青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「行っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~行きます ~行く 行く~ ~行け 行け~ ~行ける 行ける~ ~行こう 行こう~ ~行っ
行っ~
~行った 行った~ ~行つて ~行われ 行われ~ ~行われた 行われた~ 行事~ ~行列 行列~

「行っ~」 27792, 300ppm, 321位

▼ 行っ~ (24293, 87.4%)

748 しまった 461 みると 402 見ると 241 しまいました 198 みた 170 見た, 見て 168 いる 145 いて 143 いた 142 みよう 139 しまったの 137 いるの 133 くれ 128 しまう 122 下さい 111 しまって 102 しまうと 93 いたの 81 おいで 70 来る 69 来て, 見よう 62 みて 60 みようと 58 くれと 57 みました 56 参ります 55 了った, 帰って 54 しまうの 53 そこに 48 みましょう 47 それを, 来ます 45 みたが, 見ようと 44 まいります, みる 42 いる間, 見ても 41 みたいと, 来い 40 いると, くれた 39 みますと 38 ください 37 しまいます, しまったん, やろう, 聞いて 36 自分の 35 いない, おくれ, 待って, 見る 34 いらっしゃい, 何か 33 みようか, 見たが, 調べて 32 いること, そこの, 見ましょう 31 ごらんなさい, みること, 来た 30 おしまいに, 見ました 29 くる, 来ると 28 いたん, いるよう, 御覧なさい, 来たの, 来たん 27 見ますと, 話を, 買って 26 そこから, 了う 25 きます, 何を, 来ましょう 24 いたが, いるん, くれれば, しまったので, やって, やる, 来るよ, 見ること, 遊んで 23 いました, しまったか, どうする, みましょうか, やろうと, らっしゃい 22 みても, 一緒に, 様子を 21 そこで 20 くれないか, みれば, 仕舞った, 取って, 水を 19 います, みる気, やれ, 手を, 見たいと, 顔を 18 いるから, ごらん, しまうこと, しまったが, みようかと, みろ, 来よう, 見ようか, 見る気, 貰って 17 しまいそう, しまったこと, しまったよう, やるから, やると, 来るから

16 [13件] いるという, くれたの, こい, しまえば, しまったあと, 彼の, 扉を, 来いと, 来ようと, 来るが, 私の, 見れば, 訊いて

15 [19件] いたこと, いたので, いるか, いる留守, きて, くるよ, くれる, くれるか, しまうん, しまったから, しまったと, しまひました, みたの, みるつもり, 参りました, 立って, 自分で, 見たの, 見ましたが

14 [14件] いいか, いるうち, いるが, おくん, おれ, しまうよう, みようじゃ, 下さいよ, 探して, 来ました, 来ますから, 見せた, 見せて, 見ろ

13 いいの, しまおうと, しまったという, すわった, みたこと, みましたが, もらうこと, 戸を, 来るぞ

12 [15件] いないの, いるので, くるから, くれると, くれるの, しまった後, すぐに, みようよ, もらいたい, もらって, よかった, 一と, 今度は, 腰を, 見ましょうか

11 [19件] いたと, いたもの, いた時, おいでに, お茶を, くると, くれという, しまいましたよ, しまってから, ちょうだい, みないか, よいか, 下すった, 呉れと, 戻って, 話して, 貰うこと, 身を, 酒を

10 [28件] いなかった, いらっしゃいまし, いるところ, いろ, くれい, くれました, しまいましたが, しまうという, しまうので, みたい, みようという, みるか, みるが, みるの, もらおう, やること, やろうか, 例の, 坐った, 声を, 居るの, 帰りに, 来なければ, 来ましたよ, 来るぜ, 見たこと, 見ます, 見るが

9 [34件] いたという, いないこと, いるそう, いるはず, いるもの, きいて, くれたまえ, くれませんか, くれること, くれん, しまえ, しまおう, それから, それに, みます, やった, やったり, ゐる, 下さいな, 左へ, 御覧に, 挨拶を, 来ますよ, 泊めて, 相談し, 立った, 置いて, 見たところ, 見なければ, 見ようかと, 見ようじゃ, 貰いたい, 貰った, 静かに

8 [40件] あげて, あげる, いたか, いたとき, いた間, いらしった, いるし, いるに, いるのに, いる時, おります, お呉れ, ごらんに, しまうなんて, しまったそう, その帰り, それが, みたいの, みたいわ, みたり, みなければ, みませんか, みようかしら, みろと, もらった, やりました, よく調べ, 上げて, 仕事を, 参りましょう, 居たの, 来たいと, 泊って, 用を, 留守だ, 見たいよう, 誰も, 連れて, 頂戴, 頭を

7 [50件] あげよう, あの男, いいん, いたり, いないと, おいでよ, おやり, きますよ, くるわ, くれたり, くれて, くれるよう, くれろと, くれ給え, これを, しまうから, しまったもの, しまったり, しまっては, みては, もらいたいと, 二人で, 二人の, 今では, 休んで, 会って, 何かの, 呼んで, 外を, 家の, 彼は, 彼を, 彼女の, 最後に, 来たこと, 来な, 来ますわ, 来ようかと, 来るわ, 水に, 着物を, 見たい, 見たん, 見た時, 見るか, 見るの, 見ろと, 貰おう, 買物を, 馬を

6 [60件] いたから, いた時分, いるあいだ, いるとき, いるわけ, いる娘, おくれよ, おじぎを, おりました, お上げ, お出, くるぞ, しまうか, しまうし, しまった時, その上, その日, それらの, たしかめて, とって, まいりました, ます, まだ帰っ, みたいという, みたい気, みたところ, みない, みるわ, もらおうと, よいの, 上げましょう, 下さいと, 下さらない, 下さる, 了って, 事情を, 人を, 助けて, 勉強する, 勝手に, 参りますから, 呉れ, 居る, 彼が, 来たか, 来なさい, 来ねえ, 横に, 無理に, 独りで, 留守だった, 私が, 花を, 見たくて, 見ましょうよ, 見ようという, 貰う, 障子を, 頼んで, 髪を

5 [103件] あなたの, いたし, いつもの, いらしたの, いるかも, いるとは, いる事, いる人, いる筈, いる者, いろいろの, お休み, お金を, かえりに, きますと, くれたので, くれば, くれまいか, くれるん, しまいたい, しまうぞ, しまおうという, しまったかと, しまったよ, しらべて, そう言っ, そこへ, その時, その結果, たんだ, どこへ, ひとりで, ひろ子は, ほしい, まいりましょう, みたいもの, みたらどう, みな, みますか, みよ, もらいましょう, もらう, やったの, やります, やるぞ, やるよ, やるん, やろうかと, らっしゃいまし, らッし, わたしは, 一しょに, 一本の, 上げようと, 下さいね, 下さいまし, 下の, 下を, 主人の, 人の, 借りて, 働いて, 先に, 寝て, 尋ねて, 居た, 御覧よ, 御馳走に, 御馳走を, 持って, 明日の, 村の, 来たと, 来たのよ, 来たよ, 来た人, 来た方, 来ますと, 来ようか, 来るからね, 欲しいと, 気を, 父の, 留守, 留守であった, 私は, 自分が, 茶を, 行けないこと, 見たいという, 見たくなった, 見たまえ, 見たら, 見たり, 覗いて, 言いました, 言った, 途中で, 逢って, 金に, 金を, 門を, 首を

