青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「経験~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

経~ ~経っ 経っ~ ~経つ 経つ~ 経営~ 経済~ ~経過 経過~ ~経験
経験~
結~ 結び~ ~結ん 結ん~ ~結合 結合~ ~結婚 結婚~ 結局~ ~結晶

「経験~」 7721, 77ppm, 1477位

▼ 経験~ (1131, 14.6%)

43 持って 41 もって 25 した, して 23 積んで 11 したこと 10 したの 9 話して 8 経て, 重ねて 6 つんで, 持つて, 有って, 生かして 5 すること, するもの, なめて, 得て, 指導する 4 お持ち, したもの, 嘗めて, 有して, 私は

3 [14件] したと, したので, した事, した人, しても, 基に, 基礎として, 後から, 持たない私, 積まなければ, 積むこと, 積むにつれて, 積めば, 積んだ人

2 [56件] かさねて, したそう, したよう, した者, しつつ, してから, するの, するよう, つんだ, とりあげる場合, なめたので, みんな話した, もつもの, 一貫する, 上から, 主観的な, 利用し, 前にも, 味い, 嘗て味, 嘗めたこと, 嘗めねば, 夢の, 徒らに, 得たが, 得たこと, 得たの, 心理的な, 忘れること, 思い出さないわけ, 我から, 所有する, 持たない, 指導し, 書いた, 有せり, 有つ, 構成する, 正直に, 甞めた, 異にする, 私に, 積んだり, 綜合し, 繰り返して, 繰返したの, 繰返して, 考えて, 自身の, 話した, 豊富に, 超えて, 超絶した, 超絶せる, 超越した, 重ねなければ

1 [705件 抜粋] あざけるよう, あそばすこと, あのやう, あまり持, あらいざらい次, あらわせば, ありの, いたしました, いたずらに, いとおしんで, いふと, おたがいにし合った, おもち, お始め, お持ちです, お書き, お聴かせしなけれ, かえりみて, かさねた, かさねて悟り得た, かさねながら, かみしめそれ, かるく見よう, かれは, くわしく語った, ここに, さえした私, さえ持って, させたらどう, さらに続行, されたらしい, しいろいろ, しこれら, したあと, したいろいろ, したかという, したから, したくない平和, しただろう, したという, したに, したよ, したわけ, した原田氏, した後, した方, した直後, した結果, してからは, しないで, しなかった日本, しながら, しながらも, しなくつちや人間, しばしば繰返し, しましたよ, しました木戸, しまた, しようとは, しるして, じっくり作品, すぐ今日, すっかり話し, するくらいの, するであろう, するとき, するとしても, するに, する他, する為, その人達, それだけで, そんな調子, ただ一度, ただ去りゆく, だれでも, ちゃんと短い, つみなさい, つむこと, つめば, つんだしかし, つんだオランダ, つんだ眼, つんだ船乗り, とおして, とらえて, とらない時, どこまでも, どの国, どんなに忠実, なさりは, なされたの, なにひとつ持たなかった, なめいったん, なめさせられた女学校, なめさせられ今, なめた, なめた事, なめなければ, なるほどという, ぬきと, はつ子は, ひろくしなけれ, びつくりする, ふたたび吟味, ふりかえりまた, ふりま, ほんとうに, また繰返さね, みなさんに, もう一度繰り返し, もたない, もたない伸子, もたない現代青年, もたない自分, もたなかった, もたぬ人々, もたらした, もたらすもの, もちながら, もちより, もち自身, もった, もったとの, もったバルザック, もった人, もってるらしかった, もっともっと早く, もっとも公明, もつだろうと, もつよう, もつ人, もつ人々, もつ民主的詩人壺井繁治, もつ者, やったらしいけれども, ゆたかに, よく覚え込ん, よびおこして, よび起して, より普遍的, わが物, ヒキアイに, マドロスとして, 一二述べ, 一冊の, 一度も, 下の, 与えた木炭, 与えなかったと, 与えられた学生, 与へて, 世の, 世界プロレタリアートの, 世路に, 丹念に, 主として専ら火砲, 主として知識, 云ってるだけ, 人々に, 人類の, 今夜いかし, 今日まで, 今日迄, 介して, 他人に, 伺い併せて, 体感した, 作ること, 作品に, 使って, 俟た, 俟つ, 信用し, 備ふる, 先回りする, 先生に, 全然持たない, 共にした, 具体的に, 再びした, 出来得る限り, 列挙する, 刻んで, 十年で, 単なる偶然, 単に知的, 印象する, 反復し, 反芻し, 取り扱うと, 取るべしと, 口に, 可能に, 君たち自身が, 君に, 吟味し, 否認する, 吹聴し, 味って, 味は, 味はんと, 味わうもの, 味わった, 唯一の, 唯今も, 問はれたなら, 嘗めさせられたの, 嘗めしに, 嘗めたの, 嘗めつくした人物, 嘗め得たもの, 嘲けるよう, 回想し, 図式的に, 土台として, 基礎付ける, 基調と, 報道し, 多くし, 多くの, 大ッぴら, 大切に, 委しく話した, 実際に, 客観的に, 富ますため, 尋ねた, 導くところ, 少しでも, 尚ぶところ, 履める, 山の, 幾つも, 幾度か, 幾度と, 度々した, 度外視した如き, 役立てること, 彼の, 彼は, 彼女が, 後者は, 得たよう, 得たら暫く, 得たること鮮少, 得た女性たち, 得なかったころ, 得る, 得るため, 得るよう, 得んには, 得次に, 心を, 忘れない, 忘れは, 忘れまたは, 忘れ未来, 思い出させた, 思い出させるの, 思い出して, 思い出しながら, 思い出しまた, 思い出すごと, 思い出すと, 思い浮べて, 思い浮べながら, 思い浮べること, 思い起しただけでも, 思ひ浮べながら, 恥とも, 恵んだ, 悉く紋太郎, 想い出して, 想ひ出した, 意識する, 感じながら, 我が物, 或る, 押隠すこと, 持たないから, 持たないと, 持たない人, 持たない人間, 持たない女, 持たなかった, 持たなかつた, 持たぬよう, 持たぬ人, 持たぬ小林少年, 持たぬ源氏, 持たれた方, 持ちし所, 持ち合せて, 持ったの, 持ったばかり, 持った人々, 持った男, 持った番頭, 持つたこと, 持つもの, 持つ人, 持つ女性, 持つ日本, 持つ身, 持つ近藤勇, 持てなかった, 指導し得る, 振り捨てて, 振返つて, 捜して, 描いたという, 提げて, 支配する, 故意に, 数ヵ月前から, 数知れず持っ, 数重ね, 整理する, 文学修業にとっては, 新たに, 早く卒業, 書いたもの, 書いた文章, 書きメーデー, 書くの, 最近の, 有しこの, 有したであろうと, 有するもの, 有する人, 有する実際, 有せざりしには, 有せりと, 有ったと, 有ったもの, 有った年長者, 有つてゐた, 有用ならしめる, 朝から, 未だに比, 検証し, 欠くところ, 歌い叫び記録, 武蔵は, 歪んだ観察眼, 比較する, 気の毒に, 注意し, 注意せざる, 深く批判, 深めた, 深めて, 漁りつつ, 為た, 物語った, 物語りそれ等, 物語りながら, 特別な, 独我的に, 現在あなたが, 甞めしむる, 甞めて, 生かせという, 生かそうと, 生き抜き, 生ずるは, 産む, 申しますと, 申し上げること, 疑うべからざるもの, 痛切に, 盛ったお, 目前に, 直ちにけ, 真に, 知つてゐる, 知らないよう, 知覚と, 示して, 社交上にも, 社会の, 神秘化し, 私の, 私も, 積まされても, 積まないうち, 積みしが, 積みし為め事, 積みたいと, 積みなさいとは, 積み一個, 積み研究, 積み虚弱, 積み重ねても, 積むの, 積める従姉, 積んだだけ, 積んだの, 積んだ大家, 積んだ御, 積んだ御蔭, 積んだ猫たち, 積んだ職員, 積んだ警吏, 積んでる人, 積んでる時, 精力的に, 精神的に, 累ね, 細大洩さず, 経たり, 経つつ, 経てまで, 経験として, 経験なりに, 綴り合せれば, 総合し, 織り込んだ傾聴, 繰り返した訳, 繰り返すに, 繰返しながら, 繰返すこと, 纏めること, 考へて, 聞かせて, 聞き又, 聴きたいという, 聴き出来るだけ, 自ら公然, 自分ながら, 自分自身から, 致しました, 致しまして, 舐めさせられて, 舐めたはず, 蓄えないで, 蓄積し, 行為の, 行為的な, 裏返え, 要すること, 要すバトラー, 見ては, 記憶し, 記憶する, 記載し, 記録し, 記録する, 評価され, 話したくなつ, 話しだした, 話しながら, 話す, 語って, 語らねば, 語り中村光夫, 語り始めた, 語る順序, 読む方法, 諸君が, 貫いて, 貯へ, 貴方に, 資本に, 超絶したる, 超越し, 超越したすぐれた, 転化させる, 軽視し, 迎える事, 述べて, 追求しよう, 追跡し得る, 通って, 通過する, 進めること, 過ぎ去った昔, 違った形式, 遙かに, 重ねたるもの, 重ねたる人, 重ねながら, 重ねましたから, 重ねるでしょう, 重ねるに従って, 重ね修行, 重んずるの, 重んずる近代科学, 長たらしく書き並べた, 隠して, 集めたよう, 非と, 非常に, 面白く話し, 順次に, 題材として, 顧みますと, 養いその, 魂にまで

▼ 経験~ (808, 10.5%)

22 ある人 11 ない人 10 うちに 9 あるもの 8 ないこと, ない私 7 中から 6 あること, 上に, 記憶が 5 ある者, ないもの, 中に, 蓄積を

4 [12件] ある男, ために, ない男, ない者, 一つとして, 上から, 中で, 制約, 対象である, 対象と, 示すところ, 結果を

3 [14件] ある人々, ある女, おかげで, 一つだ, 他の, 制約と, 制約の, 方が, 歴史を, 無い人, 特殊なる, 範囲内で, 結果である, 蓄積の

2 [45件] ある人たち, ある人間, ある位, ある彼, ある方, うちで, うちには, せいか, ないため, ないところ, ない事, ない彼, ない彼女, ない発想, なかった, なかに, 一つであった, 一つの, 一部を, 一部分が, 一部分である, 上で, 世界と, 中にだけ, 人なり, 多様さに, 実地的な, 少ない私, 後な, 必然的な, 或る, 方に, 末に, 比論, 浅いもの, 浅さ, 無い私, 範囲が, 範囲で, 素材の, 組織という, 蓄積が, 蓄積は, 記憶は, 重なるに

