青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「街~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

行列~ ~行動 行動~ ~行方 行方~ ~行為 行為~ ~術 術~ ~街
街~
街路~ ~街道 街道~ 衛門~ 衝動~ ~衝突 衝突~ 衞~ ~衣 衣~

「街~」 8306, 90ppm, 1240位

▼ 街~ (2374, 28.6%)

65 方へ 26 中を 24 角に 21 上に 20 人々は 19 灯が 17 中に, 灯を 14 中へ 12 方から, 方を, 灯の 11 殺人 10 中で, 女の, 角で, 角を 9 ポストまで, 上を, 人々の, 方へと 8 灯は 7 中の, 方に, 真中に, 角まで, 辻 6 家へ, 灯, 角の, 辻に

5 [11件] いたるところ, 上で, 中から, 中央に, 人たちは, 女と, 姿が, 子は, 方で, 様子を, 酒場で

4 [23件] ことを, まん中で, ような, 上へ, 両側に, 並木の, 人々に, 人たちが, 女が, 子供は, 家に, 家は, 屋根が, 景色が, 灯も, 空を, 賑は, 通りを, 雑音の, 風景が, 風景は, 風景を, 騒音が

3 [47件] ありさま, かなたこなた, ために, なかに, なかを, ように, アパートに, ポストへ, 一角を, 上の, 下に, 両側の, 中でも, 中には, 人々が, 人々と, 光景を, 入口の, 兵隊が, 名, 名が, 壁の, 夜の, 家で, 家を, 建物を, 形を, 往来を, 或る, 方は, 方角へ, 殺人事件, 灯かげを, 灯に, 片隅を, 珈琲店キャフェ・バンダラウェラの, 科学者速水輪太郎が, 裏の, 角, 軒下で, 間口せまく, 防寨で, 隠家, 雑音が, 雑音も, 風景に, 高い建物

2 [169件] あきびとの, あたりから, あたりは, いたる所, おかみさん, た, ただ一つ, とみ子, ともしび, どの片隅, どよめきも, なかの, はずれで, はての, ひどい家, ほうが, ほうへ, ほうを, ぼろアパアト黄塵白日子らの, まん中に, やうな, やうに, わかい六騎, ガスケル家に, ゴミタメを, ホテルの, ホテルへ, 一つに, 一劃の, 一端に, 一角に, 一部で, 一部に, 一隅の, 上にも, 上空を, 下と, 下を, 下宿の, 下宿へ, 両側には, 中は, 中或は, 人々や, 人々を, 人に, 人の, 人通りを, 人道にてこそ, 人達に, 他の, 住民の, 僑居に, 光景は, 入り口では, 入口で, 兩側に, 割栗石の, 十字街に, 十字路で, 古い大, 名を, 噂では, 噂を, 四ツ角で, 地の, 埃と, 場合など, 塵を, 夜店飾りの, 大時計, 女も, 女王の, 如きは, 姿は, 子が, 宵霜を, 家, 家並が, 小さな防寨, 小児らの, 小工場, 小舟は, 屋根と, 屋根瓦の, 左右に, 市場から, 広場の, 彼の, 彼方に, 彼方へ, 恐怖, 意, 感想を, 手品師, 支那人の, 散歩に, 料理店には, 方, 方の, 方へも, 方まで, 方向に, 春の, 景色を, 有名な, 朝の, 東の, 柳の, 様子が, 様子も, 溝の, 溝石をから, 火災が, 灯影が, 煙草屋の, 燈火お, 燈火の, 爽やかな, 片蔭, 物音の, 状況を, 瓦は, 生活を, 男女の, 画家連は, 疎開にも, 真中を, 眺めが, 科学者速水輪太郎を, 空は, 空気に, 端まで, 端れ, 紳士, 者は, 舊居に, 舗石の, 華やかな, 薄ら明を, 街端れ, 表情は, 被服商で, 裏通りに, 貧民窟の, 赤い燈火, 近郊外目の, 酒場といふ, 酒場の, 醴泉坊に, 鈴懸, 鉄門の, 門から, 間を, 闇に, 闇を, 防寨では, 防寨は, 防寨を, 隅々まで, 露路の, 静寂を, 音楽は, 風に, 風呂には, 風景で, 食堂で, 騒音に, 騒音にも

1 [1335件 抜粋] あかりが, あすこここを, あたりだろう, あちこちに, あっちこっちに, あの人, あるあたり, あるビルディング, ある古物商, ある家, ある立派, あんまり小ざっぱりも, いま居る, うちでも, うまい菓子, おもち, かたを, かどに, かわら屋根に, きらびやかな, くらきやどり, この家, ささやかな, さまを, すぐ裏, すみに, せいかとも, そのま, それも, では, とば口の, どこかの, どこが, どの家, どよみの, どれか, なかで, なかは, なかへ, ながくひさし, にぎやかな, のぞき穴, はずれから, はつる處, ひ, ほうへと, ぼんやりした, みすぼらしい下宿, やうすもすつかり, ようだ, りっぱな, アスファルトが, アニイ・チャプマン殺し, アパルトマンから, アンチャンの, イロハ長屋の, エロチシズムの, オテル・ダムステルダムは, カジノ, ガランと, キャフェたちは, ギャラリイでは, コクソンの, コンクリート路の, ゴーシェお上さんの, サン・スュルピス会堂の, シャルセレー君の, シーニュ街の, スパイ本部で, セレクト, タンテイの, ダンス場も, トニイだ, ドストイエフスキイ像農民の, ナンバーワン, ネオンサインが, ヒルレンブラント夫人の, ブラ, ヘイ珍楼へ, ペトラの, ホテルから, ホテルに, ボスたちの, ポウストに, マタ・アリへ, マンフィルドで, ミドル, ヨロピン酒場へ, ルンペン, 一つだ, 一つの, 一亭に, 一区劃に, 一料亭へ, 一本路を, 一番下層の, 一端は, 一角へ, 一部が, 一隅を, 三条の, 上あたりに, 上では, 上なぞを, 上はいふも, 上より, 上空に, 下エシャルプ街の, 下ロアイヤル広場の, 下水道に, 不吉な, 不良住宅, 両側を, 並木道を, 中へと, 中も, 中央の, 中心に, 中心も, 中道なる, 乞食の, 事件は, 二つの, 二十五番地四階で, 五六軒の, 五番地も, 交番の, 人々にも, 人から, 人ごみに, 人だ, 人など, 人を, 人口は, 人気少ない, 人氣者に, 人皆を, 人通が, 人道で, 人達の, 人達醉つ, 人間どもが, 付近である, 仲間の, 伯母さん, 低い屋根並み, 住民であろう, 何処を, 俚謡が, 借間から, 側には, 傍に, 光景である, 児供らが, 入口から, 入口である, 全権代表者より, 兩側には, 八十八番へ, 公園まで, 公然の, 共同椅子に, 其処ここに, 写真だった, 処刑場の, 出来あ, 出迎へ, 到るところ, 前で, 力であり, 匂いとともに, 北の, 十二番地という, 十字街で, 十字路を, 十月の, 午後の, 印象が, 友人にも, 叔母さんの, 口もとまで, 古びた建物, 右側に, 同胞たちから, 名だたる顔役連中, 名まへは, 名哲學の, 名物と, 向こう側に, 呼吸が, 品位は, 唐物店には, 問屋に, 喫茶店の, 四分の一を, 四辻で, 四辻の, 四階に, 国民銀行へ, 地下とは, 地理を, 坂の, 垠れ, 堅気の, 墓地に, 声は, 売春婦で, 変革と, 夕景に, 外に, 夜ふけて, 夜を, 夜空に, 大きな一つ, 大きな建物, 大劇場, 大建築, 大通の, 大通りが, 大邸宅, 天使の, 奉祝の, 奧の, 女から, 女とが, 女王, 妖婦の, 姿を, 娼家と, 媚を, 子らが, 子供と, 子供会へ, 学生同志で, 宝石商毛皮商百貨店子供服の, 宵闇に, 家々や, 家が, 家に対する, 家ヘンダスン少佐との, 家同様に, 宿へ, 寂しい壁, 寝床を, 小さいパンション, 小さな世間體, 小さな朗読会, 小つ, 小商人たち, 小父さん蒲生泰軒, 少女が, 少女等が, 尽きるあたり, 屋並みと, 屋根に, 屋根裏, 屍体からは, 展覧会から, 巷に, 市場に, 布政坊に, 幌自動車の, 平凡な, 広い通り, 広場で, 床屋が, 底の, 店の, 店先には, 庭に, 庭も, 延康坊の, 建物が, 弁理士です, 形に, 形式を, 彷徨に, 彼方では, 往來の, 従姉の, 心臓モンテイロ街の, 怪我人や, 悪い溜り, 惡童共が, 惨劇, 態は, 成り立って, 或小さなホテル, 所作事, 抜け裏の, 掃除屋へ, 探訪放送で, 支那人美術商リイ・ハン・フウの, 教授の, 料理屋へ, 新しい家, 方向へ, 方面を, 日本と, 日本人に, 早熟の, 明るい電灯, 映画館でさえ, 晩秋, 景色です, 景観にも, 暗い裏手, 暮れ方と, 曲がり角に, 曲り角にて, 最後の, 有様は, 朝鮮女の, 木立ちの後ろに, 未決監獄からの, 本通りは, 東邊の, 松並木を, 果物屋へ, 柳に, 柳ホテルに, 楼門から, 様子とは, 様子往来に, 様相を, 歌妓に, 歡聲花嫁の, 殆ん, 殺人事件が, 殺人事件を, 母親の, 民は, 気分は, 水路から, 河鹿, 活動写真館の, 浮説が, 淑女たちはきゃ, 淫売窟や, 混鬧の, 満鉄販売所, 演説だって, 火の, 灯だった, 灯とが, 灯や, 灯火に, 無産者托児所の, 焼跡だの, 燈の, 燈柱も, 片側に, 片端から, 物音が, 特徴として, 状態は, 狭隘さは, 珈琲店の, 珈琲店ロトンドであった, 生まれで, 生態が, 男芸者は, 番地を, 異変を, 病院と, 白壁, 百倍ぐらいの, 盛り場を, 相貌が, 眞晝三人も, 真中で, 眺めを, 矮い, 石膏細工の, 神様に, 神輿が, 科学者さ, 科学者は, 科学者速水に, 科学者速見輪太郎の, 空のみ, 空気から, 空気を, 空間にも, 突き当たりには, 窓といふ, 端々まで, 端サン・ドゥニ街を, 米屋へ, 素晴しい, 紳士が, 絵だって, 繁栄の, 繁華を, 美花の, 習慣美しむ, 老楽師, 肱掛け椅子は, 自分の, 自宅から, 自宅へ, 自然激しい, 興行区は, 舗道を, 色や, 色彩であった, 芥捨場や, 芸人に, 若い人, 英雄が, 菜の花よ, 蒼く静, 薬屋に, 處女に, 衆が, 行人雲の, 街燈の, 衣裳屋ポウラン夫人が, 表情を, 被害者エリザベス, 裏が, 裏は, 裏通りと, 製材所の, 襤褸長屋との, 要所々々を, 見当は, 見物を, 親分である, 角だ, 角には, 角より, 角四辻などには, 角面堡の, 話も, 誰よりも, 謎の, 警視の, 豪傑蒲生泰軒では, 貸廐, 賑いから, 賑わいは, 赤と, 趣味は, 路上に, 路地を, 軒下を, 辻を, 近づくに, 途上で, 通りには, 通りや, 連中は, 道の, 道路が, 遠くより, 遠音が, 邊を, 邸宅は, 酒場から, 酒場は, 酒屋へまで, 金権資本家連中は, 金満家軒を, 銀行だけじゃ, 鋪道の, 門並の, 閻魔夫婦を, 防寨へ, 陋屋における, 陽炎を, 隅隅から, 雑人たちは, 雑沓は, 雑貨屋で, 雑音を, 雰囲気とともに, 電車に, 霧の, 露西亜人の, 青年層と, 静かに, 面影を, 靴直しだった, 音を, 音響は, 須美子の, 顏, 風呂屋が, 風景などを, 風景をも, 食事場も, 飾窓から, 飾窓を, 駅馬車が, 騒音を, 騒騒しさ, 高みで, 魚屋が, 黄昏に

