青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「街道~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~行方 行方~ ~行為 行為~ ~術 術~ ~街 街~ 街路~ ~街道
街道~
衛門~ 衝動~ ~衝突 衝突~ 衞~ ~衣 衣~ ~衣服 衣服~ ~衣裳

「街道~」 3334, 36ppm, 3239位

▼ 街道~ (870, 26.1%)

28 歩いて 19 進んで 15 通って 13 踏んで 12 下って 8 上って 7 北へ, 南へ, 東へ 6 往来する, 走って, 辿って 5 帰って, 急いで, 通る人, 通る旅人 4 右に, 外れて, 西へ, 避けて, 離れて

3 [17件] お通り, たどって, 南に, 挾んで, 横に, 横切って, 歩きながら, 江戸の, 登って, 真直ぐに, 経て, 練って, 行くと, 迂回し, 通った, 通り過ぎて, 通過する

2 [46件] お急ぎ, こっちへ, すてて, はさんで, はなれてからは, へだてて, まっしぐらに, まつしぐら, まつすぐ, バスで, 一台の, 一散に, 上下の, 中心に, 全速力で, 北に, 南へと, 取って, 埋めて, 左に, 左へ, 巨大な, 徒歩で, 挟んで, 散歩し, 東に, 横ぎって山の, 歩いた, 歩き出した, 歩けば, 父は, 疾駆し, 盛岡から, 眺めて, 経由する, 行く, 見下して, 走る自動車, 逆に, 通った時, 通つてゐる, 通るよう, 通行する, 進んだ, 逸れて, 駆け出して

1 [553件 抜粋] あちこち歩い, あても, あとを, あの狼藉, あの盲人, いくと, いそぎ足で, いよいよ青梅, えらんで, おしくだり, およそ三哩, きしって, きしりきしり牛, くだって, こえそっと, ころがって, ごろごろごろごろいや, さして, さして出発, さながら韋駄天, さらに東, しずしずと, すこし戻っ, すすみ堂木山, ずっと見渡した, ずんずん須田町方面, その駕, それる, たど, たどった, たどった方, ちょッと, ついに二丁, つき当って, とある崖, とおって, とおる野菜車, とばして, とぼとぼと, とり岩手八日町, とろうかと, どうやら勝沼, どう向い, どこまでも, どん, ねって, のす燕, のぼり万場町, のろのろと, はさむ商店街, はるばると, ひいて, ひた走った, ひた走りに, ふたたび馬, ふだらく, ふりすてて, ふりわけ荷, ぶらぶらと, ぶらぶら歩い, まいりました, また横, まっすぐに, まっ直ぐ, まつし, まはつ, まん中に, めがけて, もう風景, やがて浜, やってくる専次, やってくる馬車, やって来る一人, やはり板橋, ゆくに, ゆくの, ゆくので, ゆく時, ゆく荷物車, ゆく鳥追い, ゆつくり歩い, よい加減, よこぎって, よこぎつて瑞厳寺, わがもの顔, わざわざお前, わざわざ馬車, カラの, ガタガタと, ガラガラと, スタスタ歩い, ステツキを, トットットットッと, トボトボと, トラックが, ノロノロと, ヒタ急ぎに, リヴジー先生の, レッド老人は, ヴィンセントが, 一二町行つた処の, 一人トボトボ歩い, 一心に走りつづけた, 一方へ, 一時間あまりも, 一時間ほど, 一時間余ガタくり, 一本道に, 一気に京都, 一目散に, 一緒に, 三ツ木上宿と, 三千人まで, 三四町あとへ, 上つて行つた, 上り下り致しまする, 上り妻籠, 上下しやす, 上方までの, 上野の, 下りました, 下手へ, 不破, 中に, 中野へんから, 丹沢山へと, 丹波に, 久七峠へ, 二人は, 二俣川ぞ, 二台の, 二里ばかり, 五六町行った, 五十碼ほど, 京へ, 京都に, 人が, 人通りは, 今も, 今朝暗い, 仕事先から, 代田橋から, 伊勢に, 何処から, 俥を, 俯きながら, 俯視し, 傍へ, 兄妹は, 先が, 先刻の, 入つた狛江村, 全速, 八分通り上つた, 再び吾妻川, 冒して, 出かけて, 切れて, 初瀬の, 初瀬川に, 利根の, 加島原町小高鷹野中津久満川富岡, 勢づい, 北の, 北行し, 北進し, 半里, 南にと, 南下した, 厚木の, 参勤とは, 反れて, 取り途中, 取ろうか, 古関の, 同じ日, 向うの, 向こうへ, 吹いて, 吹きぬけて, 吹きはらって, 吹き回す冷たい, 