青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「腰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

脛~ ~脱 脱~ ~脱い 脱い~ 脳~ 腑~ ~腕 腕~ ~腰
腰~
~腰かけ 腰かけ~ 腸~ ~腹 腹~ 腹の中~ ~膝 膝~ ~膳 膳~

「腰~」 15073, 156ppm, 682位

▼ 腰~ (9211, 61.1%)

979 かけて 548 おろして 379 おろした 317 掛けて 282 下して 221 下ろして 217 かけた 201 下した 149 下ろした 127 かがめて 107 掛けた 88 おろすと 86 据えて 71 おろしました 65 屈めて 60 すえて 59 あげた, 卸して 58 浮かして 57 おろす 47 かけると, 下すと 46 かけながら 44 あげて 43 かける, 抜かして 42 卸した 39 上げて 37 上げた 35 のばして, 下ろすと 34 降して 32 かがめた, 降ろして 31 おろしながら, かけたまま, 落して 30 かけました, ぬかして 27 ついて, 曲げて 26 折って, 降した 25 折られて 23 おろしたが, 掛けると 22 降ろした 21 下しながら 20 伸ばして 19 下ろしながら, 下ろす, 浮かせて 18 ひねって, 浮かした, 落ちつけて 17 下しました 16 おちつけて, 拔か, 掛ける 15 おろし, かけたが, まげて, 掛けながら 14 下す, 伸して, 懸けて, 落した 13 かけ, かけたり, ぬかさんばかりに, 低くし, 据えた, 降ろすと 12 下したが, 下ろしました, 曲めて, 落着けて 11 おとして, おろしたの, かけるの, さすって, 掛けたまま, 浮かせた, 落付け 10 卸すと, 抜かさんばかりに, 掛けたが, 落ち着けて 9 あげると, うかした, うかして, おろしたまま, かけさせて, 上げようと, 屈めながら, 浮かしながら 8 あげる, かがめると, かけた時, のばした, 上げると, 低めて, 延ばして, 振って, 掛けたの, 立てて 7 おろそうと, かけたの, 下ろしたが, 伸ばした, 抜かした, 抜かしたの, 据えました, 掛けたま, 落着けた

6 [20件] あげました, あげようと, おろすこと, さすりながら, ずらして, ついた, 上げながら, 下ろしたまま, 二つに, 入れて, 卸しながら, 叩いて, 延して, 折りました, 押して, 据ゑた, 捻って, 曲めながら, 浮かせながら, 降すと

5 [26件] おろした時, おろすの, かけさせられて, して, すえた, のして, 下げて, 下した時, 下ろしたり, 下ろした時, 下ろすの, 休めて, 埋めて, 掛け, 掛けさせた, 掛けました, 掛けるの, 浮かすと, 落ちつけた, 落ち付けて, 落として, 起した, 跼め, 蹴った, 降した時, 降しながら

4 [30件] あげたが, おかけに, おちつけた, おろしたとき, おろしたり, おろしては, おろし両手, おろし煙草, かがめた時, かがめながら, かけその, かけたま, かけようと, さぐって, すえると, 上げました, 下ろし, 下ろすこと, 切って, 卸す, 屈めた, 張って, 抱いて, 据えながら, 据えると, 掛けたり, 掛けた時, 揉んで, 立てると, 自分で

3 [95件] あげたの, うかすよう, うかせて, うつした, おかけなさい, おとした, おろしいろいろ, おろしその, おろしたま, おろした平次, おろした彼, おろしてからも, おろし一本, おろし彼, おろし窓, おろすなり, おろすもの, おろすや, かがめ, かがめたまま, かがめる, かがめるよう, かけさせた, かけさせる, かけたもの, かけた人, かけること, かけるよう, かける場所, かけろ, かけ手, かけ眼, くだいて, こごめて, すえ, すえこんで, たたいた, ついたが, つかんで, つく, なでて, ぬかしたの, ぬかしたよう, のばす, のばすと, ひねつて, ゆすって, 上げた時, 下さうと, 下したとき, 下したま, 下したまま, 下すなり, 下そうと, 下ろさないで, 伸ばす, 伸ばすと, 前に, 動かしながら, 卸し, 叩きながら, 屈めると, 引いて, 折つた, 折られました, 折ること, 折るよう, 抜いて, 抜かさずに, 抱えて, 押したり, 据えたの, 据える, 据えること, 掛けつつ, 掛けても, 掛ける前, 掛け膝, 撫でて, 撫でながら, 擡げた, 擡げて, 擦って, 曲げた, 曲げながら, 浮かし, 浮かした時, 浮かせたが, 浮した, 立てた, 立てようと, 落し両, 落すと, 落付けた, 降ろしたの

2 [272件] あげかける八五郎, あげすこし, あげたとき, あげたところ, あげた平次, あげなかった, あげながら, うかすと, うずめた, うずめて, うって, おこして, おさえて, おとす, おろさうと, おろさせ, おろさせた, おろさなければ, おろしいま, おろしたかと, おろしたと, おろしたところ, おろしたみじかい, おろした二人, おろした学生, おろしましたが, おろします, おろしゆ, おろし一杯, おろし三人, おろし二人, おろし佐竹, おろし十九, おろし大, おろし少し, おろし弁当, おろし海, おろし眼, おろし背, おろし足, おろし鴨居, おろすとともに, おろすに, おろすよう, おろす処, おろせ, おろそう, お掛け, かかえて, かがめその, かがめたが, かがめたなり, かがめるの, かけいかにも, かけさせ自分, かけさも, かけずに, かけたところ, かけたなりに, かけたので, かけた僕, かけた明り取り, かけては, かけるが, かけるにも, かける席, かける椅子, かけ乍ら云, かけ前, かけ奥さん, かけ煙管, かけ片手, かけ直した, かけ私, かけ空, かけ込んで, こごめながら, さぐつて, ささえて, しながら, しむれば, すえたの, すえる, すえること, すえ直して, すくって, すゑて, ずらした, た, たたいたり, たたきながら, ついたよう, つい降し, つくと, つけて, ないだついで, ななめに, ぬかさぬよう, ぬかした, ぬかすこと, ぬかすほど, のさせて, のばしながら, のばしました, のばす片隅, ひくくし, ひくめて, ひねったと, まげた, まわって, もちあげた, もませて, もみながら, もんで, ゆがめて, グッと, ズルズル曳き, ドンと, ヨタ, 上げ, 上げかけると, 上げかねた, 上げそう, 上げたが, 上げたの, 上げないうち, 上げないで, 上げようとも, 上げる, 上げること, 上げるの, 下さうとして, 下さないの, 下し, 下したの, 下した儘, 下しましたが, 下しスカート, 下し小便, 下し海, 下し煙草, 下し私, 下し足, 下ろしさ, 下ろしすぐ, 下ろしそれから, 下ろしたと, 下ろしたとき, 下ろしたま, 下ろしてから, 下ろしもと, 下ろすに, 下ろすや, 伸した, 伸しました, 伸ばしかけた, 伸ばしながら, 低くする, 低めながら, 入れると, 冷やしたり, 刎ね, 卸したの, 卸したまま, 卸してから, 卸しました, 叩いた, 埋めた, 屈め舌, 左右に, 延した, 延ばした, 延ばしながら, 引くよう, 後へ, 懸けた, 懸けたが, 折った, 折ったり, 折つ, 折らないやう, 折られた, 折られたこと, 折られたよう, 折られた形, 折りて, 折りまげて, 折るやう, 抜いた, 抜かしかけた, 抜かしたよう, 抜かすな, 抜かすほど, 抜かすよう, 抜かす図, 抜く, 押へ, 持ちあげた, 持って, 挫かれ, 振りして, 振り足, 据えたが, 据えたまま, 据ゑました, 据ゑると今迄, 据ゑるんだらう, 捻った, 捻ると, 掛けこの, 掛けたなり, 掛けた儘, 掛けなおした, 掛けようと, 掛けられた, 掛けるに, 掛けるを, 掛け両手, 掛け傷, 掛け校長, 掛け給, 掛け長椅子, 掛る, 探って, 掴んで, 揉ませて, 摩り摩り起きあがりざま, 撫って, 擡げると, 曲げると, 曲げるよう, 曲げ加減, 曲げ地面, 曲げ足, 椅子の, 洗つた, 浮かしかけたの, 浮かしかけると, 浮かしたが, 浮かしたり, 浮かした丈, 浮かした鋸, 浮かしました, 浮かします, 浮かし始めた, 浮かせました, 浮かせると, 浮し, 無理に, 狙って, 真直に, 突いた, 立てかけたが, 立て直す隙, 細目に, 落しかけると, 落したが, 落しながら, 落しました, 落ちつけると, 落ちつけ死魚, 落とした, 落付ける, 踏張り, 蹴って, 蹴とばして, 降したが, 降した儘, 降ろしたまま, 降ろしました, 離した, 高くし

