青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「行事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

行こう~ ~行っ 行っ~ ~行った 行った~ ~行つて ~行われ 行われ~ ~行われた 行われた~
行事~
~行列 行列~ ~行動 行動~ ~行方 行方~ ~行為 行為~ ~術 術~

「行事~」 1042, 11ppm, 9656位

▼ 行事~ (219, 21.0%)

9 一つである 8 一つと 7 一つとして, 一つに 4 うちで, ように 3 ある日, うちの, 一として, 中に

2 [11件] うちに, ひとつ, 一つだ, 一つで, 一つであった, 中心は, 主なる, 如きは, 日であった, 日の, 総勘定

1 [146件] あった時代, あつた, あること, あるところ, ある期間, うちでも, こと故, この部分, ごく近頃, さびしおり, しきたりや, すくないこと, それぞれの, ときに, ときには, どれかの, なかに, はじまる頃, ひとつと, やうな, やうに, ような, カタログを, グラフを, 一つだった, 一つでございます, 一つでした, 一つでは, 一つとしての, 一つの, 一つ一つが, 一つ一つを, 一つ鹿島大明神の, 一と, 一に, 一例です, 一切の, 一対として, 一画面とを, 一翼に, 一致が, 一部と, 上では, 上にも, 中からも, 中でも, 中心であった, 中心に, 中心団体と, 事を, 事実を, 他の, 何も, 催物が, 催物として, 儀式として, 儀式化した, 元の, 全くない, 到るところ, 名かと, 名と, 名殘, 唄, 問題のみと, 善惡を, 固定か, 固定した, 報道や, 外は, 多い事, 如き観, 姿と, 少ない日, 尠い, 巻を, 幹事を, 延長な, 式やら, 形式を, 心の, 必要が, 性質や, 意味, 意味である, 意味に, 意義は, 投書を, 指揮に, 數, 方が, 方で, 方に, 日は, 日もちが, 日を, 時と, 時を, 時小, 時間でない, 時間割など, 書いたもの, 書が, 最初からの, 最後に, 本縁, 楽舞を, 様に, 毎年繰り返される, 減つて行く, 溯源的な, 為に, 特色と, 田植え囃子だった, 研究に, 研究には, 祝福と, 秋に, 称呼, 種々, 第一, 第一箇条, 終ったあと, 統一は, 署名の, 花々しさ, 若い衆として, 薺だけは, 衆と, 行き渡って, 行はれ, 行はれた, 解説には, 言葉を, 記事が, 話とかに, 話などは, 詳なる, 起りである, 連続に, 遊ぶこと, 運営が, 重複から, 開始の, 頂点であり, 項に

▼ 行事~ (155, 14.9%)

10 ある 6 あつた 4 あって 3 あつて, 行はれた, 行はれる 2 あった, あったが, あります, あること, 今も

1 [116件] あったの, あった遺風, ありそうした, ありますが, あるか, あるさ, あるであらうが, あるので, ある方々, いかなるもの, いつもの, いろ, いわゆる仲秋名月, かなりの, かなり有力, この日, すんだという, すんでも, ずっと質素, そのままに, だんだん疫神送り, つつがなく繰り返される, とりこまれて, とり行われて, ない時, なお認められ, ひそやかに, ほとんどわずかの, ほぼ全国, まだ他, もうあの, もとの, もとは, やはり天子様, ようやく朝儀, 一つ一つ完了し, 一年一度の, 乱れて, 二つに, 互いによく似, 互いに似通う, 五六年前に, 今でも, 今なお, 今日では, 伝わって, 何時の間にか悠紀, 元は, 全く見当たらない, 冬の, 十羅刹女神の, 単なる風俗, 却って多く, 厳存し, 又一面, 取り込まれて, 固定し, 国の, 国家的に, 土地によっては, 夏の, 外国の, 夙に天, 多くあつた, 宮廷に, 少ない, 少なく一方, 尠く, 市全体を, 幾らも, 弘く, 形式化し, 後に, 御即位, 戯曲作家を, 数えられて, 新しい学問上, 春夏の, 概して春祭り, 機会毎に, 次第に平民化, 次第に祝言, 段々疫神送り, 済んだ後, 演劇, 演芸種目の, 真に死骸, 礼記月令の, 神様の, 神話化した, 祭りの, 祭り事な, 私たちを, 終った十一月いっぱい, 終り一安心, 終わった, 繰り返される事, 翁の, 芸能化され, 行なわれる, 行は, 行はれ, 行はれました, 行われた, 行われたが, 行われた事, 行われて, 行われること, 行われるの, 行われ出して, 行われ毎年大晦日, 見えないが, 転じて, 近頃再び内外人, 遠い昔, 附随し

