青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「行った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

行く~ ~行け 行け~ ~行ける 行ける~ ~行こう 行こう~ ~行っ 行っ~ ~行った
行った~
~行つて ~行われ 行われ~ ~行われた 行われた~ 行事~ ~行列 行列~ ~行動 行動~

「行った~」 14066, 152ppm, 698位

▼ 行った~ (2572, 18.3%)

254 である 164 です 13696 であった 77 だろう 7271 では 59 だが 53 ですが 52 だった 39 であるが 37 であろう 34 でしょう 25 だと, でした 21 だろうと 20 はその 19 だから, だそう 18 さ, は 17 はもう 15 であろうか, ですか 14 かも知れない 13 でしょうか 12 だったが, であったが, でございます, はそれ 11 かい, かしら, だよ, を見た 10 か姿, ですから, もこの 9 かね, じゃ, であります, ですよ 8 だろうか, でしたが, もその 7 かと思っ, じゃない, だか, であるから 6 かそれ, でございましょう, は事実, を見 5 かな, かもしれない, だね, であろうと, はあの, はそれから, はちょうど, は何, は誰, を見る

4 [17件] かその, か知らん, がこの, だという, であって, でありました, でしょうね, ですけれども, ですって, でも, はお, はこの, はどういう, はまだ, もまた, を知る, を覚え

3 [21件] かかげ, かとも思った, かと思う, かぼんやり, かもう, かもしれません, かも知れません, か判りません, か影, が運, だけれど, だとも, だろうという, でありますが, であること, はいう, はいつごろ, はたしか, は当然, もあの, を知っ

2 [61件] かそれとも, かもしれなかった, か君, か彼, か見当, か部屋, が, が彼, が最後, じゃあねえかえ, じゃあるまい, だい, だし, だな, だろうが, だろうね, でありましたが, であるからと, であると, であろ, であろうかと, であろうという, ですね, で御座います, ともう, と同じ, に対して, はあっし, はあれ, はいつ, はお前, はこれ, はだれ, はなぜ, はまことに, は例, は夜, は恐らく, は昼, は月, は朝, は珍, は確か, は私, は葵, は金, もあった, もあれ, もそれから, も何, も彼, も本当, も無理, も私, らしかった, を, をお, を一番, を知った, を私, を見すまし

1 [652件 抜粋] かあっし, かあらかた, かいお前さん, かいね, かいま, かいやいや, かえ, かおらなかったん, かお茶屋, かかの, かこれ, かこれ以後, かし, かしらと怒っ, かしらと思っ, かしら二人, かす, かすっかり, かだれ, かちょっと, かついに, かでは, かとえらい, かとお, かとは云った, かとも思われます, かとややしばらく, かと今に, かと彼, かと彼女, かと思い, かと思います, かと気づいた, かと源氏, かと知る, かと聞きました, かと裏庭, かと長三郎, かどうか, かなあ, かなおさら, かなと考えた, かは其文, かは分らない, かは大原, かまた, かまだ, かもとより, かも知らねえ, かも知りませんでした, かも知れぬ, かよく, から考える, かわき道, かをあやしん, かハッキリ, か一座, か両国橋, か今朝, か使い, か倉地, か兎, か分かんねえ, か分らない, か判らない, か声, か定めしもう, か店, か彼女, か忘れ, か怒らせ, か手, か桃山刺繍, か死んだ, か深い, か猶, か甲府, か病気, か知っ, か知ら, か知れません, か聞かなかった, か苛, か薬品, か見えなくなっ, か見えなくなった, か訳, か誰, か足, か足音, か近所, がある, がいつか, がうらめしい, がお話, がこれ, がその, がそれ, がちょうど, がつまり, がどう, がどうも, がもう, がやっと, がわかる, がわるかっ, が一, が一時, が一生, が不当, が主, が事実, が二時半頃, が五男又右衛門宗矩, が今ここ, が出羽, が初, が十時, が喜多村節信, が四, が四時近く, が大変, が少し, が悪い, が文明十年, が松岡, が機会, が浅草馬道, が田村俊子, が田沼玄蕃頭, が病みつき, が白日, が真砂町, が知れ, が縁, が芽, が見事, が金, が間違い, が魔, さえも気, さ信州, さ誰, じゃあねえ, じゃあ判らない, じゃね, じゃよ, じゃろが, じゃ朱実, だえ, だからな, だけど尋ねる, だけれども, だその, だそれ, だぞ, だったけれど, だって少なくとも, だとか, だとさ, だとねえ, だとの, だとばかし, だに, だねえ, だらう, だろうそれ, だろうのに, だろうよ, だろう一体, だろう川, だろう引き出して, であったのに, でありますけれども, であり到底, であり病半兵衛, であるか, であるという, である二時間, である弘化二年, であれば, であろうけれど, であろうけれども, であろうもしや, であろう俺, であろう鈴, でございましたが, でございましょうね, でございましょう仰せ, でございますから, でございますよ, でございまする, でござるが, でしたがね, でしょうと, ですあの, ですからね, ですけど, ですってね, でないこと, ではと, で御座いましたが, で御座いますよ, とで黒部, とはちがい, とはわけ, とは大, とは違います, とほとんど, と入違い, と前後, と去年, と婢, と聞いた, と袖, どこおかしい, ならまあ, ならもう, なら一時間, なら新子, なら難, について長々, につかまっ, には他, には岐阜, には悦子, には芝居, にもかかわらず, にも気がつかない, に行かず, に較べれ, に違い, はあっち, はあなた, はある, はい, はお玉一人, はかまきり, はかれこれ, はさきほど, はじつに, はすっかり, はそこで, はその後, はたしかに, はただ, はだいぶ, はという, はどいつだ, はなにか, はなん, はなんとなく, はねシドニー, はひどい, はほんのその, はまさか, はまさに, はむしろ, はむろん, はもちろん, はもはや, はやはり, はゆうべ寝ずの番, はよかっ, はわたくし, はキャヴェンディッシ, はギリシャ人, はクサレ目, はクリスマス, はフクさん, はブロンナヤ, はベルリン, は一つ, は一八六一年, は一時半, は三つ目, は三十七, は三千子, は三田君, は上野, は世にも, は世界大戦, は九時, は九時前, は九月, は二十五, は二十八日, は二番目, は五月三十一日, は五月十二日, は亡くなられた, は亥刻半, は今, は伸子たち, は何ん, は何日, は何日頃, は何者, は僕, は優しい, は先月, は全く, は八月八日, は公使館, は六時半ごろ, は初夜, は前, は十一時, は十七人, は十三四, は十二月, は午前二時, は午前十時頃, は午後, は反対, は呉, は咋年, は四ツ, は堺筋, は変, は夕景, は夜半, は大分, は大学, は大月玄蕃, は姉さん, は娘, は学生達, は実は, は客, は室谷佐兵衛, は容易, は寿, は小野, は岡, は岡本軍曹, は岩形氏自身, は川, は幕府役人一同, は当時流行, は彼, は彼自身, は後に, は徳川万太郎, は怖, は情緒, は成功, は戦争, は戻る, は数年前, は文久三年亥年, は文聘, は斯ん, は新築後, は日記, は旦那, は旧, は明治三十年, は春, は昨夜, は昨日, は昼頃, は暖かく, は更に, は本当, は柴田, は栄介, は次, は止む, は正午, は死骸, は毎度ここ, は水野弁護士, は池田, は河南, は浅草, は涙香, は満, は源助町, は火山弾, は父, は狼狽, は猟師, は珍しく, は生徒, は田村旅館, は病気, は直, は相生町, は相良金吾, は着, は知っ, は神谷町, は秋, は笊組, は結局, は縄, は背中, は背広, は臣子, は芳夫, は西田幾多郎先生, は見, は談州楼燕枝, は貞夫, は足跡, は遠い, は関久米, は阿弥陀崇拝, は雪達磨, は霊達, は風, は駒吉, まで覚え, も, もあり, もありました, もお, もおおかた, もこの大きな, もその道, もつい, もなんと, ももう, もやはり, もヨウさん, も二階, も仮病, も信仰, も勇吉, も同じ, も君, も孝允, も宿屋, も寒い, も少し, も彼女, も怪しい, も悪人, も或は, も所詮こう, も根岸, も沢庵, も知っ, も知らず, も考え, も自分, も自由, も英国, も見たであろう, も野沢, も面白い, や, やら, やらいつの間にか, やら分らなくなった, やら皆目, やら直ぐ, やろかと, をそう, をその, をちょうど, をどう, をぼく, をぼんやり, をチャン, を今, を僕ら, を写真, を参列, を女房, を子供達, を小君, を御存知, を思い出し, を思い出す, を感じました, を憶え, を承知, を探偵, を機会, を直覚, を確かめ, を突きとめ, を聞き知った, を自白, を見届ける, を見計らっ, を見逃す, を誰, を貴公, を送っ, を馬関海峡, んも, ウ, サまア, 妙でしょう, 御話しいたしましたろう, 知って, 驚ろいた

▼ 行った~ (1289, 9.2%)

12 そのうち 11 そこには, その時 9 しばらくする 8 それは 7 やがて引っ返し 6 これは, やがて又, 帰って 5 これも, すぐに, すぐ戻っ, それが, どうした, 今度は, 急に, 暫くし, 私は, 間もなく戻っ 4 その中, それも, 暫くする, 途中で 3 この時, しばらくし, その帰り, やがて帰っ, 彼の, 彼は, 目が, 誰も, 間もなく帰っ

2 [62件] あれは, いい, いずれも, いつまでも, いつも朝, おせき, かの穴, すぐ帰っ, そうし, そこで, そこも, そのため, そのとき, その夜, その後で, その時分, その晩, その足音, その途, その途中, その際, それから, それと, それにも, それを, どこへ, なかなか帰っ, ふだんでも, ふと自分, やがて, やがてまた, よかろう, 一つの, 一人で, 下りて, 二三分で, 何の, 何処も, 先方で, 右から, 外へ, 夜が, 少し先, 戻って, 日暮れごろ茶屋へ, 普通の, 木下が, 此可憐の, 満員で, 源兵衛が, 生憎その, 留守, 眼の, 秀子は, 見ると, 見れば, 貧乏書生の, 賊は, 道の, 銀子は, 間もなく姿, 間もなく引返し

1 [996件 抜粋] あいにく篠田家, あさましい姿, あそこでは, あとで, あの婆様, あの纏足, あの連中, あばれて, あらかじめ覚悟, ある時, いいあんばい, いいぞ, いかに言っ, いくら叩い, いつか富岡も, いつまで, いまでも, うむという, おそらく鴎外漁史, おれが, お仕舞, お光, お婆さんは, お民, お辰, かき消す様, かす谷, けい古で, こうして捜査, ここに, こちらが, このおれたち, このみじめ, この兄, この小さな甥, この春, この翌年, これからが, これと共に, こんな騒ぎ, さい前, さすがは, さてその, さて人, しかしその, しかし折れた, しかし武, しばらく待たされ, じきに, すぐまた, すぐ一抱え, すぐ入れ, すぐ地震, すぐ引っ返し, すぐ白い, すぐ眼, すでに事件, そういう物, そうすると今度, そうで, そこから, そこでたいへん, そこでわたくし, そこで凡て, そこで彼, そこで署長, そこで踏みとまっ, そこまでは, そのあと, そのうち向う, そのかさ, そのせつな, そのときだいこん, そのまましばらく階下, そのまま手, その一ト朝, その一弾, その三人目, その人, その光景, その前夜, その包装紙, その右手, その強情, その後ひとか, その後引きつづき, その文筆, その日, その時何, その時船, その朝, その火把, その男, その真相, その端, その結果, その行く, その足取り, その間にも, その頃, その駕籠, それからも, それから小半, それぎりで一人も, それっきりいつまで, それっきり当人も, それで, それでも一年, それでも次, それでも私, それとて, それへ, それらしい, それ以上近づく, それ等は, そんな行状, たずねる匂い, たったひと足, ために, だんだんその, ちょうどこの, ちょうどその, ちょこちょこと, つい笑っ, つきあたり, つまらなかった, とかく銭, とても汚, どうしたろう, どうする, どうもダレ, どうも斎藤氏邸, どこまで, どんと船腹, どんなに大事, ない, なかなか来ず, ながい事, なし, なんだか畳, なんとなくなつかしい, のら息子は, はたして夜, はや森, ひと足ごとに, ひどく泣い, ふとひきつる, ふと右側, ふと立ち停る, ほどなく婢, まことに恐ろしい, まさ子は, またすぐ, またオルガンチノ, また他, また出, また戻された, また笑い, まだゆうべ, まだ使, まだ御, まだ踏まれぬ, まもなくうちしおれた肥った, まもなくもどっ, まもなくヤス子, まもなく戻っ, まもなく風呂敷包, みんなが, むやみに, もうすっかり方向, もうドアー, もう一年, もう彼女, もう遅い, もしや妙子さん, もとよりカバン, やがてあわただしく, やがてお茶, やがてそのまま柿丘, やがてどことなく間, やがてドッ, やがて一匹, やがて一枚, やがて人間, やがて四, やがて或, やがて曲馬団, やがて病気, やがて目的, やがて美少年, やがて膝, やがて追い詰られた, やがて間もなく眼, やすくて, やっぱり小屋, やはり何, やはり昔, やはり確か, やはり誰, やや暫くあっ, ゆう七ツ半, よいか, よくある, よっぽど性質, わざわざ停車場, アトで, エレヴェーターに, カントーラ, コナン, スタールツェフは, ツイ其処らで, トランクもろとも, ニキタは, ハネ釣瓶が, パリにおける, ブブノワ女史の, ママが, リーブは, 一二町走った, 一匹は, 一方に, 一時間ほど, 一番近い, 一郎が, 丁度夏目さん, 万事なかなか, 三人とも, 三四日し, 三時間ほど, 不図, 不思議にも, 中, 中は, 主人たちの, 九段に, 二五八十の, 二時間ばかり, 二股道に, 二階へ, 五分の, 五日目に, 今から, 今の, 今年は, 今思う, 今朝もう, 以前の, 任期が, 会わなかったかねえ, 低く提灯, 何か, 何せ古い, 何も, 何分にも, 何度逢っ, 何時でも, 何気なく隣境, 余り中の, 例の, 信一の, 傷を, 元より, 先に, 先生に, 先生は, 全体の, 六軒目の, 其の結果, 其所に, 内には, 再び異様, 冬に, 冷水の, 別に異状, 別条は, 前に, 前面の, 力が, 勘三が, 勘定し, 勝重のみは, 北山の, 十時ごろから, 厳重な, 又すぐ, 又天候, 友の, 叔父は, 司令官は, 同輩の, 君も, 呀ッという, 咄嗟に, 商人は, 喜平次も, 噴気口の, 四条の, 図書館へ, 坂上の, 城の, 境内の, 売り切れで, 多代子は, 夜の, 大会堂の, 大垣に, 天地の, 夫人の, 女は, 好い, 妻及び, 始まりさ, 娘の, 子供の, 子供達は, 宜しゅうございましょう, 客から, 室には, 家の, 容器すなわち, 寝室に, 小六, 小野寺父子も, 少し小金, 少女が, 居ず, 屋久島は, 崩れたところ, 左内の, 巻き戻すひま, 希望の, 平四郎は, 幸いにも, 幸に, 底の, 店が, 庸三は, 引き違いに, 弧を, 張飛の, 当分東京に, 当時一方, 彼ほどの, 彼女には, 彼方では, 待合の, 後から, 後ろ手に, 御注文, 心細くて, 思えば, 恐る恐る襖, 息を, 悪魔は, 慣れぬことば, 或いは尾, 或者, 手に, 手ぬぐいを, 手配中の, 指の, 探偵の, 握手を, 敵の, 既に二面, 日本人タチバナ氏の, 明くる日の, 昨夜極, 時間が, 暗くて, 曳出しに, 最初に, 最後一時間半も, 最後六本の, 最後疫病神が, 月の, 朝の, 未だ三吉, 本当に電話, 村の, 来て, 松平出雲守の, 果してむなしく, 果たせるかな, 根もとに, 案外重かっ, 楽屋口に, 機動演習で, 次郎には, 正成は, 此の, 武蔵は, 母は, 気に, 水車の, 決して釈然, 沓脱へ, 油じみた, 海外貿易で, 深夜の, 漸っと, 炉の, 無い, 無念で, 煙草の, 燈火の, 牛と, 犯人の, 生きて, 男は, 町奉行の, 疱瘡に, 病状には, 登って, 益, 目立つので, 直ぐ上っ, 直ぐ帰っ, 相変らず, 相手の, 県吏に, 真佐子からの, 眼が, 矢張りまだ, 礼子だけは, 私たちの, 程なくその, 突きかえされ翌日, 突然深い, 窓から, 笹村はさほど, 筒形の, 精神は, 終りの, 続いた源十郎, 編輯顧問を, 職人の, 膝を, 臆病な, 自分等の, 良人を, 花世は, 草庵は, 華やかに, 血液検査は, 行きつけの, 行けども, 行手は, 西郷隆盛以下薩軍の, 見て, 見当らず遂に, 観客は, 読者からの, 誰ひとり, 請地では, 豹一が, 赤い上衣, 起きて, 足は, 車には, 車坂下で, 返事が, 述べ進むにつれて, 途中ある, 途中の, 途中家来の, 途中猛進し, 逢って, 遅れて, 運よく, 邪魔な, 部屋へ, 野田一渓種信は, 金の, 鈴木静一が, 鍵が, 長戸検事は, 開いたの, 開けて, 間もなくまたやって来, 間もなくブラリ, 間もなく傍, 間もなく四方, 間もなく敵, 間もなく潘鳳, 間もなく緋縮緬, 間もなく鼠色, 降りずに, 随分狭く, 雪の, 電話口の, 青羅紗の, 面白くねえ, 風が, 飲み疲れて, 餅搗で, 館には, 駅に, 高い石段, 黎明前の

▼ 行ったこと~ (755, 5.4%)

130 がある 47 があった 26 がない 21 のない 20 はない, もあった 19 もある 18 があります 16 のある 10 もない 9 がなかっ, である, を覚え 6 がありました, になる, はありません, はなかっ, は言う 5 が有る, だろう, になっ 4 がありません, がなく, であった, は一度, は事実 3 でしょう, はいう, もありました, もなけれ

2 [41件] ある, か, があったでしょう, があり, があるらしく, がございます, が判った, さえある, だ, だった, だと, でした, です, でも, と思う, はある, はさすが, はその, は前, は彼, は無かっ, は知っ, は誰, もあります, もただ, もなかっ, も知っ, も確か, を一人, を報じ, を彼, を微か, を思い出した, を思う, を想っ, を想像, を感じた, を知っ, を言っ, を話した, を述べ

1 [242件] ありませんわ, あるん, あるんかい, あんの, からな, から今, から反っ, から思い付いた, か今, が, があっ, がありあり, がありましたでしょう, がありやす, があるだろう, があるらしい, がこれ, がごぜ, がしばしば, がそれほど, がねえ, がわかった, が二度, が伝右衛門, が分かった, が判っ, が岡, が悲しく, が推定, が有りました, が気, が無い, が知れ, が窺われる, が腹立たしく, が違え, が頭, こうして多四郎, さえあった, すら恥かしく, すら軽挙, その声, ぞ, だから, だけは分っ, だけは桔梗様, だけは省い, だったろう, だな, だの四芸術祭, だろうと, であります, であるが, であろう, であろうかなしい, であろうと, でご, ですから, ですが, で不愉快そう, で女王, で顔馴染, とそれから, とは考えられぬ, と今度, と思い, と思い合せる, と思っ, と考え合わせ, と見える, ないでしょう, ないの, なくて, なぞひと, などがありました, などが伸子, などが憎, などが朧げ, などは栄三郎, などもつぶさに, などをお, などをよく, などを話した, など何と, など容易, など思い出した, なので, なんかない, なんかは, にし, にはついに, にもよく, にも気, にも気がつい, にも義貞, によってもはや, によって発達, に原因, に対しその, に思っ, ね, のあるらしい, のため, の利益, の無い, は, はありえない, はありませんかった, はあれ, はことに, はございません, はたしか, はなく, はなし, はねえ, ははじめて, は一層, は不滅, は不覚, は亭主, は今更, は先, は兵馬, は内面, は前述, は十度, は叔父, は史上定説, は問題, は地球人, は大いに, は天皇制, は夫, は如何, は弥生, は想像, は意味, は憤怒, は既に, は旦那さま, は栄三郎, は歴史上, は淀文, は深く, は現実, は申す, は真実, は確実, は私, は私たち, は素子, は結末, は考え, は自他, は興味, は行った, は証, は間違い, また村, までは記憶, もあっ, もあり, もありません, もういつの間にやら, もわかる, も七八回, も事実, も兄, も又, も当時, も怪しい, も悪かっ, も明らか, も気, も知らなかった, も結局何, も綱手, も説明, やその, やまた, やみつ, やらわからない, やわたし, や一緒, や久しぶり, や彼女, や水, や狂気, よくあります, をいまだに, をお, をかぎつけた, をきのう, をつい, をも聞いた, をデカダンス, を一, を二つ返事, を以て山, を何一つ, を兄, を包まず, を報告, を嫂, を寧ろ, を少し, を彼女, を徳川夢声氏, を忘れ, を忘れさせ, を思い出し, を思い出す, を思い起した, を思っ, を思ひだした, を思出, を想い出し, を想い出した, を感づいた, を春, を書い, を歴然と, を真直ぐ, を知らず, を知らせ, を知らせる, を知らない, を知らなかった, を確む, を示した, を紙, を聞い, を薫, を藤吉, を見いだし得るであろう, を記し, を記憶, を語った, を責め, を黙っ, 云うまでも, 或る

▼ 行った~ (588, 4.2%)

9971 です 53 だろう 26 だよ 23 ですよ 20 じゃない, でしょう 19 だが 18 ですが 15 ですか 11 だね 10 だから 8 だと, ですから 6 じゃありません, だか, だそう, だって, だろうと 5 だけど, だけれど, だな

