青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「組ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

終った~ 終に~ ~終り 終り~ ~終る 終る~ 終日~ ~組 組~ ~組ん
組ん~
組合~ ~組織 組織~ ~経 経~ ~経っ 経っ~ ~経つ 経つ~ 経営~

「組ん~」 1360, 13ppm, 8215位

▼ 組ん~ (1273, 93.6%)

18 いた, 歩いて 12 眼を 11 考え込んだ 10 いる 9 いた腕 8 何か, 首を 7 ゐた, 考えて 6 その上, ゐるの, 考えた 5 いるの, しまって, 出て

4 [12件] あの十字架, あるの, いたが, いたの, いました, しまった, やって, ゐる, 二人の, 目を, 考えました, 頭を

3 [15件] あって, ある, あるいて, いた手, いるよう, しまいました, みんなの, 俯向い, 坐って, 坐つて, 煙草を, 私の, 考えこんだ, 考えたが, 顔を

2 [60件] あるので, いらつし, いるから, いると, いるところ, いる様子, いる脚, そこらを, それを, ぼんやりと, まじまじと, みた, ゆく, ゐた腕, ゐるやう, ドカリと, 一方の, 両手を, 仕入れた上方, 仰向, 佇んで, 出かける, 口の, 叫んだ, 喉笛に, 天井を, 太く節, 実に立派, 庭の, 庭へ, 押し込んで, 散歩を, 書斎と, 朝は, 板を, 歩いたら命, 歩くの, 水が, 獲物を, 祈って, 私は, 立ちながら, 立って, 立つて, 縄で, 考えこみました, 考え込んで, 考へました, 耳を, 聞いて, 胸を, 芝居の, 行く, 行進, 路地の, 踊って, 身動きも, 長く, 頬杖ついた, 高く差し上げた

