青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「衛門~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

行方~ ~行為 行為~ ~術 術~ ~街 街~ 街路~ ~街道 街道~
衛門~
衝動~ ~衝突 衝突~ 衞~ ~衣 衣~ ~衣服 衣服~ ~衣裳 衣裳~

「衛門~」 4978, 54ppm, 2162位

▼ 衛門~ (1346, 27.0%)

22 それを 12 眼を 6 自分の, 頭を, 顔を 5 刀を, 黙って 4 あわてて, お岩, こう云っ, そこで, 云った, 口を, 声を, 手を, 膝を

3 [16件] しかたなし, その日, カラカラと, 一と, 不審そうに, 何を, 呻くよう, 小屋の, 彼の, 持って, 腕を, 言った, 門の, 首を, 馬の, 驚いて

2 [60件] いった, いつまでも, うなずいた, こう云う, こう言っ, さすがに, そうと, そこに, その手紙, それと, ただ一人, なぜか, ひそかに, ひらりと, ほかの, 上へ, 不思議に, 二人を, 云うの, 今では, 何の, 修理の, 先に, 刑部の, 又市, 叩きに, 叫びました, 吃驚し, 喜んで, 喜兵衛の, 奥へ, 妻籠から, 少しも, 帰って, 平伏した, 強烈な, 待ち兼ねて, 思わず足, 文吉の, 斯う云っ, 朝から, 汗を, 無力に, 片手に, 相手に, 眉を, 眼に, 笑いながら, 答えた, 考えた, 聞いて, 言葉を, 赤坊を, 金持らしく, 静かに, 頷いたが, 額の, 飛びあがった, 駒を, 鼻の

1 [1080件 抜粋] あきれて, あても, あとの, ある年, あんまの, いい酒機嫌, いかが, いつもそれ, いないの, いよいよ呆れた, いよいよ怪しんだ, いよいよ迷惑そう, いわれる事, うれしそう, うんと唸った, おぞましくも, お側に, お吉, お梅, お百姓, お菊, からからと, きびしく, きょう恵瓊に, きわめて適当, くやしがっ, こういった, こう云い放し, こう信長, こう思った, ここで, ここへ, ことさらに, この取引, この子, この深山, この老, これだけ, これを, ご前, さぞ悲しん, さらに, さらに所持, さり気なく, しかし右近丸, しきりに苦しん, しどろもどろと, しめたと, じっと二人, じっと耳, じろりと見た, すぐに, すぐ老母, すぐ赤坊, すっかり打, すでに黒, すり足を, そういうこと, そうしたお, そうする, そう思った, そこでお, そちに, そのこと, そのまま行き過ぎよう, その亡骸, その危険, その女, その日詰所, その時, その晩, その江戸紫, その笛, その苦悩, その言葉, その適任者, その頼り, それから長兵衛, それでも身動き, それらの, そんな不景気, そんな神経, ためらった, だらしの, ちっとも取合いませんでした, ついに一度, つくづく考え, つと席, とうに退去, とにかく殉死者, ともあれ自分, どうしても承知, どこで, なおいった, なにかしら, なんだか迷惑そう, にやりと笑った, にんまりした, はっと思っ, ひさかたぶり, ひっ外した, ひどく苦しみ, びっくりした, ふだんから, ふと自分, ぶるぶる総身, ほとほと困っ, ほほえんだ, まことに妻運, ますます恐れ, また主君, また某, また眼, また笠井, まだしもの, まだ未練げ, むしろ呆気, もう一度如何にも気味悪, もう向, もう豊後守, もとの, もと部落外, やがてぶらりと小屋, やがて以前, やがて空, やっと人々, やや語気, よく, よもや清江, よろめき新左衛門, わが子の, わざと彼, わっし, ギラギラ射かえす, グイと, ゴクリと, スックとばかり, ッはと, ドンブリ, フッと, 一人で, 一刻でも, 一度も, 一方の, 一旦戸外, 一本の, 一生瑕瑾の, 七十を, 三十五歳に, 上がり込んだ, 上に, 上座の, 下げられた, 不安らしい, 不愍さから, 不用心さを, 世界中の, 主人の, 主恩に, 二の丸の, 二寸余り切る, 云い燭台, 云う, 云って, 五六年前に, 五十前後デップリ肥った, 人にも, 人形を, 今でも, 今まで, 今年の, 仕方なし, 他愛も, 伊之助の, 伜の, 住持に, 体量四十一貫身の, 何だかお, 何よりも, 何度願っ, 何者にか, 俄かに, 修蔵の, 健気なる, 傍に, 兄の, 兇悪の, 先ず京大坂, 免職与力同心は, 全く私, 全身の, 六十一歳とかいう, 其の夜, 其壮年時代を, 再び本陣, 刀へ, 切腹した, 初めて彼, 別に咎め, 制した, 功労ある, 動かない, 勿論村じゅう, 化石した, 十人ばかりの, 千束島の, 半分ひとりごとの, 卑下し, 博多から, 厚く礼, 取り合わなかった, 口の, 只, 召使たちを, 叱るよう, 右手に, 右門を, 合蹄の, 同時に隠居, 吾と, 呟きながら, 呶鳴りつけた, 喉笛を, 喜んだ, 喝破した, 嘗つて有馬氏の, 嘲笑い, 四十五六の, 四辺を, 坐ったまま, 城代の, 堪ま, 場規も, 声する, 夏でも, 外へ, 多右衛門, 夜半放火され, 夢中で, 大きな眼, 大器量人, 大股に, 大音, 奥州の, 女房は, 好く湯田中, 如何に, 妾の, 娘に, 嬉しそう, 子の, 子供らの, 宇平に, 定基の, 家を, 家老と, 宿へ, 寝も, 審かし気に, 専ら旅先, 小姓を, 小平を, 少し当惑, 少し躊躇, 屋敷の, 山へ, 岩山の, 巧みに, 己の, 帳場から, 帳場の, 干して, 平気だった, 幾たびか, 広井に, 庄屋から, 度胸が, 庭へ, 引っ込んだ, 当時ひとり者である, 彼女の, 待ちかねたよう, 得三, 微笑を, 必死だ, 怒つたの, 怒号し, 思いおれ, 思った, 思わずかっとし, 思わず杯, 思わず顔, 怪訝そうに, 恐る恐る訊い, 恐ろしいので, 恐縮し, 悄然と, 悪女から, 惘然した, 意地ばかりで, 愚痴交り, 感心した, 憂欝に, 憐れむよう, 懐中から, 懸けられない期待, 戯れながら, 手で, 手代り弟子らと共に, 手拭を, 手短に, 手織の, 打ち案じ, 承知した, 抜いた太刀, 押太とく, 拾った赤児, 振り向いて, 掛り合いを, 揉み手を, 改まった, 政吉を, 数々の, 敵に, 文吉に, 斯う, 斯様いう, 旅僧の, 早くも, 早目に, 早速用意, 昔の, 晴れた空, 更にくわしい, 最終の, 服しかねまする, 木の葉の, 本人の, 本戸の, 本気かと, 来て, 杯の, 杯盤狼藉たる, 板倉式部の, 林右衛門ほど, 柬埔寨へも, 根が, 極度に, 機械的に, 歌を, 止めること, 此処で, 歪んだ微笑, 死にぎわ, 死体を, 殺されたくなかった, 殺人者が, 気づかいながら, 気にも, 気を, 気絶を, 江戸一番の, 決心を, 沈着い, 法神の, 泣きほろ, 洛東山科の, 涙を, 渋りながら, 満足そうに, 濁酒を, 火事の, 点頭ながら, 烟草を, 無限の, 煙管を, 爾来江戸, 物頭役で, 犢の, 猪口を, 玄女の, 甚八が, 田舎者に, 甲斐に, 町の, 留守で, 略画の, 病弱であった, 発狂し, 白洲で, 皇子を, 直助, 相手の, 眉間に, 真正面から, 真面目に, 眼路の, 短刀を, 硬ばった顔, 社家の, 神仏の, 私に, 穏便に, 空中に, 窩人の, 立ち上り竹筒, 立上った, 立去った, 笑いだした, 笑ったが, 笠井を, 答えてから, 糖黍の, 紙帳ばかりを, 素早く玄女, 組伏せられ火, 絶えず音, 総勢を, 総領の, 美男で, 老いても, 老後茶道でも, 肩に, 胆の, 脇から, 脚に, 腰を, 腹が, 膝頭で, 自分で, 自分までが, 自分を, 自尊心や, 自慢そうに, 自身鍛ち下ろした, 舌打ちした, 芝居がかりであった, 花木の間を, 若い者たち, 若殿と, 苦しがっ, 莫大な, 蓋を, 血を, 行燈を, 袴を, 見て, 見向きも, 見捨てて, 親切には, 角か, 言います, 言つた, 訳が, 話した, 語りつづけた, 調子に, 謹んで答えました, 貧しい稗粥, 貼りかけて, 足が, 躊躇せず, 轟の, 農場に, 迂散らしく右近丸, 近所へ, 迷惑そうに, 追い縋って, 退ろうと, 逃げも, 途中で, 遂に夫, 道楽者の, 遮りとめて, 部下の, 酒代で, 重々しい声, 釘付けされた, 銀平を, 長兵衛の, 門前に, 関口屋の, 附け足して, 障子を, 雇人を, 静雨, 頸を, 顔中を, 風呂場で, 飛びかかった, 養子な, 駈けよって, 驚いた, 高い声, 高座から, 高笑いの, 鬼小島弥太郎の, 黒い地平線, 黙然とそこ, 鼻紙を