1 [515件 抜粋] あつた, あとで, あとでは, あられるあるいは, あられる諸君, ありそう, ある, あるしろとの, あるその, あるだけ, あるつまり, あるの, あるらしい事, あるコムソモール達, あるチモフエイ, ある一揆, ある上, ある労働者, ある半蔵, ある友人, ある古兵, ある同志, ある土地, ある婆さん, ある婦人, ある婦人党員, ある建築師二, ある当時, ある彼女, ある心持, ある我々, ある或, ある教育家, ある旅行, ある旧, ある栽培家, ある浜田, ある海員, ある清吉, ある漁夫出身者, ある物語, ある産婆, ある目, ある社会, ある種吉, ある筈, ある素子, ある老成人, ある自分, ある船乗り, ある若い, ある請負師, ある遊び, ある運転手, ある長老技手, ある食通, おあり, かつてない, こうしたそれ自身, ことで, ことであった, ことなど, ことを, これに, さ, しかたから, しみは, し方, すべてに, その反動, それ自身の, ためかえって, ためしも, ためで, ため沢庵を, つんだ奴, つんで, できない限り, できるもの, とびとびや, とぼしいぼく, どれか, どれに, ないお, ないこの, ないそして, ないでも, ないのに, ないほど, ないピート一等兵, ない一人旅, ない一日一日, ない仕事, ない千世子, ない君たち, ない国, ない大, ない子供みたい, ない宗助, ない小, ない小野田, ない当時, ない御, ない方, ない方々, ない日本人, ない昂奮, ない楢雄, ない次郎, ない無能, ない焦燥, ない独り, ない異常, ない程, ない素人, ない自分, ない若い健三, ない読者, ない謹直, ない赭ら顔, ない迂闊, ない青年, なかから, なかでは, ひとつである, ひろい人, ひろさ多様さ, ふるいを通して, ほかには, ほか何ものをも, ままこの, もつ確実さ, ものだった, ものであり, ものを, ゆえに, よいところ, ようである, ように, より以上, より多く, わたしに, ストライキで, 一, 一つである, 一つと, 一つを, 一つ一つは, 一ばんすごい, 一契機である, 一定の, 一部が, 一部として, 一部分から, 一部分として, 上にのみ, 上朝は, 下に, 不可欠の, 不断の, 不足は, 与えた教訓, 世界から, 中では, 中にも, 中の, 主体即ち, 主張の, 主脳, 乏しいため, 乏しいもの, 乏しい事, 乏しい少年少女, 乏しい時, 乏しい者, 乏しい青年諸君, 予感に対して, 事と, 事実では, 事実とは, 事実においては, 事実は, 人が, 人は, 仕方が, 他に, 以て, 伝承され, 体系に, 何れの, 余り近, 価値が, 価値に, 保存に, 保証する, 個性化が, 全くない, 全てやさしい, 全部で, 全部と, 具象的性質に, 内は, 内容が, 内容と, 内容に, 内部の, 再現に, 処置が, 出来ない一種異様, 分析にとって, 切ない徹底性, 初年級が, 制約であり, 制約では, 制約空間関係の, 助けを, 効果が, 印象が, 反復に, 反覆という, 収穫を, 収集である, 収集を, 取扱い方, 右の, 名に, 名において, 向うに, 告白に, 商売に, 問題である, 問題に, 地に, 基に, 堆積であり, 堆積としては, 堆積には, 堆積を, 報告として, 増加する, 増大と, 増強と, 声を, 多いの, 多い伝三郎, 多い兄哥連, 多い博士, 多い庄屋たち, 多い駒井甚三郎, 多くと, 多寡を以て, 大蓄積, 如何に, 子孫に, 完了する, 対象であるであろう, 対象では, 対象とは, 対象は, 対象を, 尊ぶべきこと, 尊重が, 尊重すべき, 少い内気, 少ない新店, 左近も, 年齢から, 当時こそ, 形だ, 後に, 後にも, 後我々は, 後誰れいう, 得られぬの, 必然性と, 必然的制約として, 必然的所産であり, 悪い悲しい経験, 想定であり, 意味を, 意義に, 感情的価値は, 慎重な, 成果と, 所与は, 所産であり, 所産な, 所謂組織としての, 手段としての, 批判, 拡大によって, 持ち主である, 持主だ, 持主であります, 持主と, 指導に, 指導的条件を, 描写は, 教えるところ, 教える処, 数々筋, 数と, 整理された, 整理の, 整理箱の, 整頓から, 文学的表現を, 文学表現とは, 方は, 方向を, 書かれて, 最も大切, 最も端初的, 最中に, 最後の, 有無には, 有無を, 末どうしても, 末発見したる, 本性に, 本質だった, 本質である, 本質は, 柵内を, 根拠を, 根本的な, 根柢に, 検証に, 極限として, 概念と, 概念に, 構造の, 構造は, 構造を, 様々な, 権威を, 歴史を通して, 歴史的な, 歴史的所産として, 歴史的蓄積と, 殊に, 比論にも, 浅いこと, 浅い人, 浅い人達, 浅い十九, 浅い多く, 浅い女優, 浅い少女, 浅い忰, 浅い自分, 浅い若者, 浅い需要者, 海軍少尉を, 深いあの, 深い人達, 深い先, 深い彼, 深い無学, 深きこ, 深くない, 深さ, 深刻な, 深化と, 混乱期を, 為に, 為めに, 無いこと, 無いと, 無いゆっとり, 無い作者, 無い綱手, 無い者, 無かった, 特殊な, 特殊の, 特殊性, 特異な, 状態であっ, 状態に, 状態において, 状態においては, 状態を, 狭い限界, 現れに, 理性に, 理説, 田舎人に, 異なれる, 痛ましい思い出, 発展として, 発展に, 発展の, 発達した, 皺が, 目である, 目科に, 直接の, 直観的要約が, 真相を, 眼を以て, 研究生を, 科学と, 程度の, 種々相に, 積み重ねに, 積み重ねは, 積み重り, 積る, 積んだ指導者, 空想を, 立場から, 立場からは, 立場より, 童子の, 第一, 第一着手, 範囲では, 範囲に, 範囲を, 範囲外の, 素材, 細かい空気, 組織された, 組織だ, 組織である, 組織でなけれ, 組織体である, 結果から, 結果が, 結果でなく, 結果では, 結果なり, 結果によって, 結果は, 結果人間と, 統一から, 統一せる, 綜合から, 総合された, 総和が, 総和についての, 総和は, 総括の, 総目次, 線は, 習熟練磨の, 背後に, 自発自, 自覚である, 蓄積から, 表現である, 裏書を, 裡から, 裡に, 複雑な, 要約ばかり, 角度が, 記憶, 記憶として, 証明するごとく, 試験的整理を, 認識を, 調和のみが, 論理である, 論理的予件という, 諸相について, 謂である, 豊富さなまなまし, 豊富で, 豊富な, 貧しさ, 貧困に対して, 貧困は, 貴さ, 賜である, 賜物である, 足らぬ吾身, 足りないもの, 足りない人, 跡を, 躍進であり, 身を以て, 近くし, 追求観察の, 過多より, 部分である, 部分に, 重視を, 量が, 長い教授, 間に, 間の, 隅から, 際習慣性の, 際音楽の, 集成から, 集積であっ, 領域を, 領域外に

▼ 経験~ (658, 8.5%)

46 ある 24 あるので 16 あるの 14 あるから, なかった 13 あった 12 ない 10 ないから 9 ないの 7 あるが, あるん 5 あります, あるだけに, ないので 4 あったから, あったので, ありますから, ありません, あるだろう, あると, ないため, ないで, ないと, なくて 3 あつた, あつて, ありますか, あるという, それを, 多くの, 私に

2 [35件] あったの, あったん, あって, ありますので, ありますよ, あるか, あるかい, あること, あるそう, あるだけ, あるに, あるもの, ある人, あれば, おあり, おありです, これを, ございます, ともすれば危険, ないに, ないわけ, ないん, なかつた, 一度も, 多少とも, 必要だ, 或る, 教える, 教えるよう, 私には, 私を, 私達を, 絶対に, 蓄積され, 足りないから

1 [340件] あ, あったため, あっただろう, あったって, あったに, あったらしく, あったらしく今, あったら前, あった私, あっての, あまりに少ない, あらわれでる, ありおそらく, ありそう, ありその, ありましたか, ありましたので, ありますの, ありますもの, ありませんから, ありませんが, ありませんで, ありません東京, あり成熟期, あり現在, あり而, あり肺結核, あるおかみ, あるお前, あるからでも, あるくせ, あるけれど, あるせい, あるそれ, あるだらうと, あるだろう四月, あるであろうが, あるといふ, あるとでも, あるとは, あるならそれ, あるなんて, あるのみ, あるはず, あるばかり, あるまいが, あるらしい, あるらしいね, あるらしいので, あるらしく小銃, あるらしく庭園, あるらしく聞えた, あるらしく鬨の声, あるわけ, あるを, あるんで, ある上, ある予, ある人たち, ある気遣い, ある者, ある閣臣, いかなる場合, いかに積み重ねられよう, いかに複雑微妙, いかほど強烈, いくつも, いっそう完全, いままで, いや端的, いること, いろんな形, うまくいっ, おありだそうです, おありでせう, お有り, お有りなさいます, かえって人生, かくも, ここまで, このよう, この不幸, この毒物, この眼, この老人, これら良識家らが, こんな言葉, ございまして, ござらぬもし, させた失敗, させること, されて, しばしば教え, すくない, すでに新, せまいため, そういう人間的, そこに, そのあるじ, その全, その動物, その地位, その後教える, その手法, その生命, その過去, それに, たたみこまれて, ただその, ただ無駄, たび重なる, ちょっとあれ, できたよう, ともすれば娘, とりあげられて, どうも実際に, どこまで, どんなに悪用, どんなに貴重, ないからと, ないが, ないこと, ないであろう, ないでも, ないという, ないといつて, ないとは, ないんで, なかつたので, なかつた為, なくまた, なく社会的, なければ, なによりの, なんとか物, なんらかの役に立つ, にらみを, はじまって, ひそんで, まだなまなましく, まだ一度, まるでなかっ, まるで昨日, むしろ可, むだに, もうたびたびある, もう一つ, もう一度そこ, やっと薄い, よみがえって, カメラ, シナ伝道の, ペイターの, 一つある, 一の, 一度に, 一生の, 一番正しい, 一致し, 一遍も, 三つも, 与えたと, 与って, 世々代々長子伝燈の, 主である, 主観的, 乏しいため, 乏しいの, 乏しく僕, 亀の, 事件に関して, 事実であり, 五つ六つも, 人間の, 今では, 今度の, 何よりの, 何度か, 何度と, 余りなく, 作品化された, 保存される, 保証する, 個々の, 働いて, 僕に, 充分でき, 全くなかっ, 再び新しい, 出来たので, 出来ない場合, 出来る, 加はり又, 動因と, 単に普遍, 口を, 可なり制限, 可能に, 吾, 土台に, 堆積し, 多く強く大きくあれ, 大いに役立っ, 大切である, 失われて, 完全に, 実験と, 寄り集って, 少しも, 少ないため, 島ごとに, 帝国主義ブルジョアの, 幾回も, 幾度も, 広くなった, 度重なるにつれ, 役立って, 彼にとって, 彼の, 彼を, 彼女にと, 彼女を, 彼等に, 後世の, 後年フリイゲンデ・ホルレンデルを, 得られるか, 得られ母親, 心の, 必要であります, 思い出されて, 急速に, 悉く悪, 感取せられる, 成立し, 成立する, 我々にとって, 把捉され, 教えて, 教えますから, 教へる, 整理され, 斎入の, 既にこれ, 日本語を, 明治文学に, 普遍的な, 最も重大, 未来への, 本当なら, 本格的訓練を, 柔軟性豊かな, 根を, 根本的である, 次々に, 次第に蓄積, 次第次第に, 止せ, 此ほかひ, 歴史の, 比嘉春潮さん, 永く僕, 決して無益, 浅いの, 浅いので, 浅い彼, 浅薄である, 海岸の, 深くなれ, 済むと, 無いから, 無いと, 無いという, 無いの, 無いので, 無いん, 然らし, 狭く論理, 現象に, 甚だ少, 生れた時, 生んだナンセンス, 生んだ至言, 痛々しいの, 発声映画に, 相集まっ, 眼を, 知識を, 示された, 社会的な, 私たちを, 私の, 科学的に, 積まれたの, 積み重って, 積み重なって, 積み重なつて, 積れ, 積んで, 終ったところ, 経験された, 結晶せず, 絶えず私, 繰返し確証し, 自分を, 自分自身を, 船を, 若しその, 葉子を, 蓄積し, 薬だろう, 行はれました, 表現の, 要る, 訓練を, 記憶の, 許す限り, 詰んで, 詳細に, 語られて, 誠に尠, 豊かな, 豊富に, 足りないため, 足りなかったせい, 足りなかったので, 身に, 軽佻な, 逆に, 進行する, 過去に, 違う, 遺伝せられ, 重なり重なって, 重なると, 重大である, 重要な, 隠れた刺激, 集積調和し, 非常に, 頭に

