青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「脚本~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

能~ ~能力 能力~ 能登~ 脂~ 脇~ 脇差~ 脈~ ~脚 脚~
脚本~
脛~ ~脱 脱~ ~脱い 脱い~ 脳~ 腑~ ~腕 腕~ ~腰

「脚本~」 1057, 11ppm, 9884位

▼ 脚本~ (290, 27.4%)

11 書いて 10 上演する 8 書いた 6 上演し 4 書けと 3 かいて, 書かうと, 書くこと, 書くとき, 読んで

2 [20件] お書き, たのまれたの, たのんだ次第に, わたしたちの, 三ツ書いた, 上演した, 取り返して, 持って, 提供し, 撤回し, 撤回する, 書いたが, 書いたり, 書きたいので, 書くの, 書く気持, 試験場に, 選んで, 離れて, 需めらる

1 [196件] あつめて, ある劇場, いくつも, えらび役, お渡し, お読み, かくと, さし出して, すらすら流す, そのプレテキスト, つい近頃, つくった, つくり出すそして, ならべて, ぶちこわして, めちやめちやに, もって, もつて, もつよう, やれと, よく考え, よむと, わが国の, わざわざまことに有難う, ウンと, ザッと, フトコロに, 一つ持っ, 一つ書い, 一つ書かなく, 一任し, 一本書く, 上場した, 上場する, 上塲する, 上演禁止し, 並べるといふ, 何, 作って, 作つたらそれ, 作りその, 作り居り, 借りて, 優れた俳優, 先生たちは, 出した, 出だすべしと, 初めから, 別の, 劇場内に, 募ったとき, 募れるは, 友人の, 取つ替へ, 取りまとめて, 取り出して, 取り来りて, 台本に, 同時に上演, 向うの, 嘗て築地小劇場, 土台に, 基礎として, 売り込む算段, 多くは, 如何に, 始めて読んだ, 完全に, 容れること, 容れると, 川上音二郎一派の, 差出しては, 弁護士の, 従来通りに, 忘れるだけの, 応募する, 懐中に, 成る可, 扱ったという, 批評し, 批難攻撃し, 拵へる, 持たして, 持ち自分たち, 採用し, 提供する, 提出し, 提出しろ, 改訂又は, 敢て, 文学として, 斥けあ, 断念し, 昨年頼まれ, 書いたこと, 書いた男, 書いてるんで, 書かうかと, 書かしてるらしい, 書かせる俳優, 書かねば, 書きそれ, 書きたいから, 書きました, 書き上げて, 書き上げる, 書き上げるや, 書き上げ明日, 書き了, 書き出しそれ, 書き出した辛い, 書き出すストーリー, 書き得る人, 書き映画的効果, 書き終って, 書き自ら演劇, 書く, 書くだろうという, 書くつもり, 書くと, 書くなどと, 書く人, 書く人間, 書く勿論, 書く場合, 書く時, 書く書くと, 書く男, 書こうと, 書こうとでも, 書上げる, 朗読と, 松竹に, 桑田岡本杉野などにも, 歌舞伎座へ, 歓迎し, 求む, 求めるという, 沢山と, 活かすかといふ, 演じた, 演じて, 演じること, 演じるため, 演ずる俳優, 演ずる場合, 演出する, 激賞した, 無断で, 発表した, 笑つてゐた, 築地小劇場が, 自ら立っ, 自分で, 自分の, 興業させ, 製作提供する, 見せて, 見ても, 覗き込んで, 詩として, 読みさ, 読みつまらない, 読みながら, 読み川口, 読み芝居, 読み配役, 読むその, 読むと, 読むとき, 読む前, 読む貴島, 読もうと, 読んだだけ, 読んだらその, 譬へ, 讀み了つた, 讀み返して, 讀んだ時, 貸して, 賞めてらした, 起稾す, 載せた小さな, 追いまわして, 速成の, 連載します, 選ばせるの, 選び出そう, 選ぶかという, 選ぶの, 選ぶ位, 選択した, 選択する, 開いたままやうす, 頂戴いたしまし, 預かって