▼ 行事~ (130, 12.5%)

5 進めて 3 して, するの, 怠りなく 2 した, 始める小正月, 考へて, 記念し

1 [108件] いふの, おこなって, おぼえて, おろそかに, おわって, おわり朝食, かつてした, したかは, すすめて, すまさぬと, すませた訳, する, すること, するその, するのに, する村, する此村, そう呼ん, その時々, つくる様, つぶさに観察, なさず特に, なすと, もう一つ, やって, やらぬという, やり朝ごと, やる, やること, エイコトキクとも, カマッコという, サイト焼と, ノサカケと, ホカヒと, 一つ, 一箇月早め, 一見し, 与えて, 予め祝, 予め祝うた, 予定に従って, 互いに関連, 今でも, 今に, 伴うて, 取り入れて, 叙し, 叙べ, 司会する, 名のる, 営んで, 土地によって, 執り行うた, 報ずる板木, 大嘗祭と, 失うて, 委任せられた, 家の上にも, 廃すれ, 引上げて, 復活させたい, 徳川家に, 心得たもの, 必ず行なっ, 忘れて, 想わせるところ, 意味し, 採訪に, 摂行, 政と, 斥し, 期待し, 材と, 果したもの, 楽しみに, 欠かすこと, 殘し, 毎年やる, 済ませた, 特殊な, 発明し, 知つて居, 知り得た, 示して, 神として, 終わり解決, 経なければ, 続けたらネコ, 繰り返す, 繰返すうち, 行うた, 行うたの, 行うた処, 行ふ, 見た, 見て, 見ますと, 見ると, 見納めした, 見習って, 観ようと, 設定した気づかい, 謂うよう, 遂げたもの, 遂行し, 選びちいさな, 隣村の, 非難する

▼ 行事~ (98, 9.4%)

2 その日, 一とわたり, 他にも, 終る

1 [90件] あらかた一元, いつの, いつまでも, いつもの, いづれの, いろいろと, かうした種々, この方, この町, この翁媼, これだけで, これで, これまでの, さえの, すでに初夏, すでに成人, すべて支那伝来と, それで無事, だんだん進ん, ちゃんとあった, どこへでも, ない, なかった, まず室内体操, 三十分ほど, 不文の, 中央と, 五月十五日の, 今でも, 今日も, 以来明治時代まで, 何も, 余程古くから, 元朝から, 公定の, 其遺習で, 処女から, 出来るだけ, 加藤将義君と, 十六世紀に, 十四日である, 南陽房が, 卯月の, 名づけて, 名は, 土地の, 夜半鶏鳴以前ときまつ, 夜半鶏鳴以前に, 大同小異の, 実は七月, 実は近頃, 宮廷だけ, 将軍が, 小さな問題, 島ばかり, 広間に, 必真夜中に, 悉く田遊び, 戯れに, 敬遠いたしましょう, 旧暦でない, 昭和十一年に, 最も文化的教養, 朝晩体を, 本や, 果しが, 此に, 此らの, 此処には, 民間には, 派手に, 無くただ, 相応に, 相撲であり, 神, 神或は, 禊ぎである, 私の, 秋きりと, 窮極の, 美味いもの, 翁の, 自然に, 若衆の, 言うまでもなくこの, 諸国から, 農村にも, 道祖神祭りに, 郷里でも, 非常に

▼ 行事~ (65, 6.2%)

2 なって, 見ても

1 [61件] あずかるの, あるの, くわしい, したい大, すぎないの, その折々, ちょっと必要, とりこむの, なったメイ・デイ, なってる, なつた, なつて, ならないらしいの, なり村, ニライの, 一人の, 人形の, 似せたの, 似て, 何分かの, 使ふ, 其儀を, 其名残りが, 処女を, 出くわした自分等, 出て, 出る女, 出發, 加えて, 取りか, 唄い踊って, 因んで, 大切な, 奉仕した, 委しくそれ, 少年を, 幸い一度も, 於ける最初, 村里へ, 次で, 残つてゐた, 泳ぐ風習, 現は, 相違ない, 節分の, 米の, 終夜ねむらされぬ, 至っては, 若水の, 著しい相, 裏づけられた信仰, 触れて, 負けられなかった, 載せた, 逢わなかった人, 適当の, 関係の, 關した, 限られて, 集注し, 鬼の