▼ 経験した~ (624, 8.1%)

97 ことの 43 ことが 16 ことは, 事の 12 ことも, ことを, ような 11 のである 8 のは, 事が 6 のだ 5 ことと 4 ことだ, ので, のと 3 さまざまの, ためしは, なかで, のであった, のです, ように, 事は, 事も, 自分の

2 [30件] ことである, ことであろう, ことでなけれ, ことに, すべての, ということ, ところである, ところに, ところの, に違い, のだった, ばかりのこと, ままを, ものは, ものよりも, わけな, 不思議な, 人々が, 人が, 人であった, 人でなけれ, 人は, 実際は, 後で, 後には, 心持は, 様々の, 知識を, 経済的な, 若いもの

1 [279件] あらゆる悩ましい, あれこれの, いい方法, いくたりかの, いろいろな, いわゆる不安, かということ, かという歴史, かもしれぬ, かも知れない, からだった, からです, から以後, か私, がいま, がこんな, がそれでも, がわらじ, が幸運, が幻覚, が手紙, が昼間快晴, が病, が雪隠詰, こと, ことだろう, ことで, ことであった, ことであったろう, ことであり, ことという, ことによって, ことばかりなど, ことばかりの, ことまでも, ことや, こと郁子の, この一年, し世, そういうこと, その一つ, それは, ためかも, だけで文学, だけにカラリ, だけの経歴, という, ということ以外, というそういう, という事柄, とおりだ, ときいまだ, ときその, ときの, ところであります, ところであろう, ところは, ところを, とすれ, とだけいっ, ともかぎらない, と信ずる, と全然, と同じ, と思います, と書いた, と言う, どの嵐, どの時代, に違, ねこは, のだろう, のちだんだん, のであつ, のであります, のでした, のでもう, ので優美, ので従つて国境, ので自分, のとは, のにさ, のも, はずである, ばかりだ, ばかりでなく, ばかりの実話, ほどのこと, また現に, むずかしさ, ものこそ, ものだ, もので, ものであった, ものでなけれ, ものと, ものとは, ものにとっては, もののよく, ものの感慨, もの彼の, やうに, ようである, ようには, よりも最も, より以上, わけで, んだ, んです, インテリゲンツィアとの, クリスマスの, コロンビアの, ジェスイットが, ソヴェト生活らしい, ネズミとりを, ヨーロッパの, 一つの, 一人で, 一場面の, 一定の, 一生の, 一番大きな, 中で, 中年の, 事だ, 事で, 事である, 事です, 事で無けれ, 事実だけを, 事実で, 事実は, 事実を, 事実談です, 事情を, 事柄という, 事柄まで, 事無く, 二十四時間は, 云ふべからざる, 人々であった, 人々も, 人たちだ, 人なら, 人に, 人にしか, 人には, 人の, 人も, 人間から, 人間の, 作法見たいな, 例について, 信長は, 俺には, 内界の, 内的成長の, 内面的な, 処の, 処刑の, 初婚の, 危険や, 受難の, 国は, 国内の, 土人たちの, 地域と, 場合でさえ, 場合では, 壮快な, 多難の, 夜の, 夢の, 夢も, 大事な, 夫婦の, 奇異なる, 女としての, 女の, 如くに, 妄想だけ, 子女の, 実例を, 小生に, 幾多の, 彼は, 従ってもし, 心痛や, 恍惚と, 恐ろしい物語, 恐怖に, 恐怖の, 恥も, 愚にも, 感情の, 憤怒の, 或る, 戦争では, 戦争の, 所では, 所に, 数々の, 文化史的活動の, 文学団体の, 新, 方が, 方は, 日本の, 日本人は, 時という, 時代と, 時代に, 最も深い, 最も濃, 末又もや, 機会は, 次の, 民族の, 気持ちを, 汽車の, 漂流談を, 火事, 牡鹿山の, 物語を, 獄中生活を, 獄舎生活の, 現実は, 生活の, 生活は, 男たちが, 異常心理を, 病気に対する, 痛切な, 監獄の, 真実を, 社会生活と, 神隠しの, 私にとっては, 私には, 空中から, 筈だ, 筈である, 範囲内に, 紙帳は, 結婚とか, 結婚の, 総ての, 者が, 者でなく, 者でなけれ, 者には, 者の, 者のみが, 者は, 自分で, 自動車の, 色々の, 苦痛は, 葉子に, 覚えの, 記憶が, 訣である, 訳です, 訳でなく, 試しが, 話, 話で, 話を, 軍隊生活なる, 辛酸の, 近親相姦の, 遊戯や, 運命と, 過労栄養不良勉学不能によって, 都会の, 重なる, 闘争犠牲勝利を, 限り秘書たちは, 驚きは

▼ 経験~ (422, 5.5%)

15 ない 8 なかった 5 ないが 4 一度も 3 ありません, ないと, ないの, 私の, 試みること

2 [22件] ありませんか, あるまい, いろいろな, おあり, おありで, しばしばある, ないかね, ないけれども, なくとも, まったく記憶, もって, 何よりも, 僕に, 切実かも, 単に経験的, 始めて, 少しだに, 彼に, 彼らの, 私と, 私には, 試みと

1 [331件] あった, あったに, あなたの, あまりに生々しく, ありました, ありますか, ありませんから, ありませんが, ありませんでした, ありませんよ, ある, あるが, あるけれど, あるだらう, あるだろう, あるでしょう, あるまいね, いうまでも, いたしましたが, いつでも, いつも年長者, いつも既得, いよ, いろいろ比べ, えらいもの, おそらくここ, おそらく多数, おのずからその後, かつて一度, かつて殆ど, かなり良好, この先々, この問題, この御, この空想的, これが, これだけ, これまでには, これまでより, これ以外に, こんな西南戦争, したくない, して, し尽くしたよう, すぐわすれ, すべてが, すべての, すべて彼の, すべて新奇で, すべて真実の, ずいぶん久しい, そういうため, そう当て, そこに, そのままに, その中, その女, その庭園内, その後に, その後にも, その後限りなくある, その所有者, その特殊性, その質, それほど深く, それ自身に, そんなに局部的, たしかに役立つだらう, たしかに積んでる, ただちに形而上学, ただ一度, ただ広く, たびたびある, だれにでも, ついぞ持, つねに主体, つまれて, どうである, どれ丈ある, どんな新しい, ないかい, ないから, ないし, ないだろうが, ないよう, ない妻, ない程, なかつた, なかつたが, なかつたどうして, なくて, なくまた, なんら用, はじめてで, はじめてです, ほとんど皆無, まさに特異, まずこれ, まだない, まだ至って浅い, まるでそれ, みずからを, みんなが, もうたくさん, もう五, もう私, もちろん普通, もっと気持, もっと複雑, わが輩も, わたしが, わたしにとって, われわれも, エレンブルグの, カントに, シバシバある, デモクリトスと, ドストイェフスキイの, プラグマチズムの, プロレタリア芸術史の, 一つも, 一と, 一の, 一九〇六年四月二十六日チリの, 一人の, 一度だけ, 一度で, 世の中を, 中学時代で, 中学時代にも, 主体と, 主体に, 主観的な, 久美子には, 事実的に, 二十代のは, 二度と妻, 人と, 人生の, 人生勉強という, 人間生活における, 人間社会に, 今こそ, 今までの, 今度が, 今日も, 他の, 伸子が, 何も, 何ら私達, 何度か, 何等かの, 作家としての, 個人が, 働くこと, 元来決して, 元来能動的な, 元来行為的な, 充分かと, 全くはじめてである, 全く自然, 公衆と, 兵馬の, 具体的で, 凡て歴史的に, 初めから, 初めてで, 初めてである, 初めて組織的, 到底こんな, 前に, 前にも, 前の, 勿論ない, 勿論崖, 化学家が, 十分だ, 千代子に, 単に, 単にこうした, 単に与えられた, 単に受動的, 単に思惟的, 単に知識, 即ち云わ, 原則にまで, 去年の, 反省を, 受動性である, 各人それぞれの, 図らずも, 堅いとか, 多少とも, 多岐であっ, 大いにある, 大阪風の, 天性の, 好んで, 子供が, 子供にとって, 子供の, 存外多く, 実に口, 実に楽しかっ, 実に貴かっ, 実験である, 実験の, 実験者の, 客観的な, 容易に, 尊い, 少々私, 少くない, 少し身, 少なくともお, 常に実践, 彼にとって, 彼一個の, 彼女に, 後に, 後年私が, 得られなかったであろう, 得られるよう, 必要である, 思ひだせば, 恐らく女子, 恐らく既に早くからあった, 恐るべきもの, 意識的に, 感性的な, 感性的に, 慎一が, 我々が, 我々の, 或はランゲ, 戦争そのものの, 拙者一度で, 持たぬ, 持たぬの, 数へる, 新奇を, 旅が, 日々に, 日に日に複雑, 日本で, 日本の, 昨年七月某日の, 時間と, 時間に, 暗い穴倉, 更に智慧, 曽て, 曾て, 最後の, 有りましたが, 有り勝ちだ, 未だ曾, 未来との, 本来実験だった, 本田の, 東京という, 東洋人よりも, 果してどういう, 果して十分日本, 横浜近くに, 次々と, 欧洲劇場巡礼の, 欧羅巴でも, 武男が, 民主的な, 決して疑うべからざる, 流石に, 浅いかも, 深いし, 特にお, 狭く貧しくし, 率直に, 珍しいもの, 珍しくなく, 現在を, 甚だ貴重, 甞めて, 生まれて, 生れて, 生れてから, 生涯に, 男に, 痛すぎる, 発明的である, 皆無な, 目白なんかで, 知識の, 短かかった, 短期間の, 確かである, 私たちに, 私たち日本の, 私に, 私にも, 私を, 私一人で, 種田の, 積ね, 経験する, 経験の, 結局一種の, 絶対に, 繰り返して, 胆玉の, 自分の, 自分を, 自然に, 自然によって, 自然的に, 若い時代, 葛西氏を, 蓄積されなけれ, 藤吉郎も, 行為に関する, 行為的に, 裁判所の, 裏付けられた作家, 見やう, 誰も, 誰方も, 遂に実験, 違ふよ, 間違いなく, 青年に, 頭に, 食物文化の

▼ 経験~ (380, 4.9%)

40 よると 22 よれば 12 徴し, 於て 8 依って 6 よりますと, 依ると 5 照らして 4 てらして, 依れば, 基いて, 富んで, 由来する 3 因って, 於ても, 照し, 訴えて

2 [16件] なって, なる, よらずして, 乏しいため, 乏しい自分, 依つて, 俟つ, 基づいたこと, 基づくもの, 富み識見, 富んだ奴, 就いて, 立脚し, 過ぎない, 過ぎぬ, 違いない

