青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「衆~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~蝋燭 蝋燭~ ~蝶 蝶~ 蟹~ 蟻~ 蠅~ ~血 血~ ~衆
衆~
~行 行~ ~行う 行う~ ~行かう ~行かない 行かない~ ~行かなけれ 行かなけれ~ ~行き

「衆~」 4882, 53ppm, 2207位

▼ 衆~ (959, 19.6%)

1312 中に 9 前に 8 ように, 中で 7 うちで, ような, 王その 6 うちに, 中には, 噂を 5 ために, 耳に 4 なかで, なかに, 一人に, 力を, 噂です

3 [12件] ところへ, やうな, 一人である, 一人として, 前, 噂で, 意に, 手を, 王アートレ, 眼を, 話では, 間に

2 [61件] うちでは, うちの, お目, お舎八十ヶ所, ことで, しのびの, た, なかでも, は沈香, ひとりが, ひとりで, ほかは, やうに, 一人で, 一人でも, 上に, 中, 中では, 中でも, 中の, 乱波も, 事を, 信望を, 傷負い, 八十人で, 内には, 出入りが, 出張を, 前で, 力という, 名は, 噂も, 多くは, 女の, 將, 川手水, 御慰み, 御機嫌, 御通行, 心を, 手に, 手伝いを, 方が, 機嫌を, 浅野又右衛門の, 溜へ, 王アガメムノーンに, 王之を, 目の, 箸は, 者が, 耳にでも, 肩に, 言はれし, 謀叛と, 通行が, 間から, 面前に, 顔は, 首を, 鼻毛を

1 [682件 抜粋] あいだでも, あいだにも, あたま, あとを, あひだ, いうの, いるところ, うごきに, うちただの, うちたれ, うちには, うちのは, うち主立った, おなぐさみ, おの, おやり, お侍, お供です, お働き, お前の, お叱, お声, お客様がも, お履物, お慰み, お憎しみ, お手ほどき, お指図お許し, お方にも, お泣き, お目にかかりました時, お相手位, お耳, お肝煎, お腰に, お若い, お言葉, お詣り, お調べ, お金と, お陣屋, お頼み恐れる, お骨折, かの低質性, きびしい警護, くせか, けじめなく, ことだ, ことづてですがな, ことなれ, ことばに, この質, ごき, ご次男様, さんげ唱導に, さんげ種を, すべてに, せきば, その中, それぞれの, それに, たくさんな, ためだ, ためです, ためなら, ためにも, ための, つけた値, とこさ時, とこへ, とり沙汰でございます, なさけに, なすところ, ひとしく聞く, ひとりじゃが, ひとりであり, ひとりとして, ひとりに, ひとりの, まごついて, まさきに, まねは, もつ平均性, もとへ, ものいよいよ, ものが, もので, ものも, もんと, やうだ, よく知る, れつに, アキリュウス・ペーレーデースに, ドギモを, リアリスティックな, 一なる, 一人が, 一人であり, 一人にまで, 一人先代までは, 一人小出播磨守が, 一員では, 一員として, 一員に, 一家として, 一席をも, 一行が, 一行は, 一隊では, 上手だ, 上洛また, 下に, 下屋敷まで, 下屋敷らしい, 不屈な, 不興を, 与力に, 世間話に, 中うまく, 中から, 中にも, 中へ, 中へでも, 乗る, 乞いを, 事である, 人々が, 人々であろう, 人々の, 人ごとに, 人情か, 人気に, 人氣取りといふ, 人物を, 人目ばかり, 人質を, 仕事は, 代參, 仲間は, 任命が, 伊吹屋の, 休所で, 伴を, 低劣な, 低質性こそは, 何者も, 作物の, 使いも, 使つて居る, 供人は, 傍へ, 兄弟かとも, 先祖が, 先頭に, 先頭へ, 入国十四代将軍が, 内より, 内乱の, 処置で, 出入事の, 列の, 列座へ, 列座を, 判断である, 前です, 前には, 前へ, 前を, 前立ち, 割竹の, 力が, 力で, 力による, 力は, 助勢を, 勇進する, 勝手な, 勢い相当, 化粧の, 十手を, 協力が, 印可が, 印籠も, 参詣が, 取なし, 口から, 口を, 古くからの, 叫びは, 各個人, 合い言葉にも, 同僚の, 同勢であった, 同勢と, 名を, 名一つ, 名折れぞ, 命を, 和合する, 和田喜兵衛であった, 哂ひ, 唱導などから, 商売は, 喜ぶところ, 喧騷待つ如し, 嘲罵や, 噂そう, 噂では, 噂の, 土屋右衛門が, 圧倒性は, 坊っちゃんが, 場合には, 境遇上の, 士気が, 声, 声で, 声の, 外には, 多人数が, 多勢ゴチャゴチャ, 多衆, 大王達いずれも, 大筒ならす, 大馬鹿, 女なんかは, 女に, 女子の, 好い顔, 好みに, 妻としての, 姿は, 姿を, 娘の, 子供たちが, 學問を, 定評は, 家へ, 家柄で, 容る, 宿を, 寝静, 寢息を, 寢言や, 小笠原左近将監で, 少きを, 尻が, 尻押しを, 屋敷でも, 山あ, 崛強を, 巴渦の, 席へ, 帷衣姿も, 常であった, 広瀬兵衛に, 座で, 弟子さんを, 形を, 影も, 役人が, 役人に, 役人の, 後ろには, 後姿を, 御厄介, 御威勢, 御安否, 御耳, 御贔屓, 心た, 心も, 心事に, 心切を, 心意気が, 心掛けとして, 心理が, 忌む処, 忍術家一人は, 志向の, 性格は, 性質情想等を, 恐れて, 悩を, 悪神, 悪神すなわち, 悪神と, 悪神征伐, 悲しみを, 悲嘆は, 惣菜でございます, 意味そして, 意味である, 意嚮が, 意見を, 愛嬌じゃ, 慰みに, 憎しみの, 憤怒を, 懐ばかり, 我に対する, 或いは風流韻事, 或ひ, 所で, 所謂事業を, 手で, 手によ, 手へ, 手や, 手傳ひ, 手紙を, 打ちならす小, 拍子という, 拍手する, 拍手大, 控え部屋へ, 推服する, 揉みりょうじをいたすということでござりましたけれども, 支持という, 收り, 敏感を, 敵では, 文學へ, 方にまで, 方の, 方は, 旦那御, 早馬も, 時代すなわち, 曽呂利新左衛門であった, 會合打開く, 有つ, 朝食です, 木下藤吉郎でござる, 木遣りの, 来るたび, 来る前, 果てだ, 概念に, 概念へ, 槍が, 槍隊は, 横槍弱かりせ, 歓迎の, 正気の, 歩いて, 民生福祉を, 気には, 気苦労は, 気象を, 江戸滞在中色いろ, 河尻与兵衛, 油屋や, 泊まり客この, 浅野又右衛門長勝な, 浅野様の, 満善車王, 溜に, 溜りが, 激怒おのれの, 為に, 為めの, 熟眠を, 爪の, 爭ふ, 物でござろう, 猛者は, 王これを, 王さすが, 王として, 王アガメムノーン身を, 王ヂュウスの, 王今しも, 王即ち, 王彼に, 王彼らの, 王愕然としてをの, 王明く, 町役どもは, 皆さん諸君, 皆と, 相貌を, 看客に, 眞先き, 真理では, 眼が, 眼と, 眼は, 知覚という, 破滅を, 祖先と, 窮状を, 立てる時, 立て籠る浅沼郡, 端について, 笑いを, 笑い声が, 第一, 筆頭に, 粗相なら, 素あしなまめかしいよい, 素人芝居の, 素振りまでが, 組屋敷だった, 組織で, 組織化が, 組長屋な, 組長屋にも, 結婚前の, 繁忙を, 繋いで, 群は, 義勇に, 翁が, 老将, 者である, 者へ, 耳を, 肩背の, 胸に, 膝節脚の, 膽玉を, 自分と共に, 自負です, 與力に, 芝居の, 芸を, 若党つる, 荒駒に, 落つく, 藝術, 藝術か, 蝟集が, 行列などは, 行動だ, 行装亦, 見せ物に, 見る前, 見張つて, 観念と, 観念は, 言うこと, 言う事, 言ふ, 詩人, 詩情は, 詰めて, 話と, 話に, 話は, 誰の, 論でも, 賄賂番人, 質の, 賭場荒し, 身寄りの, 躯幹は, 輸送は, 返事では, 迷惑は, 逃れ得, 通行は, 遊びと, 遊び場所に, 遊山旅か, 道中かと, 道楽だ, 部屋を, 重松左次兵衛様の, 金で, 鍬や, 長屋に, 長屋住い身分が, 長閑かな, 間にても, 間夫に, 関心に, 隊伍を, 集まりが, 集まるところ, 集りに, 集りの, 雰囲気が, 面々から, 面々とが, 頑是ない, 頭が, 頭で, 頭と, 頭の, 頭を, 頭数が, 顏も, 顏を, 顔見世と, 風が, 食物にさえも, 馬や, 馬を, 鬼気が

▼ 衆~ (467, 9.6%)

7 来て 3 おいでに, お見え, びつくりする, 出て, 多かつ, 多勢で, 押しかけて, 集まって

2 [16件] あつしの, ある, いて, お出, お帰り, これを, それを, 何か, 助けて, 各, 四五人もっとも, 岡っ, 皆んな承知だ, 組織化される, 膽を, 見て