▼ 行事~ (51, 4.9%)

5 なって 4 した北九州, なつた, なつて 2 せられて, なると

1 [30件] あまりにも, ある点, いえば, いえよう, いって, こういう風, されて, ちがい個々, なったの, なりこれ, なる, なれば, やや似, 一つだ, 区別する, 単なる彼ら, 呼ぶこと, 変り日, 市民には, 幾つかの, 清き水, 相通ずる, 結びついたもの, 結びつき踊その他, 結合し, 荒削りな, 見秋, 言うよりも, 言ふ, 関係が

▼ 行事~ (37, 3.6%)

12 あつた 3 あつたの

1 [22件] あつた事, あるいはタビタビ・トビトビ, いへば, その手順, その際, それには, それを, 上京する, 云えば, 仁徳天皇の, 他の, 伊賀から, 八月一日は, 其儀式次第を, 土地の, 夏の, 大人気大した, 極めて古い, 此花の, 注意しなけれ, 狼に, 竹に

▼ 行事として~ (32, 3.1%)

2 長い時代

1 [30件] この精靈樣送り, まつりを, まひと言, 一度棄てた, 京都で, 今一つ謡初之式が, 以後は, 保存され, 出かけたもの, 娘, 実力第, 尠く, 意味は, 成るべく罪人, 最初の, 村の, 此事が, 残って, 残つ, 残つてゐる, 男の, 男の子達を, 続けられること, 繰り返されるもの, 能を, 行われたもの, 行われた演劇, 行われて, 行われる, 観古

▼ 行事~ (27, 2.6%)

4 今は

1 [23件] いまは, こと面倒だ, ない最も, なかった, なかなか手数, 一わたり濟んで, 一部には, 中止と, 亦み, 人間扱に, 今年きりの, 全く柏崎, 地方ごとの, 少しは, 年と共に, 本日分は, 決して単一, 稍古く, 種々すん, 終り白い, 行樂も, 記してないが, 間々御座います

▼ 行事には~ (14, 1.3%)

2 場を

1 [12件] あるいは特別, そのよう, その根底, 中代の, 便宜と, 先の, 噛まれる者, 御代初めに, 性的の, 結構な, 變り, 貞之助と

▼ 行事~ (14, 1.3%)

1 [14件] もろもろの, 世間の, 伝説や, 作がらを, 作法が, 性格が, 推移を, 社寺参詣などの, 祭儀や, 自然を, 舞人の, 行幸も, 近所の, 遊戯は

▼ 行事である~ (12, 1.2%)

1 [12件] かのよう, から, から大, がこの, が元禄以後, が故に, が選虫, し禊ぎはよい事, といわれ, のが, 研究所主催の, 通りに

▼ 行事から~ (7, 0.7%)

1 して, 彼は, 歳時暦法の, 神様の, 考へ方, 起ったもの, 類推し

▼ 行事~ (7, 0.7%)

1 から狂言, か私, が此, そうで, つた春田打ちの, という以上, とか色々

▼ 行事~ (7, 0.7%)

3 のだ 2 のである 1 のであつ, のよ

▼ 行事にも~ (7, 0.7%)

1 かかるので, すでに埋没, なり其, 代かきに, 尚重り合うた, 無関心な, 色々珍

▼ 行事などは~ (6, 0.6%)

1 この日記, これでも, ちょうどこの, もう覚え, もう関係, 日本には

▼ 行事であった~ (5, 0.5%)

1 が昼, という, ゆえ全国を通じて, 故に元, 故に印象

▼ 行事であり~ (5, 0.5%)

1 ただわずか, 作法にも, 又田, 子供らが, 日本にも

▼ 行事では~ (4, 0.4%)

1 あつて, ない, なくな, 十一・十二両月に

▼ 行事という~ (4, 0.4%)

1 のは, 名称が, 程度にまで, 言葉は

▼ 行事なる~ (4, 0.4%)