3 [12件] じゃねえ, だねえ, だもの, だろうか, だわ, でした, でしょうか, ですからね, ですけれど, ですね, ですの, では

2 [14件] じゃ, じゃないでしょう, だからね, だがね, だけれ, だけれども, だってね, だとさ, だろ, だろうな, でしょうね, ですがね, ですって, ですな

1 [78件] かね, かもしれない, じゃあない, じゃあるまい, じゃお客様, じゃが, じゃとっても, じゃなかった, じゃなかろう, じゃァない, じゃバツ, じゃ何, じゃ先方, じゃ困る, だあ, だああ, だお前, だからな, だがねえ, だぜ, だって佃, だという, だとよ, だなと, だらう, だろいつも, だろうあの, だろうって, だろうね, だろう下駄, だろう見えなくなって, だわし, だドコ, だマリ, だ九死一生, だ俺, だ共和党, だ助けて, だ友造, だ宵, だ逃げたって, でございましょう, でございましょうどうも, でございましょうわたし, でございます, でしょ, でしょうが, でしょうって, でしょうネ, でしょう白犬, でしょう親分さん, ですあの, ですかい, ですかしら, ですかね, ですけど, ですけどね, ですけれども, ですぜ, ですと, ですとさ, ですのよ, ですもの, ですわ, ですヨ, です兄さん大層, です湯島学校, です然, でっしゃろ, ではもの, でやす, でやすから, どっせ, ならぜひ, なら見て, やあらへん, やけど, や何

▼ 行った~ (504, 3.6%)

24 のこと 8 の事, はもう 7 と同じ 6 だった, である, の話 5 にはもう 4 だ, であった, に, にあの, のよう, の様子 3 にこの, にその, にわたし

2 [14件] から見る, ちょうどその, にはその, には汽車, に会った, に私, に自分, の写真, の印象, の姿, の旅, はお, はちょうど, はまだ

1 [373件] あの大きな都会中, あの方, ある人, ある友達, ある古道具屋, あ俺, いつの間にか起き出し, お増, お関, からこの, からであった, から出, から厭, がそもそも, が僅か, このグラス, この給仕, この話, この鏡窓ガラス, しかし伯父, しか経験, すばやい二十面相, せめてあの, そう云った, そのままで, その帳簿, その杖, その線路, その船, その門前, そんなに高飛車, たるや, だけである, だけは何故か, だったよ, だ真ん丸, だ調子, ちょうどこの, ちょっと立ち停った, であったが, であったそこ, であって, でさえ家来, でした, でほとんど, でもまだ, でも冷然, との間, とはまるで, と二度, と全く, と同様, と少し, と見え, なぞは尻, などもよく, など一人, など一週間, など私, なるべく足, なん, なんか弁当, にあなた, にお, におれ, にお前さん, にかい, にかの, にかの地, にかれ, にこれ, にした, にそっと, にだしぬけ, にちょっと, にです, にねあの, にはあの, にはお, にはぎっしり, にはこの, にはしかし, にはすでに, にはつまり, にはどこ, にはまさか, にはまだ, にはもうだいぶ, にはもうちゃんと, にはウイスキー, にはチャン, には一抱え, には不安, には何だか, には先生, には原稿紙, には周囲, には唇, には太陽, には女, には実, には実際, には小さな, には平田氏, には広い, には怪しい, には手ッ, には文字通り, には最低零下四四度, には有名, には此座, には毛虫, には生, には白, には看護婦, には睡眠不足, には稍, には綿, には縁台, には苦し, には葉子, には見物, には道, には道人, には都合四人, には鍵, には風前, には馬, には鳥, にほぼ, にもう, にもかえって, にもそんな, にもなにか, にもやはり, にもよく, にも似た, にも何だか, にも勝重さん, にも女房, にも宮崎, にも山門, にも貝十郎, にゃあ, にゃ比田, にやっと, によくまあ, によん, にスメール, にヤット, に一人間, に丁度, に三魚沼, に中根氏, に今日, に伺う, に偶然, に偶然発見, に即興, に友人, に受付, に合わせ, に向き直っ, に向こう, に奉天, に女, に女児, に女房たち, に始めて, に娘, に宗, に居間, に山下, に彼, に意外, に感慨, に手, に拭き込ん, に摧邪輪, に旅館, に日獨文化協会, に書かれた, に有名, に東雲, に気がつけ, に源氏, に現場, に看, に私たち, に笑い, に箱根, に置い, に聞きつけた, に船長, に言った, に谷, に貴女, に買っ, に較べ, に返し, に途中, に遇う, に道, に重明さん, に金蔵, に長助, に門, に院, に隣, に露助, に青年, に顔, に馬籠, ねお前様, ね話さなかった, のお, のたのし, のほんのちょっとした, のまま, のまま整然, のもの, のセエラ, の三人, の上官, の不安, の人, の佗, の儲け話, の写生, の別れ以上, の句, の報告, の如き, の小舎, の張りきった, の彼, の彼女, の心, の恐怖, の悲し, の景色, の母親, の汽車, の熱, の筆者, の紀行文, の約束, の素早かっ, の美佐子, の聞書, の自分, の記行, の跡, の返事, の過飽和, の銀ちゃん, は, はいや, はお腹, はこんな, はさすが, はじめて見た, はそういう, はそれでも, はどうか, はやはり, はややしばらく, は一回, は一応, は下男, は不在, は主婦, は二時, は二階, は人, は今, は以然中村先生, は何, は何一ツ見物, は余計, は例年, は先生, は全く, は冬, は切支丹迫害当時, は十一月中頃, は又, は夜, は大尉, は失心状態, は山田, は山鹿, は岸本, は彼, は悲しかっ, は既に, は春, は暑くっ, は村芝居, は橋本, は次第に, は死ん, は激しい, は無駄, は睡, は確か左手, は神, は私たち, は紅葉, は茶, は角屋十兵衛, は誰, は錠前直し, は電話口, は風邪気味, は馬丁, は馬籠, ふとした機, まずほととぎす, ませ棒, また共に, また岸山先生, まだ莟, もある, もそう, もその, も一波瀾, も先生, も同じ, も手伝っ, も春次, も楽しみ, も着る, も確か, も美人連, も藤十郎, も雪, や何, ゆくりなくも, ようよう店, よく気, よりも帰っ, よろこばしい優しい歌, よんだもの, ネ阿, 一寸行っ, 一寸頭, 一度聞いた, 云い出した, 全くどこ, 内府殿, 助けて, 却って彼, 同じ二階, 同じ旅館, 少しも, 既にこの, 時々妖怪, 最も不思議, 果して一匹, 特に探した, 聞いた話, 落したん, 見たが, 見知らぬ土人, 見馴れぬ絵, 計らず赤前垂, 買ったまま, 買って, 遠い山中, 長々寄泊, 険しい氷, 驚くべきこと

▼ 行ったもの~ (499, 3.5%)

35 である 3228 です 15 であろう 14 だった, らしい 13 だが 8 であった 7 に違い 6 であるが, のよう 5 か, がある, だろう, だろうと, と見える

4 [11件] かな, か影, があった, だから, だそう, であろうか, ですから, と思っ, と見え, なの, に相違

3 [11件] かその, かそれ, かと考え, かどう, か姿, さ, だと, でございます, でした, はない, もあった

2 [15件] かそんな, かとしきりに, だったが, だろうか, だろうかと, であったが, であろうと, でしょう, でしょうか, ですね, でも, としか思われなかった, のうち, らしいん, を

1 [189件] かあるいは, かいい, かかいくれ, かかえって, かきっぱり, かこれ, かしばらく, かしら, かって言う, かとあぐね, かと思っ, かと思われる, かどこ, かなかなか, かね, から土産, から聞いた, か一人, か予て, か但し, か夜光, か夫, か家, か或いは, か栄三郎, か止した, か甲賀谷, か男, か皆目, か知らん, か行方, か行衛, か見えなかった, か見えなくなった, か見失っ, か見当らず, か見当らない, か誰, か銅鑼部屋, か露路, がいつも, がそのまま, がそれ, がない, が何もかも, が少く, が揺り起し, が検束, が水, が禁止, が誰, が順路, さえもなかっ, じゃその, だからな, だけに月並, だけは取り返さなくっ, だったな, だねえ, だよ, だろうから, だろうね, だろう見ぬふり, だわ, だ木戸番, であったら仮令, であったろう, でありただ, であります, でありますが, であり東洋文化, であること, である事, である少し, であろうが, であろう左手, でございましょう十方, でございますよ, でしょうかね, でしょう看護婦, ですが, ですぜ, ですな, ですよ, ですわ, でつまり, でとうとう, でなければ, では, でよく, で一葉, で母, で無論, で翅, で聖人, という, といえよう, としか受取れなかった, としか思われ, とする, とてこれ, となる, とのみ思っ, とばかり思っ, とみえます, とみえる, とも思われませぬ, と云わね, と存じます, と察せられる, と思いこませ, と思い込ん, と思え, と思わなけれ, と思われます, と考えよう, と考える, と行きたい, と見えます, と覚しい, と解した, と解釈, などは一人, などを不, なん, にご, にし, にしろ, にちがい, にはいつも, には違い, に両, に比べる, に毛毫相違, に過ぎまい, に過ぎませぬ, の中, はありません, はごろごろ, はしかるべき, はなかっ, はまた, はみな検束, はレーニン, は一ヵ月, は今年, は何, は先住土着人, は堕落, は大方, は実は, は帰っ, は消えよう, は田山白雲, は米国, は良人, は遂に, は金, ばかりで, まで調べられた, もある, もあれ, もこわい, もまた, も大分, も遂に, やら, やらかいもく, やらこれ, やらと考えた, やら余, らしいな, らしくあたり, らしくて, らしくともかく, をいきなり, をいくら, をお, を一つかみ, を二度, を出す, を取り出し, を取出し, を探し, を支える, を焼い, を読みました, を調べた, を負け

▼ 行った~ (408, 2.9%)

33 思うと 26 いう 12 すれば 8 思って 7 すると, みえて, 云うの 6 云う事 5 云う, 見えて, 言って 4 いって, 思えば 3 いうから, いうので, お思い, する, 云うが, 云うん, 云って, 思う間もなく, 聞いて

2 [22件] ある, いうからには, いうじゃ, いうじゃねえか, いうでは, いうに, いえば, いわれて, したら, なると, みえる, 云いますから, 同じ道, 報告した, 思います, 思い給え, 思うの, 思う頃, 言いました, 言うの, 言うもの, 語った

1 [208件] あっしを, あとで, あるから, あるが, いいます, いいますから, いい加減の, いい後, いうが, いうだけ, いうと, いうにも, いうほど, いうまでの, いうより, いうよりは, いうよりも, いうわい, いやァ, いわせようと, いわれても, いわれると, おっしゃいますので, おっしゃって, おっしゃるでは, おっしゃるの, おもうと, きいたとき, きいたばかり, きいて, したならなぜ, したならば, したら上野介, したら全, したら当然, したら我々白人, したら私, して, しますね, し給え, するならすぐ, そう言っ, たずねました, つたえられて, てこの, です, なれば, はてな, また戻っ, みえここ, みえ何, よりとり, ハハハ敏捷い, 主張し, 云いました, 云うから, 云うこと, 云うじゃ, 云うそれ, 云うたじゃ, 云うたより, 云うので, 云うよう, 云う以上, 云う偉大, 云う話, 云う音信, 云う風, 云えないだろうか, 云った, 云ったの, 云った方, 仰しゃるのですか, 仰有るんで, 伝えて, 伝えられて, 作藏と, 僕は, 内心に, 出て, 分ったなども, 叫ぶよう, 同じよう, 同じプラタアヌ, 同じ壮図, 同じ心持, 同一の, 同時にこれ, 同然なり, 君は, 告げると, 告白した, 呼ぶの, 問うたらば, 喜んだものの, 大にこにこ, 婆やが, 尋い, 店の, 思いたがって, 思いましたから, 思いますか, 思いますが, 思うが, 思うころ, 思う途端, 思ったが, 思ったとき, 思ったらいつしか, 思ったらしく当座, 思ったら今度, 思ったら暗い, 思ったら轟, 思った城太郎, 思った遠く, 思った顎十郎, 思ふと, 思や, 思われて, 思われる, 思われるの, 思われるよりも, 思われるん, 思われる線路, 思われる青い, 思召しなさいます, 打ち明けた, 明かに, 書いて, 本人は, 本人も, 正直に, 猟師の, 申して, 申しますが, 申し立て, 申すか, 申すこと, 申す故, 申上げ, 申立た, 申立てよう, 知って, 知ると, 答えとても, 答えました, 考えても, 考えられるの, 考えると, 考えるの, 聞いたが, 聞いただけ, 聞いたばかり, 聞いたもの, 聞いたら, 聞いては, 聞かされたの, 聞きました, 聞きましたので, 聞きまする, 聞く船木頼春, 聴いた時, 聴いて, 自負し, 致しましたなら拉丁民族, 致しましたら恐らく, 見えその, 見えたこと, 見えた刹那, 見えた時, 見えますね, 見える, 見えヴェリチャーニノフ, 見え今, 見え壁, 見え折返しセエブル, 見え犯人捜索, 見せかけて, 見ると, 見るの, 見るべきだが, 覚えて, 解する必要, 解釈されたでしょう, 言いたい, 言いたまたま, 言いなすったが, 言い触らして, 言い貧相, 言い騒ぎ, 言う, 言うが, 言うくらい, 言うにも, 言うん, 言う与次郎, 言えば, 言った, 言ってる, 言わなければ, 評した, 話しする, 話したそう, 語って, 警察で, 鑑定する, 隣りの, 頻りに訊きました

▼ 行った~ (325, 2.3%)

12 影も 8 姿が 5 え, わからない 4 わかりません, 一人も, 分らない, 見えなくなって 3 それは, どうか, わかりませんが, 分りません, 姿も, 姿を, 影さえ, 知らないが

2 [24件] いずれに, えりに, そこに, わからないの, わかりませんか, わかりませんでした, 今は, 分らないん, 姿は, 存じません, 容易に, 教えて, 知れないが, 行ったか, 行方が, 行方知れず, 見えない, 見えないの, 見えなかった, 見えませんでした, 見当らなかった, 見当りません, 解らない, 話して

1 [207件] あ, あの怪しい, あるいはその, あるいは妹, いつのまにやら, いつもの, いなくなって, えそう, えりだ, えりによって, おいらにも, おじさん知ってない, おまえは, お前なら知ってる, きみは, このふたり, この春, さっぱり判りません, さっぱり見当, さもなく, したらしいんでさ, しばらくは, しらべるの, しらんて, しれない, しれないなぞという, しれないの, じぶん, そいつも, そいつを, そして現在, そして終り, そのこと, そのほう, そのまま姿, そのゆくえ, その人相, その他服装や, その入っ, その姿, その晩, その消息, その痕跡, その足跡, それが, それともこの, それを, たちまちの, たみである, である, ともかく遺命, どういう客, どうかさえ, どうかも, どうかを, どうだ, どうなった, どうも見え, どちらへも, なくなったかも, なにしろその, なんかと, ひとつご, ほんとに知らない, またその, またどれ, まだ私, まったく判らねえ, まるっきり見当, もうあたり, もうわかりません, もう姿, もう見えぬ, ゆくえが, わかったもの, わからないし, わからないという, わからないので, わからないのねえ, わからない後向き, わからなかった, わからなかったと, わからなくなった, わからなくなったが, わからなくなったこと, わからねえか, わかりませんよ, わかるもの, わかれへん, わたしには, シッカリ訊い, 一日姿を, 中て, 久しく姿, 久美子にも, 云って, 但しは, 何の, 何んで, 修繕に, 全く姿, 全く知らず, 其の方角, 其処は, 分らず仕舞い, 分らないいつ, 分らないが, 分らないという, 分らないの, 分らないのにという, 分らないわ, 分らなかった, 分らなくなったこと, 分らなくなって, 分りませんが, 分りません世間, 判らない, 判らないが, 判らなくなったん, 判らなくなって, 判りませんので, 別に詮議, 右へ, 否かは, 否かを, 嗅ぎ出すん, 堂寺建立の, 夕方うちへ, 夜明けの, 天文台の, 夫さえ, 奈良の, 妻が, 寝部屋, 尋ねぬ先, 居なかった, 居りません, 屋根の, 左へ, 帰って, 影が, 心配で, 急に, 恐らく爆撃, 惜しい事, 探す方法, 新太郎と, 更に見えぬ, 本当に知らない, 消え失せて, 消息は, 焼け死んだ様子, 皆暮わからねえ, 皆目知れない, 皆目行方, 知ってるか, 知らない, 知らないか, 知らないかい, 知らないかと, 知らないん, 知らなかったそして, 知らぬ, 知らぬけれど, 知らねえか, 知らねえかな, 知らねえと, 知らん, 知らんか, 知らんと, 知らん手水, 知るまいか, 知れなかった, 知れぬ, 知れませぬ, 翌日二人が, 聞いたら, 聞きたげな顔, 自分が, 蛙の, 行かないうち, 行きつけの, 行き方, 行く方不明, 行衛が, 西へ, 見えなくなった, 見えなくなったそう, 見えません, 見出すこと, 見届けようもの, 見当らず心, 覚えないが, 解らないと, 解らなくなる虞, 解らねえの, 記憶しない, 訳が, 誰かが, 誰も, 調べたって, 赤いし, 跡かたも, 辺りには, 門前には, 頓と, 首領の

▼ 行ったという~ (296, 2.1%)

12 ことを 10 のである, のは 9 のだ, ような 8 ことは 7 ことが, ことだ 6 ことに 5 ことで, ことであった, ことも, のです, のも, 話を 4 ことな 3 ことだった, ことである, のか, のであります, のを, わけで, 噂も, 話も

2 [15件] ことであります, ことでした, ことです, ことや, のが, のであった, ものさ, ように, 事を, 噂は, 噂を, 堀の, 方が, 知らせが, 風に

1 [130件] ある特別, うわさだけが, うわさであった, うわさなぞも, うわさを, お松の, かなりに, かわりに, くだりが, こちらに, こと, ことじゃ, ことだけは, ことでございました, ことには, ことの, こと自身が, こと迄, そのこと, そのとき, その異常さ, ただそれだけ, ところに, ところへ, のだろう, のでしょう, のと, のにも, ものが, やつが, わけ, わけだ, わけである, わけです, んだ, エピソードは, フレンチ, 事だ, 事は, 事実による, 事実を, 人は, 人柄の, 人物である, 伝説の, 例が, 兇行事実と, 写真なぞをも, 助手の, 可憐な, 可能性は, 噂が, 噂な, 報告が, 場合短歌が, 壁の, 外には, 夢の, 夥しい財宝, 奇瑞が, 奈良井の, 奴は, 婚礼の, 嫁は, 密告を, 寸法な, 小屋が, 少婦, 履歴の, 常世国が, 年功ものです, 後, 従軍医が, 御坂の, 恐龍, 意味かい, 意味では, 感じが, 所までは, 批難を, 文句が, 易介が, 昔話是も, 時分に, 書きおき, 木更津を, 武蔵の, 歴史である, 気が, 池田の, 点から, 点は, 物語から, 留守でした, 痕跡を, 知らせを, 答であった, 箱田の, 節子を, 細君だ, 肺病の, 般若野の, 葉ちゃんが, 表現は, 言い分は, 記事が, 記載が, 証拠が, 証拠を, 評判も, 詰問を, 話, 話が, 話だ, 話だった, 話でありました, 話など, 説, 読者も, 貂蝉が, 足跡は, 運転手を, 道筋または, 雪の, 音次郎を, 類話が, 風で, 風でした, 風にも, 騒ぎだ

▼ 行ったよう~ (233, 1.7%)

18 なもの 17 な気 13 である 11 です 643 であった, ですが

2 [21件] だが, だった, だと, でしたが, ですね, ですよ, な, な心, な心持, な感じ, な有様, な様子, な気持, な気持ち, にぼんやり, に思う, に思っ, に思った, に思われた, に見えた, に見える

1 [116件] じゃない, じゃないです, す, だから, だぜ, だったが, だな, だろう, で, でありました, であります, であるが, でした, でしたから, ですから, ですもし, では, で北, で大山さん, で窮屈, なあの, なお, なお人好し, なお話, なこと, なぜいたく, なその, なひどい, なふり, なぽかんと, なまね, なものの, なもん, なやりかた, なんで, なケンランさ, な不, な人, な地面, な場合, な変, な実際, な少女, な工合, な巷, な強烈, な心もち, な恐ろしく, な態度, な按排, な新, な景色, な暗, な次第, な気分, な気配, な水たまり, な沈んだ心持, な無謀, な牛, な自分, な興奮, な茫, な藩, な血眼, な観念, な解放, な話, な運命, な音, な顔, な飲食店, な騷ぎ, におんな, にき, にすぐ, にそして, につく, にはしゃぎ立て, にまったく, に一度, に丁度, に並べ, に並木, に主人, に二人, に今度, に他, に変りはて, に奇麗, に少女, に彼, に彼等, に思います, に思われ, に思われます, に思われる, に想い見, に感ずる, に書い, に桑島先生, に無, に珍し, に短歌, に綺麗, に若者, に行儀, に記憶, に話し, に長い, に霜, に静か, に黄色く, ねえ, ね着きましたろう, の気

▼ 行ったところ~ (231, 1.6%)