吹き立てて, 吹く風, 呑み込んで, 唯一度だけ, 喇叭の, 嘉手納に, 国栖へ, 圧して, 在所の, 埃が, 埋めた, 埋めつくす勢い, 塞ぎ止めたと, 塩尻まで, 外し露, 大分歩い, 大坂へ, 大湯温泉まで, 天城へ, 奔れ, 奔走した, 宿屋の, 富士の, 富士へ, 小一里, 小千谷の, 小半町先へ, 小戻り, 小関の, 少し奥, 少し往, 少し行く, 山之, 島々の, 島原へ, 巡講せし, 左手へ, 帰るつもり, 幼少女を, 幾日かか, 廻つて帰りませう, 引上げる, 弥勒に, 弥勒へと, 影と, 彷徨って, 彼は, 彼方から, 往き来しました, 往くを, 往來した, 往來する, 往来した, 徐ろに, 徒歩または, 御定法通り, 忍んで, 志して, 志て, 急ぎ足に, 急ぐ女, 急行軍, 想像し, 慌ただしげ, 戻り馬, 手に, 打たせて, 打たせるの, 扼して, 折れて, 抱き込んだ非常, 押さえ, 押して, 押し歩いて, 持って, 指して, 掃除する, 擁するところ, 故郷へと, 数碼ほど, 敲きながら, 整理し, 敵が, 斜めに, 新宿の, 新宿へ, 旅行し, 早くも, 早足で, 晝も, 普天間から, 暫く暗く, 曲って, 曲馬師の, 望んだり, 朝, 朝から, 東京に, 東京の, 東北に, 東進した, 松本に, 柳沢峠に, 楽々として, 横ぎってやがて, 横ぎって来た, 横ぎらうとして自動車乗りに, 横ぎりその, 横ぎり樫欅の, 横ぎるとつい, 横ぎッて, 横切つて海, 横切つて行, 横切りどこ, 横斷し, 正に荷馬車, 歩いてる夢, 歩かない, 歩きそれから, 歩きだしたが, 歩き出すと, 歩き始めた, 歩き疲れて, 歩き街, 歩く武者修行, 歩みはじめました, 歩み行くうち, 歩るいた, 毎日往き来する, 毛野川に, 求めながら, 汗水滴らし, 江戸へ, 江戸へと, 池田の, 流れ下って, 流浪し, 淵江村と, 渋川へ, 湖水の, 漫歩し, 激しい音, 激しく走り, 無我夢中の, 片輪者, 独占した, 琵琶を, 甲府の, 畑宿の, 疾走する, 登り始めた, 登り続けて, 白い埃, 百地三太夫に, 真っ直ぐに, 真っ直ぐ運転, 真つ, 真一文字に, 真正面から, 真直に, 真驀地, 眺めに, 眺め渡しながら, 空の, 突っ切って, 突っ切りだした, 突切って, 紅白美々しく, 經て, 美濃の, 羽生の, 背に, 胸に, 自分の, 自分は, 自動車で, 船坂峠まで, 若い母, 草鞋ば, 落ちのびようという, 落武者の, 蘆野原の, 蝙蝠の, 血眼で, 行きかう馬橇引, 行きやがて, 行き尽して, 行き抜けて, 行くお雪ちゃん, 行くの, 行くよりは, 行く道, 行く道庵, 行く里余, 行けば, 行けるだけ, 行けるところ, 行こうと, 行ったり, 裸身の, 西と, 西南に, 西南の, 見おろすと, 見て, 見まわした, 見まわして, 見ると, 見るよう, 見る目, 見失わないよう, 見張って, 見渡そうと, 赤坂へ, 赤尾村の, 走つて, 走つて行, 走りました, 走り下った, 走り出しました, 走り去ると, 走り通さねば, 走るよう, 越した向う, 越した向側, 越ガ谷の, 足に, 足早に, 跨ぐ提灯, 踏み出して, 踏んだ昔, 踏破させ, 身延まで, 車で, 車の, 辿りました, 迂回した, 逃げたという, 途方に, 通しの, 通ったの, 通った形跡, 通つた時分に, 通つてゐます, 通つて深夜の, 通らずに, 通らないで, 通りつけの, 通りて, 通りながらも, 通りぬけ, 通りましたが, 通りまする, 通りませぬよう, 通り此, 通る, 通るの, 通る人かげ, 通る人馬, 通る兵士, 通る参覲交代, 通る同族, 通る大名, 通る旅, 通る牛, 通る牛馬, 通る百姓達, 通る若い, 通る行軍兵士, 通る避難者, 通る馬, 通行した, 通行の, 通過した, 進み出した, 進むの, 進めば, 進んだが, 運ばれて, 運ぶ, 運搬され, 過ぎて, 過ぎると, 道中できね, 遙かに, 遠くは, 適度の, 選ぼうかと, 選んだの, 避けながら, 都合よく, 鈴を, 銚子まで, 降りて, 隔てた川べり, 離れ浅, 静に, 風の, 飛ぶ一点, 飛んで, 馬の, 馬打たせ, 馬車は, 駆けて, 駆け抜けると, 駆足して, 駈けて, 駈けぬけて, 駈け出したが, 駈け出します, 駒沢辺まで, 騒がしたあの, 騒がすの, 驀地に, 驚かして, 鶴嘴を, 鶴瀬から, 龍然