▼ 脚本~ (207, 19.6%)

4 話を 3 なかに, 中に, 中には, 朗読を, 演出を, 筋を, 選択を

2 [11件] ことは, どこに, なかで, テーマを, 一つで, 上演について, 価値が, 価値によ, 内容は, 方は, 選択に

1 [160件] あらゆる大, い, えらび方, お手伝い, こと, ことで, ことなどは, ことについて, ことも, ための, なかでは, ひとつである, ほかには, アイデアを, コピイを, テキストを, テンポを, トガキだけを, ネタを, プランを, プラン立った, ヤマに, リズムが, 一つであった, 一つである, 一つは, 一つを, 一片を, 一部でも, 一部分を, 上について, 上演に, 上演を, 不足を, 中から, 中で, 中では, 中にも, 中の, 主人公に, 事で, 事につき, 事を, 人物を, 仕組が, 件は, 位置といふ, 位置は, 位置を, 何方よりか, 作が, 作者は, 作者達は, 使用によ, 価値を, 修行の, 傾向俳優の, 優れた演出, 内容に, 内容にも, 内容を, 内容自身に, 出来たの, 前で, 創作を, 力に, 募集を, 原稿は, 原稿を, 同一上演, 名題も, 味を, 型に, 型を, 執筆に, 執筆は, 執筆意の, 執筆者が, 場合も, 夢と, 奴隷, 完全な, 弁証法的演出と, 形式を, 心理的な, 性質について, 性質を, 手入れを, 払底に, 批評は, 指定する, 指定を, 撰定から, 改訂の, 文体は, 文学的価値と, 文学的生命に, 方へも, 方面から, 映画化に際して, 時代遅れな, 普遍性は, 書きぬきを, 書き方などを, 書き時, 書き甲斐, 書ける自信, 朗読や, 本質的生命を, 根本に, 案を, 検閲と, 標題が, 歴史, 比例を, 演出が, 演出は, 演出者は, 生命を, 生産は, 真似事を, 種類によ, 種類を, 種類範囲から, 稿を, 空虚さが, 第三幕, 精神に, 経緯などに, 総稽古, 罪に, 翻譯は, 腹案なき, 舞台であります, 舞台は, 舞台指揮を, 舞台稽古が, 著作は, 製作を, 要素は, 解釈に, 試みを, 試作を, 試験等が, 詮衡原作者の, 話芝居の, 読み方が, 調子に, 諸々の, 進化及び, 選び方が, 選評を, 銓衡翻訳者の, 開拓方面なら, 韻文, 饑饉といふ, 饑饉は, 饑饉を, 魅力と, 魅力は

▼ 脚本~ (82, 7.8%)

1 [82件] あきらめて, あつて, ある筈, いいが, いくらも, えらい, さうい, そこに, そのため, その秘密, ちっとも提供, とてももう駄目, どこでも, どれも, ないかと, まあ翻訳, もう出来, もう歌舞伎座, やはりお, やらせたくないもの, ソヴェト同盟の, ハイブロー過ぎた, 一度読んだ, 三つとも, 上演を, 主として人物表現, 二月二十八日から, 云は, 今日まで, 低俗な, 何れも, 保留という, 俳優が, 俳優に, 俳優コクランの, 僕が, 先ず敬, 八日一杯位に, 八月の, 六点位の, 出て, 初めから, 同座の, 呉羽さんの, 固より, 国の, 在来の, 夕暮より, 多少無理, 如何に, 始めて単行本, 実際に, 少くとも, 少しも, 屡々, 平気で, 戦争の, 手を, 文学の, 既に他, 日本の, 日本現代作家の, 書くが, 書くまい, 書けないと, 研究した, 私が, 私に, 私の, 純粋に, 結局畑中伊沢両君が, 綿の, 自分で, 艶子の, 見たこと, 評判には, 読み易い, 読むべきもの, 読んで, 過日マセドニヤ丸乗組み, 選ばれて, 降りないの

