青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蠅~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

蛾~ 蜂~ 蜘蛛~ 蝉~ ~蝋燭 蝋燭~ ~蝶 蝶~ 蟹~ 蟻~
蠅~
~血 血~ ~衆 衆~ ~行 行~ ~行う 行う~ ~行かう ~行かない

「蠅~」 2159, 23ppm, 4975位

▼ 蠅~ (375, 17.4%)

11 の正体 5 のこと 4 のため, の左腕, の首

3 [12件] ではない, に殺され, に違い, の一味, の仕業, の姿, の情婦, の脅迫状, の身体, の電話, はあの, は何処

2 [18件] か, がこの, だとは, であって, というやつ, とお, なん, の右腕, の声, の懐, の手, の秘密, の耳, の逃げ, はその, はどう, はどこ, はホテル

1 [275件] いうたらお父つぁん, いう奴, からの脅迫状, から一つ, から共通, から死, から脅迫状, から護ろう, から送られた, が, があの, がいつも, がここ, がこれ, がそれほど, がでたら, がどうして, がまた, がもう一度, がアメリカ, がゴソゴソ, がドクトル, がドクトル邸, がホテル, が一歩先, が二人, が今これこれ, が使ったらしい, が依然として, が入っ, が入りこんだ, が入りよった, が化け, が女, が左腕, が差出した, が市中, が帆村, が悲鳴, が最初名乗り, が来た, が検事, が機関銃, が気色ばむ, が現われた, が砂, が警官隊, が近所, が過去, が鉄, が電話, が飛びだし, が鴨下ドクトル, こそは有史以来二人, こそ稀代, さ, だ, だっか, だったとは, だったに, だと, だという, だな, だよ, だッ, てえの, であった, である, であろうか, でいらっしゃるわけ, でないとは, でなかったの, でなくて, ではなかっ, では到底, というの, とこの, との恐ろしい, との戦い, との戦闘, とは別もの, とは昔, と僕, と名乗る, と呼ばわりおった, と帆村, と彼帆村, と徹頭徹尾, と決戦, と蠅男, と話, なる人物, なんて探偵, について分っ, について次, について誰, にはまだ, には連れ, にやられ, にやられる, に三輪車, に代っ, に向うた, に対する彼, に対する恐ろし, に対する監視, に極, に殺される, に知れず, に誘拐, のあと, のいた, のうえ, のやり方, のよう, の一本, の事情, の五体, の人気, の仮称, の侵入, の修理, の兇刃, の凶器, の出現, の勢い, の匍, の口ぶり, の叫ぶ, の変装, の大喝, の奇略, の恐るべき, の悲鳴, の所在, の手配, の捕物, の捜査, の機関銃, の残忍性, の消息, の演じた, の狂悪性, の知恵, の立居, の署名入り, の肉塊, の背丈, の背後, の胴, の脚, の脳力, の腕, の自殺, の苦し, の落とし, の行方, の襲撃, の超, の跳梁, の追跡, の連れ, の隙, の隠れ様, の頤, の頭上, の頸, の顔面, の餌食, の魂胆, はあまり, はいまごろ, はいよいよ, はかね, はこの, はさっき儂, はしかしながら, はじりじり, はすでに, はそう, はそこ, はそも, はそれ, はたちまち, はだんだん, はつい, はどっか, はどないし, はどんな, はなぜ, はなに, はまるで, はヒラリ, は一体どうして, は一升桝, は三輪車, は不注意, は五尺四, は人間, は今, は今や, は今夜, は依然として, は僕たち, は口惜し, は可笑しい, は右手, は呻, は呼んだ, は大, は大きな, は天井裏, は孤立, は宣言どおり, は密室, は底力, は後, は想像以上, は憎々し, は新聞紙, は機関銃, は歯, は死にました, は死んどり, は毒牙, は満身, は無言, は玉屋総一郎, は糸子, は絶対, は脅迫状, は腹, は蛇, は見る, は誰, は附け, は隠れ, は電話, は鴨下ドクトル, ほどの大, ほど頭, もこの, もさる, も亦, も帆村, も思わず, も痛, や, やお, やが, やったと, やったん, やな, よりほ, をうしろ, をおさえ, をそれほど, をつかまえました, をとり逃がし, を完全, を抱きしめた, を捕えなけれ, を捕えよった, を捕える, を探しだし, を探しだす, を探し求め, を探偵, を睨みつけた, を糸子, を装っ, を見た, を迎える, を追いかけよる, を逮捕

▼ 蠅~ (346, 16.0%)