▼ 街~ (1232, 14.8%)

141 歩いて 25 歩いた 14 歩きながら, 見て 10 歩くと 9 散歩する, 歩いても, 通って 8 歩く 7 あるいて, ゆく, 散歩し 6 うろついて, さまよ, ぶらぶら歩い, 眺めて 5 ぬけて, 散歩した, 横切って 4 ぶらぶら歩き, 歩くの, 流して, 走って, 通る人

3 [22件] うろうろし, 中心に, 出て, 出は, 幾度も, 廻って, 急いで, 明神下へ, 歩いたり, 歩きました, 歩きまわった, 歩くこと, 歩くとき, 歩く時, 流れて, 眺めた, 私は, 通りすぎて, 通りぬけ, 離れて, 飛んで, 駆け抜けて

2 [76件] いりみだれて, こめて, さまよい歩いて, たどって, ながめたり, なして, ひどく興奮, ぶらついて, まは, めぐる或, めぐる遠く, よく散歩, わけの, 一散に, 一歩出る, 人は, 出外れると, 包んで, 包囲し, 南へ, 去って, 唄でも, 唯一人犬の, 大汗, 家路に, 少々散歩, 左に, 彷徨し, 往き來, 憮然と, 抜けて, 抜けると, 指して, 掌の, 歩いたこと, 歩いてまで, 歩き, 歩きまわってばかり, 歩き廻った, 歩くにも, 歩くのに, 歩く娘さん達, 死守させよう, 泳いで, 流れた, 燕が, 疾走し, 神田へ, 立去り遠方, 練り歩いて, 背景に, 自分の, 自動車で, 自由に, 行乞する, 見ると, 見下して, 見渡すと, 見物し, 訪れるまでには, 貫いて, 貫通する, 走つて, 蹴るが, 通った, 通つた, 通りながら, 通り天主堂, 通り抜けて, 通るひと, 進んで, 過ぎ野, 郊外へ, 降りると, 隔てて, 離れた

1 [695件 抜粋] あこがれて, あちこちと, あてども, あても, あゆみふと, あゆむごとき, あるいた, あるいたとき, あるいたり, あるきまわって, あるき呉工廠, あるく人, あるく帰, あるけば, あるゐ, いい心持, いくども, いそぐ伸子, いそげども, いたずらに, うち建てた, うづめて行き, うろついたほか, うろつきあるく, うろつき回って, うろつくこと茲, おとうさんと, かけた, かけて, かついで, こうもりなど, ここで, こちらに, ごとごと自動車に, さえ人っ子一人, さまよい歩きもう, さまよい駒込, さまようて, さ迷う, しのび来, すこし歩け, ずんずん山手, ずんずん歩い, そのまま終り, その昔, それから, ただぶら附い, ただ一人, たどり高い, ちょっと這入った, ちよこちよこと, つっ走る狂女, つつむ時刻, つなぐ街道, つらぬいた, つらぬいて, とおりかかるタクシー, とおる人たち, とぼとぼ歩い, どういう風, どんどんかけ, ながめて, ぬけると, ねり歩いて, のぼり始めたが, のぼり往きぬ, はしの, はすかい, はずれると, はなれさせお上, はなれたるけしき, ひたすら歩く, ひっくりかえしたところ, ひとまわりし, ひょこひょこ歩い, ふさぎも, ぶらつきはじめた, ぶらつき最後, ぶらつく, ぶらぶらと, ぶらぶらのぼっ, ほっつき廻るの, ほっつき歩くこと, ほっつき歩くの, ぼんやり見, まがろうと, まっすぐに, まつすぐ, みおろした, みますと, みると, めぐらす堤防, もぐり歩い, もみくだいて, やつて, ゆうべの, ゆき透かし, ゆく人達, ゆく夜泣きうどん屋, ゆく心, ゆく心持, ゆく我, ゆびさした, よぎれば, よこぎって, グルグルと, コルソオと, スピードを, スーッと, ゾロゾロ歩い, タクシーは, ノオトル・ダムの, バスティーユの, バトアール・サン・ヴィクトル街や, ヒタヒタと, フラフラ歩い, ブラツクことだ, ホテルに, ホテルへ, ボンソアと, マリと, レコードを, 一つ越える, 一人散歩す, 一人歩いた, 一回り散歩し, 一巡した, 一時間近く散歩し, 一望に, 一氣に, 一過する, 上って, 上つて下つてそして, 上下おお, 下って, 丸の内の, 丸の内へと, 丸屋へ, 乗りまわして, 乗合自動車が, 乾風に, 二三町も, 二町程, 享樂しよう, 享樂する, 人力車で, 伸子は, 佐久間町へ, 何處とも, 余儀なく想像, 作り上げるの, 俯向きながら, 全く見ない, 出はずれると, 出はずれるにつれて, 出るすぐ, 出歩いた, 出歩いて, 刃の, 剽悍な蒙, 十時から, 占領し, 去ったの, 去り急いで, 去ること, 取り包んで, 各民族, 向うへ, 君は, 吹き荒す北風, 吹く五月, 吹く風, 問うて, 喘ぎながら, 四五町ばかり, 囲む三方, 土足で, 埋めた群衆, 夏の, 大声で, 大手ひろげ, 大通りへ, 妹の, 子供を, 寂れさせ享楽機関, 小僧は, 少し歩い, 山の, 山を, 巡視し, 巡邏させた, 工場から, 帯の, 帰れる, 延長し, 建てる場合, 建設し, 廻ったとは, 廻りアルノ, 引きあげて, 引きまわされた上, 引き廻されること, 引廻した, 当なく, 彩って, 彩つてゐる, 彷徨する, 彼女は, 往きつ, 往った, 往って, 往復する, 後ろに, 徘徊し, 御用聞き, 快速力で, 思いだすこと, 思ひ出した, 思ひ出して, 急いだ, 急ぎ足で, 想ひ出し, 感心だ, 感慨を, 慄え, 慟哭し, 憂ひ迷, 成して, 折れ曲って, 抜けること, 押して, 押し流して, 持って, 振り出しの, 捨てて, 描いて, 揺るがすばかりに, 撰て, 放浪したい, 放浪する, 散歩でも, 新作し, 旅館まで, 明るくし, 明るく照らし, 明神下の, 普通に, 暗いところ, 暗示した, 暫くさまよっ, 暫く歩い, 曲った, 曲るたび, 朧ろに, 根岸へ, 根気よく, 構成し, 横ぎっていると林檎菓子を, 横切りあるいは, 横切りそして, 横切ると, 横網の, 欧洲戦争で, 歩いたやう, 歩いたタワケ小僧, 歩いた方, 歩いては, 歩いてると, 歩いてる人, 歩いてる夢, 歩かせるものぢ, 歩きたく思ったの, 歩きつかれて, 歩きつ夏, 歩きまわった結果, 歩きまわらねば, 歩き初めて, 歩き十時ごろ, 歩き同じ, 歩き廻つたので, 歩き廻つて, 歩き私, 歩き興味, 歩くから, 歩くでしょう, 歩くという, 歩くに, 歩くにつれ, 歩くのさ, 歩くよりも, 歩くん, 歩くロイド眼鏡, 歩く人, 歩く勝則, 歩く巴里女, 歩く度, 歩く御用聞, 歩く私, 歩く酒, 歩けないといふ, 歩けば, 歩し, 歩み居り候, 歩むか, 歩むは, 歩む中呉服屋, 歩行き, 水屋が, 求めようと, 派手な, 流す按摩, 流す車, 流れる下水, 流れる雨, 流れ歩いて, 浮かれ歩いた, 浮浪し, 渡つて, 満たすもの, 滅茶苦茶に, 漂うて, 漫歩し, 濶歩した, 灑掃する, 灯を, 無秩序な, 無言で, 煎餅屋を, 照らして, 照りつけて, 猛獣の, 猫背に, 玲瓏と, 現場に, 瓢箪池に, 疾駆する, 痩犬の, 皆で, 眞ツ直ぐに, 真っすぐに, 真っ直ぐに, 真下に, 真似ようと, 眺めながら, 眺めやりました, 眺め昂ぶり, 矢の, 知って, 碧い, 神田から, 突き切って, 突っ切って, 突っ切ると, 立つて, 築港の, 籠め廣こう, 統べる大, 練り歩き叫び, 縦走し, 縫って, 繋ぐところ, 羨やむ, 考えその, 自動車の, 自動車を, 英国の, 荒涼しよう, 華やかな, 行きつ戻りつ歩いて, 行きました, 行き人間, 行く, 行くには, 行くの, 行く姿, 行く車, 行く馬車, 行けば, 行つた, 行つていかに, 行乞し, 行進し, 行進します, 裸で, 襟を, 襲うて, 襲ふ, 襲撃これを, 襲撃しよう, 西へ, 西へへ, 覆うと, 見おろした, 見おろして, 見せたい腹, 見た, 見たこと, 見に, 見ませう, 見ること, 見るだけでも, 見下した, 見下ろした, 見下ろして, 見下ろす高い, 見下ろせる片側, 見出した, 見廻しながら, 見廻るという, 見物する, 見降す位置, 見降ろして, 見降ろす, 観た, 観て, 訪れる限り, 貫くもの, 貫通し, 走らせて, 走り万代橋, 走り去る馬車, 走り廻わること, 走り過ぎました, 走る, 走るよう, 走る電車, 越して, 足駄で, 跟ける, 踏んで, 車す, 軒並に, 軒並み探した, 逃げ出したの, 逃げ出して, 逍遥した, 通から, 通った二, 通つてゐ, 通つて居ました, 通らなければ, 通りか, 通りかかった時, 通りかかると, 通りかかる市民, 通り合せた, 通り御殿, 通り抜け公園, 通り給ひ, 通ること, 通るにも, 通るよう, 通る年, 通る美女, 通る若い, 造った人々, 造るには, 連れて, 遊歩すれ, 遍歴した, 過ぎりしに, 過ぎる山車, 過ぎる時, 過ぐとて, 過ぐる一行, 過ぐる時, 酔って, 鈍く曳い, 長いこと, 長く走っ, 闊歩いたしました, 隈なく, 離れたこと, 離れた大川村, 離れてから, 離れると, 雲鶴楼に, 電車は, 電車へ, 非常な, 飛びます, 飛んだ, 飲みついたが, 飲みま, 飲んで, 飾り付けた人形, 養って, 馬車で, 馬車に, 馳せ交, 駆けだしました, 駆けつ, 駆けのぼり, 駆け抜けた, 駈け拔, 駈け歩いてから, 駿河台さして, 驅け, 鳴らして, 黒塗りの

▼ 街~ (795, 9.6%)

35 出て 20 住んで 8 なって 7 出た 6 灯が 5 ある 4 むかつて, 出かけて, 向って, 戻って, 現われて, 行って 3 あって, ある家, 入ると, 出ると, 姿を, 棲んで, 溢れて, 現れた時, 立つて