4 [165件] あげましょう, あげるから, あげるわ, あとは, あの人, いいです, いたため, いても, いないが, いながら, いなければ, いなさい, いましたが, いますよ, いらっしゃいよ, いらっしゃるの, いるぞ, いる私, いろと, おくれと, おやりよ, おりません, お父さんの, お聞き, お辞儀を, きたいと, きたまえ, きたん, くるからね, くれるもの, くれる人, こいと, これは, これも, こんどは, ごらんなさいまし, しばらくする, しまいたいと, しまいたいの, しまいは, しまうに, しまうまで, しまうもの, しまう気, しまえと, しまおうかと, しまったところ, しまったとさ, しまっても, そこい, その中, その人, その女, その帰り道, その男, たずねて, どうしよう, のぞいて, ひそかに, ますか, みたくなった, みたら, みたん, みないと, みようや, もらいます, もらうの, やっと, やらないと, やりたいが, やりたまえ, やりましょう, やるつもり, やれと, やれば, らしたの, らっしゃいよ, ゐた, 一つの, 一人の, 上から, 上げるから, 下さった, 中を, 了いました, 今の, 他の, 何が, 何でも, 何の, 働いた, 其処で, 出来るだけ, 半七, 参りまする, 口を, 同じよう, 呉れた, 壁に, 夕方に, 夕飯を, 夜の, 女の, 女房に, 始めて, 家へ, 居りました, 居りますから, 居ると, 岸本は, 彼女が, 急いで, 手当を, 捜して, 日が, 昔の, 暮して, 来いよ, 来たが, 来たという, 来てから, 来ては, 来ても, 来らあ, 案内を, 洗って, 火を, 目を, 相談しよう, 相談を, 私を, 窓の, 第一, 考えて, 聞くと, 自分は, 荷物を, 見たい気, 見ての, 見ては, 見で, 見な, 見ようや, 見ようよ, 見るつもり, 見届けて, 訊くと, 訊ねて, 誰かに, 貰います, 貴方の, 起して, 足を, 路を, 踊って, 車の, 金の, 陽気に, 隠れて, 静かな, 食事, 食事を, 飯を, 魚を, 黙って

3 [322件] あそこで, あの娘, いいこと, いいと, いい加減な, いい空気, いたお, いたころ, いただきたいと, いたとか, いたところ, いたよう, いたわけ, いた頃, いては, いな, いない場合, いますか, いますが, いません, いようと, いらっしゃいと, いるかと, いるであろう, いる中, いる兄, いる処, いる時分, いる留守中, いる長男, いる頃, いろいろと, いろいろな, おあげなさい, おいて, おくれでないか, おっかさんに, おふくろの, おる, おれと, おれば, お前の, お宮を, お寝みなさい, お目, お目にかかって, お茶でも, お酒, かえって来, からだを, きくと, きたの, きな, きなよ, きますからね, くださいまし, くださいませんか, くるかな, くるが, くるぜ, くるん, くれたが, くれたこと, くれたよ, くれって, くれない, くれなければ, くれぬか, くれはる, くれましたが, くれます, くれますか, くれるかね, くれるから, くれるだろう, くれ私, くれ行って, くんな, こう云った, こっちから, こようと, ごらんよ, さがして, しまいそこ, しまいますよ, しまうかも, しまうだろう, しまおうか, しまったわ, しまったわけ, しまってからも, しまふ, しまや, しまわれた, しまわれては, すっかりとまりました, そうし, そこを, そのこと, そのまま帰っ, その扉, その晩, その話, それで, それと, それとなく様子, それの, それは, だしぬけに, だった, とれ, どこか, どこかへ, ほかの, ほしいという, まいりまする, まいる, また戻っ, まだ帰らない, みい, みたいな, みたいなと, みたいよう, みたいん, みたかった, みたくて, みたところが, みたらば, みべ, みましょうよ, みますわ, みようぜ, みようとは, みようとも, みるかな, みるて, みる事, もう一人, ものを, もらいたいん, もらうと, もらった方, もらわねば, やったもの, やっても, やらあ, やるからな, やるが, やろうじゃ, よくその, らっしゃるし, わけを, わたしが, ウイを, ドアを, レコードを, 一生を, 丁寧に, 三つ五銭の, 下から, 下さいますか, 下さいませ, 下さること, 下さるの, 両手を, 並んで, 久しぶりで, 久し振りに, 了い, 事の, 二人を, 二階の, 今夜は, 介抱し, 伸子は, 何に, 來ましょう, 倒れて, 僕の, 先生に, 其処に, 勉強したい, 医者を, 半分ばかり, 博士を, 厄介に, 参りますわ, 受話器を, 台所の, 右の, 呉れるの, 四ツ, 売って, 変な, 外の, 夫婦に, 奥さんと, 女を, 好いか, 好きな, 妹の, 姉さんの, 姿を, 娘を, 子供の, 寝かして, 寝た, 寝ること, 居ります, 居るもの, 居るん, 帯を, 帰ると, 平気で, 庭の, 彼らの, 彼女は, 御父さん, 御覧, 御覧な, 復た, 急に, 悠々と, 戸外を, 手伝って, 手紙を, 振り返って, 掛合って, 明日は, 暫くする, 書いて, 木の, 本を, 本物の, 机の, 来たばかり, 来たまえ, 来たもの, 来たよう, 来てよ, 来ないか, 来なくちゃ, 来ましょうか, 来ようかな, 来る間, 来給え, 次の, 欲しい, 歌を, 此の, 母に, 汲んで, 泊った, 海の, 湯に, 湯を, 現場の, 男を, 畑の, 留守でした, 留守な, 留守に, 留守の, 相談する, 眺めた, 眼の, 確かめて, 私に, 穴の, 空を, 窓から, 立派に, 筆を, 終う, 聞けば, 腰掛けた, 船の, 色々の, 芝居を, 花見を, 西の, 見えなくなって, 見たいなあ, 見たいの, 見たいもの, 見たくなって, 見たくなりました, 見たころ, 見たらどう, 見ちゃ, 見ないか, 見べが, 見ようでは, 見るから, 見るより, 見るん, 見る勇気, 見ろ行って, 見給え, 観て, 診て, 誰に, 貰いたいと, 貰いたいん, 貰いましょうか, 貰うつもり, 貰ふ, 近所の, 返して, 遂には, 遊びましょうよ, 遠くの, 遣って, 開けて, 隠れた, 電車に, 青い小さいの, 静養する, 食べて, 飲んだり, 飲んで, 驚いた