27 ように 14 やうに, ような 5 群が 4 ことを, 死骸が 3 入つて, 姿が, 死骸だった, 糞で, 群れの, 羽音を

2 [20件] ことは, ごとく, やうな, テレビ劇は, 一群が, 下へ, 入った壜, 唱歌, 嘴蚊の, 多いところ, 姿を, 影が, 死骸は, 死骸を, 糞が, 群がるに, 羽音の, 羽音ひとつ聞えぬ, 音が, 飛ぶの

1 [220件] あがき, いうことば, いた例, いつぴきと, うずまきの, うたご, うなりの, おらざったところを, おらんの, かたまりだし江夏, くそだらけ, ことだ, ことなどについては, ことばが, ことや, ごときもの, しみの, たかったつまり, たかった原っぱ, たかった姿, たかるよう, たかるを, たぐいも, たまり場と, とびまはり, なかで, なかに, なきご, なく, はいるくらいの, はかなさ, ひどいこと, ぶんぶん唸る, まじないにも, むらが, むらがり, むらがりみたい, むれと, やつも, ようだ, ようである, ようでなかった, ようなあり, ゐること, ツェツェに, テレビジョン劇, テレビ劇です, テレビ劇を, マブンガを, 一人が, 一匹と, 一群を, 一群寄する, 三つ二つ日向ま, 世界が, 世界には, 世界も, 中で, 中へ, 九五ないし, 事に, 二ひきはめをとかい, 仔な, 仙吉だ, 代までも, 何処かを, 出る時候, 劇の, 劇は, 劇を, 力で, 動作は, 動作を, 卵が, 卵だった, 卵とが, 卵の, 卵を, 同勢は, 名前は, 咽喉を, 唸りが, 唸りの, 唸りを, 唸るよう, 四郎次は, 四郎次を, 声の, 多いこと, 多いの, 多くは, 夥しくたかっ, 大群が, 奴は, 奴め驚きや, 好むもの, 如くに, 如く簑虫, 如く蝟集する, 子が, 子の, 家族, 家族ら, 寄る屠肉場, 密集の, 小さい一翅, 巷と, 帰還助力を, 幽靈, 形で, 形に, 影は, 影を, 後に, 心配も, 手先に, 手際を, 持って, 方に, 方へ, 木乃伊, 木乃伊とともに, 木乃伊めいた, 来て, 止ったもの, 止まって, 止ること, 死に方, 死ぬの, 死体で, 死骸, 死骸と, 死骸の, 死骸も, 死骸コップの, 気持ちは, 浮いて, 浮んだ盃, 浮んで, 湧いたこと, 煤, 爪で, 現象を, 生長し, 生長は, 用意残る, 痕が, 目玉よ, 眼に, 眼玉くらい, 眼玉の, 社会が, 社会へ, 神残う, 空軍は, 窓に, 糞だらけの, 糞の, 糸の, 絵を, 群れが, 群れしか, 群れを, 群勇猛の, 群集よく, 羽に, 羽を, 羽音, 羽音が, 羽音さえ, 羽音やら, 翅は, 習性は, 翼ほど, 考えて, 背中に, 背中へ, 脚で, 脳波を, 自然死についての, 蒼蠅赤蠅, 藻掻け, 蛆と, 蛆を, 蠅だ, 行列だった, 行方を, 親切な, 詰まつた, 足の, 跡を, 身, 身体が, 身体は, 運動とが, 運命生きものの, 障子紙に, 雌雄を, 難を, 雲の, 面を, 音は, 頭と, 頭とを, 頭なんか, 頭の, 頭ほど, 頭み, 頭や, 頭位であった, 顔を, 類が, 飛びかう羽音, 飛びまわる四畳, 飛び去る, 飛ぶ道筋, 飛ぶ音, 飛んだ順路, 餌として, 鳴くよう

▼ 蠅~ (333, 15.4%)

7 飛んで 6 来て 4 たかって 3 とまって, 止まって, 真黒に, 飛ぶ

2 [17件] いること, うるさい, うんとたかっ, きて, やがて見えざる, 一匹と, 一匹とまっ, 一匹わたしの, 入って, 出て, 卵を, 取れます, 戻って, 来たの, 真っ黒に, 群れて, 飛び入りて