2 [61件] あった, あるもの, ある小さな, いでて, しても, た, なるほど, ひとりを, みなぎって, やってきた時, やつて, ゐるやう, ジンタまで, 一つの, 事務所を, 人が, 住むよう, 住む人, 住む漁夫, 入った, 入る迄, 出づれば, 出ても, 出で, 出ました, 出ましょうか, 向いた方, 向けて, 向った, 向つて, 呆然と私, 就て, 居を, 帰って, 忍びこんだ丁度街端づれ, 投げて, 投弾する, 於て, 曲りて, 来て, 氾濫し, 浮薄な, 火が, 特有な, 現れてから, 移り艦, 移ると, 立ちて, 育つた羅漫的, 臨める, 至るまで, 行け, 親しんで, 買物に, 近い餅屋, 這入った, 還らう, 部落に, 面したる一間, 面した家, 面して

1 [541件 抜粋] あざわらはれ, あったこの, あったので, あった防寨, あつた, あふるるや, あふれる絹帽, あらわれた休業状態, ありきと, ありて, ありという, ありわ, あるその, あるという, あるよ, あるよう, あるん, あるアパートメント, あるブレンネル・ホテル, ある中華料理芳, ある中門, ある兵営, ある博士, ある叔父さん, ある宿, ある居酒屋, ある広, ある懷聖寺, ある書店, ある満, ある私立, ある肉屋, ある自宅, ある街灯, ある裁縫工救済会, ある許嫁, ある警察署, ある農林研究所, いくらだって, いくらでも, いたの, いたのよ, いた例, いで泣かま, いながらにしてそれ, いました, いりこんで, いるでは, いるもの, いる人達, いる積り, いる自分, いる退職執達吏, いろいろな, うごめく多く, うまい物屋, うまそう, うまれたから, うるみながら, うろついて, うろつく多く, おそろしげ, お品, お定, かえって来, かなりの, きた, きて, くっついて, こういう店, この家, こもつこ家, こもつて, これだけの, さすろう, さまよ, さまよい出て, さまよえば, さまよって, しかもアムラ, すぎないの, すむ老幼男女, すゝめて, ずっと住ん, そうである, そこらに, その時悪人, その足音, ちかづいた, つくと, つけられてる狭い, つれこまれた, でかけた, でかける, でた透明人間, とれば, どういう過去, どうやら身, どんな音楽家, なつた, なつたり, ならひし廓也, なる, なること, なるね, ねじろを, のり入れた, はいった, はいりそれから, はいり込み, ひろがった, ひろがって, ふさわしい行儀, ふさわしい馬車, ぽかんと突立つて, またたく間に, まゐりました, まんまろなお, みいだしては, むけさせた, もう三年, もどって, やって, やってきあの, やってきた, やってきたガヴローシュ, やってくると, やって来たの, やって来る獅子, ゆく者, よっぱらい多し, わたしたちの, ゐたの, ゐても, アイルランド大学の, アルメニア人パスカルの, オテル・ダムステルダム, クロスレイ夫人という, クワルティーラを, コーヒーを, スケッチに, パリ共産党の, ピストルの, ブークおよび, ヘッド, ポツポツ点, ユダヤ人が, ラジウム研究所キュリー館が, ラベンダア売り, 一つちょっと, 一つとの, 一つは, 一人も, 一度根柢から, 一歩を, 一泊し, 一瞥を, 一秒二秒を, 一軒の, 一郎といふ, 下りる道, 下宿し, 下宿屋を, 並んだ喫茶店, 並んだ家々, 事務所でも, 二人は, 二台幌型フォードが, 人影は, 伝統の, 似どこ, 似合は, 住す, 住まって, 住みて, 住み当時東京中, 住み邦人, 住むこと二十余日, 住むドイツ政府直属, 住む人々, 住む幸福, 住む極, 住んでる, 住んでるの, 住んでるのよ, 何か, 何軒という, 作り始めた防寨, 來て, 借間, 傾いた, 働きに, 充ち充ちた煙りと共に, 入った最初, 入って, 入ってからは, 入つた, 入つて, 入つて行き, 入り來, 入り来る旅びとはその周囲, 入り来る旅人, 入る, 出かけた, 出かけたとき, 出かけたの, 出かけたり, 出かけ盛ん, 出したり, 出して, 出す展覧会, 出た十三丁目, 出づる必要, 出でしに, 出でて, 出ばって, 出ます, 出られなかった, 出られると, 出る, 出るか, 出るであらう, 出るであろう, 出るにはと, 出るの, 出る門, 出口が, 出掛ける元気, 出現した, 分れて, 別に, 到着し, 到着した, 到着する, 到着せり, 加はつて, 務めて, 千里眼人事百般鑑定といふ, 厳冬は, 取って, 取り, 号外の, 号外云々は, 吐きだされて, 吐血し, 向いた門, 向いて, 向う, 向かって, 向きあって, 向は, 咲いた花, 咲く一つ, 問題が, 四時ごろから, 因むところ, 土木工事の, 在る警察本署, 垂れ下がって, 売った買ったの, 売られて, 売り歩いて, 大統領官邸が, 子どもらの, 定む, 密接し, 対抗しよう, 小さいマアケツト, 小傾城, 小屋を, 少しばかり, 展いた, 屹立し, 島巡りの, 巨舗大, 帰りました, 帰り灯, 帰るよしもがな, 店舗を, 引き移った, 引移った, 引返した, 強盗が, 当時動物合戦と, 影の, 彷徨しなけれ, 彼女を, 復興し, 急いだ, 憧れて, 戻りジャン, 戻ること, 投げすてた, 折れた, 捨て去るわけ, 接して, 揃って, 支那人の, 放された馬, 放り出されて, 散在し, 斬裂人, 於ける万引嫌疑者岩見, 早くも, 曝された, 曲がり込みシェルシュ・ミディ街, 有名に, 来ました, 来ると, 東安市場が, 林立する, 根雪が, 棄てないで, 横たわって, 横行し, 樹木を, 櫛比する, 歌が, 歌って, 正面を, 歩み出づれば, 殘された, 殘つた氣も, 比べて, 水気の, 沈みかかって, 沢山の, 泊った旅人, 泊つた旅人は, 深い霧, 湿気の, 満ちた娘たち, 満つる夜, 溢れる群集, 溢れ五百名, 溢れ長い長い, 漂って, 灯の, 為すごとく己, 烟ぶる, 焼夷弾の, 煙り, 父の, 物思ひ, 犬が, 独特な, 狭い間口, 猩々が, 現れて, 現れました, 現れる私, 現われた, 現われるだろう, 現われ出した, 現出した, 現在の, 理由が, 瓦斯燈が, 生きる不思議, 生れました, 登るには, 皆が, 相当する, 看板を, 真黒な, 眠りし, 着いた, 着いた時, 着いても, 着きさ, 着くと, 私の, 移り住んだ, 移る, 立ち, 立ち出, 立って, 竝んだ, 籠って, 約一ヶ月, 絹物を, 続く寂しい, 続く第, 繋がり各種, 罪悪は, 聞える巷, 職を, 臨んだ四階, 臨んだ窓, 自分が, 自宅を, 至る中間, 興慶宮, 草屋を, 荒れ狂って, 落ちつかぬかな, 落ちて, 落ち合ってるピルーエット街, 落つる物, 著いた, 著いて, 蟄居し, 行きあるいは, 行きそこ, 行きそこで, 行きて, 行き四階, 行き書肆, 行き鉄門, 行くと, 行くには, 行くの, 行くん, 行く父, 行った, 行つて見たく, 裸の, 覆面太郎といふ, 見あげつ, 見えざりき, 見えなくなり雪駄, 見ゆ, 見られるくらい, 見る我, 見る時, 訓令を, 訪うた, 誠に尊い, 警察の, 貴金属商を, 赤色煉瓦の, 走り出た彼女, 起ったムウネイ事件, 越して, 足を, 身を, 近いところ, 近いコラント, 近い丘, 近い西, 近くて, 追いこんだのさ, 逃げて, 逆上し, 這いおりて, 這入りこんだ, 這入るがい, 通じて, 通じ他方, 通ずるブルバーセンゼルマン, 通ずる路地, 連れこまれたこと, 連れて, 連れ出した, 遊ぶ子, 運ばれた暴徒, 運ばれて, 過ぎなかった, 達した, 達しますと, 達し更に, 達し次に, 達せし頃, 達れ, 違いない, 適して, 重々しき反響, 金物店を, 開業させ, 関所は, 降って, 降つて, 隠退し, 集まってる郊外国民兵, 集中する, 雨の, 雪が, 雪崩れた, 電力を, 電燈が, 靜かな, 面したる大, 面した処, 面した方, 面した角地面, 面するその, 革命が, 響き渡れり, 響く車, 飛び出したの, 飛び出しては, 飛び出すの, 飛んで, 飛出します, 馳せ入りぬ, 馴染むこと, 駅馬車も, 魅力を, 鳴る鏘, 黄濁の

▼ 街~ (627, 7.5%)

69 出て 48 出かけて 20 出た 11 出ると 8 行って 7 出かける 6 出かけた, 出ました 5 出る, 出掛けて, 散歩に 4 でて, はいって, 入ると, 帰って, 行った, 買物に, 遊びに

3 [11件] いって, はいった, 出かけるそして, 出かける買物, 出たの, 出ようと, 油買ひ, 着くと, 降りて, 飛び出して, 飛出しました

2 [24件] そして例, でたが, でる時, はいり込んだ, また買物, 下りる, 先に, 入つた, 出かけたそして, 出かけたの, 出かける払, 出たが, 出ても, 来た, 来たの, 自動車を, 行くこと, 行けば, 行つた, 走り出して, 足を, 足駄の, 降りた, 飛びだしたかと

