいふのだらう, 衞とて神は, 衞とやらの口書を, 衞どのに済まない, 衞どん能く考え, 衞なぞは莨入, 衞などが恰も今夜, 衞なら前から, 衞なる瑞西隊は, 衞なんぞの傳説及び, 衞について感じた, 衞にて心やすく, 衞のまずくはず, 衞はいづくぞや, 衞はなお前が, 衞ははふり落ちる涙, 衞はんが竹竿, 衞への義理を, 衞まるで蜘蛛の, 衞もと中國筋の大名, 衞よくも撥ねたの, 衞よべとは仰やりますまい, 衞よもや来は, 衞より四つ年下の, 衞よりは確りもの, 衞らしい男が, 衞られ町内の, 衞かつ戰場, 衞りくれるとの, 衞ガラツ八がいくら, 衞セントスル者ニ己ノ冠, 衞ボロボロと泣い, 衞一人に仰せつけられますれ, 衞一人麥煎餅を五錢代許, 衞一應驚くには驚いた, 衞一期の大事, 衞一氣に逃げよう, 衞三右衞門の甥世, 衞三太が二三人朋輩, 衞三木佐助の三氏, 衞三途の川で渡し守, 衞はた公益上必要缺, 衞上手には憎々しい, 衞不興気の眼, 衞邑忠平村井彦兵衞等も, 衞を造り, 衞事死罪御赦免, 衞た抱, 衞二本傳次の二人, 衞五十二三分別者で評判, 衞今度は是非, 衞伊兵衞始め一同心配, 衞の彌, 衞伜同道にて參, 衞住職と談合, 衞佐ぐらゐの人の住ん, 衞佐允純へ永, 衞余り道理が, 衞使の神, 衞侯亡命の砌, 衞侯輒が出奔, 衞保存せしむる爲, 衞信尹本阿彌, 衞を忘れ, 衞を負, 衞嵩に, 衞元和中より麪粉類御用相勤, 衞先刻に富松, 衞兩士領主の下知, 衞公此間に在り, 衞公爵家に藏, 衞公輒とは異腹, 衞大きな眼, 衞其他を犒ら, 衞其方に確, 衞内儀のお, 衞勵まし呼びて, 衞北八がつれ, 衞北田忠之丞中村右助皆八戸住, 衞匡國といふ, 衞半死半生の目, 衞半身あらはせ, 衞及び森山榮之, 衞友信後周防, 衞召仕への居, 衞吉田久太夫毛利吉右衞門生松原, 衞吉田右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 衞は稻垣小三郎, 衞呼べと云はる, 衞にかけても, 衞喜多八のやう, 衞國玄奘の劫比羅, 衞土藏の修, 衞とも侍官, 衞將の, 衞大年寺住職龍門の三名, 衞大概此の方に心当り, 衞天気のよい, 衞夫人王羲之を經, 衞夫妻を親切, 衞夫婦許婚の新六郎, 衞にモヂモヂ, 衞始め一同心配, 衞始め奉公人達にくれ, 衞お清, 衞孝高に仕, 衞安兵衞の二人, 衞宋魯等の君, 衞家その他の豪族, 衞家煕と云, 衞は私, 衞に間違, 衞尉右兵衞尉といふやう, 衞小林内匠竹中主膳浦上三郎兵衞菅彌一右衞門黒田半右衞門, 衞小柄で無口, 衞小河專太夫畝町には井上監物, 衞小河縫殿助小河織部久野四兵衞小河專太夫畝町には井上監物, 衞少し待ちな, 衞の上書, 衞岡田善右衞門の二人, 衞師匠皆な打明けて, 衞師迦が萎める, 衞帶等に至る, 衞幸徳傳次郎管野すが大石誠四郎, 衞店傳平と云, 衞府判官は其の, 衞府附の侍, 衞庫裡にま, 衞当家の嘉八, 衞に成代, 衞後備前に到り, 衞無理御, 衞御苦労明日のうい, 衞になつて, 衞忠光惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 衞恐ろしく如才ない, 衞恩知らずめ良人の心, 衞感応寺にいたり, 衞戍病院であつ, 衞戍病院分室のある, 衞戍病院長と喧嘩, 衞成瀬日吉の三氏, 衞の云, 衞新田融東京に於, 衞までに話, 衞時代には此様, 衞最初は兩刀, 衞来いとの仰せぢ, 衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 衞棟梁のところ, 衞楢林定一郎四人相議し鉛製活字版, 衞構わずこれへ, 衞ヲ蹂躙スル重大ナル暴虐ナリトス, 衞次席大通詞, 衞此所へ来, 衞殿昔は武士, 衞毒虫を入れた, 衞が狂, 衞氣篇に見ゆる, 衞氣行篇を見れ, 衞江戸に出, 