1 [2183件 抜粋] あげあり, あげそう, あげたわけ, あげた忠相, あげない, あげなかつたの, あげひと, あげるもの, あげる気配, あげ壊れた飛行機, あげ蕗子, いだいて, うかしこんど少尉, うかしての, うかせかけたが, うごかすごと, うちつけた, うったらしく抜けるよう, おかけその, おし強い, おちつけた者, おちつけ新た, おとさず揉み合って, おとした作家的態度, おとすよう, おろさせそう, おろしけげんさうに, おろしすぎて, おろしそれから, おろしたさん, おろしたとたん, おろしたばかりの, おろしたん, おろした主人, おろした前髪, おろした幾島暁太郎, おろした手塚, おろした素子, おろした脚絆, おろした途端, おろしてから, おろしてんぷら, おろしなにか, おろしまたは, おろしアアメン, おろしスタンション, おろしトンビ, おろしマンドリン, おろし下, おろし二枚, おろし例, おろし十分, おろし又八, おろし外, おろし女, おろし尻, おろし弟子ども, おろし扇子, おろし放心, おろし杖, おろし火桶, おろし皆, おろし紙コップ, おろし腕, おろし茶店, おろし通路, おろし靴, おろし黙って, おろすところ, おろすより, おろす娘さん, おろす決心, おろせるだけには, お掛けなさい, かがめかがめた腰, かがめず膝, かがめたけれど, かがめたので, かがめながらも, かがめよわよわし, かがめるやう, かがめ両手, かがめ加減, かがめ小さい, かがめ正直, かがめ皆, かき抱きつ, かけあるいは, かけかねない, かけさせやう, かけさせられると, かけそこ, かけたきり, かけたっきり, かけたなつかしい, かけたまえ, かけたまま両脚, かけたまま盛ん, かけたらすぐ, かけた一人, かけた五六人, かけた兼公, かけた大兵, かけた小間物屋, かけた弁信, かけた渠等好事, かけた者, かけちびりちびり, かけても, かけないの, かけなど, かけまして, かけまた, かけられたらまるで, かけられ足, かけるため, かけるでも, かけるやう, かける余地さ, かける座席, かける暇, かける西洋便所, かけステッキ, かけバット, かけ一時間, かけ事務机, かけ他, かけ取れるだけ, かけ品物, かけ壁, かけ子供達, かけ左手, かけ彼方此方, かけ憤ったよう, かけ散らばつた, かけ書物, かけ杯, かけ水, かけ源さん, かけ瘠せたからだに, かけ粟飯, かけ腕, かけ茫然, かけ話, かけ輝, かけ電燈, かけ首, がっくりと, きる際, くずし首, くなくなと, くねらせて, ぐっと引き寄せられ, けられて, こごめかけて, さぐりて, さすったり, さすり乍ら, さすれの, したたかに, しばり上, すえかけると, すえたか, すえた協力, すえなおした, すえましょう, すえるのに, すえ切って, すえ甲よろい, すえ耐え得るもの, すくわれながら, すゑた, すゝめる, ずらしながら, そッと, たたくの, だんだんと, ちょっと落し, つかまえ動物学者, つくたび, つこうと, とられて, なぐられた一太刀, なでまわす, なよなよと, ぬかさないばかりに, ぬかしたまま, ぬかした話, ぬかすぞ, ぬかすなよ, ぬかすん, のしながら, のせて, のばした途端, のばすところ, ぱっくりかみました, ひくくしきりに, ひっ抱えて, ひねったとき, ひねり嬌笑, ひょろつかせた, ふらつかせながら, ふりふり突貫, まげあたふた, まげつつ, まげながら, まげ猫, また下ろし, また立てなけれ, めぐらし裾, もたげた, もたせかける, もちあげて, もってる者, もみに, やられた方, ゆすぶって, よろめかせた, トンと, ピンと, 一つヤットコサと, 一蹴り蹴っ, 上げかけて, 上げたと, 上げた秋安, 上げない, 上げなかった, 上げぬ気, 上げる気, 上げ手, 下さざるを, 下しそこ, 下したそう, 下した上り口, 下した幾久雄, 下した間もなく, 下しても, 下しやあ, 下し些, 下し十歳, 下し得た, 下し板張り, 下し総監, 下し頬杖, 下すところ, 下すよりも, 下す拍子, 下す音, 下ろしおもむろに, 下ろしこんで, 下ろしたならば, 下ろしたる車夫, 下ろしたテーブル, 下ろした縁側, 下ろしても, 下ろしもう一度, 下ろし両手, 下ろし四時間, 下ろし心, 下ろし激流, 下ろし目, 下ろし腕組, 下ろし誰, 下ろし額, 下ろすべく余儀なく, 下ろそうと, 並べられるほど, 二三遍振る, 休むるよう, 伸したところ, 伸し空, 伸ばしたが, 伸ばし切らず直ぐ, 伸ばすの, 低く入, 低め身, 入れた男, 入れ手拭, 出来るだけ, 切らうとも, 切ろうと, 前後に, 力いっぱい蹴放し, 動かし血液, 十三の, 半分浮かし, 卸させさらに, 卸したところ, 卸した余, 卸した時, 卸しては, 卸し深い, 卸すであろう, 卸すの, 卸ろし, 取つたが, 叩くと, 回ると, 埋む時, 塵を, 娘の, 少しかがめ, 屈げて, 屈めかけた私, 屈めた供, 屈めての, 屈める形, 屈め廊下, 屈め頸, 布で, 延すと, 延ばし両手, 延ばし端折つた裾, 引っかかえ, 引立てて, 当てた, 得立てずゐる, 悠然とおろした, 懈がっ, 懸け股倉, 打たれ不具, 打ちそれ以来, 打っただけ, 打ったもの, 打つ瞬間, 払われましたが, 折ったの, 折つて地に, 折らないため, 折られたと, 折られた憤りの, 折られては, 折らんばかりに, 折りますね, 折り曲げた恰好, 折るの, 折れば, 抜いたその, 抜かさないばかりに, 抜かしそう, 抜かしたまま船橋, 抜かしたん, 抜かした者, 抜かしました, 抜かし醜態, 抜かすところ, 抜かすのに, 抜かす処, 抜かす道庵, 抜さんばかりに, 抱えた者, 抱きとめた, 抱くと, 押えて, 押したからこそ, 押し上げて, 押すにも, 拔いた, 拔かすに, 持ちあげに, 持ち上げようと, 挟み右, 振りて, 振り振り舞台, 捉まえた, 据えこれ, 据えしが, 据えたもの, 据えた国臣, 据えた雨, 据えては, 据えはじめたこと, 据えられたし, 据えるの, 据えれば, 据え平和, 据え直し持参, 据え頭巾, 据ゑたが彼等の, 据ゑた儘更に, 据ゑてしきりに, 据ゑてゐました, 据ゑて働い, 据ゑて村の, 据ゑないと却つて国民を, 据ゑるんだ, 捻じて, 捻返して, 掛けさせたが, 掛けしこと, 掛けたし, 掛けたまま残忍, 掛けたよう, 掛けた五十歳, 掛けた奇しき, 掛けた掛, 掛けた私, 掛けつなお, 掛けてる客, 掛けなさいまア, 掛けましょう, 掛けられた人, 掛けるかも, 掛けるには, 掛ける女, 掛ける狹, 掛けコゼット, 掛け中, 掛け列べて, 掛け居りし時, 掛け愉快, 掛け桐油, 掛け片, 掛け脚絆, 掛け鑿, 掛て, 探つた, 揉まれながら, 揉むの, 揺って, 搜つてなめし革で, 撓めて, 撫で肩, 擡げるが, 擦るわ, 敷居際にど, 曲げその, 曲げたまま, 曲げるのに, 曲げ居るの, 曲め乍ら余念も, 曲め足に, 板に, 極めたが, 沈ませたかと, 没すといふ, 活気づけた, 浮かしかけた時, 浮かしたと, 浮かしたよう, 浮かしまるで, 浮かし明智, 浮かすの, 浮かせ, 浮かせてを, 浮かめ, 浮そうと, 深く下ろした, 滑り込ます, 無理から, 痛くし, 直角に, 睨つて飛びかかつた, 砕きすぐ, 突きに, 突く膝, 立ちかけたが, 立てかけましたが, 立てましたが, 立てるの, 竹の, 結びたる切, 縛るん, 繞り, 膝で, 落し, 落したまま, 落しつけて, 落しワナワナ, 落し立てる早瀬, 落ちつけたの, 落ちつけ両足, 落ち付けること, 落ち着け幾時間, 落付けてる, 落着けつ, 落着けバツト, 蔽う藤尾, 覆ふまでに, 診に, 貫く処, 起して, 起てたの, 蹂って, 蹴られると, 軽くかがめる, 載せその, 辷った少い, 透かして, 避けて, 鍛えて, 降しお, 降しても, 降すの, 降ろしたが, 降ろした妻, 降ろし妙, 隠して, 露は, 顫わせて

▼ 腰~ (1475, 9.8%)

69 あたりを 36 あたりに 28 刀を 21 まわりに 18 あたりまで, 辺に 15 あたりが 11 骨が 10 あたりへ, 剣を, 辺を 8 あたりから, あたりの, ところに, 上に, 太刀を, 辺まで 7 ところで, ところへ, へんまで, まわりを, 一刀を, 下に, 辺りに, 辺りを 6 下まで, 先に, 煙草入を, 線が, 辺へ, 骨を

5 [11件] あたりで, まはり, ものを, ピストルを, 周りに, 大刀を, 手拭を, 据り, 方へ, 煙草入れを, 辺から

4 [17件] しゃんとした, つが, ところを, まが, まわりの, ポケットから, 下から, 下の, 下へ, 低いの, 低さ, 周囲に, 央を, 女髪兼安, 拳銃を, 痛みが, 辺が

3 [30件] あたりには, あたりは, うしろに, まわりが, バンドに, バンドを, ポケットに, 上へ, 上まで, 下で, 低い男, 剣に, 十手を, 印籠を, 周囲を, 大小を, 小刀を, 廻りに, 所が, 所で, 所へ, 据えかた, 曲つた小使が, 痛みを, 線の, 脇差を, 蝶番が, 邊に, 鈴を, 高さ

2 [91件] あいだから, あたりと, いたさ, すえか, ところが, へん, へんが, ほうへ, ままで, まわりには, まわりは, ものに, ものの, ものは, サックから, バンドから, ポケットを, 上を, 下を, 両側に, 低い人, 低い商人口調, 低い四十五六, 低い窓, 処へ, 処まで, 刀が, 刀で, 刀は, 刀も, 力で, 周りなどの, 周りには, 周りも, 周囲には, 太刀は, 山刀を, 巾着から, 弱き内閣に, 強いこと, 彦四郎貞宗が, 所まで, 所を, 手ぬぐいを, 手拭で, 手拭ひ, 折け, 抜けて, 抜ける程, 据らぬ, 方から, 方の, 方は, 曲がったおじいさん, 曲ったお, 曲ったの, 曲ったよぼよぼ, 曲った婆, 曲った婆さん, 曲つた極, 曲つた老人や, 木剣を, 棒切れを, 業物を, 濶い, 煙管を, 瓢の, 番を, 疼痛を, 痛いこと, 痛いの, 痛さ, 痛みに, 矢立を, 細い足, 縄が, 若衆すが, 袋から, 袋に, 袋ン中へ, 辺で, 辺には, 辺までしか, 辺りには, 部分に, 野太刀を, 鈴の, 鍵を, 骨に, 骨の, 魚籠へ

