青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「街路~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~行動 行動~ ~行方 行方~ ~行為 行為~ ~術 術~ ~街 街~
街路~
~街道 街道~ 衛門~ 衝動~ ~衝突 衝突~ 衞~ ~衣 衣~ ~衣服

「街路~」 1501, 16ppm, 6973位

▼ 街路~ (323, 21.5%)

14 上に 9 先端に 6 灯が 5 方に, 真中を, 舗石を 4 うちに, 上を, 左右に 3 上には, 方を, 真中に, 舗石に, 舗石は, 角に

2 [21件] すみずみ, まんなかで, まんなかに, トある, 上で, 上の, 両側に, 中に, 中央に, 向こう側の, 向こう端, 奥に, 廣き, 敷石の, 方が, 方には, 方へ, 曲り角に, 舗石から, 舗石の, 角の

1 [207件] あらゆる街灯, いきれが, いずこ, うち私が, かたに, かなり先まで, ごつごつした, ざわめいた物影, すみから, すみからすみを, その明るみ, それぞれの, つき当り, にぎやかな, ほうから, ほうを, ほこりが, まん中に, むこうへ, ゆくてには煙, アスファルトの, イリオンの, ガラスを, ショウ, リージさんの, 一つに, 一方から, 一片が, 一角を, 一部に, 一部や, 三分の二も, 上から, 上では, 上は, 上人の, 上方に, 両側には, 両側の, 並木の, 中で, 中には, 中の, 中ほどに, 中を, 中坂道を, 人かい, 人が, 人家の, 人波を, 人通りから, 人道から, 今一方の, 先端から, 先端で, 先端の, 先端は, 先端オーレリーの, 光が, 光までが, 光や, 光を, 光景が, 光景についても, 入り口に, 入り口は, 兩側には, 出来事を, 分岐点に, 切石が, 到るところ, 前方に, 半ばは, 南側とは, 右側が, 右側に, 右手は, 名, 名前に, 名前を, 名現在の, 向うで, 向うの, 向う側の, 向う側を, 向う側藤寺の, 向こうを, 向こう側に, 向側に, 命名法として, 喧騒が, 四つ辻に, 地面と, 地面は, 地面を, 塵埃を, 壁が, 壁に, 壁や, 売春婦である, 売春婦にのみ, 夜半すぎの, 大きな建物, 奥も, 如きは, 存在が, 寂寞たる, 少ない所, 尽頭に, 屋根裏で, 展望が, 岬の, 左側に, 左右には, 広場に, 底から, 建築表面の, 形が, 彩燈の, 影の, 後姿を, 戦いそれが, 掃除を, 擾音凡ての, 故か, 敷石に, 方々で, 方にも, 方よりも, 日光は, 明るい日光, 明るい灯, 暮色を, 曲がり角まで, 曲り工合とか, 曲り角まで, 曲り角並木の, 有様を, 柳の, 植込みの, 樹既に, 歪んだ影, 死体の, 活溌な, 涯に, 灯と, 灯に, 灯は, 灯りが, 灯を, 燈が, 燈と, 燈火を, 燈灯が, 片側に, 片端で, 片端に, 片隅へ, 物音が, 物音に, 狭くし, 甃石のうへに, 町家が, 番地変更の, 目路が, 真ん中へ, 真中で, 眺望に, 空を, 空気が, 空気には, 空間を, 端で, 端に, 端れ, 終りまで, 網目に, 線を, 聞き馴れた叫声, 舗石が, 舗石も, 薄暗い方, 蜘蛛の, 角が, 角まで, 警備に, 起伏に, 近くに, 迷宮へ, 迷宮を, 遠方を, 鈴懸, 銀鈴の, 長さ, 間に, 闇を, 雑沓, 雑沓に, 雪が, 雪は, 雪軟か, 霧に, 静けさを, 靜けさを, 面目一新した, 音に, 騒音に

▼ 街路~ (251, 16.7%)

19 歩いて 4 歩き廻った, 通って

2 [20件] ながめて, ぶらりぶらり歩い, やたらに, ブラリブラリと, 僅か一町, 彷徨する, 横さまに, 横切って, 歩いた, 歩いたの, 歩いてると, 歩き出した, 歩き廻ったり, 見て, 見下した, 通るの, 通る人々, 通る者, 野村は, 長い間