▼ 街道~ (709, 21.3%)

26 方へ 9 両側に 8 上に, 世話を 7 空を 6 方から, 方に, 方を 5 上を, 傍に 4 ほうへ, 上には, 土を, 宿, 空気の, 麹屋へ 3 ところどころに, 並木の, 入口の, 向うの, 空には, 立場茶屋で, 途中に, 麹屋に

2 [50件] いずれの, そばに, ところに, どの辺, ほとりに, まん中に, ように, 一部を, 上へ, 両側は, 両側を, 並木へ, 中央に, 中程の, 交通事業に, 人民を, 兩側には, 前後を, 埃を, 左右の, 左手, 彼方から, 方角へ, 旅人の, 旅人や, 旅人を, 最後の, 木戸は, 樹の, 活動は, 混乱を, 混雑を, 漁師の, 真ん中に, 真中に, 真中へ, 真中を, 立場茶屋や, 端に, 終点とも, 美しさ, 茶店から, 路面も, 近くに, 途中まで, 関所の, 闇に, 電車の, 駕籠の, 麹屋で

1 [475件] あかりの, あたりは, あたりへ, あの修羅場, あるところ, ある場所, うしろから, うちで, うちでも, うちの, うつりかわりを, うわさは, かたわらに, ことが, ことなどが, ことなら, ことなれ, ことに, ことには, ことも, ことを, このあたり, この判官石, すぐ傍, すぐ脇, そこから, そこここに, その峰, ところで, ところへ, ところまで, とちゅう, どっちかの, なかばに, ながい半日, ぬかるみを, はずれで, はんの, ほうから, ほうを, ほかに, ほどよき辺, まがりくねった楡, まんなかを, むこうへ, もどり道, もの靜かな, よい整理, ようで, ような, わきは, ウジ虫め悪く, カグラ芝居を, トラック連絡が, バスの, マンナカに, 一つに, 一件以来あいつ親分に, 一件物が, 一切の, 一宮へ, 一宿場な, 一宿場に, 一宿駅で, 一本道, 一本道を, 一点景に, 一立場厚木の, 一行人に, 一親分じゃ, 一軍は, 一部が, 一部で, 一部は, 一重彼方には, 一駅であります, 一駅に, 丁字形の, 丈高き, 三方に, 上だつた, 上は, 上下に, 上野原という, 不安を, 世話する, 世話の, 世話家業の, 両側には, 両側の, 両側や, 並木から, 並木に, 並木を, 並木道に, 中で, 中の, 中ほどに, 中仙道で, 中山道口へ, 中途である, 丸山台表の, 二本松と, 二本松に, 五月は, 交通は, 交通輸送の, 人なき, 人の, 人中を, 人家には, 人足で, 今庄宿まで, 仕事は, 仕事も, 以前の, 伊皿子坂の, 位置から, 位置に, 佐用江見村勝間田そして, 俥の, 側なる, 傍から, 傍には, 傍は, 傍を, 先へ, 光景までも, 入口で, 入口まで, 入口利根川の, 分れ道で, 分岐点で, 切所へ, 到るところ, 前方から, 加賀の, 勤めから, 北側に, 北側の, 北方に, 十分の一も, 千住あたりを, 南北一里余の, 南手に, 印象は, 取つき, 取り締まりを, 口と, 口に, 口海の, 古い並木, 古い宿調布町, 古びた草紙屋, 古風な, 右左に, 右手に, 名あり, 名残, 名残の, 名残を, 向うから, 向うでした, 向う側に, 和田峠常あたらしき, 咽喉で, 商人らは, 国分へ, 土にも, 土の, 土堤の, 土屋という, 地上に, 地勢を, 地響しげき, 坂下の, 埃に, 埃も, 堤へ, 塵を, 塵埃が, 塵埃を通して, 境を, 変遷は, 夕暮で, 夕暮を, 夕靄の, 外れへ, 外浜に, 大前, 大松原, 大福屋や, 大路を, 奈良井の, 奧から, 女なんぞに, 如き森林, 如き都, 孤独の, 安旅籠, 家々からは, 家の, 宿で, 宿では, 宿場, 宿場宿場を, 宿駅を, 寂寞を, 寒葉へ, 寢覺の, 小さな一軒, 小仏, 小坂相原村の, 小料理屋を, 小田原屋という, 小間物屋の, 小関天満山の, 山ぞいに, 山の, 山家には, 山路に, 山路は, 岐道には, 岨道を, 峠にあたる, 川越しの, 左側の, 左右には, 左右を, 左手の, 巨き, 平坦な, 幾返, 広い往還, 府中から, 府中に, 庶民は, 形を, 役人の, 彼方に, 彼方へ, 往來に, 往来が, 往来の, 往還に, 往還へ, 往還申し分は, 御用出勤御, 御長旅, 惡者殆ん, 手近な, 折所や, 推し移りを, 散策に, 整理は, 敵地の, 新宿出入口は, 方で, 方なんかへは, 方には, 方にも, 方の, 方は, 方へと, 方角にも, 方角を, 方面から, 方面に, 方面にも, 方面へ, 旅は, 旅人へ, 旅籠の, 旅籠屋にて, 日本亭の, 春いまだ, 時分には, 景色また, 曲り角往来の, 月を, 朝を, 木幡口六地蔵の, 木戸を, 木立に, 本街道, 本通りへ, 本道を, 杉の, 杉並木である, 杉並木に, 村外れといふ, 村岡や, 松の, 松の木の, 松並木が, 松並木ちょうど, 松並木で, 果迄, 柏木方面奥州浜街道の, 栄花今の, 栗橋の, 植木なぞ, 様子は, 横に, 樹も, 橋が, 橋畔の, 橋袂に, 次から, 歩きよい, 比叡, 比喩と共に, 比喩に, 民家へ, 汚い煮, 浅川宿であろう, 浮浪犬で, 浮浪犬に, 淋しい松, 混乱から, 混雑から, 混雑は, 湯檜曾から, 滝阪から, 漂泊人仲間を, 漂流人は, 灰色な, 燕沢いわゆる, 片すみに, 片すみへ, 片側には, 片脇に, 犠牲, 狐でも, 狐にでも, 独り夜道と, 狭いの, 琵琶の, 田圃道が, 盗賊めく, 盛衰に, 直ぐ傍, 真中まで, 真只中に, 真直ぐで, 眺めが, 砂ほこりに, 砂を, 砂利が, 砂埃を, 砂塵に, 砂煙り, 碇ヶ関の, 磯道を, 神様である, 空に, 空気に, 突当りに, 立場茶屋の, 端には, 紆曲に, 終るところ, 給田に, 継立ても, 維持とに, 繁昌も, 脇道に, 膝栗毛なぞを, 至るところ, 舗石の, 芒原で, 茶屋は, 茶店で, 茶店へ, 荷持の, 華やかなりし, 蔭口を, 薄暗い村里, 藤ヶ谷の, 行く先は, 行手に, 行手には, 街路を, 表に, 表通りへ, 裏の, 裏手にあたって, 裏手を, 裸に, 西を, 要地で, 要地に, 要害, 要害でも, 要所を, 要衝だ, 要衝である, 見まわり, 親宿, 角の, 調布では, 譬と, 貸席青柳の, 赤志附近から, 赭土に, 跡が, 路上で, 路傍の, 路幅一杯を, 車夫は, 輸送に, 辻で, 追分から, 追分が, 追分を, 途中にあたる, 途中へ, 通じて, 運命とを, 運命を, 道の辺には, 道ばたの, 道へ, 道を, 道幅を, 道案内を, 道端に, 道筋では, 遠くを, 遠景の, 郡内あたりは, 郡内という, 釣男飛んだ, 錺屋に, 開通される, 閑な, 間道に, 関宿の, 関所は, 関門を, 闇闇よりも, 難儀が, 雨, 雪が, 雪たかく, 雪も, 雲助でさえも, 雲助は, 電柱が, 電線を, 靜けさ鐵物いかめしき, 面影が, 面影を, 頻繁な, 風儀も, 風儀や, 養宜, 首塚と, 馬子衆や, 馬糞や, 馬車にも, 馬車は, 駅, 駒木野の, 駕籠立場まで, 騒ぎを, 騒動が, 高い不便, 高原とは, 鶴川だろう, 鶴川で, 鶴川では, 麹屋が, 麹屋の, 麹屋へも

