青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「血~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

蜘蛛~ 蝉~ ~蝋燭 蝋燭~ ~蝶 蝶~ 蟹~ 蟻~ 蠅~ ~血
血~
~衆 衆~ ~行 行~ ~行う 行う~ ~行かう ~行かない 行かない~ ~行かなけれ

「血~」 14111, 152ppm, 697位

▼ 血~ (3226, 22.9%)

86 吐いて 68 流して 52 もって 40 浴びて 31 見て 30 吐くよう 28 引いて 26 出して 25 見ること 23 吐いた 21 見ると 19 受けて 15 うけて, 流すこと 14 ひいて, 享けて, 見るの 13 吸ふ 12 ながして, 吸って, 吹いて, 拭いて 11 ふいて 10 吐いたの, 吐くやう, 洗って, 流すの 9 拭って, 見ずに 8 すすって, つけて, 分けた兄弟, 取って, 吐く思い, 啜って, 噴いて, 絞って 7 しぼって, にじませて, 塗って, 染めて, 洗ふ, 流し, 流した, 流しながら, 見るなかれ 6 もつて, 吐きながら, 流したの, 流したよう, 流す, 見なければ 5 そそいで, 吐いたが, 吐く思, 含んで, 咯く, 持って, 洗うよう, 熱くし, 見るよう, 見れば

4 [16件] たらして, とおして, はいて, わけた兄弟, 分けた弟, 受け継いで, 吐きそう, 吐くという, 吸うこと, 吸わせて, 引いたもの, 洗い落して, 流したこと, 流したり, 率ゐ, 見た

3 [64件] うけたもの, うけついで, お出し, とって, みるなかれ, もて, わかして, わけた娘, わけて, 上せて, 上らせて, 出した, 出すと, 分けた兄, 分けた妹, 分けた子, 分けた子供, 分けた子孫, 分けた親, 吐きました, 吐くと, 吐くの, 吐くまで, 吸う, 吸うの, 吸つた, 吸ひ, 吸われて, 咯い, 嘔い, 嘗めて, 垂らして, 塗ったもの, 多分に, 承けて, 抑えながら, 押えながら, 拭ひ, 採って, 求めて, 沸かして, 洗ったり, 洗へ, 流さずに, 流しあれ, 流しては, 流すと, 流すは, 流すやう, 流す程, 浴びたこと, 混じて, 絞つて, 絞り肉, 自分の, 薄めたよう, 見ずには, 見た瞬間, 見ねば, 見るに, 附けて, 頬に, 顔に, 飲んで

2 [187件] あなたの, あびたよう, あびて, いたち, お吐き, お洗い, かすかに, した, すすり合って, すするの, たぎらせて, たらす, だして, つけたの, ながしたの, ぬぐって, はく思ひ, ふきあげながら, ふきながら, みて, みるに, みるの, わけた妹, わけた子, わけた本, 一度に, 上らせた, 下した, 主に, 交えて, 亨けて, 体内に, 出さないと, 出さなければ, 出したこと, 出したと, 出したまま, 出しながら, 出すこと, 分けたお, 分けたきょうだい, 分けたたった, 分けたもの, 分けた姉妹, 分けた姪, 分けた実子, 分けた親子, 分けて, 半分ばかり, 取る動物, 受けたり, 受けた今, 受けないため, 受けるの, 口で, 同じう, 吐いたと, 吐いた事, 吐いてからは, 吐いても, 吐かうと, 吐かんばかりに, 吐きながらでも, 吐きましたね, 吐き半殺し, 吐く, 吐くこと, 吐くばかり, 吐く声, 吐く想い, 吐く様, 吐く胸, 吐出すと, 吸い上げて, 吸い骨, 吸うて, 吸うよう, 吸った, 吸つた蚊が, 吸ひ始めた, 吸わして, 吹き出して, 味わった濡れ燕, 啜つたり, 啜れ, 噴き出して, 噴くよう, 地に, 塗ったよう, 塗つた, 塗ること, 塗る事, 売ってまで, 多量に, 好んで, 引いただけ, 引いた人, 引いた異種族, 引き寄せて, 憎んだが, 払って, 抱いて, 拭い清めて, 拭い鞘, 拭かうとも, 持つに, 新たに, 止めねえと, 気に, 汲みとるよりも, 注いで, 注ぎ込んだ, 洗うこと, 洗ひ落した, 流さないで, 流さなければ, 流したから, 流したその, 流したばかり, 流した者, 流しても, 流します, 流しまた, 流し敵, 流し毒, 流し給, 流し肉, 流し身, 流し身肉, 流すという, 流すとき, 流すほどの, 流す道, 流そうと, 浴びせるよう, 浴びた, 浴びたの, 浴びたので, 浴びたまま, 浴びたよう, 浴びた筈, 浴びる, 浴びるわけ, 浴びる筈, 混え, 混ぜて, 湛えて, 湧かした, 湧かせた, 湧き立たせながら, 湧し, 湧した, 滲ませて, 滴し, 滴らして, 澆いだ, 濺いだ, 濺ぎし, 火の, 無色に, 煙らせて, 熱くした, 盛る袋, 示して, 絞るよう, 絞れる不意, 胸に, 舐めて, 見ざる死刑, 見せては, 見たせい, 見たにも, 見たり, 見た人間, 見ては, 見ないと, 見ぬ修羅場, 見る, 見るという, 見る事, 見んと, 見波瀾万丈, 賭け肉, 跡形も, 通わして, 通わせたよう, 銭に

1 [1732件 抜粋] あげる, あしらった場面等, あの人, あびた脱兎, あやす時, いうの, いたづら, いまは, うけた其の, うけた子, うけた武神, うけた遠い, うけ御, うけ自分, おくる感情, おさえながら, おとしたの, お冬, お吐きなさい, かき乱した, かぶり号令, く, ここ一面に, こびりつかせて, こぼしたもう, さえぎった反対側, さもいい, したたらしながら, したたらす尼, したたらせよ, したたらせ突っ, しばだたい, しぼられる豚, しぼりつくした海舟, しぼるの, しみこませて, すかすよう, すすった一味徒党, すすりあい後, すすりなさるが, すすり待つほどに, すする, すっかり拭き取っ, すはれちや, すべてどこかへ, すゝつて海蛇丸と, すゝる, そそいだという, そそいだ隠密遺書, そそぎ天, そのまま持っ, その石, たぎらせた若, たつぷり, ためて, だしては, ついだ作品, つきつめられて, つけること, とったぞ, とめようとして, とりながら, どくどく吐き, なかなか正視, ながした以上, ながす, なすつたやう, なめさせて, なめた者, なめ取った, にじませ藺笠, ぬいて, ぬぐいとって, ぬぐった, ぬりたくって, のぼらせながら, はきながらも, はげました, ば拭き, ひいた口もと, ひいた面, ひくもの, ひく孫, ふいた, ふきとったつもり, ふき出させて, ふくむ神, ふまないよう, ぶり撒いた, ほとばしらせたが, まぜた紅毛碧瞳, まつ赤な, みせえま, みた狼, みるという, みんな地に, もてこれ, もて新婦, もて買給, よび起した, わかし来る光景, わかす女人魚, わが年来, わけたいもうと, わけたしかも, わけた人, わけた兄, わけた彼, わけた極めて, わけた親身, わけない間柄, アルコールランプに, クリームの, タラ, デカダンスの, バクロした, 一つに, 一時に, 一滴出し, 丁度シャツ, 上らしては, 与えたの, 与へ, 亡父の, 交ぜた心, 享けた, 享けた一人の, 享けた後裔という, 享けた貫之等によ, 今も, 以って, 伝えてる太田子爵, 何か, 保存し, 像に, 冷さんとて, 冷たくさせ, 凍らせたふう, 凍るよう, 出させたと, 出したの, 出したん, 出すという, 出すやら, 出せば, 分けた, 分けたものの, 分けた一人, 分けた兄妹, 分けた妹さん, 分けた当歳, 分けた情, 分けた母子, 分けた現在, 分けた肉親同志, 分け合, 別けた兄妹, 刺し肉, 半ば滑り流し, 去り裏返して, 取たこと, 取られるやう, 取る三角針, 受けたから, 受けたに, 受けたツル, 受けた者, 受け継いだ彼女たち, 口中に, 可なり, 吐いたこと, 吐いただけで, 吐いたほんの, 吐いたり, 吐いた例, 吐いた真似, 吐かせても, 吐かれたこと, 吐きたい, 吐きは, 吐き人間, 吐き出す器, 吐き尽せ, 吐き流して, 吐くから, 吐くの熟考, 吐くほど, 吐くよりは, 吐く一声夜陰, 吐く如く鬼気, 吐く思ひ次第に, 吐く気遣い, 吐く者, 吐けり, 否定する, 吮うて居る, 吸いきった蛭, 吸いたがってのう, 吸いとる大, 吸います, 吸い初め, 吸い尽した曼陀羅, 吸うた蚊, 吸うとき, 吸う事, 吸う奴, 吸う蚤, 吸え, 吸ったの, 吸つ, 吸つて真紅に, 吸は, 吸はれる, 吸ひ出し, 吸ひ飽いた, 吸わせた方, 吸わないと, 吸わるという, 吸われたん, 吸膨れた, 吹きそう, 吹き出すまで, 吹けば, 味った, 味わったらしい, 呼ぶ愛情, 咯いたんだ, 咯きました, 啜つて其上, 啜りましたか, 啜り始めた, 啜るに, 喀いた, 喀く, 喫したか, 嗅ぎつけて, 嘔くお, 嘗めとるな, 噴いた女, 噴き上げたため, 噴き出した, 噴き血, 噴くもの, 噴出し, 垂し, 城門に, 塗ったばかりの, 塗つて固めた, 塗りつけたナイフ, 塗るだけに, 塗るの, 塗ろうと, 売って, 売るそれ, 大きく搏, 失った死体, 失つた顏は, 失つて青白い, 失わずに, 好まない村正, 好むの, 好む心, 始末する, 寒くし, 少しばかり, 少し踏ん, 差したよ, 引いたお, 引いたや, 引いた呉一郎, 引いた娘, 引いた生れながらに, 引きながら, 引く相手, 弾丸型に, 待つほほえみ, 思い出した, 恁うし, 恐れるという, 恥か, 惜しまず骨肉, 惜しまぬソヴェト・プロレタリアート, 意の, 感じ合って, 手に, 承けた一人, 抑えた, 抜き白子つまり睾丸, 拭いそして, 拭いも, 拭うためペン, 拭きながら, 拭き取って, 拭き終った武蔵太郎, 拭ったり, 拭へ, 持たぬのに, 持つという, 捏ね返し死力, 採られ検尿, 探り地上, 搏つ, 搾る, 撒きこぼして, 撫でると, 整へよ, 新夫婦, 時々呪った, 有する葡萄樹, 本当に見つめ, 染めた将校, 根本と, 次第に点検, 欲するの, 止めた事, 止めろ早く, 殖やそうって, 母系に, 氷の, 汗す, 沸かし眼, 沸かせる, 沸き立たしむる功, 沸騰させた, 泡立たせるよう, 注ぎて, 注ぎ憤死, 注げるなれ, 注意に, 洗い慾, 洗い流した, 洗い衣服, 洗うかの, 洗う争闘, 洗う機会, 洗う道理, 洗おうとして, 洗つただけ, 洗つてその, 洗つて拭い, 洗ふが如き, 洗わせる悪魔外道, 流させながら, 流さないしかも, 流さねば, 流されたこと, 流さん為, 流しこみはじめた, 流したかも, 流したこの, 流したに, 流したる主, 流した世界, 流した同胞, 流した罪人, 流した蹟, 流してまでも, 流しまあ, 流し勝負, 流し合うたとえば, 流し始めた, 流し広き, 流し日本, 流し朱, 流し片手, 流し血, 流し鬣戰ぎ, 流すかわり, 流すぞ, 流すだけの, 流すには, 流すまで, 流す役人, 流す美少年, 流せ, 流せるあり, 流出さし, 浴びしごと, 浴びたいと, 浴びたため, 浴びたま, 浴びたらうと, 浴びた刹那, 浴びた彼, 浴びた犯罪者, 浴びた袷, 浴びた長方形, 浴びてゐたさうだが俺が, 浴びないで, 浴びない筈, 浴びようか, 浴びると, 浴び双手自ら, 浴ぶ, 混じ俘囚, 減らし必ず, 湧かしたの, 湧かした尊王, 湧かす, 湧かせたに, 湧きたたせるには, 湧き立たせぎゅっと, 湧き肉, 湧返えらせ, 滲ましたろう, 滴す, 滴らした, 滴らし紙, 滴らすと, 滿さんと, 漲らしその, 激し, 濃くし, 瀝いで, 瀝尽させられ, 火吸器と, 焚いて, 煮えくら, 燃やしたが, 父の, 狂的に, 猪口に, 用意の, 盛つた重い, 目に, 相斥ける, 眺めて, 私の, 窺ひ, 絞っても, 絞られたって, 絞られるの, 絞り, 絞りとるほど, 絞り出されるよう, 絞り取るよう, 絞り始めると, 絞るばかりに, 絞る苦しみ, 継ぐべきもの, 縊めころす, 胡麻化し, 膳に, 舐めた婆, 草履で, 落したかと, 葡萄の, 蔑んで, 血で, 行燈の, 要求した, 見せざる者, 見せない急所攻め, 見せるぞ, 見たいと, 見たくなったり, 見たので, 見たら定めて, 見た刹那, 見た若い, 見ても, 見なかったの, 見ぬうち, 見るさえ, 見るなから, 見るばかり, 見る事件, 見る気, 見出す筈, 覚悟し, 認めないわけ, 貪って, 貪り飲むの, 賭けた伝統, 走らすため, 越えて, 躍らして, 載物硝子, 辿つて, 迸らせた, 送って, 透すやう, 通わしたほど, 遊ばせて, 金盥の, 鐘に, 附けたま, 降らしたという, 降らせたので, 隠し行人, 雨に, 頒けたとは, 顔へ, 飛沫かす場合も, 飲ましたもの, 飲みたいが, 飲んだ河, 駆り立てた, 騒がせながら, 鼻と

▼ 血~ (3103, 22.0%)