1 [205件] あっても, あてはめて, あらず, あるよう, うちこんで, おかれた日本, かかる療法, かかわらない歴史的, かぎられること, これを, さかの, さらされようと, さらして, しては, しても, しろ数, たって, たよって, ちがいない, とどまって, とどまるが, とみしかも, ないこと, ないよう, なったこと, はじまると, ひき較べて, ふれて, ぶつかったこと, ほかならなかった, ほかならぬ, またおぞ, まったく反対, めぐりあわないわけ, もともと相違, よった科学, よらなければ, よれは, 与えられたもの, 与えられるとは, 与へられた特殊, 乏しい, 乏しいと, 乏しいという, 乏しいよう, 乏しいらしかった, 乏しいわが国, 乏しい人間, 乏しい処女, 乏しい彼, 乏しい彼女, 乏しい日本国民, 乏しい若い人間, 乏しい若い女, 乏しい長三郎, 乏しかった, 乏しきは, 乏しきもの, 乏しき輩, 乏しく或は, 乏しく論理, 乗じて, 会ったの, 依りて, 依りますると, 信を, 借りねば, 借りるけれども, 充分な, 先立って, 先立つという, 先行される, 共通な, 内部知覚に, 出会っても, 出合した, 出遇つて, 切り離して, 加ふる, 助けられて, 即して, 即しながら, 反する, 取り入れられたもの, 合して, 向うの, 呼びかける暗示, 因て, 因りて, 因ると, 基いた法則, 基いた結論, 基き習慣, 基く多く, 基けば, 基づいた平和的市場保全主義, 基づいて, 基づきて, 基づき特に, 基づくと, 基づける, 大方は, 始まるという, 富まざるを, 富み冷静, 富み論理, 富むをもって, 富むキチナー元帥, 富む父, 富る, 富んだダネック, 富んだ人達, 富んだ其道, 富んだ平凡人, 富んだ年長者, 富んだ方, 富んだ活動家, 富んだ海員, 富んだ老, 富んだ老人, 富んだ芸術家, 就いての, 属するので, 属する事柄, 帰つて来なけれ, 帰るの, 幾十倍かする, 従ふ, 徴すると, 徴すれば, 応用される, 思いなして, 感情に, 戻る運命, 打たれ押し返し揉み合って, 拠ったの, 接せずし, 教へ, 敬意を, 於いても, 於ける因果関係, 於ける直覚的感覚, 於ける組織関係そのもの, 於ける統一作用そのもの, 於ける超, 於てすら, 於ては, 最もよい, 最も老練, 根ざしたの, 根ざすもの, 案外平気, 止まること, 止まるなら即ち, 気付いたの, 決定的に, 注目する, 浅い身, 浅ましくて, 満足しない, 準じて, 照らしても, 甘えて, 生きて, 由り僕, 由る規範, 由れば, 直接即する, 直接触れる, 直覚に, 相違なかっ, 積んだ人, 積んで, 絶対に, 縋らねば, 習熟した, 耐えること, 耳を, 聞いて, 聞きつつ, 胸を, 苦しんだにも, 薄弱な, 表現を, 見ても, 規範として, 触れるや, 訴えた, 訴え得る興味, 誇る体, 誤りが, 調和し, 負けない熱中, 逢いし武芸者, 遭逢し, 遭遇する, 重きを, 鍛えられ信念, 鑑みて, 鑑みると, 関り, 関係付けられなければ, 飽き飽きして, 骨折って, 高価な

▼ 経験~ (379, 4.9%)

96 ている 26 て来た 20 つつある 17 ていた 11 ていない 10 てゐる 8 てきた 5 て来 4 て居た, て知っ, て見る 3 ていなかった, ているであろう, ております, てゆく, てゐた

2 [13件] てい, ているだろう, ておいで, ておられる, てそこ, てその, てそれ, てみたい, てよく, て見た, ながら, 人間は, 先ほどの

1 [133件] いくら戦争, こんどこそとばかり, さうな事, じっさいに, すべてを, そうには, そこの, そしてそれ, そして家, その原因, それからずっと, それを, それ以来ずっと, たりし, たりした, たりする, たり時折, たり書物, たり獲得, たり理解, たるにも, つつ, つつあった, つつ作られ, つつ現在, て, ていかにもよく, ていまジェネヴァ, ていらっしゃらない, ていらっしゃる, ていられるなら, ているで, ているでしょう, ているらしい, ておきたかった, ておる, てからは, てけろけろ, てこういう, てこの, てこられた, てこれ, てこれから, てしまった, てそれ以来, てはいけない, てはいないだろう, てみたら, てみなく, てみなけりゃ, てみよう, てみる, ても, てもらいたい, てゆくであろう, てゐ, てゐない, てゐるだらう, て中産階級, て人工肺臓, て今度, て以来, て分っ, て実直, て寿江子曰ク, て居る, て幾度, て強く, て後, て恋, て明らか, て時に, て村, て来る, て此頃, て深刻, て育ったらしく, て行くでしょう, て表面, て見, て見たい, て見たかった, て見ない, て通る, どういう結果, どこで, なかには唖然, ながらそれでも, ながらそれなら, ながらなお, ながら夢, ながら最後, ながら未だに, にきた, またはするで, またひと, また苦労, また見聞, やすい心持, 一身に, 人一人をすら, 今全く, 余は, 作者とともに, 努力し, 又見聞, 同時に早くから悟り, 国内戦を, 対手を, 後に, 得たる所により, 意識し得る, 日本における, 易く達し, 毎夜連続した, 理解した, 生活したら, 男女の, 社会主義の, 社会主義社会建設期に, 結婚と, 総てそれらの, 考察し, 自分の, 自身負傷した, 若しくは生活上, 若しくは苦痛, 表現し得た, 見聞し, 見聞した, 覚醒と, 詩を, 難からざる

▼ 経験から~ (342, 4.4%)

7 して 6 すると, 推して, 知って 5 いえば, 考えても 4 いうと, 出て, 言っても 3 割り出して, 割出して, 教えられて, 考えて

2 [22件] いうの, いっても, お豊, すれば, それを, 云うと, 云うの, 云っても, 云へば, 人間の, 出発する, 割り出された賢明周到, 彼は, 彼女は, 来るもの, 生ずるもの, 私は, 自分の, 自然に, 若い時代, 見て, 見ても

1 [239件] あの人, いうとき, いかに痛切, いくら坑夫, いふと, いへば, いろいろな, いろいろ注意, いろいろ考え, いろんなこと, おしてと, かれの, きたえあげた人, くるある直感, この北寄り, この子供たち, この祖母, これは, これゃ巨大な, これを, こんなこと, しみじみと, すぐに, ずいぶんこまかい, そうなった, そう感じ, そう言った, そのなか, その作品化, その注意, それらの, そんなこと, たくわえられたもの, だよ, だらうと, ちぐさと, ついて, です, なるべく賑やか, まさしく恋愛, また地震, みたそういう, もはや相当, やっと得た, よくわかっ, よく分る, よく知つて, わかったこと, わかって, わり出した標準, スキー, マリーの, 一つきまりを, 一つとして, 一つの, 一定の, 一応之, 一方ならず新参, 不良工員の, 主として都会, 事件の, 二人の, 云えば, 云った, 云つても, 人妻を, 人間は, 人間関係方面の, 何も, 何を, 作家と, 信じて, 信じない, 健全な, 充分それ, 入ったの, 出たので, 出た訓言, 出発し, 出発した, 出発しなけれ, 初めの, 判断し, 割り出されたこの, 割り出したこと, 割り出した思想, 割り出しての, 割り出すと, 割出した最後手段, 区別される, 又は経験, 収穫に, 受け取られる, 受け継いで, 各状況, 名誉ある, 君に, 君には, 四五日前に, 地形に, 地略的な, 執筆を, 堅く信じ, 多くの, 大砲を, 妹の, 始まるの, 子供は, 学びとられた教訓, 将来の, 少年飛行兵の, 岡を, 左翼の, 幸福について, 彼の, 彼女の, 得たありがたい, 得たもの, 得た法則, 得た特徴, 得た知識, 得た結論, 得て, 得ましたところ, 心の, 必要上いろいろ, 思うの, 悪い疑い, 惹き起されたところ, 慾無しと, 或理解, 押して, 抽象され, 推すと, 推せば, 推察し, 推量し, 支那に, 教訓を, 断言する, 新しい日本, 新たな, 旅行といふ, 日本の, 早急に, 是も, 昼間だけは, 暗示される, 最初に, 期待を, 材料を, 来たその, 来た微妙, 来た概念的, 来た秘伝, 来た身軽, 来て, 来る, 来るか, 来るという, 来るの, 来る妙, 来る常識, 来る深い, 根本的な, 案出した, 次の, 次第に一つ, 歌について, 気がついて, 氷山が, 深い社会教育, 滋養分を, 熱病は, 物を, 独立した, 独立に, 生きる目的, 生じた理想, 生じた短い, 生じるの, 生じる一般的助言, 生じる連想, 生ずると, 生ずるの, 生まれたもの, 生みだされるもの, 生み出されるという, 生れた実感, 生れた形, 生れるの, 用心深いこと, 申しても, 申しますれば, 申し上げたので, 申すこと, 痛切に, 直ちに覚る, 相手の, 知り自分, 知ること, 知るだけの, 社会主義的生活の, 私も, 立たせそこ, 立脚した, 算し, 素人に, 経験的に, 習慣が, 考えますと, 色々に, 見た特徴, 見つけ出して, 見ると, 見れば, 見落して, 覚えたの, 言うと, 言えば, 言つても, 言ふと, 言へば, 語れば, 誤魔化, 読者という, 超絶し, 身に, 近海の, 追手の, 道庵ひとりを, 鉄砲の, 陰鬱な, 離れたもの, 革命的にも, 飛び離れた生活, 飛出したこと, 飛躍し, 黙々として

▼ 経験する~ (281, 3.6%)

11 ことが 10 ところである 7 ことである, ことは, ところの, のである 6 ことの, ところであろう, ような 5 のは, ように 4 ことに, ことを, ので, ものである 3 ことによって, というの, 一種の, 所である

2 [18件] かということ, ことだ, ことだろう, ことです, ところから, ところで, ところに, ところによるに, とは自己, に違い, のであった, のと, ものは, やうに, 事の, 所なり, 特種の, 精神的苦痛を

1 [140件] あの苦, いろいろな, かに存, かに存する, からである, がこの, が出, が私, ことそれが, ことで, ことであっ, ことであります, ことであろう, ことでなけれ, ことと, こととして, ことも, ごとに, さまざまの, それ以上に, たびごとに, だれにも, ということ, というわけ, という事実, という現実, といふ, とおり驚いた, ところだ, ところでありました, ところであります, ところでありませう, ところです, ところなる, ところなれ, ところは, としたなら, となる, とは働く, とは意識, とジッ, と云え, と人類, と分る, なんの, にし, に及ん, に対応, に極, に至った, のだ, のだった, のであり, のでしょう, のです, のでそれ, のでなく, のとでは, のとの, のも, ばかりでなく, ほかに, ほどの命掛, ほどの胸, までは私, ものかも, ものであった, ものでございます, ものと, ものの, よ, よりもっと, より法, んです, 一つの, 世界である, 世界に, 世界の, 主体を, 事が, 事に, 事実である, 人の, 人間でない, 例であった, 個々の, 停電を, 処だ, 処に, 前から, 厭な, 大きな歓び, 大小無数の, 女の, 好機会, 実景である, 平凡な, 径庭である, 心を, 心持だろう, 快よ, 息子や, 悲喜劇に, 愛を, 感情だ, 戦争の, 所を以て, 時機の, 最も深い, 機会が, 機会を, 機微な, 毎に, 気持ちであろう, 消耗性の, 異様なる, 省作は, 社会生活の, 私と, 筈だ, 筈である, 精神の, 経済生活の, 臭いだ, 色あり, 苦しみだつた, 苦しみと, 苦の, 苦労を, 苦痛よりも, 言葉の, 通りはなはだしい, 通り電車に, 道程に, 野蛮と, 間には, 限りに, 高度な, 魂によって, 魂の

▼ 経験~ (193, 2.5%)

7 ある 4 あるし, ない 3 あつた, あること, あるので, あるん, あろう, ないので, なくまた, 知識も, 積んで 2 あった, あって, あるが, して, なかった, なければ, 自信も

