青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「腹の中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

腑~ ~腕 腕~ ~腰 腰~ ~腰かけ 腰かけ~ 腸~ ~腹 腹~
腹の中~
~膝 膝~ ~膳 膳~ 臆病~ 臣~ ~自ら 自ら~ 自体~ ~自信

「腹の中~」 1125, 12ppm, 9350位

▼ 腹の中~ (366, 32.5%)

6 思った 5 考えて 4 フフンと, 思つた, 首を 3 きめた, 云った, 呟いた, 考えた

2 [23件] こう思った, それを, ニヤリと, 人を, 侮辱する, 先達て置い, 叫んだ, 多少の, 少し失望, 平岡に, 心得て, 思う事, 思って, 手を, 料簡を, 昨夕の, 泣いて, 笑を, 自分と, 自分の, 自然に, 舌を, 高を

1 [285件] ああこの, あしたの, あたかも丁年未満, あの夢, あれか, いかな, いかに彼, いろんな事, いろんな奸策, おおかた吉川夫人, おかしいくらいに, おかしがっ, おかしくて, おそらくこれ, おどろいたの, お互いの, かう思, きめて, くすくす笑い, くり返しながら, こういわなけれ, こう叫び, こう呟, こう思い, こう考え, こう言った, ここへ, こねかえしても, この女, この畜生め, この飯場頭, これが, これしきの, これだけ, こんなこと, こんな事, さう叫んだ, さう思つて, ざまを, しみじみ兄, しめたと, じたばたでんぐり返し, じっと考え, ずいぶんくやし, せせら笑った, そう云い続け, そう思いました, そう思っ, そう極め, そっと夫, その交際, その虫, そろそろ逃げ支度, たしかに申し渡し, ただ呉服物, ただ自分, ちぇッ, ちょっとずるい, つぶやいた, つぶやくかうした私, どうしてゐる, どう思っ, どっしりした, なおの, なにかギリギリギリ, なるほど常調以上, なんだ, にやりと笑った, はしゃぎまわって, はらはらし, ひそかに, ひやひやした, ひろ子という, ふふふと, ふんと, へえーこいつ, ほぼその, ほんとうに, ますます大きく, また誰, まだ片づく, まだ生き, むっとなった, イワンが, イワンの, オルゴールの, グーグーと, ケッケッと, ゲタゲタ笑った, コトコトと, サナダ虫を, トンネルが, フム牛込だけは, ボクは, 一流の, 一種の, 下らん奴, 下等な, 不斷, 二人に, 云うでしょう, 云ったの, 云つてゐる, 云つて私は, 人間が, 今までの, 今日は, 今迄の, 何か, 何を, 何んな, 余計な, 兄を, 充分の, 先日お宮が, 先生の, 先生を, 其の軽重, 冷かさないで, 凱歌を, 出来てるの, 初まった, 初めた, 刻々大きく, 加減し, 動いて, 勘定した, 勘定を, 千代子の, 卑しん, 反復し, 反抗し, 叙述し, 可笑くも, 叱言, 否定する, 呟いて, 唄に, 問題に, 啖呵を, 嘆息した, 嘘らしい, 嘘吐な, 嘲つた, 嘲笑いながら, 嘲笑しました, 国民一人ぶんの, 多分此男, 太息を, 失望し, 奥さんの, 如何なる事, 妊娠しない, 始まる, 定めながら, 小唄を, 小春団治を, 小林の, 少しは, 少しむっとなった, 巧く逃げる, 己は, 帰る口上, 庄吉は, 彼地で, 彼女の, 往復に, 後悔する, 心苦しい苦笑い, 怒った, 思いながら, 思うには, 思ったが, 思ったの, 思つたが, 思つてそこらに, 思ひ詰めたこと, 思ふから, 恥かしがる, 悦んで, 情婦と, 想像する, 愚痴つて居る, 感心し, 感歎し, 憤る, 懸声, 成程と, 戦いつつ, 批評的に, 承知しない, 技倆から, 拘泥し, 揃った事, 散々悪態を, 斯う, 斯うい, 早く帰っ, 是が, 暗に同情, 暗に待ち受けました, 暴れて, 暴れ抜くの, 業を, 極めた, 残念がっ, 比較した, 決めて, 決断が, 油斷の, 泣いた, 泣きながら, 泣けて, 深田久弥の, 演じて, 火の, 焔が, 燃えた, 独り言つた, 独言を, 甚しい, 生意気と, 用意し, 病気は, 病氣は, 相変らず, 私かに, 突っ立ち上った, 笑い, 笑いたかったが, 笑った, 笑って, 笑つた, 答えたよう, 絶叫した, 緊張した, 繰り返した, 美しい母, 美禰子の, 考えたが, 考えながら, 考えふけって, 考える, 考へた, 考へたが, 考へたね, 考へて, 聞いただけでも, 聞えるよう, 胃と, 胎兒が, 自分らの, 舌うちを, 舌打を, 色々な, 芸も, 苦悶し始めた, 苦笑し, 苦笑した, 苦笑し続けであった, 菊は, 薄気味悪がっ, 衝突し, 見て, 見当を, 見當, 解釈し, 言ったまま, 言って, 認めて, 誓ったもの, 誰かを, 諸君の, 赤い舌, 赤面した, 迷亭君に, 酒ズシが, 酸類に, 野々宮よりも, 階下の, 雀躍りし, 雨の, 雷の, 頭を, 馬鹿に