1 [919件 抜粋] あいつが, あたりの, あったが, あとから, あどけない罪, あの医王山, あばれ出して, あり後, あるが, ある多く, ある天井, ある石, ある道具, いいました, いけるかな, いたかの, いたこと, いたぞ, いた両, いた二人, いた又野, いた後手, いた折柄, いた泉原, いた矢先, いた腕あぐら, いっしんこめ, いつまでも, います, いよいよ出発, いるかたち, いるが, いるぞ, いるとか, いるらしい, いる乙女, いる作曲家群, いる場合, いる姿, いる市ノ瀬牧人, いる時, いる普通, いる海賊, いる男, いる繍仏, いる見慣れない不思議, いろいろと, いろいろの, うつむいて, うつらうつらと, うららかに, おります, お互, お地蔵様, お父つぁんを, かけ煙草, かんがえる, きた一行, きゃつ, くるだろうか, くれよ, こう考えた, こつこつ歩き廻り, このとき, この森, この町, これに, これを, ごらん, さすがの, さて出発, さみしく言った, しこたまコムミッション, しどけなく夜露, しばらく考へ, しゃくり上げて, じっと前方, じっと考え, じっと考えこむ, じっと薄暗い, じっと足許, すいすいと, すやすや眠つて, すわりました, ずるずると, そういうとき, そのかお, その右手, その後に, その植木, その様子, その狭い, その膝, その金, それから尾州湾, それに, それに車, た, たたずんだ十七八, ために, つくった七, つっ立って, つづいて, でれりと, なけりゃいけないのよ, にこやかに, のせたもの, ひざを, びっこを引い, びつこを引い, ふたりを, ふところを, ぶっきらぼうに, ほくほくし, ぼんやり店頭, ぼんやり疲れた, ぼんやり考え込んだ, まじまじあの, またここ, まぶしさうに, まるでわれ, まるで地獄, みたくなるの, みたら都會人, みましたが, むずかしい顔, ものを, もらうの, やったと, やって来たこの, やはり山麓, やると, ゆくと, ゆくといふ, ゆけ, よくし, よこすか, ゐたの, ゐて, ゐるだけ, ゐるとか, ゐるよろこびを, ゐるアメリカ, ゐる優しい, ゐる宿, ゐる最中, ゐる雪五郎, イヤな, カフェーを, クリストフの, グルグル廻る, シヤシヤンシヤラ, シーニュ街の, ストに, トランプを, ノソリノソリと, ヒョロリヒョロリと, ボンバルダ料理店から, モールの, ヨチヨチと, ラムプよりも, 一つの, 一つ鍋の, 一分間ほど, 一台借りる, 一方を, 一杯の, 一芝居打つであろう, 一足一足に, 三人の, 三度振る, 三面六臂と, 上半身を, 下るあれ, 下級生を, 不動の, 世の中を, 両眼, 両足を, 並んだま, 並木路を, 中國筋, 主家の, 乗った源吉, 二両とか, 二人ばかり, 云った, 人の, 今一度太い, 今出, 伏せそう, 休んで, 会心の, 何事か, 作つた橋, 作らないかと, 作業場に, 信長の, 俺たちが, 倒れたの, 傲然と, 傾いて, 元気よく, 全く死, 共同戦線を, 其上に, 其處に, 其頂き, 円陣の, 凝然と, 凭りか, 出して, 刀の, 切り開かれた白昼, 前で, 創作慾に, 動かないよう, 動かなくなった, 十二銭の, 半眼に, 卓に, 印刷させた, 反りかえっ, 反り返りつつ, 叔父さんたちは, 取ろうと, 口笛に, 合掌した, 同胞から, 向う脛の, 君の, 呆然と見物, 呑み歩くといった, 呻って, 唸り出した, 噛みふせる勇者, 四手を, 団扇遣いを, 固くそこ, 坐った, 坐らないの, 坐り膝の, 坐り込んで, 坐禅といふ, 坐禅の, 堅固の, 場内から, 壁の, 夕闇の, 夜空を, 大きい町人, 大きな口, 大川へ, 大車輪で, 大鷲神社へ, 安房下総会津等へ, 客の, 室の, 宮殿と, 寄って, 寒そう, 少し狡, 尻端折りでやる, 居た, 居ります, 居る, 居るの, 居る樣子, 屈曲匍匐し, 山狩りを, 岩頭から, 川ふちを, 左膳の, 差し俯いた, 市中の, 市中見物を, 帳外へ, 幾らも, 幾種類と, 広場んでも, 座ったまま, 庭を, 廊下や, 引けを, 彼の, 彼方の, 往復運動を, 後へ, 後頭部を, 御殿の, 徳川を, 忌々しそう, 快活に, 悠長に, 悦んで, 惨劇の, 憂鬱そうな, 戦国の, 戦車に, 戻って, 手で, 手帳を, 押しかけるん, 捩り合した, 捻っても, 捻合って, 掌を, 掴み合, 撲り合う丑, 放談漫飮茶も, 敢然たる渡河戦, 敬意を, 敵に, 旗を, 日本の, 暗く黙し, 暫く考え, 暫時考え込ん, 書くの, 最期を, 朝から, 木像の, 机竜之, 村の, 村里を, 来たうしろ, 来た木材, 来るよう, 枕に, 校庭を, 案じて, 梯子段の, 棒立ちに, 森を, 椅子に, 植えて, 構えこんだ, 様子を, 檻に, 歌ひ, 此荒涼の, 歩きまわったり, 歩き出し女房連, 歩き廻った, 歩くこと, 歩く夜旅, 死ぬ訓練, 汗みどろで, 江戸大阪の, 池を, 沈思する, 沖を, 沼の, 流す冬期, 浅ましい恥知らず, 浮かんだまま, 海の, 消え去った行先, 渋面を, 滝川の, 漆に, 漫才師に, 漫歩する, 烟草を, 無理やりに, 燃えさかる炎, 片腕を, 物好きな, 物思いに, 犯行の, 玄関と, 産屋という, 甲板の, 畑を, 異端を, 白い顔, 白波を, 盛装の, 相談ごとを, 真剣に, 眠りに, 眼は, 眼鏡を, 睨めつこして, 瞑想を, 瞑目沈思し, 瞑目沈思した, 短いの, 砂州の, 破れかぶれに, 神を, 私たちに, 私を, 穢いつめたい羽目板, 突き出して, 立ちあがった, 立ちました, 立ったなり, 笑いながら, 笑って, 笹の, 筏を, 答へ, 米一粒でも, 粛と, 紅の, 細目を, 練兵場には, 置いて, 考えこみ, 考えざるを, 考えた面, 考えはじめました, 考えるよう, 考え出したわ, 考え込みました, 考え込むと, 考え込んだが, 考へて, 肋骨が, 胡坐を, 脅迫の, 自分らの, 自警団を, 舌なめずりを, 若い弟子, 茫然と, 莚で, 葉巻を, 藩の, 蘆の, 行きにくい, 行くとき, 行くの, 行ったり, 裏町へ, 西へ, 見せようじゃ, 見て, 見ようと, 見入って, 触札, 言いました, 言った, 討たれたあの, 話し出した, 誦経を, 調子外れの, 調査班を, 謡ひ返す, 谷川の, 貰は, 赤旗たてたりなんか, 路へ, 踊った, 踊るよう, 躍進を, 車に, 軒近く縁端に, 転っ, 転ぶも, 轆轤の, 近所の, 逆襲し, 進む, 遊びに, 道普請し, 達磨の, 避難した, 部屋の, 酒の, 酒宴の, 重ねろ, 鉄門を, 銃を, 鋸で, 鎌倉組を, 長いことぢ, 長く一列, 門を, 降りるところ, 随い, 集合住宅を, 離れて, 雲の, 静止し, 頂いて, 順次青面金剛, 頭の, 頻に, 顔見合せ, 颯々と, 食後の, 馬より, 騒ぎ立てる, 魍魎の, 黒点先刻よりも, 黒髪で, 黙々と歩きはじめた, 黙然と庭