1 [328件] あいびき, いくが, いっさんに, いつしよ, いつもの, かえりながら, かけだしました, かけて, きたの, さしかかったとき, さしかかると, さして, さっと明るい, さまよ, さまよいこむ, さまよいでなくては, さらにさらに一杯二杯三杯, しのびでて, すぐ戻つた, すべり落ちて, せつせ, そしてそれ, そして米, そして郊外, その女, その愉快, だいぶ飲んだ, ちよいと, ついでに, つくまでぐらい, つづいて, つもつたこと, つれ歩い, つん裂き亙って, でかけて, でた, でる, でるとき, でるよ, とび出しました, とび出せば, どろ, はいったとき, はいっても, はいりエシャルプ街, はいりサン・フロランタン, はいり込み, はいるの, ひきかえしました, ひとり出かけ, ひどくのんびり落ちはじめ, びつしよりになる, ふみだして, べつべつの, ほどこしを, まいった時, また出かけた, まづ, もう今宵, もどること, やって, やってきました, やって来て, やつて, やること, ゆく, ゆく途中, シュマン・ヴェールの, ソンヌリーの, ポストまで, ポストを, マリユスを, モダンの, ラップ街の, 一方は, 一杯また, 三八九第, 三度出かけた, 三日に, 下りて, 下りロイド, 下り八時頃ホイットミイ氏, 下る山, 下る石ころ, 二回も, 二週間ほど, 人ごみの, 人を, 仕事に, 仕事を, 他人を, 伝道に, 何か, 何し, 使に, 例によ, 働きに, 入った, 入って, 入つてまごまご, 入つて行, 入らうと, 入りこんで, 入り込んで, 入る所, 六日ぶりに, 出かけたいろ, 出かけた亀山祭, 出かけた今夜, 出かけた山田屋, 出かけた焼杉下駄, 出かけた私, 出かけては, 出かけるあと, 出かけるうどん玉, 出かけるそこで, 出かけると, 出かけるとて, 出かけるほとんど, 出かけるま, 出かけるまるし, 出かけるわざ, 出かける三日ぶり, 出かける切手四銭, 出かける夕立水, 出かける寒い, 出かける小郡, 出かける油買, 出かける端書, 出かける米買, 出かける酒, 出かける飯, 出かければ, 出かけ昼間, 出たくなかった, 出たこと, 出たそしてまた, 出たちよ, 出たついで, 出たところ, 出たひよろひよろ, 出たり, 出た不, 出た別れてから, 出た時, 出た酔, 出てからも, 出ては, 出ないこと, 出ようか, 出られない年少者, 出ること, 出るすぐ, 出るそして, 出るたび, 出るつてこと, 出るなり, 出るには, 出るにも, 出るの, 出るチヤンチヤン, 出る桃園亭, 出れば, 出掛ける, 出掛ければ, 受取りに, 向かって, 向けて, 向って, 向つて一散, 吹きつけて, 呼んで, 多分酒でも, 大半以上を, 大小二つの, 子供を, 家族を, 寄ったとある, 小さくなっ, 就職口を, 局へ, 山の, 山へ, 帰った, 帰った相, 帰りついた, 帰れないと, 平次は, 廻らせそれから, 廻り奉天支那街, 廻り歩い, 引張り出して, 引返したが, 引返し日本租界, 彷徨いいでた, 心を, 急がせた, 急激に, 憲兵と, 懸った時, 戻った, 戻って, 戻つたころ, 払へる, 折れて, 持ちこまれる脱税ウイスキー, 持ち出された, 散らばった, 散歩極上焼酎を, 斜めに, 春風の, 昼も, 曲がり込むと, 曲つて行く, 曲りそこ, 曲るヴォージラール, 来て, 来ると, 来るの, 根を, 梟ける, 棲むやう, 棲むよう, 歩いて, 歩きこみ小さな, 歩きまわった, 歩み出した, 歩み出た, 殖えて, 気晴らしに, 水哉居を, 泡つぶの, 活動写真を, 流して, 流れる群衆, 浮び出し街, 海蛇の, 消えこむの, 消えて, 消える, 淡々君, 湯屋へ, 溢れて, 溶けこむこと, 滑りだしたもの, 火を, 点火する, 焼酎二合弐拾四銭大根一本五銭落ちつい, 現しては, 現れるの, 生死を, 目指して, 着いた, 着任した, 石油買う, 石油買ひ, 私は, 移住した, 移転し, 米買ひ, 繰込んで, 虹立つた, 行かう大, 行かなかったこと, 行かんと, 行きつきました, 行きなさい, 行きました, 行くに, 行くには, 行くのに, 行く払, 行く時, 行く為, 行く車, 行こうと, 行った時, 行つてガランドウを, 行つて験べて, 見知らぬ心, 触れさせなくてはと, 訪れて, 誘惑する, 豆腐買ひ, 買へる, 買物か, 買物が, 走って, 走りでて, 赴いた, 赴くと, 踊りに, 踏みだして, 踏出しました, 迎えに, 近づく一停留場ごと, 追はれた, 這入って, 這入つて行, 通うバス, 通う飛脚, 通り拔ける, 連れて, 連れ出しました, 進めたい肉体的, 避けようと, 酒と, 酒をのみに, 酔ひつぶれた, 鉄砲玉の, 降りる, 降りると, 降りる気, 降りる習, 降りレストラン, 降る斜面, 隠遁した, 飛びこまう, 飛びこみ食べるだけという, 飛び出した, 飛び出す外, 飛出します, 飛出し向, 飛出す外, 飲みすぎ食べすぎ, 駈け付ける, 駈け出した, 高き空

▼ 街~ (460, 5.5%)

6 づれの 5 師走の 3 づれに, づれまで, どこも, 春の, 暗い, 銀色に

2 [21件] あかるい, すぐ背後, つぎつぎに, づれへ, まだ空襲, もう暮れ, ゆき子の, 一勢に, 三角洲の, 丘陵に, 人通りが, 変形された, 宵ながらに, 彼を, 昼間歩い, 暗かった, 暮れかけ, 湖に, 狭くて, 祭の, 軒並みに

1 [389件] あかりを, あきらめて, あるが, あんえつ, いくさがたり, いけない, いつにも, いつもの, いつもよりも, いつも水兵, いと暗, いよいよ熱閙, うしろに, うるさい蠅, おだやかだ, おびただしい赤い光, おまつり, お祭で, お祭の, お祭提灯の, かぎりなく, くらい, ぐんぐん海, こげなところ, ここにも, このため, この国, さながら油鍋, しいんとし, しごくのどか, すこしも澄ん, すっかり暗く, すっかり暮れ, すっかり隠され, すつかり, そうである, そこから, そこで, その後に, それから由来, それでもまだ, それより, それらの, そんなに賑, づれから, づれから街中へ, づれでわいわい, づれなる老舗の, づれにある青い, づれにて立木に, づれのお宅へ, づれの所々に, づれは, づれる場末一寸, とっぷり暮れ, どうなっちゃった, どうにも, どっさりの, どの一部分, どの家, どの都市, どんな小路, ない, なかつた, なかなかいい, なるほど見た, にぎわって, にわかに色めき立っ, ねむつて, はるかに, ひっそりし, ひつそりとして, ひとしおの, ひどい霧, ひどく雑鬧, ぴかぴか光ってる, へんに, ほとんどその, ほとんど木, ほんとに美しい, まことに和やか, ますます白く, ますます雑踏, まずその, また平, また意外, また酒, まだ半分眠り, まだ夕陽, まだ寝, まだ屠蘇機嫌, まだ往来, まだ陽, まるで僕, みな山の, もう半ば, もう堀江, もう彼方此方, もう薄暗く, もう赤蜻蛉, もう騒ぎつかれ, やがて暗い, やっぱり好き, やっぱり華美, やはり今度, よさそう, りょうあんである, アメリカ人気質と, カラビン銃の, クリスマスでございます, クリスマスでござんす, クリスマスの, シメを, ショーウィンドーの, スフィンクスの, セメントの, チロルの, ドナウ運河の, ネオンサインが, ヒッソリと, メーデーだ, ユダヤ人の, ロンドンの, ロンドン西部の, 一夜に, 一層きたなく, 一挙に, 一杯に, 一瞬轉毎に, 一面に, 一面寒い, 万華鏡を, 下へ, 下馬評で, 不潔を, 五月の, 五階より, 井伏さんに, 京都で, 人々の, 人出が, 人出で, 人口二万五千あまりで, 今なお, 今日ゴーリキイ市と, 伝統と, 佐伯の, 例の, 倫敦の, 全く日露戦役, 全国第, 再び夜, 再び昼, 再び沈黙, 冬に, 冬の, 出来るん, 初めから, 刻々に, 労働者町だ, 動かない赤旗, 十三世紀に, 南軍の, 即ち右京, 即ち我が, 却つて無気味で, 古風で, 右の, 同じもの, 名画の, 唯停車場, 商賣, 四囲の, 四箇所ある, 地の, 地下鉄工事の, 壮大な, 夕方に, 夕暮だつた, 夕暮れよう, 夜もすがら燃え, 夜中過ぎれ, 夜更けらしく, 夜霧の, 夢の, 大きく起伏, 大きすぎる, 大さわぎだろう, 大ろ, 大分変っ, 大勢の, 大変な, 大町と, 大通でも, 大通の, 大通フリードリッヒ・エンゲルスずっと, 大陸の, 始めてで, 定まらない繪畫, 家並が, 寂しいもの, 少しく河下, 川べりに, 左右とも, 左手に, 左翼人民戦線の, 常に寂寥, 年々の, 幸に, 幻の, 幾つも, 広いの, 広くまっすぐ, 底知れぬ, 店を, 廣い, 廻りながら, 彼女の, 後に, 急に, 戦災を, 戸ごとに, 手品師が, 散歩の, 旗と, 既に五年前, 日に日に面目, 日の, 日露戦役の, 昔の, 春菊を, 昼の, 昼も, 暗いだけ, 暗くそれ, 暗くて, 暗く哈爾賓, 暗く淋しかつ, 暮れて, 更けてからの, 更けるとへどばかり, 最上の, 木造建築の, 未だ眠り, 松が, 森林の, 森閑として, 植民地の, 極く, 檀先生も, 次第に寂しく, 次第に狭く, 歓迎門が, 武力も, 歩けないよ, 歳暮景色である, 死んだやう, 死んだよう, 殆ど氷らん, 殆ん, 毎年変っ, 比較的繁華, 水を, 水中に, 水兵さんで, 水兵で, 沈む, 沸きかえるよう, 沸き上り燃え立つて, 深く鳥, 深川の, 清潔だった, 溺れさり沈みさる, 漸く靜, 潤いを, 火かげ祇園は, 火の, 灯の, 灰を, 灰紫色に, 灰色に, 無くて, 無意味な, 然し元町, 焼け野である, 煌々と, 煙の, 熱海に, 燃えつづきました, 燐寸の, 燦然と, 牢に, 物騒だ, 独特の, 狭い乍ら, 狭く陰気, 瓦礫の, 甚だ騷, 疎開騒ぎで, 白い眠り, 白い西洋菓子, 白夜の, 百十六丁目に, 皆戸を, 目の下に, 真夜中の, 知らないが, 石だたみに, 石灰岩の, 石畳ばかり, 硝子の, 硝煙臭かつ, 礼儀と, 私たちの, 税関の, 立派な, 競争の, 笛吹川と, 素晴らしくきれい, 細つて来た, 細民区の, 結局地上で, 縦横に, 美しく太郎, 美しく建築, 羽蒲団の, 自分の, 自由だ, 至って静か, 至るところ, 花見の, 薄暗い街路, 薄暗くなりかけ, 西日に, 西洋の, 見渡すかぎり真白, 観客の, 諒闇である, 賑は, 賑やかだつた, 賑やかで, 起重機の, 足音と, 跡形も, 踊る男女, 軒なみに, 近きより, 逃すまいと, 遅くなっ, 道が, 遠くない, 邪宗門の, 釜の, 銀に, 鎮まりかえって, 閑散に, 閑雅静寂全市が, 間もなく爆発, 闘牛場へ, 防空演習, 陽の, 雑踏する, 雨に, 雨の, 雪に, 雪解けで, 電燈で, 電燈の, 靄から, 靄の, 青々と, 青い夕靄, 青竹の, 静かで, 静かである, 静かな, 静かに, 靜かで, 革命の, 頗る雑沓, 頬張つたやうに, 風が, 騒々しく色々, 騒がしくて, 騒然と, 騒然として, 鬱積した, 黒山の, 黒煙濛々と

▼ 街~ (274, 3.3%)

29 の光 25 の下 11 の灯 4 が青白く, の柱 3 がつい, の光線, の巷, の燈, はみなまっ青

2 [14件] がその, が消え, が鉄, に照, のついた, のない, のほ, のほか, のまわり, の中, の光り, の数, の蔭, もない

1 [158件] から落ちる, があたり, があった, があつ, がある, がただ, がつきません, がともっ, がともった, がともり, がない, がなかっ, がなけれ, がへん, がぼうッ, がぽつぽつ, がまばら, がわずか, がキラキラ, がマロニエ, が一度, が両側, が乱れてる, が倒れた, が光つて, が凍え, が次に, が消えた, が消され, が淋しく, が灯っ, が点きはじめた, が点っ, が点り, が白く, が破壊, が硝子, が立連, が覚束, が遠く, が間遠, が雪道, が霧, が青白い, が音, が黄色い, だけがボンヤリ, だけが果, でもふやせ, で見る, との間, との関係, とを見受ける, とアスファルト, と街燈, なん, なんか見, にきらめき, にすかし, には瓦斯, にぼんやり, に出, に映じ, に止った, に照らされ, に照らされた, に照らしだされた, に燻んだ, に用い, に薄, に輝らされ, に追羽子, に顔, のあかり, のある, のぐるり, のこと, のつく, のところ, のとぼしい, のともりはじめる, のない広い, のない淋しい, のほのか, のやう, のスヰツチ, の一つ, の上, の並ん, の丸い, の乏しい, の傍, の光りで, の光りで見た, の反映, の少い, の所, の明, の明り, の暈, の油壺, の淡い, の火, の灯先, の照明, の燦, の疎ら, の真下, の立ちたる, の美しく, の蒼白い, の薄, の薄い, の裸, の輝き, の逆光線, の透視図, の遠い, の鈍い, の鉄, の陰, の電球, の青ざめた, の高い, はついた, はともされ, はともっ, はどこ, はびしよびしよにぬれ, はびしよびしよぬれ, はみな, はよく, はガス燈, は動き, は完全, は左, は暗く, は木枯し, ばかり, ばかり人っ子ひとり, もたしか, もともされ, もほの暗く, もネオンサイン, も動く, も消えた, も稀, も見えない, も軒燈, や飾り窓, をかすめ, をこわし, をたより, をつけん, を一つシャボン玉, を映し, を請負っ, 暗き