85 色が 76 ように 63 ような 58 出るよう 55 中に 52 色を 34 雨を 31 氣の 29 海の 24 めぐりの 20 雨が 19 色の 18 なかに, 痕を 17 涙を, 色に 16 あとが, めぐりが, 氣を 14 やうな 13 ついて, 出るほど, 流れて, 痕が 12 にじんで, 中から 11 いろを, やうに, 汗を, 海 10 あとを, つながりの, つながりは, 海で, 雫の 9 ために, 匂いを, 跡も 8 出て, 出るやう, 塊が, 循環が, 海に, 色も, 跡が, 通って, 香を 7 中には, 中を, 塊り, 流れが, 涙の, 痕は, 附いて

6 [15件] いろが, いろに, かたまりが, においが, においを, 上に, 中へ, 出るの, 海です, 海を, 筋が, 色は, 跡を, 雨の, 音を

5 [16件] かたまりの, つながりという, にじむほど, 中で, 塊を, 氣が, 海だ, 涙で, 滴りが, 滴るよう, 痕の, 痕も, 跡は, 附いた着物, 附いた袷, 馳け

4 [29件] あとは, ことを, しずくが, つながって, つながりが, つながりを, ようだ, 出ないもの, 出る程, 匂いが, 匂いの, 塊の, 巡りが, 文字を, 日曜日, 海が, 涙が, 滴りを, 滴れる, 痕などは, 管が, 繋がりの, 色見ゆ, 足跡を, 通う人間, 雫が, 音が, 飛沫を, 香に

3 [75件] うちには, かよって, した, したたり, したたりの, したたりを, したたるよう, しづく, ついた出刃包丁, ついた着物, つながりなんか, なかで, におい, においに, にじみ出て, にほひ, めぐりを, ツナガリの, 一滴が, 付いたもの, 付いた脇差, 付いた袷, 代わりに, 出やう, 出るほどの, 如き酒, 廻りの, 循環の, 文字は, 斑点が, 様な, 樣な, 汚れが, 河, 泡を, 流れたの, 流れた跡, 流れるの, 涙, 混った, 滴が, 滴るやう, 滴を, 濃さ, 燃ゆる, 環り, 痕, 痕らしい, 穢を, 糸が, 繋がりは, 繋りは, 脈が, 脈を, 臭が, 臭ひ, 色がの, 色で, 色や, 跡だ, 跡の, 近さ, 逆流する, 通った人間, 通つてゐる, 通ふ, 附いた匕首, 雨でも, 雨も, 雨や, 雫は, 飛沫い, 飛沫が, 香が, 香は

2 [166件] あと, あとも, あるもの, あツたかみ, かよった人間, きらいな, ごとく, ごとく赤き, ごとし, ごとも, したたって, したたりが, したたる濡れ燕, しみが, たれる脇差, ついたこの, ついたの, ついたまま, ついたもの, ついたナイフ, ついた娘, ついた手, ついた着衣, ついた短刀, ついた腥くさい, つながりでは, つながりに, つながるだけに, つながる叔父, ない人間, なかにも, においです, においと, にじむよう, のぼるの, ほとぼりが, まじった水, 一様性や, 一様性を, 一滴をすら, 上って, 上るの, 上るよう, 下に, 中の, 付いたよう, 付いた手, 付いて, 出るまで, 出る所, 匂い, 匂いだ, 匂いに, 匂ひ, 味を, 噴出する, 塊と, 塊まりが, 外に, 多い人, 多い体, 如くに, 如し, 巡りの, 影が, 循り, 手形が, 手形の, 手形は, 指紋が, 文字が, 斑, 斑点を, 最初の, 最後の, 条が, 染みたる色, 様に, 権の, 歴史が, 歴史なり, 氣といふ, 氣も, 汚点が, 河を, 油を, 泡に, 波の, 波を, 流れも, 流れを, 流れ出て, 海と, 涙でも, 涙と, 涙胸の, 温かさ, 温みを, 湖の, 湧き立つ軍歌, 湧くの, 湧くやう, 滲むよう, 滴たる, 滴りの, 滴る手, 滴点は, 濤打たせよ, 濫費に, 点々が, 熱かい, 猶熱き, 病気に, 痕だ, 痕という, 痕跡を, 穢れを, 筋は, 粒が, 粛清に, 糧だ, 糸を, 紐を, 絶叫と, 線の, 繋りが, 繋りの, 胸に, 臭いが, 臭いを, 臭を, 色だ, 色だった, 色つかぬ, 色と, 色との, 色まで, 色染め, 色見ゆ血の, 落ちて, 蒸発する, 表面には, 質にまで, 足跡が, 跡らしき, 逆った, 通いが, 通ってるもの, 通つた, 通つた水, 通ひ, 運り, 酔いから, 量が, 金曜日, 附いたま, 附いたもの, 附いた時計, 附いた浴衣, 附いた短刀, 附て, 雨だの, 雫, 音悲鳴の, 香, 鼓動を

1 [1264件 抜粋] あがったヘマ, あったあたり, あとか, あと寒き, あぶらが, ある奴ら, ある懐剣, いくぶん, いづるまで, いろと, いろも, うちで, うちにも, うみである, うら若草, かからない物, かさぶたの, かたまりです, かたまり工合, かめの, かよった真理, きおいに, けがひい, こと, ことな, ことは, こびりついた顔, こぼれた場所, ごとき樹液, ごとき色, ごとく映える, ごとく燃え立った, ごとし禍, ごと沈黙に, さかのぼった眼, さした武蔵, さわいだ後, したたったあと, したたりは, したたる剛刀, したたる太刀, したたる思ひ, したたる手, したたる物, したたる生皮, したたれる廐, しみの, しみを, しるしだ, すじで, せいとでも, たぎるの, たまりでした, ためには, たれるステーキ, たれる大刀, ちまたやら, ついたお, ついた刀, ついた刃先, ついた大きな, ついた家, ついた屑切, ついた怪しい, ついた指, ついた服, ついた白みがかった塊, ついた細身, ついた袷, ついた足跡, ついてるところ, つづいた同胞, つづかぬ同志, つながらぬ人, つながらぬ養父, つながりこそ, つながりでございます, つながりや, つながる智慧, つながる身内, でるまでに, ときめきが, ところどころに, とばっちりは, とんで, ない醜悪, なかを, なき闘い, なみだ, においとともに, におい味方が, にじみさえ, にじみの, にじみ出た形跡, にじむやう, にじむ様, にじめるが, にじんだその, にじんだほうたい, にじんだ切断面, にじんだ所, にじんだ歌麿, にじんだ紙くず, にじんだ軍服, ぬかるみと, ぬくもりと, ぬらぬらと, はいった袋, はねて, ひしめいた懊悩, ふきでた左, ほとばしる快感, まじった痰, ままなる, まま往生とげむか, みなぎって, むず痒いよう, めぐりがわりいのといっぺんだって, めぐりのいいお若い, めぐりのおそいやつだな, めぐりのわりいやつだな, めぐりも, めぐりをよくしたのであらう, ものか, やうで, ゆらぎなれ, ようです, ような古びた, わくを, イケニエでは, キレとして, シミに, セピア色, タラタラ滲み, ツナガリだけ, ツナガリで, ツナガリも, ニジムほど, メーデー, メーデーの, リボンが, 一件で, 一員に, 一滴々, 一滴である, 一滴として, 一滴をも, 三月, 上った頬, 上へ, 上気する, 下降性習慣を, 世界に, 中なる, 中まで, 乾いた時, 予想に, 事就中姫の, 交じった唾, 交ったの, 交つた垢水をか, 交る, 人種の, 付いたこと, 付いたペトン, 付いた半纏, 付いた手拭, 付いた短刀, 付いてるところ, 伝はりたる, 伝統的純潔を, 使命について, 傘は, 働きの, 共通性という, 冷え返る, 冷て, 凄みを, 凝りで, 凝結である, 出さうなの, 出たるが, 出た傷, 出づるやうな思し, 出ないの, 出るまでに, 出る傷, 出る局所, 出る思ひの, 出る芸術品, 出る足, 出所でなけれ, 刃が, 分量を, 創造の, 力として, 力によって, 労苦を, 動揺が, 勢いという, 匂いかね, 匂いと, 匂との, 匕首を, 半ばは, 単一なる, 古くなつた, 同胞が, 吹きそう, 吹き出して, 唾, 問題だ, 問題に, 噴水が, 固まりやう, 垂る, 垂れたところ, 垂れる肩下, 垂れ滲み出, 塊は, 塊まりを, 声が, 多い青年, 大地惨, 大氾濫, 夫婦が, 奪いあい, 如き葡萄, 如き虹, 如く色づいて, 如く赤く, 始末だけでも, 子ほ, 家に, 密詔を, 小説も, 嵐争闘殺陣は, 巷を, 干乾びた人さし指, 年中行事が, 底に, 廻りが, 弱いせい, 形が, 御文, 復讐を, 循環との, 循行では, 思慮も, 恨が, 悲劇で, 惨劇を, 意識と, 慟哭が, 戦乱に, 所為であろう, 手も, 手袋の, 押さえがたい, 指紋を, 揺籃の, 故郷へ, 文字あり, 方が, 方も, 日曜日について, 晩御飯を, 暴風雨と, 曠野は, 最少を, 木剣と, 本能である, 染と, 染みた山刀, 染んだまま, 染んだ砂, 様にも, 欲求に, 止め度なき, 歴史と, 歴史を, 殖える感じ, 氣に, 氷れる, 汗の, 汚れなどは, 汚点たるを, 河自殺者の, 河骨の, 沼に, 泡沫が, 洗礼も, 流, 流るること滝, 流るるまで, 流るる限り, 流れあり, 流れたるに, 流れた床下, 流れと, 流れと共に, 流れぬよう, 流れる体, 流れる成上り者, 流れる足, 流れ淙々たる, 流動が, 浪の, 海から, 海その, 海であった, 海へ, 海妾の, 海峰右衞門は, 海文字花は, 浸んだガーゼ, 涎とは, 涙に, 淀んで, 深くわき出す, 混ずるを, 混つた臭い, 混入の, 清掃も, 温かみの, 温床を, 湖を, 湧き立つの, 湧き立つを, 湧く時代, 源泉として, 溜りの, 滲まない製作, 滲みだして, 滲み出た環, 滲むほど, 滲むやう, 滲む凄惨, 滲んだ手首, 滲んだ細い, 滴って, 滴で, 滴りつく思い, 滴りは, 滴り流れるまま, 滴ること, 滴るばかり, 滴る仔犬, 滴る大, 滴る指, 滴る陰気, 滴る頭髪, 滴点を, 漲ぎらない, 潮が, 潮の, 濁か, 濃いもの, 瀝とを, 炭酸瓦斯の, 炭酸量を, 為に, 焦げる臭い, 熱狂, 燃ゆるがごとき, 牛肉どころか, 犠牲者として, 狂いを, 玉が, 生々した, 異った, 疼きが, 痕あり, 痕とは, 痕なんか, 痕一つありません, 痕途断れ, 痰を, 相引く, 着いたま, 着いた女, 着いた派手, 着いた袢纒, 着いた金次郎, 磔脊に, 祭典, 秋, 秘密を, 笑ひ, 筋だ, 筋走る, 管の, 粘りで, 精花の, 糸, 紋章です, 純不純, 純潔だ, 終局が, 結晶の, 絵巻物に, 続いた人, 続きの, 網に, 線が, 縞に, 繋がって, 繋りだ, 罰が, 美しさ, 胸くれ, 脂を, 脈に, 脈搏と, 膏を, 自然に, 臭いや, 臭気が, 臭気を, 色さえも, 色だけが, 色であった, 色とては, 色全く, 花の, 花弁の, 若い秀吉, 苦しい抗争, 荒立って, 落ちるの, 蕩揺は, 行き渡って, 補いを, 覚醒に, 角は, 誤魔化しやう, 象徴に, 貴さ, 贈り物であった, 赤みが, 足痕も, 跡です, 跡なんか, 踊りを, 躍る心地, 轍を, 近い五等親以内, 迸りか, 退くやう, 通うと, 通うよう, 通う新しい, 通う音楽, 通ったもの, 通った女, 通った生きた人間, 通った醤軍百万, 通つた姿で, 通は, 通わない作文みたい, 通わぬ名人芸, 遊びに, 運行といふ, 運行は, 郷愁と, 酔に, 重みに, 鍛錬が, 関係も, 附いたよう, 附いた刀, 附いた布團, 附いた石臼, 附いた紙片, 附いた脇差, 附いた袖, 附いてないの, 附いてる事, 附着せる, 雨だれを, 雨ふる, 雫をすら, 零れたよう, 音, 音ばかり, 音血の, 顏の, 顫き, 飛ぶ筈, 飛沫という, 飲みものばかり, 饗宴, 香いを, 香で, 騒ぐの, 高鳴り, 魔が, 鳴る音, 黒ずんだ痕, 黴の

▼ 血~ (2509, 17.8%)

136 流れて 63 ついて 58 出て 52 にじんで 46 附いて 21 付いて, 滲んで 18 頭に 16 流れた 14 ながれて, 一時に 13 着いて, 通って 11 こぼれて, 上って 10 たらたらと 9 のぼって, 一度に, 流れ出して, 流れ出て, 滴って 8 したたって, 出る, 飛沫い 7 落ちて, 逆流する, 頭へ 6 ある, のぼった, めぐって, タラタラと, 凍るよう, 吹き出して, 噴いて, 垂れて, 引いて, 流れる

5 [11件] あった, こびりついて, 一つに, 乾いて, 出た, 出たの, 彼の, 急に, 流された, 流れるの, 滲み出して

4 [25件] あがって, かたまって, かよって, たれて, だらだらと, つながって, でて, ながれた, スーッと, 一面に, 下がって, 凍ったよう, 出てを, 出るの, 垂れる, 流れます, 流れ出した, 混って, 湧いて, 滲み出て, 逆流した, 頭から, 頭の, 飛んで, 飛沫く

3 [36件] あがるよう, たら, どくどくと, にじみ出して, にじみ出て, ほとばしって, まじって, めの, もう出ない, 今は, 入って, 凍って, 凍りつくよう, 出なかった, 出るほど, 出るよう, 多量に, 失われて, 心臓に, 染みて, 残って, 沸, 流れたよう, 流れました, 浸んで, 湧き上って, 滝の, 滴れて, 燃えて, 自分の, 迸って, 退いて, 逆流し, 降って, 顔に, 顳