54 にある 3 で何, にあった

2 [11件] そのお, だ, でこの, でどう, でどうせ, で仕方, で自分, で路傍, なの, なん, へ金

1 [194件] からはじまっ, から戻っ, から森帯刀, から親父, が, があそこ, があります, がある, がおいおい, がなよその, がよかない, がホテル, が佐竹原, が何故か, が四里, が大変, が奇妙, が山, が必ず, が無し, が簡単, が茂十郎さん, が誰, この辺, すでに卯木夫婦, その家, だった, だったが, であの, である, でおいそれと, でお前, できっと, でしたね, でそう, でそれ, でそれだけ, でたいして, でちょうど, でなおる, でなん, ではじめて, でぱっと, でひねくれた, でタヤバス州, で一割, で三千代, で不都合, で世の中, で中, で主家, で二人, で今時, で何一つ, で何気ない, で俥, で傘, で分るまい, で別に, で匙, で半玉, で右, で同じ, で城普請, で変わった, で大した, で夫, で寄せつけまい, で山中, で役に立たない, で彼, で彼女, で後ろ, で心, で必ず, で急, で恥, で手段, で旗本, で日本, で本人, で村, で果して, で果たして, で森彦, で正道, で気, で無駄, で物蔭, で田, で番士, で私, で立ち話, で素性, で肝心, で舊主, で行きどまり, で行き止り, で誰, で身上話, で通行券, で金, どういういきさつ, どうさがし, などはまったく, なるほど聞きし, に, にあなた, にありました, にいい, にこの, にごちゃごちゃ, にさらに, にちょうど, にとくべつ, にない, にはルパーレフカ, には深い, には美しい, にまたもや, にもと, に一種, に下, に丘田さん, に二尺四方, に例, に古風, に和田村, に唐招提寺, に岸本, に崩れた, に店, に昼間, に朝倉先生, に村芝居, に楢岡, に海, に湯場, に瓦屋, に男もの, に白石油, に紋別下湧別, に織物, に聞捨て, に観測拠点, に長い, のもの, のツァ・ルンバ, の入江, の商人ら, の奥, の奴隷, の寄席, の左側, の左手, の片, の狭い, の由, の町, の省線電車, の藪中, の要, の話, はおそろし, はかなり, はそこ, はセーヌ河, は主として, は二間続き, は住持, は例, は小さい, は広い, は必ずしも, は書いてなかった, は木曾, は近ごろ, は雛, へお節, へ町, もある, もその, も見た, も面白い, よりもも少し, をやっつけられた, を嘉門, を左, を見る, 又, 大そう, 広い部屋, 見つからず, 覚えて

▼ 行ったとき~ (217, 1.5%)

19 のこと 5 はもう 4 にはもう 3 のよう, の話 2 お島, と同じ, にその, にはその, はその, は東京, 買って

1 [169件] あの娘, あの実験, あの部屋, いきなり, いつも置い, いろいろお話し, かの地方, からきっと, からの友人, からまた, から変, から鮨, この八雲君, この檣, そう若く, その店, その点, その父親, その背後, その財産家, その部屋, その金塗り, たしか浜口君, だ, だってそれ, です, でも買っ, とつぜん石垣, とは違い, と同様, どうも少し様子, など天気, など私, なんざア, においてすらそこ, におそらく, にはあの, にはすっかり, にはそんな, にはたしかに, にはつらく, にはどう, にはまだ, にはジュピター, にはヘレーネ, にはロボット先生, には一度, には二十センチ, には印度人, には四十恰好, には国王, には大きい, には奥さん, には女中たち, には好い加減, には子路, には宿, には湯, には無論, には腰, には食事, にひと目, にぼんやり, にまた, にもやはり, にも父, にわたし, に三尺, に作さん, に先, に初めて, に同社, に当る, に彼, に心霊専門, に悪戯, に早く, に温泉前, に由吉さん, に直感, に碧瀾堂, に私, に突然, に答えた, に見た, に読者, に買っ, に金蔵, に麻酔薬, ね学生, のたのしみであり, のスケッチブック, の光景, の印象, の想い出, の手紙, の晴やか, の無邪気さ, はあたかも, はいつも, はうしろ, はお母さん, はこんな, はじめて心, はそんなにゆっくり, はベルゾン博士, は伸子, は制服, は前日外出, は塔, は大浦天主堂, は学校, は山男, は必ず, は応接室, は時間, は時鳥, は病気中, は笑顔一つ, は約束, は自分, は非番, ひょっくり腕, まだ廃屋, まだ着い, もあの, もいつも, もういい, もう何回め, もう寝, もう息子, もお, もおばさ, もその, もギッシリアキビン, もクラブ, もスイス, もハッチソン, もパリ, も伸子, も多, も大, も夫婦, も感じ, も日曜, も熱海, も相, も財布, も随分どっさり, やっと其処, 会ったひと, 何気なくノート, 余り時間, 使ったスキー帽, 公然と, 初めて萎靡, 呼びかけにも, 呼んで, 多計, 始めて紡績会社, 御位牌, 決して誰, 白いブラウス, 立て込んだ寄席, 見たらほんの, 見た女, 買いましょうと, 追っかけて, 開けた儘

▼ 行ったので~ (190, 1.4%)

3 残って, 私は 2 ござりました, それを, わたしも, 私も, 陪臣の, 風呂の

1 [172件] あとは, あわてて, いずれそれ, いずれ帰っ, おとわ, おらく, かなりお腹, かの女, かれら, こういう場合, ここに, この信号, この広い, ござりましょ, ござります, さながら万雷一時, しまッた, そういう読者, そうした曖昧, そこから, そこの, そのため, そのぶっつかった, そのまま手, その伊兵衛, その大連, その座敷, その方, その日, その時, その留守, その証拠, その迎え, その鉄砲, それで, それなり一枚開け, それに, たちまち怯, たちまち買い上げられる, ちょうど泊り合せ, ついに正蔵, とうとう露見, どうやらこの, はござりますまいか, ぱっと逃げ散った, ほとんどここ, まあ丁度, まだ召された, もう伊織, よく札元, オヤッと, ビレラフォンは, ファラデーは, ブカレストの, ホウホウという, 一々裏, 一人の, 一人前いくらかずつ, 一層発見, 一幕見落し, 三好の, 不恰好な, 乳人が, 乾きあがって, 二三日すれ, 二人とも, 二人は, 今私が, 低くなった, 何処かで, 例により, 例の, 僕, 僕の, 僕は, 全身の, 八時頃には, 再びヤトナ, 前迄, 加山耀蔵は, 助かったけど, 勝美夫人も, 北海道の, 午飯の, 反って, 古本仕入れの, 召使も, 呆れたと, 咸亨酒店は, 城太郎は, 大に, 大へん腹, 女たちの, 妙に, 安部は, 家の, 家臣の, 寒気も, 寺を, 少し後れ, 少年は, 川上の, 市人は, 帆村も, 師匠は, 帰りがけに, 幸い取られ, 弦之, 当時東京中央幼年学校に, 当然彼ら, 彦太は, 彼も, 彼らは, 彼女が, 彼女は, 後鳥羽院も, 従前六回見た, 愈, 拍子ぬけ, 敗れたの, 新吉とは, 是だけは, 時は, 普段と, 暮れた日, 曹操の, 本年は, 村の, 杖は, 林町に, 桜媚び, 植新でも, 楽屋に, 次第に客観的, 気が, 江戸時代の, 泊ったこと, 泊って, 法王領の, 渡辺は, 炊事の, 爺つ, 物には, 男は, 番兵が, 皆は, 皆んなに, 皿を, 穴の, 納所も, 自分も, 自分会う, 芝居は, 若い警官, 覗いて, 詫びに, 話は, 説明に, 誰も, 貞之進は, 輪止が, 逃げられる心配, 逃げる気, 通り筋の, 遅くなりました, 道中は, 配所は, 長助は, 閉めたの, 雑司ヶ谷祖母上, 鞘を, 頼政は

▼ 行ったあと~ (136, 1.0%)

5 でお 3 のよう 2 だ, で, で半, になっ, のお, の病室, はまた

1 [114件] いつの間にか, お角, があった, がいい, すぐ, すぐに, でおれ, でお父さん, でかれ, でした, でしたし, でしばらく, です, でそこ, でそっと, でそんな, でともかく, でどんなに, では大いに, では特に, では神尾, でもお, でもその, でも先生, でも半蔵, でも叔父叔母, でも忠作, でも苔香園, でソノ計画通り, でボーイ, で一, で与之助, で亭主, で今, で他, で八橋, で兵馬, で加奈子, で医師, で又, で吉五郎, で吾輩, で団十郎, で執念, で太郎, で夫婦, で姫君, で姫君たち, で家康, で小, で年, で広い, で庸三, で弟子, で彼, で彼女, で必ず, で桃井播磨守, で毛布, で深田君, で清吉, で熱い, で王様, で男, で福村, で私, で米友, で美禰子, で自分, で表, で雪子, で駅員たち, なので, にちがい, にはただ, には名状, には実に, には水入らず, には消防用, にもかかわらず, に私, のうち, の午前中, の思いがけぬ, の扉, の木小屋, の洲崎, の炉, の町, の茶の間, の道路, はまださほど, は嘸, は考え込ん, は超, へお, へこの, へそれ, へ茂子, へ陪審官ら, また活作用, も引き, をじいー, をのぞい, を睨みつけ, を睨ん, を茫然, を見すまし, を見る, を見送っ, を見送り, を飽かず, 一層憤り, 直ぐむやみ

▼ 行った~ (127, 0.9%)

25 がある 7 がない 6 はない 4 があります 3 だろう, である, はありません, もあった

2 [11件] があっ, があった, がありました, が無い, さえあった, のない, の無い, もありました, もなけれ, を知っ, を覚え

1 [51件] か, かここ, があなた, がございません, がその頃, がなかっ, がなく, がねえ, がはっきり, がわかった, が二三度, が分るだろう, が度々, だけを手帳, であろう, ですから, にある, になっ, になる, のある, の有る, の無い薄汚い, はありませんでした, はあるだろう, はいちど, はお, はお話し, はさっき露見, はその後, はほとんど, は人情的, は嘘, は幾度, は無く, は袖, もあったけれ, もある, もない, やらね, やら再び, やら影, をさぐった, を告げる, を喜びました, を察した, を思い出させる, を思い出し, を思い出した, を思い出す, を書いた, を聞き

▼ 行った~ (112, 0.8%)

2 でもしばらく, で三吉, で私, になっ

1 [104件] からそっと, から亭主, から兄, から児玉少佐, しばらくし, だからね, だった, で, であった, であの, である, であれ, でお, でこの, でしみじみ, ですぐ, でねんねこ, ではそれ, でひとり後園, でまだ, でもそれ, でもまだ, でも彼, でも親子, でオーゲ, でマニーロフ, で一つ事項, で叔母, で吉兵衛, で声, で女中, で媼さん, で子供達, で岸本, で張昭, で彼, で御, で急, で探し, で森, で榊, で武蔵, で田舎, で登志子, で笹川, で腐った, で藤作, で言い出した, で言った, とすれ, と書い, などでお, なら, ならわし, にこう, にはなんとなく, にはもう, には余計, には例, には稀少性, にわかに医院, に下女, に何, に先生, に彼, に徳蔵, に成っ, に更に, に残っ, に瑠璃子, に誠実, のがらん, のこと, のこぼれた, のよう, のテーブル, の事, の多忙し, の大地, の扉, の火, の紋也, の部屋, はすぐ, は仕事, は度, は笹村, へお前, へ君, へ庭伝い, ほとんどすぐに, まで種々, まで長い, もついに, もぼんやり, も寺参り, も時々, ようやくに, をしめ, をチラ, を信子, を意味, を見送っ, を長

▼ 行ったかと~ (108, 0.8%)

63 思うと 2 云うと, 心配し, 思う間もなく, 思う頃, 思われる

1 [35件] いいますと, いうと, おもわれる, また追っかけ, 一々尋ね廻る, 云う, 問うに, 尋ねられたから, 尋ねると, 思いましたが, 思いますが, 思いますと, 思いやった, 思う, 思ううち, 思うとも, 思うほか, 思うほど, 思う間もなくまた, 思ったら雪だらけ, 思った頃, 思って, 思われる小暗い, 思われる頃, 想われる, 戸惑いを, 案じて, 生ける空, 考えさせられた, 聞きますと, 見えるほど, 見回すと, 見廻すと, 言いますと, 詮議の

▼ 行ったそう~ (96, 0.7%)

25 です 17 である 8 だが, ですが 5 だ, で 3 だね, ですから 2 だから, だよ, ですね, ですよ

1 [14件] かどれ, じゃな, だぜ, だな, だの, であるが, でがす, でございます, ですネ, でとてもよく, では, でまだ, でやすけどね, な

▼ 行った~ (94, 0.7%)

21 がいい 5 がよい, がよかろ 3 を知っ 2 がええ, がよかっ, がよがった, がよく, がよっぽど, が好い, に歩き出しました

1 [46件] からあの, から細い高い, が, がい, がお嬢様, がこんな, がず, がふさわしい, がほんと, がまし, がまだ, がまだしも, がもう少し, がよ, が便利, が可, が好かろ, が少し, が幸福, が幾ら, が悲しみ, が所, が早い, が早く, が面白い, であろう, とは反対, とは逆, に頭, のつまり, の丘, へつれ, へ狂っ, へ眼, へ素早く, へ行き, へ行く, へ駈け, をしばらく, をながめ, を冷笑気分, を見た, を見る, を見送っ, を見送り, を隙

▼ 行ったから~ (92, 0.7%)

7 である 53 であった 2 それを, だと, であろう, です, どうした, 今日は

1 [65件] あの交番, いつ帰る, きっと今日, ことによる, こんな事, さあ一同, じゃ, そのままサラサラと, その部屋, それで, ついでに, で, であり卑しい, であり情死, であるが, であるという, でしょう, またまた諸方, まだ帰るまい, まだ精神病, もうけり, もう直ぐ, やがて帰っ, ナガレ目は, ヤツ子には, 一切の, 三割引で, 不思議であった, 五百円は, 今年も, 今晩は, 休む間, 何でも, 個人の, 兄夫婦の, 十銭だけ, 右告訴及候也という, 同じ方, 四つ過ぎでなけれ, 夜は, 奪り返し, 小芳, 帰ったら出かけよう, 帰りに, 打落そうと, 村中が, 橘は, 気に, 洗って, 留守うし, 私の, 竹さんを, 素読は, 罰が, 自分あとから, 自分は, 萩原様は, 返して, 追っつけ戻って, 追っ付けしょっ引い, 途, 金峰山の, 間にあって, 駒井甚三郎は, 驚かざるを

▼ 行った~ (91, 0.6%)

24 相違ない, 違いない 15 ちがいない 3 しても, 違ない 2 しろ, 相違ねえ, 過ぎない

1 [16件] かかわらず私, しろそれ, しろ其, せよありのまま, 不思議は, 就いては, 極っ, 過ぎないとも, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎません, 違いなかった, 違いなかろ, 違いなく, 違えねえ, 違ねえ

▼ 行った~ (83, 0.6%)

13 がある 3 はない 2 の数

1 [65件] から定夫, から確か, があっ, があったろう, がありました, がいた, がございます, がそれ, がない, がやがて, がよく, が一度, が何人, が借り, が居る, が居村, が川端, が帰っ, が帰る, が無い, が理由, が発見, が誰, すらある, だけだ, だって唯一人, です, などが交じっ, などは余り余計, にそんな, にはずいぶん, には後, に向っ, のある, のみでなく, の口, の技術, の話, の貌, はありません, はいずれ, はごぜ, はすべてそれきり, はたちまち, はキンショキショキ, はベルジューム, は一人, は一生, は仏蘭西人, は家中, は幾人, は御, は必ず, は有るまい, は生徒, は軽捷, は驚い, もない, も多かっ, も武士, を戻し, を既に, を見た, を見つけ, を連れ

▼ 行った~ (75, 0.5%)

6 の話 4 がある 2 があった, があります, である, の姿, の家, は大抵, もある

1 [51件] か, から魚, が一人, が不, が或, が細い, が自分, だから, だが, だそう, だという, でした, です, でその, でなければ, でもすぐ, で一度, とではそれ, なら花, なら誰, なんで, には京都大学, に済まない, に驚い, のご, のため, のよう, のエゴイズム, の噂, の暗い, の生涯, の紀行, の通信, の集団, はこの, はどれ, は去勢, は可, は誰, は途方, は革命的精神, は飽きる, へ追いつこう, もそのまま, もどう, もまた, も帰り, も紹介, を三年, を思い出す, を静か

▼ 行った~ (74, 0.5%)

2 は, はその

1 [70件] が判ってる, が知れ, が素晴らしい, きの, でそういう, でどうか, でどんな, では身振り, でひと役, でも舟, で人, で兼, で女, で学生達, で矢田, で起る, で遊ん, で飯, ならそれ, におそらく, には種違い, に人, に変わった, に安心, に小さな, に就, のうるさい, の主人, の所, の消息, の温泉, の番所, の虚無僧岩, の軍人, の首尾, はこの, はすぐ, はちゃんと, はつまり, はわからねえ, は信濃, は分っ, は北, は十六番, は四谷, は大病, は小郷, は御願, は本所, は池袋, は深川, は焼け, は町奉行所, は知らせる, は祇園, は練塀小路, は話さなかった, は郊外, へ落し, までついて行っ, も帰る, も知れ, より何らかの, を其処, を申し述べろ, を見とどけた, を話した, を饒舌ら, 散った先, 行った先

▼ 行った帰り~ (59, 0.4%)

4 だという 3 にふと 2 だった, だと, でございます, に, にここ, に上野, に馬

1 [38件] から山嵐, だ, であろう, です, とみえる, などによく, なら源森橋, なん, なんで, には大阪, には無愛想, にひとり, によった, にろう, に一, に一軒, に両国橋, に度々, に廊下, に悪寒, に手, に旦那, に椿, に池, に皆, に租界, に立ち寄る, に能, に買っ, に迷児, に通りかかった, に階下, に風呂場, に飾り窓, の夜, の汽車, は遅かっ, 少し遅く

▼ 行ったきり~ (57, 0.4%)

3 で, まだ帰っ 2 だった, なかなか帰っ, まだ帰りません

1 [45件] お雪, かい, この夜中, ずるずるに, そのままお婆さん, そのまま取り, だが, ついに学校, である, でしたから, でその, でその後一度, でつい, でもどっ, でマルキシスト, で以後, で十五年間一回, で待て, で戻っ, で病気以来, で答える, で翌日, と言う, なかなか戻っ, なしの, なん, になった, のあの, のゴーリキイ, ふたたび稲荷, もう大分, 上って, 帰ったの, 帰って, 帰らずに, 帰らないお, 帰らないので, 帰らぬ日, 帰りませんきっと, 戻って, 戻らぬ時, 死んだきり, 永い間何, 決して村人, 膿んだもの

▼ 行った~ (55, 0.4%)

2 増は, 延は, 関は, 雪は

1 [47件] せい様の, ようにも, よう達に, 今が, 今は, 仲は, 使いの, 侍が, 侍では, 六が, 友達, 吉の, 増が, 多喜が, 好み焼へ, 島は, 市の, 庄を, 房と, 柳に対する, 柳は, 水を, 留の, 秀に対する, 箸から, 米の, 米は, 粂では, 粂の, 美代の, 船だ, 船手の, 芳の, 菊が, 蓮様の, 蝶は, 角が, 角である, 通へ, 銀が, 銀の, 銀は, 錦の, 雪が, 雪の, 風呂屋が, 鳥の

▼ 行ったその~ (51, 0.4%)

2 夜の, 時の

1 [47件] あとへ, お届, かえり道, ことが, ことを, ねいす, ような, 一夕の, 人であるです, 人と, 人らしい, 力に, 女流作家の, 姿である, 子供が, 家の, 寄席の, 富豪の, 帰りは, 帰り日本橋一丁目, 帰り路に, 帰り路の, 年から, 恐ろしいもの, 戻りに, 日の, 明けの, 時に, 時代に, 時代の, 時私は, 歌は, 気持も, 深山の, 爆音は, 男を, 研究生の, 第三回目, 素晴しい, 老人の, 船夫の, 身の, 辺は, 道に, 隙を, 雄々しくも, 養家の

▼ 行ったあの~ (43, 0.3%)

2 綺麗な

1 [41件] ちびが, パリへ, パリーは, ペエル・ラセエズの, 一孤舟の, 三谷さんです, 不思議な, 事実です, 二人は, 凄いほど, 列伍の, 化け物の, 友だちとは, 呼吸, 多遅摩毛理, 娘の, 婆あ, 宣言は, 小犬は, 幼児の, 恐ろしいもの, 悪鬼こそ, 悪魔天野め, 日の, 時の, 朝やはり, 機密書類が, 牛蒡と, 男の, 男は, 百松の, 空陣屋へ, 能登では, 舟棚の, 若いひと, 若党連れの, 菊の, 調子で, 道こそ, 靴が, 靴だ

▼ 行った~ (40, 0.3%)

3 にある 2 で我々

1 [35件] おらぬので, から数里, が一条, が役場, が義仲寺, が若気, だぜ, だそう, だった為め, だよ, です, でつまらない, で一軒, で人間, で急, で暗闇, で横, で煙草, で私, で私達, にアチス, に一軒, に十分, に大, に山路, に生まれました, に綿服, に長い長い, のドン詰まり, の列車, の珍, は, はもう二度と, を見る, 其の婦人

▼ 行った留守~ (40, 0.3%)

5 の間 3 にお

1 [32件] から, だったと, だと, ちょっと滑り込ん, であったが, であったので, でお, でございまして, でした, ですか, でとても, で川春の店, で有った, など店, にあんまり, にしばらく, にちょろり, にまる, にイゾート, にホノルル, に世阿弥, に庭, に白い, に看護婦, に雪江さん, に預け, のこと, のま, の家, の時, をうかがっ, を頼まれ

▼ 行った~ (40, 0.3%)

4 にはもう 2 だろうか

1 [34件] かと思う, が十二時時分, その老, ちょうどまた, であった, であったが, である, です, になっ, には席, には彼, には文字通り水上, には武蔵, には身体, に大橋際, に岸本, に牧野, のこと, のジャン・ヴァルジャン, の思い出, の支那, の暗い悲しい, はいつの間に, はまだ, はもう既に, はもちろん, は大分, は日暮, は旦那, は未だ, は裏, まぶしそう, ようやく日の出, を見澄まし

▼ 行ったのに~ (37, 0.3%)