1 [270件] あしを, あった, あの黒い, いかにも精巧, いっぱいたかっ, いつぴき, いつぴき押しつぶされ, いて, いないこと, いない如くアメリカ, いなくなって, いまだかつて私共, いるから, いるなんて, いるほど, いわゆる画竜点睛, うるさいから, うるさい独, うるさくて, うるさく附, うるさく附纏つて, うんと這っ, えらかん, おらんで, おらんと, おる, おるもの, お嫌ひだ, かかったの, くつつく, こう沢山居る, この画, しきりにそこら, すべってるほどにも, そこの, そこへ, そつと, その匂い, その日, たかりますよう, たかります玉子焼, たかり砲弾, たかる, たかるじゃ, たかれば, たかツて, たくさんおりまし, ついたから, ついて, つて一度, つて仕事が, つて碌々取り合は, つて邪險に, つるんだり, ところ嫌わず張りつい, とても鋭く, とまったぐらいにしか, とまったほども, とまる, とりついて, とりもち, とんで, どうしてこんなに止まっ, なく, なくそれだけ, なぶるよう, ばいきんを, ひどくて, ぶら下って, ぶんぶんいつ, ぶんぶん唸っ, ぶんぶん唸る, ぶんぶん飛ん, ぶーん, ぺたりと私, まざ, またぶんぶん, また群, まだ鳴い, まつわりついて, まるでいない, むしつたり, もう酔, もつれより, やつて, よくする, よく埃, よく飛び得ません, られるよう, コロリと, ゴマの, ゴマを, ブーンと, ベタいちめんに, ワン, ワンと, ワンワンと, 一しきり大, 一ぱい出ます, 一ツ二ツ牛の, 一パイに, 一匹います, 一匹いる, 一匹うるさくせつなく, 一匹お婆さんの, 一匹きた, 一匹ぐらい, 一匹ころがっ, 一匹さんざ, 一匹ずつ, 一匹つい, 一匹であった, 一匹どこから, 一匹は, 一匹ぶんぶん, 一匹ゐる, 一匹ガラス窓にと, 一匹停っ, 一匹壁に, 一匹彼の, 一匹止つてゐた, 一匹止まっ, 一匹死骸にな, 一匹絵に, 一匹顔を, 一斉に, 一杯たかつとる, 一疋, 一面髭の, 三匹も, 九兵衛の, 二つ, 二三匹ブルブルンと, 二三羽止っ, 二人すぐ, 二匹じ, 二匹たしかに, 二匹とも, 五六匹しずかに, 五月蠅く, 井口氏の, 人間の, 今や彼, 他の, 何かを, 何を, 何処からとも, 何百と, 作りそして, 俄然五匹, 停って, 充満し, 入ったの, 全くゐない, 写って, 出たよ, 十丈ばかりの, 十匹の, 又は毒盃, 取り尽せますね, 叩かれあわてて, 唯の, 壁の, 多い, 多いです, 多いと, 多いので, 多いん, 多くて, 多数を, 天上し, 天井に, 孔より, 寄って, 寄り付かないの, 小間物を, 少いところ, 少のうございます, 巨坂を, 帝都を, 干鰯の, 幾匹も, 幾疋も, 弾丸の, 彼女の, 急に, 慕って, 我々を, 戯れるやう, 戻った, 戻るか, 手枕で, 押しよせるなんて, 押し黙った数段, 揉手を, 摺ガラスに, 有つた, 本能的触覚で, 来たぞ, 来たら用心, 来るため, 棲んで, 歓声を, 止ったとか, 止まつて, 死なないの, 死んだそれ, 残らず天井, 殖えたの, 毒氣に, 気に, 沢山いた, 沢山いる, 沢山たかっ, 活動する, 演ずるテレビジョン劇, 澤山かたまつ, 無数に, 物凄かつ, 生き返って, 生れて, 生長し, 留まりに, 盛に, 眞黒に, 秋蠅が, 秋風に, 総大将, 群がって, 群がり集まって, 群って, 群り立ち, 群れ飛び蠅, 翅を, 翼を, 耳を, 聞きつけて, 肉に, 背後から, 舞いだした程, 舞って, 舞つてゐる, 草履ほどの, 落ちる, 蛛網に, 蜘蛛の, 蠅た, 蠅たたきを, 話し出すの, 足へ, 迷うて, 道しるべの, 陽の, 障子の, 集って, 集まって, 集ろう, 頭に, 頭にと, 顔へ, 飛ばねば, 飛びこんで, 飛びま, 飛びまわって, 飛び廻って, 飛び廻つて, 餌に, 騷ぐようにいつぱいになりあらゆる, 黒, 黒豆の

▼ 蠅~ (190, 8.8%)