2 [123件] あたま, あたまに, あって, あるの, あれば, あればこそ, いつか互に, いと生々しく, こびり附いて, こぼれたの, さっとひい, したたつて, したたり, したたりかかって, すうすう, すぐに, すこし滲ん, たくさんに, たくさん流れ, たなを, たまって, ついた, ついてる, ついてるの, とおる動脈, とめども, なかなか止まらない, にじみだして, にじみ出した, にじみ出た, にじむの, にじんでも, ねばりついて, のぼるほど, ぽたぽたと, プツプツと, ポタポタと, ムルムルと, 一と, 三分程の, 上った, 上ったの, 上つた, 上るほど, 傷口から, 凝結し, 出そう, 出ましたか, 出ます, 出ますよ, 出るか, 出るくらい, 出るその, 出ると, 出るに, 出るん, 動いた, 動けば, 口の, 吹いた, 吹きこぼれそう, 噴いては, 噴出し, 土に, 垂, 大層出る, 夫人の, 少し附い, 少な過ぎる, 引いたよう, 循環つて居る, 悉く逆流, 日本民族の, 時計の, 氷に, 泥に, 流れそう, 流れたの, 流れだして, 流れては, 流れるよう, 流れるを, 流れ出た, 流れ水, 浸んでゐた, 浸染んで, 温った, 湧き立つ, 溢れ出て, 滲む, 澄んで, 火の, 熱くなった, 玉に, 畳の, 皆どこかへ, 真赤に, 真黒に, 眼に, 私に, 私の, 続いて, 胸の, 脈を, 膠の, 荒れるといふ, 見えて, 迸しる, 迸った, 逆に, 逆上っ, 通い仏陀, 鎖に, 降るそう, 雑って, 頬から, 頬へ, 頬を, 顎から, 顔から, 飛び散って, 飛んだ, 騒いで

1 [1333件 抜粋] あが, あったとは, あったらなに, あつちや, あふれ敵, あり真, あるべども, ある血, あんなに固まつ, いくらかは, いったいどこ, いっぺんに冷たく, いまの, うかんで, うっすらと, おちました, おまえの, お前に, かかった, かかって, かすりついて, かなり赤い, きらいか, きらいな, こおって, この十人, この水, こぼれたもの, こぼれる, こぼれる筈, こみ上げて, ごっちゃに, さかまいた, さしていつもより, さし僕, させる業, さっと引いた, さわぎだして, した, したたる, したたろうと, しぼり出されたよう, じくじくと, すこしも流れ出ない, すっかり絞り取られる, すっと脳天, するどい一筋, ずるずる辷り, そこの, そっちへ, その体, その愛, その葉, そんなところ, たくさん出る, たちまちに, たらたら出た, たれそう, たれました, だらだら流れ, ついたので, ついた封筒, ついてたぞ, つかぬよう, つくだらう, つくん, つながっては, でるが, でると, とびだすの, とまった, とまらずに, とまるあ, どうしてあんなに沢山, どうして凍死, どくどく流れ出し, どくどく空, どっちへ, どっと流れ出した, どんどん出, ないの, ない蝉, なかなか止まらなかった, ながれそう, ながれだした, ながれるよう, なくなり量, にえ返って, にじみだしたという, にじみ出したと, にじみ出すの, にじみ前歯, にじみ込んで, にじむその, にじんだ細長い, にじんでるぞ, ねとねとと, のぼると, のぼる様に, ひいた, ひどいから, ひろがって, ふきだしそれ, ふきだすこと, ふき出して, ぶら下って, べつとり附い, ほとばしった, ほとばしるわたし, ぽおっ, ぽたぽた落ち, まじったと, またむら, また熱し, まだ静か, まみれて, みなぎって, みな頭へ, みんな頭へ, めが, めぐりだして, めぐるでしょう, もえあがるよう, やはり, わきかえるほど, わき立って, カッ, ガーゼで, クラクラと, コップを, サッと逆流, シャツの, スウと, スッと, タ垂れ, テムペラメンタル・テンデンシーが, ドクドク出た, ドンドン吸い取られる, ヒラヒラと, ファブルの, ブーッと, ベトベトとして, ポタポタ垂れ, ポッツリと, リズムを, 一ぱい寄つて来た, 一ぺんに, 一度にか, 一方に, 一杯つい, 一滴一滴つき, 一筋吹き上り, 一雫も, 三四尺も, 上ったよう, 上つたのか, 上つて娘らし, 上つて顏が, 上へ, 上り亢, 上体に, 上気した, 下りちまつて, 不気味な, 久しぶりに, 乱鬢と, 二三滴こぼれ, 二人の, 交うて, 交つたらしい, 交つてゐる, 京の, 今頃は, 付いちゃ, 付いてるの, 伝わるの, 伸子の, 何だか少し赤黒く, 何処か, 何處か, 俄に, 俺達の, 僕を, 先き, 入ったので, 全身に, 其の局部, 冴える, 冷えて, 冷え骨, 冷たくなった, 冷やされるの, 凍つて肉, 凍り唇, 凍り息窒, 凍るかと, 凍る思い, 凝固つた, 出それ, 出たからには, 出たと, 出たやう, 出たろう, 出た時, 出てから, 出てや, 出てるわ, 出なくて, 出ぬからと, 出ました, 出やした, 出るかと, 出るけれども, 出るじゃ, 出るだけさ, 出るです, 出るもの, 出る位, 出る其の, 切られた咽喉, 加わって, 動き肉, 動く血, 勢いよく廻る, 化したもの, 医専を, 半透明, 厚ぼったい繃帯, 双頬, 口から, 口を, 右の, 君たちには, 吸いたいという, 吹きでて, 吹き出し飛沫, 吹き出た, 呪いと, 噴き出して, 噴き出す, 噴き出た, 噴出て, 噴流すれ, 固まっちまうよう, 土の, 垂れました, 培われて, 外へ, 多い, 多くの, 多少とも, 大層流れる, 大賀一個の, 夫に対する, 好い絵具, 容易に, 寄ると, 小使の, 少くなっ, 少しずつ, 少し下降, 少し流れ, 少ないな, 少なかった, 少なく窓, 少年の, 山田には, 左右の, 差して, 幾条にも, 廻るの, 引いたの, 引くと, 彼等を, 後に, 循っては, 循環って, 心臟内に, 怪しいと, 悉く心, 惨み出し, 感じ血, 或る, 所々途絶え, 押し寄せて, 指の, 指差し, 散って, 新しい手摺, 新しくなれる, 日本民族中に, 春雄の, 暴れまわる, 有るが, 染って, 染みました, 染める, 染んだ時, 染んでるじゃ, 止まって, 止まらないの, 止まりませんので, 止め度, 殆ど見られない, 殖えたやう, 殘つて居る, 母親の, 気味悪く流れ, 永いあいだ, 汚れた阿片, 沁み出さねえこと, 沸いたよ, 沸き立ったよう, 沸き返るよう, 泌み, 泣くよう, 泥濘へ, 洩れたの, 活, 流されたか, 流されたん, 流れ, 流れこんだ, 流れたか, 流れたり, 流れた三百人, 流れだしたけれど, 流れても, 流れてるー, 流れなかった, 流れるか, 流れると, 流れるほどの, 流れるん, 流れる炎, 流れれば, 流れ出さずには, 流れ出しそれ, 流れ出した頃, 流れ出すこと, 流れ出たと, 流れ出るそれ, 流れ唸き苦し, 流れ武器, 流れ義人, 流れ込んで, 流浪人の, 浸じん, 浸み出ても, 浸んだ, 浸んで衣片, 涸れて, 淋漓として, 混つてる, 混り合っ, 湧いた, 湧きかえるの, 湧き出したと, 湧き起こって, 湧き返るほど, 湧くやう, 満ちて, 溜って, 溜まって, 溢れて, 溷濁した, 滲みそう, 滲みでて, 滲み出す, 滲んだ, 滲んでは, 滴った, 滴りは, 滴り姿, 滴り落ちて, 滴れますから, 滾, 漲りました, 潮し, 濁って, 濃い, 濛と, 点滴と, 焔に, 無駄に, 焦け, 煮えくりかえるよう, 煮えたつほど, 煮染み出したという, 熱くなりました, 燃えたもの, 燃え上るよう, 爪先から, 牛乳茶碗の, 犬の, 狂暴に, 生々しい, 生暖かく彼, 留まらず見る, 異常に, 発出的な, 白い皮膚, 白眼の, 百姓の, 目に, 眼の, 着いたの, 碧色に, 空襲警報に, 突然ぐらぐらと, 竹に, 米噛で, 糊の, 紐の, 細い泥, 絲を, 緑色である, 繻衣の, 背中と, 脈搏って, 脛を, 脳髄の, 自ずから人, 自由に, 色に, 若い人たち, 落ちた, 落ちるまで, 蔦代の, 虹の, 血が, 血を, 行燈に, 袴の, 襟から, 見たいと, 見られないこと, 許さない, 誰にも, 貴方にか, 赤い花, 赤くさした, 赤く糸, 走った, 走りさんさん, 走り止ず三日計, 躍, 躍るやう, 身体中を, 軽く躍っ, 迸ったもの, 迸り出た, 迸り紙帳, 逆かさ, 逆上し, 逆流する思ひ, 透き通つて, 通い合うという, 通い脈, 通うの, 通うムリロ, 通ってるとは, 通つた樣な, 通つてゐる, 通ふだ, 通わなくなり死, 道標へ, 金盥の, 鍋の, 長い間, 附いたと, 附いたらう, 附いてる, 附いてを, 附かないといふ, 附きいた, 附て, 附着し, 降るので, 集まって, 雑婚によって, 雨合羽の, 静まるにつれて, 頬の, 頭脳に, 顏から, 顏半分を, 顔中へ, 飛ばなかったと, 飛び散った, 飛び散りますが, 飛沫いたつ, 首の, 騒いだ, 騒ぎ出した, 驀然に, 高い脈, 高鳴った, 鳴る, 黒くならない

▼ 血~ (972, 6.9%)

27 まみれて 25 染んで 19 塗れて 18 染まって 17 染めて 15 染って 14 染みて 9 濡れて 8 なって 7 まみれながら, 飢えて 6 よごれて, 染まった 5 そまって, よりて 4 して, まみれた手, まみれた顔, 渇いて, 濡れた抜き身

3 [12件] ぬれて, 交って, 交わりて, 塗みれた, 染ったなり, 染った手, 染んだま, 汚れた袷, 汚れて, 燃えて, 飽いて, 餓えて

2 [50件] うえて, そめて, ちがいない, つながる一族, つながる者, にじませはぎ落して, にじんで, まみらし, まみれた全身, まみれた剃刀, まみれた太刀, まみれた拳, まみれた腕, まみれては, よごれたその, 咽せる, 咽ぶ断末魔, 塗れあたり, 塗れしを, 塗れたの, 塗れたる死骸, 塗れた死骸, 塗れつ, 塗れながら, 天鼠百足白檀丁香水銀郎の, 廻る気色, 染ったシーツ, 染つた, 染つたのを, 染まった白刃, 染みながら, 染んだお召物, 染んだ短刀, 汚れきった小具足姿, 波動を, 泣きて, 流れて, 浸って, 湧き上る時, 滲んだ言葉, 濡れた刀, 燃ゆる, 穢れて, 見える, 触れること, 近い日本, 近い朝鮮, 酔ったよう, 酔って, 非ず