▼ 衛門~ (901, 18.1%)

10 家に 8 家では 7 家へ, 顔を 6 ために, 前に, 声が, 家の, 炉端へ 5 前へ, 娘お 4 声である, 娘の, 家で, 家は, 死を, 眼に, 耳に, 首を

3 [19件] ことを, ごときは, やうな, ような, ように, 二十一周忌の, 名を, 妻は, 妻女の, 姿を, 娘であった, 子家政, 家には, 懐中に, 手に, 方には, 死骸を, 耳へ, 訴状を

2 [60件] お神さん, こと, すがた, そばに, ところへ, ふたりは, ほかに, むすめ, 一室を, 両名, 二人が, 二男で, 代に, 側に, 先妻の, 刃に, 化粧廻しも, 右の, 名が, 四人が, 声を, 妻の, 姿は, 娘を, 子だ, 子で, 子では, 家が, 屋敷に, 後を, 心の, 心を, 所では, 所に, 所へ, 所在を, 手から, 手を, 方へ, 方を, 最後, 末の, 様子を, 死は, 畑は, 病身の, 眼は, 背中を, 話が, 話は, 話を, 身に, 身体は, 邸の, 部屋の, 霊が, 頸部へ, 顔が, 顔は, 駕籠を

1 [620件 抜粋] あとに, あとを, ありかは, いた時, いら立ちも, いる客間, いる炉部屋, お止め, かずかずの, かね, からだを, こしらえ酒屋, ことであった, ことなど, ことばだった, ことばは, この腹の虫, ころは, しようと, すすめによって, せがれじゃ, せがれ伝蔵と, せがれ甚吉という, それと, それは, た, ところから, とった策, なまけ癖, にいさんの, はずだ, ひとがらを, ふたりへ, ふたりを, ふところや, ほうは, ほうを, ほか気の, ほのかな, みぞおちへ, やったよう, ゆくえは, オジイサンが, 一人娘お, 一味か, 一子お, 一派など, 一生は, 一行と, 七百兩五木田利兵衛の, 三人に, 三人は, 三千歳と, 上に, 上を, 下人も, 下手な, 世話に, 両人も, 両奉行, 両家花柳からも, 丸い膝頭, 主人の, 主従は, 二人だけ, 二十一周忌に, 二十一周忌を, 二男四郎兵衛を, 二男弥五兵衛は, 二百兩等等山南山北凡そ名ある, 云い方, 云うこと, 五人丈である, 亡骸を, 人形が, 人形の, 人形を, 仁吉は, 仏壇へ, 仏敵呼ばわりを, 仏間の, 代から, 代理と, 仮宅, 任に, 企ては, 伜と, 伜の, 伜亀蔵が, 位牌を, 体には, 体は, 作とか, 作ひとつにでも, 供を, 保証を, 倅, 倅か, 倅伝次郎に, 倅英太郎今一人は, 倅鉄太郎は, 倒れた個所, 傷は, 兄弟は, 兵にすらも, 兵井伊直政の, 内命を, 冒険には, 出した馬, 出て, 出力に, 切腹する, 初陣の, 別荘へ, 別邸の, 前を, 前数間の, 助言から, 勝利に, 叔父さん歳よりも, 叔父に, 口から, 口の, 口癖も, 口述書で, 台所へ, 台詞であった, 台辞じゃ, 告発書を, 周囲を, 味ある, 味方ばかり, 命日を, 咽喉を, 哀訴は, 哀訴を, 善美を, 喜びは, 四季庵で, 因縁話も, 報告は, 塀の, 墓に, 声だ, 声で, 声なれ, 声は, 変死の, 天国不, 天窓の, 天資が, 奥の, 女であった, 女房お, 女房と, 女房の, 女房は, 如き悪, 妻, 妻が, 妻で, 妻女は, 妻女千代, 妾の, 妾宅へ, 姿, 姿が, 姿だけは, 姿も, 娘だ, 娘だった, 娘である, 娘に, 娘本名お, 娘植幸の, 娘艶と, 娘菊に, 娘葉末について, 子, 子であった, 子と, 子という, 子供にも, 子孫も, 子小, 子日吉と, 子父の, 子登, 子要, 存在は, 宅から, 安否を, 実の, 家から, 家のとは, 家へも, 家も, 家内の, 家隷林左兵衛が, 宿へ, 寂しい家宅, 密かな, 寝込みを, 寵幸と, 導くが, 小家彦三郎の, 小屋から, 小手を, 居室は, 居間たるや, 居間であった, 屋敷の, 屍骸だった, 屍骸を, 希望を, 席に, 帰らない晩, 帰りを, 平素の, 年歯も, 幻の, 幻影は, 幽霊の, 店さきに, 店にて, 店の, 店へ, 店先です, 府生壬生忠岑小野小町大伴黒主はじめこの, 座の, 庭の, 弟に, 弟仙太郎と, 弟子の, 弟小七は, 弟蜂須賀又, 影と, 後に従って, 後へ, 後ろから, 後ろ出羽屋の, 後姿を, 後日の, 後添に, 心に, 心にも, 心事を, 心境アアムリも, 心持ちを, 心持を, 必死に, 忰で, 忰であった, 忰頼母めを, 思い上った, 怠けて, 怠けぶり, 恋人に, 恢復した, 息, 息子, 悪漢めは, 情と, 情婦の, 意を, 意外な, 愛妾の, 憤ろしい唸きに, 懐の, 所で, 手が, 手つきなかなか, 手の者に, 手へ, 手もとへ, 手より, 手下であった, 手並みの, 手勢, 手勢に, 手勢五百も, 手印などは, 手紙という, 手許から, 才は, 技量に, 持ち出して, 持ち物に, 持って, 指す盤面, 捜索を, 捜索方鍼に対して, 揮う木刀, 揮って, 敵でなく, 敵河合股五郎の, 断末魔を, 新法は, 方が, 方でも, 方に, 方の, 方は, 晩年以後から, 曽孫で, 曽孫に, 最後か, 最後を, 最期も, 朋輩今井仁右衛門水谷庄右衛門志津女久左衛門の, 末娘の, 本拠を, 松阪木綿の, 棋力は, 楊柳に, 楼の, 槍は, 横面を, 次男から, 次男の, 次男を, 欲しがる, 武者袴に, 死, 死が, 死にゆく様, 死ん, 死んだ日, 死体を, 死後その, 死後も, 死後何よりも, 母が, 母であり, 母では, 母の, 母親が, 浪花節芝居あり, 淋しい小屋, 湯宿へ, 炉辺で, 為めには, 無作法さや, 煙草屋へ, 父である, 父と, 爺様, 犠牲の, 独語を, 率いる筑波勢, 甚にも, 生命を, 甥です, 甥の, 甥儀次郎般若寺村の, 甥渡辺天蔵の, 甥蜂須賀又, 申し立てに, 申し立ては, 男其実は, 畑に, 留守を, 疵の, 痩せた右腕, 発句と, 白状によって, 皿を, 目は, 真向を, 眼の, 眼も, 眼を, 着いたの, 神経質な, 私宅を, 立ち退いた後, 立ち退いた趣, 立場疑懼愁訴である, 笑い声を, 素姓は, 素朴で, 細君の, 縁者という, 縁類で, 罪である, 罪悪史である, 老巧も, 老爺が, 考えとは, 耳へも, 肚に, 肩ごしに, 肩に, 肩を, 背中から, 背後から, 背後に, 胴を, 胸中を, 脾腹を, 腰へ, 腹の中だった, 腹の中とは, 膝の, 自己韜晦や, 花見姿は, 芸は, 苦悶は, 苦策は, 苦虫と, 藪である, 血に, 血走る眼, 行き届いたことば, 行き方, 表情は, 袖を, 袴に, 裔の, 裾を, 見舞旁姫路に, 親切を, 親子など, 解釈は, 言いたい言葉, 言いつけどおり, 言いにく, 言うこと, 言葉には, 言葉も, 言葉を, 許へ, 訴人で, 評判は, 詞を, 話しを, 話も, 請により, 財産なる, 財産の, 赤絵に対し, 赤銅御殿を, 足は, 足手ま, 足音である, 跡を, 蹠に, 身が, 身を, 身代りに, 身囲である, 身寄りが, 軽い気分, 返しした, 追腹家督相続人権兵衛の, 道楽は, 遠吼え, 遺書には, 遺骸を, 邸であった, 邸である, 部屋が, 部屋で, 部屋であった, 部隊は, 酒は, 酒代に, 酔いにも, 重ねる苦諫, 長女さだ, 長女名を, 長煩いを, 長男であった, 長男亀蔵は, 門へ, 門下として, 陣について, 陣を, 隊から, 霊の, 霊は, 非礼は, 頑健な, 頑固な, 頭が, 頼光を, 顔に, 顔ほど, 願を, 風采は, 飼主鋳かけ, 養子, 養子与, 首から, 香炉は, 馬の, 馬は, 駒の, 髭面へ, 鶴の