2 違いありません

1 [35件] いくら待っ, いったいこれ, おそくなった, お豊, ここでも, このなか, そんなに早め, ちがいありません, ちがいなかった, つれられて, とんでもない, どうしてこんな, まだお, まったく呆気, ナタリーを, 一ぺんも, 一文も, 予期に, 五時に, 僕だけは, 勝っても, 十分効果を, 四度とも, 忽ち四十あまり, 料理屋の, 残念ながら, 気がついて, 水の, 沢は, 海上の, 相違ない, 私一人こんな, 返事を, 逢って, 違いない

▼ 行った~ (37, 0.3%)

2 がある, である, の影

1 [31件] から来た, があるでしょう, がこんな, がなんとなく, が消した, じゃない, だが, であります, とが真正面, と一緒, と女, と私, なんかもあれ, にソックリ, ね, の友達, の声, の姿, の娘, の行動, の跡, はすぐ, はない, はわき, は一体, は二階, は力, は心ばり棒, は果たして, は瀬川タイピスト, を先

▼ 行ったわけ~ (36, 0.3%)

6 では 5 でも 4 だが 3 です 2 じゃねえ, でした

1 [14件] か, がこれ, じゃあある, じゃありますまい, じゃあるまい, じゃない, だったん, でしかも, でしたが, ですか, ですな, なの, なん, は清洲

▼ 行った~ (34, 0.2%)

1 [34件] からつけはじめられ, がありました, が一番, でしょうあの, です, でもこれ, と同じ, などはあの, には, にはお寺, には一年, には先方, には貴方, にゃやにっこい, にゃ大変, にや僕, に入り用, に発生, のこと, のたそがれ時, の光, の夕方, の日附, はここ, はこの, はしとど, は公売処分, は天気, は桜まつり歌謡曲, は異, は金刀比羅様, は釣りもの, 大層天気, 帰って

▼ 行ったところが~ (29, 0.2%)

2 一条河原の

1 [27件] あの二人, いかにもあの, しびれ薬で, そこに, そこも, その, その主人, その麦, それは, どこやら, はじめは, ひどく客, ふと自分, サラット・チャンドラ・ダース師は, 一人の, 二人は, 人が, 今度は, 何事も, 先生から, 右の, 天井に, 居士は, 昔からの, 神戸の, 通りかかる, 門弟どもが

▼ 行った時分~ (29, 0.2%)

2 は達雄さん

1 [27件] から止んだ, この狂気, この谷底, でも男女, とは訳, と今, に, にはいかなる, にはまだそれほど, には何, には余所, には六千人位, には大分, には彼, には磯野, にゃもう, にメーテルリンク, にヴェルダー, に政教一致, に敬い, に見た, の長, はそんなに, はねえ, は貧村, は足許, は雪

▼ 行ったかも~ (28, 0.2%)

2 しれない, 知れない, 知れないと, 知れぬ, 知れません, 知れませんが, 知れませんよ

1 [14件] うすうすながら, しれないが, しれないわね, しれなかった, しれぬ, しれぬ今日, しれませんが, わからない, 知れないが, 知れないとも, 知れないなどと, 知れなかったの, 知れぬ店主, 知れねえな

▼ 行ったまま~ (28, 0.2%)

3 帰って 2 で帰らない

1 [23件] いまだに帰っ, お行儀, しばらく帰っ, だいぶ時間, だったとか, である, でいまだに, でラザルス, で別段, で午頃, で戻らない, で消し, になっ, に立, に鏡立て, まだ帰っ, 帰らず兄, 帰らぬ事, 戻って, 暫くし, 残して, 消えて, 遂に帰っ

▼ 行っただけ~ (27, 0.2%)

5 では 4 である 2 でした

1 [16件] だ, だったから, だよ, だろう, であった, であるが, でございます, ですけれど, でどうにも, で三分, で仇, で私, で葬式, なのに, なん, 行けば

▼ 行ったついで~ (27, 0.2%)

1 [27件] などに雑草, に, にほど遠から, にシャアロック・ホームス, にシャーロック, にベコニア, に中, に動物園, に北欧三カ国, に半日, に友達, に同市, に大きな, に尋ねた, に探し, に早速, に木挽小屋, に氷砂糖, に祭, に聞い, に袷, に見, に誰, に軍司令部, に青森, に高輪, をもっ

▼ 行ったはず~ (27, 0.2%)

43 だが 2 であります, である, です

1 [14件] だという, だ嫌, であるのに, では, なのに, のお雪ちゃん, のさっき, のそれ, の富三, の張飛, の栄三郎様, の白雲, の茂太郎, の駒井甚三郎

▼ 行った~ (26, 0.2%)

2 子どもらは

1 [24件] あとは, こんなに早, その誕生, ナースチャの, ヴァラエティも, 伊東で, 先生は, 兼好自身も, 又同じく, 名所旧跡も, 四月の, 大学生も, 奈良へも, 妾今年は, 委員にも, 思ったよりも, 早く行っ, 本場所は, 涼やかな, 病気で, 私も, 自分からも, 芸者遊びも, 藤堂も

▼ 行ったとて~ (26, 0.2%)

3 何に

1 [23件] おなじこと, この金網, それから先, どうで, どうならず, 一人の, 一時間とは, 不在であった, 仕様が, 働きは, 到底聞く, 卑怯とは, 女中が, 姓名も, 当る事, 心の, 春信さんは, 牢屋の, 矢張り, 私達二人一生懸命働いたなら, 見ること, 誰が, 遁が

▼ 行った~ (26, 0.2%)

2 がありました, にある

1 [22件] この人, だが, でランタン, で丁度, で何, で厳しい, で左側, で若い, にしろ, にやや, にホテル聖マテオ, に和本, に在った, に小, に村, に犯罪, に裏門, のツゲガラオ, の薄暗い, は, へ或, をディルタイ

▼ 行った~ (26, 0.2%)

2 は地主

1 [24件] から出よう, があり, が混ん, が見える, さ, ではその, で夜ふけ, には多少, のまわり, の一軒, の二階, の後, の母, の物, の裏, はお, はさほど, はそこら, は何事, は市, へ, へ遊び, をすっかり, を裏口

▼ 行ったとか~ (25, 0.2%)

2 きょうは

1 [23件] あるいはまたチベット, いわれた話, そういううわさ, そういった話, たらの子を, で, で半分狂気, で宅, ハルピンから, 云うので, 今も, 出鱈目を, 寄宿舎に, 弟の, 歩いて, 江戸へ, 申して, 聞いた時, 聞いて, 行わなかったとか, 言って, 言ってたん, 香港から

▼ 行ったけれども~ (24, 0.2%)

2 容易に

1 [22件] あの勢い, あんまり天, これも, さとされて, たぶんその, つまり主立った, また戻っ, わからなくなるん, ムク犬の, メネルーの, 主膳は, 今は, 吾, 婦警の, 御神燈, 心配は, 恰度矢車が, 暫く姿, 私は, 終いには, 芳一は, 雪が

▼ 行った二人~ (24, 0.2%)

1 [24件] であったが, のうしろ, のかすか, の乾児, の友だち, の外人, の女中, の姿, の子供, の子息, の影, の様子, の浪人, の男, の男女, の若い, の若者, の被告, の跡, の身内, は二階, は思いがけなく, を老師, を追

▼ 行った~ (24, 0.2%)

3

1 [21件] があった, がいま盛ん, がいる, が何, が切支丹屋敷, が木, というの, と武蔵, に老婆, のしょい, のひと, の人, の右半面, の姿, の小, の情人, は三文判, は白足袋, は辰伊勢, をおれ, を横合い

▼ 行ったころ~ (23, 0.2%)

1 [23件] かねて上京中, かれは, である, であるが, でお, にはおもしろい, にはかねて, には女, には店, には日ごろ, に亭主, に幾万, に教わった, のあの, のこと, の感銘, の衰えた, はそこ, は日暮れ, ふと思い出した, も不運, を思い出し, 思い出したよう

▼ 行った~ (23, 0.2%)

1 [23件] が電車, に父, のオイ, の代り, の兄, の同伴, の娘ラッセル・ロッブ夫人, の子供, の最後, は, はその, はもう, はピアノ, は一貫目, は切符, は午後, は彼, は演出, は薄暗い, は驚い, も検束, を十年, を拾年

▼ 行った~ (23, 0.2%)

1 [23件] がある, が初めて, が心, だ, だと, と比較, などが幾何, などをし, などをした, などを段々, の方, の様子, はなぜ, はチットモ, は妙, まだ申しませんでした, も半蔵, をきいた, をし, をしました, をする, を書いた, を自分

▼ 行ったほう~ (21, 0.1%)

4 がいい 3 がよい 2 がよかっ

1 [12件] がよかろ, が早く, が早道, が無事, が私, が賢い, とは全く, に歩き出しました, のに似, へ足, をじっと, を捜させ

▼ 行った様子~ (21, 0.1%)

4 です 2 である

1 [15件] がございません, その姿, だ, だから, だと, でしたが, ですから, で御座いましたが, に戻っ, はちょっと, はなく, は絶対, もない, や, を見る

▼ 行った~ (21, 0.1%)

32 です, ですが, はない

1 [12件] じゃない, だな, であった, である, でございますよ, ですから, でそれ, なの, のベッド, のワサミガ原, の伊都子, の手代

▼ 行ったけれど~ (20, 0.1%)

1 [20件] いちばんしまい, この足, そこで力, その他は, それは, ただその, だれも, とても遅かっ, まだ私ら, もとより証拠, 二人は, 今の, 姐さんの, 彼女の, 後でよく気, 眼が, 罐詰屋さんと, 若旦那は, 誰も, 面喰っ

▼ 行ったとは~ (20, 0.1%)

2 不思議でならない

1 [18件] いえいずれ, いえ中学三年, しゃれて, そりゃ本当, 一体どういう, 人は, 伸子に, 何の, 分りましたが, 反対の, 嘘で, 夢にも想像, 平次は, 思われなかったの, 想像も, 知らなかった, 知りません, 驚いたもの

▼ 行ったばかり~ (20, 0.1%)

3 なの 2 だから, である

1 [13件] だ, だが, だし, だと, だという, であって, でした, ですもの, でなくこれ, でなく伸子, でなく終, 今ごろは, 涙を

▼ 行ったかという~ (19, 0.1%)

3 ことは 2 ことが

1 [14件] ことです, ことの, ことを, その動き, その現実, その精神病理的, ところまで, ように, 共通した, 実況を, 様な, 点だ, 点である, 研究の

▼ 行ったとも~ (19, 0.1%)

1 [19件] あるいはけし, いい南米, いい病死, いうが, しれないフラテリニ兄弟, 一言も, 云わず再度, 云わなかったか, 噂させられた, 思われない, 知らせて, 答えなかった, 考えにくい, 見えないし, 見えない静かさ, 見える急, 覚えません, 解らなかった, 言われ母

▼ 行ったもん~ (19, 0.1%)

5 だから 2 だよ, でさあ, ですから 1 じゃ御座いませんでしょ, だ, だそう, だつう, ですよ, でただ, で捜した, やさかい

▼ 行ったものの~ (18, 0.1%)

1 [18件] あと白浪と, いろいろめんどう, この姉たち, これは, ごとく推定, さて思い切っ, ほかに, もう遅い, 前よりも, 危険は, 土産話し, 姿に, 実は治郎吉, 平土間は, 彼の, 記憶や, 話では, 闇を

▼ 行ったじゃ~ (17, 0.1%)

10 ないか 3 ないの 2 ありませんか 1 ないですか, ねえか

▼ 行ったため~ (16, 0.1%)

3 である 2 に帰宅

1 [11件] しばらく山, だった, であった, であるかも, なの, に, にそう, にわかに豹変, に曲り, に永久, に空腹

▼ 行った~ (16, 0.1%)

4 がある

1 [12件] がいる, だ, とてもただ, はありません, は容易, は素人, も大抵, も奴, をお, を一途, を人込み, を挙げねえ

▼ 行った~ (15, 0.1%)

1 [15件] ではある, のうしろ姿, のこと, の努力, の影, の後, の気持, の目, はあやうく, はそこで, はその, はそれ, はふと, は夜, は自然

▼ 行った~ (15, 0.1%)

1 [15件] からあの, がある, がねえ, が恰度前方, が歴々, が見える, でふと, で久右衛門, で二人, には轟, に何一つ, の景, へ吉弥, をうっかり, をそのまま

▼ 行ったとの~ (14, 0.1%)

2 ことであった, 事であった, 話である 1 こと, ことそれでは, ことだった, ことである, ことに, 事だった, 事でした, 話であった

▼ 行った人々~ (14, 0.1%)

1 [14件] が空しく, が酔っぱらっ, どやどやと, によって伝統, に憐さ, の半数, の姿, の様々, の繰返す, の言葉, の間, は哲学, までがまた, よりも遥か

▼ 行ったこの~ (13, 0.1%)

1 [13件] 一帆こそ, 先輩の, 八五郎が, 出来事は, 地獄の, 声は, 女は, 少年に, 慌てぶり, 泉太は, 男の, 紙包みに, 覚悟が

▼ 行った時彼~ (13, 0.1%)

1 [13件] にとって, はあの, はこんな, はさも, はすこし, はただ, はふと, はまた, は女, は彼女, は後, は朽ちた, は立ち止まった

▼ 行ったばかりの~ (12, 0.1%)

1 [12件] あるドイツ人, その最後, ときの, ところと, パリの, ロイドだった, 京都へ, 婢が, 怪美人玉枝の, 時分は, 雄吉が, 高札の

▼ 行った一人~ (12, 0.1%)

2 がまっすぐ 1 がこう, が岩角, であったが, であるだけに, の人間, の侍, の友人, の後, の男, の紳士

▼ 行った~ (12, 0.1%)

1 [12件] だけを教え, とが立派, と同じ, に間違い, のとおり, の入口, はさらに, はその, もやむにやまれぬものじゃろう, もやむにやまれぬものなら, を憐ん, を教え

▼ 行ったそして~ (11, 0.1%)

1 [11件] かの黎明, たくさんの, ぼんやりした, 例の, 卓を, 彼女を, 探究し, 提灯の, 段々聴い, 自分の, 読むこと

▼ 行った人たち~ (11, 0.1%)

2 も浅瀬 1 がわずか, だ, である, とで平和, のよう, の事, の後, はたいてい, はねえ

▼ 行った人間~ (11, 0.1%)

1 [11件] がシャアシャア, だから, というの, と考え, の大, の心根, の足跡, は五万人, は古往今来自分一人, は我々, は白鞘

▼ 行った場合~ (11, 0.1%)

1 [11件] が相応, にその, にはよかれあしかれ, には別に, には夢, によく, に何方, に全体それ, に遭遇, の自分, よりも拙く

▼ 行った~ (11, 0.1%)

2 のお 1 がいきなり, が悲し, だ, である, の口, の畳, は七, は二年, は大きに

▼ 行った方角~ (11, 0.1%)

1 [11件] から今度, がお, こそすなわち, とは真, などを聞き定め, には日光, に向かっ, へと心, もわかっ, を振向い, を考え

▼ 行った結果~ (11, 0.1%)

1 [11件] が, がこの, である, である所, です, として彼一流, による, のコチコチ, は要するにああ, もう一遍物質, 初めて真理

▼ 行ったかを~ (10, 0.1%)

2 知って 1 たずねたが, 察すること, 教えて, 知るもの, 経験する, 観るべきなの, 観察する, 話したいと

▼ 行ったとしても~ (10, 0.1%)

1 あの女, それは, もとより完全, よい, わずか半年, 二日の, 差支は, 武術も, 私は, 美しいギリシア

▼ 行った伸子~ (10, 0.1%)

3 を見る 1 にだけきこえる, にとって, のこころもち, の気もち, はこれ, はつかみ, は広場

▼ 行った~ (10, 0.1%)

1 お久美さん, から東京, から毎夜, しきりに久我, だね, にはいつも, にはどう, に何年ぶり, のお, はてめえ

▼ 行った~ (10, 0.1%)

1 に, にこの, にそう, に志摩, に段取り, に轡川, に陽, をみ, を狙い, を窺っ

▼ 行ったくらい~ (9, 0.1%)

2 だから, であるから 1 だ, であった, でご, です, 町かどに

▼ 行っただけの~ (9, 0.1%)

2 ことは 1 ことで, もので, 事で, 事な, 十円だった, 拾円だった, 業績を

▼ 行った人達~ (9, 0.1%)

1 がうらやましく, が帰っ, が随分, の上, の帰り, の心情, は一晩中碌, は幾度, は急行

▼ 行った~ (9, 0.1%)

2 であった 1 である, ですから, でそんな, で余, なの, のもの, の事

▼ 行った時私~ (9, 0.1%)

1 の眼, はお, はその, はふと, はもう, は人間, は俄, は彼, は逃亡者

▼ 行った~ (9, 0.1%)

1 だが, でした, でも, な何, な心持, に, に吾, に強く, に珍

▼ 行った若い~ (9, 0.1%)

1 のが, ものが, 人夫は, 侍風の, 全会の, 女を, 店員との, 男が, 素朴な

▼ 行った言葉~ (9, 0.1%)

1 だ, で解った, には思い, もある, もまだ, も半蔵, を不思議, を思い出し, を考え

▼ 行った過程~ (9, 0.1%)

1 であると, というもの, にはあきらか, はいかにも, は日本文学史, は鉄幹, も面白う, をも亦, を書い

▼ 行った~ (9, 0.1%)

1 に仮名, に夫人, に屋根裏, に御, に死にやがっただ, に母親, に病院, に衛門督, に静也

▼ 行ったなんて~ (8, 0.1%)

1 うそだ, ことは, それは, どっかに, なぜそんな, 二とこで, 云いますけれど, 皆出たら

▼ 行った事実~ (8, 0.1%)

1 から一切, が見え, である, はある, はもっとも, もある, を太田, を知り

▼ 行った以上~ (8, 0.1%)

1 どういうこと, の抜萃, はそして, は他人, は存分, は敏子, は車券, もう朝廷

▼ 行った女中~ (8, 0.1%)

1 がその, が大変, が妙, が妻, が答え, の下駄, の話, はやがて

▼ 行った姿~ (8, 0.1%)

1 がおかしかっ, にはどこ, はなに, はまだ, は今, は殆ど, は深く, を想像

▼ 行った帰り途~ (8, 0.1%)

1 から何ら, ちょうど庚申塚, つい何だかここ, なので, に浜松, に溜池, に無言, に破門

▼ 行った形跡~ (8, 0.1%)

2 がある 1 がない, だけは明らか, はたしか, はない, は充分, もあります

▼ 行った~ (8, 0.1%)

1 などその, にいわゆる, にこれ, に途中, の事, の姿, の紀行, 買ったもの

▼ 行った~ (8, 0.1%)

1 がお伽噺, がなかっ, がもどっ, がカテガット海峡, で帰っ, の方, の機関室, の目

▼ 行った連中~ (8, 0.1%)

1 が帰っ, が戻っ, とは反対, の顔, はみんな, は埒, もいる, も旅費

▼ 行った~ (8, 0.1%)

1 がある, なん, の問題, の紙包, の証文, も大晦日, を同じ, を捲き揚げられ

▼ 行ったかの~ (7, 0.0%)

3 ような 1 ように, 侍, 女の, 巨大な

▼ 行ったかは~ (7, 0.0%)

1 この話, よく見極められなかった, 今日私たちが, 判らんですね, 少しも, 気が, 説明は

▼ 行ったせい~ (7, 0.0%)

2 もあるであろう 1 か子供, か彼女, か杉江, だろうか, でしょう

▼ 行った~ (7, 0.0%)

31 いな, おい君, ウッ, ッ

▼ 行ったなどと~ (7, 0.0%)

1 いった, いろんなこと, 云う, 口走ったこと, 思われるくらい, 知れたらたちまち, 聞えては

▼ 行ったやつ~ (7, 0.0%)

1 がいたずら, がいる, だったんで, におれ, は, は特別, は綱

▼ 行った~ (7, 0.0%)

1 お京, だったという, のこと, の保津川, の街, はあなた, も沖さん

▼ 行った~ (7, 0.0%)

1 が何だか, が成長, が指す, のため, の頼, もときどき, 猿に

▼ 行った帰途~ (7, 0.0%)

1 だと, だという, だとの, であった, または買物, を伝馬町, を近江屋

▼ 行った心持~ (7, 0.0%)

1 が生, なんか通じなかったらしい, の必然, も思い出せ, や希望, を今, 若しあれ

▼ 行った時代~ (7, 0.0%)

1 があった, であった, で文壇, とやっぱり, のやや, の非合法, は巫覡

▼ 行った翌日~ (7, 0.0%)

1 からきのう, から夫婦, だかに, でおしまい, の土曜, の晩, は日曜日

▼ 行った~ (7, 0.0%)

1 が, である, に私, のない, の叫び, はいくら, を見ました

▼ 行ったどこ~ (6, 0.0%)

2 へ行った 1 かで魚の目, かの茶屋, にでも神秘, 逃げ出した罰

▼ 行ったやら~ (6, 0.0%)

1 ああ考え込め, わからずに, 少しも, 影も, 消えて, 私は

▼ 行った~ (6, 0.0%)

1 けな, て, ていうん, てないの, てねえ, て聞きました

▼ 行った人夫~ (6, 0.0%)

1 に汲取り, の一人, の中, の春蔵, は左, は携帯

▼ 行った仲間~ (6, 0.0%)

21 からあの, のあと, の五平, の六助

▼ 行った~ (6, 0.0%)

1 のとおり, のベルリン製, の手箱, の有明荘, の路次裏, の軸物

▼ 行った~ (6, 0.0%)

1 があった, がその, さえ幸福, というの, のあった, は

▼ 行った~ (6, 0.0%)

1 からだった, の三郎, の仲間, の身の上, の銀五郎, よ

▼ 行った~ (6, 0.0%)

1 伝馬船が, 六と, 妻の, 悪魔が, 窓の, 粋な

▼ 行った後私~ (6, 0.0%)