1 [628件 抜粋] あかく染まりました, あずかるの, あり, ある, うえた幾点点, うけたもの, おのが, おびえた心, かすんで, かよう何, くっついて, ぐんぐんと, こだ, こびり附いては, さへ, しむ疵, すぐ敏感, すさんだとても, すべりながら, すべり屍, する物, すれば, せんといった, そまった, そまったエナコ, そまったズボン, そまった肉片, そまった鳩, そまつて, そまりつつ, そむ筆, そめた, そめられた木柵, そんだ白い, そんだ鎧, そんだ高笑い, そんでない, ただれて, つけると, つながって, つながるもの, つながる一人, つながる人々, つながる偉大, つながる勤労大衆, つながる可憐, つながる大切, つながる妹, つながる自分, つながる近親, つなごうと, なった左, なった眼, なつて, ならうとして, ならない前, なりながらも, なるから, なるだなぞ, なるの, なるもの, なんだか赤インク, にじむ眸, にじんだ古着, にじんだ臓腑, ぬらして, ぬらつきたしかに, ぬられて, ぬれたその, ぬれた匕首, ぬれた口ひげ, ぬれた懐剣, ぬれた手, ぬれた手足, ぬれた抜き身, ぬれた靴跡, ねばった銃丸, ひからびて, ひきつけられたの, ひたったまま, ひたつた足跡, ひとしい敵, ひびいて, ふくれて, まけて, まじった長い, まじって, まじらなければ, まみれそして, まみれた, まみれたなまなましい, まみれたに, まみれたる初, まみれたる戰利品オヂュシュウス, まみれたる顕著, まみれたガーゼ, まみれたダイヤ, まみれたナイフ, まみれたフーラー博士, まみれた両手, まみれた儘, まみれた兇器, まみれた口, まみれた右手, まみれた安吉, まみれた屍体, まみれた彼, まみれた悲し, まみれた日本剃刀, まみれた武右衛門, まみれた武士たち, まみれた白い, まみれた短刀, まみれた自由, まみれた若, まみれた苦力, まみれつ, まみれつつ, まみれてると, まみれようとも, まみれ傷, まみれ喘ぎながら, まみれ居たるを, まみれ気, まみれ皮膚, まみれ砕けて, まみれ穴, まみれ車臺, まみれ飢え, まみれ麗しい, みたされて, むせびつつ, めずらしい俊豪, もえて, よく似た, よごれそして, よごれたので, よごれたもの, よごれたる群, よごれた匕首, よごれた布テープ, よごれた濡れ燕, よごれた衣, 乾いて, 交われば, 代えるという, 代へ, 伝わったの, 伝わるいろいろ, 似たる瞬時, 似て, 依って, 光らせた, 入れて, 出来るだけ, 加うる, 包まれたその, 反抗しなけれ, 叫け, 吼えしめよ, 呼びかけた, 咲いた花, 咽びながら, 嘯く, 固まって, 土の, 塗られた, 塗られた一竿子忠綱, 塗られた奴国, 塗られた抗議, 塗られた顔, 塗られて, 塗りつぶされた, 塗れたかといふ, 塗れた乱れ髪, 塗れた凹みが, 塗れた匕首, 塗れた口, 塗れた姿, 塗れた手, 塗れた父, 塗れた肉片, 塗れた脇差, 塗れた花嫁衣裝, 塗れては, 塗れないところ, 塗れ帰ったと, 塗れ雨, 変じ傷ついた蜃, 変ったよう, 変化した, 大空の, 富みたる性, 尋いで, 属するもの, 巡り会わして, 巻いて, 底光りし, 彩られたまま, 彩られた無残, 心づくと, 怖ろ, 恟々せず, 恥じらいを, 感じられぬか, 憑かれた末弟, 戸惑うて, 持つ沈着, 指を, 揺らぐの, 擬わして, 於て, 於ては, 暈うた, 曇った刀, 染った, 染ったお, 染った一人, 染った刀, 染った剣, 染った唇, 染った指, 染った歯齦, 染った畳, 染った訶和郎, 染った陳君, 染った雪, 染つたネープの, 染つた片腕を, 染て, 染まさせたとは, 染まったところ, 染まったの, 染まったよう, 染まったろう, 染まった丸坊主, 染まった二人, 染まった儘, 染まった刀, 染まった匕首, 染まった女, 染まった指, 染まった指先, 染まった断末魔, 染まった月桂樹, 染まった武士たち, 染まった父, 染まった病衣, 染まった醜悪, 染まった長い, 染まった顔, 染まってる額, 染まつたでは, 染まつた凄い, 染まつた刀, 染まつた小米, 染まり一度, 染まり居たり, 染まり濁水, 染まるごと, 染まるの, 染みし呼鈴, 染みし己, 染みし祭り, 染みし踵, 染みたま, 染みたまま, 染みたり, 染みたる亡骸, 染みたる槍, 染みたる洋刃, 染みた一挺, 染みた二人, 染みた人々, 染みた刀, 染みた剃刀, 染みた姿, 染みた指, 染みた槍, 染みた毛皮, 染みた鎌, 染みつつも, 染みぬ, 染みました, 染み失神, 染み居候, 染み朱, 染み砂, 染み軟か, 染み顫, 染む, 染むやう, 染む衣, 染む金, 染めさせたこと, 染めた, 染めたま, 染めた大勢, 染めた短刀, 染めながら, 染められたの, 染められた顔, 染められ岩田義道, 染めるそう, 染りながら, 染り小さい, 染れた手, 染れる努力, 染んだお, 染んだずぶ濡れ, 染んだ一書, 染んだ個所, 染んだ刀, 染んだ古い, 染んだ右掌, 染んだ大, 染んだ太刀, 染んだ懐剣, 染んだ懐紙, 染んだ手拭, 染んだ摺り古木, 染んだ敷布, 染んだ日本刀, 染んだ柵, 染んだ歯, 染んだ死骸, 染んだ湖畔, 染んだ男羽織, 染んだ白い, 染んだ白無垢, 染んだ結び文, 染んだ花櫛, 染んだ草, 染んだ處女, 染んだ遺書, 染んだ部屋, 染んだ障子, 桑の, 気付いて, 氣が, 汚されて, 汚し, 汚すは, 汚れし殺人者, 汚れたので, 汚れたま, 汚れたるを, 汚れたる手足, 汚れた手, 汚れた手形, 汚れた衣服, 汚れてを, 汚れるの, 沁み込んで, 泌んだ, 泣くほととぎす, 泣く其の, 洗はれ, 流されながら, 流れ去るなり, 流れ合わされて, 浄めもどしたい, 浴した, 浸されて, 浸しそれ, 浸して, 浸った論告, 浸つて, 浸み渡る心地, 浸り床, 混じて, 混じると, 混ぜ合せるその, 混って, 清まらぬ世, 渇いた悪, 渇いた獸物, 渇きたり, 渇く咽喉, 渇く毒蛇, 渇く物凄い, 渇く辻斬病患者, 渇ける者, 渇したる喜三郎, 渇して, 温みが, 満ちたコップ, 満てり, 満足し, 溢れたそう, 溢れた紅唇, 溶け滴りさうな濃, 滑って, 滲んで, 滲んでを, 濁る床, 濡れた, 濡れた上鈴, 濡れた九寸五分, 濡れた剣, 濡れた怪鳥, 濡れた短刀, 濡れた素足, 濡れながら, 濡れ朱, 炎えた, 煙った, 熱く一命こ, 熱度を, 燃えた青年, 燃えついて, 燃えるの, 燃え一進一退, 燃え肉慾, 狂う手負い, 狂う美女, 狂う豼貅数万, 狂したやぶれかぶれ, 狂った一郎, 狂った男, 狂つた孫三郎は, 狂つた彼は, 生きながらの, 生涯した, 異様な, 痰を, 相違ない, 眉を, 真赤な, 眩んだ, 眼が, 移し人智, 立脚し, 笑む人, 筆を, 紅く染め, 罪を, 胸が, 脅えた一同, 膨らんで, 舌なめずりを, 色どられ, 蘇芳を, 蠅の, 触れたもの, 触れて, 触れ合った男, 觸れ, 變り, 赤い彼自身, 赤い波, 赤く塗られ, 赤く河原, 赤し, 走る刀, 足を, 通うこの, 違ひありません, 酔うて, 酔った気味, 酔わされたかれは, 長くそ, 関係が, 霜を, 響かない, 飢えた, 飢えたよう, 飢えたナイフ, 飢えた声, 飢えた恐ろしい, 飢えた憎悪, 飢えた猛獣, 飢えた藪蚊, 飢えてる恐ろしい, 飢え八ツ裂, 飢ゑたる暴徒たちも, 飽いた人間, 飽かせたこと, 飽かないこの, 飽かない性格, 飽きすぎて, 飽きること, 飽きるところ, 飽き足りて, 飽くばかり, 飽くまでそれ, 飽けと, 餓えた, 餓えたこの, 餓えた人間, 餓えた凄まじい, 饐えて, 饑えた, 駆られずに, 驚いたらしかつ, 驚く遑, 高い熱, 鳴く鳥, 黒く霞む, 黯むにおよびてまた叫び

▼ 血~ (663, 4.7%)

11 流れて 10 水よりも 4 こぼれて, 一時に, 一滴も, 出て, 私の 3 ついて, ひどかつ, もう流れ, 彼の, 復讐する, 流る

2 [44件] あなたの, いつまで, この時, それに, それを, どうした, どうしてついた, ない, ながれ, ひとつだ, ひとつの, ひどい, べっとりと, ほとばしり, 人間の, 俄かに, 俄に, 傷口から, 凍って, 口に, 同じで, 唇から, 彼女が, 彼自身の, 心臓から, 心臓に, 怒の, 決闘で, 沸, 流れない男, 海嘯の, 滾, 火の, 熱湯の, 皮膚の, 綺麗に, 血管の, 見えずして, 逆流し, 附いちや, 附いて, 雪を, 飛沫い, 鼻から

1 [516件 抜粋] あふれ毛髪, あまりに多情, あまり出, あまり出た, あらじ昔, あらそわれないやっぱり, あらそわれぬ, あるだろうが, いう迄も, いつかは, いまいずく, いよ, おおこの, おかしい, おそろしい, おれには, きれいに, ぐんぐん頭, けむり立つ, げにいと大いなる, こうして世に, こうして止める, ここで, ここに, こころよし, ことごとくみな, ことごとく頬, この人, この円, この少年, この部屋, こめかみの, これで, これより, こんこん馬蹄, こんなにも濃い, こんなふう, ささ, さっとほとばしり, さながらに, さらに逆, しと, すぐ変色, すこしも, すっかり止まった, すっかり異なった, すでに自由, すべての, そこに, そのま, そのままに, その兩方, その小, その心, その欲, その顔, そんなこと, そんなに早く, ぞっと凍った, たぎった, たぎりたった, たくさんこぼれ, たたかった, ちっともとれません, ついきのう, つかなかったの, つながって, つぶつぶと, でやがらねえし, とたんに赫怒, とまっても, とまらない, とまらなかった, とまりますのに, とまりゃしない, とろとろと, どうしてもだまっ, どうだ, どうにもあれ, どこへ, どんどんと, どんな具合, なお唸っ, なお若かっ, なかった, なかなか出, ながる, ながれて, なくならないであろうし, にがく狂, にわかに頭, のぼって, ひとつである, ひとりでに煮えくりかえった, ひやっこい, べつとりと, ぺーパーナイフの, また多分, まだとまらず, まだ一条, まだ床, まだ温か, まだ溢れる, みなパンだ, みるみる牛, みんな出, むだに, めぐりきぬ, もうすでに, もう乾い, もう固まりかけた, もう盲目的, もはやなかっ, やう, やはりとまらぬ, やはり執拗, やみようも, やや面, やれやれやれ, よく煮固め, よろこびの, わが子を, わが野山蔽, イヴニング・ドレスの, オオ恐ろしい, キキ等を, ズボンの, トオカルの, トラ十が, ニヴェルの, バルタザアルの, 一つに, 一切の, 一度に, 一應拭き清め, 一時甲部川を, 一滴でも, 一緒に, 一身の, 一造さんから, 一造兄さんが, 七尺も, 三枚目の, 上ずっても, 上りて, 下半身を, 両方の, 二倍にも, 二葉亭にも, 五体を, 亡びぬ, 人の, 人を, 人知らぬ, 人間にとって, 今までとは, 他人の, 他人よりも, 何ともいえぬ憤り, 余が, 俎の, 俺の, 兄さんの, 兄さんのから, 入らないアルト, 全く無駄, 全身に, 全身を, 全部神経と, 兩方の, 八方に, 其下を, 再び旧, 再度の, 冷える, 冷たい叩き, 冷却し, 凄く, 凍った, 凍つた, 凍るかと, 凍ッ, 凝まつて, 凝結し, 出しましたが, 出ずただ, 出ないが, 出ないの, 出ましたが, 出やがらねえし, 出るもの, 刀に, 刀身に, 分けて, 刎ね, 前よりは, 前よりも, 創口の, 劇場の, 劇的な, 勃然として, 動いた儘, 勿論凶, 化す千年碧, 博士が, 原頭を, 口から, 口の, 吐かなかった, 吐くかい, 君が, 吸い取られて, 咽喉の, 噴出し, 地の, 城の, 塗った血, 塗りましたものの, 外から, 多分に, 多少流れ, 夜叉の, 大したこと, 大刀に, 大嫌いだ, 大幅帳に, 大方豚, 大昔の, 大江を, 大河を, 大海に, 奔流の, 女性の, 妾が, 姿こそ, 宜しい手前, 家すじの, 容一郎と, 寒さ, 小さい心臓, 小袴から, 少しも, 少年たちを, 少年の, 尽くその, 尽く呑み込ん, 山で, 左の, 平次の, 幾か, 引いて, 張飛の, 当然の, 当然殺人者, 彼に, 彼らに対する, 彼女の, 御厨, 心の, 心地よき流れ, 心臟の, 必ずとまります, 忽ち顔, 恋恋の, 悉く拭, 情液と, 想像し得られる, 意識で, 愛国の, 我胸より, 我頬に, 戦場で, 戰場を, 押え切れなくなって, 拭き清めて, 拭ひ得, 指の, 控えても, 敵兵全部の, 文明の, 斬られたの, 斯の, 既に尽く沃がれ, 既に流され, 早くも, 明かに, 明らかに, 春の, 時としてあまりねばり, 暖かく柔かく脈打ち, 暖かく流れました, 月に, 朝から, 板塀に, 枯れ紙, 案外すく, 梅園の, 棄てた時, 楽しむの, 槍や, 橋桁から, 欄に, 次第に脈絡, 止つてる, 止まったよ, 止まっても, 正しくあなた様, 正しくひとつ, 歯の, 殿方ばかりの, 母方から, 毒殺した, 気味悪く青く光った, 氣に, 氣を, 水に, 水よも, 水分川の, 水玉と, 氷と, 氷の, 氷りたり, 河と, 河を, 沸いた, 沸きます, 沸き立ち名状, 沸た, 沸り, 波も, 波立ちます, 洗はれ, 流さない一つ, 流さなかつたの, 流さぬながら, 流された, 流るとも, 流る而, 流れたまま, 流れないよ, 流れぬ, 流れませんが, 流れる, 流れるじゃ, 流れるぢゃ, 流れ処々, 流れ出ず彼女, 流れ素肌, 流れ肉, 流れ霰弾, 消散した, 涌き返る熔巖, 涸れはてぬ, 淡い血, 温かいの, 湧いてな, 湧きかえって, 湧きかへ, 湧き上った, 湧き上りたり, 湧き返りて, 満ち溢れ華陀, 満面に, 溝を, 溢れて, 溢れ勇士, 滔々と, 滯つてゐる, 滴れる, 漆みたいに, 漢室の, 漲り注いで, 潮時と, 潮水で, 濃い, 濃いもの, 濃くながれ, 濃く流れ, 烈しくわし, 無くなったが, 無駄に, 煮える, 煮え肉, 熱く沸, 熱く頭髪, 熱しやすく, 燃えぬ, 燃えんと, 父たる, 父の, 物狂おしく男, 狂暴に, 猛烈な, 猛烈に, 生きて, 生れて, 生命の, 生涯ついに, 甦え, 甲板に, 留まつた, 留らず圧, 異国にこそ, 疵口より, 白い雪, 百年先へも, 皆んな袷の, 皆燃え立つ, 皇国の, 皇帝の, 真の, 真白に, 着いて, 碧い, 磁石に, 祖先の, 神壇に, 穴の, 筆に, 算盤を, 紅玉, 絶えず腸, 絶え間なく, 続いて, 線路の, 繋らずとも, 義朝に, 老人が, 耳に, 耳廓に, 肺からの, 脈々と搏, 脳漿を, 腹の, 腹の中へ, 自分に, 自分にも, 自然な, 自由に, 舟中を, 若い血, 苧環の, 荒ぶる, 荒れて, 薄いこの世, 薄いもの, 薔薇涙は, 血桶へ, 袖に, 袷を, 裾へ, 襟から, 見えないもの, 見えるが, 見る見る黄ばんだ土, 誰が, 誰の, 赤いから, 赤児の, 足の, 身の, 身を, 逆さに, 逆上し, 逆流した, 通って, 通は, 通わなかったろう, 遂に身, 遠くっても, 酔ひ, 重くて, 金盥を, 針金を通して, 鉄血の, 銀之助の, 間違わないもの, 附けません必ず, 限られた区域, 隨分念入りに, 雨に, 雪に, 雪の, 静まった, 頸筋へ, 顏か, 風雲に, 飛んで, 首から, 驚くほど, 高い脈, 高貴な, 高鳴って, 鳴り肉, 鷄頭の, 麦藁の, 黒い, 黒くなる, 鼻の, 鼻孔から