1 [404件] あちこちから, あちらでも, あつた, あつたり, あの人, あの屋敷, あるそう, あるん, あわて, いううわさ, いくらこう必死, いばったり, いますから, いやがる, いるからな, いるん, いる溜り, いろいろ噂, うろついて, おかしな腰付, おしの, おひき留め, おりて, おりは, お使い, お前の, お参詣, お宅, お小遣, お島さん, お店, お救い, お比丘様, お気の, お沙汰, お目付役, お着き, お調べ, お逃, お金を, かたまって, ここには, このほど地主から, このわたし, この通り, こぼして, こもごも彼, これから寝床, これへ, こんなこと, こんなにお, ござるが, さくさく, ささやいて, さながら宇宙, しげしげ出這入りする, しゃがんで, すでに午, そいつば打ちに, そういう, そう見える, そう言っ, そっと, そのよう, その先, それだけの, そんな話, ぞろぞろ起き, たくさんいました, たくさん私の, たくさん立たれ, たわいなく喜び興ずる, ちゃんとそば, つめ身辺, てんで口, とり巻いて, とんだこと, どうせここ, どうならう, どうやら入棺, どのくらい, どんなに膽, なお全市, なされましたんで, はや見えた, ひっきりなしに呼びかける, ふえたらば, まず信長, まず見つけた, またなに, まだ五六人, みないう, みな集まっ, みんな裏口へ, むごたらしい死体, もらうよう, やる, よういたわっ, よう折, よくいう, よくな, よくよくの, よく喰, よく集る, わいわい噪, わしについて, ゐること, ゐるだらう, ガアガア言う, ガラツ八の, ザワザワと, ズラリと, ドスを, ドッと, ホラヨと, マアたいそう, 一と, 一パイそこから, 一人いただ, 一人の, 一切指を, 一応お, 一杯で, 一走りに, 丁度御前, 七人是非にと, 七八人その, 三人ほど, 三名づれでここの, 三四人家の, 三四人池の, 下向すれ, 中, 乾児を, 争いでも, 争って, 二三人, 二三人來て, 二三人居りました, 二人づれ丁稚が, 二人まで, 二人も, 二人三人まいります, 二人二人とも, 云うけれど, 五人見え, 五六人みんなで, 五六人野幇間の, 今熊野, 介抱し, 他所行きの, 代る, 仰し, 住んで, 何が, 何も, 何んで, 何んとか, 何十円とか, 余程たくさん, 來た, 信長の, 傍に, 先です, 先生とは, 克明に, 入って, 入りこんで, 入りましたので, 入口まで, 公事訴訟から, 六尺棒を, 出た, 出入りの, 出向かれまして, 出張致し, 出揃うて, 出来さっせえて, 前垂れかけで, 前景気に, 力づくで, 十三人で, 十人十五人で, 取りに, 口々に, 叫んで, 各一個, 合点の, 同一人, 唄いつ踊りつ, 商賣, 喜んで, 嗅ぎつけるか, 四五人お客さんを, 四人突っ, 回って, 土下座を, 売りに, 変にでも, 多かった, 多く木村庄某, 多勢乗込ん, 多勢乘り込ん, 多勢手傳つてゐる, 多勢打ち, 大きくなった, 大きな聲, 大勢し, 大勢で, 大勢居, 大勢行っ, 大威張り, 大晦日の, 天保銭一枚ずつの, 天狗狩を, 夫, 女郎が, 妄者に, 妙な, 威猛, 嬰児に, 孫策の, 宿舎と, 寄って, 寄り, 寝静まって, 小三さん, 小間物とは, 尾州藩と, 居るだで, 居るだらう繩, 山ア坊主に, 山門を, 峠の, 川へ, 帰って, 帰東の, 平伏して, 平時の, 幾人も, 弓を, 御覧に, 徳川直属時代の, 徹底的に, 忘れたれば, 忘れも, 思って, 怪んで, 悉く毛利方, 悪作劇, 意いの, 意図を, 戌の, 成長する, 手に, 手を, 手傳ひ, 抱いて, 招かれるばかり, 持って, 持つて, 捕手を, 掃除やら, 揃いも, 揶揄って, 改まって, 救えるもん, 散所屋敷, 数十人の, 斉しく, 斎食の, 新しき土地, 明国の, 昔の, 時々畠, 書いて, 有った圧倒性, 本陣に, 束に, 来たぞ, 来られたわけ, 来往する, 枕もとに, 槍を, 武相乱入の, 武蔵を, 歸つて來ない, 気づかずに, 気の, 気前を, 油単を, 泊りがけで, 法莚を, 浮あゆみ, 浮世床で, 淡路島かくれ, 清凉殿の, 無事で帰っ, 爾う, 物持から, 狂犬の, 珍重がっ, 現れては, 生まれ弟, 用いたもの, 町を, 界隈の, 病院へ, 発起し, 百両ぐらい, 皆それを, 皆そんな, 皆んな知つてる, 相計っ, 眠む気を, 知つてゐ, 知つて居る, 秘蔵し, 移住し, 積極的に, 突ん, 突張った, 立ち働いて, 立ち出で, 立ち去ると, 立て混んで, 立女形であった, 立話で, 笑いますよ, 笑い出した, 笑つてる, 組合さは, 総出で, 総立ちと, 罷業すれ, 罷業の, 美しく彩色, 美人を, 群り集っ, 翼の, 聚まっ, 聞けば, 芸者の, 苦々しく取次い, 茶ぶ, 菓子を, 血眼にな, 衆の, 行ったという, 行水の, 要路を, 見えても, 見えました, 見つかるだろう, 見つけまして, 見る魅力, 見付けて, 見張つて, 覚えて, 親切に, 触れて, 言って, 言つてを, 言つて來ました, 評判した, 評定の, 誉めも, 読むの, 調べに, 調子を, 請判を, 請負師で, 赤い胴, 身内や, 辻の, 迎えに, 近郡, 迷って, 迷惑した, 送って, 通せん坊を, 通られまい, 連れて, 酒を, 鍵を, 長文の, 陣を, 集って, 集まつて, 集まり見廻り同心, 革堂に, 音頭を, 順々に, 預って, 頻りと, 額安寺の, 顏を, 飲むと, 馳せつけ, 駒箱を, 騷ぎ出し, 騷ぎ出した, 驚くから, 鮨を

▼ 衆~ (444, 9.1%)

3 一齊に

2 [18件] いずれも, うわさし, おろか承, お組, こんなこと, ただの, もうお, やれやれと, よい女郎衆, よくそこ, 一方に, 何うし, 押し合いへ, 拒まず, 聽き, 若旦那贔屓で, 見て, 追わず

1 [405件] あいかわらず口, あっけに, あの子, あの晩茂野, ありませんよう, あるだらうな, あんなに買う, いいあわせたよう, いくさに, いずれ途中, いったいどこ, いつまでも, いつも今時分此辺, いないの, いなかった, いよいよ増長, いろいろの, いろとり, うめえ, うるさがっ, えらい意気込み, おのおの食に, おろか都からも, お仕置きの, お供の, お前さんの, お奉行さま, お引き取り, お弟子, かえってソクラテス, こうなる, ここぞとばかり, こぞって連署, こっちへ, この三人, この剣戦, この半年, この地, この時烏合, この間も, この際, これから淋し, これぢや, これに, これは, こわもてで, ございませんか, さだめし大勢, さだめて, さながら壁, すぐ落着, すでにみな, ずかずか入り込ん, そこの, その前, その圧倒性, その左側, その平均性, その註文, その間の, その間を, そりゃいっ, それから, それと, それを, ぞろぞろと, たいがいもう, たとえ瀕死, ために, たれも, だれひとり, だれも, ちっとも見えねえ, とまれとまれ, どうした, どうしたい, どうな, どうなさりました, どう取った, どこかで, どこから, どなたも, どんなに肩身, なおお, なにが, なんとお, ねえん, ひいきの, ひとしく驚愕, びつくりする, ふだんから, ほとんど外勤め, ほとんど戦争, ほんの僅か, まあ黙っ, まさしく歌, またも, またもやワーッ, また次, まだまだ心, まだ夜明け前, みなこん夜の, みな怖い, みな留守で, みな称んで, みな立ち払った, みな若い, みな豪酒だ, みな越後の, みな酒気を, みんなかう, みんなこういう, みんなで, みんなよく, みんな引張り合っとるで, みんな残念がっ, みんな立派な, むだを, もうかなり先, もう先刻, もう寄る, もとより家来, もと額田部寺の, もはやかの, ようやく玄関わき, よく私, よく飲む, よると, わざが, わしをも, アルコール分が, インチキ見世物を, ツイ夢中に, ヘク, ヘドモドし, 一人や, 一体どこ, 一切の, 一寸見られ, 一應顏を, 一段下がっ, 一緒に, 一途に, 三味線と, 上野を, 不景気知らずだ, 世間体を, 並の, 二三十人来, 二十七日に, 二十銭で, 二時の, 二階を, 五月に, 交替に, 交際いませぬ, 人間の, 今だに, 今はた, 今更の, 何か, 何の, 何んにも, 何故に, 來り, 例によ, 僕の, 元より, 元来様々の, 先に, 先代の, 光明を, 兎に, 其乞ふ, 其耳傾け, 其言胸に, 内で, 別室で, 前へ, 前夜から, 加持祈祷を, 勇みて, 勝手だ, 勿論の, 北畠大納言殿という, 十人以上だ, 十間程, 半分ほど, 即ち伐木, 即ち地, 厩舍に, 去り兵車, 友好と, 双方いづれ, 合戦と, 同じ門人仲間, 同意の, 呆気に, 囂々と, 四五十人だった, 固唾を, 城外に, 夕の, 多いが, 多くの, 多分父親, 大した不思議, 大に, 大勢で, 大声で, 大概そんな, 大笑いした, 大阪芝居を, 大騒ぎやった, 天を, 天井の, 太都夫丹濃, 女遊びに, 如何に成, 嫁菜や, 嫌が, 子供を, 客を, 宵の, 家へ, 宿屋の, 寄って, 將を, 尾久の, 尾濃, 屋根舟に, 屍體を, 帆檣を, 帰って, 帰ってしも, 常に一つ, 平常から, 平素は, 年頃別而昵近に, 幾人手傳つて下す, 店にも, 弁当代も, 弓張提灯などを, 強力に, 当然新田, 彼らの, 彼等の, 徒党を, 従って, 御上覧田楽, 御存じならん, 思い切ったいたずら, 思い過しを, 急ぎて, 怯れたる, 恐いと, 恐れて, 恥か, 愚か同じ, 慈覚大師が, 所謂多, 手に, 手のひらで, 手中に, 手分けし, 抜けますまいが, 掛け, 掛り合で, 散じて, 散じ去るあと, 散兵, 敬遠せざる, 數多き, 斯く曰, 斯く而, 既に門閥, 日の, 日増しに猛威, 朝寝です, 朝鮮及び, 期せずし, 木の実を, 東京の, 枕を, 梅の, 次の, 歡呼しぬ, 歡喜の, 此方へ, 歸し, 死を, 殆ど散果て, 殆ど皆, 毎日暑, 民衆に対する, 民衆の, 気が, 気前が, 沢山は, 油斷も, 泣きつつ, 泣寝入りと, 清衡の, 渦を, 溜飲を, 滅法可愛, 火は, 火鉢の, 無し何, 無反省, 無論の, 物語, 申すも, 男女を, 番毎膽を, 百両ばかりの, 皆ここに, 皆これを, 皆どこか, 皆わらっ, 皆んなどこに, 皆んな膽を, 皆一同に, 皆二本の, 皆目の, 皆知つて居る, 皆笑った, 皆貧乏だ, 皆首に, 眺めて, 碇泊の, 社域の, 祈祷を, 私が, 私どもに, 稼業違いの, 空しくいた, 空を, 立ちか, 立つ足, 立派だ, 紅梅を, 素槍の, 組合と, 組織化される, 組織化されれ, 継針や, 総じて酒量, 総計五十二人うち女子八人のみ, 續, 群れり, 耶路撒冷まで, 肝腎の, 脚速き, 自らおのれを, 自分の, 自身の, 船べりの, 良民に, 苦めり, 苦手だ, 茫然愕かむ, 西瓜どう, 見えなかった, 見物する, 親切だった, 言って, 言つたらう, 詩の, 説く, 誰も, 誰一人として, 貴下めったに, 貴下方, 足を, 足許が, 路地を, 身分ある, 追いついて, 進みて, 道中筋の, 遠慮が, 遠慮し, 都を, 都城と, 里に, 長く身, 門の, 門開く, 隊列を, 頻りに働いた, 額を, 顔を, 風に, 飛んでも, 食べ飽きて, 飽く迄退かず, 馥郁と, 駕籠で, 驚けり, 骨に, 高らかに, 鵜の, 黒船陸上に, 黙って