1 [137件] あったり, あまりもたなかった, ありませう, あり小器用, あり彼女, あり手練, あり景気, あり智慮, あり私, あるくらい, あるそういう, あるもの, あるらしい, ある猛, ある男, ある者たち, あれば, いらぬ寄付, おありだし, おもしろいくらいの, このごろは, これと, これほどで, されそれ, されない, した, したらしい, したらしい様子, しましたが, すくない, すでに技術的, せぬ生活感情, それを, たくさんあり, たしかな, ともに浮び上がる, どうやら記憶, ないから, ないし, ないで, ないと, ないの, ないのに, ないもの, ないん, ないサラリーマン, ない上, ない余, ない私, ない者, なかつたし, なかつたシヤンパン, なくて, なく万巻, なく多額, なく彼等, なく結果, なく財産, なく趣味, なく辛酸, なし断った, なし躯, なめた, ほとんどなく, またそれ, またわれわれ, また高く, まるで台, まるで茶番, まるで違う, みごとに, もたない僕達, もって, ものを, やつて, やはりふとした, ゆたかな, ゆたかに, 之を, 人間的生活も, 何も, 円熟し来れり, 十分に, 古いこと, 古く技倆, 同じである, 吾, 多かった, 多くつみ, 大方は, 孔雀の, 学識も, 少しは, 山野の, 御座いません, 持たぬ者, 持って, 有り燈明, 有れば, 有益です, 極く, 極めて深い, 欠けて, 沢山持っ, 泥棒を, 浅いし, 浅いもの, 浅く功績, 深い, 深く人, 無いに, 無く道楽, 無く金, 無意味な, 理論も, 生きるはず, 生れて, 生一本に, 生活も, 疎かには, 相共に, 知つてゐる, 知らない所為, 私には, 積みたくわえて, 素質も, 経験知り過ぎる, 罷められた閲歴, 要る, 見聞も, 記憶も, 証明し, 豊富だ, 貧しい, 過去の, 違いますから, 非我の

▼ 経験~ (187, 2.4%)

2 [15件] いわれるの, によつて, 一致する, 云へば, 名づけて, 大差の, 性格とを, 感覚とを, 推理とを, 智識とを, 熟練とに, 知識が, 知識とを, 美の, 観察との

1 [157件] あらゆる人間, いうけれども, いえば, いって, いひ既に, いへば, いやでも, この頃, そうして確実, そのすぐれた, その価値, その吸収, それの, なった, なって, なります, なる, なるであろう, ますます暗い, エピソードとを, ドイツ丸呑みよりの, 一しょに, 一致しない, 一面の, 世界の, 世界史的な, 云い得るかが, 云うて, 云うもの, 云う本, 云ふ, 人柄を, 人格とに, 人間としての, 今度の, 仏蘭西に, 他の, 作品活動を, 修練とを, 個々の, 先験的なる, 全然没交渉, 兵法から, 内部の, 分析とで, 勘と, 勘による, 反省と, 反省とが, 反省とは, 名づくべき, 周到な, 呼ばれるもの, 呼ぶの, 善く似, 地図を, 好みと, 学問とを, 学理とに, 学術とで, 学識とを, 実感の, 実験, 実験の, 対人信仰, 専門家らしい, 少しの, 常識が, 幾多の, 強い自信, 彼らの, 彼女の, 心理とに, 必要に, 応用とを以て, 思いついて, 思はねば, 思惟の, 性格との, 情実とで, 感覚が, 感覚と, 成果とを, 成果を, 才能の, 技量によって, 技量の, 推理との, 摂取において, 教訓を, 教養との, 新派特別加入の, 智慧と, 更に演劇, 書物に, 最後に, 果断を, 母親から, 比較する, 活動の, 準備と, 無関係な, 独立し, 狭い知識, 現実の, 理前とを, 理性とは, 理知とで, 理解が, 理論との, 理論とを, 異って, 発見し得ない, 省察とに, 省察との, 知恵の, 知覚とを, 知識から, 知識とが, 知識とに, 知識とによって, 知識の, 知識より, 知識を通して, 研究との, 研究とは, 神学と, 精緻なる, 素養とを, 経験で, 経験の, 絶対に, 綿密な, 老練で, 自信と, 興味が, 興味とが, 若い虚栄心, 若干の, 行くさき, 見傚, 見傚す事, 見識が, 親という, 言ひ, 言ひたる, 言ふ, 訓練を, 記憶とに, 記憶聯想によって, 認識との, 貧しい想像力, 貧弱な, 趣味から, 過去の, 過誤の, 顔とで

▼ 経験~ (177, 2.3%)

8 あつた 4 知って 3 よく知っ 2 いうと, わかって, 半七, 知つてゐる, 見ると

1 [152件] あいつの, あの電車, あらう, ありすぎた, いい鳥, いえば, いっこうに痛痒, いま考えさせられ, いやが, いやと, いろいろ分った, いわゆる病弱, お互いの, お知り, こういう場合, このピシャリ, この事実, この年, この時位, この老婆, この際, これが, これは, さぞいろいろ, すぐに, すぐ察しられた, すっかりそういう, すら知つて, そうすりゃ, そう信じる, そう彼, そう思います, その害, その必要, その水音, その鑑別, それが, それ以上すすめる, だいたいわかっ, ちゃんと心得, どうもわからん, どこまでも, はじめて日本, また水道, まア助け合い, みなさんは, みなよく, もう絶対, もっとも単純, よくわかっ, わかりますよ, わたしは, アジトを, アフリカから, インベルの, フランスの, ベリオヂカリーに, 一人ぽっちでは, 一般の, 万年筆は, 世情に, 主膳に, 事実を, 二人が, 人に, 今だに, 今は, 今日に, 以て, 伸子は, 何から, 倉地の, 催眠薬が, 働いた試し, 分つて, 初めて仕事, 勘づいて, 又無知, 叩きあげたキビキビさ, 名だけの, 君も, 周到な, 多少は, 大抵の, 女の, 子供一人で, 小さい犯罪, 彼に, 彼にも, 彼女は, 彼女を, 彼女達の, 徒歩の, 恋の, 恐れられて, 感得した, 成熟し, 戦後犬屋の, 支配せらるる, 教育され, 文学の, 斯様に, 早くも, 明らかである, 明らかであろう, 最早や, 本を, 東京や, 根拠ある, 此年に, 消す事, 深飲みする, 父さんにも, 現実な, 疲れ切って, 直ぐ南京虫, 知った, 知っては, 知つ, 知つてゐた, 知らされたの, 知り過ぎる位, 知れて, 私が, 私は, 私も, 立証された, 竜太郎は, 筆が, 節子には, 考えて, 自分が, 自分の, 自殺者心中者は, 自然と, 興奮し, 舞台が, 色々活きた, 衛生上の, 裁縫なら, 裏切られる事, 解りますそりゃ, 言つて見, 言へば, 記憶という, 証明される, 読めて, 身を, 車輪が, 鐘の, 長年鍛えられ, 間違って

▼ 経験~ (154, 2.0%)

27 なもの 43 な通用性

2 [11件] である, であること, では, でも, な乃至, な事実, な所与, にで, に見る, 諸事実, 諸科学

1 [98件] であり同時に, であり心理的, であるため, であると, であるとは, であると共に, であるに, であるの, でしか, ですら, でなくて, でなければ, で日常的, という規定, とを問わず, と先験的, と呼ばれ, と呼ばれる, ないし実験的, なる前後, なる部分, な世界, な事実上, な個人的意識, な分け方, な危険, な即ち, な原則, な原則的, な存在概念, な帰納的, な常識的, な意味, な意識, な或いは, な所与性, な手続き, な推理領域, な方法, な普遍妥当性, な普遍性, な根拠, な概念, な現象, な理由, な直観, な知識, な社会関係, な科学, な秩序, な経験主義, な統計的方法, な自己, な自然, な自然法則, な認識活動, な諸, にだけ成長, には外的空間, には意志, にもこの, にやつ, に与えられ, に与えられた, に即ち, に又は, に学んだ, に安全感, に実在, に実際, に客観界, に導き出す, に工夫, に帰納的, に成立, に抽象, に方便的, に決定, に生活, に発生, に知っ, に知られた, に知る, に社会的, に立てた, に見出された, に規定, に解かれ, に認めよう, に認識, に過ぎない, のもの, の智識, の立言, はもっぱら, 乃至偶然的, 乃至先, 乃至直観的

▼ 経験によって~ (131, 1.7%)

2 今夜は, 吾, 明らかと

1 [125件] あみ出された対策, いっそう修練, いよいよそれ, いろいろちがう, こう判断, この句, これを, そこから, その不易, その残忍性, それが, それを, だんだんに吟味, だんだん文化, ちゃんと知っ, つよく感じ, では, どうしてこの, なお強く, なり立つの, はっきりいえる, ほぼ限定, まちがいない, みがかれた叡智, みても, みると, もうためされた, よく知っ, イデオロギーの, シャビエルは, ダイヤの, プロレタリアートの, 一個一個の, 一層芭蕉, 人間という, 仕事を, 仲間からも, 体得した, 何が, 作り出した寄せ集め, 修業の, 出来不出来, 初めて知った, 判断し, 判断し得る, 動揺させられる, 十分に, 危険がる, 原理にまで, 古来の, 味得した, 外界の, 始めて与えられる, 子供が, 学び得る一事, 定まるもの, 実力を, 実証される, 居ります, 弥太郎は, 彼らは, 彼女は, 得たの, 得られた諸, 得られる, 得られる表象, 心血を, 成長した, 戦闘機の, 指導される, 捉えて, 明確に, 最も明, 木曽福島附近が, 植えつけられたこと, 権力によって, 氷雪の, 洗練研究しつくされ, 洪水の, 深められた, 瀞場の, 獣の, 現実の, 理解しはじめた, 環境に, 生れて, 発達し, 益益よく, 直観的に, 知った, 知ってる, 知りはじめた, 知り得るところ, 知るという, 知るの, 知るよう, 破られる, 確かめられた臆断, 確かめられて, 確証され, 確証されない, 確証される, 社会主義を, 神経衰弱の, 積み重ねて, 聰明に, 育った活, 若し訊問, 術を, 裏付けられて, 補足される, 見たであろう, 訂正されべく, 証明され, 証明された, 証明される, 豊富に, 身に, 農業は, 農民が, 違いが, 鋭くなった, 鍛えられ新た, 高槻の, 魚の

▼ 経験では~ (85, 1.1%)

7 なかった 3 あるが 2 それが, ない, 時代ものは

1 [69件] あった, あまりお喋り, いつも二日, きわめて稀, この大麦, この時位あと, これが, これらの, さういふ比例, さうで, すらりと, そういう脳外科, そう思っ, そう思われる, その真, それですまなかった, それよりも, それを, ないが, ないという, ない概念, なかったでしょう, なくして, なくその, なくて, なくもう, なく妻, なんと言っ, はかりしれなかった, まだ具体的, まだ日本, われわれの, スターリンの, ポケットに, 一人で, 一人も, 上野の, 事実は, 仏教の, 他人の, 先生の, 先輩である, 全く合い, 分らない空間, 初が, 初めてだった, 十人以上の, 千八百米を, 単に光速度, 困難な, 地震の, 外国語では, 存外生徒, 小農者は, 想像の, 成程, 或る, 斯う, 是非とも, 有為な, 焼くより, 理解出来ず, 発音の, 真に其, 空腹ほど, 緑系統の, 自動車の, 軽症映画中毒患者の, 金だ

▼ 経験~ (68, 0.9%)

6 の哲学 2 と合理論, と現象主義, に由来

1 [56件] がある, が教える, が経験, だった, である, であるにも, ですか, と, との認識理論上, との長所, とデカルト, と合理的先天説, と同じ, と呼ばれ, におい, によって有, によれ, に共通, に反対, に対する合理論, に立ち, に立脚, に類似, の偏見, の制限, の動機, の反対者, の影響, の懐疑論的帰結, の特に, の発展, の直覚主義的, の立場, の認識論, はこの, はやがて, はヒューム, はベーコン, はホッ, は先天主義, は必ずしも, は機械論, は現象論, は知識, は観念結合, も所謂フランス唯物論, や感覚論自身, や直観主義, をその, を主張, を先験的論理学, を力説, を大陸風, 乃至それ, 乃至は, 乃至唯物論