1 [694件 抜粋] あがったみょう, あたりまでしか, あたりも, あたりをめぐって, あたり山巒重畳する, あたり筋肉が, あたり膝の, あるズボン, あれ程, いたみを, うごき, うしろで, かがみたる形, かがんだいわば, かがんだ親父, かけやう, かけ方, きまったね, くびれで, くびれに, ことなぞは, ごとくならしめもって, さびしさを, しっかりした, しなやかさ着流しは, すわった闘い, すわつた生活, すわつた見るもの, すわりで階級的通信活動, すわりを, ずれそう, そば飛箭に, それへ, ちょうちんを, ついて, つがいの, つがいまで, つがえを, つよさ, ときは, ところがまるで, ところでから, ところの, ところまで, どっしり据, どの一ヶ所, ないへな, ないコン吉, ない甘茶新聞, ない男, ぬけたの, ぬけた椅子, ぬけて, はりも, ひきま, ひくいやわらかな, ひくい椅子, ひくい長火鉢, ひねり方, ひらけしところ, ふくらみに, ふくらみ足, ふくろから, ふたつ提げ, ふらつくの, ふらふらきまらない, への寶帶, へんから, へんを, ほうに, ほそびき, まがったおばあさん, まがったお婆さん, まがったじいさん, まがった人, まがった妖婆, まがった小さい, まがった老, まがった老婆, まがりかかったおじいさん, まがりかけたる一老人下り來, まがるよう, まるい女ら, まるみ, まわりだけに, まわりで, まわりへ, まわり遁げ路を, もったて, ものにさえ, ものへは, ものまで, も一所, やり場が, ゆがんだ百姓, ように, よわい老臣衆, サックには, サツクから, サーベルを, ズボンの, ヂシビリナ, バンドの, ピストルが, ピストルの, ポケツトから, メスを, 一と, 一刀が, 一刀に, 一刀も, 三宿と, 三尺ほどの, 三角肉で, 上, 上の, 上は, 上下二ヶ所から, 下さ, 下には, 下ろし具合, 下即ち, 下緊, 下鋒刄, 両刀が, 両提, 両提げ, 中肉に, 丸みよ, 丸み柔らかな, 丸味, 丸味は, 丸味を, 二丁斧を, 人間では, 付根から, 伸びた間, 位を, 低いお, 低いその, 低いところ, 低いニコニコ, 低いペコペコ, 低い一間窓, 低い口, 低い四条派ふう, 低い奴, 低い小間物屋, 低い愛想, 低い格子窓, 低い町人, 低い着實, 低い硝子窓, 低い縞物, 傷の, 傷部が, 先鞘, 入ったもの, 全く曲つて, 冷えて, 処に, 処の, 刀さえ, 刀でも, 刀とは, 刀など, 刀に, 刀には, 刀の, 刀をは, 刀一時の, 刀傷が, 切りやうが, 切れないほど, 剣も, 力, 力さえ, 力を, 力フォーシュルヴァン老人の, 力,から, 助広を, 動きが, 十手などを, 半ば曲った, 半ば曲つた老婆で, 印籠に, 印籠へ, 右方に, 吊り合一つ, 名が, 周りだけに, 周りを, 周囲から, 周囲では, 周囲の, 嚢の, 回りにも, 図嚢から, 坐らないあさはかな, 坐りも, 坐り方, 坐骨を, 坤竜丸を, 大きなガニ股, 大きな刀, 大刀は, 大刀へ, 大太刀, 大小は, 大小伊達に, 太さ十囲, 太刀お, 太刀に, 太刀や, 女ぐらいな, 姿勢と, 学生服を, 官綬刀を, 定まるべくも, 寸法は, 小さな刀, 小太刀を, 小柄ブツーリ突いた, 小脇差へ, 屈んだ丁爺, 屈伸の, 工合は, 左右に, 左右を, 巻帯には, 巾着は, 帯革に, 帯革にかけて, 帯革を, 廻りのみが, 廻りへ, 廻り胸, 廻わり, 弱いこと, 弱い事, 弱い公卿たち, 弱い安, 弱い黐, 弱い鼻頭, 弱りとは, 張った若い, 強いの, 形を, 影は, 後へ, 後ろで, 後ろに, 後部で, 恰好と, 戒刀と, 戒刀へ, 戒刀を, 扇を, 手巾の, 手拭いで, 手拭が, 手拭に, 抜けたまま, 抜けたよう, 抜けたる学徒, 抜けた奴, 抜けた孫右衞門, 抜けっぷり, 抜けるぐれえ呑ませっぞ, 抜けるほど, 抜ける方, 拔け, 拡がったり, 拭き掃除ばかし, 挫骨が, 振方, 捩り方, 据えどころ, 据わりも, 据わり工合, 掛けかたで, 掛けようから, 掛けようを, 掛け場を, 掛け方, 摺り切れた所, 支えを, 支を, 方だけが, 方で, 方へと, 方まで, 日本刀を, 曲がったおばあさん, 曲がったかしわ, 曲がったさる, 曲がった一匹, 曲がった婆さん, 曲がった蝦, 曲がった跛, 曲がった非常, 曲げ方, 曲ったおじいさん, 曲った一中, 曲った人, 曲った体, 曲った年寄, 曲った時, 曲った河童, 曲った爺さん, 曲った猫背加減, 曲った百姓夫妻, 曲った立居, 曲った紅毛人, 曲った老爺, 曲った胴体, 曲つたお婆さんに, 曲つたお母さんも, 曲つた一匹の, 曲つた婆やには, 曲つた尼に, 曲つた皺くちや, 曲つた皺だらけな, 曲つた祖母で, 曲つた老婆様に, 曲つた老爺が, 曲つた蒔が, 曲つた顔の, 曲つてゐるせゐ, 曲りかけた友達, 曲る歳, 曲る者, 曲線, 曲線が, 木鞘から, 朱鞘, 柔かに, 業刀も, 構えが, 構えは, 構えを, 槌を, 横笛を, 武蔵太郎にもの, 武蔵太郎安国に, 沈んだ大, 法螺貝を, 浅葱も, 浮き浮きする, 海老鞘を, 深さ, 渋団扇じゃ, 濡れ燕は, 火打袋を, 火柱は, 無えという, 煙草入から, 煙草入れに, 煙草入れの, 燧石で, 瓢箪の, 瓢箪を, 番, 番いから, 番いを, 疲を, 疼み, 疼痛に, 病気欝に, 痛くなる, 痛まないこと, 痛みだけは, 痛みと, 痛みは, 痛みも, 痛み肩, 痛背, 白扇を, 百姓剣法などと, 百姓剣法に, 皎刀を, 皮袋を, 真下へ, 矢を, 矢立てと, 矢立は, 短な, 短剣を, 硝子から, 神経痛が, 神経痛で, 立たないまで, 立たない一同, 立たない与吉, 立たない兼齋, 立たない横, 立たない與吉, 立たない蒋生, 立たなかつた先代小せん, 立たぬ父親, 立たぬ針線, 竹筒から, 竹筒へも, 竹筒を, 筋が, 筋肉が, 紅布を, 紅照添い, 紐までは, 細いあぶらぎった, 細さ, 細さ糸, 細身を, 緋じり, 線は, 線へ, 線まる, 線を, 縄を, 美しさ, 老人芸の, 者が, 肉な, 肉など, 肉付でも, 肉置しかも, 肌身へ, 胴乱から, 胴乱に, 脆い松平家, 脇差へ, 脇指に, 腫物で, 腫物を, 臆病者で, 色気も, 荒縄の, 落つきが, 落付き加減を, 落着か, 薄べ, 處へ, 蝶つがいが, 蝶番は, 蝶番へ, 袋を, 調子は, 豆絞りを, 足拍子が, 軽い男, 輕い, 輪かくを, 辺の, 辺りで, 辺りは, 辺りまで, 辺りまでに, 辺り男の, 辺深い, 近くまで, 運動だっても, 邊なる, 邊まで, 重い不, 重さうなの, 野差刀を, 鈴が, 鈴高く, 鋏を, 錆脇差を, 鍵束を, 長刀を, 長太刀を, 間の, 間を, 関節が, 隅座敷そこの, 隠しに, 雪を, 靡くよう, 革ぶ, 鞘と, 鞘へ, 風呂敷包を, 骨か, 骨で, 骨盤は, 骨組の, 骨長い, 髑髏の, 高いガタガタ, 高い木造, 高い椅子, 高い粗末, 高い赤いクッション, 高い赤いクツシヨン, 高い障子, 魚籠に, 麻袋を, 黒い手拭

▼ 腰~ (1450, 9.6%)

40 さして 38 つけて 33 さげて 32 差して 24 して, 手を 23 下げて 13 あてて 10 なって, ぶらさげて 9 挟んで 8 巻いて 7 着けて 6 はさんで, ブラ下げ, 両手を, 帯びて 5 すると, ついて, 力を, 帯し, 当てて, 横たえて

4 [15件] さした, しがみついて, たばさんで, ぶら下げて, まきつけて, ピストルを, 下げた人, 巻きつけて, 手拭を, 毛皮を, 結びつけて, 結んで, 綱を, 縄を, 鈴を

3 [20件] かって, さしてゐた, さしてゐる, したり, しっかりと, すがりついて, つけ, つるして, ポンと, 佩いて, 剣を, 力が, 大小を, 小刀を, 尺八の, 差した, 差しました, 弾丸が, 組んだまま, 結び付けて

2 [81件] あてたまま, あてました, あり, あるん, ある刀, おびて, かの妖鬼たち, くくって, ぐるぐると, さげた聖柄, さした扇, さしながら, さしました, さすと, しがみついた, したとき, したまま, しつ, しつかりと, しながら, しめて, つかまって, つがへて, つけた, つけた印籠, つけた銭袋, つけ脚絆, とびついた, なりながら, ぶちこんで, ぶらさがって, ぶらさげながら, ぶら下げたり, ぶら下って, まいて, まとって, まは, ザッと, ブラ下げる, 一本ずつ, 一本の, 一瓢を, 付けたは, 付けて, 体を, 何やらん, 入る, 刀を, 取っついて, 取ッ, 吊って, 垂れて, 多少力, 太い紐, 山刀を, 差し, 差し四人, 帯びると, 帯を, 拳を, 支つた右手を, 敷いて, 斧を, 束ねまた, 柄太鼓を, 籠を, 細身の, 結いつけて, 結びつけた数個, 結びつけるの, 縄が, 縋りつくと, 置いて, 腕を, 落します, 著け, 行って, 鎌を, 鎖の, 閂に, 魚籠を