▼ 街道~ (365, 10.9%)

18 出て 9 沿うて 6 出た 5 添うて 4 伝わって, 出る, 続いた 3 さしか, 向って, 接して, 面して

2 [21件] なって, のぞみ囂音, 上って, 働いた人たち, 出たの, 出で, 出ました, 出ると, 於て, 沿って, 活気を, 添うた位置, 添うた軒先, 白菊植え, 立って, 葬式が, 遇ふ, 達すると, 集まって, 面し牛車, 馬車が

1 [261件] あがった, あった, あった一本, あって, あらわれて, あるの, ある他, ある村, いなかったの, いるの, いる盲乞食, うす日, うす紫色の, うつったり, おりおり見られた, おろし菓子屋, お使番, かかる, きてから, きのうまでは, くると, ぐずついて, さしかかった, さて零れ落ち, したかと, して, しよう, そう豪農, そった山, そった駄菓子屋, そって, ただ一つむかし, ちかき丘, つづいて, でき上つた風船, なつて, にじり出て, のぞみて, のぞみ親しく, ひらけること, むかったところ, もどった, やけに陽, やって来る, ろくなこと, わだち, ペンキ屋の, 一つ村の, 一つ見, 三度ありました, 三組の, 上った, 並ぶ人家, 並ぶ白楊樹地中海, 並んで, 事の, 人力車が, 今市の, 伝わるうわさ, 傍い, 働いて, 充溢し, 光るの, 入り込んだ, 出たが, 出たと, 出たら突然, 出た邦夷ら, 出づる水, 出でて, 出でぬ, 出ますと, 出やう, 出ること, 出るまで, 出る城外, 出る小さな, 出更に, 初雪を, 別れるので, 到り路, 取憑かれたの, 向いて, 向い一組, 向うて, 向かって, 変えて, 姿を, 寄ったところ, 小さいちよろちよろ, 居住する, 屋根の, 屯し, 山が, 差しか, 巻き起つた騒ぎ, 帰東の, 当って, 当り且つ, 当るを, 彼は, 待ち受けた, 待って, 従つて海岸を, 忍び出た, 怪しいもの, 成って, 戛, 戯れて, 据ゑたる關の, 接した表座敷, 接した表門, 散策を, 旅人が, 昇らうと, 札を, 来かかった旅人, 松の木植え, 植えられて, 横行する, 歩み旋りぬ, 残った, 氷の, 汽車の, 沿いながら, 沿い東野山方面, 沿うたところ, 沿うた大きな, 沿うた番場, 沿うた軒先, 沿うところ, 沿う一聯, 沿う小, 沿う民家, 沿う町, 沿う脇本, 沿える村, 沿った一, 沿った土堤, 沿った穢い, 沿つた村の, 沿つてゐ, 沿ひ, 沿ひし, 沿ふて, 添いながら, 添うた村, 添う位置, 添う家, 添う石垣, 添った納屋, 添って, 添つた林の, 添つて既に, 渡つた, 満ちて, 満つる, 滑らかに, 煙草屋下駄屋小間物屋の, 片寄せて, 狂刃を, 獅子毛天狗顔を, 現れたその, 現れたの, 現われて, 生えたよう, 生まれて, 當つて居る, 當て, 當れる, 白菊うえ, 白菊植ゑて何を, 目を, 砂ほこりを, 砂埃を, 積もった雪, 穏便の, 立ち出, 立ち出て, 立つて, 立戻り, 竝んだ, 童子等集る, 竹買いに, 紛れも, 結びつけて, 続いたこと, 続いて, 続くの, 続く牛馬, 続く道, 続こうと, 網を, 縁の, 群れを, 義元塚を, 聞こえた人通り, 肴屋は, 脅迫と, 至り附近, 至れば, 荷物を, 落して, 落ちて, 落ち肩, 落としながら, 蘭と, 蝙蝠なぞの, 見えなくなった, 見られない図, 見られなくなって, 見物客を, 赴いて, 起こって, 車の, 軍を, 転じて, 迎えた, 迎えたかった, 迎えること, 迎えるの, 近い位置, 近い村, 近い町はずれ, 近い西青沼, 近く一は, 近し, 迷ひ出, 送り込みお, 逃げて, 逃れ出た, 途中で, 通じたところ, 通じる道, 通ず, 連れ出して, 遊びに, 鉄蹄を, 銀を, 長蛇の, 關する, 降りて, 降り立って, 隠れて, 隠徳, 青く角, 面したか, 面したがっしり, 面したガラス戸, 面した千余坪, 面した家, 面した村, 面した梟木, 面し裏, 響いた, 飛び出した, 馬糞の, 馬蹄を, 駐屯し, 駕と, 黒くしょぼしょぼ雨

▼ 街道~ (182, 5.5%)

24 出て 9 出た 5 出たの 4 出ると, 来て 3 向って 2 おりる, おり口, さしかかった, でて, 出ること, 出るには, 参って

1 [119件] いらっしゃいまして, おかずに, おびき出して, おりかかる時, お出ましに, かかりさえ, かかること, かかると, かけて, がんがん聞こえ, こころざしました, さしかかりました, さしかかる頃, すぐ由造, その家, たち現われた丹下左膳, つづく, つづく平野, でるまで, はいって, まろびなだれ, わかれわかれに, 一本道後を, 一直線に, 上がって, 下りるには, 乗り入れました, 二つの, 伝わって, 伸して, 働きに, 先生の, 先駆は, 入った様子, 兵馬を, 出かける払, 出たとき, 出たところ, 出たもの, 出たらこの, 出た時, 出てからも, 出ないで, 出ましたので, 出ようと, 出るだろうそれ, 出るつもり, 出るの, 出るまでは, 出るより, 出るコース, 出る棒端, 出る處, 出る近道, 参つて何者ぞ, 取って返しました, 各, 合する, 向けて, 向わないで, 差しか, 差掛る, 引張り込み藤ヶ谷, 急いで, 急進を, 戻って, 戻るか, 打棄, 折れたという, 折れて, 折れるつもり, 折れ込み千厩, 抜けろ, 押つかぶさる, 押出す, 捨てた子供, 捷径の, 掛りましたの, 接した塀, 日が, 時々陰影, 曲って, 来てから, 来るの, 来る夏, 案内する, 次第にかかっ, 歩み出しました, 現れて, 現われたの, 登った, 登るわけ, 続々溢れ出, 続くの, 繋って, 續く, 置くに, 脱ける, 行かなけりゃア, 行が, 行って, 西へ, 見えた二人づれ, 走りましたが, 路を, 踏み出したよ, 躍り出た, 送って, 送り込まれたはず, 送ろうという, 通ずるよう, 連れられて, 釣り出そうと, 降りたところが, 雨が, 電車での, 飛び出したそう, 飛び出し互いに, 駈け戻って