▼ 衆~ (435, 8.9%)

18 向ひ 7 先んじて 6 すぐれて 4 任せて, 曰ふ 3 命じて, 囲まれて, 宣んし曰, 示して, 見せて, 頼んで

2 [21件] うしろを, お渡し, きいて, しては, すぐれた人, まじって, むかって, 先じ, 初音ま, 及ぼし, 叫び曰, 告げて, 守られて, 容れられないからと, 慇懃の, 押されて, 案内し, 笑はれ, 身を, 預けて, 顏を

1 [336件] あげて, あずけ信玄, あてた証文, ありと, あんな具合, あんまり言いがかり, いいつけて, いいもの, いい残し, いじめられて, いふ, うかがえば, おくるるな, おだてられて, おちかづきはござりませぬ, お尋ねなすっ, お手ほどき, お持たせなされた, お稽古, お聴かせ申す, お訊き下さっ, お訊き下さつ, お詫, お話が, お頼みし, かかっては, かこまれて, きっと好かれる, きまって, こちらの, このこと, この次第, ごついこと, さから, さきがけして, さよう, しちゃ, して, してやったの, すぎない, すぎぬこと, すぐれこの, すぐれし者, すぐれた偉人, すぐれた旦那, すぐれた若者, すぐれた非凡, すぐれ三, すぐれ兄たち, すぐれ突進, すぐれ見るからに, するつもり, する前, そむいて, それが, それぞれ鉄扇を, それを, たたきのめされたあげく, たのまれごと, ちょっと声, ついだまされ, つれられて, どんな不注意, なくな, なったの, なったよ, ならない前, ならねば, なりすまして, なり切ること, なるだろうよ, なると, なる気, ぬきんずレモゼス, ぬきんでられたの, ぬきんでること, のぞむが, はやく晴々, ひとりぜひ用, ひやかされて, ぶつかって, まかせ僕等, まねかれまして, まもられかねて, みせました, もう少しずつ, もれぬザル組, ゃわからねえ今のは, よくよくお, わしは, アイアース・テラモニデース陳じ, タテえ, バクチを, ヤンヤと, 一と, 一筆す, 下して, 不審のかどが, 与えた, 与えた取り替え証文, 乳でも, 云ふ, 交じって, 交って, 交つてね, 交つて四方を, 人中で, 人死怪我人でも, 人気の, 代って, 代つて議員, 仰向けに, 会い私, 似て, 侑めた, 優りき優る者生み, 優りて, 優るべき神, 優れしアルカト, 優れたならば, 優れた功名, 優れる席順, 充たなかった, 先だちて, 先だつて, 先つて, 先を, 先んじ天地神明, 先立ちて, 先立ち草創, 入れられなかったか, 兵法を, 処世の, 出て, 出会えば, 出会って, 列る, 加えおく物好き, 加えられその, 加勢し, 助けられて, 勝たせたいと, 勝てないもの, 勝れ河馬, 勧む, 勧めて, 厄介を, 参加した, 又特に, 及ぼす, 反抗う, 取りかこまれ, 取り持って, 取巻かれ少なくとも, 可愛がられて, 叱られましょうお, 同心衆はは, 吐鳴る, 向かって, 向って, 向つて, 君臨する, 告げたは, 告げたり, 和し, 哀悼の, 問いかけた, 問い自己, 喧嘩売る, 嘲わ, 因縁を, 囲まれては, 土地の, 埒が, 報告した, 場銭さらいに, 婚礼わせたい, 媚びざるの, 媚びず孤独, 媚びるため, 媚びる必要, 嫌はれる, 嬲られて, 守られた冷泉華子, 守られながら, 安価な, 対抗し, 尊ばる, 尋ねられて, 對し, 對つて丹濃, 小唄舞など, 帰って, 店は, 廻状いたし, 引き渡すから, 引取つて貰ひ, 引合せて, 引渡した平次, 弾圧を, 思はしき袖の下, 思わせるの, 思わるれば, 思われて, 怪しげな, 怪しまれるぞよ, 恭敬せられ, 惨劇の, 愛せら, 憎まれて, 應待し, 手傅はせ, 手貸しを, 抗し為す可, 披露し, 抱えられたと, 抱えられて, 押しもどされて, 抽き, 抽んず, 抽んでて, 担がせいくら, 拍手の, 拾われかけたり, 挨拶も, 捕まって, 推されて, 敵し得たとか, 敵せず, 断わったと, 斯う, 於て, 施した, 施すと, 旦那と, 昨夜高木勇名の, 昵んだ, 普告す, 曝したの, 服從を, 東寺の, 棕櫚縄を, 楯突こうとは, 歌沢を, 歓迎せられる, 歡迎される, 此の, 比して, 比べて, 比べましては, 氣を, 注目され, 浜松からは, 災を, 用心された, 発見され, 皆な上げ, 相談が, 相談し, 相談を, 知らるる目標, 知れちゃあ, 知れて, 知れること, 示され接収役, 示した, 示すべくわざと, 示すもの, 示そうため, 秀でた天才, 秀でた男, 秀でて, 秀で剣, 等しく頒たん, 納得させる, 縄を, 縛らせて, 繩を, 聞えるから, 聴かせん, 背いて, 至るまで, 興行し, 船に, 花を, 若旦那と, 苦も, 茶の, 裏書されました, 見せたかったな, 見せたかつたな, 見せにゃ, 見切りを, 見張られて, 見物を, 言ひ付け, 言ふ, 訊いたん, 訊いて, 訊きました, 訊ねたこと, 訴え出る, 訴へる, 話して, 話せば, 誇った, 説き復古, 説を, 説明を, 諮るの, 謀つて善く, 謁を, 謁見是れ, 謝ろうと, 豪語し, 負けぬよう, 貰ったやら, 超えて, 超え早くから, 超ゆるある, 踰え, 追いつかにゃ, 送り出されて, 逆ひ, 逢つて三圍前の, 違ひない, 遠慮し, 遺して, 酌ましめぬ, 限ったこと, 限りますとさ, 陳じ, 頼まれるから, 頼ろうと, 顔の, 馬鹿に

▼ 衆~ (322, 6.6%)