2 は二階 1 はやはり, はオイオイ, は一人, は椅子

▼ 行った日本人~ (6, 0.0%)

2 でセーラム 1 がこの, が私, に一体, らしい人たち

▼ 行った~ (6, 0.0%)

1 が大きな, が帰っ, が部屋, と母屋, に対して払われない, を少し

▼ 行った葉子~ (6, 0.0%)

1 が間三日, に茶の間, の断髪, の良人, はやがて, を取りまい

▼ 行った覚え~ (6, 0.0%)

2 がある, はない 1 のある, は無い

▼ 行った青年~ (6, 0.0%)

1 から保, が応接間, が途中, の姿, の幾人, の気持ち

▼ 行った~ (6, 0.0%)

1 だぞ, はいくら, を見, を見つけ, を連れ戻し, 騰将軍

▼ 行ったからとて~ (5, 0.0%)

1 どんな谷底, なぜおまえ, 必ずしもそれ, 必ずしも名案, 調子に

▼ 行ったそれ~ (5, 0.0%)

1 がそもそも, が入っ, は一様, は旅, を今ここ

▼ 行った~ (5, 0.0%)

21 あたしがネ, またそれだけ, 何とかし

▼ 行ったとかいう~ (5, 0.0%)

1 ことでした, ことです, のなら, 夫の, 話でした

▼ 行ったなと~ (5, 0.0%)

2 思うと 1 思う間もなく, 思ったから, 相顧み

▼ 行った~ (5, 0.0%)

1 お母, よかった, 吉左衛門が, 玄関に, 行ったが

▼ 行ったほど~ (5, 0.0%)

1 だった, であった, である, 日数を, 節子は

▼ 行ったみたい~ (5, 0.0%)

2 だった 1 だ, なまね, に一緒

▼ 行った~ (5, 0.0%)

1 あたいの, え, お目にかかりたいと, そこの, 行きおったわ

▼ 行ったんで~ (5, 0.0%)

1 がす, すい, 大変銭が, 御座居ます, 鴉が

▼ 行った~ (5, 0.0%)

1 だ, だけど, でまあ, はええ, を忘れん

▼ 行った仕事~ (5, 0.0%)

2 ではない 1 である, については一言, もいい

▼ 行った~ (5, 0.0%)

1 が, の一人, の群れ, は要害, を営外

▼ 行った同じ~ (5, 0.0%)

1 待合へと, 日の, 路の, 道の, 長屋の

▼ 行った場所~ (5, 0.0%)

1 から見え, が宇宙, にはどう, には両側, に向け

▼ 行った大きな~ (5, 0.0%)

1 仕事を, 屋敷と, 彫刻が, 蜜柑を, 足音が

▼ 行った子供~ (5, 0.0%)

2 の姿, を迎え 1 はエドヴィナ伯爵

▼ 行った帰り道~ (5, 0.0%)

1 だった, であった, にちょい, に淀橋, 悪旗本

▼ 行った平次~ (5, 0.0%)

2 とガラッ 1 はそこで, は三河町, は奥宮鏡太郎

▼ 行った~ (5, 0.0%)

1 にそんな, に所謂, に立ち寄った, に節子, に頼ん

▼ 行った当時~ (5, 0.0%)

1 からのこと, のフランス, の様子, の自分, は頗る

▼ 行った彼女~ (5, 0.0%)

1 が居る, はそれ, は何, は南原杉子, は思いがけない

▼ 行った戻り~ (5, 0.0%)

1 じゃ和尚さん, でもあろう, に大垣, に大杉, に天下

▼ 行った演説~ (5, 0.0%)

1 による, の上, の内容, もマリア, を憤り

▼ 行った~ (5, 0.0%)

1 の家, の死, は夕方, も, をわたくし

▼ 行った自分~ (5, 0.0%)

1 にくっつい, のす, のほか, の性格, の本箱

▼ 行った~ (5, 0.0%)

1 が戻っ, だったと, の影, はとっくに, は君

▼ 行ったあたり~ (4, 0.0%)

1 です, で高台, に住持, の街道

▼ 行ったからと~ (4, 0.0%)

2 云って 1 いうであろう, いって

▼ 行ったこっち~ (4, 0.0%)

3 へ来た 1 は恥

▼ 行った~ (4, 0.0%)

1 えから, えの, え話しだ, 千葉だ

▼ 行ったとき伸子~ (4, 0.0%)

1 は, はそこで, は三時間事務所, は何と

▼ 行ったなどという~ (4, 0.0%)

1 ことである, ことを, のは, 評判さえ

▼ 行ったばかりに~ (4, 0.0%)

1 あの虐, もう腹, シゴイさんが, 小三郎は

▼ 行ったまで~ (4, 0.0%)

1 だ, である, です, で別に

▼ 行ったまでの~ (4, 0.0%)

1 ことで, ことである, こッた, 勝見は

▼ 行った~ (4, 0.0%)

1 たとんの, 丁度おれ, 目洗った, 葛巻は

▼ 行った前後~ (4, 0.0%)

2 の話 1 にその, のこと

▼ 行った叔父~ (4, 0.0%)

1 ががちがち顫, は余, は随分, を送り出し

▼ 行った味方~ (4, 0.0%)

1 が少なから, が意, が騎虎, の決死隊

▼ 行った品物~ (4, 0.0%)

1 であります, にはまるで, は凡て家主, を売っ

▼ 行った~ (4, 0.0%)

4 之助

▼ 行った~ (4, 0.0%)

2 はまもなく 1 だ, を聞く

▼ 行った~ (4, 0.0%)

1 な男, 盃に, 行李の, 風呂敷の

▼ 行った女房~ (4, 0.0%)

1 がもう, とは途, の眼, はまだ

▼ 行った~ (4, 0.0%)

2 よりの落葉松林 1 なの, 籠りの

▼ 行った~ (4, 0.0%)

3 の男 1 にはろくろく

▼ 行った~ (4, 0.0%)

2 へかかった 1 が目路, へか

▼ 行った~ (4, 0.0%)

1 にはゴム, の暖簾, の若い, も少なく

▼ 行った後半蔵~ (4, 0.0%)

1 はひとり歌書, は会所, は店座敷, は水戸浪士

▼ 行った後姿~ (4, 0.0%)

1 が淋しかっ, にも寸分, を二階, を忘れぬ

▼ 行った~ (4, 0.0%)

1 冗談だった, 家来衆も, 小人目付を, 話です

▼ 行った態度~ (4, 0.0%)

1 といい, と対比, の根本的, は立派

▼ 行った拍子~ (4, 0.0%)

1 にこの, に白い, に起った, に軽い

▼ 行った方向~ (4, 0.0%)

1 とは反対, に休まず歩みつづけられ, をすかし, を拝みました

▼ 行った時そこ~ (4, 0.0%)

1 には光, の匪首, の崖, の御

▼ 行った時彼女~ (4, 0.0%)

1 から受取った, の尊大, の心, は横向き

▼ 行った武士~ (4, 0.0%)

1 があった, に相違, の後姿, の方

▼ 行った母親~ (4, 0.0%)

1 が坂, の眼, はその, を尋ね

▼ 行った浅井~ (4, 0.0%)

1 と一人, の心, はいつも, は寝

▼ 行った父親~ (4, 0.0%)

1 があっ, の敬蔵, の春吉, は製糸事業

▼ 行った~ (4, 0.0%)

2 きいたので 1 にご, をつたえ

▼ 行った留守中~ (4, 0.0%)

1 であったこと, で寺田, に大変, に日本橋

▼ 行った目的~ (4, 0.0%)

1 はわからない, は仏道修行, は極東, もそれ

▼ 行った着物~ (4, 0.0%)

1 はあらかた, はほんとう, やら靴, を身

▼ 行った~ (4, 0.0%)

1 だけがまるで, のところ, をピッタリ, を閉め

▼ 行った~ (4, 0.0%)

2 一囘推算を 1 一の, 二の

▼ 行った素子~ (4, 0.0%)

1 が, が呼んだ, の顔, は五六日ノビル

▼ 行った~ (4, 0.0%)

1 は夫人, を拾った, を花瓶, 散里

▼ 行った記憶~ (4, 0.0%)

1 がある, がない, もあります, を呼び起した

▼ 行った~ (4, 0.0%)

1 問題を, 大名も, 成果の, 段階に

▼ 行った途中~ (4, 0.0%)

1 のこと, の初冬, の気持, の難船

▼ 行った通り~ (4, 0.0%)

1 に, にあった, に声, の船路

▼ 行った~ (4, 0.0%)

1 が一間, のある, をチビリ, を飲み残した

▼ 行った~ (4, 0.0%)

1 など何, にも亦, に孫兵衛, に見た

▼ 行ったあと彼~ (3, 0.0%)

1 は他, は膳, も自分

▼ 行ったお客様~ (3, 0.0%)

1 だのにと, ての, にまた

▼ 行ったお金~ (3, 0.0%)

1 がどの, のこと, もみんな

▼ 行ったからには~ (3, 0.0%)

1 はっきり第, 大和の, 立派に

▼ 行ったがね~ (3, 0.0%)

2 やっぱりいつか足 1 どこかの

▼ 行ったくせ~ (3, 0.0%)

1 にしり, にまだ, に手持無沙汰

▼ 行ったこれ~ (3, 0.0%)

1 が当の, は宜, も酔っ払い

▼ 行ったしかし~ (3, 0.0%)

1 その時, 棒でも, 頭を

▼ 行ったそこ~ (3, 0.0%)

1 には麻, の繩, の荒涼

▼ 行っただけで~ (3, 0.0%)

1 あなたにたいする, すぐに, その後行きません

▼ 行ったときわたし~ (3, 0.0%)

1 はかれ, はきょろきょろ, は思わず

▼ 行ったとき何~ (3, 0.0%)

1 かの工事, か御, をたべた

▼ 行ったとき彼女~ (3, 0.0%)

1 の, の希望, は

▼ 行ったとして~ (3, 0.0%)

1 彼の, 相手に, 話して

▼ 行ったとばかり~ (3, 0.0%)

1 で後, で消息, 思って

▼ 行ったなり~ (3, 0.0%)

1 あたかも敬太郎, これも, 帰って

▼ 行ったには~ (3, 0.0%)

1 相違ねえ, 行ったけれども, 違いない

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 あの塾, あれが, 韮山

▼ 行ったほどの~ (3, 0.0%)

1 ものが, やかまし屋では, 年ごろであった

▼ 行ったもう~ (3, 0.0%)

2 一つの 1 ひとりも

▼ 行った一頭~ (3, 0.0%)

1 の馬, の駒, の黒鹿毛

▼ 行った三人~ (3, 0.0%)

1 のうち, はまだ, は二

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 で云いたい, で集った, に浄水薬

▼ 行った不幸~ (3, 0.0%)

1 な友, な孤児, を妻

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 こんな例, にも居なかった, の叔母

▼ 行った以前~ (3, 0.0%)

2 の悲劇 1 の番頭

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 かの問題, と云っ, にも知らない

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 はその後, は其の, は来

▼ 行った使い~ (3, 0.0%)

1 があった, の二名, の私服

▼ 行った使者~ (3, 0.0%)

1 がこちら, のうち, の戻り

▼ 行った先生~ (3, 0.0%)

1 がまた, の死骸, はちょうど

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 の直ぐ, をどこ, を少し

▼ 行った刑事~ (3, 0.0%)

1 から偶然手懸り, に, の一人

▼ 行った半蔵~ (3, 0.0%)

1 が運命, の弟子勝重, はそこ

▼ 行った友人~ (3, 0.0%)

1 から貰った, があまり, の贈り物

▼ 行った友達~ (3, 0.0%)

1 からぜひ, のし, は牧野

▼ 行った右手~ (3, 0.0%)

1 に板囲い, のところ, の所

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 が二千年, であると, も少く

▼ 行った土地~ (3, 0.0%)

1 でもあり, なので, へは二度と

▼ 行った~ (3, 0.0%)

2 計代の 1 計代にとっても

▼ 行った多く~ (3, 0.0%)

1 の和漢, の病人たち, の若い

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 が帰, の話, を偲んだ

▼ 行った女性~ (3, 0.0%)

1 がある, には何, の解放論

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 と近頃一戸, に訊い, は彼女

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 が話し, の噂, の容体

▼ 行った子供ら~ (3, 0.0%)

1 のため, は定雄ら, は彼

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 とお, はどん, を送り出した

▼ 行った小さい~ (3, 0.0%)

1 娘の, 宿屋に, 犬では

▼ 行った~ (3, 0.0%)

3 の下

▼ 行った巡査~ (3, 0.0%)

1 からの報告, はわたし, まで自殺

▼ 行った帰りがけ~ (3, 0.0%)

1 にちょっと, にはよく, に原君

▼ 行った帰り路~ (3, 0.0%)

1 だとか, であった, で一人

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 だのに, に波多野精一先生, をこの

▼ 行った彼等~ (3, 0.0%)

1 がそんなに, の荷物, は季節

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 の中, の力, は到頭

▼ 行った提灯~ (3, 0.0%)

2 のひかり 1 である

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 の人, の女, の話

▼ 行った時店~ (3, 0.0%)

1 に行っ, の入口, の灯

▼ 行った最初~ (3, 0.0%)

2 の人 1 の夜

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 に一つ, に彼, の最後

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 の人, の娘たち, の若者

▼ 行った気配~ (3, 0.0%)

1 である, にも身じろぎ, もない

▼ 行った浪人~ (3, 0.0%)

1 の連れ, はそれでも, は桃

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 のおばさん, の果, へ向っ

▼ 行った烏瓜~ (3, 0.0%)

3 のあかり

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 だろう, はまだしばらく, を体

▼ 行った犯罪~ (3, 0.0%)

1 である, と行わなかった, を冷静

▼ 行った男の子~ (3, 0.0%)

2 が鼻 1

▼ 行った祖母~ (3, 0.0%)

1 の背後影, は急, は私

▼ 行った~ (3, 0.0%)

1 の夏, の薄日, 長い間

▼ 行った~ (3, 0.0%)

2 之助 1 の入れ墨

▼ 行った笹村~ (3, 0.0%)

1 はまだ, は裏, は長く

▼ 行った経験~ (3, 0.0%)

1 がある, はある, を持っ

▼ 行った美しい~ (3, 0.0%)

1 破片の, 精神病の, 花馬車が

▼ 行った荷物~ (3, 0.0%)

1 でも書籍, の始末, はもう

▼ 行った財布~ (3, 0.0%)

1 はなる, もその, を出した

▼ 行った足跡~ (3, 0.0%)

1 が裏白, しかつい, として夫

▼ 行った車夫~ (3, 0.0%)

1 が怪しん, は空車, は高輪

▼ 行った部屋~ (3, 0.0%)

1 である, の空気, は六畳

▼ 行った風呂敷包み~ (3, 0.0%)

1 であるかも, は土堤, は玉突き室

▼ 行った鹿~ (3, 0.0%)

1 が竿立ち, はびっくり, は首

▼ 行ったあいだ~ (2, 0.0%)

1 にかの, に綾衣

▼ 行ったあげく~ (2, 0.0%)

1 なおこういう, にはどんなに

▼ 行ったあたし~ (2, 0.0%)

2 のほう

▼ 行ったある~ (2, 0.0%)

1 商人が, 樓から

▼ 行ったあれ~ (2, 0.0%)

1 と変わり, は何

▼ 行ったうち~ (2, 0.0%)

1 の近所, の長女咲子

▼ 行ったおり~ (2, 0.0%)

1 から秋, の若々し

▼ 行ったお茶屋~ (2, 0.0%)

1 の光景, の噂

▼ 行ったかい~ (2, 0.0%)

1 もう, 貞藏富五郎が

▼ 行ったかが~ (2, 0.0%)

1 作品形成の, 判らなければ

▼ 行ったかて~ (2, 0.0%)

1 行ききり, 食べられへんぜ

▼ 行ったかな~ (2, 0.0%)

1 これが, ア小便垂れえ

▼ 行ったきりいつ~ (2, 0.0%)

1 までもお, までも今市

▼ 行ったぎり~ (2, 0.0%)

1 で其の, で帰っ

▼ 行ったくらいの~ (2, 0.0%)

1 ことだろう, 魅力であった

▼ 行ったけど~ (2, 0.0%)

1 いつに, 選挙騒ぎで

▼ 行ったことば~ (2, 0.0%)

1 には, を思い出し

▼ 行った~ (2, 0.0%)

2 きざきで

▼ 行ったさき~ (2, 0.0%)

1 であんな, というの

▼ 行ったすぐ~ (2, 0.0%)

1 あと, その後で

▼ 行ったすべて~ (2, 0.0%)

1 のファシズム国家, の悪業

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 さっき, 俺の

▼ 行ったそういう~ (2, 0.0%)

1 行動上の, 資格において

▼ 行ったその後~ (2, 0.0%)

1 で博士, で駒井甚三郎

▼ 行ったそれこっち~ (2, 0.0%)

1 へ来た, へ行った

▼ 行ったそれぞれ~ (2, 0.0%)

1 の国語, の戦争

▼ 行ったって~ (2, 0.0%)

1 云う温泉, 言うぜ

▼ 行ったつもり~ (2, 0.0%)

1 で来たつもり, の人影

▼ 行ったつや子~ (2, 0.0%)

1 から果して, が傘

▼ 行ったとき先生~ (2, 0.0%)

1 に断わり, も生徒

▼ 行ったとき母~ (2, 0.0%)

1 の多, は私

▼ 行ったとき私~ (2, 0.0%)

1 はあなた, はそぞろ

▼ 行ったところ私~ (2, 0.0%)

1 の子供, は非常

▼ 行ったところ誰~ (2, 0.0%)

1 も客, も私

▼ 行ったとたん~ (2, 0.0%)

1 に停電, に異様

▼ 行ったとでも~ (2, 0.0%)

1 いうの, いうわけ

▼ 行ったとやら~ (2, 0.0%)

1 で江戸表, で町

▼ 行ったどうやら~ (2, 0.0%)

1 人が, 合図の

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 うまく黒, 御叔母さん

▼ 行ったのち~ (2, 0.0%)

1 お藤, こんな達示

▼ 行ったのよ~ (2, 0.0%)

1 お祖母さま, 板の間だ

▼ 行ったばかりか~ (2, 0.0%)

1 びっこも引かず, ドイツイギリスフランスアメリカと

▼ 行ったひと~ (2, 0.0%)

1 が来た, と藤村

▼ 行ったふり~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 行ったまでは~ (2, 0.0%)

1 いいが, 覚えて

▼ 行ったまま消息不明~ (2, 0.0%)

1 な弟, になった

▼ 行ったまま遭難~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 行ったみやげ~ (2, 0.0%)

1 にほんとう, の残り

▼ 行ったアト~ (2, 0.0%)

1 で私, を見送る

▼ 行ったパイプ~ (2, 0.0%)

1 などが急, や帳簿

▼ 行った一つ~ (2, 0.0%)

1 の, のなぞ

▼ 行った一升~ (2, 0.0%)

2 の酒

▼ 行った一枚~ (2, 0.0%)

1 の布, の着物

▼ 行った一疋~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, はたびたびもう

▼ 行った七人~ (2, 0.0%)

1 のもの, の農兵

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 で俺, で満足

▼ 行った三吉~ (2, 0.0%)

1 が町, はやがて

▼ 行った三四人~ (2, 0.0%)

1 が何, と窮屈そう

▼ 行った上海~ (2, 0.0%)

1 の御, の賑やか

▼ 行った下宿~ (2, 0.0%)

1 の亭主, はお

▼ 行った中隊~ (2, 0.0%)

1 がやられた, の方

▼ 行った~ (2, 0.0%)

2 が二重

▼ 行った二つ~ (2, 0.0%)

1 の小さな, の影

▼ 行った二三~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の非常

▼ 行った二階~ (2, 0.0%)

1 から下り, は七畳

▼ 行った亜米利加~ (2, 0.0%)

1 の女, の軍艦

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 と同じ, のお

▼ 行った伝六~ (2, 0.0%)

1 がその, でありました

▼ 行った侍たち~ (2, 0.0%)

1 が万吉, は丑之助

▼ 行った信州~ (2, 0.0%)

1 の, の上林

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 がなぜ, は拍子抜

▼ 行った先々~ (2, 0.0%)

1 で折々, の人間達

▼ 行った先きの~ (2, 0.0%)

2 御っ

▼ 行った入口~ (2, 0.0%)

1 の扉, をしっかり

▼ 行った処先生~ (2, 0.0%)

2 には昏睡状態

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 にはお前, には夜

▼ 行った劇場~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の名

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 は天平, もそれ

▼ 行った動機~ (2, 0.0%)

1 なぞを小, をも見つけ

▼ 行った医師~ (2, 0.0%)

1 は叮嚀, は決して

▼ 行った千歳~ (2, 0.0%)

1 などでは月十八円, の女将

▼ 行った原稿~ (2, 0.0%)

1 の方, をやおら

▼ 行った古い~ (2, 0.0%)

1 屋敷に, 蝙蝠傘を

▼ 行った古風~ (2, 0.0%)

1 な行燈, な馬車

▼ 行った召使い~ (2, 0.0%)

1 の中, は間もなく

▼ 行った国学者~ (2, 0.0%)

1 の先生, の情熱

▼ 行った土産~ (2, 0.0%)

1 に言問, を戸棚

▼ 行った地点~ (2, 0.0%)

1 にあり, に明らか

▼ 行った報告~ (2, 0.0%)

1 にもそっ, の中

▼ 行った夕方~ (2, 0.0%)

1 その妹, の空気

▼ 行った夜具~ (2, 0.0%)

1 を乾し, を延べ

▼ 行った大阪~ (2, 0.0%)

1 に肝腎, の酒場

▼ 行った夫人~ (2, 0.0%)

1 はすぐまた, は非常

▼ 行った奇蹟~ (2, 0.0%)

1 も実はただ, を信じ

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 に住ん, の方

▼ 行った女房たち~ (2, 0.0%)