2 [1009件 抜粋] ああも, あげても, あげると, あすこの, あそこに, あとには, あなたが, あの, あやまって, い, いいかい, いいでしょう, いい値, いず, いたお前, いただいた時, いただいては, いただけ, いた所, いた母親, いた留守, いた私, いった, いつに, いないという, いないので, いないらしい, いなくては, いますから, いまだに帰っ, いらっしゃいます, いらっしゃること, いられるか, いるお前, いるその, いるだろう, いるでしょう, いるとかで, いるらしい, いる事情, いる大, いる彼, いる時刻, いる龍造寺主計, いろいろ話, うちの, おいでやす, おかみさんに, おごって, おしまいなさいました, おしまいなすった, おまえが, おやすみ, おりそう, おりまして, おりまする, お世話を, お出で, お前さんの, お土産, お母さんに, お浜, お礼を, お糸, お膳, お話の, お通, お馬, かせぐかな, きかせて, きた, きたよう, きてよ, きのうは, きますわ, きょうは, くださいな, くださるか, くるからな, くるよう, くれたあの, くれたらいい, くれた人, くれぬかと, くれましょう, くれまた, くれるという, こういっ, ここへ, こっちの, この事, この前, この頃, こられそう, これで, さっぱりと, しばらくし, しまいたいわ, しまいたくなった, しまいましたね, しまいましたので, しまいますから, しまいますと, しまうじゃ, しまうって, しまうといった, しまうはず, しまうわけ, しまおうかとも, しまったかも, しまったこの, しまったその, しまったでしょう, しまったな, しまったのに, しまったはず, しまったらしいん, しまったろう, しまった方, しまってからは, しまわなければ, すぐと, そう云っ, そこでの, そこは, そのそば, そのへん, その器械, その壁, その島, その帰り路, その旨, その次第, その窓, その跡, その雨戸, それから復, それから淵, たった一人, ちっとお, ちょっとの, つい先日, つれて, て下さい, とうとうその, ともかくも, どこかで, どこで, どこにか, どんなふう, なにか手伝っ, ひと働きし, ふとその, ほしいの, まいりましたよ, ますし, まずその, またその, また台所, また立, みたいが, みたかったが, みたくなったの, みたくなる, みたとき, みたらそこ, みたらよかろ, みましょうと, みようかという, みようかね, みるさ, みるという, みるまでは, みんなで, みんなに, めえりやした, もう一遍, もらいたいの, もらうが, もらうよう, もらう外, もらえば, もらったが, もらったり, もらっては, もらわなくても, やがて帰っ, やっととまった, やりたいと, やるという, やるもの, やる約束, やんなさい, よいもの, よく考え, よんで, らっしゃるの, ゐて, ウイのみ, オルガンを, カラバ侯爵を, コーヒーを, テーブルの, ノートを, ベッドの, ラムプの, 一切の, 一度は, 一応の, 一晩泊っ, 一番に, 一秒の, 一週間も, 三度目に, 上げたいと, 上げます, 上げる, 上げるわ, 上ましょう, 下さいとは, 下さいましよ, 下さいませんか, 下さるそう, 下さると, 下さるん, 不意に, 両手で, 中の, 久しぶりに, 了うのであった, 了ったら, 二人きりで, 五クローネルの, 京都の, 人々は, 今は, 今度帰っ, 今日も, 仕入れて, 仲間に, 伊豆の, 会えば, 伯父と, 伽藍堂の, 住めば, 何う, 何にも, 係りの, 俺が, 偶然に, 僕は, 僧侶の, 兄の, 入院させ, 出して, 刀を, 初めてその, 前の, 力任せに, 勝手の, 十一時に, 半蔵は, 参じます, 参りますよ, 参れよ, 友達と, 叔父さんに, 取付いた, 受取って, 右に, 合図の, 向うから, 君に, 呉れこの, 呉れないか, 呉れます, 呉れるよう, 和尚に, 商売を, 問うて, 嗅いで, 土に, 地上に, 坐らせた, 声の, 夜おそく, 夜は, 大きな声, 大勢の, 大声に, 天真を, 奥さんに, 奥の, 女に, 奴を, 妹を, 委細の, 子供に, 存分に, 学校の, 実否を, 家具屋を, 宿屋で, 尋ねますと, 少しずつ, 少しの, 居たこと, 居て, 居られるの, 居ること, 居る人, 屍骸を, 峯子は, 左の, 左手の, 帰りがけに, 幾度も, 廊下を, 当座の, 彼と, 彼女と, 彼等の, 後の, 御らん, 御機嫌, 御飯を, 怪我を, 悪いという, 慰めて, 或る, 手や, 手袋を, 拝を, 挨拶する, 探りを, 故郷へ, 敵を, 断わって, 新たに, 新聞を, 日向ぼっこを, 日曜日の, 是, 時を, 景色の, 暮すこと, 最初に, 月の, 木刀を, 来いっ, 来う, 来たかい, 来ただけ, 来たところ, 来たらいい, 来た家, 来た男, 来なん, 来ますが, 来やす, 来ら, 来るという, 来る所, 東京の, 林の, 校長に, 植物の, 槍を, 橋の, 歯の, 死んで, 母の, 気がついて, 気軽に, 水浴を, 池の, 汽車に, 泊まって, 泊りましたが, 泣け, 済むの, 測定を, 焼いて, 熱心に, 父に, 父親に, 牛乳を, 犬に, 狐を, 王様に, 用事を, 留守を, 番頭に, 白粉を, 皆が, 皆と, 皮膚科の, 相変らず, 相談します, 眺めて, 知らして, 石の, 確める, 祖先の, 穂吉に, 立ったこと, 立派な, 笑って, 節子の, 糸を, 細君に, 結納の, 綱を, 線香を, 縁側へ, 聞きあわせたの, 聴けば, 背中を, 膝の, 自分と, 自害した, 船に, 花の, 芸者に, 苦労する, 落着い, 薬を, 虎の, 蝋燭を, 裏から, 見せたところ, 見せると, 見たいん, 見たけれども, 見たらいい, 見たら定めし, 見た上, 見た処南洋, 見つけて, 見ない, 見ないと, 見なさい, 見ねえが, 見ますか, 見も, 見ようじゃあねえか, 見ようね, 見よう行って, 見るって, 見るよう, 見る度, 見度, 見張って, 親分に, 角を, 訊きましたが, 記録を, 試験の, 話しかけること, 話しましょうよ, 話せと, 話などを, 誰が, 談判し, 警察の, 貰いたいもの, 貰うよう, 貰えば, 貰ったが, 貰わなければ, 路ばた, 車に, 迎えて, 遊ばせた, 過失致死罪, 遣る, 野ねずみに, 野菜の, 銃を, 長い堤, 開いた, 間もなくみんな, 隠して, 雪の, 電話に, 青磁の, 面白かった, 頂くの, 頂戴よ, 頭へ, 頼むが, 頼んだ, 願って, 食うと, 食を, 飯でも, 馬から, 駕籠を, 髭剃っ, 麓の