▼ 衛門~ (419, 8.4%)

6 云った 5 来て 4 それを 3 先に, 持って, 眼を, 駒を

2 [18件] した, そうなった, どうした, 伝えの, 何と, 何を, 倒れて, 側から, 出て, 必死に, 怒鳴った, 文吉に, 死んで, 立って, 自分で, 自分の, 言う, 訊いた

1 [356件] ある時, いう, いうと, いうよう, いかにせ, いそぎ足に, いた, いやに, いよいよ最後, いるの, いるよう, うずくまって, えらばれた, おめ, おる, お半, お菊, かたに, かつは, きょうも, ぎょっとし, こう云っ, ここで, ここの, この戦国, この折門, この日磯釣り, この紫陽花, この農場, こんなに簡単, こんな騒動, じたばたし, すゝみ, そういっ, そうでなかったら, そう云っ, そこから, その上, その名前, その皇子, それに, それへ, そんな女, たまりかねて, ちらと, とうにお, ところに, とめて, どうか致しました, どうしてそれ, どうしても, どう云う, どんな奴, どんな死, にこにこ顔で, にわかに引き揚げ, のたうちながら, はじめて江戸, はったとにらむ, ひっ込んで, ふだんから, ふり向いて, まいって, まず死ん, まったく地位, もじもじし, やがて回顧, やがて陣地, やること, ズルズル引きずり上げられ, ズルズル引ずり上げられ, 一人子です, 一代に, 一家と, 一粒種一昨年は, 上がって, 不びんを, 不動堂の, 乗り廻した, 予期し, 事に, 事情を, 二刀を, 二十二の, 五十を, 亡くなったので, 人々の, 人気を, 介錯した, 代って, 仰向, 伊作の, 伏見へ, 会って, 伜の, 伺候した, 何うし, 何ゆえに, 何をか, 何者かに, 例の, 供を, 信長の, 倒れるの, 僧の, 兄の, 先ず声, 入って, 八丁堀を, 其事を, 内職の, 再び遊廓, 切りだした, 前触, 十九歳の, 千五百石の, 半兵衛に, 博奕に, 即死しよう, 参って, 反対側から, 取り返そうと, 取合わないので, 受け取ったの, 受取らなければ, 口を, 召し捕りに, 召捕り処刑, 右衛門と, 同じく供三人, 同心佃三弥に, 向顱巻, 君前から, 呻いて, 呻くよう, 呼ばれて, 呼びこませたの, 咄嗟に, 嗄声で, 嗅ぎつけ翌, 嗅ぎ当てました, 因縁を, 困ったよう, 坐ると, 城内から, 堀久太郎に, 声を, 売り出しの, 大夕立, 大好きの, 大小を, 大広間に, 天国という, 失踪の, 女房の, 子供を, 宅に, 宗室の, 家に, 家の, 容貌の, 寝た, 尾張中納言継友に, 岡崎の, 岩太夫に, 岩太郎に, 峠を, 巧みに, 帰って, 帰らないので, 平手で, 幻影の, 引取る, 彼を, 待ちかねて, 後方から, 心得顔に, 必ず仇, 快く引き取っ, 念仏を, 怒ったの, 怒は, 急ぎ足には, 怨みある, 意地で, 意識的に, 憮然と, 懇ろに, 懐中に, 成敗し, 或日女房, 或時氏郷, 戦場に, 所伝の, 手に, 手中に, 手塩に, 手招きし, 手燭の, 抑えるよう, 披く, 押し隔てて, 拾い上げて, 持ちの, 指さして, 指図を, 振向いた, 振向き, 控えて, 控えるだろうと, 擒に, 敵を, 文句を, 文吉を, 斬り伏せられて, 旨を, 昨夜何者かの, 暗示した, 書附に, 朝太郎を, 木刀で, 本城の, 来た, 来たと, 来た上, 来ると, 松の, 某日山を, 楽之, 槍先は, 槙島へ, 横から, 横死を, 橋を, 武蔵の, 死にぎわ, 死んだ, 死んだ後, 死んでから, 殆ど池, 殉死を, 殺される, 比類なき, 河原物と, 浅草の, 涙を, 滋幹の, 無心を, 熱中した, 父源四郎に, 独りポツネンと, 狼狽した, 猿臂を, 現れた, 現れて, 生への, 用立てるの, 畏まって, 病死し, 病死した, 白蓮女史に, 百万遍を, 目黒の, 相当の, 真っ先に, 真っ蒼, 真の, 真面目に, 着いた朝, 砂の, 神戸の, 私たちに, 私に, 私の, 突っ込んで, 突然の, 竈の, 立ち上がった, 立会ふ, 立籠った, 笑って, 答えると, 精神の, 紋十郎の, 組頭の, 線香を, 縄じり, 縛りあげて, 耳に, 背中に, 胴試しに, 脆くも, 腹は, 腹切って, 自分でも, 自殺した, 自身手を, 若い者ふたり, 若くし, 苦しくなっ, 苦痛に, 藤十郎か, 蜂須賀隊を, 血まみれに, 袂の, 裃を, 見えた, 見せたあの, 見た御新, 言うと, 言った, 計らず殿下, 訪ねると, 許へ, 詰め寄ると, 話さないので, 認められるまで, 読んだ時, 誰に, 誰の, 赤染を, 走り出した, 起きて, 足こそ, 足を, 足痛を, 踏みか, 躍りこんで, 躍るよう, 迎えに, 近づいて, 追いすがって, 追いついて, 退がると, 逃げ出したの, 這入って, 通るの, 配役書きを, 酔ったらそっと, 重い口, 金を, 鎗で, 長治以下三名の, 隼人佑の, 静かに, 順次に, 顔を, 養子の, 馬の背から, 馬鞭を, 駐在所の, 驚いたので, 驚いて, 高座を, 高弟の, 麻上下で

▼ 衛門~ (207, 4.2%)

8 いって 4 云うもの, 云ふ, 申す者 3 云って, 言ふ

2 [13件] いった, 一緒に, 乾児の, 云う者, 云えば, 云ふも, 云へる, 捻じ合いひしめき合うの, 改名し, 桐五郎とが, 清作との, 直助, 称した

1 [155件] ありますよ, ある宿屋, いう, いえども, いえば, いひしとの, いふ者が, いへども, いや富山, おもいの, お岩, お由, お菊, ぐるに, この小, この桜井半兵衛, して, そうして玄女, その三つ, その少女, たった三人, だ, ちょうど同じ, であった, どうして近付き, なった, なったの, なって, なるまでには, もうす者, よく談合, よぶ大剛, コマ皇子とは, 三十二の, 不和であった, 不破河内守が, 不義を, 主の, 久助との, 久太郎秀政が, 九郎兵衛後ろには, 二三名が, 二人で, 云うしにせ, 云うと, 云うの, 云うのに, 云う人, 云う名前, 云う摂州, 云う浪人, 云う男, 云し, 云ひ, 京助とへ, 他一人, 代り合って, 仲が, 何か, 倅伝次郎の, 六郎太夫は, 共通の, 兵助とは, 内蔵助とを, 再会した, 切波千寿の, 初めて逢った, 千本野口の, 右近丸の, 合体し, 名く, 名づけがま, 名のった, 名のらせました, 名のります, 名を, 名前を, 呼びかけた, 呼ぶ, 呼ぶ人物, 呼ぶ男, 呼ぼう, 唱えて, 唱はせ, 土岐鉄馬の, 変称した, 大桝屋弥平次と, 太郎右衛門の, 女房との, 女房の, 娘の, 安政などでは, 対い合っ, 寿平次とは, 岩太郎とが, 島君とは, 左衛門とは, 弟の, 彼とは, 忠信利平を, 扇屋上総が, 改称した, 新免弁助の, 暴動には, 曲淵庄左衛門であった, 書いて, 朝太郎を, 松田九郎兵衛とが, 林兵左衛門を, 林助とで, 油気の, 浪人篠崎小平が, 清江は, 無宿新, 玄女が, 玄女を, 甚内は, 申します, 申しますあの, 申しまするでご, 申す, 申すが, 申すは, 申すもの, 相棒の, 知り合いに, 石井兵助とに, 石井兵助とを, 石右衛門の, 石坂屋由兵衛との, 称した藩, 称せしと, 突き合わせの, 竹広表の, 粘り合って, 紋太郎と, 紋太郎とで, 結婚しなく, 結婚する, 義兄弟を, 腹を, 茂助を, 落伍し, 蔵人は, 藤井又右衛門の, 親分との, 記名し, 話して, 謀り田辺城, 追って行く, 閻魔の, 隼人は, 青年の, 馬との, 黒田官兵衛とを

▼ 衛門~ (182, 3.7%)