▼ 腹の中~ (162, 14.4%)

3 あること, 入れて 2 しまって, ゐて, 何だか話し, 入って, 容易でない, 手を, 持って, 残って, 物が, 目的が

1 [136件] あっても, あふれる人情, あるうち, あるたくさん, あるの, あるはず, あるほんとう, あるダイヤモンド, ある思い, ある水, ある者, ある蟠まり, いかんとも, いたとき, いたの, いた時, いた通り, いつの, いつぱい物, いて, いるうち, いるとき, いるのに, いる子, うわば, おいでにな, おさめた, かがまりながら, かくれて, きつい気性, しまうだけに, しみわたりにわかに, すむと, その子供, つまつて, つめ込んだり, どんなにし, どんな潮, なると, はいったという, まごまごしてる, よく蛇, ゐたとき, ゐた事, ゐなくなると, ゐるの, ゐるイワン君, ゐる年月, ゐれば, ダイ, トンカツでも, メデューサの, 七人目の, 万という, 二たす, 人間の, 住つて貰ふ, 住まわせて, 住んで, 住んでる間, 何か, 何とも云え, 何も, 何を, 余裕の, 入った者, 入りましょう, 入れるか, 八尺瓊曲玉が, 動く物, 包まれた汚物, 千年の, 右と, 吸い込んだ, 呟きこんで, 喜んで, 嘔き, 嚥み, 堪えが, 夜昼渦巻く, 子供あった, 宿って, 宿ってるもの, 小さな卵, 居たの, 居られたの, 居るの, 居るよう, 居る子, 巣を, 平民道の, 彼の, 忘れて, 思って, 思ひながら, 感じた, 毒が, 水晶の, 決死隊の, 消えて, 溜まって, 溜めて, 潜つて, 潜んで, 熱いうねり, 爬虫類の, 生きた官吏, 生育し, 硅藻が, 窃と, 立ち入, 立琴の, 粒子も, 納って, 納めて, 置かなければ, 若い女, 蔵って, 蔵れ, 藏つて置く, 虫が, 蠢く作品, 見えるでしょう, 言葉通りの, 詰って, 足を, 迎え入れて, 這入つて, 這入つてぐづ, 金の, 鍾乳石だの, 隠れて, 隠居し, 飛び込む, 食つた, 飲んだ

▼ 腹の中では~ (147, 13.1%)

3 舌を 2 ひやりとした, 勝造に, 喧嘩すれ, 大事が, 寺尾の, 父を, 許して, 辻斬を

1 [128件] あんまり仲, あんまり可愛い, いつか雪之, いま着々, うんと怨ん, お宮の, お時, くやしくって, こうした同情, こう思った, ことによる, このしつ, この子供, この高木, こん度も, じれったがった, すっかり平次, すつかり, そうであろう, その實, その義務, それほど延子さん, ただでさえ, どういうこと, どう思つて, どこまでも, どんなこと, なにか, にらんで, はたして御, ほくほく喜ん, まづみに中, もうその, もう笑う, やや気味悪く, よいあんばい, よく盲目, よろこぶに, わたくしを, オイ, セセラ笑った, ッと, バカバカしくッ, フンという, 不便とは, 不思議であった, 人の, 今に, 今に何, 何だかその, 何とも思つて, 何を, 僕は, 僧の, 充分批判, 其実僥倖で, 千万無量だ, 千萬無量だ, 厄介な, 句案に, 各自に, 同時に妙, 君以上に, 呟いて, 嘲って, 大に, 女房の, 妙に, 始終気, 少しは, 当時行われ, 彼を, 彼女に対して, 心配も, 怒って, 怒つてるわけ, 思った, 思って, 思つたに, 思ひながら, 悲しがっ, 意識し, 憎んで, 我等夫婦が, 新六, 早く家, 明確に, 果して御, 機会が, 機械が, 母の, 母娘の, 毎日泣い, 決して悦服, 決して死ぬ, 泣きたいやう, 泣きたいよう, 済まないと, 漠然とした, 狐にでも, 百パーセントの, 相當, 真っ黒な, 私の, 笑いながらも, 笑つてゐる, 糞を, 細君の, 老師の, 考えて, 自分に, 自分の, 自分を, 自然と, 舌打ちを, 若先生, 若旦那の, 議論を, 車夫の, 辟易した, 鎬を, 開国すれ, 面白くなかった, 面白くなかつた, 顫える, 馬鹿だ, 驚きました, 黒の