▼ 血だらけ~ (403, 2.9%)

55 になっ 24 にし 15 になった 14 になつて 13 の手, の顔 9 になつ 8 の匕首 7 だ, なの 6 にした, になり 5 になる 4 の男 3 な死骸, の両手, の口, の短刀, の脇差

2 [30件] だ血だらけ, でした, です, ですから, な, なん, な匕首, な奴, な手, な晩め, な柄, な母, な男, な脇差, になりまし, になりました, のナイフ, の中年男, の剃刀, の右手, の婦, の棺, の死骸, の犬, の着衣, の細い, の羽織, の肉片, の衣類, の袖

1 [142件] じゃと戦いた, じゃない, じゃ歩行, だし, だった, だったそう, だと, だよ, で, であった, であの, である, でこれ, でご, でございます, でそりゃ, でとりわけ, でなお, でなかった, で一間, で來, で分らなかった, で師匠, で戻った, で犬, で虫の息, で見えない, で這出し, という姿, なお松ちやん, な刃物, な半面, な塊, な妻, な姿, な幽霊, な拳骨, な掴み合い, な格闘, な槍, な歓楽, な殺し場, な清玄, な牛, な生, な矢, な絵巻, な緋, な美女, な老, な肉切り台, な英雄, な袷, な足, な頬白, な顔, な食蜃人, におなり, にしてやった, にする, になつた, になつてブツ, になつて息, になつて横, になつて眼, になつて突, になつて轉げ, になられたら, になッ, に成ってる, に成つて, に掻, に撲たれた, に致す, のあの, のガアゼ, のガーゼ, のコオト, のゴツホ, のタオル, のベロヴゾーロフ, の体, の八五郎, の出刃庖丁, の刀, の女, の娘, の安楽椅子, の寝具, の少女, の屍骸, の左手, の幽霊ふたり, の抜刀, の拔刀, の拔刄, の日和下駄, の模型卵, の櫓柄, の武士, の死体, の死體, の牛, の物, の玄翁, の疊, の白チョッキ, の眼, の着物, の矢, の短剣, の私, の稚児, の竹槍, の絨毯, の肉, の胴金, の胸, の腕, の腫れ, の膝頭, の苦力, の襤褸みたい, の足, の軍鶏, の運転台, の部屋, の重傷, の鉄鎚, の鋭い, の防空頭巾, の雜巾, の青い, の面, の頭, の頸, の顏, の顔面, の馬乗袴, の魚, の鯊, よ

▼ 血~ (369, 2.6%)

13 肉と 12 肉の 10 なり肉 7 泥に, 泥の, 肉とを 6 涙とを, 涙の, 肉を 5 汗の, 血の 4 肉との, 肉に

3 [11件] いっしょに, 一緒に, 汗に, 油で, 泥と, 泥とに, 涙と, 涙を, 肉が, 肉とが, 血が

2 [32件] いえば, ぎらん草の, この女, なって, なつて, なりて, 一所に, 云ふ, 剣の, 同じもの, 同じ血, 同温, 塵に, 怒りの, 汗で, 汗とに, 泥との, 泥土に, 涙が, 涙さへ, 涙とに, 涙に, 疑着, 砂, 砂の, 穢との, 肉とに, 肉とを以て, 肉は, 膏で, 自分の, 血を

1 [180件] あぶくが, いのちの, いま同国の, おもわれるもの, お信, からみあった, そして何枚, その子, それの, つき纏って, ともの, どんな脳髄, なす本能, なったの, ならう, なり, なり切って, なり涙, なり燃, なる, なるから, なる代, なる確か, によつて, ほこりに, ましろい, まじつて, わりに濃い, スープを, テーブルの, バタの, 人体形成の, 仲太郎の, 伝統に, 信仰を, 倶に, 傷とを, 兄の, 共に憂ひ, 兵燹を, 凡愚を, 出遇, 加害者の, 匂いを, 叫びに, 叫喚の, 号づく, 合流し, 同じ性質, 同じ色, 呪われた身, 土に, 土地と, 土足の, 埃とで, 城下の, 塵埃に, 多くの, 婦人の, 小さな領地, 少しばかりの, 屍體とを, 己の, 平和を, 弾薬の, 心とを, 思い定めた, 意志に, 愛情で, 成つて紅の, 手, 暗とを, 朝鮮と, 朝鮮人の, 槍と, 死骸を, 殉教とを, 氣とは, 汁に, 汗, 汗が, 汗とで, 汗との, 汗とを, 汗を, 汚穢はた, 油とが, 泡と, 泥が, 泥とで, 泥ねい, 泥を, 涙で, 涙とが, 涙を以て, 淋巴液が, 混じると, 混った, 混らない, 混り, 潰された肉, 火の, 炎との, 炎の, 焔の, 煙硝の, 煙草, 熱い血, 熱とが, 熱との, 熱に, 爆弾の, 片足を, 牛の, 獣の, 生命との, 生命とを, 生活への, 生活力とを, 白粉の, 相別る, 相離れぬ, 知って, 石炭酸の, 砂で, 砂と, 砂に, 筒の, 粉雪に, 精神に, 紅の, 純粹, 紫花の, 聞いたらまた, 肉から, 肉で, 肉とで, 肉とによって, 肉なりと, 胸を, 脂と, 膏とで, 膏に, 膏は, 膏を, 自由な, 色を, 蛇と, 蛇の, 血との, 襤褸に, 西班牙人の, 見えない顔つき, 見たの, 誠実は, 讚むべ, 財力を, 趣味とを, 輝いた眼, 返り血, 運命とが, 違うところ, 違ふところは, 酒を, 酸っぱい臭い, 醤油とに, 金に, 闘ひとの, 陰火が, 雨と, 雨に, 雪と, 青い皮膚, 頭丈け, 飢餓の, 骨と, 骨の, 鬪いと, 黄金を, 黒い血

▼ 血~ (284, 2.0%)

59 涙も 14 肉も 7 出て 5 ついて, 流れて 3 あり涙, 何にも, 熱も

2 [11件] ある又, きれいに, 万引の, 何も, 何んにも, 凍るよう, 出た樣子, 出つ, 大分に, 沸かば, 絞るの

1 [163件] あり多く, あり肉, あり誠実さ, あれば, いっさいの, うずいて, おのずと凍る, おれの, お駒, ぐるぐる狂い廻っ, しこり肉, すこし出, そう大した, そのまま一落, それに, たかぶるし, つながって, てつぐなひあがなひし, てなれを, でない村, どうやら鼻血, ないし, ない武士, ない気遣い, ながさず八幡山, ながれて, なき單, なくなったとき, なく涙, なんにも流れ, ねえで, はいって, ひとつ両親も, ひとつ信念も, ひどかつ, みずに, もう止つて, わこうが, 一つの, 一應は, 一髮の, 乾いて, 乾かぬこの, 乾れ, 付いちゃ, 付きますよ, 何らの, 何んに, 何等の, 俺の, 全く冷え, 兵馬を, 内證, 冷えし, 冷えて, 凍えて, 凍えるばかり, 凍り, 凍るかと, 凍る思い, 出た容子, 出つづけなもん, 出ない, 出ないの, 出ない上, 出なかった, 出ぬ眉, 出ねえん, 出ねえ昨日今日, 匕首で, 十中八九おけかか, 去喪, 同じ色, 吐かねば, 吐かんばかり, 吐くよう, 吹きこぼれ五体, 呪われては, 呼吸も, 命も, 固まらず體温, 固まりかけて, 墓から, 外れて, 多く交, 夢より, 大抵止まっ, 巖に, 彼処に, 心も, 忘れて, 情意も, 感情も, 拭いたんぢ, 採って, 新たに, 春から, 止めて, 止り痛み, 残されて, 毒も, 水の, 水も, 汐も, 泪も, 洗い消された後, 洗つた, 流さずに, 流さず金, 流さないで, 流れたから, 流れては, 流れなかった, 流れなければ, 浴びてないぢやありませんか, 浴びなかつたこと, 浴びねえという, 混じて, 混って, 混り, 温まって, 湧き勇気, 湧く, 湯津石村に, 滲み出た, 滴さない, 濃い母方, 濃く交じったであろう, 父母の, 珠江夫人ので, 留ったが, 留つたが, 立派に, 絞りつくして, 絞るん, 続いて, 草も, 落ちて, 血と, 見えないし, 見ずに, 見せずまた, 見ぬつまらぬ滑稽, 見ようというくらい, 踊り出せとばかり, 躍り始めた, 躍るだろう生き甲斐, 躍ろう, 迸しらん, 通うとれば, 通って, 通は, 通ひ, 通ふ, 通わないよう, 酒の, 附いちや, 頭から, 飛散るわけ, 饐え, 骨までも, 骨も, 黒くなる

▼ 血~ (278, 2.0%)

30 血を 9 真赤に 5 汚れて 4 あつた, 彼女の, 書いて 3 もって, 染まって, 真ッ赤

2 [18件] かたまって, この裁き, ござります, その悪霊, それを, つながって, まっ赤, よごれた手拭い, 固まって, 書いた青木淳, 染って, 染めたよう, 染めて, 汚れましたが, 汚れるの, 濡れて, 穢してよ, 自分たちの

1 [177件] あつて, あらうこの間, いえば, いたいたしくそまっ, いっそう美しく, いっぱいに, うちたてられたの, お前の, お穢しなさる, お経, けがしたの, こね廻したよう, すっかりよごれた, すべるだろう, ずぶ濡れに, ずるずるし, せう, その女, そめたもの, つながれた姉妹, どす黒くなった, ぬらぬらする, ぬる, ぬれて, はござりませぬ, はござりませぬか, びしょ濡れに, びっしょりに, ふさがれた眼膜, べとべとし, べとべとに, ぽっと燃え, まっかに, めぐる思ひが, もつて, よごされそのうえ, よごした, よごして, よごれた古, よごれて, わが生血, アスファルトに, ベトベトに, 一ぱいに, 一應は, 一杯です, 一杯に, 三股金剛杵を, 丹念に, 二の腕に, 今も, 以て, 伝わって, 傷者の, 充たされ炭火, 全身朱に, 全身黒く, 判を, 印を, 固くなっ, 固められて, 土が, 埋まつて, 堅まっ, 塗って, 大書し, 女髪兼安の, 家鴨の, 封印が, 小さい胸, 布が, 彩られたか, 打ち返す極悪伊右衛門, 払わせるぞ, 指が, 捺した私, 捺して, 描いたもの, 描いた旗, 描かれた曼陀羅紙帳, 描かれた美花, 故意に, 斑紋を, 書いたこと, 書いたという, 書いたの, 書いたもの, 書いたよう, 書いたらしい一行, 書いた中頃, 書いた奇妙, 書いた小菊, 書いた手形, 書いた手紙, 書いた白絖, 書かれた, 書かれたかの, 書きかけたお, 有るか, 朽葉色に, 染まった, 染めたパピルス, 染め上げた布, 染め上げられ肉, 染め色紙, 格子から, 桃色に, 梅吉どんが, 歌を, 毛が, 汚されたから, 汚された歯骨, 汚されましたが, 汚したこと, 汚したもの, 汚しちゃ, 汚して, 汚しては, 汚れかすり傷, 汚れた土, 汚れた手, 汚れた鬼魅, 汚れる筈, 沸くばかり, 注がれなければ, 洗ったって, 洗れた, 洗われた職場, 浄めた, 湖水の, 湯を, 溝を, 濡らした姿, 燃えるよう, 爪印を, 犯人の, 相手の, 眞紅に, 真っ赤に, 真赤だ, 着物の, 短刀を, 私が, 穢しては, 穢れたと, 穢れないよう, 糊づけ, 紅斑, 結び付きたい願い, 縞を, 縫おうと, 繋ったもの, 耕されるよう, 肌へ, 肥つたまるで, 肱を, 色付いたと, 血達磨の, 褐色に, 買つた宝である, 購われた満, 贖います, 赤くな, 赤くなった, 赤く染りました, 赤門に, 赤黒く汚れ, 辷っては, 道が, 醜く彩られ, 鈍るほど, 顔が, 願いとおそうという, 骨も, 黍の, 黒くなる, 鼓動し

▼ 血~ (98, 0.7%)

15 の匕首 9 の短刀 7 の脇差 5 の手形 3 の剃刀, の袷, の襟巻 2 のハンカチ, の小刀, の布, の手紙, の文章, の斧, の武具, の浴衣, の腕

1 [35件] になっ, になった, になりました, のごとし, のその, のもの, のテーブル, のボロボロ, の上塗, の二梃剃刀, の凧絲, の出刃, の刄物, の切出し, の半紙, の名月, の姿, の寝巻, の寢卷, の彼, の揚弓, の旗, の槍, の玄翁, の石臼, の紐, の細紐, の草履, の衣裳, の部屋, の鉄棒, の鎧, の頬, もない, 御書

▼ 血~ (81, 0.6%)

13 血だ 5 まりの 4 ということ, ッ 3 まりが, よ 2

1 [47件] えっ, から駕籠, か人間, か解った, がなあ, けらな, ぞ, つたな, つたのか, つた相です, つて固まりかけ, つて恐怖の, つて言ふんだらう, という, というの, といっ, とか後天, としてあんまり, とする, と云った, と分かれ, と思った, と意識, と断言, と私, と答えた, な, なあ, なという予感, などと言, などと言う, なんて, ね, ねえ, のに, まりに, まりを, まりん, もんです, よどうして, よわし, わ, 傷敗け, 殺戮だ, 美しい血, 血で, 血血ぬらぬら

▼ 血しお~ (63, 0.4%)