6 恃んで 5 たのんで 4 ひきいて, 相手に, 離れて 3 率いて, 聚めて, 超えて, 頼んで

2 [11件] おかわいがり, こえて, 勵す, 始めと, 捨てて, 擁して, 片輪, 率ゐる, 自分の, 起して, 顧みて

1 [265件] あずかる先生, あっと, あつめ, あつめる人材登用, いましめた話, おおぜ, お世話しよ, お二人, お叱りであった, お呼びに, お泊めいたしまし, お泊め願いたい, お虐め, お遠ざけ下さいますれ, かう称, かきわけて, かたっぱしお, かたらって, きりはらいながら, こうまで, この街道, これから片っ端, ご所望, して, しのいで, すつかり集めちやつて, ただの, たのみ, たのんだ形, つれたのみ, つれて, つれられて, でも御, どうする, なぐったり, ねめつけた, はじめ僧侶などの, もって, もっと大事, よろこばせた, カモに, ヂュウスの, ポカリと, 一つに, 一人の, 三四人貸し, 乗せて, 乱した事歴史, 乱せし事歴史, 五六人抱え, 亡ぼし華麗, 会へて, 何故に, 併せて, 使って, 侮り道, 促し進ましめ凄き, 兼ね兵, 凌ぎて, 刃物三昧し, 刺殺して, 助けよう, 励まされるやら, 励まして, 励まし東昌, 勤めた大, 勤めて, 勵まし, 化し百人, 化し群, 化する, 十人以上も, 協せし, 召還せられん, 呼ぶん, 呼ぶ清助, 呼べ, 呼べ蜈蚣衆, 呼んで, 和するも, 問題と, 啓蒙し, 喝采する, 嚇すこと, 嚇せば, 圧し老練, 変装させ, 夕陽の, 夢心地に, 大きく支配, 大勢引連れ, 大奥へ, 大衆にまで, 失へり, 失へる, 始め各, 始め蜂須賀, 威す, 対手と, 対象と, 導いて, 帥ゐる, 幾名も, 引きこんでも, 引き連れて, 引き連れ警察署, 引廻し, 待って, 後え, 得たやう, 御前に, 御家人と, 思い浮べねば, 急いで, 恃み, 恃むとどうして, 恃む卑怯な, 恃む小, 惑わして, 惑乱し, 想像せし, 意味する, 愕かす, 愛するが, 愛すること, 感動させた, 憚らず, 手一杯に, 打ちすえたか, 抑ゆる, 抜いて, 抜ん, 抽象し出す, 拝見いたします, 持し, 指圖し, 振り切って, 捕えに, 捕ふる, 排して, 描き出して, 撃たんと, 撃たんといった, 救おう, 救はむ, 教化しよう, 教育する, 散じて, 数うる, 整えて, 敵と, 明るくする, 智に, 有したの, 案内した, 楽う, 構成する, 次々に, 欲しがる, 欺瞞せん, 歩かせるのに, 殺したとは, 殺しても, 殺す気, 殺せば, 殺そうと, 治むるアトリュウス, 焚きつけようとして, 狩りあつめて, 率いる器, 率い其方造庭境, 率い同じく, 率い海, 率い現, 率い返討ちに, 率き, 率ゐ, 町役人と, 留れば, 皆んな虫持に, 皆んな蟲持に, 皆んな集め, 皆んな集める, 皆襲ふ, 眞向に, 眺めましたが, 眼下に, 睥睨し, 知っては, 破るが, 破るには, 破る事, 私に, 立たせて, 笑わすること, 笑わせた, 笑わせる, 笑わせるほど, 籠絡し, 糾合し, 組んで, 組織化する, 統ぶ, 縁と, 置き文治三年正月十五日, 羽織組というに対して, 聚め更に, 聚め自身の, 脅かすん, 脇に, 自らの, 船から, 苦も, 見たり, 見ても, 見まわして, 見ると, 見廻しました, 見返して, 見返つて, 見送った, 観想的に, 解き散じおの, 解き散じ食傳, 討ち彼, 討つべしと, 訪ねた, 評議の, 語らって, 諸隊, 警めよ, 護り祈れば, 護持し, 負ぶで, 起し二番鳥, 跪伏させ, 辞し菴, 追ちらし, 追ひ, 退かせると, 逐ひ進む, 連れて, 遙, 遺し仕掛けた塾, 避けるという, 随えず, 集めた様, 集めて, 集める合図, 集める鐘, 集め天狗俳諧, 集め戦い, 集議に, 面喰は, 面白がらせ, 領し, 領する富神毘沙門, 領する者, 頼みに, 頼んだオンコッコ軍, 驚かし俗, 驚かし敬われたる, 驚かせました, 鼓舞し, 龍の

▼ 衆~ (198, 4.1%)

19 一緒に 6 いえば 4 いって, 同じよう 2 あるの, いわれて, 何処かで, 共に楽しむ, 来た日

1 [155件] あれば, いいまたは, いいみな, いいわし, いい下層民, いい踊子, いうと, いうならば, いうより, いえ人, いっしょに, いっても, いつかござった, いつしよ, いふに, いへば, いましけれ, いわるる安藤伊賀守, いわれた士たち, いわれた幕府, いわれた稲葉山, いわれた者, いわれる内海孫兵衛, おめ, お手合せ, お相撲, お見受けいたします, お見受け申しまする, かれつき, くっついてるの, ことごとに, これに, ごいっしょ, してでも, しますれば, それに堀江家, そんな事, たびたび来た, だらいつ, だらおら, だらすすんで, ちがい自分, ちがうか, なじみが, なす, なったが, なって, なり之, なり目付, なること, なんの, ひとつに, みえるね, よばれて, よばれる枢機, よび柳生家, わかる巻き羽織, ギルド的な, 一しょに, 一つ座敷で, 一座し, 一緒だったら, 一緒な, 一致し, 下つ, 二人きりで, 云いそれ, 云うから, 云うの, 云う大騒ぎ, 云ったよう, 云ふ, 交わりも, 京都からの, 人民とは, 伝馬牢の, 何やらひそひそと, 供の, 倶に, 全く同じ, 共にあやしみ, 化して, 同じからず, 同じく往き観, 同じ年頃, 同じ見地, 同体では, 同様で, 同様に, 同視せられ, 呼ばれた中, 呼ばれる人, 呼んだと, 呼んだり, 呼んで, 唱え里見, 嘉門様とは, 国土に, 大山樣へ, 寂楽寺との, 尊称され, 嵐山の, 差しで, 御一緒, 御番衆, 戦いに, 打揃う, 挨拶し, 旅に, 昔染吉の, 来たら問屋, 楽壇的騒人とを, 横輪勢と, 申しましても, 町役人と, 異なるは, 相談しねえじ, 称え三家, 称された貴族, 称して, 称し能登屋臙脂屋, 種々相談, 稱する, 立てられるよう, 立合わねば, 立話し, 笑いながら, 笑って, 結べりと, 縁を, 罵って, 聞くからに, 薬師寺と, 見えまして, 親類と, 言い添える, 言った, 言ふ, 言ふも, 言へば, 認めて, 警衛諸, 議せよ, 近づきに, 通夜の, 遊んで, 遍路に, 違て, 雑談なども, 顏馴染が, 顔馴染みに, 飲みに, 馬を, 高野衆とは, 鴎硯と

▼ 衆~ (177, 3.6%)

3 それを 2 ありましたが, 三四人薄暗い, 多かろう, 心配し, 桑を, 遠慮し

1 [162件] あった, あったという, あったも, あらまし討ち取り, ありお, あり唐手使, あり大広間, ある, あるお方, あるが, あること, あるしな, あるとやら, ある下向, あれば, いうまい, いなくなって, いるが, いろいろと, いろいろわけ, おいで, おそくなります, おり子息たち, おる, お借り受け申し, お寄り, お小姓, お立ち迎えいたす, きっとあの世, きまりで, くたぶれたと, ことごとく徳川勢, このまま, これと, これを, ごく限られた, ございますし, すつかり, すべてお, ずっと逗留, そういったこと, その火, その頃, それにて, それには, たいがいは, たくさんつい, たくさん見え, たびたび出這入りする, たんとい, つこてか, なく心細くも, ひとしく王子, ひとり残らず, また同じ, また棟梁ども, みなお, みなすばらしい, みな騎と, みんなこの, みんな勝手に, やがて中津川泊まり, やっきと, わたくし共を, コクリコクリと, ヤレコレ云っ, 一なり, 事と, 二人ば, 二人一所に, 五六人いた, 人間の, 仕事を, 何が, 來て, 侍たちも, 僧も, 出張し, 出這入り名主, 口ほども, 叫喚物すごく, 合点せず, 嘸多い, 四五人来, 四角几帳面, 土地に, 多いそう, 多い事, 多く出, 大あわて, 大勢来, 太都夫も, 子供たちも, 学校の, 宜しいと, 寡も, 居ること, 巌流の, 平次といふ, 弁信は, 引き揚げて, 従くん, 御一緒, 御存じです, 御親類, 御面倒, 心得たもの, 思い思いに, 思はずほろり, 性急で, 悉く承知, 手ぬるいこと, 放って, 数多くあっ, 数多ながら, 曳く鳴子, 有る事, 木曾殿と, 板挾み, 業を, 楽じゃ, 横輪勢も, 此の, 毎晩の, 気の毒に, 泊りやす, 甲府衆も, 申します, 申候は, 皆, 皆な帰った, 皆んな見, 眞人間としては, 知って, 確と, 祟りを, 私にだけは, 笑ふで, 結局一人に, 老幼も, 脅えたもの, 自分の, 色々と, 苛く云われる, 褒めて, 親切に, 親類方も, 言って, 言ひます, 評判で, 詰合わせ, 負けず劣らずそう, 近寄れなかつた爲, 近所の, 道を, 遠くに, 附添う, 集まって, 難儀する, 顏を, 飽いて, 驚き騒給ふらんとぞ

▼ 衆~ (87, 1.8%)

6 親類の 4 親類方が 2 公卿衆の, 学校何年や, 畑から

1 [71件] お使, お出入り, お屋敷方, が翕然, なんども, わたくしどもまでも, わたくしどもまでを, モッブでは, 一族の, 下役などの, 下男衆, 下部らや, 乾児非常を, 今朝や, 会社の, 伝馬役人と, 何か, 何かが, 作事与力の, 侍たちも, 召仕にも, 台所方の, 同心に, 土地の, 大金持, 女中達じゃ, 娼妓が, 小姓や, 小幡上総守松本兵部すなわち, 少しの, 帳前という, 幸若, 店から, 往來の, 後家ばかりの, 御大家, 接待役に, 旗本衆, 旗本衆で, 旗本衆や, 旦那衆お, 旧御伝馬役, 朝に, 朝比奈駿河守岡部丹波守すなわち, 椎名四方介同姓甚左衛門すなわち, 橋番所の, 武田家出身の, 武者所の, 毛利家の, 水茶屋の, 永井豊後守小幡三河守すなわち, 淫賣娘みたいな, 町の, 禿たちに, 秀忠の, 群衆によって, 義父の, 芸者衆の, 親方たちの, 親類だけ, 親類達の, 親類達は, 親類達へ, 身寄りが, 遊び友達は, 遍路の, 重臣を, 金沢の, 間宮武兵衛伊丹大隅守海賊係の, 雜司ヶ谷詣り, 馬匹荷駄などを

▼ 衆~ (52, 1.1%)

2 何やら取留め, 何んで, 唐花屋へ

1 [46件] あつた, ありうるに, ありそう, いらっしゃいます, おざる, お在すか, ござりまし, ござりました, ござります, ござりますだ, ござりまする, ごぜえます, すでに桶狭間, その男, でも, なまだ, なんら有力, ひどい怪我, ラチを, 上州屋莊左衞門が, 仔細ない, 何と子分, 充満で, 全くこの, 内福の, 分らねえ, 助かったに, 名の, 家の, 寺方の, 小石川の, 小禄でも, 幕府の, 引取り人の, 当時の, 懺悔物語を, 檢屍が, 江戸表に, 浅草へでも, 私どもは, 立てられて, 自警隊を, 間に, 顏を, 顔を, 馬場美濃守内藤修理正山県三郎兵衛高坂弾正小山田弥三郎甘利三衛尉栗原左兵衛今福浄閑土屋右衛門尉秋山伯耆守原隼人佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち

▼ 衆~ (51, 1.0%)