5 追いながら 4 追うよう 3 取って

2 [11件] お拂ひよ, つかまへて, 叩き落して, 手で, 手にとって, 払って, 捕へるの, 見て, 追つて, 防ぐため, 集めて

1 [156件] いじめて, うけた以上, うたうと, お拂ひよお前さん, かきわけて, かつさら, さした鈎, たくさん取り出し, たたいて, たたきおとすよう, たたくため, たたくほど, たべた夢, つかまえて, つかみました, とって, とまらせて, とまらせては, とらへ, とる, とること, ねらつて, のみこまないため, はたき落とす芸術, びっくりした, ふりはらふ, ぺた, やりきれないよう, やるごと, よく見, ポンポンと, 一ツ申そう, 一匹つかまえ, 一匹つかまえる, 一匹一匹押し出し, 一寸螫, 一掃し, 三足四足引きずった, 与えて, 中へ, 乗せるよう, 五六匹ちょうど, 何匹か, 何百とか, 働く男, 入れたの, 入れるため, 入れると, 出し急いで, 十一匹殺した, 十二三匹しか, 取らねば, 取り, 取りつくすこと, 取りにか, 取り翼, 取るの, 取尽せるなら何, 叩いた, 叩きつぶしたところ, 叩きました, 叩き落として, 吃いに, 呼び立てた, 四十も, 土に, 天井に, 嫌つた, 山上へ, 干したよう, 平らぐること, 弄んで, 征伐致します, 忘れまい, 怖れ, 恐れること, 惹き寄せる便り, 慈愛の, 憎むの辞, 打ち殺した, 打つ, 打つにも, 打つ音, 払うに, 払うらしいかすか, 拷問した, 持ち行きやる人, 持つて, 捉えて, 捉へ, 捕えに, 捕った, 捕りを, 捕獲し, 採取した, 撲つ状, 来す, 検べに, 殺したり, 殺して, 殺すこと, 殺すとき, 殺す事, 殺す分量, 殺す薬, 気に, 水の, 水面に, 活気づけ, 点検し, 独占しよう, 獲つた, 獲るの, 発見した, 発見出来る, 皆んな食べた, 真物, 眺めるさびしい, 知って, 絶滅する, 綴って, 胴突かなく, 蠅叩きで, 見たに, 見つめた, 見てると, 見ながら, 見まもって, 見る, 見出したと, 貰ふ, 転がして, 辟くる, 追いのんき, 追い去り国大夫人蜜, 追い払う, 追い払う努力, 追い散らした勢力, 追う, 追うため, 追うやら, 追おうとして, 追った, 追って, 追って居る, 追つ, 追つて静, 追ひ, 逐うよりは, 離れて, 飛び下す小, 食う, 食べさせると, 飼って, 飼育し, 餌として

▼ 蠅~ (157, 7.3%)

3 私の 2 すぐに, 九兵衛の, 二人の, 先日の, 吸着いた, 弁当屋の, 遠慮なく部屋中

1 [140件] あらい壁土, いずれも, いなかった, うごかない蠅たたき, うつくしい歌, うるさがられ蚋, おもたそう, かかって, くつつい, ころりと, さっきまで, しきりに腹, すぐまた, すこししか, すなわち隼人, そのとき天井, そのま, それから後, それに, ぞんざいな, たしかに壜, ちょいと, つきものである, とうから, どうも酷い, なんという, ひとたまり, ふたたび壁, ぶむぶむといふ羽音, ほとんどゐない, まだ頭, もうそんな, もう七八倍, もう大風, もう御神酒がま, もう見えなくなっ, もろくも, やって来た, らいまでが, われわれの, イヤだらう, エキストラでなく, グングンと, チンドンと, ブンブン唸り, ポプラの, ワタシの, 一つであったらしい, 一体どこ, 一匹も, 一挺の, 一疋であった, 下界から, 今や完全, 何にでも, 何の, 何よりも, 何人も, 依然舐め, 俳句の, 光の, 内々に, 別に詩的材料, 前の, 十分も, 単に小さい, 卵を, 厭ふべし, 呆気に, 土佐犬ほどの, 多かった, 大きな眼玉, 天井に, 女房の, 孤独の, 安楽国と, 容易な, 容易に, 寒そう, 少し油断, 巧みに, 已に活力, 帳場格子の, 彼等の, 憎むと, 打つこと, 指の, 掌へ, 数多おらん, 斯の, 旅の, 旅籠屋や, 時々両脚, 最初に, 最初壜に, 来て, 次から, 止まらなかっただろうかと, 死にそう, 殆ん, 殺された, 珍らしかった, 生後何箇月ぐらいで, 生殘つて, 田中氏が, 真黒に, 石油の, 群れたかって, 群生し, 羽根が, 翅を, 肉汁を, 脚を, 自分で, 自然に, 色々の, 花粉の, 薬が, 蜜を, 見えなかった, 評判の, 誰とでも, 象の, 踏み殺されると, 車体の, 辷つて, 追い難し, 逃げも, 金冠を, 鉄格子の, 電燈の, 頬ぺたを, 飛び上った, 飛び出した小腸, 食物の, 馬にも, 馬の, 馬肥で, 鬚の, 鬼門や