4 呼んで, 顧みて 3 見た, 見ると 2 して, 使って, 傷つけて, 叩くため, 呼び, 大将に, 討って

1 [154件] うながして, けしかけた, ここへ, しめあげようと, じいや, する, するの, その次席, たずねて, つかまえて, ながめて, なぐさめ産婦, にこりと, のこして, ののしり信義, はじめとして, ひっ捕え千日前, ふりむいて, もてなした, やっつけた, よくも手込め, よびよせて, よべ, よんだの, わざわざこちら, ジロリと, ロココ風に, 一刀の, 一旦姫路, 主人公と, 主将に, 事も, 伴なっ, 伴れ込ん, 侍け, 先頭に, 入つて鎮守府, 出たけれど, 切った血刀, 初めお, 副将に, 助けい, 助けること, 勤めた, 呼び寄せて, 呼び止め, 夢中に, 大事に, 好かぬの, 始めて, 始めとして, 始め人夫一同も, 始め御, 室内に, 家に, 帰したあと, 往来に, 待って, 心置きなく, 思わぬ日, 恨むよう, 悪逆無道にも, 憎むよう, 憎んで, 手に, 手討ち, 打ち殺して, 打ったの, 抑えて, 抱いて, 抱き起して, 押し退けて, 担いで, 担ぎ上げる, 指揮官に, 振り向いて, 撲るもの, 撲れるなら撲つて, 支配に, 最初悪人だ, 村次郎が, 枕頭に, 案内した, 模倣した, 武士の, 殆ど五人掛りにて, 殺しご覧, 殺した, 殺したの, 殺したん, 殺して, 殺すとか, 殺すに, 殺すには, 殺そうと, 殺そうとも, 殺害した, 江戸表へ, 演ぜしめよ, 目掛けあべこべ, 相手に, 真ん中に, 睨みつけ, 睨みつけた, 祀つた祠, 祗闌といふ, 竪から, 経て, 絞めたに, 絶望の, 美事に, 脅かしその, 脅かしたそう, 脅かし続けて, 脅かす道具, 自室に, 藤吉は, 褒めるもの, 襲い寝所, 襲ったの, 見つけた, 見て, 見付けて, 見出したの, 見守って, 見識って, 親とも, 討ち取りましたる者, 討ち取り父, 討ち果したこと, 討ったこと, 訪いまた, 訪ねて, 訪れて, 誅した大罪, 誘い合わせ祝日, 説き日光参拝, 誰が, 蹴って, 辞するほか, 迎えた, 追いやった, 追って来た, 追って遮二無二, 送って, 送り出して, 通ること, 連れて, 遣は, 選んでも, 降使, 養いながら, 首に, 驚かしました

▼ 衛門~ (177, 3.6%)

5 であった 3 の手紙, の病気, はこの, は宮, は自身, をお

2 [11件] であったから, によく, の恋, の死, の胸, は, はまだ, は女三, は思っ, は手, は東宮

1 [132件] から責め, が, がいつか病室, がそっと, がはなばなしく, がまだ, がめいった, がやはり, が作っ, が信じ, が出, が哀れ, が妻, が威嚇, が左右, が思い余っ, が抱く, が歎息, が派遣, が源氏, が申し, が申す, が病気続き, が終焉, が続い, が見た, であって, でありその, であること, でお, でしかなかっ, とこの, と車中, にぜひ, にはできなかった, にはよく, には思われた, には恋しい, には苦しく, に起こらなかった, に顔, のおかし, のこと, のすぐ, のよう, の乳母, の住ん, の和琴, の問題, の夫人, の妻, の官, の席, の形見, の心, の意見, の態度, の所, の手跡, の未亡人, の末, の欲望, の爪音, の父, の父母, の病状, の目, の足もと, はお返し, はし, はじっと, はだれ, はとっ, はどんな, はほほえまれた, はまして, はもう, はよく, は中納言, は健康, は六条院, は助からぬ, は夢, は妹, は子供, は寂しい, は寝つい, は庭, は引きこもっ, は形式的, は微笑, は思いあまる, は思う, は思った, は恋, は恥ずかしく, は望みどおり, は来た, は死ん, は母, は気違い, は烏帽子, は父, は物思い, は猫, は申し, は申す, は絶対, は羞恥, は膝行, は自邸, は見, は言い出した, は言っ, は言った, は語る, は道義, は院, は驚い, へお, へ知らせ, もお, もさすが, もその, も始終, も皆, をいたまし, をこの, をどんな, を御, を悲しん, を軽蔑

▼ 衛門~ (156, 3.1%)

3 ござりまする, 訊いた 2 代わって, 同情を, 挨拶し, 訊いて, 逢ったこと, 頼んで, 飛びかかった

1 [136件] いいつけて, いつもの, おさんを, お前は, お気づかい, お絹, お酒, こういった, ことわって, このよし, この纔, ござります, ご随身, ささげた, してからが, すぐ来, すなわち自分自身, そういわせる, そっくりの, それを, たのんだが, とると, なすりつけられた, なって, なっては, なると, みて, やること, ゆかりの, 一つの, 一杯くわし, 下さる, 不利益な, 不思議な, 与え別, 云いつけて, 云った, 云わせると, 云われて, 付添って, 代って, 伝えられた, 何事か, 使を, 停って, 傷つけるな, 傷を, 出て, 別れを, 加担する, 取って, 取っては, 取られたと, 向かい合って, 向って, 告げた, 呶鳴られる, 命じて, 咎めは, 喰って, 執念深く追いかけられ, 多摩川を, 奉公致す, 奉行を, 嫁に, 嫌疑が, 導びかれ葡萄大谷へ, 就き, 岩太夫咬み合い, 引取られる, 弥吉から, 御預, 復讐する, 心づきそのまま, 思い知らせ度いため, 恋して, 悽愴な, 惚れきって, 手を, 手向ひする, 手渡せと, 手紙を, 打たれたの, 打ち明けたところ, 打ち明けようと, 扮した, 抱かれたまま, 据えて, 散ざんな, 旅費を, 棄てられたお, 渡しました, 渡し幸衛門, 渡す銀, 渡せ, 百石遣っ, 盃を, 相手を, 相談する, 相違ない, 眼くばせし, 示されたところ, 約束し, 至っても, 行き会わなかったら頼まれたお方, 言いました, 言いますと, 言い含めて, 言った, 言われて, 訓され, 託した, 託して, 話した, 誘われて, 譲渡さね, 責められては, 軍事は, 轡を, 近い四十四五歳, 返し実地, 返辞した, 退場を, 逢い子, 逢って, 逢ふ, 鉄砲同心を, 限ったこと, 随い, 雇われた船頭, 預けられた, 頼まれて, 頼み七月十八日, 飛びかかって, 馬術は, 騙されて

▼ 衛門~ (152, 3.1%)

3 さすがに 2 来い, 笑った

1 [145件] あとから, あまりと, いつぞやの, いつまでも, おれの, かつて朝夕, ここの, ここらが, このよう, この女, この苦境, これで, これには, すこし困った, そこへ, そっと入っ, その一人, そばに, それぞれその, ただ渋面, ついにそう呟い, つつがないか, とうとう和尚さん, とかく過敏, なんだか不安, びっくりした, ふだんから, ほとんど不眠不休, まかり出る, また強い, また日吉, また白萩, まだ話し込ん, もう我慢, もとより秀吉, やがて退った, やられたわ, 一族の, 丑松だけには, 九兵衛も, 争ったに, 二人の, 二十幾歳子の, 亦入門, 亦艸体, 京助も, 他の, 以前は, 何か, 信じて, 先代以来の, 出て, 初めてな, 参るべく候, 吃驚し, 同じこと, 同意は, 名代の, 嘉門次も, 土木工事の, 堀秀政も, 声を, 大きな口, 太刀を, 太郎右衛門で, 好評であった, 子の, 子への, 宇平も, 定めし本望, 少しは, 少し勇気, 少し心, 少し慌てた, 居たろう, 居らず, 岩太夫も, 岩太郎も, 岸九兵衛も, 幸之助も, 底気味あしく, 強力なれ, 彼方へ, 待ち合えず命からがら, 後方に, 心から嘆声, 思い出したよう, 思わず引入れられる, 思わず箸, 怪しみたれど, 意地ずくじゃ, 感傷に, 慥かり, 戸外に, 手下と, 持て余したらしくそん, 斯う, 普通の, 最初は, 来て, 来り不, 槌之, 次郎みたいに, 此頃では, 油断せず, 流石に, 浜まで, 満足し, 濡れて, 物腰に, 玄女と, 由兵衛も, 痛手に, 登って, 百姓で, 知っての, 知らない, 知らん男, 背後を, 胸つぶれ, 脇本陣の, 腕の, 腹の, 自由を, 茂助も, 落涙し, 藤原鶏太も, 藤太郎も, 親は, 詞の, 譲らない, 走った, 起きる, 足軽ながら, 身が, 身を, 輿舁ぎも, 遁れる, 達人の, 雑って, 頗る不審, 顔を, 驚くだろうね, 鬼の, 黙って

▼ 衛門という~ (79, 1.6%)

4 人の 3 のが 2 のを, 人が, 人も, 武士で, 男は, 老人であった, 老人を

1 [58件] あかじ, お人, お方の, かれの, これも, のは, のも, もの, ものを, よい手づる, 一廉の, 三人だけ, 三人の, 中川瀬兵衛の, 五十ぐらいに, 人だ, 人などは, 人物が, 人物は, 侍が, 侍で, 侍でした, 分限者が, 剣術の, 名は, 名札を, 名題の, 四国の, 図太い男, 大男だった, 奴の, 奴は, 子分が, 家は, 宿屋の, 役者が, 彼れ, 御家人くずれ, 月代の, 植木屋の, 武士も, 浪人者は, 田舎客に, 男で, 男を, 盲目の, 立派な, 細川家の, 老人が, 者が, 者で, 者の, 者一番首を, 肝煎の, 話せるさ, 道具屋より, 郡奉行が, 部落でも