1 [9845件 抜粋] из, あげたらいい, あげるという, あちらの, あのお, あの坊主, あの神秘, あらかじめお膳立て, ある時, いいぞ, いきなり敵, いたかも, いただく方, いたらとある, いた一人, いた命松丸, いた或, いた田舎, いた長女, いつまで, いない地域, いぬもの, いますけど, いよう, いらっしゃいますけれど, いるあいだあいつ, いるその間, いるばかり, いるサボタージュ, いる仕事場, いる同級, いる子供部, いる或, いる次の間, いる紺の, いる運八, いろいろ尋ね, うどんを, おいそれと会っ, おきましょう, おけば, おじょうちゃんの肩に, おとなしく頼ん, おもちゃの, おられて, おりますから, おるか, お上げなさい, お出でよ, お取りなさい, お嬢様は, お春どん, お熊, お礼, お葬式, お賤, お頼みなさる, かえりには, かの髑髏, きたらいい, きましょう樗牛, くださいどこ, くるかなあ, くれたお前, くれたんで, くれないかと, くれまっ, くれるでは, くれる時, くれ生れた子, けらけら笑っ, こうして子供, ことわっ, この名刺, この暦, この間から, これ何ん, ごらんどこに, さかんに, さらりと, しきり, しばらく住んだらしく, しまいたい気持, しまいましたがね, しまいや, しまうお母さん, しまうな, しまえたらと, しまったところが, しまったら後, しまった感, しまつた, しまわれるの, じきに, すぐそのまま引っ返し, すごします, するがい, せかせかと, そうしてその, そう言う, そこで別れ, そこで生活, そして出来る, そなた, そのひれ伏し, その人物, その古着屋, その封筒, その御, その欄干, その秘書官, その荷物, その返事, その靴, それからまた引返し, それから洋服, それっきりしんと, それとなく訣別, たくさんな, たっぷりと, だれである, ちょうだいよ, ついでに, ておくれ, とうとうしまいには, とうとう門番, ともかくその, どうぞ控室, どさくさまぎれ, なおさら苦しんだ, なにかひとり, なんという, のぞく人, はっきり調べ, ひっぱり出して, ひどく高く, ふたたび姿, へたばって, ほんとうの, まいりますれば, ますよって, またお前, また引き返し, まだ帰らなかった, ままごとを, みずと, みたうえ, みたという, みたらワイラー氏, みた事, みなお前は, みましたら兄, みようかしらん, みりゃ容子, みるん, みんな殺し, もういちど, もう一杯, もしゃぼんをぬらぬらなすくって, もらいたいが, もらいましょう二度と, もらえるの, もらったら薬, やがてまた, やしません, やって来ようでは又, やらないでは, やりたい様, やるせない心, やる矢, やろうザザ虫, ゆっくりもの, ゆるゆる聞こう, ようやく眼, よく異見, よそながら平太郎, らっしゃいと, わしの, んだ, アンナ・セルゲーヴナに, エンタツ, カン, クージカを, ゴトゴトと, ジナイーダの, セメントの, チドリの, トランプを, ネーチュンに, バンパー, ピタリと, ブリの, ボーイさんに, マユミや, モンゴ屋商売を, ルビーの, 一々会, 一人ずつ, 一千字ばかり, 一巻きの, 一日二日休ん, 一晩寝ずの番を, 一瓶買った, 一篇の, 一風変った, 万事整頓し, 三四年は, 三津五郎を, 上げたらどう, 上げるわよ, 下さいここ, 下さらないと, 下されば, 不審らしくつぶやく, 世界の, 中井さんアミ, 久し振りで, 乾雲丸の, 事務所を, 二人がかりで, 二時間ばかりの, 云うから, 井戸の, 人目を, 今も, 今晩か, 仕えて, 仕舞ったと, 仰向けにも, 休んでからに, 伴れ帰りたい, 住む者, 何すれ, 何事が, 何気なく笛, 使て, 信号の, 偉大な, 働きを, 兄貴が, 先方で, 入用な, 共どもに, 内側が, 冗談と, 凧を, 切符かって, 初鍬, 剃刀で, 力ずくで, 勉強しよう, 北の, 十分の効果を, 千鳥ガ淵の, 半月ほど, 博多までの, 原稿紙インクペンノートを, 参りますそれで, 又も, 友達などが, 取るもの, 口笛を, 右側に, 同じ麻布, 向うに, 呉れた老人, 呉れ行って, 命乞いを, 商談を, 嘆かずには, 四谷見附の, 国民の, 地主に, 坊主頭に, 堤の, 売り切れるか, 夕方まで, 多少力, 夜更け, 大きな白蛇己, 大坂の, 大弐に, 大阪の, 太鼓を, 女が, 奴に, 妾に, 娘の, 子供は, 安い印刷所, 実地に, 家々の, 寄りかかれるよう, 寝ぼけて, 寝床の, 尋ねるです, 小声で, 小説本を, 少し話し, 居たかと, 居た若い, 居られる, 居るから, 居ろと, 山の神に, 岸に, 左側に, 市十郎さまを, 帰った時講堂, 帰るまで, 幕内へ, 幾日も, 座敷へも, 引き出しを, 弟子どもを, 当日の, 彼等を, 待呆けを, 御上なさい, 御用人, 御貰, 心気を, 思いがけず郵便局, 怪しまず神, 悪いとは, 愚堂の, 懇意な, 戴いたのに, 所帯を, 手早く洋服, 打ち殺されたか, 抱きおろして, 拝見し, 振返った時, 据わると, 探した時, 揺り起こして, 支那人街や, 救い出して, 整理を, 斬り付けるの, 新橋から, 日光赤城榛名妙義などを, 旨いグリル, 早や, 星の, 昼寝を, 暇に, 暫く泊っ, 暮らす気, 最上のを, 朝ごとに, 木曾川の, 本願寺橋の, 来いってな, 来たばっか, 来た日本人, 来なかった, 来ましょうかしら, 来られる, 来るって, 来るフィルム, 松ヶ岡, 果して温泉, 根気よく, 棒を, 椰子林の, 横から, 次手に, 止めて, 歩き廻ったヴィエンヌ河, 残る一枚, 母屋の, 気楽に, 氷河を, 汽車の, 油を, 泊りけさ, 泣いたの, 洗いざらい心, 浩さんの, 消えたよう, 清澄な, 湯煎に, 滲み出す汗, 濡縁の, 無くして, 焼絵を, 父か, 牡蠣を, 狸に, 玄関払いでも, 現に東京, 生かして, 用心棒にでも, 男に, 留守と, 病室の, 白隠, 皿に, 直接の, 県道に, 着物の, 知人の, 破婚に, 祈祷し, 秀吉を, 種々買物, 空しく引きかえし, 立ち停る, 立山の, 第二芸術座, 米友は, 紙面の, 終夜終日釣り暮らした, 結構な, 縁先から, 置かれるうち, 羽織と, 考えたいと, 聞かせて, 聰太郎, 胸が, 膝詰め談判を, 自殺しよう, 船が, 色々兄, 花魁を, 苦学を, 茶館に, 落着く, 蔓から, 虎狩を, 血で, 行灯と, 被衣を, 西洋酒を, 見せたのみ, 見せ彼女, 見たい見たいと, 見たものの, 見たらわかるだろう, 見たら成る程, 見た彼女, 見なかった, 見ましたらやっぱり, 見ますべ, 見よう放っても, 見るまでも, 見ろって, 見廻すと, 親や, 解散させた, 訊きもう, 訴えるから, 詰らねえ口, 話そうとしても, 読み聞かせた, 調べるとか, 謝り証文, 豚吉と, 貰います私たち二人, 貰うもん, 貰ひたい, 買うさわぎ上野駅, 赤いくちびる, 跡かたも, 身体さえ, 辞職を, 返すぞと, 退けます, 逢う事, 遂に底豆, 遊ぶと, 道中指の, 遣るが, 郭淮や, 酔い倒れて, 野尻湖へ, 釣瓶から, 銀若干を, 鎖を, 長島若菜と, 開店する, 関羽や, 階子段の, 雄牛, 雪晴れの, 霊も, 頂いた, 預けるの, 頼もうと, 風雨にも, 食べたロブスター・ニューバーグ, 食物を, 飾られたよう, 香嶽楼と, 駕籠へ, 魚の, 鵜飼の

▼ 行っても~ (1643, 5.9%)

25 行っても 21 いい 12 いいと, いいの 10 いいん 8 い, いいけれど, いいよ, 同じよう 7 いいが 6 いいかい, よいと, 誰も 5 いいでしょう, 仕方が, 同じこと, 好い, 私は 4 いいか, いいです, いいわ, それは, それを, 可い, 自分の

3 [16件] いいかと, いいこと, いいだろう, しかたが, よかった, よかろう, 何を, 同じである, 同じもの, 女の, 好いの, 容易に, 差支ない, 果てしが, 青い壁, 駄目だ