▼ 蠅~ (51, 2.4%)

2 ことに, のが

1 [47件] からそれ, から欲しく, から行っちゃおう, ことであろう, ことの, ことを, ではない, という気持, な, なら留守, な何故, のだろう, のである, のに閉口, のは, ばかりでなく, ほどある, ほどお, ほどであった, ほど何, ほど眼, ほど頼ん, よ, ッ, 下らないと, 下らない心持, 世間と, 世間は, 事の, 人の, 仲だった, 係累から, 勘次に, 商売敵だ, 問題も, 奴じゃ, 奴に, 子供の, 客に, 気の, 男だ, 程沢山, 程頻, 者は, 話が, 質問を, 車夫で

▼ 蠅~ (45, 2.1%)

2 てたまらない, 思いながら

1 [41件] か, つきまとって, ていけない, てしよう, て仕方, て叶, て困る, て迷惑, ないわ, ない事, なって, なつかしくやるせなく, なつて, なりかけ, なりそう, 世話を, 付け纏わられる, 仰云ら, 來る, 厭は, 喧嘩を, 徒らに, 思って, 愚図愚図いわれる, 感じたか, 感じて, 感ぜられ齢, 来る, 根掘り, 耳に, 耳の, 聞くん, 苛めた, 親に, 追窮した, 鈴を, 附き纒, 頼み込むので, 頼んで, 顏をは, 鳴らしながら

▼ 蠅~ (42, 1.9%)

1 [42件] かかったん, かかって, これはと, してやられ乞食, つけても, なって, なるし, なるの, なるん, ばけて, 代る比, 似たるもの, 似た所, 似た虫, 似て, 何の, 作り直せしを, 加持土沙を, 化けて, 取りつかれて, 喰われる, 埋れながら, 変はる, 強奪され, 指を, 掏られた, 桝の, 氣を, 注意を, 目ぼし, 笑れ, 至るまで, 蛙に, 見えとても, 見受けるよう, 見立てられる貧民自身, 言った, 過ぎまいと, 違ありません, 限らず動植鉱物, 黴菌を, 鼠小僧の

▼ 蠅~ (40, 1.9%)

2 なりは, 蚊と

1 [36件] いえば, きいては, すこしも変る, なす孫權其, なつて, ゐて, ラジオの, 云えば, 云ふ, 云や, 云ッた, 人間が, 今が, 住居を, 同じに, 同じ蠅, 同様に, 同様南鮮沿海に, 同樣, 土地では, 大きな勝負, 床屋の, 思い指, 改名する, 日光浴を, 暗さ, 書いて, 物売りが, 猫と, 砂と, 組打ちを, 虻と, 虻との, 蚊とは, 蚋, 饅頭と

▼ 蠅~ (37, 1.7%)

3 紙の 2 の試験, 桶を, 男を, 紙, 草の

1 [24件] デー, 器なる, 器を, 器械, 桶さえ, 男, 男と, 男に, 紙から, 紙が, 紙という, 紙に, 紙を, 紙一枚, 罎が, 苔が, 茸という, 草と, 草も, 菌の, 蜘蛛が, 蜘蛛の, 蜘蛛を, 飴の

▼ 蠅~ (31, 1.4%)

2 やれば, 飛んで

1 [27件] いる, おちつかない二人, お喋舌, きて, じっとし, すつかり, すべてが, たくさん, もう見えない, 乞食も, 今に劫羅, 何にも, 出て, 到底これ, 取り尽すもの, 唸りを, 最初の, 気が, 私には, 私の, 私も, 移つて, 胡蜂も, 蚊も, 蛆も, 遂ぞ, 鳴かない夏

▼ 蠅~ (18, 0.8%)

3 あつた 2 他の

1 [13件] あらうと, ござりやす, つるみます, でも, ウルサイとは, 仕事も, 判る事, 御覧なさい, 打つ手は, 死んで, 蔽はれ, 覆われてる, 追っても

▼ 蠅でも~ (18, 0.8%)

2 追うよう

1 [16件] あれが, さう, たかって, 何でも, 劇を, 呑むやう, 唸つて, 探して, 油虫でも, 芋虫でも, 追い払うよう, 追う気, 逐うが, 逐ふ, 道連れと, 飛び過ぎたくらいにしか