衞油屋の大好, 衞であります, 衞ゆるまで, 衞に浮く, 衞深沈たる顏, 衞満面に笑, 衞滿の國, 衞無口らしく頑固, 衞ういう, 衞父子も強つて, 衞牧野善兵衞三木佐助の三氏, 衞獅子暢氣に懷手, 衞り娘, 衞の封印, 衞甚だ平らかでない, 衞生係なる伯父, 衞生各人の自由, 衞生的注意も遺憾, 衞生英文に關, 衞上げますが, 衞申候は生得, 衞町奴のこし, 衞てもなく隣り, 衞に表情, 衞の仕事, 衞盛次上總五郎兵衞忠光惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 衞頼殿餘五將軍に, 衞覽表疏具見, 衞眞ん中には美しい, 衞知らねえでいる, 衞知れざる戀の, 衞知れずなりて其部屋, 衞禁律は宮中護衞, 衞竹次文七利八その他關係者を洗ひざら, 衞笑つて病人あしらひに, 衞等々何んの不思議, 衞等二三人を招い, 衞であ, 衞篤麿公の名, 衞總理が各, 衞總理大臣の先祖, 衞老爺は縁側, 衞として歡待, 衞ても貰, 衞聞くより身, 衞肯ずして曰く, 衞脆くも梟, 衞腐つた世の中の, 衞自慢の躾, 衞自殺説を飜, 衞至極満足いたしましたはい, 衞良石和尚の三人, 衞となつ, 衞荒木又右衞門なんど, 衞菅彌一右衞門黒田半右衞門, 衞萬兩分限の大, 衞蒼くなつて訴, 衞の息, 衞の海, 衞てい, 衞見えぬか寛, 衞見たつて左樣言, 衞親分がいつ, 衞親子に貢ぎました, 衞親爺奴突いて, 衞親類五六人老番頭宅松, 衞過日の云, 衞から盆, 衞長瀬新次郎櫛橋七之丞, 衞門お家を狙, 衞門こいつは五十, 衞門さんこれで別れましょう, 衞門さんアは, 衞門さん此奴の事, 衞門さん私の家, 衞門ぢろりと, 衞門つてなんだか知らない, 衞門どんお前さんは年寄, 衞門どん何うも他, 衞門なんどいふ連中, 衞門みたいに駕籠, 衞門ハツと思ひ, 衞門一とたまり, 衞門一人に被せよう, 衞門一代のうち, 衞門一年前から輕, 衞門一座の二枚目, 衞門一身投出して, 衞門丈けは留守, 衞門三十五六歳髮は合僧, 衞門両手を突い, 衞門久野外記喜多村緑之丞, 衞門二人が計ら, 衞門二品は何處, 衞門二度目の中風, 衞門二男新吉と彫付け, 衞門五十二三の脂ぎつた男, 衞門五十餘歳出づ, 衞門仔細らしき理屈顔, 衞門以下少しでも, 衞門以來は佛蘭西語, 衞門以來英語の家柄, 衞門以來長崎通詞中で英語, 衞門以後御見識, 衞門佐倉宗五郎幡隨院長兵衞荒木又右衞門なんど, 衞門佐忠之の出した, 衞門佐殿が御, 衞門佐殿公事御勝利, 衞門佐若年のため, 衞門何んとしても腹の虫, 衞門何処へ行くだ, 衞門供の小僧, 衞門俺が惡, 衞門健在の事實, 衞門僅かにかはし, 衞門先生のところ, 衞門八五郎は平次, 衞門八五郎娘のお, 衞門其外隱居二男三男等がゐる, 衞門其方は知らぬ, 衞門内儀は五十近く, 衞門冷笑つて聞かんとも, 衞門出でふたり, 衞門別莊の邊, 衞門利休呂宋助左衞門石川五右衞門石田三成とかう, 衞門北ならば, 衞門北半分を善七, 衞門十四代定五郎となるであらう, 衞門千石取の, 衞門原丹治もお, 衞門去歳より何處, 衞門只今御謁見, 衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 衞門名主善兵衞大年寺住職龍門の三名, 衞門名古屋山三の鞘當, 衞門善七に頼ん, 衞門四十前後の恰幅, 衞門土地の御用聞, 衞門在世の頃, 衞門城内には衣斐伊豫, 衞門外數名の者, 衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 衞門天草玄札などという勇士, 衞門夫婦多賀屋の主人勘兵衞, 衞門夫婦娘のお, 衞門夫婦待ちわびしきは, 衞門奴伜を殺した, 衞門如何でか, 衞門如才もありません, 衞門妙に自信, 衞門妻の註, 衞門始め一座の役者囃子方, 