2 を浴び

1 [61件] が, がこぼれ, がつい, がほとばしった, が光っ, が刎, が塗れ, が嫉妬, が宙, が小, が拡がった, が月, が朱, が氷, が流れ, が滲み出し, が睫毛, が胸, が膝, が顔, で染んだ, とともにその, とともに腕, と共に障子, にはまみれ, にはやがて, に彩った, に染み, に濡れた, に眩暈, に眼, に等しい, に袂, に違い, に駒, はきれい, はひとつもの, は今, は具足, は心臓, は洗われ, は黒く, もこぼれ, もすぐ, もつい, よりもそこ, をかぶっ, をそっと, を両手, を以て詔詞, を出し, を噴い, を圧し抑え, を塗っ, を持っ, を撒い, を注ぎ入れた, を湛え, を見, を見よう, 馬も

▼ 血しぶき~ (45, 0.3%)

2 が立った, は全紙, を見

1 [39件] から血しぶき, がいっぱい, がとび, がとん, が光, が壁, が天井, が散っ, が立ち, が立っ, が胸, が附着, だ, ついでに, で顔, と, とともに斬り落され, と煙, におびただしく, に染められ, に染める, のあと, の下, の中, の衣服, の音, は今, への移行, へ武蔵, もろとも, をあげ, をくれよう, をたてる, を噴きあげ飛ばし, を打, を散らし, を浴び, を浴びる, 一つの

▼ 血~ (45, 0.3%)

2 にじむわが, 人間の, 捩がれた腕, 潜伏や, 肉で, 肉の, 膏が

1 [31件] この下駄, ないか, 呼吸で, 命なら, 天分だけ, 感情が, 植込の, 汗の, 油などについて, 油を, 泥で, 泥に, 泥まみれな, 泥や, 熱涙したたる, 生々と, 白刃に, 穴は, 肉から, 肉が, 肉や, 肉を, 腐肉が, 膿に, 膿や, 臭いが, 血や, 解剖学教室で, 通うと, 骨を, 黒い血

▼ 血~ (38, 0.3%)

8 ほした 32 おとは, ほしたたる

1 [23件] おと見, おどめ, おのあとだけで, おのうごき, おのつながりを, おのな, おの上を, おの下に, おの中に, おの中へ, おの匂いも, おの手から, おの手で, おの手型が, おの斑痕は, おの沸りで, おの滝とも, おの紅色にも, おの花火に, おの虹を, おの酔いから, おの霧が, ながら役所

▼ 血でも~ (38, 0.3%)

2 吐いて

1 [36件] あった, こぼして, しらべるかと, する他, ない, ないこと, ないし, ないと, ないの, なくけ, なくそれ, にじみ出そう, にじむかと, ひいてるよう, 出したら, 出ては, 取られては, 吐いたか, 吐いたの, 吐いたらどう, 吐いたん, 吐きやしないかしらと, 含んだよう, 吹き上げたならば, 咯く, 多少は, 多少はいっ, 注ぎこまれたような, 洗った為, 流れて, 混入し, 肉でも, 落すよう, 見るかと, 見るよう, 附いて

▼ 血飛沫~ (38, 0.3%)

4 の中 3 を浴び 2 です, のあと

1 [27件] があり, があるだらう, がかかっ, がし, がベットリ附着, がモノ, が壁紙, が散っ, が散った, が紙帳, が障子一面, たてて, で全身蘇芳, で汚れた, によって作られた, の虹, の間, の障子, の雨, はこんな, はひどい, は昏, も少な, を受けた, を残し, を浴びた, 乱れ流れたる明障子

▼ 血のり~ (30, 0.2%)

2 で汚れた

1 [28件] がつい, がゆき子, がトロトロ, がベットリ, がポトポト, が川, が流れ, が流れ出す, が芝居, が頬, が顎, それが, でも落し, で肌, の中, の曇り, の滴, の臭う, をおの, をぬぐっ, を両手, を拭い去ろう, を拭き取り, を拭っ, を用い, を綺麗, を自慢, 警察裁判所牢獄絞首台恋人愛児畑柳家財産唇の

▼ 血溜り~ (30, 0.2%)

4 の中 2 のなか, のよう

1 [22件] から小僧, が一つ, が丁度, が出来, が湿った, になっ, に倒れてる, に引つ, に膽, に蔦代, の上, の外, の無い, の真ン中, はあります, は少し, は枯草, は見る見る, へ落ち, もなく, をつくっ, を発見

▼ 血を以て~ (27, 0.2%)

2 書いた此, 書く

1 [23件] これに, する奉公, 今後国家の, 佃る, 保護せし, 償って, 印すべきもの, 塗つたのだ, 天下の, 彩られた罪悪史, 得たる彼万国平和, 描いた五六千年, 日本潜入を, 書かれたる懺悔録, 歴史を, 氣を, 祈りを, 義清を, 買い戻そうと, 買ひ戻さう, 購へる, 贖うべきであると, 身を

▼ 血~ (26, 0.2%)

6 ヲ測 2 の高い

1 [18件] が少し, が高い, と注射, にガン, の検査, はいくらでも, は低く, は再び, は決して, は百九十餘, も一八〇, を絶えず, を血壓計, ノ変動ガカヨウニ激シイノハヨロシクナイ, ノ安定, ノ検査ヲシテ貰ウ, ノ際ニ旅行ハ思イモ寄リマセン, ノ高

▼ 血~ (26, 0.2%)

4 の花 2 にちがい, の種子

1 [18件] かなあ, がうごきます, がさい, がそこ, が咲いた, が血, とは珍しい, とよぶ, とよん, と極まれ, などと申す, の, のある, のなか, の真, の赤い, を掘り返した, を染むる

▼ 血けむり~ (25, 0.2%)

3 の中 2 となっ, を後

1 [18件] が廂, が立ちこめ, これに従い, といっしょ, と碧血, と馬煙, にさせた, につつまれ, に暗く, に赤く, の下, の叫喚, の血なまぐさ, を揚げ, を立てる, を見給え, 地ひびき組んずほぐれつ, 石火矢で

▼ 血へどを~ (23, 0.2%)

11 吐いて 2 はいて 1 吐いたもの, 吐いた影武者, 吐いた死骸, 吐いた首, 吐かして, 吐かせて, 吐きに, 吐き汝それ前, 吐き谷, 吐くほど

▼ 血まつり~ (23, 0.2%)

3

1 [20件] として陶山, とすべし, などはもってのほか, にあげん, にいたす, にされ, にしよう, にしろ, にする, にだ, に上げ, に先頃, に捧げる, に斬っ, に斬り捨てた, に討っ, に軍神, の犠牲, の血, の贄

▼ 血~ (22, 0.2%)

2 斬られたの

1 [20件] そこの, その筆, ほとんど目, ガソリンか, 人の, 何か, 多分兩方, 映じる朝陽, 残るの, 水であろう, 油か, 沼か, 泥か, 泥が, 炎か, 牡丹に, 猿の, 私の, 肉か, 肉かも

▼ 血ぶる~ (22, 0.2%)

8 いを 5 いしながら 4 いして 2 いした 1 いしつ, いとともに, いの

▼ 血~ (22, 0.2%)

2 をへだて

1 [20件] すでに, と化した, の乱闘, の勝どき, の大, の天地, の惨状, の戦場, の激戦, の間, は秋, へさらに, をつくっ, を作った, を大刀, を渉, を現出, を築く, を見, を越え

▼ 血から~ (21, 0.1%)

1 [21件] いえば, いろいろの, なり彼ら, 作った物, 傳はつた, 出たこと, 判斷する, 咲き出た花, 大洋を, 成ってる者, 涙から, 生えたという, 生えた今, 生まれた大蛇闇山祗, 病毒を, 立ち昇って, 糸を, 紫の, 解き放され肉, 醒めて, 離れて

▼ 血である~ (21, 0.1%)

4 ことを 2 か女, ことに

1 [13件] かあるいは, かということ, かによって優しく, から, かを言い当てさせる, か否, がごとく, ことだ, この化け, と医師, と言い得る, にしろ, 旨を

▼ 血では~ (21, 0.1%)

3 ない 2 ないか, なかった, なくて

1 [12件] あったが, ありませんから, ないかと, ないから, ないと, ない境遇, なかつた, なかろうか, なく昨夜, なく染付け, もう薄い, 穢されますまい

▼ 血のけ~ (20, 0.1%)

3 を失っ 2 のない, の多い, もない, を失い 1 に泣きぬ, のうすい, のなかっ, の胸, は一つ, もそして, も出, をひいた, を失った

▼ 血しほ~ (18, 0.1%)

7 はたんぽぽ 2 の夫鳥 1 がゆるやか, が流されてる, に書きし, に染める, の烟, は小径, も冷え, を刺し, 黒煙り

▼ 血~ (15, 0.1%)

4 んだ 2 ま臭い 1 のだ, のである, のでした, まあぐさあし, ま臭く, もんかね, んざあ搾らねえで, んでございましょう, んでしょう

▼ 血~ (15, 0.1%)

6 ぶれに 3 びれの 2 びれで, びれに, ぶれの

▼ 血~ (15, 0.1%)

1 [15件] いまださだまらざる, であつ, に任せ, に驅, の子ら, の徒, の者, の若者, の若者ども, の若者等, の衰, の頃, は遂に, を覺, 盛りなる風貌

▼ 血~ (15, 0.1%)

3 が浮い 2 の浮いた 1 に, のついた, のべッとり, のべツとり, の曇っ, は古く, をながしたら, をのせた, を洗, を落さした

▼ 血には~ (14, 0.1%)

1 [14件] おどろかぬほう, なりきって, まだ故, 多分に, 強烈すぎた, 放浪の, 歓楽に, 母の, 気が, 氣が, 激しい熱, 無視された, 自分と, 違ひありません

▼ 血ぬられた~ (14, 0.1%)

1 [14件] その太刀, のを, 三万の, 五月一日の, 人間の, 刀を, 大刀を, 太刀を, 槍を, 物干, 短刀を, 立身出世の, 統計は, 陣刀と

▼ 血らしい~ (14, 0.1%)

6 ものが 4 ものは 1 ものと, ものの, 生あたたかいもの, 跡が

▼ 血~ (14, 0.1%)

2 に染みし, の光 1 が落潮, の, のお, のよう, の奮闘史, の恐るべき, の海, の火, の火花, の雲

▼ 血紅色~ (14, 0.1%)

3 の陣羽織, をした 2 の経帷子 1 と黒色, なんかどう, の凄き, の日, の草, の鳥冠

▼ 血なんか~ (13, 0.1%)

2 附いちや

1 [11件] 一つも, 付いちゃ, 出たければ, 吐いたらいい, 少しも, 幾らも, 引いて, 流れても, 浴びて, 着けて, 附いた物

▼ 血によって~ (13, 0.1%)

3 記されて 1 たちまち修繕, 伝わり夜, 印刷された, 変に, 大きくなり, 天の, 天井も, 感じて, 構成せる, 物を

▼ 血臭い~ (13, 0.1%)

2 ものが

1 [11件] お人, においが, においに, ので暫く, ものも, 世間は, 大地に, 姿の, 生活を, 身装を, 顔も

▼ 血~ (13, 0.1%)

1 [13件] だけは必ず, といい, になる, はシナ, をば四辺, をよく, を取っ, を取る, を商う, を求め, を砕い, を納める, を買うた

▼ 血とも~ (12, 0.1%)

1 [12件] つかぬよう, まごう涙, るつぼの, 思えない血, 涙とも, 煤とも, 肉とも, 脂とも, 見えて, 見えない液体, 謂っつべきなり, 雨とも

▼ 血まで~ (12, 0.1%)

1 [12件] こぼれて, しぼる気, すすられちまう, 吐く, 啜り合った四人, 塗つた, 塗つて置い, 流させたと, 耗る, 見せたその, 附いて, 附けて

▼ 血~ (12, 0.1%)

2 の彼, を 1 ある男子, というもの, と烈々, と献身的精神, に過ぎたりき, の有する, の男児, 大雅

▼ 血薔薇~ (12, 0.1%)

3 の花 2 とて 1 が歌っ, が芽, のよう, の一曲, の呪詛, の送り主, をお前

▼ 血など~ (11, 0.1%)

2 ある筈, 有りは, 有る筈 1 出るの, 嘗め合って, 洗い落して, 見ずと, 附けて

▼ 血にも~ (11, 0.1%)

1 [11件] えはじめて, ひいて, よごれて, 一脈の, 女ばかりは, 汚されて, 流れて, 病菌が, 肉にも, 関係は, 飽くまいかと

▼ 血~ (11, 0.1%)

1 [11件] 以テ窒息セシメタ各国, 以テ血ヲ, 出シタコトガ何度モアッタワ, 加ヘ, 吐イテ止マズ, 吹キアゲルママ流サレテ, 洗フガ如シ, 流ス日, 藉イテ, 見タヾケデモ大事, 見ルト

▼ 血一滴~ (11, 0.1%)

2 まぜしこと, 浴びて 1 こぼれても, でもお, まじって, も残りおらず, 下るごと, 出ないくらい, 出やしないから

▼ 血~ (11, 0.1%)

1 [11件] という秘密結社, といえ, と暁団, のダムダム珍, の一味, の巣窟, の幹部連, の死, の連中, の闘争, はあの

▼ 血じゃ~ (10, 0.1%)

1 ありませんよ, ないか, ないかと, ないかな, ないでしょうか, ないの, ないよ, ないん, なくて, ねえかね

▼ 血~ (10, 0.1%)

5 めの 1 あまり若き, めに, ゆらぎしと, 光る, 猶わかき

▼ 血とで~ (10, 0.1%)

2 掌が 1 できてるもの, 固むるのほかはないと, 建立した, 戎衣は, 成った惨め, 脹らんだ頬, 著け, 蘇芳でも

▼ 血とを~ (10, 0.1%)

1 一つ器に, 交ぜたよう, 交ぜて, 併せ泄, 吸ふ, 塗り中, 承け伝えた人類, 比べたの, 犠牲に, 継ぎ荒々しい

▼ 血よりも~ (10, 0.1%)

1 人の, 塩が, 水を, 紅いかと, 紅い芥子, 紅い茎, 紅に, 美しい鶏頭花, 赤い西, 鮮やかな

▼ 血~ (10, 0.1%)

1 が黒く, と化, になった, にまみれた, にまみれ終るだろう, によごれ, に染れた, に見えた, もそのまま, を掴んだ

▼ 血~ (10, 0.1%)