4 の中 3 かくて, を勵 2

1 [39件] に令, に準備, の上, の亡ぶ, の勇み, の意, の擧ぐる鯨波, の篝, の隊伍, は, はいよ, はわれ, は同じ, は城壁, は容易く, は彼, は死屍, は皆寂然, は群がり, は船首, は默然, ひとしく勵, ひとしく歡呼, ひとしく聲收め, やがて速, を我, を擧ぐること, を整, を激勵, を無花果樹, を試め, を警, を起たしめ, 亡び去る, 即ち引き返しアカイア軍, 祈るま, 聞きて, 親しく之, 追攘

▼ 衆から~ (46, 0.9%)

2 では, 聞いて

1 [42件] いじめられないと, いわすれば, お刀, お湯漬, これを, して, どんなお, わしの, ジプシイが, 一と, 一の, 信玄へ, 出た, 出入りの, 加勢を, 同情され, 名古屋臭い, 声が, 嫌がられて, 御覧に, 手を, 抽象的なる, 揶揄はれ, 揶揄われ, 柳営諸所の, 特にご用, 端々の, 笑はれる, 老臣へ, 聞いた引帯, 職人たち下女下男数十人を, 見りゃここら, 言われてもなあ, 貰ふとき, 銃隊弓隊また, 長崎や, 閣老へ, 離れた遠い, 預かった財宝, 頼まれた手紙, 顏を, 鳴物の

▼ 衆~ (42, 0.9%)

1 [42件] あのお, お通, お頒, くれっちまうぞ, げらげら笑い, この急変, ご登庸, さらすに, たいして, つぶやかれたそう, むかい, やるの, わずかながらでも, ツて, 上げるお, 五目めしを, 伝えた, 勇気と, 勤めること, 奉公人を, 威を, 寄場へ, 少しお, 幾分か, 御礼の, 御色代, 手を, 柳生家の, 洒落冗談を, 物申すッ, 申しわたし, 眼を, 知らすこと, 知らせよう, 菓子五十銭分, 触状が, 訊いて, 豊樂の, 通じ云々, 通達しない, 運動も, 頼んで

▼ 衆~ (38, 0.8%)

2 が一斉, を供養

1 [34件] がこれから, がみな, がみな午飯, が曹洞最大, が朱色, が諸声, が長老, とともに泣いた, となっ, と信玄幕下, と審議, と碩學, と約し, に仰がれ依らるる, に授, に用意, の, の多く, の振鈴, の真っ先, は多く, は打たれる, は棺, は皆涙, も暗中, も海, も知らず, も饑, をあつめ, をののしっ, をまねい, を従え, を請, 稚子

▼ 衆理想~ (33, 0.7%)

8 皆是 3 を沒却 2 の沒却, の象, は同時に, 皆是皆

1 [14件] とは何ぞ, と共に非, に對, に附, の一, の中, の全, の奴, の敵, の本, は即ち, は皆, は皆是, は言

▼ 衆にも~ (30, 0.6%)

3 あんなの

1 [27件] あわず先代, いただかせたく存じます, えろう噪, おさらばおさらば, せよ其の, まことに當, よくそういっ, わからぬごとく諸君ら現代人, 似合わざる無道, 働かせたが, 兄弟ぶんの, 別れを, 勝れり, 可愛がられて, 向くもの, 嫉まれずそれ, 手伝うて, 手傳つて貰つて此處へ, 猫を, 申し告げすぐ, 疎遠に, 科は, 見せて, 計りお, 集まって, 頒け, 頼りに

▼ 衆~ (26, 0.5%)

32 な, よ

1 [19件] えおめ, お館, からあて, からハイカラ, から気儘いっぱい, つたのです, つて賀奈女の, とあっ, ということ, という所, と大きい, と存じました, と思えました, と思っ, と言いました, なよし, のっていう, のに二言目, もんです

▼ 衆まで~ (26, 0.5%)

2 集って

1 [24件] がっかりした, はや夕餉, ひと目に, 一々二の腕, 一緒に, 三条西家に, 仰せ置かれる, 伺い出た, 何とか殿様, 入れると, 取次ぎを, 喰う物, 夜の, 差出して, 引き連れて, 御当家, 棒キレなど, 殆ん, 泉田筑後の, 申し上げて, 申し出て, 私を, 逐わしめん, 連れての

▼ 衆には~ (25, 0.5%)

1 [25件] いって, お気の毒, かなわんわ, ただ遊, どうも異, めいめい子供が, わかるまいて, 不利, 何とでも, 供待ち部屋で, 出會, 尊氏方あり, 工合よう言う, 御厄介, 怖れなかった, 悪いけん, 悪さ, 法皇を, 流行である, 用事が, 耳が, 苦情は, 見えずた, 親爺の, 負ける

▼ 衆たち~ (23, 0.5%)

1 [23件] がうたう, がやって来た, が修行, が大, である, でも御, どうぞ, にもよろしく, に挙動, に暖, の催し, の反感, の間, の面罵, はお, は一, は彼, は思わず, は持場持場, もあわただしく, も持てあまし, も杉戸, も聞い

▼ 衆~ (23, 0.5%)

2 の中, をあつめ

1 [19件] が立ち迎える, とともに彼, と巧言令色, と衆民, のあいだ, のひとしく, の動揺, の心理, の悲腸, の無礼, の畏伏, はみな, もい, もいず, もみな光秀, も二の句, も恥じ, を尻目, 皆孝孺

▼ 衆という~ (21, 0.4%)

5 のは

1 [16件] お大尽, のが, のも, もので, ものの, ものは, ものらしい, ような, 一種の, 位置また, 概念は, 機関の, 組の, 者を, 観念を, 類概念へ

▼ 衆~ (21, 0.4%)

2 を擁し

1 [19件] が和楽, によろこばれます, に由り, に附与, のあいだ, のよろこび, の令, の信頼, の共感, の市, の心, の思想, の見る, の進歩, も悉く, を煽動, を率, を籠絡, 貴軍

▼ 衆では~ (17, 0.3%)

2 ない

1 [15件] あり得ないこと, お在さぬ, ござらぬ, ないかと, ないかも, ないはず, ない達人, なくて, なく番頭, もし見つかった, 下級の, 埒が, 深溝の, 益田長盛様石田様さえ, 納まりが

▼ 衆でも~ (17, 0.3%)

1 [17件] お使い, お願, お願いし, この近く, ございますから, だれでも, ないか, なかった, なく老いさらぼう, よく舟底, 下駄履きで, 二三人御, 六百人の, 呼びましょうか, 咥え, 招んで, 誰でも

▼ 衆~ (17, 0.3%)

2

1 [15件] から使役, にはこの, に勇武, に曰, に烏天狗様, に立ち, に立った, に迦那提婆, を仏, 実濫, 最も若し, 最も醜, 特に拔, 立ちて, 迄宜

▼ 衆と共に~ (15, 0.3%)

2 するという

1 [13件] する文芸, 仕事を, 八王子の, 励み楽しむ, 厳重に, 喫し酒, 快楽を, 房総海岸の, 般若野で, 良人と共に, 苦しみ衆と, 門口に, 飮んだ

▼ 衆~ (15, 0.3%)

2 も亦, を送迎

1 [11件] からは様々, と殆ど, に妥協, に諛びることなき真面目, のむやみ, の意嚮, の目, の辟易, をはなれし, を受附, を抽んで

▼ 衆とは~ (14, 0.3%)

1 [14件] かたく結び, たえず小, また別, むかしから, 大きに考量, 少数に対する, 心安うするで, 心易い, 普通対等の, 無論一つ, 特別な, 異風を, 自分にとっては, 見えんよう

▼ 衆~ (14, 0.3%)

2 かれを

1 [12件] が自分, が這入っ, と云う, のため, は唯, 叫びて, 心服し, 拍手喝采し, 斯くいひゐ, 聲を, 腹を, 驚きて

▼ 衆~ (13, 0.3%)

1 [13件] ほき祭街, まち兼ねだ, 入りなされ, 出向きの, 宿坊の, 小姓たち四五十名としか, 庭へ, 役人出仕, 控えなされい, 楫, 義理だけに, 聞き及び通りご覧, 静かに

▼ 衆とも~ (12, 0.2%)

1 [12件] いふ者の, お見う, に下, よばれて, ろともに, 相談の, 見えずまして, 見えませんが, 見受けられぬ以前, 計らって, 青鷺衆とも, 非人とも

▼ 衆~ (12, 0.2%)

2 とは其人民永世不朽 1 が一六三八年, とか或は, に渡り, のため, のオレゴン州コロンビア河口, の大, の大統領, の汽船會社支店, 亦敏速, 亦濫任

▼ 衆~ (11, 0.2%)

2 の, の中 1 が己, の光照り出, の北斗, の羅, をまき散しぬ, 仰ぎ見て, 進み行き夜

▼ 衆概念~ (11, 0.2%)

2 の自己矛盾 1 に於ける, のかの, の形式論的, の矛盾, はそれ, はそれ自身, はもはや, は恰も, を以て大衆

▼ 衆~ (10, 0.2%)

1 に与へられたる, に縦覧, のこれ, の公益, の力, の向かう, の娯楽, の拝観, の景慕, の為

▼ 衆~ (9, 0.2%)

2 諸侯を 1 の人, 味方少く, 四方に, 容れず, 尋いで往き, 我寡し, 過半は

▼ 衆これ~ (9, 0.2%)

1 あ又, あ悪魔ぢ, だけ大きな, でお前ら, に和し, は拙者, ほど船頭, を見ば, を魔

▼ 衆ばかり~ (9, 0.2%)

2 でできて 1 あつて仕合せ, だったでねえか, で, でございますから, 何を, 珍らしゅう, 番台が

▼ 衆~ (9, 0.2%)

3 をし 1 にはげに, にも差等, の旗皷, は寡, を容れ, を排せ

▼ 衆~ (9, 0.2%)

1 ってどこ, に地所付き, に地面, のあたり, の岩波様, の方, の殿様, へ引っ越し, へ来

▼ 衆~ (9, 0.2%)

31 に乞うた, に命じ, の書記, ひとしく之, ひとしく外, を讚美

▼ 衆からも~ (8, 0.2%)

1 いろ, いろいろ諫言, おそれられたが, さすがは, 別に一通, 固く云われ, 聞いたり, 聞いて

▼ 衆その~ (8, 0.2%)