▼ 衛門さん~ (76, 1.5%)

5 が殺される 2 と清作さん

1 [69件] おそい, お上がりください, お久し, からよろしく, から頼まれ, がああ, がいった, がお話し, が倒れ, が死ぬ, が殺されよう, が殺せる, が申した, が立っ, が開い, が高座, この土地, さ, そうじゃあ, その猫眼, それにしても私, ですよ, でも馬籠, という人, という山道, との縁談, とはよも, とは以前, とは大, とは滅相, と別れた, と大さん, に, にたずねた, に今, に変り事, に持ちかけ, に知らせる, に話さね, に追い付い, に追い付かね, に高座, のお, のおばさん, のこと, のところ, の冗談, の口ぶり, の命, の宅, の家, の幽霊, の影, の挨拶, の有, の末子, の横顔, の背中, の隆子さん, はこの, はそう, は仔細, は注文, は相手, は結局, もそりゃあ, を妾, を振り捨て, を追う

▼ 衛門殿~ (55, 1.1%)

2 のご

1 [53件] え差出, お進みなされ, から五十両, がゆるさない, が重々, だ, であろう一匹, でございました, でござるか, ですから, ではしばらく, という, とても心安く, と六蔵殿, と囁いた, と小林三八郎殿, と申される, なきあと, なぞも眼, にさまざま, にもさようなら, に柵, に訴えた, のこと, の一党, の事, の佇みいる, の危急, の女房, の言いおかれた, の陣, の霊, はいい, はお, はしたないでは, は家代金, は御, は息, は眼, へよろしく, もおられた, もこの, も待っ, も老人, より伝授, をよん, を介し, を千日前, を召し連れまし, 差出され候処, 御軍令, 物語り, 物語りに

▼ 衛門~ (29, 0.6%)

1 [29件] から, から五重塔, が, がおいで, がこの, が勇士, が戦, が義明公, でございましょうが, にお願い, にもそう, に道楽者, のお, のご, のところ, のな, の三人, の御, の驚くまい, は, はナ奴等, は伊藤喜兵衛様, へ告げね, も定めし, も胆, をいっしょ, をしらぬ, をはじめ, を思い出され

▼ 衛門には~ (27, 0.5%)

1 [27件] それが, なんの, よく馴, わからなくとも, 主人が, 五枚だけ, 人ごとならず察しられ, 人間が, 何の, 原本どおり肝を, 嘗めるほど, 容太郎という, 尊くさえ, 工芸美術的な, 怖ろ, 恐らくその, 意外であった, 意外の, 田を, 聞えなかったらしい, 自分の, 興味も, 蚊の, 解らないらしい, 解りませんでした, 言葉が, 逢わなければ

▼ 衛門爺さん~ (27, 0.5%)

1 [27件] がある, が八時頃, が同行, が年増, が来, が案内, が蕎麦餅, が行っ, が鉄砲, でありました, であること, であろうと, でございました, というの, なんかが来る, に先, に挨拶, の奇特, の背中, の行く, はそうして, は今年, は此雹, は越中, も我々, や久助さん, を先導

▼ 衛門から~ (26, 0.5%)

1 [26件] 世間の, 乱心し, 云い添えた, 五万円の, 五代目に, 今後異論が, 佐渡守の, 使命を, 先だって大きな, 出て, 受けた報告, 叱られる, 因縁を, 女房を, 山口村の, 幾ら殴られた, 急に, 我々の, 来た註文, 町内の, 立ち去らせ怒って, 註文された, 話せ, 譲られたもの, 酒井家目附へ, 金を

▼ 衛門~ (26, 0.5%)

2 主水

1 [24件] あるっ, その他の, 一同の, 五十余名の, 俊寛の, 兵九郎の, 兵部や, 参謀山国兵部らは, 堀尾茂助や, 大勢の, 嫡子権兵衛と, 宇平からは, 浅井玄蕃の, 浅見対馬守や, 浪人組の, 火薬庫を, 玄女たちが, 直助権兵衛, 秀政へ, 私が, 紋十郎達が, 紋太郎の, 許嫁の, 貉之

▼ 衛門~ (26, 0.5%)

2 をもっ

1 [24件] が困る, が死んだら, が退校, が頭痛, である, と主人, などが一身上, に, に対して, に軽く, のおやじさん, のため, の哀願, の心行き, の様子, の顔, はただに, はまだ, は中学, は主人, は悄然, は泣き出し, は監督, は突然

▼ 衛門~ (22, 0.4%)

2 脇差を

1 [20件] あつた, ごわす, すっ, そして二番長, その横, その眼, はあった, はあるまい, はなから, は常に, は有り得ない, は自分, もんどり打っ, 一時凌ぎと, 今は, 其頃丁度, 政府の, 昨夜は, 杉右衛門の, 自分に

▼ 衛門どの~ (21, 0.4%)

1 [21件] かまあ, が息, が生き, といふ謡, とも以前, に, に熟議, に詫びね, のはなし, の伜, の伜又助どん, の友達, の御, の死んだ, の計画, の霊, は長ばなし, へすすめた, へも, を恨む, 御案内

▼ 衛門~ (21, 0.4%)

1 [21件] がわざわざ, が五十二歳, であるとか, と, にとってもまた, にとつぐ, に聞いた, のこと, の九州福岡, の側, の出資, の家, の手, の方, の願い, はそれほど, は出入り, は筑紫, へあてた, を東京駅, を訪ねた

▼ 衛門~ (20, 0.4%)

2 の伊勢屋, の佐渡屋

1 [16件] から五間堀, から第, と浅草御門, と菊川町, には大, に開業, の安田松慶氏, の料理店百尺, の河岸, の福田屋, の自宅, の蕎麦屋, の裏店, の露路裏, へ出た, まで女

▼ 衛門忠明~ (19, 0.4%)

2 の姪

1 [17件] が出奔, が小次郎, が時折, とかえた, と名のり, の, のす, の傍, の姿, の道場, はその, はまだ, はよく, は弟子一同, は日頃, は早く, は発狂

▼ 衛門~ (17, 0.3%)

1 [17件] いえ, この趣き, しずかに, ついでに, トンとばかりに, 下さる, 世話いたし, 云いかかった, 取り付き縋って, 告げ知らせた, 嫁ごうと, 渡したもの, 無心を, 眼を, 落着, 話しかけた, 通じたらしい

▼ 衛門~ (16, 0.3%)

2 へ帰っ

1 [14件] におもむき, に一泊, に乗り込み, に今, に引っかかっ, に移居, に縁組, のお, の泊り, はと見る, へ入, へ參, へ托し, を出

▼ 衛門とは~ (15, 0.3%)

1 [15件] その方, ただ一家, まるで別人, 争い出した, 他人の, 仲よしだ, 俺の, 地底の, 昔から, 普段から, 沈んだ顔付, 獄門暴動に, 生前仲の, 稍晦い, 遠島安田と

▼ 衛門との~ (13, 0.3%)

4 間には 3 間に 1 二人だ, 人形で, 仲に, 軍の, 間にも, 間は

▼ 衛門~ (12, 0.2%)

21 がお前, が骨格, ぞ, というの, という手合い, とて人間, と云う, なんて悪口, よく化けた, 建築学でも

▼ 衛門~ (12, 0.2%)

1 [12件] が由, じゃ, と押し並べて, の娘, の男振り, は先頃, は奥, へ土産, より先立たん, を硫黄ヶ滝, を縛り首, を贔屓

▼ 衛門夫婦~ (12, 0.2%)

1 [12件] だけだった, に残されました, のうたう, のひそひそ話, の唄う, の嗅ぎつけない, の子供, の短い, の話, は何処, は大きな, を罵りつづけた

▼ 衛門~ (11, 0.2%)

1 [11件] がひそか, ぐらいに考えられ, という油絵, と申す, なるもの洋画, の描いた, の遺著, はよく, は天草, や脱走, を江戸

▼ 衛門といふ~ (9, 0.2%)

2 男は 1 のが, ものの, 人が, 爺さんが, 物頭が, 男が, 百姓が

▼ 衛門とが~ (9, 0.2%)

1 くつろいだ様子, 乗込んで, 九郎右衛門の, 入って, 同門の, 扱いによって, 現われた, 連立つて, 長火鉢を

▼ 衛門とて~ (9, 0.2%)

2 毒蛇に 1 丸きり意識, 代々酒屋を, 当時有名な, 御徒頭を, 拙者ら兄弟の, 父親の, 隣町の

▼ 衛門~ (9, 0.2%)

1 が五千騎, が道, この二人, で今, の冑, の身, は慰め顔, も池田紀伊守, 重経

▼ 衛門など~ (8, 0.2%)

2 である 1 三人も, 下手から, 側近の, 最も得意, 禁裡の, 誰一人ものを

▼ 衛門~ (8, 0.2%)

1 が迎え, になっ, に叙, の子, は姉, は家, は驚い, も河内守

▼ 衛門その~ (7, 0.1%)

1 ほか六七名の, ほか御宿万兵衛とか, 人であった, 人である, 口から, 子を, 者の

▼ 衛門などの~ (7, 0.1%)