▼ 脚本~ (78, 7.4%)

3 舞台に 2 あまりに突飛, 上演され

1 [71件] あのザマ, あの丘, ありますが, ある, あるか, あるから, あれば, いかにすぐれ, うまくても, かういふもの, こういう風, ざらに, たといいろいろの, つまらないから, つまらないので, つまらんこと, でき上ったら中田先生, どうして世, どこかの, どんなもの, ないから, ない意欲, なくては, はじまってから, ひどいもの, まずいからと, まずければ, よくなく, パスさえ, 一番の, 一番目二番目に, 上演された, 中流の, 今我邦, 他に, 佳いだけに, 佳い第, 俗衆の, 個々の, 偶然帝国劇場女優劇の, 全部出そろっ, 全部関西弁で, 其他に, 出来たとしても, 出来上つて, 右河岸, 多く用いられた, 多少の, 好評で, 届かないので, 屡々風紀, 当選したら, 性格を, 悪い序幕, 文学的すぎる, 書かれた, 書けると, 書卸し, 朗読され, 此の, 殖えて, 毎夜の, 気に入らないので, 沢山に, 無い, 無いから, 翻訳によ, 脱稿し, 自分に, 読売新聞社の, 選定される

▼ 脚本~ (44, 4.2%)

2 しないかなどと

1 [42件] あきたらず種々, あつて, あるそういう, あるもの, い, おんぶする, さうある, さへ, しろ小説, なったり, なつて, のぞまれて, よみふけって, よらず俳優, われらが, マリアスツアルトといふ, ヨリ以上成功したろう, 一種不可思議な, 事欠く筈, 仕組みたき趣, 仕組むべしと, 仕組んだの, 全く欠乏, 執筆する, 専心してる, 就いて, 当選した, 恵まれないで, 手を, 書いて, 現はれた, 現われたる事実, 種々の, 筆とり, 筆を, 縁って, 聴きとれて, 解釈を, 負わすこと, 道具が, 金を, 長谷川時雨女史の

▼ 脚本~ (19, 1.8%)

2 になる

1 [17件] が何, だが, であつ, であり森川信, であるが, です, としては少し, として佐藤紅緑氏, として生活, として立たう, となつ, などの必要, にとってお客, にならね, の上杉逸二さん, の心得右, の立つ

▼ 脚本~ (18, 1.7%)

1 [18件] あれだけ, そうなっ, ほかに, みな會員から, よくない, ヤマが, 俳優も, 共に芸術局, 割合に, 悪すぎる, 文学の, 書いた, 書きかけて, 書きたいし, 来た, 禁止せられる, 選定せられ, 頼まれれば

▼ 脚本~ (17, 1.6%)

1 [17件] したら随分, なると, ひどい上演, よい芸, プラン三つ書いた, 併せて, 俳優とが, 俳優の, 全く, 全体の, 悪い脚本, 批評は, 映画脚本とに, 演出者とを, 舞台との, 舞台の, 雖も

▼ 脚本~ (15, 1.4%)

1 [15件] あつた, いへば, これも, であれ頼まれれば, アンナ大袈裟な, テアートル・フランセーズ座へ, 二十五年間持ちこした, 僕の, 元来田之助, 川島が, 菊田の, 見た目には, 見るより, 読ませて, 青年松王が

▼ 脚本作家~ (13, 1.2%)

1 [13件] から見れ, がその, たる一面, であつ, である故, と俳優, なんかは要らなくなる, のヂヨルヂ・ミツドルトン氏, の不遇, の仕事振り, は商売, も情熱, を現在

▼ 脚本では~ (9, 0.9%)