1 [184件] あちこちと, あるいて, お清, かけぬけ街かど, ぐるぐる回ってる, けたたましい号外うり, こえて, こちらの, さがし回ってる巡邏, さっさと進ん, さまよい歩きながら, さ迷い歩きながら, すかし見た, すたすたと, すっかりふさい, ずっと見おろし, そぞろ歩きする, たどってるひとり, だれか, どなって, なお進み, ぬらして, ねり歩くと, のぞき込んだ, はさんで, ぶらぶら歩いてる, まっしぐらに, やって来る人, ゆるやかに, よぎって, よく御存じ, ゾロゾロ歩い, 一つの, 一つ隔てた, 一人で, 一六三八といった, 一廻りし, 一挙に, 一方から, 一隊の, 一飛びに, 下瞰, 不安に, 二つに, 休みなし, 何処へとも, 作り出す原因, 作るたびごと, 俺は, 偵察に, 全速力で, 公然と, 占領する, 去って, 右の, 右へ, 向かって, 吹雪だけが, 周平は, 埋めパリー, 埋め全市, 夕陽を, 外套の, 夜更けに, 大跨, 奥へと, 好むとか, 家の, 少し酒, 少し離れた, 左へ, 広くする, 彷徨し, 往くの, 往来し, 待ち受けて, 思わせた, 怪しい幽気, 抜けたところ, 指揮し, 散歩した, 散歩してる, 散歩しはじめた, 明るく射し, 曲ったり, 横ぎりかけた, 横切らなければ, 横切り塀, 横切り隣家, 横断し, 歩いたか, 歩いてる時, 歩きながら, 歩き回り戸外, 歩き始めた, 歩き廻り一軒ごと, 歩き廻るの, 歩き廻る時, 歩き廻る癖, 歩むよりも, 歩む時, 歩行する, 洗って, 浄め幡を, 清潔に, 渡りかける時, 滑って, 照らして, 狂奔する, 眞直に, 真夏の, 眺めた, 眺めながら, 眺め乍ら三人, 矢の, 硝子越しに, 祭の, 私は, 私共は, 突っ切るなどという, 緩歩, 縫う, 縫うて, 自分の, 舞臺に, 蔽いつくして, 行きその, 行くはず, 行く人々, 見おろして, 見たこと, 見たところ, 見つけて, 見るよう, 見下すその, 見晴らす豪華, 見朝日, 見街路, 見降ろした, 走りぬけて, 走り抜けたが, 走る, 踏みつける度, 踏んで, 車道の, 軋る電車, 転がり廻って, 転げ廻って, 辷るよう, 辿って, 逃げるよう, 這ひ行く, 通じ河岸, 通ってる女, 通ってる女達, 通ってる貧富, 通つて行く, 通りすぎて, 通りゆく泥濘, 通るは, 通る一人, 通る乗合馬車, 通る人達, 通る歩兵, 通行し, 進みそして, 進みだした, 進んで, 過ぎて, 選んでは, 長閑に, 除いては, 隔てて, 電車が, 青木は, 靴音を, 頭の, 風の, 飛び回ってたこと, 飛び廻って, 飾るプラタヌス, 駈けだした, 驚かすには, 黄色い乗合自動車

▼ 街路~ (234, 15.6%)

19 の下 13 の葉 7 の梢 6 の蔭 4 の銀杏 3 の影, の青葉

2 [17件] がその, がなかっ, が見える, に柳, のかげ, のマロニエ, の並木, の植わった, の濃い, の緑, の美し, の色, の菩提樹, の葉蔭, の鈴, の陰, もない