▼ 経験という~ (61, 0.8%)

10 ものは 7 ものが 5 のは 2 ことは, ものについて, ものの, ものも

1 [31件] ことで, ことであっ, ことも, とき私は, ところまでも, のが, のを, ものだ, ものだけが, ものである, ものに, ものには, ものを, ような, 一定内容ある, 事が, 場合その, 場合客観を, 形式によって, 意味で, 意義が, 方から, 特殊だけ, 立場から, 考を, 言葉の, 言葉は, 言葉を, 認識形態に, 語と, 資格を

▼ 経験~ (52, 0.7%)

3 知識が 2 観察を

1 [47件] あたり近所の, ご意見, その後の, フランシスの, 人物を, 今の, 又一定, 失われた恋, 学殖や, 実験の, 常識においては, 常識を, 年配に, 思想より, 思索や, 感受では, 感情を, 教科書以外に, 智慧に, 智能の, 気持や, 理性の, 盗賊を, 相当学問に, 知慧が, 知識です, 知識なんか, 知識の, 知識は, 知識も, 知識を, 縁故で, 聞きかじった話, 腕前で, 腕前も, 自分の, 自省によって, 苦悶と, 裏切られた知能, 見聞も, 訓練を, 記録で, 試練や, 認識即ち, 賞味する, 趣味的な, 道理を

▼ 経験~ (41, 0.5%)

1 [41件] かそれとも, が出る, が聞い, だが, であった, でいつも, ではあります, では極め, でも聴く, でも興味, で龍海さん, として話された, とやらの女話, とをし, など, などをし, なんかはミンナ受け売り, に, にもどうやら, によろしい, に過ぎぬ, に類する, のよう, の一つ, の代り, はいつも, はおのずから, もそろそろ, も出た, をお, をした, をはなした, をよく, をわたし, を取りかわし, を只今あなた, を聞かされた, を致し, を致しました, を話した, を語り出で

▼ 経験~ (38, 0.5%)

3 である, であるから 2 です, にとってはたぶん

1 [28件] からそれ, から教, がもつ, が意識的, だから, だったの, だもの, でありすでに, であり共産党, であると, である社長, である私, でござるが, ですから, でなければ, でもない, で苦心的, として免れ, なき事柄, なの, に嘲られ, に打ち明ける, の一致, の態度, の支那人観, の考える, はおそらく, を一人ぼっち

▼ 経験ある~ (37, 0.5%)

2 ことと, 者に

1 [33件] ことであろう, ことなら, にあらず, に非, ものに, もの更に, を以て今回, スキイヤアは, ボルシェヴィキは, 事で, 事業着手の, 人, 人たちに, 人たちを, 人に, 人には, 人の, 先達に, 困難と, 執刀家である, 学生を, 恋愛人は, 新人に, 村の, 武士の, 老人に, 老吏, 者が, 船乗りの, 良識家に, 関白殿の, 隣人の, 露西亜語を

▼ 経験~ (36, 0.5%)

5 のだ 4 んです 2 のよ, 私は

1 [23件] ことを, ために, とし子は, の, のであった, のに一体, ものにも, もんです, んだ, んだろう, んでうまく, 事に, 仕事である, 余は, 娘の, 暗闘が, 私たちの, 純粋な, 若い自分, 見物には, 記者の, 貴族的の, 頭には

▼ 経験しなかった~ (33, 0.4%)

2 ことだ, ような

1 [29件] いくつかの, おめでたさ, から今日, ということ, といえよう, と想像, ので同情, のみならず, はずは, ほどに自分たち, ものが, ようである, 一つの, 一喜一憂であり, 不快さを, 不思議な, 人が, 人らしい, 位健康に, 全然あたらしい, 妙な, 幸福と, 愛情が, 新らしい, 源氏は, 現在血を, 程の, 程小, 者は

▼ 経験~ (33, 0.4%)

2 からこれ, と福子

1 [29件] おろそかに, から, からあまり, からそれで, からな, からわたし, から後で, から気, から確か, から私, から結構, があの, がかつて, がこういう, が妙, が実際, し起ち, つたから, という点, とて間違い, と云う, と云っ, と卓一, と思われます, と手紙, と申し, と考へます, と驚い, よ

▼ 経験である~ (33, 0.4%)

2 ためには

1 [31件] かということ, かない, かのごとき, からただ, から恥, から無理, がある, がこの, がその, が一旦, が実に, が尊氏, が戦闘, が濃厚, が私, が落葉, ことも, ことを, というの, という点, と思っ, と考える, にかかわらず, に違い, のか, やうに, ように, 乗越なる, 点を, 総選挙, 間借りの

▼ 経験~ (33, 0.4%)

2 その何, 知って

1 [29件] からでも諸君, からも理論上, から充分, から珍重, から能, こんな雄弁, その位置, そんな事, では, で定めた, にて考定, にも学理上, に現ぜざりし, の所与, の知識, の談話, の議論, はなされた, よく見抜い, より病気, わかって, 信じて, 出来ないこと, 半七, 多少基づく, 大抵一眼, 得たる所, 急いては, 明かでありその

▼ 経験しない~ (32, 0.4%)

2 からである, ことだ, 人には, 前から

1 [24件] うちは, からで, せいか, で死ん, と云う, と判らない, ほどの野分, まま今日に, ものであった, ものです, ものには, 事だった, 人々によって, 人に, 人は, 人間は, 先から, 幸福な, 深い溝, 激しい情緒, 物が, 私は, 芝刈りの, 長い路

▼ 経験された~ (31, 0.4%)

2 ことでしょう, 事象が, 現実

1 [25件] あとに, あなた方は, お心, か, かもしれない, ことが, ことに, にしろ, にとどまったであろう, のは, ようです, 事すなわち, 事実である, 切ない感情, 動揺が, 唇を, 場合として, 広汎な, 日本民主化の, 時間と, 様々の, 生活への, 破壊を, 絶望動揺逸脱の, 闘争の

▼ 経験として~ (28, 0.4%)

2 喜んだ, 日常生活中に

1 [24件] あの, あらわれた, あらわれて, それは, では, わが宗教生活史, 五月雨の, 似て, 僅か数行, 大変いい, 客観せしめた, 教えて, 教員養成所の, 明らかである, 是認され, 最近感じた, 無意味な, 物語る余力, 率直に, 発展的な, 職業に, 語りうる資格, 語ること, 述べて

▼ 経験的事実~ (27, 0.3%)

2 を統一的

1 [25件] からの結論, から一般的理論, たとへば水星, である, ではない, として可能, として知識, とは何, と理論的認識, なり実践的, によって空間, による転覆, に基づいた, に適用, の一定段階, の一般化, の世界, の単なる, の歴史的運動, の要求, の集まり, を一般化, を人々, を思考的, を見失わぬ

▼ 経験でも~ (22, 0.3%)

3 ある 2 知って

1 [17件] あった, ありませんが, したよう, そういう例, とうてい耐えられる, ないだろう, なんでも, ひととおりは, 一見下らな, 二度や, 分りましょう, 善い経験, 対話には, 御多分には, 決して友達, 短篇から, 風呂から

▼ 経験とを~ (22, 0.3%)

1 [22件] もって, もて何等, 今や信頼, 併せて, 傾倒し, 共に操る, 各自の, 合わせ有する驚くべき直覚, 基礎として, 尽くしいくたび, 持ち寄つて, 持ち寄らぬといふ, 持った人, 持った選良, 教えられその, 比較する, 照し合わせ, 直ちに音楽的表現, 結びつけたの, 織りまぜ小説, 要するもの, 長く忘れる

▼ 経験され~ (21, 0.3%)

6 ている 2 ていない, て来た

1 [11件] てい, ていた, ていられる, てはじめて, てゆくだろう, て恰も, て来, て行くでしょう, はしまい, 感受される, 新しい力

▼ 経験しなけれ~ (21, 0.3%)

7 ばならなかった 6 ばならない 4 ばならぬ 1 ばならないだろう, ばならない愛する, ばならなかつた, ばならぬであろう

▼ 経験される~ (20, 0.3%)

2 ということ, のである

1 [16件] かもしれない, からであろう, ことだった, ことで, ことであり, といい, ところから, ところだろう, のだ, のみでなく, 事でしょう, 事柄を, 困難は, 時文学の, 歓びそして, 限り全く

▼ 経験とは~ (20, 0.3%)

2 やがて私

1 [18件] ここに, どんなもの, まったくかけはなれ, 一致する, 一般に, 似ても, 何か, 協和し, 対蹠的な, 彼にとっては, 挙げて, 日本の, 本質的に, 独立し, 現実の, 相互に, 要するに私, 適合しない

▼ 経験には~ (20, 0.3%)

1 [20件] あずからない見物人, こういう経験, ことに驚嘆, どんな深い, ないこと, エジプト見学以来かなり, 一滴も, 一番鶏, 乏しいはず, 何と, 何らのち, 出会わなかったの, 勝てなかった, 殆ど絶無, 無い事, 無かった, 知性が, 科学における, 西田さんに, 運と

▼ 経験科学~ (20, 0.3%)

3 に用いられる

1 [17件] が生じる, が連続的, との区別, にとって異質性, に就い, に於, に於ける, に限ろう, のうち, のみが実在, の分類, の対象, の立場, の範疇, は自然科学, を他, を通じ

▼ 経験ずみ~ (19, 0.2%)

2 だが, ですから, のこと

1 [13件] かもしれません, じゃで, だそう, だろうと, であった, である, であるにも, です, なの, なので, の方々, の方法, の智識

▼ 経験にも~ (16, 0.2%)

1 [16件] いまだ一度, かんがみず実例, なったが, なって, なると, なれて, よりけりで, 乏しく殊に, 増して, 実際にも, 富んで, 懲りずまた, 技術にも, 無いので, 達し得ない, 遥かに

▼ 経験したる~ (15, 0.2%)

3 ものの

1 [12件] がごとく, ことおよび, ことその他平常, ことなき, ことを, ところを, ものを, 事なき異状なる, 事なら, 百種の, 者は, 青年が

▼ 経験であった~ (15, 0.2%)

2 のであります

1 [13件] かぎり珍しい, かということ, かも知れない, から隙, がビール瓶, が私, が花, ことは, しすべて, としてもそんな, と共に夫人, と思います, 若杉さんは

▼ 経験主義~ (15, 0.2%)

2 に他

1 [13件] が露骨, さえ, である, ですね, でもなし, で現象, との一種, になり, に対立, の一つ, の偏見, の光り, を消滅

▼ 経験的直観~ (14, 0.2%)

2 ではない, の極限 1 であるなら, とは定義, と云え, と呼ん, と純粋直観, と選ぶ, に於ける, の内, の内容, の結び付き得る

▼ 経験において~ (13, 0.2%)

2 独特である

1 [11件] その人々, 両面を, 客観的な, 建築は, 彼と, 我々は, 独断論者が, 独特な, 自己は, 若く自分たち, 行為の

▼ 経験による~ (13, 0.2%)

1 [13件] とこの, もので, ものなり, 一つの, 信吉の, 周到な, 帰納の, 恐怖と, 欧州諸国の, 知恵な, 確信と, 組織である, 話な

▼ 経験に対する~ (12, 0.2%)

1 [12件] その応用, 彼女の, 応用を, 明かな, 注意の, 漠然とした, 矛盾であっ, 矛盾である, 自信と, 複雑な, 評価より, 間接の

▼ 経験せず~ (11, 0.1%)

2 にはいられない 1 にはいられなかった, に始めよう, に将軍家, に済んだ, に逸するなら, 同じ年ごろ, 問疑, 真正の, 英国人あめりか人の

▼ 経験だった~ (11, 0.1%)