1 あるが, すぐ出来, すぐ出来上っ, すでに村山知義, どうも困る, 全く分らない, 始めからの, 無い, 登場人物全てに

▼ 脚本として~ (9, 0.9%)

1 いろいろ興味, かきおろされる筋, そこを, そのよう, なかなか特色, 書かれたテキスト, 決して優れた, 見れば, 選んだといふ

▼ 脚本~ (9, 0.9%)

1 たのんで, など相当, に十二パアセント, は三千円位, も, を二割五分, を届け, を払, を支払った

▼ 脚本作者~ (8, 0.8%)

21 からの提議, と文学, の側, の立ち場, の膝, は自分

▼ 脚本書き~ (8, 0.8%)

2 にか 1 だつた, でね, のよう, の割り当て, の江馬, はほか

▼ 脚本でも~ (7, 0.7%)

1 おなじです, ない, 俳優の, 書いて, 演出さへ, 演出次第では, 發表する

▼ 脚本には~ (7, 0.7%)

1 いっさい手を, さう, その田舎, ロクに, 世界中どこの, 有つて, 短ホ調

▼ 脚本~ (6, 0.6%)

1 がある, に出す, の序, をくださつた, を読む, 第二巻

▼ 脚本そのもの~ (5, 0.5%)

1 が余り, に新味, のレベル, はどう, は平

▼ 脚本なら~ (5, 0.5%)

1 いくらでも思ひ, ばそれ, 五度くらゐ読まなけれ, 何んで, 芸術批評家を

▼ 脚本から~ (4, 0.4%)

1 なんらの, 直接舞台の, 脱化し, 魁車は

▼ 脚本~ (4, 0.4%)

1 そうです, とは言, ねまた, のという

▼ 脚本といふ~ (4, 0.4%)

1 ことが, ものは, やつを, 点で

▼ 脚本~ (4, 0.4%)

3 のである 1 んだ

▼ 脚本など~ (4, 0.4%)

1 使はずに, 書けと, 沢山に, 準備してる

▼ 脚本上演~ (4, 0.4%)

1 に対して不満, のため, の妨碍, の葛藤

▼ 脚本~ (4, 0.4%)

1 における各, に発見, の一役, の毒婦

▼ 脚本書い~ (4, 0.4%)

1 てちょうだい, てみない, てやる, てゐる

▼ 脚本朗読会~ (4, 0.4%)

2 をやっ 1 に加わっ, のメムバー

▼ 脚本である~ (3, 0.3%)

1 が銀行, こと, のみならず

▼ 脚本でなけれ~ (3, 0.3%)

1 ば価値, ば喜ばない, ば掲載

▼ 脚本などを~ (3, 0.3%)

1 かく場合, 受付けそう, 書いて

▼ 脚本について~ (3, 0.3%)

1 云へば, 何かの, 私が

▼ 脚本持っ~ (3, 0.3%)

1 てもう, てやって来た, て来

▼ 脚本朗読~ (3, 0.3%)

1 というの, は一つ, を聴かれたら

▼ 脚本選定~ (3, 0.3%)

1 について, に払, に関する宣言書

▼ 脚本だけは~ (2, 0.2%)

1 あつて, 生命を

▼ 脚本としての~ (2, 0.2%)

1 ソヴェート戯曲, 技巧などについては

▼ 脚本などとは~ (2, 0.2%)

2 名ばかりの

▼ 脚本などは~ (2, 0.2%)

1 一九二七・八年モスクワ芸術座で, 役に立たずまた

▼ 脚本にも~ (2, 0.2%)

1 そう度々は, 色彩の

▼ 脚本によ~ (2, 0.2%)

1 つかかつて, つては

▼ 脚本のみを~ (2, 0.2%)

1 なぜ演ら, 上演する

▼ 脚本より~ (2, 0.2%)

1 かずッ, 前に

▼ 脚本よりも~ (2, 0.2%)

1 さらに不思議, 俳優の

▼ 脚本上演熱~ (2, 0.2%)