1 [145件] から次に, があった, がある, がかすか, がだいぶ, がだんだん, が一日, が冬, が意外, が日本, が植, が植え, が深緑, が白く, が真赤, が眼路, が花, が萎え凋ん, が軟らか, が電線, が黄色い, さう, たる資格, だらうか, である, であると, ですから, ではない, でも早, でも真先, で飾られ, という街路樹, としての壮大さ, との間, とばかり私, と反対, と押しっ, と暗黒, と街路樹, と鉄柵, など, などとは比べもの, などの葉蔭, なるもの, に, にいつか, にこもった, にぶつかっ, にクビ, に似た, に包まれ, に対して比較, に残っ, に生あたたかい, に登った, に篠懸, に背, に首, に駆け登っ, のある, のうえ, のうち, のかなた, のさき, のしげみ, のすゞかけ, のそば, のため, のプラタナス, のベツド, の交錯, の処々, の前, の大いなるその, の大き, の存する, の少, の少い所, の幹, の必要, の愛, の支え木, の支柱, の新芽, の明る, の春, の景色, の木蔭, の枝, の枝葉, の枯れ果てた, の柵, の根, の根もと, の森, の植つて, の楊柳, の生き生き, の睡, の睡った, の立ち並んだ, の芽, の若芽, の落葉, の裸, の間, の青々, の風情, の黒く, はすっかり, はただ, はもちろん, は何とも, は大切, は東京, は林立, は皆揃い, は薪, は針, は青春, は風土相応, へむかつ, へブラ下つて, もあいまい, もそれぞれ, もなかつた, もゆらい, も丘, も何だか, も名ばかり, も家々, も庭木, も森, も見ごと, も電線, や通行人, よりも, よりももっと, をそれぞれ一人, をゆすぶり, を何故, を利用, を植え, を楯, を眺め

▼ 街路~ (193, 12.9%)

8 出て 5 出ると 3 出た, 溢れて, 立って, 面して

2 [14件] そうて, はいった, はいり込むこと, 女の, 散る, 沿うた方, 流れて, 生えた丈, 立止っ, 臨んだ二階, 落ちた, 開いて, 面した店, 面した方

1 [140件] ある時, ある涼亭, ある者, いろんなもの, うろついてる乞食, お移りなすった, こっとりこっとりと, さまよ, ついてるの, つき出て, つもってる銀杏, つれだす, なって, なり右, はいり弾丸, ひっくりかえる, ひろがったつめたい, ふたりを, ぼんやり佇ん, まきちらす感傷主義, また新た, みちて, みつといふ, むかって, よろけ出して, マロニエの, 一人残っ, 一杯湛え, 一面に, 並べられて, 二三歩ふみ出し, 位し, 充満し, 光りが, 出たとき, 出ました, 出ようと, 出る, 出るの, 動いてる凡て, 叩きつけて, 向かった窓, 向かって, 向って, 咲き迸るであろう, 嘆いて, 夕闇が, 密集し, 小石を, 屈みこんで, 屯し, 市郎の, 当って, 彼は, 彼女たった, 往々福徳祠, 快かった, 押出され, 挾まれた二階家, 接して, 接してる鉄門, 撒かれた水, 散亂, 早くも, 明るくともってる, 朝を, 枝を, 樟の, 横たわり溝, 横隊に, 残された, 残った空地, 残り人, 沿うて, 泳ぎいで, 流れてる空気, 添い街路, 満ちて, 満ちてる人, 満ちながら, 炉辺の, 照り付けて, 現われた, 現われたが, 白麻の, 直接面し, 私と, 突き出して, 突進し, 突進しない, 立ち並ぶ小さな, 立ち籠め, 立てば, 続いて, 続いてる横通り, 群集し, 草生え, 落されて, 蟻も, 血に, 裸形と, 見かけた, 誰も, 走り出でました, 起こって, 足音が, 踊り狂ったこと, 踊る靴, 踏み出すと, 躍り出て, 辱められました, 近づくに従って, 迷い込むこと, 逃げだした, 逃げ込んで, 通行の, 通行人で, 連れだして, 過ぎない, 達した時, 遠くやみ, 醸成される, 開いてる大きな, 開かれてる料理場, 電灯は, 面した一種, 面した古本屋, 面した総門越し, 面し赤い, 面する窓, 面せる, 響くある, 頬に, 飛び出した, 飛出した, 飜へ, 馬蹄の, 馬車が, 馬車は, 鳴り響いて

▼ 街路~ (100, 6.7%)