2 のだ 1 から精神, ことであろう, ために, と書い, に違い, ね, ので, よ, ように

▼ 経験より~ (11, 0.1%)

1 [11件] くみとられて, ない源氏, 出でたる一縷, 得たる一種, 得た信念, 来らざる也, 発する実感, 結撰し来る, 考うれ, 見ても, 貴重な

▼ 経験しか~ (10, 0.1%)

1 して, ないの, ないので, ない伸子, なかった, もたない我々, 憶い出せない, 持って, 有た, 有りよう筈

▼ 経験と共に~ (10, 0.1%)

3 始まるが 1 変化しなけれ, 始まったという, 始まらねば, 始まること, 始まるに, 始まるにも, 魚の

▼ 経験するであろう~ (9, 0.1%)

1 が深み, ことは, という第, ところの, と思わない, と思われる, 所を, 濫読濫写模倣の, 苦悩の

▼ 経験です~ (9, 0.1%)

1 か, から, からね, が, が少し, が私, し, しついでに, どうかご

▼ 経験とが~ (9, 0.1%)

1 あったはず, かつて観察, わからなくなるであろう, 互いに似, 何時も自分, 吾, 必要で, 相敵視, 私に

▼ 経験などを~ (9, 0.1%)

1 おさだに, くどくどと, 参考に, 審かに, 得意げに, 支細に, 話して, 語りこの, 頼む事ほか

▼ 経験について~ (9, 0.1%)

1 あからさまな, 云う事, 女の, 実例を, 物語ろうと, 申し上げて, 眼の, 触れて, 話し合うの

▼ 経験~ (9, 0.1%)

3 の対象 2 に於ける, を超越 1 に属する, の事物

▼ 経験からも~ (8, 0.1%)

1 よく知られ, わかって, 察しられるよう, 放射線の, 教訓を, 決めて, 独特な, 私は

▼ 経験そのもの~ (8, 0.1%)

1 からで, がそう, が認識, のうち, のひろい, の性質, の構造, もまた

▼ 経験との~ (8, 0.1%)

2 沈黙せる 1 不足から, 乏しい私, 故を以て, 結びつきから, 融合を, 関係から

▼ 経験とも~ (8, 0.1%)

1 つかぬ残像, なった, に優れた, 云い思惟, 云えましょう, 申されませんが, 衝突する, 言われぬよう

▼ 経験によ~ (8, 0.1%)

1 つて, つても, つて叫びの, つて広狭深浅の, つて感じとられた, つて無限に, つて知つ, つて養子夫婦は

▼ 経験によっても~ (8, 0.1%)

1 それは, アパリの, ロカフの, 冒険や, 子供の, 知ったの, 私は, 錠剤を

▼ 経験よりも~ (8, 0.1%)

2 復活祭当夜の 1 さらに遥か, アンナカレーニナの, ソヴェト文学に, 尊いと, 深い体験, 深い独特

▼ 経験をも~ (8, 0.1%)

1 なめつくした, 含めて, 味いました, 徒らには, 想ひ起し, 持ったが, 持って, 書いて

▼ 経験乃至~ (8, 0.1%)

2 直観に 1 感性的直観との, 直観から, 直観と, 直観の, 認識と, 認識に

▼ 経験的法則~ (8, 0.1%)

3 によって制約 1 がそれ, が役, とはこの, と云え, を待たず

▼ 経験的認識~ (8, 0.1%)

1 からの結論, から未知, である, の根柢, はすべて, はどこ, は実験的, を超越

▼ 経験なき~ (7, 0.1%)

1 の思想, もの, も興味, 壮年の, 純潔なる, 者には, 青年文士や

▼ 経験により~ (7, 0.1%)

1 あとから, ついに私たち, 倫理学といふ, 生理上身体の, 自らに, 自分の, 自然の

▼ 経験を通じて~ (7, 0.1%)

1 その人, カメラを, 一つの, 何ものかを, 愛し合うよう, 知って, 鍛えられた厳正

▼ 経験論的~ (7, 0.1%)

1 では, ないし実証論的立場, なそして, な直覚主義者, な経験, な経験主義的, な統計的方法

▼ 経験したい~ (6, 0.1%)

1 かにもこの, ためで, というよう, と思う, と思っ, ものだ

▼ 経験せぬ~ (6, 0.1%)

1 ものは, 人であった, 作者が, 冒険に, 心の, 心的状態である

▼ 経験であり~ (6, 0.1%)

1 それが, また深く, 慌しい作, 支那の, 教育である, 経験する

▼ 経験を通して~ (6, 0.1%)

1 すべての, よく承知, わが身わが, 自分が, 自然何かの, 霊智にまで

▼ 経験主義的~ (6, 0.1%)

1 なこの, な事実, な危険, な即ち, な生活振り, な而

▼ 経験~ (6, 0.1%)

1 から選挙, が其, だからね, である, で良, のよう

▼ 経験的空間~ (6, 0.1%)

1 という概念, と呼ばれ, にその, に関する認識, は感覚的, は物理的空間

▼ 経験からの~ (5, 0.1%)

1 勘という, 名でなかった, 所産の, 訂正を, 類推に

▼ 経験さえ~ (5, 0.1%)

1 あった, あるほど, 役に立たないもの, 持ち合わせて, 私には

▼ 経験させた~ (5, 0.1%)

1 いくらゐ, かは伸子, ことの, のは, スキャンダルは

▼ 経験せざる~ (5, 0.1%)

1 ことのみ, ことを, ところなりと, ものにおいて, 新しき生活

▼ 経験せる~ (5, 0.1%)

1 ことまたは, ところを以て, ものの, 事実なり, 種々の

▼ 経験とかいう~ (5, 0.1%)

1 ものの, 出発点は, 感性的な, 所謂犯罪関係の, 点には

▼ 経験などは~ (5, 0.1%)

1 いよいよ以, なく自分, もうまっぴらごめん, 其に, 決して恋

▼ 経験なる~ (5, 0.1%)

1 ものなれ, ものに, ものは, ものを, もの謂はば

▼ 経験によりて~ (5, 0.1%)

1 信じて, 原因と, 明朝六時に, 知るべから, 造化の

▼ 経験を以て~ (5, 0.1%)

1 したる, した所, わが不動, 一般を, 基督の

▼ 経験出来る~ (5, 0.1%)

2 にも拘らず 1 だけでも仕合せ, 丈の, 現実の

▼ 経験的概念~ (5, 0.1%)

1 がその, でもなく, にすぎない, を予想, を許した

▼ 経験的知識~ (5, 0.1%)

1 からの避け, の客観性, の本性, は成立, を集収

▼ 経験こそ~ (4, 0.1%)

1 あれ自身には, いわゆる, なけれ其, 加減の

▼ 経験させられた~ (4, 0.1%)

1 お通, と思っ, のだ, サーシャその他の

▼ 経験されなかった~ (4, 0.1%)

1 その緊張感, ほど婦人, 平均価格の, 経験が

▼ 経験しなく~ (4, 0.1%)

1 ちゃ, てはならなかった, てはならぬ, ともよい

▼ 経験しました~ (4, 0.1%)

2 第一期 1 がそういう, が今度の

▼ 経験しよう~ (4, 0.1%)

1 という積極的, とし, とする, と欲すれ

▼ 経験といふ~ (4, 0.1%)

2 不手際な 1 ことである, やうな

▼ 経験としては~ (4, 0.1%)

1 あの中門, 未曾有の, 滑稽の, 豊富すぎる

▼ 経験とで~ (4, 0.1%)

1 守って, 必ず成し遂げ, 研き上げられた人格, 駆って

▼ 経験とに~ (4, 0.1%)

1 充ちあふれて, 全く反する, 問わねば, 正確に

▼ 経験など~ (4, 0.1%)

1 その間に, それまでの, ほんのちつ, 大したもの

▼ 経験に対して~ (4, 0.1%)

1 恐ろしい未来, 臆病である, 自分として, 自分の

▼ 経験のみを~ (4, 0.1%)

1 もつて, 土台として, 書きつらねること, 頼らず系統

▼ 経験をば~ (4, 0.1%)

1 この一句, 一切虚也誤, 烟火の, 自然と

▼ 経験主義者~ (4, 0.1%)

1 ではない, の持つ, や瑣末, らしくまた

▼ 経験以外~ (4, 0.1%)

1 にある, にはどう, には何者, を排し

▼ 経験的意識~ (4, 0.1%)

1 から純粋自我, でないからと, とか呼ばれる, の事蹟

▼ 経験自身~ (4, 0.1%)

2 の奥 1 がすでに, が成立

▼ 経験~ (3, 0.0%)

1 今では, 父親の, 聞かし玉

▼ 経験させ~ (3, 0.0%)

1 ている, てくれる, てやらなけれ

▼ 経験しただろう~ (3, 0.0%)

21 又経験

▼ 経験しなかつた~ (3, 0.0%)

1 位健康に, 無邪気な, 若い心持

▼ 経験し得る~ (3, 0.0%)

1 かどう, 処の, 芸術家は

▼ 経験するだろう~ (3, 0.0%)

2 処の 1 憂愁の

▼ 経験すれ~ (3, 0.0%)

1 ばそれ, ばそれで, ば絶叫

▼ 経験せられた~ (3, 0.0%)

1 のであつ, ように, 現実を

▼ 経験だけは~ (3, 0.0%)

1 もって, 免れた, 解せずじまい

▼ 経験だけを~ (3, 0.0%)

1 ざっとお話し, その限界, 主として辿っ

▼ 経験とか~ (3, 0.0%)

1 事実とかいう, 言って, 認識とか

▼ 経験とによって~ (3, 0.0%)

1 これが, 一応は, 困窮の

▼ 経験においては~ (3, 0.0%)

1 いつもそうであった, 三人に, 過ちが

▼ 経験においても~ (3, 0.0%)

1 この宮古もの, そういうこと, 知らない道

▼ 経験における~ (3, 0.0%)

1 因果の, 因果関係を, 試みが

▼ 経験ばかり~ (3, 0.0%)

2 では 1 したの

▼ 経験~ (3, 0.0%)

1 です, 最もたのしい, 絶えず第

▼ 経験出来ない~ (3, 0.0%)

2 感じである 1 ような

▼ 経験及び~ (3, 0.0%)

1 こうした個々, 古事記或は, 練達を

▼ 経験~ (3, 0.0%)

1 から成る, に降服, を認めない

▼ 経験或いは~ (3, 0.0%)

2 日常的な 1 痛切な

▼ 経験的要素~ (3, 0.0%)

1 がこの, が含まれる, の複合

▼ 経験論者~ (3, 0.0%)

1 であった, にも先験主義者, の如く

▼ 経験~ (3, 0.0%)

2 科学は 1 成果痛苦な

▼ 経験~ (2, 0.0%)

1 つて個人ある, つて知り居れ

▼ 経験いたしました~ (2, 0.0%)

1 が, なかで

▼ 経験~ (2, 0.0%)

1 ありに, 有りの

▼ 経験からい~ (2, 0.0%)

2 つても

▼ 経験からだけ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 経験さえも~ (2, 0.0%)

1 まだ認識, 容易でない

▼ 経験させられる~ (2, 0.0%)

1 ことである, とき傲慢な

▼ 経験されない~ (2, 0.0%)

1 優和と, 透明な

▼ 経験したく~ (2, 0.0%)

1 て職業, もない

▼ 経験し尽した~ (2, 0.0%)

1 事柄が, 甲の

▼ 経験じゃ~ (2, 0.0%)

2 ない

▼ 経験すなわち~ (2, 0.0%)

1 主観の, 酒盛りの

▼ 経験すべからざる~ (2, 0.0%)

2 ことあるいは

▼ 経験すべき~ (2, 0.0%)

1 ものである, 苦痛寂寥失望を

▼ 経験すら~ (2, 0.0%)