1 に遷ら, に関連

▼ 脚本全体~ (2, 0.2%)

1 が小さな, を通じて一貫

▼ 脚本募集~ (2, 0.2%)

1 に応募, をしよう

▼ 脚本執筆~ (2, 0.2%)

2 の事

▼ 脚本小説~ (2, 0.2%)

1 の価値, の腹案四五篇

▼ 脚本検閲~ (2, 0.2%)

1 なる形, の問題

▼ 脚本~ (2, 0.2%)

1 はたちどころに, を訴

▼ 脚本~ (2, 0.2%)

1 も一, を持っ

▼1* [110件]

脚本あらばこれ, 脚本何かを, 脚本かと云うと, 脚本からは次第にその, 脚本かを書いて, 脚本しか書けないの, 脚本じゃ芝居は, 脚本すなわちシナリオに, 脚本そう云うはなし, 脚本それに新しい, 脚本だったので全く, 脚本だってむかしァ, 脚本だらうか, 脚本でありますが小学校, 脚本でありませぬ唯舞踊, 脚本であれ頼まれれば白昼, 脚本ですがいつ, 脚本というものに, 脚本とか演出者の, 脚本としては文学的に, 脚本とでも楽々と, 脚本とに区分する, 脚本とはいわない無論, 脚本どすわ, 脚本なしに演じる, 脚本などがあった, 脚本などというものは, 脚本なりを読んで, 脚本なるものに, 脚本なんか書いて, 脚本なんかよりユウゴオ物を, 脚本なんぞ書いたり, 脚本なんぞには面白いと, 脚本なんては何でも, 脚本にでもあるよう, 脚本に対して可なり, 脚本に関するからである, 脚本はも少しで, 脚本または台本とも, 脚本小説を, 脚本やってちゃダメ, 脚本やるの, 脚本を通して教育し, 脚本を通じてない, 脚本ホントに長, 脚本レヴュー台本プラカート用の詩, 脚本一つ通らないといふ, 脚本一つ宛受け持たせる, 脚本一冊の売価, 脚本上ったと電報, 脚本中此の作者, 脚本九篇と十冊, 脚本二つ読む, 脚本二十七日出来同夜, 脚本二千六百年はて何, 脚本二種などが嚆矢, 脚本以上に人, 脚本会議で江戸橋, 脚本何とか考へて, 脚本作家内海某が一番, 脚本作者ピエエル・オオビュルナンの給仕クレマン, 脚本使用に対する応分, 脚本係長に相談, 脚本俳優のため, 脚本四幕の, 脚本全部アガらず一・二景, 脚本六幕を引受ける, 脚本出来ちっとも笑, 脚本創作のこと, 脚本募集一等当選が無い, 脚本即ち戯曲を通して, 脚本原稿と相当, 脚本叢書のよう, 脚本家たちがどうして, 脚本に転向, 脚本山下の, 脚本戯曲のテキスト, 脚本持参通読あんまり感心, 脚本ふ, 脚本改竄の我儘, 脚本料二百円とって, 脚本料五十円を貰った, 脚本書く気で, 脚本朗読筆記試験口頭試問体操と四種目, 脚本朗読筆記試験口頭試問簡単な体操, 脚本楽譜のたぐい, 脚本準備がある, 脚本演出の全, 脚本演出演技を通じて歌舞伎的手法, 脚本演技を通じて, 脚本発表の形式, 脚本新體詩, 脚本研究会の会員, 脚本礼金参百円持参す, 脚本取るべきや, 脚本のなか, 脚本装置これに見物, 脚本評註の緒言, 脚本読む共に感心, 脚本読んだ大したこと, 脚本資料を得, 脚本起稿を頼み, 脚本通りに演, 脚本選定その他座の方針, 脚本選定並に舞台指揮, 脚本配役僕に全部, 脚本面白い戯曲と, 脚本に書く, 脚本飢饉の為, 脚本馬琴京伝の小説