1 [843件 抜粋] あしらいそうして, あったこと, あったピストル, あてえぐるよう, あてがい時彦, あてがって, あてたま, あてた拳, あてわずか, あて両, あて木材, あて靴, あて顔, あるよりは, ある印籠, ある毛, ある竹, いろんな色, うすれ日, うろうろし, おとしそこ, おとした, おとして, おろ, おろしながら, お前の, かかへた赤銅色, かじりつき, かじりつくと, かつと, からみつけて, からむやう, からんで, きこりの, きめた村男, きれの, くくりそれ, くくりつけたの, くくりつけたまま灌木の間, くくりつけて, くくりつける, くつ, ぐっと落とし, ぐるぐる巻き付けた, さげさせそれから, さげたアイヌ, さげた兵士, さげた剣, さげた網, さげた跣足, さげた鈴, さげると, さげエイッ, さげスケッチ帳, さげ帯, さげ革, ささ, さし, さしそして, さしそれから, さしたお, さしたまま, さしたるす, さした太刀, さした笛, さした莨入, さした豪刀, さしつづいて, さしてでも, さして三宝, さして兎, さして扱う, さして来た, さして歩かれる, さして胸, さしはさむと, さしまた, さし其他, さし救命具, さし油紙, さし背中, さびしく巻きつけられた, さへ, しが, しがみつきました, しがみつき体, したこと, した厳格さ, した反身, した大刀, した煙草入れ, した瓢, した番兵, した道中差し, した長い, しばりつけ草むら, し一様, すがって, すること, するもの, その槍, その流, たかったり, たばさみけわしい, たばさむと, だきつかんばかり, ちょっとはずみ, ちょっと布片, ついて行った, つがえたまま, つがえて, つがへたまま, つきました, つけす, つけそう, つけたの, つけたるまま, つけたる巾着, つけた小田原提灯, つけた矢壺, つけた職員, つけながら, つけもし, つける, つけ白足袋, つけ踵, つるし, つるした大きな, つるし女子, つッ, なった, なったまま, なった理由, なりました, はさみながら, はさみ例, はさみ大社さし, はさんだ, はさんだ手拭, はまった四角い, はめて, ひざまずき一尺, ひったり, ふところへ, ぶちこみながら, ぶちこみ赤い, ぶち込んで, ぶっつかりましてね, ぶつかると, ぶつかるなり, ぶらさげた, ぶらさげた短剣, ぶらさげました, ぶらさげる必要, ぶらさげ出る朝, ぶらさげ熊, ぶらぢょうちんをさげていますが, ぶら下げた, ぶら下げた大きな, ぶら下げると, ぼッ, ぽつかりでき, まいても, まきついて, まきつけたダヴィツド, まきつけました, まき衣, また紫, まつわりついて, まと, まとい盥, まとい襷, まとった裸体, まとふもの, まわされるの, まわして, やった, やって, やはり弾, ゆるく兵児帯, ゆわえた弁当, アンペラを, ギヤマンの, シッカリ縋りつい, ショベルを, タオルを, ツツと, ビクを, フロシキ包みを, ブッ下げ, ブラサゲて, ブラ下が, ブラ下げで, ブラ提げ, ムチうっ, リンを, 一つつけ, 一カ所小鬢に, 一剣を, 一尺ばかりの, 一幅の, 一本きめ込んだ, 万民を, 丈夫な, 三宿持ち, 三角の, 三重卷く, 下げたは, 下げたり, 下げた剣, 下げた大きな, 下げた手拭, 下げた老人, 下げた袋, 下げた飾り物, 下げた高麗剣, 下げるか, 下げ夜, 下って, 両の, 両刀を, 両足を, 中たった, 二尺ほどの, 云ひ, 付けたる短銃, 伝わって, 何が, 佩かせて, 佩きながら, 佩びたる珠鳴り, 佩びた剣に, 佩刀を, 偃月刀の, 入れた, 八寸ほどの, 兵糧を, 分銅秤を, 利鎌さしたる, 刺さった二本, 前垂れを, 剣の, 加えて, 半身の, 卷いた縮緬, 厚い簑, 厳然と, 及び河原, 及ぶ程, 収めようと, 取り付いた, 取佩き古, 吊した, 吊した拳銃, 吊して, 吊りつつ, 吊るして, 吊る長き, 向って, 吹矢が, 命綱を, 四谷を, 土耳古風の, 垂れた鎖, 垂れ麻, 大きい傷痕, 大きな包, 大きな彎刀, 大きな打撲傷, 大きな矢立, 大きな鍵, 大小手に, 天狗の, 女房の, 宝, 密接し, 小さい瓢箪, 小剣, 小猫, 少しだらし, 少し脂肪, 左手に, 左手を, 差されて, 差したかと, 差したる胴金造り, 差した十手, 差した薄汚い, 差した鎧通し, 差してる刀, 差しまして, 差し微笑, 差し慄, 差し立て掛けて, 差し編笠, 差し自分, 差すこと, 差たる, 巻いた, 巻いたまま, 巻いた真紅, 巻きつけたばかり, 巻きつけながら, 巻きつつと, 巻き付けるから, 巻き単, 巻くもの, 巻て, 巾を, 帯するもの, 帯びたる小刀, 帯びたる長き, 帯びた刀, 帯びる侍, 帯び下枝, 帯び白き, 帯び頭, 帶びんが, 廻された御, 廻し貧しい, 弁当の, 弓を, 張子で, 当ったが, 当って, 当てが, 当てる恰好, 当てグッと, 当て片手, 怒り肩手も, 感じた, 感じながら, 戒刀頭には, 或は其下肢, 手には, 手挿んで, 手柄山正, 手首を, 打込み包, 抱きついたが, 抱きつきながら, 抱き附いて, 押し付けた, 括って, 拳銃を, 挟んだ, 挟んだ煮染めたやう, 挟んだ矢立, 挾み麻, 挾んだ壺振り, 挾んで, 挿した渋団扇, 挿した煙草入れ, 挿んだ, 捲き付けた平, 捻じ込んで, 描いて, 提げた堆朱, 提げた瓢, 提げて, 提げるやう, 插し, 插した, 握飯を, 携へて, 據り, 支那人の, 敷き浜蔵, 新らしい, 曲げ片方, 木の葉を, 木崎は, 木馬を, 来て, 梓も, 棕梠縄を, 極めて七三, 構えたよう, 構えました, 横え, 横たえなに, 横たえ棒, 横たわる安井三尺草頭, 武器を, 武者ぶりついた, 比較し, 毛布を, 毛糸や, 水筒と, 流したよう, 火ウチ袋や, 火縄を, 片っぽ, 物を, 狐の, 猿が, 獅噛み付いた, 獲ただけ, 玉の, 瓢が, 瓢箪でも, 異様なねばり, 病氣を, 痛みが, 白木綿の, 皮の, 相手の, 眼を, 着けた男, 着けると, 着ける一本, 短剣を, 砂を, 砕鉱用の, 突っ張って, 笑顔で, 笛も, 米の, 納めると, 紐を, 組んだ手, 組付いた, 結いつけあたり, 結えつけられて, 結びつけました, 結び下げた, 結び下げた弁当包み, 結び着けて, 結ぶ軽袗, 結わえつけて, 結んだ縄, 絡りつい, 絡わり, 綴ること爾, 締めた茶, 締めつけながら, 締め頭巾, 縋りつ, 縋りて, 縛り付けて, 繩帯を, 纏いそれ, 纏いたり, 纏うて, 纏った布片, 纏ふ, 纒って, 置き右手, 置き怒気, 肘を, 腫物の, 膝を, 舌を, 艶なる, 花が, 草木の, 萬の, 落した, 落し右手, 著けりたりき, 葵紋を, 蔦か, 藁注連平戸勢者大小鞘に, 虎の, 血染めの, 行った, 裳を, 見えた印籠, 触る怪物, 赤い帯, 赤い新しい渋団扇, 足駄がけ八里の, 近きその, 迷ったもの, 達しないくらい, 達し且水勢, 金袋を, 釣って, 釣るした棒, 鉄鍋を, 鉈の, 銀拵えの, 錠前を, 錦の, 鍵が, 長いものさし, 長剣を, 附けた, 附けて, 附けるの, 障子の, 雑巾を, 露われ, 靡くと, 革製の, 食いついて, 飯を, 駈けて, 麻繩を, 麻裏を

▼ 腰~ (547, 3.6%)

36 抜けて 8 低くて, 抜けたよう, 曲って 6 くだけて 5 抜けそう, 痛くて 4 まがって, 抜けたの, 痛くなっ, 痛くなった

3 [17件] いたくなっ, すわって, ぬけたの, ぬけて, ふらついて, 低い, 弱いから, 抜けたか, 据って, 据らない, 曲り耳, 痛いの, 痛むと, 痛んだり, 立たないん, 立たなくなって, 脱け

2 [22件] なくば, ぬけすくんだ感じ, ぬけたよう, ふらふらする, フラ, 上がります, 低くよく, 切れない, 動かない, 大概良い, 抜けちま, 据らず, 浮いた, 痛い, 痛い位, 痛え, 痛くな, 痛んで, 砕けて, 立たなくな, 立ち直りそう, 重くて