▼ 街~ (237, 2.9%)

9 あつた

2 [12件] こなごなに, はじけるよう, 出会ふ, 土塀が, 彼らは, 私の, 見た或, 買って, 踊場や, 逢った, 金に, 露西亜の

1 [204件] あなたを, あの夜, あの眼鏡, いい地位, いい塩梅, いながらにして聴ける, おくった, こき使われる, さる人物, しかも番号, しかも角, すべての, すらもなく, するやう, そこから, その時, その祖父, その雪道, たのしいもの, ちょっと降ろされる, てっとり早く, どこ迄, どんな遊び, なした苦心, はじけるやう, ひょっこり彼女, ほどよく飲ん, まいてから, まっすぐな, みかける弱々しい, みんなつ, よその, ウイを, エリザベス・ストライドを, クリスマスごろに, ケリイ一名ワッツを, コーヒーを, ショー, チンドン屋に, バッタリ会っ, ビイルを, ピストルの, ポンピキに, ミシェル, 一人の, 一人前二十二スーの, 一体どんな, 一層暴行, 一方は, 一番珍しい, 一番繁華な, 一等賑やかな, 丁度六条の, 丁度暮方, 三人の, 上の, 下車した, 不意に, 乞食を, 乳母奉公を, 二人は, 二輪馬車を, 人々が, 人から, 会ったこと, 伝統的に, 伸子たちが, 住宅は, 何となく騷, 使い古した蓄音器, 倒れて, 偶然出逢った, 偶然嘉村さんに, 僕に, 僕は, 全盛を, 八五郎は, 出会ったの, 出逢, 出逢うと, 列に, 厳重な, 只賑やか, 唄い出すの, 唄えば, 商店は, 嚴重な, 四十スーで, 四四番の, 垢でも, 売ってる水蜜桃, 売春婦たちと, 変に, 夏服を, 夜でも, 大きな公衆図書館, 大学教授の, 大損害, 太刀打ちを, 女の, 姿を, 家族に, 小奴, 尻尾が, 左褄を, 幸運を, 広場や, 庵主さまの, 彼を, 待ち合, 待ち合せて, 復興も, 愛人ベアトリッチェに, 所天に, 手紙を, 払へる, 拾った円タク, 拾はれなき, 捕えられた, 提灯も, 新鮮な, 昔の, 普請中の, 朝風呂を, 木下は, 札片を, 構成さるべきであり, 樹明君に, 殺された, 殺されたひとり, 殺された男, 注意が, 浅草も, 浪人者の, 無我夢中に, 父の, 牛肉を, 王女が, 珍らしく, 理髪店を, 生れて, 生れ十二, 生活する, 用事が, 疲れて, 発見する, 百姓から, 知らない客, 確実に, 私に, 窓を, 米国の, 約三十名, 紙片を, 素晴らしいタネ, 絵葉書を, 習いに, 老いぼれた一人, 耳に, 聞いた六波羅衆, 育つた私, 自分に, 自動車を, 自転車の, 蟹を, 行き違う見ず知らず, 袋叩きに, 西洋の, 西洋風の, 西洋館に, 見かけたよ, 見かけて, 見た女剣舞, 見つけて, 見て, 見る, 見るもの, 見る行商人, 見付けたと, 計らずも, 詩人の, 負傷し, 貰った煎餅, 買ったもの, 買求め, 買物, 買物など, 買物を, 起って, 車を, 遊んで, 酒を, 酔ひながら, 金色の, 鈴蘭を, 開かれる展覧会, 電車が, 青年達を, 食事を, 飲みつ, 飼つてゐる, 飾窓の, 馬車を, 鸚鵡の

▼ 街~ (235, 2.8%)

6 を歩い 3 を行く 2 で, に不思議, に於, に白い, に立っ, に立つ, の敷石, を往来, を走る

1 [208件] からは五六個, から何かしら, が空, さびしく, だ, でうたわれた, でその, でそれ, でたまたま, でのらくら, では, でひかれた, でもホテル, でダンサー, で人なみ, で元気, で売り, で女, で家庭, で市民, で慇懃, で或は, で発見, で神輿, で網, で行き会っ, で行き合う, で行われた, で見かける, で辻君, で電車切符売, なる知人, にあふれた, にあり, にうじ, において見る, における自動車, にし, にしまい, にその, にて, にてかく, にては何人, にてベルナルドオ, にて岡村柿紅子, にて棺車, になだれる, には人, には動く, には早, には武装, には燈火, には色彩, には電線, にひとり, にも, にも屋内, によどん, に仰いだ, に会う, に何と, に倒れ, に停, に停止, に充ち, に光る, に出る, に出張, に友人, に吹きすさぶ, に売る, に売卜者, に夥しい, に太陽, に姿, に寢仆, に小さな, に山, に投げ出された, に押, に撤退, に放り出す, に日光, に春画, に晒者, に曝す, に書物, に権四郎, に横たえる, に横たわっ, に横たわる, に波, に活動, に溢れ出し, に照りかえし, に男, に突き出した, に立ちつくし, に立ち向かった, に立ってる, に紫, に結氷, に絵, に置き去り, に舞台, に船中, に見えず, に赤く, に起る, に跋扈, に踊り狂っ, に躍る, に迎え, に迷出候処, に迸り出た, に重く, に長く, に閃き, のでき, のチヤムピオン, の人通り, の人間, の光景, の勇士, の印象, の土, の塵埃, の壮麗さ, の売春婦, の売笑婦, の夏景色, の女, の婦人, の少年少女, の往来, の撒水, の散水, の日本趣味, の殺人鬼, の気分, の看板, の知人, の私, の美人, の群集, の老, の芸人, の行人, の見知らぬ, の通行人, の遊び, の雑踏, の雜, の風, の風景, の魚臭鼻, は人, は夕闇, は外国人, は往来, は暗く, は朝, は逃げまどう, へと駆け出し, へはね飛ばされた, へ出, へ出た, へ家財, へ振り落とす, へ氾濫, へ胸, へ長い, や路地, ゆくりなくも, よく見かける, より, を, をあるい, をえがい, をくすぶらし, をだんだん, をまつし, をもう, をゆく, を一杯, を写し, を売りあるく, を夥しい, を歩いた, を歩き回りし, を流れる, を漫歩, を照らす, を疾走, を眺め, を練り行く, を行き, を袂, を見おろす, を見まわした, を見る, を豆, を走っ, を闊歩, を駆け出した, を駈け抜ける, ヲ歩ミナガラモ, 相見えた

▼ 街~ (174, 2.1%)

9 ある 3 あった

2 [11件] あるの, あるもの, そのま, 今後どんな, 何ごとも, 全焼し, 最後の, 最高で, 活字が, 無事か, 見えて

1 [140件] あったり, あつた, あつて, あらわれた, ありありと, あります, ありますよ, あり映画館, あり更に, あり西南, あるかも, あるわ, うるさい, かくれた, かすかな, かたまって, がらんとして, こひし, こんなにおそろしい, さびれて, すぐ丘, それだけで, それと, たった三週間, できたので, できても, どうした, どうしてできた, どげ, なんや, にぎわい始め午前二時三時頃, ひつそりしづかに, ぴったりくっつい, まだ戸, まだ美しく, まったく生れ変っ, まるで水, まるで知らぬ, みぞれ曇り, むかうに, やられたの, よく見えた, エロチックである, ガラスを, グングン下, チロオヌの, ハイカラ町といふ, ミルチス・マヂョルと, 一望である, 一眼に, 一面に, 下の, 世界の, 並んで, 五つも, 交差してる, 今頭上に, 低くくぼん, 其れだ, 出来た, 出来たの, 出来て, 刺戟的な, 劫火の, 区劃され, 商賈の, 埃っぽい, 壁に, 大きい, 大阪の, 好きであった, 好もしい, 嫌に, 定子には, 小さくなる, 小さく地平線, 少しく煙り, 左に, 左手に, 幻の, 幾個も, 広く見渡せる, 建築と, 当だ, 急に, 悪に, 憎うて, 懶く横, 新しい労働者住宅, 明るく光りだした, 最もひどい, 最も旧い, 構成される, 横たわって, 次第に低く, 止み難い, 死んで, 段々明るく白く, 涙に, 涼しくなる, 灯つた, 灯つた青葉を通して, 灯れば, 焼けて, 焼野原, 燃えること, 狭くなつ, 現れた, 現われたん, 目に, 真直ぐに, 眼の, 碁盤の, 私の, 突然尽き, 立派である, 続く, 羅馬の, 肩の, 脅え上つて, 荒さんだ, 蜃気楼の, 街らしくなります, 見えた, 見たくなった, 見渡されます, 見透せて, 谷間に, 賑つた, 起りである, 近代化され, 造られて, 郊外と, 鎮まれば, 長く, 開かれて, 開拓され, 雅味の, 雲の, 騒がしくな

▼ 街から~ (151, 1.8%)

16 街へ 15 街を 4 風車場へ 3 帰って, 街へと 2 バスが, 出て, 出ようと, 大きい雄, 明るい街, 暗い街, 街と, 街に, 街をば

1 [92件] きた男, こちらへと, この通り, ごく近い, すばらしい火の手, ついて, つかれて, つぎの, つれだって, であろう三味, もう一重, もどるそら, やや離れた, アルバレート街へと, インノサン市場へ, ウイボルグスカヤ街へ, グランド・トリュアンドリーの, サン, サント・アヴォア街の, サント・クロア・ド・ラ・ブルトンヌリー街の, シャンヴルリー街へ, ドロア・ムュール街へ, ニージニの, バナナ売りを, フィーユ・デュ・カルヴェール街へ, ブールドン大通りを, プリューメ街へ, ホテルの, ルールシーヌ街に, ロア・ド・シシル街へ, 三の宮附近へ, 三百年の, 九哩ばかり, 二つばかりの, 二里ばかり, 五マイルも, 京都の, 先は, 出屋敷の, 包に, 受けた印象, 唯だ, 四分の一哩程, 城外へ, 大江村を, 大阪の, 寄進を, 小半里ほど, 少し引き込んだ, 少し離れた, 届いて, 帰つて来た, 帰つて来る, 帰ると, 暗い港区, 最も際立つ, 来た紳士, 来られた森立名さん, 来るらしい朗らか, 植物園の, 次ぎの, 汽車で, 汽車に, 河岸に, 浜を, 海へ, 灯火を, 王城までは, 白いリラ, 百九十哩の, 皇帝街の, 突き出て, 筑波山を, 繰出し, 聞えて, 脱して, 自動車に, 荷車の, 蒐められ, 西の, 見て, 言うと, 買って, 逃げ出してる狼狽, 逃して, 通つて来た, 進んだ, 遠いので, 遠くは, 醗酵する, 集まって, 馬車に

▼ 街~ (137, 1.6%)