2 [70件] あなたは, いいから, いいがね, いいけど, いいさ, いいじゃ, いいって, いいという, いいね, お国自慢, この人, これで, これと, そうである, そうな, そこに, その山, その評判, それが, どこにも, どこまで, ないし, よいが, ようが, よさそう, よろしゅうございます, わたしは, ムダだ, 中, 人に, 人の, 人間の, 何の, 使って, 先生の, 出て, 同じであろう, 大同小異です, 失策った, 女に, 好いが, 好いけど, 好いです, 好いと, 安心し, 実際には, 山の, 差支えは, 彼は, 心の, 日本の, 果しの, 森ばかり, 歓迎し, 水の, 決して美, 無駄でしょう, 直ぐに, 相手が, 相手に, 結果は, 苦しんだ, 話は, 路ばた, 近頃は, 通用する, 金が, 金には, 際限が, 面白くない

1 [1265件 抜粋] ああこれ, あなたの, あの家, あまり有名, あらましは, あるまいよ, あんまりみかけない, あゝうまい, いいかね後で, いいぞ, いいところ, いいのよ, いいよう, いい二人, いい親類, いかなる形, いけませんが, いそいで, いつも, いないの, いやな, うけつけぬ時, うよ, えい, おいしいもの, おかめ, おそくは, おそろしい機械人間, おどりを, おなじでしょう, お前さんたち家族は, お前は, お土産, お屋敷, お日さま, お艶さん, お茶漬, お関, お高さん, かまわないだろう, かまわぬよう, かれの, くさりである, くらいの, くれないの, こういう臭い, こうした社会施設, こう早く, このごろは, この他国者夫婦, この公徳, この図書室, この猿沢, この裸虫, この飢饉, これほどに, こんな光景, ごッ, しかしわが家, しばらくは, しようがない, じぶん, すぐに, すぐ傍, すぐ赤い, すたり物, そういう風, そうでない, そこでは, そのあと, そのとおり, その伝説, その名, その奉公, その居所, その方, その林, その考え, その話声, それに, それほど困る, そわそわし, そんなボロ, たかくとる, ただ肯定, たにし, だいじょうぶか, ちゃんととりまき, つまらん, つまりませんよ, どうにも仕様, どう見誤っ, どのみち一月, ないから, なかなか人民, なだれ上りの, にこにこし, のぞく事, ひけは, ふえて, へえそんな, ほとんど吹け, まずいこと, また東海方面, また落ちあえる, まだ彼, まだ本物, まるであの, まるで迷宮, みんなそれぞれ面白い, むだな, もう一流, もう会社, もう誰, もらえないが, やはり判っ, やはり江戸, よいでは, よいな, よいよう, ようご, ようござん, よかったであろう, よくって, よく冷えた, よしと, よろしいの, らくだの, わかるもの, わしが, わるくな, イタリアに, ガタガタと, キャデーに, クリストフは, スリーピー・ホローの, ダメだ, ハケ口を, ハッキリした, ピンと, フルイドーグヤ, ペンで, ホテル代を, ヨーロッパに, リアリストで無い, 一ヵ月の, 一向不審, 一回舞っ, 一度でも, 一文の, 一滴の, 一色の, 一部屋は, 七五調を, 万吉と, 三, 三時間で, 三時間走っ, 上席に, 下にも, 不快は, 不純である, 世相を, 世間を, 丸木, 乳兄弟でした, 事実だろう, 二三十銭出せ, 二十何歳という, 二時間も, 二間行っ, 人だ, 人は, 人形が, 人目に, 人間は, 今だに, 今は, 今を, 今頃は, 仕様が, 他国の, 以前の, 伊賀訛で, 会いたがらない, 似たり, 何かしら山の, 何だか張合い, 何んと, 何時逮捕せられる, 余り沢山は, 依然として熊谷, 保子と, 信長公の, 俺を, 傍観者の, 僕たちは, 優に一流, 兄の, 先生は, 免れない, 全国民, 其事を, 内地に, 処方書を, 出逢わない, 分らないから, 切りが, 初対面の, 制裁という, 劇評を, 効力が, 勝つ見込み, 十や, 十年後には, 南国らしい澄み透った, 危険の, 参ちゃん参ちゃんで, 受取る時, 口も, 只田舎, 可ちょい, 合う服, 同じくりかえし, 同じな, 同じ人間ども, 同じ姿, 同じ話, 同一く, 同様な, 名所には, 向日葵だらけで, 味わうこと, 唯真白い, 噛まれて, 因果の, 国際語だ, 地蔵様が, 埓が, 売れない事, 売切れさ, 変った事, 変りが, 変わったこと, 夏行っ, 多くの, 大いにもてました, 大へん評判, 大丈夫です, 大丈夫午までには, 大切に, 大差なく, 大抵留守の, 大概似た, 太い松, 太郎を, 夫婦な, 女は, 女房の, 好いけれど, 好いん, 始末に, 威張って, 嬉しいに, 子供よりも, 子細は, 学士院が, 安穏は, 宜しい, 実際は, 家庭でも, 宿は, 寂寥が, 寄港中の, 審理を, 小説以外の, 少しの, 尽きないよう, 居ないこと, 居らぬ或いは, 屋根裏に, 山は, 山また, 山深く, 屹度印度へ, 島田虎之助の, 左り, 左様だろう, 差支えあるまいと, 差支えないと, 己ほど, 市電は, 常識が, 平気かという, 年代史的に, 広いの, 店口から, 張合いの, 当座は, 当節は, 役に立つと, 彼の, 彼女が, 彼等は, 待ち設けられた, 御姥子様, 御当家, 必ず俥, 志を, 快く自分, 思ったとおり, 悪くない, 悲しむ親, 我が中村屋, 戦災児だ, 手に, 手遅れや, 招いた方, 捜して, 授業時間に, 敬遠された, 数日しか, 文女が, 新たに, 日の, 日本児童が, 明るく楽しいところ, 昔日の, 時々光る, 時子は, 普通の, 暗黒の, 最初は, 朗唱に, 本来仏弟子である, 来て, 東京が, 果して黙っ, 果てしの, 柿ばかり, 森の, 構わないの, 横町は, 機械に, 歓迎を, 正月は, 武蔵野か, 残されて, 殺気という, 気に入らない貴方, 水だ, 水地ばかり, 永持ちしない, 決して原料, 決して母, 決して道草, 泊まるところ, 泊る家, 洋館らしい, 流行る徳川, 海で, 海野三千雄で, 淋しい一人身, 深い林, 清水の, 満員ばかりじゃ, 火の, 無い, 無礼な, 無駄だ, 無駄である, 煙管を, 熔岩流を, 爪弾きを, 犬が, 生きられるほど息, 生臭い鰊, 由来小杉勇と, 男性の, 番頭や, 療治し, 皆な, 益は, 目立つ, 直厭, 相当手紙, 真実に, 眼には, 矢叫びの, 知らず知らずに, 知られて, 石は, 研究だけは, 祖国が, 私の, 私達を, 稲田は, 空想の, 突き放された子供, 立派な, 竹刀と, 簡単な, 米英を, 紫の, 終わらない代物, 続いて, 罰は, 群集であった, 義貞の, 聴える, 職業を, 肩身が, 胡麻の, 腹の中まで, 自分で, 自分自らの, 自己を, 自称し, 舞台の, 良かった, 花の, 花よりは, 若旦那で, 菅谷夫婦は, 落つか, 葉子の, 藤次が, 行々子には, 行かれますだろう, 行き止りは, 行くすえ, 行ける, 衝突し, 裏の, 西洋の, 見たいが, 見ないよう, 見られないだろうな, 見られぬところ, 見られるの, 見られる野生, 見付かりますぜ, 見出し得まい, 親に, 親方は, 言って, 評判が, 誰とも, 誰にとっても, 調和する, 負傷者で, 買われませんから, 赤色花の, 起るその, 身にも, 身体の, 軍隊には, 辛抱が, 追, 追い出されるん, 逃げようと, 通ります, 逢う当, 逢わして, 運動にでも, 道は, 道路が, 適当に, 部分的な, 酒は, 野原ばかり, 金に, 金金と, 銀の, 長い対陣, 開いて, 間に合いません, 関西から, 附きまとって, 陸らしい, 階下の, 集魚灯を, 離れること, 雪ばかり, 電燈の, 霧茶店で, 面会せず, 面白そう, 頼まれて, 風が, 食べるには, 飽きないの, 香煙が, 駄目かや, 髪の毛の, 魚も, 鳩は, 鶯の, 麻布に, 鼻を