21 つた, つたやう, つてるん, ひたる自由党, ひたる自由黨, ふてしまはずには, ふな, ふ前

▼ 血あり~ (9, 0.1%)

3 肉ある 2 涙ある 1 涙あら, 涙あり, 涙の, 清き肌

▼ 血という~ (9, 0.1%)

3 ものは 1 ものが, やつは, 奴は, 奴ァ, 感じさえ, 血は

▼ 血筆帳~ (9, 0.1%)

2 の旅 1 のもち主, の一冊, の話, をひもとけ, をふところ, を取り出し, を示し

▼ 血~ (9, 0.1%)

1 が行なわれ, してまで, として意識, の場, の朝, の真っ, は勝利, をする, を起し

▼ 血あぶら~ (8, 0.1%)

1 と背なか, にかくれ, に染んだ, に飽き, の染み, の漲った, の色, は水面

▼ 血こそ~ (8, 0.1%)

1 ちがえ姉, つながつて, 上りたれ, 噴いて, 洗われて, 流さないが, 繋がって, 陰険で

▼ 血さえ~ (8, 0.1%)

1 ない傷口, 出して, 少し止まれ, 浴びたまま, 滲んで, 滴った, 燃えて, 発見されない

▼ 血だった~ (8, 0.1%)

1 かどう, かもしれない, が家, そうです, のである, んだ, んだろう, 事を

▼ 血です~ (8, 0.1%)

21 か蒼い, が, がその, がね, が其處, ね親分

▼ 血とが~ (8, 0.1%)

1 こね返って, たちまち冷たい, 力強く交流, 必要だ, 混り合っ, 生きて, 私の, 虹いろ

▼ 血とは~ (8, 0.1%)

1 剣を, 友達だ, 實に, 思えないほどの, 思えなかった, 認めない, 違って, 違つて内臓から

▼ 血をも~ (8, 0.1%)

1 拭ひ, 流さぬゆえ, 流れて, 濺が, 犠牲として, 絞らむばかりなり, 貰った, 飲むでないか

▼ 血~ (8, 0.1%)

1 なりき, の喧囂さ, を振り立て, を揚げ, を揮, を搾り, を絞っ, を絞りぬ

▼ 血煙り~ (8, 0.1%)

1 が上がった, が立った, と一つ, に暈され, の下, の中, をあげ, を浴び

▼ 血生臭い~ (8, 0.1%)

1 ことが, ことは, 事ばかりが, 亡霊の, 喧嘩に, 犯罪記事ばかり, 風が, 香が

▼ 血~ (8, 0.1%)

1 がふえ, の乏しい, の乏少, の増加, の測定, は増加, も多い, を計る

▼ 血との~ (7, 0.0%)

1 つながりに, 循環も, 混った, 石鹸泡の, 結ばりは, 臭気は, 間に

▼ 血~ (7, 0.0%)

2 めの, めを 1 めだの, めに, ろの

▼ 血~ (7, 0.0%)

1 です, とよん, について妙, の前, の地底, の真相, は一体

▼ 血~ (7, 0.0%)

3 の別 2 の池, の海

▼ 血~ (7, 0.0%)

3 の秘帖 2 の一帖 1 をとっ, をもち初めて

▼ 血肥り~ (7, 0.0%)

4 のした 1 な肉感的, にふとった, の顔

▼ 血~ (6, 0.0%)

1 ぢが, ぢださうである, ぢといふ, ぢに, ぢの, ぢを

▼ 血などを~ (6, 0.0%)

2 もって, 頭へ 1 信ずるの, 持って

▼ 血にて~ (6, 0.0%)

1 人類を, 印したるもの数カ所, 我掌の, 文字した, 築き固めし寺院, 纐纈を

▼ 血~ (6, 0.0%)

1 そうしてうけ, 沁み入って, 浸したわらづと, 浸した手袋, 火の, 響いて

▼ 血まよっ~ (6, 0.0%)

1 ておい, ており, ておりません, てはおりません, て後悔, て東

▼ 血ヘド~ (6, 0.0%)

3 を吐く 1 などの混, を吐い, を吐いた

▼ 血吸鬼~ (6, 0.0%)

1 が入り込んだ, しかし何ん, であろう, との巣窟, なの, の笑い

▼ 血~ (6, 0.0%)

1 が明らか, なんてハイカラ, のこと, の相違, は, を持つ

▼ 血~ (6, 0.0%)

1 に沿う, の右岸, の方, の村, の西谷, の谷

▼ 血~ (6, 0.0%)

1 かついで, も血, をふるって, を伏せ, を持っ, を揮っ

▼ 血氣盛り~ (6, 0.0%)

1 な若若しい, の亂暴, の甥, の者, の腥, の青年

▼ 血~ (6, 0.0%)

1 と義盟, の御衣玉帯, の秘事露顕, の衣帯, を奉じ, を書い

▼ 血~ (5, 0.0%)

3 へ附い 1 へも娘, へ見れ

▼ 血~ (5, 0.0%)

2 やありません, やない 1 やなく

▼ 血であろう~ (5, 0.0%)

21 と何ん, 端の, 赤黒いもの

▼ 血でない~ (5, 0.0%)

1 かと思っ, かと思つてゾツ, と分った, 所は, 蛍の

▼ 血とともに~ (5, 0.0%)

1 吐いた, 善助の, 失わない, 総身が, 育つ一流

▼ 血ぬられ~ (5, 0.0%)

1 て, ていた, ている, て柄糸, 馬蹄の

▼ 血~ (5, 0.0%)

1 で消え, には山羊, にアドレナリン, に吸収, に送りこまれる

▼ 血~ (5, 0.0%)

1 にし, になっ, の王, の白い, の脇差

▼ 血振い~ (5, 0.0%)

3 をし 1 をする, を一つ

▼ 血~ (5, 0.0%)

1 がある, が見付からない, でも付い, という奴, のある

▼ 血~ (5, 0.0%)

1 から生えた, が少し, が発見, が通い, の調査

▼ 血~ (5, 0.0%)

1 あがり, が立った, と共に彼, を揚げ, 立てて

▼ 血~ (5, 0.0%)

1 の吹き出し, の綾, の通っ, をひき, を引い

▼ 血綿~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 らしいもの, を縫, を肩

▼ 血~ (5, 0.0%)

21 でも吐いた, に染みた, ぬらぬらと

▼ 血~ (5, 0.0%)

1 であるが, の一段, の洗礼, をくぐり歩いた, を降らす

▼ 血~ (5, 0.0%)

1 の大, の虹, は吹きすさん, を喚び起し, を捲き

▼ 血がの~ (4, 0.0%)

2 ぼつた, ぼつて

▼ 血しおで~ (4, 0.0%)

1 ぬるぬるに, 人相も, 足の, 黒くする

▼ 血だけは~ (4, 0.0%)

1 かたまると, どうする, ない筈, なおどこ

▼ 血だまり~ (4, 0.0%)

1 はそこ, は一体, は雨, 籐椅子の

▼ 血だろう~ (4, 0.0%)

2 紅いもの 1 と云っ, ね

▼ 血であった~ (4, 0.0%)

1 と云う, のだ, ように, 事を

▼ 血とに~ (4, 0.0%)

1 まみれて, 妖しい對照, 欺かれたる抱擁, 買はれたる

▼ 血と共に~ (4, 0.0%)

1 こびりついて, 地上へ, 折れたる枝, 胴斬り

▼ 血なら~ (4, 0.0%)

1 そんなに飛沫, ば猶, もうすこし毛臭, 水に

▼ 血において~ (4, 0.0%)

1 兄弟も, 射殺する, 断絶した, 最も革命的

▼ 血~ (4, 0.0%)

3 どれに 1 どれどしん

▼ 血~ (4, 0.0%)

1 と名, の下, の壁上, の門

▼ 血天井~ (4, 0.0%)

1 と謂, の部屋, を見る, 不開室

▼ 血~ (4, 0.0%)

2 を吹い 1 がたまっ, がはみ出し

▼ 血~ (4, 0.0%)

1 がたまたま, で運び去られる, の遅速, ましてみな男の子

▼ 血~ (4, 0.0%)

1 たら云う石, と云う, のよう, をも求めうる

▼ 血~ (4, 0.0%)

1 という高貴, の交流, の良い, の親しみ

▼ 血~ (4, 0.0%)

1 がカテリナ・ディ・メディチ, であると, には全然, の子

▼ 血~ (4, 0.0%)

1 がし, した同志, の同志者, の秘密

▼ 血~ (4, 0.0%)

1 い光景, い噂, い行為, き

▼ 血あぶく~ (3, 0.0%)

1 が吹き出す, を出し, を吹い

▼ 血いろ~ (3, 0.0%)

1 がじかに, の底, もなく

▼ 血その~ (3, 0.0%)

1 肉は, 血の, 骨節みな我とともに

▼ 血だけが~ (3, 0.0%)

1 そこらに, まっかな色, 月丸の

▼ 血だつた~ (3, 0.0%)

1 が家, よ, んです

▼ 血であり~ (3, 0.0%)

1 母の, 私と, 風俗の

▼ 血でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならぬ, ばコルマック, ば召

▼ 血といふ~ (3, 0.0%)

1 のは, 血を, 赤いもの

▼ 血なく~ (3, 0.0%)

1 んば, 我骨には, 肉なく

▼ 血にぞ~ (3, 0.0%)

2 怨恨の 1 飽く視よ見よ魔界

▼ 血にな~ (3, 0.0%)

1 つて小杉さんの, つて泥沼に, つて流れました

▼ 血によ~ (3, 0.0%)

1 つて戦ひとられた, つて戰いとられた, つて購ひ得た

▼ 血~ (3, 0.0%)

1 とって, みて, み疲れて

▼ 血まめ~ (3, 0.0%)

1 が三つ, が見る見るぶらさがっ, で痛々しく

▼ 血まよった~ (3, 0.0%)

1 のかしら, んだい, 二十面相それを

▼ 血みたい~ (3, 0.0%)

1 な赤, に生々しく赤い, に赤かっ

▼ 血~ (3, 0.0%)

1 この血, だれは, 滴れよ

▼ 血嘔吐~ (3, 0.0%)

2 の中 1 を吐き

▼ 血~ (3, 0.0%)

1 だから, は一人, ばかりである

▼ 血~ (3, 0.0%)

1 といふ小, の父兄, の關係

▼ 血引き~ (3, 0.0%)

2 のほう 1 で人

▼ 血曇り~ (3, 0.0%)

1 がありません, も刄こぼれ, も無い

▼ 血曼陀羅~ (3, 0.0%)

2 の紙帳 1 のよう

▼ 血~ (3, 0.0%)

1 に寄食, に擬する, を絞り

▼ 血~ (3, 0.0%)

2 の中 1 のほか

▼ 血~ (3, 0.0%)

1 があった, が有る, は凍つた

▼ 血湧き~ (3, 0.0%)

2 肉躍る 1 骨躍らし

▼ 血~ (3, 0.0%)

1 で死んだ, のやう, らしいですね

▼ 血盆経~ (3, 0.0%)

1 というお, を上げ, を読ん

▼ 血~ (3, 0.0%)

1 が刃, をぬぐった, 洗おうと

▼ 血紫色~ (3, 0.0%)

2 の菊 1 を黝

▼ 血膜炎~ (3, 0.0%)

1 にか, の由, らしい

▼ 血~ (3, 0.0%)

1 が多くっ, ばかりで食べる, ばかり多くっ

▼ 血迷つた~ (3, 0.0%)

2 粗朴 1 ばかりでない

▼ 血迷つて~ (3, 0.0%)

1 はいない, ゐる信一郎, 見えると

▼ 血~ (3, 0.0%)

1 いした, いした葉, いでも

▼ 血ある~ (2, 0.0%)

1 国民的詩歌なり, 物で

▼ 血いや~ (2, 0.0%)

1 いつでも, 油が

▼ 血がか~ (2, 0.0%)

1 あつと, ッと

▼ 血がねえ~ (2, 0.0%)

2 骨がねえ

▼ 血くろい~ (2, 0.0%)

2

▼ 血けむる~ (2, 0.0%)

1 中で, 中に

▼ 血した~ (2, 0.0%)

1 たるが, ように

▼ 血じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ねえから, ねえや

▼ 血すらも~ (2, 0.0%)

2 時には清潔

▼ 血そのもの~ (2, 0.0%)

1 が瑞々しい, をあえて

▼ 血って~ (2, 0.0%)

1 えもの, やつは

▼ 血であっ~ (2, 0.0%)

1 てみる, てもしっかり

▼ 血でした~ (2, 0.0%)

1 が死骸, 大急ぎで

▼ 血でなく~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て刄物

▼ 血とか~ (2, 0.0%)

1 肉より, 脂肪とか

▼ 血なき~ (2, 0.0%)

1 に筆もち, 大理石の

▼ 血などと~ (2, 0.0%)

2 称して

▼ 血などの~ (2, 0.0%)

1 文句は, 流れて

▼ 血などは~ (2, 0.0%)

1 少しも, 附いて

▼ 血なり~ (2, 0.0%)

1 ゃこそこんなむごい父親でも, 怨恨なり

▼ 血なる~ (2, 0.0%)

1 が如き, 草あり

▼ 血なんぞは~ (2, 0.0%)

1 流れて, 食わないよ

▼ 血においては~ (2, 0.0%)

1 つとに混淆, 同身

▼ 血について~ (2, 0.0%)

1 忘れようと, 無関心

▼ 血に対する~ (2, 0.0%)

1 嫌悪である, 恐れと

▼ 血ぬらずし~ (2, 0.0%)

1 て信長, て悪人

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 くろみたい, くろを

▼ 血ぶるい~ (2, 0.0%)

1 でもし, と団結

▼ 血までが~ (2, 0.0%)

1 まったく似, 怒って

▼ 血までも~ (2, 0.0%)

1 凍るよう, 啜りとったわけ

▼ 血みどり~ (2, 0.0%)

1 になっ, の体

▼ 血もて~ (2, 0.0%)

1 涙を, 血を

▼ 血やら~ (2, 0.0%)

1 で血達磨, 自分の

▼ 血より~ (2, 0.0%)

1 出づる魂, 血に

▼ 血わが~ (2, 0.0%)