4 サン 2 いふ, ドロア・ムュール街と, ピクプュス小路との, 反対の, 呼ぶの, 家家, 村, 言って

1 [117件] あるの, いいコラント, いい家, いうほど, いえども, いったいどっち, いっても, いわれる, いわれ都心, きめて, さまよ, したが, し下, し南, その小路, ついて, であり斜め, なし毎晩夜店, なった程, なって, なつた, なる, なるかも, のって, よく似た, オーブリー・ル・ブーシュ街とに, キュルテュール・サント・カトリーヌ街と, グラヴィリエ街とに, コラント亭も, サン・ジョルジュ街との, シモン, シャンヴルリー街と, ショーム街と, シーニュ街との, シーニュ街も, ジュフレノアイ街の, タンプル街とで, チャアルス街の, ディクシイ国道の, ピキャデリの, ピクプュス小路と, ブラン・マントー教会堂の, プレーシュール街とに, マロニエの, ミシェル, メシチャンスカヤ街の, リジェント街の, 三つの, 三方を, 丘とを, 両方から, 乘物づくしを, 事務所街と, 云えば, 云つたと, 云はず辻と, 云へば, 似かよって, 六十丁目が, 凱旋門との, 十六番通りの, 右方モンデトゥール街と, 同じ空気, 名づく, 名づくべき, 名づけられてる, 名の, 向き合ったある, 向き合ったサン, 向き合ったサン・タントアーヌ街, 向き合った所, 呼ばれてる長い, 呼ばれること, 変わり日露戦争後, 夜宴が, 定められて, 家家との, 家庭に, 富士山との, 富豪の, 川とは, 左方シーニュ街および, 思われるある, 新宿の, 新市街の, 日蔭の, 書いた札, 木木とに, 本質的に, 村とは, 村村と, 東西に, 校門と, 森, 正面の, 殷賑街とを, 流したの, 流し歩くの, 湾を, 畑の, 畑への, 異なり, 称せられる堂島, 稱つてる, 蘇州渓の, 行先を, 街路に, 覚しい通り, 言った所, 言われてる寂しい, 違って, 野に, 銅像の, 飯場街を, 馬に, 馬来芝居と, P街との

▼ 街には~ (120, 1.4%)

3 雪が 2 いたるところ, いって, この娘さん, そろそろ嫩葉, 人が, 何ごとも, 夕暮の, 岩波文庫を, 犬も

1 [99件] あの谷村さん, あまりに目立っ, あらゆる娯楽機関, あるの, こう云う, たくさんな, どこにでも, どの家, どんな事, もう御, もう暮, オーチェレジ, ガス燈の, サイパンからの, ザワザワと, シネマが, ドュ・アブレイ夫人の, ピストルを, ファーブルなんて, プラタアヌの, 一斉に, 一流の, 一面に, 久しく剣劇, 人々が, 人つ, 人の, 人は, 人出で, 人影も, 人行絶え, 住めなくなりました, 何となく賑, 何んだ, 何んの, 何時もの, 充ちて, 全く人通り, 出ないで, 到るところ, 古典アメリカの, 圓屋根の, 土地の, 夏が, 夕霧が, 夕靄が, 宗徒簇り, 宮殿や, 尖端カフエ世界銀の, 川が, 左翼の, 市街掃除夫が, 常に平和, 常盤座ロック座大, 幾つも, 数尺の, 既に夕闇, 日本の, 早くも, 昔から, 昔ながらの, 春の, 昼間から, 晩春の, 果てしが, 柳の, 楽隊の, 正月気分が, 殺気に, 氷屋, 汗の, 河を, 海草の, 火消しが, 灯が, 灯がと, 燈火が, 物売りや, 白い光沢, 目立たず街, 砲座が, 米屋雑穀屋八百屋果物屋漬物屋乾物屋などが, 自動車や, 舶載物を, 虎列拉が, 街の, 負傷兵が, 賑かな, 赫灼たる, 軒並みに, 輝きも, 酒気を, 鉦太鼓の, 電燈が, 靄が, 靜かに, 顔を, 風が, 風の

▼ 街~ (89, 1.1%)

2 では, で一番, で最も, の, の一二, を動い, 乗っけて

1 [75件] いいふらして, から左様, が笑い声, が美味, が美味し, である, でくり, でふと, でもかの, でも外, でも見る, で然, で聞きかじっ, で胸, で見かけた, で誰, で馭者, にある, に伝わった, に慄, に擴, に明るく, に発見, に知れ, に金粉, のどこ, の事, の人々, の商店, の店, の桜並木, の灯, の犬, の評判, の誰, はお祭, はひっそり, はジン, は大, は沙塵, は灯, は瓦, へそして, へなど持出した, へ出る, や家, を, をある, をうろ, をかけまわり, をさがしまわった, をつきぬける, をふみ, を吹き荒れ, を多く, を歩い, を歩いた, を歩き廻っ, を歩き飛ばし, を気狂い, を狂気, を竿, を脚, を自転車, を走った, を走り, を軒並, を転げ, を通り, を通る, を駆け, を駆けめぐった, を駈けめぐっ, 狭く動け, 飲み歩いて

▼ 街~ (85, 1.0%)

2 あります, いきなり見る, ひっそりと, 人も, 空も

1 [75件] あたし不思議な, あったの, あの暗い, ある, あれば, いくらか変った, いっしょくたに濶歩, うつくしいちんまり, おしまいだ, かうして, この時間, これには, そうである, それに, ついそこ, どうも実に奇妙, また一面, まだほとんど起き, まったく人通り, みんな焼い, やがて悪魔, やがて惡魔, ゆらめかせて, イタリアの, インフレで, 乞食の, 二度と見られない, 人間も, 何となく寂しく, 余程もう黒ずん, 古都という, 各国の, 嘗ては, 夏姿である, 多くの, 夜に, 屋根と, 廃墟の, 思ひの, 押しつけがましく入れ, 文化的である, 新らし, 旅の, 既に寢靜つて, 日本市街も, 次第に美化, 次第に醒め, 正月支度に, 歩くが, 歩けませんよ, 殆ど元通りに, 水の, 活気づいて, 活気に, 浮足立って, 浮足立つて, 湯も, 漸く日頃, 知らなければ, 神社仏閣も, 私自身も, 第五街, 美しさ, 自然も, 花に, 見えぬ, 見せて, 軒なみに, 近くなつた, 通って, 通つ, 通行の, 重苦しい感じ, 雑沓し, 電柱も

▼ 街では~ (70, 0.8%)

3 ないの 2 はじめてきく, 自分は

1 [63件] あったが, あるが, いって, いつも多く, それ以上の, ちょうど昔, どんなこと, ない従つてこれ, なかつた, なに一つ話され, なほその, まだ人々, まだ縁台, もうすぐに, もう夕刊, よく彼, アジや, シュッシュッ氷を, 一目置いた, 一箸つけた, 一群の, 三人の, 人民が, 今ようやく, 俄かに, 先人賢者, 全町, 円タクを, 冬じゅう人々は, 吉田派の, 吹きまくられて, 国民兵の, 夜が, 天幕の, 女達が, 婦人や, 子供たちは, 屋根の, 巡査が, 巨人の, 市街戦に, 市電の, 彫刻家の, 早くから祇園祭, 星を, 月光, 橋と, 毎晩そこここの, 氷を, 甘納豆で, 生産という, 異常な, 目隠し格子の, 聞くこと, 腕を, 腹が, 良書は, 見かけたこと, 車の, 閾を, 雪が, 髯を, 鳩と

▼ 街まで~ (58, 0.7%)

3 出かけて, 出て 2 きて, やって, 出かけても, 送つて

1 [44件] いつしよに, お出ましに, た, ついて, どれほどかかるじゃろ, はいり込み百九メートル, やってきた, ゆく電車, コゼットの, 一ト走り行っ, 一走り, 三時間かかりますやろ, 上って, 二里は, 五度も, 今は, 來し, 出かける心臓, 出たついで, 出たの, 午前ちよつと, 地下鉄に, 引っ張り置き誰, 引上げた, 引返して, 彼らの, 彼女を, 徳利さげ, 押し入って, 来しとき, 来ずに, 来ると, 歩いて, 行かないこと, 行き参謀本部, 行った, 行った時, 行つて奥地の, 走って, 蹤けて, 連れ戻された, 酒を, 酒買ひ, 長い其入口

▼ 街~ (54, 0.7%)

2 村の, 郊外を

1 [50件] けばけばしく飾り立てた, この街, それからリテイナヤ街, にぎやかな, のれんの, アンフェール街などの, エショーデ街や, オルヒュース街の, コポー街を, サン, サントンジュ街などには, サン・トノレ街の, タンプルなどの, ノルマンディー街や, バス街から, ブュイ・レルミット街を, ブルーヴェール街や, プティート・トリュアンドリー街などでは, マレー街まで, ライプチヒ街の, リジェント街で, ヴォルガと, 人よりも, 公園を, 外景と, 夜や, 安物市場に, 家家を, 居留地に, 広場や, 広場を, 日光の, 村と, 機械屋ベルニエの, 歴史的由緒の, 海岸に, 海岸を, 港に, 港を, 生活が, 空や, 自然が, 花柳地へ, 街裏小料理店や, 裏町に, 道路が, 郊外の, 部落の, 野を, 雲かげの

▼ 街~ (49, 0.6%)

2 の底, を通りすぎる

1 [45件] がまわり, が分布, が泛ん, が縦横, であつ, では学生ら, では群衆, で反乱, で古風, にあった, にすぎなかった, になってる, にもまっ, に平然と, に行きました, のある, のあわただしい, のこと, のその, のガス, の原点, の向う岸, の均衡, の女, の子供達, の小路, の方, の砂, の空間, は帯, は碁盤, へ, への付属物, へ足, やマレー, や動植物園, をし, を去る, を成し, を歩い, を百三十五区, を眺め, を見, を通る, 正しく遊園

▼ 街~ (41, 0.5%)

2 の布陣, の要地

1 [37件] であんな, という一高地, などへなんで, にあたる, には蜀旗翩翻, には蜀軍, に一勝, に勝っ, に着く, のうしろ, の一路, の二要地, の危うき, の大捷, の大敗, の守り, の役, の後詰, の戦, の戦い, の敗れ, の敗何, の敗因, の東北, の激戦, の破れた, の絶頂, の責め, はこれ, は全, は我が, へ出, へ急いだ, へ眼, をとれ, を守る, 陥つとの

▼ 街~ (34, 0.4%)

2 がその, という, とかその, と聞い

1 [26件] あ, からだろう, から伏見, から夕方, から石炭仲仕, から隅, がどこ, が僕達, が此酒場, ここで, つたと, つた方向へ, という印象, といった, とおもう, と一行, と思っ, と思ひまし, と教えられ, な, なあ, なか, なと思った, ほら, よ, 兵隊が

▼ 街~ (25, 0.3%)

1 [25件] で見た, にあった, にある, にしけ込ん, にて, にガラン, に下宿, に五月, に巡査, に紅, の何処, の垢, の女, の情景, の狭い, の貧しい, の部屋, の酒場, の露地, へ這入つ, や暗い, を散歩, を流し, を逆, を通る

▼ 街にも~ (24, 0.3%)

2 屠蘇の

1 [22件] かしこの, しばらくよりいられなかった, その後ろ, つねに絵画的, つねに繪畫的, まして複雑, ピクプュス小路にも, 一人で, 人の, 人は, 仏蘭西風の, 住む按摩, 北風が, 家庭にも, 寒い風, 微風さえ, 敵影は, 溢れて, 生ひぬ, 砂が, 荷車など, 見られた

▼ 街~ (24, 0.3%)

2 にも静けさ

1 [22件] からこの, が, であった, である行乞, なの, には街燈, に出, に走り込んだ, のかた, の夜店, の家, の群集, はものみな, は人気, は飲食店, へがらがら, やに遮られ, をひろげ, をテクテク, を眺め, を行く, を見

▼ 街~ (24, 0.3%)