▼ 行ったり~ (799, 2.9%)

221 来たり 80 して 60 した 28 こっちへ 13 きたり 12 するの 10 すること 8 すると, 戻ったり 6 したの 5 したもの, する, 左へ 4 こちらへ, したこと 3 したが, しました, するが, 何か, 帰ったり, 持って

2 [15件] かえったり, したけれども, した頃, しては, しながら, するとき, する電車, その帰り, 停車場まで, 山登りを, 岩片の, 後へ, 日本へ, 映画を, 禁止し

1 [282件] ああこの, あの頃, あまり意味, あるいは内職, あるいは見慣れぬ, ある夜, ある独逸, いきなり喧嘩, いろいろ手を, いろんなこと, いろんな目, うろうろし, おそば屋, おひろの家, おめかしを, お台所, お宮の, お食事, くるくる廻っ, こうして道灌山, こっちの, これから四五日, ざんざめいて歩き廻っ, しただけ, したでしょう, したので, したん, したんでね, した事件, した妲妃, した時, した民子, した男, した瞬間, してさ, してな, しても, しとるのに, しぼったタオル, しまいには, しましたが, しまして, しますから, しますと, すべて日常の, するこの, するたびごと, するため, するだけ, するついで, するという, するには, するのよ, するん, するナイビテート, する人, する人物, する度, する時, する気持, する船, する見上げたSPORTY, する訳, する費用, せきとめられたり, そっと研究所, そのころ, そのため, その上, その町, その程度, その著書, その連中, そろそろと, そんなこと, たちまち豪奢, たまには, だ, つまらないいたずら, でなければ百姓, どうしてもだめ, どうしても猿公, どうも妙, どこまでも, どろだらけ, なお普通人, なかなかコマメ, なんだか知らぬ, ふいに, ぶらりと散歩, まあそう言った, まごまごした, またこの, またたく間に, またはちょっとした, また僕たち, また城, また娘, また或いは, また戻っ, また朝延, また音楽会, まるで阿呆みたい, もうどうしていい, もどったり, よく花, よたよたと, わたしの, イ, イな, ウエスタンの, オカマが, ガタガタと, コーヒー店には, サラディンの, ヂェンニイ・リンドの, フィラデルフィアへ, ペラペラと, ヨットに, ヨハン様を, 丁度よろしい, 上京し, 上野近くに, 中華民国に, 人と, 今日婦人の, 伯母さんの, 何も, 何や, 保土ヶ谷へ, 信州まで, 俳句を, 借金を, 元の, 兄の, 公使夫妻の, 其他の, 冬に, 別に, 勤め人だったら, 北側へ, 又は何となく, 又は文化式, 又他, 又思いがけぬ, 台所で, 台所に, 同情し, 君が, 吾子の, 告別式に, 器械が, 四ツ谷へも, 団子屋へ, 国学者仲間に, 土地の, 堤の, 夜の, 夜は, 夢という, 大きな躯, 太いステッキ, 夫婦で, 如何にも夢遊病者, 子供等の, 子供達の, 学問を, 実家へ, 宵に, 小屋の, 小説を, 少しの, 少しは, 就中当の, 居ても, 届かなかったり, 山に, 岩かけの, 左に, 床の間に, 店へ, 廊下へ, 弟を, 役所へ, 後ろへ, 忙が, 念仏に, 恩師を, 息を, 恵比寿台所と, 戦いに, 扉の, 招いたり, 政策の, 新橋に, 新聞社へ, 旅に, 日本物の, 昔は, 時々彼女, 時と, 景気が, 朝から, 朝夕峠を, 本を, 来させたり, 来たりという, 来たりに, 来られたり, 東へ, 松の, 松竹見, 果物を, 歌を, 此方へ, 歩き廻る, 死なない人間, 水をのみに, 水瓶に, 水車小屋の, 池の, 沖縄や, 泊りがけの, 泣きごとを, 洋傘を, 派出婦に, 浜屋で, 温泉へ, 潜りながら, 炊事場へ, 牛御前へ, 物置の, 犬や, 生活の, 田辺哲学が, 目まぐるしく勇み, 相州の, 相当まごついた, 相談の, 眼も, 知人に, 石川を, 神田の, 神社仏閣に, 突撃蜂を, 約三十分位, 縁側に, 聟を, 臆病らしい, 自分の, 自転車に, 芋や, 芝浦い行っ, 若草山に, 茶屋酒も, 落ち葉を, 落語を, 薪を, 裏門の, 裾野中探し, 見たくも, 親しい近所, 誘い合わせて, 路地を, 逃げようか, 這入って, 進んだり, 遊ぶこと, 道具の, 配給ものを, 重湯に, 金持ちに, 銀座通や, 長く宅, 門口へ, 開けない部屋, 階下へ, 隣のを, 静子を, 音楽を, 頬杖に, 髪結床へ

▼ 行っては~ (324, 1.2%)

5 いけない, いけないと, いけませんよ, どうだ 4 いけないよ, いけません, いないの, ならない 3 どうか, ならないと, なりません

2 [16件] いかん, いけないの, いけない行っては, いけませんと, いなかった, それを, どうかと, ならねえこと, ならん, クルリと, 何か, 土の, 帰って, 往復が, 泣いた, 物見を