1 ほか参賀の, ほか徳川家の, 堂に, 天狗に, 牲を, 狐に, 聲の, 頭領の

▼ 衆として~ (8, 0.2%)

1 おとも, これが, その席, 名を, 大坂表へ, 納まりお客好き, 譜代職に, 釈尊は

▼ 衆など~ (8, 0.2%)

1 いう類みな護法善神, いずれも, いはれたので, なら知るまいと, 生活難から, 総勢三十余人二重の, 總勢三十餘人二重の, 部門を

▼ 衆なら~ (8, 0.2%)

1 このおも, ちょうどさいわい当人, ばお座敷, ばわけ, ば残らず, 今でも, 静に, 風が

▼ 衆らしい~ (8, 0.2%)

2 のが 1 があの, が佐々木小次郎, ね, や, 女達も, 物静かな

▼ 衆~ (8, 0.2%)

1 使者番御, 出発の, 勝手ご用達十人衆等々という, 同朋衆御, 小姓衆御しょう, 茶堂衆に, 親類の, 譜代家老先方衆大将衆御曹司様奉行衆どんなに

▼ 衆~ (7, 0.1%)

1 エ, 上方訛りは, 何んかを, 思い上った, 物賣り, 知らんが, 金持ちか

▼ 衆である~ (7, 0.1%)

1 かどう, がしかし, ことの, という量的規定, ばかりでなく, 限り大抵, 高品さんから

▼ 衆などは~ (7, 0.1%)

1 ここを, この奈良井屋, もうたまらなくっ, 余程考え, 先ず詮索, 先づ詮索する, 火事でも

▼ 衆なる~ (7, 0.1%)

1 ぞ, ものだ, ものの, ものは, ものを, 名の, 寺社

▼ 衆にまで~ (7, 0.1%)

1 それぞれ扇子なぞを, 変化する, 御奉行, 申し上げて, 申し入れまする, 組織されね, 訊ねましたが

▼ 衆よりも~ (7, 0.1%)

2 今まで, 子分衆よりも 1 むしろそれ, わたしの, 控え目に

▼ 衆~ (7, 0.1%)

1 こぞりて, すでに失, も, を名, を種族家族, を起たしめ, 引きつれて

▼ 衆です~ (6, 0.1%)

1 かい, かへツ, から撃っ, ね, よ, よ不可

▼ 衆とか~ (6, 0.1%)

1 いわれ始めた頃, で素性, 云は, 云われ居る指折, 愚衆とか, 鉄砲組とか

▼ 衆とが~ (6, 0.1%)

1 しみじみ話す, どんな塩梅, 一しょでございました, 力を, 河岸の, 隙を

▼ 衆までが~ (6, 0.1%)

1 その隊形, 先立って, 口唇を, 柴田がたと, 自ら身を, 血眼に

▼ 衆みなこれ~ (6, 0.1%)

1 に同ずる, に応じ, に應, を察, を察す, を賛

▼ 衆戲曲家~ (6, 0.1%)

3 の作 1 には終身一篇, に殊, は到底

▼ 衆~ (6, 0.1%)

1 が時世, なぞの当時, などの通行, に仰せられる, に対して幕府, の咄

▼ 衆~ (6, 0.1%)

2 でございますよ 1 だ, といっ, の鴫丸様, 泊るならこっち

▼ 衆~ (6, 0.1%)

2 であるという 1 であるけれども, でなくむしろ, なアンチーム, 乃至モッブ的残滓

▼ 衆~ (6, 0.1%)

1 がこの, だつて, に囲まれ, は村, を率い, 行くと

▼ 衆~ (6, 0.1%)

1 と交, に威力, の威力, は曉, を殺さし, 之れ

▼ 衆であろう~ (5, 0.1%)

1 がその, が無産者, が試合, といずれ, と明智衆

▼ 衆といふ~ (5, 0.1%)

2 ものは 1 兎も, 名の, 大範圍

▼ 衆などの~ (5, 0.1%)

1 前へ, 影の, 歴々の, 間には, 顔ぶれも

▼ 衆への~ (5, 0.1%)

1 ものであった, 威圧であった, 御土産一銭, 挨拶で, 示威とも

▼ 衆一同~ (5, 0.1%)

1 から話題, として一通, の言い分, の談合, ほぼ意見

▼ 衆~ (5, 0.1%)

1 には勝てない, により申しわたす, に問うた, の下, をいい渡され

▼ 衆~ (5, 0.1%)

1 の向う, は一つ, を収攬, を感動, を收攬

▼ 衆~ (5, 0.1%)

2 にはいる 1 と接触, りて, を避ける

▼ 衆~ (5, 0.1%)

1 で氷見町, によれ, はそこ, を, を取りまとめた

▼ 衆くし~ (4, 0.1%)

1 て将, て廳, て彼寡, て我寡

▼ 衆この~ (4, 0.1%)

1 へんに, 中にも, 山には, 穴の

▼ 衆さん~ (4, 0.1%)

1 から聞き出した, がそう, の前, の勘定

▼ 衆じゃ~ (4, 0.1%)

1 ありませんか, あるめ, 年寄一人だ, 見世物衆じゃ

▼ 衆~ (4, 0.1%)

1 やあるまい, やな, やない, やなく

▼ 衆でございます~ (4, 0.1%)

21 が, し

▼ 衆との~ (4, 0.1%)

1 あいだの, 争いに, 仲は, 果し合いが

▼ 衆などが~ (4, 0.1%)

1 きてね, ここへ, 交代で, 立て込んで

▼ 衆にでも~ (4, 0.1%)

1 そっと儀八, まかして, 云いつけて, 云ったと

▼ 衆をも~ (4, 0.1%)

1 事の, 同じほど, 引き具して, 賜はずて

▼ 衆一千二百五十人~ (4, 0.1%)

4 及び許多

▼ 衆一齊~ (4, 0.1%)

2 に歡呼 1 に之, に承け入れよ

▼ 衆両院~ (4, 0.1%)

2 へ提出 1 の議員, を通過

▼ 衆~ (4, 0.1%)

1 が目撃, に披露, は中川, を呼ぶ

▼ 衆弟子~ (4, 0.1%)

1 その遺書, に授け, の出家, を越え

▼ 衆理想皆~ (4, 0.1%)

4 非なり

▼ 衆~ (4, 0.1%)

1 の勝地, をば垣間見, を一堂, を見

▼ 衆~ (4, 0.1%)

1 の大海, を去っ, を受け, を解

▼ 衆~ (3, 0.1%)

1 に至った, を患, 釣師見物人の

▼ 衆けれ~ (3, 0.1%)

3 ば彼

▼ 衆でさえ~ (3, 0.1%)

1 三田の, 住めないもの, 真似の

▼ 衆とて~ (3, 0.1%)

1 さみしく手, 此処にての, 此處にての

▼ 衆なども~ (3, 0.1%)

1 たくさんに, 共に手, 狼狽を

▼ 衆ばかりが~ (3, 0.1%)

1 住んで, 寄り集まって, 悪いわけ

▼ 衆へと~ (3, 0.1%)

1 いうて, そのまた, 云て

▼ 衆へも~ (3, 0.1%)

1 告げずに, 手先にて, 言って

▼ 衆~ (3, 0.1%)

1 議院で, 議院も, 議院議長官舎へ

▼ 衆~ (3, 0.1%)

1 から一大事, を好, を悪

▼ 衆~ (3, 0.1%)

1 あご覧, は御存じ, は愉快

▼ 衆~ (3, 0.1%)

1 に, に披露, に認め

▼ 衆~ (3, 0.1%)

1 に命下し水師, はアカイア, を誰

▼ 衆~ (3, 0.1%)

1 に外, を主張, を悲しん

▼ 衆~ (3, 0.1%)

1 も皆, を会し, を従え

▼ 衆~ (3, 0.1%)

2 の敵 1 の母

▼ 衆星これ~ (3, 0.1%)

1 に共, に向う, を繞

▼ 衆苦充満~ (3, 0.1%)

1 して, せる此界, の地獄

▼ 衆~ (3, 0.1%)

1 たちまち, にとらわれ, をよそ

▼ 衆~ (3, 0.1%)

1 がキャッキャッ, を突きのけ, を納得

▼ 衆長屋~ (3, 0.1%)

1 が思い出されるで, に住む, はいわゆる

▼ 衆いずれ~ (2, 0.0%)

1 も淡泊率直, も見

▼ 衆じゃと~ (2, 0.0%)

1 いうて, 一座から

▼ 衆すなわち~ (2, 0.0%)

1 帽蛇は, 翌日は

▼ 衆たる~ (2, 0.0%)

1 うえに, 所以を

▼ 衆だけ~ (2, 0.0%)

1 これは, で主君

▼ 衆だけで~ (2, 0.0%)

1 寄合ひ, 決定される

▼ 衆だけでも~ (2, 0.0%)

1 およそ三十名, 嬢様あ

▼ 衆だけは~ (2, 0.0%)

1 用も, 長い武家時代

▼ 衆だって~ (2, 0.0%)

1 あるくれえだ, その通り

▼ 衆だの~ (2, 0.0%)

1 甲賀衆だ, 表役人

▼ 衆って~ (2, 0.0%)

1 えこと, ことが

▼ 衆であった~ (2, 0.0%)

1 がこの, に

▼ 衆であり~ (2, 0.0%)

1 極端に, 賤民である

▼ 衆でございましたら~ (2, 0.0%)

1 ご酒, 別に変わった

▼ 衆でござる~ (2, 0.0%)

1 か, に

▼ 衆でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ば決して

▼ 衆としての~ (2, 0.0%)

2 多衆

▼ 衆としては~ (2, 0.0%)

1 中御門黄門滋前相, 次の

▼ 衆とても~ (2, 0.0%)

1 必定敵にて, 根は

▼ 衆とともに~ (2, 0.0%)

1 ありしに, 楽しみ味わうべきもの

▼ 衆とを~ (2, 0.0%)

1 亡ぼし世間, 大切に

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 のでございましょう, のでございます

▼ 衆などと~ (2, 0.0%)

1 云ったの, 来年の

▼ 衆などを~ (2, 0.0%)

1 おさえお, 九度山へ

▼ 衆なんか~ (2, 0.0%)