▼ 蠅~ (18, 0.8%)

2 蚊は, 蚊や

1 [14件] この頃いかが, と切に, 小蜂, 油虫を, 深刻癖の, 甲虫や, 虻が, 虻などが, 蚊どころか, 蛾の, 蜂や, 蟻ほど, 関所ぬけや, 鳥を

▼ 蠅~ (13, 0.6%)

1 [13件] いや蠅, か知らない, といっ, としたら生き, とは思つて, と云つたぢ, と思ふ, なあ, のが, ッ, 事, 人を, 緑金の

▼ 蠅そう~ (11, 0.5%)

2 にこう 1 であった, に, にお, にそれ, に傲然, に応えた, に掻, に眉, に言い捨て

▼ 蠅という~ (9, 0.4%)

1 のが, のは, ものだ, ものだろう, ものは, やつです, やつは, 名の, 奴は

▼ 蠅なす~ (8, 0.4%)

2 もの, 神神の 1 悪しき神, 滿ち, 皆涌き, 騒ぐ児等

▼ 蠅叩き~ (8, 0.4%)

1 でもつ, で叩き, という道具, の二本, や蠅, を取つた, を取る, を拵ら

▼ 蠅~ (8, 0.4%)

21 器, 紙と, 紙の, 紙を, 紙上の, 紙二枚

▼ 蠅~ (7, 0.3%)

2 蜘蛛の 1 何かの, 大きな蚊, 泥棒か, 蛾か, 黄金虫の

▼ 蠅~ (7, 0.3%)

1 と気の毒さ, どうなりと, な, には飽き飽きした, に堪えなくなった, に堪りかね, を感じ

▼ 蠅でしょう~ (7, 0.3%)

31 かあれ, か潰しましょう, ねほんとう, よ

▼ 蠅みたい~ (7, 0.3%)

1 な悪, な浪人, な男, に叩き, に尾, に戦艦大和, に殖える

▼ 蠅~ (7, 0.3%)

2 蒼蠅よ, 蠅よ 1 あはれ, ひとりごという, ボーンと

▼ 蠅一匹~ (7, 0.3%)

1 じゃない, だって殺さない, のため, は躍, 殺さない宅, 殺したくは, 見えやしない

▼ 蠅~ (7, 0.3%)

1 から具, から瀬戸鉢, だの持ち出した, のなか, の中, やら台所戸棚, を取りのけ

▼ 蠅いと~ (6, 0.3%)

2 云ふ 1 いって, ばかりに首, 焦立って, 言わぬばかりに

▼ 蠅~ (6, 0.3%)

1 だけが生き残り, だけで喰いつくす, にくらべ, の地球, もそば杖, を殺す

▼ 蠅では~ (5, 0.2%)

1 なかった, なくて, なくロボット蠅, 半生以上眼を, 役不足で

▼ 蠅とは~ (5, 0.2%)

1 こいつは, 云えますまい, 何か, 何の, 思へないいぢ

▼ 蠅とを~ (5, 0.2%)

1 いて, 塀ご, 好かない, 発生させる, 追駈ける

▼ 蠅には~ (5, 0.2%)

1 困らないほとんど, 困りますねー, 毒に, 滴虫が, 遂に憤慨

▼ 蠅~ (5, 0.2%)

1 がつるむ, が壺, が花, じろりと番頭, 大方威張る

▼ 蠅取り紙~ (5, 0.2%)

1 にかかった, に悩まされる, に足, の場面, を取り換え

▼ 蠅~ (4, 0.2%)

1 と, とも思わず, と思わず, の素

▼ 蠅たたき~ (4, 0.2%)

1 でそこら, のした, を知っ, を知つて

▼ 蠅とり~ (4, 0.2%)

1 したり, までならべ, を持っ, 今度は

▼ 蠅などは~ (4, 0.2%)

1 それに, 一匹も, 発見されないであろう, 頓着なく

▼ 蠅ばかり~ (4, 0.2%)

1 でありません, でない, ぶんぶんいっ, 獲つたり

▼ 蠅入らず~ (4, 0.2%)

1 からふかした, の上, の前, 部屋の

▼ 蠅~ (4, 0.2%)

2 の外, の許

▼ 蠅~ (4, 0.2%)

1 にした, の柄, を取, を手放す

▼ 蠅除け~ (4, 0.2%)

1 にする, 玉, 玉が, 玉に

▼ 蠅いこ~ (3, 0.1%)