1 の中宮, も春

▼ 行った女達~ (2, 0.0%)

1 がぞろぞろかえって, はあまり

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, のす

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 やさん, やはあっと

▼ 行った学生~ (2, 0.0%)

1 の一人, は小屋

▼ 行った家主~ (2, 0.0%)

1 のうしろ姿, の親爺

▼ 行った家族~ (2, 0.0%)

1 のうわさ, のもの

▼ 行った宿題~ (2, 0.0%)

1 である, をその

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 はひそか, はようやく

▼ 行った小さな~ (2, 0.0%)

1 ノートブックの, 手帳を

▼ 行った小姓たち~ (2, 0.0%)

1 もそう, もまた

▼ 行った小次郎~ (2, 0.0%)

1 の心, はそこ

▼ 行った小野田~ (2, 0.0%)

1 が思出, に対する軽蔑

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 弐の, 弐頼尚

▼ 行った岸本~ (2, 0.0%)

1 に蘇生, を見

▼ 行った左側~ (2, 0.0%)

1 でご, の

▼ 行った巴里~ (2, 0.0%)

1 に岸本, のキャフェ

▼ 行った帰路~ (2, 0.0%)

1 のところ, の者

▼ 行った座敷~ (2, 0.0%)

1 に夫婦, に居る

▼ 行った庸太郎~ (2, 0.0%)

1 がひょっこり, をちょうど

▼ 行った廊下~ (2, 0.0%)

1 のモウ一つ向う, へうろたえ

▼ 行った弟子~ (2, 0.0%)

1 のなか, の一人

▼ 行った~ (2, 0.0%)

2 之丞様

▼ 行った当人~ (2, 0.0%)

1 は対等, よりも残され

▼ 行った当座~ (2, 0.0%)

1 はけっして, は高い

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 でたった, は面白い

▼ 行った形見~ (2, 0.0%)

1 であった, のすべて

▼ 行った径路~ (2, 0.0%)

1 は文化史的, や初恋

▼ 行った後彼~ (2, 0.0%)

1 はある, は大急ぎ

▼ 行った後醍醐~ (2, 0.0%)

1 の御, の第

▼ 行った心理~ (2, 0.0%)

1 のうち, の過程

▼ 行った恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 ものの, 悪血であった

▼ 行った息子~ (2, 0.0%)

1 がやがて, にし

▼ 行った情熱~ (2, 0.0%)

1 のかえす怒, を静か

▼ 行った意味~ (2, 0.0%)

1 がようやく, を考えた

▼ 行った感じ~ (2, 0.0%)

1 だった, でした

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 をいまいまし, をがっかり

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 が忽ちバラバラ, の上部

▼ 行った手土産~ (2, 0.0%)

1 の菓子箱, を隠居

▼ 行った手廻り~ (2, 0.0%)

1 の包み, の品

▼ 行った手紙~ (2, 0.0%)

1 を刑事, を取り上げ

▼ 行った拙者~ (2, 0.0%)

1 の弟, はもう

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 は七, よりずっと

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 の主, は財宝

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 吉原の, 詩社の

▼ 行った新九郎~ (2, 0.0%)

1 の姿, の影

▼ 行った方法~ (2, 0.0%)

1 に就, はそれ

▼ 行った日本~ (2, 0.0%)

1 の夥しい, の美術品

▼ 行った昨夜~ (2, 0.0%)

1 の娘, の無銭飲食者

▼ 行った時ここ~ (2, 0.0%)

1 に忽ち, へ入り込ん

▼ 行った時それ~ (2, 0.0%)

1 が松本伊豆守, を見守っ

▼ 行った時グリーンマン博士~ (2, 0.0%)

2 に案内

▼ 行った時フィルショオ~ (2, 0.0%)

2 が会頭

▼ 行った時マーク氏~ (2, 0.0%)

2 が話された

▼ 行った時何~ (2, 0.0%)

1 か妙, か御馳走

▼ 行った時廊下~ (2, 0.0%)

1 で明日子, の人込

▼ 行った時我々~ (2, 0.0%)

1 は横浜, は間違った

▼ 行った晩帰り~ (2, 0.0%)

1 に渡された, のバス

▼ 行った曲者~ (2, 0.0%)

1 が何, をなぜ

▼ 行った書物~ (2, 0.0%)

1 の中, を手

▼ 行った有様~ (2, 0.0%)

1 はめざましい, を回顧

▼ 行った朝日~ (2, 0.0%)

2 がキラキラ

▼ 行った栄三郎~ (2, 0.0%)

1 の帰府, の涙

▼ 行った森啓之助~ (2, 0.0%)

1 でも呼ん, の仲間

▼ 行った機会~ (2, 0.0%)

1 とが如何に, に料理書

▼ 行った次兄~ (2, 0.0%)

1 の許, はただならぬ

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 がある, ですよ

▼ 行った正一~ (2, 0.0%)

1 はふと, も一緒

▼ 行った~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 行った武蔵~ (2, 0.0%)

1 のうしろ姿, を慕っ

▼ 行った死骸~ (2, 0.0%)

1 につづい, の連想

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 がし, が今

▼ 行った浴衣~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, を一枚

▼ 行った温泉~ (2, 0.0%)

1 の中, へ行っ

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 でも考えない, の軌跡

▼ 行った無数~ (2, 0.0%)

1 の軍馬, の隣人たち

▼ 行った熱川~ (2, 0.0%)

1 に2円, は行きたい

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 が内, のあと

▼ 行った犯人~ (2, 0.0%)

1 の技巧, は轟九蔵氏

▼ 行った猟師~ (2, 0.0%)

1 が戻った, の話

▼ 行った理由~ (2, 0.0%)

1 でもあろう, をあらわ

▼ 行った瑠璃子~ (2, 0.0%)

1 の方, を振り返り

▼ 行った甲斐~ (2, 0.0%)

1 がない, が無い

▼ 行った男たち~ (2, 0.0%)

1 がドヤドヤ, は野

▼ 行った痕跡~ (2, 0.0%)

1 が早く, に顔

▼ 行った白い~ (2, 0.0%)

1 手巾を, 雲までも

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 なの, には明る

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 だ, で近頃

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 には鼻, の見えぬ

▼ 行った瞬間~ (2, 0.0%)

1 からあと, からユーディット・マンハイム

▼ 行った知人~ (2, 0.0%)

1 が頒, のところ

▼ 行った私服~ (2, 0.0%)

1 が後先, の一人

▼ 行った空地~ (2, 0.0%)

1 の一方, の塀

▼ 行った空気~ (2, 0.0%)

1 が仲, は皆

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 の痕, の穂先

▼ 行った節子~ (2, 0.0%)

1 の様子, は世

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 だとか, の空俵

▼ 行った紅矢~ (2, 0.0%)

1 でした, や兵隊達

▼ 行った紙片~ (2, 0.0%)

1 を丸めた, を手

▼ 行った細君~ (2, 0.0%)

1 はその, へ投げつける

▼ 行った編笠~ (2, 0.0%)

1 と待っ, を静か

▼ 行った老婆~ (2, 0.0%)

1 が電信柱, の話

▼ 行った者たち~ (2, 0.0%)

1 が内地, もつばめ返し

▼ 行った脇差~ (2, 0.0%)

1 が相手, だろうこれ

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 恂の, 涜行為に

▼ 行った自動車~ (2, 0.0%)

1 にかつぎ込み, の運転手

▼ 行った良人~ (2, 0.0%)

1 の事, の任国

▼ 行った芸者~ (2, 0.0%)

1 だ, も太鼓持

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 侍が, 武士な

▼ 行った若者~ (2, 0.0%)

1 であった, に対しての憤怒

▼ 行った英国人~ (2, 0.0%)

1 のうわさ, の登山家

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 でも矢, に秀子

▼ 行った藤村~ (2, 0.0%)

1 の心, の歓迎会

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 はたいがい, はほんの

▼ 行った行燈~ (2, 0.0%)

1 のあかり, の傍

▼ 行った覆面~ (2, 0.0%)

1 の武士たち, をした

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 行った証拠~ (2, 0.0%)

1 だけがあっ, も入った

▼ 行った詩集~ (2, 0.0%)

2 をとりあげ

▼ 行った~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 がそれ, の方

▼ 行った赤ん坊~ (2, 0.0%)

1 について調査, はああ

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 だ, で上りこむ

▼ 行った足音~ (2, 0.0%)

1 だ, にちがい

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 とは反対, を歩んだ

▼ 行った路傍~ (2, 0.0%)

1 にまぐろ, の日当

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 の跡, の音

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 だろう, です

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 が最もよく, でも辿る

▼ 行った途端~ (2, 0.0%)

1 すっかり銀子, に一角

▼ 行った道筋~ (2, 0.0%)

1 のとおり, の忠実

▼ 行った道順~ (2, 0.0%)

1 から考え, や沿道

▼ 行った遠い~ (2, 0.0%)

1 記念の, 顧客先まわりを

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 と木綿糸, を取り上げた

▼ 行った長い長い~ (2, 0.0%)

1 悲哀は, 悲哀を

▼ 行った限り~ (2, 0.0%)

1 であの, なので

▼ 行った隊士~ (2, 0.0%)

2 が屯所

▼ 行った随身~ (2, 0.0%)

1 とそれ, に持たせ

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 のこと, は守衛

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 だったの, をきき

▼ 行った頃彼女~ (2, 0.0%)

1 は先刻, は岸本

▼ 行った順序~ (2, 0.0%)

1 だ, をも示す

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 がとまっ, を追う

▼ 行った駕籠~ (2, 0.0%)

1 の客, を真中

▼ 行った~ (2, 0.0%)

1 が有り難い, をこの世

▼1* [1968件]