1 [360件] あがりません, あた, あった, あまり曲らぬ, あらわれ二本, いたい, いたいぞ, いたいと, いたくて, おち, おちた, おちつかず, おろせる, がくっと, がくつい, がくつく, きまって, きまらないからと, きまらないところ, きまらないよう, きや, きれそう, きれなかった, ぎくっと, くた, くだけた形, くだけるか, くだけスタンド, くだけ去ろう, ぐいと伸びる, ぐらついて, この通り, しがみついたよう, しまって, しゃんと極まっ, すくみ上って, すくん, すこし曲っ, すつかり, すはる, すらりと, すわったから, すわったところ, すわらない気持, すわらなければ, すわるから, すわれば, それにつれて, ぞくぞくふるえる, たたないほど, だぶだぶの, だぶつき膝, だるいとか, だるくて, だんだんに, つめたかった, できて, どっしりと, どの位, なさすぎます, なんとなく不安定, ぬけかけみたい, ぬけさうに, ぬけたかと, ぬけます, ぬけると, ぬけるほど, ぬけるほどに, のびなくなっちまうよ, はいったの, ひえてかな, ひえると, ひくくなった, ひくくなっただ, ひくく粗服, ひどく曲つて, ひねられたかと, ふたつに, ふといよう, ふらつきながらも, ふらつくのみ, ふらふらし, ふらふらと, ふん張っ, へんに, ほそくて, まがり気味, まがり頭, また箝, まだ痛ん, めりこみ褞袍, めりめりいう, もう立たなくなっ, もっと三枚橋, ものを, やんだり, やんで, よくかがむ, よく伸びなかった, よろよろと, よわくなりました, わからぬか, わなわなふるえる, キュウと, グタグタと, グタグタに, グラグラし, シャンと, ピンと, フラフラし, フラ付きます, 一たまり, 上らないわけ, 上らなかった, 下して, 不恰好に, 中心を, 二重に, 今度は, 伸せない, 伸せません, 伸びた拍子, 伸びて, 低いつて, 低いと, 低いん, 低うて, 低かった, 何分起ちません, 元に, 充分に, 入りテーマ, 写った, 写る, 冷えこんだの, 冷えて, 冷えるで, 冷えるとか, 切れそう, 切れなかった, 切れねえ, 切れません, 切れませんや, 切れん, 利かない病氣, 半分以上も, 反るまで, 右と, 同時に前, 哀れに, 坐つて來, 坐らず何かと, 坐らなかった, 太く腰, 太過ぎる, 宙に, 定まらないのに, 容易に, 少々曲っ, 少し低く, 少し曲がっ, 少し曲った, 少し淋し, 屈って, 屈つてゐた, 屈つて仕舞は, 屈つて西国の, 崩れるほど, 崩れる程泪, 座らないと, 延びて, 延びないほど, 弓の, 弦を, 弱, 弱いぞ, 弱くなる, 弱しこっち, 弱ゑい, 張って, 強かった, 強くて, 強そう, 影の, 彼に, 後で痛ん, 後へ, 思う様, 思ふ様, 急に, 悉皆俛ん, 折られた, 折れそう, 折れて, 折れる, 折れるまでに, 折れ込んだよう, 抜け, 抜けかけたね, 抜けたと, 抜けたので, 抜けたもとより, 抜けたもの, 抜けたやう, 抜けたよ, 抜けたわよ, 抜けたん, 抜けた固, 抜けた様, 抜けてしも, 抜けてたん, 抜けてるて, 抜けと, 抜けるという, 抜けるとは, 抜けるほど, 抜けるよう, 抜けペタ, 抜け釈台, 拔け, 拔けさうに成つたのである, 拔けたやうに, 拔けて, 据えられて, 据る, 据れ, 据わって, 据わらない, 据わらないので, 据わり先刻, 掛けられないから, 掛けられました, 掛つて大二郎は, 攣って, 曲がったって, 曲がっちまいます, 曲がって, 曲がりかけて, 曲ったと, 曲ったとかいう, 曲つてゐない, 曲つてゐる, 曲らず軽く, 曲らないと, 曲らぬから, 曲りかけて, 曲り気味, 曲る, 有るならその, 歪み息ぎれ, 気に入らなきゃア臍, 決まらず色気, 決まらない, 沈む, 流れて, 浮いたと, 浮いて, 浮いてて, 浮かんで, 浮き上って, 浮くすさまじさ, 浮くと, 淋しゅうござんせんか, 深い雲霧, 温まり草臥, 烈しく痛む, 現われそれから, 疲を, 痙ります, 痛いから, 痛いし, 痛いぞ, 痛いと, 痛いという, 痛いとか, 痛いのう, 痛いので, 痛いや, 痛いよう, 痛い昨夜, 痛い痛いと, 痛くって, 痛くなる, 痛そう, 痛てえ, 痛みましてね, 痛み身体, 痛むから, 痛むそう, 痛むという, 痛むとか, 痛むので, 痛むほど, 痛むん, 痛む位, 痛む手, 痛んでな, 痲, 白い肌, 砕けてしも, 砕けない模様, 砕け暫らく, 砕け砕けた腰, 立たず, 立たず歩くこと, 立たず起き上がろうとしても, 立たない, 立たないと, 立たないの, 立たなかった時, 立たなくお, 立たなくて, 立たなくなったから, 立たなくなったり, 立たなくなり小舎, 立たなくなると, 立たなくなる程, 立たぬと, 立たぬ上, 立たねえでさ, 立たねえで寝て, 立たねえの, 立ち伊勢屋, 立ったからにゃ, 立つと, 立つの, 立つ奴, 立てない, 立てなくなって, 立てなくなり部屋, 竦んで, 細くなった, 細く撫肩, 細く脊, 細く陰, 脱けそうだ, 脱けち, 脱ッ, 自由に, 苦しがっ, 落ちつかない, 落ちつかないふう, 落ちてを, 落ちます, 落付いた, 落付かず, 落付かぬ, 落着か, 見えた, 見えないこと, 解けかけて, 谿川の, 起った, 起てば, 軽い, 重さ, 鋼の, 難澁, 面白い, 高いから

▼ 腰から~ (452, 3.0%)

44 下は 41 下が 24 下を 22 下の 19 上を 17 下に 9 上が, 上は 7 上の, 抜いて, 煙草入を 5 上だけ, 煙草入れを, 腹腹から 4 たばこ入れを, 上へ, 下へ, 膝を 3 上ばかり, 拔いた, 肩の, 胸へ, 足の

2 [24件] すつぽ, 一両の, 上だけを, 下だけ, 下だけが, 下だけで, 下です, 刀を, 前へ, 取って, 大きな鎌, 扇子を, 手拭を, 抜くところ, 拳銃を, 矢立を, 筒ざし, 股の, 胸へと, 脚へ, 裾へ, 足に, 鉈豆煙管を, 離しません

1 [152件] あと足が, うへには, おろして, さッ, したにも, したは, したを, すっぽりと, すべり落として, たくさんの, とり出して, ぬいたの, ぬいて, ぬきとり馬, はずして, はなして, ひきぬいた, ほとばしった, まず刀, タバコ入れを, ハンケチを, ピストルを, 上だけで, 上で, 上と, 上と下との, 上に, 上にだけ, 上には, 上全容を, 下だけの, 下だけを, 下と, 下なぞ, 下には, 下にも, 下へは, 下まで, 下全部, 下半身一帯は, 下水に, 下腹部にあたって, 下腹部更に, 下血だらけに, 両手と, 乳の, 二つに, 二本の, 以上を, 以下を, 何か, 先へ, 先を, 光る鎌, 入れるよう, 兩側に, 円い荷物, 冷えが, 冷通る, 出刄庖丁, 刀と, 切断された, 十手を, 印籠を, 取った手拭い, 取りながら, 取り上げるの, 古めかしい煙草入, 叺を, 名島の, 向う脛の, 垂らしたまま, 垂れて, 外して, 外しながら, 外し子等, 外すこと, 外らせた, 大牢の, 太股の, 姿を, 小さな手網, 帯へ, 後裾にかけて, 御幣を, 手から, 手を, 手拭いを, 手拭ひ, 折って, 抜いた, 抜いた扇子, 抜いた植木鋏, 拔き, 捕縄を, 放さねえこと, 新らしい, 泌み, 流れ出す烏川, 浅黄の, 浴びて, 海鼠の, 消えたやう, 消えたよう, 烟草入を, 煙の, 煙管を, 煤竹筒の, 畳の, 白扇を, 皮籠を, 盗みとられたと, 立たして, 笹に, 肩を, 背は, 胸の, 胸は, 胸までへ, 胸もとにかけて, 胸辺りにまで, 脚と, 脚へと, 脱した金貨, 脹脛にかけての, 腕へ, 腹の中までが, 膝へ, 膝への, 膝関節の, 自分の, 袋入りの, 裾が, 裾にかけての, 解いて, 諸手突き, 赤くこぼれる, 足が, 足と, 足は, 足へと, 踵までを, 逆に, 金色の, 釣した, 鉈を, 鉈豆の, 銀の, 鍵を, 離す事, 馬の, 鮫の

▼ 腰~ (170, 1.1%)

13 かけて, 手を 4 ぶら下げて, 下げて, 腰から 3 かけての, さして, ブラ下げ, 差した 2 しがみついた, 差して, 巻いて, 提げたり, 斬りつける, 綱かなんかを

1 [108件] お辞儀を, かえって, かけた床ずれ, からみつけつつ, ぎしりと, さげて, さしこんで, さしたなり, さしトット, さすと, させ, しがみつくと, しっかと挿, すべらしゆかないで, その余念, たたきつけた, ためて, つけたが, つよい陽ざし, とびついたと, とびつくと, はさみようよう, ぶらさげて, ぶら下がって, まわしもう, むしゃぶりついた, むすびつけて, もちでも, もどして, ダニの, パイ軍曹の, 三味線を, 上って, 付け星, 元の, 刀を, 反り返ッ, 右手を, 否でも, 執拗に, 少し長目, 尾い, 左手を, 差し時計, 差し白木, 差し胡, 差し薬箱, 差す, 差せるよう, 差そうと, 巻いたり, 巻いた剰りを, 巻きつけただぶだぶ, 巻きつけ人目, 巻き付けると共に, 廻した包み, 廻し色っぽく, 当てた手, 当てて, 後ろ手に, 手拭つけ, 手拭を, 手掛りを, 抱きつくと, 抱き着いたので, 括つた, 拳銃と, 持って, 挿み, 捌いた緋縅, 掛けて, 掛け紫色, 村人大勢とともに, 来た, 横たえた, 武者ぶりつい, 武者修行風呂敷を, 流れて, 灸を, 煙草入れを, 煙草入を, 男の, 疾く附着, 石を, 移した筈, 突きあてたり, 納めなかった, 細引が, 結ぶはず, 絡みつきました, 続いて, 綿の, 縄でも, 縋った共, 縋りついた, 老婆の, 背なかを, 膝へと, 膝を, 落として, 落るふくらみ, 触つたやう, 軽くしめ付ける, 近づいたかと, 鍼を, 降りて, 集まって, 食い入った助広

▼ 腰~ (159, 1.1%)

4 掛けずに 3 曲がって, 砂ま 2 こ, た, まがらず眼許, 伸せません, 少し曲つて, 据らず, 痩せて, 立たないん, 足も

1 [131件] あげずに, あげようと, あったが, あらはの, いんぎんに, おろさずに, おろさぬ中, おろした, かけさせずに, かけずしばらく, かけずに, かけず向, かけたがらずに, かけないで, かけなくとも, かなは, かまはずに, しっかりし, しっかりと, しっかり定まらない, しびれたよう, しゃんと楽, すくんで, すべてが, すわって, すんなりした, そんなに曲っ, たたなかつた, つかないばかりに, つくろわない少女, ない, なくここ, なく男, ぬかすほど, のびて, ぴっちりと, ふっくらし, まが, また一時, やわらかい, よく定, ピンと, ピーンと, 上がりませんや, 上げないの, 上げ得ないほど, 下ろさず立ったまま, 下肢も, 丸く見える, 低くなっ, 低くぼく, 低く交番, 低く言葉, 凭れる背, 切れない始末, 十分に, 半分袖も, 少年の, 屈らず, 強い, 彼と, 御自分, 懶るく, 手足も, 打った, 打つたと, 折られ療治, 折れるばかり, 折れ始めて, 抜かさないの, 抜かさなん, 抜けそう, 抜ければ, 拔け, 挫けるほど, 据らない, 掛けず草, 掛る事, 曲がらずに, 曲がらず声, 曲がらず悲しみ, 曲がらず病, 曲って, 曲っては, 曲りかけて, 曲りませんよう, 曲り齒, 楽々小屋, 浅く革紐, 浮かさずに, 浮かさないで, 潰え砕けて, 疲れなかった, 痛いし, 痛くない, 痛んで, 碌に, 立たずのめッ, 立たず氣, 立たないの, 立たないよう, 立たない醜態, 立たぬ程, 立たん, 立たんですからな, 立った, 立てずに, 立てなかった, 細かった, 肉が, 肩も, 背も, 胸も, 脚も, 若いもの, 血の, 見えないほど, 見えなかったの, 見て, 言うこと, 起しません, 踵も, 輕く, 重げに, 靡かせる, 面白く飛立つ, 頑丈で, 頑丈らしい, 骨が, 骨も, 骨を

▼ 腰~ (117, 0.8%)