1 [247件] あいつは, あなたに, あの掛額, あぶない, あんまり俺, いかぬ陸上, いけな, いけないかい, いけないでしょうか, いけないという, いけないとも, いけないので, いけないよう, いけないよと, いけない少なく, いけない等々, いけない置いて, いけない返事, いけなかったと, いけません行くと, いたが, いない, いないだろう, いないという, いないはず, いないらしい, いや, いやだ, いやよ, いよいよ袋詰め, いられない, いるが, いるがネ, いるがネと, いろいろと, おさまりが, お志, お玉さんを, お見せした, お追従, かえり茶色甲冑, かえり行っては, かさ, くださらんの, くれずひょいと, くれなかった, こづき廻される, この, このうなぎ屋, この人数, しゃがんで, すべりこっち, そこから, そこらを, その, その亜流, その強い, それと, それとなく様子, たずねましたが, たとい父, つき当り, とても口, どう, どうでしょう, どうです, どうでも, どこの, ならないの, ならない危険, ならない行かないが, ならぬとも, ならんぞ, ならんとも, ならんよ, なりませんそっち, なりませんぞ, なりませんよ, なんだか変, ぬかるみに, ひたすら植物, ひとりの, ぶっかけ, また, またし, またマント, また戻っ, また片足, また突然, また駆け, まるで嬰児, まるで方角, みつかって, むなしく家, むなしく引返し, やめるから, やらぬぞ, よくない, よく帰り, よく火, よく遊ん, よしやろう, よろめき二足, わるいん, アザラシに, シドミの, ドウかな, 一きれ, 一人, 一切の, 一本二本と, 上杉家へ, 下さりませぬか, 下の, 下駄で, 人知れず愉快, 伊達家へ, 伝道の, 伸子は, 佐竹家へ, 何の, 価値の, 倒れるの, 先刻の, 先生の, 全く出来ない, 八歩かえり, 八郎が, 冷かされこっち, 刑罰の, 別所家へ, 十日半月と, 千年や, 半治さん, 南部家へ, 危ない, 又滑っ, 古代の, 呉れまいか, 唱歌を, 困ります, 困る, 困るじゃ, 坑長の, 墓石に, 大変だ, 夫人に, 専らウイスキー, 尼子家へ, 山に, 師匠の, 帰りに, 弄りもの, 心づかなかったこと, 怨めしそう, 恥ずかしい目, 息を, 悪いと, 悪い姉, 拙い, 拙いじゃ, 教えて, 敵弾の, 文を, 斉彬に, 方角が, 施を, 旨そう, 普通でない, 書いて, 検索表と, 止め首, 死んで, 毛利家へ, 水の, 水を, 泊って, 泊り朝早く, 泣いて, 洋杖で, 浮田家へ, 消えするの, 消え行っては, 混乱する, 済まぬと, 済まん事, 源氏に, 焙られて, 無縁の, 無遠慮でない, 無駄話を, 独り楽むのでした, 玉突を, 異党, 痛い悲しみ, 皆やめ, 皆同じ, 盗んで, 相手が, 真実に, 石に, 砂金を, 神様の, 神経的に, 私の, 私は, 立ち行かないと, 竜造寺家へ, 笑われて, 米と, 終日クララと, 結城家へ, 結局また, 結局小次郎は, 絵を, 置土産を, 義理が, 老母も, 肝心の, 色々の, 芝居風で, 花を, 苦痛な, 草を, 蘆名家へ, 行き迷, 見ないけれども, 見られないだろう, 親類では, 話す間, 足が, 迷惑といった, 追いつかれるに, 途中の, 道が, 部屋の, 酒を, 里見家へ, 金が, 長い時間, 門の, 面白くない, 顏や, 食事中だ, 馬の, 麦刈り草刈りを, 鼻を

▼ 行ってから~ (225, 0.8%)

2 お島, からだは, 彼は, 数日を, 自分の, 顔を

1 [213件] あと, あとで, あまり作品, あんまり飲まず, いきなり校旗, いくらでも申せ, いつもの, いやでも, うしろから, おきの, おされるよう, おっ母さん, お島たち, お庄, お米, お銀, かこう, きゃアぱア, くるりと, こういうこと, こう云った, ここへ, こちらを, こっちで, ことし九年ぶりに, この女, これでも, これに, して, しばらくし, すっかり人間, すでに久しい, そっと球根, そのあと, それを, だった, だんだん直覚, であった, でないと, でも, どうした, どんなつらい, どんなにため, のちなにか, はっきりと, ひとつゆっくり, ふつかめの, ほんとうに, またあたり, また彼, また水, まだ一晩, まだ馳せ戻っ, まもなく, まる四年, もうどの, もう三カ月以上, もう三月, もう二年近く, もう四カ月, もう大分時間, もと宏子の, やがてお, やや長い, ゆっくりお話, ゆっくり考え, ようやく気, わしは, エヘンと, サンドウィッチを, サンドリヨンは, ボートの, ミハイルアウエリヤヌイチは, 一同は, 一層達者, 一年も, 一月二月は, 一緒に, 一言も, 三十分ばかり, 三月も, 与る, 両手で, 主柱, 九日にも, 二三日しか, 二三日以内に, 二人で, 二口三口で, 二度ほど, 二度崩れました, 二日立つ, 二時間ばかり, 井谷は, 今日まで, 以来若い, 会津と, 伸子は, 何うし, 何年目に, 何気なく振り, 俄かに, 俄然自白, 保土ヶ谷へ, 倒れろ, 僕と, 先刻の, 全く一年, 出版した, 別に, 十分に, 十日と, 半年たつ, 半年ばかり, 半時間とは, 又ミハイロブナ, 又一しきりいろいろの, 友釣に, 右の, 右手の, 同じよう, 和一郎小枝つや子と, 哲学を, 嘴で, 四半刻, 四日目の, 変な, 夕陽丘女学校が, 始めてじゃ, 娘は, 子供に, 安井に, 家の, 家へ, 小半月, 少しは, 少しばかり, 少し人間, 峠の, 工場主は, 席へ, 帰って, 幸いに, 幾分か, 廻れ右, 後とは, 後も, 後を, 従姉は, 思いッきり手帳を, 急に, 振返って, 振返り岡田, 掌を, 散々ひどい, 数日過ぎ, 新吉は, 日本では, 日比谷の, 時経つ, 暫くの, 更に大いに心, 書物の, 母親は, 毎夜宇治は, 毒薬と, 気が, 気がついて, 気の毒な, 水泳を, 混雑を, 漸く繁み, 父親の, 生不動一まき, 着るもの, 私が, 立ち止まった, 笹村は, 節子に, 続いて, 続けること, 美術閣での, 考えて, 聖書などに, 若しも何処, 苺を, 葉書を, 著る, 藤吉郎は, 裂罅の, 角, 言いたまい, 言うもの, 詠まれたもの, 話そう, 詳しく知った, 足かけ六年内地は, 軽便鉄道で, 重症の, 鉄の, 鉄路の, 銘々判読する, 間も, 間もなく一団, 間もなく其処, 間もなく女, 間もなく娵, 間もなく私, 間もなく籍, 間もなく西洋蝋燭, 雀追い, 高橋さんが, 鼓村さんは

▼ 行ったって~ (172, 0.6%)

4 何が 3 いいじゃ, 仕方が 2 何に

1 [160件] あいつの, あたしの, あの手並, あまり貸し, あるもの, あろうじゃ, いいが, いいけれども, いいところ, いいん, いけない, いけないという, いないこと, いやでも, うしろを, えいさ, えたいの, おしまいには, おちおちしなく, おもしろいこと, おんなじな, かまうもん, かまわないところ, かまわないよ, きっと気, きっと追, これだ, こんないい, こんなに悲し, さしつかえねえ, しかたが, そういい, そうざら, そう云っ, そう変る, そしてすぐ, それは, だめだ, ちっとも楽しく, ちっとも面白い, つまらない, つまらないから, つまらないが, つまらないさ, つまらないでしょう, ないわけ, はなも, まさか賊, めったには, もてやしませんよ, やはりなん, よろしいの, わかりませんよ, バレる気づかいが, ムダだ, モウ駄目よ, 一升餅持っ, 一年も, 三十円は, 三途川で, 事を, 二ツ返事でしょう, 人っ子一人居やしません, 人と, 人情に, 今の, 仔細は, 仕様が, 会えるもん, 何か, 何にも, 何を, 働かずに, 僕たちには, 先方で, 其じゃあ, 効験が, 勤まりそう, 可愛がられやしないやねえ, 叱られちゃったところ, 同じこった, 同じこと, 同じです, 同じでねえ, 同じ戦い, 向うでは, 大した違い, 大丈夫だ, 大戦争, 始まらない, 宜かん, 家風に, 差支えないでしょうと, 差支は, 当り前だ, 役に立ちは, 御心配, 御斎, 御門を, 御飯ぐらいは, 悪い事, 我慢出来っこねえ, 所詮効, 提げられやあせん売ったって, 昼間は, 来るはず, 東京よりは, 格別面白く, 武装した, 歯が, 死ぬとき, 死ぬもの, 残るだけ, 殺されるもの, 泊める処, 済みっこありませんね, 災難に, 版で, 物の, 猿は, 甘い仕事, 目白より, 矢張青い, 祇園だ, 立派に, 結局同じ, 続いてるん, 繩を, 聞いたけど, 聞いた時, 職を, 自分一人くらい, 芝居へ, 行かなくたって, 行かなくったって, 話が, 誰が, 誰の, 賃金が, 足が, 迷惑する, 這入れる気遣い, 野は, 長く勤まる, 間に合いませんぜ, 間に合うめ, 際限は, 雑作なく赤い, 面白いこと, 面白くない, 面白くも, 面白可笑しく, 鞄を, 頂きやしません, 食い物に, 食うもの, 食えるもの, 食べるもの, 駄目な, 驩迎される