衞門始め奉公人達一同た, 衞門始め手代の千代松, 衞門姿なんか見, 衞門娘で筆, 衞門媒人になっ, 衞門學問なら牧野富太郎博士, 衞門宅に入, 衞門實は八五郎, 衞門尉らと共に出島蘭館, 衞門尉保忠郎從兩三輩中此箭保忠大瞋兮取件箭, 衞門尉景頼生虜了行法師矢作左衞門尉, 衞門尉樣への聞え, 衞門小屋に於, 衞門小河長五郎金出口には野村右京, 衞門尾上菊五郎河合武雄喜多村緑郎の方, 衞門尾關忠兵衞兩士領主の下知, 衞門岡田左衞門郡右衞門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 衞門岩戸口には佐谷五郎太夫, 衞門平あやまりに, 衞門年は取つ, 衞門年寄役村方で九, 衞門店の浪人前島左近, 衞門店萬荒物から酢醤油石油莨, 衞門廊下を幾, 衞門後の稱三左衞門, 衞門急に自信, 衞門我を忘れ, 衞門手代鹽原多助と彫り附け, 衞門折入って, 衞門敗北は大, 衞門敷居際にピタリ, 衞門旗本の大家, 衞門明石四郎兵衞黒田總兵衞齋藤甚右衞門野村初右衞門, 衞門普請諸入用, 衞門本木仁太夫から右, 衞門朱座の淀屋甚太夫, 衞門松下源助喜多村太郎兵衞長瀬新次郎櫛橋七之丞, 衞門松本主殿松本善兵衞松本治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 衞門柿沼寛二郎森島二郎工藤平助藤田祐甫の五人, 衞門様あんた私に礼, 衞門様圓道様が連れ, 衞門様親切に世話, 衞門樣先はどうやら, 衞門樣女子の悲しみ, 衞門樣見たいなもの, 衞門正榮の, 衞門此處で逢つた, 衞門武連と云う, 衞門歿後洋學年表では嘉永元年, 衞門殿私もとんと, 衞門比惠の原, 衞門江戸中の笑, 衞門治太夫御兄弟, 衞門法諡頓譽淨岸居士である, 衞門泰了の嫡子, 衞門泰了泰了の子, 衞門浪々のお話, 衞門淨岸で淨岸, 衞門深山の善三郎, 衞門炭屋の下男, 衞門父の看病, 衞門父娘も唐辛子屋, 衞門町八名川町と八五郎, 衞門町小町と言, 衞門町藏地の家主半兵衞, 衞門石川五右衞門石田三成とかう, 衞門石田三成とかう, 衞門確かに殺されかけた, 衞門祐貞宇都宮五郎高貞山田尾張權守高知等が嘉暦年間, 衞門神田三河町に立退きまし, 衞門秀鏡の陣鐘, 衞門秋元九兵衞其の他, 衞門立合の上, 衞門竹森新右衞門, 衞門笑ひながら, 衞門級の人, 衞門縄に掛っ, 衞門背中を見せた, 衞門腰が低く, 衞門腹には我, 衞門自ら案内に立つ, 衞門自筆の, 衞門菅勘兵衞吉田右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 衞門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 衞門親分も散々中, 衞門親方だけはひどく, 衞門親爺が多助どん, 衞門覺え書, 衞門諏訪部三十郎と云う, 衞門豆を撒い, 衞門財津大右衞門, 衞門赦免の上使, 衞門身に代, 衞門違いで五右衞門, 衞門郡右衞門蒔田源右衞門大音安太夫唐津口には郡正太夫, 衞門野口左助喜多村勘解由宰府口には毛利左近, 衞門野村初右衞門, 衞門金の力, 衞門金太與三郎の三人, 衞門長屋浪人前島左近の配偶ぢ, 衞門長者は土地, 衞門門を開けろ, 衞門雀の忠三郎, 衞門雲切仁左衞門鼠小僧神道徳次郎曰く某曰く某, 衞門頸に赤い細, 衞門養子與茂吉などがをります, 衞門養父も鹽原角右衞門, 衞門首でも縊ら, 衞門鳶の巣山初陣, 衞門黒田半右衞門, 衞門鼓知つてよるん, 衞門鼠小僧神道徳次郎曰く某曰く某, 衞關白家の役人, 衞隨分イヤな事, 衞雪だらけになっ, 衞風篇に出, 衞飮む打つの, 衞之助, 衞騎兵聯隊の一等大尉, 衞驚き振り向く途端に, 衞自物鵜奈禰突拔天白, 衞鷲塚忠右衞門天草玄札などという勇士, 衞黒田總兵衞齋藤甚右衞門野村初右衞門, 衞齋藤甚右衞門野村初右衞門