行ったたくしでした, 行ったあげく一昨年の秋, 行ったあげく女の情夫, 行ったあげく幽霊のよう, 行ったあげく手廻の品々, 行ったあげく暴逆なる撃沈, 行ったあとあたり彼が東美濃, 行ったあときのうのよう, 行ったあとこんどは不行儀, 行ったあとジョリクールといっしょ, 行ったあとセエラはテエブル, 行ったあとラ・ベルもさすが, 行ったあとラ氏は私, 行ったあと一寸座は白けた, 行ったあと偶然すぐかの, 行ったあと僕はかね, 行ったあと千世子は行く, 行ったあと吉左衛門はまた, 行ったあと宮もまた, 行ったあと家内はいっそう, 行ったあと少佐はしばらく, 行ったあと峠の蝉時雨, 行ったあと日本通運のマーク, 行ったあと火鉢の傍, 行ったあと男靴が一足, 行ったあと磯五がもう一度, 行ったあと葉子は前, 行ったあと路の上, 行ったあと部屋はひっそり, 行ったあまりうまくない, 行ったあみをつかまえた, 行ったいきさつはこん, 行ったいずれの教室, 行ったいたずら者の仲間, 行ったいつ帰るの, 行ったいろいろな言葉, 行ったうえ甚内を拉し, 行ったうしろ姿を清吉, 行ったうわさもそれで, 行ったおっかさんの頬, 行ったおにぎりを頬張った, 行ったおびただしい塵埃それらが, 行ったおふくろを捜し廻れ, 行ったおまへが, 行ったおりんの墨跡, 行ったお客さ, 行ったお握りをたべ, 行ったお次があれ, 行ったお母さん笹井私労救の人, 行ったお爺さんの着物, 行ったお祖父さんの名, 行ったお茶や菓子, 行ったお蔭であるから, 行ったお足さえまだ, 行ったお里の母, 行ったお金さんを呼び返した, 行ったお陰で彼方此方, 行ったお隣へ両, 行ったお雪ちゃんが帰っ, 行ったお雪婆さんが帰りがけ, 行ったかぐらいのこたァ, 行ったかしらんと, 行ったかすがた, 行ったかってしょうむない, 行ったかとさえ彼には, 行ったかとも思われる, 行ったかどで硫黄島流し, 行ったかなどと訊く詮索癖, 行ったかについては窺い知ること, 行ったかについても大体見当を, 行ったかのう又水街道, 行ったかみさんは勇ましい, 行ったからでもあります, 行ったからという彼の, 行ったからはそこで生涯, 行ったからよそのつもり, 行ったきのうは木曜日, 行ったきりこの間初めて, 行ったきりその後杳として姿, 行ったきりたよりもよこさない, 行ったきりどちらも音沙汰, 行ったきり二三日家へ寄りつき, 行ったきり二人の子供, 行ったきり二十分程姿, 行ったきり二日経っても, 行ったきり五日も帰らん, 行ったきり便りも来なかった, 行ったきり大阪駅へ着い, 行ったきり子息の姿, 行ったきり宿へ戻っ, 行ったきり山へ帰っ, 行ったきり色町へ入り浸っ, 行ったきり誰も来なかった, 行ったきり長春かどこ, 行ったきり音も沙汰, 行ったきり順二郎はずっと, 行ったきり顔を見せなかった, 行ったきれいな黄色, 行ったぎりいまだに還御のほど, 行ったぎりで仮名も碌, 行ったくわしい系図を, 行ったぐらいすっかり足元, 行ったはい, 行ったことあれしませんか, 行ったことそれはもう少し, 行ったことそれ自身が愚, 行ったことアなえ, 行ったことフランスの町じゅう, 行ったこと今一度は人, 行ったこと光子さんお腹に物, 行ったこと其処の賤, 行ったこと勤労大衆の文化的活動, 行ったこと朝廷では討幕, 行ったこと消防の演習, 行ったこと自分の工場, 行ったこれからの自分, 行ったころ俊亮がふと, 行ったころ通路は急, 行った本隊は, 行ったさあみつ子が, 行ったさいたちまち鎮西, 行ったさきおとといの晩, 行ったさまを想い起す, 行ったじゃあないか, 行ったすきに縁側, 行ったずっと年少な, 行ったせつない心の, 行ったそうして着物を, 行ったその同じ道を, 行ったそもそもから親しく, 行ったそれから伊勢路へ, 行ったそれらの諸, 行ったそんな訳だ, 行ったため危く跳ね付けられようと, 行ったため成功したの, 行っただけじゃないわ, 行っただけにバラックに, 行ったっきり出て, 行ったっきりその後は何, 行ったっけははははどうだ, 行ったっていう位だ, 行ったついで気がかりだから, 行ったつぎ目のところ, 行ったつど報告して, 行ったといふ風でした, 行ったときあすこに大きな, 行ったときあそこの坊さん, 行ったときあなたがもしも, 行ったときおかみさんに逢いました, 行ったときおれもこういう, 行ったときそこにいた, 行ったときそれがどういう, 行ったときふしぎなこと, 行ったときぼくも一句, 行ったときろうかでおとうさん, 行ったときアザラシの子, 行ったときエイゼンシュタインは丁度, 行ったときギャフンとまいった, 行ったときパリで亡くなった, 行ったときファシストでない大, 行ったときホテルの傍, 行ったときホールの受け付け, 行ったときメフェストが出, 行ったときヤミ市というところ, 行ったときルオーがもう, 行ったとき万和の口, 行ったとき上田が気に入った, 行ったとき両足院の易者, 行ったとき主婦はニヤニヤ, 行ったとき京都の美し, 行ったとき人は何, 行ったとき人形芝居を観ました, 行ったとき何心なく下駄, 行ったとき例の小さい, 行ったとき保は水栽培, 行ったとき倫敦でライオン, 行ったとき全身に般若, 行ったとき八百円の札束, 行ったとき取次にでた, 行ったとき古賀が僕, 行ったとき吉兵衛は粗相, 行ったとき和一郎は出会い, 行ったとき嘉十はさっき, 行ったとき国境はやっぱり, 行ったとき国男さんがきれい, 行ったとき壁ぎわのディヴァン, 行ったとき声出して, 行ったとき売店から梅, 行ったとき夕方からあすこ, 行ったとき夕飯の仕度, 行ったとき夜ふけての水, 行ったとき姉も自分, 行ったとき姑が頑張っ, 行ったとき子供が荷物, 行ったとき子供たちが一番, 行ったとき孝之進は二階, 行ったとき客から金, 行ったとき山原が, 行ったとき崖の中腹, 行ったとき店には杉山氏, 行ったとき御馳走するとか, 行ったとき恋愛はない, 行ったとき息子に光丸, 行ったとき息子たちのこと, 行ったとき托児所の庭, 行ったとき文芸評論のところ, 行ったとき新吉は人間, 行ったとき暗闇の中, 行ったとき本屋の番頭, 行ったとき本木を買う, 行ったとき村長さんも丁度, 行ったとき板戸が後方, 行ったとき根っ子が低く, 行ったとき河本という小さな, 行ったとき海にとびこん, 行ったとき海嘯のよう, 行ったとき無断で没収, 行ったとき父親はもう, 行ったとき王仁三郎は現代, 行ったとき理由は彼, 行ったとき田中耕太郎は罷めさせられた, 行ったとき由吉と千鶴子, 行ったとき発見して, 行ったとき百合子は初めて, 行ったとき真実申し分のない, 行ったとき私たちは海, 行ったとき窓のそ, 行ったとき素子も伸子, 行ったとき細君は奥, 行ったとき聖像の前, 行ったとき若松屋惣七は履物, 行ったとき苦し紛れに案内, 行ったとき茶絹のシャツ, 行ったとき葉鶏頭の鮮, 行ったとき註文されたの, 行ったとき読売の写真班, 行ったとき貞吉は彼, 行ったとき車で飛ばしちまった, 行ったとき途中でお, 行ったとき連れの山口, 行ったとき離れを見, 行ったとき電車の中, 行ったとき面会所の窓, 行ったとき風がご, 行ったとき飯山線の森宮の原駅, 行ったとき馴染になった, 行ったところあそこへ行く, 行ったところあらくれの, 行ったところお嬢様は途中, 行ったところバターは消しゴム, 行ったところ一人の門弟, 行ったところ三浦さんはケロッと, 行ったところ不幸にも牙, 行ったところ丘の裾, 行ったところ今夜七時から芸術座, 行ったところ代官町へいつか, 行ったところ何もかも苦もなく, 行ったところ先方は少し, 行ったところ八百屋はこれ, 行ったところ列がずーっと, 行ったところ十二階の下, 行ったところ同人は病室, 行ったところ女湯とある, 行ったところ小四郎はどう, 行ったところ平野という料理屋, 行ったところ当時の値段, 行ったところ敵の張飛, 行ったところ本日井上嘉門ともども木曽へ向かっ, 行ったところ酒を飲ん, 行ったところ金杉橋を渡る, 行ったところ関羽は, 行ったところ食物は予期, 行ったとじゃないか, 行ったとばかし思って, 行ったどっちのほう, 行ったどんづまりの隠し平と云う, 行ったなあ仕合せだ, 行ったなかにまだ, 行ったなぞという, 行ったなぞとはなおなお信じられ, 行ったなどとは何と, 行ったなどとも云った, 行ったなに友達に誘われ, 行ったなりになって, 行ったについてはもっと重大, 行ったにもかかわらず晶子, 行ったにんじんがそこ, 行ったに対してファブルが, 行ったねえ行くたって, 行ったのち彼は今, 行ったのち日ごと日ごとずっと私, 行ったのにというような, 行ったのよと云って, 行ったはなはだ身勝手な, 行ったッかりに, 行ったばかしの熱いポタアジュ, 行ったばっかりに私は, 行ったばっかりのところな, 行ったひとつの影, 行ったひまに清吉, 行ったふうなの, 行ったふもとから見上げる, 行ったほどな憲房である, 行ったほんの少しの, 行ったぼくをみる, 行ったぼろぼろの飯, 行ったンま, 行ったまだ年若い, 行ったままいつまでも戻っ, 行ったまま五日経っても, 行ったまま学校へは診断書, 行ったまま家へ帰っ, 行ったまま幾日も帰っ, 行ったまま旅の客, 行ったまま行方不明になり, 行ったまま行衛知れずに, 行ったまま遊びほおけて, 行ったまんま死んだらどう, 行ったみちゆきを描いた, 行ったみな子に東京駅, 行ったもうすぐだ, 行ったもっと長いコンクリート, 行ったものこれは一つ, 行ったものゆえ彼の威令, 行ったもの義理にも退け, 行ったないか, 行ったやうにぼんやり, 行ったやくざ者と自分, 行ったやはり鍋島さまの, 行ったやらと思う, 行ったゆえんがある, 行ったようすもなく, 行ったよしにござりまする, 行ったよその県, 行ったよりつらくなっ, 行ったよりも安心だ, 行ったれいのクーデンホフ光子夫人, 行ったわけ橘は出かけた, 行ったわずかばかりの財産, 行ったわたしが片手, 行ったわと人々に, 行ったわなアし, 行った幸いに, 行ったんだいもう晩いよ, 行ったんでね到頭私, 行ったアナーキストといわれる, 行ったイノックがその, 行ったウィリアムとエルネスト, 行ったえ故国, 行ったオースチン師の叫び声, 行ったカナリヤの籠, 行ったカフェーで見た, 行ったカフスボタンはどう, 行ったカラ子のこと, 行ったガルスワーシー夫人が応接間, 行ったクダリは伏せ, 行ったクラウデはやがて, 行ったクラマールの八四五, 行ったクレヴィンがいま猟, 行ったクーペを直ぐ, 行ったコンサートの曲目, 行ったコースであった, 行ったサラット・チャンドラ・ダースという人, 行ったサンキストのレモン, 行ったジェルメエヌ後家からはもう, 行ったジンバリストの噂, 行ったストーヴにどんどん, 行ったスペイン婦人を諸君, 行ったスリッパがあった, 行ったセバストポールと想像, 行ったソヴェト作家の噂, 行ったタヌはさて, 行ったタミノのこと, 行ったタメシがなかっ, 行ったダーシャが戻っ, 行ったチェーホフや奥, 行ったチョビ安の姿, 行ったチョビ安泰軒居士の二人, 行ったチロル帽の老人, 行ったテウツシヤは特別, 行ったデカダンの生活, 行ったデカダンスとは中野, 行ったトム公が戻っ, 行ったドアの方, 行ったドアーをほそめ, 行ったナースチャの頭, 行ったニキータが後, 行ったニコライの復活祭, 行ったノヴァミルスキーは程なく, 行ったノートを二サ, 行ったハルミよりも先, 行ったバカのむきみ, 行ったパンの袋, 行ったパンジーを植木鉢, 行ったヒヤシンスの萎れ, 行ったフォルデリヒト瓦斯に及ぶ, 行ったブラームスの五〇年記念演奏会, 行ったプリムスが五メートル, 行ったベイカリの通り, 行ったベネチヤの白絹, 行ったベーコンだ, 行ったホテルの一室, 行ったボートだけを帰し, 行ったポカンの苦心惨憺, 行ったマドマゼエルの身, 行ったマブーフ理事は大佐, 行ったマリア・グレゴーリエヴナのおどろいた, 行ったマルヤ玩具店へ寄る, 行ったムクはちょうど, 行ったメロラ師の紀行, 行ったメーツらはサロン, 行ったメー叔母さんもあった, 行ったモセ嬶はひどく, 行ったモデル女はそれぎり姿, 行ったユキノという私, 行ったユリ子の姿, 行ったヨアンネス少年の服装, 行ったロイドはたちまち, 行ったロシアの階級的組織, 行った一ヵ月の間, 行った一九一四年には六十六歳, 行った一人者が娘, 行った一件の脇差, 行った一個の網雪洞, 行った一僧が突然, 行った一切の労, 行った一匹の雀, 行った一台のダイアナ, 行った一同は等しく, 行った一団なの, 行った一塊の小包, 行った一家で育ち, 行った一将があった, 行った一巻の中, 行った一幅の軸, 行った一年あまりの生活, 行った一手の勢, 行った一挺の蒔絵駕, 行った一支隊は斯波高経, 行った一方の紙片, 行った一日の事, 行った一月六日には淡雪, 行った一本の矢文, 行った一片の雨雲, 行った一種の日記帳, 行った一組の人間, 行った一船がいきなり, 行った一艘が帰帆, 行った一行の一人, 行った一部始終を告げ, 行った一隊がある, 行った丁度その時, 行った七人目の奴, 行った七八人の半分, 行った七兵衛の一言, 行った七兵衛親爺が立, 行った七色の点, 行った万字楼をさして, 行った万年屋はもの, 行った三五兵衛は少し, 行った三人等はさぞ, 行った三味線は棹, 行った三四名の男たち, 行った三番町の千代田家, 行った三百両の金, 行った三等車の乗客達, 行った三谷は実に, 行った三週間も前, 行った上林のせき, 行った上段の間, 行ったの手紙箱, 行った下男の佐吉, 行った不可思議な或, 行った不審もあった, 行った不敵な文字, 行った不断着を衣紋竹, 行った不気味な遺品, 行った与惣次は酒, 行った丘田医師が金, 行った女を, 行った中国人の高, 行った中将は源氏, 行った中津川の方, 行った中野を見る, 行った中野近くの医者, 行った中館が顔, 行った丹後守の家臣村松瀬兵衛, 行った丹生川村の日面, 行った主人は五つ, 行った主君源三郎の帰る, 行った主君直義の人数, 行った主婦は気味悪く, 行った主意を知っとる, 行った乗合客の中, 行った乱波者の石田, 行った乾児は仮, 行った亀遊の激しい, 行った事こちらの室, 行った事それは重, 行った事件から想像, 行った事務室の光景, 行った事情がわかるでありましょう, 行った事手紙の事, 行った事有馬屋父娘に対する怨み, 行った事蔵前に火事, 行った二女のこと, 行った二手の勢, 行った二時間たって, 行った二番目の男, 行った二百円の金, 行った二組の蒲団, 行った二騎の味方, 行った五六棟の長屋, 行った五分か十分の間, 行った交易品の熊, 行った京吉の後姿, 行った京子が巡回, 行った京都の話なぞ, 行った人形の影, 行った人影は, 行った人足もやはり, 行った人間たちの衣服, 行った人間実験に外, 行った人雪の中, 行った人食い犬があの, 行った今のは十一時, 行った今日は不味かっ, 行った仕業であると, 行った仕立屋の前, 行ったの三人, 行った他人の方, 行った仙公というの, 行った仙台の人, 行った以上兄さんだってもう, 行った以上父のため, 行った以来だが, 行った収容所の, 行った仲間僧のす, 行った仲間達で, 行った伊東の芸者, 行った伊那の谷, 行った会下山は眼, 行った会堂風の建物, 行った伝馬の者, 行った伴野村での一日, 行った佐々の人々, 行った佐々成政は津幡, 行った佐助はなぜ, 行った佐吉と由公, 行った体温表などを眺め, 行った何だか浅ましいよう, 行った何とかいって, 行った何人かの作家たち, 行った余響あるいは残像, 行った作品である, 行った作家はこういう, 行った使屋の男, 行った侘びしい草原, 行った便所の神, 行った便次に唐招菩提寺, 行った便箋に鉛筆, 行った係長と菊池技師, 行った信二郎を私, 行ったに草臥れ, 行ったはその, 行った借金もまだ, 行った健気な態度, 行った偽物を殺し, 行ったを返し, 行った傾斜の遥か, 行ったばかりの財産, 行った兄さんをそのまま, 行った兇行に外, 行った先生たちは四人, 行った先生金右衛門はあと, 行った先祖代々からの山, 行った先程の事務員, 行った先輩のスコッチ, 行った先途を見とどけ, 行った光厳もやがてすぐ, 行った光景と少し, 行った入江の両側, 行った全員要望の下書き, 行った八五郎の, 行った八弥は欣, 行った八百円の金, 行った公開講義のこと, 行った六七冊の草双紙, 行った六時の交代前, 行った共産党の印刷物, 行った兵力はどの, 行った兵隊たちは帰っ, 行った兵馬よりも残された, 行った其の帰りだった, 行った其衝に私, 行ったまでは分らない, 行った内務省の小城, 行った冒険や愚, 行った冴子の後ろ姿, 行った処ここへ逃げ, 行った出先から独り, 行った出口から出, 行った帰らぬという, 行った切っ先は星, 行った刑事たちがドヤドヤ, 行った列車は一等, 行った初夏の夕暮, 行った別当はなんと, 行った別手の搦め, 行った別荘の娘たち, 行った利助である, 行った利国が怨めしく, 行った刹那に足, 行った刹那顔を向う, 行った刺激は彼, 行った刻み足の後ろ姿, 行った前川を涼しい, 行った前日一通り書き上げた小説, 行った副官の妙, 行った劉玄徳のあと, 行った加奈子もあまり, 行った助五郎はずかずか, 行った努力は日記, 行った労働者の子供たち, 行った労働者二人をやとい, 行ったは秀子, 行った勇作というの, 行った動植物の多く, 行った勘八や二, 行った勘定じゃ, 行った勝さんの後影, 行った勝手口の硝子戸, 行った包みを開い, 行った包紙の文字, 行った匕首を持っ, 行った化粧台の中, 行ったのゲエルども, 行った北の方へ飛ばなかった, 行った北沢が帰っ, 行った北牟婁の山, 行った十一屋という宿屋, 行った十七八のゴーリキイ, 行った十分ほど後であった, 行った十台ばかりの炭車, 行った十四年前の二隻, 行った十字架にさわる, 行った十日ほど前, 行った千世子はかえって, 行った千円の所置, 行った千葉の開墾部落, 行った午後にはもう, 行った七は, 行った半兵衛はその, 行った半生の歴史, 行った南側を指さした, 行った南条五十嵐のうち, 行った印刷屋のオヤジ, 行った原稿用紙を入れた, 行ったに人知れず, 行った友だちからはそれでも, 行った友人香蔵からの便り, 行った友子にいきなり, 行った友軍の戦場, 行った反対の隅, 行った取次の武士, 行った取締りはかなり, 行った新聞を, 行った古き戦友半崎甲平に, 行った古人の想像, 行った古代瓦の袋入り, 行った古巣右内という若, 行った只見川に別れ, 行った可哀相な人, 行った右手茶屋町の裏側, 行った右翼日和見主義との闘争, 行った合羽を見たら, 行った吉宗は鉄, 行った吉岡つゆという女, 行った吉左衛門は一風呂, 行った同心は空しく, 行った同心河合伝八がそこ, 行ったも知れぬ, 行った向うへ, 行った向こうへ行った, 行った吾妻屋永左衛門供の小僧, 行った吾輩はこの, 行った呉梅村詩という四文字, 行った周作はこの, 行った周馬や一角, 行った味噌こしざるみたい, 行ったを守っ, 行った和泉丸の船長, 行った哲学的考察もやはり, 行った商人に牛方, 行った問題であった, 行った喜八郎は帰りました, 行った喫茶店のバーテンダー, 行ったなん, 行った回転焼屋で落した, 行った団扇である, 行った図々しさだ, 行った図巻を見れ, 行った国庁の兵, 行った土工列車が本線, 行った地下室で認めた, 行った地味な男物, 行った坊主は背, 行ったの戸, 行った城塞そのものはいっこう, 行った城太郎の本能, 行った城太郎以上に心, 行った堀隊の一部, 行った報告中には既に全然, 行った報告演説が, 行った墓地の下, 行った増補は主として, 行った士たちがある, 行った壮士は一人, 行った変革の結果, 行った燃えて, 行った夕べ駒井甚三郎はひとり, 行った外交官は次, 行った外国人で知らない, 行った外神田の洋服屋, 行った多少の動産, 行った多鶴子の後姿, 行った夢想権之助, 行った大した建築では, 行った大人がお, 行った大八車に八台, 行った大勢の者, 行った大同の石仏, 行った大国平馬や市川主膳, 行った大変だ, 行った大変ッ皆んなで捜せ, 行った大家の若い衆, 行った大将のす, 行った大小と武者修行風呂敷, 行った大島流の槍, 行った大島警部補はやがて, 行った大店の成功談, 行った大月は銀座裏, 行った大泉の野原, 行った大男勘次と今, 行った大町の老, 行った大通りに一台, 行った天岸一順という, 行った天才建築家フェルナンドはまた, 行った天野冬子を奪っ, 行った天野源右衛門の手勢, 行った天野間接には兄, 行った太田黒兵助がこの, 行った太陽にひらり, 行った奇異な虚無僧, 行った奥方とそら, 行った女ども一生懸命雨戸を開けよう, 行った女の子にとってもお父さん, 行った女子は, 行った女御がつい, 行った奴らは常木鴻山, 行ったを捜そう, 行った妻そのものを取り戻す, 行った妻子老幼召使の女子たち, 行ったを見染められ, 行った姉さまはさぞ, 行った姉さんの方, 行った始めての日, 行った始末を詳しく, 行ったを思いやる, 行った娘さんが代り, 行った娼家で阿片, 行った婆さんもただ, 行ったの話, 行った婦人があった, 行った婦人作家詩人はある, 行ったかない, 行った子どもの日, 行った子供達は皆, 行った子供部のこと, 行った子猫をくわえ, 行った子細は大原ひとり, 行った孔子が礼, 行ったもあった, 行った学期にハイデッゲル教授, 行った学生達はポツポツ, 行ったのうわさ, 行った宇治山田の米友, 行った宇津木兵馬は少しく, 行った宇野千代の新し, 行った守衛の言葉, 行った安心と旅, 行った安蔵と丁二郎, 行った宋人方の黒牛, 行った宏子の姿, 行ったの噂, 行った実に数々の, 行った室生犀生君に画帖, 行った宮川先生にも今度, 行った宮部京子主演の, 行った家士や侍女, 行った家庭をそのまま, 行った家康はうしろ, 行った家臣たちはもどっ, 行った容子だ, 行った宿帳にはそれでも, 行った寄手はすぐ, 行った寝具は彼, 行ったの住職, 行った将士が他, 行った将校は誰人, 行った将軍御召馬のうわさ, 行った小作百姓の甚吉, 行った小使が帰っ, 行った小僧さんがある, 行った小僧出入りもなかなか, 行った小判というの, 行った小南の兄, 行った小坊主があわて, 行った小太郎が何, 行った小女が今, 行った小姓衆が各, 行った小学校は山の上, 行った小山の家, 行った小島は第, 行った小樽の町, 行った小次郎殿は, 行った小港の兄, 行った小男の帰っ, 行った小畑は帰っ, 行った小袖や肌着, 行った小説本だ, 行った小野さんは中休み, 行った小間使の小松, 行った小鳥が何, 行った少しばかりのガラクタ, 行った少尉が二人, 行った少年のよう, 行った少数の人々, 行ったからぬ, 行った尺取り横町のお, 行った尾州藩主のその後, 行った局たちは血の池, 行った局員は所有者, 行った屋敷方の人々, 行った山ふところが岩殿山, 行った山上元はそのまま, 行った山本という武士, 行った山村氏の御, 行った山波の彼方, 行った山羊がよく, 行った岐阜県の各務ヶ原, 行ったの後, 行った岡本夫婦が人, 行った岡村という高弟, 行った峡谷の上, 行った峰丹波殿の一行, 行った島津山の上から芝麻布方面, 行った川村の連中, 行った左右太がアッ, 行った左手の高み, 行った左門の様子, 行った巧妙奇怪を極めた, 行った巨人がありました, 行った巨鳥の姿, 行った市十郎の, 行った市川楽翁が薬籠, 行った帆村探偵はそこ, 行ったを前, 行った帯来が帰っ, 行った帯着物鳥打帽草履などが方々, 行ったえり路, 行った帰り上野の竹の台, 行った帰途三囲のあたり, 行った帰途上海の河岸, 行った帰途安全剃刀の刃, 行った帰途浩は庸, 行った帰途長崎で世話, 行った帰道にはいつも, 行った帰雁斜になっ, 行った帽子や外套, 行った幕府方のあわただし, 行った平作がそれ, 行った幸次郎であった, 行った幸運がソレ, 行った幾つかの古びた, 行った幾多の惜しい, 行った幾枚かの蓆, 行った幾百年幾万の貴い, 行った広い丘陵の, 行った広瀬さんも金太郎, 行った床の間の袋戸, 行ったにはきっと, 行った店員がたった, 行った座布団が火鉢, 行った庸三の娘, 行った廻り縁の障子, 行った弁論の中, 行った弓夫にもとうとう, 行った弓矢をダンチョン, 行った弘法大師の薯井戸, 行ったの身の上, 行った弟京山の身の上, 行った弟伊賀の暴れン坊, 行った弥次郎兵衛と喜多八, 行った弥生にかれ, 行った張温の首, 行った弾琴家とその, 行った坐極り, 行った当の相手が, 行った当座二三度手紙が来た, 行った当座退屈だったもん, 行った当時我輩は金色夜叉, 行ったがうすい, 行った影法師もある, 行った役人共はみんな, 行った役者の一人, 行った彼奴は, 行った彼自身の心持, 行った待合に行っ, 行った後主婦は熱情, 行った後事件の重大, 行った後二階の窓, 行った後余興の演芸会, 行った後僕はまた, 行った後加奈江は同僚, 行った後十月の初め, 行った後半おろした古, 行った後大塚さんはその, 行った後女中たちと一緒, 行った後宗蔵や三吉, 行った後室内はしんしん, 行った後家に残った, 行った後小間使のお, 行った後岸本は兄, 行った後平次はお, 行った後彼女はいつ, 行った後得右衛門と寿平次, 行った後慎太郎は大きな, 行った後戸を叩く, 行った後文次の心尽くし, 行った後方を睨ん, 行った後昌作も立ち上ろう, 行った後時雄は急, 行った後母親はお, 行った後為吉は死んだ, 行った後男の社員, 行った後病室は静か, 行った後病院は静か, 行った後矢島さんは茶の間, 行った後私どももやっぱり, 行った後糸杉の樹立, 