▼ 街道~ (174, 5.2%)

3 の混雑

2 [12件] にい, に働いた, のこと, の問屋, の宿, の宿駅, の方, の旅人, の雲助, へ出, へ出る, を出歩かない

1 [147件] からそれ, から前山, から可, から毒虫扱い, から言え, がにわかに, が追剥, ことに大きな, だ, であったが, であったとは, であったらしいの, である, でなければ, での奉公, ではある, ではおよそ, では中津川, では名高い, では隠れ, でも祭り替える, でわけても, でボンヤリ追憶, で女巾着切, で引戸, で藩士, で見かけた, で見付けた, で道中姿, といひ, と山内一帯, と運命, にあ, にあたって繁昌, にある, にうず, における相当, にこれ, につながる, にどんな, にはその, には上州, には廣, には早く, には朝, には知れ渡っ, には篝, には群, にまであらわれ, にまでおおいかぶさっ, にもえらい, にも一揆, にゴロゴロ, に一株, に並ぶ, に住む, に出た, に出向, に及ぼした, に存在, に建っ, に当たる諸, に当っ, に当る, に暮らし, に沓掛, に瓜畑, に當, に當つて, に続い, に総督, に草鞋, に起こっ, に辻斬, に迎えよう, に近く, のお, のマーケット, の上下, の人, の人気, の住民, の其, の取つ附き, の古風, の固め, の地勢, の堅め, の家並み, の宿場宿場, の宿役人, の居酒屋, の市街, の庄屋仲間, の或, の旅籠屋, の東西, の模様, の殺風景, の民家, の町, の破落戸ども, の藩, の裏, の要所, の見納め, の講中, の賑, の通行, の馬子上り, の馬子風情, の馬肉屋, の驚愕, の高台, はまだ, はをち, は山陰, は暫く, は松明, は残し, は獣, は申す, は鵜, へおっ放し, へ伝わっ, へ出た, へ出られるであろう, へ出張っ, へ眼, も塵一つ, をぼんやり, をも変えず, をズンズン, を下っ, を五, を出歩く, を往来, を灰, を矢, を西, を見渡し, を辿っ, を送られ, を通っ, を通過, を運送屋, を除い

▼ 街道~ (150, 4.5%)

2 此山の, 白く弓なり, 雪で

1 [144件] あの水, いとわしいこと, おのおの二里十六町まさに, おろか峰の, お民ら, こうして新造自身, このごろは, この深い, この高原, ごたごたした, ごたごたします, さびしく長くつ, そこから, そこに, そのため, その人, その山, その廣間, それ相當の, たびたび通る, どうなろう, どこまでも, どちらへ, ひそまり返る, ひっそりし, ひとりでに高い, ふたたびもと, ほぼ一, まことによろしい, また関所, まっ直ぐ, まつすぐ, まんまんたる, むかしの, やがて河内平野, わずかに, ゲリジム山麓を, 一層混雑, 三年前丑年の, 三里十五町文挟の, 五兵衛の, 人一人歩い, 人通りも, 人馬の, 今も, 今日すこし, 今日に, 何マイルも, 何処の, 僅に, 元来上の, 六十年ばかり, 凄まじい人出, 利根の, 刻一刻と, 割合に, 四里の, 塵が, 塵埃で, 変わって, 夕立の, 夕風立っ, 大へん, 大目付滝川播磨守が, 大部分繃帯, 寂しかった, 小山の, 小諸へ, 展望を, 山裾を, 岡を, 川の, 平らかである, 平地から, 平坦な, 幾分今日, 彼ら中馬が, 往くさ, 往来止めだ, 恰も此, 敵の, 断続榲, 斷續榲, 旅の, 日によっては, 明治の, 昔敵兵が, 是れ, 暮れて, 曲折の, 木戸八銭十銭の, 木曾と, 木曾風の, 本街道, 杉木立の, 村落の, 東京より, 森閑として, 次第に白く, 此丘を, 歩くに, 歩けません, 毎年の, 水が, 江戸から, 河の, 海に, 清掃され, 渋川で, 無事に, 狹い, 甲州の, 白い埃, 白っぽく埃, 相變ら, 眞野の, 真っ直何処, 真暗で, 碓井この, 磯へ, 稀に, 立ち並んで, 笠や, 織るよう, 草原から, 街道である, 見えず妹, 見る中, 見渡されるが, 谷も, 車や, 車尾村に, 近い, 近江から, 道が, 道幅が, 道幅とてもそう, 遠く大和, 遥か頭上, 避難者で, 雑沓し, 飛び飛びに, 鬼哭啾々という, 麻畑の

▼ 街道から~ (124, 3.7%)