▼ 腹の中~ (74, 6.6%)

2 子は, 子を, 子供が, 子供に, 屈托は, 虫の, 赤ん坊は

1 [60件] いきさつが, かみなりは, ほんたう, ものが, ものだけ, ものだけを, ものみんな取出し, ものを, やうに, わかる者, 一切の, 事も, 五臓の, 人間を, 体温で, 値踏みが, 光景であろう, 児迄が, 兒は, 冷たくなっ, 卵を, 口書は, 場面が, 声とは, 大掃除, 子が, 子である, 子まで, 子供だ, 子供なんて, 子供を, 孑, 御子が, 悪魔の, 憎しみを, 打楽器は, 打楽器を, 擽つたい憤懣, 暖かくな, 棚に, 汚ない, 汚物は, 決死の, 煮え切らない徹底, 爆弾ほど, 物は, 物を, 竈で, 綺麗であった, 考えを, 臓腑や, 臓腑を, 虫が, 親切の, 身動きは, 部屋を, 重味を, 黒白不明な, 鼬が, 鼬は

▼ 腹の中~ (73, 6.5%)

2 まっくろだ, もうそれ, 斯うだ, 毒の, 鬼だ

1 [63件] いつまで, いつも空っぽ, お銀, きまつて, けっして主人, けっして胡坐, さう, さっきより, しっかりし過ぎる, すこぶる面白く, すつかり透い, すでに酔った, ずいぶん多忙, それほど巧, ちゃんと見すかし, ちょっと解らない, とても読めなかった, ともかく上部, どうあろう, どうしてどうして山の手一帯, どんなだ, なおの, なか, まだブスブス, まるで空っぽ, まるで細君, みんないい, むしろ反対, ガラン洞で, 不平でした, 不快である, 不親切で, 全く自, 割って, 卵で, 実に想像, 常に空虚, 強いか, 故の, 案外さっぱりした, 汚ない, 決して主人, 温かで, 満更いや, 煮えくり, 煮えくり返って, 煮え返るほど, 熱湯が, 犬と, 甚だ面白から, 知るよし, 秘しきれなくなって, 空っぽう, 膿だらけであり, 血の, 見え透いて, 見ぬいて, 言うに, 話の, 誰も, 近親者でも, 透いて, 面白くなくっ

▼ 腹の中~ (62, 5.5%)

2 素通りし, 聞いた事, 駈廻るきつ

1 [56件] おまえに, お延, お洞察, かきまわしたり, かけま, くぐッ, くり抜いて, しきりにいじりはじめた, すっかりそのままに, すっかり吐き出し, ちゃんと知ってる, とっくり聴糺, ひとまわりし, みて, サックリ割った, 云うと, 云って, 云ふと, 僕から, 口に, 女に, 御洞察, 拝見しなけりゃならない, 掃除し, 掃除します, 探って, 掻き交ぜて, 検査し, 治める事, 洗って, 熱いもの, 物語って, 知ってか, 知らない継子, 知らんわい, 簡単に, 索って, 索つて見た, 結えて, 聞いて, 荒して, 見すかして, 見せた, 見て, 見抜いたよう, 見抜いたわけ, 見破りました, 見透かされると, 見透かして, 見透したよう, 見透して, 読みかねるやう, 読みかねるよう, 読みとること, 透かして, 随分簡単

▼ 腹の中~ (53, 4.7%)

2 急に, 火の, 空虚に

1 [47件] あつく煮える, いかにも兄, お好き, かたまって, きれいに, こんなに見え透かない, さっぱりし, しきりにググウ, じりじりと, ぞくぞくと, だらけたよう, だんだん気丈, まる見え, みす, みすみす知れ, もめた感じ, ようわからん, よく判っ, よじられるよう, わからないと, ポッカリ空洞, 一変し, 一番苦しい, 分らないで, 刺すよう, 動きます, 呑み込めない, 哀れな, 好いの, 小骨だらけだ, 少し熱く, 常に空虚, 新しくなった, 梅毒腐れで, 歯車ばかり, 無性に穏, 煮えくり返りそう, 燒け, 真黒に, 窮窟に, 見すかされそう, 解らないと, 軽くなる, 金慾で, 鏡に, 雑煮で, 鳴るほど