行った後膳の後, 行った後重吉は飲み, 行った徐福が戦乱, 行った従兄の, 行った従姉妹はやがて, 行った御用提灯打割羽織, 行った微かな竜涎香, 行った徳利二本の毒, 行った徳川万太郎かな, 行った徳川軍はこれ, 行ったという, 行った心根が憎い, 行った必要なる処置, 行った忠作のあと, 行った忠房はその, 行った思想とを一つ, 行った性質が彼, 行った怪しいぞやや, 行った怪人物が一端, 行った恐怖が女, 行った恰好が今, 行った虐ぶりは, 行った悪い奴でございます, 行った悪事ばかりが耳, 行った悪党でごぜ, 行った悪女塚を崩した, 行った悪者どもが入り乱れ, 行った情景を想像, 行った惣代の一人, 行ったがある, 行ったはその, 行った慎太郎さんが指さし, 行った憂き旅の, 行った我々のご, 行った戦争が侵略戦争, 行った戦場だった, 行った戸口をあきれた, 行った戸板の上, 行った戸部近江之介, 行った戻り客を待っ, 行った戻り道丸の内ビルディングの中, 行った所以である, 行った所姿が見えない, 行った所謂ブルーベヤドのランドルー, 行った扇屋得右衛門の帰り, 行った扉口へ駈けよる, 行ったの温かい, 行った手先である, 行った手切れの金, 行った手形だよ, 行った手拭は板, 行った手段となしとげた, 行った手燭の短い, 行った手記の中, 行った扮装道具で手早く, 行った抗議の衝動, 行った折材木置場から隅田川, 行った折泰勝寺の裏山, 行った折港の岸壁, 行った折私のあげた, 行った折鞄を開け, 行った折黒磨きの土蔵造り, 行った拵えについて注意, 行った持物の中, 行った指導的職能を今日, 行った挙げ句になん, 行った挙句十銭芸者に身, 行った推算であると, 行った携帯蓄音機の回転軸, 行った摺鉢の残り火, 行った支那人の姿, 行った放資の回収, 行った政策の唯一, 行ったはいはいと, 行った故人でしかも, 行った教会はどっさり, 行った教授一年ぶりで伯林, 行った散歩からかえって, 行った数々の本, 行った数人の人々, 行った数十騎が引返し, 行った数千両の財産, 行った数名の口, 行った数葉の訂正追加, 行った数軒の借家, 行った敷島を吸い, 行った敷物のそれ, 行った文化の残滓, 行った文化運動は秋, 行った文夫の心持, 行った文子の後ろ姿, 行った文学放棄の態度, 行った文学活動は各人各様, 行った文次郎はその, 行った文芸座談会の記録, 行った料亭へ朝飯, 行った料亭千成の前, 行った料理をつめ, 行った料理屋で逢った, 行った料理茶屋は堀端, 行った料簡はよく, 行った斜坑の暗黒, 行った斜酣は畑, 行った斟酌については私, 行った新しい角帽を, 行った新仏の○○村, 行った新参者の私, 行った新聞の, 行った新聞紙をふと, 行った方向決闘の行われ, 行った方面を見送っ, 行った旅人があった, 行った旅籠の提燈, 行った旗岡が階段, 行った旗岡巡査が今に, 行った既定の歌詞, 行った日曜さえ私, 行った日本軍の残虐行為, 行った日本領事館の門, 行った日猫が飯, 行った日記のよう, 行った旧い師匠だ, 行った旧友や新参, 行った旧師宮川寛斎のうわさ, 行ったを答え, 行った早いのな, 行った早く宿役人に, 行った早田さんじゃありませんかっ, 行った早馬が柳営, 行った明くる日から店先, 行ったの懐しい, 行った星尾園部川丘みどりの三人, 行った映画館は第, 行ったの渡舟, 行った春子と懇意, 行った時あたりの景色, 行った時あまり力を入れ過ぎた, 行った時うしろの方, 行った時おせんが誰, 行った時お上さんに明日, 行った時これを助け, 行った時だれよりも先, 行った時のもある, 行った時ひろ子は予審判事, 行った時もろもろの草花, 行った時アンガスの話し, 行った時アンジョーラは死に定められてる, 行った時イブニングドレスとジャズ, 行った時ゲリラに襲われ, 行った時スカァアは砂, 行った時スコーフレールは家, 行った時ステーションにです, 行った時ハドソン河上流のトロイ, 行った時パオロは黄ばんだ, 行った時ピストルを河合, 行った時フォアイエエで立派, 行った時フランケッティが私, 行った時マキシモヴィッチは流行性感冒, 行った時マグロアールは方々, 行った時マッサージをやらせ, 行った時マドレーヌ氏は彼女, 行った時マリユスはもう, 行った時ルビーのよう, 行った時一緒に御嶽昇仙峡, 行った時丈の高い, 行った時三人を橋, 行った時三浦は一足先, 行った時三浦さんはドビュッシー, 行った時上海である, 行った時中村遊廓で妻, 行った時二三度落ち合ったこと, 行った時二人を待ち受け, 行った時五六十人の同勢, 行った時五十銭の銀貨, 行った時五平の言葉, 行った時五月にこれ, 行った時井戸の背後, 行った時今井から学校, 行った時仕度までした葬いが, 行った時以上私の友, 行った時以来自分のふところ, 行った時仲間の者, 行った時伯父はひどく, 行った時伴の妹, 行った時俊彦は落着, 行った時僕は, 行った時兄の紋也, 行った時先生が長岡先生, 行った時光子は一寸, 行った時処世上の意見, 行った時分誰か桜井, 行った時前方に何, 行った時千世子は何, 行った時原告は帽子, 行った時吉岡君はどんな, 行った時同行の, 行った時向側の階下, 行った時和女が一つ, 行った時啓介は起き上ろう, 行った時土蔵の二階, 行った時土足のまま, 行った時坂下の先方, 行った時墓掘り人から目, 行った時外から差し込む, 行った時多鶴子は長椅子, 行った時大勢の生蕃, 行った時大変御馳走になっ, 行った時女はしみじみ, 行った時女房は石, 行った時姉さんと俊雄君, 行った時孝助に廻り逢い, 行った時学校から児童, 行った時宮田という一年生, 行った時家庭の事情, 行った時寄宿舎の二階, 行った時寺田はおやっ, 行った時小川に抵当, 行った時屑拾いの, 行った時山谷堀は既に, 行った時岸本はこの, 行った時崖下の門, 行った時川がある, 行った時布団や本箱, 行った時帝劇で会い, 行った時帰国早々逢って, 行った時広小路の露店, 行った時弟の養母, 行った時彼らの一群, 行った時後ろから彼, 行った時急に前のめり, 行った時意外にも一つ, 行った時手前ものの玄翁, 行った時手品師が彼, 行った時抜き身を揮っ, 行った時採集して, 行った時支那の少年金椎, 行った時政は独りぽっち, 行った時新吉はおやっ, 行った時日本の学者達, 行った時春隆も同じ, 行った時時間つぶしに松之助, 行った時最終日であった有名, 行った時朗らかな空気, 行った時期窪川稲子は当時, 行った時期軍需会社は大小, 行った時札幌の豊平館, 行った時松の根, 行った時案内人が壁間, 行った時案内者を捕まえ, 行った時梅子から一寸奥, 行った時此の話, 行った時母に買っ, 行った時氏の社宅, 行った時浅井もお, 行った時清川もちょうど, 行った時湯殿をのぞい, 行った時燕巣山の北方, 行った時父上と自分, 行った時父親はそこ, 行った時片手でハンドル, 行った時玩具としては高, 行った時瓶口は私, 行った時由布山へ登る, 行った時皆遠漕, 行った時直接には触れない, 行った時眉を落し, 行った時眼を開い, 行った時着物を脱ぐ, 行った時神社の裏手, 行った時福間警部に北沢, 行った時私達はその, 行った時秦は懐, 行った時笹村はふと, 行った時紹介もなし, 行った時経済上の話, 行った時線路の切割, 行った時羅馬まで遠征, 行った時群衆を押分け, 行った時職業の生徒, 行った時腹下しの気味, 行った時花田軍医は何, 行った時茂夫は突然, 行った時茅野雄と浪江, 行った時蒟蒻を煮, 行った時蜘蛛の巣, 行った時誰だか, 行った時識者の間, 行った時谷崎潤一郎先生に連れ, 行った時貧弱しい一人, 行った時途中で盗まれ, 行った時速水君からきい, 行った時道が二つ, 行った時道子夫人も亦, 行った時道庵先生は八畳, 行った時酌に出, 行った時金を貸さなけれ, 行った時金庫の扉, 行った時鐘楼の簷, 行った時間のうち, 行った時陽子は木崎, 行った時雑夫長が薪, 行った時青柳の何, 行った時須田町へんを歩き, 行った時頭の上, 行った時館の事務員, 行った時香具師の姿, 行った時鱚のフライ, 行った時鳥屋の前, 行った時鴫丸は疲労, 行った時鶴雄は前方, 行った晩一人でのっ, 行った晩佃は半ば夢中, 行った晩女房が夢, 行った晩母の多代子, 行った晩銀子は二階, 行った景岡の指紋, 行った暗いところへ, 行った暗号ではない, 行った暗紫色の覆い, 行った曠野にはそこ, 行った書記が手, 行った書類をまた, 行った曹仁は北国, 行った最後の実験, 行ったじゃが, 行った月江とおりん, 行った月見の大広間, 行った有村の態度, 行ったの美しい, 行った朝ちゃんです, 行った朝野はすでに, 行った朝顔が岸本, 行った朝鮮人の女房二三, 行った木戸の扉, 行った木炭は少し, 行った未開の温泉場, 行った末子の朝成, 行ったについてはなお, 行った本人は誰, 行った本位田家のお, 行った本堂は表四間, 行った本堂前の落葉, 行った本多大久保内藤の三千, 行った本庄采女という若, 行った本文をそこ, 行った本田刑事は星尾, 行った本箱叔父さんの残し, 行った本質がある, 行った本質的飛躍については触れ, 行った本陣林のうち, 行った札幌は暖か, 行った机何一つとして叔父さん, 行った机旦那の置い, 行った村井の態度, 行った村井源吉がやがて, 行った村人が悄然, 行った村田も出, 行った村田君が, 行った村長校長管理人それに, 行った来栖大使はその頃シカゴ, 行った東京の菓子, 行った東京中央電話局の建物, 行った東儀与力はすぐ, 行った東山道軍の消息, 行ったの湯, 行った松五郎は中指, 行った松代藩の三村利用係, 行った松川からはあれ, 行った松江はわざと, 行った松田の心, 行った果物屋の婆さん, 行ったであった, 行った某君が旅, 行った某国というの, 行った柿丘秋郎の関係, 行った株屋から速達, 行ったからささやか, 行った桑部のうしろ姿, 行った梓さんが三時ごろ, 行った梨丸が先頃, 行った梯子を上がっ, 行った梵字様の痕跡, 行ったの方, 行った植木の或, 行った楊幹麻筋の弓, 行った楽しい逢引の, 行った楽屋へねみんな, 行った概算である, 行った槍鉄砲などを二股山, 行った様子ゆえ間違いもなかろう, 行った様子此処からはもう, 行った樋口君がモウパッサン, 行った模様であったが, 行った大ノ局, 行った権力であったこと, 行った権助が新, 行った権藤が帰っ, 行ったのうち二, 行ったを見張っ, 行った橋本のおじさん, 行った橋本君と椿山君, 行ったに乗じ, 行った機械的現代化への注意, 行った機関銃仕掛の左腕, 行ったの折れ, 行ったの次, 行った次の間にひとり, 行った次女は式, 行った欣二がしなだれかかる, 行った欽さんに万, 行った歓びはそれ, 行った正体の解らない, 行った正太も最早, 行った正季の返答如何, 行った武器を拾い, 行った武士道根柢精神もまだ, 行った武家だよ, 行った武者どもの黒い, 行った歴史に力づけられず, 行った死刑囚の一人, 行った死者負傷者は五百人, 行った死顔などがともすれば, 行った残虐と背徳行為, 行った殺人行為が法規, 行ったのよう, 行った母子の者, 行った比叡山の小篠, 行った毛利時親はまだ, 行った毛皮その他を, 行った民衆は冬宮, 行った気もちには泣く, 行った気持には悲壮, 行ったでドロドロ, 行った水兵があった, 行った水原さんで維新後, 行った水口の戸, 行った水島の事, 行った水戸のこと, 行った氷月の小座敷, 行った江口の尼さん二人, 行った江戸表にもう一度, 行った池上はまた, 行ったの中, 行った河辺中将の消息, 行った承の, 行った治部太夫は刺し, 行った泉嘉門の手, 行った法月弦之丞, 行った法螺の貝, 行った法被が怪しい, 行った洋服姿の男, 行った洋盃を膝, 行った洋行費が問題, 行った洒落でも笑う, 行った洒落者は一体, 行った洞白の仮面箱, 行った浄信寺の雄山, 行った浅草の桂庵, 行った浜屋と父親, 行った浜田の御前, 行った浜町の砂利場, 行った浩さんは吹雪, 行った浪人者のうち, 行った海沿いの一角, 行った消息だから, 行った淋しさが, 行った淋しい不安な, 行ったさは, 行った深い深い淵であった, 行った深淵の深み, 行った深紅の紅蓮, 行った混血児の青年, 行った清島町の裏通り, 行った清月という小さい, 行った清江の心中, 行った渡り廊のかどに磯五, 行った渡辺天蔵のほか, 行った温泉場はその, 行った湯屋の女房, 行った湯起請で国史, 行った寵が, 行った源助はかねて, 行った源吉の叔父, 行った源氏はまして, 行ったが, 行った潮水はまた, 行った澄さんと云う, 行った濫僧供は主として, 行った灌木や岩, 行った灰色の大きな, 行った炭車を飛び退く, 行ったのあやまちで, 行った無法な権力, 行った焼けのこり, 行った煎餅をそっと, 行ったは一団, 行った煙草を, 行った熊吉はまだ, 行ったの影, 行った燭台を良平, 行ったにあたる, 行った片羽鳥は稽古, 行ったの後, 行った牡丹餅を食っ, 行った牢人はいきなり, 行った物置で読み, 行った物語は餘, 行った物集の御, 行った物音でわかった, 行った特攻隊基地の実際, 行った犬千代の耳, 行った犯行でないか, 行った状況に照, 行った狂人でも親子, 行った独自の簡潔主義, 行った独身の中年女, 行った猪野の詐欺, 行ったが無事, 行った玄奘三蔵法師の旅行記, 行った玄関の鍵一つ, 行った率八はそれ, 行った玉川の少し, 行った珊瑚の女, 行った珍妙な様子, 行った珍最期であった, 行った現象が見られる, 行ったがもう, 行った瓢箪を取り出した, 行った甚吉が十二時頃, 行った生き方とも違っ, 行った生徒が二組三組, 行った生月鶴嘴を振っ, 行った生活をかく, 行った産児の半数, 行ったはどう, 行った用事が分った, 行った田中春の背恰好, 行った田町の吉兵衛, 行った田舎の婆さん, 行った田道間守は天日矛, 行った由ほろよいで, 行った由噂にきい, 行った由奥さんが寿, 行った由紀子と違った, 行った由道子は知らぬ存ぜぬで通した, 行ったなる俳人, 行った男装の美女, 行った画商の店, 行った留学僧かがその, 行った留守三人はひそひそ, 行った留守中豹一が帯封, 行った留守宅に侵入, 行った畜生の道, 行った番頭の宇吉, 行った疲労であろうと, 行った病人も二度と, 行った病床にある, 行った病院備え付の白木, 行ったがあった, 行ったに今夜, 行った登山者に如何, 行った白沫の中, 行った白雲は無残, 行った白鼠だな, 行った百円の小切手, 行った百合子は十月十日, 行った百姓たちも夢, 行った百姓仲間がある, 行った百戸ばかりの一寒村, 行ったが憎がる, 行ったりがけ, 行った盗賊の間抜けぶり, 行った監督が序, 行った目標の人, 行った目覚しい光景に, 行った直ぐ後のこと, 行った直後なので, 行った直義や今川範国, 行った相生町の家, 行った省略ということ, 行ったッ暗, 行った真名古捜査課長, 行った真紀子さんが突然, 行った眼差が, 行った眼鏡や手帳, 行った短篇を置い, 行った石子ははっと, 行った石川の方, 行った石川淳という男, 行った研究の経過, 行ったく冴えた, 行った磯谷の姿, 行った社外の人, 行った祝儀と一緒, 行った神尾の後ろ姿, 行った神山外記の言葉, 行った神楽阪裏の待合, 行った神門のそば, 行った祭壇風の高い, 行ったを母, 行った福島の田舎, 行った福本の小兵, 行った福村が後戻り, 行った禰宜様宮田はきっと, 行った秀吉の軍容, 行った私たちのまあ, 行った私共の前, 行った秋本から長い, 行った秋海棠の根, 行ったでございます, 行った程度では満足, 行った稚い巫女の, 行ったが勢いよく, 行った稽古用品や着古し, 行ったもなかっ, 行ったをみ, 行った突きあたりのスウィッチ, 行った童僕の金若, 行った競争で遂に, 行ったの皮, 行った竹槍を両手, 行った箱庭にさえ小さな, 行ったをくわえ, 行った籠わたしの電瞬, 行った米俵だの, 行った米友とだけです, 行った精細無比の設計図, 行った糟糠の妻, 行った約束なの, 行った紙きれをテーブル, 行った紙包もみんな, 行った紙屑を開い, 行った紙幣の山, 行った紛失物はかれ, 行った振を, 行った紫友禅の着物, 行った細い通りに, 行った細作が帰っ, 行った細川の被官, 行ったの警官, 行った組下の連中, 行った組合の武藤君, 行った経路を自ら, 行った経験談であった, 行った結城の半纏, 行った結城左京ら二三人は近く, 行った結婚から伸子, 行った結果ちゃアんと芽出度, 行った結果会長の人物, 行った結果実験動物本来の心臓, 行った結果私は大きな, 行った結果精神と肉体, 行った結果鉱物は限定, 行った結論だったの, 行った絞殺でございまして, 行ったの着物, 行った絵具箱に三脚, 行った綱手に対する一言, 行ったの裾, 行った総ての悪行, 行ったが絶えず, 行ったが自動的, 行ったとして処分, 行った罪尤が顔, 行った美人がある, 行った美容院で茉莉, 行った美術家の連中, 行った群馬県議荒川高三郎大塚源十郎も帰っ, 行った義母は夏, 行った羽柴様の人馬, 行ったの末路, 行った翌々日卓の上, 行った翌々日岸本は節子, 行った翌日あたりから脚部大腿部, 行った翌日二度目の君, 行った翌日岡本へ行っ, 行った翌朝だった, 行った翌朝房の縁, 行った耀蔵の刀, 行った老人と若い美しい, 行った老僕フィールスが杖, 行った老母が, 行った老爺の帰る, 行った考え方に従え, 行った者一人として帰っ, 行った者達は驚く, 行った職人なのよ, 行った肺患で死んだ, 行った背影をふと, 行った能登は翌々日, 行った腕前の如何, 行ったに向っ, 行った自分のはきもの, 行った自白のよう, 行った自身のあやまち, 行った自転車を打っ, 行っただから, 行った至近距離で其処, 行った航空船を棚, 行った船影は大小四百余そう, 行った船木頼春と菊王, 行った船頭の声, 行った船頭さんたちを相手, 行った良助が帰っ, 行った色々の地方, 行ったな狩衣, 行った芍薬の枝, 行った芭蕉の姿, 行った花世はふと, 行った花束や花環, 行った芳一は言いつけられた, 行った芳三は鴉, 行った芳子の筆, 行った芳年の後ろ姿, 行った芸妓ばかり酌, 行った芸術論争は常に, 行った若き主君の, 行った若菜死んだと, 行った若衆のよう, 行った若衆武士がとにかく, 行った苦力が逃げ遅れ, 行った苦心そこに立派, 行った茂少年が彼, 行った茅野雄であった, 行った茨右近と喬, 行ったは冷たく, 行った茶々の告げ口, 行った茶色のスーツケース, 行ったも多い, 行った草原を見つめ, 行った草心尼母子と供, 行った荊州の精兵, 行ったが今度, 行った菅谷君の話, 行った菓子折を取出した, 行った菜穂子は牧場, 行ったの花, 行った萩野が帰っ, 行った葉巻をそのまま, 行った葉書を偶然, 行った葛岡さえなか, 行った葡萄酒やベルモット, 行った董卓を追撃, 行った葬儀の職務, 行った葬式彦が跫音, 行った蓬莱屋新七, 行った蔵光正利益田孫右衛門村井河内などという歴乎, 行った蔵書や雑誌, 行った薄命の女達, 行った薔薇が小さい, 行った薩州長州土州因州それから彦根, 行った薬草なん, 行ったの花, 行った藤九郎盛長が下総, 行った藤吉は白痴, 行った藤吉部屋の二, 行った藤島君が明るい, 行った藤田伝五は怒り, 行ったの奥, 行った藪重あすこも, 行ったの鉢, 行った蘭法の療治, 行ったもちょうど, 行った蚕豆の莢, 行った蝙蝠傘を拡げ, 行った螺鈿の小, 行った行く行くあるいは水郷, 行った行為としてしか理解, 行った行者のあった, 行ったを貴女, 行った衣服の香, 行った衣服印綬旗幟などを槍, 行った衣服旅装のたぐい, 行った表通りとは反対, 行ったを拾っ, 行った装束そっくりです, 行った西寮のあたり, 行った見当よ, 行ったもあります, 行った覚え書きを取り出した, 行った親仁の帰り, 行った親戚の家々, 行った親方はまもなく, 行った観念を背負わせる, 行ったに小さな, 行った言句が気, 行った言葉いま投げて, 行った計算の根拠, 行った記念の鞄, 行った記念日だ, 行った証明によって極限, 行ったのことばことば, 行ったを述べた, 行った話なぞが自然, 行った話繭の仲買い, 行ったにお, 行った誡めを鉄則, 行った諏訪の百姓, 行った諸方の遊び場所, 行った謀反人たちを非常, 行った謀略の数々, 行った警官とロッジ, 行った警官達がやっと, 行った警部の目, 行った豹一を迎え, 行った貢献なの, 行った責任を自分, 行った貯金通帳は一円, 行った買いだめの注射薬, 行った買収策も黄金, 行った資産と家業, 行った資金の金, 行ったが大勢ほか, 行った賊将孫仲の頸, 行ったの人, 行った質屋へは必ず, 行った賭場先にはどこ, 行ったがいちばん楽, 行った赤い歴史を, 行った赫子がまた, 行った足あとが残っ, 行った足ついでに通旅籠町, 行った足助次郎はすぐ, 行った足軽が戻っ, 行った跫音の後, 行ったを飜, 行った車付きの者, 行った転地先から今, 行った子の, 行った輜重隊を援護, 行った農村ならば, 行った農民がずいぶん, 行った迄の事よ, 行ったつ代, 行った近国の地名, 行った返事でなくて, 行った追求心が彼ら, 行ったの跡, 行った途上であった為め, 行った途中お伴の者, 行った途端七面鳥が持ち前, 行った途端彼は, 行った速度はかなり, 行った連絡係の警官, 行った運動とは明らか, 行った運転手と同, 行った過去のその, 行った過程近松の芸術, 行ったにどこ, 行った道ばたの焼, 行った道具屋が帰り途, 行った道庵の帰り, 行った道路におびただしい, 行った達夫の荷物置場, 行った達雄夫婦はその, 行ったから話, 行った遠くの丘, 行った郊外近くにある, 行った郎党は彼方, 行った部下の刑事, 行った部分だけ青く, 行った部屋旦那のこと, 行った都会ではこの, 行った酷薄なる叔母, 行ったの娘たち, 行った里好がいま, 行った三の, 行った重たい扉が, 行った重次郎には判然, 行った重箱を開い, 行った重要地の一つ, 行った重詰なんざ, 行った野沢組の焼印, 行った野菜物の上, 行った金なぞは何時の間にか, 行った金メダルと学生時代, 行った金作と源次郎, 行った金公がまた, 行った金包を出し, 行った金吾には彼ひとり, 行った金玉糖を口, 行った金高を集めたなら, 行った釘勘の返辞, 行った釘抜きの眼八, 行った釣場所へ糸, 行った鉄砲を持ち出し, 行った鉄製の燭台, 行った銚子を取り上げた, 行ったもなくなりかける, 行った銭形の平次, 行った銭形平次は騒ぎ, 行ったを見付けます, 行ったでした, 行ったでございましょう, 行った鎌倉山の高島氏, 行った鎧武者がつまり八面大王, 行った長兄がそれ, 行った長女泣いて, 行った長崎屋が易々, 行った長州藩の武士たち, 行った長政は思わず, 行った長椅子の上, 行った長次郎は横文字, 行った長男がかえって, 行った長老はたとえ, 行った長脇差のうち, 行った長蔵さんが恋しく, 行った間昌作はじっと, 行った間服を脱ぐ, 行った間柄助次郎の失敗, 行った間髪の差, 行った関係上まだ小児, 行った関興はやがて, 行った闇夜の事, 行った闇太郎道具屋の小僧, 行った阿片窟は奥町, 行った阿賀妻の跫音, 行った阿部知二北村喜八の両氏, 行った阿闍梨へ頼んだ, 行った陳登ははるか曹操, 行った陶人の足, 行った陸中国遠野郷の近辺, 行った隅田川ぞいのさびしい, 行った隆ちゃんがひどく, 行った階級的なたたかい, 行った際キリストを否定, 行った際子を思う, 行った際案内人にそそのかされ, 行ったの友吉, 行った雌鴨はフト何, 行った雑司ヶ谷の墓地, 行った雑誌を手, 行った雨戸を締め, 行った雪駄を忘れ, 行った雰囲気の動揺, 行った雲母越え叡山道, 行った電灯は十五畳, 行った露地の口, 行った露西亜の話, 行った青い斑の, 行った青山家の古, 行った青山穏田のその, 行った青年たちの中, 行った非道な白テロ, 行った面々もみな咳声, 行ったの匂い, 行った革蒲団や小さな, 行った靴跡だから, 行った靺鞨というもの, 行った音楽会のこと, 行った頃いつか秋の長い, 行った頃乱軍の中, 行った頃四辻へ出た, 行った頃大手の橋, 行った頃奈良も所詮, 行った頃彼があと, 行った頃武田麟太郎が鰐, 行った頃母さんがここ, 行った頃背中の影, 行った須永先生が私, 行った須美子の作品, 行った頓馬な役人, 行ったの皮, 行った頼みだった, 行った頼朝の顔, 行った風呂敷を畳み, 行った風景でもある, 行った風景何も知らず, 行った風聞はもう, 行った風邪の一服薬, 行った食料重大の図書, 行ったをほんとう, 行ったを五切れ六切れ, 行った香り高い茸, 行った香取の行方, 行った馬上の将, 行った馬印の後ろかげ, 行った馬場の一族郎党, 行った馬方なぞも長崎奉行, 行った馬春堂は次, 行った馬籠の人足たち, 行った馬車と共によく, 行った馬車屋のお爺さん, 行った駅前のうどん屋, 行った駕籠屋を調べ, 行った騎馬武者たちは, 行った高市連黒人が作った, 行った高瀬や岡, 行ったの真っ白, 行った鬚男はそう, 行った魅惑的な移り香, 行った魚鋏で眠っ, 行ったを思出, 行った鰡群はどこ, 行った鱶村の衆, 行ったが立った, 行った鳥取のある, 行った鳰鳥のそれ, 行った鳳輦の供奉, 行った鴉片窟なぞで, 行ったの運命, 行った鶴たちが幸福, 行った鶴嘴を一挺取り, 行ったの親子, 行った鸚鵡の空籠, 行った麒麟児の兵庫利厳, 行った麦秋の真昼, 行った麻裏と雪駄, 行った黄巾賊の勢力, 行った黄色いハンカチを, 行った黒い影みたいな, 行った黒ずくめの服装, 行った黒ん坊は間もなく, 行った黒衣の侍, 行った黒鞁のカバン, 行った黒鹿毛を見る, 行ったの音