1 が故に, ものの, 鎮花祭の, 鎮魂式の

▼ 行事たる~ (3, 0.3%)

1 お祭によって, 演奏会を, 踏歌節会の

▼ 行事でも~ (3, 0.3%)

1 あって, かつては, 三年に

▼ 行事といふ~ (3, 0.3%)

1 のが, 意味に, 風に

▼ 行事としては~ (3, 0.3%)

1 その熊, 照明の, 生御霊

▼ 行事との~ (3, 0.3%)

1 連絡を, 間に, 関係神託と

▼ 行事などに~ (3, 0.3%)

1 いたしても, 変つた, 結びつけて

▼ 行事なども~ (3, 0.3%)

1 妖怪化した, 家々村, 日本では

▼ 行事~ (3, 0.3%)

1 余りに劇, 最も賑やか, 特にお

▼ 行事及び~ (3, 0.3%)

1 其唱へ, 呪詞に, 路次の

▼ 行事および~ (2, 0.2%)

1 呪詞に, 正月の

▼ 行事じゃ~ (2, 0.2%)

1 ありませんか, ない日課

▼ 行事だけは~ (2, 0.2%)

1 なんとか保存, 忘れないと

▼ 行事です~ (2, 0.2%)

1 から山人, ね

▼ 行事としての~ (2, 0.2%)

1 古風な, 言葉の

▼ 行事など~ (2, 0.2%)

2 おほか

▼ 行事にな~ (2, 0.2%)

2 つてゐた

▼ 行事によ~ (2, 0.2%)

1 つていかに, つて出現した

▼ 行事に対する~ (2, 0.2%)

1 古人の, 興味は

▼ 行事まで~ (2, 0.2%)

1 ぼくたちに, 見あわせて

▼ 行事又は~ (2, 0.2%)

1 社会的の, 群行の

▼ 行事殊に~ (2, 0.2%)

1 正月と, 祭礼などは

▼ 行事~ (2, 0.2%)

1 からこの, の中

▼ 行事自在~ (2, 0.2%)

1 の権, の権利

▼ 行事計画~ (2, 0.2%)

1 にまだちっとも, をたてる

▼1* [75件]

行事ありと聞かぬ, 行事あるいは遊戯である, 行事いかんぞや, 行事祭り騷ぎになつてしまひました, 行事或は寧, 行事かと思う, 行事からでも助長せられる, 行事からもまた北隣, 行事ことに秋田津軽の, 行事これに同じ, 行事すでに末法に, 行事そういったものに, 行事その辺の, 行事たり和卿の, 行事だけが記憶の, 行事だったらしいのである, 行事だつたのでその, 行事だの耳には, 行事ちかく敵の, 行事ちょうどこちらの, 行事であってはならない, 行事でありましてさ, 行事であろうが多数, 行事とても決して古代の, 行事とは云いながらも, 行事ないしは覚束ない, 行事なきは遺憾, 行事などが思ひ浮べられる, 行事などにも普通の, 行事などのあるとき, 行事などを見ると, 行事なりにおいては東北地方特有の, 行事においてそれを, 行事については書かねば, 行事につれて会得する, 行事によって季節を, 行事に対して強い反対, 行事に関するあらゆる記憶, 行事のみでその他, 行事みたいな儀式, 行事やら百官の, 行事ゆゑ此地方の人, 行事より筆を, 行事よりもなお鮮, 行事らしいのである, 行事らしく見えるが本当は, 行事われわれが生涯, 行事を以て鮮明に, 行事を通じても日本人の, 行事ト雖ドモ其關係極メテ夾雜組織セル者ニ至テハ, 行事早きものゆ, 行事厳粛ニ行ワナケレバ承知シナイデアロウ, 行事一方には宮古島, 行事世話人を選び, 行事中校友會員は校友會館, 行事五人組から風上二丁, 行事其, 行事即祭りの事, 行事四月十六日の条, 行事夕暮の空, 行事始めと言つた形, 行事では興福寺, 行事形態を物みな, 行事の二月, 行事毎年やる事, 行事猿行事これに同じ, 行事甚だ多し, 行事に図案化, 行事なんぞがとやかく, 行事秘抄などに載せ, 行事種痘の如き, 行事絵詞の加茂祭り, 行事習慣などに特殊, 行事調査標目というもの, 行事風習が盛ん