2 の料理店

1 [22件] から聞え, には左翼, には靜, に満ちた, に荒れ狂っ, の一隅, の大, の広場, の廣場, の支那人, の柳, の様子, の灯, の辻, の通り, は左翼人民戦線, を, をごとごと自動車, を歩い, を歩き廻る, を見廻した, を馳

▼ 街である~ (18, 0.2%)

1 [18件] かさっぱり, からここ, がそこ, が全く, が浅草, ことを, という名, とは信じられなかつた, のにそれ, のを, クズネツキー橋の, ルュウ・ドュ・ラ・ペェへ, 久振, 事を, 以上ここだけは, 巴里に, 神田でさえ, 途中闘牛児さんを

▼ 街はずれ~ (18, 0.2%)

1 [18件] で青い, にある, に引っ越させました, に泡盛屋, に骨董, の, のお宮, の丘, の四方, の大きな, の宿, の汚い, の空き地, の青田, へ出かけ, まで二度, をいそい, を歩いた

▼ 街~ (18, 0.2%)

2 を眺め, を足

1 [14件] がやっと, がパッ, が急, が潜ん, が見えた, だった, だ家, として余り繁華, の戸, はくぎられ, はぢ, は妙, は皆, やヴォージラール

▼ 街道筋~ (18, 0.2%)

1 [18件] ならまた, なら夜中, にては普通十二錢五厘, には和宮様, には潰れ, に何, の古い, の國, の宿屋, の生れ, の繼立て, へ出, まで伝えられた, まで来, まで行つた捜索隊, まで走せ出し, をぶらつい, を出かける

▼ 街道すじ~ (17, 0.2%)

1 [17件] ではこれ, でむす, でも相当, で聞えれ, にかけてもむざんな死者, にこれ, に多人数, のすぐ, の往還, の旅人, の民家, の駅, は生馬, へかかる, へ出, も喧嘩, を練っ

▼ 街すじ~ (14, 0.2%)

1 [14件] だが, である, であるヴォージラール, にある, には二人五人, に漲っ, の上, の左右, の見とおせる, の貧し, は暗く, へと思いつく, へ出た, を歩い

▼ 街~ (14, 0.2%)

4 んだ 2 のである, のです 1 のであろう, のでサン・ギユドユル, ので二人, のね, んです, んでせう

▼ 街全体~ (14, 0.2%)

2 が助かる

1 [12件] がない, がひとつ, が一つ, が城下全体, が巨大, が活気づい, にも陰翳, の彩, の調子, をのみつくし, を濡, を落つき

▼ 街~ (14, 0.2%)

2 の父親

1 [12件] とおんなじ, にとって容易, の最初, はそれ, はたいそう, はなつかしく, は人, は小学校, は父親, もほんとに, もまた, をこの

▼ 街でも~ (13, 0.2%)

2 ない

1 [11件] あれと, この世の中, すっかりシーン, なさそう, エロショオでも, 似たりよつたりの, 出来るし, 四方を, 思ひも, 歩いて, 見られる中小

▼ 街という~ (13, 0.2%)

3 ものは 2 のは 1 のを, わけです, 一語を, 名を, 町が, 街は, 街を, 街家という

▼ 街との~ (13, 0.2%)

2 交叉点から

1 [11件] 下で, 中に, 二つの, 二重写しである, 二重寫しである, 交叉點で, 彼方に, 握手に, 方に, 間に, 間の

▼ 街~ (12, 0.1%)

1 [12件] がひどく寂しい, である, に搦ん, に染めた, の下, の幹, の影, の柳, の緑, の養成, は枝葉, は流るる

▼ 街~ (12, 0.1%)

9 れの 2 れを 1 れに

▼ 街外れ~ (11, 0.1%)

1 [11件] でたった今, にある, に屋台, に来る, の只, の質屋, の飯店, へ来たら, までやって来た, を流れる, 特有の

▼ 街~ (9, 0.1%)

2 だ, にあっ 1 がよぎる, が整頓, こそ羨ましく美しい, に眼, の一部

▼ 街へと~ (8, 0.1%)

1 いささかの, またたく間に, ゆらゆら進ん, 出かけた, 出肉類, 取りオステルリッツ, 物騒な, 進みポスト街

▼ 街より~ (8, 0.1%)

1 のぼり, サン・ドゥニ街区へ, 以下の, 先へは, 出で, 招集せし, 来る, 第七番目

▼ 街通り~ (8, 0.1%)

1 が中断, で醉, のミシン店, へ出かけた, へ向っ, をゆきました, を行く, を見

▼ 街あたり~ (7, 0.1%)

1 で仕立てたらしい, にはまだ, にみすぼらしい, の店員, の金持, をこの, を往来

▼ 街からは~ (7, 0.1%)

1 それらの, まもなく彼ら, ユラユラと, 大抵富士山, 屋根や, 深夜の, 餘程離れた

▼ 街よりも~ (7, 0.1%)

2 暗い街 1 暑かった, 暗かった, 暗く箱下げ, 絵に, 良く呑みこん

▼ 街七番地~ (7, 0.1%)

2 に参ります 1 だ, にフォーシュルヴァン, に今, のフォーシュルヴァン氏方コゼット嬢, へやれ

▼ 街~ (7, 0.1%)

1 が略一箇所, などあつ, に入, に祭典, のどの, の寺, の數

▼ 街での~ (6, 0.1%)

2 出来事で 1 ことで, 支那料理と, 若い人々, 鉄材切断を

▼ 街といふ~ (6, 0.1%)

1 のを, ものが, ものに, 名前を, 横街には, 街を

▼ 街にて~ (6, 0.1%)

1 フェール街の, 亀清楼柳光亭も, 亡き父, 列に, 教ふと, 教へ

▼ 街へは~ (6, 0.1%)

1 もう灯, 一歩も, 出ない, 永く出, 行かずに, 降りられぬ

▼ 街らしい~ (6, 0.1%)

2 ところや 1 あの通り, 一つの, 小さい床屋, 左右の

▼ 街上風景~ (6, 0.1%)

1 がまるで, が非常, に得た, の一主要人物, の片鱗, を写真ニュース

▼ 街見物~ (6, 0.1%)

1 なん, に廻っ, に迎い, のため, の興味, をさせ

▼ 街~ (6, 0.1%)

1 が不思議, とは始め, に曝すべしだ, の外, の眼尻, までの予定

▼ 街あり~ (5, 0.1%)

1 と云, カフェーの, 四百人前後の, 日本街あり, 水の

▼ 街じゅう~ (5, 0.1%)

1 が赤旗, が野卑, に響きわたりました, の本屋, をやんや

▼ 街へも~ (5, 0.1%)

1 どつて蕗子, 再び足, 出さなかったこと, 出た様子, 出ないと

▼ 街~ (5, 0.1%)

1 あな音も, さやう, さようなら, わが窓, 立てつづく尖屋根血

▼ 街六番地~ (5, 0.1%)

2 に住む 1 に住ん, に達した, の自分

▼ 街道ばた~ (5, 0.1%)

1 にその, に五町ひとつ, の人々, の人足たち, へよっ

▼ 街~ (5, 0.1%)

1 の技手, の鋪, の電車, はこれから, を六十株

▼ 街~ (4, 0.0%)

2 知っちょ 1 分らなかったが, 理髮床の

▼ 街であった~ (4, 0.0%)

1 が一歩横町, が相当, けれども仔細, ことが

▼ 街とが~ (4, 0.0%)

1 そこを, 反対の, 屈曲する, 軒を

▼ 街として~ (4, 0.0%)

1 夫金五郎も, 最も賑つて, 有名な, 遠く見え

▼ 街とに~ (4, 0.0%)

1 はさまれたこの, はさまれ他, 据えられて, 防寨が

▼ 街とは~ (4, 0.0%)

1 いま普通に, 人が, 四哩離れ, 申しますものの

▼ 街とも~ (4, 0.0%)

1 お別れ, なるよう, 云ひます, 人の

▼ 街とを~ (4, 0.0%)

1 抱いて, 昇天させ, 見比べ乍ら, 除いて

▼ 街などを~ (4, 0.0%)

2 歩いて 1 あたま, 散歩し

▼ 街~ (4, 0.0%)

1 あつて, あつて一体, が地獄, に何処

▼ 街三番地~ (4, 0.0%)

2 にて太田 1 なる棟割長屋, のある

▼ 街~ (4, 0.0%)

1 が狭く, なので, は広く, は東京

▼ 街端づれ~ (4, 0.0%)

2 の広, の広い

▼ 街からの~ (3, 0.0%)

1 全くの, 帰りに, 引っ越しに

▼ 街つづき~ (3, 0.0%)

1 に駅, を向う, を歩く

▼ 街であり~ (3, 0.0%)

1 パリーの, ルンペンの, 平和な

▼ 街です~ (3, 0.0%)

1 が六十二萬石, ぜ, ね

▼ 街といった~ (3, 0.0%)

1 ような, 所で, 風な

▼ 街とか~ (3, 0.0%)

1 はる, エロショオとか, マリーロージエとかいう

▼ 街とともに~ (3, 0.0%)

2 滅び失せて 1 動いて

▼ 街なんか~ (3, 0.0%)

1 どうなろう, 歩いて, 石で

▼ 街ほど~ (3, 0.0%)

1 そうであった, 大切な, 悪意に

▼ 街までは~ (3, 0.0%)

1 三時間も, 五マイルくらい, 生面の

▼ 街をば~ (3, 0.0%)

1 すべて花もて, てく, てくてく歩いた

▼ 街ミラア・コウト~ (3, 0.0%)

1 でケリイこと別名ワッツ, の納屋, の自宅

▼ 街一杯~ (3, 0.0%)

1 にあふれ, に群がり, に蝉

▼ 街事件~ (3, 0.0%)

2 のあった 1 の場合

▼ 街二十三番館~ (3, 0.0%)

1 だと, に住む, に居る

▼ 街~ (3, 0.0%)

1 とは西洋, と繁華, と騒音

▼ 街十四番地~ (3, 0.0%)

1 というの, にある, にき

▼ 街大きな~ (3, 0.0%)

2 停車場を 1 雪が

▼ 街~ (3, 0.0%)

1 に徘徊, の変遷許, の祭礼

▼ 街~ (3, 0.0%)

1 きトロイア, きトロイア今日, き都城

▼ 街~ (3, 0.0%)

2 二百五十一号に 1 一の

▼ 街あかり~ (2, 0.0%)

1 する寝床, のねむく

▼ 街および~ (2, 0.0%)

1 プティート・トリュアンドリー街と, 土人街の

▼ 街かの~ (2, 0.0%)

1 ように, 理髪床の

▼ 街からも~ (2, 0.0%)

1 かくれて, 離れて

▼ 街そのもの~ (2, 0.0%)

1 が秘密, が釜

▼ 街~ (2, 0.0%)

2 とどろく

▼ 街たる~ (2, 0.0%)

1 アラメダ街を, 妓院

▼ 街だの~ (2, 0.0%)

1 パメラだの, 船舶の

▼ 街とで~ (2, 0.0%)

1 おたがいに交際, 三軒の

▼ 街なぞを~ (2, 0.0%)

1 歩き廻った, 歩き廻って

▼ 街などには~ (2, 0.0%)

1 ジルノルマンという, 旗を

▼ 街などの~ (2, 0.0%)

1 セーヌ川に, 多数の

▼ 街なみ~ (2, 0.0%)

1 いろづいた, を圧し

▼ 街なら~ (2, 0.0%)

1 たいして老舗, ば街路樹

▼ 街なる~ (2, 0.0%)

1 のみならず, 平和病院に

▼ 街において~ (2, 0.0%)

1 七名の, 昼日中の

▼ 街にまで~ (2, 0.0%)

1 下りて, 延長され

▼ 街への~ (2, 0.0%)

1 踏切は, 道を

▼ 街へまで~ (2, 0.0%)