1 と, とは疑ない, と五月蠅

▼ 蠅いもの~ (3, 0.1%)

1 だ, である, を用

▼ 蠅から~ (3, 0.1%)

1 ず小山, 受けて, 放射され

▼ 蠅がって~ (3, 0.1%)

1 どうしたら, 何も, 出るの

▼ 蠅じゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんか, あるめ, なかろう

▼ 蠅たち~ (3, 0.1%)

1 のこと, の毛, はしきりに

▼ 蠅ども~ (3, 0.1%)

1 には普通, は別に, は別に一向

▼ 蠅まで~ (3, 0.1%)

1 わんわん立つ, 人を, 話を

▼ 蠅多き~ (3, 0.1%)

1 などはすべて, も夜間, 秋

▼ 蠅いひ~ (2, 0.1%)

2 ては却

▼ 蠅いも~ (2, 0.1%)

1 の, ののよう

▼ 蠅~ (2, 0.1%)

1 奴だ, 野郎だ

▼ 蠅かなんぞの~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ 蠅がり~ (2, 0.1%)

1 あっちへ, になる

▼ 蠅~ (2, 0.1%)

1 ことに, 人や

▼ 蠅くっ~ (2, 0.1%)

1 て, て仕様

▼ 蠅くつ~ (2, 0.1%)

1 て仕, て本

▼ 蠅くも~ (2, 0.1%)

1 ありじれったく, あるが

▼ 蠅さ何~ (2, 0.1%)

2 うなりと

▼ 蠅しばたたき~ (2, 0.1%)

2 つつ

▼ 蠅そこら~ (2, 0.1%)

2 遊びし小夜

▼ 蠅だけは~ (2, 0.1%)

1 薄暗い厩, 迚も

▼ 蠅だの~ (2, 0.1%)

1 蚋だ, 蛭だの

▼ 蠅だらけ~ (2, 0.1%)

2 の饅頭

▼ 蠅でございます~ (2, 0.1%)

1 のか, よ

▼ 蠅といふ~ (2, 0.1%)

1 奴は, 悪魔の

▼ 蠅としか~ (2, 0.1%)

1 見えなかったの, 読めない

▼ 蠅として~ (2, 0.1%)

2

▼ 蠅とり器~ (2, 0.1%)

1 でとる, で首

▼ 蠅ながら~ (2, 0.1%)

2 オスラムの

▼ 蠅などが~ (2, 0.1%)

1 成たけ入らない, 止まって

▼ 蠅にも~ (2, 0.1%)

1 如かぬ, 小さな私

▼ 蠅はぶむぶむと窓~ (2, 0.1%)

2 に飛んでる

▼ 蠅ほど~ (2, 0.1%)

1 不潔な, 仕ながら

▼ 蠅ほどの~ (2, 0.1%)

1 ことが, 嫉みと

▼ 蠅よけ~ (2, 0.1%)

1 玉が, 玉の

▼ 蠅をさえ~ (2, 0.1%)

1 棲ませて, 見逃さずに

▼ 蠅二人~ (2, 0.1%)

1 は眼, も同じ

▼ 蠅以外~ (2, 0.1%)

1 の何物, の媒介

▼ 蠅同様~ (2, 0.1%)

1 に思っ, に思つて

▼ 蠅~ (2, 0.1%)

1 ではない, も居る

▼ 蠅~ (2, 0.1%)

2 放虫

▼ 蠅打ち~ (2, 0.1%)

1 や蠅, 払ふ

▼ 蠅男らしい~ (2, 0.1%)

1 のが, 人物が

▼ 蠅~ (2, 0.1%)

1 の大, は

▼ 蠅老師~ (2, 0.1%)

2 とて古今

▼ 蠅這入込ん~ (2, 0.1%)

2 では前だれ

▼ 蠅~ (2, 0.1%)

1 であると, をかけた

▼ 蠅~ (2, 0.1%)

1 に結ぶ, の細字

▼1* [167件]