2 二重に, 半ば椅子を, 曲って, 海老の, 腐って

1 [107件] いよいよ挙がらず, うまく支える, かけられまいと, くくれ全身枝, くだけて, ぐらぐらに, こういうふう, こういう風, この時, しなやかに, しゃんと伸び, すこぶる妥協的, その時, ちょっとばっか, どっしりと, なかなか強い, はげしくいたむ, はやく彎曲, ひりひりと, へなへなと, ほとんどのびない, まがり顔, まがり髯, まずしゃっきり, まず椅子, また落ち着けられた, みッ, もうすっかり水, もう娘, よぼよぼと, わしでも, わなわな気, アレース胸許は, シャンと, シヤンと, ヘナヘナと, 一年も, 丈夫である, 上げ悪かっ, 上りそう, 二つ折れ, 伸び足は, 低くな, 低く話, 何ものかによって, 具合よく, 典雅な, 双方でし, 女みたいに, 始終ぐらついてる, 宙に, 容易に, 寂しいもの, 少し曲っ, 屈んで, 広くなった, 床几に, 思わず坐っ, 打たなかった, 持ち合わせが, 挙がらざりき, 据って, 既に下ろし, 曲がって, 曲がり皺, 曲がり耳, 曲っても, 曲つてゐない, 曲つてゐる, 曲るし, 曲ツても, 最早すこし曲つて, 棒の, 椽側を, 極端な, 機械の, 次第に浮い, 武家の, 気もちよく, 汗で, 汚れた白縮緬, 深く椅子, 激しい疼く, 火が, 熊の, 痛むが, 痛むも, 盆踊りより, 砕けて, 立たずひどく, 立たなくなるその, 立なく, 細く地腹, 細く臂, 縛りあげた両手もろとも, 臆し, 落着い, 袖は, 親仁の, 跳ねて, 造りつけたもの, 野獣の, 鉛の, 静に, 鞍を, 風にも, 風呂桶の

▼ 腰には~ (94, 0.6%)

2 剣を, 大剣, 手拭を, 木刀を, 長劔

1 [84件] いっぱいに, お定まり, つねに小, なほ紅葉あり, ふとい繩, また火打袋, まだ一回分, やはり藤蔓, サアベルを, ネーテと, バンドの, ピストルの, ピストルを, ブリッキの, ユラユラブカブカする, 一刀脛には, 一本ずつの, 一本の, 両刀を, 両刃三尖, 二つの, 二本ある, 今にも輪, 伝家の, 似ないほとんど, 似合わない朱鞘, 兼安の, 冷や汗が, 刀も, 力が, 十手も, 厳めしき刀を, 反りを, 国俊の, 夏毛の, 大きな三階松, 大きな烟草入, 大小と, 家重代の, 宿を, 尺八を, 山鳥を, 岩を, 帆布の, 彼が, 抜身の, 拳銃らしい, 暗夜を, 木葉を, 業刀らしい, 残る一本, 淡紅の, 燧打道具父譲りの, 物々しき剣, 特別に, 瓔珞を, 痔疾に, 皮袋に, 真鍮の, 矢が, 短いひどく反った, 硝子の, 確かに, 紅白だ, 継ぎ合した, 縄の, 繩が, 脇差だけ, 脇差だけしか, 色とりどりの, 落し目に, 葫芦を, 虎豹の, 角の, 赤の, 酒を, 野太刀を, 鑿が, 長い刀, 長い綱, 長めな, 長刀を, 鞘の, 鳥の

▼ 腰まで~ (56, 0.4%)

3 水に 2 つかって, 地中に, 浸って, 裸に

1 [45件] あって, ありますよ, ある桶, ある者, お埋められ, かくれるほど, ずぶ濡れの, ついた, ぬれて, のを, まくり上げて, まくるため, ボタンが, 上げかけたが, 上げたが, 上って, 乾草に, 入って, 垂れたぼろ布, 埋まって, 埋めて, 抜けて, 掘り下げた穴, 来て, 樋の, 水の, 水のと, 汐にな, 沈んでも, 海の, 浸いた, 浸かして, 浸しながら, 浸すほどに, 浸るくらい, 漬かって, 濡れて, 濡れる, 落して, 蘇芳を, 裏返しには, 裾を, 襟が, 隠れた, 飛沫に

▼ 腰~ (50, 0.3%)

3 調子を 2 のぞきこむかと, 組んで

1 [43件] いかにも野良, うようよ近づい, ぐいと伸び, こすり取って, その場, その鈴, だぶりと, だらしなく, ひらりと, もすへれば, やった筈, ガタガタ顫へながらの, モゾモゾと, ヨチヨチと, 三四間離れ, 下に, 二箇所に, 先に, 危なかしい, 向ったらこの, 唄の, 坐って, 庖丁を, 怖る, 手に, 投げ飛ばして, 摺り欄干, 撥ねるの, 支えながら, 旋風的に, 椅子を, 欄間へ, 歩いた, 男を, 目っ, 結び股引き, 締めて居る, 腕ったら, 見すぼらしく土間, 話して, 踊りまくり一同, 身構えるので, 遅参を

▼ 腰~ (48, 0.3%)

2 脊の

1 [46件] あと足を, いい縮れた亜麻色, おぼしい所, だんだん全身, また当惑顔, 下半身を, 下腹が, 両手に, 乳房とを, 云つて石垣が, 云わず所, 尾に, 思う辺, 手を以て, 手綱の, 撫ぜて, 次第に迫り出し, 激しい呼吸, 燃えるよう, 称するところ, 移って, 筋頸とに, 肩と, 肩とに, 背とを, 背骨で, 脛との, 腰とが, 腹に, 腹の, 腿との, 腿の, 膝とで, 膝とは, 膝を, 臀の, 臀を, 衣裳の, 足とを, 足の, 足首は, 鎌を, 隠されて, 首で, 首に, 首根と

▼ 腰なる~ (39, 0.3%)

2 刀を, 煙草入を, 長剣を

1 [33件] は太, 一刀の, 一刀を, 一提を, 一腰のみは, 両提, 刀の, 切刃を, 名刀がわりの, 夏痩女, 大刀の, 大鍵, 太刀を, 小田原提灯を, 山刀を, 拳銃あり, 新見国行の, 木剣を, 武蔵太郎が, 武蔵太郎の, 玉を, 瓢箪を, 用意の, 矢立の, 秋水が, 秋水を, 蟇口に, 鉄弓を, 鍵を, 陣刀を, 青, 髑髏, 髑髏一個取ら

▼ 腰~ (38, 0.3%)

5 を着けた 4 を着け 2 をつけた, をまとった

1 [25件] から垂れ, で土, で本堂, とともに短く, と白無垢, にくるまれ, に縋り付きつ, に美斑, のうち, のなか, のよう, の上, の素足, はやめました, は墨染め, は飛んだ, ばかり袈裟, をつけ, を付けた, を折っ, を着けさせられた, を纒, を纒い袈裟, を著, を風

▼ 腰~ (32, 0.2%)

5 わらかに 2 肉の, 腿の

1 [23件] お腹を, わらかにかけ, 大腿に, 尻の, 懐を, 手足の, 曲が, 曲がたかんじ, 股に, 肩さきの, 肩に, 背の, 背や, 脚が, 脚の, 腕や, 腹が, 腿が, 膝に, 薄衣の, 足が, 足に, 足首などが

▼ 腰弁当~ (32, 0.2%)

2 で出かけ, の握飯, をたずさえ

1 [26件] が釜, こそ駄目, でこの, でち, でやって来る, で会社, で供男一人, で出かけれ, で山林, で探し, で浮世, で鳥熊, で鼻水, というしがない, と人, にて之, にて毎朝毎朝, のよう, の作, の境涯, の境界, の握り飯, の細長い, の詩, を提げ, を揺

▼ 腰~ (32, 0.2%)

3 治右の, 治右衛門の 2 治右に, 治右衛門, 治右衛門が

1 [20件] が仕組んだ, の書面, の狒狒侍, 一味の, 一味へ, 治右が, 治右は, 治右屋敷へ, 治右衛門お, 治右衛門からは, 治右衛門だけや, 治右衛門であろう, 治右衛門でした, 治右衛門とか, 治右衛門な, 治右衛門まことあわれ, 治右衛門まった, 治右衛門を, 治右衛門ピクリと, 黒鍬左衛門とは

▼ 腰ぬけ~ (30, 0.2%)

3 になっ, のお, の活地 2 と盲目, の母

1 [17件] か, から始まっ, にてその, になったら, のウジ虫太郎, の娘, の寄り, の意気地無し, の親不孝者, はいざ, めが, 同様に, 役などに, 林と, 殿の, 者と, 腑抜けお

▼ 腰~ (28, 0.2%)

7 を打つ 3 を打たれ, を打たれた 2 を打つた

1 [13件] で連れられ, につながれた, のま, の姿, は解きました, も繩, をうたれ, をうつ, をうつべきである, をかけられ, をつけた, を解く, を附けられ

▼ 腰うち~ (25, 0.2%)

14 かけて

1 [11件] かけあたり, かけかの, かけた姿勢, かけ一休, かけ中啓, かけ到着, かけ帽子, かけ茶, かけ足, のばし二足三足, 掛けかの

▼ 腰~ (24, 0.2%)

4 をし 2 がうまい, がチラリ, でそれ, や威張った

1 [12件] から足元, が心気, で入口, で卓子, で噛りつ, で正坐, になり, もをかしい, を, を御覧, を慄わせ, を筆者

▼ 腰にも~ (23, 0.2%)

2 足にも

1 [21件] ある家, いかついところ, さらさ, なお一筋, また奇怪, まだ差し, 何となく労苦, 何となく勞苦, 僅かな, 十手は, 及ばぬ程, 差せる一尺四寸, 懐中にも, 泥の, 私の, 精彩が, 胸にも, 脚にも, 腕にも, 裳にも, 飯の

▼ 腰~ (23, 0.2%)

2 にかけられ, を払っ, を横

1 [17件] にかけてなげとばし, にかけて投げ, にかける, にぶっ, に刎, に喰い入った, に斬っ, に見事, の脚技, の骨, をつかれ, を妙, を手強く, を担ぎ, を斬った, を見事, 颯と払っ

▼ 腰兵糧~ (21, 0.1%)

2 を解い, を解け

1 [17件] でもっ, でも解く, なども多分, に持て, の殻一つ, の用意, はつけた, は使, は氷, までつけ, も十分, も道, を携帯, を摂った, を摂らせよう, を炊ぎ用いん, を解き

▼ 腰物方~ (21, 0.1%)

2 から御, から貞宗, が三人, に納めた, の御用, 御役人 1 からは厳重, からは嚴重, から東照宮伝来, から東照宮傳來, に伝え, に傳, に屆, に届け, に登用

▼ 腰でも~ (20, 0.1%)

2 かけて, すえれば, 抜かしたか, 揉ませるか

1 [12件] かけと, かけると, かければ, ぐつてゐるのはをかしくて仕方が, たたいて, まげると, 折ったやつ, 抜かさぬよう, 抜かしたの, 抱こう様子, 掛けて, 本丸の