3 ひっそりし, ひっそりと 2 妙に, 森閑として, 碁盤の, 鏡の, 静まり返って

1 [84件] いつもの, ぎらぎら明るく, ごく短, しきりに弾, しだいに暗く, しだいに活気, すっかりコンクリート, すべて恐怖に, すべて石を, せまいいつ, その四角形, その狭隘, それの, ぞろぞろと, どちらかと, なおずっと, にわかに暗く, ふさがったぞ, ふだんの, まだつづい, まだ電光, まったく暗やみ, もはや道路, やはりひっそりと, パリーの, 一つの, 一体に, 一般に, 両方へ, 人で, 人の, 今日では, 俄に, 全く喧騒雑沓, 八分通り蔭つて高, 八分通り蔭つて高声に, 到る処旧観, 午前四時ごろの, 危険だ, 右の, 夕暮だ, 多くの, 夜毎に, 大震災後四五年たっ, 実に静か, 寂然と, 寝室と, 山の根をめぐって, 平らかに, 幾年か, 彼らの, 後ろに, 戸が, 掃き清められて, 整然だ, 整頓され, 數丁の, 新潟の, 日が, 暗いところ, 暗く長閑, 東西か, 殆ど完全, 清潔に, 湧き立って, 湾の, 濃い硝煙, 狭くて, 狭く溝, 狭く薄暗くて, 白つ, 短くて, 突撃隊の, 舗石を, 舞踏室の, 薄暗く彼, 解けかかった雪, 道路である, 防寨を, 雑踏の, 静な, 非常に, 頭を, 駅馬車や

▼ 街路には~ (69, 4.6%)

3 だれも 2 人影も, 蜜柑の, 西並の

1 [60件] あまり人が, いって, いつに, かくかくの, かつて人, かわいいの, ことごとく今, しきりに足, その境界, ただ一人, ただ雪, だいたい小さな, ほとんど人影, ほんのりと, まだガス燈, まったく人影, もう人, もう店, もう薄, もっと太い, やはり人, やはり人影, エトランゼに, コルネットの, フランス軍が, 一面に, 下水道が, 人家も, 人通りも, 先刻の, 全く人影, 当時人家も, 斜陽が, 昔の, 晩春の, 木桟の, 木片や, 樟の, 死屍が, 沙利を, 灯火が, 爽やかな, 珈琲店の, 生垣の, 皆番兵が, 目の, 目立って, 私と, 紙くずやら, 縦横無尽に, 自動靴を, 至る処ハイカラ男女共, 花電車という, 蟻の, 街灯の, 通る人, 通行人の, 銀杏の, 靴音も, 高雅な

▼ 街路~ (48, 3.2%)

2 人で, 狭くて

1 [44件] あった, あって, ありだれ, ありどちら側, あり四つ辻, あり逃走, ある, あるそう, あるとかいう, あるところ, かいて, そこから, その幅, とうとくなり, ぱっと照らされ, みごとに, みな廊下の, 一杯に, 上下二層に, 不規則に, 交叉し, 公園の, 奇麗で, 妙に, 展かれた, 斜めに, 流れて, 淋しくなり始めました, 狭く曲りくねっ, 発達し, 真直に, 穿たれて, 舗装で, 薄暗く思えた, 見えた, 見えて, 見えるよう, 見える窓, 見えアーク燈, 見られた, 角を, 通り両側, 開けて, 開通せられた

▼ 街路~ (48, 3.2%)

9 出て 7 出た 3 流れ出て 2 出ると

1 [27件] おりて, でかけて, でた, でたの, はいると, また出, 人が, 入ったところ, 出たの, 出たり, 出街路, 向いがちだった, 向けて, 向って, 姉は, 往った, 思いを, 折れて, 拡がって, 放たれた心持, 突進した, 落ちるまでの, 走った, 走りいであるいは, 降りた, 降り立った, 駈け出して

▼ 街路~ (39, 2.6%)

2 あつた

1 [37件] かまたは, このうた, このよう, この民族, そのカーブ, ちゃちな, また彼女, むこうから, プレスコの, 交通量が, 人家の, 今起こった, 住民も, 何かの, 信号待ちの, 働いてる労働者, 出会った, 出逢ったの, 刺殺, 十二時を, 坂田は, 大部損害が, 容捨なく, 市子の, 彼は, 彼らに, 拾ったの, 拾った大きな, 捕えられること, 無心の, 球投げ, 見知らぬ青年ら, 諸君の, 警官に, 逢う人, 雨に, 雪合戦を

▼ 街路から~ (31, 2.1%)

1 [31件] ちょっと引っ, ちょっと路地, もはや家, 一杯に, 三段降り, 修道院の, 切り取った小さな, 往くと, 往くの, 扉口の, 数歩先の, 来るもの, 目に, 祈る, 窓の, 群集の, 聞かれるの, 行くと, 街路へと, 街路を, 見えて, 見えること, 見られも, 見れば, 貯蔵物を, 起る町, 跳び立った, 通行者が, 電線を, 電車通りへ, 風が

▼ 街路~ (22, 1.5%)