2 では, 外れて, 曲り細い, 横に

1 [116件] ある街道, お元, かけ込んで, このとき, この愛すべき, この辺, これへ, しきり, すこし離れた, その方, それて, ちよつと, ながめたよりは, ひだりへ, やって来た別, カチューシャの, クリオ街道を, ゾロゾロと, フランスの, ヘッドライトが, 三崎へ, 上方路へ, 二三里横に, 二里も, 五軒町の, 井戸田古鳴海へ, 仰いでも, 伊那へ, 北へ, 北国筋あの, 十丁とは, 十丁程, 十四五歩船橋の, 十里ばかり, 反れて, 反れろ, 取片づけて, 右に, 右へ, 名古屋京大阪を, 国境を, 地所には, 大田切小田切の, 奈川渡に, 女など, 女の, 小路が, 小道までを, 岐れ, 幾折にも, 幾折れ, 戸頭へ, 戸頭まで, 押し寄せて, 指された, 望まれる, 望み見て, 木立と, 本郷森川口の, 来たか, 来た二人, 来るか, 東へ, 東海道に, 東海道へ, 横道へ, 此方へ, 此方を, 毎日仕事に, 江戸表へ, 流れて, 海の, 淀の, 深い溪, 湧き起つたもの, 無事に, 無難に, 田の, 田畑の, 登れば, 白く輝く, 眺めた大洞川, 磯へ, 稲葉地の, 笠置口へ, 笹子小, 築きあげられて, 紀伊見峠の, 細道へ, 耕地へ, 聞こえて, 脱けられなくなり, 自動車に, 蓮池の, 衝と, 裏道までを, 製材所の, 西に, 西の, 見えるところ, 見えるの, 見られるよう, 見下ろす位, 見通しで, 足を, 進撃した, 遠くなる, 遠く望まれる, 遠く見送る, 釜無川を, 長くとり残され, 離れた, 離れる思い, 雪の, 駄賃馬に, 龍田へ

▼ 街道~ (89, 2.7%)

1 [89件] ああいう, あくせくと, あそこの, あつた, いえば, お優さん, お松の, お百姓, お腹を, このがんりき, さえ日, すっかり慣れ, その対角線, その頃, それらしい, たしか武山, ちっとも難渋, ばさ, ぽつりぽつり人家, めずらしいこと, もう一つ, よくみんな, よく見かける, ギャソリンの, サヴォアの, テスト数回やった, トラックが, パンクし, ベソを, 一方に, 乞食を, 二人は, 二度目は, 俊基朝臣が, 兄正成の, 其の日, 刃傷の, 南条なにがしから, 友人の, 取り逃がしたため, 四五町ほどの, 塩尻洗馬もと, 変な, 大型の, 寂寞無人道跡は, 小商人, 居酒屋を, 年を, 彼と共に, 彼を, 御飯ア喰ってる, 復活せる, 我々は, 打合せた通り, 数歩前の, 新に, 旧暦十月八日に, 春日重蔵を, 有名な, 此処に, 浪之, 測らずも, 澄江を, 片側が, 物騒がしい声, 玉を, 石標の, 笠を, 終わった, 聴きましたの, 自動車が, 自動車に, 舁夫を, 色々土人, 落着く, 行きあう村, 見かけたと, 見かけたという, 親の, 親分と, 赤尾の, 踊って, 身代を, 追っかけを, 過ぐる日, 野良が, 願書に, 駒を, 鬻いだ所

▼ 街道~ (73, 2.2%)

3 ある, 通って 2 我孫子を, 横たわって, 白, 真直に

1 [59件] ありますから, あるの, いつの間にか少し低く, これから村, ごたごたし, そこに, どういうこと, どうなろう, なくなりも, ぬかッ, ひと筋に, ゆく, ドヨめきました, 一条海に, 一直線に, 三つに, 二股に, 低く連なる, 何の, 出来た, 出来て, 坦々と, 埃で, 埋って, 大きいので, 小さな峠, 峽の, 市内の, 幾マイルも, 広小路に, 思ひ出, 急カーヴ, 映って, 栄えた時分, 此港と, 水, 河原へ, 浮んだ, 激流の, 点々と, 畑から, 畑と, 白く見える, 白く走っ, 目の, 直通し, 続く, 薄ら白く, 西から, 見えた, 見えだす, 見える, 見えるが, 賑か, 走つて, 近いと, 通じて, 通ずる, 鍋づる形に

▼ 街道には~ (59, 1.8%)

2 一人の, 旅人の, 草蒸し

1 [53件] あさましくも, いろいろな, うら, がんりきと, すべて一列の, ちと難儀, ところどころ白い, にわか建ての, ひとしきり荷駄, まだ処々, まだ街道, もう人影, やはり旅商人, 久しく村落, 二人の, 些と, 人影も, 人通りも, 伊勢参宮の, 八月の, 冬の, 利かぬ気, 前にも, 変った人々, 多く竝木ある, 多勢巡礼が, 大串, 宿場も, 小川土佐守, 往来の, 日の, 時々人, 時々遍路者, 有名な, 毛付け, 物取りや, 猿羽織を, 畠が, 相応わ, 短い間隔, 簪の, 絶えずチラホラと, 荷を, 荷馬車の, 蔭に, 街燈が, 街道で, 車が, 車の, 近頃植えた, 途中で, 避難者が, 馬と

▼ 街道~ (47, 1.4%)

2 並行した

1 [45件] いわず小道, いわず足利勢, いわれたほどに, いわれる松戸, きては, さびしい心, ちがい折所, ちがって, なりあるいは, なりて, なり青山, なる, なる幸手, はさのみ, よんで, チトセ越え, ッとと, ニヴェルの, フリシュモンとの, 一条の, 丁字形に, 並行に, 中仙道その, 中仙道との, 中山道との, 中山道の, 云えば, 云つた, 云ふか或は, 云わなければ, 出会うあたり, 半蓋馬車, 呼ぶよう, 善光寺道との, 対い合った, 日光街道との, 村方の, 洒落の, 申しますと, 稱へらる, 穂波の, 紀州より, 言つて鐵道も, 飛騨の, 館林に

▼ 街道~ (44, 1.3%)

4 今日は 2 あるよ

1 [38件] ある, あるのに, ごたごたします, さっぱり寂れ, そこまでは, その前, その終点, だいぶ詮議, だん, ないペラゲーヤ, なかなか風情, ひっそりし, ひっそりと, まあだ砂利, ますます山道, 一すじの, 一八四八年以後の, 人影一つなく, 伊吹の, 勘平宅も, 参覲交代制度変革の, 同じこと, 多忙な, 大薮も, 宿屋も, 後へ, 日に, 時々は, 更けて, 東へ, 次第に整理, 此辺を, 河堤も, 渡波で, 聞き及ばねば, 見えなかった, 見える, 通じました