▼ 腰より~ (19, 0.1%)

6 下は 2 上の

1 [11件] おろすこと, 上は, 上を, 下が, 下に, 利劍拔き, 已下皮あり, 我を, 水筒を, 洗ひ, 采を

▼ 腰~ (17, 0.1%)

2 の上

1 [15件] が一つ, が亂, が娘, が水, である, で角力, のま, の下, まで出し, もさうだつ, やおしめ, や襦袢, より上, をだし, をはいた

▼ 腰~ (16, 0.1%)

32 たあ

1 [11件] がどこ, が何処, だの, でもわけ, と云, には我々燕趙悲歌, にヒケ, のよう, の所為, の無気力漢, の相手

▼ 腰~ (15, 0.1%)

2 のはがれた, の中

1 [11件] か屏風, が一枚, した壁, せる壁, との間隙, に歌, のニス板, の新聞紙, の暗い, やハタキ, をし

▼ 腰打ちかけ~ (15, 0.1%)

2 て腹, 桂は

1 [11件] ている, ておれ, てこちら, てし, て休ん, て向こう, て腰, て頬杖, て高らか, ながら悠然, ながら釣る

▼ 腰~ (15, 0.1%)

2 の下

1 [13件] から窺っ, がある, がそつ, が低い, のところ, のほう, の前, の小さな, の竹, をあけた, をまたい, をカタン, を覗い

▼ 腰低く~ (13, 0.1%)

1 [13件] あいて, つかつかと, べらべらと, やって来て, 以前の, 会釈し, 前で, 前にて, 垂れて, 小侍たち, 挨拶し, 挨拶を, 進みでて

▼ 腰硝子~ (13, 0.1%)

4 の障子 2 から庭 1 から彼, から河原, から覗い, から覗く, に人影, に薄, を横

▼ 腰掛茶屋~ (12, 0.1%)

1 [12件] があつ, がある, が出, でそこ, で厚揚, で蠅, に外, の主人, の緋, も並び, や森, を営ん

▼ 腰~ (11, 0.1%)

1 [11件] けこの, けで, けとが各々, けになつて, けのくせ, けの意地, けの柔弱野郎, だ, でも譯, と云, の歌

▼ 腰~ (10, 0.1%)

4 が出来ました 1 がまとまりかけた, が出ました, が出来たです, のえせ, を作る, を應酬

▼ 腰きり~ (9, 0.1%)

1 ない, に縄, の仕事着, の布子, の布子一枚, の水, の短い, の筒, の野良着

▼ 腰~ (9, 0.1%)

2 といっ 1 が素晴らしくおいしい, というの, のさしみ, をたのみ, を塩漬け, を大, を食う

▼ 腰~ (8, 0.1%)

2 づむ 1 さが, づみ釣る, はをつけられ, はを引かれ, わを, 御指揮

▼ 腰までも~ (8, 0.1%)

2 ある沼 1 なかった, もぐり五, もぐる野象, 延し切って, 水へ, 痛む今

▼ 腰~ (8, 0.1%)

3 掛けて 1 かけて, 懸け, 懸け四辺, 懸け鴆, 掛けたまま

▼ 腰との~ (7, 0.0%)

1 つがい目の, ふくらみに, 旋律の, 調子が, 間の, 間へ, 間を

▼ 腰付き~ (7, 0.0%)

1 でこの, でどんな, でワルトン, のよう, をし, を一層, を見やりつ

▼ 腰にかけて~ (6, 0.0%)

1 あそこや, 漢字が, 痛みが, 薄ら積って, 雪の, 骨まで

▼ 腰について~ (6, 0.0%)

1 あるくもの, 伊織も, 多少先輩当年, 廻る紐, 穴山梅雪を, 野試合の

▼ 腰までしか~ (6, 0.0%)

2 ない洗晒し, 無い短い羽織 1 ない疎な, なくて

▼ 腰打ち~ (6, 0.0%)

3 屈めつ 2 掛けて 1 かくれ

▼ 腰打ち掛け~ (6, 0.0%)

2 たるま 1 て一服, て光代, て瀬戸内海, て雪

▼ 腰構え~ (6, 0.0%)

1 である, で掛金, にそも, になる, の姿態美, をしかけた

▼ 腰~ (6, 0.0%)

1 に谷地草, に風折烏帽子綱, のよう, をつけた, を揺すぶり, を搖すぶり

▼ 腰~ (6, 0.0%)

3 から腹 1 から両手, から脚, から足

▼ 腰~ (6, 0.0%)

1 から胸, から胸もと, から顔, それから手, とすべる, のあたり

▼ 腰~ (6, 0.0%)

1 が居た, でも其の, になつ, の立見君, は腰辨, を勤め

▼ 腰~ (6, 0.0%)

1 のまま, は遠い, をうけとっ, を代っ, を曳き, を部屋

▼ 腰~ (6, 0.0%)

1 だ, で, で中庭越, で徐徐, をし, を見

▼ 腰~ (5, 0.0%)

1 くるにも, くるも, くる拍子, 三腰も, 太股に

▼ 腰ごろ~ (5, 0.0%)

2 もの觀音さま濡れ佛 1 もの観音さま濡れ仏, もをつけた, もを無

▼ 腰へと~ (5, 0.0%)

1 つづく柔軟, なるだけ, 手を, 流れ落ちて, 浴衣の

▼ 腰~ (5, 0.0%)

1 上ゲル様子ハナカッタ, 折ラレタ, 抜カサナイヨウニ, 押シテクレル, 据エタ

▼ 腰~ (5, 0.0%)

1 など午, まで身, もすませ, を抱え, を食う

▼ 腰だけを~ (4, 0.0%)

2 任せ短い 1 残して, 蓙の

▼ 腰など~ (4, 0.0%)

1 したたかに, ぜんたいが, ただの, 曲がって

▼ 腰などは~ (4, 0.0%)

2 少しも 1 ガッシリと, 娘の

▼ 腰ばかり~ (4, 0.0%)

2 濶く 1 折って, 狙いを

▼ 腰ばり~ (4, 0.0%)

3 を指 1 に彼女

▼ 腰への~ (4, 0.0%)

1 ほつそりした女体, 白薩摩の, 線の, 蜒り

▼ 腰ほどの~ (4, 0.0%)

2 高さ 1 深さ, 灌木が

▼ 腰ぼね~ (4, 0.0%)

1 をつかれ, をどやされた, を叩き, を撲りつけ

▼ 腰までの~ (4, 0.0%)

1 ハンテンを, 深さ, 間だけ, 黒の

▼ 腰をも~ (4, 0.0%)

1 ぢ, ませたり, 抜すべき, 脱した

▼ 腰上げ~ (4, 0.0%)

1 て, て絶叫, をおろし, をなおし

▼ 腰下げ~ (4, 0.0%)

1 からポックリ, からポツクリ, の煙草入れ, 草履まで

▼ 腰~ (4, 0.0%)

1 の高, まであっ, まであったです, まで水

▼ 腰懸け~ (4, 0.0%)

2 て一冊 1 て何, のイス

▼ 腰結い~ (4, 0.0%)

1 の役, をお願い, 役への, 役を

▼ 腰~ (4, 0.0%)

1 で畏, で細い, のよう, を急い

▼ 腰辨當~ (4, 0.0%)

2 が釜 1 にて之, を拜命

▼ 腰ぐる~ (3, 0.0%)

2 まを 1 まは

▼ 腰~ (3, 0.0%)

1 ぞ, と思っ, のを

▼ 腰だけ~ (3, 0.0%)

1 だろうこの, でしか, 覆って

▼ 腰だけは~ (3, 0.0%)

1 かけられた, とうから, 若者の

▼ 腰~ (3, 0.0%)

1 つきじゃあ, つきは, 張りする

▼ 腰っきり~ (3, 0.0%)

2 の沖着 1 の布子

▼ 腰という~ (3, 0.0%)

2 処に 1 やつでは

▼ 腰などを~ (3, 0.0%)

1 それで, 占めて, 撫って

▼ 腰ぬけで~ (3, 0.0%)

2 はない 1 ね雑誌

▼ 腰ばかりを~ (3, 0.0%)

2 見た 1 ねらうとは

▼ 腰まわり~ (3, 0.0%)

1 にちょっと, の出来, も普通人

▼ 腰~ (3, 0.0%)

2 痛くて 1 抜けべ

▼ 腰ッ骨~ (3, 0.0%)

1 が折れた, はピン, を叩き折る

▼ 腰~ (3, 0.0%)

1 だの下駄, に何, を皮

▼ 腰以下~ (3, 0.0%)

2 の鱗 1 を雲

▼ 腰~ (3, 0.0%)

2 を着 1 半纒

▼ 腰~ (3, 0.0%)

1 と垣, の下, の畳

▼ 腰屋橋~ (3, 0.0%)

1 のあたり, へ抜ける, 渡って

▼ 腰~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の傍

▼ 腰打ちかけた~ (3, 0.0%)

1 ままさらに, 奥村主, 机竜之

▼ 腰~ (3, 0.0%)

1 となりぬ, とは罪人, に處

▼ 腰~ (3, 0.0%)

1 がぶつかる, の枝, へ結びつけ

▼ 腰硝子越し~ (3, 0.0%)

2 に芋畑 1 に外

▼ 腰細く~ (3, 0.0%)

1 丈高く, 犀の, 肉附き

▼ 腰繩手錠~ (3, 0.0%)

1 であった, で宿役人, をかけられた

▼ 腰あげ~ (2, 0.0%)

1 も肩, を弄

▼ 腰きり水~ (2, 0.0%)

1 に漬, に漬かる

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 抜かす所, 掛けて

▼ 腰さえ~ (2, 0.0%)

1 弓の, 畳に

▼ 腰しまり~ (2, 0.0%)

1 て肉置たくま, て肉置逞

▼ 腰そうして~ (2, 0.0%)

2 畸型かと

▼ 腰だけが~ (2, 0.0%)

1 一つあった, 見えた

▼ 腰です~ (2, 0.0%)

1 か斬られ, よ

▼ 腰では~ (2, 0.0%)

1 危いです, 突けは

▼ 腰とか~ (2, 0.0%)

1 印籠を, 王ヶ鼻とかいう

▼ 腰とで~ (2, 0.0%)

1 ゆらりゆらりと調子, 呼吸を

▼ 腰とに~ (2, 0.0%)

1 巻き附けた男, 言訣ばかりの

▼ 腰とは~ (2, 0.0%)

1 すなわち外腎卵, すなわち外腎肉

▼ 腰とも~ (2, 0.0%)

2 肩とも

▼ 腰とを~ (2, 0.0%)

1 交互に, 打拂

▼ 腰にかけての~ (2, 0.0%)