1 心は, 肉體を

▼ 血をの~ (2, 0.0%)

1 んだり, んで

▼ 血をば~ (2, 0.0%)

1 分けざりしと, 吸ふ

▼ 血シブキ~ (2, 0.0%)

1 で分った, の飛散

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 よしに, 精耳故

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 の肉, の血

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 が何ぞ, 浴びた筈

▼ 血侠血~ (2, 0.0%)

1 に富む, の物語

▼ 血全く~ (2, 0.0%)

1 眼も, 純なりき

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 て席, でながら

▼ 血動く~ (2, 0.0%)

1 の年が, の致す

▼ 血吸鬼ども~ (2, 0.0%)

2

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 を吐い, を吐く

▼ 血~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 血塗相~ (2, 0.0%)

1 とか第, や膿爛相

▼ 血壓計~ (2, 0.0%)

1 で測ろう, ヲ持ッテ

▼ 血壓降下剤~ (2, 0.0%)

1 だという, ヲ飲ム

▼ 血夥しく~ (2, 0.0%)

1 流れたるが, 流れ出るに

▼ 血左二~ (2, 0.0%)

2 の腕

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 といい, や血まみれ

▼ 血忌引仕候段~ (2, 0.0%)

2 御達申上候

▼ 血性家~ (2, 0.0%)

2 を服する

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 の中, は開かれた

▼ 血手俣~ (2, 0.0%)

1 より漏き出, より漏出

▼ 血文字~ (2, 0.0%)

1 で, にて私生児

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 がある, がひどく

▼ 血染れ~ (2, 0.0%)

1 の将校一人, の手術台

▼ 血槍九郎~ (2, 0.0%)

1 と名乗っ, はおらぬ

▼ 血氣壯ん~ (2, 0.0%)

1 であった, な男たち

▼ 血氣未~ (2, 0.0%)

1 だ定まらざるとき, だ定まらず之

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 ならあるが, を流し

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 が四辺, をあげ

▼ 血洗う~ (2, 0.0%)

1 なかれの, 勿れじゃ

▼ 血流し~ (2, 0.0%)

1 から赤い, をくわえた

▼ 血流れ~ (2, 0.0%)

1 たり, て踝

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 といふ, と言いました

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 が靜, のなか

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 のある, のついた

▼ 血滴り~ (2, 0.0%)

1 て地, て妻子

▼ 血煙り立て~ (2, 0.0%)

1 て斃, て朽木

▼ 血玉盞~ (2, 0.0%)

2 に滴る

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 ること, れるを

▼ 血生臭く~ (2, 0.0%)

1 て食えません, 匂いそう

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 になら, になる

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 を掘らせ, を掘る

▼ 血絞り~ (2, 0.0%)

2 機械の

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 の痕, をなめさせよう

▼ 血膸玉嘴~ (2, 0.0%)

2 と爪

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 かりき, を孕ん

▼ 血蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 の紙帳, の胴体

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 を尋ね, を見

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 を振っ, を洗う

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 も立てぬ, を抱い

▼ 血~ (2, 0.0%)

1 でつながり合っ, をむしり取っ

▼ 血饅頭~ (2, 0.0%)

1 と名づけ, はどんな

▼1* [429件]

ほるとも, 血あいみたいな, 血あって涙, 血あぶらで床はいちめん足の, 血あぶらのうく直, 血あぶらや死骸が, 血いまじったつば吐えてる, 血いろはない, 血うめきと剣戟, 血んの, 血おれは葡萄, 血おろか千万なこの, 血かかる程の, 血かが咽喉に, 血かと感じたが, 血かも知れないぢ, 血からは出ない, 血かを区別する, 血がいになっ, 血がにぢみ, 血がねえとかうき, 血がをどんで, 血染まった手, 血くさいぞ, 血くさき殺戮の, 血くもりがどれ, 血ぐさい一瞬を離れ, 血ぐさい世の中は久しく, 血ぐさい修羅ばなしや戦, 血ぐさい戦場はいとど, 血ぐさい戦陣での出来事, 血ぐさい蚊うなりの, 血ぐさい話題も起らなかつた, 血ぐさい身装や血汐, 血ぐさい長の御, 血ぐさい陣地の味方, 血ぐさい風がこの世, 血ぐらいなら僕, 血むりとしてしまいそうな武蔵の, 血けむりではなかっ, 血けむり呼んで人馬とも, 血けむり立てて, 血これはくろい, 血りを, 血さけびの武者, 血しおですべるような, 血しおより事前と, 血しか流れて, 血しずくを静か, 血しぶく戦場で, 血しほ流して争, 血じみサ取上げ, 血じゃあねえと, 血じゃぞや, 血じゃということでござる, 血それを合わせた, 血ぞもゆるかさむひと夜, 血だけでも止めて, 血だけに胡風に, 血だけをお残し遊ばしませ, 血だの道具などが, 血だらうな, 血だらけのがある, 血だらけ水を張つた桶, 血つきたる槍, 血つづきになっ, 血つづきで上京した, 血つづきなのでそうした, 血ふ謬説, 血であるらしいから少しく, 血でございましたからね, 血でねまきを, 血でもけだもの, 血で御座ろうな, 血とかいふ言葉を, 血としか何ものも, 血として自己意識した, 血としてはそれの, 血とによって新規に, 血とまること神の, 血どろと共に口, 血なお滴れる, 血ながして, 血ながす至高の, 血などが一緒にな, 血などではなかった, 血などという古風の, 血なども見えて, 血なりやこそこんな, 血なんの血, 血なんぞ一滴も, 血なんて洗へば, 血においても親類と, 血にかも散ると, 血にこそ染まね千束, 血にさえもまみれること, 血にすら色青ざめる, 血にてはぐゝめるはこれを, 血に対してはどちらかと, 血ぬった出刃の, 血ぬめりに持ち辷っ, 血ぬらさないで身ぐるみ丸取り, 血ぬらし殖民地化し, 血ぬらず整理し, 血ぬらぬらとした, 血ぬりさへ, 血ぬれの堆積, 血ねこの血, 血のけというものが, 血のねうちは, 血のぼせければ, 血のみに帰さる, 血のり一滴見せずに, 血はかかつて居らぬ, 血ばかりを集めて, 血びきのお, 血ぶくれになった, 血ぶるいするように, 血へは虻が, 血べとのような, 血ほど気懶い, 血ぼくろのよう, 血までは野に, 血まような石見守ッ, 血まようた落人衆かと, 血みどり血がいになっ, 血めぐりの大まか, 血もかかつたん, 血もんもが出来, 血やに感じて, 血よりの恢癒を, 血らしい滴りも見えなかった, 血らしきものが, 血潔く清き身, 血わいてじ, 血わき肉おどるよう, 血わくが常, 血をね血を, 血をよけるこつと, 血なかへ, 血アイの肉, 血アングロサクソンの威, 血の附いた, 血イみたいなもん何, 血イ一遍に髪の毛, 血ウミが出, 血オージルビーにゃ金, 血ガ一遍ニ頭ニ騰ッテ, 血ガ交ッテイマス何処カノ毛細血管ヲ突イタンデショウナ, 血ガ出タッテ何モソンナニ恐ガラナイデヤッテ下サル訳ニ行カナイノカシラ, 血コンの附着, 血センなる突発的症状, 血セーメレの故, 血ダラケの俺, 血ダラケニナッタリスルケレド真剣味ガ乏シイワ, 血ダラケニナッタ手デ, 血てえ, 血蒙ク, 血パンパンや兵士たち, 血マメが絶えなく, 血一人の若い, 血一同の眼, 血一点一刻に肉一分, 血丁香白檀蘇合香毒薬などというもの, 血上って顔色朱, 血は腐, 血下るを治し, 血中行であった, 血乃至は新しい恐ろしい, 血乳口などがそれ, 血二ツの女, 血五六日ほど出, 血五臓にあふれ, 血人種は地方官, 血人血淋漓たるところが, 血人間のよって, 血の布, 血を生みたる, 血俄然容態が, 血に皮, 血黄, 血其の行く事, 血具足を解かれる, 血凍り彼奴の, 血凝り毛竪つまで, 血出づるまで舌, 血出でて止まらざる, 血出ると信ぜ, 血出濺ぐ虎ついにあえて動かず, 血分けた父兄弟でも, 血別的にいう, 血創傷再出血, 血して, 血即ち氣氣即ち, 血と言います, 血及びリーンクレートの, 血とも油, 血合せの法, 血同じ肉の, 血吐いていま, 血吐くと, 血吸童子などとはおこがまし, 血吸虫雪隠虫屁放虫, 血吸鬼剣に淫する, 血の方, 血を染め, 血地上を流れ行く, 血地屋上の歩哨, 血型検査による, 血型検査報告で事実, 血塗りの箭, 血をつくる, 血壓ガ下ラナイト見エル, 血壓ガ二〇〇ヲ越スクライニ興奮シナイト物足リナイ, 血壓ガ昇リ気味デアル, 血壓ガ高イトハ思ワナカッタ相当注意, 血壓ダケヲ測, 血壓ハ出発直前ニ測ッタ時ハ上ガ一五四, 血壓モ高イコトハ事実デアル, 血壓力即ち血管内壁, 血壓増加は心理, 血壓昨日よりまた少し, 血壓最高が一六五, 血壓症ノ警告, 血壓計ガ破レテシマウホド血壓ガ高イト云ウ, 血壓計ハ予ニハ見エナイガ, 血多量により或は, 血大蒜人参獣肝茯苓草のた, 血天分それを運命, 血の虫, 血家出して, 血家血髑髏を貫き得, 血少しばかり流れ出, 血属結婚の弱点, 血属関係を世間並, 血屬的愛情を普遍的愛情, 血とはいう, 血薫ずる眩暈, 血の肉, 血怒りやまた, 血性其火の如くなる, 血性彼の如き, 血性漢なりし, 血性的な青年, 血恵みある神, 血の聖火, 血戈汗馬の処, 血戰死鬪せざらん, 血の件, 血振いして構えた, 血振ひを一つ, 血振ひしたるわれは, 血振るいをくれ, 血描きの女郎蜘蛛, 血のため, 血散じ手足も, 血が見, 血暗き酒倉の, 血曇りですが何, 血曼荼羅を繰り拡げ, 血月経の血, 血を漂わす, 血は空しく, 血染事件の血液検査, 血染川と細逕, 血へとり, 血の結晶, 血槍九郎本田龍平こう七人, 血に溺れる, 血はポリドーロス, 血次第に淺く, 血を自分, 血止まらざるを止めん, 血毛髮爪甲等を始め, 血氣さかんに食慾, 血氣一偏の壯夫等, 血氣二十六歳のフオン・シーボルト, 血氣才氣眞氣などといふ語, 血氣方に剛, 血氣旺んの男, 血氣盛な壯士連, 血氣盛んな年齡, 血水曜は白, 血にひとし, 血沼海と云い, 血法中では, 血泥草ぼこりおよそ, 血洪水を起し, 血流さずに戰, 血流されしや謙り, 血流れよ未来万年, 血流れ出たる傷の, 血流数升白これを異, 血浴びしごとも, 血れを, 血涸れ涙涸れ, 血涸れた顔を, 血淋漓たるところが, 血渟山寺に安置, 血温かく環り, 血溜まりに延び, 血溜り一つ出来た事, 血溜一つ出来る馬, 血の側, 血滴一つない, 血をわづら, 血激し気塞がり, 血濁った目で, 血濡れたる額の, 血り床座, 血火肉のみ, 血炭酸瓦斯を吸収, 血烟りの灌頂洗礼, 血熱いものを, 血熱し易き余を, 血爛れたりとま, 血牛脂流れ出しほとんど, 血を用いず, 血ふばかりに, 血をとばした, 血を射, 血生ける時の, 血生殖哺乳の大, 血生臭さは, 血という, 血留めをし, 血のため, 血百里の間, 血皮膚髪は恋し, 血盆地獄に堕, 血の縁, 血着いたのを, 血にまみれ, 血砕けたる骨の, 血示し慘然と, 血社対暁団の対立, 血を忌ん, 血竭二羅度焼酎十六度よりなる, 血笑記の事, 血粗末な寢卷, 血系妖妃ビアンカ・カペルロの末裔, 血系意識から起る, 血紅漿かれの, 血紅瑪瑙をのぞみ, 血紅色紅褐色の春モミジ, 血紫斑をつけ, 血綿血糊がみるみる, 血ながく闇黒, 血線あざやかな武蔵太郎, 血線四時熱一夜に寢卷三枚づつ必要, 血の者, 血美人の血, 血の喧囂さ, 血肉五臓六腑そんなもの, 血と思った, 血肥りして形, 血肥りな腕に, 血を一, 血胸血液が流動, 血脇さんに行った, 血の六者, 血脉並に華厳宗, 血脚気の気味, 血にも血, 血腫れのした, 血腸詰やら河沙魚, 血にし, 血自体がのたうつ, 血臭い業は思い絶ち, 血臭くて重たい, 血が咲い, 血草の根を以てせ, 血草鞋に踏みつけ, 血著きたり, 血蛇皮肝鼠の毛, 血に咬まれた, 血血血だ, 血と絲, 血を誇り, 血を麻繩, 血角宝鹿を撃ち止めるです, 血誓書の出, 血赤いさてパプロス, 血赤色の意, 血走りがいよいよよく, 血にも血, 血が点々, 血など称, 血踏みのめらかし踏みすべらかしてとめどない, 血載した帳面を, 血辷りするほど奮戦, 血迷いを仰っし, 血迷つたのだらう, 血迷ツてゐる, 血迸り出るをガラテア, 血逆上がした, 血逞しい体は, 血して, 血量不足が十分, 血量増加即ち血壓増加, 血のま, 血長血扉の件, 血闘奮力の限り, 血闘談をたのし, 血の血, 血雨声無く紅巾, 血雨淋たり, 血を逆手, 血りが, 血音たてつつ, 血顫いをした, 血風蕭々の日, 血風闘地の死にものぐるい, 血飛び肉裂ける, 血食する道でも, 血食せしむることである, 血食せんため印度流の, 血をみた, 血となし, 血馬糞の類, 血骨筋髄一切食うを, 血髑髏を貫き得, 血高く飛びて, 血が固まりつい, 血と黄鯛, 血になっ, 血鳴りが致し, 血鹿島と伊豆, 血點無れば