▼ 組んだり~ (41, 3.0%)

5 して 4 ほどいたり 2 ほぐしたり, 仕事の, 解いたり

1 [26件] ありつたけ, あるいは公然, あるいは肩, ける, した, してね, すること, ほぐれたり, ほごしたり, ゴロの, 七宝で, 下を, 凝ツ, 帽子の, 放したり, 時々蝋燭, 栗の, 櫓を, 煙草を, 益満の, 肘で, 蛇籠を, 裳を, 離れたり, 頭を, 髪を

▼ 組んでは~ (13, 1.0%)

3 母の, 父の 1 いなかった, なれないこと, ぼんやり考えごと, もつれ伏せられては, 古里の, 解かれる, 諸方へ

▼ 組んでも~ (10, 0.7%)

1 その豫算, それは, それはた, ゐられま, トクの, ビクとも, 小包を, 留めんず勢, 諦めきれないの, 馬鹿らしい

▼ 組んでの~ (6, 0.4%)

2 しりの 1 そり, 強談判といった, 押し借り強請り, 討入りで

▼ 組ん~ (4, 0.3%)

1 解れつの, 解れつ戦ってるから, 解れつ闘いますうち私, 離れつしたので

▼ 組んづほぐれつ~ (2, 0.1%)

1 揉み合うても, 揉み合つて

▼ 組んづほぐれつの~ (2, 0.1%)

1 つかみ合いに, 大格鬪中

▼ 組んでよ~ (2, 0.1%)

1 検視の, 檢視の

▼1*

組んだりなんぞするから, 組んづほぐれつして互に傷つけ, 組んづほつれつ揉み合つて, 組んでから又云った, 組んでこそ初めて立女形, 組んでてくりて, 組んでという格好で