1 一小隊が, 一座が, 兵が, 勢各, 真心に, 諸士, 部下の

▼ 衛門大夫~ (7, 0.1%)

1 が蔭, どの武田上野介どの, などの徒, の兵, の寮, は顔, 来って

▼ 衛門正勝~ (7, 0.1%)

1 と改めて, にはその, のふたり, はすぐ, は信長, も弥兵衛長政, も思わず

▼ 衛門~ (6, 0.1%)

1 が之, の届, の言う, はそれ, を口説いた, を添え

▼ 衛門自身~ (6, 0.1%)

1 が病気, とき, の中, の情, は発狂, 歩いて

▼ 衛門~ (5, 0.1%)

1 ひで広吉赤湯入湯か, ひで広吉赤湯入湯に, べそや, 濠端の, 預かりという

▼ 衛門~ (5, 0.1%)

1 おおかたそうとは, その九郎右衛門, 伝次郎の, 寄れ, 茂右衛門が

▼ 衛門それ~ (5, 0.1%)

1 がその, だによって, と長井隼人, に峠, の西

▼ 衛門とかいう~ (5, 0.1%)

1 下の, 人の, 小者も, 捕鯨の, 者これに

▼ 衛門にも~ (5, 0.1%)

1 お絹, 変に, 胸に, 見せました, 言葉の

▼ 衛門~ (5, 0.1%)

1 大膳の, 庄兵衛同, 弟次右衛門六千の, 玄蕃という, 英太郎河合八十次郎大井正一郎安田図書大西与五郎美吉屋五郎兵衛同

▼ 衛門~ (5, 0.1%)

2 にも寄つて 1 であった, のお, を借りた

▼ 衛門爺さま~ (5, 0.1%)

1 がいわっし, が潜っただ, が胴の間, その時, もそう

▼ 衛門さま~ (4, 0.1%)

1 と言え, どうぞ末, の心, は御

▼ 衛門たち~ (4, 0.1%)

1 が帰っ, には食べる, に追いついた, の集っ

▼ 衛門だの~ (4, 0.1%)

1 他四五名, 坊様だの, 知己の, 誰だの

▼ 衛門とか~ (4, 0.1%)

1 おっしゃるお歴々, 好太郎とか, 広瀬美濃などという, 申人被

▼ 衛門とも~ (4, 0.1%)

1 いう, いう者, 心安くし, 心安くなりました

▼ 衛門どん~ (4, 0.1%)

1 が入, の, の伜又助どん, よ

▼ 衛門などと~ (4, 0.1%)

1 いって, よぶ家臣たち, 名前だけは, 膝組ん

▼ 衛門なる~ (4, 0.1%)

1 与力の, 人物が, 士が, 者は

▼ 衛門一豊~ (4, 0.1%)

1 であった, などもよばれ, など多士済々, の手勢

▼ 衛門~ (4, 0.1%)

2 の母 1 がいう, などの人々

▼ 衛門同じく~ (4, 0.1%)

1 忠太夫同じく, 栗田市兵衛の, 玄蕃三田村右衛門大夫などの, 磐梯山の

▼ 衛門大夫秀治~ (4, 0.1%)

1 と近臣, はきょう城, はさい, は院内

▼ 衛門宇平~ (4, 0.1%)

4 の二人

▼ 衛門~ (4, 0.1%)

1 というの, に各, の役人, の片隅

▼ 衛門~ (4, 0.1%)

1 に男山八幡, はたのむ, 源蔵二十三歳, 縫殿助であった

▼ 衛門等三人~ (4, 0.1%)

1 は口書下書, は河岸, を呼び出した, を引き渡された

▼ 衛門親子~ (4, 0.1%)

1 と共謀, は久兵衛, は内心修羅, を番所

▼ 衛門これ~ (3, 0.1%)

1 に, に仲, は鍵タ

▼ 衛門なぞ~ (3, 0.1%)

1 いう名家, に謀られた, はいずれ

▼ 衛門などが~ (3, 0.1%)

1 ある, 狐塚から, 駈けつける

▼ 衛門などは~ (3, 0.1%)

1 その中庸, 一と, 殊に十七士

▼ 衛門なら~ (3, 0.1%)

1 あれも, この修理, 有難いが

▼ 衛門まで~ (3, 0.1%)

1 伝えて, 来た, 進んで

▼ 衛門りよ~ (3, 0.1%)

1 に賞美, は, は天保五年二月

▼ 衛門~ (3, 0.1%)

1 がわざわざ, っていうならず, にまで化け込ん

▼ 衛門宗房~ (3, 0.1%)

1 こそすなわち, もまた, を己

▼ 衛門~ (3, 0.1%)

1 料理番一人駕籠かき二人御, 旨に, 辺は

▼ 衛門忠雄~ (3, 0.1%)

1 が出る, でこれ, と客

▼ 衛門父子~ (3, 0.1%)

1 に対するお, は追放, も交じる

▼ 衛門~ (3, 0.1%)

1 とが顔, の勝ち, は栗毛

▼ 衛門直之~ (3, 0.1%)

1 はいつか天下, は樫井, は金

▼ 衛門督自身~ (3, 0.1%)

1 もこの, も宮, も院

▼ 衛門親仁~ (3, 0.1%)

1 が担ぎました, や私, を

▼ 衛門あの~ (2, 0.0%)

1 乱暴な, 者を

▼ 衛門いずれ~ (2, 0.0%)

1 もいずれ, も裃着用

▼ 衛門お前~ (2, 0.0%)

1 はあ先, は何

▼ 衛門からの~ (2, 0.0%)

1 密使野間源兵衛が, 知らせで

▼ 衛門からは~ (2, 0.0%)

1 何の, 返辞が

▼ 衛門こそ~ (2, 0.0%)

1 世にめずらしき, 其方にとっては

▼ 衛門この~ (2, 0.0%)

1 三人は, 二人も

▼ 衛門じゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, まあ気

▼ 衛門すこし~ (2, 0.0%)

1 笑いしかし, 若い家士

▼ 衛門だけ~ (2, 0.0%)

1 でありその, 通りませい

▼ 衛門だけは~ (2, 0.0%)

1 燕麦の, 首を

▼ 衛門だった~ (2, 0.0%)

1 がそれ, とも云う

▼ 衛門だって~ (2, 0.0%)

1 あるじゃ, 長右衛門

▼ 衛門であった~ (2, 0.0%)

1 か孰方, というこの

▼ 衛門であり~ (2, 0.0%)

1 もう一人, 藤原鶏太であり

▼ 衛門である~ (2, 0.0%)

1 か, がいよいよ

▼ 衛門でございます~ (2, 0.0%)

1 が実は, よ

▼ 衛門としては~ (2, 0.0%)

1 かりそめ, 面を

▼ 衛門とでも~ (2, 0.0%)

1 かいたの, 鹿五郎とでも

▼ 衛門とともに~ (2, 0.0%)

1 先へ, 御当家攻口

▼ 衛門とを~ (2, 0.0%)

1 同時に呼ん, 追っかけて

▼ 衛門と共に~ (2, 0.0%)

1 二人の, 京都へ

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 のである, のです

▼ 衛門なども~ (2, 0.0%)

1 先刻から, 聴講の

▼ 衛門にとっては~ (2, 0.0%)

1 この邪魔者, 物足りないと

▼ 衛門によって~ (2, 0.0%)

1 代表された, 悉く木刀

▼ 衛門に対して~ (2, 0.0%)

1 それとなく誓わせ, 援を

▼ 衛門はかぶり~ (2, 0.0%)

2 を振った

▼ 衛門ほど~ (2, 0.0%)

1 明瞭な, 露骨に

▼ 衛門ほどの~ (2, 0.0%)

1 侍の, 相違では

▼ 衛門までが~ (2, 0.0%)

1 またそこ, 衆を

▼ 衛門もう~ (2, 0.0%)

1 一人は, 帰ろうぜ

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 に八百騎, をかえりみた

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 名とともに, 名は

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 介などから, 墓と

▼ 衛門二人~ (2, 0.0%)

1 が計, の股肱

▼ 衛門佐義貞~ (2, 0.0%)

1 だった, はいま

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 としよう, んで気

▼ 衛門先生~ (2, 0.0%)

1 の高弟, もちょっとした

▼ 衛門光忠~ (2, 0.0%)

1 にわたした, は光秀

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

2 は惜しい

▼ 衛門喜兵衛~ (2, 0.0%)

1 お花, といふ二人

▼ 衛門堀尾茂助~ (2, 0.0%)

1 などを遣わす, 他三十名

▼ 衛門夫妻~ (2, 0.0%)

1 が鳥, に別れ

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 ならなぜ, はお願い

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 にいたしおき候え, の雲浜書翰

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 に投宿, の裏

▼ 衛門尉成景~ (2, 0.0%)

1 が再び, というお

▼ 衛門忠真~ (2, 0.0%)

1 は本, は親類じゅう

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 あるいはまた駒込吉祥寺, という

▼ 衛門次郎~ (2, 0.0%)

1 が傍, のそば

▼ 衛門次郎諏訪三郎兵衛~ (2, 0.0%)

2 の両

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 といふ深い, の縁

▼ 衛門泣く~ (2, 0.0%)

1 ような, 児と

▼ 衛門深江~ (2, 0.0%)