1 なき新参者, 無いナポレオン

▼ 経験するなら~ (2, 0.0%)

1 ば, ばその

▼ 経験ずみぢ~ (2, 0.0%)

2 やで

▼ 経験せね~ (2, 0.0%)

1 ばならないだらう, ばならなかった

▼ 経験せん~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 経験その~ (2, 0.0%)

1 ほか特殊な, 中でも

▼ 経験だけが~ (2, 0.0%)

1 信じること, 私に

▼ 経験であろう~ (2, 0.0%)

1 とも真摯, と真実

▼ 経験できる~ (2, 0.0%)

1 いちばん多くの, が稲

▼ 経験とともに~ (2, 0.0%)

1 深き経験, 高まって

▼ 経験ない~ (2, 0.0%)

1 が, のか

▼ 経験なし~ (2, 0.0%)

1 と言っ, には念頭

▼ 経験などによって~ (2, 0.0%)

1 わたしたちの, アメリカの

▼ 経験なりを~ (2, 0.0%)

1 一旦ひろい, 豊富に

▼ 経験にだけ~ (2, 0.0%)

1 とじこもりその, 頼って

▼ 経験については~ (2, 0.0%)

1 ゴットフリートを, 既に小説

▼ 経験についても~ (2, 0.0%)

1 またこの, 少しも

▼ 経験にて~ (2, 0.0%)

1 人の, 細君の

▼ 経験にまで~ (2, 0.0%)

1 おきかえられた処, 包含の

▼ 経験によつ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て学び得る

▼ 経験に対しては~ (2, 0.0%)

2 多くの

▼ 経験のみに~ (2, 0.0%)

1 依る支那, 限られて

▼ 経験ばかりに~ (2, 0.0%)

2 たよるの

▼ 経験~ (2, 0.0%)

1 根柢を, 私の

▼ 経験よりは~ (2, 0.0%)

1 もっとむきだし, 合理的な

▼ 経験世界~ (2, 0.0%)

1 における確率, を肯定

▼ 経験以上~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 経験作家~ (2, 0.0%)

2 としての鍛錬

▼ 経験内容~ (2, 0.0%)

1 とは独立, に依らずし

▼ 経験出来ず~ (2, 0.0%)

2 単に集団的

▼ 経験判断~ (2, 0.0%)

1 に於, を下す

▼ 経験多き~ (2, 0.0%)

1 古洲, 鑑識を以て

▼ 経験当っ~ (2, 0.0%)

2 ても当らなく

▼ 経験批判論~ (2, 0.0%)

1 の如き, やイェルザレム

▼ 経験深い~ (2, 0.0%)

1 人々は, 神の

▼ 経験深き~ (2, 0.0%)

1 人に, 帝大

▼ 経験~ (2, 0.0%)

1 知識であった, 知識な

▼ 経験無き~ (2, 0.0%)

1 を以て児輩, 危急の

▼ 経験的性質~ (2, 0.0%)

1 でこの, にすぎない

▼ 経験的科学~ (2, 0.0%)

1 であるが, の卵子

▼ 経験的資料~ (2, 0.0%)

1 とある, とする

▼ 経験知識~ (2, 0.0%)

1 して, の実例

▼ 経験~ (2, 0.0%)

2 愚な

▼ 経験練達~ (2, 0.0%)

2 をつまなけれ

▼ 経験認識~ (2, 0.0%)

1 に対してその, の論理的基礎

▼ 経験論哲学~ (2, 0.0%)

1 の伝統, の最も

▼ 経験~ (2, 0.0%)

1 によれ, をきい

▼1* [292件]

経験あって知り居れ, 経験あり他の, 経験ありたれば一たび, 経験いたしませんがただ, 経験かもわからないの, 経験からといふので, 経験からのみ来るもの, 経験からはひどく飛び離れた, 経験がも少し生かさるべきである, 経験こそは頒たなけれ, 経験これを机, 経験ごとに向上, 経験へ私, 経験させまいということ, 経験されなかったらしいが一九三〇年ごろ, 経験され書かれていない, 経験しきたれる事実, 経験したいうべからざる悲哀の, 経験したおぼえのない, 経験したこったろうかそれとも, 経験したごときことを, 経験したではない, 経験したであろうゆえに確か, 経験したみせかけばかりの公然さ, 経験したらその不用, 経験したらしい様子であった, 経験したらしく日記を, 経験したろうか, 経験した如き食物の, 経験した如くあの一家族, 経験した忍ぶ恋路の, 経験しないですんでいる, 経験しないですますことは, 経験しなおされている, 経験しなかっただろうかわりこんな, 経験しなかったら私は, 経験しなくなってからも他所, 経験しはじめたのは, 経験しまいといふ心持, 経験しましょうよ, 経験しますと人生, 経験しませなんだ, 経験し出していた, 経験し合っている, 経験し得たる所あり, 経験し得べき個々の, 経験し愛するものに, 経験し来ったことが, 経験じゃあ魂なんて, 経験するあたわざりし現象であった, 経験するとじこめられた生活とに, 経験するよろこび苦しみの, 経験する張った注意と, 経験せざりし恐しき, 経験せし後初めて, 経験せしめない方が, 経験せずして緊密, 経験せず考へてもゐなかつた, 経験せない永い祖先以来, 経験せられてから病, 経験せられる現象である, 経験せられ始めたのである, 経験それに基く, 経験たるや実に, 経験だお目にかかってみよう, 経験だけでなく軍事的知識, 経験だけから帰納し, 経験だけからは発言する, 経験だけによって知って, 経験だつたのでさ, 経験だの何だ, 経験つたことも, 経験であってそれ以上, 経験であったろうかを知る, 経験でありましてこれ, 経験でありますからこの, 経験であり驚くよりも途方, 経験できないので竟, 経験でこそあれすばらしい, 経験でこつは弁え, 経験でさえこうな, 経験でしかあり得ない, 経験でしょうトニオ・クレエゲルさん, 経験でなくて特殊, 経験でなくなってまるで, 経験でなければならない, 経験というはない予行演習, 経験といったような, 経験といつては無, 経験とさえも融和しない, 経験としての過去を, 経験としてもやはり同様, 経験とちえで, 経験とても積ざれ, 経験とでも申しますか, 経験とにおいて優ってるという, 経験とのみ考えたところ, 経験とをしか各語, 経験とを通して如何に, 経験なくしても, 経験なければまだまだ, 経験なさるのです, 経験なぞ無かった, 経験などがますます葉子, 経験などでもこれには, 経験などといふものは, 経験などによりプロレタリアートの, 経験などのあろう筈, 経験などもあるので, 経験などをも考へて, 経験なら繰返しそうも, 経験なり感想なりを, 経験なりに辿ると, 経験なんかまるでない, 経験にしかなりえなかった, 経験にたいして最も意識的, 経験にとっての所与であり, 経験にのみ富んで, 経験によってのみ発見すべき, 経験によってはもはや制約, 経験によるに十中七八までは, 経験に対しても皮肉な, 経験に従って造られたもの, 経験に関する純潔偽らざる, 経験に際してはギリギリの, 経験のみで成り立つもの, 経験のみがこれを, 経験のみは私の, 経験はとにもかくにも, 経験はめつたにない, 経験ふかい白髪に, 経験ほど面白くない, 経験もへつまも, 経験やがいかほど反対, 経験やら若い者, 経験やをたどって, 経験らしい小説に, 経験われらよりははるか, 経験をはだで, 経験をめぐっての諸作, 経験を通じての予断によって, 経験ガナカッタナラバ彼女ダケニ備ワッテイルアノ長所ヲ長所ト知ラズニイルデモアロウガ, 経験シタモノヨト自ラ驚カザルヲ得ナイ, 経験ト認識ヲ超, 経験ニ従エバコウ冷エル時ハ大キナタオル, 経験過去ニ数回持ッテイル予ハソノクライナコトデハ医者ガ驚クホドニハ驚カナイ, 経験ヲシタコトガアルガソシテ大体真冬ノ寒中ニソウナルコトガ, 経験一切の思想, 経験一点張りの岡, 経験上一日の長, 経験上事実の符合適中, 経験上兵を動かす, 経験上女房というもの, 経験上己が一番能, 経験上斯う云, 経験上明言し得る, 経験上熟知されて, 経験上苦労に慣れた, 経験上誤りないと, 経験不充分な者, 経験並びにそのテンペラメント, 経験主義瑣末な日常写実主義, 経験主義風の, 経験乏しく且西洋に, 経験争議の経験, 経験事実をのみ, 経験以前の純粋記憶, 経験以来この看護婦, 経験伝統はかの, 経験の種類, 経験修錬渦まき起って, 経験共同の記憶, 経験効果はなく, 経験即ち修得物を, 経験厚い人の, 経験発心嫌悪の, 経験全然之, 経験をしめた, 経験哲学に反する, 経験問題であるという, 経験啓司が話す, 経験となる, 経験のもの, 経験学派の系統, 経験工場内の出来事, 経験年功からいっ, 経験後今日のブルジョア, 経験得るところ多し, 経験意識の支配, 経験感覚そのものはなんぞと問わ, 経験感覚以外のもの, 経験憧憬等を仮, 経験成立の条件, 経験る場合, 経験手腕では直ぐ, 経験批判はまちまち, 経験批判論者に対して他方, 経験持たない方だ, 経験指導の指導範囲, 経験教育は今日今時, 経験教育等の結果, 経験教養等によって発展, 経験日常の地みち, 経験の記憶, 経験有無の問題, 経験有産階級にたいする猜疑的, 経験未だ多からず, 経験構成の論理, 経験権勢の争奪, 経験次第で巧妙, 経験法則とは元来合流, 経験注意数回相重なり数世相, 経験深く老練に, 経験りに, 経験無しで以上, 経験無知の主人, 経験熟練により反射的, 経験を取り扱う, 経験現象的な経験, 経験理論を一貫, 経験発明せしもの, 経験的アプリオリテートともいふべき, 経験的一般命題は更に, 経験的与件に累, 経験的人生と生物学, 経験的人間に対する本体的人間, 経験的作品の如く, 経験的傾向を究極, 経験的動揺のある, 経験的合理的と実証的, 経験的命題のもと, 経験的基礎を無視, 経験的外的直感のより端的, 経験的妥当性を有, 経験的存在の客観, 経験的実在は個別的, 経験的実在論であると, 経験的所与を絶対化, 経験的所産に他, 経験的方則の存在, 経験的方法ではなく, 経験的普遍性ではなく, 経験的智識があり, 経験的材料と結合, 経験的物体論としての, 経験的現実の彼岸, 経験的現象を説明, 経験的理性の批判, 経験的生物学者であっても, 経験的発達を有っ, 経験的直観感覚を含まない, 経験的科学的であったこと, 経験的自我でなく超, 経験的自然科学はイタリア, 経験的自然科学後者の原理, 経験的要約に止まっ, 経験相応に平凡, 経験真直自分の額, 経験知り過ぎる程知つた場合に, 経験科学的な研究, 経験一の, 経験より出でたる, 経験範囲その伝統, 経験組織だったの, 経験経験と経験, 経験習慣教育の万能, 経験者自身を措い, 経験聯想及びそれ等, 経験自身夫が経験, 経験致して居ります, 経験致しましたことを, 経験苦痛と疑問, 経験見聞は, 経験観察が直接, 経験記以外のもの, 経験記録にすぎない, 経験がもちよられた, 経験は元来, 経験論的エッセイを一つ一つ先天主義, 経験論的本質は疑う, 経験論的検討の前, 経験論目的論と機械論等, 経験論者ロックに依る, 経験論自身に対立, 経験論風の常識, 経験豊かな尊敬, 経験資料乃至認識材料, 経験足らぬ眼の, 経験連想の力, 経験酸っぱい経験を, 経験野戦での経験, 経験を以て集る