▼ 街道では~ (19, 0.6%)

1 [19件] あるが, おれたち二人が, ない, ない廢道, めずらしいこと, よく道, 例年の, 四分五裂に, 四月二十七日に, 東京ものらしい, 林蔵と, 林蔵の, 栗色なめし, 江戸出府の, 獣皮屋の, 痲疹の, 車が, 馬を, 鳥居峠の

▼ 街道~ (19, 0.6%)

1 [19件] なので, に一台, に当ります, に現われ, に陣取っ, のいずれ, のところ, のほう, の三, の交番, の城門, の塩川城, の木戸, は, は内藤新宿, は千住, へさしかかった, までわざわざ, を出入

▼ 街道にも~ (18, 0.5%)

2 あらわれて

1 [16件] うしろの, その権威, のりものは, まだ一馬, 二三人の, 人影一つ見えなかった, 人通りは, 出稼ぎする, 及び特に, 外れて, 小路にも, 杉や, 生気の, 町にも, 異状が, 石ころが

▼ 街道~ (15, 0.4%)

2 宿場の

1 [13件] 五日市街道を, 動いて, 小径を, 武蔵口などの, 熊谷の, 糸魚川街道さらに, 耕地に, 背負い袋, 若草の, 菜園や, 藤の, 蟻腰越え, 龍華越え

▼ 街道まで~ (14, 0.4%)

2 出て, 来ると 1 すすめた, つづいて, 出にや, 姿を, 息も, 歩いて, 翁を, 腹這いに, 見送って, 車の

▼ 街道という~ (10, 0.3%)

1 ことも, ところへ, のは, ものは, ように, わけな, 往還にも, 感じの, 街道の, 街道へは

▼ 街道生活~ (9, 0.3%)

2 を思い出し 1 から身, の日記帳, の結果, の間, を床, を記念, を送り

▼ 街道へと~ (8, 0.2%)

1 よほど外れ, 出た, 出て, 徐々に逃げ退い, 志しぬる, 怒りの, 足を, 跳び出し私

▼ 街道より~ (8, 0.2%)

1 ずッ, もっと幅, 一は, 右に, 散入, 最つと, 迂折, 頼春と

▼ 街道~ (7, 0.2%)

1 からで, が東, と教えられる, ね, よ, ッ, 散々苔が

▼ 街道でも~ (7, 0.2%)

1 あらうか, たしかこの, なければ, 殺されるところ, 追分沓掛軽井沢などは, 門外でも, 領土の

▼ 街道~ (7, 0.2%)

2 の料理屋なんど 1 でこの, で女, の, の牡丹, の田畝

▼ 街道との~ (6, 0.2%)

1 その有名, 交叉の, 交差角を, 聯絡路を, 要所である, 間で

▼ 街道~ (6, 0.2%)

1 での難所, で列, に流れ出し, の一, の関門, の騒動

▼ 街道での~ (5, 0.1%)

1 けんかかと, ことだった, 乱闘の, 大混雑, 恩は

▼ 街道~ (5, 0.1%)

1 のである, のでございます, ので叢, ので知嘉姫, んだ

▼ 街道にまで~ (5, 0.1%)

1 あらわれて, その影響, 入り込んだこと, 響けて, 飛び出す

▼ 街道それ~ (4, 0.1%)

2 から西洋街道 1 もぐつと昔, より鹿沼道

▼ 街道にて~ (4, 0.1%)

1 後に, 手帳を, 磔刑に, 類想と

▼ 街道への~ (4, 0.1%)

1 のどく, 出入り口出入り口に, 旅路に, 要路で

▼ 街道らしく~ (4, 0.1%)

3 小さな電燈 1 たとえまれまれ

▼ 街道~ (4, 0.1%)

1 といわれた, と唄われた, の家繁昌, の絶景

▼ 街道~ (4, 0.1%)

4 一の

▼ 街道経由~ (4, 0.1%)

1 で上京, で上洛, で帰国, の順路

▼ 街道あたり~ (3, 0.1%)

1 では皆枕附, で再び, の畷路

▼ 街道からも~ (3, 0.1%)

1 三騎七騎十騎と, 眺められた, 背後の

▼ 街道である~ (3, 0.1%)

1 から渡し船, が, ものと

▼ 街道とは~ (3, 0.1%)

1 いいながら, すっかり方角, 名ばかりで

▼ 街道とも~ (3, 0.1%)

1 いふ道, 別れ上水, 思われぬに

▼ 街道について~ (3, 0.1%)

1 三吉は, 南へ, 福島の

▼ 街道へは~ (3, 0.1%)

1 ぽつぽつ五月, 尾州家から, 騎馬の

▼ 街道らしい~ (3, 0.1%)

1 ものの, 並木も, 小さな電燈

▼ 街道一切~ (3, 0.1%)

1 のめんどう, の塵埃ッ, の面倒

▼ 街道付近~ (3, 0.1%)

1 の助, の村, の百姓

▼ 街道名代~ (3, 0.1%)

1 の名物, の悪, の草津

▼ 街道方面~ (3, 0.1%)

1 とはまったく, よりの入り口, を選ん

▼ 街道いたる~ (2, 0.1%)

1 所で, 所の

▼ 街道~ (2, 0.1%)

1 その方, まるで知らず

▼ 街道からは~ (2, 0.1%)

1 すこし高い, 余り距

▼ 街道きっ~ (2, 0.1%)

1 ての悪, ての評判

▼ 街道その~ (2, 0.1%)

1 向うが, 外には

▼ 街道であっ~ (2, 0.1%)

1 てその道, て五月下旬

▼ 街道であった~ (2, 0.1%)

1 ことが, ように

▼ 街道といふ~ (2, 0.1%)

1 ものを通して, やうに

▼ 街道とが~ (2, 0.1%)

1 山中で, 町の

▼ 街道とを~ (2, 0.1%)