1 出かけて, 延長する

▼ 街みたい~ (2, 0.0%)

1 なところ, に唯

▼ 街ゆく~ (2, 0.0%)

1 人たちの, 人も

▼ 街らしく~ (2, 0.0%)

1 なつて, 真黒に

▼ 街をと~ (2, 0.0%)

1 ほり過ぎようとして, ほる人たち

▼ 街~ (2, 0.0%)

1 真ン中デ, 衰勢ヲ

▼ 街一一三〇番地~ (2, 0.0%)

1 の家, の家主ハルナン

▼ 街一四九番~ (2, 0.0%)

1 だ, のブリストウ

▼ 街上橋頭~ (2, 0.0%)

2 の繁華雑沓

▼ 街上芸術家~ (2, 0.0%)

1 である, となる

▼ 街並み~ (2, 0.0%)

1 の間, は愛宕山上

▼ 街二十五番地~ (2, 0.0%)

1 の二階, の第

▼ 街八十八番~ (2, 0.0%)

1 の家, を訪ね

▼ 街六一五~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 街六一五番~ (2, 0.0%)

1 の, の家

▼ 街分署~ (2, 0.0%)

2 のモウパア警部

▼ 街十一番地~ (2, 0.0%)

1 と別, に寓

▼ 街十七番地~ (2, 0.0%)

1 にささやか, にユルバン・ファーブル

▼ 街十二番地~ (2, 0.0%)

1 にある, に足踏み

▼ 街~ (2, 0.0%)

2 モウ無

▼ 街~ (2, 0.0%)

1 は夕凪水照, は柳しだ

▼ 街~ (2, 0.0%)

1 に染みぬ, に馳駆

▼ 街~ (2, 0.0%)

1 という家, を外

▼ 街家家~ (2, 0.0%)

1 の軒かげ, をひたした

▼ 街~ (2, 0.0%)

1 の一隅, の道路

▼ 街~ (2, 0.0%)

1 タマニー・ホールの, 市街どこを

▼ 街既に~ (2, 0.0%)

2 落ちて

▼ 街明るい~ (2, 0.0%)

2 街から

▼ 街景色~ (2, 0.0%)

1 を見, 小藤次

▼ 街~ (2, 0.0%)

1 はボンド街, 第幾家

▼ 街燈柱~ (2, 0.0%)

1 と菩提樹, を見つけ

▼ 街特殊~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 街端づれにちかい家~ (2, 0.0%)

2 を二三十軒

▼ 街而邸~ (2, 0.0%)

2 未竣重修之功

▼ 街街家家~ (2, 0.0%)

1 の軒かげ, をひたした

▼ 街西~ (2, 0.0%)

1 の僧院, はパアク・レイン

▼ 街~ (2, 0.0%)

1 から自分, で首

▼ 街近く~ (2, 0.0%)

1 なった明るい, のアンダアスン

▼ 街~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ 街道端~ (2, 0.0%)

1 まで福井, れの

▼ 街附近~ (2, 0.0%)

1 の上空, ばかりでなく

▼ 街~ (2, 0.0%)

1 をあび, 湿め

▼ 街~ (2, 0.0%)

2 に及ぶ

▼ 街鼓今~ (2, 0.0%)

2 尚ほ廃す

▼1* [304件]

あかり星あかりだけでも室内, 街あるきの果, 街いっぱいになっ, 街いと静にて, 街うらにはいり, 街かな風の, 街からだけだった, 街からばかりでは, 街がさつと傾いた, 街がにゆつと, 街きやり唄はむ, 街ぐちからあふれ, 街こっちは角, 街さえすでにかく, 街さして駈けだした, 街づみ, 街すじ一帯の空気, 街ぜんたいが漠然と, 街そしてこれから少なくとも二年間, 街その表通りを, 街ただ少しこころ, 街だけでは, 街だけが無事であった, 街だけでも素子が, 街だけにタバランとか, 街だったのだ, 街だつたがいまわ, 街やありません, 街ぢゆふの, 街って珍らしい, 街つづきである箱崎に, 街であって死人, 街であったらしくヴィネガーも, 街でありましていわゆる, 街であれやさしくつねに, 街であろうか, 街でございますわ, 街でしてそこ, 街でしか見られない騒音, 街といふはまことは, 街とかの山とは, 街ときたらまるで紙クズだらけ, 街としての県城城内へ, 街ともいつた様な, 街と共に小説, 街どおりにある, 街ながら二人の, 街なぞで幾度も, 街など今日も, 街などが一度に, 街などで辻売し, 街などでは各々の, 街などにまだかなり残っ, 街などは歩かないもん, 街なればこそこの, 街なれた歩きかたであり, 街なんかに足なえ, 街なんてどこの, 街においてもその村, 街にかかつてゐ, 街にしか見ること, 街について手品師が, 街にては各戸新, 街にでも行こうかと, 街にとっては漠然とした, 街になつて門燈の, 街によつて長安は, 街によって昔の, 街に対しても王に対しても, 街に関しては誤りを, 街に関する手紙を, 街ぬけてひた, 街部屋の, 街のしもてを横へ, 街のみに見られる艶, 街のむこう側, 街はずれ大野大師堂でお通夜, 街はとほい, 街はにぎはつてゐた, 街はほどんど, 街見てから, 街ばかりを漫然と散歩, 街ひろく旅館の, 街へかどちらへ, 街へでも行ったらここ, 街へほどよく飲み直し, 街また右翼にも, 街までしか行かないで, 街までも行かなくなった, 街よりかへる, 街よりは変化に, 街らしくなっている, 街を微行, 街をかへる, 街オテル・ダムステルダムの自殺室, 街カアルトン・バアの青い, 街無クナリ, 街ガドラン街モントルグイュ街マンダル街などには旗, 街クロスレイ夫人方の浴槽, 街サン・ジェルマンなどを歩く, 街シャン・ゼリゼージャコブ街トールノン街, 街タマリンドの街路樹, 街トールノン街, 街ニキマシタガ田舎者ノ玉ネギサンハ道ニマヨツテシマヒマシタ, 街ニ開ク者ヲ以テ巨擘トナス, 街ノカツフヱー皆妙齢, 街ノシヤセイヲシヤウト思ツテ街ニキマシタガ田舎者ノ玉ネギサンハ道ニマヨツテシマヒマシタ, 街ハーレー街にある, 街ピルチの店, 街フロウレンスは幾度, 街マドリッドを明方, 街マンダル街などには旗, 街ミニョー父子銀行の頭取, 街モントルグイュ街マンダル街などには旗, 街モンマルトル郭外グランジュ・バトリエール街シャン・ゼリゼージャコブ街トールノン街, 街ヲ乗リ廻シタリソコラヲ曳ッ張ッテ歩イタリシタノデ若奥様ハ経, 街ンなかを通る, 街の呉服屋, 街一〇〇番の洋服裁縫店, 街一〇一番を忘れなかった, 街一〇九番の三階建, 街一ぱいになつて歩く汚れた服, 街一二九番古城の趣, 街一二九番地に住ん, 街一二六番地ですから, 街一五五にブラッチ夫人, 街一流の日本人商館, 街一番地ツェ氏は昨夜, 街一車庫のサイン, 街七一二番という自宅, 街七十七番地に移した, 街七十八番地で車, 街万国地学協会もしく, 街三十三番地四階にある, 街三十九番館だ, 街三番邸には一時マコウレイ, 街上そのものに溢れ, 街上なかに一団, 街上一帯は日に日に, 街上一面に右往左往, 街上今の鍋屋, 街上劇の観, 街上号外売の奔走, 街上図だ, 街上所見の一, 街上散歩の際, 街上春外套とともに乞食, 街上来往の人, 街上殆人影を見ず, 街上生活とがあった, 街上繁華の光景年, 街上群集の中, 街上詩人が物, 街上説教をなさし, 街上金貸業者人力車人の結髪, 街上青楓画伯に逢, 街上風物詩の第, 街上飴を売る, 街上鬪爭用の歌, 街世界連盟本部科学局より, 街並木や郵便箱, 街中噂がたちます, 街中妙にそわそわ, 街中自分の寝床, 街中車馬馳走の間, 街九〇八番のホテリング方, 街事件同月三十日にはバアナア街, 街二一二六番の料理店, 街二九番の家, 街二九番事件の時, 街二十七番地の自分, 街二十九番に住ん, 街二十九番館へ尋ね, 街二十二四番地間口がせまく, 街二十八号の友人金成白, 街二十八番地に一間, 街二十八番地在住はわが, 街二十八館主美津田瀧次郎氏を訪, 街二十四番地にレニエ氏, 街二十番地に住ん, 街五九番に革命博物館, 街五十七番館に住む, 街亭一つ守り得ないくらい, 街亭山麓を十重二十重, 街亭方面の要路, 街亭箕谷斜谷の三面, 街亭附近の地図, 街仕立ての流行服, 街付近を乗りまわす, 街伝いにもう一度, 街に排列, 街全面がけむたい, 街八二六番地とか言っ, 街八十九番地だ, 街八番地に貸間, 街八百を焼失, 街六二一のシュワイツア夫人, 街に組織, 街内海の潮, 街の薄日, 街であるく, 街区域へすっとばす, 街区市場町などには労働者, 街区整然たり, 街区整頓だの屋上制限, 街十六番地クールフェーラック様方マリユス・ポンメルシー様へ, 街印度家屋の油, 街右街とも云, 街同然知らないで, 街もグリニッジ, 街名代娘のただ, 街唯一の旗亭, 街問屋町西バッキンガムに至る, 街四二番はボウ・ブラメル, 街四十番地の古ぼけた, 街四十番地所在の家屋, 街四四番地にささやか, 街四番地に立て, 街四番地ネ氏の談, 街四百三番地に住ん, 街に往き, 街埃カット照る日光, 街を飾る, 街遠き山, 街多き陸の, 街の街, 街大島町まで伸ばし, 街女房のお, 街子供達の雪合戦, 街宏壯な五階建て, 街少女思もわかき, 街左方は本, 街幽鬼の村, 街建てて夜, 街復興の先駆, 街恋しさの, 街攻撃の火蓋, 街放浪記では二ヶ月, 街散歩何とぬかるみ, 街敦化の雪, 街新宿附近にて, 街は射せ, 街明りがどよめき, 街東端倫敦からの一隊, 街桜桃畑野田畑とひろびろ, 街棹さし来れば夕雲, 街横濱正金銀行支店に往, 街の其処, 街歩きしている, 街歩道植樹の根元, 街の空気, 街を訪, 街をし, 街温泉旅館街で構成, 街のすみ, 街によって増した, 街灯光無シ, 街燈そのものがない, 街燈一つないその, 街燈丈が寂しい, 街燈柱まっ黒に這っ, 街燈電車のポール, 街独特な一種, 街珍しい風俗が, 街田舎の辻, 街界隈に, 街白昼の観, 街百五十二番地のキャンベル氏, 街社会党支部の窓, 街空中館飛行旅客の待合室, 街箇旧が横たわっ, 街り扇, 街といわれ, 街が, 街美しい島々と, 街脚下に平敷す, 街莨店や駄菓子屋, 街の電車賃, 街行く人の, 街行けば, 街行乞宿は同じ, 街裏小料理店や旅館, 街裏街とさま, 街裏路地の奥, 街裏通りのバー, 街て心, 街見物保養院長鳥潟博士訪問博士は大学同窓也, 街の都, 街豊平を出た, 街は織る, 街通称ネオン横丁とよばれる, 街通筋が日, 街道也とあり, 街道辺で一二度, 街遥かなる, 街郵便局のそば, 街鉄市有の意見, 街鉄私設を決定, 街鐵市有の意見, 街過ちて, 街零落した跡, 街を踏ん, 街鶏林理髪店の土間, 街SASEBOも華やか