▼ 腹の中~ (44, 3.9%)

2 入れた

1 [42件] いつ鶏, おさめてから, お味噌, こぼれて, しまい込んだ方, しみ込んだ, できるだけ, はいって, もぐり込み血の気, もぐり込んだ為め, グッと, シイタケミツバギンナンその他サザエの, 三千トンの, 入って, 入れご, 入れその, 包みを, 呑みこんで, 打ち込んで, 押込むのは, 波を, 注ぎ込んだ, 派遣せられた, 火が, 灼熱した, 熱い鉄, 特別な, 畳み込む, 白張提灯鵜呑みに, 空気を, 納めるよう, 置き忘れたまま, 行って, 詰めて, 詰め込み来る, 転がり込むん, 這ひ込め, 這入つたの, 這入り込んで, 鋏を, 飲み込んで, 飲んだの

▼ 腹の中から~ (37, 3.3%)

2 出て, 声を, 押出す

1 [31件] あらわれたの, いろんな汚物, おかしい, こみあげて, とびだして, まるで抵抗, わきでたおだやか, 不断に, 人間の, 先刻の, 多量の, 女子二人を, 或る生きた, 搾り出すよう, 歯車が, 気の, 水を, 火が, 生あたたかい尿水, 笑って, 答えた, 縁起でも, 自然に, 般若の, 見れば, 豚の, 財布の, 込み上げる笑い, 遣ると, 鉢の, 騎兵が

▼ 腹の中には~ (35, 3.1%)

4 いって

1 [31件] あたしが, ぎっしりと, それぞれ虫が, それよりも, そんな手輕, たしかに恐ろしい, なにも, はらわたでなくて, もうなにもの, トンカツが, メデューサの, 一體何が, 不平が, 世の中で, 人を, 何時も不平, 余計な, 始終先刻, 岩下清周氏などの, 常にこういう, 平生から, 御常, 愛に, 気がつかず相, 肝が, 行為にこそ, 親切気の, 財産の, 赤玉が, 起った, 鉄条網を

▼ 腹の中まで~ (21, 1.9%)

2 冷えて

1 [19件] にがくなったら, ぼうぼうと, 吸って, 惚れさせる訳, 探られるよう, 暗くなりました, 書きたい, 機械ばかり, 歯車で, 涼しくなる, 灰色に, 真黒に, 綺麗には, 腐れ込むと, 見抜くん, 見拔くん, 見透すよう, 見通して, 雨を

▼ 腹の中~ (6, 0.5%)

1 やどう, やなに, や化け狐, や泣い, や隨分氣, や面白く

▼ 腹の中とは~ (4, 0.4%)

1 云え悪く, 全くちがう, 全く裏, 正反対の

▼ 腹の中にて~ (4, 0.4%)

1 かかる恐慌, 思いがけない怪我, 新年を, 私の

▼ 腹の中~ (4, 0.4%)

1 そして恥, なかなかのんき, ひやりとひと, 日常彼女の

▼ 腹の中~ (3, 0.3%)

1 からどう, という所属的, わ

▼ 腹の中~ (3, 0.3%)

1 口の, 同樣, 表とは

▼ 腹の中での~ (2, 0.2%)

1 算段も, 騒ぎである

▼ 腹の中でも~ (2, 0.2%)

1 ない, 無益だろう

▼ 腹の中なんぞは~ (2, 0.2%)

2 容易に

▼ 腹の中にも~ (2, 0.2%)

1 たくさんなかっ, 酒虫が

▼ 腹の中までは~ (2, 0.2%)

1 しみ透らないから, わかりやしない

▼1* [17件]

腹の中いいましたらあないに, 腹の中じゃお題目, 腹の中じゅう塩だらけになった, 腹の中でかう思ひながら, 腹の中でくうくう, 腹の中どうか早くあら, 腹の中なんぞに澄まして, 腹の中にだけしまい, 腹の中にまで遡つて, 腹の中へはいるくらい, 腹の中へもぐゎーんと, 腹の中までが冷たくなっ, 腹の中までも呑み込んでるに, 腹の中胸の, 腹の中をからにして, 腹の中引っくりが, 腹の中かわし