1 くらべて, 隔つる堤上に

▼ 街道なりに~ (2, 0.1%)

1 楕円形な, 楕圓形な

▼ 街道へも~ (2, 0.1%)

1 六月下旬の, 手を

▼ 街道よりは~ (2, 0.1%)

1 わきへ, 西の

▼ 街道わき~ (2, 0.1%)

1 に御, の古寺

▼ 街道をと~ (2, 0.1%)

1 つこうつ眺め, ほる人々

▼ 街道をば~ (2, 0.1%)

1 人を, 荷を

▼ 街道ロシヤ街道それ~ (2, 0.1%)

2 から西洋街道

▼ 街道~ (2, 0.1%)

2 口の

▼ 街道仲間~ (2, 0.1%)

2 の不平

▼ 街道~ (2, 0.1%)

2 ひに

▼ 街道~ (2, 0.1%)

1 の八畳, の墓地

▼ 街道六十九次~ (2, 0.1%)

1 とも言った, の宿場

▼ 街道宿泊~ (2, 0.1%)

2 の方法

▼ 街道~ (2, 0.1%)

2 ぼれ道

▼ 街道往還~ (2, 0.1%)

1 の傍, の左右

▼ 街道~ (2, 0.1%)

1 顏の, 顔の

▼ 街道沿い~ (2, 0.1%)

1 で繩暖簾, の町筋

▼ 街道稼ぎ~ (2, 0.1%)

1 の荷物持ち, の裸人足共

▼ 街道~ (2, 0.1%)

1 な出格子, の屋造り

▼1* [158件]

街道ありてこれ, 街道あれをどこ, 街道いずこにも, 街道いずれをも飛ん, 街道いちめんに流れ, 街道および甲州街道は, 街道かせぎの駕かき, 街道こそ加能両国を, 街道発って, 街道さらに北信では, 街道じゃないか, 街道じゅうどの家の背戸, 街道ぢの, 街道すぐに水田, 街道ぞいに八王子市, 街道だけに磔柱六百を, 街道だった道が, 街道つづきの長者園, 街道てえので松戸, 街道でしてゐた, 街道でしたから海, 街道ですからパンパチパチ, 街道でないのだ, 街道でなくそしてまた遍路, 街道とかの要所に, 街道などにこの形式, 街道などを往き来う, 街道なら本街道, 街道にあたって来た, 街道にあたる西の, 街道における輸送の, 街道にてはままそんな, 街道にでもありそう, 街道にとって東へ, 街道のぼり行けば鵯, 街道のむこうに, 街道ばかり歩くわけ, 街道ばかりとは限らない, 街道ひた走りに飛ん, 街道へでも出たよう, 街道また青梅街道と, 街道までの三幕を, 街道までもかず枝, 街道よりに陣し, 街道よりの丘の, 街道らしき並木, 街道をずつと富士川まで, 街道をぞろ, 街道をなだれて, 街道をはだか, 街道をも封鎖し, 街道を通して手に, 街道を通じてすでに堅く, 街道一円切取り勝手だちいうし, 街道一杯に冬, 街道一町か二町目毎, 街道一筋だろうね, 街道一路備中の国, 街道三道のわかれ道, 街道三里の泥水, 街道下手は海, 街道中ノ郷の諸, 街道中之郷の北山, 街道中仙道甲州街道の手近, 街道中央の位置, 街道二里を彼, 街道五十三里を大名行列, 街道交通の要路, 街道の心理, 街道人家の前, 街道人家畑の中, 街道人足に迫害, 街道も人通り, 街道会津街道はおのおの二里十六町, 街道住吉の外れ, 街道信州路を掛け, 街道の糞壺, 街道全体をふさぎ, 街道八幡の不知森, 街道其向うは草叢, 街道其背後の暗, 街道剣難の辻女難, 街道は田原本, 街道十五哩は確か, 街道十曲峠といふ峠一つ, 街道は岡寺, 街道南裏の稲荷, 街道口そこには伊勢, 街道口その他に非常, 街道口宿場立場へ頼ん, 街道口豪農道家清十郎の宅, 街道口豪農道家清十郎宅まで参らるべし, 街道口隠し屯所へ, 街道右手を並ん, 街道名物の江戸徳川宗家, 街道唯一の温泉場, 街道問屋の一人, 街道垂井の宿, 街道奈良井の駅, 街道奈良街道の要地, 街道姫塚の瀧夜叉姫, 街道安全の橋普請, 街道家並のある, 街道宿駅の上, 街道巡察のさい, 街道巣鴨は板橋, 街道平野部落へかけ, 街道往来の馬車挽, 街道忽ち馬塵が, 街道思うとおりに, 街道或は大生郷の, 街道所謂宜野灣, 街道抜道へすぐ, 街道捨児の事, 街道政宗は街道右手, 街道春日の參道, 街道時分のステエシヨン, 街道最奥の部落, 街道木戸番所に詰め, 街道木曾街道糸魚川街道などを往き来, 街道本来の寂しい, 街道東側にあつ, 街道東山道奧州街道の如き, 街道東海道まで土蔵, 街道東海道北国街道三道のわかれ道, 街道棒鼻の辻, 街道へ切れる, 街道浜づたいの三道から, 街道湯本の茶屋, 街道たる一筋路が, 街道狭しと歩く, 街道甲州街道をごろごろ, 街道甲州街道東山道奧州街道の如き, 街道目ざして練っ, 街道目掛けて走り出した, 街道磯道づたいの三道があり, 街道立場の場, 街道筋その他のこと, 街道筋まれなる小宿, 街道糸魚川街道などを往き来, 街道続きで昔, 街道につづいた, 街道茶屋が見え, 街道荒しの浪人者, 街道藤森に於, 街道衝要なところ, 街道要害の地, 街道越前を敦賀, 街道という類, 街道近江から越前, 街道追分近くの裏道, 街道通いの行商人, 街道門柱としての笹子, 街道附近で見失い, 街道もせまっ, 街道隊浜べ隊, 街道飛ぶ鳥は, 街道落しよ