1 二階へ, 相手に

▼ 衆にとっては~ (2, 0.0%)

1 国への, 暴君に

▼ 衆にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ金目, 着物が

▼ 衆によって~ (2, 0.0%)

1 何の, 共立せられた

▼ 衆ほしさ~ (2, 0.0%)

2

▼ 衆みたい~ (2, 0.0%)

1 なこと, なひと

▼ 衆みな之~ (2, 0.0%)

1 に同じた, に從

▼ 衆もう~ (2, 0.0%)

1 一と, 熱くなってる

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 此の, 無林

▼ 衆よう~ (2, 0.0%)

1 ござった, 聞け武蔵

▼ 衆よりは~ (2, 0.0%)

1 すこし遅れ, 三倍も

▼ 衆を以て~ (2, 0.0%)

1 す是自ら之, 天下を

▼ 衆を通じて~ (2, 0.0%)

1 そちを, 来援を

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 て何だえ, て何様人

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 仰セテ, 過グ

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 引率シ北上野ヨリ直, 領シ山後ノ

▼ 衆一条小川~ (2, 0.0%)

2 より東

▼ 衆一統~ (2, 0.0%)

1 があんた様, へいのこ餅

▼ 衆三四人~ (2, 0.0%)

2 と連れ立たれ

▼ 衆乃至~ (2, 0.0%)

1 モッブとして, モッブの

▼ 衆二名~ (2, 0.0%)

1 だけが遠く二間, 駈け込みかくかく

▼ 衆今日~ (2, 0.0%)

1 はひとつ, は新しい

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 を排し, 衆を

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 に思っ, の所

▼ 衆何十人前~ (2, 0.0%)

1 の膳部, の膳飯

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 の上, 不以為意

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 のつづき, は從

▼ 衆即ち~ (2, 0.0%)

1 今の, 裸婦を

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 御看護, 有配流之者云々

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 と士気, をよん

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 なる先住土着, を服する

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 の壁, へ入れ

▼ 衆小姓~ (2, 0.0%)

1 の刃, の面々

▼ 衆小屋~ (2, 0.0%)

1 に腰かけ, の人々

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 がこの, の尊崇

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 のうち, の中

▼ 衆~ (2, 0.0%)

2 に擬する

▼ 衆後生~ (2, 0.0%)

2 ですから

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 は日, を修める

▼ 衆忽然と~ (2, 0.0%)

2 勇み立ち感じぬ戰

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 の概念, 乃至モッブ性

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 が一身, の母

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 を容れずし, を迎

▼ 衆我競爭~ (2, 0.0%)

2 の記録

▼ 衆数名~ (2, 0.0%)

1 そのいずれ, もつい

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 に窘追, を平らぐ

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 だよ, をたべねえ

▼ 衆概念自身~ (2, 0.0%)

1 の止揚, の解消

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 の言語挙動, は群

▼ 衆民統~ (2, 0.0%)

1 ぶるネスト, ぶる者

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 にぬきんで, に乗っ

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 その余り, その真似

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 を具, ヲ聚メテ一貫

▼ 衆甲賀衆~ (2, 0.0%)

1 が中, といえ

▼ 衆町内~ (2, 0.0%)

2 の誰彼

▼ 衆的芸術~ (2, 0.0%)

1 にたいする観念, の方面

▼ 衆皆一歩~ (2, 0.0%)

2 たじろきぬ

▼ 衆皆彼~ (2, 0.0%)

2 を以て首相

▼ 衆神今~ (2, 0.0%)

2 は爭はず

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 が許, は此處

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 と遊戯嬉笑, を圧し

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 は晝, 既に凋謝

▼ 衆芳軒~ (2, 0.0%)

1 の書室, はまるで

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 に咬まれぬ, 追躡余り

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 の中, は実は

▼ 衆説一致~ (2, 0.0%)

1 し互いに, せざるの

▼ 衆軍一齊~ (2, 0.0%)

1 にその, にトロイア勢

▼ 衆軍中~ (2, 0.0%)

1 に入らん, に振り向き

▼ 衆軍從~ (2, 0.0%)

1 へり, へり率

▼ 衆長老以下東堂西堂~ (2, 0.0%)

1 あるいは老若, あるひ

▼ 衆~ (2, 0.0%)

1 の群がる, 即ち速

▼1* [563件]