▼ 行っちゃ~ (99, 0.4%)

5 いけない, いけねえ 4 いけないの, いやよ 3 いけないよ 2 いけねえよ, いけませんよ, いやだ, アいや, 工合が, 待ちこの, 駄目です

1 [64件] あんまり欅, いかねえ, いかんぜ, いかんと, いけないかしら, いけないこと, いけないと, いけないのよ, いけないわ, いけない田村, いけなくって, いけなくて, いけねえぜ, いけません, いましょうか, いや, いやあ, いやです, いやなに, いやねえ, えテン, おしまいだ, だめじゃ, どうだ, どうです, なぜいけない, ならねえよ, ならねえ匕首, ならねえ岡, ならん断じて, ひと仕事, ァ穏やか, アいけない, ア危ない, ア厭だ, ア困ります, ア掴まる, ア遅い, ア駄目だ, ダメよ, ペパミントの, 不可ねえ, 不可んじゃ, 何冊でも, 何度も, 兄さんなんか, 危険だ, 反って, 失礼だ, 帰りちょうど, 帰り行っちゃ, 御迷惑, 悪いの, 打ちこわし, 日が, 生意気に, 矢代さんに, 職人で, 見えねえでは, 逃げまわって, 遠吠えを, 間に合わねえ, 食えないから, 駄目よ

▼ 行ってからの~ (27, 0.1%)

3 生活で 2 ことを

1 [22件] いろんな人達, お久美さん, ことで, ことである, ことな, ことは, こと一向, この数年間, 下宿なぞを, 事ばっかりを, 半蔵の, 学資について, 成否が, 捨吉は, 描写は, 桶を, 楽しさ, 生活については, 用事に, 節子は, 行動は, 行動を

▼ 行ってからは~ (24, 0.1%)

1 [24件] この世での, とくに個々人, どうなった, どうも失敗, どなたに, よくあなた, 一層気, 与平は, 別に新しい, 去年の, 名も, 呼ばれて, 平生でも, 彼女の, 思う存分可愛, 春山和尚との, 最左翼的色彩, 東野は, 深山と, 私は, 純粋の, 誰も, 貸家にも, 青柳が

▼ 行ってからも~ (22, 0.1%)

2 彼は

1 [20件] そればかりが, とかく民子, キンキンと, ドクトルは, 下宿の, 出迎えを, 別にせかせかせず, 少しも, 岸本は, 折に, 時々は, 時々媾曳, 浅井が, 浜屋の, 相変らずで, 社員は, 笹村の, 胸の, 芝居小屋に, 行動は

▼ 行ってね~ (19, 0.1%)

1 [19件] あなたの, あの門, えとあっ, さっき取りこんだ, そいで, そう云っ, そりゃゴタゴタ, たまえ, ちょうど天気, また一席, やっぱり阿賀妻さん, 一寸目位の, 余っぽ, 僕からと, 先ず初め, 先ず私, 先達ての, 夜遅く, 言うよう

▼ 行っての~ (16, 0.1%)

1 [16件] お国許, そっとその, アイスクリームを, 上で, 上の, 噂が, 帰りその, 帰りだ, 帰りに, 帰りらしい, 帰り途でやした, 帰途道具倉庫の, 戻りに, 気候や, 相談だ, 荘厳さは

▼ 行っ~ (14, 0.1%)

3 いでよ, くれ, くれよ 2 くれやす 1 くれったら, くれって, くれやすと

▼ 行っちゃあ~ (12, 0.0%)

1 [12件] いけない, いけないという, いけねえ, いやよ, いやーと, どうだ, どうだい, 大谷原や, 娘の, 尼様を, 立って, 送って

▼ 行ってしも~ (12, 0.0%)

6 うた 1 うたし, うたそうや, うたよ, うた土方は, うて誰, たのんで

▼ 行ったりなど~ (7, 0.0%)

3 した 1 したが, したら一代物笑い, したら武蔵, しないよ

▼ 行ってこそ~ (5, 0.0%)

1 はじめてその, はじめて大いなる, プロレタリア文学は, 多少の, 美しいの

▼ 行ってな~ (5, 0.0%)

1 今日の, 内の, 大工さんの, 常陸屋の, 此の

▼ 行ってや~ (5, 0.0%)

1 がったっ, がったん, がるん, はらへ, ッと

▼ 行ってさえ~ (4, 0.0%)

1 くれれば, 崖から, 頑として援兵, 黙ってるくらい

▼ 行ってもよ~ (4, 0.0%)

3 ござんす 1 ござんすがね

▼ 行ってよ~ (4, 0.0%)

1 おかしいから, 何とかいう, 早く, 汽車の

▼ 行っただ~ (3, 0.0%)

1 あことに, がら今年ぁいいだなぃがべが, なんてまっさきに

▼ 行っちょ~ (3, 0.0%)

1 ったか, ってか, るかい

▼ 行ってと~ (3, 0.0%)

1 そう思いまし, どこおりなく, 思ったらそこ

▼ 行ってまで~ (3, 0.0%)

1 あなたと, うちの, 旧弊を

▼ 行ったらしく~ (2, 0.0%)

1 聞こえなくなって, 見えたので

▼ 行ったりなんか~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 行ってからが~ (2, 0.0%)

1 実際思われる, 心配に

▼ 行ってからと~ (2, 0.0%)

1 どっちが, 帰って

▼ 行ってからという~ (2, 0.0%)

1 ものぴったり, もの同輩みた

▼ 行ってからに~ (2, 0.0%)

1 しましょうよ, しようじゃ

▼ 行ってけ~ (2, 0.0%)

1 つかったの, つかるがん

▼ 行ってべ~ (2, 0.0%)

2 こは

▼1* [29件]

行っはありゃしない, 行ったちゅが去年の, 行ったちゅう話でがし, 行ったってどいつもこいつ, 行ったってのたれ死は, 行ったっても宜え, 行ったりさえしました, 行ったりとこのあいだママ薯, 行ったりなんぞすると, 行ったりもした, 行っていう有名な, 行ってかの女と, 行ってかべのほうを, 行ってからだって大分に, 行ってからでも見に, 行ってからとでだいぶ違っ, 行ってさこの女, 行ってすらも今日失敗に, 行ってだけはつく, 行ってちゃあんと, 行ってねエ先生ンとこで, 行ってはの百二十一の, 行ってはばッたり, 行ってばかりもいられまい, 行ってまでも泥を, 行ってもと来た方, 行ってもなもしを, 行ってよと言いだすの, 行ってナうちに