1 の勘右衛門以下千二百人, の勘右衛門以下千四百

▼ 衛門清久~ (2, 0.0%)

1 は会津城, は大崎

▼ 衛門清長~ (2, 0.0%)

1 といっ, の孫

▼ 衛門蛇足~ (2, 0.0%)

2 をさそふ

▼ 衛門親方~ (2, 0.0%)

1 は腰, も行方不明

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 さえ積め, の釣鏡

▼ 衛門長女さ~ (2, 0.0%)

2

▼ 衛門長女さだ~ (2, 0.0%)

1 その下, は明らか

▼ 衛門~ (2, 0.0%)

1 に三輪, に出

▼1* [482件]

衛門あたりの御, 衛門あり六尺有六寸の, 衛門あれとは刎頸, 衛門いみじくもいうたり, 衛門いよいよ生かしては, 衛門江戸見物に, 衛門おのれは館, 衛門おりおり忍びかよ, 衛門かたきは山路郡蔵, 衛門からもお礼申す, 衛門がナ態, 衛門こいつは五十, 衛門ここらでは相当, 衛門これらの宿役人仲間, 衛門これ丈見られます, 衛門へ居なけれ, 衛門さんあいつ等どこ迄も追っかけ, 衛門さんあたりの手, 衛門さんそそれは確か, 衛門さんとこあなんて, 衛門さん久しぶりで, 衛門さん今度の御, 衛門さん以下うるさい連中, 衛門さん麦は上作, 衛門しかと申し上げるによって, 衛門じろじろ私の, 衛門じろりと十兵衛が, 衛門すぐ行って, 衛門すこしもひるまず左手, 衛門すなわち越中先方衆や, 衛門すらあり得ない, 衛門ずかずかと立ち出, 衛門せっかくわずかに出来上りし, 衛門そうして女の, 衛門そち参るか, 衛門その他が応接, 衛門それでも命が, 衛門それに勝重なぞは, 衛門それらの長老たち, 衛門ただ一人板塀を廻っ, 衛門たまらず仰向けに, 衛門だけが例外であった, 衛門だけや抜かなかったところ, 衛門だつた筈です, 衛門っていうのは, 衛門てえ野郎の, 衛門であって呆れた, 衛門であろうよ, 衛門でして十郎左衛門, 衛門ですって, 衛門でないか, 衛門でなくても蚊帳, 衛門でもが高が, 衛門といったような, 衛門ときては近在稀, 衛門とね内儀の, 衛門とやら今日の, 衛門とやらへ掛かって, 衛門とりよとを載せる, 衛門どうかこの心, 衛門どうぞ御見識, 衛門どの善光寺詣での折, 衛門どもの注進, 衛門なきあと使用人を, 衛門などという被官が, 衛門などとともに馬を, 衛門などに突かれるよう, 衛門などには体よく, 衛門などを中心に, 衛門ならずとも中年過ぎ, 衛門ならぬ良人の, 衛門ならびに茶屋町町年寄一統とともに, 衛門なら持って来い, 衛門なら殺してもええ, 衛門なんざ己がベソ, 衛門なんぞもそれだけは, 衛門なんてことを, 衛門にたいしてこういう酷命, 衛門にたいしては自分の, 衛門について何か, 衛門に対しては不機嫌, 衛門に対する村人の, 衛門のこらず閉じて, 衛門はじめ御老中方, 衛門はじめ家人が起き, 衛門ははいると, 衛門ばかりは日が, 衛門ばかりを力に, 衛門ひそかに出入, 衛門ぴったり平伏して, 衛門ふと見ると, 衛門ぶるぶるとなり, 衛門ほか二カ所の屋敷, 衛門ほどになると, 衛門まことあわれ千万, 衛門まったお紋, 衛門みたいだ, 衛門みな一派の特長, 衛門もじりの白粉壺, 衛門やいと口々に唱えた, 衛門やすらはで寝なまし, 衛門やら誰彼も, 衛門ゆかりの者, 衛門よく聞いて, 衛門より門番までも, 衛門よりももっともっと切実, 衛門ら仏間の, 衛門りよ文吉の三人, 衛門わしの薙刀, 衛門をと専心前方を, 衛門をも俄かに, 衛門を通じて薩州その他九州の, 衛門ガ娘ヲオレ, 衛門ガ林町ノウチマデ来タガソレカラ何モ知ラナカッタウチヘ帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 衛門キョトキョトまわりを見まわしました, 衛門チャリネ買切りの図, 衛門ッ勝入の首, 衛門ナア貴様も此村, 衛門向カッテ跳躍スルモノアリ, 衛門ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 衛門ピクリとまた, 衛門妙見ノ, 衛門マチヤス孫兵衛マチヤス太郎右衛門が順次, 衛門ヲ組伏セ首ヲ取, 衛門一人を討っ, 衛門一人それに参与, 衛門一人なみだよ, 衛門一人村で養つて, 衛門一味の者, 衛門一命にかけて承知, 衛門一家と心安く, 衛門一寸面白し, 衛門一座の頭, 衛門一族に示せよ, 衛門一益もそれ, 衛門一豊以下わずかの, 衛門一貞は知行二百石, 衛門三人機嫌の四平, 衛門三代の手, 衛門三十七歳にし, 衛門三十二歳土屋右衛門尉弟惣蔵二十歳であった, 衛門三十八歳にし, 衛門三男は次郎太夫, 衛門上書にあわせ, 衛門下人穢多に至, 衛門下男刀持て表, 衛門丞安積八弥太など膝, 衛門丞安積八弥太木南加賀四郎など夜来, 衛門丞船曳杢右衛門丞安積八弥太など膝, 衛門両手をつい, 衛門並びに彦兵衛の, 衛門中幕の下, 衛門中村文荷斎小島若狭守などが, 衛門主従は六月二十八日, 衛門久次と使者, 衛門乙川出生の斎藤清左衛門等, 衛門事今度お館, 衛門二十三歳の時, 衛門二番手に蒲生四郎兵衛, 衛門二銭ヲ頂戴シテ壱銭, 衛門五兵衛正助, 衛門井戸の女殺し, 衛門井戸亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 衛門の大高源吾, 衛門介らが鎮撫, 衛門仔細らしき理屈顔, 衛門他言はいたさぬ, 衛門以下三人の兇徒, 衛門以下二十五人をし, 衛門以下十二人の乗組み, 衛門以下千二百人大矢野の甚兵衛, 衛門以下千四百寺沢の営, 衛門以下大勢の供, 衛門以下手負死人二百余に及ん, 衛門以外たれも, 衛門伊右衛門と唱え, 衛門伜又助なる者, 衛門佐光之とが同日, 衛門佐右衛門佐の子, 衛門佐忠之は放縦, 衛門佐義助だった, 衛門作氏は山田, 衛門信成金の軍配団扇, 衛門信盛父子へ下った, 衛門倉地平左衛門というふたり, 衛門元辰吉田忠左衛門兼亮というよう, 衛門の手, 衛門先生様も聞かっせえ, 衛門光古と名乗る, 衛門入道とその子, 衛門入道宗夢の物語, 衛門六千の兵, 衛門六郎太夫はなお, 衛門兵衛と申しまし, 衛門其方には聞えぬ, 衛門秀で兼秀, 衛門内心では, 衛門内田忠兵衛と名乗っ, 衛門内藤家長松平重勝などが協力, 衛門内藤新五郎松平康次同与一郎, 衛門てうせろ, 衛門出しぬけに膝, 衛門初め一家の者, 衛門勝重原彦治郎不破彦三総勢八千五百雪の山路, 衛門十八歳黒田吉兵衛長政の十六歳, 衛門千恵蔵などの諸君, 衛門千束善右衛門大江源右衛門森宗意山善左衛門と云う, 衛門取巻きの奇月宗匠, 衛門右手より現れる, 衛門右手奥へ退場, 衛門を観山, 衛門吉田三五郎の二人, 衛門吉田三五郎二人の家来, 衛門吉田六郎太夫こう三人, 衛門吉田弥惣太田内蔵助小林図書松村友十郎浅見対馬守入道道西神保若狭同八郎右衛門, 衛門同大膳などがいた, 衛門同様相手にされず, 衛門同苗治左衛門の兄弟, 衛門君一人の運命, 衛門君下を向いたぎり, 衛門和泉に向っ, 衛門和泉式部紫式部伊勢大輔なんかと五人, 衛門善助たちもそれ, 衛門善助重次郎の五人, 衛門善右衛門源右衛門源左衛門でいづれも, 衛門善聡同百拝立, 衛門四十二歳で去年, 衛門地方役たり, 衛門堀道利など組, 衛門堂守の居る, 衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 衛門外池甚左衛門町野主水佑, 衛門出来と, 衛門大きに弱りこの, 衛門大夫大野木土佐の三臣, 衛門大夫武田上野介同左馬之助, 衛門大夫義忠の擁立運動, 衛門大島へ内使, 衛門大江源右衛門森宗意山善左衛門と云う, 衛門大童になつ, 衛門大輔どの清野美作どの朝日奈摂津どの山県三郎兵衛どの, 衛門大金藤八郎徳永石見守の三人, 衛門大高源吾武林唯七らの人々, 衛門大黒の次郎, 