1 この硬, 痛今日

▼ 腰にな~ (2, 0.0%)

1 つてじ, づみて参り来し

▼ 腰にまで~ (2, 0.0%)

1 往った, 達した

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 けどもが, のばかりを

▼ 腰のう~ (2, 0.0%)

2 痛さ

▼ 腰ひくく~ (2, 0.0%)

1 清水宗治は, 自身で

▼ 腰へも~ (2, 0.0%)

1 大きな石, 毛皮を

▼ 腰ほそく~ (2, 0.0%)

2 清らなる

▼ 腰まき~ (2, 0.0%)

1 を木の間, を腰

▼ 腰をど~ (2, 0.0%)

2 さり

▼ 腰ア婆~ (2, 0.0%)

1 の腰ア, の腰アホウエヤ

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 かけて, 抱いて

▼ 腰一つ~ (2, 0.0%)

1 曲らずしゃんと, 曲らず流石

▼ 腰下す~ (2, 0.0%)

2 席も

▼ 腰付き扁~ (2, 0.0%)

1 たくなりぬ, たく成たは

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 の姿見張り, の窓

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 という者, といふ人

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 の辺, みだれ深く

▼ 腰卷き~ (2, 0.0%)

1 が隱, の末

▼ 腰卷一つ~ (2, 0.0%)

1 になつて, の裸體

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 であった, というの

▼ 腰屋根~ (2, 0.0%)

1 の地割, の地割り

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 てふと, の煙草入

▼ 腰巾著~ (2, 0.0%)

1 だと, になつて引

▼ 腰弱く~ (2, 0.0%)

1 盥を, 非常に

▼ 腰手拭~ (2, 0.0%)

1 と来, のそれ

▼ 腰手肩頸~ (2, 0.0%)

2 から次第に

▼ 腰打ちかける~ (2, 0.0%)

1 とあやつめ, と文庫

▼ 腰投げ~ (2, 0.0%)

1 に行った, を食い

▼ 腰抜かす~ (2, 0.0%)

1 ばかり悦び, やつが

▼ 腰抜け~ (2, 0.0%)

1 さ, さむらひ

▼ 腰抜め口イきく~ (2, 0.0%)

2 が最後

▼ 腰抜武士~ (2, 0.0%)

1 の多き, を恐るる

▼ 腰抜鋸~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 腰据え~ (2, 0.0%)

1 て, などけし飛ん

▼ 腰捲き~ (2, 0.0%)

1 を出し, を幾重にも

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 で豆, のところ

▼ 腰法衣~ (2, 0.0%)

2 の修行者

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 を女, 下され候事也

▼ 腰物奉行~ (2, 0.0%)

1 から町奉行, だの本

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 から腕, もずうっ

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 は思ひはかりし, をと

▼ 腰而下~ (2, 0.0%)

2 の着物

▼ 腰~ (2, 0.0%)

2 及び頸

▼ 腰~ (2, 0.0%)

2 ぬいで

▼ 腰蒲団~ (2, 0.0%)

1 など当て, をあて

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 の少女, を高く

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 などに五六カ所, の先

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 のもの, の四本

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 埋めて, 硬直ガキタ

▼ 腰附き~ (2, 0.0%)

1 から眼, 手附き

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 でそんな, の輿物

▼ 腰~ (2, 0.0%)

1 の代り, は前

▼1* [268件]

あげして着, 腰いかけてパン, 腰いたるものの, 腰いっぱいぐるぐる巻い, 腰いと長く衣, 腰うちすえながら飛ばせ, 腰おろして休み, 腰かがみて, 腰からかがとまでを光らせて, 腰からのびるそのなだらかな曲線を, 腰かわした栄三郎の, 腰がまがつて, 腰きりはんてん, 腰きり外套などはない, 腰ぎりにちょうど乗る, 腰くだけ這ひありく, 腰くだける時思想や, 腰くらゐは, 腰くらいしかない小さな, 腰ぐらいの高さ, 腰さがりまさか三尺, 腰さげにし, 腰さしていた, 腰て休む, 腰しばらくかけて, 腰じゃない, 腰じゃわえ, 腰すえて飲もう, 腰すっきりと片手, 腰すべての線, 腰すら起てない, 腰すゑた, 腰ずつたばさんで, 腰そして手には, 腰そのからだを, 腰それらは大人, 腰たけほどのところ, 腰だけの水泳着の, 腰だの衣裳だの, 腰骨の, 腰ついに踵にまでも, 腰つくな, 腰づけにきりりと, 腰でありながらすばらしい早, 腰であることの, 腰とが突き衝る, 腰とともに大胯, 腰とにわたるむつちりした, 腰どう見ても, 腰どころでは, 腰なぞをかけようとは, 腰などがちらちらした, 腰なりすきな, 腰なれば大, 腰にあたり脚にあたり, 腰においていきなり馬, 腰にかふ癖, 腰にかけてぞ真白に, 腰にかけては丈夫な, 腰にくくつてお, 腰にこやかに卓, 腰にすら及ばんと, 腰にだけは破れた布切, 腰にてぬぐいを, 腰にでも挿んで, 腰にとり佩き, 腰にまつわるのである, 腰ぬかすかもしれません, 腰ぬけだのと, 腰ぬけとおさげすみ, 腰のねえ亭主, 腰のみ掛けて, 腰はかがまり, 腰ばっかりで穏やか, 腰ょろり板の間の, 腰ひいては海浜の, 腰ひきからげて丈夫, 腰ひくい挨拶に, 腰ひくき浜の, 腰ひねった奥義の, 腰ふかくかけなおして, 腰ふともも足の, 腰ふりダンスをやりだした, 腰ぶり唄声あざやかなもの, 腰へばかり草摺を, 腰ほど抱き浅間, 腰ねといい, 腰までが血が, 腰までになり腹, 腰までは沼の, 腰みじかな役者羽織, 腰みたいに見えた, 腰もしつかりして, 腰もつん曲るし, 腰もとの定まらない, 腰もとたちはやッ, 腰もんと弱, 腰ゆすり吹く, 腰よく焼きあげた磁器, 腰よと手を, 腰よりも深いとは, 腰らしかつた, 腰をけていましたが, 腰をはなる, 腰をば据ゑて, 腰ををろし, 腰を通して裳へ, 腰ん所へ差し, 腰カケテ治療ヲ施ス, 腰カケ冷エ冷エシタ彼女ノ髪, 腰ガラスに絵, 腰グサリだ, 腰グサリ首かせの身, 腰スレ鈎鰻タナゴエビといふ分類, 腰ズボン胸のポケット, 腰振が, 腰ッきりのみじかい, 腰ツイがきかなけれ, 腰ト云山形ノ似, 腰ニ結ンデおったる, 腰大イニ太シ, 腰ヒモはお, 腰ピチリと合わさっ, 腰ヤセ馬薄小袖, 腰に臍, 腰下せば一葉かたはら, 腰下りに締めた, 腰下ろいてさて, 腰下ろした美人が, 腰乃ち地球の中心, 腰付けて踊り, 腰付馬もオランダ渡来, 腰以下鱗ことごとく逆, 腰休め烟草一プク天地と共に, 腰低かったが, 腰をする, 腰全く抜けどうぞ, 腰兵粮というものものしい, 腰出るかわかりません, 腰切りの漁衣, 腰に至る, 腰向う屈みに, 腰周りを提灯, 腰囲何尺とでも形容, 腰大刀の柄, 腰太き柿の, 腰妻木家の重代, 腰小旗ヲ横ニ, 腰少し両踵, 腰峠黒部山の原始林, 腰嵌めの葡萄蔓, 腰差しを預けよう, 腰もつい, 腰に申わけ, 腰帶脚絆で見, 腰や手甲, 腰弁当提灯持参草鞋がけの運動, 腰引つ立たな, 腰弱き彼等の, 腰張板の中, 腰強いのが, 腰を含ん, 腰惱むおどろが下に, 腰懸けたる商人体の, 腰きらわず足攻め, 腰打ちかけ休んでいた, 腰打ち掛け贅沢にも半, 腰打ち掛け鼻髯を捻, 腰打掛てまず, 腰で投げとばし, 腰折れてやどりける, 腰折歌の会, 腰抜ざむらひの子か, 腰抜すほど驚き, 腰抜みたいぢやない, 腰抜蠅が沢山, 腰拔かしの時分, 腰拔文學者の樣, 腰挂けた儘いつまでも俯伏, 腰指して歩, 腰とれて, 腰斬された知識人達は, 腰斬するのである, 腰斬せられたり, 腰斬にあおうとそういう, 腰斬りしてその, 腰つたので, 腰曲りの老媼, 腰曲りたる老女入口に, 腰曲りだがいざ, 腰曲り形毀れて, 腰本様がおっしゃりました, 腰も殘つて, 腰柄杓に冷水, 腰に膝, 腰模様の着物, 腰模様裾模様それに紋付, 腰横幅廣く結, 腰けに坐っ, 腰そういった麓, 腰淋しくてならなかった, 腰はこの, 腰煉瓦の場所, 腰物番の大高源吾, 腰に白壁, 腰用人久賀彌門, 腰痛むかい, 腰白銀百五十枚上官二十六人に白銀二百枚, 腰な一時, 腰に当てた, 腰触れて, 腰砕けてよろ, 腰程の雑草を, 腰突けば鋭き, 腰立つようお, 腰の口, 腰を腰, 腰の炎症, 腰をつけ, 腰を提げた, 腰粗雑にし, 腰糧三百人分を道勝, 腰のあたり, 腰の端, 腰をむすび, 腰繩くらゐで, 腰義珍先生を始, 腰羽目板二十二種は以上, 腰という順, 腰蒼白く繋がっ, 腰肩二ヵ所の深い, 腰肩背中とさんざん, 腰肩胸の隅々, 腰へと締つて行き, 腰胸腹柔い膸, 腰の者, 腰のあたり, 腰脚足元がその, 腰腹胸とのぼっ, 腰の立たん, 腰なり, 腰舞良の枝折戸, 腰薄い胴など, 腰の風, 腰衣乞食坊主にやつしたら, 腰衣襷がけのまま, 腰見詰めた眼溢れよう, 腰豹頭猿臂まことに稀代, 腰赤燕の泥, 腰起たず気さえ, 腰越えをする, 腰車いずれも一刀, 腰車右へ小手, 腰車骨を覘, 腰輿など許されたら, 腰辨位で終る, 腰は殺され, 腰迄の紺の, 腰近くまでもぐった, 腰達者にずかずか, 腰遠く瓦屋根の, 腰附きではある, 腰附肩附歩行く振捏, 腰へ走った, 腰飾り巻の弓, 腰髄麻酔で手術, 腰鼓仮面の類, 腰鼓羯鼓笏拍手をうち