ああ見えて, 衆あたかも旋風の, 衆あたりがやかましく, 衆あなた方もお, 衆あのイズマイロフの, 衆いつたいここで, 衆うちの兄さん, 衆おのおの青銅の, 衆およそ三万五千馬匹千三百旌旗天を, 衆おらたちはくだらねえ, 衆おれたちは人殺し, 衆お前さん方は何, 衆お嬢さんたちは三日, 衆お湯にお, 衆かくよばはれば, 衆かつたが, 衆かと危ぶみわざと, 衆かもしれない早く, 衆からいぢらしがられ, 衆からの返辞は, 衆からはただに冷淡, 衆かりしも門者, 衆え, 衆ここへ来, 衆こぞって出迎えに, 衆こぞり和議を, 衆ことごとくうけ入れ, 衆門番衆, 衆ごとく極めて風引き, 衆ひろまつた, 衆さあもう寝, 衆さえ紀伊国屋文左衛門には, 衆さようなら大事な, 衆さんわしはゆうべ, 衆といへども, 衆しばらく帰つて, 衆じゃがいずれも, 衆じゃの気の, 衆すべて大広間に着席, 衆すみまっせん, 衆ずいぶん沢山つめこまれて, 衆そこなは, 衆その他尾州家からお, 衆それから前に, 衆それに八五郎とは, 衆ただ奉公に, 衆たちアみんなこんなこと, 衆たづねて, 衆たらしめる罪は, 衆たりし河村伝右衛門, 衆たる者はそれ, 衆だから相馬大作って, 衆だけが残って, 衆だけには忘れんやう, 衆だすで女中さん, 衆だったよ, 衆だったらお出先, 衆だつたんぢや, 衆だに降して, 衆だんだん乘氣にな, 衆ちっとべえ, 衆わしが, 衆っ来てくださいっ, 衆つまらねえ事あ, 衆づらりと, 衆でありますので, 衆であるなら穢土厭離寂滅爲樂の, 衆でございましたか, 衆でございますれば大抵, 衆でしたわね, 衆ででもございましょう, 衆でないと十手, 衆でなきや女, 衆といった禁慾者の, 衆といふは難有いも, 衆とでお通夜を, 衆とでも云いたげである, 衆とに従えと, 衆ともどもここに, 衆どうも有難うございました, 衆どなたも承知あれ, 衆どもは少し, 衆どんなに勇気が, 衆なしとある, 衆なぞから出る, 衆なぞが江戸を, 衆なぞは実にノンキ, 衆などで居なければ, 衆などでも馬の, 衆などといふものは, 衆などとのお交際, 衆などに趨いた, 衆などにはわけて, 衆などにも添削を, 衆なにがしの茶席, 衆なら頼むまいっていわんばかりのことを変に, 衆なりとは云は, 衆なりへ申し出て, 衆なんかは旅順の, 衆なんぞこの村, 衆なんて食い物の, 衆なんという者, 衆にあたり大いに凱歌, 衆にかあらむ旅びとの, 衆にたいして罪として, 衆にだって三十人近い, 衆についてそれから先, 衆にてましませば, 衆にては六郷新左衛門杵屋勝四郎の, 衆にても時の間に, 衆に対し物しずかに, 衆に対していたずらに虚勢, 衆に対しては昔ほど, 衆に対しても悪辣な, 衆に対する一種の, 衆のなんか馴れて, 衆のみが遊蕩の, 衆のみやびもお真似なされ, 衆はしか曰ふ, 衆はと尋ねると, 衆ははあさよう, 衆ばかりの踊と, 衆ばかりは江戸期が, 衆ひと組ずつ年番, 衆へは私から, 衆べて水火の, 衆づ敗れ, 衆または町中には, 衆みたようで, 衆みな切に彼, 衆みなエムピレオの天, 衆みな信望して, 衆みな勝利を得べし, 衆みな却けられしが, 衆みな畏怖の色, 衆みな身命を天主, 衆みな門を出, 衆みな黙然たり, 衆みんなの身, 衆みんなあそこに寄る, 衆て大鐘, 衆めしつかわれるもの, 衆もてなしの数寄, 衆もなかきねが, 衆やってくんろと, 衆やなんかと一緒に, 衆やを動かし得ると, 衆ゆえ無心を云っ, 衆ようーう, 衆よく寡を, 衆よりいい位, 衆よーう, 衆の飲む, 衆らしいさむらいの, 衆らしく思われますが, 衆わけがあつ, 衆わけても彫物師左母次郎の, 衆わたくしとてもこんな, 衆をこそ問題と, 衆イカサマだ, 衆ト供ニ御狂ヒアリテ, 衆ドンと行く, 衆ニシタガッテ法ヲキク, 衆鎧毛モ切レ腐, 衆一旦身命, 衆バラバラと立ち出, 衆バルトリ君ならびに同, 衆相渡シ八月二日未ノ, 衆ミナ安シ, 衆一人は北浜花外楼, 衆一人萌葱糸の具足, 衆一刻もはやく, 衆一心一志無有私己財者, 衆一時に歡賞, 衆一杯の般若湯, 衆一般何等の条件, 衆一行は管轄, 衆一語を發, 衆一間に二人づゝ有, 衆一隊が彼, 衆七百人のうち, 衆三味線をひけ, 衆三四十人ほどお召, 衆三村清左衛門の分家, 衆三論衆華厳衆など部門, 衆三里ほどづゝにげ候衆, 衆上下の古, 衆上下十八人三月廿一日より同, 衆上席の内海孫兵衛, 衆上方下りの荷主なんど, 衆両院議員の有志, 衆両院議長に提出, 衆中われに敬いたす, 衆中一般からこれ, 衆中八万四千衆生皆発無等々, 衆中年齡に於, 衆中弱き者ならず, 衆中潛み去る, 衆中至剛の者は誰, 衆主義のもの, 衆自關東可, 衆二万ほど竜田越, 衆二三の方, 衆二三万許り国府越, 衆二人ながら仲よう, 衆二組の四天王, 衆五人衆旦那衆と尊称, 衆五六人と川崎, 衆五六名を誘っ, 衆五十余名もその, 衆此の, 衆京大阪は申す, 衆人我にも耳, 衆人民は野口, 衆人間があの, 衆今夜のところ, 衆今食を取れ, 衆仕事のお, 衆以下の場合, 衆以外の村落, 衆以為非招先生不可, 衆仲間からはいくらか, 衆ノ為メニ来ルヤ, 衆作家と呼ばれるべきだ, 衆例えばそれが, 衆例幣使尾州御材木方, 衆傑僧の諸, 衆働筒衆を併せ, 衆僧これには大いに, 衆僧列をなし, 衆僧眠り疲れて, 衆僧経の諷誦, 衆元気を出し, 衆へ下りた, 衆全体の御, 衆兩議院で决め, 衆八百人程焼死云々, 衆六七人入申由, 衆六千の兵, 衆六方の連衆, 衆六百五十石の旗本杉浦中務, 衆を喰っ, 衆兵分ち整へて, 衆其歯を抉す, 衆兼引付頭人となりて国政, 衆再び盛り返しアカイア軍, 衆凌ぐアーンチロコスは, 衆との共感, 衆て見やれ, 衆出合えッ出合, 衆を力, 衆判合議のうえ, 衆制し得ずそこばくの, 衆制度もたいがい宗易, 衆勇士來りて, 衆勢うちし猛, 衆勢ともに相, 衆勢引き來る, 衆北条ト一味故, 衆北越の佐々, 衆大弟子, 衆千本金之丞殿, 衆去りて後婬女われかく, 衆去るには及ばん, 衆又は納屋貸, 衆又七は確か, 衆口ぐちにささやき合う, 衆の腕, 衆個人は, 衆合して一, 衆合点か, 衆合的及び個物的, 衆合躰に過ぎざるなり, 衆同じく他の, 衆をつけ, 衆吾於過去無量劫中求法華経無有, 衆呼び醒ませおの, 衆咸これ竜と識, 衆を監督, 衆哲學派の立脚點, 衆問注所執事侍どころ所司検断所越訴奉行などのおびただしい, 衆善奉行諸惡莫作, 衆喜びて手, 衆を制し, 衆より敬い, 衆四五十をひきつれ, 衆四十六人与力十騎同心二十人がゐる, 衆団催眠術はこうして, 衆団的である, 衆國マサチュセツ州のケムブリッヂ, 衆の散, 衆坪内伊豆守保之か, 衆堀玄昌の三男, 衆を圧し, 衆衆一般何等の, 衆多くのなか, 衆夢八となっ, 衆大いに悦び老人, 衆大きに御苦労様で, 衆大名衆紹巴昌叱などの, 衆大和衆それから前, 衆大奥仕えの, 衆大将衆御曹司様奉行衆どんなに勇気, 衆大沢右京大夫基昭が奥, 衆天竜夜叉の次に, 衆を養わしめ, 衆夷六十六国の民衆, 衆夷六十六國渡平海北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 衆奴いつかわっし, 衆奴皆逃げ出しやがっただよ, 衆を排し, 衆妨げ無用じゃ, 衆を養う, 衆が可, 衆に接し, 衆婦みな泣いて, 衆婦人に接する, 衆子細ヲ嘆申入之間, 衆學法などのやう, 衆定めし御存じで, 衆を出し得るなれ, 衆宝国土の一々, 衆客彼慙じて, 衆客輻輳致し候, 衆の記傳, 衆家族を率, 衆同じく亦, 衆將かくて哨兵, 衆將ともにヘクト, 衆將勵ましむ, 衆將率ゐ來, 衆小児衆私が許, 衆小具足十手の腕ぞろい, 衆小原丹後が息, 衆小姓たちを見まわし, 衆小姓将士たちの一群, 衆小姓衆そのほか徳川家, 衆小沢六郎三郎は烏帽子屋町, 衆小理想の一つ, 衆少からず何かと, 衆少しものを, 衆屋敷で一組, 衆を抜い, 衆山崎算所に相, 衆岸和田へ向いました, 衆の碌々, 衆川上源左衞門治太夫御兄弟, 衆巡査を連れ, 衆巡業の汽車, 衆は伊皿子台町, 衆布衣千石高と出世, 衆を見まわす, 衆帰依の武家, 衆庶寄付の諸, 衆庶社会の権利, 衆引きうけてもいい, 衆引付衆問注所執事侍どころ所司検断所越訴奉行などのおびただしい, 衆役人方の五, 衆御しょう堂様衆御, 衆御伽衆御茶堂衆, 衆御曹司様奉行衆どんなに勇気, 衆御苦労様でごぜ, 衆御馳走のお, 衆徳備り給う処女マリヤ, 衆心疑懼す, 衆念仏の差, 衆念仏開基の地, 衆に觸, 衆性概念を止揚, 衆ゆるなよ, 衆情枕をさ, 衆れて, 衆或いは坂者などとも, 衆或は城主或は, 衆戻り馬乗らんせん, 衆の散, 衆所課物を献ず, 衆手柄之儀中, 衆批評を超越, 衆拙者が持て, 衆持たせりや, 衆持って行く, 衆振りはその, 衆数人を使い, 衆数多なうち, 衆の會, 衆族院議長という, 衆旦那衆と尊称, 衆昇而看之蛇并弟日姫子, 衆星凌ぎ照る, 衆の乱脈時代, 衆曰くかかる尤物, 衆月々の収入, 衆本多帯刀の家来, 衆のたれかれ, 衆松平次郎兵衛父次郎兵衛千二百石あたごの下, 衆枕もとに寄る, 衆がある, 衆概念それ自身に固有, 衆様方へ対し奉り, 衆精は, 衆此方へ這入んねえ, 衆の巷, 衆を拝め, 衆民嘲笑の的, 衆民多数の康福, 衆民富国強兵を目標, 衆民此の三原素, 衆気質から抜け切る, 衆水一時に覆る, 衆水海に入り, 衆水陣に集, 衆決して私が, 衆泊りけり天の川, 衆法力を以て祈り, 衆波多野義重が請う, 衆の落ち合った, 衆流中の一つ, 衆浅草田圃まで, 衆浜松の衆, 衆るを, 衆湯島五丁目の町役人, 衆滅亡の禍, 衆のそば, 衆然るに一方は, 衆す, 衆の光り, 衆猴これを一家, 衆猴以前に倍, 衆理想家を濟度, 衆理想所謂萬理想所謂分析の理論, 衆理想皆大なりともいふべく, 衆理想皆小なりともいふべけれ, 衆甚だもつて, 衆に交わる, 衆画家芸人噺家たいこもち金に糸目, 衆を融冶, 衆望あり, 衆的使徒の数名, 衆的先入見を, 衆的大衆の特色, 衆的愚劣のもの, 衆的時間になぜ, 衆的熱情の衣, 衆的象徴主義者と僧侶的象徴主義者, 衆皆これに和, 衆皆んなですよ, 衆皆座に着く, 衆皆有村の自殺, 衆皆様のうえ, 衆を顛堕, 衆相手には高飛車, 衆相談して, 衆真壁村の仙太郎, 衆眸之に注, 衆眺めて, 衆祐筆俳諧師沙門荷駄隊にいたる, 衆神中にた, 衆の波, 衆の中, 衆立ち合いの上, 衆立会いで誓わせられた, 衆競ってかかる, 衆笑ってはいけない, 衆等々という名称家格, 衆紅中の最, 衆紹巴昌叱などの, 衆を擧げ, 衆縁六尺の皮肉, 衆を一, 衆者平伏して, 衆の聳動, 衆中尊, 衆聖點記の説, 衆聞いて下さい, 衆聞かしてくれろ, 衆聴かないぢや, 衆聴けよこの蓬, 衆いて, 衆を貸せ, 衆臣すべてが不安, 衆臣みな共に涙, 衆臣環視のなか, 衆臣驚き戦きて, 衆自体このよう, 衆自身は先祖, 衆はただ今, 衆花具足し最上, 衆に後れ, 衆芳難与儔, 衆を抜い, 衆菊池半助, 衆華厳衆など部門, 衆へ出れ, 衆裏方よりそっと, 衆我滅度, 衆見たかい, 衆見たいに驚い, 衆見ろ髯から, 衆見張厳重に, 衆見苦しいお目触り, 衆観音の眷属, 衆にハシタ, 衆を綜, 衆説相分かるる, 衆諸侯旗本たちの周り, 衆諸州ハ固ヨリ独立スルノ理, 衆議員選擧候補者らしきもの演説, 衆賓吾も, 衆之批評, 衆趣味はややもすれば, 衆足軽衆まではや, 衆踊らんか, 衆軍これを耳, 衆軍そばに斯く, 衆軍みな敬して, 衆軍ピロクテーテース勇將ほどなく, 衆軍並びたち留るスカマンダロス, 衆軍堅剛の腕, 衆軍戰利とし, 衆軍炎々の焔, 衆軍率ゐたる王侯將帥誰, 衆軍相みだる, 衆軍眠に入る, 衆軍船に乘, 衆軍身に穿つ, 衆軍陣と水師, 衆軍隊に就ける, 衆軍鳴りをおし, 衆迅速に集, 衆近所隣りから, 衆捕に, 衆遅くなったが, 衆邪淫の戒, 衆部落は元成夫婦, 衆酒井亀之進の奥, 衆の飯, 衆釣るなよ, 衆鉄砲の玉, 衆鑓合セ申スト等シク日向守ガ備ヘヲバ突キ崩サレ一町バカリ引退ク処ヘ又, 衆除地衆御勝手ご用達, 衆隊一齊に牛皮, 衆隠密組の組頭, 衆集まり来りて, 衆集金屋さんといつた, 衆雇人たちのよう, 衆離れて坐し, 衆よりも重から, 衆戦闘員など, 衆頼んだぞう, 衆顔役暴力団のたくさん, 衆類冥頑或は悪, 衆飛んだ御苦勞, 衆に雑, 衆馬廻など皆善美, 衆馬廻りのわずか, 衆馬狂奔して, 衆馬脚速く平野, 衆駈けつけたぞ戦い, 衆騷ぐことはない主人も花嫁, 衆高野山などの法城, 衆默然と口, 衆しく叫ぶと