5 人通りも

1 [17件] かわいそうに, それから人通り, まだ響, 人気なく, 商店の, 夜の, 大半店を, 家も, 川岸通りも, 皆ただ, 眠って, 自分に, 著しく変っ, 防寨も, 雪に, 電車の, 面白かった

▼ 街路~ (22, 1.5%)

1 [22件] それらが, 世間の, 勤務先まで, 原っぱで, 商店の, 四つ辻の, 家屋や, 家庭の, 小さな横丁等, 広場は, 建物が, 建物と, 建物に, 明らさまに, 河岸に, 病舎の, 繁昌した, 裏町に, 道路を, 郊外を, 野原や, 電車の

▼ 街路~ (10, 0.7%)

1 いはず横町, その小路, ゴシック風の, 埃だらけの, 少しの, 庭とを, 歩道兩側の, 見れば, 路傍の, 隔離したる

▼ 街路では~ (6, 0.4%)

1 あるが, たえず電車, ただの, 嵐の, 洋装の, 消滅焦

▼ 街路にも~ (6, 0.4%)

1 だれも, 人影は, 偶然に, 出水三尺に, 店頭にも, 庭の

▼ 街路~ (4, 0.3%)

1 で, で邦人, に二つ, に残りおりし

▼ 街路~ (4, 0.3%)

1 が立っ, さえここ, の光, の柱

▼ 街路でも~ (3, 0.2%)

1 深夜方向の, 満員住宅でも, 生きものを

▼ 街路狭く~ (3, 0.2%)

1 して, 家屋大なら, 家屋高く

▼ 街路および~ (2, 0.1%)

1 公園に, 家屋に

▼ 街路そのもの~ (2, 0.1%)

1 についてでは, までが現代

▼ 街路とを~ (2, 0.1%)

1 へだてて, 背景に

▼ 街路などには~ (2, 0.1%)

1 いろんな話, 子供たちが

▼ 街路なりに~ (2, 0.1%)

1 楕円形にな, 楕圓形にな

▼ 街路に対して~ (2, 0.1%)

1 その間, 其の間々

▼ 街路へと~ (2, 0.1%)

1 あても, 跳び出したの

▼ 街路より~ (2, 0.1%)

1 少し低い, 薔薇紅にか

▼ 街路よりも~ (2, 0.1%)

1 いっそう静か, 交通の

▼ 街路アカシア~ (2, 0.1%)

2 やプラタナス

▼ 街路名現在~ (2, 0.1%)

2 のゴーリキー通り

▼ 街路掃除夫~ (2, 0.1%)

2 は社会改良家

▼ 街路樹下~ (2, 0.1%)

2 を最も

▼ 街路照明~ (2, 0.1%)

1 の草色, の電燈

▼1* [57件]

街路からの暑い反射光, 街路からはただ薄暗い, 街路からも目に, 街路ぐらい嘔吐を, 街路ごとに並ん, 街路そしてパレ・ド・ジュスティスの, 街路そのどこにも, 街路それから幾つも, 街路が新, 街路であってまた, 街路であったがどうも, 街路でありなさんとする, 街路ですか, 街路でまで人々に, 街路として極めて賑やか, 街路とともに高低あり, 街路などで見るアセチレン瓦斯, 街路においては一種神聖な, 街路においても酔ってる時, 街路におけるフランス人同志の, 街路について見るの, 街路にとぢらる, 街路へまで響いて, 街路まで走り出して, 街路までが幻影の, 街路をば歩きながらに, 街路をも見た, 街路シュマン・ヴェール・サン・タントアーヌ街が壁, 街路一つの劇場, 街路一つ距てて母屋, 街路中どこででもねらい打ち, 街路五六丁にわたれる, 街路便所や古, 街路に立ち止まり, 街路塀等になんら, 街路如碁十里連層楼処処欲衝天通宵不断電車響残夜猶驚孤客眠, 街路工夫が掘りかえした, 街路拡張の問題, 街路整斉と立っ, 街路の光, 街路樹おばけのよう, 街路樹みたいなもの, 街路樹メコン河の流れ, 街路樹急に煉瓦色, 街路樹葉の間, 街路の如く歩むべからず, 街路泥だらけの通路, 街路泥濘最甚, 街路溝渠到るところ漫歩逍遥, 街路の方, 街路美しい賑やかな, 街路美化週間なんていう, 街路詩人の詩, 街路進歩何という神さま, 街路道路の収入, 街路間静にて徒歩, 街路風景や食物屋