あやしまむ暇, 蠅いでしょうから, 蠅いですからね, 蠅いもんでしょうね, 蠅いよつて, 蠅いわよ, 蠅てしょうが, 蠅うござんすがね, 蠅うまく逃げた, 蠅かが居ると, 蠅かったんだろう, 蠅かと思うと, 蠅かまきりきりぎりすそしてあぶら虫, 蠅かを取りのぞくの, 蠅がたからば名告ら, 蠅がとまつて, 蠅がられたり何, 蠅がられたので母等, 蠅がるだあ, 蠅がわアんと, 蠅きものに昼, 蠅くかれこれおっしゃらない, 蠅くした, 蠅くその提言, 蠅くまつわって来る, 蠅く付き纏う暗殺者の, 蠅ぐらいなもの, 蠅ぐらいのものだ, 蠅ぐるみ麦酒の泡, 蠅な答え, 蠅さいのを我慢, 蠅さうであつ, 蠅さうな調子で, 蠅さうにお礼の口上, 蠅さうに横つチョ, 蠅さうに言つた, 蠅さがわりに少なく, 蠅さ夜分なりと歸, 蠅しい奴と, 蠅しとて行かね, 蠅じゃあ大きくって, 蠅すら救った覚え, 蠅だけの住む地球, 蠅つゆ虫ばった足長蜘蛛蚋蚊とんぼ尺蠖金亀子羽蟻蟷螂それ等の, 蠅ふ英語, 蠅であることを, 蠅であろうが何, 蠅でさえ生きて, 蠅ですからね, 蠅でないとは言えぬでしょう, 蠅といつてもよから, 蠅とか巡査とか, 蠅とかいうのは, 蠅とかを捕えるという, 蠅とに似たる者, 蠅とも知ら無え, 蠅ともらつてもど, 蠅とやら掏摸と, 蠅とり籠そのほか, 蠅とり蜘蛛は三段飛, 蠅とる笠の, 蠅と共に戸口から, 蠅ども米粒が固く, 蠅ッた, 蠅なかない蠅, 蠅なす神は澄む, 蠅なって来る, 蠅などと一つに, 蠅などの悪虫, 蠅などを忌々しさ, 蠅なんぞのようで, 蠅なんぞは踏みつぶして, 蠅なんて奴は, 蠅につき纏われた宿命, 蠅にでもぶつかるか, 蠅にとつても, 蠅になつてさ蠅によ, 蠅にゃ用のね, 蠅によって伝播される, 蠅に対する蜘蛛の, 蠅ねえ蚊が, 蠅ので或る, 蠅はけはい, 蠅はと見ると, 蠅はらい紋の, 蠅ばかりが閑散な, 蠅ひどくてあわれ, 蠅ふたつをり, 蠅ほどにしか見えなかったから, 蠅ほどにも思わず, 蠅ほどもない大きさ, 蠅ぼうふらの類, 蠅または虻に, 蠅めらのするこた, 蠅めら何をいう, 蠅やと切に思へ, 蠅よけにハンカチを, 蠅よけもかぶせて, 蠅よなどという母では, 蠅よりも更に小さい, 蠅をよけたり蹴ったり, 蠅や何ン, 蠅て, 蠅テントウ虫野菜につく, 蠅ブリズベーンの蚊, 蠅ホロゲは, 蠅ホロゲ汝の飯, 蠅一つをうるさ, 蠅一カ月の間, 蠅一匹煤一粒の大き, 蠅一疋であるらしかった, 蠅ふ, 蠅云って手, 蠅は黐, 蠅れば, 蠅を退治, 蠅及び虻類に, 蠅取り茸は大勢, 蠅取り茸紅茸草鞋茸馬糞茸狐の火, 蠅取り薬を入れた, 蠅もとりあえず, 蠅喧しいと打消され, 蠅営狗苟羊狠狼貪疾, 蠅に少し, 蠅ひの, 蠅嫌ひで唯異, 蠅少しく飛びて, 蠅大泥棒屋, 蠅捕り蜘蛛が, 蠅族その他細菌とか木, 蠅茸虚無僧茸落葉茸萌黄茸月夜茸笑茸といった, 蠅毒蚋ナイフのよう, 蠅滑りの難所, 蠅をしよう, 蠅狩りする, 蠅獲りをやめよう, 蠅男さんですか, 蠅男そこ動くな, 蠅男めいまに太い, 蠅男ラシキ人物ガ三五六六五号ノ自動車, 蠅男事件の後始末, 蠅男捕物の話, 蠅男狩りを始める, 蠅男追跡談にいとも, 蠅男防禦陣を敷い, 蠅程の注意も, 蠅の残忍, 蠅絶てなし, 蠅の芸人, 蠅自動車庫の油, 蠅與鼠である, 蠅が出, 蠅のすごい, 蠅蚊等々等いやはや, 蠅蚋なんど群がり來, 蠅が蛾, 蠅蜚語の鼠, 蠅をかつ, 蠅の好, 蠅ふことも, 蠅追いスウェーデン式鰌すくい, 蠅追剥盗人そんなこと, 蠅退治がはいっ, 蠅於鼠, 蠅せん, 蠅集まるを一打ち, 蠅頭細字で認めた