衛門太夫宗仲の館へ着いた, 衛門太夫源政綱というこれ, 衛門夫妻近藤六郎兵衛がいた, 衛門は持病, 衛門奮戦の際, 衛門好人物で好色, 衛門に若やい, 衛門始め六百人池田清左衛門千々岩の五郎左衛門, 衛門始め組合の者, 衛門姿色よりも心, 衛門宇平文吉の三人, 衛門宛てにである, 衛門宝暦六年の坂本運四郎, 衛門実は棚倉伝八郎, 衛門宮内卿法印などの外交家たち, 衛門宮島伝吉藤田小三郎山中平九郎市川団十郎ら声名ありし時代, 衛門家政のお抱え鎧師, 衛門家来と云う, 衛門家橘の南郷力丸, 衛門家次の一族, 衛門家臣とある, 衛門寛保三年同四年, 衛門寺門一馬喜田川頼母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ほか一団二十三名一藩の大事, 衛門寺門一馬喜田川頼母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ほか二十三名の一団, 衛門寺門一馬喜田川頼母駒井甚三郎井上近江清水粂之介ら二十三名の柳門選り抜き, 衛門寺門一馬駒井甚三郎喜田川頼母の面々, 衛門尉どのなどお, 衛門尉信盛池田庄三郎信輝滝川左近将監一益丹羽長秀なんぞの勇将, 衛門尉六波羅検断所の一将, 衛門尉弟惣蔵二十歳であった, 衛門尉横山備中守金丸伊賀守ら二万余騎である, 衛門尉河尻肥前守なども席, 衛門尉石田治部少輔下知, 衛門尉祐貞を蝦夷, 衛門尉秋山伯耆守原隼人佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 衛門尉等が信房, 衛門尉長盛が秀吉, 衛門尉長盛石田治部少輔三成, 衛門小四郎皆無事だ, 衛門小屋や厩, 衛門小野寺十内間喜兵衛なぞの領袖株老人連, 衛門小野寺十内間瀬久太夫などの領袖連, 衛門少なからず恐れ, 衛門政という, 衛門居住い直して, 衛門屋敷というの, 衛門山川兄弟などに対, 衛門山川小七岸九兵衛の三名, 衛門山本主馬, 衛門岡本次郎兵衛中黒達弥の三人, 衛門島子の弥次兵衛以下三千七百人, 衛門川水は高桑加助, 衛門に朗円上人中央, 衛門左右の兵衛, 衛門左団次の嘉村宇田右衛門, 衛門左馬助の許, 衛門平野権平脇坂甚内糟屋助右衛門片桐助作桜井佐吉伊木半七, 衛門年六十五参謀本部を構成, 衛門広瀬剛三などに取囲まれ, 衛門庄右衛門恵林寺の慢心, 衛門深という, 衛門店万荒物から酢醤油石油莨, 衛門店萬荒物から酢醤油石油莨, 衛門店裏手の井戸, 衛門建部令史永原孫右衛門松田金七坂崎五左衛門速水勝左衛門八番には手廻小姓, 衛門又十郎, 衛門待受けて彼, 衛門後備は宗茂, 衛門従来の知行高, 衛門得右衛門が養子, 衛門御徒目附石坂清三郎評定所同心湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 衛門御身も副使, 衛門の底, 衛門志津女久左衛門の三人, 衛門忠世を召還, 衛門忠世どのに御, 衛門忠久の家, 衛門忠久近藤石見守秀用鈴木三郎太夫重長麾下に属せざる, 衛門忠高の家, 衛門思い切って, 衛門思わず仰天し, 衛門恵林寺の慢心, 衛門惣蔵渡合って各々一騎, 衛門を忘れ, 衛門戸田三郎四郎ナド下ニテ聴テ, 衛門承知致さぬ旨, 衛門入って, 衛門政綱に沓掛城三千貫, 衛門政賚の弟, 衛門教之であった, 衛門文吉は本多某, 衛門方奥勤メ腰元地蔵まゆにて目千両, 衛門日根野備中長井隼人牧村丑之助その他三十余名の側臣, 衛門昌次一条右衛門大夫信就等中央下裾附近柳田表, 衛門普請諸入用, 衛門朝山日乗村井貞勝などを幾たび, 衛門朝雅さまとささい, 衛門木下助左衛門弟の勘解由, 衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 衛門木村弥右衛門石川兵助の三名, 衛門末子作之助の入, 衛門来森へ行, 衛門を, 衛門松本主税といったところ, 衛門桂川の長, 衛門桜井三右衛門有竹作左衛門, 衛門桜甚助の兵, 衛門桜青山梅窓院の拾桜, 衛門森五六郎佐野竹之介, 衛門様伊右衛門様の三人, 衛門様円道様が連れ, 衛門様執事様何をあなた, 衛門横町その横町, 衛門の橋上, 衛門橋本善右衛門両名, 衛門橋本大井も亦, 衛門次郎ひとりがふと, 衛門根渡部長七唱猪野隼太, 衛門正勝官兵衛孝高などみな同座, 衛門正勝森勘八黒田官兵衛などに向っ, 衛門此年五十七歳であつ, 衛門武井夕菴明智十兵衛などの驍将, 衛門武田兵庫穴山梅雪以下十一人の親類衆, 衛門殿おいでなさるかな, 衛門殿お座が高い, 衛門殿はじめとりどりかけはしる, 衛門殿わしを殺し, 衛門殿立ち帰ると, 衛門殿西郷吉之助殿吉井仁左衛門殿大久保一蔵殿罷り出まして, 衛門殿高崎五郎左衛門殿など, 衛門母里太兵衛が諫め, 衛門氏綱の軍忠状, 衛門水夫八五郎総右衛門, 衛門水谷庄右衛門志津女久左衛門の三人, 衛門がただ, 衛門江尻の和助, 衛門河内弓削村の百姓西村利三郎, 衛門河岸の通り, 衛門は天下, 衛門浅草に店, 衛門渾名も苦虫, 衛門湖水へ入る, 衛門満足じゃぞ, 衛門源右衛門源左衛門でいづれも, 衛門為基の恋愛譚, 衛門爺様にアノ, 衛門片桐助作などかれ, 衛門片目をおさえた, 衛門の喜作, 衛門戸惑いしやあ, 衛門猪子兵助福富平左衛門毛利新助, 衛門猪苗代を蒲生四郎兵衛, 衛門玉井数馬助岩田市右衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 衛門現れ舞台右手に, 衛門生駒甚助加藤作内増田仁右衛門すこし若い, 衛門町野主水佑, 衛門白柄の薙刀, 衛門皺腹を仕れ, 衛門目掛けて飛ん, 衛門直之淡輪六郎兵衛重政等はいずれ, 衛門督朝忠に勅, 衛門督権中納言右大弁そ, 衛門督藤原忠文を征東大将軍, 衛門矢代越中守などの諸, 衛門矢川某の五人, 衛門短気に声, 衛門石川兵助の三名, 衛門神田にある, 衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 衛門秀長の父, 衛門穏松明の千吉, 衛門停って, 衛門立膝になっ, 衛門竹中久作松原内匠そのほか留守居, 衛門ひながら, 衛門篠原一孝などの人々, 衛門篠川兵庫などみな彼, 衛門紋十郎の著しい, 衛門素捷く走り, 衛門罷り通る町野左近将監罷り通る, 衛門義元と云う, 衛門の家庭, 衛門背ろの三人, 衛門を張っ, 衛門こまぬき茫然, 衛門には我, 衛門自ら小腋, 衛門自ら引卒れて, 衛門自分の身体, 衛門船岡へ帰ったら, 衛門を天下, 衛門苗字こそ許され, 衛門若い時よっぽど, 衛門若衆に化け, 衛門茶山の集, 衛門草履取一人槍持一人があと, 衛門荒川熊蔵などという忍術使い, 衛門荒木摂津守武井夕菴そのほか柴田, 衛門菊五郎の高市武右衛門, 衛門菰田仁右衛門などが駈けつける, 衛門葦沢弥兵衛桜場隼人などだった, 衛門蒲生四郎兵衛町野左近等何躊躇すべきしおらしい, 衛門蒼い顔を, 衛門藤田小四郎を始め二十五人, 衛門行秀林与左衛門正定, 衛門裏庭での大きい, 衛門見たいだから嫌ひだ, 衛門話したり, 衛門赤鶴重政日氷忠宗越智吉舟小牛清光徳若忠政, 衛門身内おなつ, 衛門辰二郎と並べて, 衛門近習の島田左京, 衛門近藤六郎兵衛など云う, 衛門追手は出したろう, 衛門通信というもの, 衛門進出で我日本, 衛門の方, 衛門遠山右馬介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 衛門遺族殿という手紙, 衛門へ乗りつけた, 衛門野口勇三郎であったから, 衛門金子吉左衛門などが居, 衛門鈴田重八の両人, 衛門鈴藤勇次郎測量は小野友五郎, 衛門鍋島古伊万里は好い, 衛門長瀬小三次, 衛門長田三助などの面々, 衛門長谷川竹の両人, 衛門だけ持っ, 衛門な品, 衛門風呂と言, 衛門養子与茂吉, 衛門だけこちら, 衛門馳セ懸リ, 衛門高福の次男, 衛門高豊が編み出した, 衛門鵜沼へ参っ, 衛門麻布の米屋千倉屋長十郎